イングランド代表DFキーン、今季終了時に退団? プレミア強豪が興味か2017.04.21 15:01 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バーンリーに所属するイングランド代表DFマイケル・キーン(24)は、今夏の移籍市場で同クラブを退団する可能性が高いようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽2014年9月にマンチェスター・ユナイテッドからバーンリーへの期限付き移籍を経て、翌年1月に同クラブへ完全移籍を果たしたM・キーン。今シーズンここまでリーグ戦で33試合に出場し、2ゴール1アシストを記録しており、先日発表されたPFA年間最優秀若手選手賞の候補にもノミネートされている。

▽また、3月に行われたドイツ代表との親善試合で代表デビューを果たすと、同月26日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループF第5節のリトアニア代表戦(2-0でイングランドが勝利)でもフル出場を果たし、チームの勝利に貢献。ビルドアップ能力も高い現代型センターバックで、急速に評価を高めている。

▽そんな同選手には現在、エバートンとトッテナム、リバプールなどプレミアリーグの複数クラブから獲得への関心が寄せられている。また最近になって、M・キーンの古巣であるユナイテッドが買い戻しを検討しているとの報道も伝えられた。ところが、『スカイ・スポーツ』によると、ユナイテッドとトッテナムは同選手の獲得には動いていないとのこと。ただ、同メディアは、M・キーンの契約が2018年6月までとなっていることもあり、クラブが移籍金を得られる今夏に同選手を放出する可能性が高いとみている。

コメント

関連ニュース

thumb

リバプール、躍進バーンリーからイングランド代表GK獲得か

▽リバプールがバーンリーに所属するイングランド代表GKニック・ポープ(26)の獲得に動く可能性があるようだ。イギリス『サン』が伝えている。 ▽リバプールは現在GKシモン・ミニョレとGKロリス・カリウスの不安定なパフォーマンスによって、新たな守護神探しが急務となっている。そんな中、今シーズンバーンリーのプレミアリーグ7位という躍進を支えたポープ獲得に向けて移籍金1500万ポンド(約22億円)のオファーを提示する可能性があるようだ。 ▽ポープは2016年7月にリーグ1(イングランド3部相当)のチャールトン・アスレティックからバーンリー入り。加入初年度はリーグ戦での出場はなかったが、今シーズンはプレミアリーグ第4節のクリスタル・パレス戦でイングランド代表GKトム・ヒートンの負傷によって途中から出場し、プレミアリーグデビューを飾った。 ▽以降、バーンリーのゴールを守り続け、12度のクリーンシートを達成。この活躍が認められ、2018年3月にイングランド代表に初選出され、ロシア・ワールドカップ(W杯)に臨むイングランド代表メンバーにも名を連ねた。6月7日に行われた国際親善試合のコスタリカ代表戦で途中出場して代表デビューを飾っている。 2018.06.10 11:54 Sun
twitterfacebook
thumb

バーンリー、アイスランド代表グズムンドソンと3年契約延長!

▽バーンリーは11日、アイスランド代表FWヨアン・ベルゲ・グズムンドソン(27)と3年間契約延長したことを発表した。 ▽2016年夏にチャールトンから加入したグズムンドソン。今季はリーグ戦34試合に出場し2ゴール8アシストで、バーンリーの7位躍進に貢献。この度3年契約を延長し、2022年までの新契約にサインしたウインガーは、その喜びを以下のように語っている。 「今シーズンは僕やチームにとって良いシーズンになった。そして新契約にサインできたことはとても素晴らしいよ」 「これは僕が望んでいたことだ。ここでは僕も家族も快適に暮らすことが出来ている。だから新契約にサインすることに迷いはなかったよ」 「ワールドカップ(W杯)前にサイン出来て良かった。これで最終節とW杯に集中できるよ。今季は上手くやったと思うけど選手として、来季ももっと成長していかなければならない。そうできることを願っているよ」 ▽アイスランド代表としても活躍するグズムンドソンは、ロシアW杯の予選では10試合のうち9試合に出場し2ゴール1アシストを記録。史上初のW杯出場に大きく貢献した。 2018.05.11 19:55 Fri
twitterfacebook
thumb

バーンリー、ブラックプールにレンタル移籍中のFWアギェイと1年間の契約延長

▽バーンリーは8日、FWダニエル・アギェイ(20)との契約を1年間延長したことを発表した。 ▽リーグ1(イングランド3部)のウィンブルドンユース出身のアギェイは、2015年7月にからバーンリーへ加入。しかし、その後はコベントリー・シティやウォルソールなど、国内クラブへのレンタル移籍を繰り返し、2018年1月からはリーグ1のブラックプールに加入していた。 ▽新契約にサインしたアギェイは、クラブの公式サイトで喜びを語った。 「クラブに残ることが出来て本当に嬉しいよ。来シーズンはバーンリーで試合に出てポジション争いができるように頑張るよ」 2018.05.09 14:30 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ヴェンゲルの本拠地最終戦を5発大勝で飾る《プレミアリーグ》

▽アーセナルは6日、プレミアリーグ第37節でバーンリーをホームに迎え、5-0で大勝した。 ▽ヴェンゲル監督の勇退が発表された前節マンチェスター・ユナイテッド戦を1-2で競り負けた6位アーセナル(勝ち点57)は、3日前に行われたヨーロッパリーグ準決勝2ndレグのアトレティコ・マドリー戦を0-1と敗れ、決勝進出はならなかった。今季の無冠、来季のチャンピオンズリーグ出場がなくなった中、ヴェンゲル監督にとっての本拠地ラストマッチに向けてアトレティコ戦のスタメンから7選手を変更。ラカゼット、ジャカ、ウィルシャー、ベジェリンのみ引き続き先発となった。 ▽ヴェンゲル監督に両チームの選手が花道を作ってスタートした一戦。3ポイント差の7位バーンリー(勝ち点54)に対し、[4-3-3]で臨んだアーセナルは3トップに右からムヒタリアン、ラカゼット、オーバメヤン、中盤インサイドにイウォビとウィルシャーを配置した。 ▽そのアーセナルがテンポ良くパスをつなぎながらバーンリーを押し込む展開とすると、14分に先制した。イウォビとのパス交換でボックス右に侵入したラカゼットがシュート性のクロスを蹴り込み、ファーサイドのオーバメヤンが詰めた。 ▽その後も試合をコントロールするアーセナルは33分に右サイドに流れたラカゼットのクロスにムヒタリアンがボレーで合わせる決定機を演出。さらに43分、ムヒタリアンがミドルシュートでGKを強襲すると、追加タイム3分にリードを広げる。 ▽イウォビのスルーパスでボックス右深くまで侵入したベジェリンのクロスにラカゼットがボレーで合わせた。 ▽アーセナルが2点をリードして迎えた後半立ち上がり、ボークスにヘディングシュートを許したものの、54分に3点目を奪いきる。ウィルシャーのパスをボックス左で受けたコラシナツが強烈なシュートをゴール右に突き刺した。 ▽さらに64分、オーバメヤンのパスを受けたイウォビがシュートを決めたアーセナルは、75分にベジェリンのクロスをオーバメヤンが合わせて5-0。圧勝でヴェンゲル監督の本拠地最終戦を勝利で飾っている。 2018.05.07 02:29 Mon
twitterfacebook
thumb

モーゼス2G演出のチェルシーが5連勝バーンリーに辛勝! コンテ100試合目を白星で飾り4位スパーズと5ポイント差に《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第31節延期分、バーンリーvsチェルシーが19日にターフ・ムーアで行われ、アウェイのチェルシーが2-1で勝利した。 ▽前節、サウサンプトン相手に2点ビハインドを背負うも“8分間”の逆転劇でリーグ戦3試合ぶりの勝利を手にした5位チェルシー(勝ち点60)。逆転でのトップ4フィニッシュに向けては未だ厳しい立ち位置にいるが、ミッドウィークの試合で4位トッテナム(勝ち点68)がブライトンと引き分けたため、勝ち点差を縮める格好のチャンスを得た。 ▽直近5連勝で6位アーセナル(勝ち点54)に肉薄する絶好調の7位バーンリー(勝ち点52)のホームに乗り込んだ今回の一戦に向けてコンテ監督はサウサンプトン戦から先発6人を変更。3試合出場停止のマルコス・アロンソやアザール、クリステンセン、ウィリアンらが先発を外れ、プレミア初先発のエメルソン・パルミエリやバカヨコら控えメンバーを起用。さらに、前節途中出場で2ゴールのジルーがモラタと初めて先発から同時起用され、22日に予定されるFAカップ準決勝のサウサンプトン戦を睨んだ主力温存のメンバー構成となった。 ▽ジルーとモラタを2トップに配し、中盤をカンテのアンカー、ペドロ、バカヨコという逆三角形で構成する[3-5-2]の布陣で臨んだチェルシーは6分にボックス内で足元に収めたジルーが反転シュートを放つなど、積極的な入りを見せる。さらに11分にはペドロからのクサビのパスをジルーが絶妙なフリックでモラタに通すと、このままボックス右まで持ち込んで右足でシュート。しかし、これはGKポープが巧みにコースを消してブロックした。 ▽その後も2トップを起点に良い形で背後を取るシーンが目立つチェルシーは20分に幸運な形から先制に成功する。最終ラインのケイヒルから右サイドのスペースに飛び出すモーゼスにフィードが通る。このままボックス右ゴールライン際まで抜け出したモーゼスが強引に折り返すと、ゴール前でGKとDFケビン・ロングにディフレクトしたボールがゴールネットに吸い込まれた。 ▽敵地でリードを手にしたチェルシーは徐々に相手の反撃に遭うも、DFケイヒルらの身体を張った守備で何とか凌ぐと、ここから鋭いカウンターで追加点に迫る。29分にはボックス手前中央で得たFKをペドロ、40分には中央突破したカンテがミドルシュートを狙うが、いずれも枠を捉えることはできず。それでも、難所ターフ・ムーアで安定した試合運びをみせ、前半を1点リードで終えた。 ▽迎えた後半、ケイヒルのトラップミスからピンチを招くなどややバタ付くチェルシー。それでも、55分には絶好の追加点のチャンスが訪れる。相手CKの二次攻撃をカンテが見事な読みでインターセプト。オフサイドにならないハーフウェイライン手前でカンテの縦パスに抜け出したモラタが相手陣内を独走。ボックス内でGKと一対一になるが、ニアを狙ったシュートはわずかに枠の右に外れ、ベンチサイドの指揮官を含めてアウェイサポーターは思わず頭を抱えた。 ▽すると、ピンチの後にチャンスあり。ここまで攻撃が機能していなかったバーンリーが同点に追いつく。64分、ボックス手前でグズムンドソンが低い弾道の左足ミドルシュートを放つと、これがゴール前の味方バーンズの踵付近に当たって大きくコースが変わりゴール左隅へ突き刺さった。 ▽決定機逸に不運な形での失点と逆境に立たされたチェルシーだったが、早い時間帯に勝ち越しゴールを奪う。69分、左サイドでエメルソンが精度の高いクロスを供給。これを中央のジルーがスコーピオンキックで狙うもわずかに届かない。それでも、ファーサイドに流れたボールをトラップしたモーゼスが冷静にニアサイドに低い弾道のシュートを流し込んだ。 ▽追いつかれた先ほどの展開は避けたいコンテ監督は72分にモラタを下げてアザールを投入。カウンターの鋭さを磨くことで相手の前がかりな攻撃をけん制しつつ、試合を決める3点目を狙いに行く。一方、追いつきたいバーンリーはボークス、ウェルズの投入でゴールを目指す。 ▽試合終盤にかけても一進一退の攻防が続いたものの、アザールらのボールキープでうまく時計を進めたチェルシーがこのまま逃げ切って2-1の勝利。好調バーンリーに競り勝ってコンテ監督のブルーズ100試合目を白星で飾ったチェルシーは、4位トッテナムとの勝ち点差を「5」に縮めた。 2018.04.20 05:48 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース