【CLグループB総括】大混戦を制したのはナポリとベンフィカ2016.12.10 07:31 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽今大会で最も実力が拮抗していると思われていたグループBは戦前の予想通りに大混戦となった。最終節まで突破チームが決まらなかった中、ナポリとベンフィカが決勝トーナメント進出を決めている。

■グループB順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ナポリ[11/3/2/1/3)
2.ベンフィカ[8/2/2/2/0]
3.ベシクタシュ[7/1/4/1/-5]
4.ディナモ・キエフ[5/1/2/3/2]

◆ミリク負傷が響くも首位通過~ナポリ~
Getty Images
▽開幕2連勝スタートを切り、3試合目での突破の可能性もあったナポリだったが、FWイグアインの穴を埋める活躍を見せていたFWミリクの負傷が響いた。彼を失って以降の3戦目から苦戦し、ベシクタシュに1分け1敗と負け越し。第5節ディナモ・キエフ戦ではゴールレスドローに終わり暗雲が垂れ込めたが、最終節ベンフィカとのアウェイ戦ではカジェホンとメルテンスが意地を見せて勝利。首位を維持してグループステージ突破を果たした。

◆主力流出がやや響くも最低限の結果~ベンフィカ~
Getty Images
▽CLの経験値において最も優れるベンフィカが本命と目されていたが、MFガイタンやMFレナト・サンチェス、MFタリスカといった主力の流出が響いた。チームの完成度の面でナポリの後塵を拝し、ダブルを食らった。とはいえ、FWゴンサロ・グエデスやDFリンデロフといった若手選手の台頭により、グループステージ敗退に追い込まれることは避けられた。

◆奇跡の同点劇も最後に自滅~ベシクタシュ~
Getty Images
▽混戦を生み出したトルコ王者だったが、後一歩で決勝トーナメント進出を果たせなかった。クアレスマがチームを牽引し、新戦力のFWアブバカルは3ゴールを決めて役割を果たした。DFアドリアーノもサイド攻撃を活性化する役割を担った。1勝2分け1敗で迎えた第5節ベンフィカ戦では3点のビハインドから追いつく奇跡の同点劇を演じ、最終節のディナモ・キエフ戦で勝利すれば突破という状況だったが、退場者2人を出してしまい自滅してしまった。

◆最後に一矢報いる~ディナモ・キエフ~
Getty Images
▽混戦が予想された中、昨季CLベスト16のディナモ・キエフが最終節を前に一足早く敗退してしまった。主砲のMFヤルモレンコがチームを引っ張ったものの、得点力に難を抱えたチームは、第5節までわずか2ゴールに終わった。それでも敗退の決まっていた最終節に意地を見せ、勝利すれば突破となるベシクタシュに6発圧勝して一矢を報いた。

コメント

関連ニュース

thumb

マラドーナに並ぶ! ナポリの象徴ハムシク、クラブ歴代最多得点記録タイに

▽ナポリに所属するスロバキア代表MFマレク・ハムシクがクラブ歴代最多得点記録に並んだ。 ▽ハムシクは、16日に行われたセリエA第17節のトリノ戦(3-1でナポリが勝利)に先発。30分にチーム3得点目をマークした。これにより、ハムシクのナポリでの公式戦通算得点数は115ゴールに。1984〜1991年まで在籍したディエゴ・マラドーナ氏の持つクラブ記録に肩を並べた。 ▽ハムシクは、2007年夏にブレシアからナポリに加入し、初年度から攻撃的MFとしてレギュラーの座を確保。在籍10シーズンで2度のコッパ・イタリア、1度のイタリア・スーパーカップ制覇に貢献した。 2017.12.17 10:45 Sun
twitterfacebook
thumb

公式戦4試合ぶりの白星を飾ったナポリが首位に再浮上! ハムシクはマラドーナ氏の最多ゴール記録に並ぶ《セリエA》

▽ナポリは16日、セリエA第17節でトリノと対戦し3-1で勝利した。 ▽首位返り咲きを狙う2位ナポリ(勝ち点39)が、9位トリノ(勝ち点23)のホームに乗り込んだ一戦。前節のフィオレンティーナ戦をゴールレスで終えたナポリは、その試合と同じ先発メンバーで試合に臨んだ。 ▽試合は開始早々にナポリがスコアを動かす。4分、カジェホンの左CKをニアサイドのアランがフリック。最後はゴール前のクリバリが頭で押し込んだ。さらに14分には、バイタルエリア手前でボールを受けたメルテンスがドリブルでボックス内に侵攻。ゴール右まで切り込み右足を振り抜いたが、このシュートはゴール左に逸れた。 ▽先制点で主導権を握るナポリは、25分に追加点を奪う。ジョルジーニョのパスで相手DFの裏に抜け出したジリエンスキがゴール前まで持ち上がりゴール右隅にシュートを流し込んだ。さらに30分には、ボックス左から侵攻したジョルジーニョの折り返しをハムシクがゴール右に突き刺し、3点目を決めた。ハムシクはこのゴールでマラドーナ氏の持つナポリの最多ゴール記録「115」に並んだ。 ▽迎えた後半、トリノはヴァルディフィオーリを下げてリャイッチを投入。しかし、先にチャンスを迎えたのはナポリ。61分、メルテンスのパスに抜け出したカジェホンがゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドに判定で取り消された。 ▽トリノの反撃は63分、中央から持ち上がったリャイッチのラストパスが相手DFに当たると、ボックス内でこぼれ球を拾ったベロッティが右足を振り抜く。このシュートがGKレイナの手を弾き、ゴール左隅に吸い込まれた。 ▽1点を返されたナポリは70分にジリエンスキを下げてインシーニェを投入。さらに76分にはジョルジーニョに代えてA・ディアワラをピッチに送り出した。対するトリノは80分にアクシデント。右足を痛めたリャイッチがプレー続行不可能となるが、トリノはすでに3枚の交代カードを切り終えていたため10人でのプレーを余儀なくされた。 ▽その後は数的有利となったナポリが、危なげない試合運びで試合をクローズ。敵地で公式戦4試合ぶりの白星を飾ったナポリは、同日開催のインテルがウディネーゼに敗れたため首位に再浮上した。 2017.12.17 04:20 Sun
twitterfacebook
thumb

【セリエA第17節プレビュー】上位陣は格下と対戦

▽前節行われたユベントスvsインテルのイタリア・ダービーは0-0で引き分け、インテルが首位を死守した。そして、ナポリがフィオレンティーナに0-0で引き分け、首位奪還はならなかった。さらに、ローマもキエーボに0-0と引き分けたことで上位陣の順位に変動はなかった。迎える第17節、上位陣は格下との対戦が組まれている。 ▽まずは首位のインテル(勝ち点40)から。土曜日の23:00キックオフで13位ウディネーゼ(勝ち点18)とのホーム戦に臨むインテルは、前節敵地でのユベントス戦を劣勢ながら守備陣の奮闘により引き分けに持ち込んだ。貴重な勝ち点1を持ち帰った中、火曜日に行われたコッパ・イタリアでは3部のポルデノーネをPK戦の末に辛くも下した。ここで先発した長友だったが、PK成功以外に目立ったプレーはなく、アピールに失敗している。引き続きベンチスタート予想だが、出場のチャンスは訪れるか。 ▽インシーニェ不在が響いてフィオレンティーナからゴールを奪えず、公式戦3試合勝利のない2位ナポリ(勝ち点39)は、8位トリノ(勝ち点23)とのアウェイ戦に臨む。トリノ戦ではインシーニェが先発復帰予想となっており、得点力の向上が見込める。前節ラツィオを下したトリノに勝利し、首位奪還となるか。 ▽3位ユベントス(勝ち点38)は、11位ボローニャとのアウェイ戦に臨む。前節インテルとのイタリア・ダービーでは優勢に試合を進めながらも、決め手を欠いて勝ち点1獲得に留まった。久々に1週間の休養期間が得られた中、インテンシティを高く保って勝利を掴み取り、インテルとナポリを追走したい。 ▽キエーボGKソレンティーノの牙城を崩せなかった4位ローマ(勝ち点35/未消化1試合)は、14カリアリ(勝ち点17)とのホーム戦に臨む。主力を温存し過ぎた影響もあって勝ち点2を失ったローマは、次節ユベントス戦を前にすっきりと勝利して大一番に臨みたい。 ▽ボナヴェントゥーラのドッピエッタでガットゥーゾ体制3戦目にして初勝利を飾った7位ミラン(勝ち点24)は、水曜日にコッパ・イタリアで3-0と快勝した19位ヴェローナ(勝ち点10)とのアウェイ戦で連勝を目指す。最後にインモービレ退場が響いてトリノに敗戦した5位ラツィオ(勝ち点32/未消化1試合)は、8位アタランタ(勝ち点23)とのアウェイ戦で勝利を取り戻しにかかる。 ※スタメン予想はイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』参照 ◆セリエA第17節 ▽12/16(土) 《23:00》 インテル vs ウディネーゼ 《26:00》 トリノ vs ナポリ 《28:45》 ローマ vs カリアリ ▽12/17(日) 《20:30》 ヴェローナ vs ミラン 《23:00》 ボローニャ vs ユベントス フィオレンティーナ vs ジェノア クロトーネ vs キエーボ サンプドリア vs サッスオーロ 《26:00》 ベネヴェント vs SPAL 《28:45》 アタランタ vs ラツィオ 2017.12.16 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ナポリ、来年1月のヴルサリコ獲得を断念か 会長が発言

▽ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長は、アトレティコ・マドリーのクロアチア代表DFシメ・ヴルサリコ(25)の獲得に動いていることを認めたが、今冬の移籍市場での獲得が困難となっていることも明かした。同会長がイタリア『イル・マッティーノ』に語った内容を、スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽ナポリでは、左サイドバックでレギュラーを務めていたアルジェリア代表DFファウジ・グラムが11月の初めに負傷。右ヒザ前十字じん帯断裂の重傷と診断され、半年近く離脱することが明らかになっていた。 ▽代役探しが急務となったナポリは、アトレティコで出場機会に悩むヴルサリコをリストアップ。本人も移籍を希望しているということが各紙より報道されており、今冬の獲得が囁かれていた。しかし、デ・ラウレンティス会長は今シーズン中の獲得が困難だと感じているようだ。 「我々はフルバックを強化したいと考えている。しかし、それは簡単なことではない。1月に(シメ・)ヴルサリコとのサインを締結するには、困難があるからだ。確かに彼が欲しいが、複雑なんだ」 「最近、アトレティコの(エンリケ・セレーゾ)会長と会談した。彼は『今は取引を行うことができない』と言ったよ。しかし、恐らく(困難なのは)6月までだ。彼らには多くの試合があるからね」 ▽ヴルサリコは、シーズン最序盤に負ったヒザの負傷の影響もあり、リーガエスパニョーラ第15節終了時点で公式戦の出場は7試合のみ。そのうち、リーガでの出場は4試合に留まっている。 2017.12.15 05:34 Fri
twitterfacebook
thumb

ナポリが期待のMFアランと契約延長へ

▽ナポリがブラジル人MFアラン(26)との契約延長に向けて動き出しているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽2015-16シーズンにウディネーゼからナポリに加入したアランは主にインサイドハーフとしてプレー。今シーズンはセリエAで16試合に出場して2ゴールを奪う活躍を見せている。 ▽報道によるとナポリはアランと2019年6月末までの契約を結んでいる模様。クラブ側はアランのパフォーマンスを高く評価しているようで2021年までの新契約を準備しているようだ。 ▽なお、アランは現在年俸140万ユーロ(約1億8600万円)とのこと。しかし新契約では210万ユーロ(約2億8000万円)となるようで、早ければ来月には締結されるという。 2017.12.14 13:52 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース