超ワールドサッカー

イングランド代表DFキーン、今季終了時に退団? プレミア強豪が興味か2017.04.21 15:01 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バーンリーに所属するイングランド代表DFマイケル・キーン(24)は、今夏の移籍市場で同クラブを退団する可能性が高いようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽2014年9月にマンチェスター・ユナイテッドからバーンリーへの期限付き移籍を経て、翌年1月に同クラブへ完全移籍を果たしたM・キーン。今シーズンここまでリーグ戦で33試合に出場し、2ゴール1アシストを記録しており、先日発表されたPFA年間最優秀若手選手賞の候補にもノミネートされている。

▽また、3月に行われたドイツ代表との親善試合で代表デビューを果たすと、同月26日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループF第5節のリトアニア代表戦(2-0でイングランドが勝利)でもフル出場を果たし、チームの勝利に貢献。ビルドアップ能力も高い現代型センターバックで、急速に評価を高めている。

▽そんな同選手には現在、エバートンとトッテナム、リバプールなどプレミアリーグの複数クラブから獲得への関心が寄せられている。また最近になって、M・キーンの古巣であるユナイテッドが買い戻しを検討しているとの報道も伝えられた。ところが、『スカイ・スポーツ』によると、ユナイテッドとトッテナムは同選手の獲得には動いていないとのこと。ただ、同メディアは、M・キーンの契約が2018年6月までとなっていることもあり、クラブが移籍金を得られる今夏に同選手を放出する可能性が高いとみている。

コメント

関連ニュース

thumb

バーンリー、賭博関与で18カ月の出場停止中の問題児バートンらを放出

▽バーンリーは23日、元イングランド代表MFジョーイ・バートン(34)、イングランド人MFマイケル・カイトリー(31)の2選手と来シーズンの契約を更新しないことを発表した。 ▽2015年に在籍していたバーンリーでプレミア昇格の原動力となったバートンは、2016年にスコットランドのレンジャーズに加入。だが、同クラブではチームメートとの衝突や賭博問題で同年11月に契約解除に至った。その後、練習参加していた古巣バーンリーと半年間の契約を結び、今シーズンはリーグ戦14試合に出場し、1ゴールを記録していた。 ▽だが、バートンは今年4月にイングランドサッカー協会(FA)から、サッカー賭博に関与したことを理由に、18カ月間の出場停止処分および3万ポンド(約430万円)の罰金を科されていた。同選手は、2006年3月26日から2016年5月13日までの間、FAの規則で禁止されている賭博に関与し、1260回にわたってベッティングを行っていた。 ▽また、レンタル時代を含め2013年から在籍していたカイトリーに関しては、ショーン・ダイチェ監督の構想外となり、今季途中はチャンピオンシップ(イングランド2部)のバートン・アルビオンにレンタル移籍していた。 ▽その他では、リバプールから1年間のレンタルで加入していたイングランド代表DFジョン・フラナガン(24)が、レンタル元のリバプールに復帰し、今季限りで契約が終了する元イングランド代表GKポール・ロビンソン(37)、元スコットランド代表MFジョージ・ボイド(31)に関しては、引き続き契約延長交渉を続けていくと発表している。 2017.05.24 00:25 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプール、DFマイケル・キーン加入で個人間合意か 焦点はCL出場権獲得

▽リバプールがバーンリーに所属するイングランド代表DFマイケル・キーン(24)の加入で個人間合意に至ったようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 ▽2015年1月にマンチェスター・ユナイテッドからバーンリーに加入したキーンは、攻守両面で安定したパフォーマンスを披露し、先日にはイングランド代表デビューも飾った。 ▽現在、イングランド人選手として屈指のセンターバックとの評価を集めるキーンには、古巣ユナイテッドやマンチェスター・シティ、チェルシーなどの国内ビッグクラブがこぞって関心を示しているといわれている。 ▽だが、『ミラー』の伝えるところによれば、リバプールとキーン本人が4年契約で個人間合意に至っている模様だ。ただ、チャンピオンズリーグ出場を希望するキーンは、同クラブが今季をトップ4でフィニッシュすることを加入の条件に挙げているため、交渉成立は今季終了後までずれ込むことになるようだ。 ▽なお、バーンリーは移籍金2500万ポンド(約34億5000万円)を要求していると言われているが、より高額の移籍金を必要とするサウサンプトンのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイク(25)からターゲット変更したリバプールは、この要求を受け入れる準備があるようだ。 2017.05.09 06:26 Tue
twitterfacebook
thumb

問題児バートンが賭博関与で18カ月の出場停止と3万ポンドの罰金

▽イングランドサッカー協会(FA)は26日、バーンリーの元イングランド代表MFジョーイ・バートン(34)に対し18カ月間の出場停止処分を下すことを発表した。バートンはこの期間全てのサッカー活動を禁止されることとなる。 ▽バートンは、2006年3月26日から2016年5月13日までの間、FAの規則で禁止されている賭博に関与したとのこと。1260回にわたってベッティングを行っていたとのこと。規律委員会はバートンに対して3万ポンド(約430万円)の罰金を科した。 ▽この処分を受けたバートンは自身の公式サイトで声明を発表。賭博を行っていたことを認めながらも、「制裁の厳しさにとても失望している」とコメント。「この決定は、僕がサッカーから早く引退することを強要している」と反論し、FAの処分に対して異議を唱えた。 「僕はプロサッカー選手に対するルールを破ったことは認めます。ただ、他に議論の余地がない選手にとって、処分が重いと感じています」 「僕はギャンブルの中毒と戦っており、自分の問題について医療報告をFAに提出しました。しかし、それが適切に考慮されなかったことに失望しています」 「FAがフットボールでのギャンブルに対する文化に真剣に取り組んでいるのであれば、賭けをする選手に対して責任を負わせるのではなく、サッカーやスポーツ放送における賭博関連企業の役割を調べる必要があると思います」 ▽また、バートンは自身のチームが関わる試合にも賭けていたことを明かしながらも、「プレーした全ての試合で、自身の全てを与えました」と綴り、自身のチームが負けると賭けた試合には「自分はその試合のメンバーには入っていない。プレーしていないし、ベンチにすら入っていない」と綴っている。また、「西インド諸島のダーツやスヌーカー、クリケットの試合に賭けていたことは、結果に影響を与える能力など持っていなかった」とし、サッカーの試合への賭博を認めながらも、八百長は行っていないと弁明した。 2017.04.26 22:52 Wed
twitterfacebook
thumb

マルシャル&ルーニー弾でユナイテッドがリーグ戦23試合無敗の3連勝!!《プレミアリーグ》

▽23日にプレミアリーグ第34節のバーンリーvsマンチェスター・ユナイテッドが行われ、2-0でユナイテッドが勝利した。 ▽リーグ戦22試合無敗を誇る5位のユナイテッド(勝ち点60)が、敵地で14位のバーンリー(勝ち点36)と対戦した。すでに多くの負傷者を抱えるユナイテッドは、20日に行われたヨーロッパリーグ準々決勝2ndレグのアンデルレヒト戦でイブラヒモビッチとロホが負傷。満身創痍の中、トップ4入りを目指して負けられない試合が続く。 ▽そのユナイテッドは[4-2-3-1]のフォーメーションを採用。GKはデ・ヘアが起用され、A・ヤング、バイリー、ブリント、ダルミアンがバックラインを務めた。中盤はフェライーニをアンカーに、エレーラとポグバがインサイドハーフを務め、前線はマルシャルを頂点にリンガードとルーニーが脇を固める。 ▽立ち上がりはお互いに中盤での潰し合いが続く中、最初のチャンスはユナイテッドだった。8分に左サイドに流れてボールを受けたマルシャルが、ドリブルでボックス内に侵入。マイナスのグラウンダーを入れると、入り込んだエレーラが繋ぎ、最後はルーニーがシュート。しかし威力が弱く、GKヒートンが難なくキャッチした。 ▽バーンリーも15分、バートンの縦パスを受けたヘンドリックがボックス内に仕掛けてクロス。最後はニアでA・グレイが合わせるが、ここは決めきれず。両チームとも、徐々にゴール前へと迫っていった。すると21分、自陣からカウンターを発動したユナイテッドは、中央のマルシャルが右サイドのエレーラに展開。エレーラはダイレクトでグラウンダーのボールを入れると、最後はマルシャルが押し込み、ユナイテッドが先制した。 ▽さらに39分、相手陣内でこぼれ球を拾ったポグバがボックス左にスルーパス。これに反応したマルシャルがシュートも、ここはGKヒートンがブロックする。しかしこぼれ球に反応したルーニーが押し込み、ユナイテッドが2点目を奪って前半を終えた。 ▽後半の入りはバーンリーがミーを下げてタルコウスキを投入。ユナイテッドは前半と同様の11人がピッチに立った。後半も最初の決定機はユナイテッドが作り出し、53分に中央でボールを受けたポグバがミドルレンジから狙うが、GKヒートンの守備範囲内に飛ばしてしまい追加点とはならなかった。 ▽一方のバーンリーは、相手陣内までボールを運ぶことはできるが、そこからの崩しが乏しく決定機を作れない。ユナイテッドは70分にリンガードを下げてラッシュフォードを投入。しかし基本的には自陣でブロックを敷き、ボールを奪えば素早く前線にボールを送るカウンタースタイルに移行する。83分にはカウンターで抜け出したラッシュフォードがGKの位置を見てボックス右からシュートを放つが、ボールは枠を捉えきれなかった。 ▽試合終盤はユナイテッドがGKデ・ヘアまでボールを戻すなど危なげなく時間を使っていく。しかし90分、ポグバが左足に違和感を覚えピッチに座り込んでしまう。1つ交代カードを残していたユナイテッドは、すぐさまポグバを下げてキャリックを投入。そのまま試合は終了を迎え、ユナイテッドが23試合無敗の3連勝とした。 2017.04.24 00:09 Mon
twitterfacebook
thumb

バーンリーがイングランド人DFロートンと2020年まで契約延長

▽バーンリーは4日、イングランド人DFマシュー・ロートン(27)との契約延長を発表した。新契約は2020年6月までとなる。 ▽2015年にアストン・ビラからバーンリーへ加入したロートンは、攻撃力が売りの右サイドバック。本職の右サイドに加え、センターや右MFでもプレー可能なロートンは、今シーズンここまでリーグ戦28試合に出場している。 ▽契約延長を終えたロートンは、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「バーンリーと新たな契約を結べて嬉しいよ。僕はまだ1年の契約を残していたけど、クラブは新たな契約を持ちかけてくれた。今回の決定は僕にとって簡単なことだったよ」 2017.04.05 01:30 Wed
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース