ジダンがCR7の残留を明言! イスコとハメスも“アイドル”からの慰留で残留の方向へ2016.01.09 02:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽レアル・マドリーの新指揮官に就任したジネディーヌ・ジダン監督が、今後の去就が不透明となっているポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(30)の残留を明言している。スペイン『マルカ』など複数メディアが伝えている。

▽フロレンティーノ・ペレス会長やマドリディスタなどとの関係悪化の影響もあって、マドリー退団の噂が絶えないC・ロナウド。ここ最近ではパリ・サンジェルマン移籍や、古巣のマンチェスター・ユナイテッド復帰の可能性が盛んに報じられている。

▽だが、ジダン監督は9日に行われるデポルティボとの初陣を前にした前日会見の場でエースの残留を明言している。

「クリスティアーノは移籍不可という以上の存在だ。彼はこのチームの魂なんだ。そして、彼は何処にも行かない」

▽また、C・ロナウドと同様、それぞれチェルシーとマンチェスター・シティなどへの移籍が噂されるコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(24)と、スペイン代表MFイスコ(23)に関しては、「彼らは重要でとても良い選手たちだ。彼らに愛情と信頼を与えるべきだ」と、改めて信頼の言葉を口にしている。

▽なお『マルカ』の伝えるところによれば、ハメスとイスコを高く評価するジダン監督は、就任直後に両選手と話し合いの場を持って、クラブに残留するよう説得を試みた模様。そして、幼少期に憧れていた“アイドル”からの直々の説得に両選手の気持ちは、マドリー残留に傾いているとのことだ。

コメント

関連ニュース

thumb

オーバメヤン、希望の移籍先はレアル一択…そのほかのクラブからのオファーは興味なし

今夏にドルトムントを退団する噂があったFWピエール=エメリク・オーバメヤンだが、同選手が希望する移籍先はレアル・マドリー一択であるという。スペイン『マルカ』が独占情報として伝えた。<br><br>今夏にアトレティコ・マドリー、バルセロナなどから興味を持たれたとされるオーバメヤン。しかしながらガボン代表FWは、マドリッド出身の祖父との「いつかレアル・マドリーでプレーする」という約束を果たしたいと考えている模様だ。<br><br>『マルカ』によれば、レアル首脳陣は先のチャンピオンズリーグ組み合わせ抽選会で、ドルトムント首脳陣からオーバメヤンの意思を聞かされたという。曰く、スペインのあるクラブがオーバメヤンの獲得オファーを提示したにもかかわらず、同選手はレアル以外に移籍する意思がないことを明確にしたとのことだ。<br><br>レアルは今夏の移籍市場でFWアルバロ・モラタをユヴェントスから買い戻しており、オーバメヤン自身もすぐに同クラブに移籍することは難しいと考えている様子。だがレアルに対して、自身の意思が伝わることを望んでいたとみられる。<br><br>レアルはそのオーバメヤンの意思をしっかりと受け止め、良好な関係にあるドルトムントから、同選手の去就に関するあらゆる動きについて今後連絡が入るようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.29 23:55 Mon
twitterfacebook
thumb

レアルのトップチームに残ったマリアーノ、「12月まで全力を尽くしていく」 出場機会を得られない場合は移籍か

今季からレアル・マドリーのトップチームでプレーするFWマリアーノだが、冬の市場で移籍する可能性があるのかもしれない。<br><br>昨季までレアル・マドリー・カスティージャ(Bチーム)に所属していたマリアーノ。今夏にトップチームのプレシーズンに参加したドミニカ共和国代表FWは、ジネディーヌ・ジダン監督に認められ、そのまま同チームでシーズンをスタートさせている。<br><br>しかし、選手層の厚いレアルにおけるマリアーノの挑戦には、期限があるのかもしれない。27日のリーガエスパニョーラ第2節セルタ戦(2-1)で途中出場を果たした同選手は、試合後に次のように語っている。<br><br>「リーガ1部でデビューできて嬉しい。トップチームに残ったのは、でき得る限りの貢献をするためだ。ここでプレーすることは夢だったし、12月まで全力を尽くしたい」<br><br>「マドリーで出場機会を得るために戦っていきたい。監督が求める貢献をするために、僕はここにいるんだ」<br><br>FWカリム・ベンゼマ、FWアルバロ・モラタらと出場機会を争うマリアーノだが、満足にプレーできない場合は、冬にレンタルなどで移籍する可能性もあり得そうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.29 01:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ポグバ代理人「モウリーニョのほか、ジダンも彼の獲得を望んでいた」

今夏にユベントスからマンチェスター・ユナイテッドに移籍したMFポール・ポグバの代理人ミノ・ライオラ氏によれば、レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督も同選手の獲得を望んでいたようだ。<br><br>ポグバは今夏、史上最高額の移籍金9200万ポンドでユナイテッドに加入。この移籍を成立させた一人であるライオラ氏はフランス『テレフット』とのインタビューで、ポグバにはジョゼ・モウリーニョ監督のほか、ジダン監督も強い興味を示していたと語っている。<br><br>「ユーロ開催中、ポグバとは交渉について話さなかった。彼は決勝での敗戦に大きく肩を落としていたね」<br><br>「モウリーニョは昨年にもポグバを求めたが、まだ適切な時期ではなかった。ジダンも同様に彼をほしがっていたよ。思うに、5~6クラブが彼の獲得に動いていた。とにかく、マンチェスター・ユナイテッドは私が扱う選手の獲得で、さらに強くなった。レアル・マドリーはノーだ」<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.28 21:58 Sun
twitterfacebook
thumb

ジダン、ハメスは「残留する」と明言 セルタ戦勝利については「最後まで戦い抜いた」

27日のリーガエスパニョーラ第2節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのセルタ戦に2-1で勝利した。ジネディーヌ・ジダン監督は試合後、セルタに一時同点に追いつかれたチームが、あきらめずに勝利を目指したことへの満足感を表している。<br><br>スペイン『マルカ』と『アス』がフランス人指揮官のコメントを伝えた。<br><br>「いつも簡単に勝てるわけではない。いや、勝利をつかむのは決して簡単ではないんだよ。心に残るのはチームが最後まで戦い抜いたことだ。セルタはとても良いチームだったね」<br><br>「最後まで勝利を信じて、それを手にしたことが心に残っている。交代はチームに何かを寄与するために行われるが、今日は実際にそうなった。そうすべきという試合ができたね」<br><br>また、プレシーズンから得点が足りないと指摘され続けてきたモラタが、今季公式戦初ゴールを決めたことにも触れている。<br><br>「モラタは完璧なプレーを見せた。とても素晴らしかったよ。先制点を記録しただけでなく、2点目、3点目と決められる可能性もあった」<br><br>前節レアル・ソシエダ戦を出場停止で欠場し、復帰戦となったこの試合で攻守にわたって奮闘したMFルカ・モドリッチについては、次のように述べた。<br><br>「ルカは素晴らしい貢献を見せた。とても良い感じだと思ったよ。ただ、チームメートと比べれば(フィジカルコンディションが)まだ劣っているね」<br><br>一方、この試合では途中出場から勝ち越し弾の起点となるボール奪取を見せた、MFハメス・ロドリゲスにも言及。記者から退団の可能性を問われると、残留を明言している。<br><br>「彼は試合に入り込んでいた。ああ、君(記者)が言うようにここに残るよ」<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.28 20:46 Sun
twitterfacebook
thumb

マドリー、セルタに苦戦もモラタ&クロース弾で競り勝ち開幕2連勝!《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第2節のレアル・マドリーvsセルタが27日にサンチャゴ・ベルナベウで行われ、レアル・マドリーが2-1で競り勝った。 ▽主力不在の中で迎えたソシエダとの開幕戦をベイルの2ゴールの活躍などで快勝したマドリーは、今季初のホームゲームで開幕2連勝を狙った。前節からのメンバー変更は1点。出場停止明けのモドリッチが、コバチッチに代わって先発入り。負傷を抱えるクリスティアーノ・ロナウドやベンゼマは、引き続きベンチ外となった。 ▽立ち上がりから拮抗した展開が続く中、12分にマドリーはベイルの中央突破からボックス右でこぼれ球を拾ったモラタが左足に持ち替えてシュートを放つが、これは枠の左に外れる。さらに14分には持ち上がったモドリッチがGK正面を突くミドルシュートを放った。 ▽一方、立ち上がりからインテンシティの高いフットボールを展開するセルタは、高い位置でボールを奪っては鋭いカウンターに転じる。24分には左サイドを突破したボンゴンダがボックス左からシュートを放つが、これは力が入り過ぎて枠の左に外れた。 ▽なかなか相手の堅守を崩しきれないマドリーだが、序盤からキックのフィーリングが合っていたモドリッチが29分と、32分に決定的なミドルシュートを続けて放つ。だが、クロスバーと相手GKのビッグセーブに遭い、前半のうちにゴールをこじ開けることはできなかった。 ▽迎えた後半も一進一退の攻防が続く中、51分にアセンシオがミドルシュートを放つと、56分にはボックス付近で得たFKをベイルが左足で狙うが、これはGKの好守に阻まれる。それでも、攻勢を続けるマドリーは60分、相手GKセルヒオ・アルバレスのパスミスを奪ったモドリッチのパスがDFに当たってゴール前フリーのアセンシオの足元に。アセンシオのシュートはGKに防がれるが、こぼれ球をモラタが無人のゴールへ押し込んだ。 ▽モラタの復帰後初のリーグ戦ゴールで勢いづくマドリーは、64分にもカウンターからゴール前に抜け出したモラタが足首を使ったシュートで追加点に迫るが、このシュートは右ポストを叩いた。 ▽追加点のチャンスを逃したマドリーは、67分に右サイドをショートパスで崩されてボックス中央のグイデッティに丁寧に落とされると、これをオレジャーナに右足のミドルシュートで決められた。 ▽試合を振り出しに戻されたマドリーは、既に投入していたルーカス・バスケスに加え、失点直後にモドリッチを下げてハメス・ロドリゲス、77分にモラタを下げてマリアーノを投入。すると、この交代が勝ち越しゴールをもたらす。81分、相手ボックス付近でボールを奪い返したハメス・ロドリゲスからパスを受けたL・バスケスがペナルティアーク付近のクロースにパスを送ると、このパスをクロースが抑えの利いた右足のシュートでゴール右隅を破った。 ▽その後、シストを投入し、前がかるセルタの攻撃をヴァラン、セルヒオ・ラモスを中心に凌ぎ切ったマドリーが、苦しみながらもホーム開幕戦を2-1で勝利。数人の主力を欠く中で開幕2連勝を飾った。 2016.08.28 05:17 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース