G・シャカを巡ってチェルシー、アーセナル、バイエルンが三つ巴の争いか2016.01.19 19:15 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ドイツ『ビルト』は19日、ボルシアMGのスイス代表MFグラニト・シャカ(23)を巡ってチェルシーとアーセナル、バイエルンが三つ巴の争いを展開していると報じた。

▽ここ2シーズン、ボルシアMGの司令塔として攻守に絶大な存在感を放つG・シャカには、以前からヨーロッパの多くのビッグクラブが関心を示している。そして現在、最も強い関心を示しているのが、前述した3クラブのようだ。

▽ボルシアMGのマックス・エーベルSD(スポーツ・ディレクター)は、G・シャカの去就に関して、今夏の退団が濃厚となっていることを認めている。

「私はグラニトが今すぐにグラッドバッハを去ることはないと理解している。私自身残留に影響を与えることができる状態にいる。ただ、今年の夏に何があるかはわからない。相手のオファーが眩暈を起こさせるようなものであるならば、考慮する必要がある」

▽『ビルト』の伝えるところによれば、G・シャカとボルシアMGの間で結ばれている契約に関して、今夏に3000万ユーロ(約38億4000万円)の違約金で契約を解消できる条項が含まれているという。仮に、この報道が事実であれば、豊富な資金を持つチェルシーやアーセナル、バイエルンにとって、G・シャカ獲得の障壁とはならないはずだ。

コメント

関連ニュース

thumb

オーバメヤンのドッペルパックなど4発のドルトムントがボルシアMGに逆転勝利《ブンデスリーガ》

▽ドルトムントは3日、ブンデスリーガ第13節でボルシアMGとのホーム戦に臨み、4-1で快勝した。ドルトムントの香川はベンチ外となっている。 ▽前節フランクフルトの堅守を崩しきれずに1-2と敗戦した7位ドルトムント(勝ち点21)は、4日後にチャンピオンズリーグ(CL)のレアル・マドリーとの首位通過を懸けた大一番を控える中、フランクフルト戦のスタメンから4選手を変更。バルトラやロイス、O・デンベレにシャヒンがリーグ戦初スタメンとなった一方、ヴァイグルやゲッツェ、シュールレがベンチスタートとなった。そして、足首痛の香川は前節に続きベンチ外となった。 ▽リーグ戦7試合勝利のない13位ボルシアMG(勝ち点13)相手に、ドルトムントは3バックに右からギンター、パパスタソプーロス、バルトラと配し、1トップのオーバメヤンの後方にロイスとO・デンベレを据える[3-4-2-1]を採用。 ▽試合は6分、左サイドからのクロスのルーズボールを拾ったラファエウにペナルティアーク左からゴール左にシュートを決められて、ドルトムントはあっさり先制を許す。それでも直後の7分、O・デンベレのクサビのパスをロイスが落とすと、ボックス右のオーバメヤンがゴール右にシュートを突き刺し、すかさず同点とした。 ▽さらに15分、右CKからバルトラがニアで合わせたボールをピシュチェクが頭で押し込み、ドルトムントが逆転に成功する。その後は5バックを敷くボルシアMG相手にドルトムントがボールを保持して試合をコントロール。 ▽すると33分にO・デンベレのスルーパスからロイスが決定的なシュートを浴びせれば、直後には右CKからギンターがボレーシュートでゴールに迫った。しかし、良い流れで試合を運んでいたドルトムントにアクシデント。36分に負傷の影響かシャヒンに代えてヴァイグルを投入する。ハーフタイムにかけてもドルトムントがボールを保持し、2-1のまま前半を終えた。 ▽迎えた後半、50分にロイスがヒールシュートで3点目に迫ったドルトムントは、54分にロイスのミスパスからピンチを迎えるも、64分に突き放す。ロイスのパスを受けたO・デンベレがボックス左でDF2人を外して右足でシュート。これがゴール左隅に決まった。 ▽さらに68分、O・デンベレのスルーパスを受けたロイスが意表を突いたヒールパスでDFを引き付けると、最後はボックス中央のオーバメヤンが難なく蹴り込んだ。4-1としたドルトムントはロイスをお役御免とした中、余裕を持った試合運びで時間を消化。勝利を取り戻してレアル・マドリー戦に臨むこととなった。 2016.12.04 01:29 Sun
twitterfacebook
thumb

互いに退場者を出す展開! シティがシルバのゴールで追いつき2位通過を決める《CL》

▽24日にチャンピオンズリーグ(CL)・グループC第5節のボルシアMGvsマンチェスター・シティがシュタディオン・イム・ボルシア・パルクで行われ、1-1のドローで終わった。この結果、シティの決勝トーナメント進出が決まっている。 ▽第4節でのバルセロナ戦で見事なリベンジを果たし、この試合に勝利すればグループステージ突破となる2位シティ。直近のリーグ戦の先発から4選手を変更し、コンパニ、サーニャ、ヤヤ・トゥーレ、ノリートに代えてストーンズ、ヘスス・ナバス、ギュンドアン、シルバを起用。さらに、4バックから[3-6-1]にシステムを変更している。 ▽試合開始からシティは、GKブラーボを含めたディフェンスラインでのビルドアップから丁寧に攻撃を組み立て、相手の様子を伺う。一方、負ければグループステージ敗退が決まるボルシアMGは、奪ってからの素早いカウンターで手数をかけずにゴールに迫る。 ▽その後、守備から入るボルシアMGのサッカーに攻めあぐねる時間帯が続くシティに対し、ボルシアMGは長短のパスを使い分け、両サイドに展開してディフェンスを揺さぶると、試合は23分に動く。左サイドの競り合いからボルシアMGのシュティンドルが突破すると、中央にグラウンダーのクロス。これが相手DFの足に当たるも、ボックス中央手前にこぼれる。これをラファエウが拾い、強烈な右足でネットに突き刺す。苦戦が予想されたボルシアMGが先制に成功する。 ▽先制を許したシティは45分、デ・ブライネの浮き球にボックス右のスターリングが抜け出して中央へパスを送ると、アグエロが反応。右足で合わせるも、GKゾンマーにファインセーブで阻まれる。ここは相手の好プレーに防がれるもその1分後、ボックス右手前でギュンドアン、スターリング、デ・ブライネとつないでボックス内に侵入すると、中央へパス。これをシルバが左足で流し込み、前半アディショナルタイムに同点に追いついた。 ▽前半のうちに追いついたシティは後半に落ち着きを取り戻し、細かいパスがつながるようになる。51分にはオタメンディを倒したシュティンドルがこの日2枚目のイエローで退場。その後、一人多いシティはスペースを有効活用したパス回しでゴールに迫った。 ▽流れはシティかと思われたが63分、ロングボールを追う際にフェルナンジーニョが相手を引っ張り、イエローカード2枚目。シティは軽率なプレーから数的有利の状況を不意にする。 ▽72分、右サイドでボールを持ったシルバがヘスス・ナバスとのパス交換でボックス内に侵入すると、走りこんだオタメンディに速いクロス。しかし、GKゾンマーがブロックし、こぼれ球をギュンドアンが放つも、Gkゾンマーがキャッチする。 ▽その後は互いに慎重な試合運びで時間が進み、そのまま終了。1-1のドローとなったものの、シティがグループステージ2位通過を決めている。 2016.11.24 07:33 Thu
twitterfacebook
thumb

シティがボルシアMG戦の招集メンバーを発表! C・パレス戦で躍動のヤヤ・トゥーレはCL登録外で欠場《CL》

▽マンチェスター・シティは23日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)第5節のボルシアMG戦に向けた招集メンバー20名を発表した。 ▽今回の遠征メンバーでは、アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロやスペイン代表MFダビド・シルバなど主力が順当に選出される中、19日のクリスタル・パレス戦で負傷したベルギー代表DFヴァンサン・コンパニやアルゼンチン代表DFパブロ・サバレタ、イングランド代表MFファビアン・デルフがケガのため招集メンバーから外れた。 ▽なお、クリスタル・パレス戦で2ゴールを記録し、逆転勝利に貢献したコートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレはCL登録メンバーから外れているため、欠場が決定している。今回発表されたマンチェスター・シティの招集メンバーは以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆マンチェスター・シティ招集メンバー20名 <b>GK</b> <span style="font-weight:700;">クラウディオ・ブラーボ</span> <span style="font-weight:700;">ウィルフレッド・カバジェロ</span> <span style="font-weight:700;">アンガス・ガン</span> <b>DF</b> <span style="font-weight:700;">バカリ・サーニャ</span> <span style="font-weight:700;">アレクサンダル・コラロフ</span> <span style="font-weight:700;">ガエル・クリシ</span> <span style="font-weight:700;">ジョン・ストーンズ</span> <span style="font-weight:700;">ニコラス・オタメンディ</span> <span style="font-weight:700;">パブロ・マフェオ</span> <b>MF</b> <span style="font-weight:700;">フェルナンド</span> <span style="font-weight:700;">ラヒーム・スターリング</span> <span style="font-weight:700;">イルカイ・ギュンドアン</span> <span style="font-weight:700;">ヘスス・ナバス</span> <span style="font-weight:700;">ケビン・デ・ブライネ</span> <span style="font-weight:700;">リロイ・ザネ</span> <span style="font-weight:700;">ダビド・シルバ</span> <span style="font-weight:700;">フェルナンジーニョ</span> <b>FW</b> <span style="font-weight:700;">マヌエル・アグド “ノリート” </span> <span style="font-weight:700;">セルヒオ・アグエロ</span> <span style="font-weight:700;">ケレチ・イヘアナチョ</span> 2016.11.23 01:02 Wed
twitterfacebook
thumb

大迫先発のケルンが追加タイム弾でボルシアMGに逆転勝利《ブンデスリーガ》

▽ケルンは19日、ブンデスリーガ第11節でボルシアMGとのアウェイ戦に臨み、2-1で逆転勝利した。ケルンの大迫は先発して72分までプレーしている。 ▽前節フランクフルト戦を0-1と破れて今季2敗目を喫した6位ケルン(勝ち点18)は、4日前に行われたロシア・ワールドカップ・アジア最終予選のサウジアラビア代表戦で持ち前のポストワークを発揮して勝利に貢献した大迫が10試合連続スタメンとなった。 ▽リーグ戦5試合勝利のない11位ボルシアMG(勝ち点12)にボールを持たれる展開となる中、モデストと2トップを形成した大迫は、なかなか良い形でボールを受けられない状況を強いられる。 ▽すると25分にはヴェステルゴーアと接触した大迫が腰を痛めてピッチに倒れ込むアクシデントが発生。それでも、プレーを続行した大迫だったが、チームは32分に失点する。サイド攻撃で揺さぶられると、ボックス右のトラオレのラストパスをニアサイドのシュティンドルにダイレクトでニア上にシュートを流し込まれた。 ▽ハーフタイムにかけても先制したボルシアMGが圧力を強める中、40分にボックス内からヴェントに決定的なシュートを浴びせられると、42分にはトラオレの直接FKがバーを直撃するピンチを迎えてしまう。それでも、何とか1点のビハインドで前半を終えた。 ▽迎えた後半、ケルンはイエローカードを受けていたレーマンに代えてルドネフスを2トップの一角に投入。大迫はトップ下でのプレーとなった。しかし、劣勢を強いられると50分にはT・アザールに決定的なシュートを浴びてしまう。 ▽それでも59分、ヘクターが左サイドからクロスを送ると、ヴェステルゴーアの頭に当たったボールがモデストの頭に当たって幸運にもゴールに吸い込まれ、ケルンが試合を振り出しに戻す。 ▽勝ち越しゴールを狙うボルシアMGはT・アザールに代えてハーンを投入。対するケルンも72分に大迫に代えてエーズカンを投入し、勝負に出る。互いに選手交代を敢行しながらも膠着状態が続く中、追加タイム1分、ケルンはボックス手前左で得たFKからリッセが豪快なミドルシュートを叩き込んで土壇場で逆転に成功した。これが決勝点となってケルンが逆転勝利。暫定3位に浮上した。 2016.11.20 01:58 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシー退団を振り返るアザール弟「加入したときから長くプレーするとは思っていなかった」

▽ボルシアMGのベルギー代表MFトルガン・アザールが、チェルシーに加入した当初を振り返った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールの弟であるトルガン・アザールは、2012年の夏にリールからチェルシーに3200万ユーロ(現在のレートで約37億1000万円)で加入。しかしすぐさまベルギーのズルテ・ワレヘムに2シーズンのレンタル移籍を果たすと、2014-15シーズンはボルシアMGにレンタル移籍。2015-16シーズンはチェルシーを退団し、完全移籍でボルシアMGの一員となった。 ▽チェルシーでは出場機会が与えられなかったトルガン・アザールだが、ボルシアMGでは2シーズンで公式戦77試合11ゴール16アシストを記録。今シーズンもリーグ戦7試合3ゴールを奪うなど活躍している。 ▽チェルシー在籍時代を振り返った同選手は、加入したときからチェルシーに長く留まることはないだろうと考えていたようだ。 「彼らとサインしたときから、長くチェルシーに留まることはないと思っていたよ。あの時は、チェルシーのようなビッグクラブに加入できるチャンスだった。でも僕はまだ若く、プレーすることも重要だった。チェルシーは若い選手を買って、レンタルで放出する。デ・ブライネ、ルカクらもそうだった」 「若い選手は何よりもプレーすることが大事なんだ。ただ、チェルシーはデ・ブライネやルカクに対してもっとチャンスを与えるべきだったと後悔しているかもしれないね」 2016.11.14 11:25 Mon
twitterfacebook
Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース