群馬を退団したDF小林亮が11年の現役生活にピリオド…柏、大分、山形でもプレー2016.01.12 15:20 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽群馬は12日、昨シーズン限りで契約満了となっていたDF小林亮(33)が現役を引退することを発表した。また、今シーズンから町田のトップチームコーチへ就任することも発表してる。

▽小林は武南高から駒澤大を経て2005年に柏へ加入。2008年には大分、2009年には山形へ移籍し、昨シーズン群馬へと加入していた。昨シーズンはJ2で33試合に出場。通算成績はJ1で113試合2得点、J2で137試合6得点、ナビスコカップで22試合1得点、天皇杯で17試合出場だった。小林は群馬を通じて、引退のコメントを残している。

「私、小林亮は2015シーズンをもちまして現役を引退することを決断致しました。決して順風満帆なプロ生活ではありませんでしたが、多くの方々の支えがあり11年間プロサッカー選手として続ける事が出来ました」

「プロ生活をスタートした柏レイソルでは3年間プレーし、昇格と降格の両方を経験しました。色々な事がありましたがレイソルでプレー出来た事は自分にとって大きな財産となりました。そしてゴール裏!罵声を浴びせられた事は数知れず(笑)でも試合を通して選手の事を後押ししてくれるサポーターは最高でした」

「初めての移籍だった大分トリニータではナビスコカップで優勝する事ができました。シャムスカ体制の下、チームのまとまり、同じ方向を向いている時の強さをあの時ほど感じたことはありません。1年間でしたが素晴らしい時間でしたし、愛らしいニータンの事は忘れません!」

「モンテディオ山形ではプロ生活で最も長い6年間を過ごしました。二度の前十字靭帯断裂がありましたが、山形の皆様のあたたかい言葉に何度救われ、そしてまた頑張ろうという気持ちになれたことか。復帰した時にしてもらったコバリョーコール。心の底からピッチに戻れる喜びを感じました」

「最後にプレーしたザスパクサツ群馬。厳しい環境の下、選手達が真摯にトレーニングに取り組む姿に胸を打たれ、自分もここで頑張るんだと誓ったシーズン当初。1シーズンを通してフル稼働出来た喜びと共にチャンスを与えていただいたザスパには感謝しかありません」

「私は2015シーズンをもって現役を引退しますが、今までの経験を活かして次のステージに進みたいと思っていますし、違った形ではありますが今までお世話になった方々に少しずつ恩返しが出来ればと考えています」

「最後になりますが、今まで小林亮を支えてくれた全ての方々、そして自分の事を影で支えてくれた家族と妻に感謝申し上げます。本当にありがとうございました。またスタジアムでお会いしましょう!」

コメント

関連ニュース

thumb

町田vs群馬はゴールレスドロー《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第30節の町田ゼルビアvsザスパクサツ群馬が21日に町田市立陸上競技場で行われ、0-0で終了した。 ▽ここまで11勝8分け10敗で8位の町田と、同8勝8分け13敗で16位の群馬が相まみえた。最初の決定機は町田が演出する。7分、FKがクリアされたボールをボックス手前の谷澤がダイレクトで叩く。このゴール左隅に飛んだ強烈なシュートがGKに弾かれると、こぼれ球に中村が詰める。しかし、シュートは枠をはずれ、絶好機を生かせない。 ▽ハーフタイムにかけても町田が効率よくチャンスをつくったがゴールを奪えず、0-0のまま試合を折り返す。 ▽迎えた後半も町田が攻める。57分には李がゴール前に入れたFKから中島が決定的なシュート。しかし、これは群馬GK中村のファインセーブを前に得点とはならない。一方の群馬は60分、正面からのFKを直接狙った高橋のシュートが好コースに飛ぶも、クロスバーに弾かれる。 ▽その後も好勝負が続いたが得点は生まれず、互いに勝ち点を分け合っている。 2016.08.21 21:41 Sun
twitterfacebook
thumb

水戸との北関東ダービーを逆転で制した群馬が今季初の3連勝!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第29節のザスパクサツ群馬vs水戸ホーリーホックが、15日に正田醤油スタジアム群馬で行われ、ホームの群馬が2-1で逆転勝利した。 ▽19位の群馬と14位の水戸による“北関東ダービー”。2連勝中の群馬は、前節のカマタマーレ讃岐戦から3人を変更。瀬川と高橋の主力2人が常盤と共に先発に復帰した。一方、4試合無敗(1勝3分け)の水戸は、ロアッソ熊本戦から2選手を変更。今瀬と船谷に代わって、田向と佐藤祥が先発に入った。 ▽立ち上がりからハイプレスを仕掛けて群馬を押し込む水戸は、サイドを起点に幾度かチャンスシーンを作り出すが、平松やロメロ・フランクのシュートはDFにブロックされてしまう。 ▽その後は拮抗した展開がしばらく続く中、30分過ぎに水戸が先手を奪う。32分、右CKの場面でキッカーの兵働が左足で絶妙なクロスを入れると、これをニアに走り込んだ平松が頭を振ってファーサイドに流し込んだ。 ▽アウェイの水戸の1点リードで迎えた後半、早いうちに追いつきたいホームチームは、常盤に代えて吉濱を投入する直前の56分に追いつく。松下からパスを受けた右サイドの船津のクロスをゴール前に飛び込んだ常盤がワンタッチで合わせる。これはゴールライン上でDFにかき出されるが、こぼれ球を瀬川が押し込んだ。そして、追いついた群馬は予定通り、常盤に代えて吉濱をピッチに送り出した。 ▽一方、追いつかれた水戸は、63分に湯澤と佐藤和弘を下げて船谷と久保をピッチに送り出す。これでシステムを久保と平松を最前線に並べた[4-4-2]に変更した。 ▽同点に追いついてから勢いが止まらない群馬は、74分に吉濱の右クロスから山岸が決定的なヘディングシュートを放つなど、次々に水戸ゴールへ襲い掛かる。すると77分、松下の縦パスを起点に瀬川、山岸と繋ぎ、最後はボックス左に抜け出した中村が左足のシュート。右ポストの内側を叩いたボールがゴールネットに吸い込まれ、逆転に成功した。 ▽順位の近い相手に負けられない水戸は、84分に兵働のクロスに久保が頭で合わせるが、これはGK正面を突く。その後も諦めずにゴールを目指す水戸だが、坪内らを投入して逃げ切りを図る群馬の守備を最後まで崩し切ることはできず。 ▽北関東ダービーを逆転で制した群馬が今季初の3連勝を飾った。一方、敗れた水戸は、5試合ぶりの黒星となった。 2016.08.15 20:59 Mon
twitterfacebook
thumb

敵地で讃岐を下した群馬が今シーズン2度目の連勝《J2》

▽11日にPikaraスタジアムで行われた明治安田生命J2リーグ第28節のカマタマーレ讃岐vsザスパクサツ群馬は、アウェイの群馬が3-1で勝利した。 ▽前節のFC岐阜戦を引き分けて2連勝でストップした15位の讃岐と、2試合ぶりの白星を手にした19位の群馬が激突した。 ▽先に試合を動かしたのは群馬。8分、左サイドで得たFKのチャンスから松下が右足でクロスを上げると、ファーサイドの舩津が頭で折り返す。これはGK清水に触られるも、ゴール前の乾が押し込み、先制に成功する。 ▽敵地で幸先良く先制した群馬は続く26分にも決定機。右CKのショートコーナーの流れからボールを受けた松下が敵陣中央の右寄りの位置から右足を振り抜く。狙い澄ましたシュートがネットを揺らし、群馬が追加点を奪う。 ▽2点ビハインドの讃岐は39分に反撃。細かいパスワークからバイタルエリア中央でボールを受けた馬場が反転して左足を一閃。ミドルレンジからのシュートがゴール右下に突き刺さり、讃岐が1点を返してみせる。 ▽ところが、讃岐が1点差に詰め寄って迎えた64分、群馬が突き放す。自陣右でのスローインからボールを前線に残っていた途中出場の瀬川に繋ぐ。これを受けた瀬川がボックス手前から左足の強烈なシュートをゴール右下に決めた。 ▽結局、リードを広げた群馬が3-1で讃岐を退け、今シーズン2度目の2連勝。敗れた讃岐は4試合ぶりの黒星で2戦未勝利となっている。 2016.08.11 21:46 Thu
twitterfacebook
thumb

群馬に屈した山形が3連敗《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第27節のザスパクサツ群馬vsモンテディオ山形が7日に正田醤油スタジアム群馬で行われ、2-0で群馬が勝利した。 ▽ここまで5勝8分け13敗の群馬と、同7勝8分け11敗の山形の対戦。試合は、群馬が両チーム通じてファーストシュートをゴールに結びつける。8分、吉濱が蹴った右CKに正面で合わせた小牟田がヘディングシュートを突き刺し、スコアを動かした。 ▽さらに群馬は25分、ペナルティアーク付近から吉濱が直接ゴールを狙うも、わずかに枠をはずす。対する山形はディエゴにボールを集めて反撃。しかし、シュート精度を欠いたことでゴールを割ることができない。 ▽迎えた後半、群馬は66分に追加点を奪う。ドリブルでバイタルエリアに侵入した瀬川がラストパス。これを受けた高橋が右足の豪快なシュートでネットを揺らし、スコアを2-0とした。 ▽結局、そのまま逃げ切った群馬が勝利。山形はこれで3連敗と苦しんでいる。 2016.08.07 22:46 Sun
twitterfacebook
thumb

終了間際の林堂弾で愛媛が群馬を下して5試合ぶりの勝ち点3《J2》

▽31日にニンジニアスタジアムで行われた明治安田生命J2リーグ第26節の愛媛FCvsザスパクサツ群馬は、ホームの愛媛が1-0で勝利した。 ▽前節の徳島ヴォルティスで5試合ぶりの黒星を喫した13位の愛媛と、東京ヴェルディ撃破で2戦負けなしとした20位の群馬が相まみえた。試合は互いに決め手にかける戦いぶりに終始したことで、こう着状態が続く展開となる。 ▽その中で、互いに交代カードを切りながら、流れを変えに打って出ると、試合はようやく終了間際に動く。愛媛は89分、左CKのチャンスを獲得。その流れから、相手GKが弾いたシュートのこぼれ球を林堂が押し込んだ。 ▽結局、待望の先制点を終了間際に奪った愛媛はこのゴールを守り抜き、5試合ぶりの白星。敗れた群馬は連勝を逃し、3試合ぶりの黒星を喫した。 2016.07.31 21:33 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース