オリンピアコス、クロアチア代表DFミリッチの獲得を正式発表2017.07.24 02:25 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽オリンピアコスは23日、フィオレンティーナからクロアチア代表DFフルヴォイェ・ミリッチ(28)を獲得した。

▽クロアチアのハイドゥク・スプリトの下部組織で育ったミリッチは、2008年シーズンにトップチームデビュー。その後はスウェーデンのユールゴーデンやロシアのロストフなどでプレーし、2008年夏に再びハイドゥク・スプリトに復帰した。昨シーズンにはフィオレンティーナに加入したものの、リーグ戦17試合出場で4アシストとあまり良い結果を残すことができなかった。

▽国内リーグ7連覇中のオリンピアコスは、25日にチャンピオンズリーグ予備予選3回戦1stレグでパルチザンと対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

クアドラード&ベルナルデスキ弾で勝利したユベントスが2位通過《CL》

▽ユベントスは5日、チャンピンオンズリーグ(CL)グループD最終節でオリンピアコスとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。この結果、ユベントスが2位での決勝トーナメント進出を決めている。 ▽前節バルセロナ戦を0-0で引き分けた2位ユベントス(勝ち点8)は、3位スポルティング・リスボン(勝ち点7)に1ポイント差に迫られたなか、勝利すれば自力での決勝トーナメント進出が決まる。そのユベントスは4日前に行われ、1-0と勝利したナポリ戦のスタメンから4選手を変更。負傷したGKブッフォンとキエッリーニが欠場となり、ピャニッチとアサモアがベンチスタートとなって、クアドラードにバルザーリ、アレックス・サンドロとGKシュチェスニーがスタメンとなった。 ▽最下位が決まっているオリンピアコス(勝ち点1)に対し、2列目に右からクアドラード、ディバラ、ドグラス・コスタと並べる[4-2-3-1]で臨んだユベントスが立ち上がりからボールを保持していくと、7分に決定機。ボックス右に侵入したディバラがドリブルシュートに持ち込んだ。しかし、枠の左を捉えていたシュートはGKの好守に阻まれた。 ▽それでも15分、ロングボールでボックス左に抜け出したアレックス・サンドロの折り返しをクアドラードが押し込んでユベントスが先制する。 ▽ハーフタイムにかけても主導権を握ったユベントスだったが、41分にピンチ。右CKからゴールエリア左のジョルジェビッチに決定的なヘディングシュートを許してしまう。しかし、GKシュチェスニーがファインセーブで防ぎ、前半を1点リードして終えた。 ▽後半からセバに代えてマリンを投入してきたオリンピアコスが前がかるなか、ユベントスは58分にピンチ。マリンにボックス右へ侵入されシュートを打たれたが、GKシュチェスニーがセーブした。 ▽押し込まれるユベントスは62分にディバラに代えてピャニッチを中盤アンカーに投入。システムを[4-3-3]に変更した。 ▽攻守のバランスが改善されたユベントスがここから主導権を握り返すと、オリンピアコスをいなしながら時間を消化。 ▽82分のベン・ナブアムのヘディヌシュートがクロスバーに当たって救われると、89分に勝負を決定付けた。5分前に投入されていたベルナルデスキがボックス右に侵入。DFを外し、左足で放ったシュートがゴール左を捉えた。このまま2-0で勝利したユベントスが2位での決勝トーナメント進出を決めている。 ■グループD順位表■ [勝ち点/ /得失点] 1.バルセロナ/14/8 2.ユベントス/11/2 3.スポルティング・リスボン/7/-1 4.オリンピアコス/1/-9 2017.12.06 06:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ブッフォン、勝利必須のCLグループ最終節を欠場か…ユベントスは攻守のキーマン欠くことに

グループリーグ突破を賭ける大一番に、ジャンルイジ・ブッフォンとミラレム・ピャニッチが出場できないかもしれない。ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が認めた。<br><br>5日のチャンピオンズリーグ・グループリーグ最終節で、オリンピアコスと激突するユベントス。2位とグループ突破圏内ではあるが、3位スポルティング・リスボンとは1ポイント差のため、この試合の結果次第では敗退の可能性もある。<br><br>そんな大一番に挑むユーベだが、ふくらはぎに違和感のあるブッフォンと、肉離れを起こしたピャニッチが欠場する可能性があるようだ。さらに、ジョルジョ・キエッリーニも欠場することになり、アッレグリ監督は攻守のキーマンを失ってギリシャでの試合を戦うことになる。<br><br>アッレグリ監督は「(ゴンサロ)イグアインと(マリオ)マンジュキッチは起用できそうだ。しかし、問題が2つある。それはブッフォンとピャニッチ。ミラレムは肉離れを起こした。ジジはふくらはぎの問題を抱えている。仮に彼がプレーできなかったら(ヴォイチェフ)シュチェスニーを起用する」とメンバーについて言及。<br><br>続けて「キエッリーニも欠場するから、マッティオ・デ・シリオとダニエレ・ルガーニを使う。そしてピャニッチも難しければ(クラウディオ)マルキジオ、(ロドリゴ)ベンタンクール、(サミ)ケディラがプレーすることになる」とメンバーを入れ替えることを明かした。<br><br>勝ち点3が絶対に必要な状況に、指揮官は「勝利しなければならないから、(セリエA前節の)ナポリ戦よりも重要な試合だ。バルセロナで何が起きようと我々には関係ない」とグループ突破は自分たち次第だと意気込んでいる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.05 09:23 Tue
twitterfacebook
thumb

14試合連続得点が途切れたバルサ...ゴールから遠のくスアレスの決定力不足は深刻に

10月31日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)の試合で、今季公式戦のバルセロナの連続得点試合数が途切れている。<br><br>CLグループC第4節、敵地でオリンピアコスと対戦したバルセロナは、ギリシャの雄を相手にスコアレスドローを演じた。それまで公式戦14試合で連続得点していた同チームだが、その記録が途切れることになった。<br><br>懸念されるのは、FWルイス・スアレスの調子だ。スアレスはオリンピアコス戦で7本のシュートを放った。バルセロナ移籍以降、スアレスが1試合に7本以上のシュートを放ったのは、初めてだった。<br><br>だがウルグアイ代表FWはゴールに嫌われ続けた。今季、スアレスはここまで3得点。FWネイマール(現パリ・サンジェルマン)の退団で影響を受けたのは、FWリオネル・メッシではなくスアレスの方なのかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.02 01:17 Thu
twitterfacebook
thumb

オリンピアコスにゴールレスドローで4連勝逃したバルセロナ、突破は次節にお預け《CL》

▽バルセロナは10月31日にチャンピオンズリーグ(CL)・グループD第4節でオリンピアコスとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。 ▽前節オリンピアコス戦をピケが退場しながらも3-1と快勝して3連勝とした首位バルセロナ(勝ち点9)は、2-0と勝利した直近のビルバオ戦のスタメンから3選手を変更。ラキティッチ、アンドレ・ゴメス、退場したピケらに代えてマスチェラーノ、デニス・スアレス、N・セメドを起用した。 ▽ここまで3連敗の最下位オリンピアコスに勝利すれば早くもグループステージ突破が決まるバルセロナは、2トップにメッシとスアレス、両サイドMFにセルジ・ロベルトとデニス・スアレスを配す[4-4-2]を採用 ▽そのバルセロナが立ち上がりからボールを保持すると、開始3分にN・セメドが枠内シュートを浴びせる。その後もハーフコートゲームを進めたバルセロナは、20分にCKのサインプレーからメッシが枠内シュートを浴びせたが、GKにセーブされた。 ▽続く22分にはデニス・スアレスのスルーパスをボックス左で引き出したスアレスがシュートに持ち込んだが、枠を捉えきれなかった。さらに28分、ボックス左に侵入したメッシがGKを強襲するシュートを浴びせると、35分にはメッシが直接FKでゴールに迫るも、GKにセーブされる。 ▽その後、37分にカウンターからボックス内に侵入したフォルトゥニスにシュートを打たれたバルセロナは、前半終了間際にセルジ・ロベルトが右足太ももを負傷するアクシデントに見舞われ、デウロフェウとの交代を強いられた中、前半をゴールレスで終えた。 ▽後半もボールを持ったバルセロナだったが、思うようにシュートにつなげられない状況が続く。そこで62分にパウリーニョに代えてラキティッチを投入した。 ▽すると直後、ショートカウンターに転じてスアレスのラストパスにメッシが合わせるも枠を捉えきれなかった。 ▽さらに終盤にもチャンスを創出。まずは81分、メッシの浮き球スルーパスに抜け出したスアレスが飛び出したGKを外すループシュートを狙ったが、バーに当たって枠の外に外れた。 ▽そして追加タイムのメッシのミドルシュートはGKの好守に阻まれてゴールレスでタイムアップ。4連勝はならず、次節ユベントス戦に突破は持ち越しとなった。 2017.11.01 07:20 Wed
twitterfacebook
thumb

神の手ゴール狙ったピケ退場のバルサ、メッシの1G1Aなどでオリンピアコスに快勝! メッシは欧州カップ戦通算100G達成《CL》

▽バルセロナは18日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループD第3節でオリンピアコスをホームに迎え、3-1で快勝した。 ▽前節スポルティング・リスボン戦を1-0と辛勝して2連勝スタートとしたバルセロナは、直近の1-1と引き分けたアトレティコ・マドリー戦のスタメンから4選手を変更。ラキティッチやジョルディ・アルバらに代えてパウリーニョやセルジ・ロベルトらを起用した。 ▽2連敗スタートとなったオリンピアコスに対し、デウロフェウを右ウイングに配す[4-3-3]で臨んだバルセロナは、開始5分に決定機。右CKをユムティティがヘッドで逸らし、ファーサイドのスアレスがボレー。しかし、枠を捉えきれなかった。 ▽その後も敵陣でプレーし続けたバルセロナは、18分に先制する。ブスケッツの浮き球パスをボックス右のデウロフェウがダイレクトで折り返し、クリアにかかったDFのオウンゴールを誘発した。 ▽さらに24分、イニエスタの浮き球フィードに反応したボックス中央のパウリーニョがヘディングシュート。しかし、バーを直撃してしまう。さらに33分、メッシのスルーパスに抜け出したスアレスがGKと一対一となるも、止められてしまった。 ▽突き放せないバルセロナは、42分にアクシデント。デウロフェウのクロスに詰めたピケが思わず手でゴールに入れてしまう。すると、主審はこのプレーを見逃さずにピケにイエローカードを提示。2枚目のイエローカードを受けたピケは退場に追い込まれてしまった。 ▽後半からデウロフェウに代えてマスチェラーノをバックラインに投入したバルセロナは[4-3-2]で対応。10人でも悠然とポゼッションを高めるバルセロナは61分、ペナルティアーク左で得たFKをメッシがゴール左に決めて突き放した。 ▽メッシの欧州カップ戦通算100ゴール(CLで97G、UEFAスーパーカップで3G)でリードを広げたバルセロナは、続く64分にメッシのお膳立てから決定的な3点目を奪いきる。ボックス右深くで仕掛けたメッシがゴールライン際から折り返すと、ボックス左のディーニュが受けてゴール右へシュートを流し込んだ。 ▽終盤にかけても余裕のバルセロナは終了間際に1点を返されるも、3-1で快勝。3連勝で首位をキープしている。 2017.10.19 05:56 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース