【CLグループB総括】大混戦を制したのはナポリとベンフィカ2016.12.10 07:31 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽今大会で最も実力が拮抗していると思われていたグループBは戦前の予想通りに大混戦となった。最終節まで突破チームが決まらなかった中、ナポリとベンフィカが決勝トーナメント進出を決めている。

■グループB順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ナポリ[11/3/2/1/3)
2.ベンフィカ[8/2/2/2/0]
3.ベシクタシュ[7/1/4/1/-5]
4.ディナモ・キエフ[5/1/2/3/2]

◆ミリク負傷が響くも首位通過~ナポリ~
Getty Images
▽開幕2連勝スタートを切り、3試合目での突破の可能性もあったナポリだったが、FWイグアインの穴を埋める活躍を見せていたFWミリクの負傷が響いた。彼を失って以降の3戦目から苦戦し、ベシクタシュに1分け1敗と負け越し。第5節ディナモ・キエフ戦ではゴールレスドローに終わり暗雲が垂れ込めたが、最終節ベンフィカとのアウェイ戦ではカジェホンとメルテンスが意地を見せて勝利。首位を維持してグループステージ突破を果たした。

◆主力流出がやや響くも最低限の結果~ベンフィカ~
Getty Images
▽CLの経験値において最も優れるベンフィカが本命と目されていたが、MFガイタンやMFレナト・サンチェス、MFタリスカといった主力の流出が響いた。チームの完成度の面でナポリの後塵を拝し、ダブルを食らった。とはいえ、FWゴンサロ・グエデスやDFリンデロフといった若手選手の台頭により、グループステージ敗退に追い込まれることは避けられた。

◆奇跡の同点劇も最後に自滅~ベシクタシュ~
Getty Images
▽混戦を生み出したトルコ王者だったが、後一歩で決勝トーナメント進出を果たせなかった。クアレスマがチームを牽引し、新戦力のFWアブバカルは3ゴールを決めて役割を果たした。DFアドリアーノもサイド攻撃を活性化する役割を担った。1勝2分け1敗で迎えた第5節ベンフィカ戦では3点のビハインドから追いつく奇跡の同点劇を演じ、最終節のディナモ・キエフ戦で勝利すれば突破という状況だったが、退場者2人を出してしまい自滅してしまった。

◆最後に一矢報いる~ディナモ・キエフ~
Getty Images
▽混戦が予想された中、昨季CLベスト16のディナモ・キエフが最終節を前に一足早く敗退してしまった。主砲のMFヤルモレンコがチームを引っ張ったものの、得点力に難を抱えたチームは、第5節までわずか2ゴールに終わった。それでも敗退の決まっていた最終節に意地を見せ、勝利すれば突破となるベシクタシュに6発圧勝して一矢を報いた。

コメント

関連ニュース

thumb

中国の天津、カンナバーロ監督が育った古巣ナポリのFW獲得に興味か

中国スーパーリーグの天津権健がナポリのFWマノロ・ガッビアディーニの獲得に興味を示していると、イタリア紙『イル・マッティーノ』が報じている。<br><br>フィオレンティーナのFWニコラ・カリニッチの移籍交渉が破談に終わった天津は新たな候補をリストアップした。ファビオ・カンナバーロ監督の古巣であるナポリのフォワードだ。<br><br>ガッビアディーニは出場機会が少ないながら、今シーズンは公式戦で5得点を挙げており、決定力が評価されている。そのため市場価値は2500万ユーロ(約30億円)と高額になると見られている。<br><br>天津のほかにも、サウサンプトンやレスターなどプレミアリーグの複数クラブが興味を示しており、フィオレンティーナもレンタルでの獲得を狙っているとの情報がある。<br><br>このほか、過去にはドルトムントからの問い合わせがあったことも明らかになっている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.24 05:45 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナルやミラノ勢関心のインシーニェ、ナポリとの契約延長交渉難航か

▽イタリア代表MFロレンツォ・インシーニェ(25)と、所属先であるナポリの契約延長交渉が難航を極めているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽報道によれば、現行契約を2019年まで残すインシーニェとクラブはここ4、5カ月にわたって協議。しかし、両者は、金銭面の部分で未だ合意に達することができていないという。 ▽現在、年俸180万ユーロ(約2億1000万円)を受け取るインシーニェ側は、新たに500万ユーロ(約6億円)を要求。だが、ナポリは250万ユーロ(約3億円)を打診するにとどまっている模様だ。 ▽インシーニェは、今シーズンのセリエAで20試合6ゴール5アシストを記録。そのイタリア人アタッカーにはアーセナルの他、ミランとインテルのミラノ勢が関心を示しているとみられている。 2017.01.23 11:45 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:ミラン 1-2 ナポリ《セリエA》

▽セリエA第21節ミランvsナポリが21日にサン・シーロで行われ、1-2でナポリが勝利した。ミランのMF本田圭佑はベンチ入りも出場機会はなかった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ミラン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170122_13_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 99 ドンナルンマ 5.5 1失点目は弾き切れず、2失点目は股間を抜かれてしまったが、70分の一対一を止めた DF 20 アバーテ 5.5 インシーニェの動きを封じるので精いっぱい 15 ゴメス 5.0 ロマニョーリの代役もラインコントロールに難。背後を狙われた 29 パレッタ 5.5 個人的なミスはなかったが、守備を統率しきれず 96 カラブリア 5.0 2失点目はカジェホンにスペースを取られた MF 33 クツカ 6.0 ハムシクとの同胞対決。望みをつなぐ1点返す 23 ホセ・ソサ 5.0 1本好サイドチェンジがあったが、ロカテッリの代役を務め上げるには至らず (→ベルトラッチ 5.0) 1本ミドルシュートを放ったのみ 80 パシャリッチ 5.0 47分のヘディングシュートは惜しかったが、攻守に機能せず (→ニアン -) FW 8 スソ 5.5 右サイドからのクロスボールで打開を図った 70 バッカ 5.0 終始、空回り気味 (→ラパドゥーラ 5.0) 見せ場を作れず 5 ボナヴェントゥーラ 5.5 後半の攻撃を牽引 監督 モンテッラ 5.0 出場停止のロカテッリとロマニョーリの不在が響いた ▽ナポリ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170122_14_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 25 レイナ 5.5 安定感あるプレーを続けた DF 2 ヒサイ 5.5 ボナヴェントゥーラの対応に追われた 62 トネッリ 5.0 2戦連続ゴール中だったが、失点に絡む。やや無謀につなぎ過ぎる嫌いがある 33 アルビオル 6.0 終始、冷静なプレー 3 ストリニッチ 5.5 スソの動きを制限 MF 5 アラン 5.5 やや守備に追われた印象 (→ログ -) 8 ジョルジーニョ 5.5 2点目に関与も失点にも絡んだ。劣勢の時間帯に落ち着きを与えられず (→A・ディアワラ 5.5) 球際の強さを見せる 17 ハムシク 6.0 卓越したボールスキルで攻撃を牽引 (→ジエリンスキ 5.5) すんなり試合に入った FW 7 カジェホン 6.5 持ち味のフリーランで急所を突き、2点目を奪取 14 メルテンス 6.5 2点をアシスト。状況判断の良いプレーが目立った 24 インシーニェ 6.5 ビューティフルゴールで先制点。卓越したボールスキルを随所に見せる 監督 サッリ 6.0 メリハリのある戦いぶりで妥当な勝利 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! インシーニェ(ナポリ) ▽ナポリの3トップはいずれもMOMに相応しいところだが、難度の高い先制点を決めたインシーニェを選出。 ミラン 1-2 ナポリ 【ミラン】 クツカ(前37) 【ナポリ】 インシーニェ(前6) カジェホン(前9) 2017.01.22 06:49 Sun
twitterfacebook
thumb

10分までに2点を奪ったナポリがミランに逃げ切り勝利で3連勝《セリエA》

▽セリエA第21節ミランvsナポリが21日にサン・シーロで行われ、1-2でナポリが勝利した。ミランのMF本田圭佑はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節トリノ戦では2点を先行される苦しい戦いを強いられながらもGKドンナルンマのPKストップで辛くも引き分けに持ち込んだ暫定5位のミラン(勝ち点37)は、ロマニョーリとロカテッリの出場停止を受けてグスタボ・ゴメスとホセ・ソサを起用した。 ▽対する3位ナポリ(勝ち点41)は、前節ペスカーラ戦をトネッリの2戦連続ゴールなどで3-1と快勝。現状のベストメンバーを送り込んでリーグ戦3連勝を目指した。 ▽試合は開始6分に動く。ナポリがカウンターに転じると、右サイドのメルテンスのアーリークロスを受けたインシーニェがボックス左へ侵入して左足を一閃。これがGKドンナルンマの手を弾いてゴール右上に突き刺さった。 ▽畳みかけるナポリは9分、右サイドでボールを持ったメルテンスがスルーパスを送ると、ボックス右に侵入したカジェホンがGKドンナルンマの股間を抜くシュートで追加点を奪いきった。 ▽自陣に引きながらカウンターを狙うナポリは14分、ディフェンスライン裏を取ったカジェホンが決定機を迎えるも、GKドンナルンマの鋭い飛び出しに阻まれた。その後も守備を強調しながら戦ったナポリが主導権を渡さない。29分には右サイドからのアーリークロスに反応したメルテンスがボレーシュートを狙ったが、ミートしきれない。 ▽前がかるミランは35分、ショートコーナーからゴメスの放ったヘディングシュートは枠の右に外れたものの、37分に1点を返す。ジョルジーニョの短くなったリターンパスの処理を戸惑ったトネッリからクツカがかっさらってそのままゴールに流し込んだ。 ▽1点差として迎えた後半、ミランは47分に右クロスに合わせたパシャリッチのヘディングシュートがバーを直撃する。良い入りを見せたミランがその後も攻勢に出る中、劣勢のナポリは59分にインシーニェがロングシュートを狙って牽制。63分にもインシーニェがカットインから可能性のあるシュートを浴びせ、盛り返していく。 ▽オープンな展開となる中、ミランは68分にバッカが枠内シュートを浴びせれば、ナポリは70分にボックス左へ抜け出したメルテンスがGKドンナルンマとの一対一となるが決めきれない。 ▽終盤にかけてはナポリがA・ディアワラを投入するなど守備を固めにかかったことでクローズな展開に。ラパドゥーラとニアンを投入したミランを封じ、2-1のまま逃げ切って3連勝とした。 2017.01.22 06:48 Sun
twitterfacebook
thumb

神の手ゴールのマラドーナユニが盗難被害…犯人は著名弁護士「私はディエゴ病だ」

ディエゴ・マラドーナが着用したサイン入りユニフォームが盗まれる事件が発生したが、その犯人がナポリの有名弁護士だったことで話題になっている。複数のイタリアメディアが報じた。<br><br>16日、ナポリのサン・カルロ劇場で行われたライブショー『トレ・ヴォルテ10』の終了後、市内のホテル・ヴェズーヴィオでは、招待客を対象とした夕食会が開かれていた。<br><br>アントニオ・ルイーセ氏は、1986年のワールドカップメキシコ大会の決勝アルゼンチン対イングランド戦でマラドーナが着用したユニフォームとシューズを持参し、この機会に本人からサインをもらおうと意気込んでいた。<br><br>人だかりの中、ユニフォームとシューズにサインを貰って安心したのか、これらが入ったバッグをテーブルの上に置き、目を離した隙に、バッグは跡形もなく消えていた。<br><br>ルイーセ氏はすぐに警察に相談し、防犯カメラの映像を解析すると、意外な犯人像が浮かび上がった。犯人はナポリ県に所属する有名弁護士のA・B(イニシャルのみの報道)氏だった。警察の取り調べに対し、A・B氏は「申し訳ないが、私はディエゴの熱烈なファンで病気みたいなもの」と話している。<br><br>今回、盗難にあったユニフォームは、マラドーナが神の手ゴールを決めたことで有名なイングランド戦のもので、コレクターの間では15万ユーロ(約1800万円)の価値があるとされている。<br><br>提供:goal.com 2017.01.20 18:40 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース