ジダンがCR7の残留を明言! イスコとハメスも“アイドル”からの慰留で残留の方向へ2016.01.09 02:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽レアル・マドリーの新指揮官に就任したジネディーヌ・ジダン監督が、今後の去就が不透明となっているポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(30)の残留を明言している。スペイン『マルカ』など複数メディアが伝えている。

▽フロレンティーノ・ペレス会長やマドリディスタなどとの関係悪化の影響もあって、マドリー退団の噂が絶えないC・ロナウド。ここ最近ではパリ・サンジェルマン移籍や、古巣のマンチェスター・ユナイテッド復帰の可能性が盛んに報じられている。

▽だが、ジダン監督は9日に行われるデポルティボとの初陣を前にした前日会見の場でエースの残留を明言している。

「クリスティアーノは移籍不可という以上の存在だ。彼はこのチームの魂なんだ。そして、彼は何処にも行かない」

▽また、C・ロナウドと同様、それぞれチェルシーとマンチェスター・シティなどへの移籍が噂されるコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(24)と、スペイン代表MFイスコ(23)に関しては、「彼らは重要でとても良い選手たちだ。彼らに愛情と信頼を与えるべきだ」と、改めて信頼の言葉を口にしている。

▽なお『マルカ』の伝えるところによれば、ハメスとイスコを高く評価するジダン監督は、就任直後に両選手と話し合いの場を持って、クラブに残留するよう説得を試みた模様。そして、幼少期に憧れていた“アイドル”からの直々の説得に両選手の気持ちは、マドリー残留に傾いているとのことだ。

コメント

関連ニュース

thumb

契約延長を願うC・ロナウド「マドリッドに戻ったら具体的な話をする」

▽ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(31)がレアル・マドリーとの契約延長について言及している。生まれ故郷のマデイラ島で休暇を取っているC・ロナウドが23日、ポルトガル『ルサ』に対してコメントしている。 ▽2018年6月までレアル・マドリーとの契約を残すC・ロナウドは次のように語った。 「会長と話はしているよ。マドリッドに戻ったら契約についての話し合いをするつもりだ。契約延長は明らかに自分が求めていることだ。クラブもそうだと思う。これまでは簡単な話し合いしかしてこなかった。今後はより具体的な話をすることになると思う」 ▽また、セビージャとのUEFAスーパーカップについては次のように語っている。 「試合は8月9日だ。復帰予定は10日だから試合に出るのは無理だよ」 2016.07.24 05:57 Sun
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド、CL&ユーロ優勝を経験した昨季は「人生で最高のシーズンだった」

レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、2015-16シーズンを「人生最高のシーズンだった」と振り返った。スペイン『マルカ』が伝えている。<br><br>バケーション中のC・ロナウドは現在、故郷マデイラ諸島のフンシャルに滞在。同地で取材陣に対応したポルトガル代表は、レアルでチャンピオンズリーグ、ポルトガル代表でユーロを制覇した2015-16シーズンについて、次のようにコメントした。<br><br>「2015-16シーズンは人生で最高のシーズンだった。自分のクラブ、代表チームとともに最も重要な2タイトルを獲得したわけだからね。唯一無二の出来事だったよ」<br><br>また2016年のFIFAバロンドール受賞候補との意見には、次のように返答している。<br><br>「個人タイトルは、手中にできるという期待を持ちながら獲得してきたわけではない。執着はしていないよ。もちろん、昨季はユーロとチャンピオンズという、とても重要なタイトルを手にしたわけだけどね」<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.23 23:45 Sat
twitterfacebook
thumb

レアル、ポグバ獲得をあきらめず? ジダンはポグバを望み、ポグバもレアル移籍に前向きか

レアル・マドリーがユベントスMFポール・ポグバを獲得する可能性は、完全に消滅したわけではないようだ。スペイン『マルカ』が報じた。<br><br>バルセロナに移籍したバレンシアMFアンドレ・ゴメスのほか、ポグバ獲得からも手を引いていたとされるレアル。しかしながらフランス代表MFについては、依然として獲得の可能性が残されている模様だ。<br><br>レアルでポグバの獲得を望んでいるのは、ジネディーヌ・ジダン監督。レアルの上層部はユーロ2016での同選手のプレーに失望を覚えたようだが、同胞のフランス人指揮官はいまだにポグバを引き入れることを望んでいる様子とされる。<br><br>『マルカ』はまた、先に決定的と報じられたポグバのマンチェスター・ユナイテッド移籍がいまだに実現しない理由が、選手本人の意思にあると伝えた。曰く、ポグバはユナイテッドではなくレアルに加わり、ジダン監督の指導を受けることを希望しているという。<br><br>なお『マルカ』は、レアルが実際にポグバを獲得する際には、MFカゼミロ、MFトニ・クロース、MFルカ・モドリッチ、MFマテオ・コバチッチ、MFイスコ、MFハメス・ロドリゲスのいずれかを放出する必要性が生じることも、併せて報じている。<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.23 20:20 Sat
twitterfacebook
thumb

渦中のハメスが残留表明…「99億円のオファーが届いたのは知っている。けど、去りたくない」

▽コロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(25)がレアル・マドリー残留を表明した。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽ハメス・ロドリゲスに関しては、昨シーズン途中から指揮を執るジネディーヌ・ジダン監督の下で出場機会が減少。さらに、ピッチ外での素行が問題視されて、今夏のレアル・マドリー退団の公算が高まっていた。 ▽そのため、関心が噂される複数クラブの中から、マンチェスター・ユナイテッド行きが有力視されてきたハメス・ロドリゲスだが、今夏の移籍を否定。レアル・マドリーで自身の真価を示したいと忠誠を誓った。 「自分の居場所を確保するために戦うつもりだ。それこそが今の夢だよ。僕はレアル・マドリーに留まりたい。ここで成功を掴み取りたいんだ」 「クラブに移籍金8500万ユーロ(約99億円)のオファーが届いたのは知っている。けど、僕は去りたくない」 2016.07.23 15:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ヴォルフスブルクがレアル・マドリーFWマジョラルの獲得を公式発表…延長OP付きのレンタル移籍

▽ヴォルフスブルクは22日、レアル・マドリーからU-19スペイン代表FWボルハ・マジョラル(19)をレンタル移籍で獲得したことを公式発表した。加入期間は、2017年6月30日まで。この契約には、レンタル期間の延長オプションも付随している。 ▽レアル・マドリー下部組織出身のマジョラルは、2015年にトップチームデビューを果たした将来を嘱望される有望株。2015年にギリシャで行われたU-19欧州選手権では3ゴールを挙げて得点王に輝き、スペイン代表の7回目となる優勝に貢献した。 2016.07.23 14:20 Sat
twitterfacebook


ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース