G・シャカを巡ってチェルシー、アーセナル、バイエルンが三つ巴の争いか2016.01.19 19:15 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ドイツ『ビルト』は19日、ボルシアMGのスイス代表MFグラニト・シャカ(23)を巡ってチェルシーとアーセナル、バイエルンが三つ巴の争いを展開していると報じた。

▽ここ2シーズン、ボルシアMGの司令塔として攻守に絶大な存在感を放つG・シャカには、以前からヨーロッパの多くのビッグクラブが関心を示している。そして現在、最も強い関心を示しているのが、前述した3クラブのようだ。

▽ボルシアMGのマックス・エーベルSD(スポーツ・ディレクター)は、G・シャカの去就に関して、今夏の退団が濃厚となっていることを認めている。

「私はグラニトが今すぐにグラッドバッハを去ることはないと理解している。私自身残留に影響を与えることができる状態にいる。ただ、今年の夏に何があるかはわからない。相手のオファーが眩暈を起こさせるようなものであるならば、考慮する必要がある」

▽『ビルト』の伝えるところによれば、G・シャカとボルシアMGの間で結ばれている契約に関して、今夏に3000万ユーロ(約38億4000万円)の違約金で契約を解消できる条項が含まれているという。仮に、この報道が事実であれば、豊富な資金を持つチェルシーやアーセナル、バイエルンにとって、G・シャカ獲得の障壁とはならないはずだ。

コメント

関連ニュース

thumb

シュティンドルのハット含む4発でボルシアMGがヴィオラ相手に大逆転突破《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦2ndレグのフィオレンティーナvsボルシアMGが23日に行われ、2-4でボルシアMGが勝利した。この結果、2戦合計スコア3-4でボルシアMGがベスト16へ進出している。 ▽先週アウェイで行われた1stレグを1-0と先勝したフィオレンティーナは、1-2で敗れた直近のミラン戦のスタメンから3選手を変更。主力のベルナルデスキ、バデリ、オリヴェラが先発に戻った。 ▽一方、0-1と先勝を許したボルシアMGは、1-2と競り負けたライプツィヒ戦のスタメンから2選手を変更。ハーンとジョンソンに代えてヘアマンとJ・ホフマンを起用した。 ▽立ち上がりから仕掛けたのはボルシアMG。すると7分には左CKの流れから、ヴェントの左クロスをヘディングで合わせたヴェステルゴーアのシュートが左ポストを叩いた。 ▽しかし15分、ドリブルで中央を持ち上がったベルナルデスキのスルーパスを受けたボックス左のカリニッチが冷静にGKとの一対一を制してフィオレンティーナが先制する。さらに23分にはゴール至近距離からキエーザがシュートに持ち込むもGKゾンマーの好守に阻まれた。 ▽それでも、29分に突き放す。バックパスを受けたヴェステルゴーアがロングボールを蹴ろうとしてまさかの転倒。ルーズボールを拾ったボルハ・バレロが難なくGKとの一対一を制した。 ▽ハーフタイムにかけてはフィオレンティーナが自陣に引いて時間を進めていたものの、42分にボルシアMGが決定機を演出。ショートカウンターからボックス左に侵入したドルミッチのシュートがGKタタルサヌを強襲した。それでも直後、ボックス内でクロスボールに飛び込んだヴェントがオリヴェラに倒されてPKを獲得。これをシュティンドルが決めて1点を返した。 ▽迎えた後半開始2分、ボルシアMGが加点する。右CKの流れからドルミッチがGKタタルサヌを強襲するシュートを浴びせると、ルーズボールをシュティンドルが押し込んだ。 ▽さらに55分、右サイドで得たFKでサインプレーを使うと、グラウンダーのボールをペナルティアーク中央のシュティインドルがダイレクトでシュート。これがゴール左に決まってボルシアMGがアウェイゴール差で逆転に成功した。 ▽勢いの止まらないボルシアMGは続く61分、右CKでショートコーナーを使うと、右サイドゴールライン際からJ・ホフマンの折り返しをクリステンセンがヘッドで叩き込み、2戦合計スコアで4-3とリードを広げた。 ▽これで2点が必要となったフィオレンティーナはバデリに代えてババカルを投入。67分にはイリチッチの直接FKがバーを直撃する決定機を演出するも、それ以降はトーンダウン。ボルシアMGがシュティンドルのハットトリックで逆転突破している。 2017.02.24 06:59 Fri
twitterfacebook
thumb

好調ボルシアMGを撃破した2位ライプツィヒが連敗を2でストップ 《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第21節のボルシアMGvsライプツィヒが19日にシュタディオン・イム・ボルシア・パルクで行われ、1-2でライプツィヒが勝利した。 ▽首位バイエルン(勝ち点50)を追いかける2位のライプツィヒ(勝ち点42)が、10位ボルシアMG(勝ち点28)の本拠地に乗り込んだ一戦。リーグ戦2連敗中のライプツィヒは、前節のハンブルガーSV戦からスタメンを3人変更。最終ラインのベルナルド、オルバン、ウパメカーノに代えてシュミッツ、コンパー、バークを先発に起用。最終ラインは右からシュミッツ、イルザンカー、コンパー、ハッセンベルクと並べた。 ▽試合は立ち上がりから一進一退の攻防を繰り広げると、11分にボルシアMGがチャンスを迎える。ボックス左ライン際でボールを奪ったトルガン・アザールがカットインでボックス内に侵入すると、ゴール左から右足を振り抜いたが、これは左サイドネットを叩いた。 ▽対するライプツィヒは、16分にカウンターから決定機。フォルスベリのパスをバイタルエリア右手前に走り込んだサビツァーが受けると、そのままボックス右に侵攻。しかし、サビツァーのシュートは、GKゾンマーがわずかに触りゴール右に逸れた。 ▽拮抗した展開が続く中、均衡を破ったのはライプツィヒ。31分、左サイドでボールを受けたヴェルナーがカットインすると、ダイアゴナルに走り込んだサビツァーとのワンツーでボックス手前まで侵入。相手マークを引き付けラストパスを送ると、ペナルティアーク内でフリーのフォルスベリがゴール左隅にシュートを突き刺した。 ▽ホームで先制を許したボルシアMGも反撃に転じる。すると44分、ロングフィードに反応したシュティンドルがボックス内でコンパーに倒され、PKを獲得。しかし、アザールのPKはGKグラクシの完璧なシュートストップに阻まれた。 ▽迎えた後半、最初の決定機はライプツィヒに生まれる。55分、中盤で相手のスローインを奪ったナビー・ケイタが素早く前線にボールを付けると、これを受けたヴェルナーがフォルスベリとのワンツーでボックス右から侵入すると、冷静にゴール左隅へシュートを流し込んだ。 ▽リードを広げられたボルシアMGは61分に決定機。ボックス右からカットインしたアザールのクロスをゴール前で合わせたシュティンドルがゴールネットを揺らしたが、これは手で押し込んでいたため、ハンドの判定を取られる。 ▽ゴールの遠いボルシアMGは、62分にヴェントとハーンを下げてヨナス・ホフマンとヘアマンを投入。さらに80分にも、ジョンソンを下げてドルミッチをピッチに送り出した。すると直後の81分、アザールの右CKを中央に走り込んだヴェステルゴーアがヘディングでゴールに叩き込み、1点を返した。 ▽その後は、中盤で激しくボールを奪い合う肉弾戦の様相を呈するも、ライプツィヒが最後まで1点を守り抜き、勝負あり。ハンブルガーSV戦の惨敗を払拭し、連敗を2で止めた。 2017.02.20 01:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ベルナルデスキの直接FKバースデー弾でヴィオラがボルシアMGに辛勝で先勝《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦1stレグのボルシアMGvsフィオレンティーナが16日に行われ、0-1でフィオレンティーナが先勝した。 ▽バルセロナとマンチェスター・シティに屈し、チャンピオンズリーグ(CL)・グループCを3位で終えてEL決勝トーナメントに戦いの場を移したボルシアMGと、ELグループJを首位通過したフィオレンティーナの好カード。 ▽共に主力を起用し、フラットな[4-4-2]を採用した両チームの一戦は、慎重な立ち上がりを見せる。互いに守備ブロックを形成する中で進んだ試合は14分、まずはボルシアMGにチャンスが訪れる。ヘアマンがT・アザールの意表を突いたヒールパスをゴールエリア左で受けてシュート。決定的だったが、GKタタルサヌの好守に阻まれた。 ▽ここから勢いに乗ったボルシアMGが押し気味に試合を進めるも、フィオレンティーナの守備網を攻略するには至らない。ハーフタイムにかけてもこう着状態が続いたが、40分に決定機。ボックス右のヘアマンの折り返しをゴール前のシュティンドルがダイレクトでシュート。しかし、枠の上に外してしまう。さらに41分にもボルシアMGがゴールに迫る。右サイドからのT・アザールのクロスにジョンソンの合わせたシュートが右ポストを直撃した。 ▽劣勢となっていたフィオレンティーナだったが、ワンチャンスを生かして先制する。44分、ゴール正面約25mの位置で得たFKをベルナルデスキが直接狙うと、完璧にコントロールされたシュートがゴール左上隅に決まった。 ▽迎えた後半、1点を追うボルシアMGが前がかると、60分にボックス左のジョンソンが左サイドからのクロスを受けてシュート。しかし、枠の右上に外れていった。 ▽その後、フィオレンティーナはベルナルデスキを下げてクリストーフォロを投入し、守備の強度を上げていく。一方のボルシアMGはヤンチュケに代えてドルミッチを投入し、右サイドバックにジョンソンを下げる攻撃的な布陣とした。 ▽試合終盤にかけて、[4-4-2]の守備ブロックでボルシアMGの反撃を許さなかったフィオレンティーナが敵地で逃げ切って先勝。来週ホームで行われる2ndレグに向けてアドバンテージを手にしている。 2017.02.17 04:51 Fri
twitterfacebook
thumb

ボルシアMGがプレミアの有望株2選手の獲得を画策か

▽ボルシアMGが、チェルシー所属のU-21イングランド代表MFルベン・ロフタス=チーク(21)とアーセナルからVVVフェンロにレンタル移籍で加入しているU-23アメリカ代表MFジェディオン・ゼラレム(20)の獲得を画策しているようだ。ドイツ『sportbild』の報道を基に、イギリス『デイリー・スター』が報じている。 ▽報道によると、ロフタス=チークとゼラレムは、ボルシアMGの会長を務めるマックス・エベル氏の獲得希望選手にリストアップされている。同氏は、プレミアリーグの若手有望選手を細かく調査しているようだ。 「我々にとって、イングランドの市場はとても興味がある。もちろんプレミアリーグのトップスターではない選手たちだ」 「多くの若き国際選手たちは、トップリーグに行くだろう。しかし、そこで壁にぶつかるんだ」 ▽チェルシーの下部組織出身で、2014年にトップチームデビューを果たしたルベン・ロフタス=チークだが、今シーズンはここまでリーグ戦2試合の出場にとどまっている。 ▽一方、今季にレンタル移籍で加入していたレンジャーズからアーセナルに復帰したものの出場機会がなかったゼラレムは、1月に今シーズン終了時までの契約でVVVフェンロにレンタル移籍で加入。加入後は、ジュピターリーグに1試合出場している。 2017.02.10 15:13 Fri
twitterfacebook
thumb

ボルシアMG、守護神ゾンマーと契約延長で合意…新契約は2021年まで

▽ボルシアMGは27日、スイス代表GKヤン・ゾンマー(28)との2年間の契約延長で合意に達したことを発表した。新たな契約期間は2021年までとなる。 ▽ハイボール処理や、守備範囲の広さを売りとするゾンマーは、自国のバーゼルでキャリアをスタート。その後、グラスホッパーなどへのレンタル移籍を経て、2014年夏にボルシアMGに完全移籍した。 ▽ボルシアMG在籍3シーズンで公式戦通算115試合に出場。今シーズンはここまで公式戦26試合で守護神を務めている。また、2012年にはスイス代表デビュー。2014年のブラジル・ワールドカップや、フランス開催のユーロ2016を含む25試合のキャップ数を誇る。 2017.01.28 09:00 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース