新潟がMFレオ・シルバ、FWラファエル・シルバ、DFコルテースと契約更新2016.01.11 14:08 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽新潟は11日、元ブラジル代表DFコルテース(28)、ブラジル人MFレオ・シルバ(30)、同FWラファエル・シルバ(23)の3選手と2016シーズンの契約を更新したことを発表した。

▽コルテースは新潟に加入した昨シーズン、リーグ戦26試合に出場した。レオ・シルバは25試合に出場して4得点を記録。ラファエル・シルバは、19試合の出場で7ゴールを挙げた。

コメント

関連ニュース

thumb

【アルビレックス新潟】吉田新監督招聘も変わらぬ得点力不足《J1総括&展望》

<B>◆チーム採点</B> <B><span style="color:#FF0000;">40点</span></B> <B>◆1stステージ総括</B> ▽吉田達磨新監督を招聘して迎えた新シーズン、降格圏の16位・湘南ベルマーレと勝ち点2差の13位と今季も残留争いに巻き込まれている。3年半にわたって指揮を執った柳下正明前監督が標榜していたショートカウンタースタイルと、吉田監督の志向するポゼッション型の融合を図り、うまく浸透してきてはいるものの結果が出ていない状況だ。 ▽守備面に関しては下から数えて4番目の失点数となっているが、ヴィッセル神戸戦での6失点とベガルタ仙台戦での4失点が響いており、大きく崩れているわけではない。実際、守備の軸である舞行龍ジェームズが復帰して以降、ガンバ大阪や浦和レッズ相手にゴールレスドローに持ち込む試合を見せており、ディフェンス面は及第点だと言える。 ▽ただ、攻撃陣に目を移すとFW山崎亮平とFW指宿洋史がそれぞれ1ゴールで、負傷により長期離脱を強いられたFW鈴木武蔵が無得点と厳しい結果となっている。今季5ゴールを挙げ、チームのトップスコアラーであるFWラファエル・シルバが4月下旬に全治6週間の負傷を負った点が攻撃面においては何より痛かった。 <B>◆1stステージ成績 13位 4勝6分け7敗 勝ち点18 得点:19(12位)、失点:25(12位タイ) 得失点差:-6</B> <B>◆フォーメーション</B> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160625_0030_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div><B>【4-4-2】</B> GK:守田達弥 DF:松原健、舞行龍ジェームズ、大野和成、 コルテース MF:加藤大、小林裕紀、レオ・シルバ、田中達也 FW:ラファエル・シルバ、山崎亮平 <B>◆1stステージMVP</B> <B>MF加藤大 17試合(先発16試合)/0得点</B> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160625_032_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽チームの心臓であるMFレオ・シルバやベテランFW田中達也の活躍も目立ったが、中盤右アウトサイドでアップダウンを繰り返すMF加藤大を選出。常に走行距離ランキングでリーグ上位に名を連ねるハードワーカーは、攻守の切り替えを重要視する新潟において代えの利かない存在となっている。 <B>◆2ndステージ展望</B> ▽舞行龍ジェームズとDF大野和成がセンターバックでコンビを組む守備面はある程度計算が立つだけに、やはり課題はいかにゴールを奪うかだ。J1残留に向けて名古屋グランパスへの移籍が報じられているレオ・シルバの慰留が必須となるが、思い切ってバックラインを押し上げ、攻撃に移る際の労力を少しでも減らすことが求められる。 ▽現状ではドリブルでボールを運べる山崎と田中の個人による打開が主な攻撃パターンとなっているが、それでは多くのチャンスを生み出すことは難しい。バックラインの設定を上げることによってセンターバック陣のスピード不足が露呈される可能性はあるが、そこはGK守田達弥との連係でカバーしたい。 ▽そして、前線とバックラインの間延びを防ぐ役割を果たしたいのが今季よりキャプテンに任命されたMF小林裕紀だ。彼が中盤でどっしりと構えて戦況を見極めることができれば、チーム全体の無駄な運動量消費を防げるはずであり、コンパクトさが保たれることだろう。 2016.06.27 21:03 Mon
twitterfacebook
thumb

【名古屋グランパス】最後まで形が見つからなかった小倉新体制…守備の立て直しが急務《J1総括&展望》

<B>◆チーム採点</B> <B><span style="color:#FF0000;">40点</span></B> <B>◆1stステージ総括</B> ▽クラブOBである小倉隆史をGM(ゼネラルマネージャー)兼任の監督に迎えた名古屋グランパス。DFオーマン、MFイ・スンヒ、FWシモビッチと3名の新外国人を迎えるなど選手の大幅な入れ替えを行い、心機一転スタートを切った。 ▽しかし、1stステージは連勝がなく、連敗が2回。チームとして流れを掴み、波に乗ることができないまま終えてしまった印象だ。チームの基礎作りを行いたかった1stステージだが、戦い方を確立できていないところを見ると、小倉監督が思い描いていたペースでは進んでいないと言える。 ▽特に守備面はエラーが散見され、複数失点を喫した試合は1試合も勝てていない。解決策が見つからないまま1stステージを終えてしまった。 <B>◆1stステージ成績</B> <B>14位 4勝5分け8敗 勝ち点17 得点:24(5位)、失点29(17位) 得失点差:-5</B> <B>◆フォーメーション</B> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160627_44_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div><B>【4-2-3-1】</B> GK:楢崎正剛 DF:矢野貴章、オーマン、竹内彬、高橋諒 MF:イ・スンヒ、田口泰士 MF:古林将太、矢田旭、永井謙佑 FW:シモビッチ <B>◆1stステージMVP FWロビン・シモビッチ 16試合(先発16試合)/9得点</B> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160627_43_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽下位に沈むチームにおいて、9得点を挙げているシモビッチが1stステージのMVPだ。キャプテンとして攻守に渡りチームを支えたMF田口泰士の貢献度も高いが、チームの成績を左右する活躍を見せたシモビッチを選出する。コンスタントにゴールを重ねているシモビッチだが、欲を言えば複数得点が無いことが物足りない。高さはもちろんのこと、ボールを扱うスキルも高いため、クロスに合わせる以外の攻撃の形を作っていきたいところだ。 <B>◆2ndステージ展望</B> ▽まずは、守備の立て直しが急務となる。CBの一角として1stステージを通して戦ったDF竹内彬の相棒がDF大武峻、DFオーマンと定まらなかった。1stステージ終了とともに、松本山雅からDF酒井隆介を完全移籍で獲得したように、まずは新たな選手で変化を加えることになる。しかし、問題は守り方。攻撃時に両サイドバックが高い位置を取る半面、裏を取られやすくなる。CBが釣り出された際のケアやボランチを含めた役割分担を整理したい。 ▽また、攻撃面も課題は見える。小倉監督が理想とするパスを繋いで崩すやり方により、FWシモビッチの得点は終盤の4試合で止まってしまった。シーズン終盤に残留争いをしないためにも、199cmというシモビッチの高さを利用する必要はあるだろう。サイドからのクロスの精度も悪くないだけに、パターンとしては考えるべきだろう。 2016.06.27 21:01 Mon
twitterfacebook
thumb

【サガン鳥栖】ハマらなかったフィッカデンティ・フォーメーション《J1総括&展望》

<B>◆チーム採点</B> <B><span style="color:#FF0000;">30点</span></B> <B>◆1stステージ総括</B> ▽開幕戦となったアビスパ福岡戦では相手の追撃を振り切り白星スタートを飾った。しかし以降は、2度の6試合未勝利を味わうなど苦しんだ前半戦だった。守備に関しては17試合でリーグ2位となる15失点に留めるなど一定の評価はできる。しかしマッシモ・フィッカデンティ監督は劣勢を跳ね返すような采配がなく、それはリーグ最下位のゴール数に現れた。 ▽不甲斐ない攻撃陣の中で唯一結果を残したのがエースの豊田。残留争いから抜け出すためにも攻撃陣のテコ入れが必要で、豊田の最適なパートナーを早く見つけ出したい。 <B>◆1stステージ成績</B> <B>15位 4勝5分8敗 勝ち点17 得点:10(18位)、失点:15(2位タイ) 得失点差:-5</B> <B>◆フォーメーション</B> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/tos20160622_1_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div><B>【4-3-1-2】</B> <span style="font-size:14px;">GK:林彰洋 DF:藤田優人、キム・ミンヒョク、谷口博之、吉田豊 MF:金民友、高橋義希、高橋義希 MF:鎌田大地 FW:豊田陽平、岡田翔平</span> <B>◆1stステージMVP</B> <B>FW豊田陽平</B> <B>17試合(先発17試合)/5得点</B> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/tos20160622_2_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽チームの全得点のうち半分となる5ゴールをマークした。今までの豊田に比べれば17試合5ゴールは物足りなくも感じる。しかし今シーズンは今まで以上に少ないチャンスの中でゴールを奪っている点を評価したい。また、2ndレグで巻き返し、5シーズン連続となる15ゴールを達成できれば、チームの残留も近付くだろう。 <B>◆2ndステージ展望</B> ▽フィッカデンティ監督はFC東京時代から採用してきた[4-3-1-2]のフォーメーションを鳥栖でも採用しているが、ここまでの戦いを見てもハマっていないことは明らかだ。特に金民友は守備のタスクに追われて、持ち味のオフェンシブな部分が全く発揮できていない。 ▽一方でバックラインは4選手ともに安定したパフォーマンスを発揮。さらにアンカーに入る高橋との連係も良く、守備戦術は機能しているように見える。それだけにインサイドハーフから前線までの調整が必要だ。 ▽指揮官が頑なに現在のフォーメーションにこだわるならば補強は必須。逆に柔軟な対応を見せるのであれば昨シーズンまで用いた[4-2-3-1]に戻す手は即効性があるかもしれない。どちらにせよ、2ndステージは残留を目指して戦うことになる。それだけにチームとしてできるだけ早く戦い方を再構築したい。 2016.06.27 21:00 Mon
twitterfacebook
thumb

大宮が明治大学からDF河面旺成の来季加入内定を発表

▽大宮アルディージャは26日、明治大学に在学するDF河面旺成(22)の来季加入内定を発表した。河面はクラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「小さい頃から夢だったプロサッカー選手になることができ、嬉しく思います。これまで自分を支えてくれた全ての方々に感謝の気持ちを忘れず、これからも謙虚に日々努力していきたいです」 「アピールポイントである左足のキックを武器に、一日も早いレギュラー定着を目指します。そして大宮アルディージャの勝利に少しでも早く貢献できるようがんばります。ファン・サポーターの皆さま、応援よろしくお願いします」 ▽京都府出身の河面は作陽高校から明治大学へと進学した身長183cm、体重75kgの恵まれた体躯を有するDF。大宮は、「左足のロングフィードと正確なパス・クロスの質の高さ」、「スピードを生かしたタイミングの良い攻撃参加」を特徴として紹介している。 2016.06.26 17:45 Sun
twitterfacebook
thumb

【湘南ベルマーレ】長期離脱の菊池俊の穴埋めが重要課題《J1総括&展望》

<B>◆チーム採点</B> <B><span style="color:#FF0000;">30点</span></B> <B>◆1stステージ総括</B> ▽開幕から8試合未勝利と1stステージ序盤は大きく躓き、そのツケが重くのしかかる結果となった。第9節の横浜F・マリノス戦で今季初勝利を挙げると、続くサガン鳥栖戦でも勝利し、最下位から徐々に順位を挙げていく。しかし第12節ではアビスパ福岡、第13節にはベガルタ仙台に敗れるなど下位から勝ち点を奪えずに降格圏内でシーズンを折り返した。 ▽シーズン序盤の第2節川崎フロンターレ戦や第3節サンフレッチェ広島戦では撃ち合いの末にリードしながらも、2戦ともにアディショナルタイムで被弾。18ゴールというチーム総得点数には物足りなさを感じるが、上位相手でもゴールを奪えている。一方で27失点は多く、2ndステージで巻き返すためには守備の整備が必要だ。 <B>◆1stステージ成績</B> <B>16位 4勝4分9敗 勝ち点16 得点:18(13位タイ)、失点:27(16位) 得失点差:-9</B> <B>◆フォーメーション</B> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/shn20160622_1_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div><B>【3-4-2-1】</B> <span style="font-size:14px;">GK:村山智彦 DF:岡本拓也、アンドレ・バイア、三竿雄斗 MF:藤田征也、石川俊輝、神谷優太、菊池大介 MF:髙山薫、大槻周平 FW:端戸仁</span> <B>◆1stステージMVP</B> <B>FW高山薫</B> <B>17試合(先発17試合)/3得点</B> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/shn20160622_2_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽三竿、石川とともに1stステージの17試合に全てに出場。チーム最多タイとなる3ゴールを奪う活躍を見せた。苦しいチーム事情の中、攻撃では豊富な運動量と馬力のある推進力でゴール方向にボールを運び、守備では自陣深くまで戻って体を張った。今シーズンのトラッキングデータのスプリント回数では、上位10傑の中で6度ランクインするなど、攻守にわたって獅子奮迅の活躍を見せている。 <B>◆2ndステージ展望</B> ▽終盤の4試合で勝ち点8を上乗せするなど、一時に比べればチーム状態は上向きになっている。しかし、ここまで無失点試合がわずか3試合と守備を立て直さなければ2ndステージも厳しい戦いになるだろう。 ▽特にボランチの部分に問題を抱えており、3月の時点で主力の菊池俊が右ヒザ全十字じん帯を損傷し全治8カ月となった。菊池の離脱以降は石川の相方を定められず、さらにパウリーニョも移籍。下田や神谷を今後も使い続けるのか、それとも補強に動くのか。まずはチームの心臓部を固定して、戦い方を再構築したい。 ▽攻撃陣では最前線に入る端戸、シャドーの高山、ウイングバックの菊池大がそれぞれ3ゴールを奪っているが満足できる数字ではない。残留争いから抜け出すために、前線の選手たちが少ない決定機をモノにできるかが重要になる。 2016.06.26 16:02 Sun
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース