湘南が浦和DF岡本拓也を期限付き移籍で獲得「勝利のために全力で戦いたい」2016.01.07 11:27 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽湘南は7日、浦和のDF岡本拓也(23)が期限付き移籍で加入することを発表した。期限付き移籍期間は2016年2月1日から2017年1月31日までとなる。

▽岡本は浦和の下部組織出身で、2010年にトップチームへと昇格。2013年途中から1シーズン半を長崎で過ごしたが、昨シーズンは浦和に復帰していた。J1通算13試合、J2通算40試合に出場。昨シーズンはJ1で3試合、AFCチャンピオンズリーグで1試合に出場していた。岡本は湘南を通じて意気込みを語った。

「この度、湘南ベルマーレの一員としてプレーすることになりました岡本拓也です。自分の持ち味である球際の強さを発揮し、チームの力になれるように頑張ります。サポーターの皆さんと一緒に勝利のために全力で戦いたいと思いますので、応援よろしくお願いします」

▽また、浦和を通じてもコメント。新天地での成長を誓った。

「来シーズン、湘南ベルマーレへ期限付き移籍することになりました。自分自身がもっと成長したいという気持ちが強く、この移籍を決断しました」

「浦和のサポーターの皆さんにも『岡本拓也がんばってるな』と言われるようにがんばってきたいと思います。応援よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

劣勢の神戸が効果的に加点して湘南に逃げ切り勝ち《J1》

▽17日に明治安田生命J1リーグ2ndステージ第4節のヴィッセル神戸vs湘南ベルマーレがノエビアスタジアム神戸で行われ、2-0で神戸が勝利した。 ▽前節の横浜F・マリノス戦で撃ち合いの末に2-3で敗れて8位に後退した神戸(勝ち点4)が、サガン鳥栖を相手にホームで0-2と完敗を喫した13位の湘南(勝ち点3)を迎えた一戦。連敗は避けたい両チームの一戦は、2分、ボックス右でボールを受けた島村が右足で狙うなど湘南が積極的な入りを見せた。 ▽ホームの神戸は、この試合を終えると岩波がリオ五輪に臨むU-23日本代表に参加するためチームを離れる。白星で送り出したいところだが、ボールポゼッションは高いもののファイナルサードを攻略できず、逆に湘南のカウンターから危ない場面を作られてしまう。 ▽しかし11分には神戸が左サイドの高い位置に攻め上がった岩波のクロスに、渡邉がスライディングで合わせる。しかしこのシュートは右ポストの外に流れてしまい、神戸は最初の決定機を決めきれなかった。それでも13分、左サイドの橋本が入れたグラウンダーのパスを渡邉がボックス内で受ける。そのまま反転して右足を振り抜くとこれがゴールネットを揺らして神戸が先制した。 ▽先制後の神戸はやや湘南にポゼッションを譲るながらも集中した守りを見せる。追いかける湘南は立ち上がりからの勢いを持続させ、相手陣内でのプレー時間を増やしていった。するとチョウ監督は30分、島村に代えて岡村を送り出すなど早くも交代カードを切る。 ▽35分にはディフェンスラインの裏に抜けた菊池がトラップでGKを交わしにかかるもボックス内でキム・スンギュに倒される。しかしレフェリーの笛はならず湘南にとってはやや不運な判定となった。その後も湘南が次々に神戸ゴールへと襲いかかるも、前半は神戸が1点リードのまま終えた。 ▽両チームともに交代なしで迎えた後半は、開始早々にペドロ・ジュニオールが単騎突破からシュートを狙うなど神戸が先に仕掛けた。しかし前半と同様に、徐々に湘南が主導権を握って同点ゴールを目指す。さらに52分には奈良輪を下げてウェズレーを送り込むなど、湘南は前線の厚みを増していった。 ▽神戸は56分、左サイドで橋本とペドロ・ジュニオールがパス交換から攻め込んでいき、ペドロ・ジュニオールがマイナスのクロスを送る。しかし神戸の選手たちは誰もボールに反応できず、そのままファーサイドへと流れてしまった。湘南は59分にも決定機を迎えるが、右サイドから上げた高山のクロスにファーサイドで合わせたウェズレーのシュートは枠を外してしまう。 ▽湘南が圧倒する展開となるも78分、GKからのロングボールに反応したレアンドロがトラップでボールを攻撃方向に置いてドリブルを開始。最後はGKとの一対一を制して、劣勢だった神戸が追加点を奪った。 ▽試合終盤にかけては湘南の運動量が落ちたこともあり、神戸も攻めに転じるなどオープンな展開となった。結局試合はそのまま終了し、劣勢だった神戸が逃げ切りに成功。一方の湘南は内容で圧倒するもゴールを奪えず敗戦となった。 2016.07.17 20:00 Sun
twitterfacebook
thumb

大分が湘南からFWキリノを獲得…2017年1月1日までのレンタル移籍

▽大分トリニータは15日、湘南ベルマーレから東ティモール国籍のブラジル人FWキリノ(31)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。加入期間は2016年7月15日~2017年1月1日までとなる。 ▽アトレチコ・ミネイロでプロキャリアをスタートさせたキリノは、複数クラブを経て、2012シーズン途中から湘南でプレー。その後、ヴァンフォーレ甲府に渡り、2015年に湘南へと再び活躍の場を移していた。 ▽しかし、今シーズンはここまで明治安田生命Jリーグ戦5試合の出場に留まっており、わずか5試合の出場に終わった昨シーズンに続き、低調なパフォーマンスに終始していた。そのキリノは両クラブの公式サイトを通じて、以下のようにコメントを残している。 ◆<B>大分トリニータ</B> 「大分トリニータへ加入することになりましたキリノです。大分はJリーグでルヴァンカップ優勝の経験ある伝統的なクラブです。サポーターの期待に応えられるように最善を尽くし、力を発揮してチームをJ2昇格に貢献できるように努力します。これから応援よろしくお願いします」 ◆<B>湘南ベルマーレ</B> 「湘南ベルマーレでプレーしている間、練習や試合でいつもサポーターの方々に温かく見守られ、声援で後押しされることで勇気をもらい、チームのために頑張れました。湘南サポーターは私のハートをしっかりゲットしています。サッカー選手として、ここで一生忘れられない思い出が沢山できて、とても幸せです。チームを離れますが、今後とも応援を宜しくお願いします」 2016.07.15 10:22 Fri
twitterfacebook
thumb

鳥栖がエース豊田の2ゴールで敵地で湘南に完勝!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ2ndステージ第3節の湘南ベルマーレvsサガン鳥栖が13日にShonan BMWスタジアム平塚で行われ、アウェイの鳥栖が2-0で快勝した。 ▽共に残留争いに巻き込まれながらも2ndステージでまずまずのスタートを切った年間14位の湘南と、同13位の鳥栖の下位対決。前節、アルビレックス新潟を破った湘南は連勝を目指すこの一戦に向けて、先発3人を変更。一方、前節ヴィッセル神戸と引き分けた鳥栖は、前節と同じスタメンとなった。 ▽連戦の疲労を感じさせないアグレッシブな入りを見せたアウェイの鳥栖が、鎌田と豊田を起点に相手を押し込んでいく。7分と10分にはボックス付近の鎌田が続けて惜しいシュートを放つと、15分に先制点を奪う。 ▽左サイドをドリブルで持ち上がった高橋のクロスをゴール前に飛び出した豊田が、強烈な左足のシュートをニアに叩き込んだ。 ▽その後も攻守両面で湘南を圧倒する鳥栖は、持ち味の堅守で相手の1トップに入る大槻らをきっちり封じつつ、要所で鋭い仕掛けを見せる。35分には左サイドで福田が上げたクロスをゴール前の豊田がヘディングで合わすが、これはGK村山の好守に阻まれ、前半のうちに2点目を奪うまでには至らず。 ▽一方、前半に1度も決定機を作れなかった湘南は、大槻に代えてハーフタイム明けから長谷川アーリアジャスールを投入。この交代で端戸が最前線に入った。だが、後半も守勢が続くホームチームは、53分にボックス右で早坂が折り返したボールをボックス左の鎌田にシュートされるが、ここはDFの決死のブロックで凌いだ。 ▽後半も試合の主導権を握る鳥栖は、61分に再びエースが魅せる。吉田の左クロスをボックス左の福田がシュート。これがゴール前の豊田にこぼれると、ワントラップから豪快なボレーでゴールネットを揺らした。 ▽ここまで枠内シュートがない中で2点目を許した湘南は、新戦力のウェズレー、山田と攻撃的なカードを切っていくが、2点リードでやや重心を後方に下げた鳥栖の堅守をなかなかこじ開けられない。 ▽終盤にかけても鳥栖の安定したゲーム運びが目立った試合は、このまま2-0のままタイムアップ。エース豊田の2ゴールで快勝の鳥栖が、2勝1分けで2ndステージ5位に浮上した。 2016.07.13 21:21 Wed
twitterfacebook
thumb

湘南が鳥栖MF岡本知剛を期限付き移籍で獲得「自分のプレーをピッチで見せられるように」

▽湘南ベルマーレは10日、サガン鳥栖のMF岡本知剛(26)が期限付き移籍で加入することを発表した。期限付き移籍期間は2017年1月31日までとなる。背番号は5番を着用する。 ▽岡本はサンフレッチェ広島ユース出身で、2008年にトップチーム昇格。2011年に当時J2の鳥栖へと期限付き移籍で加入。2013年に広島に戻るも、2014年からは再び鳥栖へ期限付き移籍し、同年6月に完全移籍を果たしていた。岡本は今シーズンの明治安田生命J1リーグで10試合に出場していた。岡本は両クラブを通じてコメントしている。 <B>◆湘南ベルマーレ</B> 「初めまして、サガン鳥栖から来た岡本知剛です。少しでも早く湘南ベルマーレの一員として自分のプレーをピッチで見せられるように、日々のトレーニングから頑張っていきます!これから、よろしくお願いします!」 <B>◆サガン鳥栖</B> 「この度、湘南ベルマーレへ行くことになりました。お話をいただき色々と自分自身悩んだ結果、もっと自分を磨きたいと思いこのような決断をさしてもらいました。チームにとって苦しい時にも関わらず、こういう決断をしたという事は、自分自身成長する事でしかみなさんに応える事は出来ないと思ってるので、もっとたくましくなってきます」 2016.07.10 12:46 Sun
twitterfacebook
thumb

アンドレ・バイア弾で湘南が2ndステージ初勝利《J1》

▽明治安田生命J1リーグ2ndステージ第2節のアルビレックス新潟vs湘南ベルマーレが9日にデンカビッグスワンスタジアムで行われ、0-1で湘南が勝利した。 ▽前節、痛恨のオウンゴールで柏に敗れた新潟と、横浜F・マリノスに完敗を喫した湘南の一戦。拮抗した展開が続いた中、先手を奪ったのはアウェイチーム。32分、湘南はバイタルエリアでFKを獲得すると、神谷のFKをゴール左のアンドレ・バイアが頭でゴール右隅に流し込んだ。 ▽先制した湘南は前半終了間際にも、下田のロングフィードに抜け出した高山が決定機を迎えたがシュートは飛び出したGK守田のブロックに阻まれた。 ▽後半に入ると、試合は一進一退の展開となる。新潟は53分、ボックス右でボールを拾った山崎のヒールパスに走り込んだ加藤が合わせるが、シュートは枠の上に外れる。 ▽さらに新潟は83分に左CKのこぼれ球をミドルサードで拾った松原のロングパスにラファエル・シルバが反応するも、シュートはゴール左に外れた。 ▽結局、試合はそのまま0-1で終了。アンドレ・バイアの今シーズン初ゴールで湘南が2ndステージ初勝利を飾った。 2016.07.09 22:05 Sat
twitterfacebook


ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース