新潟がMFレオ・シルバ、FWラファエル・シルバ、DFコルテースと契約更新2016.01.11 14:08 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽新潟は11日、元ブラジル代表DFコルテース(28)、ブラジル人MFレオ・シルバ(30)、同FWラファエル・シルバ(23)の3選手と2016シーズンの契約を更新したことを発表した。

▽コルテースは新潟に加入した昨シーズン、リーグ戦26試合に出場した。レオ・シルバは25試合に出場して4得点を記録。ラファエル・シルバは、19試合の出場で7ゴールを挙げた。

コメント

関連ニュース

thumb

磐田DF大井健太郎が負傷…左大腿二頭筋肉離れで約3週間の離脱

▽ジュビロ磐田は25日、DF大井健太郎の負傷を発表した。 ▽大井は20日に行われた明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第9節のサガン鳥栖戦で負傷。浜松市内の医療機関で検査を受けた結果、左大腿二頭筋肉離れと診断。練習復帰まで約3週間とのことだ。 ▽アルビレックス新潟から今シーズン磐田に復帰した大井は、リーグ戦26試合に出場し1得点を記録していた。 2016.08.25 21:07 Thu
twitterfacebook
thumb

福岡撃破の磐田が2ndステージ初勝利でJ1通算350勝達成《J1》

▽24日にレベルファイブスタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第10節のアビスパ福岡vsジュビロ磐田は、アウェイの磐田が3-2で競り勝った。 ▽前節、残留争いのライバルである新潟アルビレックスとの直接対決を落とした年間18位の福岡と、サガン鳥栖と引き分けた同13位の磐田が対峙した。3連敗中で6戦未勝利の福岡は、前節スタメンから外れていた金森が復帰。2ndステージで未だ白星なしの磐田は、ジェイを2試合連続で先発起用した。 ▽今週末に行われる天皇杯1回戦に参戦する日程の関係で前倒し開催となった一戦は、9分に動く。川辺が福岡の最終ラインの背後に浮き球を送ると、これが亀川のクリアミスを誘発。ルーズボールに反応したアダイウトンが右足ダイレクトでネットを揺らした。 ▽先制を許した福岡は13分に同点機。敵陣の左サイドからのグラウンダーのクロスを供給されると、ニアサイドに走り込んだ城後が上体を倒しながら押し込みにかかる。これが相手GKの横を通過するが、惜しくも左ポストに嫌われてしまう。 ▽それでも、福岡は16分に追いつく。自陣ハーフウェイライン付近でのボール奪取から左サイドの為田が持ち上がり、ゴール前にグラウンダーのクロスを供給。これに反応した城後がファーサイドでフリーとなり、落ち着いてボールを流し込んだ。 ▽同点に追いついた勢いをそのままに試合の流れを引き寄せた福岡は、21分に勝ち越しのチャンスを迎える。ドリブルで中央突破を試みた金森がバイタルエリア中央から右足でシュート。これが枠の左を捉えるが、GKカミンスキーにセーブされてしまう。 ▽同点で迎えた後半も相手にボールの主導権を握られる中、カウンターで応戦した福岡。50分にはその速攻で得たバイタルエリア右でのFKのチャンスから駒野が右足で直接ゴールを狙う。これがゴール右隅を捉えるが、惜しくも相手GKに阻まれた。 ▽良いリズムでゴールに迫る福岡は60分、ついに逆転する。左サイドからボックス内にボールを持ち込んだ金森が相手を引き付けてバイタルエリア中央にボールをはたく。これに反応した三門のシュートはGKに弾かれるも、こぼれ球を為田が押し込んだ。 ▽試合をひっくり返された磐田は直後に宮崎を下げて山本を送り込み、反撃を開始。63分には相手を引き付けた川辺の横パスからボックス右でフリーとなっていたジェイが左足でゴールを狙う。これが相手GKのファンブルを誘い、アダイウトンがネットを揺らした。 ▽すると、磐田は続く69分に敵陣の中央付近でFKのチャンスを獲得。上田のふわりとしたクロスボールをボックス右のジェイが頭で中央に折り返すと、相手2人に囲まれながらもパパドプーロスがヘディングで合わせたボールがゴール左隅に吸い込まれた。 ▽再びビハインドを追う苦しい展開に持ち込まれた福岡は終盤にかけて、坂田、邦本、中原を立て続けに投入するが、猛攻も実らず2-3で敗戦。泥沼の4連敗となった。一方の磐田は2ndステージ初白星。そして、J1通算350勝を達成した。 2016.08.24 21:00 Wed
twitterfacebook
thumb

神戸MF小林成豪が右ヒザ損傷で全治約3カ月…今季リーグ戦20試合1ゴール

▽ヴィッセル神戸は23日、MF小林成豪が右ヒザの外側側副靭帯損傷で全治約3カ月と診断されたと発表した。 ▽小林は、8月20日に行われた明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第9節のガンバ大阪戦(1-0で神戸が勝利)で負傷。その後、神戸市内の病院にて検査を受けた。 ▽兵庫県出身の小林は、関西学院大学に在学中の2015年に特別指定選手として神戸入り。今季から神戸に正式加入すると、ここまでリーグ戦20試合出場で1ゴールを記録していた。 2016.08.23 17:43 Tue
twitterfacebook
thumb

名古屋代表取締役社長、続投宣言から一転しての監督交代に「絶対にJ1に残留しなければ」

▽名古屋グランパスは23日、ゼネラルマネージャー(GM)を兼任する小倉隆史監督(43)のシーズン途中での休養を受け、クラブの公式サイトにて代表取締役社長を務める久米一正氏の声明文を掲載した。 ▽昨シーズンにGM補佐として古巣名古屋に帰還した小倉氏は、今シーズンからGM職を兼任する形で監督に就任。しかし、前節終了まで17戦で白星から遠ざかっており、年間順位で残留圏の15位・ヴァンフォーレ甲府まで勝ち点7差の16位と低迷している。 ▽7月23日の緊急会見で小倉監督の続投を繰り返し強調していた久米社長は、その宣言から一転した理由や、不甲斐ない戦いぶりへの謝罪、今後に待ち構える厳しい残留争いなどについて以下のようにコメントした。 「日頃は、名古屋グランパスに熱いご声援をいただき誠にありがとうございます」 「今シーズン、名古屋グランパスは小倉隆史GM兼監督のもとここまで闘ってきましたが、皆さまの力強い後押しを受けているにも関わらず、ここまでご期待に応える結果を出すことができておらず、深くお詫び申し上げます」 「7/31(日)には、トヨタスポーツセンターでファン・サポーターの皆さまにお集まりいただき、クラブの今後の方針をご説明させていただきました。その際は、小倉GM兼監督のバックアップ体制を強化し、小倉GM兼監督のもとクラブ一丸となって引き続き闘っていく決意を表明させていただきました」 「しかしながら、その後もチームは結果を残すことができず、年間順位は未だ降格圏を脱出できておりません」 「説明会の際も申し上げましたとおり、我々は絶対にJ1に残留しなければなりません」 「今シーズンも残り8試合となり、1つも無駄にできない試合が続く中で、J1残留を果たすために最善の方法を再度検討した結果、新しい指揮官のもとで闘っていくべきであると判断いたしました」 「後任として代行を務めるボスコ・ジュロヴスキーアシスタントコーチは、かつてストイコビッチ監督のもとでリーグ優勝を果たしたほか、母国で代表チームの監督を務めるなど実績は申し分なく、今いる選手との関係や課題である守備力の向上という観点からも適任であると判断いたしました」 「今後も厳しい闘いが続きますが、ボスコ・ジュロヴスキー監督代行のもとチームを再構築し、残り8試合、全身全霊で闘い、J1残留を果たすことが我々の使命であり、責任だと強く認識しています」 「ファン・サポーターの皆さまには、大変ご心配をおかけしていますが、引き続き名古屋グランパスと共に闘っていただきますようよろしくお願いいたします」 2016.08.23 17:12 Tue
twitterfacebook
thumb

J2降格危機の名古屋、小倉隆史監督を事実上の解任…後任はボスコ・ジュロヴスキー氏

▽名古屋グランパスは23日、ゼネラルマネージャー(GM)を兼任する小倉隆史監督(43)がシーズン途中で休養に入ることを発表した。事実上の解任となる。なお、後任として、アシスタントコーチを務めるセルビア人のボスコ・ジュロヴスキー氏(54)が監督代行として指揮を執る。 ▽昨シーズンにGM補佐として古巣名古屋に帰還した小倉氏は、今シーズンからGM職を兼任する形で監督に就任。しかし、前節終了まで17戦で白星から遠ざかっており、残留圏の15位・ヴァンフォーレ甲府まで勝ち点7差の16位と低迷している。 ▽名古屋を新たに率いるボスコ・ジュロヴスキー氏は、2008~2013年まで同クラブに在籍。元マケドニア代表監督を歴任し、今年7月末にクラブ史上初なるJ2降格の危機に直面する名古屋にアシスタントコーチとして復帰していた。 ▽小倉氏はクラブを通じてコメント。チームと共に闘ってもらいたいとファン・サポーターに呼びかけた。 「名古屋グランパスが「改革元年」と位置付けたシーズンにGM兼監督という重責を担わせていただき、自分自身、愛するクラブをなんとかしたいという思いで、全力で取り組んできました。また、フロント・スタッフ・選手も全員が一生懸命に取り組んでくれましたが、自分の力不足により、このような状況を招いてしまったことは、本当に申し訳なく思っています」 「ファン・サポーターの皆さまには、このような苦しい状況の中でも常に熱い応援でチームをサポートしていただいたにもかかわらず、ご期待に沿うような結果を残すことができず、皆さんを笑顔にできなかったのは残念でなりません」 「今シーズンのリーグ戦は、残り8試合となりましたが、まだまだ厳しい闘いは続きます。ファン・サポーターの皆さまには、引き続きチームをサポートしていただき、チームと共に闘っていただきたいと思います」 「8ヶ月間ではありましたが、ファン・サポーターの皆さまをはじめ、スタッフ、選手、そして応援していただいたクラブに関わる全ての皆さまに感謝を申し上げます。本当にありがとうございました」 2016.08.23 16:40 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース