【2017 J1チーム診断】大久保など各ポジションに日本代表経験者を補強! 目指すは初のJ制覇《FC東京》2017.02.21 20:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽25日、2017シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。今シーズンは優勝賞金や分配金などクラブへ直接的に影響する部分で大幅な見直しが行われたことで、高みを目指した戦いにこれまで以上の激化が必至だ。

▽開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全18クラブを診断。今シーズンの展望や注目選手をピックアップした。今回は積極補強で初のJリーグ制覇に挑むFC東京編をお届けする。

◆大型補強で優勝争いできる陣容に
▽“多摩川クラシコ”のライバルでもある川崎フロンターレから獲得したFW大久保嘉人を筆頭に、中盤にFCソウルからMF高萩洋次郎、バックラインにフィテッセからDF太田宏介、守護神にサガン鳥栖からGK林彰洋を獲得。各ポジションに日本代表経験者を揃えた。リーグ制覇も夢ではない陣容を揃えただけに、篠田善之監督のマネジメント力が結果を左右することになるだろう。

◆2017年の注目ポイント
▽上記の補強以外にも名古屋グランパスからFW永井謙佑を獲得。また、今季も主力としての活躍が期待されるMF中島翔哉、MF東慶悟、さらに控えに10番を背負うMF梶山陽平、FW阿部拓馬など攻撃陣は多くの駒を揃えている。篠田監督が求めるポゼッションサッカーが浸透できれば、非常に面白い攻撃ユニットを形成できるだろう。

▽一方で、問題はバックライン。昨シーズンは固定できなかった左サイドバックに太田が復帰したことはポジティブな要素であり、DF徳永悠平、DF室屋成、DF小川諒也、DF橋本拳人とサイドバックの駒は揃った。それだけに、DF森重真人、DF丸山祐市に頼らざるを得ないセンターバックはケガや出場停止などをどのように乗り越えるかに注目だ。ただ、篠田監督は守備のスタイルとしてハードプレッシングを掲げているため、チームとして連動してボールを奪うディフェンスが機能できれば大崩れはないだろう。

◆予想フォーメーション[4-2-3-1]
(C)CWS Brains,LTD.
GK:林彰洋
DF:室屋成、森重真人、丸山祐市、太田宏介
MF:高萩洋次郎、田邉草民
MF:永井謙佑、東慶悟、中島翔哉
FW:大久保嘉人
▽今季は[4-2-3-1]のフォーメーションを採用。1トップには、点取り屋のFW大久保嘉人が起用され、快速FWの永井謙佑、コンダクターのMF東慶悟、テクニックに秀でたアタッカーのMF中島翔哉が2列目でフォローする。新加入のMF高萩洋次郎はボランチ起用が濃厚で、相方として昨季同様にMF田邉草民がこのポジションを務める。バックラインでは固定できなかった左サイドバックにDF太田宏介が入り、GK秋元陽太が抜けたゴールマウスはGK林彰洋が守る。

◆期待の新戦力
(C)CWS Brains,LTD.
FW大久保嘉人(日本)
1982年6月9日(34歳)
2016シーズン(J1):33試合15得点
▽昨シーズンこそ得点ランキング4位タイに終わるも15得点をマーク。2013年、2014年、2015年には3シーズン連続で得点王に輝くなどゴールへの嗅覚は衰えを知らない。昨季のFC東京は総得点39点で10位タイと、得点力不足が上位進出を逃した要因だと言える。それだけに大久保にかかる期待は大きい。また、練習初日には「激しさが足りない」とダメ出しをするなど、ピッチ外でも早速チームへの影響力を示している。

◆キープレーヤー
(C)CWS Brains,LTD.
DF森重真人(日本)
1987年5月21日(29歳)
2016シーズン(J1):32試合4得点
▽日本代表でも主力として活躍するなど、キャリアの絶頂期を過ごす。クラブレベルでは、加入した2010年以降でタイトルは2011シーズンのJ2優勝のみ。それだけに大型補強に乗り出した今季は、J1でのタイトル獲得に燃えているだろう。昨季までは、守備だけでなく攻撃面での貢献も目立ったが、強力な前線が揃っただけに、本職でのさらなる活躍に期待がかかる。

コメント

関連ニュース

thumb

浦和のACLラウンド16進出決定によりJ1第13節の川崎Fvs浦和は7月5日に開催《J1》

▽Jリーグは26日、明治安田生命J1リーグ第13節の川崎フロンターレvs浦和レッズの試合開催日決定を発表した。試合は7月5日(水)に行われる。 ▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場している両チームのカードは、会場やキックオフ時間は発表されていたものの開催日が未定の状態だった。しかし、26日に浦和がACLのグループステージ突破が決定。これにより、開催日が決定した。 ▽試合は7月5日(水)の19時から、等々力陸上競技場で行われる。 2017.04.27 09:57 Thu
twitterfacebook
thumb

柏DF今井智基に第一子となる男の子が誕生「最高にすばらしい出来事のひとつ」

▽柏レイソルは26日、DF今井智基に第一子となる男の子が誕生したことを発表した。 ▽クラブの発表によると、今井の長男は25日に誕生していたとのことだ。今井はクラブを通じてコメントしている。 「自分の人生の中で、最高にすばらしい出来事のひとつになりました。家族や子どものためにも、より一層頑張らなければという思いです。ピッチで戦っている姿を見せられるようにこれからも頑張っていきます」 2017.04.26 17:30 Wed
twitterfacebook
thumb

清水GK西部洋平が左ハムストリングス肉離れで全治3カ月

▽清水エスパルスは24日、GK西部洋平が左ハムストリングス肉離れで全治3カ月と診断されたことを発表した。 ▽クラブの報告によれば、西部は23日に行われたトレーニング中に負傷。静岡市内の病院にて検査を受けた。 ▽西部は昨年に川崎フロンターレから清水に復帰。今シーズンはここまで出場機会がない。 2017.04.25 14:20 Tue
twitterfacebook
thumb

DAZN週間ベストプレイヤーが発表! 第8節はFC東京、磐田、G大阪から最多2名が選出

▽DAZNは24日、明治安田生命J1リーグ第8節の全試合からDAZN週間ベストプレイヤー11名を発表した。 ▽今回は、FC東京、ジュビロ磐田、ガンバ大阪から最多2名ずつがノミネート。今回発表されたDAZN週間ベストプレイヤーは以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">GK</span> 林彰洋(FC東京) <span style="font-weight:700;">DF</span> 三浦弦太(ガンバ大阪) 畑尾大翔(ヴァンフォレー甲府) 森下俊(ジュビロ磐田) 太田宏介(FC東京) <span style="font-weight:700;">MF</span> 中村俊輔(ジュビロ磐田) 三田啓貴(ベガルタ仙台) 中村憲剛(川崎フロンターレ) 柏好文(サンフレッチェ広島) <span style="font-weight:700;">FW</span> 堂安律(ガンバ大阪) ラファエル・シルバ(浦和レッズ) 2017.04.25 08:15 Tue
twitterfacebook
thumb

Jリーグ、楽天との提携発表…3本柱完成のラストピースとして期待《JリーグオフィシャルECプラットフォームパートナー》

▽Jリーグは24日、楽天株式会社と「JリーグオフィシャルECプラットフォームパートナー」契約を締結することで合意に達したことを発表した。これを受けて、同日にJFAハウスで共同記者会見を実施。Jリーグチェアマンを務める村井満氏と、楽天株式会社で代表取締役会長兼社長を務める三木谷浩史氏が出席した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170424_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽本契約締結により、Jリーグ運営の『Jリーグオンラインストア』は7月中旬をめどにリニューアル。その後、楽天が商品ページの制作、商品の発送、カスタマーサポートまで承る。リニューアル後はJリーグ全クラブ別のオンラインストアページが登場予定。各クラブのECサイト運営における負担軽減と、ファン・サポーターにグッズがより簡単に届く環境提供を図る。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170424_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽会見に出席した村井氏は「ECで日本最大級の楽天とタイアップできた。リーグのサポート構造の中には、3本の柱がある。1つは明治安田生命とのリーグパートナー、もう1つはDAZNとの放映権。そして、第3の柱が物販。(楽天との契約締結は)第3の新しい柱を完成させる最後のピース」と述べ、楽天の支援によるマーチャンダイジングの向上に期待を寄せた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170424_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽対する三木谷氏は「海外ではリーグがマーチャンダイジングを束ねるのが潮流。それが集客力と生み、魅力を生む。DAZNという新しいプラットフォームの活用に合わせて、我々もインターネットショッピングのプラットフォームを提供することで、ますますJリーグが発展し、盛り上がる」とマーチャンダイジングの部分でサポートを誓った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170424_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽また、質疑応答時には、Jリーグ側と楽天側がそれぞれ応対。契約締結理由を問われた村井氏は、「1つは顧客基盤が日本で圧倒的であること。そして、三木谷さん自身がスポーツを通じて、人が喜ぶライブ型のエンターテイメントを広くカバーし、非常に関心をお持ちの方」であることを挙げ、楽天を親会社とするヴィッセル神戸を特別視せず、全クラブと対等な関係を築いていく考えを明かした。 2017.04.24 20:00 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース