ポグバ兄弟対決はイブラのハットで弟に軍配《EL》2017.02.17 07:04 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドは16日、ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦1stレグでサンテチェンヌを本拠地オールド・トラフォードに迎え、3-0で快勝した。

▽フェネルバフチェ、フェイエノールトらと同居したグループAを2位通過したユナイテッドは、国内リーグでは16戦無敗と好調。そのユナイテッドは直近のワトフォード戦のスタメンから2選手を変更。GKデ・ヘアとムヒタリャンに代えてGKロメロとフェライーニを起用した。そして、ポグバ兄弟の対決が実現した。

▽マインツやアンデルレヒトらと同居したグループCを首位通過し、国内リーグで5位に付けているサンテチェンヌに対し、ユナイテッドは3分にピンチ。バイリーのバックパスが短くなって相手にカットされたが、シュートには持ち込まれず助かった。

▽その後はボールを保持して主導権を握ったユナイテッドが15分に先制する。ボックス手前左で得たFKをイブラヒモビッチが直接狙うと、壁に当たってコロコロと転がっていったボールがGKの逆を突いてゴールラインを割った。

▽先制後も押し込むユナイテッドは25分に決定機。ポグバの浮き球パスをボックス中央のマタがボレーシュート。しかしGKの好守に阻止された。続く31分にマルシャルがドリブルシュートで決定機を演出すると、ハーフタイムにかけては何度かサンテチェンヌにシュートを許したものの、GKロメロが慌てるほどのシーンはなく、1-0で前半を終えた。

▽迎えた後半、フェライーニに代えてリンガードを投入したユナイテッドは、53分にチャンス。マルシャルがドリブルシュートでGKを強襲した。続く63分にはポグバの左足コントロールショットで追加点に迫ったユナイテッドは、69分にFKからポグバのヘディングシュートがバーを直撃。

▽73分に途中出場のルーにボックス右からチップキックシュートを打たれる大ピンチに見舞われたが枠を超えて助かると、75分にようやく突き放す。ボックス左からラッシュフォードが折り返したクロスをポグバ兄がクリアしきれずフリーのイブラヒモビッチが難なく蹴り込んだ。

▽79分に足をつったポグバ兄がピッチを去ったサンテチェンヌに対し、87分にイブラヒモビッチがボックス内で相手DFに倒されてPKを獲得。これをイブラヒモビッチ自ら決めてハットトリック達成。ユナイテッドが3-0で快勝し、来週敵地で行われる2ndレグに向けて大きなアドバンテージを得ている。

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッドの新戦力ジオゴ・ダロトがヒザを負傷…デビューは9月以降に

▽今夏、ポルトからマンチェスター・ユナイテッドに加入したU-21ポルトガル代表DFジオゴ・ダロト(19)だが、ケガの影響で最短デビューは9月以降になるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽ポルトの下部組織出身のジオゴ・ダロトは、右サイドバックを主戦場とする攻撃的なサイドバック。昨季トップチームデビューを果たすと、公式戦8試合に出場。今年3月に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・ラウンド16の2ndレグ、リバプール戦では左サイドバックでフル出場を果たしCLデビューも飾っていた。 ▽そして、6月初旬に1740万ポンド(約25億7000万円)の移籍金でユナイテッド加入を果たした同選手だが、昨シーズン終盤に負ったヒザのケガの影響でプレシーズンマッチと8月中のリーグ戦を欠場するようだ。 ▽ジョゼ・モウリーニョ監督が『スカイ・スポーツ』でU-21ポルトガル代表DFの状態に関して語っている。 「ダロトは負傷している。我々はその事実を知っていたが、それを理由に彼を失う(他クラブに獲られる)わけにはいかなかった」 「彼は良い状態で回復してきている。恐らく、我々が(プレシーズンツアーから)イングランドに戻った時点でトレーニングを開始できると思っている」 「彼はシーズン開幕に向けて準備はできていないと思うが、9月までには準備できるはずだ」 ▽なお、ユナイテッドはプレシーズンツアー中に6試合のプレシーズンマッチを組んでおり、8月10日にレスター・シティとの2018-19シーズンのプレミアリーグ開幕戦に臨む予定だ。 2018.07.19 16:03 Thu
twitterfacebook
thumb

A・サンチェス“ぼっち飯”に続く“ぼっち練習”?! どうして…?

▽マンチェスター・ユナイテッドのチリ代表FWアレクシス・サンチェスがまたもチーム内で孤立している模様だ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽A・サンチェスは先日、自身のインスタグラムを更新した。ストーリーという機能を使い、「今日は2つのトレーニングをこなしたよ(力こぶの絵文字)」というコメント共に、セルフィ動画を上げていた。しかしそこには本人しか映っておらずほかのチームメイトは全く入っていなかった。 ▽今年の冬のマーケットでアーセナルから加入した同選手は以前、1人で食事をする、いわゆる“ぼっち飯”の写真が流れ、超高額なサラリーも相まって一部チームメイトとの確執が噂された。真実は全くそうではなったが、今回の“ぼっち練習”はそれを連想させている。 ▽ではどうして1人で練習していたのか。それは、現在アメリカでプレシーズンツアーを行っているユナイテッドのメンバーに帯同できなかったからだ。A・サンチェスはバルセロナに在籍していた2012年から2013年にかけて脱税した疑いがかけられ今年2月に有罪判決が決まっていた。そのため、アメリカへのビザが下りずに同選手が遠征に参加できなかったというわけだ。 ▽今回も確執があったわけではなかったが、シーズン前の大事なツアーに参加できなかったA・サンチェス。チームワークを高められずピッチ上で孤立してしまうかもしれない。 2018.07.18 17:52 Wed
twitterfacebook
thumb

ポグバ、CR7加入のユーベ復帰か

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(25)にユベントス復帰の可能性が浮上した。イタリア『トゥットスポルト』が報じた。 ▽2016年夏にユベントスから古巣ユナイテッドに復帰したポグバ。しかし、再三にわたり、ジョゼ・モウリーニョ監督との不仲が取り沙汰され続けており、今夏の去就にも注目が集まっている。『トゥットスポルト』によれば、ポグバはモウリーニョ監督の下での生活に飽き飽きしている様子だ。 ▽また、ポグバがロシア・ワールドカップ優勝後にインスタグラム(paulpogba)でライブ動画を配信した際、ユベントスのフランス代表MFブレーズ・マテュイディから冗談めかして復帰を問われ、ポジティブな反応を示したことも憶測に拍車をかけたという。 ▽今夏のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド加入により、勢いを増すユベントス。果たして、ポグバの連れ戻しも実現させてしまうのだろうか。 2018.07.18 13:05 Wed
twitterfacebook
thumb

CR7母「私のユナイテッド復帰希望は嘘。本心じゃない」

▽今夏にレアル・マドリーからユベントス移籍を果たしたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(33)。16日に行われた入団会見に同席した母親のマリオ・ドロレス・アベイロさんも息子のユベントス加入に満足感を示した。 ▽レアル・マドリー退団が囁かれた昨シーズンの当初、古巣マンチェスター・ユナイテッドが移籍先の有力候補として取り沙汰されたC・ロナウド。その中、一部メディアでマリオ・ドロレス・アベイロさんも息子のユナイテッド復帰を希望しているとされてきた。 ▽しかし、イタリア『カルチョメルカート』によれば、マリオ・ドロレス・アベイロさんは、次のように語り、ユナイテッド復帰を望んでいなかったことを明かしたという。 「私のマンチェスター・ユナイテッド復帰希望は嘘。それは私の本心じゃなかったの」 「彼の選択に満足よ。今日という日は私たち全員にとって、すごく幸せな1日。私の息子がよりユーベを大きくしてくれるはず」 「これは新しい挑戦と冒険になる。彼はレアル・マドリーでエンジョイしていたけど、また新たな挑戦が必要だったの」 2018.07.18 12:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ベイル、マドリー残留に前進! ロペテギ監督徹底慰留

▽レアル・マドリーに所属するウェールズ代表MFガレス・ベイル(29)が、マンチェスター・ユナイテッド行きから遠ざかっている。イギリス『テレグラフ』が報じた。 ▽負傷などの影響もあり、昨シーズンはマドリーでジネディーヌ・ジダン前監督から信頼を得ることが出来ていなかったベイル。5月末のチャンピオンズリーグ決勝リバプール戦では、途中出場から2ゴールを決める活躍で並外れた能力を再証明していたが、試合後には退団を仄めかすような発言をしていた。 ▽しかし、昨シーズン終了後にジダン前監督が退任を電撃発表し、クラブの“主役”としてスコアラーの役割を一手に引き受けていたFWクリスティアーノ・ロナウドもユベントスに移籍。前線での爆発力を誇りながらも守備のタスクを課されていたベイルの去就は、どちらとも取れない不透明な状況が続いていた。 ▽今回の『テレグラフ』の記事によると、ベイルはフレン・ロペテギ新監督から、C・ロナウドを喪失後したマドリーの新時代の中で重要な役割を担う、と聞かされたという。これに対して、ベイルもポジティブな反応を示しているようだ。 ▽ベイルにはこれまでマンチェスター・ユナイテッドからの興味が主に報じられていた。しかし、C・ロナウドの退団とロペテギ監督からの期待を考慮すれば、ユナイテッド行きは立ち消えになるだろう、と記事は伝えている。また、決断が迫っているベイルは今週末にもマドリーとの協議を予定しているそうだ。 ▽攻守に奮闘し、批判に晒された昨シーズンも公式戦39試合21ゴール7アシストを記録しているベイル。C・ロナウドという大きな存在感を放つスーパースターの退出後、マドリーの顔に成り代わることはできるのだろうか。 2018.07.17 22:00 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース