ジェラードがキャプテンとして出場! レジェンドマッチはリバプールがルイス・ガルシアの2得点などでオーストラリアに快勝!2016.01.07 20:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽昨シーズン限りでリバプールを退団した元イングランド代表MFスティーブン・ジェラードが、リバプールのユニフォームを身に纏い、キャプテンマークを巻いてピッチに戻ってきた。

▽7日、オーストラリアのシドニーでリバプール・レジェンズvsオーストラリア・レジェンズのエキシビジョンマッチが行われ、4-0でリバプール・レジェンズが勝利した。

▽ジェラードは、昨年5月24日に行われたストーク・シティとのプレミアリーグ最終戦以来、約8カ月ぶりにキャプテンとして出場。その他、ジェイミー・キャラガーやルイス・ガルシア、パトリック・ベルガー、ロビー・ファウラーなどが先発出場した。また、ベンチにもイアン・ラッシュや、トーマス・グロベラーなど往年の選手が控えた。

▽4万人を超える大観衆の中行われた試合は、27分にルイス・ガルシアのゴールでリバプール・レジェンズが先制すると、52分にはジェラードのクロスから再びルイス・ガルシアが決めて追加点。さらに、74分にイアン・ラッシュ、92分にジョン・オルドリッジがゴールを奪い、リバプール・レジェンズが快勝した。

コメント

関連ニュース

thumb

ミルナーPK2発など10人のハルに圧勝のリバプールがリーグ3連勝!!《プレミアリーグ》

▽リバプールは24日、アンフィールドで行われたプレミアリーグ第6節でハル・シティと対戦し、5-1で圧勝した。 ▽レスター・シティとチェルシー戦を含めて公式戦3連勝と勢いに乗るリバプールは、昇格組のハル・シティをホームに迎えた。クロップ監督は3-0で快勝したミッドウィークのEFLカップのダービー戦から先発4人を変更。ミルナーとサディオ・マネ、ララナ、ワイナルドゥムが先発に復帰。また、ダービー戦で公式戦デビューを飾ったGKカリウスが、リーグデビューを飾った。 ▽自陣で構えるハル・シティを押し込むリバプールは、5分にマティップがヘディングシュート、12分にヘンダーソンがミドルシュートと、セットプレーの流れからフィニッシュに絡んでいく。すると、優勢に試合を運ぶ中で先制点が生まれる。 ▽17分、左サイドでミルナーから斜めのパスを受けたコウチーニョがボックス付近でDFを引き付けて、ゴール前に走り込むララナにラストパス。ララナはシュートコースのない中で機転を利かせた左足のシュートをファーポストに流し込んだ。 ▽先制後も相手陣内でワンサイドゲームを展開するリバプールは、29分に右サイドを突破したマネの折り返しをゴール前でフリーのコウチーニョがシュート。枠を捉えたシュートがゴールに向かうと、これをゴール前のDFエル・モハマディが肘を突き出してブロック。このプレーに対して、PKが与えられると共に意図的なハンドで決定機を阻止したエル・モハマディにレッドカードが掲示された。 ▽このPKをキッカーのミルナーが冷静に決めて追加点を奪ったホームチームは、手負いの相手に対して果敢に3点目を狙う。この流れの中でマネに続けて決定機が訪れるも、相手にディフレクトしたボールがクロスバーに阻まれるなど、決め切れない。それでも、マネは36分にゴール前でララナからパスを受けると、巧みな反転シュートをゴール左隅に決めた。攻守で相手を完璧に圧倒したリバプールは、3点リードに加え数的優位を得て前半を終えた。 ▽迎えた後半、リバプールは課題である一瞬の気の緩みから、相手CKの場面でマグワイアが頭で流したボールをメイラーに蹴り込まれて、今季初のクリーンシートを逃してしまう。だが、失点からわずか1分後の52分にバイタルエリア中央でパスを受けたコウチーニョが、見事な右足のミドルシュートをゴール右隅に突き刺し、すぐさまリードを3点に戻した。 ▽4点目を奪ってからも攻撃の手を緩めないリバプールは、69分にララナを下げてスタリッジを投入。すると、投入直後のスタリッジがボックス内でDFロバートソンと交錯。ややPKをもらいにいったようにも見えたが、このプレーでPKが与えられる。キッカーのミルナーがこの日2本目を冷静に決め、5点目を奪った。 ▽その後、コウチーニョとヘンダーソンを下げてグルイッチとカンを投入し、試合をクローズにかかったリバプールは、5-1のまま試合を終えた。10人のハル相手に5発大勝のリバプールが、リーグ戦3連勝を飾った。 2016.09.25 01:07 Sun
twitterfacebook
thumb

リバプール、ララナ&ワイナルドゥムはハル戦出場へ スタリッジは微妙

▽リバプールは、24日に行われるプレミアリーグ第6節でハル・シティと対戦する。この試合を前に、チームを率いるユルゲン・クロップ監督がチーム状況を明かした。 ▽リバプールは、火曜日に行われるEFLカップ3回戦のダービー戦を3-0で勝利。この試合を欠場していたレギュラーのMFアダム・ララナとMFジョルジニオ・ワイナルドゥムに関して、クロップ監督は以下のように話した。 「アダムとジニ(ワイナルドゥム)はダービー戦のメンバーには入らなかった。しかし、彼らは準備できている。彼らは完璧に練習を消化した」 「ダニエルは、最終的なテストのようなものを行った。そのため、彼は3日間ほど練習していない」 「彼がハル・シティ戦に参加するかは練習次第だ。練習にただ参加するだけというわけではなくね。私は彼を起用できると思っているが、どうなるか確認する」 「他の全選手は全ての練習に臨んでいる。とはいえ、小さな問題はある。ジニはヒザを打った。腫れているがリスクがあるものではない。ただし、彼はダービー戦では100%の状態ではなかった。そのため、メンバーに入らなかったが、その日は練習していた」 「アダムも同じだ。彼はここ数試合で激しさを感じていた。そのため、彼について何かを行う理由はなかった。彼はメンバーには入らなかったが練習していた。それはダニエルとは異なる。ダニエルは試合の後でいくつかの問題を抱えて練習しなかった」 2016.09.24 15:12 Sat
twitterfacebook
thumb

ダービー戦に完勝のリバプール、クロップは「もっと良いプレーもできたがそれは重要ではない」

▽リバプールのユルゲン・クロップ監督が、20日に行われたEFLカップ3回戦のダービー戦を振り返った。クラブ公式サイトが指揮官のコメントを伝えている。 ▽チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のダービーとのアウェイゲームに臨んだリバプール。24分にエストニア代表DFラグナル・クラバンの移籍後初ゴールで先制すると、後半にも2ゴールを追加して3-0と快勝した。 ▽試合後の会見でクロップ監督は、もっといプレーを見せることができたと課題を口にした。一方で下のディビジョンでプレーするチームを相手には内容よりも結果が重要だとの考えを示し、選手たちの戦いぶりがプロフェッショナルなものだったと称えた。 「今日は我々の方が優れていることを証明できたし、勝利に値していた。とはいえ、もっと良いプレーができたとも思う。しかしそれは重要なことではない」 「選手たちはプロフェッショナルであることを示す必要があった。難しい試合になる可能性もある中、選手たちは正しい取り組みをしてくれた」 「すでに言ってきたように、我々にとってこの大会は重要なものだ。それは私だけでなく、選手たちも十分に理解している。それを示してくれた試合だった」 2016.09.21 11:17 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプール、クラバン初ゴールなどで2部ダービーに圧勝! 危なげなく4回戦進出《EFLカップ》

▽リバプールは20日、敵地で行われたEFLカップ3回戦でチャンピオンシップ(イングランド2部)のダービーと対戦し、3-0で圧勝した。 ▽直近のリーグ戦でレスター・シティとチェルシーの強豪2チームを連破し、勢いに乗るリバプールは、公式戦3連勝を目指してダービーとのアウェイゲームに臨んだ。今シーズン、ヨーロッパの戦いがないリバプールは、格下との一戦にコウチーニョやヘンダーソン、フィルミノなど主力を起用。その一方で、これがデビュー戦となるGKカリウス、初先発のグルイッチら新戦力も起用された。 ▽立ち上がりからボールを保持して相手を押し込むリバプールだが、引いて粘り強く守るダービーの守備を崩し切れない。それでも24分、左CKの場面でコウチーニョがインスウィングで入れたクロスが相手のクリアミスを誘うと、これをクラバンが冷静に流し込んだ。 ▽クラバンの移籍後初ゴールで先手を奪ったリバプールは、37分にもオリジに決定機が訪れるが、ここは決め切ることができず、前半を1点リードで終えた。 ▽迎えた後半も主導権を握るリバプールは、立ち上がりに続けてゴールをこじ開ける。まずは50分、バイタルエリアでボールを持ったコウチーニョがフィルミノにボールを預けてボックス内に走り込むと、フィルミノからのリターンパスを落ち着いてゴール左隅に流し込んだ。 ▽畳みかけるアウェイチームは55分、スピードに乗ってボックス内に抜け出したオリジがGKのポジションを冷静に見極めて難なく3点目を奪った。 ▽この3点目で試合を決めたリバプールは、57分にヘンダーソンを下げてカン、63分にコウチーニョを下げてイングスを投入。さらに77分にはフィルミノを下げて、これがトップチームデビューとなる18歳のMFエジャリアをピッチに送り出し、試合を締めにかかる。 ▽その後も危なげない試合運びを見せたリバプールは、GKカリウスが自身のデビュー戦をきっちりクリーンシートで締めくくり、3-0の圧勝。格下ダービーを一蹴し、4回戦進出を決めた。 2016.09.21 06:03 Wed
twitterfacebook
thumb

プレミア走行距離ランク、20チーム中で最も運動量が少ないのはモウ・ユナイテッド

▽イギリス『デイリー・ミラー』は19日、今季ここまでのプレミアリーグにおけるチームの走行距離を伝えた。 ▽ランキングで首位に立ったのは、かねてから運動量を重視してきたユルゲン・クロップ監督が率いるリバプールで、【581.6km】。現在、5連勝でプレミアリーグの首位を走る、ジョゼップ・グアルディオラ監督のマンチェスター・シティは、【570.7km】で2位につけている。 ▽そして、最も運動量が少ないのは、公式戦3連敗で風当たりが厳しくなっているジョゼ・モウリーニョ監督のマンチェスター・ユナイテッドで、クリスタル・パレスやサンダーランドを下回る【526.6km】だった。 ▽ここまで無敗で2位につけるエバートンが今回のランキングで12位であることからも分かるとおり、走行距離が多ければ結果が出るとは一概には言えない。しかし、最下位であるという事実は、モウリーニョ監督にとっても考えるべき問題かもしれない。 ◆プレミア走行距離ランク(km) 1位:リバプール…581.6 2位:マンチェスター・シティ…570.7 3位:トッテナム…565.9 4位:バーンリー…563.9 5位:WBA…562.9 6位:アーセナル…556.4 7位:ミドルズブラ…554.6 8位:ボーンマス…549.4 9位:サウサンプトン…545.1 10位:レスター・シティ…544.8 11位:スウォンジー・シティ…543.2 12位:エバートン…541.2 13位:ウェストハム…539.5 14位:チェルシー…539.4 15位:ワトフォード…539.1 16位:ストーク・シティ…536.4 17位:ハル・シティ…536.3 18位:クリスタル・パレス…533.9 19位:サンダーランド…526.7 20位:マンチェスター・ユナイテッド…526.6 2016.09.20 19:01 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース