新潟がMFレオ・シルバ、FWラファエル・シルバ、DFコルテースと契約更新2016.01.11 14:08 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽新潟は11日、元ブラジル代表DFコルテース(28)、ブラジル人MFレオ・シルバ(30)、同FWラファエル・シルバ(23)の3選手と2016シーズンの契約を更新したことを発表した。

▽コルテースは新潟に加入した昨シーズン、リーグ戦26試合に出場した。レオ・シルバは25試合に出場して4得点を記録。ラファエル・シルバは、19試合の出場で7ゴールを挙げた。

コメント

関連ニュース

thumb

逆転優勝の鹿島…伝統について語るDF昌子源「満男さん、ソガさんが伝統」《JリーグCS》

▽3日、明治安田生命2016 Jリーグチャンピオンシップ決勝戦第2戦の浦和レッズvs鹿島アントラーズが埼玉スタジアム2002で行われ、2-1で浦和を下した鹿島が2戦合計2-2のアウェイゴール差でリーグ優勝を果たした。 ▽試合後、鹿島のDF昌子源がミックスゾーンで囲み取材に応対。リーグ制覇を喜ぶとともに、CSのシステムについても言及。さらに、鹿島の伝統についても持論を語った。 <span style="font-weight:700;">◆DF昌子源(鹿島アントラーズ)</span> <span style="font-weight:700;">──良い試合運びだったと思いますが</span> 「しんどかったです」 <span style="font-weight:700;">──失点をしても焦りはなかったか</span> 「ルール的にはあまり考える必要のない失点でしたが、時間帯は早過ぎたかなと。1点を取られたことで、どちらかと苦しくなったのは浦和だったんじゃないかなという感想です」 <span style="font-weight:700;">──開き直れたという感じか</span> 「僕らは攻めなくてはいけなくなりましたし、浦和は守りに入れる可能性もあったということですね。1点取らなくてはいけなかったのが、よりハッキリしたという感じです」 <span style="font-weight:700;">──ピンチもあったと思うが2点目を取られていたら…</span> 「2点目を取られたら終わりだと思っていたので、僕が武藤くんにスライディングしたやつも一歩届かないなと思ったんですが、そういった所も気持ちでここをやられたらいけないと思いました。気持ちで滑りましたし、それが微妙に足先に当たりました。そういった所がちょっとずつ自分たちに傾いてくれたのかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──金崎選手がゴールを決めて希望がわいたと思いますが</span> 「あの1点は相当大きかったと思います。あれは浦和にとってもダメージは大きかったと思います。1-0のまま前半が終わっていたら、苦しいのは僕たちだったかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──ここで勝つのは鹿島の伝統なのか</span> 「鹿島の伝統について聞かれるんだろうなとは思っていましたが、正直分からないです。僕も。やっている僕もわからないです。ただ、こうやって勝ってきたのが鹿島だと思います。(小笠原)満男さんがいつか言っていましたが、元々強かった訳ではなくて、タイトルを獲って強くなってきたチームだと。これでちょっとでも強く慣れたと思いますが、ここで浮かれていると特に来年は1シーズン制なので、今年は不甲斐ない感じでした。そういった所で、しっかりやらないと。来年の話になりますが、その前に天皇杯とクラブ・ワールドカップがあります。1回戦で負けたら、それこそ「何なんお前ら?」となると思いますし、しっかりと結果が出せるように頑張りたいです」 <span style="font-weight:700;">──岩政選手がこの前の昌子選手のプレーを観てやらないといけないと言っていたが</span> 「僕は大分後輩ですが、お互いに気にして観ていますし、僕らの結果を知ってもらっていることは嬉しいです。(岩政)大樹さんのコメントは見ましたが、記者さんに言ったことで僕が変なプレーできなくなったと。それが逆にプレッシャーになったので、今日は大樹さんのことは言わないようにしようと思います(笑)」 <span style="font-weight:700;">──岡山が松本戦で見せたプレーは勇気になった</span> 「それはそうですね。展開は違いましたが、状況は僕たちと一緒だったと思います。あそこで勝たないと無理というのは、岡山にとっては決まっていたことなので、そこで最後まで諦めなかったんだと思います。(金崎)夢生くんが決めてからの残り15分ぐらいは苦しかったです。チーム全員の気持ちが同じ方向に向いた結果だと思います」 <span style="font-weight:700;">──今日は赤崎選手が右に入ったりと采配もいつもと違ったが</span> 「槙野(智章)くんがパワープレーで上がってきたので、僕は植田が入ってくるんじゃないかと思っていたんですが、交代を見たら(赤崎)秀平くんだったので、僕と(ファン・)ソッコの2人で全部弾くぞと。負けても後ろで真ん中を固めようと話をしたので良かったです」 <span style="font-weight:700;">──最後にズラタン選手の落としから遠藤選手の危ないシーンがあったが</span> 「ズラタンに普通に勝とうというのは難しいですし、それこそチームで守らないといけないと思っていました。危ないシーンもありましたが、それを含めてサッカーですね」 <span style="font-weight:700;">──それでも守り切れた要因は</span> 「なんですかね…気持ちですかね。ここまで来たら本当にチャンピオンになりたいチームが勝つとか、この1点を守り切る、僕らは1点を追いつくという気持ちが大きい方が勝つのかなと。そういった所で僕らが少し勝ったのかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──チャンピオンシップで逆転しての優勝というのは</span> 「実感は正直ありません。なかなか複雑な優勝だと思いますし、文句を言いたくなる人もいると思います。ただ、ルールはルールですし、勝ったものが優勝というのは決まっていました。僕らは目の前の試合を全力で戦った結果がついてきてくれたと思います。余り観ている方は楽しかったとか、チャンピオンシップという制度は逆算もできるので面白いですけど、やっている方はちょっともういいかなと(笑)。浦和の肩を持つわけではないですが、浦和の立場だったらやっぱり考えたくもないぐらい悔しいですし、文句も言いたくなると思います。それをたまたま僕たちが3位から下剋上に成功したというだけで、なかなかこういったチャンピオンの決め方というのは、僕たち的にはどうかなと。嬉しいですけど、年間の勝ち点で15も離れているので、アレだなと。勝った方がチャンピオンというのは分かっていたので、チャンピオンになれたことは誇りに思いたいです」 <span style="font-weight:700;">──鹿島の伝統とはなにか</span> 「(小笠原)満男さん、ソガさん(曽ヶ端準)を中心としたことは間違いないですし、満男さん、ソガさんに付いていけば優勝できるんじゃないかと思わせる背中を2人はしています。満男さんたちや石井さんに付いてきた結果、優勝となったと思います。その2人の存在はデカかったと思います」 「伝統というのは分かりませんが、あの2人が伝統なんじゃないですかね。2人が居ることが伝統で、僕たちが付いていって勝つことで、勝負強いと言われる。その2人が引退とか、大きなケガをしてしばらく離れるとなって、その役割を誰ができるかと言われたら、この人という名前は挙がらないと思います。満男さんが最初に交代して、かなり悔しそうに「なんで」という顔をしたのを見ました。満男さんが居なくなったピッチで1点やられたら、できないです。ソガさんを含めた2人が伝統かなと。いつまでも頼るわけにはいかないですけど、あの2人あっての優勝。チーム全員が付いてきた結果だと思います」 「もちろん、満男さん、ソガさんは石井さんにについていった結果です。石井さんはクラブの伝統にのっとってやっていった結果です。それがチームが優勝できた要因かなと思います」 2016.12.04 14:06 Sun
twitterfacebook
thumb

Jリーグ王者逸冠の浦和MF柏木陽介「イライラが止まらない」《JリーグCS》

▽3日に明治安田生命2016 Jリーグチャンピオンシップ決勝戦第2戦の浦和レッズvs鹿島アントラーズが埼玉スタジアム2002で行われ、2-1で浦和を下した鹿島が2戦合計2-2のアウェイゴール差でリーグ優勝を果たした。 ▽試合後、浦和のMF柏木陽介がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。勝ち点15差もつけていた鹿島に年間王者を譲った結果に「今は何もできなかった自分に対して、イライラが止まらない」とコメント。来シーズンの逆襲を誓った。 <span style="font-weight:700;">◆MF柏木陽介(浦和レッズ)</span> <span style="font-weight:700;">──試合を振り返って</span> 「『終わり良ければすべて良し』というのが良かったけど、正直、勝点があれだけ離れている相手に負けるというのはすごく悔しい。今は何もできなかった自分に対して、イライラが止まらない」 「来年はもっと強くなって、うまくなって、激しいプレッシャーの中でも自分がなんとかできる選手になって帰ってきたいという気持ちがある。もっとレベルアップして、来年に入っていきたい。今日のことは忘れて、しっかりと休んで、来年に向けてまた頑張りたい」 2016.12.04 12:46 Sun
twitterfacebook
thumb

前半の失点を悔やむ浦和DF遠藤航「絶対にゼロで抑えなくてはいけなかった」《JリーグCS》

▽3日、明治安田生命2016 Jリーグチャンピオンシップ決勝第2戦の浦和レッズvs鹿島アントラーズが埼玉スタジアム2002で行われ、2-1で鹿島が勝利。2戦合計2-2となるもアウェイゴール数差で鹿島がリーグ優勝を達成した。 ▽試合後、リーグ優勝を逃した浦和レッズのDF遠藤航がミックスゾーンで取材に応対。チャンピオンシップでの敗退に悔しさを見せた。 <span style="font-weight:700;">◆DF遠藤航(浦和レッズ)</span> <span style="font-weight:700;">──試合を終えて</span> 「負けたことはもうしょうがないです。シーズンが終わってしまったということが一番の心残りというか、みんなでサッカーしたかったなと。クラブ・ワールドカップに出たいというのが一番です」 <span style="font-weight:700;">──今日の試合はGKから繋がずに長いボールを蹴っていた様に見えたが</span> 「僕も受けようとはしていましたが、3枚回しでやるという形ではなかったです。前半は特に僕が開いてボールを受けるというシーンがなかったので、後半はそれをやるようにしました。ある程度ボールを動かせたシーンもありましたが、前半からもう少しボールを動かしたかったですし、そこはそこまで気にすることではないかなと思います」 「全ては前半に僕が失点した所だと思っています。前半は絶対にゼロで抑えなくてはいけなかったですし、1-1になったら向こうが分があるというゲーム展開になると予想できていました。ゼロで抑えていれば、違う展開になったと思います <span style="font-weight:700;">──1失点目はもったいないという印象ですが</span> 「みんな守備の意識を持っていましたが、あのシーンだけちょっとうがっくんの競り合いを見てしまう人が多かったというか、みんながしっかりポジションを取れていればよかったです」 2016.12.04 12:45 Sun
twitterfacebook
thumb

決勝PK献上の浦和DF槙野智章「跳ね返す力と、我慢する力がなかった」《JリーグCS》

▽3日、明治安田生命2016 Jリーグチャンピオンシップ決勝第2戦の浦和レッズvs鹿島アントラーズが埼玉スタジアム2002で行われ、2-1で鹿島が勝利。2戦合計2-2となるもアウェイゴール数差で鹿島がリーグ優勝を達成した。 ▽試合後、リーグ優勝を逃した浦和レッズのDF槙野智章がミックスゾーンで取材に応対。チャンピオンシップでの敗退に悔しさを見せた。 <span style="font-weight:700;">◆DF槙野智章(浦和レッズ)</span> <span style="font-weight:700;">──試合を振り返って</span> 「結果を受け止めないといけないと思っています。色々な状況の中でもしっかりと結果を残して、年間勝ち点1位だろうが、このチャンピオンシップをしっかり勝ち取って、年間チャンピオンというところを証明しないといけなかったと思います」 <span style="font-weight:700;">──勝ち点差がひっくり返るという理不尽な結果になったと思うが</span> 「僕個人的な思いは、リーグ戦とチャンピオンシップは別物だと思っているし、チャンピオンシップは鹿島が川崎Fを倒して、アウェイゴール差ではありますが僕たちを上回りました。チャンピオンシップでのチャンピオンというのが鹿島というのは認めざるを得ないと思います」 <span style="font-weight:700;">──大一番での勝負弱さはあるのか</span> 「メンタル的な部分を考えれば、相手は1点を取れば1失点をしようが…僕らは先制しましたが鹿島にとってはなんの痛みもなかったと思います。前半に失点してしまった中で、後半は鹿島が勢いを持って得点を奪いに来るだろうと思っていました。そこを跳ね返す力と、我慢する力がなかったと思います」 <span style="font-weight:700;">──何か重圧のようなものを感じていたのか</span> 「ハーフタイムでの全員での指示と統一というのは、このまま1-1で逃げ切ろうというものではなかったですし、ゴールを奪いに行く戦術とゴールを奪いに行くプレーをしようとしていました。時間が経つに連れて、相手の圧力と守り抜くシフトには変えていました。今日は我慢できなかったです」 2016.12.04 12:44 Sun
twitterfacebook
thumb

MF遠藤康、紆余曲折の今年を振り返る…「僕らは石井さんを信じて石井さんのサッカーをやるだけ」《JリーグCS》

▽3日に明治安田生命2016 Jリーグチャンピオンシップ決勝戦第2戦の浦和レッズvs鹿島アントラーズが埼玉スタジアム2002で行われ、2-1で浦和を下した鹿島が2戦合計2-2のアウェイゴール差でリーグ優勝を果たした。 ▽試合後、鹿島のMF遠藤康がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。紆余曲折の今シーズンを振り返り、「僕らは石井さんを信じて石井さんのサッカーをやるだけ」と述べ、指揮官に対する大きな信頼を口にした。 <span style="font-weight:700;">◆MF遠藤康(鹿島アントラーズ)</span> <span style="font-weight:700;">──試合を振り返って</span> 「ルール上、うちらは1点取られてもそのあと点取れれば良かったので、点取られても全然焦りはなかった」 <span style="font-weight:700;">──1点目は自身の右足からだった</span> 「(柴崎)学がニアに(相手を)釣り出してくれたので、正確に(クロスを)上げるだけだった」 <span style="font-weight:700;">──右足でアシストという結果を残した</span> 「第1戦では(右足での)良いチャンスを止められてしまった。でも、左右どちらであってもチームが勝てるようにアシストやゴールに繋がれば良いと思っていたので、ゴールを決めた(金崎)夢生に感謝したい」 <span style="font-weight:700;">──1年間を振り返って</span> 「1stステージは何とか取れて、2ndステージは調子が悪かったりしたが、負けてもポジティブに、石井(正忠)さんを中心に前を向いていた。僕らは石井さんを信じて石井さんのサッカーをやるだけだった。それが最後にこういう結果に繋がって良かった」 2016.12.04 12:42 Sun
twitterfacebook
Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース