超ワールドサッカー

ビジャレアル、J・コスタ&ガスパールのレギュラーSBと長期の新契約締結2017.01.11 23:27 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ビジャレアルは11日、スペイン人DFジャウメ・コスタ(28)とスペイン代表DFマリオ・ガスパール(26)の2選手と新契約を締結したことを発表した。今回の契約延長によって、ジャウメ(写真左)は2021年、ガスパール(写真右)は2023年までビジャレアルでプレーすることになる。

▽バレンシアの下部組織出身のジャウメは、2007年にビジャレアルBに加入。その後、2012年からトップチームに定着すると、左サイドバックのレギュラーとして、ここまで公式戦160試合に出場し、4ゴールを記録。今シーズンも公式戦18試合に出場している。

▽一方、ビジャレアル下部組織出身のガスパールは、2010年にトップチーム昇格を果たすと、ここまで公式戦250試合に出場し、8ゴールを記録。リーガ屈指の右サイドバックと評される同選手は、2015年にスペイン代表デビューを飾り、ここまで3試合に出場している。

コメント

関連ニュース

thumb

ビジャレアルがエスクリバ監督と1年の契約更新

▽ビジャレアルは24日、フラン・エスクリバ監督(52)と1年間の契約更新に至ったことを発表した。この契約延長により、2017-18シーズンもエスクリバ監督が指揮を執ることとなった。 ▽昨年8月にマルセリーノ・ガルシア・トラル監督が電撃退任したビジャレアルは、ヘタフェやエルチェで実績を残していたエスクリバ監督を招へい。新指揮官の下、ビジャレアルは持ち前の堅守をさらに磨き上げて、28失点のアトレティコ・マドリーに次ぐ33失点でシーズンを終了。5位でのフィニッシュを果たし、ヨーロッパリーグ出場権をもたらしていた。 2017.05.25 04:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ミラン、DFムサッキオのメディカル受診を報告…今夏の補強第一号に

▽ミランは22日、ビジャレアルに所属するアルゼンチン代表DFマテオ・ムサッキオ(26)のメディカルチェック通過を発表した。 ▽ミランは同日、ムサッキオが現地でメディカルを受診している動画をアップ。このまま正式加入となれば、ムサッキオがミランの今夏における補強第一号となる。 ▽なお、事前の報道によれば、移籍金は推定1800万ユーロ(約22億4000万円)。ムサッキオは年俸250万ユーロ(約3億1000万円)の4年契約でのミラン加入になるとみられている。 ▽リーベル・プレート出身のムサッキオは、ビジャレアルBでの下積み時代を経てトップチームデビュー。今シーズンはビジャレアルで公式戦30試合に出場していた。 2017.05.23 12:55 Tue
twitterfacebook
thumb

バレンシアとのダービーを制したビジャレアルがEL出場確定《リーガエスパニョーラ》

▽ビジャレアルは21日、リーガエスパニョーラ最終節でバレンシアの本拠地メスタージャに乗り込み、3-1で勝利し、来季のヨーロッパリーグ(EL)出場を決めた。 ▽ELストレートインとなる5位を死守したいビジャレアル(勝ち点64)は、6位ビルバオ、7位ソシエダに1ポイント差とされている中、12位バレンシア(勝ち点46)とのダービーマッチに臨んだ。 ▽試合は開始1分、ソルダードの古巣弾でビジャレアルが先制する。モントーヤのバックパスミスをボックス右のソルダードがボレーでゴール左へ豪快に蹴り込んだ。 ▽先制後、バレンシアの反撃に遭ったビジャレアルは18分に左クロスからパレホに合わせられた決定的なシュートは、GKアンドレス・フェルナンデスがファインセーブで阻止。続く26分には、ナニのスルーパスに抜け出したガヤに際どいシュートを浴びたが、ここもGKアンドレス・フェルナンデスが好守で防いでいく。 ▽ハーフタイムにかけてもバレンシアの攻勢を受ける展開となったビジャレアルだったが、凌ぎきって1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽しかし迎えた後半の54分、ボックス手前左からのロドリゴ・モレノのクロスをニアサイドのナニに打点の高いヘッドで流し込まれ、バレンシアに同点とされてしまう。 ▽それでも58分、分厚い攻めを見せたビジャレアルはボックス右のジョナタン・ドス・サントスのグラウンダークロスをトリゲロスがダイレクトで合わせてゴール左へ流し込み、すかさず勝ち越しに成功する。 ▽その後、70分にモントーヤを削ってムニルを投入してきたバレンシアに対し、ビジャレアルは終盤にかけてボールを回して試合をコントロール。すると88分、途中出場コンビでダメ押しゴールを挙げる。アドリアン・ロペスのスルーパスを受けたボックス左のサンソーネが左足でシュートを流し込んだ。 ▽ダービーを制したビジャレアルが5位を死守し、来季のEL出場を決めている。 2017.05.22 01:47 Mon
twitterfacebook
thumb

ビジャレアル、指揮官エスクリバの続投が確実に…今季終了時までの契約を1年延長へ

ビジャレアルは、来季もフラン・エスクリバ監督に指揮を託す決断を下したようだ。<br><br>エスクリバ監督は今季開幕直前、マルセリーノ・ガルシア・トラル前監督の電撃退任を受けて、ビジャレアルの指揮官に就任した。現行契約は今季終了時までとなっている。<br><br>ビジャレアルのフェルナンド・ロイグ会長は地元メディア『コペ・カステジョン』に対して「エスクリバは続ける。我々は合意に向けて話し合っているところだが、彼が続けるということは言えるよ」と述べ、指揮官の続投を明言した。ビジャレアル側はエスクリバ監督に1年の契約延長を準備しているとみられる。<br><br>ビジャレアルは今季のリーガエスパニョーラで、37試合を消化して5位に位置。最終節バレンシア戦で勝利を収めれば、無条件で来季のヨーロッパリーグ出場が確定する。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.17 21:58 Wed
twitterfacebook
thumb

“MSN”揃い踏みでビジャレアルを撃破のバルサがリーグ戦5連勝で暫定首位キープ!《リーガエスパニョーラ》

▽バルセロナは6日、リーガエスパニョーラ第36節でビジャレアルとのホーム戦に臨み、4-1で勝利した。 ▽前節、エスパニョールとの“バルセロナ・ダービー”を3-0で完勝し、暫定首位をキープしているバルセロナ(勝ち点81)が、ヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得を目指す5位ビジャレアル(勝ち点63)を本拠地カンプ・ノウに迎えた。リーガ3連覇に向けてポイントロスは許されないバルセロナは、前節から先発メンバーを2人変更。ジョルディ・アルバとアンドレ・ゴメスに変えてディーニュとイニエスタを起用した。 ▽試合は立ち上がりからバルセロナがボールを保持するも、堅守を誇るビジャレアルのハイプレスに苦戦し、低調なパフォーマンスで時間が経過。20分には、ボックス手前で獲得したFKをメッシが柔らかなキックでゴール右隅を狙ったが、これはGKアンドレス・フェルナンデスにキャッチされた。 ▽チャンスを逃したバルセロナだったが、直後に先制点を奪う。21分、カウンターから右サイドを突破したスアレスがファーサイドにクロスを送る。これを受けたメッシがボックス左からシュート。これは対峙したガスパールにディフレクトするも、ゴール前へこぼれたボールをネイマールが右足でプッシュしてゴールネットを揺らした。 ▽このゴールで勢いに乗るバルセロナは29分、ボックス左手前でディーニュがスライディングで相手のクリアを阻止すると、セカンドボールを拾ったラキティッチがボックス左へスルーパス。これに反応したメッシが左足でシュートを放つが、ゴール右へと外れる。 ▽試合のペースを握りかけたバルセロナだったが、一瞬の隙からビジャレアルに試合を振り出しに戻されてしまう。32分、ハーフウェイライン付近左でボールキープしたソルダードにロングスルーパスを許すと、最終ラインの裏に抜け出したバカンブにGKテア・シュテーゲンがニアサイドを射抜かれた。 ▽同点ゴールを許すと、試合は一気にオープンな展開となる。39分、ボックス右外でパスを受けたメッシが右足でクロスを供給。これをゴール前に上っていたピケが頭で合わせるも枠を捉えることができない。 ▽直後の40分、バルセロナはロベルト・ソリアーノのクロスをソルダードに合わせられ、ビジャレアルにゴールを脅かされる。相手に攻勢を許すバルセロナだったが、この嫌な空気をメッシが断ち切る。45分、ブスケッツからパスを受けたメッシは、敵陣中央からドリブルを開始。ボックス手前やや左に持ち込んで左足を振り抜くと、ガスパールにディフレクトしたボールがゴール右隅へと吸い込まれた。 ▽勝ち越しに成功して試合を折り返したバルセロナは、後半もポゼッションを高めてビジャレアルの守備のほころびを探る。すると57分、敵陣中央でパスを受けたメッシがボックス左手前のネイマールとのパス交換でバイタルエリアへ進攻し、5人のマークに囲まれながらも右足でボレーシュート。しかし、これは惜しくもGKアンドレス・フェルナンデスに阻まれる。 ▽攻勢を続けるバルセロナは、69分に待望の追加点を奪う。ボックス右手前でスアレスがセルジ・ロベルトからパスを受けると、カットインからのキックフェイントでゴール前右へと侵攻。そのまま右足を振り抜くと、GKアンドレス・フェルナンデスの右手を弾いたボールがゴールに突き刺さった。 ▽リードを広げたバルセロナは、その後も主導権を掌握。すると81分、巧みなタッチでボックス左を切れ込んだネイマールのクロスをファーサイドのスアレスが右足で合わせると、これがジャウメの手に当たってハンドの判定。このPKをメッシが冷静なチップキックでゴールど真ん中に蹴り込んだ。 ▽4点目を決めてビジャレアルにとどめを刺したバルセロナは終盤、落ち着いたパス回しで試合をフェードアウト。前半は苦戦を強いられるも、後半は危な気ないゲーム運びで試合を掌握したバルセロナが、MSN揃い踏みの4発でリーグ戦5連勝を飾った。 2017.05.07 04:45 Sun
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース