柴崎ヘタフェ、アトレティコからウルグアイ代表DFを獲得! 過去に2シーズン在籍2017.07.27 06:13 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヘタフェは26日、アトレティコ・マドリーからウルグアイ代表DFエミリアーノ・ベラスケス(23)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。

▽母国の名門ダヌビオでプロキャリアをスタートしたベラスケスは、2014年にアトレティコに加入。だが、トップチームでの出場機会はなく2014年から2016年までヘタフェにレンタル移籍していた。また、昨シーズンは同じくブラガにレンタル移籍していた。

▽屈強なフィジカルと闘争心を武器とする若手センターバックは、ここ最近招集から遠ざかっているものの、ウルグアイのフル代表でもプレーしている。

コメント

関連ニュース

thumb

ジダン体制100戦目でC・ロナウドが今季リーガ初弾! ベンゼマも復活弾で健闘ヘタフェに競り勝つ《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第8節のヘタフェvsレアル・マドリーが14日に行われ、1-2でアウェイのレアル・マドリーが勝利した。なお、ヘタフェMF柴崎岳はケガの影響で欠場した。 ▽前節、エスパニョールを2-0で下して待望のホーム初白星を飾ったマドリーは、今節でジネディーヌ・ジダン監督体制での公式戦100試合目を迎えた。節目での勝利に向けて、DFマルセロやDFテオ・エルナンデス、FWカリム・ベンゼマが戦線に復帰。しかし、吉兆の一方、DFダニ・カルバハルの離脱が長引いているほか、FWガレス・ベイルやGKケイロル・ナバスが代表ウィーク中に負傷し、この試合でベンチ外に。 ▽あらゆる大会でのタイトルを目指すチームにとって、チームの総合力が試されるシチュエーションとなっているこの試合で、ジダン監督はお馴染みのターンオーバーを採用。カゼミロ、ヴァランをベンチ外、モドリッチ、イスコといった最重要選手をベンチに温存し、前節からスタメンを5名変更。カシージャ、マルセロ、L・バスケス、M・ジョレンテ、ベンゼマを起用し、ヘタフェとのダービーマッチに臨んだ。 ▽試合は序盤からマドリーがチャンスを作り続ける。11分には、マルセロのクロスに反応したベンゼマの落としを受けたC・ロナウドが、ボックス手前から鋭いグラウンダーシュート。しかし、ゴール左下隅を捉えていたシュートはGKグアイタの好守に阻まれた。 ▽マドリーは絶好機にこそ恵まれないものの、主導権を握って試合を進行。すると40分、先発復帰した男が早速結果を出した。敵陣右サイドでボールを拾ったベンゼマはドリブルを選択。スライディングしてくるDFをかわし、ボックス内右で右足一閃。ファーに狙い済ましたシュートを蹴り込んだ。 ▽1点リードして迎えた後半、マドリーはややペースダウン。それでも53分には、カウンターからボックス内にオーバーラップしたマルセロがシュートを放つ。しかし、これは枠を外れた。 ▽劣勢に立たされているヘタフェだったが、56分に貴重な同点弾を奪い切った。敵陣右サイドで途中出場のポルティージョがボールを持つと、マルセロがスライディング。これを難なくかわし、ボックス内右まで持ち込んだポルティージョはグラウンダーのクロスを供給。中央のモリーナが、マークに付いていたDFナチョと共に倒れこみながらも足で合わせ、ネットを揺らした。 ▽72分、勝ち越したいマドリーにチャンスが訪れる。ピッチ中央付近、やや左の位置で得たFKのキッカーをクロースが担当。ボックス内に送られたフィードは、一度相手のブロックに遭ったものの、ボールは左ポストの目の前にポジションをとっていたC・ロナウドの下へ。触れば得点というビッグチャンスだったが、C・ロナウドはうまくミートすることができず、シュートは枠を外れた。 ▽嫌なムードの漂い始めていたマドリーは、選手交代を敢行。72分にはL・バスケス、マルセロを下げてイスコ、テオ・エルナンデスを投入する2枚代えを行い、81分にはベンゼマに代えてマジョラルを投入した。 ▽すると、やや乱雑となっていたマドリーのプレーが、イスコを中心に鋭いものに変わっていく。そして85分、勝ち越し弾が生まれた。相手を押し込み、ハーフウェイライン付近でボールを持ったイスコがディフェンスラインの裏にフライパス。一瞬の動き出しでDFを置き去りにし、ボックス内でフリーとなったC・ロナウドがダイレクトシュートを放ち、再びマドリーがリードすることに。 ▽結局、試合はこのまま終了。マドリーがC・ロナウドの今季リーガ初ゴールで、ジダン監督体制100試合目の公式戦を勝利で飾ることに。対するヘタフェは、昨季王者に健闘し追い詰めたものの、ホームで敗北を喫した。 2017.10.15 02:03 Sun
twitterfacebook
thumb

柴崎岳、乾貴士...リーガ1部でEU圏外枠を占める39選手のうち2選手は日本人選手

一昔前まで、リーガエスパニョーラ1部(ラ・リーガ)で日本人選手が活躍するなど、想像もできなかったことだ。だがエイバルMF乾貴士、ヘタフェMF柴崎岳はそれぞれのクラブでレギュラーの座を勝ち取っている。<br><br>ラ・リーガでは、各チーム3選手までEU圏外枠選手の所属を可能としている。現在、ラ・リーガで活躍する国外選手は202選手。そのうち163選手が二重国籍を有している。<br><br>そのため、実質EU圏外枠としてカウントされているのは39選手だ。そこには乾や柴崎をはじめ、FWカルロス・バッカ(ビジャレアル)、MFニコ・ガイタン(アルゼンチン)、MFアレクサンデル・シマノフスキ(レガネス)らが含まれる。<br><br>国別で見ると、次の通り。日本(2)、アルゼンチン(5)、エクアドル(1)、オーストラリア(1)、チリ(3)、ベネズエラ(2)、パラグアイ(2)、ウルグアイ(4)、コロンビア(6)、コスタリカ(3)、メキシコ(1)、ブラジル(8)である。<br><br>なおポジション別ではGKが2選手、DFが7選手、MFが20選手、FWが10選手となっている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.13 09:47 Fri
twitterfacebook
thumb

ヘタフェ柴崎、左足中足骨亀裂骨折で少なくとも12週間離脱か

▽ヘタフェの日本代表MF柴崎岳(25)が長期離脱を強いられることになりそうだ。『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 ▽先月16日に行われたリーガエスパニョーラ第4節のバルセロナ戦で、左足を痛めて負傷交代した柴崎。クラブは今月2日に、柴崎が左足中足骨亀裂骨折の手術を受けたことを発表し、その回復が待たれるところであった。 ▽正式な離脱期間が明らかにされない中、『フットボール・エスパーニャ』は以前、6週間の離脱を報じていたが、今回の同メディアの報道によると、どうやら少なくとも12週間の離脱が見込まれているようだ。 ▽負傷したバルセロナ戦でゴラッソを沈めた柴崎は、バルセロナとレアル・マドリーの両チームから得点した初の日本人となった。代表のみならず、現地でも大きな期待が寄せられているだけに、一刻も早い復帰が望まれる。 2017.10.06 16:41 Fri
twitterfacebook
thumb

バルサ戦で負傷の柴崎岳が左足中足骨亀裂骨折で手術…ヘタフェは無事に成功と発表

▽ヘタフェは2日、日本代表MF柴崎岳が左足中足骨亀裂骨折の手術を受けたことを発表した。離脱期間は明かされていない。 ▽柴崎は、16日に行われたリーガエスパニョーラ第4節のバルセロナ戦に先発。39分にボレーシュートから1部初ゴールとなる一発を決めたが、後半早々に左足を痛めてピッチを退き、20日に行われた翌節のセルタ戦を欠場した。 ▽柴崎の手術は成功したとのこと。離脱期間は明かされていないが、負傷した際にヘタフェのアンヘル・トーレス会長が先日、「ガクは1カ月から1カ月半の離脱を強いられる」とコメントしていた。 ▽柴崎は、今シーズンのリーガエスパニョーラで4試合に出場し1ゴールを記録していた。 2017.10.02 23:22 Mon
twitterfacebook
thumb

柴崎不在のヘタフェがビジャレアルに4発快勝!《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第6節、ヘタフェvsビジャレアルが24日に行われ、4-0でヘタフェが勝利した。日本代表MF柴崎岳は負傷のため欠場した。 ▽ここまで1勝2敗2分けで14位のヘタフェは、2勝2敗1分けで10位に位置するビジャレアルとのホームゲームに臨んだ。前々節のバルセロナ戦で左足を痛めて途中交代していた柴崎は、前節に続き招集外となった。 ▽前半はホームのヘタフェがチャンスを演出する。11分、左CKの場面にカラがニアで合わせるが、惜しくも枠を捉えられず。26分にはアランバッリがボックス手前からボレーで狙うがGKにパンチングで防がれる。直後には、アンヘルがネットを揺らすもオフサイドの判定で先制ならず。前半はゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、ヘタフェが先制点を奪う。54分、ダミアン・スアレスの右CKをモリーナが逸らすと、ゴール前左からアンヘルが頭で押し込んだ。さらに64分には、ボックス手前でボールを奪ったモリーナが、そのままシュートを流し込んで追加点を挙げた。 ▽勢いに乗るヘタフェは直後の67分、右サイドのダミアン・スアレスのクロスに、カラが頭で合わせるが、これはGKにセーブされる。しかし、そのこぼれ球をマルケルが詰めて試合を決定づける3点目を沈めた。 ▽さらに試合終了間際には、FKからアンヘルがこの日2点目を決めて4-0。試合はこのまま終了。柴崎不在のヘタフェが、ビジャレアル相手に4発大勝を収めた。 2017.09.25 01:14 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース