ポグバ兄弟対決はイブラのハットで弟に軍配《EL》2017.02.17 07:04 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドは16日、ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦1stレグでサンテチェンヌを本拠地オールド・トラフォードに迎え、3-0で快勝した。▽フェネルバフチェ、フェイエノールトらと同居したグループAを2位通過したユナイテッドは、国内リーグでは16戦無敗と好調。そのユナイテッドは直近のワトフォード戦のスタメンから2選手を変更。GKデ・ヘアとムヒタリャンに代えてGKロメロとフェライーニを起用した。そして、ポグバ兄弟の対決が実現した。

▽マインツやアンデルレヒトらと同居したグループCを首位通過し、国内リーグで5位に付けているサンテチェンヌに対し、ユナイテッドは3分にピンチ。バイリーのバックパスが短くなって相手にカットされたが、シュートには持ち込まれず助かった。

▽その後はボールを保持して主導権を握ったユナイテッドが15分に先制する。ボックス手前左で得たFKをイブラヒモビッチが直接狙うと、壁に当たってコロコロと転がっていったボールがGKの逆を突いてゴールラインを割った。

▽先制後も押し込むユナイテッドは25分に決定機。ポグバの浮き球パスをボックス中央のマタがボレーシュート。しかしGKの好守に阻止された。続く31分にマルシャルがドリブルシュートで決定機を演出すると、ハーフタイムにかけては何度かサンテチェンヌにシュートを許したものの、GKロメロが慌てるほどのシーンはなく、1-0で前半を終えた。

▽迎えた後半、フェライーニに代えてリンガードを投入したユナイテッドは、53分にチャンス。マルシャルがドリブルシュートでGKを強襲した。続く63分にはポグバの左足コントロールショットで追加点に迫ったユナイテッドは、69分にFKからポグバのヘディングシュートがバーを直撃。

▽73分に途中出場のルーにボックス右からチップキックシュートを打たれる大ピンチに見舞われたが枠を超えて助かると、75分にようやく突き放す。ボックス左からラッシュフォードが折り返したクロスをポグバ兄がクリアしきれずフリーのイブラヒモビッチが難なく蹴り込んだ。

▽79分に足をつったポグバ兄がピッチを去ったサンテチェンヌに対し、87分にイブラヒモビッチがボックス内で相手DFに倒されてPKを獲得。これをイブラヒモビッチ自ら決めてハットトリック達成。ユナイテッドが3-0で快勝し、来週敵地で行われる2ndレグに向けて大きなアドバンテージを得ている。

コメント

関連ニュース

thumb

ペッレグリーニ代理人、ユナイテッド移籍の噂を否定「彼はローマと共に成長することしか考えていない」

▽ローマに所属するイタリア代表MFロレンツォ・ペッレグリーニ(22)の代理人が、同選手の移籍の噂を否定している。『コッリエレ・デッロ・スポルト』が伝えた。 ▽ローマ下部組織出身のペッレグリーニは2014-15シーズンにトップチームデビューを果たすも、それ以上の出場機会は得られず2015年夏にサッスオーロへ移籍。在籍2年間でイタリア代表に選出されるまでの選手へと成長し、昨夏にローマに復帰すると昨シーズンは公式戦37試合に出場して3ゴール5アシストを記録した。今シーズンはここまで公式戦13試合に出場して2ゴール5アシストを記録している。 ▽そんなペッレグリーニ対して、以前から獲得への関心を示してきたマンチェスター・ユナイテッドが最近具体的な動きを見せたとし、クラブ幹部と同選手の代理人ジャコモ・ポチェッタ氏が17日にロンドンで会談を持ったとの報道が伝えられた。その際にユナイテッドはペッレグリーニの現行給与の倍額以上の支払いを提案したほか、契約解除金3000万ユーロ(約38億7000万円)の支払い準備も進めている模様だ。 ▽これに対してローマ側は、ペッレグリーニの条件面を大幅に改善した新契約締結に動き出しているようだが、今回同選手の代理人はユナイテッド移籍の可能性を否定。将来的な新契約締結も示唆している。 「ペッレグリーニや彼のチームメイトに関する給与の噂が広まってしまっていることを申し訳なく思う。ただ、彼は財政面を重要視していないし、交渉や給与のために生きてなどいない」 「彼はピッチで値するモノを得ている。彼は移籍市場についての噂について惑わされないし、動揺もしない」 「彼が考えていることは、ローマのために、そして共に成長していくということだけだ。これらのことは問題ではない。彼のような選手が好かれることはごく普通のこと。彼は幸せに感じているし、すでにローマを選んでいる」 「その時が来れば、我々とモンチの話し合いの場は設けられるはずだよ」 2018.11.21 16:15 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリー、来夏アルデルヴァイレルトをフリーで獲得か

▽レアル・マドリーが、トッテナムに所属するベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト(29)の獲得を検討しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えた。 ▽アルデルヴァイレルトとトットナムとの現行契約は今シーズン限りまで。クラブ側は1年間の契約延長オプションを持っているが、未だ契約延長には至ってはおらず、来夏での退団が有力視されている。 ▽今回伝えられるところによると、レアル・マドリーはアルデルヴァイレルトをフリーで獲得することを検討しているという。また、同選手に関しては、以前から関心を寄せているマンチェスター・ユナイテッドが引き続きセンターバックの獲得を目指していることから争奪戦になる可能性がありそうだ。 ▽アルデルヴァイレルトは、2015年にサウサンプトンからトッテナムに加入。加入以降主力として活躍し、プレミア屈指のセンターバックの1人に数えられるほどに成長した。昨シーズンこそケガの影響もありプレミアリーグでの出場は14試合と激減したが、今シーズンはリーグ戦11試合に出場し、安定したプレーを披露している。 2018.11.21 15:34 Wed
twitterfacebook
thumb

A・サンドロがプレミアへの憧れを公言!

▽ユベントスに所属するブラジル代表DFアレックス・サンドロ(27)が、プレミアリーグへの憧れを口にしている。スペイン『アス』が報じた。 ▽ユベントスとの契約を2020年6月まで残しているものの、延長交渉難航が伝えられているA・サンドロ。ユベントスが後釜探しに奔走しており、レアル・マドリーDFマルセロやバルセロナDFジョルディ・アルバ、ベンフィカDFアレハンドロ・グリマルドをリストアップしていることが、先日のイタリア『トゥットスポルト』で伝えられていた。 ▽そんな中、A・サンドロがプレミアリーグへの憧れを公言。ユベントスでの満足感を示しつつも、移籍報道を過熱させている。 「いつかプレミアリーグでプレーしたいと思っている」 「でも、今いる場所で僕はとても満足している。僕がいるクラブで。プレーしているリーグで。今現在の僕の唯一の考えは、幸せだと感じられるここで続けたいということだよ」 ▽なお、プレミア方面のクラブではチェルシーとマンチェスター・ユナイテッドがA・サンドロの状況を注視。来年1月の移籍市場での獲得が囁かれている。 2018.11.21 10:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ユーベ、ユナイテッドの次世代スターを注視か

▽イギリス『タイムズ』は、ユベントスがマンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード(21)を注視していると報じた。 ▽今シーズンからユナイテッドで背番号「10」を背負うなど、オールド・トラフォードでの将来に期待がかかるラッシュフォード。今シーズンはここまで公式戦13試合2得点を挙げているが、先発から外れる試合も多く、熾烈なポジション争いを強いられている。 ▽そのラッシュフォードの現行契約は2020年まで。選手自身、この先もユナイテッドでプレーする希望を抱いているとみられるが、セリエAの絶対王者が獲得のチャンスをうかがっている模様だ。 ▽ユベントスは現在、スペイン代表GKダビド・デ・ヘア(28)と共に、ラッシュフォードをモニタリング。選手のバックグラウンドやキャラクターを慎重に精査しているという。 2018.11.20 17:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがクリバリに巨額オファーもナポリが拒否

▽ナポリが、所属するセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(27)へのマンチェスター・ユナイテッドからの巨額オファーを拒否したようだ。マンチェスター地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が、アルゼンチン方面の情報を基に報じている。 ▽センターバックの補強を求め続けているモウリーニョ監督。今夏には有力な選手を確保することができておらず、今冬の移籍市場での動向が注視されている。 ▽以前から関心が伝えられているクリバリの獲得も引き続き目指しており、今回の報道によるとユナイテッドは7700万~1億ポンド(約99億~129億円)で入札。しかしながら、ナポリに拒否され交渉は思うように進んでいないようだ。 ▽モウリーニョ監督は今夏にも、レスター・シティDFハリー・マグワイアやトッテナムDトビー・Fアルデルヴァイレルトの獲得を目指していたが、クラブは確保し切れていない。さらに桁違いに高額なクリバリに関して、『マンチェスター・イブニング・ニュース』はユナイテッドが移籍金を積み上げ切るかは定かでないとしている。 2018.11.20 11:25 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース