ビジャレアル、J・コスタ&ガスパールのレギュラーSBと長期の新契約締結2017.01.11 23:27 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ビジャレアルは11日、スペイン人DFジャウメ・コスタ(28)とスペイン代表DFマリオ・ガスパール(26)の2選手と新契約を締結したことを発表した。今回の契約延長によって、ジャウメ(写真左)は2021年、ガスパール(写真右)は2023年までビジャレアルでプレーすることになる。

▽バレンシアの下部組織出身のジャウメは、2007年にビジャレアルBに加入。その後、2012年からトップチームに定着すると、左サイドバックのレギュラーとして、ここまで公式戦160試合に出場し、4ゴールを記録。今シーズンも公式戦18試合に出場している。

▽一方、ビジャレアル下部組織出身のガスパールは、2010年にトップチーム昇格を果たすと、ここまで公式戦250試合に出場し、8ゴールを記録。リーガ屈指の右サイドバックと評される同選手は、2015年にスペイン代表デビューを飾り、ここまで3試合に出場している。

コメント

関連ニュース

thumb

白熱のビジャレアルvsエスパニョールはゴールレスドロー《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第5節のビジャレアルvsエスパニョールが21日に行われ、0-0のドローに終わった。 ▽2連勝中のビジャレアルが、前節今季初勝利を挙げたエスパニョールをホームに迎えた一戦。ビジャレアルはキャプテンのブルーノを負傷で欠くものの、バッカとバカンブの好調2トップを最前線に配した[4-4-2]を採用。対するエスパニョールは、左右のサイドハーフにレオ、ピアッティ、2トップにフラードとジェラール・モレノを配した[4-4-2]の布陣で臨んだ。 ▽試合は立ち上がりから一進一退の攻防となったなか、アウェイのエスパニョールが4分にレオのミドルシュート、7分にはアーロンの左クロスをゴール前のフラードが頭で合わすが、いずれも枠を捉え切れない。 ▽前半半ばを過ぎても拮抗した展開が続く。21分にはエスパニョールがセットプレーからエルモソのヘディングシュートでゴールに迫るが、ここはGKバルボサの好守に遭う。対するビジャレアルも右サイドに入るカスティジェホの個人技を軸に攻勢を仕掛けると、トリゲロスの圧巻のミドルシュートなどで決定機を作るが、こちらも決め切れず、前半はゴールレスで終了した。 ▽後半に入っても試合展開に変化はなし。互いに得意のカウンターからゴールに迫るものの、ジェラール・モレノの序盤の決定機はビジャレアルGKバルボサに、70分にバカンブが放った際どいシュートはエスパニョールGKパウ・ロペスの好守に遭う。 ▽過密日程の中で何とか勝ち点3がほしい両チームは積極的に交代カードを切っていく。試合終盤にかけてはロベルト・ソリアーノ、ウナルと途中出場の2人のプレーでホームのビジャレアルが攻勢に転じるが、最後までエスパニョールの堅守を崩し切れず。白熱の一戦は痛み分けのゴールレスドローに終わった。 2017.09.22 05:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ミラン放出要員のFWバッカがビジャレアルにレンタル移籍

▽ビジャレアルは16日、ミランのコロンビア代表FWカルロス・バッカ(30)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は1年間、背番号は「9」をつける。 ▽バッカは2015年7月にセビージャからミランへと完全移籍。加入1年目はセリエAで38試合に出場し18ゴール2アシストと結果を残すと、2年目の昨シーズンもセリエAで32試合に出場し13ゴール5アシストを記録していた。 ▽今夏はマルセイユや古巣のセビージャなどからラブコールが届いていたバッカに対し、ミランも放出を容認。最終的にはビジャレアルへのレンタル移籍で決着がついた。 2017.08.16 20:27 Wed
twitterfacebook
thumb

バッカ、レンタルでビジャレアル移籍へ…荷物をまとめミラン同僚に別れを告げる

ミランに所属するコロンビア代表FWカルロス・バッカの退団が近づいている。イタリアメディア『スカイスポーツ』が14日、伝えている。<br><br>現在、ミランにはビジャレアルから獲得オファーが届いており、バッカの移籍実現へ向けて交渉が行われている。ビジャレアルは買い取り義務付きのレンタル移籍を希望していると見られる。<br><br>バッカは2015年夏、セビージャからミランへ加入。昨シーズンはリーグ戦32試合に出場し13ゴールを挙げ、2シーズン連続で2ケタ得点をマークした。しかし4月から経営権が中国資本に移り、今夏に大型補強が行われると構想外となったほか、サポーターとの不和も心配されていた。<br><br>バッカは今夏の移籍が想定されており、すでにヨーロッパリーグ予選3回戦のクラヨーヴァ戦のメンバーリストからも外れて欠場している。これまでに古巣のセビージャや日本代表のDF酒井宏樹が所属するマルセイユ、サンプドリアなども獲得に興味を示していたが、ビジャレアル移籍へ向けて合意に近づいている。<br><br>『コリエレ・デロ・スポルト』によれば、バッカは14日、ミラネッロに姿を現したが練習へは参加せず、ロッカーの荷物をまとめ、チームメートに別れの挨拶を行った。新天地は2013年から2年間にわたってプレーしたリーガ・エスパニョーラとなる見込みだが、今後の動向は注目されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.15 21:27 Tue
twitterfacebook
thumb

ビジャレアル、シメオネ構想外のビエットに照準か

▽ビジャレアルが、アトレティコ・マドリーのアルゼンチン人FWルシアーノ・ビエット(23)の獲得を考えているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 ▽2015年夏にビジャレアルから加入したビエットだが、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンや、元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスらからポジションを奪うことができず、公式戦28試合の出場に留まった。セビージャにレンタル移籍した昨季は、リーグ戦21試合の出場で6ゴール3アシストを記録するなどまずまずの成績を残したものの、リーグ後半になるにつれて出場時間が減っていった。 ▽そんなビエットは、今季もディエゴ・シメオネ監督の構想には入っていないようで、マルセイユやサウサンプトン、バレンシアなど国内外から関心が寄せられる中、2014-15シーズンに在籍していたビジャレアルが獲得に動くという。 ▽伝えられるところによると、レンタルでの獲得を望むビジャレアルに対し、アトレティコ側は1月に選手の登録禁止処分が解かれることを見越して、契約に買い取りオプションを付随させたい模様。両者の間には微妙なギャップがあるようだが、果たして…。 2017.08.14 17:20 Mon
twitterfacebook
thumb

フェネルバフチェ、元スペイン代表FWソルダード獲得を正式発表

▽フェネルバフチェは11日、ビジャレアルから元スペイン代表FWロベルト・ソルダード(32)の獲得を正式に発表した。契約期間は2年間で1年間の延長オプションが付随している。なお、移籍金の詳細は明かされていないがフランス『レキップ』の伝えるところによれば、移籍金は1000万ユーロ(約12億9000万円)ほどになるという。 ▽レアル・マドリーの下部組織出身であるソルダードは、ヘタフェやバレンシアでの活躍を経て、2013年夏にトッテナムへ完全移籍。しかし、トッテナムでは在籍2シーズンで7ゴールと不本意な成績に終わった。 ▽2015年の夏にビジャレアルへ移籍してリーガ復帰を果たしたソルダードは、加入初戦度から公式戦44試合に出場するなど、主力として活躍。しかし、昨季はプレシーズンに行われたテレサ・エレーラ杯で右ヒザ前十字じん帯断裂の重傷を負い、わずか公式戦11試合の出場に留まった。 ▽フェネルバフチェは、公式サイトを通じて以下のようにコメント 「我々はスペイン人FWロベルト・ソルダードと契約した。我々はソルダードがフェルバフチェで成功しリーグ制覇に貢献してくれることを祈っている」 2017.08.11 22:14 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース