バーミンガムがジョン・テリー獲得へオファー! レドナップ監督が明言「あとは彼次第」2017.06.15 22:33 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンシップ(イングランド2部相当)に所属するバーミンガム・シティのハリー・レドナップ監督は、今シーズン限りでチェルシーを退団した元イングランド代表DFジョン・テリー(36)に対してオファーを提示したことを明らかにした。イギリス『talkSPORT』が報じている。

▽テリーは今シーズン、14歳で加入して22年間在籍したチェルシーを退団した。その退団声明の中でテリーは現役続行に意欲を燃やしており、新シーズンはどこのユニフォームを着てピッチに立つかに注目が集まっている。

▽そんな中、バーミンガムを2部残留へと導き、来シーズンも指揮をすることが決定したレドナップ監督がジョン・テリーへオファーを提示したことを明言している。

「私は、彼をクラブに欲しいと思っている。彼は素晴らしいキャプテンであり、偉大なリーダーだ」

「彼に良いオファーを提示した。我々はできる限りの最善を尽くしたよ。あとは、ジョン(・テリー)次第だ。我々バーミンガムは、彼を愛するだろう」

▽なお、レドナップとテリーは、4日にオールド・トラフォードで行われたマンチェスター・ユナイテッド所属のイングランド代表MFマイケル・キャリックの顕彰試合にマイケル・キャリックオールスターの一員として共に戦っていた。

コメント

関連ニュース

thumb

ペドロ軽傷か…サッリ示唆

▽チェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督がスペイン代表FWペドロ・ロドリゲスの負傷状況について「深刻なものではない」と主張した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽ペドロは、20日に敵地で行われたヨーロッパリーグ(EL)グループステージ開幕節のPAOK戦に先発。だが、試合最終盤に相手との交錯で肩を痛め、そのままピッチを退いた。 ▽今シーズン開幕から好プレーが続くペドロ。サッリ監督は試合後、そのペドロの状態について次のように述べ、軽傷の可能性が示唆した。 「彼の肩に問題がある。だが、正確な状況はわからない。ドクターと会話した。ほんの少しだけね。おそらく深刻なものじゃないと話をしてくれた」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">ヨーロッパリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.21 11:00 Fri
twitterfacebook
thumb

EL初戦の勝利を喜ぶものの…サッリが1Gのみに不満「喜べない。試合を終わらせるべきだった」

チェルシーのマウリツィオ・サッリ監督は、勝利と試合内容を喜ぶものの、1ゴールしか挙げられなかったことに不満が残ったようだ。<br><br>20日に行われたヨーロッパリーググループステージ グループLの第1節でチェルシーは敵地でPAOKと対戦。開始早々の7分にウィリアンが得点を挙げてチェルシーが先制に成功する。その後も追加点こそは挙げられなかったもののPAOKを寄せ付けず、チェルシーが1-0で勝利した。<br><br>初戦で勝利を飾ったサッリ監督だが、試合後に「90分間試合を支配した。それに多くのチャンスがあった。3ポイントを獲得できたこととパフォーマンスにとても満足しているが、結果には喜べない。試合を決定付ける場面で、試合を終わらせる必要があった」と1点しか奪えなかったことへの不満をあらわに。<br><br>「プレーは良かったと思う。今日のように完全に試合を支配した我々との対戦はどのチームにとっても難しいものになるだろう。我々はとても良かったから、PAOKの過ちではない。PAOKの試合を5、6試合見たが、彼らには良い選手がいる。10番のディミトリス・ペルカスはとても良い選手だと思う」<br><br>一方で、シーズン開幕からここまで3ゴールと好調をキープするペドロが相手GKと衝突して後半アディショナルタイムに負傷退場。肩の脱臼を負ったと考えられている同選手の状態についてもサッリ監督はコメントした。「肩に問題があるが、私には詳細に関する正確なことはわからない。ドクターと話したが数秒程度だった。しかし、彼は私に深刻なケガではないと教えてくれた」<br><br>提供:goal.com 2018.09.21 07:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ウィリアン弾でチェルシーが公式戦6連勝! モラタ筆頭に決定力欠くもEL白星スタート《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)のグループL第1節のPAOKvsチェルシーが20日に行われ、アウェイのチェルシーが1-0で勝利した。 ▽2012-13シーズン以来、2度目のEL制覇を目指すチェルシーは国内リーグで開幕5連勝とサッリ新監督の下でロケットスタートを飾った。絶好調のチームはギリシャの強豪PAOKとの今季EL初戦に向けてアザールとダビド・ルイスの主力2選手を招集外としたものの、守護神ケパやカンテ、マルコス・アロンソ、ジョルジーニョ、ウィリアン、モラタなど主力を起用してきた。 ▽開始直後こそ相手のプレッシャーに晒されたチェルシーだったが、開始7分にいきなり先制点を奪う。最後尾のリュディガーからの縦パスをスイッチに中盤へ下りてきたモラタ、ジョルジーニョのダイレクトパスで中央の密集をすり抜けたバークリーが中央突破。そして、ボックス手前で左を並走するウィリアンにラストパスを通すと、ウィリアンの右足シュートはGKに触られるもボールはそのままネットを揺らした。 ▽幸先良く先制に成功したチェルシーは相手のプレスを巧みなボール回しでいなしながら試合をコントロール。遅攻と背後へのフィードを効果的に使い分けながら追加点を目指す。しかし、モラタが再三のシュートチャンスを枠に飛ばせない。38分にはマルコス・アロンソのスルーパスに抜け出したペドロがボックス右でGKと一対一になるが、今度は相手GKの好守に阻まれた。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">ヨーロッパリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽圧倒的に試合を支配しながらも追加点を奪えずに後半を迎えたチェルシーは立ち上がりから攻勢を仕掛けるが、ウィリアンやバークリーのシュートはゴールに繋がらない。65分にはジョルジーニョ、マルコス・アロンソを下げてセスク、アスピリクエタを同時投入し、週末のリーグ戦を睨みつつ選手交代で流れに変化を加えようとする。 ▽その後もアタッキングサードで苦戦が続くチェルシーは81分に精彩を欠いたモラタを下げてジルーを投入する。だが、終盤にかけてようやく攻勢を見せたPAOK相手に逆に押し込まれる展開を強いられる。さらに試合最終盤にはカウンターで相手ゴールに迫ったペドロが相手選手との交錯で肩を痛めるアクシデントも発生。すでに交代枠を使い切ったアウェイチームは10人での戦いを強いられたが、相手の攻撃を無難に凌ぎ切った。 ▽モラタを筆頭に決定力不足を露呈したものの敵地で勝ち切ったチェルシーが開幕から公式戦6連勝を達成し、今季ELを白星でスタートした。 ▽また、同日行われたグループLのもう1試合、ヴィディvsBATEボリソフは、アウェイのBATEボリソフが2-0で勝利した。 ▽ハンガリーの強豪とベラルーシの強豪による東欧勢同士の一戦は、拮抗した攻防が繰り広げられたが、27分にトゥオミネン、85分にフィリペンコがゴールを挙げたBATEボリソフが試合終了間際に退場者を出したものの敵地で2-0の勝利を収めた。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">ヨーロッパリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.21 04:18 Fri
twitterfacebook
thumb

【ELグループステージ展望】サムライ5人にロンドン勢登場! ジェラード初采配にも注目

▽2018-19シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループステージが20日に開幕する。昨シーズンと同様、優勝チームに翌シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権が与えられるELに、今シーズンは5人の日本人選手がグループステージから参加。また、チェルシーやアーセナル、ミラン、セビージャ、ラツィオなどの優勝候補も参戦する。 ▽ここでは、注目クラブや日本人選手の所属するチームを中心にグループステージを展望していきたい。 <span style="font-weight:700;">◆優勝候補筆頭のロンドン勢&ミランやセビージャが参戦</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180919_35_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽今大会の優勝候補はチェルシーとアーセナルのロンドン勢だ。とりわけ、サッリ新監督の下でリーグ開幕から5連勝と最高のスタートを切ったチェルシーは優勝候補筆頭と言っても差し支えないはずだ。過去にベニテス体制で同タイトルを獲得しているチェルシーは、PAOK(ギリシャ)、BATEボリソフ(ベラルーシ)、ヴィディ(ハンガリー)と移動距離は難点も力の劣る対戦相手と戦うため、ホームで重要度が高い試合を除いてDFアンパドゥやMFロフタス=チーク、FWハドソン=オドイら若手に出番が回ってきそうだ。 ▽一方、リーグ戦は連敗スタートも直近3連勝で復調気配漂うアーセナルはセビージャ時代にEL3連覇に導いたエメリ新監督の下で昨季準決勝でアトレティコ・マドリーを前に散ったリベンジを果たしたいところだ。グループEではスポルティング・リスボン(ポルトガル)、カラバフ(アゼルバイジャン)、ヴォルスクラ(ウクライナ)とヴォルスクラを除く2チームはCL出場経験もある難敵だ。そのため、大幅なターンオーバーは難しく当面はリーグ戦の対戦相手に合わせて主力と控えをミックスした布陣での戦いとなるはずだ。 ▽昨季ELでは決勝トーナメントでアーセナルに敗れ再びELでの戦いを余儀なくされたミラン。国内リーグではローマ相手の劇的な勝利で勢いに乗るかに思われたが、直近のカリアリ戦で引き分けるなど相変わらず波に乗り切れないスタートとなっている。今回のグループではオリンピアコス(ギリシャ)、ベティス(スペイン)、デュドランジュ(ルクセンブルク)と、デュドランジュを除く三つ巴の様相を呈しており、リーグ戦との厳しい二足の草鞋を強いられるはずだ。 ▽ラツィオと予備予選を勝ち抜いた今大会最多優勝回数を誇るセビージャの2チームも優勝候補の一角に挙がる強豪だ。ラツィオに関してはマルセイユ(フランス)、フランクフルト(ドイツ)、アポロン・リマソル(キプロス)と厳しいグループに入った。一方、セビージャはFCクラスノダール(ロシア)との一騎打ちとなっており、勝ち上がりの可能性は高そうだ。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">ヨーロッパリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> <span style="font-weight:700;">◆グループHで酒井宏vs長谷部、乾はミランと同組</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180919_35_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>>▽今シーズンのELグループステージでは、5人の日本人選手がプレーすることになる。昨季ELファイナリストであるマルセイユDF酒井宏樹はロシア・ワールドカップ(W杯)で共闘したフランクフルトMF長谷部誠と同じグループHに入った。ただ、絶対的主力に君臨する酒井とは異なり、今季の長谷部は新指揮官の下で控えに甘んじており、日本人対決実現は微妙なところだ。 ▽また、2013-14シーズンのフランクフルト時代以来となるEL参戦のベティスMF乾貴士はミランと同じグループFに入った。国内リーグでは目に見える結果こそ残せていないものの早くもチームの戦術に順応しており、久々のELの舞台でも大暴れを期待したい。 ▽CL予備予選で敗れて今季もELで戦うことになったザルツブルクMF南野拓実はクラブでも主力を担い、先日の日本代表ではコスタリカ相手に待望の代表初ゴールを記録しており、勢いに乗っている。グループBは昨季決勝トーナメントで対戦した姉妹クラブのRBライプツィヒ(ドイツ)、セルティック(スコットランド)、ローゼンボリ(ノルウェー)とCLクラスの相手との難しい戦いになるが、今後のステップアップに向けて格好のアピールの場となるはずだ。 ▽最後にアンデルレヒトMF森岡亮太だが、クラブ内では今季不遇をかこっており、自身初のELの舞台での出場に向けては国内リーグでのアピールが必須だ。なお、同グループにはフェネルバフチェ(トルコ)、ディナモ・ザグレブ(クロアチア)と注目チームが入っており、南野と同様に今後に向けたアピールの場としたい。 <span style="font-weight:700;">◆ジェラード&イラオラがEL初采配</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180919_35_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽その他のクラブでは、EL初采配となる新米監督を含めて指揮官に注目したい。今回の出場チームの指揮官で最も注目を集めるのが、レンジャーズ(スコットランド)を率いるスティーブン・ジェラード監督。イングランド代表とリバプールで世界最高峰のMFとして活躍した同監督は今季からスコットランド屈指の名門で指揮を執る。国内リーグとEL予備予選を勝ち抜くなど早くも優れた手腕を発揮しつつあるスティービーは本大会でどんな采配を見せるのか。 ▽また、ジェラードほどのネームバリューはないものの、リーガファンにお馴染みだった元アスレティック・ビルバオの元スペイン代表DFのアンドニ・イラオラは、今季からAEKラルナカ(キプロス)で監督業をスタート。そして、ジェラード同様に指揮官としてEL初挑戦となる。 ▽そのほかではPSVから今季フェネルバフチェ(トルコ)に移ったフィリップ・コクー監督、かつて鹿島アントラーズやセレッソ大阪を率い、今季からルドゴレツ(ブルガリア)を率いるパウロ・アウトゥオリ監督、それぞれ名将を父親に持つPAOKのラズヴァン・ルチェスク監督、デュドランジュのディノ・トップメラー監督の2世監督にも注目したい。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">ヨーロッパリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div>【ELグループステージ出場チーム】 【グループA】 レバークーゼン(ドイツ) ルドゴレツ(ブルガリア) チューリッヒ(スイス) AEKラルナカ(キプロス) 【グループB】 ザルツブルク(オーストリア) セルティック(スコットランド) RBライプツィヒ(ドイツ) ローゼンボリ(ノルウェー) 【グループC】 ゼニト(ロシア) コペンハーゲン(デンマーク) ボルドー(フランス) スラビア・プラハ(チェコ) 【グループD】 アンデルレヒト(ベルギー) フェネルバフチェ(トルコ) ディナモ・ザグレブ(クロアチア) スパルタク・トルナバ(スロバキア) 【グループE】 アーセナル(イングランド) スポルティング・リスボン(ポルトガル) カラバフ(アゼルバイジャン) ヴォルスクラ(ウクライナ) 【グループF】 オリンピアコス(ギリシャ) ミラン(イタリア) ベティス(スペイン) デュドランジュ(ルクセンブルク) 【グループG】 ビジャレアル(スペイン) ラピド・ウィーン(オーストリア) スパルタク・モスクワ(ロシア) レンジャーズ(スコットランド) 【グループH】 ラツィオ(イタリア) マルセイユ(フランス) フランクフルト(ドイツ) アポロン・リマソル(キプロス) 【グループI】 ベシクタシュ(トルコ) ヘンク(ベルギー) マルメ(スウェーデン) サルプスボリ(ノルウェー) 【グループJ】 セビージャ(スペイン) FCクラスノダール(ロシア) スタンダール・リエージュ(ベルギー) アクヒサル(トルコ) 【グループK】 ディナモ・キエフ(ウクライナ) アスタナ(カザフスタン) レンヌ(フランス) ヤブロネツ(チェコ) 【グループL】 チェルシー(イングランド) PAOK(ギリシャ) BATEボリソフ(ベラルーシ) ヴィディ(ハンガリー)<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">ヨーロッパリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.20 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ウェールズの神童アンパドゥがチェルシーと長期契約延長

▽チェルシーは19日、ウェールズ代表DFイーサン・アンパドゥ(18)と、5年間契約延長したことを発表した。 ▽今月14日に18歳になったばかりのアンパドゥは2017年にエクセター・シティからチェルシーに加入。昨年9月のカラバオカップのノッティンガム・フォレスト戦でトップチームデビューを果たし、これまでに公式戦7試合に出場している。現在はセンターバックを本職としているが、エクセター時代にはセンターFWや中盤もこなすなどのポテンシャルの高さも見せていた。 ▽そんなアンパドゥにはかつてイングランド代表入りのチャンスがあったが、イングランド側がそれを拒否したという過去も。結局、同選手は昨年11月のフランス代表戦でウェールズ代表として出場したため、スリーライオンズ入りの可能性は消滅した。そのウェールズ代表では、フランス戦含めここまで4試合に出場。直近ではUEFAネーションズリーグのアイルランド代表戦とデンマーク代表戦に出場した。 ▽また、アンパドゥは新契約に際し「本当に誇りに思うし幸せだ。これからの5年間を楽しみにしているよ。今はハードワークを続けることが大切だね。より良いことが起こることを期待しているよ」とコメントを残している。 2018.09.19 18:20 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース