G・シャカを巡ってチェルシー、アーセナル、バイエルンが三つ巴の争いか2016.01.19 19:15 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ドイツ『ビルト』は19日、ボルシアMGのスイス代表MFグラニト・シャカ(23)を巡ってチェルシーとアーセナル、バイエルンが三つ巴の争いを展開していると報じた。

▽ここ2シーズン、ボルシアMGの司令塔として攻守に絶大な存在感を放つG・シャカには、以前からヨーロッパの多くのビッグクラブが関心を示している。そして現在、最も強い関心を示しているのが、前述した3クラブのようだ。

▽ボルシアMGのマックス・エーベルSD(スポーツ・ディレクター)は、G・シャカの去就に関して、今夏の退団が濃厚となっていることを認めている。

「私はグラニトが今すぐにグラッドバッハを去ることはないと理解している。私自身残留に影響を与えることができる状態にいる。ただ、今年の夏に何があるかはわからない。相手のオファーが眩暈を起こさせるようなものであるならば、考慮する必要がある」

▽『ビルト』の伝えるところによれば、G・シャカとボルシアMGの間で結ばれている契約に関して、今夏に3000万ユーロ(約38億4000万円)の違約金で契約を解消できる条項が含まれているという。仮に、この報道が事実であれば、豊富な資金を持つチェルシーやアーセナル、バイエルンにとって、G・シャカ獲得の障壁とはならないはずだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ロイス復帰弾でボルシアMG撃破のドルトムントが公式戦4連勝! 香川は負傷でベンチ外…《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第23節、ボルシアMGvsドルトムントが18日に行われ、アウェイのドルトムントが1-0で勝利した。なお、ドルトムントのMF香川真司はケガのため招集メンバー外となった。 ▽香川が負傷したもののロイスが先発復帰し、バチュアイの連発弾とゲッツェの復活弾でハンブルガーSVを下した3位ドルトムント(勝ち点37)は、3連敗中の10位ボルシアMG(勝ち点31)とアウェイで対戦。ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)のアタランタ戦をバチュアイの公式戦3試合連続弾で劇的な形で制して勢いに乗るアウェイチームは、そのアタランタ戦から先発2人を変更。トプラク、プリシッチに代わってアカンジとゲッツェを起用した。 ▽劣悪なピッチ状態が懸念される中でスタートした一戦。試合は立ち上がりからピッチ状態を反映するような、ボールが落ち着かない展開が続く。 ▽ショートパスやドリブルを駆使した攻撃を信条とするアウェイチームが苦しむ一方、球際やロングボールなどシンプルな攻めを見せるホームチームは13分にボックス内に抜け出したシュティンドルに決定機も、ここはGKビュルキの好守に遭う。その後もボバディージャらのパワフルな仕掛けでドルトムントゴールに迫った。 ▽一方、なかなかリズムを掴めないドルトムントだったが、復活のエースが待望の復帰弾を決める。32分、ゲッツェからのフィードをボックス左で収めたシュールレが浮き球で折り返す。これを巧みなトラップで足元に収めたロイスが右足を振り抜く。すると、ブレ球シュートがクロスバーの内側を叩いてネットを揺らした。 ▽ロイスの復帰後初となる今季初ゴールで先手を奪ったドルトムントだが、その後は相手の反撃を受ける展開に。前半終了間際の42分には相手セットプレーの流れでゴール前に混戦が生まれ、ボバディージャの短いラストパスをヴェステルゴーアに流し込まれる。しかし、ビデオ・アシスタントレフェリー(VAR)による確認の結果、ヴェステルゴーアのオフサイドとの判定が下り、リードを保って前半を終えた。 ▽迎えた後半もボルシアMGが押し込む入りとなる。攻撃時に多くの選手がゴール前になだれ込む迫力のある仕掛けを見せるホームチームはトルガン・アザールが良い形で攻撃にアクセントを付ける。55分にはそのアザールのパスからシュティンドル、ボバディージャが続けてボックス内でシュートを浴びせるが、ここはGKビュルキとDFの必死のゴールカバーに阻まれる。 ▽一方、前がかりな相手に対して追加点を奪って勢いを止めたいドルトムントは60分、セットプレーのこぼれ球に反応したロイスがペナルティアーク付近から抑えの利いた右足ボレーを放つ。だが、このシュートはややコースが甘くGKゾンマーに弾き出された。 ▽その後も押し込まれる展開が続くドルトムントはゲッツェ、ロイス、シュールレと前線の選手を続けて下げてプリシッチ、ダフード、トプラクとやや守備的な交代カードを切っていく。その中でボルシアMGの攻勢に幾度も晒されるが、守護神ビュルキが再三のビッグセーブでボバディージャらの決定機を阻む。 ▽試合最終盤には長身DFヴェステルゴーアを前線に上げる相手のパワープレーに対して、5バックで対応したドルトムントはこのまま1-0で勝ち切った。バチュアイの連続ゴールがストップするなど大苦戦を強いられながらも古巣対戦となったロイスの今季初ゴールで勝利したドルトムントは公式戦4連勝を飾った。一方、善戦も競り負けたボルシアMGは4戦連続無得点での4連敗と泥沼の状況となった。 2018.02.19 04:10 Mon
twitterfacebook
thumb

土壇場で決勝点を挙げた新戦力ルックマン、ライプツィヒ監督「投入5分での交代を考えた」

3日に行われたブンデスリーガ第21節で、RBライプツィヒはボルシアMGとのアウェイ戦に1-0で勝利した。ラルフ・ハーゼンヒュッテル監督は試合後、決勝点を挙げたFWアデモラ・ルックマンのシューズを巡る意外な事実を明かしている。<br><br>リーグで7試合1勝と調子を落としていたライプツィヒだが、移籍市場最終日にエバートンから20歳のルックマンをレンタルで獲得。U-21イングランド代表でもあるその左ウイングは、ボルシアMG戦の78分に投入されると、89分に相手3人をかわしてシュートを突き刺し、ドイツデビューを飾った。<br><br>しかし、そんなルックマンはすぐにでも下げられる可能性があったようだ。ハーゼンヒュッテル監督は試合後の会見で、「モラ(ルックマン)を投入したが、ゴールを決めたときにまだピッチにいたことはラッキーだったね。ピッチで滑ってばかりいたので、5分後に交代しようと考えていたんだ」と苦笑。「イングランドから1足のシューズしか持ってきておらず、底が凸凹のそれを履くと聞かなかったのでね」と、トラクション性能が低い靴を選んでいたことを明かしている。<br><br>またドイツ誌『キッカー』が伝えたコメントでは、本人は「幸せだよ。特に勝ち点3を獲得できたことにね。それが一番大事なので」と試合を満足気に振り返っている。そしてプレミアリーグとブンデスリーガの違いについて、ドイツのサッカーは「より技術的」と語り、「いつもこの靴を履いてプレーするんだ。でもドイツのピッチはイングランドとは少し違うようだね。こっちの方が少し滑りやすいかもしれない」と微笑みながら付け足した。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.05 22:50 Mon
twitterfacebook
thumb

新戦力ルックマンのデビュー弾でライプツィヒが暫定3位浮上《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第21節、ボルシアMGvsライプツィヒが3日に行われ、0-1でライプツィヒが勝利した。 ▽7位ボルシアMG(勝ち点31)と5位ライプツィヒ(勝ち点32)による上位を窺う両チームの対戦。共に勝利すればチャンピオンズリーグ出場圏内浮上が見えてくる一戦は序盤、ボルシアMGが前に出ていく。すると13分、T・アザールがボックス右で仕掛けてウパメカーノをかわしシュート。枠を捉えていたが、GKグラーチのセーブに阻まれた。 ▽やや押される入りとなったライプツィヒも15分に反撃。高い位置でボールを奪って、ボックス中央のブルマがシュート。決定的だったが、枠の右上を捉えていたシュートはGKシッペルのファインセーブに阻まれた。 ▽その後は一進一退の攻防が続き、互いにシュートに持ち込めない状況となる。結局、ハーフタイムにかけては互いにチャンスを作れずゴールレスで前半を終えた。 ▽迎えた後半、開始30秒にN・ケイタが枠内シュートを浴びせたライプツィヒが押し気味に試合を進めると、60分にサビツァーがミドルシュートでGKシッペルを強襲。 ▽その後もライプツィヒが前がかる中、79分にはブルマに代えてエバートンから加入の新戦力ルックマンを投入すると直後、ボックス手前中央で得たFKをサビツァーが直接狙う。このシュートが枠の右上を捉えたが、ここもGKシッペルの好守に阻まれ、均衡を破れない。 ▽それでも終盤の89分、ライプツィヒがゴールをこじ開ける。バイタルエリア中央でパスを受けたルックマンがドリブルでボックス右に侵攻。グラウンダーのシュートをゴール左に流し込んでライプツィヒに待望のゴールをもたらした。これが決勝点となってライプツィヒが勝利。3試合ぶりの白星で暫定3位に浮上している。 2018.02.04 04:25 Sun
twitterfacebook
thumb

長谷部フル出場のフランクフルトが上位対決制して暫定2位に浮上!《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第20節、フランクフルトvsボルシアMGが26日に行われ、ホームのフランクフルトが2-0で勝利した。なお、フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場、MF鎌田大地はベンチ外となった。 ▽7位のフランクフルト(勝ち点30)と5位のボルシアMG(勝ち点31)による上位対決。直近2勝2分けと好調を継続するフランクフルトはゲームキャプテンの長谷部を公式戦4試合連続で起用した。 ▽長谷部をリベロで起用したフランクフルトは開始直後の5分にいきなり絶好機を作る。自陣からのロングカウンターで左サイドのレビッチに縦パスが繋がる。ここで豪快に持ち上がったレビッチがボックス左からゴール前に走り込むヴォルフに折り返す。だが、相手DFにディフレクトしたボールをヴォルフがワンタッチで合わすも、このシュートは枠の左に外れた。 ▽その後、15分過ぎにボルシアMGの守護神ゾンマーが負傷交代を強いられるアクシデントに見舞われた試合だが、時間の経過とともに互いに攻め手を欠くこう着状態に陥る。 ▽それでも、長谷部を中心に冷静なラインコントロールで相手に決定機を許さないホームチームは43分、相手陣内左サイドで縦パスを受けたチャンドラーが強引な突破からボックス内ライン際に持ち込んでマイナスのクロス。これをゴール前に走り込んだK・ボアテングがスライディングシュートで流し込み、最高の時間帯に先制点を奪った。 ▽フランクフルトの1点リードで折り返した試合は後半も拮抗した展開に。ヴェントを下げてヤンチュケをピッチに送り出し、システムをより攻撃的な[3-4-3]に変更。この交代で右ウイングバックに入ったヘアマンを起点に攻勢を仕掛けると、53分にはボックス中央のキュイサンスが枠内シュートを放つ。続く57分にはカウンターからボックス右に持ち込んだヘアマンが右足を振り抜くが、この決定的なシュートはクロスバーを掠めて枠外に外れた。 ▽その後もボルシアMGが押し込む展開が続く中、77分にはボックス内でDFチャンドラーがシュート体勢に入っていた相手を倒してしまい、ボルシアMGにPKが与えられる。しかし、キッカーのトルガン・アザールの右足シュートはクロスバーを叩き、絶好の同点機をモノにできない。 ▽相手のミスで同点を免れたフランクフルトは試合終盤に入っても劣勢を強いられるが、最後の最後に試合を決める2点目を奪う。後半アディショナルタイム2分、前がかりな相手に対してカウンターに転じて中央でDFを引きつけたバルコクがボックス左でフリーのヨビッチへパス。これをヨビッチが冷静に流し込み、途中出場の2選手の連係から貴重な追加点を奪った。そして、苦しみながらもボルシアMGとの上位対決を2-0で制したフランクフルトが5戦負けなしで暫定2位に浮上した。 2018.01.27 06:47 Sat
twitterfacebook
thumb

ボルシアMG、スイス代表DFエルベディと2021年まで契約延長

▽ボルシアMGは24日、スイス代表DFニコ・エルベディ(21)と2021年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 ▽右サイドバックとセンターバックをこなすDFのエルベディは、2015年夏にチューリッヒからボルシアMGに移籍。ボルシアMGではこれまで公式戦80試合に出場し、今季はブンデスリーガで18試合に出場して1ゴール2アシストを記録。主力として活躍している。 ▽2016年5月にデビューしたスイス代表ではこれまで4試合に出場している。 2018.01.24 23:42 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース