超ワールドサッカー

【J1チーム別総括】スタイル転換を図るも薄氷のJ1残留《アルビレックス新潟》2016.11.07 17:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽明治安田生命J1リーグの全日程が11月3日に終了した。2016シーズンのJ1を振り返り、超ワールドサッカー編集部が各チームを採点。シーズンを振り返るとともに、チーム内の最優秀選手賞、敢闘賞、ブレイクスルー賞を決定した。第4回目は、得失点差で上回りギリギリで残留を決めた15位のアルビレックス新潟編をお届けする。

◆チーム採点
30点(100点満点)

◆チーム成績


◆シーズン総括
▽2004年に昇格して以降、最も降格の危機が現実味を帯びたシーズンとなった。最終節ではMFレオ・シルバにFWラファエル・シルバ、DF舞行龍ジェームズの主軸3人を出場停止で欠いた中、サンフレッチェ広島に敗れたものの、名古屋グランパスも敗戦したことで薄氷のJ1生き残りを果たした。

▽これまでの堅守速攻型からポゼッションサッカーを志向する吉田達磨監督を迎えた新潟は、マイボールを大切にするサッカーにチャレンジ。主導権を握ってゲームを進める能動的な試合を多く展開することはできたが、シュートに持ち込む形を作るには至らずゴール欠乏症に陥った。結果、勝ち星が伸びずに行き詰まったチームは、シーズン3度目の4連敗を喫した2ndステージ第13節の鹿島アントラーズ戦後に吉田監督の退任を決断した。

▽残り4試合の命運を託されたのは片渕浩一郎コーチ。これまでの新潟の良さであった堅守からの速攻を取り戻し、ジュビロ磐田との残留争いでは見事勝利を収めた。結果的に最終節にかけての強豪との3連戦は善戦しながら全敗となったものの、この磐田戦での勝利がモノを言い、残留を勝ち取った。スタイル転換に失敗した教訓を新シーズンは生かさなければならない。

◆最優秀選手
Getty Images
MFレオ・シルバ(30)
32試合出場(先発32試合)/5得点
▽在籍4シーズン目の今季も苦境のチームにおいて一際質の高いプレーを継続した。ボール奪取からゲームメイク、前線への絡みと多くの仕事を高いレベルでこなし、チームを牽引。多くのクラブからオファーが届いていた中で残留を決断し、愛する新潟のJ1残留に貢献した。

◆敢闘賞
Getty Images
FWラファエル・シルバ(24)
23試合出場(先発19試合)/11得点
▽在籍3シーズン目の今季、得点力不足に陥る新潟の唯一の得点源として活躍。抜群のスピードと高いボールスキルを駆使したドリブルで、昨季の7ゴールを上回るキャリアハイの11ゴールを挙げた。5月に肉離れを起こして約2カ月戦列を離れたが、復帰した2ndステージではチーム最多の6ゴール。最前線だけでなくサイドでもプレー可能な器用さを持ち、新潟にとっては代えの利かないアタッカーだった。

◆ブレイクスルー賞
(C)J.LEAGUE PHOTOS
MF伊藤優汰(24)
18試合出場(先発1試合)/0得点
▽今季の新潟においてブレイクした選手はいなかったが、強いてあげるとすれば、京都サンガF.C.から移籍してきたMF伊藤優汰か。京都の下部組織出身であるレフティーは、J1の舞台でもキレ味鋭いドリブルを武器に、スーパーサブとして存在感を示した。残念ながら9月に左ヒザ前十字じん帯の断裂という大ケガを負ってしまい、残留を争うチームの戦力にはなりきれなかったが、来季以降に期待を持たせる活躍だった。

コメント

関連ニュース

thumb

清水DFカヌが右内転筋肉離れ…全治は3週間の見込み

▽清水エスパルスは28日、DFカヌが静岡市内の病院にて検査を行った結果、右内転筋肉離れと診断されたことを発表した。全治は3週間の見込みだ。 ▽カヌは、26日に行われたYBCルヴァンカップ第3節のベガルタ仙台戦(3-1で仙台が勝利)で試合前のウォーミングアップ中に負傷していた。 ▽今シーズンにチョンブリFCから加入したカヌは、明治安田生命J1リーグにここまで1試合出場している。 2017.04.28 21:42 Fri
twitterfacebook
thumb

清水がユース所属のFW鈴木魁人を2種登録

▽清水エスパルスは28日、清水ユースに所属するFW鈴木魁人(17)をトップチームに2種登録したことを発表した。 ▽静岡県出身の鈴木は、ジュニアユース時代から清水の下部組織に所属している。 2017.04.28 17:38 Fri
twitterfacebook
thumb

C大阪、観戦ルール違反のサポーター1名に今季全ホーム戦入場禁止処分…G大阪との大阪ダービーでトラブル

▽セレッソ大阪は27日、16日にヤンマースタジアム長居で行われた明治安田生命J1リーグ第7節のガンバ大阪で観戦ルールを違反したサポーター1名に対して、今シーズン開催の全ホームゲーム入場禁止処分を科すことを発表した。この処分は、30日に行われる第9節の川崎フロンターレから適応される。 ▽クラブによれば、サポーター同士がホームサポーター自由席エリア内にてトラブル。該当サポーターは以前にもトラブルで厳重注意処分を受けたことがある人物のようで、再度トラブルを起こしたため、暴力行為および会場運営の妨害で今回の処分に至ったという。 ▽なお、G大阪側でも、今回のダービーマッチでサポーターによる政治的思想を連想させる旗の掲出が発覚。全ての掲出物禁止処分に追加して、当該サポーターグループの解散と当該サポーターグループ全員の無期限入場禁止を発表している。 2017.04.28 11:35 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FMのDF松原健が入籍…「2人で支えあって幸せな家庭を」

▽横浜F・マリノスは28日、DF松原健(24)が4月24日に一般の方と入籍したことを発表した。松原はクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「このたび、高校時代からお付き合いしていた方と結婚しました。ケガなどで辛い時も近くで支えてもらいました。これからは2人で支えあって幸せな家庭を築きたいと思います。そして、選手としてもより一層頑張っていきたいと思います!」 ▽大分県出身の松原は今シーズン、アルビレックス新潟から加入。ここまで明治安田生命J1リーグ7試合に出場している。 2017.04.28 10:45 Fri
twitterfacebook
thumb

【倉井史也のJリーグ】今週はちょっと拗ねてまともな原稿を書いてやるぜ?! これでも! の巻

▽先週一番話題になったゴールって、やっぱあれですかね? 興梠慎三の浦和トップ独走を決める決勝点。とても重要な得点だったと思うんですけど、でもどうやら違うようで。一番ニュースで目にしたのって、中村俊輔のズドンと一発だったんじゃないでしょうか。 ▽その中村のゴールって、本当はその前のトラップのところで打ちたかったんだろうけど、戻ってきたところをビシッと当てたシュートから生まれてるわけです。だからあのゴールを見ながら「あぁ、昔の俊輔だったら」という思いを持った人もいるだろうし、中村がまだ活躍していることにホッとした人も多かっただろうし。 ▽一度は失敗しても次のチャンスを生かすって、なんか挫けるなっていうメッセージみたいでよかったなぁ。なんて、サッカーのライターが書いたら編集担当から「何それ? 情緒過ぎるじゃん? バカなの? どっか行くの?」って言われるとこなんですけど、まぁこうやって書いてるんですけどね。 ▽と、中村が活躍したのなら、こっちもやってほしい! って選手は26日のルヴァンカップでやってくれました。ホームの大宮戦で小野伸二が正確にミートして流し込む小野らしいボレー。これまたむっちゃノスタルジックな風景まで思い出して感激した人たちも多かったんじゃないですかね。 ▽中村にしろ小野にしろ、これは次の試合も期待できるかも。だって、ゴールって一度生まれると、続いたりするじゃないですか。昔、本田圭佑が「詰まってたケチャップが出始めるとドバドバ」と言ってた感じで。でもって、今週末はこの2人が所属する磐田vs札幌なんですよ。ゴールデンウィーク突入のカードとしては、これはいい前振りを持ってる対戦なワケです。 ▽……といいつつ、ちょっと寂しいってのもありませんか? 確かにベテランの活躍は大いに結構。だけど、それを凌駕する若手が出てきてこそ、リーグが本当に盛り上がるんです。そんな若手が久保建英だけじゃ、なんて寂しい! ちゅうことで、実は大の仲良し、鈴木優磨と鎌田大地が対決する(だろう)鹿島vs鳥栖にも注目なのでした。<hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2017.04.27 19:30 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース