大会無失点の前橋育英から大量5得点! 青森山田が悲願の選手権初優勝に輝く!《第95回全国高等学校サッカー選手権大会》2017.01.09 16:24 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽第95回全国高等学校サッカー選手権大会の決勝、青森山田(青森)vs前橋育英(群馬)が9日に埼玉スタジアム2002で行われ、5-0で青森山田が勝利した。

▽7年ぶりに決勝戦の舞台まで勝ち上がってきた青森山田と、2年ぶりの決勝進出となった前橋育英が激突した。

▽どちらも勝利すれば初優勝となる名門校同士の一戦は、青森山田がキックオフから仕掛ける。フィールドプレーヤー全員がハーフウェイラインに並び、ボールをGKに下げると同時に前線へ駆け上がる。しかし、GK廣末の前線に蹴りこもうとしたボールを人見が懸命にブロック。ボールはゴール右に転がり、あわや失点という場面を迎える。

▽立ち上がりに失敗した青森山田は、中盤がバタついてしまい、パスワークが乱れる。最初のチャンスは前橋育英。前半5分、長澤からの右CKに人見が頭で合わせると、ゴール右隅をとらえるが、ここは青森山田のカバーに遭う。さらに、こぼれ球を拾った長澤がクロス。これを田部井がヘディングで合わせるもゴール左に外れる。

▽序盤の主導権を掌握した前橋育英は16分、スルーパスに抜け出した高沢が一対一を迎えるも、右足で放ったシュートはGK廣末が足でブロック。先制点を奪うことができない。

▽時間の経過とともに落ち着きを取り戻した青森山田は23分、右サイドを駆け上がった鳴海がクロスを供給。ボックス中央の高橋が胸トラップから左足を振り抜くと、DFの足に当たりコースが変わって、ゴールネットに吸い込まれた。青森山田が今大会無失点の前橋育英の牙城を打ち崩す。

▽先制を許した前橋育英は直後、同点のチャンスを迎える。ハーフウェイライン付近からボックス内左へのロングボールをGK廣末がファンブルする。これを拾った高沢がボックス中央にグラウンダーのクロス。これをフリーの大塚が合わせるも、ゴールバーの上に外れてしまう。

▽前半アディショナルタイムにも、前橋育英がチャンスを逃すと、青森山田が細かいパスワークから最後は嵯峨が郷家とのワンツーでボックス内右に侵入し、ゴール左に流し込む。青森山田が2-0で試合を折り返す。

▽後半立ち上がり、青森山田が前橋育英を畳みかけると、GK廣末の精度の高いキックから追加点が生まれる。57分、GK廣末のパントキックを起点にボックス右に抜け出した嵯峨がクロスをあげると、ニアサイドの鳴海が華麗な胸トラップから右足を振り抜き、追加点を奪う。さらにその直後、GK廣末のフィードを郷家が競ると、ボールはボックス内に。走りこんだ鳴海が冷静に流し込み、4-0と前橋育英を突き放す。

▽一矢報いたい前橋育英は76分、ボックス左で高沢が粘ってクロス。これを大塚が頭で合わせるも、バーの上に外れる。

▽終盤に差し掛かっても攻め手を緩めない青森山田は89分、敵陣中央で住永がインターセプトすると、これを受けた佐々木が豪快に左足を振り抜いて5点目。結局、鉄壁の守備を誇る前橋育英を5-0と圧倒的な攻撃力で攻略した青森山田が悲願の初優勝に輝いた。

コメント

関連ニュース

thumb

日本代表DF長友佑都も高校サッカーの過密日程を危惧「選手が潰れてからでは遅い」

▽インテルの日本代表DF長友佑都が、冬の風物詩となっている全国高校サッカー選手権大会について自身の考えをツイッターに投稿している。 ▽第96回全国高校サッカー選手権大会は8日に埼玉スタジアム2002で決勝戦が行われ、前橋育英(群馬)が流通経済大柏(千葉)に1-0で勝利し、初優勝を達成した。 ▽大会後、流通経済大柏の本田裕一郎監督が、同大会の過密日程について言及。今大会は、12月30日に開幕を迎え1月8日に決勝戦が行われる日程の中、2回戦と3回戦、準々決勝と準決勝は休みなく試合が実施されるなど連戦が続いた現状に苦言を呈している。 ▽自身も東福岡高校で全国高校サッカー選手権大会を目指していた長友も、本田監督に同調する形で過密日程について言及。1週間で5試合を行う異常な状況に苦言を呈した。 「高校サッカーの感動の裏で、決勝に上がった2校の日程見て驚いた。1週間で5試合。。いろいろな事情はあるんだろうけど、もう少し選手ファーストで考えてほしいな。選手が潰れてからでは遅いよ。」(原文ママ) 2018.01.09 09:14 Tue
twitterfacebook
thumb

1年越し悲願の前橋育英が激闘制し初優勝! 流通経済大柏は大会初失点に沈む《第96回全国高等学校サッカー選手権大会》

▽第96回全国高等学校サッカー選手権大会の決勝の流通経済大柏(千葉)vs前橋育英(群馬)が8日に行われ、1-0で前橋育英が勝利。この結果、前橋育英の初優勝が決まった。 ▽6日に行われた準決勝で、矢板中央(栃木)を1-0で下して10年ぶりの決勝進出を果たしたインハイ王者・流通経済大柏と、上田西(長野)に6-1の大勝を収めて2年連続で決勝進出となった前橋育英が、埼玉スタジアム2002で激突した。 ▽今大会1失点の前橋育英と、無失点の流通経済大柏の試合は固い入りをみせる。それでも27分には、今大会7得点で得点ランクトップに立つ飯島が、セットプレーのルーズボールからミドルシュート。ボールはわずかに枠を外れたものの、強烈な左足からのシュートで流通経済大柏のゴールマウスを脅かしていく。 ▽さらに、前半終了間際の46分、相手ディフェンスラインの裏にこぼれたボールに飯島が反応。ボックス右からシュートを放ったが左ポストを叩き、得点とはならなかった。 ▽前半をゴールレスで折り返した試合は、後半も手堅い内容に。64分、味方とのワンツーでボックス左に抜け出した五十嵐が、そのままシュートを狙う。しかし、ファーを狙ったボールはバーに当たり、阻まれた。 ▽68分には、流通経済大柏にチャンス。安城と相手DFの競り合いから、途中出場の石川がボックス手前でボールを持つと、自らシュートを放つ。それでも、鋭いシュートをGK湯澤がセーブ。一進一退の攻防が続いていく。 ▽80分には、前橋育英にビッグチャンス。右CKの混戦から最後はボックス内中央の角田が蹴り込む。しかし、カバーに入っていた佐藤がこれをブロック。流通経済大柏を救う働きをみせた。 ▽ドラマが待っていたのは試合終了間際の92分、GK薄井が前に出た状態で、ボックス右でボールを持った飯島がシュートを狙うと、DF三本木がブロック。両軍入り乱れる中、ボールを拾った前橋育英の榎本が狙いすましたシュートで、流通経済大柏のゴールネットを初めて揺らす。 ▽直後に試合が終了。この結果、昨年準優勝の前橋育英が1年越しに悲願の初優勝を成し遂げることに。流通経済大柏は、今大会初の失点を最も重要な場面で喫し、10年ぶり2回目の優勝を叶えることはできなかった。 ◆決勝結果 ▽1月8日(月) 流通経済大柏(千葉) 0-1 前橋育英(群馬) 【前橋育英】 榎本樹(後47) 2018.01.08 16:15 Mon
twitterfacebook
thumb

決勝カードが決定! 流通経済大柏の夏冬連覇か、前橋育英の雪辱か《第96回全国高等学校サッカー選手権大会》

▽6日に第96回全国高等学校サッカー選手権大会の準決勝が行われ、決勝の対戦カードが決定した。 ▽準決勝では、流通経済大柏(千葉)が矢板中央(栃木)に1-0、前橋育英(群馬)が上田西(長野)に6-1で勝利して決勝へと駒を進めた。 ▽決勝では10年ぶりの決勝進出を果たしたインハイ王者・流通経済大柏と、2年連続の決勝進出を果たした昨年のファイナリスト・前橋育英が激突。埼玉スタジアム2002で行われる決勝戦は、8日の14時5分にキックオフを迎える。 ◆決勝対戦カード 流通経済大柏(千葉) vs 前橋育英(群馬) 2018.01.06 16:25 Sat
twitterfacebook
thumb

前橋育英、昨年の雪辱に王手! 上田西を6発撃破で2年連続の決勝へ《第96回全国高等学校サッカー選手権大会》

▽第96回全国高等学校サッカー選手権大会の準決勝が6日に行われ、前橋育英(群馬)が6-1で上田西(長野)を破り、2年連続の決勝進出を決めた。 ▽5日に行われた準々決勝で、明秀日立(茨城)と3-2の打ち合いを制して長野県勢初のベスト4入りを決めた上田西と、米子北(鳥取)に3-0で勝利してベスト4進出を決めた昨年のファイナリスト・前橋育英が激突した。 ▽試合は序盤から2年連続の決勝進出を目指す前橋育英が攻勢に出る。7分、ボックス右で相手DFからボールを奪った田部井悠が中央にラストパス。ここまで5得点を記録している飯島が右足を振り抜いたが、打ち損じてしまい、先制点とはならない。8分にも上田西GK小山が飛び出してクリアしたボールを、秋山が敵陣中央で拾い、左足を振り抜くもわずかにゴール右へと外れた。 ▽その後も、果敢に敵陣へと攻め込む前橋育英は一気に上田西を押し込む。すると24分、田部井悠からの左CKをニアサイドに走り込んだガンバ大阪内定の松田が頭で合わせ、ゴール右隅へと流し込んだ。さらにその3分後、田部井悠、榎本とつないでバイタルエリアを攻略。最後はボックス内でパスを受けた飯島が冷静にGKの逆を突いた。 ▽2点のリードを許した上田西だが、29分に一瞬の隙から根本がゴールネットを揺らしてここまで県予選から無失点を続けていた前橋育英の鉄壁な守備を打ち崩す。しかし、これにも動じない前橋育英は34分、味方のスルーパスに反応した快足の五十嵐が最終ラインを抜け出してGK小山との一対一を制した。 ▽3-1で試合を折り返すと、2点をリードする前橋育英が依然としてペースを握る。 56分には左サイドからのボールをボックス内で収めた飯島が中央に持ち込みシュートを放つが、ゴール右へと外れる。 ▽それでも相手ボックス内への侵攻を続ける前橋育英は63分、パスを受けた榎本がボックス内での粘りのキープから、落としをボックス左手前で受けた五十嵐がワンタッチでペナルティアーク内に切れ込み、右足でゴール左隅へと蹴り込んだ。 ▽決勝進出を大きく手繰り寄せた前橋育英は、試合終盤に入っても上田西の反撃を許さない。終盤にも攻勢を続けて86分には飯島、後半アディショナルタイムには釣崎が追加点を決めて試合終了。昨年のファイナリストである前橋育英が6-1の大勝で2年連続の決勝進出を決めた。 上田西 1-6 前橋育英 【上田西】 根本凌(前29) 【前橋育英】 松田陸(前24) 飯島陸(前27) 五十嵐理人(前34) 五十嵐理人(後18) 飯島陸(後41) 釣崎椋介(後45+1) 2018.01.06 16:10 Sat
twitterfacebook
thumb

ベスト4出揃う! 流通経済大柏、矢板中央、上田西、前橋育英が埼スタへ《第96回全国高等学校サッカー選手権大会》

▽5日に第96回全国高等学校サッカー選手権大会の準々決勝が行われ、準決勝の対戦カードが決定した。 ▽準々決勝では、流通経済大柏(千葉)、矢板中央(栃木)、上田西(長野)、前橋育英(群馬)がベスト4入り。準決勝に駒を進めた。 ▽6日に埼玉スタジアム2002で行われる準決勝では、インハイ王者の流通経済大柏(千葉)と矢板中央(栃木)の関東勢対決が実現。長野県勢初のベスト4進出となった上田西(長野)は、前回大会のファイナリストである前橋育英(群馬)と激突する。対戦カードは以下の通り。 ◆準決勝対戦カード 流通経済大柏(千葉) vs 矢板中央(栃木) 上田西(長野) vs 前橋育英(群馬) 2018.01.05 16:02 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース