ビジャレアル、J・コスタ&ガスパールのレギュラーSBと長期の新契約締結2017.01.11 23:27 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ビジャレアルは11日、スペイン人DFジャウメ・コスタ(28)とスペイン代表DFマリオ・ガスパール(26)の2選手と新契約を締結したことを発表した。今回の契約延長によって、ジャウメ(写真左)は2021年、ガスパール(写真右)は2023年までビジャレアルでプレーすることになる。

▽バレンシアの下部組織出身のジャウメは、2007年にビジャレアルBに加入。その後、2012年からトップチームに定着すると、左サイドバックのレギュラーとして、ここまで公式戦160試合に出場し、4ゴールを記録。今シーズンも公式戦18試合に出場している。

▽一方、ビジャレアル下部組織出身のガスパールは、2010年にトップチーム昇格を果たすと、ここまで公式戦250試合に出場し、8ゴールを記録。リーガ屈指の右サイドバックと評される同選手は、2015年にスペイン代表デビューを飾り、ここまで3試合に出場している。

コメント

関連ニュース

thumb

ビジャレアル、暴行・監禁で逮捕のDFルベン・セメドとの契約を一時凍結

▽ビジャレアルは23日、暴力事件で逮捕されたポルトガル人DFルベン・セメド(23)との雇用関係を一時凍結することを発表した。 ▽スペイン『マルカ』によると、セメドと男2人を含めた3人は、一般男性をセメドの自宅に監禁。その間に、被害者の家に侵入し金銭や恐喝するための品を盗み出したという。 ▽被害者が警察に駆けつけた際には、打撲痕や足首のケガ見つかっており、バレンシア市民警察は20日午後にセメド容疑者ら3人を逮捕。また、3人が銃を所持していた疑いもあり、その内の1人が脅しのために2回発砲したとも伝えられている。これにより、“暴行”ではなく“殺人未遂”として起訴される可能性も。 ▽このことを把握したビジャレアルは、推定無罪の理念を尊重するとしつつ、潔白が証明されるまでセメドとの雇用を凍結。その期間中は、給与の支払いも行われない。 ▽セメドが起こした暴力事件はこれが初めてではなく、昨年11月にはクラブで口論になった相手に銃を脅しに使ったとして、逮捕されていた。既に超えてはいけないラインを越えていたが、今回の事件でさらに衆人の下で脚光を浴びるのが困難になっただろう。 ▽昨年夏の移籍市場でスポルティング・リスボンからビジャレアルに加入したセメドは、次代を担う逸材として期待されていたが、今シーズン序盤に負傷。公式戦5試合の出場に留まっていた。 2018.02.24 03:22 Sat
twitterfacebook
thumb

暴力・盗難事件を起こしたビジャレアルDFが逮捕…

▽ビジャレアルのポルトガル人DFルベン・セメド(23)が暴力事件で逮捕されたようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽伝えられるところによると、セメドと男2人を含めた3人は、一般男性をセメドの自宅に監禁。その間に、被害者の家に侵入し金銭や恐喝するための品を盗み出したという。 ▽被害者が警察に駆けつけた際には、打撲痕や足首のケガ見つかっており、バレンシア市民警察は20日午後にセメド容疑者ら3人を逮捕したという。また、3人が銃を所持していた疑いもあり、その内の1人が脅しのために2回発砲したとも伝えられている。 ▽『マルカ』によれば、セメドが起こした暴力事件はこれが初めてではなく、以前はガラス瓶で男性を殴るという事件も起こしているようだ。さらに、クラブで銃を脅しに使ったことも報告されている。 ▽セメドは昨夏、スポルティング・リスボンから加入。その今シーズンは序盤に負ったケガにより、公式戦出場は5試合に留まっていた。 2018.02.21 14:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ビジャレアル、ロドリ弾で先制も終盤グラネロ直接FKに沈みドロー決着《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第24節のエスパニョールvsビジャレアルが18日にコルネジャで行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽リーガ5戦勝ちなしの15位エスパニョール(勝ち点26)が、連敗中の5位ビジャレアル(勝ち点37)をホームに迎えた一戦。 ▽ビジャレアルは、直近の試合である1-3で敗北したヨーロッパリーグ(EL)のリヨン戦からスタメンを4名変更。トリゲロス、バッカらに代えてハビ・フエゴ、ラバらを起用し、[4-4-2]ではなく[4-3-3]で試合に臨んだ。 ▽試合は、ハビ・フエゴとロドリゴ・エルナンデスが中盤で良い距離感を保つビジャレアルが落ち着いた入りをみせた。6分、DFビクトル・サンチェスのバックパスが短くなったところを、ロドリゴ・エルナンデスがインターセプトする。ボックス左の深い位置からマイナスに折り返すと、フォルナルスが右足でダイレクトシュート。しかし、ボールは右ポストに直撃して先制点とはならない。 ▽その後、球際の激しいエスパニョールの守備に苦しみ前線まで運べない時間が続くが、25分に好機を手繰り寄せる。ラバとのワンツーで右サイドを突破したガスパールがクロスを供給すると、ボックス内のウナルがシュートを放つ。一度はC・サンチェスのブロックに阻まれたが、駆け上がってきたロドリゴ・エルナンデスがこぼれ球を蹴り込み、エスパニョールDFの股下を通してネットを揺らした。 ▽反撃に出たいエスパニョールは、ビクトル・サンチェスとレオの右サイドでの好関係から打開を図ろうとするが、フィニッシュまで持ち込むことができない。 ▽ややラインが下がり気味になったビジャレアルも、最前線のウナルをターゲットに攻撃を構築しようとするがうまく収まらず。ややこう着状態のまま試合は折り返すことに。 ▽後半に入ると、リードしているビジャレアルはシステムを[4-4-2]に変更。最前線ではウナルとフォルナルスが2トップを形成し、ラバ、チェリシェフはサイドハーフにポジションを下げた。 ▽ややボールを持つ時間が長くなるエスパニョールだったが、なかなかゴールに迫ることができない。逆に64分、ビジャレアルのショートカウンターが発動する。右サイド高い位置でボールを奪取したガスパールが、中央にカットイン。ボックス内右にフリーで走り込んだラバをおとりに使いつつシュートを放ったが、得点には繋がらなかった。 ▽バランスを保ちつつ追加点を目指すビジャレアルは、72分にチェリシェフに代えてバッカを投入。バッカは最前線でウナルとコンビを組み、フォルナルスは左サイドにポジションを移した。 ▽すると73分、センターサークル付近でボールを持ったラバが、ディフェンスラインの中央を射抜く高精度のスルーパスを通す。しかし、ボックス内に抜け出したバッカがGKディエゴ・ロペスを交わして放ったシュートは、DFビクトル・サンチェスがかき出した。 ▽1点を追う展開が続く中、攻勢をかけるエスパニョールは85分にボックス手前中央でFKを獲得する。キッカーを担当したグラネロがほぼ助走なしで直接狙うと、鋭く回転のかかったシュートが枠を捉える。GKアセンホは一歩も動けず、同点弾とした。 ▽さらに試合終了間際の92分、後方からのフィードを最前線で受けたジェラール・モレーノが頭で背後に落とす。走り込んだレオが左足でボレーシュートを放つと、ポストに直撃。さらに跳ね返りをS・ガルシアが押し込もうとしたが、これをGKアセンホが防いだところで試合が終了した。 ▽この結果、エスパニョールは土壇場で敗北を回避したものの、6戦勝ちなしに。対するビジャレアルは連敗を脱出したが、掴みかけた勝利を逃がすこととなった。 2018.02.19 04:56 Mon
twitterfacebook
thumb

1人退場のビジャレアルがバルトラデビューのベティスに敗北で7戦ぶり黒星《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第22節のベティスvsビジャレアルが3日にビジャマリンで行われ、2-1でベティスが勝利した。 ▽連敗中の13位ベティス(勝ち点27)が、直近のリーガ6試合5勝1分けと負けのない5位ビジャレアル(勝ち点37)をホームに迎えた一戦。ベティスは今冬にドルトムントから獲得したDFバルトラを3バックの一角としてスタメン起用した。 ▽攻撃の核を担うホアキンを累積警告による出場停止で欠くベティスは、早めに最前線のルベン・カストロやモロンにボールを当ててからの攻撃を試みるも、チャンスには至らない。 ▽対するビジャレアルも中央を固めるベティスのカウンターを警戒。ロドリゴ・エルナンデスが中盤の底でボールを散らしつつ主導権を握りつつあるものの、危険なゾーンにはパスを入れられず、にらみ合いのような時間帯が続く。 ▽中盤での攻防が続くと、31分にルーズボールをクリアしようとしたボネーラが足を高く上げてしまい、飛び込んだルベン・カストロに直撃。スパイクの裏が当たるような形となると、ルベン・カストロは崩れるように倒れ込み、ボネーラにはレッドカードが提示される。 ▽10人となったビジャレアルは、最前線のウナルに代えてDFのA・ゴンサレスを投入。守備の安定を図って前半を終えようとする。 ▽すると試合は引き続き堅い展開となったが、前半終了間際の47分にファビアン・ルイスが相手陣内中央でのボール奪取に成功。ボックス手前右でパスを受けたモロンが思い切って右足を振り抜くと、ゴール左に突き刺さった。モロンにとっては、これがキャリア初のリーガでの得点となっている。 ▽直後に前半が終了し、試合はベティスのリードがリードする形で折り返すことに。 ▽巻き返したいビジャレアルは、58分にトリゲロスがボックス手前にパスを供給。これを受けたバッカが相手DFを背負っていた状態から独力で前を向き、シュートまで持ち込んだが、ボールは左ポストに弾かれる。 ▽ビジャレアルが決定機を逃すと、66分にはベティスに再びチャンス。ボックス手前左でボールを持ったファビアン・ルイスが左足でシュート性のクロスを入れると、ボックス内のモロンが頭でわずかに軌道を逸らし、自身の2得点目とした。 ▽劣勢を強いられているビジャレアルだったが、前に重心を置き積極的な攻撃を敢行し続けると、途中出場のチェリシェフが80分にショートカウンターの流れの中でボックス内に侵攻し、バラガンに倒されてPKを獲得。キッカーのバッカが落ち着いて沈め、1点差に迫る。 ▽しかし、その後の攻撃は不発に終わり、試合は終了。この結果、ベティスはホームで白星を飾り連敗をストップすることに。対するビジャレアルは、リーガ7戦ぶりの敗北を喫することとなった。 2018.02.04 02:21 Sun
twitterfacebook
thumb

乾貴士、ロシアW杯後ビジャレアルへ?

▽エイバルに所属する日本代表MF乾貴士(29)にビジャレアル移籍の可能性が急浮上した。スペイン『elgoldigital』が伝えている。 ▽乾は2007年に横浜F・マリノスでプロデビュー後、セレッソ大阪、ボーフム、フランクフルトを経て、2015年夏からエイバルでプレー。今シーズンのここまでリーガエスパニョーラでわずか1試合を欠場した以外、全試合に先発出場(3ゴール)をしていることが示すとおり、主力としての地位を確立している。 ▽その乾とエイバルの現行契約は、今シーズン限り。以前から延長の可能性が持ち上がっていたが、乾自身は現時点でエイバルとの交渉に応じるつもりがなく、今シーズン終了後の移籍先模索を考慮しているようだ。 ▽そこで有力な移籍先として挙がっているのが、スペインの名門ビジャレアルだ。ビジャレアルは乾の多才さと能力を評価しており、獲得交渉に動く可能性があるという。 ▽これらの報道が事実であれば、乾の移籍は今夏に行われるロシア・ワールドカップ後。新天地を求めるには区切りをつける良いタイミングだけに、あり得なくはなさそうだが、果たして…。 2018.02.01 20:55 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース