イングランド代表DFキーン、今季終了時に退団? プレミア強豪が興味か2017.04.21 15:01 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バーンリーに所属するイングランド代表DFマイケル・キーン(24)は、今夏の移籍市場で同クラブを退団する可能性が高いようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽2014年9月にマンチェスター・ユナイテッドからバーンリーへの期限付き移籍を経て、翌年1月に同クラブへ完全移籍を果たしたM・キーン。今シーズンここまでリーグ戦で33試合に出場し、2ゴール1アシストを記録しており、先日発表されたPFA年間最優秀若手選手賞の候補にもノミネートされている。

▽また、3月に行われたドイツ代表との親善試合で代表デビューを果たすと、同月26日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループF第5節のリトアニア代表戦(2-0でイングランドが勝利)でもフル出場を果たし、チームの勝利に貢献。ビルドアップ能力も高い現代型センターバックで、急速に評価を高めている。

▽そんな同選手には現在、エバートンとトッテナム、リバプールなどプレミアリーグの複数クラブから獲得への関心が寄せられている。また最近になって、M・キーンの古巣であるユナイテッドが買い戻しを検討しているとの報道も伝えられた。ところが、『スカイ・スポーツ』によると、ユナイテッドとトッテナムは同選手の獲得には動いていないとのこと。ただ、同メディアは、M・キーンの契約が2018年6月までとなっていることもあり、クラブが移籍金を得られる今夏に同選手を放出する可能性が高いとみている。

コメント

関連ニュース

thumb

バーンリー、チェルシー戦で今季初ゴールを記録したアイルランド代表DFウォードと契約延長

▽バーンリーは14日、アイルランド代表DFステファン・ウォード(31)との契約延長を発表した。新契約は2019年6月30日までで1年間の延長オプションが付随している。 ▽契約延長に至ったウォードは、クラブの公式サイトで次のように話した。 「新たな契約を結べてとてもうれしいね。バーンリーの一員としてプレーすることは、誇らしいことだよ。上手くいけばもう一年ここでプレーを続けることができるんだ」 ▽2014年8月にウォルバーハンプトンからバーンリーへ3年契約で加入したウォードは、ここまで在籍4年間で76試合に出場し、3ゴール5アシストをマーク。 ▽12日に行われた今シーズン開幕節のチェルシー戦に先発出場したウォードは、39分に今季初ゴールを記録。バーンリーは、昨季王者チェルシーに3-2で勝利した。 2017.08.15 01:30 Tue
twitterfacebook
thumb

モラタ1G1Aもケイヒル&セスク退場の昨季王者チェルシーが黒星スタート…《プレミアリーグ》

▽チェルシーは12日、スタンフォード・ブリッジで行われたプレミアリーグ開幕節でバーンリーと対戦し、2-3で敗戦した。 ▽昨シーズン、圧倒的な強さでプレミアリーグを制覇したチェルシーは連覇が懸かる今シーズンの開幕戦で昨季16位のバーンリーをホームに迎えた。今季最初の公式戦となったアーセナルとのコミュニティー・シールドをPK戦の末に落としたチェルシーは、その試合から先発2人を変更。負傷したペドロと昨季FAカップ決勝で退場したモーゼスが出場停止で欠場となり、新戦力リュディガーとアカデミー出身の若手ボガがスタメン入り。 ▽GKにはクルトワ、3バックにリュディガーとダビド・ルイス、ケイヒル。中盤は右からアスピリクエタ、セスク、カンテ、マルコス・アロンソ。3トップはボガ、ウィリアン、バチュアイが並んだ。なお、レアル・マドリーからの新戦力モラタはベンチスタートとなり、エースのアザールはケガのためベンチ外となった。 ▽プレシーズンは低調も昨季圧倒的な強さを誇ったホームにアウェイ最弱のバーンリーを迎えたため、昨季王者の優位は揺るがないかと思われたが、予想だにしない展開が待っていた。 ▽拮抗した立ち上がりの14分、勢い余って相手MFデフールに足裏を見せたタックルを見舞ったケイヒルにレッドカードが掲示され、チェルシーは新キャプテンをわずか10分ちょっとで失うことになった。 ▽コミュニティー・シールドに続く2試合連続の一発退場劇で苦しい立ち上がりとなったチェルシーは、18分にFWボガを下げてDFクリステンセンを投入。だが、数的優位で押し込まれ始めると、24分にはロートンの右クロスをゴール前のボークスに泥臭いボレーで流し込まれ、先制点を奪われた。 ▽すぐさま反撃に出るチェルシーだが、プレシーズンの不調を引きずってなかなか思うようなプレーができない。すると、前半終盤にかけて悪夢の連続失点を喫する。39分、コークとのパス交換でボックス左に抜け出したウォードに強烈な左足のシュートをファーポストに突き刺される。さらに43分にはセットプレーの場面でデフールのクロスに対して、リュディガーとD・ルイスの動きが重なってフリーにしたボークスにヘディングで叩き込まれ、まさかの3点ビハインドで前半を終えた。 ▽迎えた後半、ハーフタイムで気持ちを切り替えたチェルシーは、立ち上がりの49分にマルコス・アロンソの強烈なミドルシュートで相手GKを脅かすなど、数的不利を感じさせない攻撃でゴールに迫る。さらに59分にはバチュアイを下げてモラタをデビューさせる。 ▽すると、この交代策がゴールをもたらす。69分、右サイドでキープしたウィリアンのクロスに絶妙な動き出しでオフサイドラインを破ったモラタがダイビングヘッドで合わせ、新エース候補のデビュー弾で反撃の狼煙を上げる。 ▽ここから猛攻に転じるチェルシーは、73分にも右サイドのクリステンセンがグラウンダーで入れたクロスをゴール前のモラタが押し込むが、ここはオフサイドの判定でゴールは認められず。すると81分には相手選手へのレイトチャージで2枚目の警告を受けたセスクが、ケイヒルに続いて退場処分に。 ▽この退場で9人での戦いを強いられたチェルシーだが、昨季王者のプライドか、試合終盤にかけて圧巻の攻撃を見せる。88分、アスピリクエタのフィードを前線のモラタが頭でゴール前に流すと、これに反応したD・ルイスが冷静に流し込み、1点差に迫る。その後もリスクを冒した攻撃でチャンスを作ったホームチームだが、試合はこのまま2-3のスコアでタイムアップ。 ▽9人での戦いを強いられた中、モラタの1ゴール1アシストで意地を見せたチェルシーだが、ホームでのリーグ開幕戦で格下相手に痛恨の敗戦となった。なお、公式戦連敗と苦しい状況が続くチェルシーはセスクとケイヒルを出場停止で欠く中、次節昨季2位トッテナムとの重要な一戦に臨む。 2017.08.13 01:14 Sun
twitterfacebook
thumb

ワトフォード、クラブ史上最高額でバーンリーからFWアンドレ・グレイを獲得!

▽ワトフォードは9日、バーンリーからイングランド人FWアンドレ・グレイ(26)クラブ史上最高額の移籍金で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年となる。 ▽なお、移籍金の詳細は明かされていないがイギリス『BBC』によると、1850万ポンド(約26億5000万円)とのことだ。 ▽A・グレイはイングランド3部に属するシュルーズベリー・タウンの下部組織出身。2009年に同クラブでトップチームデビューを飾ると、その後はイングランドの各カテゴリーを渡り歩き、2015年の夏に900万ポンド(約13億円)でバーンリーへ加入。 ▽バーンリーでは加入初年度からエースFWとして活躍すると、クラブは43年ぶりのチャンピオンシップ制覇を達成。自身も得点王とチャンピオンシップ 年間最優秀選手賞を獲得した。プレミアリーグ復帰を果たした昨季は、リーグ戦32試合に出場し9ゴール3アシストを記録していた。 2017.08.10 03:35 Thu
twitterfacebook
thumb

バーンリー、バーミンガムからイングランド人GKを獲得!

▽バーンリーは8日、チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属するバーミンガムからイングランド人GKアダム・レグズディンス(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月30日までの3年契約となる。 ▽バーミンガムの下部組織出身のレグズディンスは、その後バートンやダービー、レイトン・オリエントなどを経て2015年に古巣に復帰。昨シーズンは控えGKとして公式戦13試合に出場していた。 2017.08.09 02:00 Wed
twitterfacebook
thumb

バーンリーがアイスランド代表DFのK・ロングと3年間の契約延長を発表

▽バーンリーは4日、アイルランド代表DFケビン・ロング(26)との契約を3年間延長したことを発表した。新たな契約の期限は2020年6月30日までとなっている。 ▽K・ロングは2010年1月にアイルランドリーグのコーク・シティからバーンリーに加入。その後、イングランドの2部、3部、4部リーグのクラブへのレンタル移籍を6度繰り返したが、昨シーズンはバーンリーでプレーして公式戦4試合に出場した。 ▽K・ロングはクラブ公式サイトを通じてコメントしている。 「嬉しいよ。長い間所属しているし、今後の3年間が楽しみだ。(昨シーズンのプレミアリーグでの出場が第35節、第36節、第38節とリーグの最後の3試合だったことを受けて)昨シーズンの終盤はチームに入ることができて素晴らしかった。(アイルランド)代表でも夏の間(2017年6月2日)にデビューできたことは夢のようだった」 「バーンリーというクラブに関して、僕たちはプレミアリーグに残留することができたから、このクラブは正しい方向に進めていると思うし、そこに参加できていることは喜びだよ」 「長い間ここに在籍しているけど、望んでいる程の出場機会は得ていない。だから、より(自身のプレーの)強度を高めて、次の3年間は多くの試合に出場できるようになりたい」 2017.08.06 13:40 Sun
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース