ビジャレアル、J・コスタ&ガスパールのレギュラーSBと長期の新契約締結2017.01.11 23:27 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ビジャレアルは11日、スペイン人DFジャウメ・コスタ(28)とスペイン代表DFマリオ・ガスパール(26)の2選手と新契約を締結したことを発表した。今回の契約延長によって、ジャウメ(写真左)は2021年、ガスパール(写真右)は2023年までビジャレアルでプレーすることになる。

▽バレンシアの下部組織出身のジャウメは、2007年にビジャレアルBに加入。その後、2012年からトップチームに定着すると、左サイドバックのレギュラーとして、ここまで公式戦160試合に出場し、4ゴールを記録。今シーズンも公式戦18試合に出場している。

▽一方、ビジャレアル下部組織出身のガスパールは、2010年にトップチーム昇格を果たすと、ここまで公式戦250試合に出場し、8ゴールを記録。リーガ屈指の右サイドバックと評される同選手は、2015年にスペイン代表デビューを飾り、ここまで3試合に出場している。

コメント

関連ニュース

thumb

ブルーノ、バルサ戦のハンド疑惑について「マスチェラーノのハンドもあったなら引き分けだ」

8日のリーガエスパニョーラ第17節、ビジャレアルは本拠地エル・マドリガルでのバルセロナ戦を1-1のドローで終えた。MFブルーノ・ソリアーノは試合後、自身のハンド疑惑について見解を述べている。<br><br>ブルーノはビジャレアルが1-0でリードしていた72分、FWリオネル・メッシが放ったシュートを、ペナルティーエリア内で手を使って止めた疑いがある。<br><br>スペイン『モビスタール・プルス』の試合後インタビューでそのことについて問われたビジャレアル主将は、「まず自分の手があって、そこにボールが来たんだ」と返答。さらにMFハビエル・マスチェラーノにもハンド疑惑があったことを伝えられ、「だったら、引き分けということだね。審判の仕事は難しいものだよ」と語った。<br><br>ブルーノは一方で、FWリオネル・メッシのFKで同点に追いつかれたことについて、次のような感想を口にしている。<br><br>「最初の25分間、チームは決定的なチャンスを手にしていった。その後には偉大なチームを相手に守備に奔走することになったね。僕たちは勝利を手中に収めていたが、ある素晴らしい選手の天才的なプレーによって、それを逃すことになったんだよ」<br><br>提供:goal.com 2017.01.09 09:50 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:ビジャレアル 1-1 バルセロナ《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第17節、ビジャレアルvsバルセロナが8日にエル・マドリガルで行われ、1-1のドローに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽ビジャレアル採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170109_11_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 アセンホ 6.0 シュートへの反応、スペースへの飛び出しの感覚共に優れていた DF 2 ガスパール 6.5 数的優位を作られて難しい対応が多かったが、抜群の読みと泥臭さで対応 35 ムサッキオ 6.5 相手の異次元の個人技ダイレクトプレーに対して、良い距離感を保った組織的な守備で対応。無念の負傷交代… (→アルバロ・ゴンサレス -) 6 ビクトル・ルイス 6.5 不用意に釣り出されず、中央のエリアをきっちり締めた。危険なエリアへの侵入を許さず 11 ジャウメ 5.5 序盤はセルジ・ロベルトの攻撃参加に苦戦も徐々にアジャスト。試合終了間際に2枚目の警告を受けて退場に… MF 8 ジョナタン・ドス・サントス 6.0 2度の決定機を逃がすも、古巣相手に攻守両面で奮闘 21 ブルーノ 6.5 ビルドアップの起点となるブスケッツを徹底監視。相手のプレスに晒されながらもさすがの展開力を見せた 14 トリゲロス 6.0 豊富な運動量と安定したテクニックでうまく味方を生かした 20 ソリアーノ 6.0 先制点に繫がるインターセプトなど、守備時の気の利いた動きが光った。攻撃への切り替えもスムーズだった (→ロドリゴ・エルナンデス -) FW 18 サンソーネ 6.5 持ち味の爆発的なスピードを生かして先制点を記録。カウンターの場面で常に相手の脅威となった 10 パト 6.0 絶妙なスルーパスで先制点をアシスト。気迫のこもったプレーで苦手の守備でも奮闘 (→カスティジェホ -) 監督 エスクリバ 6.0 メッシにこじ開けられるも、最強の盾は伊達ではない ▽バルセロナ採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170109_12_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 テア・シュテーゲン 5.0 失点場面はやや中途半端なポジショニングだった。相手のハイプレスに晒されながらも冷静にボールを捌いた DF 20 セルジ・ロベルト 5.5 決定的な仕事はできなかったが、攻撃のアクセントとなった 3 ピケ 6.0 要所を締めた守備に加え、攻撃への絡みも良かった 14 マスチェラーノ 6.0 相手のカウンターの起点をきっちり潰していた 19 ディーニュ 5.5 積極的な攻撃参加で攻撃に幅を与えたが、痛恨のパスミスで失点に関与 (→アルダ 5.5) 前線で身体を張り、終盤の猛攻に絡んだ MF 21 アンドレ・ゴメス 5.0 守備や繋ぎの場面で最低限の仕事はこなしたが、効果的な絡みが少ない (→デニス・スアレス 5.5) 古巣初対戦。球際でよく戦った 5 ブスケッツ 6.0 攻守共にいつも通りの安定感 8 イニエスタ 6.5 積極的にボールを呼び込んでチャンスメークに加え、フィニッシュにも絡んだ FW 10 メッシ 6.5 圧巻のFK弾でチームを救う。相手の堅守を個人技でこじ開けた 9 スアレス 5.5 絶妙な動き出しで危険なスペースをアタックしたが、良い形でフィニッシュまで持ち込めず 11 ネイマール 5.5 決定機に顔を出したが、決め切るという課題をクリアできず 監督 ルイス・エンリケ 5.5 選手層の問題か、使い方の問題か、プランBがない ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! サンソーネ(ビジャレアル) ▽結果を見れば、主役の座はメッシに奪われたが、格上バルセロナを要所で苦しめたイタリア代表FWをMOMに選出。高い戦術理解度と身体能力を武器に、ビジャレアルの堅守速攻を見事に機能させた。 ビジャレアル 1-1 バルセロナ 【ビジャレアル】 サンソーネ(後5) 【バルセロナ】 メッシ(後45) 2017.01.09 06:59 Mon
twitterfacebook
thumb

メッシが2戦連発の圧巻直接FK弾もビジャレアルとの上位対決はドロー《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第17節、ビジャレアルvsバルセロナが8日にエル・マドリガルで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽首位レアル・マドリーを暫定3ポイント差で追う2位のバルセロナは、4位のビジャレアルとの上位対決で新年のリーガをスタート。5日に行われたコパ・デル・レイ5回戦1stレグで試合終盤に9人となったビルバオ相手にまさかの黒星を喫したバルセロナは、その一戦から先発3人を変更。マスチェラーノとディーニュが最終ラインに入り、ラキティッチに代わってアンドレ・ゴメスがブスケッツ、イニエスタと共に中盤で起用された。 ▽リーガ最多の41ゴールを誇るバルセロナに対して、リーガ最少の11失点を誇るビジャレアルという、リーガ最強の矛と最強の盾が激突した注目の一戦。前から積極的に圧力をかけるホームチームのプレスを、イニエスタやメッシを起点にいなしていくアウェイチームは、開始3分にイニエスタがファーストシュートを放つなど、攻勢を見せる。続く9分にはメッシの浮き球パスに抜け出したネイマールがボックス右でシュートを狙うが、これは飛び出したGKアセンホに阻まれる。 ▽一方、ハイプレスとコンパクトな陣形を保ったリトリート守備の二段構えで相手の強力な攻撃を迎え撃つビジャレアルは、持ち味の素早い攻守の切り替えから鋭いカウンターを仕掛ける。9分に古巣対戦のドス・サントスが惜しいボレーシュートを放つと、その後は快速FWサンソーネが続けてボックス内まで持ち込んでGKテア・シュテーゲンを脅かした。 ▽その後も戦術的な要素と、個々のスキルが混ざり合う緊迫感のある攻防が続く。前半終盤にかけては中盤で潰し合う場面が目立ち、互いにフィニッシュまで持ち込めない。それでも、ネイマールの左CKからニアに走り込んだメッシが枠を捉えたヘディングシュート、45分にはボックス手前で左サイドのディーニュから折り返しを受けたスアレスが狙い澄ましたダイレクトシュートを放つが、いずれもGKアセンホに防がれ、前半はゴールレスで終了した。 ▽後半も前半同様にボールを保持するバルセロナに対して、ビジャレアルが堅守速攻で応戦。すると50分、ホームチームの得意の形から先制点が生まれる。左サイドを攻め上がったディーニュの横パスを自陣深くでインターセプトしたソリアーノがすぐさまパトに預ける。相手陣内をドリブルで持ち上がったパトがボックス右に走り込むサンソーネに絶妙なスルーパスを送ると、イタリア代表FWは冷静にゴール左隅へ流し込んだ。 ▽敵地で先制を許したバルセロナは、すぐさま反撃を開始。55分過ぎには“MSN”の高速カウンターからゴール前のメッシに絶好機も、ここは相手に囲まれてフィニッシュまで持ち込めない。 ▽流れを変えたいルイス・エンリケ監督は、68分にアンドレ・ゴメスを下げて古巣対戦のデニス・スアレス、71分にはディーニュを下げてアルダを投入。この交代でブスケッツがセンターバック、マスチェラーノが左サイドバックに移り、[4-2-3-1]の攻撃的な布陣に変更した。 ▽ここから猛攻を見せるバルセロナは、73分にボックス手前でイニエスタのパスを受けたメッシが密集地帯で左足を振り抜くが、このシュートは左ポストを叩く。さらに75分にはカウンターからメッシのパスに抜け出したスアレスが深い切り返しでDFを外し、左足のシュートを放つが、今度はGKアセンホのファインセーブに遭う。 ▽その後、守備的な交代カードを切って逃げ切りを図るビジャレアルをバルセロナが押し込んでいく。だが、最後の場面で圧巻の集中力を発揮するホームチームが、再三のピンチを防ぐ。だが、敗色濃厚のバルセロナを救ったのは、頼れるエースの左足だった。90分、ペナルティアーク付近の絶好の位置でFKを得たメッシは、集中した表情で左足を振り抜くと、このシュートがゴール左上隅を寸分違わず射抜き、劇的な同点ゴールが生まれた。 ▽メッシの公式戦2試合連続直接FK弾で土壇場で振り出しに戻った試合は、試合終了間際にジャウメが2枚目の警告を受けて退場となるアクシデントもあったが、1-1のままタイムアップ。上位対決に相応しい白熱の攻防を繰り広げた両者だが、首位レアル・マドリーの背中が遠のく痛み分けのドローとなった。 2017.01.09 06:58 Mon
twitterfacebook
thumb

ビジャレアル、スロベニア代表DFヨキッチとの契約を解消

▽ビジャレアルは2日、スロベニア代表DFボヤン・ヨキッチ(30)との契約を双方合意の下で解消したことを発表した。 ▽2013年にキエーボからビジャレアルに加入した左サイドバックのヨキッチだが、クラブ在籍3年半の通算出場数は、わずかに33試合と思うように出場機会を得られず。昨シーズンの後半は、イングランド2部のノッティンガム・フォレストにレンタルで出されていた。 ▽スロベニア代表として通算82試合に出場してきた経験豊富なベテランDFは、今冬に新天地を求めることになった。 2017.01.03 05:36 Tue
twitterfacebook
thumb

ガラタサライ、中国移籍迫るポドルスキの後釜としてパトを狙う?

ガラタサライがFWルーカス・ポドルスキの後釜として、ビジャレアルFWアレシャンドレ・パトの獲得を狙っているという。<br><br>ポドルスキは中国の北京国安移籍に迫っているとされる。複数のトルコメディアが報じるところによれば、ガラタサライはその後釜としてパトに目をつけたようだ。<br><br>一方でスペイン『マルカ』は、ビジャレアルがパトを売却する可能性は低いと報道。FWセドリック・バカンブがアフリカ・ネーションズカップに参加することで最長で1カ月の離脱となり、またFWロベルト・ソルダードが負傷で長期離脱中と、ストライカーが不足しているためだ。<br><br>パトは昨夏、移籍金300万ユーロでコリンチャンスからビジャレアルに加入。今季のリーガエスパニョーラでは10試合に出場して1得点を記録している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.02 20:34 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース