途中出場のMF松浦2発で磐田が逆転で浦和を破り2連勝! 31歳バースデーのGK西川は悪夢の4失点…《J1》2017.06.18 21:11 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽明治安田生命J1リーグ第15節、浦和レッズvsジュビロ磐田が18日に埼玉スタジアム2002で行われ、アウェイの磐田が4-2で勝利した。

▽1試合未消化で暫定6位の浦和(勝ち点23)と、11位磐田(勝ち点19)がインターナショナルマッチウィークによる中断期間明けで対峙する一戦。前節、柏レイソルとの上位対決に敗れ、2戦未勝利の浦和は、その試合のメンバーから高木に代えて武藤を先発で起用。また、負傷明けのラファエル・シルバが約1カ月ぶりにベンチ入りを果たした。

▽一方、前節ガンバ大阪相手に3-0の快勝を収め、リーグ6戦ぶりの白星を手にした磐田だが、この試合に向けては太もものケガを再発した中村俊がベンチ外となり、松井を代役に起用。また、小川に代わって宮崎が先発に復帰した。

▽浦和のビルドアップに対して、アウェイの磐田が勇気を持って前がかりなハイプレスを仕掛けて主導権を奪いにかかる。9分には大井の中盤でのボール奪取からシュートカウンターに転じ、アダイウトンからボックス左に走り込む松井へパスが通るが、松井のニアを狙った左足シュートはサイドネットを叩く。

▽やや相手の出方に戸惑った浦和だったが、11分に自陣低い位置でのボール奪取から関根のロングフィードに抜け出した興梠がボックス左から左足のシュートを放つなど、相手の背後を狙う興梠の動き出しに合わせたシンプルな縦パスや、素早い攻守の切り替えでチャンスを窺う。

▽インテンシティの高い見応えのある攻防が続く中、20分過ぎに浦和にアクシデント。アダイウトンとの競り合いで目尻を切った槙野が流血。だが、槙野はバンテージを巻いてプレーに復帰した。

▽その後、磐田の勢いが落ち始めると、徐々に浦和が得意のダイレクトプレーで相手のマークを剥がしてチャンスを創出していく。だが、この日が31歳の誕生日となる守護神の痛恨ミスでアウェイチームに先制点を許す。

▽36分、磐田が相手陣内左サイドでFKを得ると、キッカーの宮崎が左足のクロスをゴール前に送る。ここでGK西川が飛び出してパンチングを試みるが、ボールを触れずに川又が頭で合わせる。そして、ゴール方向に向かった浮き球のボールを大井が頭で押し込んだ。

▽リズムに乗り始めた矢先に守護神のミスからリードを許した浦和はすぐさま反撃を開始。サイドをえぐって宇賀神、興梠と続けて際どいクロスを入れると、この流れで得た右CKから追いつく。43分、右CKの場面でキッカーの柏木が鋭いボールを入れると、ニアでDFを振り切った阿部がうまく頭でコースを変えて左隅に流し込んだ。畳みかけるホームチームは、直後にもボックス左で興梠が折り返したボールに関根が反応も右足のシュートはうまくミートせず、前半は1-1のイーブンで終了した。

▽前半のうちに追いついた浦和は、後半立ち上がりにアダイウトンに決定機を許したものの、ここから自慢のパスワークと個人技で相手を圧倒。すると55分、左サイドの武藤からパスを受けた興梠がバイタルエリアで絶妙なタメから攻め上がった阿部に短いパスを通す。このままゴール前に抜け出した阿部のシュートはGKカミンスキーに触られるも、このままゴールネットに吸い込まれた。

▽キャプテン阿部の2ゴールで逆転に成功した浦和は、58分に宇賀神を下げて駒井、61分に李を下げてラファエル・シルバを投入。より前がかって相手にとどめを刺しに行く。興梠のポストプレー、駒井と関根の両ウィングバックの積極的な仕掛けで相手を自陣深くに押し込むが、ラファエル・シルバらが決め切れず。

▽一方、足が止まって防戦一方の磐田は、宮崎と松井を下げて小川、松浦とフレッシュな選手をピッチに送り出すと、ワンチャンスを生かして追いつく。

▽68分、自陣深くで川又が大きく蹴り出したボールに反応したアダイウトンが完璧な形で裏へ抜け出す。ここはリスク管理を怠らずに飛び出したGK西川が先にクリアすると思われたが、西川のクリアがアダイウトンに当たってしまう。このこぼれ球を回収したアダイウトンがそのままボックス内に持ち込み、最後は冷静にDFを外して無人のゴールへ流し込んだ。

▽再び相手守護神の微妙な対応からゴールを奪い、息を吹き返した磐田は、ここから途中出場の松浦が躍動。74分、右サイドでボールを持った松浦がバイタルエリアのアダイウトンとのパス交換でボックス右に抜け出すと、腰を強く捻った左足のシュートでニアを破り、逆転ゴールを奪う。さらに80分には左サイドで川又が潰れてアダイウトンが裏へ出したスルーパスに抜け出した松浦がボックス内でGK西川との一対一を制し、点差を2点に広げる4点目を奪った。

▽痛恨の連続失点で試合を引っくり返された浦和は、関根に代えてズラタンを投入してゴールを目指すが、87分に阿部のクロスをボックス内で胸トラップしたラファエル・シルバのシュートも枠を捉え切れず、万事休す。

▽90分を通してのハードワーク、松浦投入が嵌った磐田が、前節のG大阪戦に続き格上撃破で2連勝を飾った。一方、守護神西川の痛恨のミスや決定力不足が響いた浦和は、厳しい連敗で3戦未勝利となった。

コメント

関連ニュース

thumb

DAZN週間ベストプレーヤーが発表! J1第29節は札幌や磐田から最多の3名が選出!

▽DAZNは16日、明治安田生命J1リーグ第29節の9試合からDAZN週間ベストプレーヤー11名を発表した。 ▽今回は、北海道コンサドーレ札幌から、柏レイソル戦2ゴールのFWジェイら3人、ジュビロ磐田からは先制点のMFアダイウトンや無失点に抑えたGKカミンスキーら最多の3人が選ばれた。その他川崎フロンターレ、アルビレックス新潟からそれぞれ2名ずつ選出されている。 <span style="font-weight:700;">GK</span> カミンスキー(ジュビロ磐田) <span style="font-weight:700;">DF</span> エウシーニョ(川崎フロンターレ) 菊地直哉(北海道コンサドーレ札幌) 大井健太郎(ジュビロ磐田) 堀米悠斗(アルビレックス新潟) <span style="font-weight:700;">MF</span> 宮澤裕樹(北海道コンサドーレ札幌) 水沼宏太(セレッソ大阪) 小川佳純(アルビレックス新潟) アダイウトン(ジュビロ磐田) <span style="font-weight:700;">FW</span> ジェイ(北海道コンサドーレ札幌) 小林悠(川崎フロンターレ) 2017.10.16 16:30 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第29節】等々力劇場の主役、崖っぷち新潟を救った2選手選出

▽明治安田生命J1リーグ第29節の全9試合が14日から15日にかけて開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆第29節の超WS選定J1週間ベストイレブン GK:曽ヶ端準 DF:ソン・ジュフン、大井健太郎、昌子源 MF:水沼宏太、小川佳純、中町公祐、アダイウトン FW:小林悠、ジェイ、土居聖真 ◆寸評 GK<span style="font-weight:700;">曽ヶ端準</span>(鹿島アントラーズ/4度目) ▽38歳の大ベテランはまだまだ健在。シュートストップ、ハイボール処理、フィード、どれも安定感抜群だった DF<span style="font-weight:700;">ソン・ジュフン</span>(アルビレックス新潟/初) ▽試合序盤に味方との接触で負傷したものの、最後までセーフティな対応を徹底。チームの17試合ぶりとなる白星の立役者に DF<span style="font-weight:700;">大井健太郎</span>(ジュビロ磐田/5度目) ▽負傷明け復帰戦ながらディフェンス陣を牽引。いるといないでは最終ラインの安定感が違う DF<span style="font-weight:700;">昌子源</span>(鹿島アントラーズ/7度目) ▽代表で培われた球際の強さを遺憾なく発揮。プレーの強度で対面した相手を上回り、ことごとく止めてみせた MF<span style="font-weight:700;">水沼宏太</span>(セレッソ大阪/2度目) ▽今節も正確無比のクロッサーとして抜群の存在感。さらに、走って良し、守って良し、と充実のプレー内容だった MF<span style="font-weight:700;">小川佳純</span>(アルビレックス新潟/初) ▽チームに15試合ぶりの白星をもたらす加入後初ゴール。序盤から決定機に絡み続けるなど効果的なプレーで輝いた MF<span style="font-weight:700;">中町公祐</span>(横浜F・マリノス/初) ▽ミドルシュートで同点弾をマーク。ボールの刈り取り役から散らし役まで、幅広い役回りでチームをリードした MF<span style="font-weight:700;">アダイウトン</span>(ジュビロ磐田/3度目) ▽馬力ある推進力でカウンター時の騎手を担い、シーズン7得点目。チームを率いる名波浩監督も大絶賛 FW<span style="font-weight:700;">小林悠</span>(川崎フロンターレ/3度目) ▽終盤のわずか3分間で同点弾と逆転弾の2発。“ここぞ”という場面で仕事をやってのけ、等々力劇場の支配人に FW<span style="font-weight:700;">ジェイ</span>(北海道コンサドーレ札幌/初) ▽2得点1アシストの全得点に絡む活躍。決して簡単な相手ではない柏レイソルの守備網を手玉に取った FW<span style="font-weight:700;">土居聖真</span>(鹿島アントラーズ/2度目) ▽シーズン3得点目。正確なタッチからシュートまでの一連の動作に無駄なし。真骨頂を体現した 2017.10.16 13:00 Mon
twitterfacebook
thumb

今季限りでの現役引退を発表していた甲府一筋のMF石原克哉「17年間積み重ねてきたことを残りの1ヶ月半に全てぶつける」

▽12日に今シーズン限りで現役を引退することが決定したことを発表していたヴァンフォーレ甲府のMF石原克哉(39)は、15日に行われた明治安田生命J1リーグ第29節のFC東京戦(1-1のドロー)後、引退会見を行った。 ▽2001年に順天堂大学から加入してプロキャリアをスタートさせた石原は、17シーズンにわたって甲府一筋でプレー。1年目からリーグ戦30試合に出場し、レギュラーに定着すると2005年にはJ2リーグと入れ替え戦全試合に出場してクラブ初のJ1昇格に貢献した。2007年にはキャプテンに就任し、チームを支えた。 ▽Jリーグでの通算成績は、J1リーグ142試合11得点、J2リーグ325試合19得点、国内カップ戦通算21試合2得点、天皇杯通算26試合2得点を記録している。 ▽引退会見を行った石原は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「皆さん、こんにちは。 日頃よりヴァンフォーレ甲府を応援、サポートして頂きまして誠にありがとうございます。 クラブからリリースされた通り、私、石原克哉は今シーズン限りでの引退を決意致しました」 「決断の理由は、ここ数年間、ヒザの痛みによって100%の力を発揮することができなくなったということです。気持ちの部分では今でも戦う準備はできていますが、やはり100%の力で毎日の練習もできていない現実を考えて、このような結論に至りました」 「今シーズンもあと5試合になりました。この17年間積み重ねてきたことを残りの1ヶ月半に全てぶつけ、なにがなんでも残留し、少しでも順位を上げていけるように貢献していきたいと思っています。これまで支えてくださった全ての方々に感謝し、みんなで笑って終われるよう最後まで戦いますので、応援よろしくお願いします! 」 2017.10.15 22:19 Sun
twitterfacebook
thumb

杉本&清武弾のC大阪が鳥栖撃破で連敗ストップ《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第29節のサガン鳥栖vsセレッソ大阪が15日にベストアメニティスタジアムで行われ、1-2でC大阪が勝利した。 ▽ここまで11勝8分け9敗で8位の鳥栖と14勝6分け8敗で5位のC大阪(勝ち点48)が相まみえた。ホームの鳥栖は、1-0で勝利した前節の鹿島アントラーズ戦から小林に代えて藤田を起用する1点を変更。一方、中間にルヴァンカップを挟んだC大阪は、1-5で敗れた前節の川崎フロンターレ戦から田中、山下、秋山、負傷の山村に代えて丸橋、木本、ソウザ、清武を起用した。 ▽試合序盤はホームの鳥栖が声援に押される形で前に出る。最初にゴールへ近づいたのはその鳥栖で、15分だった。正面やや遠めの位置から高橋が左足を一閃。鋭いミドルシュートが飛んだが、これは右ポスト外側に弾かれた。 ▽前半の半ばにかけても攻める鳥栖は、23分に先制する。ボックス左で仕掛けた吉田が松田のファウルを受けてPKを獲得。このPKをイバルボが決めて鳥栖が試合の均衡を破った。 ▽それでも、C大阪がすぐさま試合を振り出しに戻す。バイタルエリアで仕掛けた杉本がDF2人の監視を受けながらも強引に正面突破。最後はボックス内の正面から左足でゴール右にシュートを流し込み、C大阪が追いつく。 ▽ハーフタイムにかけては一進一退の攻防となるも、スコアは動かず、1-1のまま試合を折り返す。 ▽迎えた後半、鳥栖は早々にゴールへ近づく。46分、右サイドの藤田が入れたクロスをボックス左のイバルボがダイレクトで折り返す。スピードが速いボールだったが、何とかこれに合わせた小野のヘディングシュートが枠に飛ぶ。しかし、これはバーに直撃し、跳ね返りを再度、小野が押し込みにかかるもわずかに枠を捉えられない。 ▽すると、チャンスをモノにしたのはC大阪だった。58分、松田からボールを受けた水沼がボックス右でクロス。ファーサイドに走り込んだ清武が頭で合わせてネットを揺らし、C大阪が逆転に成功した。 ▽さらにC大阪は74分にもチャンス。ボックス右で清武の縦パスに反応した柿谷がシュートに持ち込むも、左ポストに嫌われてしまい、追加点とはならない。 ▽その後は鳥栖がリスクを冒して攻めるも、C大阪がうまく時間を消費して逃げ切り。C大阪がリーグ戦の連敗を3試合でストップさせる白星を手にした。 2017.10.15 19:01 Sun
twitterfacebook
thumb

甲府、10人の FC東京に追いつかれドロー止まり《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第29節のヴァンフォーレ甲府vsFC東京が15日に山梨中銀スタジアムで行われ、1-1で終了した。 ▽ここまで6勝9分け13敗で16位に位置する甲府(勝ち点27)と、10勝7分け11敗で11位のFC東京(勝ち点37)が激突した。ホームの甲府は、1-0で勝利した前節の柏レイソル戦と同様のスターティングイレブンをチョイス。対するFC東京は、0-0で引き分けた前節のジュビロ磐田戦からGK林、大久保嘉、前田に代えてGK大久保択、ピーター・ウタカ、ユ・インスを起用した。 ▽雨が降る中で始まった試合は、開始からポゼッションを高めて能動的に攻めるFC東京が序盤は押し気味に進める。すると、20分に決定機を演出。ゴール正面のペナルティアーク付近で高萩からの浮き球をトラップした永井が、うまく反転してシュート。これが枠を捉えたが、GK河田の好セーブに遭って先制点とはならない。 ▽やや苦しい展開となった甲府だが、23分にセットプレーからチャンスをモノにする。右サイドで得たFKでキッカーの島川がゴール前にクロスを入れると、正面のリンスが打点の高いヘッドで合わせる。このヘディングシュートがゴール右に決まり、甲府がリードした。 ▽ハーフタイムにかけては同点弾を狙うFC東京が前に出る。40分にはゴール正面でウタカが粘って、最後はユ・インスがシュート。DFにディフレクトしたボールがゴールに向かったが、これはバーにヒットして同点弾とはならなかった。 ▽圧力を強めたいFC東京だったが、前半終了間際にアクシデント。ポストプレー中のウタカが背後に背負っていたマーカーの田中に肘打ち。これが悪質なプレーと判断され、レッドカードを提示された。ビハインドを背負うFC東京が数的不利を強いられる。 ▽迎えた後半は、ボールを保持するFC東京に対して甲府がカウンターを狙う展開となる。55分には、その甲府がカウンターからチャンス。縦パスを受けたドゥドゥがドリブルで仕掛けてボックス左に侵入し、シュートに持ち込む。しかし、このシュートはわずかに枠の右に外れた。 ▽すると、スコアを動かしたのは10人のFC東京だった。60分、左サイドで得たFKでキッカーの太田がゴール前に鋭いクロスを入れる。これに正面で合わせた丸山がヘディングシュートでネットを揺らし、FC東京が1-1のタイスコアに持ち込む。 ▽終盤にかけても展開は変わらない。勝ち越し弾を狙うFC東京は88分、ペナルティアーク手前から太田がゴール右を捉える直接FKでゴールを襲うも、GK河田の好セーブに阻まれる。 ▽結局、試合はそのまま1-1で終了。両者譲らず、勝ち点を分け合った。 2017.10.15 15:57 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース