【2017Jリーグ補強診断】ストライカー到着なら期待値上昇の顔ぶれ《ガンバ大阪》2017.02.05 15:01 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2月25日に開幕を迎える2017シーズンの明治安田生命J1リーグ。3年ぶりの1シーズン制が復活となり、全18チームがタイトルを目指してしのぎを削る。開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全クラブの補強を診断。変革期を迎えたガンバ大阪編をお届けする。

◆3冠達成時の主力が流失
Getty Images
【OUT】
DF
岩下敬輔(30)→アビスパ福岡/完全
西野貴治(23)→ジェフユナイテッド千葉/期限付き

MF
大森晃太郎(24)→ヴィッセル神戸/完全
内田達也(24)→東京ヴェルディ/期限付き
二川孝広(36)→東京ヴェルディ/期限付き期間延長
阿部浩之(27)→川崎フロンターレ/完全
岡崎建哉(26)→栃木SC/完全
小椋祥平(31)→ヴァンフォーレ甲府/完全

FW
赤嶺真吾(33)→ファジアーノ岡山/完全
小川直毅(21)→契約満了
▽2014年の三冠達成時から長年にわたってチームをリードしてきたDF岩下敬輔、MF大森晃太郎、MF阿部浩之が相次いで退団。中でも、大森と阿部は生え抜きであり、貴重な戦力だっただけに、チームだけでなく、ファンにとっても喪失感を駆り立てるものとなった。

◆補強診断(★5つが最高)
★★★☆☆
▽将来性溢れる若手から主軸になり得る中堅選手まで獲得に成功。しかし、最優先事項のストライカー獲得が難航しているだけでなく、主力も流失したため、ネガティブな印象が強い。ただ、ここにきて、元サンフレッチェ広島のFWドウグラスとの接触報道が浮上。これが実現すれば、待望のストライカー到着となる。

◆念願の身体能力高きCBを獲得【GK&DF】
Getty Images
【IN】
鈴木椋大(22)←横浜F・マリノス/完全
ペ・スヨン(18)←ボイン高校/新加入
ファビオ(27)←横浜F・マリノス/完全
三浦弦太(21)←清水エスパルス/完全
▽実践経験がある若手GKと、センターバックを重点的に補強。とりわけ、スピードや高い身体能力で勝負できるDFファビオと、U-23日本代表候補歴を持つDF三浦弦太の獲得は、ウィークポイントの1つとして挙げられてきたセンターバック陣のタレント力向上につながるはずだ。

◆攻撃面特化の面々【MF】
Getty Images
【IN】
食野亮太郎(18)←ガンバ大阪ユース/昇格
井出遥也(22)←ジェフユナイテッド千葉/完全
泉沢仁(25)←大宮アルディージャ/完全
森勇人(21)←名古屋グランパス/完全
中原彰吾(22)←北海道コンサドーレ札幌/期限付き
高江麗央(18)←東福岡高校/新加入
高宇洋(18)←市立船橋高校/新加入
▽阿部、大森ほどの守備への献身性を兼ね備えた選手こそ見当たらないが、攻撃で存在価値を見いだすタイプの面々を獲得。中でも、MF泉沢仁とMF井出遥也の2選手には、既存選手のMF堂安律と共に、アタッキングサード付近での打開力発揮に大きな期待がかかる。

◆アデミウソンの完全移籍加入が唯一もの救いに【FW】
Getty Images
【IN】
郡大夢(19)←東京ヴェルディ/期限付き
アデミウソン(23)←サンパウロFC/完全
▽上述の通り、即戦力級のストライカーの加入はない。ただ、2015年の来日当時に移籍金10億円とも言われていたFWアデミウソンを完全移籍で買い取ることができたのは朗報。また、事前の報道によれば、クラブは水面下でストライカー補強の動きを継続中。何かしらのニュースが飛び込んできてもおかしくない状況だ。

コメント

関連ニュース

thumb

C大阪MF清原翔平が徳島に期限付き移籍

▽徳島ヴォルティスは24日、セレッソ大阪からMF清原翔平(30)が期限付き移籍で加入したことを発表した。期限は2018年1月31日までとなる。 ▽JFLに属するSAGAWA SHIGA FCで59試合29得点を記録した清原は、2013年にツエーゲン金沢へ移籍し、Jリーグデビュー。それ以来、Jリーグ通算112試合で26得点を挙げている。C大阪には2016年に加入。今シーズンは公式戦10試合のみの出場にとどまっている。清原は両クラブを通してコメントしている。 ◆徳島ヴォルティス 「この度、セレッソ大阪から加入することになりました。徳島ヴォルティスがJ1に昇格出来るよう自分の出来る限りを尽くしていきます。チーム、ファン、サポーター、全員の力で昇格しましょう」 ◆セレッソ大阪 「この度、徳島ヴォルティスに期限付き移籍することになりました。チームの力になれていなく、そして自分の力不足を感じ、新しいチャレンジを選択させてもらいました。ファン、サポーターの皆さん熱い応援本当に感謝しています。ありがとうございました」 2017.07.24 19:25 Mon
twitterfacebook
thumb

元ドルトムントのC大阪MF丸岡満が長崎に期限付き移籍!

▽V・ファーレン長崎は24日、セレッソ大阪から元U-17日本代表MF丸岡満(21)が期限付き移籍で加入したことを発表した。期限は2018年1月31日まで。背番号は「39」を着用することが決定している。 ▽C大阪の下部組織で育った丸岡は、2014年にドルトムントへレンタル移籍をした経歴を持つ。ドルトムントには2014年から2016年までの2シーズンにわたって所属していたが、ブンデスリーガ1試合のみの出場にとどまり、昨シーズンからC大阪に復帰。今シーズンは公式戦13試合に出場していた。丸岡は両クラブを通してコメントしている。 ◆V・ファーレン長崎 「セレッソ大阪から来ました丸岡満です。今回、このような機会をいただき、ありがとうございます。V・ファーレン長崎の一員としてチームのために全身全霊を懸けて戦いたいと思います。ファン・サポーターの皆さんに少しでも早く『丸岡満』の存在を認めていただけるように、全力でプレーして結果を残していきたいです。よろしくお願いします!」 ◆セレッソ大阪 「この度、V・ファーレン長崎に期限付き移籍をすることになりました。僕はユースからセレッソ大阪で育ち、2014年にはドイツへの挑戦もさせてもらいました。今の自分がより成長するために何が必要かを考えて、今回長崎での挑戦を決断しました。いつも応援してくださったサポーターの皆様に成長した姿をお見せできるように、本気で頑張ってきます」 2017.07.24 18:12 Mon
twitterfacebook
thumb

横浜FMのFW仲川輝人が福岡へ期限付き移籍

▽アビスパ福岡は24日、横浜F・マリノスからFW仲川輝人(24)が期限付き移籍で加入したことを発表した。期限は2018年1月31日まで。背番号は「24」を着用することが決まっている。 ▽川崎ユース出身の仲川は、専修大学を経て、2015年に横浜FMで公式戦デビューを果たした。昨シーズンは、9月からFC町田ゼルビアにレンタルでの加入をしており、明治安田生命J2リーグ12試合で3得点を記録。今シーズンは横浜FMでプレーをしていたが、公式戦4試合出場1得点に留まった。仲川は両クラブの公式サイトを通じてコメントしている。 ◆アビスパ福岡 「アビスパ福岡に加入することになりました仲川輝人です。チームの目標を達成するために、自分の持っている力のすべてを出し切り、1つでもJ1(明治安田生命J1リーグ)昇格への力になりたいと思います。応援よろしくお願いします」 ◆横浜F・マリノス 「アビスパ福岡に期限付き移籍をすることとなりました。試合に出場し、実戦経験を積むことで、サッカー選手として更なる向上を目指し頑張りたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」 2017.07.24 14:57 Mon
twitterfacebook
thumb

栃木DF二戸将が栃木県社会人リーグのAS CASAに期限付き移籍

▽栃木県社会人リーグ1部に所属するAS CASAは23日、栃木SCから元U-15日本代表DF二戸将(28)が期限付き移籍で加入したことを発表した。期限は2018年1月31日まで。背番号は「34」を着用することが決まっている。 ▽ガンバ大阪ユース出身の二戸は、ブラウブリッツ秋田、MIOびわこ滋賀、ヴェルスパ大分などでプレー。2016シーズン途中、大分時代にもAS CASAへ期限付きで加入しており4試合出場1得点を挙げていた。今シーズンから栃木SCに加入した二戸は、公式戦の出場は0試合。半年間で、AS CASAへ出戻ることとなった。二戸は両クラブ公式サイトを通じてコメントしている。 ◆FC CASA 「この度、栃木SCからFC CASAに期限付き移籍加入することになりました二戸 将です。関東リーグ昇格に向けて、FC CASAのために全力で戦いますのでスポンサー、サポーターの皆さま、応援よろしくお願いします」 ◆栃木SC 「この度、FC CASA FORTUNA OYAMAに期限付き移籍することになりました。サポーターの皆様には直接ご挨拶できずに申し訳ありませんが、同じ栃木県内のチームなので、FC CASAのことも気にかけていただけると幸いです。栃木SCのJ3(明治安田生命J3リーグ)優勝とJ2(明治安田生命J2リーグ)昇格を願っています」 2017.07.24 13:17 Mon
twitterfacebook
thumb

熊本DF薗田淳が藤枝MYFCに期限付き移籍

▽藤枝MYFCは23日、ロアッソ熊本からDF薗田淳(28)が期限付き移籍で加入することを発表した。 ▽これまでに川崎フロンターレや北海道コンサドーレ札幌でプレーしてきた薗田は、2016シーズンに熊本でリーグ戦14試合に出場して1得点を記録。2017シーズンはここまで出場機会がなかった。 ▽薗田は双方のクラブ公式サイトで以下のコメントを残している。 ◆藤枝MYFC 「藤枝MYFCサポーターの皆さん、はじめまして。高校時代に多くの試合を戦ったここ藤枝でプロサッカー選手としてプレー する事が不思議な気持ちであり幸せな気持ちです。それと同時にこのタイミングでの加入という事で責任を感じます。 一つでも多くの試合に出て、チームを勝たせられる選手に成長できるよう普段のトレーニングから頑張りますので応援よ ろしくお願いします」 ◆ロアッソ熊本 「スポンサー様、サポーターの皆さん。試合運営に関わるボランティアの皆さん。クラブのスタッフ、チームメート。バスの運転手さん。ロアッソ熊本に関わる皆様。様々なかたちで支えていただき、ありがとうございました」 「今シーズンを迎える際に覚悟を持ってこの熊本に戻ってきました。ただ過ごした半年はとても苦しい時間になりました。そんな中でも皆さんから元気やパワーをもらい、今現在復帰し、進化していくチームと共にこれからまたプレーすることで、この苦しんだ半年の全てをぶつけて恩を返していこうと思っていました。ただ、年齢やサッカー選手寿命を考えると、この先プレーできている時間の全てが貴重で、今もらったチャンスを大切にしたいと思い、このような決断をさせていただきました。これからも自分はまわりにいかされているという気持ちを忘れず、謙虚に厳しく前に進んでいきます」 「熊本地震によって厳しかった昨シーズンは、皆さんの支えなくして戦い抜くことはできませんでした。それはクラブにとって大きな経験でした」 「更に成長するためにどんな時も皆さんがクラブを支えてください!改めて1年半、ありがとうございました」 2017.07.23 18:37 Sun
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース