群馬を退団したDF小林亮が11年の現役生活にピリオド…柏、大分、山形でもプレー2016.01.12 15:20 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽群馬は12日、昨シーズン限りで契約満了となっていたDF小林亮(33)が現役を引退することを発表した。また、今シーズンから町田のトップチームコーチへ就任することも発表してる。

▽小林は武南高から駒澤大を経て2005年に柏へ加入。2008年には大分、2009年には山形へ移籍し、昨シーズン群馬へと加入していた。昨シーズンはJ2で33試合に出場。通算成績はJ1で113試合2得点、J2で137試合6得点、ナビスコカップで22試合1得点、天皇杯で17試合出場だった。小林は群馬を通じて、引退のコメントを残している。

「私、小林亮は2015シーズンをもちまして現役を引退することを決断致しました。決して順風満帆なプロ生活ではありませんでしたが、多くの方々の支えがあり11年間プロサッカー選手として続ける事が出来ました」

「プロ生活をスタートした柏レイソルでは3年間プレーし、昇格と降格の両方を経験しました。色々な事がありましたがレイソルでプレー出来た事は自分にとって大きな財産となりました。そしてゴール裏!罵声を浴びせられた事は数知れず(笑)でも試合を通して選手の事を後押ししてくれるサポーターは最高でした」

「初めての移籍だった大分トリニータではナビスコカップで優勝する事ができました。シャムスカ体制の下、チームのまとまり、同じ方向を向いている時の強さをあの時ほど感じたことはありません。1年間でしたが素晴らしい時間でしたし、愛らしいニータンの事は忘れません!」

「モンテディオ山形ではプロ生活で最も長い6年間を過ごしました。二度の前十字靭帯断裂がありましたが、山形の皆様のあたたかい言葉に何度救われ、そしてまた頑張ろうという気持ちになれたことか。復帰した時にしてもらったコバリョーコール。心の底からピッチに戻れる喜びを感じました」

「最後にプレーしたザスパクサツ群馬。厳しい環境の下、選手達が真摯にトレーニングに取り組む姿に胸を打たれ、自分もここで頑張るんだと誓ったシーズン当初。1シーズンを通してフル稼働出来た喜びと共にチャンスを与えていただいたザスパには感謝しかありません」

「私は2015シーズンをもって現役を引退しますが、今までの経験を活かして次のステージに進みたいと思っていますし、違った形ではありますが今までお世話になった方々に少しずつ恩返しが出来ればと考えています」

「最後になりますが、今まで小林亮を支えてくれた全ての方々、そして自分の事を影で支えてくれた家族と妻に感謝申し上げます。本当にありがとうございました。またスタジアムでお会いしましょう!」

コメント

関連ニュース

thumb

群馬、ブラジル人FWルーカス・ガウショを完全移籍で獲得 かつてエスパニョールでもプレー

▽ザスパクサツ群馬は27日、リトアニアのFKジャルギリスからブラジル人FWルーカス・ガウショ(25)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は9番をつける。 ▽ルーカス・ガウショは、インテルナシオナウでプロキャリアをスタートさせると、サンパウロやポルトゲーザなどブラジルの複数クラブでプレー。2012年には、スペインのエスパニョールに加入した。 ▽その後、タイのBECテロ・サーサナFCや、ベトナムのハイ・フォンFC、オマーンのアル・シャバブFCに在籍したルーカス・ガウショは、2015年から今年までFKジャルギリスでプレーしていた。 ▽新たなプレー先として日本を選択したU-20ブラジル代表歴のあるルーカス・ガウショは、群馬の公式サイトで以下のようにコメントを残している。 「はじめまして、ルーカス・ガウショです。ザスパクサツ群馬の勝利のために精一杯頑張りますので、応援よろしくお願いいたします。サポーターの皆さんの期待に応えられるように頑張ります!」 2016.07.27 17:05 Wed
twitterfacebook
thumb

10人の東京Vに逆転勝ちの群馬が8戦ぶり勝利で最下位脱出《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第25節の東京ヴェルディvsザスパクサツ群馬が、24日に味の素スタジアムで行われ、アウェイの群馬が2-1で逆転勝利した。 ▽前節、清水エスパルスを相手に今シーズンのアウェイ初勝利を手にした17位の東京Vと、7戦勝利なしで最下位に沈む群馬の下位対決。3試合ぶりのホームゲームとなる東京Vは、前節から先発1人を変更。安西に代わって二川が先発に復帰し、3バックを採用した前節から本来の[4-2-3-1]に戻した。一方、ギラヴァンツ北九州相手に土壇場で引き分けた群馬は、同じ11人でこの試合に臨んだ。 ▽互いに集中した入りを見せた中、開始5分に群馬に決定機。DFイム・ユファンのトラップミスを突いた中村がボールを奪い、ボックス左に走り込む高橋にスルーパス。だが、ここはGK鈴木のビッグセーブに阻まれた。 ▽時間の経過とともに落ち着きを取り戻したホームチームは、13分にセットプレーの流れから澤井が際どいミドルシュートを放つが、ここはGKの好守に遭う。さらにこぼれ球を高木大が押し込むが、わずかにオフサイドラインを越えていた。 ▽拮抗した展開が続く中、24分にアクシデント発生。イム・ユファンが相手へのアフターチャージで2枚目のカードをもらい、退場処分に。これを受けて冨樫監督は28分に高木大を下げて安西を右サイドバックに投入し、田村がセンターバックにスライド。二川を最前線に入れた[4-4-1]に布陣を変更した。だが、30分過ぎに中後が顔面から流血するアクシデントも重なり、苦しい展開が続く。 ▽数的優位を生かして前半半ばから攻勢を続ける群馬は、サイドを起点に幾度かチャンスを演出するが、瀬川や高橋が仕留めきれない。この流れを受けて群馬ベンチは、後半頭に小林、53分に船津をピッチに送り出した。59分には左サイドからのクロスに瀬川が飛び込むが、このワンタッチシュートはGK鈴木に阻まれた。 ▽後半開始直後に澤井に決定機が訪れて以降、守勢が続く東京Vは、60分付近に高木善と二川を最前線に並べる[3-4-2]に布陣を変更。徐々に反撃に転じると、66分に先制点を奪う。GKとDFの連係ミスから相手陣内左サイドでボールを拾った高木善が、巧みな反転から無人のゴールへロングシュートを突き刺した。 ▽10人の相手に先制を許した群馬だが、すぐさま反撃に転じると、失点から2分後の68分にボックス左で仕掛けた高瀬がゴール右隅にシュートを流し込み、同点に追いつく。さらに勢いづくアウェイチームは77分、高い位置でボールを奪った瀬川のスルーパスに抜け出した山岸がGKをかわして無人のゴールへシュートを流し込んだ。 ▽ホームで負けられない東京Vは82分に高木善、安西を下げて杉本とアラン・ピニェイロを同時投入。だが、最後まで群馬の集中した守備を崩し切れず、試合はタイムアップ。山岸の2試合連続ゴールで逆転勝利の群馬が、リーグ8試合ぶりの勝利で20位に浮上し、最下位を脱出した。一方、数的不利が響いて逆転負けの東京Vは、今季初の連勝を逃した。 2016.07.24 20:05 Sun
twitterfacebook
thumb

群馬vs北九州の下位対決は壮絶ドロー 群馬は2点差追いつくも最下位転落…《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第24節のザスパクサツ群馬vsギラヴァンツ北九州が、20日に正田醤油スタジアム群馬で行われ、2-2の引き分けに終わった。 ▽6戦未勝利で21位の群馬と、2連敗で20位の北九州による下位対決。互いに勝ち点3が必要な中、前半序盤はホームの群馬が押し気味に試合を進めていくが、フィニッシュの精度を欠き、なかなか決定機を作れない。 ▽すると、やや劣勢が続いた北九州がPKから先制点をもぎとる。34分、セットプレーの競り合いの場面で得たPKをキッカーの池元が冷静にゴール左隅へ流し込んだ。 ▽北九州の1点リードで迎えた後半も、拮抗した展開が続く。互いに幾度かチャンスになりかかる場面はあるものの、プレー精度を欠きなかなかこう着状態を脱せない。 ▽その後、互いに交代カードで流れを変えようと試みる中、85分に北九州が2点目を奪う。ボックス中央でパスを受けた途中出場の川島が冷静に左へ持ち出してDFをかわし、強烈なシュートを叩き込んだ。 ▽これで勝負有りかに思われたが、群馬が意地を見せる。87分にゴール前の混戦から山岸のゴールで1点を返すと、92分には再びゴール前での混戦からマテウスのシュートのこぼれ球を、小林が見事なジャンピングボレーで流し込み、土壇場で追いついた。結局、試合は2-2のままタイムアップを迎え、群馬と北九州の下位対決は痛み分けのドロー。2点差を追いついた群馬だったが、同時刻に行われた試合で最下位の金沢が勝利したため、最下位転落となった。 2016.07.20 22:36 Wed
twitterfacebook
thumb

群馬、提携先のtonan前橋からGK朴昇利、FW福島遼の2選手が復帰

▽J2のザスパクサツ群馬は19日、関東リーグ1部のtonan前橋からGK朴昇利(23)、FW福島遼(23)の2選手が加入したことを発表した。背番号は朴が23、福島が35に決定している。 ▽2選手は今年3月に出場機会確保を目的にtonan前橋に移籍し、約4カ月ぶりに群馬に復帰することになった。 2016.07.19 18:50 Tue
twitterfacebook
thumb

清原&杉本弾で群馬を下したC大阪が直近7試合で6勝目《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第23節のザスパクサツ群馬vsセレッソ大阪が16日に正田醤油スタジアム群馬で行われ、0-2でC大阪が勝利した。 ▽21位に低迷している群馬と、首位のコンサドーレ札幌から2ポイント差の3位に位置するC大阪が相まみえた。試合は、早々の3分にC大阪が動かす。丸橋の左CKをニアの杉本がそらすと、最後は正面で競り合いながら清原が飛び込んで先制点を生み出した。 ▽ハーフタイムにかけてもC大阪が押し気味に試合を進めたが、ゴール前での丸岡やリカルド・サントスの決定的なシュートを決めきれず、1-0のまま折り返す。 ▽迎えた後半もC大阪ペースが続く。すると61分、カウンターの流れからボックス右のリカルド・サントスがラストパス。ファーサイドの杉本がボレーで合わせたシュートが右ポストの内側に当たり、ゴールに吸い込まれた。 ▽その後、無失点で試合を終えたC大阪は直近の7試合で6勝目となる白星を手にした。一方の群馬は6戦未勝利となっている。 2016.07.16 20:16 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース