イングランド代表DFキーン、今季終了時に退団? プレミア強豪が興味か2017.04.21 15:01 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バーンリーに所属するイングランド代表DFマイケル・キーン(24)は、今夏の移籍市場で同クラブを退団する可能性が高いようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽2014年9月にマンチェスター・ユナイテッドからバーンリーへの期限付き移籍を経て、翌年1月に同クラブへ完全移籍を果たしたM・キーン。今シーズンここまでリーグ戦で33試合に出場し、2ゴール1アシストを記録しており、先日発表されたPFA年間最優秀若手選手賞の候補にもノミネートされている。

▽また、3月に行われたドイツ代表との親善試合で代表デビューを果たすと、同月26日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループF第5節のリトアニア代表戦(2-0でイングランドが勝利)でもフル出場を果たし、チームの勝利に貢献。ビルドアップ能力も高い現代型センターバックで、急速に評価を高めている。

▽そんな同選手には現在、エバートンとトッテナム、リバプールなどプレミアリーグの複数クラブから獲得への関心が寄せられている。また最近になって、M・キーンの古巣であるユナイテッドが買い戻しを検討しているとの報道も伝えられた。ところが、『スカイ・スポーツ』によると、ユナイテッドとトッテナムは同選手の獲得には動いていないとのこと。ただ、同メディアは、M・キーンの契約が2018年6月までとなっていることもあり、クラブが移籍金を得られる今夏に同選手を放出する可能性が高いとみている。

コメント

関連ニュース

thumb

バーンリーがエバートンMFアーロン・レノンの獲得で合意!

▽バーンリーが元イングランド代表MFアーロン・レノン(30)の獲得でエバートンとの合意に至った。イギリス『BBC』が19日に報じている。 ▽メディカルチェックがなされていないものの、個人間での合意も既に得られている模様。移籍金は非公開と伝えられている。 ▽レノンは、2015年2月にトッテナムからエバートンにレンタルで加入。その半年後の9月に完全移籍となった。レノンは、昨年5月に精神疾患の疑いで警察に通報され、精神保健法第136条の下で拘束され、病院に緊急搬送された。そのため、現役続行や早期復帰が危ぶまれていたが、急速な回復を見せた同選手は今シーズンの早々からピッチに復帰し、プレミアリーグ第23節終了時点で公式戦19試合2アシストを記録している。 2018.01.20 03:07 Sat
twitterfacebook
thumb

バーンリー、若手DFホイットモアをイングランド4部へ放出

▽バーンリーは18日、イングランド人DFアレックス・ホイットモア(22)をフットボールリーグ2(イングランド4部相当)のチェスター・フィールドに放出したことを発表した。 ▽バーンリーユース出身のホイットモアは、2015年4月にトップチームに昇格。しかし、トップチームでの出場機会なく、その後は下位リーグに所属するチェスターFCやゲーツヘッド、モーカムにレンタル移籍。 ▽2017年の夏からレンタルで加入していたバリーでは、ここまで公式戦11試合に出場していた。 2018.01.19 01:35 Fri
twitterfacebook
thumb

スパーズFWエンクドゥがバーンリーへレンタル移籍

▽バーンリーは9日、トッテナムのフランス人FWジョルジュ=ケヴィン・エンクドゥ(22)をレンタルで獲得したことを発表した。契約期間は今季終了までとなっている。 ▽パリ・サンジェルマンの下部組織に在籍していた経歴を持つエンクドゥは、U-17からU-21までアンダー世代のフランス代表に選出されていたウインガー。2016年夏にマルセイユからトッテナムに完全移籍で加入したエンクドゥだったが、トッテナムでは主力になりきれず公式戦23試合の出場で1ゴールと結果を出せずにいた。今季もここまでプレミアリーグで1試合、チャンピオンズリーグで2試合、FAカップで1試合、EFLカップで2試合と出場機会に恵まれていなかった。 ▽エンクドゥにはベティスやマラガ、フィオレンティーナにサンテチェンヌといったクラブが獲得に興味を示していたようだが、プレミアリーグで7位と健闘するバーンリーへのレンタル移籍を決断した格好となった。 2018.01.10 00:00 Wed
twitterfacebook
thumb

1分間で2ゴールを叩き込んだアグエロの活躍でシティがバーンリを逆転で下し4回戦進出!《FAカップ》

▽マンチェスター・シティは6日、FAカップ3回戦でバーンリーと対戦し4-1で勝利。この結果、シティの4回戦進出が決定した。 ▽プレミアリーグで快進撃を続けるシティは第21節のクリスタル・パレス戦で引き分けリーグ戦連勝が「18」でストップ。だが、第22節のワトフォード戦では3発快勝で見事に白星を飾った。FAカップ3回戦からの出場となったシティは、この試合ではGKブラーボ、ディフェンスラインには21歳のジンチェンコを先発起用。前線には、シルバ、スターリング、ザネ、アグエロといった主力が顔をそろえた。 ▽プレミア勢同士の激突となった一戦。攻撃の主導権を握るシティと、カウンターを狙うバーンリーという構図が続く。15分過ぎには、敵陣でボールを奪ったギュンドアンの展開からアグエロがボックス手前で倒されFKを獲得。これをギュンドアンが狙うが壁に阻まれてしまう。 ▽シティのポゼッションが8割を超える中迎えた25分、バーンリーGKポープのゴールキックをストーンズが処理し損ねると、すかさずバーンズがボールをかっさらいゴール前へ。ボックス右に侵入したところでニアに豪快に蹴り込みバーンリーが先制点を奪った。 ▽失点後のシティは、全体的なラインをやや上げて対応。左サイドバックに入ったジンチェンコは高い位置をとり攻撃の幅を広げたが、シュートはわずかに上に外れた。シティはほぼ一方的な試合展開を見せるも、枠内シュートは1本も打てず試合を折り返した。 ▽後半も引いて守る相手をシティは攻め立てていく。すると57分に得た敵陣中央でのFK。素早くリスタートしたシルバのパスに抜け出したアグエロが流し込んでシティが同点に追いついた。さらにその1分後、ギュンドアンとのワンツーでディフェンスの裏に抜け出したアグエロがGKもかわして追加点。わずか1分で逆転に成功した。 ▽さらにシティは71分、勢いそのままにリードを広げる。カウンターで前線まで運び、アグエロからザネ、一旦シルバに預けてもう一度ボックス左で受けたザネが流し込んで3点目を奪った。 ▽なおも攻勢を続けるシティは82分に自陣でボールを奪うと、途中出場のデ・ブライネが前線のザネに長距離スルーパス。ザネは前に出てきたGKをかわし、こちらも途中出場のベルナルド・シウバのゴールをお膳立て。スコアを4-1とした。 ▽試合はここでタイムアップ。先制点献上も、後半に底力を見せたシティが逆転で4発大勝を収め、4回戦へ駒を進めた。 2018.01.07 01:56 Sun
twitterfacebook
thumb

バーンリー、イングランド人DFタルコウスキと契約延長!

▽バーンリーは4日、イングランド人DFジェームズ・タルコウスキ(25)と2022年6月30日まで契約延長したことを発表した。 ▽2016年1月にブレントフォードから加入したタルコウスキ。加入3シーズン目となった今季はここまでリーグ戦19試合に出場し、7位に躍進するバーンリーの失点数4位に貢献している。 ▽タルコウスキはクラブの公式サイトで「ハッピーだ。ここまで良いシーズンを過ごせているし、このような監督やクラブに献身できることは素晴らしいことだね」と契約延長の喜びを語っている。 2018.01.05 00:07 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース