ジダンがCR7の残留を明言! イスコとハメスも“アイドル”からの慰留で残留の方向へ2016.01.09 02:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽レアル・マドリーの新指揮官に就任したジネディーヌ・ジダン監督が、今後の去就が不透明となっているポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(30)の残留を明言している。スペイン『マルカ』など複数メディアが伝えている。

▽フロレンティーノ・ペレス会長やマドリディスタなどとの関係悪化の影響もあって、マドリー退団の噂が絶えないC・ロナウド。ここ最近ではパリ・サンジェルマン移籍や、古巣のマンチェスター・ユナイテッド復帰の可能性が盛んに報じられている。

▽だが、ジダン監督は9日に行われるデポルティボとの初陣を前にした前日会見の場でエースの残留を明言している。

「クリスティアーノは移籍不可という以上の存在だ。彼はこのチームの魂なんだ。そして、彼は何処にも行かない」

▽また、C・ロナウドと同様、それぞれチェルシーとマンチェスター・シティなどへの移籍が噂されるコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(24)と、スペイン代表MFイスコ(23)に関しては、「彼らは重要でとても良い選手たちだ。彼らに愛情と信頼を与えるべきだ」と、改めて信頼の言葉を口にしている。

▽なお『マルカ』の伝えるところによれば、ハメスとイスコを高く評価するジダン監督は、就任直後に両選手と話し合いの場を持って、クラブに残留するよう説得を試みた模様。そして、幼少期に憧れていた“アイドル”からの直々の説得に両選手の気持ちは、マドリー残留に傾いているとのことだ。

コメント

関連ニュース

thumb

アルベロア「モウリーニョが来ていなければ、今でもペップはバルサを率いていたかも」

レアル・マドリーDFアルバロ・アルベロアは、マンチェスター・ユナイテッド監督就任に近づくジョゼ・モウリーニョ氏がマドリーで重要な役割を担ったことを強調している。<br><br>マドリーのカンテラーノ(下部組織出身選手)であるアルベロアは、今季限りで同クラブを退団する。モウリーニョ氏とは、2010年から2013年まで一緒に仕事をした。その当時、圧倒的な強さを誇っていたのがジョゼップ・グアルディオラ監督率いるバルセロナである。<br><br>アルベロアは『BeinSports』で宿敵に苦杯をなめさせられていた2008年から2012年の間で、モウリーニョ氏就任以降マドリーに変化が訪れたと語っている。<br><br>「モウリーニョは、バルサの覇権を崩すのに重要な役割を担った。それは十分に理解されていないように思える」<br><br>「モウリーニョが来ていなければ...。今でも、グアルディオラはバルサを率いてタイトルを取り続けていたかもしれない」<br><br>&nbsp;<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.27 00:35 Fri
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド、ベニテスを再びチクリ 「監督が教えられないこともある」

レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドは、今季途中まで指揮を執ったラファエル・ベニテス前監督に再び苦言を呈した。<br><br>1月に解任されたベニテス監督は、C・ロナウドとの緊張関係が度々報じられていた。C・ロナウドはスペイン『セクスタ』のインタビューで、かつての指揮官について次のように述べている。『マルカ』や『アス』が伝えた。<br><br>「ベニテス監督は僕にFKの蹴り方を言ってきた? 監督からは常に学ぶことができる。でも、学べることと、そうじゃないこととあるんだ。誰も教えることができないこともある。FKだけでなく、ボールの蹴り方やドリブル&hellip;議論できないこともある。考え方が違うのなら、礼を言うだけさ」<br><br>一方で、C・ロナウドはジダン監督と良い関係を築けているようだ。<br><br>「彼はインテリジェントな人だよ。あまり話さないけど、すごくポジティブだ。僕は彼と同じに感じるんだ。すごくプロフェッショナルなんだよ。<br><br>「僕は、彼にとって監督として初となるCL優勝を実現したい。そして、これから何年も続けることを願っている。監督としての経験は浅いけど、とてもうまく道やスタイルを見つけようとしているんだ。僕はそれが好きなんだよ」<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.26 14:39 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリー、プランBはEL3連覇監督? エメリとコンタクトか

イタリア『メディアセット』は25日、レアル・マドリーがセビージャのウナイ・エメリ監督とコンタクトを取っていると報じた。<br><br>28日のチャンピオンズリーグ(CL)決勝に向けて集中しているマドリーだが、ジネディーヌ・ジダン監督のシーズン後の進退は未定とされている。<br><br>『メディアセット』は、マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が「プランB」を用意しており、それはジダン監督の続投意思だけでなく、CLファイナルの結果次第という。ペレス会長はエメリ監督に、セビージャのフロントに続投を伝えるのを今月いっぱい待つように要請したとされる。<br><br>エメリ監督は2013年にセビージャの指揮官に就任し、ヨーロッパリーグ3連覇という偉業を達成。エヴァートンも同監督に関心を寄せているが、『メディアセット』はセビージャが続投を確信していると締めくくっている。<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.26 11:03 Thu
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドがマドリーと契約延長!! 正式発表はCL決勝後を予定

▽レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(31)が、同クラブとの契約を延長したようだ。スペイン『アス』が報じている。 ▽レアル・マドリーと2018年6月まで契約を残しているC・ロナウドに対しては、古巣であるマンチェスター・ユナイテッドなどが獲得に興味を示していると報じられている。中でもパリ・サンジャエルマンは同選手の獲得に本腰を入れているようで、年俸3000万ユーロ(約36億8600万円)の高額オファーで引き抜きを画策していると噂されていた。 ▽6シーズン連続で公式戦50ゴールを上げるなど、衰えを見せないC・ロナウドに対してマドリー側は残留を望んでおり、両者は新契約に関する交渉を行っていた模様。『アス』によると、マドリーは当初、2020年までの2年延長を視野に入れていたが、C・ロナウドが望む2021年までの3年延長で合意したようだ。 ▽なお、すでに選手は契約書にサインをしているようで、正式発表は28日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝戦後に正式発表を行うようだ。 ▽また同メディアは、契約を全うした場合にC・ロナウドが36歳を迎えることで、今回の新契約により同クラブで現役を終える覚悟をしたのではないかと報じている。 2016.05.26 08:30 Thu
twitterfacebook
thumb

アトレティコを恐れないベイル 「個々の選手を見ればマドリーが上」

レアル・マドリーMFガレス・ベイルは、28日のチャンピオンズリーグ(CL)決勝で対戦するアトレティコ・マドリーを恐れることはないと主張している。<br><br>今季のCLは2年前と同じくマドリッド・ダービーによって優勝者が決定する運びとなっている。前回の対戦では、ベイルの1得点を含め延長戦で立て続けに得点を挙げたマドリーが4-1で勝利を収めた。<br><br>ベイルはスペイン『カデナ・コペ』のインタビューで次のように話した。<br><br>「決勝に進めたのは、素晴らしいことだ。決勝で負ければ、それは失敗だよ。でも、最下位に沈むほど大きな失敗ではない。僕たちは勝利だけを考えている」<br><br>また、ベイルはマドリーとアトレティコの選手をポジション別に見てどちらが優れているかを問われ、こう答えている。<br><br>「レアル・マドリーだ。すべてのポジションにおいて、個々の選手はマドリーの方が上だよ」<br><br>ディエゴ・シメオネ監督は先日、マドリーが決勝でカウンターを武器に勝利を目指すはずだとの見解を示した。だがベイルは現時点でジネディーヌ・ジダン監督から特別な指示は受けていないと明かしている。<br><br>「シメオネには、きっと自分の意見があるのだろう。でも、僕たちは決勝でどうプレーするかをまだ知らない。どういうプレーをするかは試合の展開次第だと思う。ポゼッションにせよ、カウンターにせよ、僕たちは準備できている」<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.25 22:52 Wed
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース