超ワールドサッカー

ウディネーゼ、ユーベらも関心示したペスカーラの逸材MFクリバリを獲得! 一時“ホームレス”だった異色の経歴2017.07.10 23:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ウディネーゼは10日、ペスカーラからセネガル人MFママドゥ・クリバリ(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年となる。なお、クリバリは2017-18シーズンはウディネーゼからのレンタルという形でセリエBに降格したペスカーラに残留する。

▽セネガル出身のクリバリは、2015年に家族に内緒で母国を離れ、モロッコ経由で船に乗りスペイン、フランス、イタリアを渡り歩き、所属クラブを探すためトライアルに参加し続けた異色の経歴を持つプレーヤーだ。また、同時期に無一文だった同選手は、モロッコで船員、イタリアで警察の保護を受けるなど、一時“ホームレス”だったことも、大きな話題を集めていた。

▽最終的にペスカーラのトライアルに合格したクリバリは、昨シーズンにトップチームデビューを飾ると、リーグ戦の出場試合数こそ9試合にとどまったものの、卓越した身体能力とダイナミズム、創造性を兼ね備えたスケールの大きなプレーを披露。“NEXTポグバ”とも評される逸材には、今夏ユベントスやナポリなども獲得に関心を示していた。

コメント

関連ニュース

thumb

低迷のウディネーゼがベラスケス監督の解任を発表…新指揮官にダヴィデ・二コラ氏を招へい

▽ウディネーゼは13日、フリオ・ベラスケス監督(37)を解任したことを発表した。また、後任監督にはダヴィデ・二コラ氏(45)を招へいすることを合わせて発表している。 ▽昨季終盤に就任したイゴール・トゥドール監督のもと、14位でシーズンを終えたウディネーゼだが、トゥドール監督とは契約を更新せず。今夏にベラスケス監督を新指揮官に招へい。しかし、今季はここまでセリエA第12節終了時点で2勝3分け8敗の17位と低迷していた。 ▽新指揮官に就任した二コラ氏は、現役終盤に在籍したルメッツァーネで兼任監督として指導者の道を始めると、2011年に現役を引退。その後は、ルメッツァーネやリボルノ、バリーなどで指揮官を歴任。 ▽2016年からはセリエAに初昇格したクロトーネの指揮官に就任すると、初年度こそチームを残留に導いたが、翌シーズン途中に成績不振で解任され、その後はフリーの状況が続いていた。 2018.11.14 04:20 Wed
twitterfacebook
thumb

イグアイン負傷交代のミラン、2試合連続のロマニョーリの劇的弾で3連勝《セリエA》

▽ミランは4日、セリエA第11節でウディネーゼとのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。 ▽4日前に行われた延期分のジェノア戦をロマニョーリの終了間際弾で劇的勝利を飾って2連勝とし、4位に浮上したミラン(勝ち点18)は、ジェノア戦のスタメンから2選手を変更。チャルハノールとムサッキオに代えてアバーテとサパタを起用し、4バックに戻した。 ▽ここ5試合1分け4敗の16位ウディネーゼ(勝ち点9)に対し、フラットな[4-4-2]で臨んだミランは、2トップにイグアインとクトローネ、右サイドにスソ、左サイドにラクサールを配した。 ▽ウディネーゼが積極的な入りを見せてきたことで互角の攻防で立ち上がった中、ミランは8分にイグアインがフィニッシュに持ち込むと、14分にはスソがボックス右から際どいシュートを浴びせて牽制した。 ▽引き続き押し込みにかかるウディネーゼに17分、ラザーニャの際どいボレーシュートでゴールを脅かされたミランは、その後もウディネーゼの攻勢を許していた中、腰を痛めていたイグアインが35分にプレー続行不可能となり、カスティジェホが投入される。ハーフタイムにかけても流れを引き寄せきれず、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半もウディネーゼの勢いに押されたミランは、なかなか攻撃に移れない状況を強いられる。そんな中57分、カスティジェホがボックス手前左から放った強烈なミドルシュートが枠の右上を捉えたが、GKムッソのファインセーブに阻まれた。 ▽さらに59分、カスティジェホがドリブルでボックス左まで持ち上がって折り返したクロスをフリーのスソがシュート。決定的だったが、枠の上に外してしまった。 ▽立て続けに決定機を迎えたミランだったが、その後はこう着状態が続き、シュートチャンスを生み出せない。そんな中77分に再びカスティジェホに決定機。ショートカウンターに転じてボリーニのパスを受けたカスティジェホがボックス中央から左足を一閃。しかし、シュートはコースが甘くGKにセーブされた。 ▽終盤にかけては互いに決定機なくゴールレスで決着かに思われたが、追加タイム7分にミランに劇的なゴールが生まれる。ロマニョーリが敵陣でボールをカットした流れからショートカウンターに転じると、スソのパスを受けたボックス左のロマニョーリがゴールに突き刺した。ロマニョーリの2試合連続となる劇的弾でミランが連勝を3に伸ばしている。 2018.11.05 06:35 Mon
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼ、アルゼンチン代表MFデ・パウルと2023年まで契約延長! 今季はここまで5G3A

▽ウディネーゼは2日、アルゼンチン代表MFロドリゴ・デ・パウル(24)との契約延長を発表した。契約期間は2023年6月30日までとなる。 ▽母国アルゼンチンのラシン・クラブでプロキャリアをスタートさせたデ・パウルは、2014年にバレンシアに移籍。加入初年度はリーガエスパニョーラ25試合出場したが、徐々に出場機会を失うと、古巣ラシン・クラブへのレンタル移籍を経て、2016年の夏にウディネーゼへ移籍。 ▽ウディネーゼでは、クラブの英雄である元イタリア代表FWアントニオ・ディ・ナターレが着用していた背番号10を引き継ぐと、在籍3シーズンで公式戦86試合に出場。今シーズンもセリエAで10試合に出場し5ゴール3アシストを記録している。 2018.11.03 00:35 Sat
twitterfacebook
thumb

ファビアン・ルイスの移籍後初弾など3発のナポリが快勝でユーベを追走《セリエA》

▽ナポリは20日、セリエA第9節でウディネーゼとのアウェイ戦に臨み、3-0で快勝した。 ▽前節サッスオーロ戦では大半の主力をベンチスタートとした中、ウナスのセリエA初ゴールとインシーニェのビューティフル弾で2-0と快勝した2位ナポリ(勝ち点18)は、4日後にチャンピオンズリーグ(CL)のパリ・サンジェルマン戦を控える中、インシーニェが欠場となり、ハムシクがベンチスタートとなった。 ▽3連敗中の15位ウディネーゼ(勝ち点8)に対し、フラットな[4-4-2]で臨んだナポリは、2トップにミリクとメルテンス、右サイドにカジェホン、左にヴェルディを配した。 ▽そのナポリは開始2分にアクシデント。ヴェルディが負傷交代を強いられ、ファビアン・ルイスを投入せざるを得なくなった。それでもウディネーゼを押し込むと、10分にカジェホンがミドルシュートでオンターゲットを記録。 ▽すると、攻勢に出ていたナポリが14分に先制した。敵陣でボールをカットしたファビアン・ルイスがボックス手前左から右足でゴール右に流し込んだ。 ▽緊急出場のファビアン・ルイスの移籍後初ゴールで先手を取ったナポリは、23分にラザーニャに単騎突破から枠内シュートを浴びるも、GKカルネジスが何とかセーブ。 ▽試合をコントロールするナポリは、ハーフタイムにかけて追加点に迫る好機は生み出せなかったものの、1点をリードして前半を終えた。 ▽迎えた後半、ウディネーゼの圧力を受けたナポリだったが、凌いでペースを明け渡さずに時間を進めていく。 ▽後半半ばを過ぎてミリクに代えてハムシクを投入したナポリは、75分にジエリンスキのシュートで追加点に迫るも、ゴールライン前にいたDFにブロックされてしまう。 ▽それでも79分、カジェホンのシュートがボックス内のオポクの手に当たってPKを獲得。これをメルテンスが決めて勝負を決定付けた。 ▽さらに86分、1分前に投入されていたログにもゴールが生まれて3-0としたナポリが快勝。首位ユベントスとのポイント差を4に縮めている。 2018.10.21 05:29 Sun
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼ、デンマーク代表DFラーセンと2022年まで契約延長

▽ウディネーゼは18日、デンマーク代表DFイェンス・ストリガー・ラーセン(27)との契約を2022年6月30日まで延長したことを発表した。 ▽デンマークのブレンビー出身のストリガー・ラーセンは右サイドバックを本職とするDF。両サイドバックや両サイドハーフでもプレー可能な同選手は、母国のブレンビーやノアシェラン、オーストリア・ウィーンを経て、2017年の夏にウディネーゼに加入。 ▽加入初年度の昨季は、右サイドバックを主戦場にセリエAで30試合に出場。今季もここまでセリエA全試合フル出場している。また、昨年8月にデビューを飾ったデンマーク代表では、これまで19キャップを数えている。 2018.10.19 03:15 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース