【2017Jリーグ補強診断】ストライカー到着なら期待値上昇の顔ぶれ《ガンバ大阪》2017.02.05 15:01 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2月25日に開幕を迎える2017シーズンの明治安田生命J1リーグ。3年ぶりの1シーズン制が復活となり、全18チームがタイトルを目指してしのぎを削る。開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全クラブの補強を診断。変革期を迎えたガンバ大阪編をお届けする。

◆3冠達成時の主力が流失
Getty Images
【OUT】
DF
岩下敬輔(30)→アビスパ福岡/完全
西野貴治(23)→ジェフユナイテッド千葉/期限付き

MF
大森晃太郎(24)→ヴィッセル神戸/完全
内田達也(24)→東京ヴェルディ/期限付き
二川孝広(36)→東京ヴェルディ/期限付き期間延長
阿部浩之(27)→川崎フロンターレ/完全
岡崎建哉(26)→栃木SC/完全
小椋祥平(31)→ヴァンフォーレ甲府/完全

FW
赤嶺真吾(33)→ファジアーノ岡山/完全
小川直毅(21)→契約満了
▽2014年の三冠達成時から長年にわたってチームをリードしてきたDF岩下敬輔、MF大森晃太郎、MF阿部浩之が相次いで退団。中でも、大森と阿部は生え抜きであり、貴重な戦力だっただけに、チームだけでなく、ファンにとっても喪失感を駆り立てるものとなった。

◆補強診断(★5つが最高)
★★★☆☆
▽将来性溢れる若手から主軸になり得る中堅選手まで獲得に成功。しかし、最優先事項のストライカー獲得が難航しているだけでなく、主力も流失したため、ネガティブな印象が強い。ただ、ここにきて、元サンフレッチェ広島のFWドウグラスとの接触報道が浮上。これが実現すれば、待望のストライカー到着となる。

◆念願の身体能力高きCBを獲得【GK&DF】
Getty Images
【IN】
鈴木椋大(22)←横浜F・マリノス/完全
ペ・スヨン(18)←ボイン高校/新加入
ファビオ(27)←横浜F・マリノス/完全
三浦弦太(21)←清水エスパルス/完全
▽実践経験がある若手GKと、センターバックを重点的に補強。とりわけ、スピードや高い身体能力で勝負できるDFファビオと、U-23日本代表候補歴を持つDF三浦弦太の獲得は、ウィークポイントの1つとして挙げられてきたセンターバック陣のタレント力向上につながるはずだ。

◆攻撃面特化の面々【MF】
Getty Images
【IN】
食野亮太郎(18)←ガンバ大阪ユース/昇格
井出遥也(22)←ジェフユナイテッド千葉/完全
泉沢仁(25)←大宮アルディージャ/完全
森勇人(21)←名古屋グランパス/完全
中原彰吾(22)←北海道コンサドーレ札幌/期限付き
高江麗央(18)←東福岡高校/新加入
高宇洋(18)←市立船橋高校/新加入
▽阿部、大森ほどの守備への献身性を兼ね備えた選手こそ見当たらないが、攻撃で存在価値を見いだすタイプの面々を獲得。中でも、MF泉沢仁とMF井出遥也の2選手には、既存選手のMF堂安律と共に、アタッキングサード付近での打開力発揮に大きな期待がかかる。

◆アデミウソンの完全移籍加入が唯一もの救いに【FW】
Getty Images
【IN】
郡大夢(19)←東京ヴェルディ/期限付き
アデミウソン(23)←サンパウロFC/完全
▽上述の通り、即戦力級のストライカーの加入はない。ただ、2015年の来日当時に移籍金10億円とも言われていたFWアデミウソンを完全移籍で買い取ることができたのは朗報。また、事前の報道によれば、クラブは水面下でストライカー補強の動きを継続中。何かしらのニュースが飛び込んできてもおかしくない状況だ。

コメント

関連ニュース

thumb

鹿島ユースDF松浦航洋、スペイン3部FCフミーリャに加入

▽鹿島アントラーズは28日、鹿島ユースに所属するDF松浦航洋(18)がスペイン・セグンダ・ディビジョンB(スペイン3部)のFCフミーリャに加入することが決定したことを発表した。 ▽茨城県出身の松浦は、身長178cm、体重72㎏のディフェンダー。同選手はジュニア時代から鹿島の下部組織でプレーしており、28日にスペインへと出発する。同国の選手登録規定上、公式戦出場は8月以降となる予定だ。 2017.03.28 16:05 Tue
twitterfacebook
thumb

水戸が磐田MF清水貴文を期限付きで獲得

▽水戸ホーリーホックは25日、ジュビロ磐田に所属するMF清水貴文(24)を期限付きで獲得したことを発表した。契約期間は2018年1月31日までとなっている。 ▽2015年に中京大学から磐田に加入した清水は、昨年の明治安田生命J1リーグに1試合、YBCルヴァンカップに4試合、天皇杯に2試合出場していた。しかし、今シーズンはここまで公式戦での出場はない。 ▽水戸への期限付き移籍が決定した清水は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆水戸ホーリーホック 「初めまして。ジュビロ磐田から期限付き移籍で加入することとなりました清水貴文です。水戸でプレーできる事を大変うれしく思います。水戸のJ1昇格に貢献できるように、自分の力を出し切りたいと思います。応援よろしくお願いします」 ◆ジュビロ磐田 「この度、水戸ホーリーホックへ期限付き移籍することになりました。この2年間思うような結果は残せませんでしたが、新天地では新たな気持ちで、自分に厳しく、結果にこだわって戦ってきます。みなさんにまた成長した姿をお見せできるように頑張ります。引き続き、応援よろしくお願いします。ジュビロ磐田のJ1での活躍を応援しています」 2017.03.25 22:02 Sat
twitterfacebook
thumb

去就不透明の元磐田FWジェイ、今夏のJリーグ復帰で仮契約済みか

▽昨シーズン限りでジュビロ磐田を退団した元イングランド代表FWジェイ(34)は、今夏に再びJリーグに帰ってくるようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽強さと巧さを備えたストライカーであるジェイは2015年、当時J2の磐田に加入すると、リーグ戦32試合で20ゴールを記録。J1昇格の翌年には22試合14ゴールを挙げ、高い決定力を見せつけた。しかし、2016シーズン終了後に磐田を退団。現在まで無所属の状況が続いている。 ▽そうした状況の中、「今夏の極東行きで合意済み」との見出しで伝えられたところによれば、ジェイはクラブ名こそ明らかにされていないものの、7月1日以降の加入で日本のクラブと仮契約。個人的な問題が理由で磐田退団後、すぐに他クラブと契約しなかったという。 2017.03.24 13:20 Fri
twitterfacebook
thumb

柏、元日本代表MF細貝萌の加入合意を発表…2010年以来7季ぶりの国内復帰

▽柏レイソルは24日、シュツットガルトに所属する元日本代表MF細貝萌(30)の加入合意を発表した。2010年以来7シーズンぶりの国内復帰となる。 ▽群馬県出身の細貝は、2005年に前橋育英高校から浦和レッズに入団。その後、アウグスブルク、レバークーゼン、ヘルタ・ベルリン、ブルサシュポル、シュツットガルトでプレーした。 ▽しかし、今シーズンはシュツットガルトで出場機会が減少。ケガなどにも泣かされ、ブンデスリーガ2部で10試合の出場に留まり、昨年12月以来出番がない。 ▽7シーズンぶりに国内復帰を果たした細貝は、柏の公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「この度、ドイツVfB Stuttgartから移籍してきました細貝萌です。まず、この移籍に関わっていただいた全ての方々に感謝したいと思います。そして、なにより無事に柏レイソルの一員となれたこと、本当に嬉しく思っています」 「2011年にドイツに移籍してから約6年間海外でプレーしてきたので、久しぶりに日本でプレーすることが楽しみである一方で不安もありますが、チームの目標達成に貢献できるよう自分の全てをこのチームに捧げたいと思っています」 「柏レイソルがもっともっと素晴らしいクラブになることが出来るよう、ピッチ上で全力を尽くします。レイソルサポーターの皆様、よろしくお願いします。日立台で皆様に会える日を今からとても楽しみにしています」 2017.03.24 10:35 Fri
twitterfacebook
thumb

仙台が韓国人GKイ・ユノを獲得

▽ベガルタ仙台は23日、中東高(韓国)に所属する韓国人GKイ・ユノ(18)の加入が決定したことを発表した。 ▽韓国出身のイ・ユノは身長190cm、体重88㎏のゴールキーパー。仙台への加入が決定したイ・ユノは、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ベガルタ仙台に加入し、プロサッカー選手としてプレーする機会をいただき、感謝いたします。年齢は18歳と若いですが、1日でも早くチームの力になり、目標達成に貢献できるよう日々精進して参ります。サポーターのみなさま、応援よろしくお願いいたします」 2017.03.23 18:06 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース