ヘルタ・ベルリン出身の現役メジャーリーガーを知っているか?2017.08.02 11:50 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽少年時代はヘルタ・ベルリンの下部組織でプレーし、現在はMLB(メジャーリーグ・ベースボール)のミネソタ・ツインズに所属するマックス・ケプラー外野手(24)を知っているだろうか。『FIFA.com』がケプラーのインタビューを実施。サッカーと野球について語った。

▽ケプラーは、ポーランド人の父とアメリカ人の母の間にドイツのベルリンで誕生。少年時代は野球やサッカー、テニスなど多くのスポーツを経験し、サッカーではヘルタ・ベルリンの下部組織に所属していた。下部組織時代のチームメイトには、今夏ヴォルフスブルクへと移籍したアメリカ代表DFジョン・アンソニー・ブルックス(24)がおり、ベルリンにあるジョン・F・ケネディ・スクールでも一緒に過ごしていた。

▽『FIFA.com』は、ケプラーへインタビューを実施。ケプラーは自身の生い立ちについて語り、サッカーではGKを務めていたことを明かした。

「僕がサッカーを始めたのは6歳の時だった。そして、同じ年齢で野球も初めてプレーした。ベルリンにいた時、子供はみんなサッカーをやっていた。そして、僕も始めた。若い頃から触れられているんだ」

「ゴールキーパーとしてプレーすることは、僕が当時やっていたテニスや野球とも関係があったんだ。僕はいつもスポーツをしていたよ」

▽幼少期はサッカーと野球をプレーしていたケプラーだったが、ブルックスとは異なり野球の道へ。2009年に海外FAにより契約金77万5000ドル(約7300万円)でツインズへと入団。2015年にMLBでデビューを果たし、2016年からはライトのレギュラーとしてプレーしている。ケプラーはサッカーと野球の違いにも触れ、スタミナに差があると語った。

「サッカーではたくさん走らなくてはならないし、スタミナを持続させなくてはないけない。でも、野球ではそれほど多くを必要としない。先発投手でない限りね」

「野球は瞬間的に爆発させる仕事であり、アジリティが必要となる。サッカーはよりスタミナが必要で、持続的な走力が必要となるんだ」

▽また、ケプラーは、少年時代を共に過ごしたブルックや自身が所属していたヘルタ・ベルリンの試合をチェックしているとのこと。アメリカの野球ファンと欧州のサッカーファンについても語った。

「僕は、ヨーロッパのサッカーファンとアメリカの野球ファンの間に大きな差があるとは思わない。両方のファンのベースはスポーツに夢中ということだよ」

「彼らは野球に熱狂的だし、ドイツではサッカーに熱狂的だ。でも、野球を見るためにアメリカに来るように、ヨーロッパのサッカーを観に行くことは爽快だね」

「誰もがワールドカップに注目している。でも、ツインズには多くのサッカーファンは居ない。ヘルタ・ベルリンがどんな状況なのかは、まだ追い掛けているよ。特にブルックスはね。ブンデスリーガの試合は、いつも僕が練習している時にやっている。だから、ハイライトを観ているよ」

▽ブンデスリーガの試合を観ていると語ったケプラー。しかし、盟友のブルックスは今シーズンからヴォルフスブルクへと完全移籍したため、ヘルタ・ベルリンだけでなく、ヴォルフスブルクの試合もチェックするかもしれない。

▽なお、今シーズンのケプラーは、MLBに97試合出場し、打率.256、ホームラン10本、打点40を記録(8月2日時点)。チームはアメリカン・リーグの中地区で3位に位置している。

コメント

関連ニュース

thumb

“人類史上最速”のボルト氏の夢がついに叶う? Aリーグクラブが交渉を認める

▽セントラルコースト・マリナーズは17日、100mの世界記録保持者であるウサイン・ボルト氏(31)との状況を報告した。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽オリンピックで100m、200m、4×100mリレーなど通算8個、世界陸上では通算11個の金メダルを獲得し、人類史上最速の男としてしられるボルト氏。2017年にロンドンで行われた世界陸上を最後に、現役生活に終止符を打ち、その後は様々なクラブでのトライアウトに参加していた。 ▽ドルトムントやマメロディ・サンダウンズ(南アフリカ)、エリテセリエン(ノルウェー)などでもトライアウトを受けたボルト氏だったが、どのクラブにも入団は叶わず。しかし、Aリーグのセントラルコースト・マリナーズが入団に向けて交渉中であることを認めた。 ▽なお、ボルト氏の獲得に向けては6週間のトライアウトが必要でるとし、現時点で契約することは保証しないとしている。世界最速の男がプロフットボーラーになる夢をかなえることはできるだろうか。 ▽セントラルコースト・マリナーズには、かつてベガルタ仙台でもプレーしたニュージーランド代表MFマイケル・マグリンチィが今シーズンから所属している。 2018.07.17 15:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルDFセメド、保釈へ…監禁、窃盗、暴行に殺人未遂の疑いも

▽ビジャレアルとの契約を一時凍結されているポルトガル人DFルベン・セメド(24)が、刑務所から保釈される予定だ。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽今年初め、男2名と行動を共にしていたセメドは、一般男性を自宅に監禁。その間に被害者宅に侵入し、金銭や恐喝するための品を盗み出した。また、銃を所持していた疑いもかけられており、脅しの為に2回発砲したとの情報も伝えられていた。 ▽被害者が警察に駆け付けた際には、打撲痕や足首のケガが見つかっており、バレンシア市民警察はセメドら3名を容疑者として逮捕した。“暴行”ではなく“殺人未遂”としての起訴の可能性が浮上すると、ビジャレアルはセメドとの契約を一時凍結。給与の支払いも一切行っていない。 ▽『マルカ』によると、セメドは3万ユーロ(約394万円)の保釈金を支払う予定を立てているという。保釈される場合、被害者から300メートル以上の距離を保つ、週に1度は裁判所に出頭して居場所を明かす、などの制限が設けられる。 ▽2017年夏の移籍市場で、期待の新戦力としてビジャレアルに加入したセメド。次代を担う逸材とも評されていたが、ピッチ外の度を過ぎた問題行動により積み上げてきたものを失うこととなった。 2018.07.14 18:05 Sat
twitterfacebook
thumb

CR7に巨額投下のユーベ、反感買う…親会社従業員が怒りのストライキへ

▽ユベントスは10日、レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(33)の加入を発表した。この移籍に多くのユベントスサポーターが沸いたが、少なからず快く思っていない者もいるようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽ユベントスはベストプレーヤーと呼び声高きポルトガル人スタープレーヤー獲得のため、クラブレコードの移籍金1億1700万ユーロ(約153億3000万円)を投下。さらに、4年契約締結の選手年俸としても3000万ユーロ(約39億3000万円)が支払われることが明らかになっている。それらの支出額を総額換算すると、3億4000万ユーロ(約445億5000万円)以上にのぼる模様だ。 ▽しかし、そういったユベントスのC・ロナウドに対する巨額投下に、同クラブをスポンサードする自動車メーカー『FIAT』の従業員が怒り心頭。従業員たちは現在、ここ数カ月の給与未払いに苦慮。その中で実現したC・ロナウドの巨額移籍に反発する形で、15日から3日間のストライキに転じるという。 ▽なお、『FIAT』の労働組合長は、「数千の従業員が苦しい生活を強いられているのに、1人が数千万ユーロも稼ぐのが正しい扱いなのか?」と怒りの声明を発表しているとのことだ。セリエA史上最高額という過去にない額でスタープレーヤー獲得にこぎつけたユベントス。今後、クラブの母体を支える者に対して、どのような形で労いの姿勢を示すのだろうか。 2018.07.12 12:15 Thu
twitterfacebook
thumb

CR7にユーベ移籍フラグ…伊献血団体の親善大使に就任

▽レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(33)がユベントス移籍のフラグを立てた。『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽今夏のイタリア王者ユベントス入りに向けた報道が加熱するC・ロナウド。既に年俸3000万ユーロで個人合意に達しているとみられ、近日中にも移籍決定の可能性が取り沙汰されており、去就に注目が集まっている。 ▽その中、C・ロナウドはイタリアのロンバルディア州にある献血ボランティア団体『AVIS』の親善大使に就任。SNSを通じた発信や、ウェブサイト上のビデオ出演など、広告塔として献血促進活動に努めるという。 ▽ユベントス移籍の噂が世間を賑わせる中、イタリアでの慈善活動が決定したC・ロナウド。これはユベントス移籍の布石か。公私で話題を振りまくポルトガル人スターの動向から目が離せない。 2018.07.10 16:25 Tue
twitterfacebook
thumb

初のW杯制覇を目指すベルギー代表をサイ・ヤング賞投手が援護

▽1986年のメキシコ・ワールドカップ以来となる、32年ぶりのベスト4入りを果たしたベルギー代表。初優勝を目指すベルギーに強力なサポーターが現れた。 ▽その名は、ダラス・カイケル。ご存知の方も居るかもしれないが、メジャーリーグのヒューストン・アストロズで投手を務めている。 ▽30歳のカイケルは、アメリカはオクラホマ州タルサ出身で、技巧派の左腕。2015年には20勝を挙げて最多勝のタイトルを獲得。アメリカン・リーグのサイ・ヤング賞投手にも選出された実力者であり、青木宣親(現東京ヤクルトスワローズ)ともプレーした経験がある。 ▽そんなカイケルはサッカーも好きなようで、インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)がアメリカで開催された時には、自身のインスタグラムにマンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッドのユニフォームを着た写真を投稿していた。 ▽そんなカイケルだが、7月7日に1枚の写真をツイッター(@kidkeuchy)とインスタグラムに投稿。その写真は、スタジアムでの練習中のカイケルの姿だが、身につけていたのはワールドカップを戦うベルギー代表ユニフォームだった。 ▽「10」と刻まれたユニフォームは、チェルシーのMFエデン・アザールの物。そして、そのツイートには、準々決勝をでブラジル代表を下し、ベスト4に進出したベルギーを称えるメッセージが添えられていた。 「ロメル・ルカクとブラジルを相手に、信じられない勝利を挙げたベルギー代表に敬意を!」 ▽ちなみに、カイケルが所属するアストロズは大谷翔平が所属するアナハイム・エンゼルスと同じア・リーグの西地区を戦っており、2位のシアトル・マリナーズと3.5ゲーム差の首位。カイケルは9日に登板し、6勝目を記録。4日にも勝利しており、カイケルとアストロズの勢いがベルギーに届けば、ワールドカップ初優勝も見えてくるかもしれない。 2018.07.09 21:15 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース