ペルー代表FWカリージョ、スポルティングからベンフィカに“禁断の移籍”!2016.07.02 01:26 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ベンフィカは1日、スポルティングからペルー代表FWアンドレ・カリージョ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの5年契約となる。

▽2011年に母国のアリアンツァ・リマからスポルティングに加入したカリージョは、左右のウイングポジションのレギュラーとして、公式戦162試合に出場し、16ゴール39アシストを記録した。

▽だが、2015-16シーズンは開幕前に移籍志願を行った結果、クラブ首脳の怒りを買い、ベンチ外の状態が続き、公式戦7試合の出場にとどまった。

▽そして、クラブとの関係修復が不可能となった同選手は、リスボンのライバル、ベンフィカに“禁断の移籍”を果たすことになった。
コメント
関連ニュース
thumb

モウ招へい失敗のベンフィカ、暫定指揮官ラージェの正指揮官に任命

ベンフィカは14日、暫定指揮官を務めていたブルーノ・ラージェ氏(42)が今シーズン終了まで正指揮官を務めることを発表した。 ベンフィカは今月に入って成績不振を理由にルイ・ヴィトーリア監督の解任を発表。その後任候補としてルイス・フィリペ・ヴィエイラ会長は今季途中にマンチェスター・ユナイテッドを解任された元指揮官のジョゼ・モウリーニョ氏(55)の招へいを画策。 しかし、モウリーニョ氏が復帰を完全否定したことで後任人事は振り出しに戻っていた。 この間にチームはベンフィカBから暫定的に昇格させたラージェ氏の下でリオ・アヴェ、サンタクララ相手に好内容で連勝。 そして、前述のモウリーニョ氏招へい失敗とラージェ氏の好手腕を受けて、ヴィエイラ会長は今季終了まで現体制を継続することを選択した。 現在、リーグ戦第17節終了次点で首位ポルトと勝ち点5差の2位に付けるベンフィカはラージェ氏の下で2年ぶりの逆転優勝を目指すことになる。 2019.01.15 00:56 Tue
twitterfacebook
thumb

ダビド・ルイス、古巣ベンフィカに復帰の可能性が浮上!

チェルシーに所属する元ブラジル代表DFダビド・ルイス(31)が、ベンフィカに移籍する可能性があるようだ。『FOX SPORTS』の情報をもとに、ポルトガル『A Bola』が伝えている。 ダビド・ルイスはマウリツィオ・サッリ監督の下、チームの守備の要として、今シーズンもここまでプレミアリーグ20試合に出場している。しかし、契約は今シーズン限りまでであり、新契約締結の噂は聞こえていない。そういった状況から、今シーズン限りでチェルシーを退団することが有力視されている。 今回伝えられるところによれば、ダビト・ルイスは2007年から4年間在籍したベンフィカへの復帰を最優先にしているという。また、同選手についてはブラジルのパルメイラスも獲得に興味を示しているようだ。 欧州屈指のセンターバックとして活躍してきたダビド・ルイスは来シーズンどのチームでプレーするのか、動向に注目が集まる。 2019.01.11 22:09 Fri
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ自らベンフィカ復帰を否定

元マンチェスター・ユナイテッド監督のジョゼ・モウリーニョ氏(55)が正式にベンフィカ行きを否定した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 モウリーニョ氏は2016年夏からユナイテッドを指揮。初年度にヨーロッパリーグとEFLカップの2冠に輝いたが、2年目は無冠に終わり、3年目の今シーズン途中に監督の任を解かれた。そのモウリーニョ氏を巡っては最近、ルイ・ヴィトーリア監督(48)を解任したベンフィカが白羽の矢を立てたという。 モウリーニョ氏にとって、ベンフィカは2000-01シーズン途中まで指揮を執った古巣。だが、報道から間もなくしてオファー拒否の噂が飛び交った。渦中のモウリーニョ氏は10日、ポルトガル『Correio da Manha』でその噂について次のように言及。自らの口で母国復帰の可能性を断ち切った。 「ニュースを提供するのは好きじゃないが、ポルトガルで働くつもりはない。接触はないよ。そうやって言うことが素晴らしいクラブと会長を尊重するためのベストな方法だ」 2019.01.11 09:25 Fri
twitterfacebook
thumb

元鹿島のカイオ、ベンフィカ移籍が決定的に

鹿島アントラーズでプレーした、アル・アインのブラジル人MFカイオ(24)のベンフィカ移籍が決定的となったようだ。ポルトガル『レコルド』が伝えている。 2014年から2016年にかけて鹿島アントラーズでプレーしたカイオ。2016年夏にアル・アインに移籍し、先日のクラブ・ワールドカップでは準決勝のリーベル・プレート戦でゴールを決める活躍もあり、シルバーボールを受賞した。 今年6月にアル・アインとの契約が満了となるカイオにベンフィカが興味を示しているという報道が出ていたが、『レコルド』によると、すでにカイオはリスボン入りし、2019-20シーズンからの5年契約にサインしたようだ。 また、給与は5年間でおよそ800万ユーロ(約10億円)程度と見込まれている。 2019.01.08 19:53 Tue
twitterfacebook
thumb

破産してもいい! ベンフィカ会長がモウに熱烈ラブコール

ベンフィカは、ジョゼ・モウリーニョ氏(55)の招へいを諦めていないようだ。スペイン『アス』が報じた。 昨年末にマンチェスター・ユナイテッドを去ることとなったモウリーニョ氏。2016年夏から指揮を執った同クラブでは、初年度にヨーロッパリーグ(EL)とEFLカップの2冠に導いたが、2年目は無冠に終わり、3年目の今シーズンは低迷を味わった。 現在フリーになっているモウリーニョに関しては、2000-01シーズン途中まで在籍した古巣のベンフィカが招へいを画策。しかし、直近の報道では当人が母国復帰を考えておらず、ヨーロッパの第一線での戦いを望んでいることが伝えられていた。 それでも、ベンフィカのルイス・フィリペ・ヴィエイラ会長は元指揮官を諦めていない。ポルトガル『SIC』で、「モウリーニョを求めない人なんていない。もし明日彼がイエスと言えば、一瞬でここ(クラブ)に連れてくる」とコメントし、「お金の問題ではない。破産してもいい」とまで述べ、熱烈なラブコールを送った。 ベンフィカは3日にルイ・ヴィトーリア前監督(48)の解任を発表。モウリーニョ氏を呼ぶ上では高額な年俸がネックとされていたが、それすらも乗り越える勢いの会長のアタックは実るのだろうか。 2019.01.08 16:50 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース