超ワールドサッカー

京都産業大FW和田健太郎が特別指定選手としてジュニアユース、ユースと過ごしたG大阪に加入2017.03.17 15:54 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本サッカー協会(JFA)は17日、京都産業大学体育会サッカー部のFW和田健太郎(21)を、3月14日付けで2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。受け入れ先はガンバ大阪となる。

▽和田は京都府出身で、G大阪のジュニアユース、ユースと昇格。トップチームには昇格できなかったものの、京都産業大学に進み古巣の特別指定選手となった。

▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。

コメント

関連ニュース

thumb

長沢のリーグ10戦ぶりの2発に倉田が圧巻ボレー! 鳥栖に完勝のG大阪が6戦無敗で首位浮上!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第12節、ガンバ大阪vsサガン鳥栖が20日に市立吹田サッカースタジアムで行われ、ホームのG大阪が3-0で勝利した。 ▽前節終了時点で首位浦和レッズと同勝ち点(22)で2位に位置するG大阪と、11位鳥栖が激突した一戦。前節、北海道コンサドーレ札幌に敵地で快勝したG大阪は、今節先に試合を行った浦和が引き分けたため、首位浮上のチャンスを得た。連勝を目指すこの試合に向けては、札幌戦と全く同じメンバーを起用。また、負傷明けの呉屋がベンチに入った。一方、エースFW豊田、谷口ら主力に負傷者が出ている鳥栖は、1-1のドローに終わった清水エスパルス戦から2選手を変更。青木、イバルボに代わって、小野とリーグ戦初スタメンとなるフランコ・スブットーニが先発に入った。 ▽立ち上がりからホームのG大阪ペースが続くも、最初の決定機は鳥栖に訪れる。8分、原川のFKをゴール前のスブットーニが頭で合わすが、これは枠を捉え切れない。 ▽一方、サイドを起点に攻勢を見せるG大阪は、11分に左サイドから倉田が入れたクロスをゴール前に飛び込んだ長沢が頭で合わせるが、これはわずかに枠の左に外れる。その後も中盤の構成力の差を生かして押し気味に試合を進めるG大阪だが、28分に小野のクロスから趙東建にゴール前で際どいヘディングシュートを許すなど、流れを掴み切れない。 ▽それでも、地力で勝るホームチームは、30分過ぎに畳みかける攻撃でゴールをこじ開ける。33分、相手陣内中央で強引な突破を見せた倉田が右サイドに攻め上がっていたセンターバックの三浦にパスを繋ぐ。そして、三浦の丁寧なクロスをゴール前でフリーの長沢が難なく頭で流し込んだ。続く37分には右サイド深くでオ・ジェソクがマイナスに折り返すと、ボックス中央で待ち構えていた倉田が難しいバウンドを見事な右足ボレーでゴール左隅に突き刺した。 ▽2点ビハインドに加え、前半に小野の負傷でイバルボの投入を強いられるなど、厳しい展開が続く鳥栖は、後半も押し込まれる入りとなる。それでも、積極的に攻め上がる左サイドの吉田を起点に反撃を試みる。58分にはボックス付近での細かいパス交換から中央で仕掛けた鎌田が強烈なシュートを放つが、これはGK東口のファインセーブに阻まれた。 ▽後半も危なげなく試合をコントロールするG大阪は、59分に赤崎を下げてアデミウソンを投入。以降は相手との接触で倉田が足を気にする場面なども見受けられ、後半はなかなか決定機を作れない。71分にはアデミウソンのクロスのこぼれ球をペナルティアーク付近に走り込んだ井手口がシュートするが、これはわずかにクロスバーの上を越えた。 ▽試合終盤にかけて水野、池田と攻撃的なカードを切った鳥栖に対して、泉澤を投入して逃げ切りを図るG大阪は、試合終了間際の後半アディショナルタイム3分に右サイドで井手口が上げたクロスをファーサイドの長沢が頭で流し込み、試合を決定付ける3点目を奪取。その後、殊勲の長沢を下げて負傷明けの呉屋が今季初出場を飾ったG大阪がホームで3-0の完勝。長沢のリーグ戦10試合ぶりとなるゴールなどで、鳥栖を一蹴したG大阪が、6戦無敗で首位に浮上した。 2017.05.20 21:10 Sat
twitterfacebook
thumb

G大阪、8月13日開催の磐田戦で「太陽の塔」とコラボ…選手は記念ユニフォーム着用

▽ガンバ大阪は18日、8月13日に市立吹田サッカースタジアムで18時半にキックオフする明治安田生命J1リーグ第22節のジュビロ磐田戦にて、「太陽の塔」とのコラボを中心とした試合連動イベント『GAMBA EXPO』を開催することを発表した。 ▽同イベントは、大阪府日本万国博覧会記念公園事務所、公益財団法人岡本太郎記念現代復興財団の協力により実現。岡本太郎の傑作である「太陽の塔」とのコラボによるシナジーを発揮し、多くの人にスポーツが持つ力を知ってもらい、感動や夢をもたらすことを目的に開催される。 ▽当日、G大阪の選手たちは「太陽の塔」がプリントされた記念ユニフォームを着用。ビジター席を除く観戦者全員に、選手着用デザインをベースとした『GAMBA EXPO』限定の記念ユニフォームシャツが配布される他、1970年日本万国博覧会入場券を模した記念チケットの販売や、事前プロモーション企画も実施予定となっている。 2017.05.18 18:15 Thu
twitterfacebook
thumb

DF初瀬亮が寄せるMF市丸瑞希への信頼感 「言わなくてもわかる関係」

▽今月20日開幕のFIFA U-20ワールドカップ韓国2017に臨むU-20日本代表は15日、静岡県のエコパスタジアムで行われた国際親善試合でU-20ホンジュラス代表と対戦し、3-2で勝利した。 ▽試合後、DF初瀬亮(ガンバ大阪)がメディア陣のインタビューに応対。後半からピッチに入った際に自身との好連携でリズムをもたらしたMF市丸瑞希(ガンバ大阪)について、「言わなくてもわかる関係」と全幅の信頼を寄せた。 <span style="font-weight:700;">◆DF初瀬亮</span>(ガンバ大阪)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170515_10_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> <span style="font-weight:700;">──MF市丸瑞希が後半から入ってリズムが出た</span> 「そうですね。ワンタッチでボールを繋ぐのは中学のときからやっていることですし、言わなくてもわかる関係。だいちゃん(MF坂井大将)ともコンビネーションがありましたけど、また違うコンビネーションが出せたのは良かったです」 <span style="font-weight:700;">──前半の戦い方</span> 「アグレッシブに行こうと思っていました。その中で、先制点が取れたので、もっと戦い方や考え方がしっかりしていればチームとして良かったですけど、ああやってカウンターでやられちゃったていうのは本大会で通用しない。自分は右でも左でもチャンスを作れましたし、両方でプレーできたのは本大会に繋がると思っています」 <span style="font-weight:700;">──両サイドでのプレー意識の違い</span> 「あまり変わることはないです。左に入ったことで、渓太(MF遠藤渓太)とのコンビネーションがありましたし、タケ(FW久保建英)が入って、バイタルエリアが空いたときにアイツが生きていると思う」 「タケが出てきて、違うリズムが生み出せたということはこのチームの味。タケとは2回しかプレーしていないですけど、15歳ですけど、ポテンシャルを持っています」 「アイツをどう生かしていくかが僕らの大事なところ。アイツが思うようにできれば、良いスルーパスも出せますし、良いコンビネーションもできますし、今日は選手交代が良かったと思います」 2017.05.16 12:30 Tue
twitterfacebook
thumb

若きレジスタMF市丸瑞希、MF堂安律とDF初瀬亮とは「感覚でできる」…G大阪同僚に寄せる信頼と自信《U-20W杯》

▽今月20日開幕のFIFA U-20ワールドカップ韓国2017に臨むU-20日本代表は15日、静岡県のエコパスタジアムで行われた国際親善試合でU-20ホンジュラス代表と対戦し、3-2で勝利した。 ▽後半からピッチに入った際にリズムをもたらしたMF市丸瑞希(ガンバ大阪)が試合後、メディア陣のインタビューに応対。右サイドで好連携を見せた同僚のMF堂安律、DF初瀬亮との関係性に深い信頼と自信をのぞかせた。 <span style="font-weight:700;">◆MF市丸瑞希</span>(ガンバ大阪)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170515_9_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> <span style="font-weight:700;">──後半から出場</span> 「前半は相手も(中央を)締めていたし、縦のコースもあまりなかった。自分が出たらサイドに振りながら縦パスを入れるときは、ワンタッチか、ダイレクトを意識していました」 <span style="font-weight:700;">──手応え</span> 「相手もバテていたのかなと。メンバーもどんどん変えていっていましたし。でも、うまくいったのかなと思っています」 <span style="font-weight:700;">──ホンジュラスは初戦の南アフリカを想定した相手</span> 「そうですね。FWに速い選手がいて、そういう相手にカウンターから1点を奪われているので、そういう相手にどうだったかというのは収穫になりました」 <span style="font-weight:700;">──南アフリカを想定した相手の身体能力を体感してみて</span> 「多分、(南アフリカは)もっと球際も強いだろうし、今日の相手よりも、もう一段階、二段階ぐらい上だと思っている。(ホンジュラスと対戦して)イメージすることはできました」 <span style="font-weight:700;">──南アフリカの印象</span> 「ちょっと映像は見させてもらいました。スピードも、もっと迫力があったかなと」 <span style="font-weight:700;">──クラブでも同僚である右サイド(MF堂安律、DF初瀬亮)との関係</span> 「律と亮はだいたい見ていなくても、いるところはわかる。感覚でできる選手が同サイドにいるのはやりやすいですけど、他の選手ともそういう関係を築けていけたら、もっと良い試合ができると思います」 <span style="font-weight:700;">──チームの雰囲気</span> 「雰囲気に関してはリラックスしている。まあ、初瀬を中心に…(笑) 盛り上がっているので、チーム的には良い雰囲気で本大会に臨めるかなと」 <span style="font-weight:700;">──南アフリカとの初戦</span> 「アジアのときもそうでしたけど、初戦ということで固くなりがち。慎重に慎重にっていうのが予想されるけど、失うものはないし、自分たちの良さをアグレッシブに出していきたい。もちろん、守備に回る時間もあると思いますけど、慌てることなく、自分たちの良さを出していきたいです」 <span style="font-weight:700;">──FW久保建英という選手</span> 「彼は、フリーになる動きがうまい。だいたいフリーでバイタルエリア付近にいるので、(ボールを)つけやすいですね」 <span style="font-weight:700;">──いよいよ本大会。チームとしての収穫や自信</span> 「大きい相手からセットプレーで点を取れたことは1つの収穫。もちろん、流れの中で点を取ることも大事だけど、こういう大会だとセットプレーがより大事になってくる。どっちでも点を取れるようにしていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──チームのプレーテンポ</span> 「試合をやりながらだけど、前半を見ている限り、『もうちょっと背後を狙っていっても良いかな』と。やっている人にしかわからない感覚はあるだろうし、自分が入ったら背後を狙ったパスと縦パスを心がけようと思っていました」 2017.05.16 12:00 Tue
twitterfacebook
thumb

MF堂安律、改善された後半について「ミスしても良いから思い切ってやろうと思った」《U-20W杯》

▽今月20日開幕のFIFA U-20ワールドカップ韓国2017に臨むU-20日本代表は15日、静岡県のエコパスタジアムで行われた国際親善試合でU-20ホンジュラス代表と対戦し、3-2で勝利した。 ▽試合後、MF堂安律(ガンバ大阪)がメディア陣のインタビューに応対し、ホンジュラス戦を振り返った。ミスを恐れずプレーしたことが後半の内容の改善につながったと分析。また、世界相手では小さなミスが失点につながると、世界大会に向けて危機感を抱いた。 <span style=“font-weight:700;">◆MF堂安律</span>(ガンバ大阪)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170515_3_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> <span style="font-weight:700;">──ホンジュラス戦を振り返って</span> 「前半は悪かったですし、立ち上がり自体は押し込めたし、セットプレーから得点を奪えたので良かったです。ただ、個人的にもちょっと詰まってるような感じだったかなと。後半はミスしても良いから思い切ってやろうと思った結果がチーム的に良くなったかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──どういうテーマで挑んだか</span> 「ここまで調子自体は良かったと思うので、感覚というのもボールを持ちすぎずに球離れを早くして良いところで自分が顔を出せればと思っていました。前半は、なかなかバイタルエリアのところでボールをあまりもらえず苦しみましたけど、後半は(市丸)瑞希くんが入ったのもあって自分が前向くシーンが増えたかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──4人のユニットで崩す意図があったと思うが</span> 「前半は縦パスが入らなかったので、後半は自分が良い形で(三好)康児くんと攻撃のところで前を向けました。(岩崎)悠人くんと(小川)航基くん、田川(亨介)くんの動きだしを使って自分がドリブルで突破したシーンもあったし、康児くんの出したパスでFWが動きだして、そのスペースを康児くんが走り込むというシーンもあったので、そこはチームの練習やイメージ通りだったと思います」 <span style="font-weight:700;">──前半は縦パスが入らなかったことに加えて動きが滞っていたか</span> 「そうですね。型にはまりすぎていた部分もあったと思うし、相手も前から来ていた中でなんとかロングボールを使いながら(岩崎)悠人くんを起点にしようと思ったボールもなかなか良いところに置けませんでした。何をしてもうまくいかなかったのが前半だったので、後半は少し自由にというか自分がボールを持ったらまず仕掛けることを意識しましたし、ミスを恐れずにできたのが後半だったのかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──潰そうと思って潰しきれなくてそのまま失点してしまったが</span> 「あれは自分のミスというか球際のところが少し弱かったです。あれは世界で戦う上で大事なところで、さっき映像で観ましたけど、あそこは前にクリアしても良かったですし、ああいうミスが失点につながると感じたので、やり直したいと思います」 2017.05.16 00:46 Tue
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース