超ワールドサッカー

大会無失点の前橋育英から大量5得点! 青森山田が悲願の選手権初優勝に輝く!《第95回全国高等学校サッカー選手権大会》2017.01.09 16:24 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽第95回全国高等学校サッカー選手権大会の決勝、青森山田(青森)vs前橋育英(群馬)が9日に埼玉スタジアム2002で行われ、5-0で青森山田が勝利した。

▽7年ぶりに決勝戦の舞台まで勝ち上がってきた青森山田と、2年ぶりの決勝進出となった前橋育英が激突した。

▽どちらも勝利すれば初優勝となる名門校同士の一戦は、青森山田がキックオフから仕掛ける。フィールドプレーヤー全員がハーフウェイラインに並び、ボールをGKに下げると同時に前線へ駆け上がる。しかし、GK廣末の前線に蹴りこもうとしたボールを人見が懸命にブロック。ボールはゴール右に転がり、あわや失点という場面を迎える。

▽立ち上がりに失敗した青森山田は、中盤がバタついてしまい、パスワークが乱れる。最初のチャンスは前橋育英。前半5分、長澤からの右CKに人見が頭で合わせると、ゴール右隅をとらえるが、ここは青森山田のカバーに遭う。さらに、こぼれ球を拾った長澤がクロス。これを田部井がヘディングで合わせるもゴール左に外れる。

▽序盤の主導権を掌握した前橋育英は16分、スルーパスに抜け出した高沢が一対一を迎えるも、右足で放ったシュートはGK廣末が足でブロック。先制点を奪うことができない。

▽時間の経過とともに落ち着きを取り戻した青森山田は23分、右サイドを駆け上がった鳴海がクロスを供給。ボックス中央の高橋が胸トラップから左足を振り抜くと、DFの足に当たりコースが変わって、ゴールネットに吸い込まれた。青森山田が今大会無失点の前橋育英の牙城を打ち崩す。

▽先制を許した前橋育英は直後、同点のチャンスを迎える。ハーフウェイライン付近からボックス内左へのロングボールをGK廣末がファンブルする。これを拾った高沢がボックス中央にグラウンダーのクロス。これをフリーの大塚が合わせるも、ゴールバーの上に外れてしまう。

▽前半アディショナルタイムにも、前橋育英がチャンスを逃すと、青森山田が細かいパスワークから最後は嵯峨が郷家とのワンツーでボックス内右に侵入し、ゴール左に流し込む。青森山田が2-0で試合を折り返す。

▽後半立ち上がり、青森山田が前橋育英を畳みかけると、GK廣末の精度の高いキックから追加点が生まれる。57分、GK廣末のパントキックを起点にボックス右に抜け出した嵯峨がクロスをあげると、ニアサイドの鳴海が華麗な胸トラップから右足を振り抜き、追加点を奪う。さらにその直後、GK廣末のフィードを郷家が競ると、ボールはボックス内に。走りこんだ鳴海が冷静に流し込み、4-0と前橋育英を突き放す。

▽一矢報いたい前橋育英は76分、ボックス左で高沢が粘ってクロス。これを大塚が頭で合わせるも、バーの上に外れる。

▽終盤に差し掛かっても攻め手を緩めない青森山田は89分、敵陣中央で住永がインターセプトすると、これを受けた佐々木が豪快に左足を振り抜いて5点目。結局、鉄壁の守備を誇る前橋育英を5-0と圧倒的な攻撃力で攻略した青森山田が悲願の初優勝に輝いた。

コメント

関連ニュース

thumb

ナイキが高校・ユース年代の選手を対象に世界で戦える選手育成を目指す「NIKE NEXT HERO プロジェクト」を発表

▽ナイキジャパンは、高校・ユース年代の最高峰の舞台、高円宮杯U-18サッカーリーグ2017プレミアリーグで活躍した選手を対象に海外遠征を行うことで、世界で戦う次世代の選手の育成を促進する「NIKE NEXT HERO プロジェクト」を実施することを発表した。 ▽ナイキジャパンは、日本サッカー協会(JFA)の「JFA2005年宣言」の理念とビジョンに共感し、日本サッカーの継続的な発展のために、さらなる普及や次世代の育成を促進することを目的として2016年1月に立ち上がったプロジェクト「JFA Youth & Development Programme」を、オフィシャルパートナーとしてサポートしている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/nike20170404_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:left;font-size:x-small;">[2017年1月イングランド遠征を実施した高円宮杯U-18サッカーリーグチャンピオンの青森山田高校]<hr></div>▽今回発表した「NIKE NEXT HERO プロジェクト」は、高円宮杯U-18サッカーリーグ2017プレミアリーグの試合を対象に、毎試合各チームの監督またはコーチが対戦相手からポジション別に活躍した合計3名を選出し、選ばれた選手にはポイントが加算され、リーグ終了時点で、多くのポイントを獲得した選手を中心に海外遠征を実施するもの。遠征に参加する選手たちは、来年2018年1月に、世界で戦うために必要なメンタル、テクニックなどの最先端のトレーニングを体感し、海外トップクラブチームのユース世代とトレーニングマッチを行う。 ▽JFAの田嶋幸三会長は今回発表された「NIKE NEXT HERO プロジェクト」に関してコメント。育成の大切さを語り、若い世代の世界基準へのアプローチを進めて行くと語った。 「『育成日本復活』をテーマに、様々な取り組みを行っていますが、この「NIKE NEXT HERO プロジェクト」は、その中でも重要な取り組みの一つです。この年代の選手の成長には、早い段階で世界を経験をすることが不可欠です。ここで世界を見るかどうかでその後の伸びしろに大きな違いが出てくると考えています」 「今年の1月に、高円宮杯U-18サッカーリーグ2016チャンピオンの青森山田高校がイングランド遠征を行いました。NIKE ACADEMY UKや現地クラブとのトレーニングマッチや、NIKE ACADEMYコーチによる世界トップレベルのトレーニングを体験しました。日本国内だけでは感じることの出来ない、世界基準を実際に肌で感じることが出来たという選手たちの声を聞いています」 「今後もこの「NIKE NEXT HERO プロジェクト」をはじめとした、今後の日本サッカーを担う若い世代の育成に繋がる世界基準へのアプローチを行っていきたいと考えています」 2017.04.04 21:09 Tue
twitterfacebook
thumb

FC東京のGK廣末陸や広島のMF松本泰志ら欧州遠征に臨む日本高校サッカー選抜メンバーが発表!《デュッセルドルフ国際ユース》

▽日本サッカー協会(JFA)は31日、4月6日〜19日にかけて行われる欧州遠征に臨む日本高校サッカー選抜メンバーを発表した。 ▽今回のメンバーには、青森山田高校からFC東京に入団したGK廣末陸や静岡学園高校からアビスパ福岡へ入団したGK山ノ井拓己、昌平高校からサンフレッチェ広島に加入したMF松本泰志などが招集。その他、今年の高校サッカー選手権で初優勝を果たした青森山田高校からはDF三國スティビアエブス、DF橋本恭輔、MF住永翔が招集。準優勝の前橋育英高校からはDF渡邊泰基やMF大塚諒、FW飯島陸が招集されている。 ▽日本高校サッカー選抜は7日に日本で流通経済大学と練習試合を行い、その後10日にオランダでアルメレ・シティFCと、11日にU-18オランダ代表と練習試合を予定。13日からはデュッセルドルフ国際ユースサッカー大会に出場し、13日にデュッセルドルフ(ドイツ)、15日にマインツ(ドイツ)とザルツブルク(オーストリア)、16日にノアシェラン(デンマーク)と対戦する。今回発表された日本高校サッカー選抜メンバーは以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆日本高校サッカー選抜メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> 1.<span style="font-weight:700;">廣末陸</span>(青森山田高/3年/FC東京) 12.<span style="font-weight:700;">山ノ井拓己</span>(静岡学園高/3年/アビスパ福岡) <span style="font-weight:700;">DF</span> 19.<span style="font-weight:700;">橋本恭輔</span>(青森山田高/3年) 17.<span style="font-weight:700;">常盤悠</span>(尚志高/3年) 5.<span style="font-weight:700;">三國スティビアエブス</span>(青森山田高/3年) 13.<span style="font-weight:700;">佐藤瑶大</span>(駒澤大高/3年) 15.<span style="font-weight:700;">渡邊泰基</span>(前橋育英高/2年) 2.<span style="font-weight:700;">杉山弾斗</span>(市立船橋高/2年) 3.<span style="font-weight:700;">阿部海大</span>(東福岡高/2年) <span style="font-weight:700;">MF</span> 16.<span style="font-weight:700;">大塚諒</span>(前橋育英高/3年) 10.<span style="font-weight:700;">鳥海芳樹</span>(桐光学園高/3年) 7.<span style="font-weight:700;">松本泰志</span>(昌平高/3年/サンフレッチェ広島) 4.<span style="font-weight:700;">金子大毅</span>(市立船橋高/3年) 6.<span style="font-weight:700;">住永翔</span>(青森山田高/3年) <span style="font-weight:700;">FW</span> 20.<span style="font-weight:700;">伊藤龍生</span>(米子北高/3年) 18.<span style="font-weight:700;">安藤瑞季</span>(長崎総科大附高/2年) 9.<span style="font-weight:700;">町野修斗</span>(履正社高/2年) 22.<span style="font-weight:700;">飯島陸</span>(前橋育英高/2年) <span style="font-weight:700;">監督:黒田剛</span> 2017.03.31 20:15 Fri
twitterfacebook
thumb

快勝を収めた日本高校サッカー選抜MF住永翔「ゼロに抑えられたことは1つの評価」《NEXT GENERATION MATCH》

▽18日、FUJI XEROX SUPER CUP 2017 NEXT GENERATION MATCHが日産スタジアムで行われ、U-18Jリーグ選抜vs日本高校サッカー選抜の試合は0-4で日本高校サッカー選抜が快勝を収めた。 ▽試合後の記者会見に出席した日本高校サッカー選抜キャプテンの青森山田高校MF住永翔がコメント。4得点よりも無失点で試合を終えられたことを評価した。 <span style="font-weight:700;">◆MF住永翔</span>(日本高校サッカー選抜/青森山田高校) 「このような素晴らしい環境でプレーできたことは一人ひとりにとってすごく良い経験になったと思います。0-4という結果ですが、途中から入ってきた選手が自分が何をすべきかと考えてプレーしてくれたことで、得点が生まれたと思います」 「4点を褒めることもですが、ゼロに抑えられたことはGKやバック陣を含め、1つの評価かなと思っています。その中でも1人1人の長所を場面場面で出せたと思います。そこにもっと磨きをかけて、この先ヨーロッパに行っても、もっと背の高い選手、早い選手がたくさん居ると思うので、その辺りを意識してトレーニングしていきたいと思います」 <span style="font-weight:700;">──前日会見でFW久保建英への対応の話が出ましたが、実際はどうだったか</span> 「やってみて左足の技術や体の使い方、ボールの置く位置は上手いものがありました。ただ、もう少しボールが入る前に寄せたり、ボールを持たせる時間が長かったので、もう少しプレス、アプローチを早くして、簡単に仕事をさせないようにしたかったです。流れの中で久保選手だけを見ることはできないです。ただ、ゼロに抑えられたことは1つ良かったのかなと思います。もっと仕事を減らす作業を、自分だけでなくチームとしてやらなければいけなかったと思います」 2017.02.18 13:32 Sat
twitterfacebook
thumb

失点に絡んだU-18Jリーグ選抜DF橋岡大樹「来年は絶対に勝ってもらいたい」《NEXT GENERATION MATCH》

▽18日、FUJI XEROX SUPER CUP 2017 NEXT GENERATION MATCHが日産スタジアムで行われ、U-18Jリーグ選抜vs日本高校サッカー選抜の試合は0-4で日本高校サッカー選抜が快勝を収めた。 ▽試合後の記者会見に出席したU-18Jリーグ選抜キャプテンの浦和レッズユースDF橋岡大樹がコメント。失点に絡んだこと、4失点への悔しさを口にした。 <span style="font-weight:700;">◆DF橋岡大樹</span>(U-18Jリーグ選抜/浦和レッズユース) 「こういった大舞台の中でやれたことに感謝しています。0-4という大差で負けたことは悔しいです。みんな自分の特徴は出せたと思います。高校選抜が1歩上だったかなと思います。来年の後輩に託して来年は絶対に勝ってもらいたいです」 <span style="font-weight:700;">──この後浦和レッズの試合があるため、所属の浦和レッズのサポーターがいました。自身のプレーを振り返って</span> 「この後にレッズと鹿島の試合があり、自分が所属するレッズのサポーターがいることはわかっていました。やってやろうと思っていましたが、自分のプレーとしては失点に絡んだこと、0-4と4失点はディフェンスラインにとって大きいです。ゼロに抑えられなかったことは本当に悔しいですが、自分の良いところも出せたと思います。課題も含めて、これから自分で努力して、もっと大きな舞台でできるようにこれから頑張っていきたいと思います」 2017.02.18 13:28 Sat
twitterfacebook
thumb

4発快勝の日本高校サッカー選抜・黒田剛監督「これを機に世界で活躍できるように」《NEXT GENERATION MATCH》

▽18日、FUJI XEROX SUPER CUP 2017 NEXT GENERATION MATCHが日産スタジアムで行われ、U-18Jリーグ選抜vs日本高校サッカー選抜の試合は0-4で日本高校サッカー選抜が快勝を収めた。 ▽試合後の記者会見に出席した日本高校サッカー選抜の黒田剛監督がコメント。組織作りの重要性を口にした。 <span style="font-weight:700;">◆黒田剛監督</span>(日本高校サッカー選抜/青森山田高校) 「このようなスタジアムで、素晴らしい環境で選手たちにサッカーをやらせてあげられたことを嬉しく思います。一昨日集合し、2回ぐらいのトレーニングで試合となりました。お互い同じ条件の中で、先にチームとして組織化するということ。高校の各監督に厳しく指導されている影響か、早く浸透するようなイメージを持って、組織を確立していきました」 「ゲームのコンセプトやプランはまだまだ浸透していませんが、きちっと全員で体を張って守備をすること、ゴール前で仕事をさせないことはよくやったと思います。これから細かいコンビネーション、グループでの崩し、シュートまでのフィニッシュと先は長いので1つ1つ詰められるように練習していきたいです。未来のある選手たちと一緒に試合ができたことを嬉しく思います。選手たちも色々な意味で指標になることだと思いますので、これを機に世界で活躍できるようにそれぞれがチームで頑張って行って欲しいと思います」 <span style="font-weight:700;">──ユース世代のJユースと高校サッカーの力関係をどのように感じているか</span> 「昨年のチャンピオンシップ、選手権で結果として優勝ができましたが、時代の流れとしてはJユースの方にかなり良い選手が集まり、かなりクオリティの高い試合ができていると思います。我々もそこから学び、勉強させていただいています。違う部分は、ともに過ごす時間であったり、規律やマナーなどのベースの上にサッカーを置いています」 「教育されている部分に関しては、方向は一緒でもベースは違うと思います。積み上げてきたもの、やってきたことに対してしっかりと戦うことが、将来を見ても重要だと思います。そこを確立した上で、サッカーで大いに戦えるスキルを身につけていくことを重んじてやっています」 「勝ったり負けたりということはありますが、我々は我々の方向で育成をやっていきたいと思います。Jユースも、一人一人がパス&コントロールなどの素晴らしい技術があります。そこで切磋琢磨しながら、お互いが相乗効果の中で成長していければ良いなと思います」 2017.02.18 13:26 Sat
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース