ジダンがCR7の残留を明言! イスコとハメスも“アイドル”からの慰留で残留の方向へ2016.01.09 02:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽レアル・マドリーの新指揮官に就任したジネディーヌ・ジダン監督が、今後の去就が不透明となっているポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(30)の残留を明言している。スペイン『マルカ』など複数メディアが伝えている。

▽フロレンティーノ・ペレス会長やマドリディスタなどとの関係悪化の影響もあって、マドリー退団の噂が絶えないC・ロナウド。ここ最近ではパリ・サンジェルマン移籍や、古巣のマンチェスター・ユナイテッド復帰の可能性が盛んに報じられている。

▽だが、ジダン監督は9日に行われるデポルティボとの初陣を前にした前日会見の場でエースの残留を明言している。

「クリスティアーノは移籍不可という以上の存在だ。彼はこのチームの魂なんだ。そして、彼は何処にも行かない」

▽また、C・ロナウドと同様、それぞれチェルシーとマンチェスター・シティなどへの移籍が噂されるコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(24)と、スペイン代表MFイスコ(23)に関しては、「彼らは重要でとても良い選手たちだ。彼らに愛情と信頼を与えるべきだ」と、改めて信頼の言葉を口にしている。

▽なお『マルカ』の伝えるところによれば、ハメスとイスコを高く評価するジダン監督は、就任直後に両選手と話し合いの場を持って、クラブに残留するよう説得を試みた模様。そして、幼少期に憧れていた“アイドル”からの直々の説得に両選手の気持ちは、マドリー残留に傾いているとのことだ。

コメント

関連ニュース

thumb

不仲説に終止符!? C・ロナウドがゴール後にジダンと抱擁

▽レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの苛立ちは収まったようだ。スペイン『マルカ』、スペイン『アス』など多くのメディアが伝えている。 ▽24日に行われたリーガエスパニョーラ第6節のラス・パルマス戦(2-2のドロー)に先発出場したC・ロナウド。しかし後半途中で交代を告げられたことに不満を示しており、スペインのテレビ局『クアトロ』は、読唇術を用いて、C・ロナウドが交代直後に「なぜ俺なんだ」、「くそったれ」などと暴言を口にしたと明かしていた。 ▽ジダン監督は「クリスティアーノの怒りは、別に彼だけが感じることではない」と語り、同選手に一定の理解を示して関係性に問題はないことを強調していた。 ▽迎えた27日、チャンピオンズリーグ(CL)。グループステージ第2節で、レアル・マドリーはドルトムントと敵地で対戦した(2-2のドロー)。先発出場したC・ロナウドは17分に先制点を奪取。得点後はジダン監督の下に行って抱擁を交わした。 ▽スペインメディアは、C・ロナウドのジダン監督に対する不信感は消え去ったとしている。 2016.09.28 10:46 Wed
twitterfacebook
thumb

ドローに納得がいかないハメス・ロドリゲス「不当な結果」

▽レアル・マドリーのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスは、ドルトムントとのドローに納得がいっていないようだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽マドリーは27日チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節でドルトムントと敵地で対戦。2度のリードを手にしながらも追いつかれて、2-2のドローで試合を終えている。先発出場したハメス・ロドリゲスは70分までプレーした。 ▽試合を振り返った同選手は「これがフットボールだけど、この結果は少し不当に感じる」とコメント。勝利に値した試合だったとの見方を示した。 ▽この結果、マドリーはリーグ戦の2試合に続き、公式戦3戦連続ドローとなった。ハメス・ロドリゲスは結果を受け入れて、10月2日に行われるリーガエスパニョーラ第7節のエイバル戦で勝利しなければいけないと語った。 「誰もがそうだけれど、状況を好転させようと取り組まなければいけないね。事実としてリーガの2試合はドローで終えている。そして今日も引き分けだった。でも次の試合はすぐにやってくる。そこで勝ち点3を取りたいと思っているよ」 2016.09.28 09:59 Wed
twitterfacebook
thumb

2度のリードを守れずにドローもジダンは「今日の試合を誇りに思う」

▽レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、27日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節のドルトムント戦を振り返り、ドロー決着にも満足感を示した。『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 ▽リーグ戦2戦連続ドローと結果を残せていないマドリーが敵地でドルトムントと対戦した。17分にクリスティアーノ・ロナウドのゴールで先制するも、前半終了間際にオウンゴールから失点。68分にはヴァランが勝ち越しゴールを奪ったが、終了間際に同点を許して、公式戦3戦連続ドローとなった。 ▽試合を振り返ったジダン監督は「選手たちは素晴らしい試合をしてくれた」と、チームの戦いぶりを称賛。受け入れるのが難しい結果だとしながらも、敵地でのドローは悪くないものだと強調した。 「もう少しで勝利を手にすることができていただけに、残念な思いがある。しかしドローは悪い結果ではない。相手は前半からハードにプレーしていて、我々は苦しめられた。ただ、このスタジアムでの対戦は難しいものだと理解して試合に臨んでいた」 「今日の結果を誇りに思っている。ドローを恥じることはない。これで3試合連続ドローだが問題はない」 2016.09.28 09:51 Wed
twitterfacebook
thumb

レアル、公式戦3試合で勝利なしにもクロースは気にせず…リーガ首位であることを強調

レアル・マドリーは27日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節でドルトムントと対戦。追いつかれてのドローに終わり、ドイツ代表MFトニ・クロースは失望しつつ、結果を受け入れている。ドイツ『スカイ』が報じた。<br><br>ドルトムント戦で先発フル出場したクロースは「終盤に失点するのは常に残念」と話し、「週末に同じことがあったばかりなので、今日はそうなることを望んでいなかった。勝っていたら最高の状況を作れていたわけだしね。だが、最終的には引き分けたことを受け止めなければいけない」と振り返っている。<br><br>続けて、敵地でのドルトムントは並大抵の相手ではなかったことを明かした。<br><br>「予想していた通りの強力な相手だった。前半は彼らの方が僕たちより高いポゼッション率を維持していたね。それ自体は僕たちにとって悪いわけではないが、多くの決定機を作られていたら危なかったかもしれない。いずれにせよ僕たちはもっとボールを持つことを望むので、後半は修正できたと思う」<br><br>一方で、チームがスランプに陥っているのではという質問に対しては「チームが報道に影響されることはない。逆に絶賛されても同じだ。自分たちで状況を正しく評価できているよ。特に週末のリーグ戦(ラス・パルマス戦)では勝利した試合よりも素晴らしいプレーしたと思うし、僕の情報によると、僕たちのチームはリーガの首位に立っているよ。スランプは良いものだということだね(笑)」と気にしていない様子だ。<br><br>R・マドリーは公式戦3試合で勝利なしとなった。しかし、クロースも語っている通り、内容がそれほど悪いわけではなく、チームが過度に結果を気にしているということはないのかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2016.09.28 09:20 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング:ドルトムント2-2レアル・マドリー《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)グループF第2節ドルトムントvsレアル・マドリーが27日に行われ、2-2で引き分けた。ドルトムントの香川はベンチ外となった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ドルトムント採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160928_8_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 38 ビュルキ 5.5 さほど守備機会がない中、2失点 DF 26 ピシュチェク 5.5 1失点目は防げた。ただ、流れの中でC・ロナウドを自由にさせず 25 パパスタソプーロス 6.0 ベンゼマとのマッチアップで引けを取らず 28 ギンター 6.0 後半序盤に足を痛めるも、最後までパパスタソプーロスと共に安定した守備を見せた 29 シュメルツァー 6.0 ベイルの動きを止める MF 7 O・デンベレ 6.0 両足をうまく使って打開を図り、シュートも果敢に狙った (→プリシッチ 6.0) ドリブルで右サイドの攻撃を活性化 27 カストロ 5.5 攻守に渡ってハードに戦った 33 ヴァイグル 6.0 中盤をコントロール。ポゼッションを安定させた 10 ゲッツェ 5.0 モドリッチとの攻防で上回れず (→シュールレ 6.5) 値千金の同点弾。左サイドの攻撃を活性化 13 ラファエウ・ゲレイロ 5.5 FKでオーバメヤンのゴール演出。ただ、流れの中で違いを生みだしきれず (→エムレ・モル -) FW 17 オーバメヤン 6.0 スペースがなく苦戦も1ゴール 監督 トゥヘル 6.0 王者相手に能動的に戦って引き分けに持ち込む ▽レアル・マドリー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160928_9_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ケイロル・ナバス 6.0 失点場面はパンチングの弾く方向がまずかったが、多くの枠内シュートを的確にセーブ DF 2 カルバハル 5.5 ラファエウ・ゲレイロとのマッチアップで後手を踏まず 5 ヴァラン 6.0 失点に絡んだが、意地のゴールで相殺 4 セルヒオ・ラモス 5.5 バックラインを下げて相手の攻撃を抑える 23 ダニーロ 5.5 O・デンベレに苦戦も耐える MF 8 クロース 6.0 モドリッチと共に守備のバランスを取った 10 ハメス・ロドリゲス 5.5 先制点を演出。ヴァイグルを監視する役割も担った (→コバチッチ -) 19 モドリッチ 6.0 攻守に及第点以上のプレーぶり FW 11 ベイル 5.5 先制点をアシスト。ただ、カウンター時にもっと脅威となりたいところ 9 ベンゼマ 5.5 2点に絡む。劣勢だったため前線で起点になる働きは制限された (→モラタ -) 7 C・ロナウド 6.5 先制ゴールを決め、2点目を演出。ゴールに直結する働きを見せた 監督 ジダン 6.0 2失点したものの、ドブレピボーテに変更して守備を安定させた ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! シュールレ(ドルトムント) ▽2点に絡んだC・ロナウドも相応しいが、負傷明けで途中出場ながら、すんなりと試合に入って同点弾を奪ったシュールレを選出。 ドルトムント 2-2 レアル・マドリー 【ドルトムント】 オーバメヤン(前43) シュールレ(後42) 【レアル・マドリー】 C・ロナウド(前17) ヴァラン(後23) 2016.09.28 06:01 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース