群馬を退団したDF小林亮が11年の現役生活にピリオド…柏、大分、山形でもプレー2016.01.12 15:20 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽群馬は12日、昨シーズン限りで契約満了となっていたDF小林亮(33)が現役を引退することを発表した。また、今シーズンから町田のトップチームコーチへ就任することも発表してる。

▽小林は武南高から駒澤大を経て2005年に柏へ加入。2008年には大分、2009年には山形へ移籍し、昨シーズン群馬へと加入していた。昨シーズンはJ2で33試合に出場。通算成績はJ1で113試合2得点、J2で137試合6得点、ナビスコカップで22試合1得点、天皇杯で17試合出場だった。小林は群馬を通じて、引退のコメントを残している。

「私、小林亮は2015シーズンをもちまして現役を引退することを決断致しました。決して順風満帆なプロ生活ではありませんでしたが、多くの方々の支えがあり11年間プロサッカー選手として続ける事が出来ました」

「プロ生活をスタートした柏レイソルでは3年間プレーし、昇格と降格の両方を経験しました。色々な事がありましたがレイソルでプレー出来た事は自分にとって大きな財産となりました。そしてゴール裏!罵声を浴びせられた事は数知れず(笑)でも試合を通して選手の事を後押ししてくれるサポーターは最高でした」

「初めての移籍だった大分トリニータではナビスコカップで優勝する事ができました。シャムスカ体制の下、チームのまとまり、同じ方向を向いている時の強さをあの時ほど感じたことはありません。1年間でしたが素晴らしい時間でしたし、愛らしいニータンの事は忘れません!」

「モンテディオ山形ではプロ生活で最も長い6年間を過ごしました。二度の前十字靭帯断裂がありましたが、山形の皆様のあたたかい言葉に何度救われ、そしてまた頑張ろうという気持ちになれたことか。復帰した時にしてもらったコバリョーコール。心の底からピッチに戻れる喜びを感じました」

「最後にプレーしたザスパクサツ群馬。厳しい環境の下、選手達が真摯にトレーニングに取り組む姿に胸を打たれ、自分もここで頑張るんだと誓ったシーズン当初。1シーズンを通してフル稼働出来た喜びと共にチャンスを与えていただいたザスパには感謝しかありません」

「私は2015シーズンをもって現役を引退しますが、今までの経験を活かして次のステージに進みたいと思っていますし、違った形ではありますが今までお世話になった方々に少しずつ恩返しが出来ればと考えています」

「最後になりますが、今まで小林亮を支えてくれた全ての方々、そして自分の事を影で支えてくれた家族と妻に感謝申し上げます。本当にありがとうございました。またスタジアムでお会いしましょう!」

コメント

関連ニュース

thumb

李漢宰のゴールを守り切った町田が群馬を撃破! 今季初勝利を飾る《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第4節のザスパクサツ群馬vsFC町田ゼルビアが19日に正田醤油スタジアム群馬で行われ、1-0で町田が勝利した。 ▽3敗で最下位に沈んでいる群馬と1敗2分で17位につける町田が激突した。試合は互いにゴールに迫るも、シュートチャンスを作ることができない低調な立ち上がりとなった。すると町田は15分、深津の落としから谷澤がボックス手前からミドルシュートを放つも、枠を捉えることができない。 ▽その後もシンプルに群馬ゴールに迫る町田は22分、自陣からのロングボールをボックス手前で中島が競ると、戸島がセカンドボールにダイレクトで右足を合わせる。しかし、これはわずかにゴール左に外れる。 ▽ここまで攻め込まれていた群馬が相手のミスからチャンスを迎える。27分、バックパスを受けた高原がクリアしようとすると、岡田に当たる。ボールがゴール前の高井の方向に跳ね返るも、トラップミスでチャンスを不意にしてしまう。 ▽すると、難を逃れた町田が決定機を迎える。37分、谷澤が中盤でボールを奪うとカウンターを発動。谷澤がボックス左にラストパスを送ると、土岐田が中央に折り返す。これを重松が押し込み、ネットを揺らすも、オフサイドの判定が下される。 ▽ゴールレスのまま後半に入ると、町田が攻勢を強める。53分、敵陣深く左からのスローインをボックス左で受けた中島がワントラップしてシュート。しかし、枠を捉えることができない。 ▽すると迎えた64分、右サイドを駆け上がった李漢宰がクロスを供給すると、ゴールの方向へ。これがクロスバーに直撃し、GK清水の足に当たってゴールに吸い込まれた。 ▽ようやく先制点を奪った町田は、群馬を畳みかける。75分、敵陣中央から松本が左足を振り抜くと、ボールはDFに跳ね返り、ゴール前へと転がる。これに反応した重松が中島が右足で押し込むも、枠を捉えることができない。 ▽終盤、群馬が反撃を仕掛けるも、町田の粘り強いディフェンスに崩すには至らず、試合終了。李漢宰の得点を守り切り、町田が初勝利を飾った。 2017.03.19 18:11 Sun
twitterfacebook
thumb

カズが50歳でゴール! 自身のJリーグ最年長ゴール記録を更新!

▽12日、明治安田生命J2リーグ第3節の横浜FCvsザスパクサツ群馬が行われ、横浜FCのFW三浦知良が Jリーグ最年長ゴール記録を更新した。 ▽開幕から2試合連続で先発出場を果たした三浦は、この試合でも先発メンバーに名を連ね、FWイバと2トップを組んだ。 ▽試合は0-0で推移すると迎えた40分、左サイドから田所がクロスを入れると、ボックス中央でイバがボレーシュート。これは群馬GK清水がセーブするも、こぼれ球に反応した三浦がネットを揺らし、横浜FCが先制。三浦は自身の最年長得点記録を50歳と14日に伸ばした。 2017.03.12 15:58 Sun
twitterfacebook
thumb

群馬が韓国人DFチェ・ジュンギの加入を発表…U-12からU-18まで韓国代表を経験

▽ザスパクサツ群馬は10日、延世大学の韓国人DFチェ・ジュンギ(22)の加入を発表した。背番号は「36」。 ▽チェ・ジュンギュは、蔚山現代のジュニアユース出身。U-12からU-18まで韓国代表を経験しており、2015年、2016年には韓国大学選抜として日韓デンソーカップに出場していた。チェ・ジュンギュはクラブを通じてコメントしている。 「はじめまして、チェ・ジュンギです。今回、ザスパクサツ群馬に加入することになって大変うれしいです。1日でも早くチームの役に立ち、勝利に貢献できるよう、精一杯頑張ります。応援よろしくお願いします」 2017.03.10 18:14 Fri
twitterfacebook
thumb

群馬、MF横山翔平のクロアチア4部クラブ移籍を発表…昨季は町田に期限付き移籍

▽ザスパクサツ群馬は9日、MF横山翔平(23)がクロアチア4部リーグのNKメディムレクに移籍することを発表した。 ▽群馬県出身の横山は2012年に前橋育英高校から群馬に入団。2016シーズンは期限付き移籍でFC町田ゼルビアに所属していた。 ▽海外移籍することになった横山はクラブの公式サイトを通じて、以下のようにコメントしている。 ◆ザスパクサツ群馬 「ザスパクサツ群馬のサポーターの皆さん、関係者の皆さん、お久しぶりです。この度、クロアチアのチームに移籍することになりました。ザスパとゼルビアで培ったこれまでの経験を活かして、海外で一生懸命頑張ってきます!これからも、僕のことを応援してもらえたら嬉しいです。そして、ザスパクサツ群馬、FC町田ゼルビアの、今後の発展を願っています!」 ◆FC町田ゼルビア 「皆さん、お久しぶりです。昨シーズンは、ファン・サポーター、パートナー企業の皆様に大変お世話になりました。今回、クロアチアリーグに挑戦することになりました。ザスパとゼルビアで培った経験を活かして、海外で一生懸命頑張ってきます! これからも、応援してもらえたら嬉しいです。そして、ザスパクサツ群馬、FC町田ゼルビアの今後の発展を願っています」 2017.03.09 17:55 Thu
twitterfacebook
thumb

新星DF杉岡プロ初ゴールに高山2発の湘南が開幕2連勝! 群馬はルーキーMF高井初ゴールも連敗…《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第2節の湘南ベルマーレvsザスパクサツ群馬が4日にShonan BMWスタジアム平塚で行われ、ホームの湘南が3-1で勝利した。 ▽水戸ホーリーホックとの開幕戦を勝利した湘南が、開幕戦でV・ファーレン長崎に大敗した群馬をホームに迎えた一戦。立ち上がりから主導権を握って相手を押し込む湘南は、前節プロ初出場を飾った新星DF杉岡がいきなり魅せる。11分、左サイドで仕掛けた杉岡はボックス内でカットされたボールを奪い返し、巧みなタッチでゴール前に抜け出すと、角度のないところから左足のシュートをゴール右隅に流し込み、圧巻のプロ初ゴールを記録した。 ▽18歳DFの先制弾で勢い付く湘南は、その後も畳みかける攻めを見せるが、シュートがクロスバーを叩くなど、前半のうちに追加点を奪えない。それでも、高井や松下のシュートをGK秋元が冷静にセーブし、1点リードで試合を折り返した。 ▽すると迎えた後半の49分、ボックスギリギリの位置で松下に足を刈られた高山がPKを獲得。これを高山自ら冷静に右隅へ流し込み、後半開始早々に追加点を奪った。 ▽一方、2試合連続大敗の空気が漂い始めた群馬だったが、江坂、瀬川とかつての若きエースが背負った“26番”を今季背負う大卒ルーキーMF高井が魅せる。55分、ボックス内で岡庭のシュートのこぼれを拾った高井は冷静な持ち運びでDFとGKをかわし、ゴール右上隅に豪快なシュートを突き刺した。 ▽高井のプロ初ゴールでここから群馬が息を吹き返していくが、勝負の際を知り抜く湘南のキャプテンが流れを渡さない。73分、自陣から圧巻の走力でゴール前に攻め上がった高山が菊池俊のスルーパスに抜け出し、冷静にGKとの一対一を制した。 ▽この3点目で勝負を決めた湘南が最後まで危なげない試合運びで逃げ切り、3-1で勝利。1年でのJ1復帰に向けて開幕連勝スタートを切った。一方、敗れた群馬は2戦連続の複数失点で連敗となった。 2017.03.04 19:04 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース