ビジャレアル、5年契約でイタリア代表MFソリアーノ獲得を正式発表2016.08.03 03:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ビジャレアルは2日、サンプドリアからイタリア代表MFロベルト・ソリアーノ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は5年間でスペイン『マルカ』によると移籍金は1350万ユーロ(約15億5000万円)とのことだ。

▽バイエルンの下部組織出身のソリアーノは、2010年にプロデビューを飾ったサンプドリアの司令塔として、ここ数シーズンに渡って印象的なパフォーマンス を披露。2015-16シーズンは、いずれもキャリアハイとなるリーグ戦37試合出場で8ゴールという記録を残していた。

▽今後のアッズーリの主力としても期待されるソリアーノには、昨夏に契約書作成ミスで獲得を逃したナポリを始め、インテルとミランのミラノ勢が獲得に関心を示していた。

▽また、ビジャレアルは3日のトレーニング後にソリアーノの入団会見を行うことを併せて発表している。
コメント
関連ニュース
thumb

ビジャレアル、レスターMFイボーラを完全移籍で獲得! 契約は2023年までで背番号は「10」

ビジャレアルは7日、レスター・シティからスペイン人MFビセンテ・イボーラ(30)を獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までで背番号は10を着用する。 レバンテで評価を高めたイボーラは、2013-14シーズンから4シーズンにわたってセビージャで主力として活躍。守備的MFやセントラルMF、トップ下などを主戦場に、公式戦172試合に出場。2013-14シーズンからのヨーロッパリーグ3連覇に貢献していた。 昨夏、レスターに4年契約で加入したものの、今季はリーグ戦で先発出場がわずかに1試合と思うように出場機会を得られていなかった。 ビジャレアルの発表によれば、イボーラは8日からトレーニングに参加。トレーニング後にエスタディオ・デ・ラ・セラミカでメディアへのお披露目と質疑応答を行う予定となっている。 2019.01.08 02:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ボローニャ、ビジャレアルからサンソーネ&R・ソリアーノをレンタル!

ボローニャは4日、ビジャレアルから元イタリア代表FWニコラ・サンソーネ(27)と元同国代表MFロベルト・ソリアーノ(27)の2選手がレンタルで加入することを発表。期限は2019年6月30日まで。 なお、サンソーネの契約には一定の状況下で発生する買い取り義務が、ソリアーノの契約には買い取りオプションが付帯している。 バイエルンの下部組織で育ったサンソーネは、パルマやクロトーネ、パルマ、サッスオーロを経て2016年夏にビジャレアルに加入。今シーズンは、公式戦7試合1ゴール2アシストの成績に留まっている。 また、同じくバイエルンの下部組織で育ったソリアーノも、2016年夏にサンプドリアからビジャレアルに移籍。今シーズンはトリノに半年間のレンタルで加わっており、公式戦12試合1ゴール2アシストを記録していた。 2019.01.04 21:10 Fri
twitterfacebook
thumb

カソルラの復帰後リーグ戦初ゴール含むドブレーテの活躍でビジャレアルがマドリーと引き分けに持ち込む《リーガエスパニョーラ》

クラブ・ワールドカップ(CWC)により延期されていたリーガエスパニョーラ第17節、ビジャレアルvsレアル・マドリーが3日に行われ、2-2の引き分けに終わった。 両チームにとって2019年初試合となるこの一戦。史上初めて3年連続世界王者となったマドリーは、先月23日に行われたCWC決勝のアル・アイン戦からスタメンを一人変更。M・ジョレンテ代わって起用されたカゼミロは第12節以来のリーグ戦出場となった。 試合は序盤から点の取り合いとなる。2分に期待の新星チュクウェゼのボックス右からのシュートで先にチャンスを作ったビジャレアルは4分に、そのチュクウェゼが後方からのパスを収めると同時にマルセロを剥がして右サイドから中へ切り込む。ボックス手前中央まで進攻したチュクウェゼはチェックに来たカゼミロの股を抜いてボックス左へラストパス。パスの先にいたカソルラは、フリーで冷静にゴール右隅を突くシュートを流し込み先制点を奪った。カソルラはビジャレアル復帰後、リーグ戦初ゴールとなった。 出鼻をくじかれたマドリーもすぐに反撃に出る。7分、ボックス外右でモドリッチのパスを受けたカルバハルがワンタッチで縦に走ったL・バスケスに渡すと、L・バスケスはボックス右深くからふわりとしたクロスを供給。これをベンゼマが頭で押し込んで、失点から3分後に同点に追いついた。 一瞬で試合を振り出しに戻したマドリーはベンゼマやL・バスケスが立て続けにシュートを放ち攻勢を強めていく。すると20分に敵陣右サイドでFKのチャンスを得ると、クロースのセンタリングをファーサイドでフリーとなっていたヴァランが頭で流し込んで追加点。逆転に成功した。 あっという間にひっくり返されてしまったビジャレアル。27分にカソルラからパスを受けたチュクウェゼが右サイドからドリブルで侵攻。ボックスに入り込み得意の左足でシュートを放っていったが、DFにブロックされてしまう。その後も19歳のチュクウェゼが積極的にゴールに迫るも若干空回り。逆に33分には自陣でボールを奪われベンゼマ、クロースに連続してシュートを許す。さらにクロースのシュートをGKアセンホが弾いたところをモドリッチに押し込まれてしまうが、オフサイドの判定でゴールならず。ビジャレアルは胸をなでおろした。 後半に向けて、マドリーは前半にふくらはぎの筋肉を痛めたベイルに代わってイスコを投入。そのイスコのパスからL・バスケスがボックスの外からシュートを狙う。その直後にベンゼマもシュートを狙うが、わずかに右に外れた。 64分に、ビジャレアルは相手のクリアボールを奪ったジェラール・モレノがドリブルで運んで、ボックス手前のゴール正面から左足を振り抜く。しかし、シュートはボール一つ分枠の左へ。 65分には、マドリーはカウンターからL・バスケスがゴールへ。鋭いカッティングで相手に挟まれながらもゴール前へ抜け出し、GKと一対一になるが、シュートはアセンホに阻まれてしまう。 カソルラを中心にマドリーを押し込む時間が続いたビジャレアルは82分、後方からの浮き球パスをボックス左で受けたフォルナルスがタメを作ってゴール前にセンタリングを送ると、これに飛び込んだのが先制ゴールを挙げたカソルラ。身長168㎝の男がヘディングで押し込んで再び同点とした。 カソルラの2014年12月以来となる1試合2得点の活躍で引き分けに持ち込んだビジャレアルはこのまま試合を終えて勝ち点を16に伸ばした。一方のマドリーはこれで勝ち点30となった。 2019.01.04 07:22 Fri
twitterfacebook
thumb

ビジャレアル、昨夏加入のイトゥーラとの契約を解除

ビジャレアルは2日、元チリ代表MFマヌエル・イトゥーラ(34)との契約を双方合意の上で解除したことを発表した。 ボール奪取能力に長けているファイタータイプのイトゥーラは、これまでマラガ、グラナダ、ウディネーゼ、ラージョ・バジェカーノなどでプレー。2018年9月からビジャレアルでプレーしたものの、今季はリーガエスパニョーラ3試合とコパ・デル・レイ1試合の出場にとどまっていた。 なお、2005年にデビューしたチリ代表では34試合に出場し1ゴールを記録していた。[※写真はマラガ時代のマヌエル・イトゥーラ] 2019.01.03 01:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ヘタフェ柴崎岳、ビジャレアルが獲得画策か

▽ヘタフェに所属する日本代表MF柴崎岳(26)にビジャレアル移籍の可能性が浮上した。スペイン『GOL digital』が報じた。 ▽柴崎は2017年夏、テネリフェからリーガエスパニューラ復帰のヘタフェに移籍。背番号「10」を託され、リーグ戦22試合1得点を記録したが、今シーズンは出場機会が減り、苦しい状況が続いている。 ▽その柴崎に目を光らせているとされるビジャレアルは、今シーズンのここまでリーグ戦3勝5分け7敗の17位。10日にルイス・ガルシア・プラザ氏を新監督に招き、冬に数名の補強も画策している模様だ。 ▽その候補の1人として名前が挙がる柴崎は、来年1月の移籍市場でビジャレアルを去る可能性が高まっている元チリ代表MFマヌエル・イトゥーラ(34)に代わる中盤の選手として、白羽の矢が立ったとみられる。 ▽渦中の柴崎は来年1月のアジアカップに向けた日本代表に。所属先で出番に恵まれていないものの、森保一監督の信頼は厚い。今より出場機会が見込めるのであればビジャレアル行きは悪くない決断だが、果たして…。 2018.12.13 14:20 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース