超ワールドサッカー

モドリッチやラキティッチが招集、クロアチア代表メンバー発表《ロシアW杯欧州予選》2017.03.18 02:15 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽クロアチアサッカー協会は17日、24日にホームで行われるロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のウクライナ代表戦と、28日にアウェイで行われる国際親善試合のエストニア代表戦に臨むクロアチア代表メンバー23名を発表した。

▽今回の招集メンバーでは、MFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)やMFイバン・ラキティッチ(バルセロナ)、FWマリオ・マンジュキッチ(ユベントス)にMFイバン・ペリシッチ(インテル)といった主力が順当に選出され、ユベントスで出場機会を増やしているFWマルコ・ピアツァが復帰を果たしている。

▽クロアチア代表は欧州予選グループIに属し、3勝1分けの首位に立つ。今回発表されたクロアチア代表メンバー23名は以下のとおり。

◆クロアチア代表メンバー23名
GK
ダニエル・スバシッチ(モナコ/スペイン)
ロヴレ・カリニッチ(ヘント/ベルギー)
ドミニク・リヴァコビッチ(ディナモ・ザグレブ)

DF
ベドラン・チョルルカ(ロコモティフ・モスクワ/ロシア)
シメ・ヴルサリコ(アトレティコ・マドリー/スペイン)
ティン・イェドバイ(レバークーゼン/ドイツ)
ドマジョフ・ヴィダ(ディナモ・キエフ/ウクライナ)
マチェイ・ミトロビッチ(ベシクタシュ/トルコ)
マルコ・レスコビッチ(ディナモ・ザグレブ)
ヨシプ・ピバリッチ(ディナモ・ザグレブ)

MF
イバン・ラキティッチ(バルセロナ/スペイン)
ルカ・モドリッチ(レアル・マドリー/スペイン)
マテオ・コバチッチ(レアル・マドリー/スペイン)
マルセロ・ブロゾビッチ(インテル/イタリア)
イバン・ペリシッチ(インテル/イタリア)
マルコ・ログ(ナポリ/イタリア)
ミラン・バデリ(フィオレンティーナ/イタリア)
フィリップ・ブラダリッチ(リエカ)

FW
マリオ・マンジュキッチ(ユベントス/イタリア)
マルコ・ピアツァ(ユベントス/イタリア)
ニコラ・カリニッチ(フィオレンティーナ/イタリア)
アンドレイ・クラマリッチ(ホッフェンハイム/ドイツ)
ドゥイエ・チョップ(スポルティング・ヒホン/スペイン)

コメント

関連ニュース

thumb

ユベントスがピアツァの右ヒザ手術を発表! 半年でのトレーニング復帰を目指す…

▽ユベントスは31日、クロアチア代表FWマルコ・ピアツァが右ヒザ前十字じん帯と外側半月板の手術を行ったことを発表した。 ▽ピアツァは、28日に行われたエストニア代表vsクロアチア代表に出場した際に、後半途中にピッチに足を取られてヒザを負傷。自力歩行が不可能となった同選手は、担架でピッチを後にしていた。その後、MRI検査を受けた結果、右ヒザ前十字じん帯断裂と診断された。 ▽クラブの発表によると、ピアツァは31日にユベントスのクラブドクターであるクラウディオ・リゴ医師立ち合いのもと、ピエル・パローロ・マリアーニ医師が手術を行い無事成功したとのことだ。 ▽なお、ピアツァはすでにリハビリプログラムに取り組んでおり、半年後のトレーニング復帰を目指しているという。 ▽昨夏、ディナモ・ザグレブからユベントスに加入したピアツァは、今季ここまでの公式戦16試合に出場し、1ゴールを記録していた。 2017.04.01 00:55 Sat
twitterfacebook
thumb

ユベントスに痛手、ピアツァがヒザ前十字じん帯断裂で今季絶望…

▽ユベントスは29日、クロアチア代表FWマルコ・ピアツァがヒザ前十字じん帯断裂の重傷を負ったことを発表した。 ▽ピアツァは、28日に行われたエストニア代表vsクロアチア代表に出場した際に、後半途中にピッチに足を取られてヒザを負傷。自力歩行が不可能となった同選手は、担架でピッチを後にしていた。その後、MRI検査を受けた結果、ヒザ前十字じん帯断裂と診断された。 ▽通常、同箇所のケガでは復帰に6カ月程度が必要となるため、ピアツァの今シーズン中の復帰は絶望的となった。 ▽昨夏、ディナモ・ザグレブからユベントスに加入したピアツァは、今季ここまでの公式戦16試合に出場し、1ゴールを記録していた。 2017.03.29 22:21 Wed
twitterfacebook
thumb

クロアチアがカリニッチ弾でウクライナとの頂上対決を制して首位キープ《ロシアW杯欧州予選》

▽ロシア・ワールドカップ欧州予選グループI第5節クロアチア代表vsウクライナ代表が24日に行われ、1-0でクロアチアが勝利した。 ▽首位クロアチア(勝ち点10)と、2位ウクライナ(勝ち点8)による頂上決戦。[4-2-3-1]を採用したクロアチアは1トップにカリニッチ、2列目に右からブロゾビッチ、ラキティッチ、マンジュキッチ、ボランチにモドリッチとバデリを起用した。 ▽ヤルモレンコとコノプリャンカを両サイドに起用してきたウクライナに対し、徐々にポゼッションを高めて主導権を握ったクロアチアは15分、敵陣でボールを奪ったマンジュキッチがペナルティアーク中央まで持ち上がってシュート。しかし、右ポストに直撃し先制とはならなかった。 ▽さらに16分、右サイドからのラキティッチのアーリークロスにカリニッチがヘディングで合わせるも枠を捉えきれない。その後もハイプレスをかけてウクライナを圧倒すると、38分に先制する。モドリッチのパスをラキティッチがスルー。これをボックス中央で受けたカリニッチDFを背負いつつ、鋭い反転から豪快なシュートを叩き込んだ。 ▽迎えた後半もクロアチアが押し気味に試合を進めると、60分にマンジュキッチがヘディングシュートでGKを強襲。その後は自陣に引いてウクライナの攻撃を受け止め、時間を消化していった。 ▽結局、ウクライナに反撃の隙を与えずに1-0で試合を締めたクロアチアが勝利。頂上決戦を制し、首位キープに成功している。グループIその他の試合ではアイスランドがコソボに2-1で勝利して2位に浮上。フィンランドに勝利したトルコがウクライナと勝ち点で並んでいる。 2017.03.25 07:14 Sat
twitterfacebook
thumb

マドリー加入後200試合出場達成のMFモドリッチ「さらに200試合出場して多くのタイトルを勝ち取りたい」

▽クロアチア代表MFルカ・モドリッチが12日に行われたリーガエスパニョーラ第27節のベティス戦で、加入後200試合出場を達成した。レアル・マドリーが同日、クラブの公式サイトで紹介している。 ▽2012年8月にトッテナムからレアル・マドリーに加入したモドリッチは、加入1年目から公式戦53試合に出場し、4ゴール9アシストを記録し、主力へと定着。その後、2013-14シーズンと2015-16シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)や2014年と2016年のクラブワールドカップなど8つのタイトルを獲得。リーガエスパニョーラに131試合、CLに46試合、コパ・デル・レイに16試合、スーペル・コパに3試合、クラブワールドカップに2試合、UEFAスーパーカップに2試合出場し、200試合出場を達成した。 ▽今シーズンここまで公式戦27試合に出場し、1得点4アシストを記録しているモドリッチは、200試合出場に喜びをあらわにし、さらなる活躍を誓っている。 「これは僕にとって大きな意味がある」 「このようなビッククラブの一員でいれることをとても嬉しく思うし、誇りに思うよ」 「これからさらにもう200試合出場して、多くのタイトルを勝ち取り、レアル・マドリーのファンたちに多くの喜びを与えていきたい」 「毎日、偉大なプレーヤーに囲まれてプレーすることで成長できているし、人としても大きく成長できたと思っているよ。レアル・マドリーのために僕の全てを捧げていきたい」 2017.03.14 17:23 Tue
twitterfacebook
thumb

ブロゾビッチの2発でクロアチアがアイスランドとの無敗対決を制す!《ロシアW杯欧州予選》

▽12日にロシア・ワールドカップ欧州予選グループI第4節のクロアチア代表vsアイスランド代表が行われ、2-0でクロアチアが勝利した。 ▽グループIの首位に立つクロアチア(勝ち点7)が同勝ち点で並ぶ2位アイスランドをホームに迎えた一戦。先月敵地で行われたフィンランド代表戦を1-0で勝利したクロアチアは、その試合からスタメンを2人変更。クラマリッチとミトロビッチに代えて負傷明けのラキティッチとチョルルカをスタメンで起用した。 ▽一方、前節トルコ代表に2-0と勝利したアイスランドは、その試合からスタメンを2選手変更。フィンボガソンとスクラソンに代えてグンナルソンとマグヌソンを起用した。 ▽UEFAの処分により無観客で始まった試合は、立ち上がりから一進一退の攻防で進む。アイスランドは12分、後方からのロングパスに反応したボドバルソンがボックス右から侵入。そのままシュートまで持ち込んだが、これは右サイドネットを揺すった。 ▽対するクロアチアは15分、バイタルエリア右でボールを受けたブロゾビッチがラキティッチとのワンツーでカットインすると、ペナルティアーク手前から放ったミドルシュートがゴール左隅に突き刺さり、先制に成功した。 ▽その後は一進一退の攻防が続いたが、共に少ないシュートチャンスを決めきることができず、前半はホームチームの1点リードで終了した。 ▽クロアチアは後半の頭からコバチッチを下げてモドリッチを投入する。しかし、試合は膠着した展開のまま時間が経過する。クロアチアは68分、中盤でバデリからパスを受けたモドリッチがボック手前からシュート。さらに71分にも、マンジュキッチの右クロスを中央のペリシッチが頭で合わせたが、共にGKハルドルソンの好セーブに阻まれた。 ▽1点を追いかけるアイスランドは75分に2枚替えを敢行。テオドル・ビャルナソンとボドバルソンを下げてトラウスタソンとキアルタンソンを投入した。一方のクロアチアは、85分にラキティッチを下げてクラマリッチをピッチに送りだした。 ▽すると後半アディショナルタイム1分、センターライン付近でボールを受けたブロゾビッチがドリブルで持ち上がると、ボックス手前から放ったがシュートがゴール右隅に決まった。 ▽リードを広げたクロアチアは、試合終盤にペリシッチが危険なタックルでレッドカードを提示されたが、試合はそのまま2-0で終了。予選無敗対決を制したクロアチアが、グループIの首位を堅守。一方、敗れたアイスランドは予選初の黒星となった。 2016.11.13 03:56 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース