【CLグループB総括】大混戦を制したのはナポリとベンフィカ2016.12.10 07:31 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽今大会で最も実力が拮抗していると思われていたグループBは戦前の予想通りに大混戦となった。最終節まで突破チームが決まらなかった中、ナポリとベンフィカが決勝トーナメント進出を決めている。

■グループB順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ナポリ[11/3/2/1/3)
2.ベンフィカ[8/2/2/2/0]
3.ベシクタシュ[7/1/4/1/-5]
4.ディナモ・キエフ[5/1/2/3/2]

◆ミリク負傷が響くも首位通過~ナポリ~
Getty Images
▽開幕2連勝スタートを切り、3試合目での突破の可能性もあったナポリだったが、FWイグアインの穴を埋める活躍を見せていたFWミリクの負傷が響いた。彼を失って以降の3戦目から苦戦し、ベシクタシュに1分け1敗と負け越し。第5節ディナモ・キエフ戦ではゴールレスドローに終わり暗雲が垂れ込めたが、最終節ベンフィカとのアウェイ戦ではカジェホンとメルテンスが意地を見せて勝利。首位を維持してグループステージ突破を果たした。

◆主力流出がやや響くも最低限の結果~ベンフィカ~
Getty Images
▽CLの経験値において最も優れるベンフィカが本命と目されていたが、MFガイタンやMFレナト・サンチェス、MFタリスカといった主力の流出が響いた。チームの完成度の面でナポリの後塵を拝し、ダブルを食らった。とはいえ、FWゴンサロ・グエデスやDFリンデロフといった若手選手の台頭により、グループステージ敗退に追い込まれることは避けられた。

◆奇跡の同点劇も最後に自滅~ベシクタシュ~
Getty Images
▽混戦を生み出したトルコ王者だったが、後一歩で決勝トーナメント進出を果たせなかった。クアレスマがチームを牽引し、新戦力のFWアブバカルは3ゴールを決めて役割を果たした。DFアドリアーノもサイド攻撃を活性化する役割を担った。1勝2分け1敗で迎えた第5節ベンフィカ戦では3点のビハインドから追いつく奇跡の同点劇を演じ、最終節のディナモ・キエフ戦で勝利すれば突破という状況だったが、退場者2人を出してしまい自滅してしまった。

◆最後に一矢報いる~ディナモ・キエフ~
Getty Images
▽混戦が予想された中、昨季CLベスト16のディナモ・キエフが最終節を前に一足早く敗退してしまった。主砲のMFヤルモレンコがチームを引っ張ったものの、得点力に難を抱えたチームは、第5節までわずか2ゴールに終わった。それでも敗退の決まっていた最終節に意地を見せ、勝利すれば突破となるベシクタシュに6発圧勝して一矢を報いた。

コメント

関連ニュース

thumb

ハムシク、ナポリ退団か?! 父が明かす可能性とは…

▽ナポリのスロバキア代表MFマレク・ハムシク(30)がクラブを離れたがっているようだ。『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽記事によれば、ハムシクの父親であるリチャード氏が「マレクはアウレリオ・デ・ラウレンティス会長と、退団の可能性について話した」とコメント。移籍先としては、「3つのクラブがマレクに興味を持っている。彼らは年俸1000万ユーロ(約13億円)用意している」とも明かしている。 ▽その3つのクラブの中に、中国のクラブがあるようで、ハムシクの残り契約年数も踏まえて以下のように語っている。 「問題は、中国のクラブが冬にならないと選手を獲得できないということ。そして、ナポリとの契約が3年残っているということだ」 「彼がクラブを離れる確率は60%だと言える。今は代理人のベングロシュに一存しているがね」 ▽近頃では、ハムシクはナポリ監督のマウリツィオ・サッリと共に、チェルシーへの移籍が取り沙汰されている。クラブ史上最多得点者であるレジェンドは、クラブを離れることになるのだろうか。 2018.05.22 20:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ナポリ、ポーランド代表の“ポリバレント”ジエリンスキと契約延長へ

▽ナポリが、ポーランド代表MFピオトル・ジエリンスキ(24)と契約延長に達したようだ。『TRANSFERmarketWEB』が伝えている。 ▽ワールドカップで日本代表とも対戦するポーランド代表のジエリンスキ。2016年にウディネーゼから加入し、昨シーズンは36試合、今シーズンも36試合のリーグ戦に出場し、優勝にあと一歩のところまで迫ったナポリに貢献した。 ▽中盤からウイングまで幅広くこなせる“ポリバレント”なジエリンスキに対し、ナポリも評価を高め、この度契約延長に至った模様。現行の契約から2年間延長した2023年までの契約となり、年俸も250万ユーロ(約3億2000万円)にアップするようだ。 ▽リバプールや、マンチェスター・シティ、レアル・マドリーといったビッグクラブが興味を示していたとされるジエリンスキ。契約延長の発表は22日になされると予想されている。 2018.05.21 22:00 Mon
twitterfacebook
thumb

サッリ、やはりナポリ退任か…「物事には終わりがある」

▽ナポリのマウリツィオ・サッリ監督(59)が、今夏での退任を示唆している。イギリス『スカイ・スポーツ』がそのコメントを伝えた。 ▽2015年からナポリの指揮を執り、魅力的な攻撃的サッカーを展開するチームを作り上げたサッリ監督。就任3年目を迎えた今シーズンは、開幕から8連勝を飾るなど、冬の王者に輝いた。しかし、結果的にはユベントスに史上初の7連覇を許し、1989-90シーズンぶりのスクデット獲得は叶わなかった。 ▽20日に行われたセリエA最終節、クロトーネ戦(2-1でナポリが勝利)の後、メディアの前に現れたサッリ監督は、自身の去就についてヒントとなるようなコメントを残している。 「人生ではあらゆることに終わりが来る。良い状態でストーリーを終わらせる方がいいこともある」 「私が就任した時、このチームはトップと24ポイントも離れていた。だが今は4ポイントだ。目標には手が届かなかったが、素晴らしい旅路となった」 「明日、一番に家族に話そうと思う。会長は早急な返事を待っている。すぐに他のイタリアのクラブに行くことはないだろう。ナポリでの思い出が強すぎるからね」 2018.05.21 18:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ユーベ、優勝に歓喜もSNSで失態…ナポリが苦言「激怒している」

▽ナポリがユベントスに対して不快感をあらわにした。クラブ公式ツイッターでユベントスの選手を非難している。 ▽ナポリが問題視しているのは、FWドグラス・コスタとDFメディ・ベナティアのSNSだ。セリエA7連覇を達成したユベントスは、トリノ市内でファンが優勝を喜んだ。 ▽ここまでは正常だったが、ドグラス・コスタは1人のユベントスファンが「ナポリ、くそったれ」と書いたシャツを掲げているところをSNSに掲載。さらに、インシーニェと名前が書かれた棺おけ型の物が掲げられたところもSNSで紹介している。ベナティアも同様に不適切な投稿をしてしまった。 ▽これを受けてナポリは、「我々は、ユベントスの一部選手の恥ずべき姿勢と侮辱的な行為に激怒している。非常に重い行いで、受け入れられないものだ」と記した。 ▽今シーズンは最後までユベントスを苦しめたナポリ。両クラブのライバル関係はさらに深まっていくかもしれない。 2018.05.21 04:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ナポリに屈したクロトーネが2年でセリエBへ降格《セリエA》

▽クロトーネは20日、セリエA最終節でナポリとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。この結果、クロトーネのセリエB降格が決まっている。 ▽14位キエーボ(勝ち点37)、15位ウディネーゼ(勝ち点37)、16位カリアリ(勝ち点36)、17位SPAL(勝ち点35)、18位クロトーネ(勝ち点35)による痺れる残留争い。 ▽前節ラツィオに善戦して2-2と引き分けたクロトーネが、クラブ史上最多の勝ち点を積み上げたナポリのホームに乗り込んだ一戦。 ▽勝ち点を加えなければ2年ぶりの降格となるクロトーネは立ち上がりからナポリに押し込まれると、23分に失点する。ボックス手前左からのインシーニェのクロスをファーサイドのミリクにヘディングで決められた。 ▽さらに32分、左サイドからのインシーニェのクロスをカジェホンにボレーで叩き込まれ、リードを広げられてしまう。その後も攻撃のチャンスを掴めないクロトーネは、42分にカジェホンにミドルシュートでゴールを脅かされるなど、劣勢のまま前半を終えた。 ▽迎えた後半、ゴールが必要なクロトーネがリスクを負って前がかっていく。しかし、ナポリを脅かすには至らない攻撃が続くと、64分までに3枚の交代枠を使った。 ▽だが、引き続きナポリペースで試合が進むと、74分にジョルジーニョにミドルシュートで牽制される。 ▽追加タイム1分、トゥッミネッロのミドルシュートで一矢報いたクロトーネだったが、反撃はここまで。勝ち点を積み上げられず降格となった。 2018.05.21 03:12 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース