モドリッチやラキティッチが招集、クロアチア代表メンバー発表《ロシアW杯欧州予選》2017.03.18 02:15 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽クロアチアサッカー協会は17日、24日にホームで行われるロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のウクライナ代表戦と、28日にアウェイで行われる国際親善試合のエストニア代表戦に臨むクロアチア代表メンバー23名を発表した。

▽今回の招集メンバーでは、MFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)やMFイバン・ラキティッチ(バルセロナ)、FWマリオ・マンジュキッチ(ユベントス)にMFイバン・ペリシッチ(インテル)といった主力が順当に選出され、ユベントスで出場機会を増やしているFWマルコ・ピアツァが復帰を果たしている。

▽クロアチア代表は欧州予選グループIに属し、3勝1分けの首位に立つ。今回発表されたクロアチア代表メンバー23名は以下のとおり。

◆クロアチア代表メンバー23名
GK
ダニエル・スバシッチ(モナコ/スペイン)
ロヴレ・カリニッチ(ヘント/ベルギー)
ドミニク・リヴァコビッチ(ディナモ・ザグレブ)

DF
ベドラン・チョルルカ(ロコモティフ・モスクワ/ロシア)
シメ・ヴルサリコ(アトレティコ・マドリー/スペイン)
ティン・イェドバイ(レバークーゼン/ドイツ)
ドマジョフ・ヴィダ(ディナモ・キエフ/ウクライナ)
マチェイ・ミトロビッチ(ベシクタシュ/トルコ)
マルコ・レスコビッチ(ディナモ・ザグレブ)
ヨシプ・ピバリッチ(ディナモ・ザグレブ)

MF
イバン・ラキティッチ(バルセロナ/スペイン)
ルカ・モドリッチ(レアル・マドリー/スペイン)
マテオ・コバチッチ(レアル・マドリー/スペイン)
マルセロ・ブロゾビッチ(インテル/イタリア)
イバン・ペリシッチ(インテル/イタリア)
マルコ・ログ(ナポリ/イタリア)
ミラン・バデリ(フィオレンティーナ/イタリア)
フィリップ・ブラダリッチ(リエカ)

FW
マリオ・マンジュキッチ(ユベントス/イタリア)
マルコ・ピアツァ(ユベントス/イタリア)
ニコラ・カリニッチ(フィオレンティーナ/イタリア)
アンドレイ・クラマリッチ(ホッフェンハイム/ドイツ)
ドゥイエ・チョップ(スポルティング・ヒホン/スペイン)

コメント

関連ニュース

thumb

今日の誕生日は誰だ!1月10日はロヒブランコスで切磋琢磨を続けるクロアチア代表SB

◆シメ・ブルサリコ 【Profile】 国籍:クロアチア 誕生日:1992/1/10 クラブ:アトレティコ・マドリー ポジション:DF 身長:183㎝ 体重:75㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、1月10日はアトレティコ・マドリーのクロアチア代表DFシメ・ヴルサリコだ。 ▽クロアチア出身のヴルサリコは、2013年夏にジェノアに移籍。欧州4大リーグデビューを飾ると、サッスオーロを経て2016年夏にアトレティコ入り。初年度はシーズン途中から徐々に出場機会を増やし、公式戦25試合に出場したものの、昨年4月にヒザを負傷してしまい、残りの試合を棒に振った。 ▽再起をかける今シーズンも、ケガを繰り返して度々離脱。それでも、元スペイン代表DFファンフランとの激しいポジション争いで徐々に優位に立ち、現在はリーガエスパニョーラ4試合連続でフル出場中だ。 ▽世界トップレベルの厳しい戦いに身を置いているヴルサリコだが、その性根がどこまでも真っ直ぐであることを証明するエピソードがある。昨年3月に行われたリーガの試合で、チームメイトのフェルナンド・トーレスが相手選手と衝突して意識不明に。近くにいたガビとヴルサリコは、すぐさま近寄り、F・トーレスの口に手を入れて、舌を引き出して気道を確保。後に医師はこの対処について「完璧だった」と語っており、F・トーレスは無事に回復することとなった。ガビとブルサリコによる迅速で適切な対処が、一人の命を救うに至ったのだ。 ※誕生日が同じ主な著名人 マルアン・シャマフ(サッカー選手/無所属) 平川弘(元サッカー選手) ウォルター・ヒル(映画監督) ロッド・スチュワート(歌手) レミー・ボンヤスキー(総合格闘家) 巽真悟(元プロ野球選手) 山口達也(タレント/TOKIO) 田中裕二(お笑い芸人/爆笑問題) 大原櫻子(歌手) 2018.01.10 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

“クロアチアのレジェンド”プロシネツキ氏がボスニア・H監督に就任

▽ボスニア・ヘルツェゴビナサッカー協会(FSBiH)は4日、ロベルト・プロシネツキ氏(48)を指揮官に迎えたことを発表した。 ▽ボスニア・Hではロシア・ワールドカップ欧州予選でベルギー代表やギリシャ代表と同居したグループで3位に終わり、2大会連続となる本大会出場を逃がしたことを受け、昨年10月にメフメド・バジダレビッチ前監督を解任していた。 ▽プロシネチキ氏は現役時代、レアル・マドリーやバルセロナでプレー。クロアチア代表としてはフランス・ワールドカップで3位躍進に貢献するなど、輝かしい実績を残した。現役引退後はレッドスターやカイセリスポル、アゼルバイジャン代表を率いていた。 2018.01.05 02:23 Fri
twitterfacebook
thumb

モドリッチが最多タイ6度目のクロアチア年間最優秀選手賞を受賞!同国“レジェンド”のシューケル氏と並び自身も“伝説”へ

▽レアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチが、2017年のクロアチア年間最優秀選手賞を受賞した。スペイン『アス』が伝えている。 ▽モドリッチは今回の受賞で6回目となり、元クロアチア代表のレジェンドFWダヴォール・シューケル氏と並び、史上最多タイとなっている。シューケル氏は、現役時代にマドリーやセビージャで活躍。現在はクロアチアサッカー連盟会長を務めており、同国代表としては公式戦68試合48ゴールを記録し、1998年のフランス・ワールドカップ(W杯)では得点王にも輝いた、“クロアチアの生ける伝説”だ。 ▽今回、その伝説に並んだモドリッチは、マドリーの心臓として活躍。2017年には、史上初の連覇となったチャンピオンズリーグ(CL)優勝をはじめとする、5つのタイトルにクラブを導いた。また、クロアチア代表で主将を務めるモドリッチは、ロシアW杯行きを懸けた欧州予選プレーオフのギリシャ戦1stレグで先制ゴールを記録。4-1での勝利の口火を切り、祖国を引き連れて世界への切符を手にした。 ▽「世界最高のミッドフィールダー」と評されることも多いモドリッチ。32歳とベテランの年齢に差しかかっているが、そのプレーの輝きは失われておらず、クロアチアのみでなく世界中で“伝説の選手”と称されるようになる日も近いのではないのだろうか。 2018.01.02 15:49 Tue
twitterfacebook
thumb

元クロアチア代表MFプロシネツキ氏「モドリッチは歴史上最高のクロアチア人選手」

▽かつてレアル・マドリーやバルセロナなどでプレーした元クロアチア代表MFロベルト・プロシネツキ氏は、レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチがクロアチア史上最高の選手であると語った。クロアチア『Sportske Novosti』のインタビューをスペイン『マルカ』が伝えた。 ▽『Sportske Novosti』のインタビューに応じたプロシネツキ氏は、レアル・マドリーで3度のチャンピオンズリーグ優勝を経験するなど、チームで重要な役割を担っているモドリッチについて「モドリッチが歴史上最高のクロアチア人選手であることは間違いない」と主張した。 「モドリッチが歴史上最高のクロアチア人選手であることは間違いないだろう。彼はレアル・マドリーで3度もチャンピンオンズリーグのタイトルを獲得した。それも、3度とも主力としてプレーしていたんだ」 「さらに3年連続でFIFProワールドイレブンにも選出されている」 「たとえ獲得してきたタイトルを考慮しなくても、レアル・マドリーの主力としてプレーを続けていることがすばらしいことだよ」 2017.12.26 06:11 Tue
twitterfacebook
thumb

ラキティッチの思いやりに漢・ブッフォンが反応「素晴らしい贈り物をありがとう」

▽ユベントスのイタリア代表Gkジャンルイジ・ブッフォンが、自身への思いやりの気持ちを見せたバルセロナのクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチに感謝の言葉を送った。『フットボール・イタリア』が報じている。 ▽自身にとって6大会連続となるW杯出場を目指したブッフォンだったが、イタリア代表はプレーオフでスウェーデン代表に敗戦しロシアへの道を断たれた。以前から今大会を最後に代表を引退すると宣言していたブッフォンにとっては、とても早い幕切れとなってしまった。 ▽一方、同じくプレーオフに進出して出場権を獲得したクロアチア代表。ラキティッチは22日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)・グループD第4節のユベントス戦に向けた前日会見で「できることならば変わってあげたい」とブッフォンへの思いやりを口にした。 ▽これを受けてブッフォンがツイッターで反応。ラキティッチの言葉を受けて、ユーモアを交えつつ感謝の気持ちを伝えた。 「親愛なるラキティッチ。確かに僕はGKとしてはまだプレーできるかもしれないね。でも君の代わりに中盤でクロアチアの一員としては戦えないだろうね。それはあまり冗談はさておき、君の言葉は素晴らしい贈り物だったよ。ありがとう」 2017.11.22 11:20 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース