ジェラードがキャプテンとして出場! レジェンドマッチはリバプールがルイス・ガルシアの2得点などでオーストラリアに快勝!2016.01.07 20:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽昨シーズン限りでリバプールを退団した元イングランド代表MFスティーブン・ジェラードが、リバプールのユニフォームを身に纏い、キャプテンマークを巻いてピッチに戻ってきた。

▽7日、オーストラリアのシドニーでリバプール・レジェンズvsオーストラリア・レジェンズのエキシビジョンマッチが行われ、4-0でリバプール・レジェンズが勝利した。

▽ジェラードは、昨年5月24日に行われたストーク・シティとのプレミアリーグ最終戦以来、約8カ月ぶりにキャプテンとして出場。その他、ジェイミー・キャラガーやルイス・ガルシア、パトリック・ベルガー、ロビー・ファウラーなどが先発出場した。また、ベンチにもイアン・ラッシュや、トーマス・グロベラーなど往年の選手が控えた。

▽4万人を超える大観衆の中行われた試合は、27分にルイス・ガルシアのゴールでリバプール・レジェンズが先制すると、52分にはジェラードのクロスから再びルイス・ガルシアが決めて追加点。さらに、74分にイアン・ラッシュ、92分にジョン・オルドリッジがゴールを奪い、リバプール・レジェンズが快勝した。

コメント

関連ニュース

thumb

プレミアリーグ1年目に満足なオリジ「僕にとって大事な一歩だった」

リバプールFWディヴォク・オリジは、初めてプレミアリーグでプレーすることになった2015-16シーズンを振り返り、満足のできる経験だったと語っている。<br><br>2014年夏にリールからリバプールへの移籍が決定したオリジは、その後1年間レンタルの形でリールに残ったあと、昨年夏からリバプールでのプレーを開始した。<br><br>開幕当初はなかなか出場機会を得ることもできなかったが、シーズン途中で就任したユルゲン・クロップ監督の下では存在感を増し、負傷離脱に苦しみながらも重要な貢献を果たしてきた。今季を振り返り、オリジはイギリス『スカイ・スポーツ』に次のように語っている。<br><br>「今年は色々なことが起こった。良い時期もあれば低調な時期もあったけど、僕はリバプールというビッグクラブでプレーして大きな経験を積むことができたよ」<br><br>「プレミアリーグは僕にとって世界最高のリーグ、世界で一番激しさのあるリーグだ。この一歩を踏み出すのは僕にとって大事なことだったんだ」<br><br>キャピタル・ワン・カップとヨーロッパリーグ(EL)では決勝に進んだリバプールだが、いずれも準優勝に終わり、来季の欧州の大会の出場権を獲得することはできなかった。<br><br>「僕らはクロップと一緒に2つの決勝戦を戦った。どちらも負けてしまったけど、僕らはグループとしてすごく力のあるチームだよ。ビッグな選手たちと一緒にプレーして、毎日前進できるのは僕にとって良いことだ」<br><br>「(来季は)僕らにとってエキサイティングなシーズンになるだろうね。練習の時間はもっと増えることになるから、それをうまく使って成長していくべきだよ」<br><br>&nbsp;<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.24 19:40 Tue
twitterfacebook
thumb

武藤同僚GKカリウスがリバプールのメディカル受診…近日中に正式契約か

▽マインツに所属するU-21ドイツ代表GKロリス・カリウス(22)のリバプール移籍が秒読み段階であることがわかった。イギリス『デイリー・メール』は、カリウスがリバプールのメディカルを受診したと報じた。 ▽伝えられるところによれば、カリウスは今回のメディカルチェックで問題がなければ、リバプールと正式契約を結ぶ模様。移籍金は470万ポンド(約7億4000万円)程度になる見込みだという。 ▽マインツで今シーズンのブンデスリーガ全試合に出場したカリウスは、日本代表FW武藤嘉紀も所属するチームの6位フィニッシュに貢献。来シーズンのヨーロッパリーグ出場権をもたらした。 ▽リバプールでは守護神を務めるベルギー代表GKシモン・ミニョレが不安定なプレーに終始。そのため、今夏の移籍市場で新たな守護神の獲得が噂されていた。 2016.05.24 14:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ゲッツェ、今夏の移籍を考えず! 「バイエルンでの新シーズンを楽しみにしている」

MFマリオ・ゲッツェが、バイエルンに残留する考えを明かした。ドイツ『ビルト』がコメントを伝えている。<br><br>バイエルンとの契約が2017年で満了となるゲッツェは、この夏の移籍が濃厚となっていた。恩師ユルゲン・クロップ監督が率いるリバプール、または古巣ドルトムントのどちらかに移籍することが騒がれていたところだ。<br><br>だがゲッツェは、バイエルンを離れる意思がないことを明かしている。23日付の『ビルト』で、「バイエルンでの新シーズンを楽しみにしている」と退団を考慮していないことを強調するとともに、「カルロ・アンチェロッティの下での最初のトレーニングに、万全な状態で臨めるようすべてを尽すく」と意気込んだ。<br><br>またゲッツェはこの日、自身の代理人を6年にわたって務めたフォルカー・シュトルート氏に別れを告げている。同氏はレアル・マドリーMFトニ・クロース、ドルトムントMFマルコ・ロイス、シャルケDFベネディクト・ヘヴェデスといったドイツ代表メンバーを顧客に持つ代理人だ。<br><br>なお『キッカー』によると、今後ゲッツェの代理人を務めるのはペーター・ドゥヴィナージ氏とのこと。ミゥンヘンに拠点を持つ同氏は弁護士で、バイエルンDFホルガー・バドシュトゥバーも顧客の一人。バイエルンでの挑戦を続ける決断は、代理人の交代も影響したのかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.24 00:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ジェラード、ホームシックでLAギャラクシー退団? 来季から指導者としてリバプール帰還か

▽ロサンゼルス・ギャラクシーに在籍する元イングランド代表MFスティーブン・ジェラード(35)が、ホームシックを理由に同クラブを退団し、コーチとして古巣リバプールに復帰する可能性があるようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 ▽昨シーズン限りでリバプールを退団し、昨年7月にLAギャラクシーに加入したジェラードは、妻のアレックスさんと3人の娘と共に現役引退後もロサンゼルスに定住するプランを持っていた。 ▽だが、ここ数カ月、ロサンゼルスでの生活に問題を感じ始めたジェラード夫妻は、慣れ親しんだマージーサイドへの帰郷を望んでいるようだ。また、同夫妻はリバプールに戻るため、同地に大邸宅を建設する準備を進めているとのことだ。 ▽ジェラードの親しい関係者は『ミラー』の取材に対して、「彼は8月か、9月に(リバプールからコーチの)オファーを受けて、早期に帰還する可能性がある。スティービーのプランは、リバプールに戻って指導者のキャリアをスタートすることだからね。それに彼とアレックスは親しい友人をLAに呼んでいるけど、ここでの生活がタフだと感じているようだ」とコメントしている。 ▽なお、ジェラードとLAギャラクシーは、2015年7月に18カ月間の契約を結んでいる。リバプール帰還に向けてこの契約を破棄することは問題ない。ただ、現時点でリバプール復帰への障害は、ロサンゼルスでの生活を楽しんでいる3人の娘を説得することのようだ。特に、長女のリリー=エラちゃん(12)は、ロサンゼルスの友人と別れたくないと語り、リバプールに戻ることに反対しているようだ。 ▽果たして来シーズンのジェラードの古巣帰還は実現するのか…。 2016.05.23 15:30 Mon
twitterfacebook
thumb

リバプールなどが獲得狙うも…マドリーにL・バスケスを売却する意思なし

今季の活躍ぶりによって、複数のクラブが獲得を狙っているとされるMFルーカス・バスケスだが、レアル・マドリーに売却の意思はないようだ。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>ラファエル・ベニテス前監督の要請により、エスパニョールに100万ユーロを支払ってL・バスケスを買い戻したマドリー。ジネディーヌ・ジダン監督就任後、12番目の選手として重用されるようになったこのカンテラーノを手放す考えはない模様だ。<br><br>マドリーはこれまでにセビージャ、リバプールなどからL・バスケスの獲得を申し込まれたようだが、その返答はすべて「L・バスケスに触れることは許されない」というものだったという。<br><br>L・バスケスは今季マドリーで32試合に出場(その内スタメンは13試合)。『マルカ』はEURO2016に臨むスペイン代表候補メンバーにも選ばれたL・バスケスが、このまま活躍を見せ続けるならば、マドリーが契約内容を改善しなければならないとの見解も示している。<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.22 20:40 Sun
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース