イングランド代表DFキーン、今季終了時に退団? プレミア強豪が興味か2017.04.21 15:01 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バーンリーに所属するイングランド代表DFマイケル・キーン(24)は、今夏の移籍市場で同クラブを退団する可能性が高いようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽2014年9月にマンチェスター・ユナイテッドからバーンリーへの期限付き移籍を経て、翌年1月に同クラブへ完全移籍を果たしたM・キーン。今シーズンここまでリーグ戦で33試合に出場し、2ゴール1アシストを記録しており、先日発表されたPFA年間最優秀若手選手賞の候補にもノミネートされている。

▽また、3月に行われたドイツ代表との親善試合で代表デビューを果たすと、同月26日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループF第5節のリトアニア代表戦(2-0でイングランドが勝利)でもフル出場を果たし、チームの勝利に貢献。ビルドアップ能力も高い現代型センターバックで、急速に評価を高めている。

▽そんな同選手には現在、エバートンとトッテナム、リバプールなどプレミアリーグの複数クラブから獲得への関心が寄せられている。また最近になって、M・キーンの古巣であるユナイテッドが買い戻しを検討しているとの報道も伝えられた。ところが、『スカイ・スポーツ』によると、ユナイテッドとトッテナムは同選手の獲得には動いていないとのこと。ただ、同メディアは、M・キーンの契約が2018年6月までとなっていることもあり、クラブが移籍金を得られる今夏に同選手を放出する可能性が高いとみている。

コメント

関連ニュース

thumb

バーンリーがイングランド人DFロートンと2020年まで契約延長

▽バーンリーは4日、イングランド人DFマシュー・ロートン(27)との契約延長を発表した。新契約は2020年6月までとなる。 ▽2015年にアストン・ビラからバーンリーへ加入したロートンは、攻撃力が売りの右サイドバック。本職の右サイドに加え、センターや右MFでもプレー可能なロートンは、今シーズンここまでリーグ戦28試合に出場している。 ▽契約延長を終えたロートンは、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「バーンリーと新たな契約を結べて嬉しいよ。僕はまだ1年の契約を残していたけど、クラブは新たな契約を持ちかけてくれた。今回の決定は僕にとって簡単なことだったよ」 2017.04.05 01:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、アカデミー出身のDFマイケル・キーン買い戻しを考慮か

▽マンチェスター・ユナイテッドがバーンリーに所属するイングランド代表DFマイケル・キーン(24)の連れ戻す意向を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽キーンは、2015年1月に250万ポンド(現在のレートで約3億4000万円)でユナイテッドからバーンリーに移籍。そこでの活躍もあり、リバプールやチェルシー、エバートンといったクラブからの関心が伝えられている。 ▽今回の報道によれば、DFクリス・スモーリングやDFフィル・ジョーンズら故障がちなセンターバックを抱えるユナイテッドは、売却額から25%引きの金額で買い戻せる条項が存在するキーンの再獲得を考慮しているという。 ▽しかし、バーンリー側は現時点で、キーンを手放す代わりに、獲得時から10倍の移籍金2500万ポンド(約34億5000万円)を要求しているとのことだ。 2017.04.04 09:20 Tue
twitterfacebook
thumb

前半に2選手負傷交代のトッテナムがE・ダイア―&ソン・フンミンのゴールでリーグ戦4連勝!!《プレミアリーグ》

▽トッテナムは4月1日、プレミアリーグ第30節でバーンリーとターフ・ムーアで対戦し、2-0で勝利した。 ▽リーグ戦3連勝と勢いに乗る2位のトッテナム(勝ち点59)が、敵地で13位のバーンリー(勝ち点32)と対戦した。首位のチェルシーとは10ポイント差と水をあけられているだけに、絶対に勝ち点3が欲しい一戦。引き続きエースのFWケインは足首の負傷で欠場となった。ポチェッティーノ監督は前節のサウサンプトン戦からウォーカーとソン・フンミンを外し、トリッピアーとヤンセンを送り出し[3-4-3]のフォーメーションで臨んだ。 ▽やや落ち着いた入りとなった中、トッテナムがバックラインから丁寧なビルドアップを見せてポゼッションを握る。対するホームのバーンリーは、ハーフウェイラインよりやや高い位置からディフェンスを始め、ボールを奪うと3バックの脇を使って相手陣内まで運んでいく。しかし中央を固めるトッテナムの守りを崩すことはできず、序盤はどちらも堅い入りとなった。 ▽トッテナムは22分、ボックス手前でボールを受けたエリクセンがスルーパスを狙うも味方に通らず。直後の23分にはバーンリーがルーズに出されたロングボールから前線に起点を作ると、アルフィールドとバーンズがパス交換しながらボックス内に侵入。しかしこちらもシュートまで持ち込むことはできずに、ボールを失ってしまった。 ▽迎えた32分、トッテナムは左サイドに流れたデレ・アリのパスからエリクセンがボックス左でシュート。これはGKヒートンがセーブすると、こぼれ球に反応したデレ・アリが押し込みにかかるが、このシュートはクロスバーを越えてしまい決定機を逸した。すると、ゴールが遠いトッテナムにアクシデントが発生。ワニャマが負傷によりプレー続行できず、43分にデンベレとの交代を余儀なくされた。さらに前半終了間際には、S・ウォードからボールを奪おうとしたウィンクスが足首を負傷。アディショナルタイムにムサ・シッソコと交代でピッチを退いて前半を終えた。 ▽迎えた49分、トッテナムはボックス左のヤンセンがシュートを放つも、GKヒートンがセーブ。こぼれ球に反応したムサ・シッソコが押し込みにかかったが、相手にブロックされてしまう。バーンリーは60分、ボックス手前でボールを途中出場のボークスが右足で狙うが、シュートに力なくGKロリスが難なくキャッチする。 ▽すると64分にはトッテナムがチャンス。こぼれ球を拾ったヤンセンがそのままドリブルでボックス内に侵入するも、ヘンドリックがスライディングでクリア。セカンドボールを拾ったムサ・シッソコが右足で狙うも、ここはサイドネットを揺らし、トッテナムはまたも決定機を逸する。 ▽嫌なムードのトッテナムだったが、66分に左CKの流れからヘンドリックがクリアしたボールをE・ダイア―が収める。胸トラップから冷静に右足で合わせると、ボールはゴールマウス右隅に決まり、ついに試合の均衡が破れた。追いかけるバーンリーは74分、GKからのロングボールが相手ボックス内でこぼれたところをM・キーンが左足で狙う。しかしボールは枠を大きく外してしまった。 ▽すると77分、裏へと抜け出したデレ・アリがボックス右からグラウンダーのクロスを入れると、逆サイドに走り込んだ途中出場のソン・フンミンが押し込んでリードを2点に広げる。84分には相手のクリアミスを拾ったソン・フンミンからデレ・アリへとラストパスが通る。しかしデレ・アリのシュートはゴールの左へとそれていった。 ▽試合終盤はトッテナムが危なげない運びを見せ、そのまま終了のホイッスル。勝利したトッテナムはリーグ戦4連勝とし、チェルシーを追走。敗れたバーンリーは7試合未勝利となった。 2017.04.02 01:07 Sun
twitterfacebook
thumb

リバプール、低調もバーンリーに逆転勝利で2連勝《プレミアリーグ》

▽リバプールは12日、プレミアリーグ第28節でバーンリーを本拠地アンフィールドに迎え、2-1で逆転勝利した。 ▽前節アーセナル戦を3-1と快勝して4位に浮上したリバプール(勝ち点52)は、アーセナル戦のスタメンから負傷したフィルミノに代えてオリジのみを変更した。 <span class="AdVideo" data-category="video_ad_app" data-page-id-ios="cybird170309_ios" data-page-id-and="cybird170309_and" data-height="180px"></span> ▽ここ4試合勝利のない(2分け2敗)12位バーンリー(勝ち点31)に対し、リバプールは7分に失点する。ロートンの右サイドからのアーリークロスをファーサイドのバーンズにスライディングシュートで決められた。 ▽失点後もバーンリーのプレスの前に思うようにビルドアップできない状況が続いていたリバプールは苦戦を強いられる。それでも追加タイム1分、ワンチャンスを生かして試合を振り出しに戻す。左サイドからのオリジのクロスを受けたワイナルドゥムが立て続けにシュートを放ち、ネットを揺らした。 ▽1-1で迎えた後半も低調なプレーを続けたリバプールは、61分にコウチーニョに代えてウッドバーンを投入。すると直後、カンのミドルシュートが決まってリバプールが逆転に成功した。 ▽リードして以降は、ブレイディーやボークスといったアタッカーを投入してきたバーンリーを寄せ付けなかったリバプールが逃げ切り。2連勝を飾って4位の座を死守している。 2017.03.13 02:56 Mon
twitterfacebook
thumb

ペドロ弾で先制もブレイディーの圧巻FK被弾…首位チェルシーは難所でドロー《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第25節、バーンリーvsチェルシーが12日にターフ・ムーアで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽前節、アーセナルとのビッグロンドン・ダービーに快勝し、2年ぶりのリーグ優勝に向けて大きく前進したチェルシー。迎えた今節は、前日に9ポイント差を付ける2位トッテナムがリバプールに敗れたため、勝ち点差を二桁に広げる格好のチャンスが舞い込んだ。順位は13位もホーム戦9勝3敗1分けと圧倒的な強さを見せるバーンリーのホームに乗り込んだこの一戦では、アーセナル戦と同じメンバーを起用した。 ▽やや水を含んだ雪が降りしきる厳しいコンディションの中でスタートした一戦は、開始直後にアザールがファーストシュートを放つなど、良い入りを見せたアウェイチームが早々に試合を動かす。 ▽7分、ロングカウンターから右サイドでアザールのパスを受けたモーゼスがDFのタックルをものともしないドリブル突破でボックス付近まで持ち上がり、中央に走り込むペドロにパス。ペドロは巧みなファーストタッチでシュートコースを作り、すかさず右足のシュートをゴール左隅に流し込んだ。 ▽苦戦が予想されたターフ・ムーアでの一戦で幸先良く先制に成功したチェルシーは、その後もアザールやモーゼスを起点に鋭いカウンターで2点目を狙う。だが、序盤からきっちりフィニッシュまで持ち込んでいたバーンリーに、セットプレーから追いつかれる。 ▽24分、バーンリーはボックス手前で得たFKの場面で今冬加入の名手ブレイディーが左足で直接狙うと、壁を越えて左ポストの外側から巻いてきたボールがゴール上隅に突き刺さった。 ▽ブレイディーの見事な直接FK弾で振り出しに戻った試合は、その後も一進一退の攻防となる。70パーセント近いボール支配率で相手を押し込むチェルシーだが、最後の場面で身体を張る相手の守備を前に決定機を作るまでには至らず。対してバーンリーは相手のお株を奪うカウンターを繰り出すと、36分にはバートンのスルーパスに抜け出したロートンがボックス右でGKと一対一になるが、右足のシュートはGKクルトワのビッグセーブに阻まれた。白熱の前半は1-1のイーブンで終了した。 ▽迎えた後半、ホームのバーンリーが開始2分にいきなり勝ち越しのチャンスを得る。ロングカウンターでDFダビド・ルイスのクリアミスからボックス左のアンドレ・グレイにボールが渡るも、やや焦って放ったシュートはGKクルトワの守備範囲。それでも、このプレーをキッカケに勢い付いたホームチームは、相手のパスミスを誘っては再三のカウンターアタックでゴールに迫った。 ▽一方、後半に入って苦戦が続くチェルシーは、65分過ぎにマティッチ、モーゼスを下げてセスク、ウィリアンを続けて投入。この交代でペドロとウィリアンが両サイドハーフ、アザールとジエゴ・コスタが2トップに並ぶ[4-4-2]にシステム変更した。 ▽さらに、試合終盤にバチュアイを投入して最後まで勝ちに行く姿勢を見せたものの、ターフ・ムーアで異常な粘りを見せるバーンリーの堅守を前に最後までゴールをこじ開けることはできず。ペドロのゴールで先制しながらも逃げ切り失敗のチェルシーは、難所ターフ・ムーアで2試合ぶりのドロー。2年ぶりの優勝に向けて足踏みの結果となった。 2017.02.13 00:37 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース