ポグバ兄弟対決はイブラのハットで弟に軍配《EL》2017.02.17 07:04 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドは16日、ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦1stレグでサンテチェンヌを本拠地オールド・トラフォードに迎え、3-0で快勝した。

▽フェネルバフチェ、フェイエノールトらと同居したグループAを2位通過したユナイテッドは、国内リーグでは16戦無敗と好調。そのユナイテッドは直近のワトフォード戦のスタメンから2選手を変更。GKデ・ヘアとムヒタリャンに代えてGKロメロとフェライーニを起用した。そして、ポグバ兄弟の対決が実現した。

▽マインツやアンデルレヒトらと同居したグループCを首位通過し、国内リーグで5位に付けているサンテチェンヌに対し、ユナイテッドは3分にピンチ。バイリーのバックパスが短くなって相手にカットされたが、シュートには持ち込まれず助かった。

▽その後はボールを保持して主導権を握ったユナイテッドが15分に先制する。ボックス手前左で得たFKをイブラヒモビッチが直接狙うと、壁に当たってコロコロと転がっていったボールがGKの逆を突いてゴールラインを割った。

▽先制後も押し込むユナイテッドは25分に決定機。ポグバの浮き球パスをボックス中央のマタがボレーシュート。しかしGKの好守に阻止された。続く31分にマルシャルがドリブルシュートで決定機を演出すると、ハーフタイムにかけては何度かサンテチェンヌにシュートを許したものの、GKロメロが慌てるほどのシーンはなく、1-0で前半を終えた。

▽迎えた後半、フェライーニに代えてリンガードを投入したユナイテッドは、53分にチャンス。マルシャルがドリブルシュートでGKを強襲した。続く63分にはポグバの左足コントロールショットで追加点に迫ったユナイテッドは、69分にFKからポグバのヘディングシュートがバーを直撃。

▽73分に途中出場のルーにボックス右からチップキックシュートを打たれる大ピンチに見舞われたが枠を超えて助かると、75分にようやく突き放す。ボックス左からラッシュフォードが折り返したクロスをポグバ兄がクリアしきれずフリーのイブラヒモビッチが難なく蹴り込んだ。

▽79分に足をつったポグバ兄がピッチを去ったサンテチェンヌに対し、87分にイブラヒモビッチがボックス内で相手DFに倒されてPKを獲得。これをイブラヒモビッチ自ら決めてハットトリック達成。ユナイテッドが3-0で快勝し、来週敵地で行われる2ndレグに向けて大きなアドバンテージを得ている。

コメント

関連ニュース

thumb

【編集部コラム】モウリーニョの慧眼、マティッチがレッド・デビルズの帝王に

▽“2年目のモウリーニョは強い”。この言葉通り、マンチェスター・ユナイテッドが好調だ。今季はここまでリーグ戦5試合で4勝1分け。16得点2失点の内容はほぼ完璧で、同じく優勝候補筆頭のマンチェスター・シティと共に首位に位置している。 <B>◆的確な補強</B> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170920_22_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽モウリーニョは過去、ポルト、チェルシー(第1期、第2期)、インテル、レアル・マドリー時代のいずれも2年目にリーグ制覇を達成している。「クラブの性質を理解すること」や「選手たちの個性の把握」、「モチベーターとしての効果のピーク」と、その要因は様々なことが考えられるが、最も大きな要因の1つに1年目のシーズンを受けての“的確な補強”が挙げられるだろう。 ▽今夏、モウリーニョが選択したのは、MFネマニャ・マティッチとFWロメル・ルカク、DFビクトル・リンデロフの3選手。23歳のリンデロフは投資の意味も大きいため、実際にレギュラー級の即戦力として計算できると期待されたのはマティッチとルカクだ。 ▽その2人は、見事にモウリーニョの期待に応えており、チームの好調を支える不動の主力となっている。ルカクはここまで、公式戦7試合で7得点。それも固め取りではなく、公式戦7試合のうちゴールがなかったのは1試合という点は、安定して力を出せていることの証左でもある。 ▽FWズラタン・イブラヒモビッチと遜色ないポストプレーヤーであるルカクだが、スピードや前線での動きの量は元スウェーデン代表FWを遥かに凌ぐ。ポストワークでボールを捌いた後、自らフリーランでボックスに侵入していける点は、ベテランとなったイブラヒモビッチには繰り返すことができない動きのため大きな強みだ。今季、ルカクの効果によりユナイテッドのロングカウンターのクオリティは昨季に比べて遥かに向上している。 <B>◆懐疑論も…</B> ▽そして、ルカク以上にインパクトを残しているのがマティッチだ。シーズン前、アンカーの補強を目指すユナイテッドのターゲットには、モナコのブラジル代表MFファビーニョ、スパーズのイングランド代表MFエリック・ダイアー、そしてマティッチがリンクされていた。 ▽イングランドの選手であるE・ダイアーの獲得が困難なミッションであったことはさておき、報道によればこの3人のうちでモウリーニョが望む第1候補はマティッチだった。23歳のE・ダイアーとファビーニョに対し、マティッチは今年で30歳。すぐさまフィットしなかった場合のリスクは大きい。 ▽それもあり、私を含めてこれまでユナイテッドを見続けてきた人も “ファビーニョ派”だった人は少なくなかった。しかし、モウリーニョとマティッチは懐疑論を見事に一蹴している。 ▽ユナイテッドでのマティッチは、チェルシー時代の2セントラルの一角というよりも、より守備的でアンカー的な役割を担っている。経験に裏打ちされた絶妙なポジショニングと展開力はMFマイケル・キャリックの後釜として打ってつけ。それに加えてマティッチには、キャリックにはないプレス強度とそれを何度も継続できるスタミナがある。マティッチが高い位置でボールを“強奪”することにより、ショートカウンターでも相手への脅威は増している。 <B>◆マティッチは既に帝王</B> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170920_22_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽残念ながら現在は負傷離脱中だが、マティッチの相棒であるMFポール・ポグバは今季のリーグ戦4試合で2ゴール2アシストを記録。ポグバが今季、攻撃面で結果を残しているのは、マティッチの存在により守備の負担が減ったことが要因であることは明らかだ。 ▽まるでマティッチは、ユナイテッドに5年も10年も在籍してきたかのようなプレーを見せている。元来、攻撃参加を好むタイプではあるが、モウリーニョはユナイテッドで彼がオーバーラップすることをかなり制限しているように見える。 ▽そして、この判断は非常に的確と言える。マティッチのリーグ戦でのスタッツを見ると、タックル数(12回)、タックル成功数(9回)、インターセプト数(10回)、パス成功数(332本)、タッチ数(457回)はいずれもチーム最多。マティッチは既に、レッド・デビルズの中盤における“帝王”として君臨している。 ▽正直に言えば、“守備に特化させたマティッチ”がこれほどすんなりとフィットして輝きを放つとは思っていなかった。だが、モウリーニョは以下のように語っていた。 「昨年、ユナイテッドに加入した時点で、マティッチのような選手が必要だと感じていた」 ▽改めて、ジョゼ・モウリーニョという監督の慧眼には舌を巻く。3度にわたってプレミアリーグを制覇しているモウリーニョは、このリーグがいかにタフであるかということを完全に理解している。だからこそルカクだけでなく、プレミアリーグで実績のあるマティッチをチョイスした。「4000万ポンドは安い」。「チェルシーが放出したのは驚き」「今夏のベスト補強」。オフシーズンにはまったく聞こえなかったような声は、日に日に増している。 <B>◆マティッチはユナイテッドの最重要選手の1人</B> ▽とはいえ、これまでのマティッチはシーズン終盤にかけて疲労が蓄積するとともにパフォーマンスを低下させる印象がある。モウリーニョは、うまくマティッチを休ませながらシーズンを進める必要があり、さらに言えばMFマイケル・キャリックやMFマルアン・フェライーニ、MFアンデル・エレーラらポグバ不在時に相棒となる選手たちが、いかにこのセルビア代表MFの負担を軽減させるパフォーマンスを披露できるのかも、ユナイテッドが2012-13シーズン以来のリーグタイトル奪還のためには重要となってくる。 「彼はフットボーラーに求められる忠誠心、安定感、野心、チームプレーヤーという全ての要素を体現している」 ▽マティッチ加入後、懐疑的な声に反発するようにそう語ったモウリーニョ。“スペシャル・ワン”の全幅の信頼を得るマティッチが、今季のユナイテッド成功の鍵となる最重要人物の1人であることを疑うものは、もはやいない。 《超ワールドサッカー編集部・音堂泰博》 2017.09.20 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、サンチェス強奪を計画か

▽マンチェスター・ユナイテッドが、アーセナルに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェス(28)の獲得を目指すようだ。イギリス『ザ・サン』が報じた。 ▽アーセナルとの契約が今季限りとなっているサンチェスに関しては、契約延長交渉が進んでいないとみられる。今夏にはマンチェスター・シティが獲得に近づいているとみられていたが、最終的にサンチェスは残留。しかし、契約の更新には至っておらず、今冬の移籍市場か来夏のフリートランスファーでのシティ入りが濃厚とみられている。 ▽しかし、『ザ・サン』によれば、マンチェスター・ユナイテッドもサンチェスの獲得を目指す可能性があるようだ。ジョゼ・モウリーニョ監督は、サンチェス獲得に向けて、2500万ポンド(約37億7000万円)を移籍金を提示してシティを出し抜く意向があるという。 2017.09.20 11:49 Wed
twitterfacebook
thumb

豪華メンツのゴールデンボーイ賞ノミネート発表 ムバッペ、ラッシュフォード、O・デンベレら

▽イタリア『トゥットスポルト』主催のゴールデンボーイ賞のノミネート25選手が発表された。 ▽ヨーロッパでプレーする21歳以下の選手に贈られるゴールデンボーイ賞。2017年度のノミネートは、今夏にモナコからパリ・サンジェルマンに買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入したフランス代表FWキリアン・ムバッペ(18)やマンチェスター・ユナイテッドでインパクトを残しているイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード(19)、ドルトムントからバルセロナ入りしたフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(20)らが名を連ねた。 ▽ゴールデンボーイ賞は、30名のジャーナリストによって決定。今年は10月に受賞者が明かされる予定だ。 ▽今回のゴールデンボーイ賞のノミネート25選手と過去の受賞者は以下のとおり。 ◆2017ノミネート DFアーロン・マルティン(エスパニョール) FWジャン=ケビン・オギュスタン(ライプツィヒ) MFロドリゴ・ベンタンクール(ユベントス) FWステフェン・ベルグヴィン(PSV) FWドミニク・カルバート=ルーウィン(エバートン) FWフェデリコ・キエーザ(フィオレンティーナ) FWウスマーヌ・デンベレ(バルセロナ) MFアマドゥ・ディアワラ(ナポリ) FWカスパー・ドルベリ(アヤックス) GKジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン) FWガブリエウ・ジェズス(マンチェスター・シティ) DFジョー・ゴメス(リバプール) DFベンジャミン・ヘンリクス(レバークーゼン) FWボルハ・マジョラル(レアル・マドリー) FWキリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン) MFエムレ・モル(セルタ) MFリース・オックスフォード(ボルシアMG) MFクリスティアン・プリシッチ(ドルトムント) FWマーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド) MFアラン・セント=マクシミン(ニース) FWドミニク・ソランケ(リバプール) DFテオ・エルナンデス(レアル・マドリー) MFユーリ・ティーレマンス(モナコ) FWユネス・ウナル(ビジャレアル) DFカイル・ウォーカー=ピータース(トッテナム) ◆歴代受賞者 2003:MFラファエル・ファン・デル・ファールト 2004:FWウェイン・ルーニー 2005:FWリオネル・メッシ 2006:MFセスク・ファブレガス 2007:FWセルヒオ・アグエロ 2008:MFアンデルソン 2009:FWアレシャンドレ・パト 2010:FWマリオ・バロテッリ 2011:MFマリオ・ゲッツェ 2012:MFイスコ 2013:MFポール・ポグバ 2014:FWラヒーム・スターリング 2015:FWアントニー・マルシャル 2016:MFレナト・サンチェス 2017.09.20 11:05 Wed
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、デ・ヘア撤退で狙うは22歳のスペイン代表GKケパ

▽レアル・マドリーが、ビルバオに所属するスペイン代表GKケパ・アリザバガラ(22)の獲得を考慮しているようだ。19日付のスペイン『マルカ』が一面で報じた。 ▽レアル・マドリーは、かねてから関心を寄せていたマンチェスター・ユナイテッドGKダビド・デ・ヘアとの関連が今夏も伝えられていたが、最終的に移籍の動きはなし。報道によれば、GKケイロル・ナバスに全幅の信頼を寄せているジネディーヌ・ジダン監督がデ・ヘア獲得の動きをブロックしたとのことだ。 ▽しかし、ケイロル・ナバスは今年で31歳となるため、クラブとしては後釜となる選手を見据えておかなければならない。そこで白羽の矢が立ったのが、ビルバオでハイパフォーマンスを見せており、フレン・ロペテギ監督率いるスペイン代表にも招集されている22歳のケパとのことだ。 ▽さらにマドリーにとって好材料なのが、ケパとビルバオの契約が今季限りとなっていることだ。契約更新がなければ、マドリーは来夏にフリーで有望なGKを手にできる可能性がある。なお、ケパの契約解除金は現在、1000万ユーロ(約13億3000万円)となっているが、ビルバオはこれを6500万ユーロ(約87億円)に引き上げたいとの思いがあるという。 2017.09.20 10:19 Wed
twitterfacebook
thumb

リオ・ファーディナンド、プロボクサーを目指す「待ちきれない」

▽既報通り、マンチェスター・ユナイテッドなどで活躍した元イングランド代表DFリオ・ファーディナンド氏(38)が、プロボクサーを目指すことを発表した。自身のツイッターやインスタグラムで発表している。 ▽熱局的なボクシングファンでもあるファーディナンド氏は、「それは起こっている…始まるのが待ちきれない」と投稿。インスタグラムでは、ユナイテッドのユニフォームを彷彿とさせる背番号5のガウンを身にまとい、リングに向かう動画を投稿している。 ▽あと2カ月で39歳を迎えるファーディナンド氏だが、プロボクサーになるためには壁がある。英国ボクシング管理委員会に、ライセンスを取得するメリットを説明する必要があるようだ。 2017.09.19 19:09 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース