ジエゴ・コスタ、アザール弾などでチェルシーがレスターに3発快勝《プレミアリーグ》2016.10.15 22:25 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第8節チェルシーvsレスター・シティが15日にスタンフォード・ブリッジで行われ、3-0でチェルシーが快勝した。レスターの岡崎はベンチ入りしなかった。

▽前節ハル・シティ戦を3バック採用で2-0と勝利してリーグ戦4試合ぶりの白星を手にした7位のチェルシー(勝ち点13)は、ウィリアンが母親の死去に伴い欠場。代わってペドロを起用した。負傷が癒えたテリーはベンチスタートとなった。

▽対するレスター(勝ち点8)は、前節のサウサンプトン戦をゴールレスドローで終え、12位と波に乗れていない。3日後にチャンピオンズリーグのコペンハーゲン戦を控えるチームはマフレズとスリマニがベンチスタートとなってムサとシュラップを起用した。そして、日本代表に合流し、左足首を痛めた岡崎は欠場となった。

▽前節同様、[3-4-3]の布陣で臨んだチェルシーは開始7分にあっさり先制する。右CKをニアのマティッチがヒールで流すと、ファーサイドでフリーとなっていたジエゴ・コスタが左足で押し込んだ。先制後もポゼッションして試合を支配するチェルシーは、両ウイングバックのマルコス・アロンソとモーゼスが高い位置を取ってレスターに圧力をかけていく。

▽28分にはダビド・ルイスの直接FKが左ポストに直撃する決定機を演出したチェルシーは33分に突き放す。マティッチの縦パスは相手DFにカットされたものの、ルーズボールをジエゴ・コスタが体勢を崩しながらも前線にパスを送ると、これをうまく処理したアザールがボックス右へ侵入。飛び出したGKシュマイケルを外してゴールに流し込んだ。

▽ハーフタイムにかけてもペースを握るチェルシーは、41分にもダビド・ルイスの直接FKがGKシュマイケルを強襲。レスターに何もさせず前半を2-0で終えた。

▽後半からチェルシーに合わせて[3-4-3]に変更したレスターが前がかる中、チェルシーは57分にカウンターからモーゼスが決定的なシュートを浴びせた。これはGKシュマイケルの好守に阻まれると、64分にピンチ。ダビド・ルイスのクリアしたボールが自陣のポストに当たった。

▽後半に入って押し込む展開としたレスターは、67分にムサとシュラップに代えてマフレズとスリマニを投入。そのレスターに対し、チェルシーは73分にジエゴ・コスタの右クロスのルーズボールをボックス右のカンテがシュート。しかし、モーガンの好ブロックに阻まれる。

▽攻勢に転じるチェルシーはさらに78分、マティッチのドリブルシュートでゴールに近づくと、80分に決定的な3点目を奪う。モーゼスのパスに反応したチャロバーが見事なダイレクトヒールパスを見せ、モーゼスへリターン。ワンツーを受けたボックス右のモーゼスは確実にシュートを流し込んで3-0とした。そのまま快勝したチェルシーが2連勝としている。

コメント

関連ニュース

thumb

ダビド・ルイス、移籍の最後通告か

▽チェルシーに所属するブラジル代表DFダビド・ルイス(30)が移籍を示唆しているようだ。イギリス『エクスプレス』が報じた。 ▽昨シーズン、チェルシーの3バックのセンターとしてレギュラーを張り、プレミアリーグ制覇に大きく貢献したD・ルイス。しかし、今シーズン途中にアントニオ・コンテ監督との関係性が悪化したとされており、出場機会が減少している。 ▽現在ベンチ外が続いているD・ルイスに関しては負傷中との報道も出ている中、『エクスプレス』によれば、コンテ監督と今後についての話し合いが行われたようだ。 ▽その中でD・ルイスは再びファーストチームのレギュラー格としての地位を返してもらうことを望んだようだ。それが無理ならば、退団することを厭わない姿勢を示したという。 ▽なお、D・ルイスに関してはマンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリー、バイエルンといったメガクラブが獲得に関心を示しているとのことだ。 2017.12.15 11:04 Fri
twitterfacebook
thumb

ウィリアンが今冬のチェルシー退団を否定 「チェルシーで幸せ」

▽チェルシーのブラジル代表MFウィリアン(29)が今冬のチェルシー退団の可能性を否定した。イギリス『ロンドン・イブニング・スタンダード』が伝えた。 ▽今シーズンに入って出場機会に恵まれていないウィリアンに関しては、恩師ジョゼ・モウリーニョ監督が率いるマンチェスター・ユナイテッドやバルセロナが獲得に動いているといわれている。また、今冬、来夏の補強資金獲得を目指すチェルシー側も同選手を放出要員の1人として考えているとも報じられている。 ▽しかし、ウィリアンはチェルシーでのプレーに幸せを感じており、今後も同クラブでプレーすることを希望していると語った。同選手が1ゴール2アシストの活躍を披露した12日のプレミアリーグ第17節、ハダースフィールド後に語った。 「チェルシーでいつも幸せを感じているよ。僕は本当にこのクラブが好きで、心の中の大部分を占めているよ。ファンの人たちは(自分の去就に関して)落ち着いてもらって大丈夫だ」 「僕はチェルシーのプレーヤーであり、ここ最近のチームでの役割やスタイルにとても満足しているんだ」 2017.12.14 00:50 Thu
twitterfacebook
thumb

【CLグループC総括】“死の組”を制したのはローマ! チェルシー2位通過で昨季4強アトレティコが敗退…

▽昨季ベスト4の本命アトレティコ・マドリーに加え、プレミアリーグ王者のチェルシー、セリエA2位のローマと強豪3チームが揃い、“死の組”と評されたグループCでは、3番人気のローマが下馬評を覆して首位通過。また、不調のアトレティコを振り切ったチェルシーが2位通過を決めた。 ■グループC順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.ローマ[11/3/2/1/3] 2.チェルシー[11/3/2/1/8] 3.アトレティコ・マドリー[7/1/4/1/1] 4.カラバフ[2/0/2/4/-12] ◆柔軟性のある戦いで“死の組”制す~ローマ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_102_tw6.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季の主力であるFWサラー、DFリュディガーらの流出に加え、バンディエラのFWトッティの引退、CL初経験のディ・フランチェスコ新監督の采配と、多くの不安要素を抱えて今大会に臨んだローマ。だが、終わってみれば格上アトレティコ、チェルシーとの三つ巴の争いを制し首位通過を決めた。アトレティコとの初戦を新守護神GKアリソンの圧巻のゴールキーピングでゴールレスドローで終えると、第2節のカラバフ戦で順当に初勝利。その後、チェルシーとの連戦では初戦でFWゼコ、2戦目でFWエル・シャーラウィが2ゴールずつを奪う活躍を披露し、1勝1分けで首位に浮上。その後、崖っぷちのアトレティコに初黒星を喫するも、最終節でカラバフに勝ち切って首位通過を決めた。ディ・フランチェスコ新監督の下、持ち味のハイライン&ハイプレスの能動的なスタイルに加え、後方に構えての堅守速攻と柔軟性を兼ね備える、より大人な今季のローマは、決勝トーナメント1回戦で同じセリエA勢のナポリを退けてグループFを2位通過したウクライナ王者シャフタールと対戦する。 ◆安定感欠き痛恨の2位通過に~チェルシー~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_102_tw3.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽CLの舞台での経験値という部分でこそ劣るものの、戦力面と智将コンテ監督の手腕という部分で本命に推す声もあったチェルシーだったが、最終節でローマに抜かれて2位通過となった。初戦のカラバフ戦に続き、第2節でアトレティコ相手に新本拠地ワンダ・メトロポリターノでの公式戦初黒星を与え連勝スタート。だが、ローマとの連戦ではMFカンテを欠いた中、2戦を通じて守備面を中心にミスが目立ち、1敗1分けで首位陥落。その後、ローマの取りこぼしで首位に返り咲いて最終節を迎えたが、FWモラタらの決定力不足が響き、アトレティコ相手にドロー止まりに終わった。この痛恨ドローの結果、イングランド勢で唯一の2位通過となったチームは、決勝トーナメント1回戦で優勝候補バルセロナといきなり激突することになった。 ◆グループ本命の昨季ベスト4が散る~アトレティコ・マドリー~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_102_tw7.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽FIFAからの補強禁止処分があったものの昨季ベスト4に導いた主力が揃って残留したことで、首位通過の大本命となったアトレティコ。しかし、同じく昨季ベスト4のモナコと共にグループステージ敗退という憂き目を味わうことになった。昨季同様に堅守は健在も、FWグリーズマンらの不調で深刻な得点力に陥り、6戦中4度のドローと勝ち切れないグループステージとなった。とりわけ、試合を完璧に支配した初戦のローマ戦、格下カラバフとの連戦では、引いた相手を崩す術を持たず、ほとんどゴールの可能性を感じさせない体たらくだった。ラウンド32からの参戦となるヨーロッパリーグ(EL)ではコペンハーゲンとの対戦となるが、EL優勝に向けては同様の課題を克服できるかが重要となる。 ◆アゼルバイジャン史上初の快挙~カラバフ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_102_tw5.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽アゼルバイジャン史上初のグループステージ進出を果たした時点で偉業達成といえたが、強豪揃いのグループステージでも2つの偉業を成し遂げた。初戦のチェルシー戦では0-6の大敗を喫するも、第2節のローマ戦ではMFペドロ・エンリケの得点でCL初得点を記録。また、アトレティコとの連戦では史上初の勝ち点獲得を含め、2つのドローと大健闘を見せた。今大会で初勝利を飾ることはできなかったが、来季以降再びこの舞台に返り咲き、その偉業を成し遂げる可能性は十分にあるはずだ。 2017.12.13 18:02 Wed
twitterfacebook
thumb

ウィリアンの1G2Aの活躍でチェルシーが2戦ぶりの白星!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第17節、ハダースフィールドvsチェルシーが12日にジョン・スミスズ・スタジアムで行われ、アウェイのチェルシーが3-1で勝利した。 ▽前節、降格圏に低迷するウェストハムとのダービーで痛恨の敗戦を喫した3位のチェルシー(勝ち点32)が、12位のハダースフィールド(勝ち点18)を相手に2試合ぶりの勝利を目指す一戦。コンテ監督は必勝が求められる中2日での一戦に向けて先発4人を変更。ケイヒル、ザッパコスタに代わってリュディガー、モーゼスを起用したほか、セスクと負傷のモラタに代わって、ウィリアンとペドロをアザールと共に3トップに配す[3-4-3]の布陣で臨んだ。 ▽立ち上がりから攻勢に出るチェルシーは6分、ウィリアンからのスルーパスに抜け出したペドロがいきなりゴールネットを揺らすが、これは惜しくもオフサイドの判定となった。 ▽その後も流動的な3トップが間でボールを受けて起点を作るチェルシーだが、なかなか相手の守備を崩し切れない。しかし23分、相手のミスから先手を奪う。相手GKのリスタートにプレッシャーをかけると、GKレッスルのキックミスをモーゼスが前線にヘディングで繋ぐ。ペドロから短いパスを受けたウィリアンがボックス左に走り込むバカヨコにラストパス。そして、飛び出したGKの脇を抜くバカヨコの浮き球シュートに対して、必死の戻りを見せたDFのクリアが間に合わず、ゴールネットに吸い込まれた。 ▽幸先良く先制に成功したチェルシーは、その後も冷静に試合をコントロール。40分には相手陣内左サイドで得たFKの場面でウィリアンのクロスにバカヨコが頭で合わすが、わずかに枠の左。それでも、攻勢を続けるチェルシーは43分、アスピリクエタの絶妙なサイドチェンジを左サイド深くで受けたマルコス・アロンソが滞空時間の長いクロス。これをファーから中に絞ってきたウィリアンが丁寧なヘディングシュートで流し込み、前半を2点リードで終えた。 ▽ほぼ理想的な試合運びを見せるチェルシーは、後半立ち上がりの50分に試合を決定付ける3点目を奪う。再び左サイド深くでボールを受けたマルコス・アロンソがゴール前で待つウィリアンに低いクロスを通す。ここでDFと競り合ったウィリアンが何とかマイナスに落とすと、これをペドロが見事なダイレクトシュートでゴール右上隅に突き刺した。 ▽この3点目で勝利を確信したコンテ監督は、週末のリーグ戦を睨んでここから意図的に試合のペースを落としていく。さらに、65分を過ぎてアザール、カンテ、クリステンセンと主力を下げて、バチュアイ、ドリンクォーター、アンパドゥを投入した。 ▽その後も試合はチェルシーペースで進むも、アウェイチームは4点目のチャンスを逸し続ける。すると、このまま試合終了かに思われたラストプレーで途中出場のドゥポワトルに豪快なヘディングシュートを叩き込まれ、クリーンシートを逃がす。それでも、敵地で完勝のチェルシーが前節の敗戦を払しょくする3-1の勝利を手にした。 2017.12.13 07:07 Wed
twitterfacebook
thumb

クロース、究極の選択に答える…ジェラード、ランパード、スコールズで誰が一番?

▽レアル・マドリーに所属するドイツ代表MFトニ・クロースが、イングランドのレジェンド3選手を比較した。 ▽11日に自身のツイッターで『Q&A』に応じたクロース。あるアカウントから「ジェラード、ランパード、スコールズというトップに立ったミッドフィルダーで誰が一番ですか」と問われた。 ▽3選手とも言わずと知れたプレミアリーグのレジェンド。スティーブン・ジェラードは17シーズンにわたってリバプールでプレーし、類まれなキャプテンシーや強烈なミドルシュートを装備し、守備力も高かった。フランク・ランパードはチェルシーのレジェンドで、セントラルMFながらプレミアリーグ歴代最多得点記録で4位(クラブでは最多)の記録を保持。ロングパスを駆使した展開力が持ち味だったポール・スコールズはマンチェスター・ユナイテッド一筋のキャリアで公式戦700試合以上に出場した。 ▽クロースはこの質問に対して、以下のように答えた。 「ポール・スコールズだ」 ▽クロースが選んだのはスコールズ。同選手は特に名選手からの評価が高く、ジネディーヌ・ジダン現レアル・マドリー指揮官やバルセロナのレジェンドであるMFシャビ・エルナンデスらも過去に絶賛していた。 2017.12.12 10:58 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース