途中出場のMF松浦2発で磐田が逆転で浦和を破り2連勝! 31歳バースデーのGK西川は悪夢の4失点…《J1》2017.06.18 21:11 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽明治安田生命J1リーグ第15節、浦和レッズvsジュビロ磐田が18日に埼玉スタジアム2002で行われ、アウェイの磐田が4-2で勝利した。

▽1試合未消化で暫定6位の浦和(勝ち点23)と、11位磐田(勝ち点19)がインターナショナルマッチウィークによる中断期間明けで対峙する一戦。前節、柏レイソルとの上位対決に敗れ、2戦未勝利の浦和は、その試合のメンバーから高木に代えて武藤を先発で起用。また、負傷明けのラファエル・シルバが約1カ月ぶりにベンチ入りを果たした。

▽一方、前節ガンバ大阪相手に3-0の快勝を収め、リーグ6戦ぶりの白星を手にした磐田だが、この試合に向けては太もものケガを再発した中村俊がベンチ外となり、松井を代役に起用。また、小川に代わって宮崎が先発に復帰した。

▽浦和のビルドアップに対して、アウェイの磐田が勇気を持って前がかりなハイプレスを仕掛けて主導権を奪いにかかる。9分には大井の中盤でのボール奪取からシュートカウンターに転じ、アダイウトンからボックス左に走り込む松井へパスが通るが、松井のニアを狙った左足シュートはサイドネットを叩く。

▽やや相手の出方に戸惑った浦和だったが、11分に自陣低い位置でのボール奪取から関根のロングフィードに抜け出した興梠がボックス左から左足のシュートを放つなど、相手の背後を狙う興梠の動き出しに合わせたシンプルな縦パスや、素早い攻守の切り替えでチャンスを窺う。

▽インテンシティの高い見応えのある攻防が続く中、20分過ぎに浦和にアクシデント。アダイウトンとの競り合いで目尻を切った槙野が流血。だが、槙野はバンテージを巻いてプレーに復帰した。

▽その後、磐田の勢いが落ち始めると、徐々に浦和が得意のダイレクトプレーで相手のマークを剥がしてチャンスを創出していく。だが、この日が31歳の誕生日となる守護神の痛恨ミスでアウェイチームに先制点を許す。

▽36分、磐田が相手陣内左サイドでFKを得ると、キッカーの宮崎が左足のクロスをゴール前に送る。ここでGK西川が飛び出してパンチングを試みるが、ボールを触れずに川又が頭で合わせる。そして、ゴール方向に向かった浮き球のボールを大井が頭で押し込んだ。

▽リズムに乗り始めた矢先に守護神のミスからリードを許した浦和はすぐさま反撃を開始。サイドをえぐって宇賀神、興梠と続けて際どいクロスを入れると、この流れで得た右CKから追いつく。43分、右CKの場面でキッカーの柏木が鋭いボールを入れると、ニアでDFを振り切った阿部がうまく頭でコースを変えて左隅に流し込んだ。畳みかけるホームチームは、直後にもボックス左で興梠が折り返したボールに関根が反応も右足のシュートはうまくミートせず、前半は1-1のイーブンで終了した。

▽前半のうちに追いついた浦和は、後半立ち上がりにアダイウトンに決定機を許したものの、ここから自慢のパスワークと個人技で相手を圧倒。すると55分、左サイドの武藤からパスを受けた興梠がバイタルエリアで絶妙なタメから攻め上がった阿部に短いパスを通す。このままゴール前に抜け出した阿部のシュートはGKカミンスキーに触られるも、このままゴールネットに吸い込まれた。

▽キャプテン阿部の2ゴールで逆転に成功した浦和は、58分に宇賀神を下げて駒井、61分に李を下げてラファエル・シルバを投入。より前がかって相手にとどめを刺しに行く。興梠のポストプレー、駒井と関根の両ウィングバックの積極的な仕掛けで相手を自陣深くに押し込むが、ラファエル・シルバらが決め切れず。

▽一方、足が止まって防戦一方の磐田は、宮崎と松井を下げて小川、松浦とフレッシュな選手をピッチに送り出すと、ワンチャンスを生かして追いつく。

▽68分、自陣深くで川又が大きく蹴り出したボールに反応したアダイウトンが完璧な形で裏へ抜け出す。ここはリスク管理を怠らずに飛び出したGK西川が先にクリアすると思われたが、西川のクリアがアダイウトンに当たってしまう。このこぼれ球を回収したアダイウトンがそのままボックス内に持ち込み、最後は冷静にDFを外して無人のゴールへ流し込んだ。

▽再び相手守護神の微妙な対応からゴールを奪い、息を吹き返した磐田は、ここから途中出場の松浦が躍動。74分、右サイドでボールを持った松浦がバイタルエリアのアダイウトンとのパス交換でボックス右に抜け出すと、腰を強く捻った左足のシュートでニアを破り、逆転ゴールを奪う。さらに80分には左サイドで川又が潰れてアダイウトンが裏へ出したスルーパスに抜け出した松浦がボックス内でGK西川との一対一を制し、点差を2点に広げる4点目を奪った。

▽痛恨の連続失点で試合を引っくり返された浦和は、関根に代えてズラタンを投入してゴールを目指すが、87分に阿部のクロスをボックス内で胸トラップしたラファエル・シルバのシュートも枠を捉え切れず、万事休す。

▽90分を通してのハードワーク、松浦投入が嵌った磐田が、前節のG大阪戦に続き格上撃破で2連勝を飾った。一方、守護神西川の痛恨のミスや決定力不足が響いた浦和は、厳しい連敗で3戦未勝利となった。

コメント

関連ニュース

thumb

経験豊富なG大阪MF今野泰幸も韓国代表を警戒「間違いなく強い相手。苦労する」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽日本代表は15日、16日に行われるEAFF E-1サッカー選手権2017の韓国代表戦に向けて都内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、MF今野泰幸(ガンバ大阪)がミックスゾーンで記者の取材に応対。韓国を警戒し「最初のホイッスルから飛ばして行きたいです」と全力を出し切って勝ち切ると意気込んだ。 <span style="font-weight:700;">◆MF今野泰幸</span>(ガンバ大阪) <span style="font-weight:700;">──韓国代表の印象は</span> 「上手い選手も増えてきているし、元々気持ちを持った選手も多いので、間違いなく強い相手だと思います。苦労すると思います」 <span style="font-weight:700;">──今大会は0-0で粘って、最後に点を取ってという試合が続いているが</span> 「もちろん最初に点が取れた方が良いです。とにかく、最初から飛ばして90分間戦わないと、勝つのは難しい相手だなと思います。最初のホイッスルから飛ばして行きたいです」 <span style="font-weight:700;">──優勝するということはやはり大事か</span> 「やっぱり2位だと何も残らないです。1位をとれば、少しは歴史に名を刻めるのでね。とにかく結果にこだわりたいです。どんな内容であろうと気持ちで負けないで、がむしゃらに1位を獲りに行きたいです」 <span style="font-weight:700;">──ハリルホジッチ監督は中国戦の試合後に今野選手のプレーを褒めていたが、自身ではどうか</span> 「アンカーのポジションはそんなにやらないですけど、落ち着いてできましたね。最低限のことはできたと思います」 <span style="font-weight:700;">──ダブルボランチとは違いますか</span> 「全然違いますね。そこのポジションを空けたら、誰もいなくなってしまうので、ポジショニングが重要です。僕は本能的に動いてしまうので、そこを空けてしまうことが多いんですけどね。そこを気をつけながらプレーしました」 <span style="font-weight:700;">──経験が少ない選手が多い中で、だいぶ1つになっているような手応えは</span> 「そうですね。練習では監督がどんどん要求してきますし、それにみんなが応えようと必死にやっています。みんなもJリーグでは試合に出ている選手なので、経験も持っているし、サッカーも知っています。徐々に良くなっているとは感じます」 <span style="font-weight:700;">──中盤での自分の生かし方とかは見えてきているか</span> 「僕は経験があるので、色々な要求があるのは当然です。その中で自分の特徴を出していかないと、生き残れないのは分かっていることです。それができないなら、外れていくだけですね」 2017.12.15 20:50 Fri
twitterfacebook
thumb

韓国の高さを警戒する鹿島DF昌子源、それでも「結局は個々のデュエル」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽日本代表は15日、16日に行われるEAFF E-1サッカー選手権2017の韓国代表戦に向けて都内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、DF昌子源(鹿島アントラーズ)がミックスゾーンで記者の取材に応対。韓国のFWキム・シンウクの高さを警戒しながらも、「最低限キレイに何かをさせることは防げる」と意気込んだ。 <span style="font-weight:700;">◆DF昌子源</span>(鹿島アントラーズ) <span style="font-weight:700;">──韓国代表の印象は</span> 「技術がしっかりしています。相手がどれだけ長い期間一緒にやっているかはわからないですけど、僕らより連携が良いというのは聞いています。監督も向こうの方が一緒にやっている期間も長いし、戦術面や連携面は理解度は高いかもしれないと言っていました。実際は試合にならないとわからないですけど、戦術の理解度は高そうな印象はあります」 <span style="font-weight:700;">──そんな中で、日本の守備陣はどう戦っていくか</span> 「結局は個々のデュエルだと思います。もちろん戦術やチームの戦術理解度で勝敗は決まるかもしれないですけど、ゴール前では相手の9番(キム・シンウク)とか、ヘディングを生かしてやってくると思います。困ったときにデカい選手がいるのは、サッカー的にも楽でしょうしね」 「ただ、そういったものに韓国は頼るチームではないと思うし、技術がしっかりしている分、下で繋ぐこともできます。色々なバリエーションが増えることは、ディフェンス陣からしたら嫌ですね。ただ、それにしっかり対応していかないといけないなと思います」 <span style="font-weight:700;">──196cmのキム・シンウクは脅威だと思うが</span> 「僕はそこまで大きい選手が初めてではないです。色々なやり方はあると思います。単純にヘディング勝負で勝てるかといったら、10回やって1回勝てるかも分からないです。僕のヘディングは向こうは胸かもしれないです。色々な守り方があると思います」 「トラップ際を狙うとか、僕が負けると思って違う人がカバーするとか。ただ、最低限キレイに何かをさせることは防げると思います。危ないところで僕が競って、体を当てるだけでもシュートの威力を落とすこともできます。そこは最低限やりたいです」 <span style="font-weight:700;">──W杯で対戦するセネガルとかポーランドはフィジカル面でも勝るチームだが、その辺も意識するか</span> 「そこを気にしていたらダメだなと思います。目の前の試合で目の前の相手を倒した後に、そういったイメージが湧いてくるかなと。僕が高さで全部負けて、もうダメだとなるのもナンセンスだと思うし、高さだったら全部植田をぶつけたら良いわけですし。そうはいかないですけど」 「僕は正直、高さが得意ではないです。196cmの相手に勝てると言えるほど自信はないです。直は、2mの相手でもぶつかっていくけど、自分はそういった自信はないし勝てないのは分かっているので、それに見合う違うことでやっていきたいです」 2017.12.15 20:30 Fri
twitterfacebook
thumb

生き残りを懸けたラストチャンスの日韓戦について柏FW伊東純也「勝たないとアピールにはならない」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽日本代表は15日、16日に行われるEAFF E-1サッカー選手権2017の韓国代表戦に向けて都内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、FW伊東純也(柏レイソル)がミックスゾーンで記者の取材に応対。中国代表戦で負ったケガについては回復していると明かし、スピードを生かして韓国にしっかり勝ちたいと語った。 <span style="font-weight:700;">◆FW伊東純也</span>(柏レイソル) <span style="font-weight:700;">──ケガの具合は</span> 「痛いですけど、(90分間)できると思います」 <span style="font-weight:700;">──中国戦ではどのシーンで負傷したのか</span> 「競り合いのときですね。試合が始まったばかりの頃です」 <span style="font-weight:700;">──100%でダッシュできる状況か</span> 「だいぶ戻ってきたと思います。明日にはもっと良くなっていると思います」 <span style="font-weight:700;">──スピードというところが期待されていると思うが、明日の韓国戦はどんなプレーをしたいか</span> 「ピッチに立ったら言い訳できないですし、(ケガは)関係なくスピードを生かして仕掛けていければなと思います」 <span style="font-weight:700;">──韓国代表の印象は</span> 「攻撃的で、サイドバックがすごく上がってくるという印象です。その後ろを突けたらなと思います」 <span style="font-weight:700;">──日本代表で試合に出ることで、自分で感じている変化はあるか</span> 「チームとは違うので、そういった部分では慣れていって日に日に良くなっていると思います」 <span style="font-weight:700;">──日韓戦はあまり経験がないかもしれないがイメージはあるか</span> 「大学の時もアジアのチームとは試合しましたが、力強いと思うので、そういったところでは負けないようにしたいです」 <span style="font-weight:700;">──韓国はライバルと言われるが、心理面でのプレッシャーは</span> 「そういったものはないですが、負けられないライバルなので、勝って優勝できたらと思います」 <span style="font-weight:700;">──日本代表に入るのはイメージしていたより早いか</span> 「僕は大卒なので、年齢的には早いとは思っていません。自分より若い選手も入っているので、負けないように頑張って行きたいです」 <span style="font-weight:700;">──ヴァイッド・ハリルホジッチ監督やコーチングスタッフから個人的に言われていることは</span> 「攻撃の面で違いを出して欲しいと言われていますし、そこは長所だと思っています。クオリティが評価されていると思うので、しっかりやりたいです」 <span style="font-weight:700;">──次の試合がアピールの場としては最後になるかと思うが</span> 「まずは一戦一戦という考えしかなかったです。最後もしっかり勝つ。勝たないとアピールにはならないので、最後も勝ちたいです」 2017.12.15 20:15 Fri
twitterfacebook
thumb

甲府がMF島川俊郎と契約更新「ひたむきにサッカーと向き合っていきたい」

▽ヴァンフォーレ甲府は15日、MF島川俊郎(27)との契約更新を発表した。 ▽島川は柏レイソルの下部組織出身で、ベガルタ仙台や東京ヴェルディ、ブラウブリッツ秋田、レノファ山口FC、栃木SCでプレー。今シーズンから甲府に加入すると、シーズン序盤は出場機会がなかったものの後半に出場機会を得て、明治安田生命J1リーグで13試合に出場していた。島川はクラブを通じてコメントしている。 「来シーズンもヴァンフォーレ甲府でプレーさせていただくことになりました。今シーズン感じた自分自身に対する情けなさや、悔しさを忘れず、これからもチームの力となれるように真面目に、そしてひたむきにサッカーと向き合っていきたいと思います。引き続き応援よろしくお願いします」 2017.12.15 15:34 Fri
twitterfacebook
thumb

新潟、今夏加入の大武峻と契約更新

▽アルビレックス新潟は15日、DF大武峻(25)と2018シーズンの契約更新に合意したことを発表した。 ▽大武は福岡大学から特別指定選手を経て、2015年に名古屋へと入団。当時指揮を執っていた西野朗監督に評価され、出場機会をコンスタントに得ていたが、J2に降格した今季は風間八宏監督の下、出場機会に恵まれず今年6月に新潟に移籍した。 ▽今シーズンの明治安田生命J1リーグでは9試合に出場していた。 2017.12.15 14:49 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース