群馬を退団したDF小林亮が11年の現役生活にピリオド…柏、大分、山形でもプレー2016.01.12 15:20 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽群馬は12日、昨シーズン限りで契約満了となっていたDF小林亮(33)が現役を引退することを発表した。また、今シーズンから町田のトップチームコーチへ就任することも発表してる。

▽小林は武南高から駒澤大を経て2005年に柏へ加入。2008年には大分、2009年には山形へ移籍し、昨シーズン群馬へと加入していた。昨シーズンはJ2で33試合に出場。通算成績はJ1で113試合2得点、J2で137試合6得点、ナビスコカップで22試合1得点、天皇杯で17試合出場だった。小林は群馬を通じて、引退のコメントを残している。

「私、小林亮は2015シーズンをもちまして現役を引退することを決断致しました。決して順風満帆なプロ生活ではありませんでしたが、多くの方々の支えがあり11年間プロサッカー選手として続ける事が出来ました」

「プロ生活をスタートした柏レイソルでは3年間プレーし、昇格と降格の両方を経験しました。色々な事がありましたがレイソルでプレー出来た事は自分にとって大きな財産となりました。そしてゴール裏!罵声を浴びせられた事は数知れず(笑)でも試合を通して選手の事を後押ししてくれるサポーターは最高でした」

「初めての移籍だった大分トリニータではナビスコカップで優勝する事ができました。シャムスカ体制の下、チームのまとまり、同じ方向を向いている時の強さをあの時ほど感じたことはありません。1年間でしたが素晴らしい時間でしたし、愛らしいニータンの事は忘れません!」

「モンテディオ山形ではプロ生活で最も長い6年間を過ごしました。二度の前十字靭帯断裂がありましたが、山形の皆様のあたたかい言葉に何度救われ、そしてまた頑張ろうという気持ちになれたことか。復帰した時にしてもらったコバリョーコール。心の底からピッチに戻れる喜びを感じました」

「最後にプレーしたザスパクサツ群馬。厳しい環境の下、選手達が真摯にトレーニングに取り組む姿に胸を打たれ、自分もここで頑張るんだと誓ったシーズン当初。1シーズンを通してフル稼働出来た喜びと共にチャンスを与えていただいたザスパには感謝しかありません」

「私は2015シーズンをもって現役を引退しますが、今までの経験を活かして次のステージに進みたいと思っていますし、違った形ではありますが今までお世話になった方々に少しずつ恩返しが出来ればと考えています」

「最後になりますが、今まで小林亮を支えてくれた全ての方々、そして自分の事を影で支えてくれた家族と妻に感謝申し上げます。本当にありがとうございました。またスタジアムでお会いしましょう!」

コメント

関連ニュース

thumb

清水の攻撃陣が爆発!! 今季最多の8発快勝!!《J2》

▽28日に、IAIスタジアム日本平で明治安田生命J2リーグ第15節の清水エスパルスvsザスパクサツ群馬が行われ、8-0で清水が勝利した。 ▽前節、東京ヴェルディとのオリジナル10対決に敗れて10位に後退した清水(勝ち点19)が、徳島ヴォルティス戦に引き分けた19位の群馬(勝ち点12)をホームに迎えた。試合は開始早々の3分に動きを見せる。川口のロングボールに抜け出した鄭大世が、ボックス右から折り返しのボールを入れると、これを白崎がコースを狙ってシュートを沈める。白崎の2戦連発弾で清水が先手を取った。 <div id="ad"></div> ▽その後も清水が優位に試合を進めると、15分には右CKのチャンスからニアサイドの鄭大世 がヘディングシュートを叩き込む。17分には左サイドからのクロスを鄭大世が落とし、最後は大前が冷静にネットを揺らし、あっという間に3点差とした。 ▽さらに40分には白崎、大前とつなぎ、最後は村田がラストパスをダイレクトで蹴り込んで4点目。前半は清水のゴールラッシュとなった。 ▽追いかける草津はハーフタイムで小林を下げて小牟田を投入する。しかし清水の勢いは衰えることなく、群馬陣内で次々とチャンスを作っていった。すると55分には鄭大世、さらに 57分には大前が2点目を奪いスコアは6-0となる。 ▽清水は大前や鄭大世を下げて石毛や北川など若い選手を投入する。それでも勢いは止まらず79分には村田、82分にはその村田に代わって投入された金子がネットを揺らす。一矢報いたい群馬だったが、最後まで効果的な攻撃を見せることができず。清水が今季最多となる8発で快勝した。 2016.05.28 15:58 Sat
twitterfacebook
thumb

徳島vs群馬は1-1の痛み分け…共に今季初の連勝ならず《J2》

▽22日に大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムで行われた明治安田生命J2リーグ第14節の徳島ヴォルティスvsザスパクサツ群馬は、1-1のドローで終えた。 ▽14位の徳島と18位の群馬が相まみえた。序盤から拮抗した展開が進んだ試合は41分、徳島にチャンス。左CKのチャンスから木村が右足でクロスを供給すると、相手に競り勝った石井が頭で合わせた。 ▽その先制点を守り抜き、後半を迎えた徳島だが、51分に群馬も反撃。敵陣中央の瀬川がスルーパスを供給すると、それに反応した高橋が裏へ抜け出してシュートを放つ。これがゴールネットを揺らした。 ▽その後も局面で激しい攻防が繰り広げられた試合は、1-1で終了のホイッスル。両者ともに勝ち点1ずつを分け合う結果に終わり、共に今シーズン初の連勝をとはならなかった。 2016.05.22 15:05 Sun
twitterfacebook
thumb

群馬、鳥栖からFW平秀斗が育成型期限付き移籍で加入

▽J2のザスパクサツ群馬は20日、J1のサガン鳥栖からFW平秀斗(21)が育成型期限付き移籍で加入したことを発表した。契約期間は2016年5月23日~2017年1月31日までとなっている。 ▽2013年に佐賀東高から鳥栖に加入した平は、J1リーグでの出場機会はないものの、カップ戦5試合に出場していた。 ▽平は加入先の群馬の公式サイトで「ザスパクサツ群馬に関わる全ての方々、はじめまして、期限付き移籍でサガン鳥栖から来ました平秀斗です。チームのために、結果だけにこだわって全力で戦います。ファン・サポーターの皆さま、応援よろしくお願いします」と意気込みを語った。 ▽一方、レンタル元の鳥栖の公式サイトでは「高校を卒業して、プロ1年目で加入してお世話になったこのサガン鳥栖で、結果を残せずに新天地へいくのは悔しい思いもありますが、ザスパクサツ群馬で結果を残せるように、そして、もっと上にいけるようにしっかり頑張ってきます。ファン、サポーターの皆さま、今まで応援して頂きありがとうございました」とコメントしている。 2016.05.20 17:07 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FC撃破の群馬がリーグ戦11試合ぶりの白星 カズ出場機会なし《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第13節のザスパクサツ群馬vs横浜FCが15日に正田醤油スタジアム群馬で行われ、3-1で群馬が勝利した。 ▽ここまで2勝2分け8敗で20位に低迷する群馬と、同5勝2分け4敗で9位に位置する横浜FCが相まみえた。先にゴールへ近づいたのは横浜FC。18分、ミドルレンジからイバが放った強烈なミドルシュートが枠を捉えたが、コースが甘くGK清水に弾かれる。さらに横浜FCは26分、右CKに頭で合わせたイバのシュートが、わずかに枠の左へ外れる。 ▽すると、群馬がセットプレーから少ないチャンスを生かす。36分、高瀬が蹴った左CKに合わせた坪内がヘディングシュートを決めて、群馬がリードを手にした。 ▽迎えた後半、群馬は56分に追加点を奪う。左サイドの高瀬が入れたクロスに正面で瀬川が合わせる。鋭いシュートではなかったが、横浜FCのGK渋谷がこれをこぼすと、ルーズボールを山岸が押し込み、スコアを2-0とした。 ▽さらに群馬は66分、山岸が横浜FCのDF西河に倒されてPKを獲得。これを松下が冷静に沈めて、試合を楽にする3点を得る。 ▽その後、途中出場の大久保にPKで1点を返された群馬だが、そのまま2点差を保って逃げ切り。群馬が第2節以来となるリーグ戦11試合ぶりの白星を手にした。 2016.05.15 18:12 Sun
twitterfacebook
thumb

前半3ゴールの山形が群馬に完勝!!《J2》

▽7日にNDソフトスタジアム山形で、明治安田生命J2リーグ第12節のモンテディオ山形vsザスパクサツ群馬が行われ、3-1で山形が勝利した。 ▽10試合消化し勝ち点9で18位の山形が、11試合消化で勝ち点8の群馬をホームに迎えた一戦。ゴールデンウィーク連戦最後となる一戦は、序盤から山形が主導権を握る。すると29分に、相手陣内でパスを繋ぎながら最後は林が巧みな反転でマーカーを外して右足でシュートを叩き込み、山形が勢いのままに先制する。 ▽さらに31分には、汰木のラストパスからボックス内でフリーとなった伊東がゴールネットを揺らし、山形が2点のリードを得る。43分にはカウンターからディエゴにも得点が生まれ、山形が3点差として前半を終えた。 ▽迎えた後半は群馬が常盤と青木を下げて永井と中村を投入して3点差を追いかける。しかし山形有利の展開は変わらずに63分にはカウンターで抜け出した汰木がシュートに持ち込む。これはGK清水が顔面で防ぐが、その後も群馬は防戦の時間が続く。 ▽しかし群馬は80分、永藤がボックス右から意表をついて右足のアウトサイドでクロスを上げると、これを中村が頭で合わせて一矢報いる。しかし試合の大勢は変わらずにそのまま終了を迎え、山形がゴールデンウィーク最後の一戦を白星で飾った。 2016.05.07 17:58 Sat
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース