レーティング:ユベントス 2-0 ラツィオ《コッパ・イタリア》2017.05.18 06:01 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽コッパ・イタリア決勝、ユベントスvsラツィオが17日にスタディオ・オリンピコで行われ、ユベントスが2-0で完勝し、史上初の3連覇を達成している。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽ユベントス採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
25 ネト 6.5
57分の至近距離からのシュートをファインセーブで阻止。その他の枠内シュートも確実にセーブした

DF
15 バルザーリ 6.5
鉄壁の守備を見せた

19 ボヌッチ 6.5
追加点をマーク。守備面も問題なし

3 キエッリーニ 6.5
対人の強さを遺憾なく発揮

12 アレックス・サンドロ 6.5
2アシストをマーク。前半は攻め、後半は守った

MF
23 ダニエウ・アウベス 6.5
先制点を決めるなど絶好調を維持

8 マルキジオ 5.5
攻守にそつなし

21 ディバラ 6.0
バイタルエリアで頻繁にボールを受けてアクセントに

(→レミナ -)

28 リンコン 5.5
やや味方へのパスがずれる傾向がある

17 マンジュキッチ 6.0
負傷で出場が危ぶまれるも、それを感じさせないパフォーマンス

FW
9 イグアイン 6.0
決定的なシュートを2本止められたが、身体の強さを活かしたポストプレーで起点に

監督
アッレグリ 6.5
現状のベストメンバーを送り込んで完勝

▽ラツィオ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ストラコシャ 6.0
イグアインのシュートを2本、好守で止めた

DF
15 バストス 5.0
マンジュキッチ、アレックス・サンドロの侵攻に苦戦

(→フェリペ・アンデルソン 5.5)
投入直後はチャンスメークも徐々に消える

3 デ・フライ 5.0
イグアインとのマッチアップで後手を踏んだ

(→L・アルベルト 5.5)
1本強烈なミドルシュートを浴びせた

13 ワラセ 5.0
ダニエウ・アウベスの侵攻に苦戦

MF
8 バスタ 5.0
アレックス・サンドロとのマッチアップで劣勢に

16 パローロ -

(→ラドゥ 5.0)
左サイドバックでスタートし、終盤はセンターバックでプレー。印象に残るプレーは少なかった

20 ビリア 5.5
そつなくゲームを組み立てる

21 ミリンコビッチ=サビッチ 5.5
2度、高さを活かして決定的なシュートを放つもネトに止められた

19 ルリッチ 5.0
ダニエウ・アウベスのマークに付き切れずに先制点献上

FW
17 インモービレ 5.0
2つあった決定機のうちの一つは決めたかった

14 ケイタ 5.0
開始6分のシュート以外見せ場なし

監督
S・インザーギ 5.0
ユベントスとの相性の悪さが顕著。カウンターをさせてもらえなかった

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ダニエウ・アウベス(ユベントス)
▽先制ゴールを決めたダニエウ・アウベスを選出。1列前でのプレーがかなり馴染んできており、ユベントスの武器となっている。

ユベントス 2-0 ラツィオ
【ユベントス】
ダニエウ・アウベス(前12)
ボヌッチ(前25)
※ユベントスが3年連続12度目の優勝

コメント

関連ニュース

thumb

マンジュキッチ弾で10人のフィオレンティーナに辛勝のユベントスが開幕5連勝《セリエA》

▽ユベントスは20日、セリエA第5節でフィオレンティーナをホームに迎え、1-0で辛勝した。 ▽前節サッスオーロ戦をディバラの今季2度目のハットトリックで3-1と快勝して開幕4連勝としたユベントスは、そのサッスオーロ戦のスタメンから5選手を変更。GKブッフォンらを温存してバックラインを大幅に入れ替え、古巣対決となるベルナルデスキはベンチスタートとなった。 ▽前節ボローニャ戦を2-1と勝利して2連勝としたフィオレンティーナに対し、右サイドバックにストゥラーロを配す[4-2-3-1]で臨んだユベントスは、9分に決定機。ボックス手前左で得たFKをディバラが直接狙うもわずかに枠の左に外れた。 ▽しかし、これ以降はフィオレンティーナの守備を攻略できず、決定的なシュートに持ち込むことができないまま前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、52分にユベントスが均衡を破った。クアドラードのアーリークロスをニアサイドでイグアインが潰れると、ファーサイドのマンジュキッチがダイビングヘッドで押し込んだ。 ▽さらに64分、マテュイディがドリブルで持ち上がってボックス左に侵入しかけたところでバデリに倒される。このプレーによってバデリには2枚目のイエローカードが提示され、退場となった。当初はPK判定が下されたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってPKは取り消された。 ▽リードを広げたいユベントスは72分、クアドラードの強烈なミドルシュートがゴール左上を捉えたが、GKの好守に阻まれる。 ▽終盤は10人のフィオレンティンーナに押し込まれ、バタバタしたユベントスだったが逃げ切り、開幕5連勝としている。 2017.09.21 06:32 Thu
twitterfacebook
thumb

右足首捻挫のデ・シリオの離脱期間は3~4週間

▽ユベントスのイタリア代表DFマッティア・デ・シリオの離脱期間は3~4週間となるようだ。デ・シリオの代理人を務めるドナト・オルニョーニ氏がイタリアのラジオ番組で明かしている。 ▽デ・シリオは12日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節、敵地でのバルセロナ戦で先発しながらも右足首をひねって41分に途中交代を強いられ、松葉杖をついて試合会場を後にしていた。 ▽長期離脱の可能性も懸念されていたが、検査を行った結果、ユベントスはデ・シリオのケガの具合について「重傷は避けられた」ことを発表していた。 ▽3~4週間の離脱となったデ・シリオの復帰は、代表ウィーク明けの10月15日に行われるセリエA第8節ラツィオ戦となることが予想される。 2017.09.21 00:25 Thu
twitterfacebook
thumb

【セリエA第5節プレビュー】ラツィオvsナポリ、ユーベvsヴィオラ開催

▽先週末に行われた前節ではユベントス、ナポリ、インテルが順当に開幕4連勝を飾った。そして、ミランやローマも順当に勝利を取り戻している。ミッドウィークに行われる第5節では水曜日にユベントスvsフィオレンティーナ、ラツィオvsナポリの好カードが組まれている。 ▽今季の公式戦6試合で8ゴールと絶好調を維持しているインモービレがチームをけん引しているラツィオは、前節ジェノア戦をそのインモービレのドッピエッタの活躍で3-2と競り勝った。3勝1分けと好スタートを切った中、引き続きエースの活躍で優勝候補ナポリ撃破となるか。 ▽一方、昇格組ベネヴェントを攻撃陣揃い踏みで6-0と圧勝したナポリは、ベストメンバーでラツィオとの無敗対決を制しにかかる。ベネヴェント戦でハットトリックを達成したメルテンスを軸に堅守ラツィオ攻略といきたい。 ▽前節サッスオーロ戦をディバラの今季2度目のハットトリックで3-1と快勝したユベントスは、引き続きディバラの活躍に期待が懸かる。ここまで4戦連発中のエースは、キエーザとシメオネが主軸となっているヤング・フィオレンティーナ相手に5戦連発弾でチームを開幕5連勝に導けるか。ベンチスタート予想だが、古巣対決となるベルナルデスキのプレーにも注目だ。 ▽前節クロトーネ戦を終盤の2ゴールで辛勝して開幕4連勝としたインテルは、ボローニャとのアウェイ戦に臨む。イカルディの4試合連続ゴールはならなかったが、ペリシッチが好調を持続し、チームを勝利に導いている。昨季までインテルに所属していたパラシオが前節移籍後初ゴールを決めたボローニャに勝利し、開幕5連勝となるか。ダウベルトの負傷によって途中出場した長友は、引き続きベンチスタート予想となっている。 ▽3バック採用でウディネーゼを2-1と振り切ったミランは、昇格組のSPALとホームで対戦する。引き続き3バック採用が予想されているが、守備を固めてくることが予想される相手に前節ドッピエッタのカリニッチやヨーロッパリーグでハットトリックを達成したアンドレ・シウバらの活躍が期待される。 ▽最後にヴェローナにゼコのドッピエッタで3-0と快勝したローマは、ナポリに大敗したベネヴェントとのアウェイ戦で2連勝を目指す。 ※スタメン予想はイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』参照 ◆セリエA第5節 ▽9/19(火) 《27:45》 ボローニャ vs インテル ▽9/20(水) 《25:00》 ベネヴェント vs ローマ 《27:45》 ラツィオ vs ナポリ ユベントス vs フィオレンティーナ ヴェローナ vs サンプドリア ジェノア vs キエーボ カリアリ vs サッスオーロ アタランタ vs クロトーネ ミラン vs SPAL ウディネーゼ vs トリノ 2017.09.20 00:00 Wed
twitterfacebook
thumb

妻の証言、ボヌッチ退団はアッレグリとの軋轢ではない!?

▽今夏の移籍市場でユベントスからミランに移籍したイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチ。しかし、噂されるような指揮官との確執はなかったようだ。『フットボール・イタリア』が報じている。 ▽イタリア版BBCとして、イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ、同国代表DFアンドレア・バルザーリとともにユベントスの門番として活躍したボヌッチ。昨年夏にはマンチェスター・シティへの移籍が噂されたが、ユベントスに残留して、セリエAの6連覇に貢献した。 ▽しかし今年2月にマッシミリアーノ・アッレグリ監督との不仲説が浮上。ボヌッチがアッレグリ監督の采配を批判し、それに対してアッレグリ監督が激怒したと報じられている。 ▽その後両者は歩み寄りを見せてシーズンを終えた。ところが、夏の移籍市場でボヌッチはユベントスを退団して、ライバルチームであるミランに加入している。 ▽指揮官との不仲説が再燃する中、ボヌッチの妻であるマルティナさんはこの噂を真っ向から否定。あくまでもボヌッチが環境の変化を求めたことが移籍の決め手だと主張している。 「レオナルドの決定は、マックス・アッレグリとの問題によるものではないわ。私は、全てにおいてバランスが大事だと考えているの。ただ、レオナルドは違って、環境の変化が大事だと感じていたわ。だから新しい挑戦を始めたのよ」 ▽またマルティナさんは、ミランでキャプテンとしてプレーするボヌッチについてもコメントした。 「彼がミランのキャプテンとしてプレーする姿に慣れていないわ。でも彼にとってはそんなこと関係ないでしょうね。彼がミランに移籍する決断を下したのであれば、私はそれに従い寄り添うだけよ」 「でも、少なくとも家庭内ダービーはなくなるわね。息子たちはトリノのアンドレア・ベロッティが大好きなのよ。レオナルドもアンドレアと良く会っているわ」 2017.09.19 09:29 Tue
twitterfacebook
thumb

比較を嫌うディバラ「僕はディバラ。メッシはレジェンド」

▽ユベントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラがバルセロナの同代表FWリオネル・メッシとの比較を嫌った。イギリス『Squawka』が伝えている。 今シーズンからユベントスの伝統的な背番号「10」を継承したディバラは、17日に行われたセリエA第4節のサッスオーロ戦でシーズン2度目のハットトリックをマーク。ここまでリーグ戦4試合8ゴールのハイパフォーマンスを披露しており、選手として新たなレベルに到達した感が漂う。 ▽サッスオーロ戦後、イタリア『スカイ』のインタビューに応じたディバラは、アルゼンチン代表でチームメートであるメッシとの比較論について次のようにコメントした。 「とても満足しているよ。3つもゴールを挙げられるのは常に素晴らしいことだ」 「僕はディバラだ。比べられるのは嫌じゃないけど、彼(メッシ)はレジェンド。彼は新たな歴史を築き上げてきた選手なんだ」 「誰とも比較されたくないね。僕は自分のキャリアを歩み、トロフィーを獲得したい」 2017.09.18 17:35 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース