4位栃木と2位富山の上位対決は10人の富山が土壇場で追いつきドロー決着!《J3》2017.07.08 21:24 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽明治安田生命J3リーグの第16節の4試合が8日に行われた。

▽栃木県グリーンスタジアムで行われた栃木SCvsカターレ富山は、1-1のドローに終わった。1試合消化試合が多いものの、首位ブラウブリッツ秋田(勝ち点34)を3差で追う2位の富山(勝ち点31)は、4位の栃木(勝ち点25)との上位対決に臨んだ。試合は立ち上がりからオープンな展開が続く中、13分にボックス右でクリアボールに反応した廣瀬がノールックで技ありの反転ループシュートをファーポストに流し込み、栃木が先手を奪う。その後は互いに決定機があるものの、両守護神の活躍でスコアは変わらず。だが、後半半ばに相手にヒジ打ちを見舞った窪田が一発退場となり、富山が数的不利を強いられると、流れは栃木へと傾く。それでも、諦めない富山は最小失点差をキープすると、試合終了間際の左CKから脇本が泥臭く押し込み、土壇場で追いついた。連勝が「3」でストップした富山だが、価値ある勝ち点1で6戦無敗をキープした。

▽また、共に中位同士の対決となった6位鹿児島ユナイテッドFC(勝ち点22)vs7位FC琉球(勝ち点21)と、8位ギラヴァンツ北九州(勝ち点20)vs12位グルージャ盛岡(勝ち点15)は、琉球が1-0で、北九州が5-1で勝利した。北九州はホームで先制を許すも、池元の2ゴールなど、攻撃陣が爆発して見事な逆転勝利を飾った。

▽その他では、11位福島ユナイテッドFC(勝ち点17)と12位FC東京U-23の一戦は、2-2のドローに終わった。立ち上がりから攻勢に出た福島が後半序盤までに2点リードも、試合終盤に猛攻を仕掛けたFC東京U-23が、ユ・インスのPKと内田の2ゴールで追いつき、ドローに持ち込んだ。

◆明治安田生命J3リーグ第16節

▽7/8(土)
福島ユナイテッドFC 2-2 FC東京U-23
鹿児島ユナイテッドFC 0-1 FC琉球
栃木SC 1-1 カターレ富山
ギラヴァンツ北九州 5-1 グルージャ盛岡

▽7/9(日)
《15:00》
SC相模原 vs ガイナーレ鳥取
アスルクラロ沼津 vs AC長野パルセイロ
ブラウブリッツ秋田 vs Y.S.C.C.横浜
《17:00》
藤枝MYFC vs ガンバ大阪U-23

コメント

関連ニュース

thumb

ジョン・ガブリエル2発! エース5戦連発絶好調の相模原が連勝《J3》

▽明治安田生命J3リーグ第18節の4試合が15日に各地で行われた。 ▽11位・グルージャ盛岡が13位・SC相模原をホームに迎えた一戦では、3-0で相模原が完勝した。 ▽試合は、12分に相模原が動かす。右CKの流れから保崎のクロスが上がると、ボックス内で盛岡の選手に当たり軌道が変化する。ボックス内で反応したジョン・ガブリエルが上手く合わせ、先制点を記録。ジョン・ガブリエルにとっては、リーグ5試合連続の得点となった。 ▽さらに37分、谷澤のシュートのこぼれ球に詰めたジョン・ガブリエルが、この日の2点目を奪取。今シーズンのリーグ戦得点数を12ゴールに伸ばし、得点ランキング首位に立つ実力を示した。 ▽反撃したい盛岡は、直後の39分に藤沼がPKを獲得。しかし、自らキッカーを務めて放ったシュートはGK田中雄大にキャッチされ、得点とはならない。すると、試合を折り返して迎えた71分、左CKの流れから工藤が左足で強烈なシュートを放ち、リードを3点に広げる。 ▽結局、盛岡が一矢報いることが叶わないまま試合が終了。この結果、相模原が連勝を飾ることとなった。 ◆明治安田生命J3リーグ第18節 ▽7/15(日) グルージャ盛岡 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 SC相模原</span> Y.S.C.C.横浜 0-0 ギラヴァンツ北九州 FC東京U-23 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 セレッソ大阪U-23</span> ザスパクサツ群馬 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 AC長野パルセイロ</span> ▽7/16(月) 《15:00》 福島ユナイテッドFC vs アスルクラロ沼津 ブラウブリッツ秋田 vs FC琉球 《17:30》 ガンバ大阪U-23 vs 鹿児島ユナイテッドFC 《18:00》 カターレ富山 vs ガイナーレ鳥取 2018.07.15 21:00 Sun
twitterfacebook
thumb

北九州GK高橋拓也に第2子となる次男が誕生! 「家族を幸せにできるよう頑張ります! 」

▽ギラヴァンツ北九州は13日、同日にGK高橋拓也の第2子となる次男が誕生したことを発表した。 ▽神奈川県出身の高橋は、2012年に神奈川大学よりY.S.C.C横浜に加入し、2016年に横浜FMに完全移籍。北九州には昨シーズンから在籍し、今シーズンは明治安田生命J3リーグ10試合に出場している。 ▽高橋は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。 ◆GK高橋拓也 「無事に産んでくれた妻と、元気に産まれてきてくれた子どもに感謝しています。今後も家族を幸せにできるよう頑張ります!」 2018.07.13 22:10 Fri
twitterfacebook
thumb

群馬MF志村駿太がザスパ草津チャレンジャーズへ期限付き移籍

▽ザスパクサツ群馬は11日、MF志村駿太(21)がザスパ草津チャレンジャーズへ期限付き移籍することを発表した。 ▽志村は、群馬県伊勢崎市出身で、群馬の下部組織出身。2016年にトップチームへと昇格すると、2017年はtonan前橋に期限付き移籍。2018シーズンは復帰していた。志村はクラブを通じてコメントしている。 「自分を見つめ直して成長できるよう頑張りたいと思っています。これからも応援していただけると嬉しいです。日々精進します!」 ▽なお、期限付き移籍期間は、2019年1月31日までとなる。 2018.07.11 18:58 Wed
twitterfacebook
thumb

J1第16節・J2第23節・J3第18節を皮切りに「Jリーグ TEAM AS ONE 平成30年7月豪雨災害義援金募金」が実施

▽Jリーグは11日、7月15日(土)から16日(日)に開催される明治安田生命J2リーグ第23節と明治安田生命J3リーグ第18節、18日(水)に開催される明治安田生命J1リーグ第16節を皮切りに「Jリーグ TEAM AS ONE 平成30年7月豪雨災害義援金募金」を実施することを発表した。 ▽今回発表された声明と実施概要は以下の通り。 「平成30年7月豪雨災害により、亡くなられた方々の御冥福をお祈りするとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます」 「この災害で被災された皆さまを支援するため、JリーグとJクラブは、7月15日(日)・16日(日)に開催される明治安田生命J2第23節・J3リーグ第18節、および7月18日(水)に開催されるJ1リーグ第16節を皮切りに、主に公式試合のスタジアムで、義援金募金を実施します」 「これは2011年以来のJリーグとJクラブによる復興支援活動、「TEAM AS ONE」の一部にあたります。募金いただいた義援金は、日本赤十字社などを通じて、できるだけ早期に被災地にお届けします。またこれまでファン・サポーターの皆さまからいただいた寄附を積み立てたTEAM AS ONE基金を原資として、クラブや選手による復興支援活動を実施して参ります」 「どうぞ皆さまの温かいご支援をお願いいたします」 ◆JリーグTEAM AS ONE 平成30年7月豪雨災害義援金募金の概要 名称:JリーグTEAM AS ONE 平成30年7月豪雨災害義援金募金 実施場所:Jリーグ公式戦のホームスタジアムなど 実施日:各クラブ公式サイト等でご確認ください 寄付先:日本赤十字社の「平成30年7月豪雨災害義援金」、または各クラブが選定した寄付先 ◆クラブや選手による復興支援活動の概要 別途、Jリーグ・Jクラブの公式サイトなどでお知らせ 2018.07.11 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

秋田、杉山弘一監督の契約解除を発表…昨季J3優勝も今季苦戦

▽ブラウブリッツ秋田は11日、杉山弘一監督との契約を10日付で解除したことを発表した。後任については明かされていない。 ▽タイやシンガポールで指導者としての経験を積んだ杉山弘一監督は、2017年に秋田の監督に就任。2017シーズンでは最終節で逆転して首位に立ち、明治安田生命J3リーグ初優勝を成し遂げたが、J2ライセンスが未交付だったためJ2昇格はならず。さらに今シーズンはJ3連覇を目指すも、ここまで6勝3分け7敗で9位と苦戦。今月2日にはクラブとして初めてのJ2クラブライセンス取得に向けた申請を実施していた中での契約解除となった。 ▽杉山弘一監督は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ファン、サポーター、スポンサーの皆さん、選手、スタッフ、ブラウブリッツ秋田に関わる全ての方々に支えられて、2017シーズンも2018シーズンも充実した時間を過ごすことができました」 「心から感謝しています。特にどんな時も全力で取り組んでくれた選手たちには感謝したいです。ありがとうございました。シーズン途中でチームを去らなければならないことは残念に思いますし、申し訳なく思いますが、私もプロの監督ですから受け止めなければなりません」 「これからもブラウブリッツ秋田、そして秋田の街が元気に笑顔になっていくことを祈っています。本当にありがとうございました」 ▽また、今回の件に関して岩瀬浩介代表取締役社長兼強化部長は、以下のようにコメントしている。 「シーズンの前半戦を終え、今シーズンクラブが掲げた目標であるJ2昇格を達成することが現状のままでは困難であると判断し、この度杉山弘一監督との契約を解除することとなりました。杉山監督におかれましては、就任当初からこれまで監督業務に全身全霊、真摯に取り組んで頂きました」 「特に昨シーズンはクラブ初の優勝を成し遂げ、クラブの新たな歴史を築き上げ、J2昇格に向けた礎を築いていただきました。その多大なるご尽力と功績に心より感謝申し上げます」 「シーズン中盤でのリスタートとなりますが、株主、スポンサー、ファン・サポーターの皆様をはじめ、多くの皆さんに昨シーズン以上の感動をお届けできるよう最大の努力を続けて参ります」 「引き続きブラウブリッツ秋田へのご支援ご声援を何卒よろしくお願い致します」 2018.07.11 12:25 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース