ジェラードがキャプテンとして出場! レジェンドマッチはリバプールがルイス・ガルシアの2得点などでオーストラリアに快勝!2016.01.07 20:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽昨シーズン限りでリバプールを退団した元イングランド代表MFスティーブン・ジェラードが、リバプールのユニフォームを身に纏い、キャプテンマークを巻いてピッチに戻ってきた。

▽7日、オーストラリアのシドニーでリバプール・レジェンズvsオーストラリア・レジェンズのエキシビジョンマッチが行われ、4-0でリバプール・レジェンズが勝利した。

▽ジェラードは、昨年5月24日に行われたストーク・シティとのプレミアリーグ最終戦以来、約8カ月ぶりにキャプテンとして出場。その他、ジェイミー・キャラガーやルイス・ガルシア、パトリック・ベルガー、ロビー・ファウラーなどが先発出場した。また、ベンチにもイアン・ラッシュや、トーマス・グロベラーなど往年の選手が控えた。

▽4万人を超える大観衆の中行われた試合は、27分にルイス・ガルシアのゴールでリバプール・レジェンズが先制すると、52分にはジェラードのクロスから再びルイス・ガルシアが決めて追加点。さらに、74分にイアン・ラッシュ、92分にジョン・オルドリッジがゴールを奪い、リバプール・レジェンズが快勝した。

コメント

関連ニュース

thumb

ダービーで人種差別発言疑惑のフィルミノはお咎めなし! FAが嫌疑不十分を理由に処分行わず

▽イングランドサッカー協会(FA)は21日、先月5日に行われたFAカップ3回戦のリバプールvsエバートンで人種差別発言の容疑をかけられていたリバプールFWロベルト・フィルミノに対して、嫌疑不十分を理由に処分を科さないことを発表した。 ▽先月5日に行われたFAカップ3回戦、リバプールとエバートンによるマージーサイド・ダービーは、リバプールが2-1で勝利した。だが、この試合ではフィルミノとエバートンDFメイソン・ホルゲイトがピッチ内で激しくやり合った結果、ピッチサイドにいたフィルミノはホルゲイトに両手で押されてスタンドに入ってしまう一幕もあった。このラフプレーをキッカケにヒートアップした中、フィルミノはホルゲイトに対して人種差別的な発言を行った模様。 ▽その後、ロバート・マドレー主審がこのやり取りをフォースオフィシャルに申告した結果、試合後にイングランドサッカー協会(FA)が公式に調査を開始する事態となった。 ▽そして、調査開始から1カ月半近く経った21日にFAは嫌疑不十分を理由に、フィルミノに対していかなる処分も科さないことを発表した。 「利用可能な証拠のすべてを考慮した結果、フィルミノに対する告発は十分なものではないと我々は考えている」 ▽なお、先日にイギリス『デイリー・ミラー』は読唇術の専門家の意見として、この場面でフィルミノはホルゲイトの肌の色に関して言及したわけではなく、「フィーリョ・ダ・プッタ(ポルトガル語で娼婦の息子の意)」という、挑発的な発言をしていたと伝えていた。 ▽一部では10試合の出場停止処分が妥当との意見も出ていた中、フィルミノは最終的に処分を免れることになった。現在、熾烈なトップ4争いに巻き込まれているリバプールにとって、主力FWの処分回避は大きな朗報といえるだろう。 2018.02.22 04:23 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプールがセレソン正守護神と合意か…移籍金はGK史上最高額

▽リバプールが、ローマに所属するブラジル代表GKアリソン・ベッカー(25)の獲得に動いているようだ。個人条件で合意したことを『ESPN』が伝えている。 ▽2016年の夏にインテルナシオナウからローマ入りしたアリソンは今シーズン、セリエAとチャンピオンズリーグの全試合でゴールマウスを守っており、出色のパフォーマンスを継続。ブラジル代表のチッチ監督が明かしたとされる15名のロシア・ワールドカップ行き“内定者”の中にも唯一GKとして選出されており、セレソンでも正守護神の座を掴んでいる。 ▽そのアリソンに関して、リバプールが獲得に迫っているようだ。リバプールでは現在、GKヨリス・カリウスがGKシモン・ミニョレとのポジション争いでリードしてゴールマウスを守っているが、ユルゲン・クロップ監督からの信頼を勝ち取っているとは考えられていない。リバプールは、多くのクラブが狙っているとみられるアリソンの獲得に動いているようで、選手の代理人と個人条件に関して合意したようだ。 ▽しかし、クラブ間合意は移籍実現に向けて小さくない壁だ。ローマはGKとして世界最高額となる7000万ユーロ(約92億円)を求める構えのようで、リバプールがこの金額に対してどのように交渉に臨むか注目される。 2018.02.17 17:08 Sat
twitterfacebook
thumb

「スアレス時代よりも良い。最高だ」ジェラード氏がリバプール前線トリオを絶賛

リバプールOBスティーブン・ジェラード氏は、モハメド・サラー、サディオ・マネ、ロベルト・フィルミーノは、2014年のルイス・スアレス擁する攻撃陣よりも強力だと話している。<br><br>2014年、惜しくもプレミアリーグタイトルを逃したリバプールだったが、当時エースのスアレスは31ゴールをマーク。さらに、ダニエル・スタリッジ、ラヒーム・スターリングの活躍もあり、アタッカー陣の3選手で得点を量産していた。一方、サラー、マネ、フィルミーノのトリオはすでに今シーズンの合計得点数を「63」に伸ばし、クラブのレジェンドであるジェラード氏もこの活躍を『BTスポーツ』で称賛している。<br><br>「両方とも最高に素晴らしいが、スアレスの頃よりも今のチームはよくブレンドされていると言えるだろう。マネはスピードをもたらし、フィルミーノとともに上手くボールをキープしている。それに加えてゴールを奪えるサラーもいる。このトリオは最高だ」<br><br>「このチームの運動量はとても、とてもスペシャルで、彼らが誰も自分勝手にプレーしていないのは明白だ。変に欲を出す選手もいないし、誰も利己的ではない。全員が協力してボールをつなぎ、良いポジションをお互いに探し出す。彼ら全員は1点の重さをよく知っているからこのように動けるのだろう」<br><br>先日のポルト戦で、マネはハットトリックをマークし、フィルミーノも1得点を挙げる。さらに、この試合でもゴールを奪ったサラーはスアレス以来4シーズンぶりに公式戦30得点以上をマークした選手となった。<br><br>好調アタッカー陣擁するリバプールのチャンピオンズリーグでの快進撃はまだまだ続きそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.16 13:14 Fri
twitterfacebook
thumb

CLでクラブ史上4人目となるハットのマネ「自分を疑うことはなかった」

▽リバプールに所属するセネガル代表FWサディオ・マネがチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのポルト戦を振り返った。リバプール公式サイトが伝えている。 ▽リバプールは14日に行われたCL決勝T1回戦1stレグでポルトとのアウェイ戦に臨み、5-0と大勝した。この試合でハットトリックを記録したマネは、以下のように話している。 「とても幸せだよ。時々、こういうことがフットボールでは起こる可能性があるんだ。僕にとっては(最近は)楽な時ではなかったよ。だけど、僕は自分のことを疑うことはなかった。どのように自分がチームを助けることができるかはわかっていたからね。僕は常にハードに取り組んでいた」 「チーム全体のパフォーマンスが素晴らしかった。僕たちは素早く試合をスタートして、チャンスを作り、5点決めた。それが鍵となったね。僕たちに値した勝利だよ」 「僕はこのチームで前線の仲間たちと一緒にプレーすることを常に楽しんでいる。僕たちは一緒にプレーすることを楽しんでいるんだ。それが鍵となることだ」 「この大会では楽な対戦相手はいない。この試合が簡単にはならないと僕たちはわかっていた。だから、素早くスタートして、最初からベストを尽くすようにトライした。僕たちは勝利に値していたよ」 ▽なお、『Opta』によればマネはリバプール史上、CLでハットトリックを達成した4人目の選手となった。これまでは、FWマイケル・オーウェン、MFユッシ・ベナユン、MFフィリペ・コウチーニョの3人が達成している。 2018.02.16 11:48 Fri
twitterfacebook
thumb

気が利く男ロバートソン、マネのハットトリック記念ボールを何とか回収

▽リバプールのスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンが14日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのポルト戦で地味ながら大きな仕事を果たしていたようだ。クラブ公式サイトがロバートソンのファインプレーを伝えている。 ▽リバプールは14日に敵地で行われた一戦を5-0で大勝した。この試合ではFWロベルト・フィルミノとFWモハメド・サラーが共に1ゴールを記録。だが、この試合で主役を担ったのはFWサディオ・マネだった。マネは前半立ち上がりに貴重な先制点を挙げると、後半も立ち上がりに2点目、試合終了間際には見事なミドルシュートで3点目を挙げてハットトリックを達成した。 ▽しかし、試合終了直後にマネはサッカー界の慣習であるハットトリック記念の試合球を受け取ることを失念。ここで地味ながらもファインプレーを見せたのが、左サイドでマネとコンビを組むロバートソンだった。 ▽試合後、マネが記念のボールを持っていないことに気が付いたロバートソンは、すぐさま引き上げていくボールボーイを追って事情を説明。そして、マネに代わって記念ボールを受け取り、マネの元に届けていた。 ▽ロバートソンは今回の出来事に関してクラブ公式サイトで以下のように語っている。 「試合後、僕は彼(マネ)のボールを受け取るためにボールボーイを追いかける必要に迫られたんだ。彼はそのことを完全に忘れていたからね。幸い、僕はそれを受け取ることができたんだ」 「モー(サラー)とボビー(フィルミノ)はここ数週間、見出しを飾っていた。だけど、サディオはピッチ上において重要な存在なんだ。彼はハードワーカーで、いつも本当に懸命に働いてくれる。今日はスポットライトが当たり、3ゴールを奪ってくれたね」 ▽今回のロバートソンの発言を聞くと、同選手の優しさと共にリバプールロッカールームの良好な関係が窺がえる。 2018.02.16 03:17 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース