今週末にパトのチェルシー移籍が完了へ! コリンチャンス監督「2、3日以内にパトに関する答えを受け取ることになる」2016.01.16 15:02 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽コリンチャンスに所属するブラジル代表FWアレシャンドレ・パト(26)のチェルシー移籍が、今週末にも決定するようだ。ブラジル『globo』が15日に報じている。

▽2015シーズン、コリンチャンスからのレンタルで加入したサンパウロでトップフォームを取り戻したパトは、リバプールやチェルシー、トッテナムなどプレミアリーグのクラブへの移籍が取りざたされている。

▽さらにパトに関しては先日、中国の天津権健のオファーをコリンチャンスが受け入れたものの、欧州復帰を目指す選手が拒否したと伝えられていた。そして現在、同選手は新たなストライカーを求めるフース・ヒディンク監督率いるチェルシー移籍に迫っているようだ。

▽パトの去就に関してコリンチャンスを率いるチッチ監督は、『globo』の取材に対して、数日以内に同選手の去就が決定すると語った。

「おそらく、2、3日以内にあなた方ジャーナリストは、パトに関する答えを受け取ることになるだろう。したがって、私からの(去就に関する)返答は必要ないよ」

▽なお、パトはチェルシーに加入した場合、250万ドル(約2億9000万円)程度の年俸を受け取ることになるようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

移籍希望を認めるルカク「タイトルを獲りたい」

エバートンFWロメル・ルカク(23)が、移籍の意思を明らかにした。イギリス『デイリー・スター』が同選手のコメントを伝えている。<br><br>ルカクに対しては、古巣のチェルシーが獲得に動いている様子だ。選手本人は以前、その可能性を否定せず、「僕の中では決まっている」と話していたところである。<br><br>『デイリー・スター』に対して、ベルギー代表FWがこのように話した。<br><br>「僕は良い選択をしなければいけない。エバートンには新しい投資家がいる。僕はその話を聞かなければいけない。礼儀という意味でね。でも、自分の考えが頭にある。タイトルを獲りたいんだ。僕は良いシーズンを過ごした。だが、僕は自分の履歴書を書かなければいけないね」<br><br>ルカクは2015&minus;16シーズンのプレミアリーグで18得点を記録。チームは苦しみ11位でシーズンを終えたが、エースの存在感は際立っていた。<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.26 16:58 Thu
twitterfacebook
thumb

モウ・ユナイテッド、補強の一番手はウィリアンか?

▽ジョゼ・モウリーニョ氏の監督就任が迫っていると言われているマンチェスター・ユナイテッドが、チェルシーのブラジル代表MFウィリアン(27)に触手を伸ばしているようだ。イギリス『ザ・サン』が報じている。 ▽ユナイテッドは24日、ルイス・ファン・ハール監督の解任を発表。後任については、モウリーニョ氏の招へいが有力だと報じられており、遅くとも27日までに正式発表される見通しだと噂されている。 ▽『ザ・サン』によると、モウリーニョ氏の下で再スタートを切るユナイテッドは、補強の一番手として、同氏の愛弟子であるウィリアンの獲得に動くようだ。ウィリアンは、モウリーニョ氏がチェルシーの指揮官に復帰した2013-14シーズンにアンジ・マハチカラから加入。その後はチェルシーの主力として活躍し、2014-15シーズンにはプレミアリーグ制覇に大きく貢献し、ここまでの3シーズンで公式戦137試合19ゴールを奪っている。 ▽また、同メディアは現在ロサンゼルスに滞在中のウィリアンのコメントを掲載。自身の去就については口を閉ざすも、モウリーニョ氏への称賛を語った。 「ジョゼは世界で最も成功した指揮官の1人だ。ユナイテッドの監督就任は素晴らしいことだね。彼は偉大な指揮官であり、僕は今でも良い関係を築いている。彼とプレミアリーグを制覇できたのはキャリアの中でも最高の思い出だ」 「再び彼と仕事をするようになるかはわからない。今の僕はコパ・アメリカだけに集中している。本来ならば、コパ・アメリカに向けたインタビュー以外には応えたくないね」 2016.05.26 10:20 Thu
twitterfacebook
thumb

パトが半年でチェルシー退団? 代理人「チェルシーとコンタクトすら取っていない」

▽チェルシーに所属する元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パト(26)は、今シーズンいっぱいでクラブを退団することになるかもしれない。イギリス『ロンドン・イブニング・スタンダード』が伝えている。 ▽パトの代理人を務めるジルマール・ヴェロス氏は、来シーズンからチェルシーの指揮官に就任するアントニオ・コンテ監督から同選手に対し、残留要請がないと主張している。 「チェルシーはパト本人にも、私にも、ほかの者にも彼の将来に関する情報を話していない。そもそも、チェルシーはパトや私に対して、コンタクトすら取っていない」 ▽今年1月にコリンチャンスからの半年間のレンタル移籍でチェルシー入りしたパトだが、コンディション不良の影響で、公式戦出場が2試合にとどまった。 2016.05.26 08:10 Thu
twitterfacebook
thumb

元チェルシーのルブーフ氏、モウリーニョのマンU行きに「裏切りだが、幸運を祈る」

元チェルシーのフランク・ルブーフ氏は、ジョゼ・モウリーニョ氏がマンチェスター・ユナイテッドの指揮官に就任することを受け入れている。「裏切りだ」と冗談を飛ばしつつ、理解を示した。<br><br>ユナイテッドは23日、ルイス・ファン・ハール監督の即時退任を正式に発表した。後任は明かしていないが、モウリーニョ氏の就任は確実とみられている。<br><br>チェルシーにとって特別な指揮官であるモウリーニョ氏がユナイテッドに行くことを、ルブーフ氏はどのようにとらえているのだろうか。『GOAL』の取材に応じてくれた。<br><br>「これは裏切りだよ! 私は元チェルシーの選手で、今はクラブをサポートしている。ジョゼはユナイテッド以外のどこへでも行けたはずだ! サー・アレックス・ファーガソンとの話もあったじゃないか(笑) いやいや、これは冗談だよ」<br><br>まずジョークを飛ばしたルブーフ氏は、チェルシーにとっては残念なことだが、ユナイテッドにとってモウリーニョ氏の招へいは良いことだと述べた。<br><br>「忠誠心というイデオロギーで言えば、私は常に、あるイングランドのクラブに所属したなら、別のイングランドのクラブに行くことはできないと考えてきた。特にチェルシーのようなビッグクラブなら、ユナイテッドに行くなんてね。少しいやな気分だ。だが、彼のキャリアプランも理解できる」<br><br>「彼は自分が望むことをやれる。私は彼の幸運を祈るよ。ユナイテッドにとって良いことだ。調子を取り戻す必要のあるクラブだからね。(FA)カップは獲得したが、この3年は我々が知るユナイテッドではなかった。整えることができる監督がいるなら、それはジョゼだ。私は彼が大好きなんだよ。彼に会ったら、あそこに行くのは許さないが、とにかく幸運を祈ると伝えるよ(笑)」<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.24 11:56 Tue
twitterfacebook
thumb

ヒディンク、チェルシーに“残留" 下部組織とトップチームの架け橋に

フース・ヒディンク氏は、来シーズンもチェルシーに残る。オランダ人指揮官が、『FOXスポーツ』で明かした。<br><br>ヒディンク氏は2015-16シーズンの途中からチェルシーの監督に復帰した。シーズン終了までの復帰で、次のシーズンからはアントニオ・コンテ現イタリア代表監督の就任が決まっている。だが、監督としての役目を終えたヒディンク氏は、コンサルタントとしてこのままクラブにとどまるそうだ。<br><br>ヒディンク氏は、若手とトップチームの架け橋になりたいようで、次のように語っている。<br><br>「若手がトップチームにリンクするのは、簡単とは限らない。控えめにいかなければいけない。そうでなければ、燃え尽きてしまうこともある。私はバートランド・トラオレとルベン・ロフタス=チークを起用したが、もっと頻繁に起こる必要がある」<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.23 07:26 Mon
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース