ジダンがCR7の残留を明言! イスコとハメスも“アイドル”からの慰留で残留の方向へ2016.01.09 02:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽レアル・マドリーの新指揮官に就任したジネディーヌ・ジダン監督が、今後の去就が不透明となっているポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(30)の残留を明言している。スペイン『マルカ』など複数メディアが伝えている。

▽フロレンティーノ・ペレス会長やマドリディスタなどとの関係悪化の影響もあって、マドリー退団の噂が絶えないC・ロナウド。ここ最近ではパリ・サンジェルマン移籍や、古巣のマンチェスター・ユナイテッド復帰の可能性が盛んに報じられている。

▽だが、ジダン監督は9日に行われるデポルティボとの初陣を前にした前日会見の場でエースの残留を明言している。

「クリスティアーノは移籍不可という以上の存在だ。彼はこのチームの魂なんだ。そして、彼は何処にも行かない」

▽また、C・ロナウドと同様、それぞれチェルシーとマンチェスター・シティなどへの移籍が噂されるコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(24)と、スペイン代表MFイスコ(23)に関しては、「彼らは重要でとても良い選手たちだ。彼らに愛情と信頼を与えるべきだ」と、改めて信頼の言葉を口にしている。

▽なお『マルカ』の伝えるところによれば、ハメスとイスコを高く評価するジダン監督は、就任直後に両選手と話し合いの場を持って、クラブに残留するよう説得を試みた模様。そして、幼少期に憧れていた“アイドル”からの直々の説得に両選手の気持ちは、マドリー残留に傾いているとのことだ。

コメント

関連ニュース

thumb

【CLグループF総括】最多ゴール記録樹立のドルトムントが首位通過、不安定なレアル・マドリーが2位通過

▽爆発的な攻撃力を見せたドルトムントが2試合を残して、不安定ながらも勝ち点を積み重ねたレアル・マドリーが1試合を残してそれぞれ決勝トーナメント進出を決めた。 ■グループF順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.ドルトムント[14/4/2/0/12] 2.レアル・マドリー[12/3/3/0/6] 3.レギア・ワルシャワ[4/1/1/4/-15] 4.スポルティング[3/1/0/5/-3] ◆GS最多ゴール記録で首位通過~ドルトムント~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161208_71_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽2年ぶりのCL出場となったドルトムントがGS最多となる21ゴールをマークし、持ち前の攻撃サッカーを爆発させた。初戦のレギア・ワルシャワ戦を6発爆勝したドルトムントは、続くレアル・マドリー戦では優勢に試合を運びながら2-2と引き分け、スポルティングとの連戦を苦戦しつつも連勝で乗り切った。そして第4節で決勝トーナメント進出を確定させた。最終節レアル・マドリー戦では2点のビハインドを追いつき、首位での通過を決めている。分厚い選手層に阻まれてなかなか出場機会の得られなかった香川は、第5節のレギア・ワルシャワ戦で2ゴール1アシストを決める活躍を見せた。 ◆昨季王者が結果オーライでGS突破~レアル・マドリー~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161208_72_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季王者のレアル・マドリーが苦戦しながらも着実に勝ち点を積み重ねた。初戦のスポルティング・リスボン戦を終盤の2ゴールで劇的に逆転勝利したレアル・マドリーは、続くドルトムント戦を引き分けに持ち込まれてしまう。その後もカゼミロを欠くチームは守備の不安定さを突かれて失点を重ね、第4節ではレギア・ワルシャワに3-3の打ち合いを演じられてしまった。それでも、勝ち点を積み上げていった王者は第5節スポルティング戦を制し、結果オーライで決勝トーナメント進出を果たした。 ◆無観客のレアル・マドリー戦がハイライト~レギア・ワルシャワ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161208_74_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽21年ぶり本選出場を果たしたポーランド王者は完全なる1弱かと思われたが、スポルティング・リスボンを最後にかわして3位フィニッシュとなった。そのレギア・ワルシャワのハイライトは第4節レアル・マドリー戦。無観客の中で行われた一戦で2点のビハインドを追いつき、一時逆転にまで持ち込む接戦を演じた。失点の多さが致命的だったが、最終節スポルティング戦では1-0と勝利し、ELに回ることとなった。 ◆善戦も2強には届かず~スポルティング・リスボン~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161208_73_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季27ゴールの得点源スリマニと中盤のダイナモ的存在だったジョアン・マリオを失った中、レアル・マドリーとドルトムント相手に善戦して見せた。両クラブとはいずれも1点差負けと、大きな差を感じさせなかった。とはいえ、スリマニの穴を埋める存在として期待されたドストは1ゴールに終わり、キャンベルやマルコビッチも期待されたような活躍を見せるには至らず、最下位での敗退となった。 2016.12.10 07:35 Sat
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド、本拠地ベルナベウのブーイングに不満爆発...ジェスチャーで反論

レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドは、本拠地サンティアゴ・ベルナベウで行われたチャンピオンズリーグ(CL)のドルトムント戦でサポーターに対して不満を爆発させていたようだ。<br><br>問題のシーンは、レアルがドルトムントに2-2と引き分けた試合の79分に起こった。C・ロナウドが「ルーレット(後方に反転しながらボールを扱い相手を抜き去るプレー)」に失敗してボールを失うと、ホームのサポーターから激しいブーイングが浴びせられている。<br><br>これに対し、C・ロナウドがジェスチャーで反論。指を2本自分の方に向けて指笛を吹く真似をし、その後1本指を立てながら横に振って観衆に向かって「ノー」を唱えている。<br><br>ドルトムント戦をノーゴールで終えたC・ロナウドは、CL4試合連続無得点に終わっている。<br><br><br>提供:goal.com 2016.12.09 06:31 Fri
twitterfacebook
thumb

ジダン、決勝トーナメント1回戦の対戦相手に古巣は敬遠「ユーベは避けたい相手」

▽レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦の対戦相手について言及した。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽マドリーは7日、CL・グループステージ最終節のドルトムント戦に臨んだ。首位攻防戦となった一戦で2点を先行したマドリーだったが、終盤にドルトムントに追いつかれてドロー決着。この結果、マドリーは順位を入れ替えることができずに2位で決勝トーナメントに進むこととなった。 ▽7日の試合がすべて終了し、今シーズンのCL決勝トーナメント進出チームが出揃った。マドリーはグループステージを首位通過したチームの中から同国のクラブとグループステージで対戦したクラブを除く、アーセナル、ナポリ、モナコ、レスタ、ユベントスと対戦する可能性がある。 ▽ジダン監督は、自身が現役時代にプレーしたユベントスとの対戦は避けたいと考えているようだ。 「個人的にユベントスとの対戦は避けたいと思っている。とはいえ、私の力ではどうすることもできないのだが…。今はどのチームと対戦するのか静観しなければいけない。私は、彼らへの愛情もある。そしてなによりも彼らは強いチームだ。だから対戦は避けたい」 「ディバラ、イグアインといった強力な前線の選手がいる。彼らだけでなくユーベには素晴らしい選手が多く、我々と同じようになメンタリティを持っているチームだ」 2016.12.08 09:55 Thu
twitterfacebook
thumb

首位通過を逃したジダンはドルトムントを称える、50ゴール達成のベンセマも称賛

▽レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、7日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ最終節のドルトムント戦を総括した。『フットボール・エスパーニャ』が報じている。 ▽首位通過を目指すグループ2位のレアル・マドリーが、首位に立つドルトムントをホームに迎えた一戦。28分、53分にベンゼマがネットを揺らして優位に試合を進めたマドリーだったが、その後2失点を喫して試合は引き分けに。この結果、順位が入れ替わることはなく、マドリーが2位で決勝トーナメントに進出することとなった。 ▽試合を終えたジダン監督は、勝ち点を落とした印象が強い試合だったとしながらも、首位で突破を決めたドルトムントの強さを素直に認めている。 「今日は他にもあった決定機を決められなかった。そこで追いつかれてしまい、結果として2位で決勝トーナメントに進むことになった。立ち上がりからは全力で取り組んでくれたが、徐々にそうではなくなってしまったね。しかし選手のことは誇りに思っている」 「一方でドルトムントは非常に強いチームであることを示した。このグループの戦いを振り返ると、ドルトムントが首位で、我々が2位であることは妥当なように思う。選手たちは目標に向かって取り組んでくれた。それだけこの戦いは難しいものだ。だからこそドルトムントを祝福しよう」 ▽この試合で2ゴールを決めたベンゼマはCL通算で50ゴールを達成した。ジダン監督はベンゼマへの称賛も口にしている。 「選手たちはいつだってゴールを奪いたいものだ。私はベンゼマに満足している。彼はゴールを決め、チームのためにプレーした。そういう姿勢を見ることができて嬉しいね。さらに今日は通算50ゴールという節目だった。それもまた喜びの1つだ」 2016.12.08 09:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ジダン率いるレアル・マドリー、34試合無敗を貫き1988-89シーズンに樹立されたクラブ記録に並ぶ

ジネディーヌ・ジダン監督率いるレアル・マドリーが、ついに同クラブの公式戦無敗記録に並んだ。<br><br>昨季のCL準々決勝1stレグ、アウェイでのヴォルフスブルク戦(0-2)以降、一度も土をつけられていないジダン監督率いるレアル・マドリー。7日のチャンピオンズリーグ(CL)・グループD第6節、本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのボルシア・ドルトムント戦を2-2のドローで終えたことでその記録を34まで伸ばし、レオ・ベーンハッカー氏の率いるチームが1988-89シーズンに達成したクラブの最高記録に並んでいる。<br><br>エミリオ・ブトラゲーニョ氏ら5人の下部組織出身選手選手の存在によって、キンタ・デル・ブイトレ(ハゲワシ部隊)と称された当時のチームは、25勝9分けでレアル・マドリーの現在の無敗記録を樹立した。一方ジダン監督率いるレアル・マドリーも、34試合の内訳は25勝9分けと同じ成績になった。ただ得点&失点については、1988&minus;89シーズンのチームが86得点35失点で、ジダン監督のチームが95得点32失点と後者の方がより良い成績を残している。<br><br>なおリーガエスパニョーラのクラブにおいて、レアル・マドリー以上の無敗記録を有しているのはバルセロナで、こちらはルイス・エンリケ現監督が2015-16シーズンに39試合無敗を達成。ジダン監督率いるレアル・マドリーが、どこまでその記録に近づけるのかにも注目が集まる。<br><br><br>提供:goal.com 2016.12.08 09:00 Thu
twitterfacebook
Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース