G・シャカを巡ってチェルシー、アーセナル、バイエルンが三つ巴の争いか2016.01.19 19:15 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ドイツ『ビルト』は19日、ボルシアMGのスイス代表MFグラニト・シャカ(23)を巡ってチェルシーとアーセナル、バイエルンが三つ巴の争いを展開していると報じた。

▽ここ2シーズン、ボルシアMGの司令塔として攻守に絶大な存在感を放つG・シャカには、以前からヨーロッパの多くのビッグクラブが関心を示している。そして現在、最も強い関心を示しているのが、前述した3クラブのようだ。

▽ボルシアMGのマックス・エーベルSD(スポーツ・ディレクター)は、G・シャカの去就に関して、今夏の退団が濃厚となっていることを認めている。

「私はグラニトが今すぐにグラッドバッハを去ることはないと理解している。私自身残留に影響を与えることができる状態にいる。ただ、今年の夏に何があるかはわからない。相手のオファーが眩暈を起こさせるようなものであるならば、考慮する必要がある」

▽『ビルト』の伝えるところによれば、G・シャカとボルシアMGの間で結ばれている契約に関して、今夏に3000万ユーロ(約38億4000万円)の違約金で契約を解消できる条項が含まれているという。仮に、この報道が事実であれば、豊富な資金を持つチェルシーやアーセナル、バイエルンにとって、G・シャカ獲得の障壁とはならないはずだ。

コメント

関連ニュース

thumb

セビージャDFコロジェチャクがボルシアMGへ完全移籍

▽ボルシアMGは4日、セビージャのフランス人DFティモテ・コロジェチャク(25)を完全移籍で獲得したと発表した。契約期間は2021年6月30日までで、ドイツ『キッカー』によれば移籍金は750万ユーロ(約9億2000万円)とのことだ。 <span class="AdVideo" data-category="video_ad_app" data-page-id-ios="konami161228_ios" data-page-id-and="konami161228_and" data-height="180px"></span> ▽母国リヨンやニースでのプレーを経て、2014年夏からセビージャでプレーするレフティーのセンターバックであるコロジェチャクは、在籍2シーズン半で公式戦50試合に出場。準主力としてチームのヨーロッパリーグ連覇に貢献していた。しかし、ホルヘ・サンパオリ新監督が就任した今季はリーガエスパニョーラでわずか3試合の先発に留まり、出場機会が激減していた。 ▽移籍先のボルシアMGはブンデスリーガで14位に沈み、元スペイン代表DFアルバロ・ドミンゲスが背中の負傷を理由に現役を引退していた。 2017.01.05 01:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ボルシアMG、新指揮官にヘッキングを招聘

▽ボルシアMGは22日、クラブの新指揮官にディーター・ヘッキング氏(52)を招へいしたことを発表した。契約期間は2019年6月まで。 ▽リーグ戦でここまで4勝4分け8敗の14位と大苦戦しているボルシアMGは、21日にアンドレ・シューベルト監督(45)を解任していた。 ▽新指揮官のヘッキング監督は、これまでにハノーファーやニュルンベルクを指揮。2012年からヴォルフスブルクを率いて、2014-15シーズンにはDFBポカールを制覇し、リーグ戦を2位でフィニッシュした。しかし、今シーズンは成績不振により、10月にヴォルフスブルクの指揮官を解任されていた。 2016.12.22 20:36 Thu
twitterfacebook
thumb

ボルシアMG、シューベルト監督を解任! 昨季開幕5連敗のチーム立て直すも今季は14位に低迷

▽ボルシアMGは21日、アンドレ・シューベルト監督(45)を解任したことを発表した。 ▽昨シーズン、開幕からリーグ5連敗を喫した影響でルシアン・ファブレ前監督が辞任した中、リザーブチームの監督から内部昇格したシューベルト監督は、降格圏に沈んでいたチームを就任後6連勝に導き立て直すと、最終的にチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位でフィニッシュさせた。そして、今年9月には2019年6月までの新契約を結んでいた。 ▽だが、迎えた今シーズンはCLプレーオフを勝ち抜き本選出場に導いた一方、リーグ戦ではここまで4勝8敗4分けの暫定14位と大苦戦。また、CLグループステージではバルセロナ、マンチェスター・シティの2強に屈し、3位でヨーロッパリーグ決勝トーナメント行きとなっていた。 ▽また、直近の公式戦10試合で1勝6敗3分けという不振を受け、クラブはチームがウィンターブレークを迎える段階で指揮官の更迭に踏み切った。 ▽シューベルト監督の解任について、マックス・エーベルSD(スポーツ・ディレクター)は、クラブ公式サイトで以下のように語っている。 「ここ数日の間、我々は多くの話し合いを行い、スポーツ部門に関しての分析と検討を行ってきた。その結果、我々とアンドレはこの段階で協力を終えることが適切であるという結論に達した」 「彼は昨シーズン、チームを4位に導き、チャンピオンズリーグのプレーオフの権利をもたらしてくれた。だが、今季は様々な理由で発展が遅れてしまった。そして、我々は新たな指揮官の下で刺激的なチャレンジを行うという結論に至った」 「我々はアンドレがこれまでクラブのためにしてきた働きに感謝を示すと共に、彼の今後の成功を心から祈っている」 ▽なお、ボルシアMGは現時点で後任人事に関して発表していないが、ドイツ『シュポルト1』は、先日にヴォルフスブルクを解任されたディーター・ヘッキング氏(52)を有力候補に挙げている。 2016.12.21 22:28 Wed
twitterfacebook
thumb

宇佐美今季初先発の新生アウグスブルクがボルシアMGに競り勝ち5試合ぶり勝利《ブンデスリーガ》

▽アウグスブルクは17日、ブンデスリーガ第15節でボルシアMGとのホーム戦に臨み、1-0で辛勝した。アウグスブルクの宇佐美は87分までプレーしている。 ▽前節ハンブルガーSVに0-1と敗れてここ4試合勝利のない(3分け1敗)13位アウグスブルクは、D・シュスター監督を14日に解任。ユースを率いていたバウム氏を暫定監督に据えた中、今季初先発となった宇佐美が[4-4-2]の左MFで起用された。 ▽立ち上がりから守備に徹するアウグスブルクは14分、左サイドからのアーリークロスをチ・ドンウォンがヘディングシュート。しかし、枠の上に外れた。その後も押し込まれるアウグスブルクは31分、宇佐美のパスを受けたチ・ドンウォンがボックス手前右からミドルシュートを放つも枠の上に外れる。 ▽ゴールレスで迎えた後半もアウグスブルクが押し込まれる中、宇佐美のタックルによって負傷したクラマーが59分にコルブとの交代を強いられる。そのボルシアMGに65分、ボックス内への侵入を許したダフードに決定的なシュートを浴びるも、枠の上に外れて助かった。 ▽すると75分、右CKからヒンテレッガーのヘディングシュートがゴール左に決まり、アウグスブルクが先制する。そして87分には献身的な守備を続けた宇佐美がピッチを後にした。そのまま1-0で試合を締めたアウグスブルクが新体制下で5戦ぶりの勝利を飾っている。 2016.12.18 01:39 Sun
twitterfacebook
thumb

ボルシアMGとブッフォンの友情…サポーターがレジェンド加入を熱望

ボルシアMGのファンを公言するユベントスのGKジャンルイジ・ブッフォンに、SNSでサポーターが熱狂した。<br><br>ボルシアMGは、外国人にとって発音も綴りも非常に難解なクラブ名として有名だが、まさにその理由から、ブッフォンはボルシアMGのファンになったという。<br><br>外国人に覚えてもらえるようボルシアMGが作製した「ア・ジャーマン・チーム」と書かれたチームマフラーをブッフォンにプレゼントした。<br><br>そのマフラーを掲げるブッフォンの写真をボルシアMGがツイッターに掲載したところ、サポーターが熱狂した。中には、ボルシアMGでのプレーを求める声も上がっているという。<br><br>ボルシアMGとブッフォンの友情は、昨年11月に行われたチャンピオンズリーグ、ボルシアMG対ユベントス戦まで遡る。<br><br>試合終了後に、ブッフォンがボルシアMGのサポーターへ向けて手袋を投げ入れたところ、クラブが回収してブッフォンに返却した。<br><br>しかし、子供のころからボルシアMGが好きだったからという理由をクラブが知ると、サポーターの代表がロッカールームを訪れ、ブッフォンにマフラーをプレゼントして和解するというエピソードがあった。<br><br>今回、ボルシアMGがブッフォンに新たなマフラーをプレゼントしたことで、両者の絆はより一層深まったようだ。<br><br>提供:goal.com 2016.12.15 11:50 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース