リーベル・プレートがアルゼンチン代表MFエンソ・ペレスをバレンシアから獲得2017.07.01 12:48 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーベル・プレートは30日、バレンシアのアルゼンチン代表MFエンソ・ペレス(31)を完全移籍で獲得した。契約期間は2020年6月までとなる。

▽E・ペレスは、エストゥディアンテス、ベンフィカを経て2015年1月にバレンシアへと移籍。バレンシアでは2シーズン半で公式戦74試合に出場していた。また、アルゼンチン代表としてもプレーし、19試合に出場している。
コメント
関連ニュース
thumb

マドリーが加入濃厚のリーベルMFパラシオスが右足骨折で2カ月の離脱… 移籍交渉に影響か

今夏でのレアル・マドリー行きが濃厚となっているリーベル・プレートのアルゼンチン代表MFエセキエル・パラシオス(20)が、右ヒザを負傷し2カ月間の離脱となった。スペイン『マルカ』が報じている。 『マルカ』によれば、パラシオスは10日に行われたアルゼンチンリーグ第18節のラシン戦(2-0でリーベル・プレートが勝利)の中で負傷。同選手はフル出場を果たしていたが、その後に行われた検査の結果で右足腓骨の骨折と診断された。 以前からマドリーやパリ・サンジェルマン、マンチェスター・シティが獲得に動いているパラシオス。有力各紙では以前、マドリーが契約解除金2000万ユーロ(約26億円)を支払い、今冬の5年半契約に合意したと報じられていたが、リーベル・プレートのロドルフォ・ドノフリオ会長は「彼は移籍市場に出ていない」と発言し、この移籍は白紙となっていた。 今冬での移籍は叶わなかったマドリーは、今夏にも交渉を再開する構えだが、『マルカ』は今回のケガが懸念材料となり、獲得から手を引く可能性もあると予想している。 リーベル・プレート下部組織出身のパラシオスは、2015年11月にトップチームデビュー。昨シーズンまではなかなか出番は回ってこなかったものの、今シーズンは公式戦27試合に出場。献身的な守備と豊富な運動量を武器に、攻守両面で活躍できるポテンシャルを秘めるセントラルMFであり、アルゼンチンのトニ・クロースと称されている。 2019.02.14 01:50 Thu
twitterfacebook
thumb

リーベルのアルゼンチン代表MFゴンサロ・マルティネスがMLSのアトランタに移籍

MLS(メジャーリーグ・サッカー)のアトランタ・ユナイテッドは24日、リーベル・プレートのアルゼンチン代表MFゴンサロ・マルティネス(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ウラカンの下部組織で育った攻撃的MFのゴンサロ・マルティネスは、2015年1月からリーベルでプレー。これまで公式戦143試合に出場して29ゴール26アシストとリーベルの主軸として活躍し、昨年末のコパ・リベルタドーレス優勝に貢献していた。アルゼンチン代表としては昨年9月にデビューを飾っていた。 欧州への移籍ではなくアメリカへの移籍を決めたゴンサロ・マルティネスはアトランタ・ユナイテッドの公式サイトで次のように話している。 「アトランタは僕に大きな信頼を寄せてくれた。クラブに新たな歴史を刻むためにもフランク・デ・ブール監督やチームメートたちと共にハードワークしていきたい」 2019.01.25 03:10 Fri
twitterfacebook
thumb

リーベルMFパラシオスのマドリー行きが決定的に…代理人が「オペレーションはかなり進んでいる」

リーベル・プレートのアルゼンチン代表MFエセキエル・パラシオス(20)のレアル・マドリー加入が近づいていると、同選手の代理がコメントした。スペイン『マルカ』が伝えている。 リーベル・プレート下部組織出身のパラシオスは2015年11月にトップチームデビュー。昨シーズンまではなかなか出番は回ってこなかったものの、今シーズンは公式戦20試合に出場した。献身的な守備と豊富な運動量を武器に、攻守両面で活躍できるポテンシャルを秘めるセントラルMFであり、アルゼンチンのトニ・クロースとの呼び声も高い。2018年9月にはアルゼンチン代表にも初選出された最も期待されている若手の1人だ。 有力各紙は以前、マドリーがパラシオスの契約解除金2000万ユーロ(約26億円)を支払って今冬の5年半契約に合意したと報道し、移籍が決定的に。しかし、リーベル・プレートのロドルフォ・ドノフリオ会長が「彼は移籍市場に出ていない」と発言したことで、同選手のマドリー入りは立ち消えになったかに思われた。 それでも、今回の報道では再び状況が一転。複数クラブがパラシオスに関心を寄せるなか、やはりマドリー加入が近づいていると同選手の代理人を務めるレナト・コルシ氏が明言した。 「リーベルの幹部たちは、(両クラブが出場したクラブ・ワールドカップの開催地となった)アブダビでレアル・マドリーと会談した」 「今後数日のうちに正式なオファーがあるだろう。オペレーションはかなり進んでいる」 「家族やエセキエル(・パラシオス)、私は6月の加入を希望しているし、それまでリーベルに留まってもレアル・マドリーに問題は生じない」 「レアル・マドリーは彼を望んでおり、おそらくリーベルは売却するだろう」 「彼らは同意する。したがって、月曜日か火曜日(7日か8日)中に正式な提案が持ち掛けられるだろう」 2019.01.05 16:10 Sat
twitterfacebook
thumb

クラブW杯MVPにベイル! 元鹿島のカイオがシルバーボール

▽FIFAクラブ・ワールドカップ(CWC)各賞受賞者が決定した。 ▽UAE大会は22日、決勝戦で開催国王者のアル・アインを4-1で下したレアル・マドリーの優勝で終幕。レアル・マドリーは史上初の大会3連覇となる。 ▽最優秀選手賞はレアル・マドリーのウェールズ代表MFガレス・ベイルに。決勝戦こそ不発に終わったが、準決勝の鹿島アントラーズ戦でハットトリックを達成した。 ▽シルバーボールは、アル・アインに所属する元鹿島アントラーズのブラジル人FWカイオが受賞。ブロンズボールはリーベル・プレートのコロンビア人FWサントス・ボレが輝いた。 2018.12.23 08:05 Sun
twitterfacebook
thumb

南米王者リーベルに4発完敗の鹿島は4位フィニッシュ《クラブ・ワールドカップ》

▽クラブ・ワールドカップ(CWC)2018・3位決定戦の鹿島アントラーズvsリーベル・プレートが22日に行われ、0-4でリーベルが勝利した。 ▽3日前に行われた準決勝のレアル・マドリー戦をベイルのハットトリックに沈んで1-3と敗戦した鹿島は、レアル・マドリー戦のスタメンから3選手を変更。昌子、西、山本に代えて内田、安西、犬飼を起用した。 ▽一方、開催国王者のアル・アインにPK戦の末に敗れた南米王者のリーベル・プレートは、レアル・マドリー入りが濃厚のパラシオスやアル・アイン戦で2ゴールを決めたボレが引き続きスタメンとなったものの、7選手を変更して臨んだ。 ▽開始早々、アルバレスのミドルシュートでゴールを脅かされた鹿島は、続く3分にもボレに決定的なシュートを浴びてしまう。 ▽劣勢の入りとなった中11分、右CKからビッグチャンス。ニアサイドの犬飼がヘッドで逸らし、ファーサイドのチョン・スンヒョンが押し込みにかかったが、GKルクスにゴールライン上で弾かれ、先制点とはならなかった。 ▽続く14分にもセルジーニョのミドルシュートでGKルクスを強襲した鹿島がペースを握り始めていた中、ボレと接触して足を負傷していたGKクォン・スンテが24分、プレー続行不可能となって曽ヶ端が投入される。 ▽すると直後、先制点を許してしまう。右CKからレオ・シルバに競り勝ったスクリーニにヘディングシュートを流し込まれた。失点直後にもボレに決定的なシュートを許した鹿島だったが、GK曽ヶ端がファインセーブで凌ぎ、追加点を許さない。 ▽33分にはクルスの直接FKでGK曽ヶ端を強襲されるなど、ハーフタイムにかけてもリーベルが押し込む流れが続く中、鹿島は44分に同点のチャンス。安部が個人技でボックス左を突破してシュート。ルーズボールを安西が狙ったが、シュートはバーに直撃してしまった。 ▽鹿島が1点ビハインドで迎えた後半、パラシオスとモレイラに代えてキンテーロとI・フェルナンデスを投入してきたリーベルが押し込む流れで試合を進めると61分、ボレにミドルシュートを決められるもオフサイドで助かる。 ▽63分にはボックス左に侵入した土居がGKを強襲するシュートを浴びせて反撃を窺った鹿島だったが、G・マルティネスを投入したリーベルが73分に勝負を決定付けた。右サイドからのクロスをボックス内のスクリーニが収めてラストパスを送ると、代わって入ったばかりのG・マルティネスがボックス左からシュートを蹴り込んだ。 ▽2点を追う展開となった鹿島は内田に代えて小笠原を投入すると、84分に土居のシュートが、87分に永木の直接FKがそれぞれバーに直撃する。 ▽するとチャンスを生かせなかった鹿島は88分、スルーパスに抜け出したボレを犬飼がボックス内で倒してPKを献上。これをボレに決められて0-3とされてしまった。 ▽さらに試合終了間際、G・マルティネスにループシュートを決められた鹿島は0-4で完敗。4位で大会を後にしている。 2018.12.23 00:29 Sun
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース