2冠達成の大阪主将FP佐藤亮「素晴らしいシーズンを送ったチームが一番相応しい形でシーズンを締めくくれた」《第22回全日本フットサル選手権》2017.03.20 22:58 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽20日に東京の国立代々木競技場第一体育館で、第22回全日本フットサル選手権決勝戦のフウガドールすみだ(Fリーグ/東京都)vsシュライカー大阪(Fリーグ/大阪府)が行われ、7-2で勝利した大阪が5大会ぶり3度目の優勝を果たしている。

▽シーズン2冠を達成した大阪のキャプテンを務めるFP佐藤亮は試合後、囲み取材に応対。2冠達成の今シーズン、そして2冠目となった今回のすみだ戦を振り返った。

◆FP佐藤亮(シュライカー大阪)
――2冠を達成したことについて
「率直に嬉しいという気持ちが一番ですけど、今大会に関してはリーグを優勝して終わった後、メンタル的な立て直しというか、目標を達成した中でシーズンを最高の形で締めくくろうというメンタルの切り替えが必要になったと思うので、そこの切り替えがうまくできたのではないかなと思います」

「今シーズンで引退する選手の発表があった中で、個人的にもずっとチームを引っ張ってきた村上選手や奥田選手というところは、個人的な感情もありました。リーグ優勝したメンバーでできる最後の大会とわかっていた中だったので、そういう選手の分までというか、そういう素晴らしいシーズンを送ったチームが一番ふさわしい形でシーズンを締めくくれたのは非常に嬉しく思います」

――村上選手や奥田選手への想いは
「個人的な感情ですけど、試合前から特に村上選手や奥田選手は僕がシュライカー大阪に入団する前からチームを引っ張ってきた選手でしたし、公私ともに一緒に過ごした時間が長かった分、終わった後というのは嬉しい気持ちとこれで終わりなんだなという想いがあふれてきましたけど、一番ふさわしい形でそういう選手たちを送れたというのは嬉しく思います」

――立ち上がりに2失点した時について
「勢いもありましたし、すみだは会場の後押しもあった中で、少しバタついたというか普段なら無いようなミスが起きたり、そういうことが続いたのでとにかくチームを落ち着かせようと。ここで連続して失点してしまうと、スコア的に追いつくのが苦しくなってくるので、とにかく1回落ち着かせて、自分たちの入りができるようにというところで意識して声をかけました」

――普段起きないミスとはなにか
「今日の1失点目でいえば、単純なマークミスというか走る選手に対して、ついていけてなかったり、集中力の部分だと思いますけど、2失点目に関してもキーパーもリスクがある中で、その選択をして、普段だったら裏に蹴って、もう一回ディフェンスをしてということが多かったので、プレッシャーだったり、会場の後押しがあったのは間違いないので、そこで自分たちが見失わないように声をかけたりしました」

――2失点したものの押していたと思うが
「(大阪の1点目)アルトゥールがあそこで決めたのが大きかったと思います。あそこで0-3、0-4ってなってもおかしくないような中で、メンタル的に立て直したということもあると思いますけど、スコアが0-3にならずに1-2にできて、そこからは自分たちの普段やっているフットサルがしっかり出せたと思います」

――リーグ戦でのすみだとの2戦目(9-2で大阪が勝利)とスコアだけ見ればあまり変わらない気がするが
「こっちがリードを奪ってからは、主導権を握って進められたので、そこに関しては余裕を持ってというよりは、普段の自分たちのフットサルができたんじゃないかなと思います。2失点までに関しては警戒していた部分でやられた失点だったので、会場の雰囲気も含めて、流れもすみだの流れだったと思うので、1点を返せたのが大きいです。体感としてはリードされた時、チームに危機感があったのは事実です」

コメント

関連ニュース

thumb

好調・ボラが圧巻の4ゴール! 仙台を下したすみだが連勝!《DUARIG Fリーグ》

▽18日にDUARIG Fリーグ2017/2018第11節の2試合が行われた。フウガドールすみだvsヴォスクオーレ仙台は4-2ですみだ、アグレミーナ浜松vsバサジィ大分は3-0で浜松が勝利した。 ◆フウガドールすみだvsヴォスクオーレ仙台<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170818_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽この試合ですみだのFP宮崎曉とFP岡山和馬が通算出場数100試合を達成。試合はすみだが2分、FPボラがボックス手前から右足を振り抜いて先制点を奪う。先制を許した仙台も反撃。4分、ボックス右手前に持ち込んだFPノエのシュートのこぼれ球をFP堀内迪弥が押し込んだ。試合を振り出しに戻されたすみだは8分、FPボラがボックス手前からトゥーキックシュートを突き刺した。1点ビハインドで試合を折り返した仙台は22分、ボックス手前でFPマルロンが味方の落としをそのまま押し込み、再び同点とする。2度も追いつかれたすみだは29分、FP宮崎曉のパスを受けたFPボラがボックス手前での相手DFを背負ったキープからヒールシュート。これが相手DFとGKの意表を突いてそのままゴールに吸い込まれ、ハットトリックを達成した。勝ち越しに成功したすみだは37分にもFPボラが追加点を奪い、試合終了。FPボラの4発ですみだが連勝を飾った。 ◆アグレミーナ浜松vsバサジィ大分 ▽試合は互いに主導権を譲らず、拮抗した展開となる。そんな中、ホームの浜松が先制点を奪う。味方のCKを敵陣中央で受けたFP山桐正護がミドルシュートを突き刺した。1-0で試合を折り返すと、リードしている浜松が追加点。23分、FP前鈍内マティアスエルナンのシュート性のクロスをFP山元優典が飛び込んで、ゴールに押し込んだ。リードを2点に広げた浜松は33分、CKからパスを受けたFP前鈍内マティアスエルナンが強烈なミドルシュート。一度は相手GKに弾かれたが、こぼれ球をFP中村友亮がプッシュした。3点ビハインドの大分は36分にパワープレーを開始したが、一矢報いることもできず、そのまま試合終了。3発で快勝した浜松は連敗を「3」でストップ。対する大分は4連敗を喫した。 2017.08.19 01:16 Sat
twitterfacebook
thumb

U-25フットサル日本代表候補が発表!! 首位の名古屋からは八木ら4名が選出! 清水&植松のフル代表コンビも招集へ《トレーニングキャンプ》

▽日本サッカー協会(JFA)は15日、今月21日から名古屋で行われるU-25フットサル日本代表候補キャンプに臨むメンバー19名を発表した。 ▽今回のメンバーでは、Fリーグで首位を走る名古屋オーシャンズからFP八木聖人、FP橋本優也、FP齋藤功一、FP平田ネトアントニオマサノリの4人が選出。またフル代表としても活躍するフウガドールすみだのFP清水和也や湘南ベルマーレのFP植松晃都も選出されている。 ▽U-25フットサル日本代表候補は、21日に集合しトレーニングを開始。22日には2部トレーニングを行い、23日午前中まで合宿を行う。今回発表されたメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆U-25フットサル日本代表候補メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">三浦拓(エスポラーダ北海道)</span> <span style="font-weight:700;">矢澤大夢(フウガドールすみだ)</span> <span style="font-weight:700;">上原拓也(湘南ベルマーレ)</span> <span style="font-weight:700;">FP</span> <span style="font-weight:700;">松浦勇武(アグレミーナ浜松)</span> <span style="font-weight:700;">森村孝志(バサジィ大分)</span> <span style="font-weight:700;">田村佳翔(フウガドールすみだ)</span> <span style="font-weight:700;">田村友貴(シュライカー大阪)</span> <span style="font-weight:700;">室田祐希(ペスカドーラ町田)</span> <span style="font-weight:700;">堀内迪弥(ヴォスクオーレ仙台)</span> <span style="font-weight:700;">堀米将太(シュライカー大阪)</span> <span style="font-weight:700;">原辰介(ペスカドーラ町田)</span> <span style="font-weight:700;">八木聖人(名古屋オーシャンズ)</span> <span style="font-weight:700;">橋本優也(名古屋オーシャンズサテライト)</span> <span style="font-weight:700;">齋藤功一(名古屋オーシャンズ)</span> <span style="font-weight:700;">平田ネトアントニオマサノリ(名古屋オーシャンズサテライト)</span> <span style="font-weight:700;">大薗諒(フウガドールすみだ)</span> <span style="font-weight:700;">上村充哉(湘南ベルマーレ)</span> <span style="font-weight:700;">清水和也(フウガドールすみだ)</span> <span style="font-weight:700;">植松晃都(湘南ベルマーレ)</span> 2017.08.16 14:50 Wed
twitterfacebook
thumb

首位・名古屋、大量5発で大阪下し5連勝!《DUARIG Fリーグ》

▽11日にDUARIG Fリーグ2017/2018第7節のシュライカー大阪vs名古屋オーシャンズが岸和田市総合体育館で行われ、5-1で名古屋が勝利した。 ◆シュライカー大阪vs名古屋オーシャンズ ▽試合は序盤から互角の戦いを見せる中、名古屋が13分にFPルイジーニョのゴールで先制に成功。さらに、流れに乗る名古屋は18分、FP酒井ラファエル良男が追加点を奪うと、21分にFP吉川智貴が3点目を挙げ、大阪を突き放した。 ▽3点ビハインドの大阪は、31分にFP小曽戸允哉をゴレイロの位置に投入。パワープレーを開始するが、名古屋はFP西谷良介がダメ押しとなる4点目を取り、大阪の反撃ムードに水を刺した。その後、38分にFP今井翔のゴールで大阪に1点を返された名古屋だったが、最後はFPラファがトドメの5点目。大阪に5発快勝の首位・名古屋がリーグ戦5連勝を飾った。 2017.08.11 22:50 Fri
twitterfacebook
thumb

昨季王者・大阪が好調・湘南を8発粉砕で4連勝! 湘南は首位陥落…《DUARIG Fリーグ-J SPORTSシリーズ-》

▽6日に小田原アリーナで、DUARIG Fリーグ2017/2018第10節の3試合が行われた。 ▽今シーズンから初の試みとなる6クラブ共同開催も2回目を迎えた。小田原アリーナには、J SPORTSシリーズとして湘南ベルマーレ、フウガドールすみだ、名古屋オーシャンズ、アグレミーナ浜松、ヴォスクオーレ仙台、シュライカー大阪が集結した。 ▽第1試合のフウガドールすみだvsアグレミーナ浜松は、5-3ですみだが勝利した。第2試合のヴォスクオーレ仙台vs名古屋オーシャンズは、4-1で名古屋が勝利。第3試合の湘南ベルマーレvsシュライカー大阪は、8-3で大阪が勝利している。 ◆フウガドールすみだvsアグレミーナ浜松<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170806_10_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽試合は2分、すみだがFPボラのゴールで先制する。しかし、浜松も7分、FP中村友亮がゴールネットを揺らし、試合を振り出しに戻す。追いつかれたすみだだったがFP宮崎曉が17分、20分と立て続けにゴールを奪い、試合を2点差とする。後半に入っても、すみだが攻勢を続ける中、31分に浜松がFP松浦勇武が押し込み、1点差に詰め寄る。それでもすみだは34分にまたもFPボラのゴールで再び2点差にリードを広げる。諦めない浜松は35分にFP松浦勇武が得点を奪い、3度1点差にするも、反撃はここまで。最後はすみだのFP諸江剣語にダメ押しゴールを奪われ、試合終了。5-3で浜松を下したすみだが3試合ぶりの白星を飾った。 ◆ヴォスクオーレ仙台vs名古屋オーシャンズ<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170806_11_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽試合は名古屋が不安定な立ち上がりを見せた仙台を序盤から畳み掛ける。3分、FP齋藤功一のゴールで先制すると、直後にもFPヴァルチーニョが追加点。さらに5分、FP橋本優也がゴールネットを揺らし、わずか5分間で試合を3-0とする。それでも徐々に落ち着きを取り戻した仙台は10分、FP井上卓が一点を返す。3-1と名古屋がリードして試合を折り返すと、そのまま終盤に突入する。すると名古屋が第2PKを獲得し、FPルイジーニョが右上を射抜き、とどめを刺した。4-1で快勝した名古屋が4連勝を飾った。 ◆湘南ベルマーレvsシュライカー大阪<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170806_12_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽試合は序盤から激しい球際の中、大阪がFP田村友貴のゴールで先制する。しかし、湘南もFP鍛代元気が同点ゴールを奪い、試合を振り出しに戻す。両者譲らないまま迎えた後半、昨シーズン王者・大阪がゴールラッシュ。25分にFP田村友貴がゴールネットを揺らすと、26分にFP相井忍、32分にFPヴィニシウス、34分に再びFP相井忍が追加点を奪い、試合を5-1にする。4点差を追いかける湘南は直後にパワープレーを開始し、36分にFP本田真琉虎洲が1点を返すが、それに対して名古屋は36分にFP田村友貴とFP堀米将太が、37分にはFP小曽戸允哉がパワープレー返しを決めて湘南を引き離す。湘南は40分にFPロドリゴが1点を返したが、そのまま試合終了。8-3で湘南を粉砕した大阪が4連勝を飾った。一方の湘南は首位陥落となった。 <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><a href="https://goo.gl/FqGeca" target="_blank"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/600/image/fleague20170804_640_200.jpg" style="max-width: 100%;"></a></div> ◆DUARIG Fリーグ-J SPORTSシリーズ- ▽8月6日(日) フウガドールすみだ 5-3 アグレミーナ浜松 ヴォスクオーレ仙台 1-4 名古屋オーシャンズ 湘南ベルマーレ 3-8 シュライカー大阪 ▽8月5日(土) フウガドールすみだ 0-3 名古屋オーシャンズ 湘南ベルマーレ 4-2 アグレミーナ浜松 ヴォスクオーレ仙台 2-8 シュライカー大阪 2017.08.06 21:46 Sun
twitterfacebook
thumb

町田と府中の東京ダービーは大差をつけて町田が勝利!!《DUARIG Fリーグ-AbemaTVシリーズ-》

▽6日に町田市立総合体育館でDUARIG Fリーグ2017/2018第10節の3試合が行われた。 ▽第1試合のエスポラーダ北海道vsデウソン神戸は、2-1で北海道が勝利。第2試合のバルドラール浦安vsバサジィ大分は、4-0で浦安が勝利し、第3試合、ペスカドーラ町田vs府中アスレティックFCの東京ダービーは、8-2で町田が勝利した。 ◆エスポラーダ北海道vsデウソン神戸 ▽前日の試合で敗戦を喫している2チームの一戦は、8分にFP川那部遼のゴールで神戸が先行する。しかし、後半に入ると北海道が反撃を開始。24分にFP神敬治のゴールで試合を振り出しに戻すと、39分にはキャプテンのFP酒井遼太郎が勝ち越しゴールを奪取。試合はそのまま終了を迎え、北海道が逆転勝利を収めた。 ◆バルドラール浦安vsバサジィ大分 ▽前日の試合で勝利した浦安と、敗れている大分の一戦は立ち上がりから浦安が主導権を握る。すると5分にFP野村啓介のゴールで浦安が勢いのままに先制した。前半はそのまま終えるが後半も浦安ペース。26分にはFP長坂拓海がFリーグ初ゴールを奪い、31分にはFPディドゥダが古巣相手にゴールを挙げる。35分にはオウンゴールで追加点を奪った浦安が今季初の連勝を飾った。 ◆ペスカドーラ町田vs府中アスレティックFC ▽2連勝を目指す町田と府中のダービーマッチは、序盤は拮抗した展開の中、5分にFP室田祐希のゴールで町田が先制すると、7分にはFP宮崎貴史が2点を連取する。府中も9分にセットプレーからFP柴田祐輔が1点を返すが、町田は前半にさらに2ゴールを重ねて、5-1と大量リード。後半も町田がゴールを重ねていく展開となった。34分にFP森岡薫、36分に金山友紀がカウンターからネットを揺らすと、40分にはFP横江怜がパワープレー返しを決める。府中も試合終了間際に上福元俊哉が一矢報いるが、8-2と大差で町田が勝利した。 2017.08.06 19:50 Sun
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース