【J1チーム別総括】スタイル転換を図るも薄氷のJ1残留《アルビレックス新潟》2016.11.07 17:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽明治安田生命J1リーグの全日程が11月3日に終了した。2016シーズンのJ1を振り返り、超ワールドサッカー編集部が各チームを採点。シーズンを振り返るとともに、チーム内の最優秀選手賞、敢闘賞、ブレイクスルー賞を決定した。第4回目は、得失点差で上回りギリギリで残留を決めた15位のアルビレックス新潟編をお届けする。

◆チーム採点
30点(100点満点)

◆チーム成績


◆シーズン総括
▽2004年に昇格して以降、最も降格の危機が現実味を帯びたシーズンとなった。最終節ではMFレオ・シルバにFWラファエル・シルバ、DF舞行龍ジェームズの主軸3人を出場停止で欠いた中、サンフレッチェ広島に敗れたものの、名古屋グランパスも敗戦したことで薄氷のJ1生き残りを果たした。

▽これまでの堅守速攻型からポゼッションサッカーを志向する吉田達磨監督を迎えた新潟は、マイボールを大切にするサッカーにチャレンジ。主導権を握ってゲームを進める能動的な試合を多く展開することはできたが、シュートに持ち込む形を作るには至らずゴール欠乏症に陥った。結果、勝ち星が伸びずに行き詰まったチームは、シーズン3度目の4連敗を喫した2ndステージ第13節の鹿島アントラーズ戦後に吉田監督の退任を決断した。

▽残り4試合の命運を託されたのは片渕浩一郎コーチ。これまでの新潟の良さであった堅守からの速攻を取り戻し、ジュビロ磐田との残留争いでは見事勝利を収めた。結果的に最終節にかけての強豪との3連戦は善戦しながら全敗となったものの、この磐田戦での勝利がモノを言い、残留を勝ち取った。スタイル転換に失敗した教訓を新シーズンは生かさなければならない。

◆最優秀選手
Getty Images
MFレオ・シルバ(30)
32試合出場(先発32試合)/5得点
▽在籍4シーズン目の今季も苦境のチームにおいて一際質の高いプレーを継続した。ボール奪取からゲームメイク、前線への絡みと多くの仕事を高いレベルでこなし、チームを牽引。多くのクラブからオファーが届いていた中で残留を決断し、愛する新潟のJ1残留に貢献した。

◆敢闘賞
Getty Images
FWラファエル・シルバ(24)
23試合出場(先発19試合)/11得点
▽在籍3シーズン目の今季、得点力不足に陥る新潟の唯一の得点源として活躍。抜群のスピードと高いボールスキルを駆使したドリブルで、昨季の7ゴールを上回るキャリアハイの11ゴールを挙げた。5月に肉離れを起こして約2カ月戦列を離れたが、復帰した2ndステージではチーム最多の6ゴール。最前線だけでなくサイドでもプレー可能な器用さを持ち、新潟にとっては代えの利かないアタッカーだった。

◆ブレイクスルー賞
(C)J.LEAGUE PHOTOS
MF伊藤優汰(24)
18試合出場(先発1試合)/0得点
▽今季の新潟においてブレイクした選手はいなかったが、強いてあげるとすれば、京都サンガF.C.から移籍してきたMF伊藤優汰か。京都の下部組織出身であるレフティーは、J1の舞台でもキレ味鋭いドリブルを武器に、スーパーサブとして存在感を示した。残念ながら9月に左ヒザ前十字じん帯の断裂という大ケガを負ってしまい、残留を争うチームの戦力にはなりきれなかったが、来季以降に期待を持たせる活躍だった。

コメント

関連ニュース

thumb

清水がアフシン・ゴトビ氏との和解成立を発表

▽清水エスパルスは20日、クラブの元指揮官であるアフシン・ゴトビ氏との訴訟について、和解が成立したことを発表した。 ▽現在、中国の石家荘永昌を率いるゴトビ氏は2011~2014年7月まで清水を指揮。成績不振を理由に解任された同氏は、残り期間の報酬不払いを不当として、2016年8月19日付けで清水の運営会社『株式会社エスパルス』を相手取り、82万5000ユーロ(当時約9300万円)の損害賠償支払いを求め、静岡地裁に提訴していた。 ▽清水はアフシン・ゴトビ氏との訴訟について、「弊クラブの元監督であるアフシン ゴトビ氏が、弊クラブに対して報酬相当額等の支払いを求め、平成28年8月19日付けにて静岡地裁に訴えを提起した件につきましては、このたび、和解が成立したことをご報告いたします」と発表している。 2017.10.20 17:39 Fri
twitterfacebook
thumb

大宮が柏戦のチケット完売を発表! クラブ史上最多となるシーズン9試合目の完売

▽大宮アルディージャは20日、21日に行われる明治安田生命J1リーグ第30節、柏レイソル戦のチケット完売を発表した。これにより、大宮は1シーズン最多となる9試合目の完売となった。 ▽現在の大宮は、J2降格圏の17位に位置。現在3位の柏を、ホームのNACK5スタジアム大宮に迎える。 ▽これまでの1シーズン最多完売試合数は、2016シーズンの8回。昨シーズンはクラブ史上最高成績の5位でフィニッシュしていた。 ▽また、今シーズンのホームゲーム平均入場者数は11513人となり、2016シーズンに次ぐ結果に。11月26日に行われる第33節のヴァンフォーレ甲府戦がホーム最終節となる。 ▽J1残留へ厳しい状況が続く大宮だが、完売となった柏戦で8試合ぶりの白星を挙げられるのか。試合は14時にキックオフを迎える。 ◆2017シーズンの完売試合 第1節:川崎フロンターレ戦/11962人 第3節:ジュビロ磐田戦/11943人 第5節:鹿島アントラーズ戦/11676人 第9節:浦和レッズ戦/12401人 第18節:北海道コンサドーレ札幌戦/11863人 第22節:アルビレックス新潟戦/10900人 第26節:ガンバ大阪戦/13364人(熊谷陸) 第28節:清水エスパルス戦/11545人 第30節:柏レイソル戦/-人 ◆直近5年間のチケット完売試合数 2012年:5回(1試合平均:10637人) 2013年:6回(1試合平均:11138人) 2014年:6回(1試合平均:10811人) 2015年:1回(1試合平均:9490人) 2016年:8回(1試合平均:11814人) 2017.10.20 15:55 Fri
twitterfacebook
thumb

C大阪MF酒本憲幸に第三子誕生「更に良いイクメンになりたいと思います」

▽セレッソ大阪は19日、MF酒本憲幸に第三子となる女の子が誕生したことを発表した。 ▽クラブの発表によると、酒本の第三子は19日(木)大阪市内の病院で誕生したとのこと。母子ともに健康とのことだ。 ▽酒本はクラブを通じて「めちゃくちゃ嬉しいです!今日はイクメンの日のようですが、この日に生まれてきてくれたので、これからも更に良いイクメンになりたいと思います」と喜びを語った。 ▽今シーズンの酒本は、明治安田生命J1リーグでの出場はなし。J3リーグでは、C大阪U-23として6試合に出場。YBCルヴァンカップでは5試合に出場している。 2017.10.19 20:31 Thu
twitterfacebook
thumb

クルピ・ガンバ誕生か、サントスに後任探しの動きと現地紙

▽サントスは、ガンバ大阪監督就任報道の渦中にいるレヴィー・クルピ監督(64)の後任探しをスタートさせたようだ。 ▽クルピ監督は、過去3度にわたり、セレッソ大阪を指揮。2007年には当時18歳だった日本代表MF香川真司(現ドルトムント)のポテンシャルを引き出す手腕を発揮したほか、2010年にJ1リーグでクラブ史上最高位の3位にチームを導いた実績を持つ。G大阪上層部が既に一本化したと伝えられるなど、来年のJリーグ復帰が取り沙汰されているところだ。 ▽そうした中、ブラジル『Globoesporte』が伝えたところによれば、サントスはクルピ監督の後任としてヴァグネル・マンシーニ氏(50)をリストアップ。マンシーニ氏は今シーズンからシャペコエンセを指揮していたものの、7月に成績不振を理由に解任されており、現在フリーとなっている。 ▽ちなみに、今シーズン限りでサントスとの契約が満了を迎えるクルピ監督は先日、同メディアのインタビューで「私は今、ここにいて、何もない。ただ、それを耳にして嬉しかったよ。日本は素晴らしい国。あの国でたくさんのことを学ばせてもらった」とコメントしている。 2017.10.19 16:45 Thu
twitterfacebook
thumb

さすがパトリックの息子! 父彷彿の圧倒的フィジカルが話題

▽サンフレッチェに所属するブラジル人FWパトリックの息子が父親譲りのフィジカルを披露して話題を呼んでいる。 ▽今夏にガンバ大阪を去り、サルグエイロからの期限付き移籍で広島に活躍の場を移したパトリック。G大阪時代からピッチを離れればアフロヘアが印象的な一人息子を溺愛する良いパパとしても知られる。 ▽定期的に息子とのプライベートの様子を明かしてきたパトリックは18日、ツイッター(@patricaguiar)を更新。6歳の息子が9歳や10歳の年上チームに交じり、サッカーを楽しむ様子を動画で伝えた。 ▽そこに写っていたのは、パトリック息子が1人の少年と一対一を仕掛けたシーン。父親を彷彿とさせるドリブルとフィジカルを武器に、年上相手を吹き飛ばすなど、圧巻のプレーを披露した。 ▽このツイートを閲覧したユーザーからも反応が続々。「パパ譲りのフィジカル」、「将来有望ですね!」、「さすがパトリックの息子」など、驚きの声が寄せられている。 2017.10.19 13:40 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース