【J1チーム別総括】スタイル転換を図るも薄氷のJ1残留《アルビレックス新潟》2016.11.07 17:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽明治安田生命J1リーグの全日程が11月3日に終了した。2016シーズンのJ1を振り返り、超ワールドサッカー編集部が各チームを採点。シーズンを振り返るとともに、チーム内の最優秀選手賞、敢闘賞、ブレイクスルー賞を決定した。第4回目は、得失点差で上回りギリギリで残留を決めた15位のアルビレックス新潟編をお届けする。

◆チーム採点
30点(100点満点)

◆チーム成績


◆シーズン総括
▽2004年に昇格して以降、最も降格の危機が現実味を帯びたシーズンとなった。最終節ではMFレオ・シルバにFWラファエル・シルバ、DF舞行龍ジェームズの主軸3人を出場停止で欠いた中、サンフレッチェ広島に敗れたものの、名古屋グランパスも敗戦したことで薄氷のJ1生き残りを果たした。

▽これまでの堅守速攻型からポゼッションサッカーを志向する吉田達磨監督を迎えた新潟は、マイボールを大切にするサッカーにチャレンジ。主導権を握ってゲームを進める能動的な試合を多く展開することはできたが、シュートに持ち込む形を作るには至らずゴール欠乏症に陥った。結果、勝ち星が伸びずに行き詰まったチームは、シーズン3度目の4連敗を喫した2ndステージ第13節の鹿島アントラーズ戦後に吉田監督の退任を決断した。

▽残り4試合の命運を託されたのは片渕浩一郎コーチ。これまでの新潟の良さであった堅守からの速攻を取り戻し、ジュビロ磐田との残留争いでは見事勝利を収めた。結果的に最終節にかけての強豪との3連戦は善戦しながら全敗となったものの、この磐田戦での勝利がモノを言い、残留を勝ち取った。スタイル転換に失敗した教訓を新シーズンは生かさなければならない。

◆最優秀選手
Getty Images
MFレオ・シルバ(30)
32試合出場(先発32試合)/5得点
▽在籍4シーズン目の今季も苦境のチームにおいて一際質の高いプレーを継続した。ボール奪取からゲームメイク、前線への絡みと多くの仕事を高いレベルでこなし、チームを牽引。多くのクラブからオファーが届いていた中で残留を決断し、愛する新潟のJ1残留に貢献した。

◆敢闘賞
Getty Images
FWラファエル・シルバ(24)
23試合出場(先発19試合)/11得点
▽在籍3シーズン目の今季、得点力不足に陥る新潟の唯一の得点源として活躍。抜群のスピードと高いボールスキルを駆使したドリブルで、昨季の7ゴールを上回るキャリアハイの11ゴールを挙げた。5月に肉離れを起こして約2カ月戦列を離れたが、復帰した2ndステージではチーム最多の6ゴール。最前線だけでなくサイドでもプレー可能な器用さを持ち、新潟にとっては代えの利かないアタッカーだった。

◆ブレイクスルー賞
(C)J.LEAGUE PHOTOS
MF伊藤優汰(24)
18試合出場(先発1試合)/0得点
▽今季の新潟においてブレイクした選手はいなかったが、強いてあげるとすれば、京都サンガF.C.から移籍してきたMF伊藤優汰か。京都の下部組織出身であるレフティーは、J1の舞台でもキレ味鋭いドリブルを武器に、スーパーサブとして存在感を示した。残念ながら9月に左ヒザ前十字じん帯の断裂という大ケガを負ってしまい、残留を争うチームの戦力にはなりきれなかったが、来季以降に期待を持たせる活躍だった。

コメント

関連ニュース

thumb

【Jリーグ出場停止情報】札幌のキム・ミンテと宮澤裕樹が停止、横浜FMのミロシュ・デゲネクや柏の小泉慶らも累積で停止に

▽Jリーグは22日、明治安田生命J1リーグ第16節、J3リーグ第12節の出場停止選手を発表した。 ▽北海道コンサドーレ札幌からはDFキム・ミンテが2試合、MF宮澤裕樹が1試合出場停止に。また、ベガルタ仙台DF板倉滉、柏レイソルMF小泉慶、横浜F・マリノスDFミロシュ・デゲネクが累積警告で1試合出場停止となっている。J3では、鹿児島ユナイテッドFCのDF田中秀人が累積警告により1試合出場停止処分が科されている。 ▽なお、ジュビロ磐田との契約解除が発表されたDFギレルメは引き続き出場停止となっている。 <span style="font-weight:700;">【明治安田生命J1リーグ】</span> <span style="font-weight:700;">DFキム・ミンテ</span>(北海道コンサドーレ札幌) 明治安田生命J1リーグ第16節 vs川崎フロンターレ(7/18) 今回の停止:1試合停止 明治安田生命J1リーグ第17節 vsジュビロ磐田(7/22) 今回の停止:1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF宮澤裕樹</span>(北海道コンサドーレ札幌) 明治安田生命J1リーグ第16節 vs川崎フロンターレ(7/18) 今回の停止:1試合停止 <span style="font-weight:700;">DF板倉滉</span>(ベガルタ仙台) 明治安田生命J1リーグ第16節 vs横浜F・マリノス(7/18) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF小泉慶</span>(柏レイソル) 明治安田生命J1リーグ第16節 vsFC東京(7/18) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">DFミロシュ・デゲネク</span>(横浜F・マリノス) 明治安田生命J1リーグ第16節 vsベガルタ仙台(7/18) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">DFギレルメ</span>(ジュビロ磐田) 明治安田生命J1リーグ第16節 vs鹿島アントラーズ(7/18) 今回の停止:6試合停止(3/6) 明治安田生命J1リーグ第17節 vs北海道コンサドーレ札幌(7/22) 今回の停止:6試合停止(4/6) 明治安田生命J1リーグ第18節 vsサガン鳥栖(7/28) 今回の停止:6試合停止(5/6) 明治安田生命J1リーグ第19節 vsガンバ大阪(8/1) 今回の停止:6試合停止(6/6) <span style="font-weight:700;">【明治安田生命J3リーグ】</span> <span style="font-weight:700;">DF田中秀人</span>(鹿児島ユナイテッドFC) 明治安田生命J3リーグ第12節 vsU-23FC東京(6/3) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 2018.05.22 17:00 Tue
twitterfacebook
thumb

G大阪、DF菅沼駿哉が左外傷性腎損傷…2週間後に再検査

▽ガンバ大阪は22日、DF菅沼駿哉の負傷離脱を発表した。 ▽菅沼は16日に行われたYBCルヴァンカップ第6節名古屋グランパス戦で負傷。左外傷性腎損傷と診断され、2週間後に再検査を受ける見込みだ。 ▽今シーズンから古巣G大阪に復帰した菅沼は開幕当初こそ出場機会に恵まれなかったものの、J1第10節の湘南ベルマーレ戦で復帰後リーグ戦初先発。ここまで2試合に出場している。 ▽G大阪は15試合終了時点で4勝3分け8敗の16位。中断明けの7月18日に行われる次節は、首位サンフレッチェ広島とのアウェイゲームとなる。 2018.05.22 12:17 Tue
twitterfacebook
thumb

横浜FM、MFダビド・バブンスキーに第一子誕生 「家族となった彼とユニークな人生を」

▽横浜F・マリノスは21日、MFダビド・バブンスキー(24)に第一子となる男の子が18日に誕生したことを発表した。 ▽ダビド・バブンスキーは、2017年から横浜FMでプレー。今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグ5試合に出場している。クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントした。 「最高の瞬間を味わえて幸せです。この人類に新しい命を授かったことを嬉しく、そして新しく家族となった彼とユニークな人生を送れることが今から楽しみです」 2018.05.22 09:00 Tue
twitterfacebook
thumb

神戸入り報道が過熱するイニエスタが来日へ

▽バルセロナでのラストゲームを終えたスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)が、来日することになるようだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽今シーズン限りでバルセロナを退団するイニエスタは、中国スーパーリーグへの移籍が噂されていたものの、現在はJリーグのヴィッセル神戸入りが濃厚と報じられている。 ▽今シーズンからバルセロナのスポンサーになった楽天株式会社が保有することでも共通するバルセロナと神戸。『アス』によると、月曜日から水曜日まで日本に滞在するとのことだ。 ▽21日に発表されたロシア・ワールドカップに臨むスペイン代表にも招集されているイニエスタ。スペイン代表合流前に来日し、その後はワールドカップへ向けて集中するとのことだ。 ▽神戸には元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが所属しており、かつてはバルセロナでもプレー経験があるミカエル・ラウドルップ氏(1996-97)がプレー。ビジャレアルやレアル・マドリーで指揮を執っていたスペイン人指揮官のベニート・フローロ氏が1998年に指揮をしていたクラブとしても知られている。 2018.05.21 22:40 Mon
twitterfacebook
thumb

柏、下平隆宏前監督の強化チームダイレクター就任を発表

▽柏レイソルは21日、下平隆宏前監督(46)の強化チームダイレクター就任を発表した。 ▽柏のヘッドコーチを歴任の下平氏は、2016年途中からチームを指揮すると、昨シーズンの明治安田生命J1リーグを4位フィニッシュ。だが、FW江坂任ら積極補強の今年は苦戦を強いられ、悲願の優勝を目指したAFCチャンピオンズリーグもグループステージ敗退に終わった。 ▽下平氏は13日、その責任を取る形で監督退任が決定。後任として、ヘッドコーチの加藤望氏(48)が後を引き継いだチームは、20日に行われた明治安田生命J1リーグ第15節の名古屋グランパス戦を勝利し、初陣を白星で飾っている。 2018.05.21 17:45 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース