ビジャレアル、J・コスタ&ガスパールのレギュラーSBと長期の新契約締結2017.01.11 23:27 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ビジャレアルは11日、スペイン人DFジャウメ・コスタ(28)とスペイン代表DFマリオ・ガスパール(26)の2選手と新契約を締結したことを発表した。今回の契約延長によって、ジャウメ(写真左)は2021年、ガスパール(写真右)は2023年までビジャレアルでプレーすることになる。

▽バレンシアの下部組織出身のジャウメは、2007年にビジャレアルBに加入。その後、2012年からトップチームに定着すると、左サイドバックのレギュラーとして、ここまで公式戦160試合に出場し、4ゴールを記録。今シーズンも公式戦18試合に出場している。

▽一方、ビジャレアル下部組織出身のガスパールは、2010年にトップチーム昇格を果たすと、ここまで公式戦250試合に出場し、8ゴールを記録。リーガ屈指の右サイドバックと評される同選手は、2015年にスペイン代表デビューを飾り、ここまで3試合に出場している。

コメント

関連ニュース

thumb

PK失敗のトリゲロスが先制弾もビジャレアル、アドゥリス弾でビルバオにドロー《リーガエスパニョーラ》

▽ビジャレアルは19日、リーガエスパニョーラ第12節でビルバオとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。 ▽前節マラガ戦を2-0と勝利してリーガ5戦負けなしとした5位ビジャレアル(勝ち点20)が、リーガ3連敗中の15位ビルバオ(勝ち点11)のホームに乗り込んだ一戦。 ▽試合はビルバオがアグレッシブな入りを見せると、9分にアドゥリスが可能性を感じさせるヘディングシュートを浴びせる。 ▽しかし18分、ビジャレアルがPKを獲得する。ジャウメ・コスタがボックス左に侵入したところでイトゥラスペに倒された。しかし、キッカーのトリゲロスが枠の左を狙ったシュートはGKケパに止められてしまった。 ▽それでも28分、右サイドからのガスパールのグラウンダークロスをペナルティアーク中央のトリゲロスがゴール右隅に蹴り込んでビジャレアルが先制する。 ▽トリゲロスが自らのPK失敗を払しょくするゴールで先手を取ったビジャレアルは、37分に左クロスを受けたバッカがトラップから反転ボレー。枠の左上を捉えていたシュートだったが、GKケパの好セーブに阻まれ、前半を1点のリードで終了した。 ▽迎えた後半はビジャレアルがポゼッションを高めてビルバオをいなしていく。敵陣で試合を進めるビジャレアルが試合をコントロールしていたが、70分に右CKからヌニェスにボレーでゴールを脅かされると、77分に追いつかれた。 ▽バレンシアガの左クロスをアドゥリスにヘディングシュートで決められた。 ▽終盤にかけては勢いに乗るビルバオの攻勢が強まったが、ビジャレアルが水際で耐えて1-1で終了。勝ち点1を持ち帰っている。 2017.11.20 06:36 Mon
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルDFアルバロ・ゴンサレスが2021年まで契約延長

▽ビジャレアルは13日、スペイン人DFアルバロ・ゴンサレス(27)と2021年6月30日まで契約を延長したことを発表した。これまでの契約から1年更新した格好だ。 ▽2016年夏に4年契約でエスパニョールからビジャレアルに加入したセンターバックのA・ゴンサレスは昨季、リーガエスパニョーラで25試合に出場して1ゴール1アシストを記録。主力として活躍すると、今季もここまで出場停止で欠場した前節マラガ戦を除いて10試合にフル出場するなど、ビジャレアルの欠かせない戦力となっている。 2017.11.14 00:19 Tue
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルSDがミランからレンタル中のバッカを称賛! レンタル終了後についても言及

▽ビジャレアルでスポーツディレクターを務めるパブロ・オルテルス・バラガー氏が、ミランからローンで加入中のコロンビア代表FWカルロス・バッカの活躍を称えている。イタリア『フットボールイタリア』が『TMW Radio』を引用して報じている。 ▽今夏にミランからレンタル移籍でビジャレアルに加入したバッカは、ここまで公式戦14試合に出場して5ゴールを記録するなど、チームの攻撃を牽引している。 ▽『TMW Radio』のインタビューを受けたバラガー氏は、バッカの活躍について次のように語った。 「我々は彼の活躍にとても満足しているよ。彼はチーム上手くやっているし、ゴールも決めている。スペインリーグで活躍することは簡単ではないが、彼はチームにとって大きな力となっているんだ」 ▽また、ローン終了後に完全移籍で獲得するか問われると、次のように言及した。 「それはシーズンの終わりにわかるだろう。我々は目の前の試合に集中しており、バッカはとてもうまくやっているよ」 2017.11.08 03:30 Wed
twitterfacebook
thumb

アトレティコ先制点死守できず…! ビジャレアルとの好カードは痛み分け《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第10節のアトレティコ・マドリーvsビジャレアルが28日に行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽直近の公式戦6試合で白星が1つのみと得点力不足に苦しむアトレティコが、エスクリバ監督解任後リーガ3連勝中の好調ビジャレアルを、ホームのワンダ・メトロポリターノに迎えた一戦。アトレティコはこれまで同様、GKにオブラク、ディフェンスラインにフアンフラン、ゴディン、サビッチ、フィリペ・ルイス、中盤にガビ、トーマス、コレア、サウール、最前線にグリーズマンとガメイロを起用する[4-4-2]を採用し、カラスコがメンバーから外れた他はベストな布陣で臨んだ。 ▽対するビジャレアルも[4-4-2]を採用し、GKにバルボサ、ディフェンスラインにガスパール、A・ゴンサレス、ビクトル・ルイス、ジャウメ、中盤にはフォルナルス、トリゲロス、ロドリゴ・エルナンデス、ロベルト・ソリアーノ、を起用。最前線ではバッカと、直近のリーガ3戦で6得点と絶好調のバカンブがコンビを組んだ。 ▽鋭いカウンターを標榜するビジャレアルに対して、比較的ボールを持つ時間の長いアトレティコは、攻撃時にガビが2CBの間に下がり3バックを形成。両SBが高い位置を取る形で得点への糸口を探っていく。 ▽しかし、ビジャレアルは上がってくるSBの対応をSHが徹底して担当。外へ追い込む形でプレスを続け、中で待つグリーズマンにボールを渡さない。試合はチャンスの生まれ難い展開となっていく。 ▽それでも20分には、ボックス手前でボールを持ったコレアが強引にミドルシュートを放つが、GKバルボサに阻まれる。直後にも裏に抜け出したガメイロがヒールでボールをコントロールし、シュートまで持ち込んだが、枠を捉えなかった。 ▽攻めあぐねるアトレティコは、前半の中ごろからグリーズマンが中盤や左右に大きく動きつつボールを引き出していく。しかし、ラストパスの場面でうまく行かない場面が続くと、中央へのシンプルなパスが多用され始める。すると逆に、中央を警戒していたビジャレアルが、カウンターからチャンスを得る展開が増えることに。 ▽40分には、カウンターの場面でトリゲロスがピッチ中央から質の高いグラウンダーパスを送る。前を独走するバカンブの足下にピタリと収まり、GKオブラクとの一対一に。しかし、バカンブが右足を振り抜く前に追いついたサビッチがスライディングを敢行。ギリギリの状況でボールをかき出した。 ▽ピンチを凌いだ直後の42分、今度はアトレティコが絶好機を迎えた。左サイドにポジションを取ったグリーズマンがボックス内角度の無い位置からシュートを放つ。これをGKバルボサが弾くと、こぼれ球がサウールの下へ。ゴールはGK不在の状況となっていたが、カバーに入っていたDFがクリア。古巣相手の得点とはならなかった。 ▽スコアレスで試合を折り返して迎えた後半、アトレティコは最前線に左からグリーズマン、ガメイロ、コレアを並べる[4-3-3]のような形に変形。3トップ中央のガメイロをターゲットに、早いタイミングでボールを当てていく。 ▽すると61分、左サイドを浅い位置から、フィリペ・ルイスがボックス手前中央目がけてクロスを供給。グリーズマンがワンタッチで右サイドに展開すると、飛び出したコレアがスピードに乗った状態で絶妙なトラップをする。そのままボックス右深い位置まで侵攻し、右足を振り抜いてネットを揺らした。 ▽1点を追うビジャレアルが前がかりになり始めた67分、ガビのパスに抜け出したガメイロが、ボックス内で一対一に。これはGKバルボサのファインセーブに阻まれたが、カウンターからアトレティコの決定機が増えていく。 ▽しかし81分、バランス良く試合を運んでいたアトレティコは、痛恨の失点を喫した。途中出場のカスティジェホが早い弾道の右CKを送ると、中央でゴディンとの競り合いに勝ったバッカが強烈なヘディングシュート。これがGKオブラクの牙城を打ち破ることとなった。 ▽結局、試合はこのまま終了。アトレティコは先制点を守り抜くことができず、連勝突入とはならなかった。また、ビジャレアルの連勝も「3」でストップ。白熱の好カードは痛み分けという結果に終わった。 2017.10.29 03:35 Sun
twitterfacebook
thumb

バカンブ2G! 直近2戦5発で新生ビジャレアルを2連勝に導く《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第8節のジローナvsビジャレアルが15日に行われ、1-2でアウェイのビジャレアルが勝利した。 ▽開幕から低迷が続いたビジャレアルは、第6節のヘタフェ戦で4-0の敗北を喫した後にフラン・エスクリバ監督を解任。そして、Bチームからハビエル・カジェハ監督を引き上げて臨んだ前節のエイバル戦に3-0で勝利した。 ▽このまま波に乗りたいビジャレアルは、中盤をダイヤモンドにした[4-4-2]を採用。GKにバルボサを据え、最終ラインに左からジャウメ、ビクトル・ルイス、A・ゴンサレス、ガスパール、中盤の底にはロドリゴ・エルナンデスが入り、中盤左右にトリゲロス、カスティジェホを配置、トップ下をフォルナルスが務める。最前線では、サンソーネと前節ハットトリックの活躍をしたバカンブが2トップを形成し、昇格組ジローナの本拠地に乗り込んだ。 ▽試合が始まると、好調な男が序盤から仕事を果たす。9分、トリゲロスが敵陣中央付近から最終ラインの裏にフライスルーパスを送ると、最前線のバカンブが反応。ボックス内やや右で一対一を迎えると、冷静にニアを抜き先制点を奪った。 ▽さらに20分、カウンターの場面でボールを持ったフォルナルスが、敵陣中央付近から右足アウトでスルーパスを供給する。鋭くカーブしたボールは、DF2人の間を抜いてボックス右のバカンブの下に。再び一対一を迎えたバカンブが、今度はファーに勢いよく蹴り込んで追加点とした。 ▽反撃に出たいジローナは、40分にアダイ・ベニテスが左サイドをドリブル突破してクロスを上げると、飛び込んだストゥアーニが至近距離からヘディングシュート。これはGKバルボサの好守に阻まれたが、直後の左CKから得点が生まれる。CKは一度ブロックされたが、こぼれ球に反応したエスピノーサがボックス内右からダイレクトクロス。ストゥアーニがヒールで合わせ、ネットを揺らした。 ▽得点後、前半中に追いつきたいジローナはクロスを多用して攻め込んだが、ビジャレアルは重心を後ろに置いて対応し、リードを保ったまま試合を折り返す。後半は、ジローナがやや優勢な入りをみせた。得点とはならなかったものの、52分にはストゥアーニがクロスに飛び込みヘディングシュート。ビジャレアルのゴールマウスを脅かしていく。 ▽流れを変えたいビジャレアルは、56分にサンソーネを下げてバッカを投入。すると64分にチャンスが訪れる。カウンターの場面でボックス内フリーとなったバッカが、右足を強振。しかし、これはGKのファインセーブに阻まれた。 ▽その後もお互いに得点を奪えずにいると、ビジャレアルは83分にバカンブを下げてロベルト・ソリアーノを投入。バッカを最前線とする[4-4-1-1]の布陣に変更し、ロベルト・ソリアーノはトップ下の位置に入った。 ▽結局、ジローナはバランスを整えたビジャレアルから得点を奪うことができず。前半のスコアは動かないまま、試合が終了。この結果、バカンブが直近2試合で5得点の大暴れで、ビジャレアルを2連勝に導いた。対するジローナは、6戦勝ちなしとなった。 2017.10.16 01:20 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース