ポグバ兄弟対決はイブラのハットで弟に軍配《EL》2017.02.17 07:04 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドは16日、ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦1stレグでサンテチェンヌを本拠地オールド・トラフォードに迎え、3-0で快勝した。

▽フェネルバフチェ、フェイエノールトらと同居したグループAを2位通過したユナイテッドは、国内リーグでは16戦無敗と好調。そのユナイテッドは直近のワトフォード戦のスタメンから2選手を変更。GKデ・ヘアとムヒタリャンに代えてGKロメロとフェライーニを起用した。そして、ポグバ兄弟の対決が実現した。

▽マインツやアンデルレヒトらと同居したグループCを首位通過し、国内リーグで5位に付けているサンテチェンヌに対し、ユナイテッドは3分にピンチ。バイリーのバックパスが短くなって相手にカットされたが、シュートには持ち込まれず助かった。

▽その後はボールを保持して主導権を握ったユナイテッドが15分に先制する。ボックス手前左で得たFKをイブラヒモビッチが直接狙うと、壁に当たってコロコロと転がっていったボールがGKの逆を突いてゴールラインを割った。

▽先制後も押し込むユナイテッドは25分に決定機。ポグバの浮き球パスをボックス中央のマタがボレーシュート。しかしGKの好守に阻止された。続く31分にマルシャルがドリブルシュートで決定機を演出すると、ハーフタイムにかけては何度かサンテチェンヌにシュートを許したものの、GKロメロが慌てるほどのシーンはなく、1-0で前半を終えた。

▽迎えた後半、フェライーニに代えてリンガードを投入したユナイテッドは、53分にチャンス。マルシャルがドリブルシュートでGKを強襲した。続く63分にはポグバの左足コントロールショットで追加点に迫ったユナイテッドは、69分にFKからポグバのヘディングシュートがバーを直撃。

▽73分に途中出場のルーにボックス右からチップキックシュートを打たれる大ピンチに見舞われたが枠を超えて助かると、75分にようやく突き放す。ボックス左からラッシュフォードが折り返したクロスをポグバ兄がクリアしきれずフリーのイブラヒモビッチが難なく蹴り込んだ。

▽79分に足をつったポグバ兄がピッチを去ったサンテチェンヌに対し、87分にイブラヒモビッチがボックス内で相手DFに倒されてPKを獲得。これをイブラヒモビッチ自ら決めてハットトリック達成。ユナイテッドが3-0で快勝し、来週敵地で行われる2ndレグに向けて大きなアドバンテージを得ている。

コメント

関連ニュース

thumb

スコールズ氏、ルーニーの去就に「彼がすべての決定権を持っている」

▽かつてマンチェスター・ユナイテッドやイングランド代表で活躍したポール・スコールズ氏が、退団が噂されている同代表FWウェイン・ルーニーの去就についてコメントした。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽今シーズンのルーニーは、ジョゼ・モウリーニョ監督の下で序盤こそ出場機会を与えられるも、徐々に減少。ここまでリーグ戦29試合を終えて18試合2ゴールという結果に終わっている。 ▽レギュラーから降格している状況の中で、シーズン終了後には中国への移籍が噂されるなど去就が注目を集めている。しかしスコールズ氏によると、ルーニーが移籍する場合は、それを自らが臨んだ時だけだと主張。ユナイテッドで歴代最多となる250ゴールを記録した功労者に対して、クラブが追い出すようなことはないとした。 「ルーニーはユナイテッドで素晴らしい活躍を見せてくれた。契約に関しては彼がどうしたいか。彼がすべての決定権を持っていると思う」 「ユナイテッドに残りたいと思うのであれば、レジェンドとしていつまでもいるだろう。逆にフットボールをしたいと思うのであれば出ていくこともある。どちらにせよ、クラブは彼の決定を尊重するだろう」 「ユナイテッドで本当に多くのゴールを挙げた偉大な選手だ。きっと、彼の将来は彼が決められると思う」 2017.03.30 13:33 Thu
twitterfacebook
thumb

ブラジル代表の監督はマンチェスター・Uの指揮官より大変か?

マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、ブラジル代表における指揮官の仕事が非常に難しいと認めた。『ESPN』に対して語っている。<br><br>モウリーニョはポルトでチャンピオンズリーグを制し、チェルシーやインテル、レアル・マドリー、そしてユナイテッドで数々のタイトルを獲得してきた。世界で最高の監督の一人として評されている。そんなモウリーニョにとっても、ブラジル代表の監督という仕事は難しく見えるようだ。<br><br><br><br>「マンチェスター・ユナイテッドの次があるとすれば、よりイージーな仕事である必要がある」<br><br>「ブラジル代表を率いるというのは、もっと難しい仕事になるだろう。確かに、明らかにエキサイティングではある。すべての監督は最高のクラブでベストを尽くしたいと望むものだ」<br><br>「ブラジルチームは常に成功をリードしてきた。いつの時代も才能ある選手がいる。時代にかかわらず、いつも新しい才能が現れてくるんだ」<br><br>「もっとも、正直な話、かなり難しい仕事だろう。ブラジルにいる監督はいつも、ジャーナリストから『もっといい監督がいる』と言われ続けるんだからね」<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.30 12:24 Thu
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、ネイマール獲得は「馬鹿げている」…240億円オファーを完全否定

マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、バルセロナに所属するブラジル代表FWのネイマールを獲得することは「不可能だ」と話した。『ESPN』が報じている。<br><br>このところ、ネイマールの周辺では移籍のうわさが盛んに取り上げられている。まずイタリア『トゥットスポルト』は、チェルシーが1億8000万ユーロ(約215億円)でネイマールをロンドンに連れてくる意思があり、「口頭で合意」と報じていた。続いてスペイン紙『スポルト』が「マンチェスター・Uがネイマール獲得のために移籍金2億ユーロ(約240億円)を用意」と伝えた。<br><br>いずれの報道も、昨夏にユナイテッドとポール・ポグバが記録した移籍金の世界レコード(1億500万ユーロ/約120億円)を大きく塗り替えるという点で一致。去就に大きな注目が集まっている。<br><br>■モウリーニョは「不可能」と一蹴だが、当のモウリーニョは25歳のブラジル人スターを獲得することが極めて難しいという見解を示している。<br><br>「私は常に目標を達成するために動き、現実的にクラブと一緒に仕事を進めている。クラブには、彼らができることを要求している」<br><br>「ネイマールの件は馬鹿げている。バルセロナのようなクラブから獲得できると思わないし、放出を望むわけないだろう」<br><br>「(リオネル)メッシはまだまだ若いし、30歳でもいいプレーができる。ネイマールはメッシの後にバルセロナで偉大な選手になっていくんだ。(ネイマールとの契約は)いわば安全を壊しに行くようなものだと思うよ。不可能、ということだ」<br><br>ネイマールは今シーズン、バルセロナで公式戦14得点をマークしている。チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のパリ・サンジェルマン戦では、奇跡の逆転勝利に大きく貢献し、バルサに欠かせない選手であることを改めて証明した。<br><br>いかにポグバを世界最高額でユヴェントスから獲得したユナイテッドでも、ネイマールの獲得は現実的ではないようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.30 12:10 Thu
twitterfacebook
thumb

MLS挑戦のシュバインシュタイガーがユナイテッドのチームメートに別れの言葉「とても楽しい時間を過ごせた」

▽マンチェスター・ユナイテッドからシカゴ・ファイアーへ加入した元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーが、かつてのチームメートたちに別れの言葉を送った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽2015年にバイエルンからユナイテッドに加入したシュバインシュタイガーだったが、加入初年度こそプレミアリーグ18試合に出場するも、今シーズンはジョゼ・モウリーニョ監督から構想外を言い渡されており、公式戦4試合の出場に留まっていた。 ▽するとユナイテッドは21日、シュバインシュタイガーがシカゴ・ファイアーに加入することを発表。29日には正式に決定するなど急転直下の移籍となった。 ▽シュバインシュタイガーは、チームメートたちに別れの言葉を送ることができずに移籍したことを明かし、インタビューで改めて感謝の言葉を送っている。 「移籍が決まるのが遅れてしまって、仲間たちにさようならを言う機会がなかったんだ。チームもアウェイで試合をしているタイミングだったからね。僕自身もチームの結果を気にしていたよ」 「ユナイテッドでは本当に素晴らしい時間を過ごした。チームメートやスタッフには本当に感謝している。僕はユナイテッドでとても楽しい時間を過ごせたと思っているよ」 2017.03.30 09:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがデ・ヘア退団に備えてハンダノビッチとドンナルンマを調査へ

▽マンチェスター・ユナイテッドが、守護神の退団に備えて2選手をリストアップしているようだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽ユナイテッドではスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(26)が守護神を務めており、今季もプレミアリーグで全試合にフル出場を果たしている。そんなデ・ヘアに対しては以前からレアル・マドリーが獲得に興味を示しており、2015年夏には実際にオファーが出されており、必要書類の提出期限に間に合わずに破談となった。 ▽その後もマドリーはデ・ヘアに注視しているようで、今夏にも再アプローチをするのではないかと噂されている。ユナイテッド側は、放出不可能な選手だとして、クラブに留めたい姿勢を見せている。しかし『アス』によると、マドリー移籍に備えてセリエAで活躍する2選手を調査しているという。 ▽その一人がミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ(18)のようだ。今季のドンナルンマはセリエAで29試合にフル出場している。さらに28日に行われた国際親善試合のオランダ代表戦では、代表初先発を果たした。 ▽将来が有望視されているドンナルンマは、ミーノ・ライオラ氏が代理人を務めている。同氏はユナイテッドに所属するスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ、フランス代表MFポール・ポグバらの代理業務を務めており、ユナイテッドと良好な関係を築いているとされている。 ▽またドンナルンマの他にも、インテルのスロベニア代表GKサミル・ハンダノビッチ(32)の調査も行っている模様。同選手もセリエAで29試合にフル出場を果たしている。ドンナルンマもハンダノビッチも、所属クラブの守護神を務める存在だけに、今後の去就が注目を集める。 2017.03.30 08:57 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース