イングランド代表DFキーン、今季終了時に退団? プレミア強豪が興味か2017.04.21 15:01 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バーンリーに所属するイングランド代表DFマイケル・キーン(24)は、今夏の移籍市場で同クラブを退団する可能性が高いようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽2014年9月にマンチェスター・ユナイテッドからバーンリーへの期限付き移籍を経て、翌年1月に同クラブへ完全移籍を果たしたM・キーン。今シーズンここまでリーグ戦で33試合に出場し、2ゴール1アシストを記録しており、先日発表されたPFA年間最優秀若手選手賞の候補にもノミネートされている。

▽また、3月に行われたドイツ代表との親善試合で代表デビューを果たすと、同月26日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループF第5節のリトアニア代表戦(2-0でイングランドが勝利)でもフル出場を果たし、チームの勝利に貢献。ビルドアップ能力も高い現代型センターバックで、急速に評価を高めている。

▽そんな同選手には現在、エバートンとトッテナム、リバプールなどプレミアリーグの複数クラブから獲得への関心が寄せられている。また最近になって、M・キーンの古巣であるユナイテッドが買い戻しを検討しているとの報道も伝えられた。ところが、『スカイ・スポーツ』によると、ユナイテッドとトッテナムは同選手の獲得には動いていないとのこと。ただ、同メディアは、M・キーンの契約が2018年6月までとなっていることもあり、クラブが移籍金を得られる今夏に同選手を放出する可能性が高いとみている。

コメント

関連ニュース

thumb

戦列復帰アグエロのPK弾などで3発快勝! 首位シティがリーグ7連勝!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第9節、マンチェスター・シティvsバーンリーが21日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが3-0で快勝した。 ▽前節、ストーク・シティを相手に7-2の圧巻の大勝でリーグ6連勝を決めた首位のシティは、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)のナポリ戦でも難敵相手に2-1で競り勝ちグループステージ3連勝を達成。グアルディオラ体制2年目で圧倒的な序盤戦を過ごす中、今節は強豪相手のアウェイゲームで好成績を残すバーンリーをホームで迎え撃った。 ▽グアルディオラ監督はナポリ戦から先発2人を変更。ガブリエウ・ジェズスに代わって自動車事故で肋骨を痛めていたエースFWアグエロが先発で復帰を果たしたほか、スターリングに代わってベルナルド・シウバが起用された。 ▽立ち上がりから絶好調のシティは連戦を感じさせない鋭いパスワークからデ・ブライネが惜しいシュートを放つなど、押し込む入りとなる。その一方で15分には相手GKのロングキックに対して、DFウォーカーがウッドと入れ替わられて抜け出されピンチを迎えるが、ここはGKエデルソンの身体を張った対応で凌ぐ。 ▽その後、波状攻撃から20分過ぎにベルナルド・シウバ、デ・ブライネと続けて相手GKを脅かすシュートを放つと、30分にやや幸運な形からエースが復帰ゴールを決める。ボックス内でルーズボールに反応したベルナルド・シウバとGKポペが交錯。すると、ややシミュレーション気味に見えたものの主審はホームチームにPKを与える。これをキッカーのアグエロが冷静に決めた。 ▽前半終盤にかけてはアグエロが復帰戦とは思えないキレ味鋭い仕掛けから続けてゴールに迫るも、ここは相手GKとDFの身体を張ったプレーに阻まれる。逆に、43分にはGKエデルソンから自陣ボックス付近でパスを受けたデ・ブライネの不用意なバックパスからアルフィールドに決定機を許すが、ここはDFが何とか身体に当ててシュートは枠の左に外れた。 ▽迎えた後半、早い時間帯に試合を決めたいシティが引き続きボールを保持して主導権を握るが、テクニックの差を気迫とコンディションの良さで埋めにかかるアウェイチームの粘りに遭い、なかなか決定機を作れない。逆に、フェルナンジーニョが自陣ボックス内で自ら蹴ったボールを腕に当てて、あわやPK献上という場面を招くなど、反撃を許す形が増えていく。 ▽それでも、焦れずに試合をコントロールするシティは73分、左CKの場面でザネのファーを狙ったクロスをオタメンディが打点の高いヘディングシュートで流し込み、待望の追加点を奪う。畳みかけるシティはその2分後にも右サイドからのスローインをアグエロがワンタッチで中央のスペースに流すと、これを受けたデ・ブライネが必殺のスルーパス。そして、ボックス左に抜け出したザネが冷静に相手GKの股間を抜くシュートを流し込み、試合を決定付ける3点目を奪った。 ▽その後、アグエロ、フェルナンジーニョ、デ・ブライネを続けて下げ、ガブリエウ・ジェズス、ヤヤ・トゥーレ、ギュンドアンをピッチに送り込み試合をクローズにかかるシティ。そして、試合終盤の相手のパワープレーを冷静に凌ぎ切り、3-0の快勝。戦列復帰したエースのPK弾などできっちり勝ち切ったシティが破竹のリーグ7連勝を決めた。 2017.10.22 01:00 Sun
twitterfacebook
thumb

バーンリーがGKポペと2020年まで契約延長

▽バーンリーは9日、GKニック・ポペ(25)との契約を2020年6月30日まで延長したことを発表した。 ▽契約延長に至ったポペは公式サイトで次のように語っている。 「バーンリーと新たな契約を結べてとても嬉しい。僕はこれからもこのクラブと共に成長することができると確信しているんだ」 ▽ポペは、2016年7月にイングランド3部のチャールトンからプレミアリーグ復帰を果たしたバーンリーに加入。昨季は出場機会に恵まれなかったが、9月10日に行われたプレミアリーグ第4節のクリスタル・パレス戦でクラブの守護神を務めるGKトム・ヒートンが負傷。 ▽途中出場ながらC・パレス戦でプレミアリーグデビューを飾ったポペは、試合序盤に奪った1点を守り抜き、勝利に貢献。その後のリーグ戦では、3試合でわずか1失点と好パフォーマンスを披露しチームの躍進に貢献している。 2017.10.10 01:31 Tue
twitterfacebook
thumb

バーンリー、元ユナイテッドGKリンデゴーアを獲得

▽バーンリーは21日、元デンマーク代表GKアンデルス・リンデゴーア(33)を獲得したことを発表した。フリートランスファーで、契約期間は1年。 ▽バーンリーでは、正守護神のイングランド代表GKトム・ヒートンが10日に行われたプレミアリーグ第4節のクリスタル・パレス戦で肩を負傷。13日に手術が成功したが、数カ月の離脱を強いられることになるとみられている。 ▽この事態に、バーンリーは2010年から2015年までマンチェスター・ユナイテッドに在籍していたリンデゴーアを獲得した。同選手は昨シーズン限りでプレストンを退団し、フリーとなっていた。 ▽バーンリーで22番のユニフォームを着用するリンデゴーアは、今回の移籍に際してクラブの公式サイトで以下のように語った。 「(練習に参加していたバーンリーでは)いい週を過ごせた。人々を含めて、クラブ全体からとてもいい印象を受けたよ。ここでなら力を発揮できる」 「みんなハードに取り組んでいるし、とてもいいクラブだ。その一員となれて感謝している」 2017.09.21 19:52 Thu
twitterfacebook
thumb

コウチーニョ先発復帰のリバプール、ホームでバーンリーにドロー《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第5節のリバプールvsバーンリーが16日にアンフィールドで行われ、1-1で終了した。 ▽前節のマンチェスター・シティ戦をFWサディオ・マネの退場もあって0-5で惨敗したリバプールは、水曜日のチャンピオンズリーグ(CL)でもセビージャを相手に2-2と勝ちきれなかった。クロップ監督は、セビージャ戦からローテーションして、引き続き起用したのはマティプ、ジャン、フィルミーノ、サラーの4選手。3試合の出場停止となったマネが欠場した前線にスタリッジが入り、コウチーニョが左インサイドのポジションで今季初先発を飾った。 ▽試合序盤は、完全にポゼッションを支配したリバプールがコウチーニョを中心にボールを回し、後ろに重心を置くバーンリーを押し込み続ける。攻めながらもなかなかチャンスがつくれないリバプールだが、22分に好機。ボックス左手前からスタリッジがクロスを入れると、これにファーのサラーが合わせる。しかし、ミートしきれないヘディングシュートはバーの上にはずれた。 ▽すると、試合の均衡を破ったのはバーンリーだった。ロングボールをボックス左角付近のブレイディが競って中央にヘディングでボールを送ると、流れたボールを正面のアルフィールドがプッシュ。劣勢のバーンリーが先行する。 ▽しかし、リバプールは直後に試合を振り出しに戻す。30分、ゴール正面でジャンのフィードに反応したサラーが仕掛けてシュート。これが決まり、リバプールがすかさず同点に追いついた。 ▽これで勢いづいたリバプールはハーフタイムにかけて2点目を奪いにいく。縦へのスピードを速めてスタリッジやサラーがシュートに持ち込むも、精度を欠いたこともあり得点できず、試合は1-1のまま折り返す。 ▽迎えた後半、リバプールは立ち上がりにコウチーニョが立て続けにミドルシュートに持ち込むなど積極性を見せる。54分にはジャンが正面から強烈なミドルシュートを放ってゴールマウスを強襲。しかし、これはバーンリーGKポペの正面を突いたため、弾かれる。 ▽攻めるリバプールは59分に決定機。ボックス右手前のスタリッジが中央に切り込んで得意の左足でシュート。鋭いシュートが枠を捉えたが、これもGKポペにセーブされる。続く71分にはボックス右のミルナーが入れたクロスにファーでジャンが合わせるも、ヘディングシュートは枠をはずす。 ▽打開したいクロップ監督は78分にコウチーニョとフィルミーノを下げてチェンバレンとソランケを送り出す。しかし、81分にはCKから立て続けにバーンリーに決定機。いずれもミーが決定的なシュートを放ったが、マティプの好カバーリングもあってゴールとはならない。 ▽終盤、リバプールは84分にボックス左のミルナーからのクロスをファーのアーノルドがダイレクトボレー。これが枠を捉えたが、GKポペの好守に遭う。さらに86分には右サイドで仕掛けたアーノルドの折り返しから正面のソランケが合わせるが、今度はバーに直撃する。 ▽結局、スコアはそのままで試合終了。リバプールはホームで勝ち点を落とした。 2017.09.17 01:03 Sun
twitterfacebook
thumb

正守護神が負傷離脱のバーンリーが元ユナイテッドGK獲得へ

▽正守護神であるイングランド代表GKトム・ヒートンが負傷離脱するバーンリーだが、元マンチェスター・ユナイテッドのGKを獲得する考えがあるようだ。ショーン・ダイチェ監督のコメントをクラブ公式サイトが伝えた。 ▽ヒートンは、10日に行われたプレミアリーグ第4節のクリスタル・パレス戦に先発出場。しかし36分に相手DFと交錯すると肩を負傷。13日に手術を受け、無事に成功していたものの、数カ月の離脱になる予定だ。 ▽現在クリスタル・パレスには、ヒートンの他、ニック・ポペ、アダム・レグズディンスがGKとして登録されているが、ダイチェ監督はヒートンが完全復帰するまでにGKを補強したいと考えているとのこと。そこで目をつけたのが、元デンマーク代表GKアンデルス・リンデゴーア(33)のようだ。 ▽リンデゴーアは、オーデンセの下部組織で育ち、2011年1月にノルウェーのオーレスンFKからユナイテッドに移籍。バックアッパーとして公式戦29試合に出場すると、2015年8月にWBAへと移籍。2016年7月にプレストンへと移籍するも、昨シーズン限りで退団し、フリーとなっている。 ▽リンデゴーアは、既にバーンリーでトレーニングを開始しており、加入に近づいているとのこと。ダイチェ監督は「彼は我々と数日間ともに過ごしている。そして、一緒に楽しんでいいる。我々は彼と話し合うだろう」とコメントした。 ▽なお、クリスタル・パレス戦でプレミアリーグデビューをはたしたGKポープにも期待しており、「理想的に、世界では3人のGKが欲しいと思われている。おそらく、若いGKだろう。我々もそれをやろうとしている」と語り、リンデゴーア加入となったとしても、ポープが起用される可能性を示唆した。 2017.09.15 12:20 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース