G・シャカを巡ってチェルシー、アーセナル、バイエルンが三つ巴の争いか2016.01.19 19:15 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ドイツ『ビルト』は19日、ボルシアMGのスイス代表MFグラニト・シャカ(23)を巡ってチェルシーとアーセナル、バイエルンが三つ巴の争いを展開していると報じた。

▽ここ2シーズン、ボルシアMGの司令塔として攻守に絶大な存在感を放つG・シャカには、以前からヨーロッパの多くのビッグクラブが関心を示している。そして現在、最も強い関心を示しているのが、前述した3クラブのようだ。

▽ボルシアMGのマックス・エーベルSD(スポーツ・ディレクター)は、G・シャカの去就に関して、今夏の退団が濃厚となっていることを認めている。

「私はグラニトが今すぐにグラッドバッハを去ることはないと理解している。私自身残留に影響を与えることができる状態にいる。ただ、今年の夏に何があるかはわからない。相手のオファーが眩暈を起こさせるようなものであるならば、考慮する必要がある」

▽『ビルト』の伝えるところによれば、G・シャカとボルシアMGの間で結ばれている契約に関して、今夏に3000万ユーロ(約38億4000万円)の違約金で契約を解消できる条項が含まれているという。仮に、この報道が事実であれば、豊富な資金を持つチェルシーやアーセナル、バイエルンにとって、G・シャカ獲得の障壁とはならないはずだ。

コメント

関連ニュース

thumb

CL出場クラブ同士の強豪対決はボルシアMGに軍配《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ開幕節のボルシアMGvsレバークーゼンが27日に行われ、2-1でボルシアMGが勝利した。 ▽3日前に行われたヤング・ボーイズとのチャンピオンズリーグ・プレーオフを制して本選出場を果たしたボルシアMGは、その試合のスタメンから3選手を変更。ハットトリックのT・アザールがベンチスタートとなり、両サイドを入れ替えた。 ▽一方、昨季3位フィニッシュのレバークーゼンは主力の流出がない中、フォラントやバウムガルトリンガーといった新戦力が開幕スタメンとなった。ただ、昨季17ゴールを決めたエルナンデスは手の骨折により欠場となった。 ▽まずはホームチームのボルシアMGがハイプレスをかけてプレッシャーをかけていく。それでも、なかなかシュートに持ち込めない中、21分にボルシアMGに決定機が訪れる。スルーパスを引き出したラファエウがGKレノを強襲するシュートを浴びせる。さらにルーズボールをヴェントが詰めるもGKレノに好守で阻まれた。 ▽続く29分にはハーンがカウンターから決定的なシュートを浴びせるなど主導権を握ると、44分にもボルシアMGがゴールに近づく。ハーンがボックス中央でGKレノと一対一となったが、チップキックシュートは阻まれてしまった。それでも追加タイム1分、ロングボールをターがヘディングでクリアしきれずルーズとなると、これを拾ったハーンが抜け出して今度はGKレノとの一対一を決めきった。 ▽迎えた後半頭からヤンチュケに代えて新戦力のヴェステルゴーアを投入したボルシアMGに対し、レバークーゼンが押し込む展開としたものの、決定打は生まれない。そこで64分に2枚代えを敢行する。チャルハノールとフォラントに代えてメーメディとポヒャンパロを投入した。 ▽すると終盤の80分、左サイドからのヴェンデウのクロスがクリステンセンに当たってゴールに向かうと、これはGKゾンマーに阻まれるも、ルーズボールをゴールエリアライン際にいたベララビがヘッドで折り返し、最後はポヒャンパロが頭で押し込んだ。 ▽しかし85分、ボルシアMGが勝ち越す。T・アザールのスルーパスに抜け出したシュティンドルがボックス右に侵入。冷静にシュートを決めて2-1とし、レバークーゼンを振り切った。 2016.08.28 04:43 Sun
twitterfacebook
thumb

弟のCL出場決定を祝うアザール「トルガンは僕より上」

チェルシーに所属するMFエデン・アザールは、ボルシアMGに所属する弟のMFトルガン・アザールの活躍を喜んでいる。<br><br>24日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)予選プレーオフ・2ndレグでボルシアMGはヤング・ボーイズに6-1と大勝した。その結果、ボルシアMGは本戦出場を決め、兄のエデンは自身のツイッターで弟を祝福した。<br><br>ハットトリックしたトルガンに対して「またアザールだ」とつぶやき、その後「よくやった弟」と称賛。そして最終的には「トルガン>エデン」と&ldquo;最上級&rdquo;の褒め言葉を贈った。<br><br>今季はチェルシーがCL出場権を持たないため、今シーズン中に兄弟対決を見ることはかなわないが、近い未来に見られる日がきっと来ることだろう。<br><br>提供:goal.com 2016.08.26 08:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ラファエウ&アザールのハットで久保途中出場のヤングボーイズに圧勝! ボルシアMGが2年連続で本選へ《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・プレーオフ2ndレグのボルシアMGvsヤング・ボーイズが24日にシュタディオン・イム・ボルシア・パルクで行われ、6-1でボルシアMGが勝利した。この結果、2戦合計スコア9-2でボルシアMGがCL本選出場を決めている。なお、ヤング・ボーイズのU-23日本代表FW久保裕也は、後半頭から途中出場した。 ▽16日に行われた敵地での1stステージを3-1と制したボルシアMGは、直近に行われたDFBポカール1回戦のドロホターゼン・アッセル戦を主力を温存しながらも勝利。1stレグのスタメンからは、トラオレとヴェントに代えて、ヘアマンとジョンソンを起用した。 ▽一方、ホームで完敗を喫したヤング・ボーイズは、1stレグから先発を4人変更。久保やオアロ、ガイッチらに代わり、ミシェル・フレイやザカリア、フォン・バーゲンらが先発に名を連ねた。 ▽試合は開始早々の4分、ホームチームに決定機が生まれる。GKゾンマーのロングフィードを前線で受けたトルガン・アザールが素早い反転からスルーパスを送ると、これに抜け出したラファエウがボックス左から侵入。相手GKとの1対1を迎えたが、右アウトサイドで狙ったシュートは右ポストに弾かれた。 ▽優勢に試合を進めるボルシアMGは9分に先制する。右サイドを抜け出したヘアマンがマイナスの折り返しを入れると、ラファエウのワンタッチパスをゴール前で受けたトルガン・アザールが飛び出したGKをかわし、ゴールネットを揺らした。 ▽その後もゲームをコントロールするボルシアMGは21分に決定機。センターライン付近でボールを受けたラファエウのロングパスに反応したジョンソンがボックス左からシュート。しかし、これはGKムボゴのファインセーブに阻まれた。さらに33分には、相手DFのクリアミスをボックス手前で奪ったラファエウがボックス内まで持ち上がり、ゴール右隅にシュートを流し込んだ。 ▽本選出場をほぼ手中に収めたボルシアMGは40分、中盤でボールを奪ったT・アザールがショートカウンターを仕掛けると、ボックス右付近でパスを受けたシュティンドルのクロスを逆サイドから走り込んだラファエウが左足でゴールに流し込んだ。 ▽ボルシアMGの3点リードで迎えた後半、ビハインドを追うヤング・ボーイズはスレイマニとフォン・バーゲンを下げて、久保とシックを投入。しかし、最初の決定機はホームチームに生まれる。51分、シュティンドルのパスで左サイドを抜け出したT・アザールがマイナスに折り返すと、走り込んだシュティンドルがシュート。さらに59分には、右サイドを抜け出したヘアマンの折り返しを中央に走り込んだT・アザールがシュート。GKムボゴが弾いたボールに反応したラファエウがダイレクトでゴールを狙ったが、ボールはゴール左に外れた。 ▽後半も主導権を握るボルシアMGはここから圧巻のゴールラッシュで試合を決定づける。69分、ジョンソンのパスをダフードがヒールで流すと、ボックス左に抜け出したラファエウのクロスをゴール右に走り込んだT・アザールが押し込んだ。さらに77分、途中出場のダフードのスルーパスに抜け出したT・アザールがボックス左からクロス。逆サイドから走り込んだラファエウがショートバウンドのボールにうまく合わせ、ゴールネットを揺らした。 ▽その後、79分にFKの流れからラヴィに豪快なボレーシュートを決められて1点を返されたボルシアMGだが、84分にコルブのパスをシュティンドルがスルーすると、ボックス中央のT・アザールがワントラップからゴール左にシュートを突き刺した。 ▽結局、試合はそのまま6-1で終了。ラファエウとT・アザールのハットトリックで圧勝したボルシアMGが2大会連続でCL本選出場を決めている。一方、CL本選初出場が期待された久保だったが、強豪の厚い壁を破れず、今季もヨーロッパリーグに回ることになった。 2016.08.25 06:20 Thu
twitterfacebook
thumb

ボルシアMGがアウェイでヤング・ボーイズに完勝! 久保は73分までプレー《CLプレーオフ》

▽16日にチャンピオンズリーグ(CL)プレーオフ1stレグのヤング・ボーイズvsボルシアMGがスタッド・ドゥ・スイスで行われ、1-3でボルシアMGが勝利した。ヤング・ボーイズのFW久保裕也は73分までプレーした。 ▽予備予選3回戦で強豪シャフタールをPK戦の末に撃破したヤング・ボーイズは、その試合で2得点を挙げた久保が2トップの一角で先発出場。一方のボルシアMGはラファエウやシュティンドル、トルガン・アザール、GKゾンマーを先発で起用。新戦力のクラマーとストロブルもスタメンに名を連ねた。 ▽互いに慎重な入りを見せて立ち上がった中、シュートの少ない展開で試合は推移していく。それでも、徐々に地力に勝るボルシアMGが押し込むと、11分に決定機。右サイドから仕掛けたT・アザールのクロスをボックス左で受けたラファエウがカットインからシュート。これがゴール左隅に吸い込まれた。 ▽前半終盤にかけて膠着状態が続いたが44分、ヤング・ボーイズに決定機。ロングフィードをボックス手前のオアロが競り合うと、このこぼれ球をラヴェが落とし、走り込んだオアロがシュート。しかし、このシュートはゴール左に外れた。 ▽ボルシアMGの1点リードで迎えた後半、最初のチャンスはホームチームに生まれる。56分、スッターのパスでボックス右深くまで侵入したラヴェの高速クロスを走り込んだスレイマニが左足でゴールに押し込んだ。さらにヤング・ボーイズは、64分にもスレイマニの左クロスをゴール前のオアロが頭で合わせたが、これはわずかにゴール右に逸れた。 ▽同点に追いつかれたボルシアMGのシューベルト監督は、66分にT・アザールを下げてハーンをピッチに送り出す。すると67分、中央突破を試みたシュティンドルのこぼれ球をゴール前で拾ったハーンが飛び出したGKムボゴの上を抜くループシュートでゴールネットを揺らした。 ▽再びリードを奪ったボルシアMGは、直後の69分にもトラオレのサイドチェンジを左サイドで受けたヴェントのクロスをファーサイドでフリーだったラファエウがダイレクトシュート。ブロックに入ったロシャのかかとにディフレクトしたボールがそのままゴール左隅に吸い込まれた。 ▽リードを広げられたヤング・ボーイズのヒュッター監督は、73分に久保、ガイッチを下げてミシェル・フレイとザカリアを投入。さらに86分にもシックを投入するなど、最後までゴールを目指したが、スコアを動かすことができず。試合はそのまま1-3で終了。アウェイで勝利したボルシアMGが来週行われる2ndレグへ向け、大きなアドバンテージを手にしている。 2016.08.17 05:59 Wed
twitterfacebook
thumb

ザルツブルクのU-23日本代表MF南野拓実にボルシアMGが興味…移籍金は3億円前後か

▽ザルツブルクでプレーするU-23日本代表MF南野拓実(21)にボルシアMGが興味を示しているようだ。『ビルト』など複数のドイツメディアが報じている。 ▽2015-16シーズンのブンデスリーガを4位で終えたボルシアMGは、2016-17シーズンのチャンピオンズリーグ出場を懸けてプレーオフを戦うことになる。ブンデスリーガでも上位を目指し、チャンピオンズリーグ出場の可能性も残されているボルシアMGは、前線の強化を目指しているとのこと。その中で、南野に興味を抱いたようだ。 ▽2015年1月にセレッソ大阪からザルツブルクへと移籍した南野は、オーストリア・ブンデスリーガでここまで46試合に出場し13得点を記録。2015-16シーズンは32試合で10得点とチームの中心選手としてプレーした。8月にリオ・デ・ジャネイロで行われるオリンピックに臨む、U-23日本代表にも選出。A代表も2015年にデビューしている。 ▽南野はザルツブルクと2018年まで契約が残っており、移籍に関しては250万〜300万ユーロ(約2億8500万〜3億4200万円)がかかるとのこと。果たして、ブンデスリーガ挑戦が実現数rのだろうか。 2016.07.04 11:21 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース