アウグスブルク、ヘルタ・ベルリンからFWシーバーを完全移籍で獲得2018.05.23 02:50 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アウグスブルクは22日、ヘルタ・ベルリンからFWジュリアン・シーバー(29)を完全移籍で獲得した。契約期間は2021年6月30日までの3年間となる。

▽シュツットガルトの下部組織で育ったシーバーは2008年にコットブス戦でプロデビューを果たすと、2012年の夏にドルトムントへ移籍。しかし、ドルトムントではポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(現バイエルン所属)とのポジション争いに敗れ、出場機会に恵まれず、2014年の夏にヘルタ・ベルリンへ移籍。

▽ヘルタ・ベルリンでは、加入初年度からレギュラーで活躍するも度重なるケガに泣かされ、在籍4シーズンで公式戦51試合に出場に留まった。今季は2度のケガに見舞われながらもブンデスリーガ16試合で7ゴールを記録していた。

▽新シーズンからアウグスブルクでプレーすることが決定したシーバーは、同クラブの公式サイトで喜びのコメントを残している。

「アウグスブルクが今後の目標達成のために僕を信頼し、3年契約を提示してくれたことがとても嬉しいね。僕はこれからもアウグスブルクがブンデスリーガで成功を続ける助けになりたいと思っているよ」

▽なお、シーバーとヘルタ・ベルリンは、今シーズン限りで契約が満了を迎えるため、フリーでの移籍となる。
コメント
関連ニュース
thumb

延長戦に持ち込まれるもバイエルン、コマン弾でベスト8!《DFBポカール》

バイエルンは6日、DFBポカール3回戦でヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦に臨み、2-2で90分を終了した。そして延長戦の末、3-2としたバイエルンがベスト8進出を決めている。 昨年10月に行われた2回戦でレーディングハウゼンを下したバイエルンが、ダルムシュタットを下したヘルタのホームに乗り込んだ一戦。 バイエルンは守護神ノイアーが引き続き負傷により欠場となったが、ケガ明けのチアゴが先発に戻り、現状のほぼベストメンバーで臨んだ。 3トップに右からニャブリ、レヴァンドフスキ、コマンと並べる[4-3-3]で臨んだバイエルンがボールを持つ立ち上がりとなったが、3分に先制を許す。 カルーのパスを受けたペナルティアーク左のミッテルシュタッドが右に持ち出して右足を振り抜くと、フンメルスの股間を抜けたシュートがゴール左隅に決まった。 それでも7分、バイエルンがすかさず追いつく。キミッヒの右クロスのルーズボールをボックス右のニャブリがボレーで合わせたシュートがゴール右隅に決まった。 同点後もバイエルンがボールを保持する流れとなったが、ヘルタの守備を攻略するようなプレーはなく、1-1で前半を終えた。 それでも後半開始4分に勝ち越した。ハメス・ロドリゲスの絶妙なダイレクトパスを受けたボックス右のニャブリが確実にシュートを決めきった。 その後もバイエルンが危なげなく試合を進めていたが、67分に落とし穴。フンメルスのヘディングでのバックパスが短くなり、3分前に投入されていたゼルケにカットされて無人のゴールに蹴り込まれた。 痛恨の失点を喫したバイエルンは81分、ボックス左に抜け出したアラバのクロスをゴール前のハメス・ロドリゲスがヒザで押し込みにかかるもミートしきれない。 結局、90分で決着付かず延長戦にもつれ込んだ。その延長戦もバイエルンが押し込む時間が続くと、同前半8分に勝ち越した。ボックス左に流れたルーズボールをレヴァンドフスキが右足アウトで上げた絶妙なクロスをコマンがヘッドで押し込んだ。 これが決勝点となってバイエルンが勝利。延長戦にまで持ち込まれたが、何とか勝ち上がってベスト8進出を決めている。 2019.02.07 07:22 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドとアーセナルがヘルタの” クロース2世”に関心か

▽マンチェスター・ユナイテッドとアーセナルが、ヘルタ・ベルリンに所属するU-21ドイツ代表MFアルネ・マイアー(19)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『サン』の情報を引用してイギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽ヘルタ下部組織出身のマイアーは、広い視野と足元の技術を生かしたプレーを武器にアンカーを主戦場にするプレーメーカ―だ。2016-17シーズンにトップチームデビュ―を果たし、翌年にはブンデスリーガ17試合に出場。今シーズンはリーグ戦全試合にフル出場を果たしており、"クロース2世"と評されるほど評価を高めている。 ▽ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督はフランス代表MFポール・ポグバ(25)ら中盤のプレーヤーに不満を募らせていることから新戦力として、そのマイアーに興味を示しているようだ。また、アーセナルのウナイ・エメリ監督も、公式戦21試合無敗と好調を保っているが、チームの強化を望み、マイアーに目を光らせているという。 ▽一方で、ヘルタはマイアーの契約解除金を1500万ポンド(約21億3000万円)に設定している模様。しかし、獲得するにはそれ以上の移籍金を支払わなければならない可能性が高いとみられる。 2018.12.11 15:20 Tue
twitterfacebook
thumb

フランクフルト、フル出場の長谷部が失点関与で2連敗《ブンデスリーガ》

▽フランクフルトは8日、ブンデスリーガ第14節でヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場している。 ▽前節ヴォルフスブルクに1-2と競り負けて8試合ぶりの黒星を喫した5位フランクフルト(勝ち点23)は、長谷部が引き続き3バックの中央で先発となった。 ▽7位ヘルタ・ベルリン(勝ち点20)に対し、押し込まれる入りとなったフランクフルトは10分、ボックス右からアラーが左ポストを掠めるシュートを浴びせる。その後もポゼッションされたフランクフルトだったが、徐々に盛り返し、互角の攻防で推移していった。 ▽28分には右クロスのルーズボールをボックス内のコスティッチが右足でシュートしたが、威力を欠いてGKにセーブされた。 ▽しかし、ハーフタイムにかけても押し込まれたフランクフルトは40分に先制される。長谷部がグルイッチに競り負けてヘディングシュートを叩き込まれた。 ▽迎えた後半開始7分、フランクフルトに同点のチャンス。左クロスに対し、ヨビッチがボレー。枠を捉えていたが、GKヤルシュテインのファインセーブに阻まれた。 ▽その後は自陣に引くヘルタに対し、思うように攻撃の形を作れず時間だけが経過してしまう。終盤にかけてフランクフルトが攻勢に出たが、最後までゴールを割れずにタイムアップ。2連敗となった。 2018.12.09 04:24 Sun
twitterfacebook
thumb

原口が古巣ヘルタ戦で途中出場もハノーファー敗戦、ここ5試合で4敗目《ブンデスリーガ》

▽ハノーファーは1日、ブンデスリーガ第13節でヘルタ・ベルリンをホームに迎え、0-2で敗れた。ハノーファーのFW原口元気は66分から出場し、FW浅野拓磨はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節ボルシアMG戦を1-4で大敗した16位ハノーファー(勝ち点9)は、古巣対戦となる原口が3試合連続ベンチスタートとなり、負傷明けの浅野もベンチ入りした。 ▽8位ヘルタ・ベルリン(勝ち点17)に対し、ハノーファーは44分にCKからトルナリガのヘディングシュートで先制されてしまう。 ▽低調な前半を終えて、66分にハノーファーは原口を左サイドに投入。しかし73分、イビセビッチにヘディングシュートを決められてリードを広げられてしまう。 ▽終盤にかけても前がかったハノーファーは81分にチャンス。フュルクルクのスルーパスでボックス左に抜け出したウェイダントがシュート。しかし、GKヤルシュテインにセーブされた。 ▽結局、このまま0-2で敗戦。ハノーファーはここ5試合で4敗目を喫し、不振が続いている。 2018.12.02 03:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ヘルタ・ベルリン、シュタルク&クランターが年内欠場へ

▽ヘルタ・ベルリンは14日、ドイツ人DFニクラス・シュタルクとドイツ人DFルーカス・クランターが負傷により年内の試合を欠場することを明かした。 ▽センターバックのレギュラーであるシュタルクは、10日に行われたデュッセルドルフ戦で中足骨を痛め、25分に交代していた。診断によると強い打撲で安静が必要とのことだ。一方、右サイドバックのバックアッパーであるクランターは練習中に太ももの筋肉を断裂したと明かした。共に年内のブンデスリーガ6試合を欠場することになる。 ▽シュタルクは今季ここまで10試合に先発し、8位に付けていたヘルタの主力として活躍していた。 2018.11.15 01:41 Thu
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース