ジャンフランコ・ゾラがバーミンガムの監督を辞任…4ヵ月でわずか2勝2017.04.18 14:42 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バーミンガムは17日、ジャンフランコ・ゾラ監督が辞任したことを発表した。なお、クラブ公式サイトによると、後任の監督は数日中に決めるとのこと。

▽昨年12月にチャンピオンシップ(イングランド2部相当)のバーミンガムの監督に就任したゾラ氏は、この4ヵ月で24試合を戦い、わずか2勝しかできなかった。前任のギャリー・ローウェット氏が辞任した際には、同クラブは8位に位置していたが、この4ヵ月で20位まで転落。降格圏内まで3ポイントという危機的状況になっていた。

▽当初は2年半の契約だったが、今回の結果を受け、わずか4ヵ月でその席を退くことになった。辞任したゾラ氏は、イギリス『BBC』に以下のようにコメントしている。

「私は自分で自分の首を切った。大きな期待と共にここへやってきたが、応えられなくて申し訳ない。残念なことに結果は良くなかった。責任はすべて私にある」

「私は辞めたくて辞めるわけではない。しかしバーミンガムはより良い評価を受けるに値するチームだ。選手たちを助けることできないのにここに留まる理由はない。他の誰かに任せるべきだ」

「非常に残念で申し訳なく思っている。我々は多くの目的をもって働いたんだ。しかし良い結果が生まれなかった。本当に失望したよ」

コメント

関連ニュース

thumb

モンレアル、退団浮上のエジルとサンチェスの残留を願う「ここでプレーを続けるだろう」

アーセナルのDFナチョ・モンレアルは、退団の憶測が広がるメスト・エジルとアレクシス・サンチェスの残留を願っているようだ。<br><br>今シーズン終了後にアーセナルと契約の切れるエジルとサンチェスだが、依然として契約延長に至っていない。この状況を受け、両選手は早ければ1月に退団するのではないかとのうわさが頻繁に流れている。<br><br>さらに、両選手にはマンチェスター・シティとマンチェスター・ユナイテッドのリーグ優勝を争うライバルが獲得に興味を持っていると報じられているが、モンレアルはチームの2大エースが退団することはないと感じているようだ。<br><br>イギリス『IBタイムズ』でモンレアルは「彼らはここで引き続きプレーすると思う。ここにいる誰もが彼らがチームから退団する可能性があるなんて思っていないし、そのようなことについて話してもいない。彼らはいつもチームのために努力している」と両選手の残留を願った。<br><br>続けて「誰もが知っている通り、彼らはアーセナルにとって不可欠な選手でもあるけど、シーズン終了後に契約が終わる選手で、これは明らかなことだ。クラブが12月以降もチームに残していたいと思えば、彼らはそれに従うだろう。でも、僕はクラブがどう思っているのかわからない。それに決断を下せるのは僕ではなく、別の人間だ」と両選手の残留はクラブの決断次第だと明かしている。<br><br>退団が囁かれる両選手の活躍でノースロンドンのライバル、トッテナムを3年半ぶりに下して勢いに乗るアーセナルだが、冬の移籍市場でどのような決断を下すのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.22 15:00 Wed
twitterfacebook
thumb

コンテ「イングランドは日程を見直す必要がある」過密で不平等なスケジュールに苦言

チェルシーのアントニオ・コンテ監督は、プレミアリーグの日程を見直すべきと考えているようだ。<br><br>昨シーズンのプレミアリーグ王者のチェルシーは、22日にチャンピオンズリーグのカラバフと対戦した後、中2日で敵地で行われるリバプールとのビッグマッチを控える。2012年5月にチェルシーがビッグイヤーを獲得したのを最後にイングランドのクラブがファイナルにすら辿り着いていない原因は日程によるものだとコンテ監督は感じているようだ。<br><br>カラバフ戦前の会見で、コンテ監督は「我々は3試合おきに試合を戦っているから、ローテーションを使うのが妥当だ。だから両方の試合でベストの決断を下さなければならない。私は全選手を信頼し、自分の判断は間違いないと思っている」とチャンピオンズリーグとプレミアリーグで選手を入れ替えることを認めた。<br><br>続けて「チェルシーだけのことではない。チャンピオンズリーグに出場しているチームにも言えることだ。イングランドはこの過密すぎる日程を理解し、見直すように努力する必要があると思う」とスケジュールを変更するよう訴えかけている。<br><br>また、勝利すれば決勝トーナメント進出が決定するカラバフ戦について「非常に重要な一戦だ。(最終節の)アトレティコ・マドリー戦を前に突破を決めてしまいたい」と意気込みを語った。<br><br>さらに、週末のビッグマッチに向けて「土曜日にリヴァプールと対戦する。しかし、彼らは今日(21日)に試合があって我々は明日(22日)だ。このようなシチュエーションはマンチェスター・シティ戦以来2回目で、休んだり回復したりする時間もない」と日程が不平等だと苦言。<br><br>「このような状況ではマンチェスター・シティをとらえることはかなり困難だ。結果に対して言い訳するつもりはないが、これが現実だ」と早くもプレミアリーグ連覇に白旗を振っている。<br><br>提供:goal.com 2017.11.22 13:30 Wed
twitterfacebook
thumb

いやいや生きてますよ!? リーズのレジェンドが死亡説を流したメディアを一喝

▽海外からとんでもないニュースが飛び込んできた。自身の死亡説に対して、リーズのレジェンドがメディアに怒りを露わにしている。 ▽今回死亡説が伝えらていたのは、かつてリーズで活躍した元ガーナ代表FWアンソニー・イエボア氏(51)。スペイン『アス』によると、一部メディアはイエボア氏がアメリカの病院に入院し、そこで亡くなったと報じていたようだ。 ▽この報道を知ったイエボア氏は、生きている自分が勝手に亡くなったことにされたことに驚きを隠せなかった模様。さらにガーナのラジオ局に出演し、今回の事件について、死亡説を報じたメディアに対して怒りを露わにした。 「こういった類の報道はやめなければいけない。こういう報道は私だけでなく、これまでも何度かあった。最近のメディアが行っていることは褒められたことではないね」 「そもそも私は病気でもないので、この報道を聞いたときは本当に驚いたよ。祖母がソーシャルメディアでこの報道を見つけて、私に訪ねてきたんだ。もし、このニュースを見た人たちで心配してくれているのならば、これが真実でないことを強調した。私は生きているよ」 ▽イエボア氏は、ガーナでサッカーキャリアを歩み始め、1988年にドイツのザールブリュッケンに加入。1990年からは現在日本代表MF長谷部誠、日本人MF鎌田大地が所属するフランクフルトでもプレーした。なお、フランクフルト在籍時には2度のブンデスリーガ得点王に輝くなど、ストライカーとして活躍している。 ▽リーズには1995年から1997年まで在籍し、66試合で32ゴールをマーク。その後はハンブルガーSVに移籍し、2001年からはアル・イテハドで1年間プレーして現役を終えた。ガーナ代表としては59試合26ゴールを奪う活躍を見せた。 2017.11.22 09:55 Wed
twitterfacebook
thumb

FA、C・パレス戦で“ダイブ”したエバートンFWニアッセを処分! プレミアリーグで初の処分者に…

▽イングランドサッカー協会(FA)は21日、18日に行われたプレミアリーグ第12節、クリスタル・パレス戦で“ダイブ”したエバートンのセネガル代表FWバイェ・ウマル・ニアッセに対して処分を科すことを発表した。 ▽ニアッセは、2-2のドローに終わった18日のパレス戦に先発フル出場を果たした。同試合ではパレスが開始2分にMFジェームズ・マッカーサーのゴールで早々に先制した。だが、直後の5分にはボックス内で仕掛けたニアッセが相手DFスコット・ダンと交錯し倒れると、このプレーでエバートンにPKが与えられる。これをキッカーのDFレイトン・ベインズが決めて、試合を振り出しに戻していた。 ▽このPKの場面では、DFダンがPKを避けるために足を出しに行くことを止めていたものの、ニアッセは足をかけられたように演技を行い、これが“ダイブ”にあたると、各方面で非難の声が挙がっていた。 ▽そして、FAは同試合後、ニアッセの当該行為に関して調査を開始。元マッチオフィシャル、元レフェリー、元プレーヤーの3者で構成される独立規律委員会が中継映像で確認を行ったところ、全会一致でニアッソの行為が「マッチオフィシャルを故意に欺く行為」にあたると確認した。 ▽ニアッセには現地時間21日18時までに異議申し立てを行うことができるが、この上訴が認められない場合、2試合の出場停止処分が科される見込みだ。 ▽なお、“ダイブ”やシミュレーションなどが横行するイングランドサッカー界では、2017-18シーズンから「マッチオフィシャルを故意に欺く行為」に対して、厳格な処分を科すことを決定した。 ▽そして、今回処分を科されるニアッセは、プレミアリーグにおいて最初の処分者となる不名誉な記録を残すことになった。 2017.11.22 00:01 Wed
twitterfacebook
thumb

長期離脱イブラの快記録がストップ…代表主将DFがイブラの11連覇阻止でスウェーデン年間最優秀選手賞獲得

▽スウェーデンサッカー協会(SvFF)は20日、2017年度のスウェーデン年間最優秀選手賞をFCクラスノダールに所属するスウェーデン代表DFアンドレアス・グランクヴィストが初受賞したことを発表した。 ▽スウェーデン年間最優秀選手賞は、最多受賞記録(11回)を誇るマンチェスター・ユナイテッドの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが2007年から10年連続で選出されるなど、同選手の独壇場となっていた。 ▽しかし、イブラヒモビッチは今年3月に負ったヒザのケガによって、今月18日に行われたニューカッスル戦で復帰を果たすまで長期離脱を強いられていた。そのため、今年度の年間最優秀選手賞を逃がすことが濃厚となっていた。 ▽そのイブラヒモビッチの離脱を受けて、同賞の最有力候補にはRBライプツィヒとスウェーデン代表の攻撃をけん引するMFエミル・フォルスベリの名前が挙がっていた。 ▽しかし、最終的に選出されたのはイタリア代表とのロシア・ワールドカップ(W杯)プレーオフを制す大きな原動力となったスウェーデン代表のキャプテン、グランクヴィストとなった。 ▽なお、11年連続の受賞を逃したイブラヒモビッチは今回の結果を受けて、自身の公式『ツイッター』で以下のようなメッセージを残している。 「通常、俺はいつも賞を受け取る側にいた。だが、今夜は俺のジャージ(受賞者に与えられる)を譲ることにする。奴らは今後のスウェーデンサッカー界を背負っていく存在だ」 ▽現在、36歳のイブラヒモビッチは、今後ユナイテッドで華々しい活躍をみせ、来年度には通算12度目のスウェーデン年間最優秀選手賞を受賞できるか。 2017.11.21 23:11 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース