バルサ下部組織出身のマケドニア代表MFバブンスキが横浜FCに移籍か2017.01.20 19:45 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナのカンテラ出身で、2016年1月からレッドスター・ベオグラードに加入したマケドニア代表MFダビド・バブンスキ(22)が横浜FCに移籍する可能性があるようだ。セルビア『mozzartsport』が報じた。▽1996年から1998年までガンバ大阪で背番号5を背負い、リベロの位置でプレーしたボバン・バブンスキ氏を父に持つダビド・バブンスキは、2006年からバルセロナのカンテラでプレー。2013年にバルセロナBへと昇格するも、2016年1月に契約満了で退団。レッドスター・ベオグラードと2年半契約を交わしていた。

▽『mozzartsport』によると、テレビ番組『Arena sport』にて発表されたとのこと。「ダビド・バブンスキは日本の2部リーグの横浜に行くだろう」と報じており、同じレッドスター・ベオグラードからポルトガル人FWウーゴ・ヴィエイラを獲得した横浜F・マリノスではなく、横浜FCへの移籍となりそうだ。なお、マケドニアやスロベニア、トルコのクラブからもオファーがあったものの、日本でのプレーを望んでいるとしている。

▽バブンスキは世代別のマケドニア代表としてプレーし、U-21マケドニア代表では23試合に出場し5得点を記録。2013年にはマケドニア代表デビューを果たし、ユーロ予選など8キャップを記録している。
コメント
関連ニュース
thumb

神戸退団の元日本代表DF伊野波雅彦が横浜FCに加入「全てをかけて真摯にプレー」

横浜FCは18日、ヴィッセル神戸を退団した元日本代表DF伊野波雅彦(33)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は「39」となる。 伊野波は宮崎県出身で、鹿児島実業高校から阪南大学を経て2006年にFC東京へと加入。その後、2008年に鹿島アントラーズへと移籍すると、2011年にはクロアチアのハイデュク・スプリトへと移籍する。2012年に神戸に加入し、Jリーグへと復帰すると、2013年にはジュビロ磐田へと移籍。2016年から再び神戸でプレーしていた。 J1リーグ通算243試合出場4得点、J2リーグ通算57試合出場2得点を記録。世代別の日本代表を経験し、2006年からはA代表でもプレー。2014年のブラジル・ワールドカップのメンバーにも選ばれていた。伊野波はクラブを通じてコメントしている。 「まずはじめに、自分を獲得してくれた横浜FCというクラブ、関係者の皆様に感謝いたします。最大の目標である昇格に向けて、これまでの経験や自分の持っている全てをかけて真摯にプレーいたします」 「昨シーズン、横浜FCの試合を映像で拝見しましたが、サポーターの皆様が作り出す最高の雰囲気のスタジアムでプレー出来ると思うと今から楽しみです。個人的には尊敬する三浦選手、松井選手から日々学びながら、これまでの自分の経験も若い選手たちに伝えていけたらと思います。シーズンの最後に皆さんと一緒に笑えるように、持っている全てを出し尽くしますので、サポートを宜しくお願いいたします」 なお、伊野波は19日(火)のトレーニングよりチームに合流する。 2019.02.18 11:50 Mon
twitterfacebook
thumb

キング・カズ、現役続行が決定 プロ34年目のシーズンへ

横浜FCは背番号「11」にちなみ、11日の午前11時11分、元日本代表FW三浦知良(51)との契約更新を正式発表した。 世界最年長のプロサッカー選手である三浦は2005年から横浜FCでプレー。横浜FC在籍14年目の2018シーズンは明治安田生命J2リーグ9試合にとどまり、4年ぶりの無得点に終わったが、自身の持つ最年長出場記録を51歳8カ月9日に更新した。 来月26日に52歳の誕生日を迎える今年、プロ34年目のシーズンに突入する三浦。契約更新を受け、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「2019シーズンの契約を更新しました。これもいつもサポートしていただいている皆さんの支えがあってこそと、感謝しています。ありがとうございます。1試合でも多く試合に出場し、1分、1秒無駄にする事なく、サッカーと向き合い全力で日々のトレーニングに臨んで行きたいと思います」 2019.01.11 11:15 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FC、DF渡邉将基と契約更新せず

横浜FCは11日、DF渡邉将基(32)との契約満了を発表した。 京都産業大学出身の渡邉は2009年にサガン鳥栖でプロキャリアをスタート後、2010年に横浜FC入り。2013年からギラヴァンツ北九州に加わり、FC岐阜を経て、2017年に横浜FC復帰を果たした。2018年は明治安田生命J2リーグ9試合に出場。J2リーグ通算196試合6得点を記録している。退団決定を受け、クラブ公式サイトで次のようにコメントした。 「横浜FCに関わる多くの方々の温かいサポートで、横浜FCの一員として戦えたことに感謝しています。またみなさんに元気にプレーする姿を見ていただけるように、これからも努力していきたいと思います。ありがとうございました」 2019.01.11 10:05 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FC、栃木SCのGK竹重安希彦を完全移籍で獲得「J1昇格の力に」

横浜FCは10日、栃木SCからGK竹重安希彦(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。 竹重は2010年に阪南大学からジュビロ磐田に入団。2015年に栃木SCに完全移籍し、昨シーズンは明治安田生命J2リーグに21試合出場した。 横浜FCへの完全移籍が決定した竹重は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆横浜FC 「栃木SCから移籍してきました竹重安希彦です。チームの目標であるJ1昇格の力になれるよう、日々努力してきます。よろしくお願いします」 ◆栃木SC 「この度、横浜FCに移籍することが決まりました。4年間でJ3降格、J2昇格、様々な事がありました。悔しくて、情けなくて心が折れそうな時が何度もありましたが、どんな時も信じて背中を押してくれた栃木SCのフロントスタッフ、チームスタッフ、チームメイト、ファン・サポーターの皆さんには感謝の気持ちしかありません。 この度移籍することを決断しましたが、これからの活躍が栃木SCへの恩返しだと思って覚悟を持って進んで行きたいと思います。4年間本当にありがとうございました」 2019.01.10 13:58 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FCのFW中山雄希、沼津へ完全移籍 昨季は鹿児島でプレー

横浜FCは9日、FW中山雄希(24)がアスルクラロ沼津に完全移籍することを発表した。 中山は2017年に早稲田大学から横浜FCに入団。昨シーズンは鹿児島ユナイテッドFCに期限付き移籍で加入し、明治安田生命J3リーグで11試合1ゴールを記録した。 沼津への完全移籍が決定した中山は、横浜FCの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆横浜FC 「横浜FCに携わる皆様、約2年間ありがとうございました。横浜FCで過ごした日々は私にとって貴重な財産となりました」 「悔しいことの多い約2年間でしたが素晴らしい方々との出会いや沢山のことを学ぶことができました。横浜FCで培ったものをこれからの人生で遺憾無く発揮し、今後の成長に繋げていきます。そして最後にいつも応援してくださった横浜FCのサポーター、ファンの皆様、本当にありがとうございました。新たなチームで成長した姿を見せれるようこれからも頑張ります。約2年間ありがとうございました」 2019.01.09 17:41 Wed
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース