シャルケ、逆転負けで泥沼の開幕5連敗《ブンデスリーガ》2016.09.26 00:28 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽シャルケは25日、ブンデスリーガ第5節でホッフェンハイムとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。シャルケの内田は欠場している。

▽前節ケルン戦を1-3で逆転負けし、開幕4連敗と大きく躓いたシャルケ。そのシャルケはケルン戦のスタメンから4選手を変更。ナウド、ガイス、マックス・マイヤー、シェプフに代えてナスタシッチ、スタンブリ、ゴレツカ、エンボロを起用した。

▽4分けスタートのホッフェンハイムに対し、シャルケは開始5分、右サイドからのエンボロの鋭いクロスボールにチュポ=モティングが頭で合わせて先制する。先制後は自陣に引いてホッフェンハイムの攻撃を凌いでいたシャルケだったが、17分に左サイドからのクロスをクラマリッチにヘディングで合わせられ、試合を振り出しに戻されてしまった。

▽その後も押し込まれた中、33分にシャルケはショートコーナーを使ってボックス手前左から送られたフィードを、フンテラールが頭で合わせたシュートが右ポストを直撃する決定機を演出。

▽しかし41分、ボックス右に侵入したデミルパイのラストパスを、ファーサイドのルップに押し込まれて逆転されてしまう。

▽迎えた後半、押し込む展開としたシャルケだったが、なかなかフィニッシュに持ち込めない。58分にはスタンブリに代えてアタッカーのシェプフを投入するも、60分にクラマリッチのミドルシュートでゴールを脅かされてしまう。

▽流れを好転できないシャルケは65分にフンテラールを諦めてマックス・マイヤーを投入。さらに75分にはチュポ=モティングに代えてディ・サントを投入し攻勢をかけたが、ホッフェンハイムのゴールをこじ開けられずに1-2のままタイムアップ。ヴァインツィアル新体制でまさかの開幕5連敗となった。一方、ホッフェンハイムは今季初勝利を挙げている。

コメント

関連ニュース

thumb

【ブンデス第24節プレビュー】4位レバークーゼンvs6位シャルケのCL出場権争い

▽前節は首位バイエルン(勝ち点59)がヴォルフスブルクに終了間際のPK弾で2-1と逆転勝利し、10連勝とした。熾烈な戦いが続くチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いではドルトムント(勝ち点40)、フランクフルト(勝ち点39)、レバークーゼン(勝ち点38)が勝利し、それぞれ順位を上げている。そして、ケルンの大迫が今季2ゴール目を決めた。迎える第24節は4位レバークーゼンと6位シャルケのCL出場権争いが行われる。 ▽前節ハンブルガーSV戦を今季ブレイク中のベイリーのゴールなどで2-1と逃げ切って勝利を取り戻したレバークーゼンは、CL圏内の4位に浮上した。主力ではL・ベンダーが負傷欠場見込みだが、それ以外にケガ人はおらず万全の状態。引き続きイングランド代表入りも報じられるようになったジャマイカ出身のベイリーの活躍に注目だ。 ▽一方、ホッフェンハイムに2-1と逃げ切って連敗を止め、レバークーゼンを1ポイント差で追うシャルケは、ここでライバルに勝利すればCL圏内浮上が見えてくる重要な一戦となる。こちらも主力にケガ人はおらず、万全の状態で臨めるだけにインテンシティの高い試合になりそうだ。シャルケとしては前節今季2ゴール目を決めたエンボロに注目したい。ブレイクが期待されながらケガで思うようなプレーができていないスイス代表FWの2戦連発に期待だ。 ▽ロイスの復活弾とGKビュルキの好守連発で1-0と辛勝してリーグ戦3連勝とし、2位に浮上したドルトムントは月曜に8位アウグスブルク(勝ち点31)とのホーム戦に臨む。木曜に敵地で行われたヨーロッパリーグ(EL)のアタランタ戦を負傷明けのシュメルツァー弾で1-1の引き分けに持ち込み、難敵を撃破したチームは公式戦5連勝とした中、負傷明けのロイスもゴールにつながるプレーを続けておりチーム状態は良好。この勢いを持続し、組織力に優れるアウグスブルク撃破といきたい。なお、足首を痛めた香川は3月の復帰見込みで引き続き欠場となる。 ▽ライプツィヒとのCL出場権争いを逆転で制して3位に浮上したフランクフルトは、ベンチ外の続く浅野所属の13位シュツットガルト(勝ち点27)とアウェイで対戦する。久々に本職の中盤でフル出場した長谷部も守備を締める役割を担い、チームの勝利に貢献した。シュツットガルト戦ではリベロの位置に戻ることが見込まれる長谷部だが、ゴメスとのマッチアップで優勢に立てるか。 ▽フランクフルトに敗れて5位に後退したライプツィヒ(勝ち点38)は、大迫の最下位ケルン(勝ち点14)と対戦する。ELナポリ戦では主力を投入して相手の反撃を瀬戸際で食い止め、0-2で敗れたものの1stレグのアドバンテージを生かしてベスト16進出を決めた。ELでの戦いが続くことが決定した中、勝利を取り戻してCL圏内返り咲きを狙いたい。 ▽一方、前節ハノーファー戦で大迫が先制ゴールを奪ったケルンは、終了間際のピサーロの劇的弾がVARによりオフサイドと判定され、1-1の引き分けに終わった。3試合ぶりに先発に戻った大迫はゴールを決めた上、相性の良いテローデと上々のパフォーマンスを見せており、今節もスタメン予想となっている。フィジカルに優れたウパメカーノとオルバン擁するライプツィヒのセンターバックコンビを、テローデと共に攻略できるか。 ▽主力を一部温存したことで苦戦し、ヴォルフスブルクに終了間際のPK弾で競り勝って10連勝としたバイエルンは、11位ヘルタ・ベルリン(勝ち点30)とホームで対戦する。火曜に行われたCLベシクタシュ戦ではミュラーとレヴァンドフスキのドッペルパックなどで5-0と圧勝し、2ndレグを前にベスト8進出を確実なものとした。ヘルタ戦に集中できる状況の中、連勝を11に伸ばしにかかる。 ▽前節ヘルタ戦で7試合ぶりに武藤がスタメンを外れた中、チームが2-0と快勝した16位マインツ(勝ち点23)は、M・シュミット監督が辞任し、ラッバディア監督が就任した14位ヴォルフスブルク(勝ち点24)とのホーム戦を金曜に戦う。ライバルのクアイソンとベルグレーンが結果を残していることから武藤は引き続きベンチスタート予想だが、途中出場でゴールを目指しレギュラー奪取としたい。 ▽最後に前節レバークーゼン戦を1-2と力負けした17位ハンブルガーSV(勝ち点17)は、10戦勝利なしと泥沼から抜け出せずにいる。そのHSVは残留を争う15位ブレーメン(勝ち点23)とのノルト・ダービーを戦うが、酒井高は引き続き右ウイングバックで先発予想となっている。 ※スタメン予想はドイツ『キッカー』参照 ◆ブンデスリーガ第24節 ▽2/23(金) 《28:30》 マインツ vs ヴォルフスブルク ▽2/24(土) 《23:30》 ハノーファー vs ボルシアMG シュツットガルト vs フランクフルト バイエルン vs ヘルタ・ベルリン ホッフェンハイム vs フライブルク 《26:30》 ブレーメン vs ハンブルガーSV ▽2/25(日) 《23:30》 レバークーゼン vs シャルケ 《26:00》 ライプツィヒ vs ケルン ▽2/26(月) 《28:30》 ドルトムント vs アウグスブルク 2018.02.23 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

シャルケが連敗ストップ、CL出場権争いに踏みとどまる《ブンデスリーガ》

▽シャルケは17日、ブンデスリーガ第23節でホッフェンハイムをホームに迎え、2-1で勝利した。 ▽前節バイエルン戦を1-2で敗れ、2連敗となって6位に後退したシャルケ(勝ち点34)が、前節マインツ戦を4-2と快勝した8位ホッフェンハイム(勝ち点31)をホームに迎えた一戦。 ▽一進一退の攻防で立ち上がった中、シャルケは11分にディ・サントの左足ミドルがGKバウマンを強襲。すると直後の左CKの流れからケフラーがヘディングで流し込んでシャルケが先制した。 ▽さらに14分、スルーパスに抜け出したエンボロがボックス右に侵入。GKと一対一となってチップキックシュートでゴールへ流し込んだが、VARによりエンボロのポジションがオフサイドを取られ、ノーゴールに。 ▽それでも28分、フォクトの軽率なミスパスをカットしたエンボロが無人のゴールに流し込んでシャルケが突き放した。ハーフタイムにかけても危なげなく試合を進めたシャルケが2-0で前半を終えた。 ▽迎えた後半も主導権を握るシャルケは57分にCKからブルクシュタラーがヒールキックシュートでオンターゲットを記録。 ▽選手交代で流れを変えにかかるホッフェンハイムは、シャルケの集中した守備を崩せず時間だけを消化していったが、78分に1点差に詰め寄る。カデラベクの左サイドからのインスイングのクロスをファーサイドのクラマリッチがヘッドで流し込んだ。 ▽しかし、それ以上の反撃は見せられずにシャルケが逃げ切り。連敗を2で止め、CL出場権争いに踏みとどまっている。 2018.02.18 04:27 Sun
twitterfacebook
thumb

シャルケがオーストリア代表MFシェプフと2021年まで契約延長

▽シャルケは15日、オーストリア代表MFアレッサンドロ・シェプフ(24)と2021年6月30日まで契約を延長したことを発表した。これまでの契約から2年更新した格好だ。 ▽バイエルンの下部組織出身であるシェプフは、右サイドを主戦場とする運動量豊富なアタッカー。2016年1月にニュルンベルクからシャルケに加入し、シャルケではこれまで公式戦68試合に出場して11ゴール7アシストを記録している。今季はここまでMFダニエル・カリジウリにポジションを奪われ、ブンデスリーガでは4試合の先発に留まっている。 ▽2016年3月にデビューしたオーストリア代表ではこれまで13試合に出場して2ゴールを記録している。 ▽そのシェプフは契約延長について公式サイトで次のように語っている。 「シャルケのユニフォームを着ることに誇りを感じている。今後数年、シャルケでプレーを続けられることが嬉しいよ。シャルケで成長できていると感じている」 2018.02.16 00:39 Fri
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキのホーム戦11試合連続ゴールなどでシャルケに競り勝ったバイエルンが9連勝《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第22節、バイエルンvsシャルケが10日に行われ、2-1でバイエルンが勝利した。 ▽前節マインツ戦を2-0と勝利して8連勝とした首位バイエルン(勝ち点53)は、4日前に行われたDFBポカール準々決勝のパダーボルン戦を主力を投入して6-0と圧勝した。そのパダーボルン戦のスタメンからコマンとジューレに代えてリベリとJ・ボアテングのみを変更した。 ▽一方、前節ブレーメン戦を守護神フェールマンのミスと追加タイム被弾で1-2と競り負け、5位に後退したシャルケ(勝ち点34)は、3日前に行われたDFBポカール準々決勝のヴォルフスブルク戦を主力を投入して1-0で勝利。そのヴォルフスブルク戦のスタメンから4選手を変更。アリやピアツァらに代えてエンボロやディ・サントらを起用した。そして、来季バイエルンの一員となることが決まっているゴレツカも先発となった。 ▽開始1分過ぎにエンボロに決定的なシュートを許したバイエルンだったが、6分に先制する。ミュラーのミドルシュートがGKフェールマンを強襲すると、ルーズボールをレヴァンドフスキが押し込んだ。このゴールでレヴァンドフスキはホーム戦11試合連続ゴールとなり、1972-73シーズンにハインケス監督が樹立した記録に並んだ。 ▽失点したシャルケは、9分にCKからケフラーが際どいヘディングシュートを浴びせると、3トップの一角に入ったエンボロを起点に、前がかってバイエルンに圧力をかけていく。そして、アラバのミドルシュートやレヴァンドフスキのシュートでゴールを脅かされたものの、29分に試合を振り出しに戻す。エンボロの右クロスのルーズボールをファーサイドのディ・サントがボレーで蹴り込んだ。 ▽しかし36分、バイエルンが勝ち越す。ロッベンのスルーパスに反応したミュラーがボックス右角度のない位置から意表を突いてGKフェールマンの守るニアサイドを破るシュートを流し込んだ。 ▽バイエルンが1点をリードして迎えた後半、こう着状態が続いたことでシャルケが動く。マックス・マイヤーとブルクシュタラーに代えてオチプカとアリを投入して打開を図った。 ▽71分にはボックス手前のエンボロがコントロールシュートを浴びせるも、GKウルライヒのセーブに阻まれてしまう。 ▽終盤、エンボロに代えてコノプリャンカを投入したシャルケに対し、バイエルンはハメス・ロドリゲスに代えてハビ・マルティネスを投入して逃げ切り態勢に。その思惑通りに2-1でシャルケを下したバイエルンが9連勝としている。 2018.02.11 04:27 Sun
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第22節プレビュー】バイエルンvsシャルケ、長谷部vs大迫、香川vs酒井高開催

▽前節も首位バイエルン(勝ち点53)が順当に勝利を収め、連勝を8に伸ばした。大混戦のチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いでは引き分けたレバークーゼン(勝ち点35)が2位を死守。勝利したライプツィヒが3位に、ドルトムントが4位にそれぞれ浮上している。一方で敗戦したシャルケが5位に、フランクフルトが6位に後退している。迎える第22節ではバイエルンvsシャルケの上位対決や、香川ドルトムントvs酒井高&伊藤ハンブルガーSV、長谷部フランクフルトvs大迫ケルンの日本人対決がそれぞれ開催される。 ▽まずは上位対決のバイエルンvsシャルケから。前節マインツ戦ではレヴァンドフスキをベンチスタートとしたこともあってやや手こずったバイエルンだが、リベリとハメス・ロドリゲスのゴールで2-0と勝利した。そして、火曜日に行われたDFBポカール準々決勝のパダーボルン戦では主力を投入して6-0と圧勝。来週のミッドウィークには試合がないため、シャルケ戦に集中できる環境となっており、バイエルンの連勝はさらに伸びる可能性が高そうだ。 ▽一方、前節ブレーメン戦を守護神フェールマンのミスと追加タイム被弾で1-2と競り負け、5位に後退したシャルケ(勝ち点34)は、水曜日に行われたDFBポカール準々決勝のヴォルフスブルク戦を主力を投入して1-0で勝利。ベスト4進出を決めて良い形でバイエルン戦に臨める中、来季バイエルンの一員となることが決まっているゴレツカのプレーにも注目したい。 ▽続いて日本人対決のドルトムントvsHSV。シュティーガー監督の古巣対決となった前節ケルン戦を新戦力バチュアイの2ゴール1アシストの大活躍で3-2と制して4試合ぶりの勝利を飾った4位ドルトムント(勝ち点34)。引き続き不安定な戦いが続いているが、香川はオーバメヤンの代役であるバチュアイを積極的に使うプレーを見せ、好関係を築けそうなパフォーマンスを見せた。今節も二人のプレーに注目したい。 ▽一方、ハノーファーに何とか追いついて勝ち点1をもぎ取ったものの、8戦勝利のない17位HSV(勝ち点17)は、酒井高が引き続き3バックの右でスタメン予想。対面するのはシュールレとなりそうだが、ケルン戦で今季初ゴールを決めて復調の気配を見せる相手をシャットアウトできるか。伊藤は引き続きベンチからチャンスを窺う。 ▽そしてフランクフルトvsケルンの日本人対決。6位フランクフルト(勝ち点33)は前節アウグスブルク戦を0-3と完敗。6試合ぶりの敗戦を喫した中、水曜日に行われたDFBポカール準々決勝のマインツ戦では相手のミスをきっちりと突いて3-0と快勝した。長谷部もアウグスブルク戦で崩壊した守備を修正し、チームの立て直しに貢献している。ケルン復調の要因であるストライカーのテローデとのマッチアップに注目だ。 ▽対するケルンは前節ドルトムント戦を2-3と競り負け、5試合ぶりの黒星を喫した。とはいえ、ドルトムント相手に善戦しており、復調をさらに印象付けている。風邪で欠場した大迫はベンチスタート予想。途中出場でレギュラーの座を取り戻すような説得力のあるパフォーマンスを見せたいところだ。 ▽上位陣ではレバークーゼンが11位ヘルタ・ベルリン(勝ち点27)とのホーム戦に臨む。フライブルク戦では相手の組織力の前に攻めあぐね、ゴールレスドローに終わったレバークーゼンは、火曜日に行われたブレーメン戦を延長戦の末に4-2と制し、ベスト4進出を果たした。2点差をひっくり返すハードな試合を戦った影響があるだろうが、跳ね除けて2位死守となるか。 ▽前節ボルシアMG戦をルックマンのデビュー弾で競り勝った3位ライプツィヒ(勝ち点35)は、金曜日に7位アウグスブルク(勝ち点31)とのホーム戦に臨む。連勝でCL圏内をキープし、ライバルにプレッシャーをかけられるか。最後にバイエルン戦ではほぼ見せ場を作れなかったマインツの武藤はホッフェンハイムとのアウェイ戦でゴールを目指す。 ※スタメン予想はドイツ『キッカー』参照 ◆ブンデスリーガ第22節 ▽2/9(金) 《28:30》 ライプツィヒ vs アウグスブルク ▽2/10(土) 《23:30》 レバークーゼン vs ヘルタ・ベルリン ハノーファー vs フライブルク フランクフルト vs ケルン ドルトムント vs ハンブルガーSV ホッフェンハイム vs マインツ 《26:30》 バイエルン vs シャルケ ▽2/11(日) 《23:30》 シュツットガルト vs ボルシアMG 《26:00》 ブレーメン vs ヴォルフスブルク 2018.02.09 18:00 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース