【CLグループB総括】大混戦を制したのはナポリとベンフィカ2016.12.10 07:31 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽今大会で最も実力が拮抗していると思われていたグループBは戦前の予想通りに大混戦となった。最終節まで突破チームが決まらなかった中、ナポリとベンフィカが決勝トーナメント進出を決めている。

■グループB順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ナポリ[11/3/2/1/3)
2.ベンフィカ[8/2/2/2/0]
3.ベシクタシュ[7/1/4/1/-5]
4.ディナモ・キエフ[5/1/2/3/2]

◆ミリク負傷が響くも首位通過~ナポリ~
Getty Images
▽開幕2連勝スタートを切り、3試合目での突破の可能性もあったナポリだったが、FWイグアインの穴を埋める活躍を見せていたFWミリクの負傷が響いた。彼を失って以降の3戦目から苦戦し、ベシクタシュに1分け1敗と負け越し。第5節ディナモ・キエフ戦ではゴールレスドローに終わり暗雲が垂れ込めたが、最終節ベンフィカとのアウェイ戦ではカジェホンとメルテンスが意地を見せて勝利。首位を維持してグループステージ突破を果たした。

◆主力流出がやや響くも最低限の結果~ベンフィカ~
Getty Images
▽CLの経験値において最も優れるベンフィカが本命と目されていたが、MFガイタンやMFレナト・サンチェス、MFタリスカといった主力の流出が響いた。チームの完成度の面でナポリの後塵を拝し、ダブルを食らった。とはいえ、FWゴンサロ・グエデスやDFリンデロフといった若手選手の台頭により、グループステージ敗退に追い込まれることは避けられた。

◆奇跡の同点劇も最後に自滅~ベシクタシュ~
Getty Images
▽混戦を生み出したトルコ王者だったが、後一歩で決勝トーナメント進出を果たせなかった。クアレスマがチームを牽引し、新戦力のFWアブバカルは3ゴールを決めて役割を果たした。DFアドリアーノもサイド攻撃を活性化する役割を担った。1勝2分け1敗で迎えた第5節ベンフィカ戦では3点のビハインドから追いつく奇跡の同点劇を演じ、最終節のディナモ・キエフ戦で勝利すれば突破という状況だったが、退場者2人を出してしまい自滅してしまった。

◆最後に一矢報いる~ディナモ・キエフ~
Getty Images
▽混戦が予想された中、昨季CLベスト16のディナモ・キエフが最終節を前に一足早く敗退してしまった。主砲のMFヤルモレンコがチームを引っ張ったものの、得点力に難を抱えたチームは、第5節までわずか2ゴールに終わった。それでも敗退の決まっていた最終節に意地を見せ、勝利すれば突破となるベシクタシュに6発圧勝して一矢を報いた。

コメント

関連ニュース

thumb

インシーニェが2戦連続ドッピエッタもナポリが格下相手に薄氷勝利《セリエA》

▽セリエA第29節、エンポリvsナポリが19日にスタディオ・カルロ・カステラーニで開催され、アウェイのナポリが3-2で勝利した。 ▽リーグ2連勝で2位ローマを勝ち点2差で追う3位のナポリが、指揮官の古巣である17位エンポリのホームに乗り込んだ一戦。前節、クロトーネを3-0で一蹴したナポリは、アンカーにジョルジーニョ、インサイドハーフにアランを起用した以外、現状のベストメンバーを起用してきた。 ▽開始3分に古巣対戦のエル・カドゥーリに不用意なバックパスをヘディングシュートされるなど、ややバタ付く入りとなったナポリだったが、開始6分にいきなりゴールに迫る。ディオッセの不用意なバックパスをかっさらったメルテンスがボックス内でDFコスタに倒され、PKを獲得。だが、中央を狙ったメルテンスのキックはGKスコルプスキが懸命に残した足に防がれ、痛恨のPK失敗となった。 ▽メルテンスのPK失敗でリズムを失うかに思われたアウェイチームだったが、セリエA屈指の攻撃力を誇る攻撃陣がこの逆境を難なく跳ね除ける。19分、左サイドのグラムが入れたクロスがボックス内で相手DFのクリアミスを誘うと、ゴール前でこぼれ球を拾ったインシーニェが巧みなファーストタッチから右足のシュートをニアサイドの絶妙なコースに流し込んだ。 ▽勢い付くナポリは24分、過去にクラブOBのゾラ氏が残した「PKよりもFKのほうが簡単」という名言を再現するかのように、先ほどPK失敗のメルテンスが魅せる。ボックス手前やや右の位置で得たFKの場面でメルテンスが右足を振り抜くと、縦回転のかかったボールがゴール右上隅の捉え、GKの手を弾いたボールがネットを揺らした。 ▽畳みかける攻めで余裕の展開となったナポリは、ここからややペースを落としてゲームコントロールしながらカウンターで3点目を狙う。すると38分、インシーニェのパスを受けたカジェホンがボックス右でDFパスクアルのファウルを誘い、この試合2本目のPKを獲得。これを今度はインシーニェがキッカーを務め、冷静にゴール左隅に流し込んだ。格下相手に攻撃陣が躍動したナポリが、前半のうちに試合を決めた。 ▽大量リードの影響か、後半に入って攻守に集中力を欠き始めるナポリだが、必死に攻めるホームチームの反撃をきっちり受け止めて、失点は許さない。その後もエンポリペースが続くものの、試合はこう着したまま後半半ばへと突入していく。 ▽押し込みながらも攻め手がないエンポリだったが、70分に古巣対戦のエル・カドゥーリが魅せる。ボックス手前中央で得たFKの場面で右足を振り抜くと、壁の間を抜けたシュートがゴール左隅に吸い込まれ、ホームチームが一矢報いる。 ▽悪い流れの中で1点を返されたナポリは、ディアワラに続き77分にメルテンスに代えてジャッケリーニを投入、このまま逃げ切りを図る。だが、83分にはDFグラムがクルニッチをボックス内で倒してしまい、痛恨のPK献上。これをキッカーのマッカローネに決められ、点差を1点に縮められる。 ▽前半の大勝ムードから一転してまさかの厳しい展開となったナポリは、メルテンスを下げてセットプレーでも戦えるミリクを投入。試合終盤にかけては相手のパワープレーに晒されて大苦戦も、身体を張った守備で何とか失点を凌いだ。集中力の欠如から格下相手にまさかの薄氷勝利も、きっちり勝ち切ったナポリが、クラブ記録となるアウェイ5連勝を達成した。 2017.03.19 22:32 Sun
twitterfacebook
thumb

アザールやデ・ブライネ、メルテンスらが招集、ベルギー代表メンバー発表《ロシアW杯欧州予選》

▽ベルギーサッカー協会は17日、今月行われるロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選と国際親善試合に臨むベルギー代表メンバー27名を発表した。 ▽今回の招集メンバーでは、FWエデン・アザール(チェルシー)やMFケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)、ドリエス・メルテンス(ナポリ)といった主力が名を連ねたほか、前回の代表戦を負傷で招集外となっていたDFトビー・アルデルヴァイレルト(トッテナム)やMFラジャ・ナインゴラン(ローマ)が復帰を果たした。一方で負傷が続いてコンディションの上がらないDFヴァンサン・コンパニ(マンチェスター・シティ)はメンバーから漏れた。 ▽欧州予選4連勝でグループHの首位に立っているベルギーは、25日にロシアW杯欧州予選でギリシャとのホーム戦を、28日に国際親善試合のロシア代表戦を戦う。今回発表されたベルギー代表メンバー27名は以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆ベルギー代表メンバー27名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ティボー・クルトワ</span>(チェルシー/イングランド) <span style="font-weight:700;">シモン・ミニョレ</span>(リバプール/イングランド) <span style="font-weight:700;">マッツ・セルス</span>(ニューカッスル/イングランド) <span style="font-weight:700;">コーエン・カスティールス</span>(ヴォルフスブルク/ドイツ) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ヤン・ヴェルトンゲン</span>(トッテナム/イングランド) <span style="font-weight:700;">トビー・アルデルヴァイレルト</span>(トッテナム/イングランド) <span style="font-weight:700;">トマス・ムニエ</span>(パリ・サンジェルマン/フランス) <span style="font-weight:700;">トーマス・ヴェルメーレン</span>(ローマ/イタリア) <span style="font-weight:700;">デドリック・ボヤタ</span>(セルティック/スコットランド) <span style="font-weight:700;">トーマス・フォケ</span>(ヘント) <span style="font-weight:700;">ローラン・シマン</span>(モントリオール・インパクト/カナダ) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">ケビン・デ・ブライネ</span>(マンチェスター・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">ラジャ・ナインゴラン</span>(ローマ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ムサ・デンベレ</span>(トッテナム/イングランド) <span style="font-weight:700;">マルアン・フェライーニ</span>(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) <span style="font-weight:700;">ナセル・シャドリ</span>(WBA/イングランド) <span style="font-weight:700;">アクセル・ヴィツェル</span>(天津権健/中国) <span style="font-weight:700;">ユーリ・ティーレマンス</span>(アンデルレヒト) <span style="font-weight:700;">リーンデル・デンドンカー</span>(アンデルレヒト) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">エデン・アザール</span>(チェルシー/イングランド) <span style="font-weight:700;"> ロメル・ルカク</span>(エバートン/イングランド) <span style="font-weight:700;"> ケビン・ミララス</span>(エバートン/イングランド) <span style="font-weight:700;">ミッチー・バチュアイ</span>(チェルシーイングランド) <span style="font-weight:700;"> ディヴォク・オリジ</span>(リバプール/イングランド) <span style="font-weight:700;"> クリスティアン・ベンテケ</span>(クリスタル・パレス/イングランド) <span style="font-weight:700;"> ヤニク・フェレイラ=カラスコ</span>(アトレティコ・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;"> ドリエス・メルテンス</span>(ナポリ/イタリア) 2017.03.18 02:33 Sat
twitterfacebook
thumb

マンチェスター・Uで幸せと語るイブラヒモビッチ、ナポリ移籍を否定せず

マンチェスター・ユナイテッドのFWズラタン・イブラヒモビッチは、さまざまな憶測が飛んでいる自身の将来に関して『FOXスポーツ』で語っている。<br><br>昨夏パリ・サンジェルマンからマンチェスター・ユナイテッドに加入したイブラヒモビッチは、今季全公式戦で23ゴールを挙げる活躍を見せている。ユナイテッドとの契約は今季終了までとなっているが、1年間の契約延長オプションもついており、今季終了後にどのような選択をするのか注目が集まっている。<br><br>先日も代理人のミーノ・ライオラ氏は、イブラヒモビッチが引退前にナポリのユニフォームに袖を通すと語るなど、35歳のストライカーの将来はいまだに不透明だ。イブラヒモビッチ自身も、マンチェスターでの生活に満足しつつも、イタリアへ帰還する噂を否定していない。<br><br>「ナポリへの移籍?君たちは何も知らないよ。今はここでハッピーだ。でも将来何が起きるか様子を見よう」<br><br>さらにイブラヒモビッチはACミランで過ごした2年間がとても価値のあるものだと話している。<br><br>「家族はミラノでとても幸せだった。(アドリアーノ・)ガッリアーニと(シルヴィオ・)ベルルスコーニと話をした後、ミランに移籍することを決めた。タイトルを獲得した時、ガッリアーニがインテルのユニフォームを持ってドレッシングルームに入って来て、タイトルホルダーのバッジを破って&ldquo;これは君たちのものだ&rdquo;と言ったことを覚えている。ミランから離れたくなかった。幸せな時だった。バルセロナは心地の良い場所ではなかったし、試合に出たかった」<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.17 11:30 Fri
twitterfacebook
thumb

スペイン代表GKレイナが現行の契約限りでナポリを退団か

▽ナポリのスペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナが、2018年までの契約が終了したら同クラブを退団するかもしれない。イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。 ▽同紙によると、現行の契約終了時点で35歳を迎えるレイナに対し、ナポリは200万ユーロ(約2億4000万円)もの高額な年棒を支払うことに難色を示しており、クラブも契約満了での退団に納得しているようだ。 ▽2013年にリバプールからレンタル移籍でナポリに加入したレイナは、バイエルンを経て2015年6月に完全移籍でナポリに加入。加入初年度から正守護神の座を獲得すると、ここまで2シーズンで公式戦80試合に出場している。 2017.03.16 00:00 Thu
twitterfacebook
thumb

インシーニェのドッピエッタなどでナポリがクロトーネに快勝《セリエA》

▽ナポリは12日、セリエA第28節でクロトーネを本拠地サン・パオロに迎え、3-0で快勝した。 ▽前節ローマ戦をメルテンスのドッピエッタで制し、チャンピオンズリーグ(CL)自動出場権の得られる2位ローマに2ポイント差と迫った3位ナポリ(勝ち点57)は、5日前に行われたCLレアル・マドリー戦を1-3と逆転負けし、ベスト16で敗退。そのレアル・マドリー戦のスタメンから5選手を変更。メルテンスやA・ディアワラ、アルビオルといった主力がベンチスタートとなった。 ▽前節サッスオーロ戦を0-0で引き分けて連敗を5で止めた19位クロトーネ(勝ち点14)に対し、最前線にパヴォレッティを起用したナポリが立ち上がりから攻勢に出ると、7分にカジェホンが枠内シュートを浴びせる。続く11分にはボックス左からインシーニェがコントロールシュートを放つも、GKコルダスの好守に阻まれた。 ▽そして20分にトロッタのシュートでゴールを脅かされたナポリだったが、枠を外れて助かると、31分にボックス左で仕掛けたインシーニェがサンピリージに倒されたとしてPKを獲得。これをインシーニェ自らゴール左に決めてナポリが先制した。 ▽先制後もハーフコートで試合を進めるナポリは、41分に追加点のチャンス。インシーニェの浮き球パスに抜け出したカジェホンがボックス左へ侵入。シュートを放ったが、GKにセーブされ、1点のリードで前半を終了した。 ▽迎えた後半開始3分、ボックス左への侵入を許したファルシネッリに決定的なシュートを浴びるも、GKレイナがセーブしたナポリは、51分にパヴォレッティのヘディングシュートで追加点に迫る。 ▽その後、パヴォレッティに代えてメルテンスを投入したナポリは、64分にハムシクがボックス左でサンピリージに倒されてPKを獲得。これをメルテンスがゴール左へ決めて2-0とした。 ▽さらに70分、ジョルジーニョのフィードをボックス中央で受けたインシーニェがGKとの一対一を難なく決めて3-0としたナポリが快勝。レアル・マドリー戦の敗戦を払拭する勝利を飾って2位ローマにプレッシャーをかけている。 2017.03.13 00:58 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース