モドリッチやラキティッチが招集、クロアチア代表メンバー発表《ロシアW杯欧州予選》2017.03.18 02:15 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽クロアチアサッカー協会は17日、24日にホームで行われるロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のウクライナ代表戦と、28日にアウェイで行われる国際親善試合のエストニア代表戦に臨むクロアチア代表メンバー23名を発表した。

▽今回の招集メンバーでは、MFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)やMFイバン・ラキティッチ(バルセロナ)、FWマリオ・マンジュキッチ(ユベントス)にMFイバン・ペリシッチ(インテル)といった主力が順当に選出され、ユベントスで出場機会を増やしているFWマルコ・ピアツァが復帰を果たしている。

▽クロアチア代表は欧州予選グループIに属し、3勝1分けの首位に立つ。今回発表されたクロアチア代表メンバー23名は以下のとおり。

◆クロアチア代表メンバー23名
GK
ダニエル・スバシッチ(モナコ/スペイン)
ロヴレ・カリニッチ(ヘント/ベルギー)
ドミニク・リヴァコビッチ(ディナモ・ザグレブ)

DF
ベドラン・チョルルカ(ロコモティフ・モスクワ/ロシア)
シメ・ヴルサリコ(アトレティコ・マドリー/スペイン)
ティン・イェドバイ(レバークーゼン/ドイツ)
ドマジョフ・ヴィダ(ディナモ・キエフ/ウクライナ)
マチェイ・ミトロビッチ(ベシクタシュ/トルコ)
マルコ・レスコビッチ(ディナモ・ザグレブ)
ヨシプ・ピバリッチ(ディナモ・ザグレブ)

MF
イバン・ラキティッチ(バルセロナ/スペイン)
ルカ・モドリッチ(レアル・マドリー/スペイン)
マテオ・コバチッチ(レアル・マドリー/スペイン)
マルセロ・ブロゾビッチ(インテル/イタリア)
イバン・ペリシッチ(インテル/イタリア)
マルコ・ログ(ナポリ/イタリア)
ミラン・バデリ(フィオレンティーナ/イタリア)
フィリップ・ブラダリッチ(リエカ)

FW
マリオ・マンジュキッチ(ユベントス/イタリア)
マルコ・ピアツァ(ユベントス/イタリア)
ニコラ・カリニッチ(フィオレンティーナ/イタリア)
アンドレイ・クラマリッチ(ホッフェンハイム/ドイツ)
ドゥイエ・チョップ(スポルティング・ヒホン/スペイン)

コメント

関連ニュース

thumb

レジェンドFWオリッチが母国クロアチア代表のコーチ就任! W杯プレーオフ控えるチームに強力な援軍!

▽クロアチアサッカー連盟(HNS)は19日、元クロアチア代表FWイビツァ・オリッチ氏(38)が同国代表のアシスタントコーチに就任することを発表した。 ▽クロアチアは今月7日、アンテ・チャチッチ前監督(64)を解任し、後任にズラトコ・ダリッチ監督(50)を招へい。その後、9日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループI最終節のウクライナ代表戦で勝利を飾り、グループ2位でのプレーオフ進出を決定した。そして、来月から行われるプレーオフでは本大会出場を懸けてギリシャ代表とのビッグマッチに臨む。 ▽HNSは19日、この重要なビッグマッチに向けてダリッチ監督率いるチームにレジェンドのオリッチ入閣という強力な援軍を用意した。現役時代にハードワークの化身として知られたオリッチ氏は、クロアチア代表として104試合に出場し、20得点を記録。2002年の日韓W杯、2006年のドイツW杯、2014年ブラジルW杯の3大会に出場するなど、百戦錬磨のレジェンドだ。また、その誠実な人柄、昨季まで現役選手だったという経験を活かし、選手たちのメンタル面のケアやダリッチ監督と選手たちの間を取り持つ存在としての重要な役回りが期待される。 ▽オリッチ氏はこれまで、ヘルタ・ベルリンやディナモ・ザグレブ、ハンブルガーSVなどでプレー。2009年から2012年まではバイエルンに所属し、2009-10シーズンにはブンデスリーガとDFBポカールの2冠に加え、チャンピオンズリーグ準優勝を経験した。そして、ブンデスリーガ2部の1860ミュンヘンで昨シーズン限りでの現役引退を決断した。 2017.10.20 00:09 Fri
twitterfacebook
thumb

モドリッチ&ラキティッチ1A、クラマリッチ2Gでウクライナに競り勝ったクロアチアがPO進出! 《ロシアW杯欧州予選》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループI最終節の、3位・ウクライナ代表(勝ち点17)vs2位・クロアチア代表(勝ち点17)が9日に行われ、0-2でクロアチアが勝利した。この結果、クロアチアはプレーオフに進出することとなった。 ▽首位奪還の可能性を残す両者の対戦だが、同時刻開催の首位・アイスランド代表(勝ち点19)vs最下位・コソボ代表(勝ち点1)でアイスランドの勝利が濃厚なため、実質的にはプレーオフ争いとなったこの一戦。この直接対決では、勝利したチームがプレーオフ進出濃厚、引き分け以下のチームは予選敗退が確定という状況だった。 ▽絶対に負けられない試合に向けて、直前にチャチッチ監督を解任してダリッチ監督の就任を発表したクロアチアは、[4-2-3-1]を採用。GKにスバシッチ、最終ラインにヴルサリコ、ミトロビッチ、ロブレン、ヴィダを並べ、2ボランチにはバデリとラキティッチ、2列目にペリシッチ、モドリッチ、クラマリッチが入り、1トップをマンジュキッチが務めた。 ▽試合の序盤はにらみ合いが続いた。クロアチアがピッチをコンパクトに使い細かいパスで崩しを図ると、ウクライナは厳しく身体を寄せて対応。カウンターの場面ではコノプリャンカを中心に、フィニッシュには至らないものの幾度か左サイドを侵攻し、ボックス内に圧力を加えていく。 ▽ウクライナがやや押し込み始めると、24分にはDFのラキツキが敵陣浅い位置からロングシュート。得点とはならなかったが、豪快な無回転シュートがGKスバシッチを脅かした。細かい連係がうまく噛み合わないクロアチアはマンジュキッチをターゲットとしたフィードを多用し始めるが、好機を作り出すには至らない。36分にはモドリッチのフィードにクラマリッチが抜け出したが、トラップが乱れてGKに処理された。 ▽ウクライナの時間帯が続いたものの、クロアチアが最後の場面で思い通りにはやらせず。試合はスコアレスで折り返しを迎えた。 ▽後半に入っても、試合はややウクライナペースで進行されたが、均衡を破ったのはクロアチアだった。62分、敵陣浅い位置やや右でボールを持ったモドリッチが、鋭くカーブをかけたクロスを供給。ファーのクラマリッチが頭で合わせ、先制弾とした。 ▽さらに70分、レアル・マドリーのMFが得点を演出してみせると、今度はバルセロナのMFが名乗りを上げる。味方のフィードに反応したラキティッチが、ボックス右にダイレクトでクロス。コントロールされたグラウンダーのパスは、再びファーのクラマリッチに渡り、この日2点目とした。 ▽結局、ウクライナの反撃もむなしく試合はこのまま終了。クラマリッチの2得点で直接対決を制したクロアチアが、プレーオフに駒を進めることとなった。 2017.10.10 06:07 Tue
twitterfacebook
thumb

ブロゾビッチ、左足ヒラメ筋負傷でミラノ・ダービーは欠場か

▽インテルは9日、クロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチの負傷を発表した。 ▽ブロゾビッチは、6日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のフィンランド代表戦で負傷。54分にログと交代していた。 ▽発表によると、ブロゾビッチは9日にイスティトゥート・ヒューマニタス病院で受診したところ、左足ヒラメ筋の負傷が判明。クラブ側から全治などは明かされておらず、数日中に再び検査を受けることが発表されている。 ▽今季ここまでセリエAで5試合に出場し2ゴールを記録しているブロゾビッチだが、15日に行われる今季初の“ミラノ・ダービー”は欠場となる見込みだ。 2017.10.10 01:15 Tue
twitterfacebook
thumb

首位陥落のクロアチアがチャチッチ監督を解任、後任にダリッチ監督

▽クロアチアサッカー協会(HNS)は7日、アンテ・チャチッチ監督(64)を解任したことを発表した。そして後任にズラトコ・ダリッチ監督(50)を招へいしたことを併せて発表している。 ▽クロアチアは6日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループI第9節のフィンランド代表戦で終盤の被弾により1-1で引き分け、W杯出場権の得られる首位の座から陥落していた。 ▽ディナモ・ザグレブなど国内のクラブを多数率いてきた経歴を持つチャチッチ監督は、2015年9月にニコ・コバチ監督の解任を受けてクロアチア代表監督に就任。ユーロ2016出場に導き、本大会では優勝したポルトガル代表にベスト16で延長戦の末に敗戦していた。 ▽後任のダリッチ監督は現役時代にハイデュク・スプリトなどでプレーしていたMF。指揮官転向後はアル・ヒラル(サウジアラビア)やアル・アイン(UAE)といった中東のクラブを率いた経歴を持っている。 2017.10.07 23:42 Sat
twitterfacebook
thumb

クロアチアが首位陥落… 終盤被弾で痛恨ドロー《ロシアW杯欧州予選》

▽クロアチア代表は6日、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループI第9節でフィンランド代表をホームに迎え、1-1で引き分けた。 ▽2連勝すれば得失点差の関係から本戦行きが濃厚な首位クロアチア(勝ち点16)が、予選敗退が決まっている5位のフィランド(勝ち点7)をホームに迎えた一戦。そのクロアチアはカリニッチを負傷で欠く中、モドリッチやラキティッチ、マンジュキッチらが先発となった。 ▽立ち上がりから敵陣で試合を進めたクロアチアは9分、左クロスが流れてボックス右のヴルサリコがシュート。しかし枠の左に外れてしまう。これ以降もクロアチアがボールを持ったものの、自陣に引くフィンランドを崩せずに時間が経過。ゴールレスで前半を終えた。 ▽迎えた後半もボールを保持したクロアチアは54分にモドリッチがミドルシュートを放ってけん制すると、57分にカウンターからゴールをこじ開ける。クラマリッチのヒールパスを受けたピバリッチがボックス左からクロスを入れると、DFがカットしきれずルーズとなったボールをマンジュキッチがゴール前で押し込んだ。 ▽その後も主導権を渡さなかったクロアチアだったが、終盤に悲劇。90分、何でもないロングボールをクリアできず、ボックス右に走り込んだソイリにシュートを流し込まれてしまった。ワンチャンスを決められて引き分けに持ち込まれたクロアチアはアイスランドにかわされて首位から陥落し、最終節はウクライナ代表とのアウェイ戦に臨む。 2017.10.07 06:41 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース