今週末にパトのチェルシー移籍が完了へ! コリンチャンス監督「2、3日以内にパトに関する答えを受け取ることになる」2016.01.16 15:02 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽コリンチャンスに所属するブラジル代表FWアレシャンドレ・パト(26)のチェルシー移籍が、今週末にも決定するようだ。ブラジル『globo』が15日に報じている。

▽2015シーズン、コリンチャンスからのレンタルで加入したサンパウロでトップフォームを取り戻したパトは、リバプールやチェルシー、トッテナムなどプレミアリーグのクラブへの移籍が取りざたされている。

▽さらにパトに関しては先日、中国の天津権健のオファーをコリンチャンスが受け入れたものの、欧州復帰を目指す選手が拒否したと伝えられていた。そして現在、同選手は新たなストライカーを求めるフース・ヒディンク監督率いるチェルシー移籍に迫っているようだ。

▽パトの去就に関してコリンチャンスを率いるチッチ監督は、『globo』の取材に対して、数日以内に同選手の去就が決定すると語った。

「おそらく、2、3日以内にあなた方ジャーナリストは、パトに関する答えを受け取ることになるだろう。したがって、私からの(去就に関する)返答は必要ないよ」

▽なお、パトはチェルシーに加入した場合、250万ドル(約2億9000万円)程度の年俸を受け取ることになるようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

イバノビッチ、アーセナル戦の完敗でチェルシーが結束したと強調「心が一つになった」

チェルシーに所属するセルビア代表DFブラニスラフ・イバノビッチは、24日に行われたプレミアリーグ第6節のアーセナル戦に0&minus;3で完敗した原因が自分たちにあると考えている。クラブの公式HPが伝えた。<br><br>イバノビッチは負傷離脱中の主将ジョン・テリーに代わり、キャプテンマークを巻いてアーセナル戦に出場した。しかし、序盤から相手に主導権を握られると、最後まで自分たちの流れに持ち込むことができず、ライバルクラブに勝ち点3を献上してしまった。<br><br>イバノビッチはアントニオ・コンテ監督をがっかりさせてしまったと、反省の弁を述べている。<br><br>「自分たちが最初からやってきたことを信じきれず、崩壊してしまったんだ。チームとして監督が求めていたことを何もできなかった。もっと謙虚になり、小さなことに注意を払わなければならない。そして集中力、試合で持てる力をすべて発揮する必要がある」<br><br>続けて「残念な結果だし、全員が心を痛めている。でもドレッシングルームでは皆の心が一つになった。また一から積み上げ、ハードワークし、やってきたことを信じるんだ。このチームはもっと強くなれる」と前を向いた。<br><br>チェルシーは次節、10月1日にアウェイでハル・シティと対戦する。大敗から立ち直れるかどうか、チームの結束が試される一戦となりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2016.09.26 17:59 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシー指揮官コンテ、守備陣を一掃へ?

▽チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督は、現在の守備陣に満足していないようだ。イングランド代表DFギャリー・ケイヒルやセルビア代表DFブラニスラフ・イバノビッチが放出対象になっていると、イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽チェルシーは、24日に行われたプレミアリーグ第6節でアーセナルと対戦。守備陣のミスが目立ったこの試合、0-3の完敗を喫した。 ▽『メール』によれば、アーセナル戦を受けて、コンテ監督は守備陣を一掃していく準備ができている。長期離脱中のDFクルト・ズマの復帰が近づいているものの、今冬と来夏の移籍市場で守備陣のオプションを増やす必要があると考えているようだ。 ▽なお、同メディアは、具体的な補強候補として、バーンリーDFマイケル・キーン(23)とミドルズブラDFベン・ギブソン(23)の名前を挙げている。 2016.09.26 15:23 Mon
twitterfacebook
thumb

コンテ、アーセナルに完敗のチームに「紙面上では素晴らしいチームかもしれないがピッチ上では違った」

プレミアリーグ第6節でアーセナルに0-3と完敗したチェルシーのアントニオ・コンテ監督はチームに奮起を求めている。<br><br>コンテ監督は開始11分で先制点を与えたチームに「最初の1分から悪かった」と指摘。「アーセナル対チェルシーというビッグマッチなのに、これはおかしなことだ。アーセナルのような強豪相手には特に、最初の1分からだって気を抜くわけにはいかない。今日のようなことがあってはならないんだ」と強く反省を促した。<br><br>完敗の理由に「守備が良くなかった」と挙げるコンテ監督は、改善をしていかなければならないことを強調している。<br><br>「やらなければならないことは多い。今シーズンが簡単だと考える人がいるなら、我々は状況を改善するために多くのことをやらなければいけない。チームは紙面上では素晴らしいチームかもしれないが、ピッチ上では違ったと思う。ピッチ上が最も重要だし、昨シーズンのようにならないようにする必要がある」<br><br>「毎試合2失点している状況を変えなければならない。正しい答えを見つけないとね」<br><br>さらにコンテ監督は「私は選手だったし、様々な理由で良いプレーができなかったというのが起こりうることはよくわかっている。でも改善していかないとね」と話した。<br><br>提供:goal.com 2016.09.25 11:30 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:アーセナル 3-0 チェルシー《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第6節、アーセナルvsチェルシーの“ビッグロンドン・ダービー”が24日にエミレーツ・スタジアムで行われ、アーセナルが3-0で完勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽アーセナル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160925_7_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 33 チェフ 6.0 バチュアイとの一対一を制す。古巣対戦も難しい対応は少なかった DF 24 ベジェリン 6.5 2点目をアシスト。ウォルコットと共に攻撃で押し込めたことで、アザールへの対応も楽だった 20 ムスタフィ 6.5 コシエルニーと共にジエゴ・コスタをきっちり抑え込んだ。空中戦でも強さを見せた 6 コシエルニー 6.5 地上戦も空中戦でもほぼ完璧な対応を見せた 18 モンレアル 6.5 やや中に絞り過ぎるきらいがあったものの、積極的な攻撃参加を含め攻守に及第点以上 MF 14 ウォルコット 6.5 2点目を記録。持ち味のスピードを攻撃だけでなく守備の局面でも発揮 34 コクラン 5.5 球際で奮闘も前半途中に足を痛めて負傷交代 (→ジャカ 5.5) 攻守に軽率なプレーもあったが、上々のダービーデビュー 11 エジル 7.0 豪快な持ち上がりから見事なボレーを決め、ダメ押しの3点目を奪取。動きの質、量ともに目立っていた 19 カソルラ 6.5 シンプルな繋ぎで攻撃にリズムを付けた 17 イウォビ 6.0 2点目の起点になるなど、要所でチャンスに顔を出した (→ギブス 5.5) 与えられた守備的なタスクを完遂 FW 7 サンチェス 7.0 1ゴール1アシストの活躍でダービー勝利に貢献。常に相手の脅威となった (→ジルー -) 監督 ヴェンゲル 6.5 苦手チェルシーとのダービーで久々の完勝 ▽チェルシー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160925_6_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 クルトワ 5.5 後半のウォルコットの決定機を阻止するなど、低調な守備陣を鼓舞した DF 2 イバノビッチ 5.0 粘り強いシュートブロックもあったが、3失点目の場面での緩慢な戻りは許されない 24 ケイヒル 4.0 先制点に繫がるミスなど、低調なプレーに終始。間違いなく戦犯の1人 30 D・ルイス 5.0 難しい対応を強いられた中、判断の悪さが目立ってしまった 28 アスピリクエタ 5.5 3日前に120分間プレーし、その中で快速コンビとのマッチアップはさすがにしんどかった MF 22 ウィリアン 5.0 前半の絶好機を逸するなど、自信に欠けるプレーが目立った (→ペドロ 5.0) 絶好機で同胞ベジェリンのスピードに屈す 4 セスク 5.0 古巣対戦も直近のレスター戦とは打って変わって、低調な出来 (→マルコス・アロンソ 5.0) チェルシーでリーグ戦デビューも目立った活躍は見せられず 7 カンテ 5.5 3失点目で簡単に入れ替わられるミスもあったが、試合を通しては及第点の出来 21 マティッチ 5.5 周りの動き出しが少なくビルドアップで苦戦。それでも、要所で奮闘した 10 アザール 5.0 前半に幾度か見せ場を作ったが、エースとしてもの足りない出来 (→バチュアイ 5.0) チェフとの一対一は決めなければいけなかった FW 19 ジエゴ・コスタ 5.0 相手センターバックコンビに完全に抑え込まれた 監督 コンテ 4.5 個人的なミスが結果に直結したものの、レスター戦から中2日での戦いだっただけに、ゲームマネジメントの部分で幾つか疑問を感じる部分があった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! サンチェス(アーセナル) ▽チームとして圧倒した試合だったが、エジルと共にフィニッシュの局面で絶大な存在感。1トップでのプレーもだいぶ、板についてきている。 アーセナル 3-0 チェルシー 【アーセナル】 サンチェス(前11) ウォルコット(前14) エジル(前40) 2016.09.25 03:33 Sun
twitterfacebook
thumb

サンチェス1G1Aのアーセナルが低調チェルシー相手にダービー完勝! リーグ4連勝を飾る《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第6節、アーセナルvsチェルシーの“ビッグロンドン・ダービー”が24日にエミレーツ・スタジアムで行われ、アーセナルが3-0で完勝した。 ▽勝ち点10で4位のアーセナルは、前節のハル・シティ戦を4-1で快勝。さらに、火曜日のEFLカップでもノッティンガム・フォレストを4-0で一蹴した。開幕節でリバプールに敗れて以降は4勝2分けの成績で、チームのムードは良い。来週ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)を控えるアーセナルだが、格下とのバーゼルが相手ということもあり、サンチェスやコシエルニー、カソルラ、エジルなど現状のベストメンバーで臨んだ。 ▽一方、前節のリバプール戦を落とした5位のチェルシーだが、火曜日のレスター・シティ戦を延長戦の末に4-2で勝利。コンテ監督はこのダービーに向けて、レスター戦から先発6人を変更。イバノビッチやセスク、ジエゴ・コスタ、カンテらが復帰した一方、レスター戦で2ゴールのセスクが抜擢された。 ▽立ち上がりからややアーセナルペースで試合が進んでいく中、開始4分にカソルラがミドルシュートを狙うが、これはGKクルトワに阻まれる。それでも、攻守の切り替えで上回り始めたホームチームが、相手のミスから早々にゴールを奪う。 ▽11分、味方からバックパスを呼び込んだケイヒルが相手の寄せに焦ったのか、キックをしくじる。これを奪ったサンチェスがそのままボックス内に持ち込んでGKとの一対一を制した。この先制点で勢い付くアーセナルは、14分にもボックス手前でエジルとのパス交換からイウォビが右サイドに走り込むベジェリンにスルーパス。ベジェリンのワンタッチの折り返しを、ゴール前でフリーのウォルコットが難なく流し込んだ。 ▽ケイヒルの痛恨のミスに続き守備陣の緩い対応から連続失点したチェルシーは、すぐさま反撃を開始。20分過ぎから自分たちの時間を増やし始めると、21分にはアザール、ジエゴ・コスタの連係から、最後はボックス右のウィリアンがシュートもわずかに枠の左に外れた。 ▽余裕の試合運びが続く中、30分過ぎにアーセナルにアクシデント。足を痛めたコクランが自ら交代を要求し、公式戦2連発中のジャカが投入された。このアクシデントにも動揺を見せず、主導権を握り続けるホームチームは40分、自陣深くからロングカウンターを発動。カンテとうまく入れ替わったエジルが相手陣内を独走し、サンチェスと相手センターバックの間での2対2の関係から、ボックス右でサンチェスの上げたクロスをエジルが左足ダイレクトボレーで流し込んだ。 ▽攻守ともに低調な内容で前半を終えたチェルシーだが、ハーフタイムで大きな変更を行うことなく後半45分間の戦いに臨んだ。対するアーセナルは前半同様に集中力を保って試合を進めていく。 ▽後半も攻め手を見いだせないチェルシーのコンテ監督は55分にセスクを下げて、これがチェルシーでのプレミアデビューのマルコス・アロンソを投入。この交代で最終ラインをイバノビッチ、ケイヒル、D・ルイスの3人で構成し、左右のウイングバックにアスピリクエタとマルコス・アロンソが入る[3-4-3]の布陣に変更した。 ▽この交代で試合に動きが出てきたものの、相変わらずチャンスの数ではアーセナルが勝る。アジリティに難のある3バックとウイングバックの間のスペースを起点にウォルコットらに決定機が生まれるが、GKクルトワの好守に阻まれる。 ▽一方、71分にアザールとウィリアンの両翼を下げてペドロとバチュアイを投入して勝負に出たチェルシーは、73分にペドロが裏に抜け出すも、ここはDFベジェリンの驚異的なカバーリングに阻まれる。さらに84分には絶好のゴールチャンス。D・ルイスのロングスルーパスに抜け出したバチュアイがボックス内でGKとの一対一を迎えるが、ここはGKチェフのビッグセーブに阻まれた。 ▽試合終盤にかけてギブス、ジルーを投入し、完全に逃げ切り態勢に入ったアーセナルは、最後まで盤石の試合運びで3-0の完勝。今季最初のビッグロンドン・ダービーを制したアーセナルが、リーグ戦4連勝を飾った。一方、良いところなく敗れたチェルシーは、今季初の連敗となった。 2016.09.25 03:32 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース