京都産業大FW和田健太郎が特別指定選手としてジュニアユース、ユースと過ごしたG大阪に加入2017.03.17 15:54 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本サッカー協会(JFA)は17日、京都産業大学体育会サッカー部のFW和田健太郎(21)を、3月14日付けで2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。受け入れ先はガンバ大阪となる。

▽和田は京都府出身で、G大阪のジュニアユース、ユースと昇格。トップチームには昇格できなかったものの、京都産業大学に進み古巣の特別指定選手となった。

▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。

コメント

関連ニュース

thumb

小川移籍後初弾! G大阪撃破の新潟、17戦ぶり白星で今節降格回避《J1》

▽市立吹田サッカースタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第29節のガンバ大阪vsアルビレックス新潟は、アウェイの新潟が1-0で勝利した。 ▽長谷川監督の退任発表後、公式戦7試合勝ちなしで苦しむ9位のG大阪(勝ち点40)がクラブワーストの16戦未勝利で最下位の新潟(同12)をホームで迎え撃った。G大阪は代表帰りの倉田が出場停止で欠場。そのほか、井手口、東口、ファン・ウィジョ、オ・ジェソクの日韓代表組が先発に名を連ねた。一方、勝たなければ他会場の結果次第で今節降格の新潟は、先の代表戦で韓国代表デビューのソン・ジュフンがスタメン入りを果たしている。 ▽試合は立ち上がりから新潟が積極的にG大阪ゴールマウスに迫る展開となる。決定機を創出していく中、17分には右サイドを突破した山崎の低い折り返しからファーサイドでフリーの小川に絶好機。小川がボールを押し込みにかかるが、ここは好判断の鋭い寄せを見せるGK東口のビッグセーブに阻まれてしまう。 ▽立ち上がりから新潟のアグレッシブな攻撃に追われるなど不安定さが拭えないG大阪は、ボールこそ繋ぐものの、勝負どころを見いだせずに停滞。遠藤が的確な散らしで局面の打開を図ろうとするが、前線で動きをつけるファン・ウィジョと長沢の2トップにボールが収まらず、シュートチャンスを作りだせない。 ▽ゴールレスで迎えた後半も前半と同様に速攻を前面に押し出した新潟のペースに。開始5分には、ボックス中央に差し掛かったところのスペースで味方の縦パスを受けたホニがプレスバックの藤春を背にシュートを放つ。だが、これも古巣対戦となるGK東口の鋭い飛び出しに阻まれて、先制機を逸する。 ▽流れが悪いG大阪は54分、長沢に代えて中原をピッチに送り込み、遠藤を一列前に上げた[4-2-3-1]に変更。65分には井出に代えて米倉を投入するが、先制したのは新潟だった。67分、右サイドを縦に仕掛けたホニのクロスがDFに当たってこぼれたところを中央の小川が冷静に流し込み、新潟が均衡を破った。 ▽攻め手を見いだしにかかった矢先にリードを許したG大阪は、続く72分にオ・ジェソクが右足太ももを痛めて赤崎との負傷交代を余儀なくされる負の連鎖。結局、最後まで策なしのG大阪の反撃をシャットアウトした新潟が17試合ぶりの白星を手にし、今節の降格を免れた。 2017.10.14 15:57 Sat
twitterfacebook
thumb

G大阪、東福岡高校MF福田湧矢の来季加入内定を発表 「ビッグクラブでプレーできることを嬉しく思う」

▽ガンバ大阪は11日、東福岡高校に在学するMF福田湧矢(18)の来シーズン加入内定を発表した。 ▽福岡県北九州市出身の福田は、身長176cm、体重70kgの右利き。動きながらの正確なプレーと、スピードに乗った仕掛けから多彩なアイデアでパスを配ることを強みとするプレーヤーだ。 ▽G大阪でプロキャリアをスタートさせることになった福田は、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「来季からガンバ大阪に加入することが決まりました。東福岡高等学校の福田湧矢です。ガンバ大阪と言うビッグクラブでプレーできることを嬉しく思います。1日でも早くピッチに立ち、ガンバ大阪のタイトル獲得に大きく貢献できるように日々努力していきます。応援宜しくお願いします」 2017.10.11 16:05 Wed
twitterfacebook
thumb

G大阪本拠地、来季から「パナソニック・スタジアム吹田」に! 総額10億8000万円の5年契約

▽大阪府吹田市は11日、ガンバ大阪の本拠地である市立吹田サッカースタジアムの名称変更を発表した。 ▽公募されていたネーミングライツの選考結果、パナソニック株式会社が優先交渉権を落札。名称は「Panasonic Stadium Suita(パナソニック・スタジアム吹田)」に変更される。 ▽なお、契約期間は、2018年1月1日〜2022年12月31日までの5年間。ネーミングライツ使用料は総額10億8000万円に及び、年額2億1600万円が支払われるという。 ▽市立吹田サッカースタジアムは、2016年からG大阪の本拠地として稼働している。 2017.10.11 15:45 Wed
twitterfacebook
thumb

G大阪MF市丸瑞希が左ハムストリング肉離れ…全治は約6週間の見込み

▽ガンバ大阪は11日、MF市丸瑞希が左ハムストリング肉離れと診断されたことを発表した。全治は約6週間の見込み。 ▽市丸は、4日に行われたYBCルヴァンカップ準決勝第1戦のセレッソ大阪戦(2-2の引き分け)で負傷した模様だ。 ▽G大阪の下部組織出身の市丸は、2016シーズンにトップチームへの昇格を果たした。今シーズンは、6月21日に行われた天皇杯2回戦のヴェルスパ大分戦(3-0で勝利)でトップチームデビューを果たし、8月13日に行われた明治安田生命J1リーグ第22節のジュビロ磐田戦(0-2で敗北)でJ1初先発初出場を果たした。ここまでは、J1リーグに1試合、ルヴァンカップに2試合に出場している。 2017.10.11 12:19 Wed
twitterfacebook
thumb

MF倉田秋、気の緩みなし「2試合だけで終わったら次ない」《キリンチャレンジカップ2017》

▽日本代表は10日、日産スタジアムでキリンチャレンジカップ2017のハイチ代表戦に臨み、3-3のドローに終わった。 ▽試合後、MF倉田秋(ガンバ大阪)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。「2試合だけで終わったら次ない」と2試合連続ゴールという結果に浮かれることなく、さらなるレベルアップを誓った。 <span style="font-weight:700;">◆MF倉田秋</span>(ガンバ大阪) <span style="font-weight:700;">──ゴールシーンを振り返って</span> 「(長友)佑都くんから良いボールが来たので、ファーに流せば何とかなるかと思った。入って良かった。けど、1点目、2点目を取ったあと、チャンスもあったし、そこで3点目、4点目を取り切れなかったからこういう試合になったと思う」 <span style="font-weight:700;">──監督から試合後、言われたことは</span> 「『良くなかった』ということは言われた。こういう相手に圧勝しないといけないことは、全員がわかっていると思う」 <span style="font-weight:700;">──個人としては2試合で2ゴール。アピールできたのでは</span> 「選手というよりチームで勝つことが大事。スタメンで今日の試合に出て、それができなかったので、アピールできたとは思っていない。もっと言われたことをしっかりやらないといけないし、もっと自分のプレーも出さないといけない」 <span style="font-weight:700;">──良い形でゴールが獲り続けているが</span> 「点を獲ることは、自分の中で良いリズムでプレーできている証拠。でも、この2試合だけで終わってしまったら次がない。このキャンプでまだまだ全部レベルアップしないといけないと痛感したので、まだJリーグも残っているし、またチームに帰ってから上を見てトレーニングしていきたい」 2017.10.11 02:27 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース