ビジャレアル、J・コスタ&ガスパールのレギュラーSBと長期の新契約締結2017.01.11 23:27 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ビジャレアルは11日、スペイン人DFジャウメ・コスタ(28)とスペイン代表DFマリオ・ガスパール(26)の2選手と新契約を締結したことを発表した。今回の契約延長によって、ジャウメ(写真左)は2021年、ガスパール(写真右)は2023年までビジャレアルでプレーすることになる。

▽バレンシアの下部組織出身のジャウメは、2007年にビジャレアルBに加入。その後、2012年からトップチームに定着すると、左サイドバックのレギュラーとして、ここまで公式戦160試合に出場し、4ゴールを記録。今シーズンも公式戦18試合に出場している。

▽一方、ビジャレアル下部組織出身のガスパールは、2010年にトップチーム昇格を果たすと、ここまで公式戦250試合に出場し、8ゴールを記録。リーガ屈指の右サイドバックと評される同選手は、2015年にスペイン代表デビューを飾り、ここまで3試合に出場している。

コメント

関連ニュース

thumb

ブルーノ・ソリアーノ、ビジャレアル選手がスペイン代表に招集されない理由は「メディアの扱いの差」

ビジャレアルMFブルーノ・ソリアーノは、同クラブの選手がスペイン代表に招集されにくい理由の一つとして、メディアにあまり扱われないことを挙げている。<br><br>リーガエスパニョーラで安定して成績を収めるビジャレアルだが、スペイン代表に招集される選手は数少ない。現在ワールドカップ欧州予選を戦っているメンバーには、一選手も招集されていない状況だ。<br><br>スペイン『パネンカ』とのインタビューに応じたビジャレアル主将ブルーノは、その理由の一つとしてメディアの同クラブの扱い方を挙げる。人口5万人の町のクラブであるビジャレアルは、スペインのスポーツ全国紙でも半ページ取り上げられれば良い方だが、その扱いの少なさが影響しているという。<br><br>「確かに、ほかのチームメートが心地良く感じているようなメディアが僕たちにはない。だからより懸命に働く必要がある。例えば、現在ビジャレアルにいる選手たちは代表でも重要な役割を務められるはずだ。だけど、世の中はこういう風に機能しているんだよ。もちろん、代表に招集される選手たちは、そこでプレーするに値するんだろうけど」<br><br>ブルーノ・ソリアーノは一方で、ポジションが重なるバルセロナMFセルジ・ブスケッツの存在によって、自身が代表に呼ばれないとの意見にこう返答した。<br><br>「分からない。でも僕にとって彼は偉大な選手で、そのポジションでは世界有数の存在だ。僕が代表でプレーしていないのが、彼のせいだなんて感じていない。もっと代表でプレーしたいという思いがあるのは確かだが、代表には素晴らしい選手たちがいて、そこでプレーできないのは僕だけじゃないんだ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.26 10:00 Sun
twitterfacebook
thumb

退場者出したビジャレアル、連勝が3でストップしCL圏遠のく《リーガエスパニョーラ》

▽ビジャレアルは17日、リーガエスパニョーラ第28節ラス・パルマスとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。 ▽前節セルタ戦を1-0と勝利して3連勝とした5位ビジャレアル(勝ち点48)は、チャンピオンズリーグ出場圏内の4位アトレティコ・マドリーを4ポイント差で追走。そのビジャレアルはセルタ戦のスタメンから2選手を変更。ソルダード、バカンブに代えてサンソーネとロベルト・ソリアーノを起用した。 ▽前節エスパニョールとの打ち合いに敗れた12位ラス・パルマス(勝ち点)に対し、ビジャレアルはサンソーネを1トップに据え、中盤アンカーにブルーノ・ソリアーノ、2列目に右からカスティジェホ、トリゲロス、ジョナタン・ドス・サントス、ロベルト・ソリアーノと並べる[4-1-4-1]を採用した。 ▽そのビジャレアルは開始2分にカスティジェホのミドルシュートでゴールに迫るも、10分に失点する。左サイドからのD・カステジャーノのクロスにK・ボアテングに頭で合わせられた。 ▽さらに20分、K・ボアテングにディフェンスライン背後を取られたビクトル・ルイスが後方からK・ボアテングを倒し、一発退場となった。10人となったビジャレアルはカスティジェホを下げてA・ゴンサレスを投入した。 ▽引き続きラス・パルマスの劣勢が続くと、31分にはK・ボアテングのパスからボックス左のマテオ・ガルシアのシュートを浴びるも、GKがセーブ。ハーフタイムにかけてもラス・パルマスのポゼッションを許したビジャレアルは、反撃の糸口を掴めないまま前半を終えた。 ▽迎えた後半も苦しいビジャレアルは57分にK・ボアテングに決定的なヘディングシュートを許すも、わずかに枠を外して助かった。 ▽それでも59分、ボックス手前左からサンソーネのシュートが枠の右を捉えるチャンスを演出。これはGKの好守に阻まれたが、ここから流れを引き寄せると、65分にはトリゲロスが直接FKでGKを強襲した。終盤にかけても10人のビジャレアルが必死の反撃に出たが及ばず、0-1のまま敗戦。連勝が3で止まり、CL圏が遠のいている。 2017.03.18 06:37 Sat
twitterfacebook
thumb

ベイルの負傷をジダン監督が否定…交代は安全策か

レアル・マドリーに所属するウェールズ代表FWガレス・ベイルは、26日に行われたリーガ・エスパニョーラ第24節ビジャレアル戦で負傷明け初の先発出場を果たした。89分には足を痛めてピッチを後にしたように見えたが、指揮官のジネディーヌ・ジダンは、用心しての交代だと説明した。<br><br>レアルはビジャレアル戦で3-2の勝利を収めた。2点を先制されたレアルだったが、20分間で3点を奪い逆転に成功した。ベイルは、64分に反撃の口火を切るゴールを決めた。しかし89分、シュートを試みた際に負傷したようなそぶりを見せ、そのままピッチを後にした。<br><br>しかし、ジダン監督は試合後「彼は怪我から戻ってきたばかり、それが全て」とあくまで復帰して間もないベイルを気遣っての交代だと語った。<br><br>レアルは、ミッドウィークの3月1日にラスパルマスと、週末にはエイバルと戦う。さらに翌週はチャンピオンズリーグの2ndレグ、週末にはベティス戦と連戦が続く。5季ぶりのリーグ優勝とCL連覇を目指すレアルにとって、ベイルに怪我が無かったことは何よりの朗報と言えるだろう。<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.28 07:02 Tue
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルvsレアル・マドリーの疑惑PK、スペインメディアは誤審との見解で一致

26日のリーガエスパニョーラ第24節ビジャレアルvsレアル・マドリーの疑惑のPKについて、スペインメディアは誤審であったとの見解で一致している。<br><br>レアル・マドリーは1-2の状況で、疑惑の判定によって同点に追いついた。この試合の74分、MFトニ・クロースがミドルを放つと、DFマテオ・ムサッチオの足に当たって浮き上がったボールがMFブルーノ・ソリアーノの腕に触れ、ヒル・マンサーノ主審がこれをPKと判断。FWクリスティアーノ・ロナウドがこのPKを決め切り、その後逆転を果たしている。<br><br>レアル・マドリー寄りとされるスペイン『マルカ』と『アス』は、いずれもこのPKが誤審であったとの見解を示す。『マルカ』でレフェリングを分析するラファ・ゲレーロ氏は、同場面について「ブルーノのハンドは意図的ではない。ボールが腕に向かったのであり、しかも跳ね返ったボールだった」と記載。一方で49分のビジャレアルの先制点の場面では、MFサム・カスティジェホがハンドで得点者MFマヌ・トリゲロスにボールを折り返しており、ゴールは認められるべきではなかったしている。<br><br>また『アス』のウリサル・アスピタルテ氏は、マンサーノ主審のレフェリングは全体的に良質であり、重大なミスはPK判定だけだったと意見。「跳ね返りのボールは決してPKにならない。ハンドはまったく意図したものではなく、PKを指示してはならなかった」と記している。<br><br>なお、PK判定に納得がいかないこの試合の観衆は、「アシ・ガナ・エル・マドリー(マドリーはこうやって勝つ)」のチャントを何度も響かせていた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.28 02:43 Tue
twitterfacebook
thumb

ビジャレアル戦後、審判団が持ち帰ったレアル・マドリーのエンブレム入りの袋の中身は…

26日のリーガエスパニョーラ第24節ビジャレアルvsレアル・マドリー(2-3)終了後、審判団がレアル・マドリーのエンブレム入りの袋を持ち帰ったことをビジャレアルのフェルナンド・ロッチ会長が明かしたが、その中身は「実質的な価値」のないものであるようだ。<br><br>ロッチ会長はレアル・マドリーが獲得した疑惑のPK判定について問われた際、それが誤審であったとの見解を示しながら、「ヒル・マンサーノ(主審)とそのアシスタントたちは、レアル・マドリーの袋を手に持ちながらスタジアムを後にした」とも発言。あまりにあからさまな形ではあるものの、審判買収すらささやかれる事態となっている。<br><br>そしてスペイン『マルカ』が、スペインサッカー連盟(RFEF)の審判技術委員会に対して、袋の中身について問い合わせを行った。同委員会曰く、その内容物は「マドリーのキーホルダーが6~7個、伝記が3~4冊、ピンバッジが15~20個」で、「実質的な価値は何もない」という。<br><br>また『マルカ』によると、試合関係者へのこのような記念品の贈呈は、レアル・マドリーのみならず多くのクラブが行っているそうである。<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.27 23:00 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース