ジエゴ・コスタ、アザール弾などでチェルシーがレスターに3発快勝《プレミアリーグ》2016.10.15 22:25 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第8節チェルシーvsレスター・シティが15日にスタンフォード・ブリッジで行われ、3-0でチェルシーが快勝した。レスターの岡崎はベンチ入りしなかった。▽前節ハル・シティ戦を3バック採用で2-0と勝利してリーグ戦4試合ぶりの白星を手にした7位のチェルシー(勝ち点13)は、ウィリアンが母親の死去に伴い欠場。代わってペドロを起用した。負傷が癒えたテリーはベンチスタートとなった。

▽対するレスター(勝ち点8)は、前節のサウサンプトン戦をゴールレスドローで終え、12位と波に乗れていない。3日後にチャンピオンズリーグのコペンハーゲン戦を控えるチームはマフレズとスリマニがベンチスタートとなってムサとシュラップを起用した。そして、日本代表に合流し、左足首を痛めた岡崎は欠場となった。

▽前節同様、[3-4-3]の布陣で臨んだチェルシーは開始7分にあっさり先制する。右CKをニアのマティッチがヒールで流すと、ファーサイドでフリーとなっていたジエゴ・コスタが左足で押し込んだ。先制後もポゼッションして試合を支配するチェルシーは、両ウイングバックのマルコス・アロンソとモーゼスが高い位置を取ってレスターに圧力をかけていく。

▽28分にはダビド・ルイスの直接FKが左ポストに直撃する決定機を演出したチェルシーは33分に突き放す。マティッチの縦パスは相手DFにカットされたものの、ルーズボールをジエゴ・コスタが体勢を崩しながらも前線にパスを送ると、これをうまく処理したアザールがボックス右へ侵入。飛び出したGKシュマイケルを外してゴールに流し込んだ。

▽ハーフタイムにかけてもペースを握るチェルシーは、41分にもダビド・ルイスの直接FKがGKシュマイケルを強襲。レスターに何もさせず前半を2-0で終えた。

▽後半からチェルシーに合わせて[3-4-3]に変更したレスターが前がかる中、チェルシーは57分にカウンターからモーゼスが決定的なシュートを浴びせた。これはGKシュマイケルの好守に阻まれると、64分にピンチ。ダビド・ルイスのクリアしたボールが自陣のポストに当たった。

▽後半に入って押し込む展開としたレスターは、67分にムサとシュラップに代えてマフレズとスリマニを投入。そのレスターに対し、チェルシーは73分にジエゴ・コスタの右クロスのルーズボールをボックス右のカンテがシュート。しかし、モーガンの好ブロックに阻まれる。

▽攻勢に転じるチェルシーはさらに78分、マティッチのドリブルシュートでゴールに近づくと、80分に決定的な3点目を奪う。モーゼスのパスに反応したチャロバーが見事なダイレクトヒールパスを見せ、モーゼスへリターン。ワンツーを受けたボックス右のモーゼスは確実にシュートを流し込んで3-0とした。そのまま快勝したチェルシーが2連勝としている。

コメント

関連ニュース

thumb

ルーニー、イブラに続きエッシェンもモウ擁護! 「彼の一番のファンだ! 」

▽無所属になっている元ガーナ代表MFマイケル・エッシェンが、恩師を後押ししている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽今年3月にインドネシア・スーパーリーグのペルシブ・バンドンとの契約を解消したエッシェン。年齢も35歳とキャリア終盤に突入しているが、主にチェルシー時代のジョゼ・モウリーニョ監督(現・マンチェスター・ユナイテッド)の下でのパワフルなプレーは、当時多くの称賛を集めていた。 ▽『スカイ・スポーツ』によると、エッシェンを重用したモウリーニョ監督は同選手のことを“私の息子”と呼び溺愛。その愛情を受けるエッシェンは、ユナイテッド指揮官解任も囁かれる恩師の現状に関して、以下のような見解を述べた。 「選手として、彼は僕にとても大きな影響を称えた。チェルシーに連れて行ってくれた人物だし、彼の下でプレーするために(レアル・)マドリーにも導いてくれた」 「僕たちの間には素晴らしい関係がある。彼は偉大な監督で、マンチェスターで少し苦労しているのは分かるけど(状況を)ひっくり返すと思う」 「僕は支持するよ。今でも彼の一番のファンだからね! 」 「物事を一変させるために彼を後押ししなければならない。難しい状況だが、彼ならできると確信している」 ▽エッシェンだけでなく、数々の偉大な選手から後押しを受けるモウリーニョ監督。ロサンゼルス・ギャラクシーFWズラタン・イブラヒモビッチは「タイトルを手にできるだけの能力を有している」と主張し、DCユナイテッドFWウェイン・ルーニーも「選手たちが立ち上がるべき」と語った。その求心力を取り戻し、ユナイテッドにタイトルをもたらすことはできるのだろうか。 2018.10.17 20:20 Wed
twitterfacebook
thumb

アシストのスペシャリスト、セスク! 2つ目のプレミア記録達成

▽チェルシーに所属するスペイン代表MFセスク・ファブレガス(31)の、アシストに関するギネス記録が認められた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽2016-17シーズンにプレミアリーグ29試合で12アシストを記録し、通算6度目のリーグ二桁アシストで新記録を樹立していたセスク。今回『スカイ・スポーツ』が報じたところでは、同じシーズンにもう一つの世界記録を打ち立てていたようだ。 ▽セスクは、2016年12月31日に行われたプレミア第19節ストーク・シティ戦で2アシストを記録し、4-2の勝利に貢献。これによりプレミアでの通算アシスト数が「100」を超えた。これが、ギネスによる「プレミアリーグ最速での100アシスト突破」に認定されている。 ▽なお、セスクはアーセナル時代と合わせてプレミア293試合で大記録を達成。これまでトップだった元マンチェスター・ユナイテッドのライアン・ギグス氏は367試合を要しており、74試合も短縮した。 ▽この度の記録達成に際し、セスクは以下のようにコメントしている。 「僕は最速ではないし、最も強靭でもない。柔軟でもなければ、高くも飛べないよ」 「でも、キャリアの中でこの記録を達成したことは、僕の仕事で最も誇れるものの1つだ。なぜならこれが僕の仕事だし、うまくやったということだからね」 2018.10.17 17:00 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシー、PSG関心のカンテに契約延長オファーか

▽チェルシーに所属するフランス代表MFエンゴロ・カンテ(27)に契約更新の可能性が浮上した。イギリス『ミラー』が報じた。 ▽カンテは2016年夏、レスター・シティから加入。すぐさま定位置を掴み取り、プレミアリーグやFAカップ優勝に貢献するなど、今や不動のレギュラーに君臨する。 ▽まだカンテと3年の契約期間を残すチェルシーだが、パリ・サンジェルマン(PSG)の関心が噂されていることもあり、このタイミングで新契約締結に乗り出したという。 ▽そのチェルシーは、カンテに対して既に契約延長のオファーを打診。PSG流失の可能性を断つべく、長期契約を提示したとみられる。 ▽なお、フランス代表のロシア・ワールドカップ優勝メンバーとして今シーズンを迎えたカンテは、ここまで公式戦10試合に出場。1得点をマークしている。 2018.10.16 12:20 Tue
twitterfacebook
thumb

もう限界…ミランがバカヨコを今冬にチェルシーへ突き返す?

▽ミランはチェルシーから1年間のレンタル移籍で加入しているフランス代表MFティエムエ・バカヨコ(24)をわずか半年でロンドンに送り返すことを決めたようだ。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽昨夏、モナコから鳴り物入りでチェルシーに加入したバカヨコだが、度重なるケガや攻守両面における集中力の欠如が顕著で期待外れの1年目を過ごした。また、マウリツィオ・サッリ新監督の下で今夏にイタリア代表MFジョルジーニョ、クロアチア代表MFマテオ・コバチッチを獲得したクラブは構想外となったフランス代表MFをミランに1年間の武者修行に出した。 ▽しかし、チェルシーのアントニオ・コンテ前監督、サッリ監督とイタリア人戦術家を悩ませてきたバカヨコの戦術理解度の乏しさはジェンナーロ・ガットゥーゾ監督の下でも健在。ここまで公式戦8試合に出場も度重なるポジショニングミスや判断ミスで低調なパフォーマンスに終始している。 ▽ガットゥーゾ監督は先日、「戦術をまだ頭の中に叩き込むことができていない。それは明らかに私のミスだ。彼はここで2ヶ月プレーしてきたが、我々はまだ彼に動き方を理解させることができていない」と同選手を擁護した。しかし、クラブは厳しいセリエAトップ4争いの中で、手がかかる同選手をこれ以上手厚く指導していくことを放棄するようだ。 2018.10.15 19:53 Mon
twitterfacebook
thumb

サッリ監督、愛弟子イグアインへの未練隠さず「彼が恋しい」

▽チェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督はナポリ時代の教え子であり、今夏に獲得を逃したアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインへの未練を引きずっているようだ。同監督が『コッリエレ・デッロ・スポルト』で語った。 ▽ナポリ時代の2015-16シーズンにサッリ監督の下でセリエA36ゴールを記録し、得点王に輝いたイグアイン。その翌年にユベントスに旅立った同選手だが、今夏ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの電撃加入に伴い、クラブを追われることに。そして、有力な新天地には恩師サッリ監督が新指揮官を務めるチェルシーと思われたが、最終的にミランへの移籍を決断した。 ▽サッリ監督はその教え子に関して今でも未練を感じていることを認めている。 「私はあまり深く考えずに時折間違ったことを口に出してしまう。だから、ゴンサロに関してはあまりに早くナポリを出てしまったとだけしか言えない。恐らく、彼が翌シーズンも残っていれば、我々はスクデットを獲得する状態を整えられたと思う」 「イグアインは我々が作り出した素晴らしいメカニズムの一部だったし、互いをよく理解し合っていた。それは完璧な同調性であったと思うし、後悔は我々の中で強く残っている」 「イグアインの獲得を逃したのは残念だ。彼が恋しいよ。彼は死ぬまでゴールを決め続ける、ゴールマシーンだからね」 2018.10.15 16:11 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース