湘南が浦和DF岡本拓也を期限付き移籍で獲得「勝利のために全力で戦いたい」2016.01.07 11:27 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽湘南は7日、浦和のDF岡本拓也(23)が期限付き移籍で加入することを発表した。期限付き移籍期間は2016年2月1日から2017年1月31日までとなる。

▽岡本は浦和の下部組織出身で、2010年にトップチームへと昇格。2013年途中から1シーズン半を長崎で過ごしたが、昨シーズンは浦和に復帰していた。J1通算13試合、J2通算40試合に出場。昨シーズンはJ1で3試合、AFCチャンピオンズリーグで1試合に出場していた。岡本は湘南を通じて意気込みを語った。

「この度、湘南ベルマーレの一員としてプレーすることになりました岡本拓也です。自分の持ち味である球際の強さを発揮し、チームの力になれるように頑張ります。サポーターの皆さんと一緒に勝利のために全力で戦いたいと思いますので、応援よろしくお願いします」

▽また、浦和を通じてもコメント。新天地での成長を誓った。

「来シーズン、湘南ベルマーレへ期限付き移籍することになりました。自分自身がもっと成長したいという気持ちが強く、この移籍を決断しました」

「浦和のサポーターの皆さんにも『岡本拓也がんばってるな』と言われるようにがんばってきたいと思います。応援よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

湘南、2種登録中のU-18日本代表MF齊藤未月とプロ契約

▽J1の湘南は23日、トップチームで2種登録中のU-18日本代表MF齊藤未月(17)とプロ契約を締結したことを発表した。 ▽湘南ベルマーレジュニアから同クラブの下部組織でプレーしてきた齊藤は、昨年5月にトップチームに2種登録。日本代表の各世代別チームの常連の17歳は、今シーズンここまでの明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ1試合に出場。また、ヤマザキナビスコカップ・グループステージでは3試合に出場していた。 ▽齊藤は湘南とのプロ契約締結に際して、以下のようなコメントを残している。 「今回、プロ契約をすることができ本当に嬉しく思います。契約するにあたって両親やスタッフの方々、チームメイトの支えがあってこのような決断をすることができ感謝しています。これからはプロとして、今まで以上に責任と自覚を持ってプレーしていきたいと思います」 2016.05.23 19:26 Mon
twitterfacebook
thumb

途中出場の奥埜弾で仙台が接戦を制する!!《J1》

▽21日にShonan BMWスタジアム平塚で、明治安田生命J1リーグ・1stステージ第13節の湘南ベルマーレvsベガルタ仙台が行われ、1-0で仙台が勝利した。 ▽前節のアビスパ福岡戦で敗戦を喫し最下位に転落した湘南が、前節の大宮アルディージャ戦で3試合ぶりの敗戦となった14位の仙台を迎えた。 ▽試合立ち上がりは、アウェイの仙台がハモン・ロペスを中心に攻勢に出た。対する湘南も持ち味であるハードワークで仙台に自由を与えず、ボールを奪えば縦に早い展開へと持ち込んでいく。17分には仙台が、相手陣内でFKを獲得すると野沢が入れたボールを、石川直がフリック。最後は大岩が合わせに行くが、決めきることはできなかった。 ▽一方の湘南は、26分にFKからボックス内でこぼれ球を拾った高山がシュートを放つがGK六反がセーブし得点とはならず。その後、仙台がやや優位に試合を進めていく展開となるも、お互いに決定機を作り出せない。それでも40分、仙台が押し込んだ状態から、ハモン・ロペスや石川直が立て続けにシュートを浴びせるが、ここは湘南が体を張ったブロック。結局スコアが動かないままハーフタイムを迎えた。 ▽後半は湘南も攻勢に出る中、50分には長谷川がドリブルでボールを運ぶと、ボックス内で倒されたが、PKを奪えず。それでも、前半以上に高い位置でボールが奪えるようになり、相手陣内で試合を進めていった。仙台は55分にドリブルで攻め上がった金久保が右サイドからカットインしてシュートを放つが、相手選手に当ててしまい得点とはならず。 ▽徐々に激しさを増す中で、試合は76分に動きを見せる。左サイドから崩しにかかった仙台は、途中出場の奥埜にボールが入る。ボックス内の奥埜は冷静にシュートを沈め、仙台が先制に成功した。失点直後の湘南は、長谷川を下げて大槻を送り出し攻勢を強めていく。しかし仙台の堅い守りを崩しきれずに時間が経過していく。 ▽すると試合は終了のホイッスルを迎え、仙台が2試合ぶりの白星を手にした。一方、敗れた湘南は3連敗となっている。 2016.05.21 19:57 Sat
twitterfacebook
thumb

湘南は突破に望みを繋ぐ劇的勝利! 前回王者・鹿島は後半AT被弾で敗退《ナビスコカップ》

▽18日に県立カシマサッカースタジアムで行われたヤマザキナビスコカップ2016のグループA第5節、鹿島アントラーズvs湘南ベルマーレの一戦は、アウェイの湘南が2-3で逆転勝利を収めた。 ▽グループステージ突破に向けて勝利が必要な前回王者の鹿島は、主力メンバーを多く起用。DF小池が初出場を飾った。一方の湘南は、ナビスコカップ前節のジュビロ磐田戦から5選手を変更した。 ▽試合は11分、ボックス手前で相手からボールを奪った永木が、そのまま持ち込みボックス内でシュート。これが決まり、鹿島が先制する。永木は古巣相手の初ゴールとなった。 ▽先制を許した湘南だったが18分、自陣でのボール奪取からカウンター。最後はディフェンスラインの裏に抜け出した大槻が、ボックス内まで持ち込みシュートを沈め同点に追いつく。 ▽追いつかれた鹿島だったが、26分に勝ち越し点を奪う。左CKを得ると、この流れからボックス内で混戦となり、最後は土居が押し込んで勝ち越しに成功する。 ▽鹿島の1点リードで迎えた後半も、チャンスを創りだしたのは鹿島。右CKから鈴木がダイビングヘッドで狙うも、わずかに枠の右に外れる。湘南はカウンターから決定機。左サイドを長谷川が突破するも、7番がフリーのチャンスを外してしまう。しかし、その後も攻め立てた湘南は87分、スルーパスに抜け出した長谷川アーリアジャスールが落ち着いて流し込み、同点に追い付くことに成功する。 ▽このまま同点で試合終了かと思われた後半アディショナルタイム4分に奇跡が起きた。鹿島のCKを守り切った湘南はパスを繋いでカウンター発動。最後は、長谷川アーリアジャスールのクロスを後方から走り込んだ端戸がボックス内で左足を振り抜きゴール。これが決勝点となり、湘南がアウェイで鹿島を逆転で下した。この結果、前回王者・鹿島のグループステージ敗退が決定した。 2016.05.18 21:32 Wed
twitterfacebook
thumb

キング・城後のゴールで福岡が4年8カ月ぶりのJ1ホーム戦勝利!!《J1》

▽14日にレベルファイブスタジアムで明治安田生命J1リーグ・1stステージ第12節、アビスパ福岡vs湘南ベルマーレが行われ、1-0で福岡が勝利した。 ▽18位の福岡(勝ち点6)は、第9節のFC東京戦で今季のリーグ戦で初勝利を挙げるもその後2連敗を喫している。一方の17位・湘南(勝ち点8)は、同じく第9節の横浜F・マリノス戦で今季初勝利を挙げるとそこから2連勝を達成。前節のFC東京戦では0-1の敗戦を喫した。 ▽浮上のきっかけをつかみたい両チームの一戦、先に仕掛けたのはホームの福岡だった。左サイドの坂田がドリブルでボールを運びグラウンダーのクロスを入れる。ボックス内の城後、ウェリントンにボールは入らなかったものの、こぼれ球を亀川がダイレクトで狙う。シュートは枠を外してしまったが、ホーム初勝利を狙う福岡が積極的な入りを見せた。 ▽対する湘南もショートパスを繋ぎながら福岡のブロックを揺さぶりにかかる。10分にはパウリーニョがミドルレンジから右足を振り抜く。11分にはパウリーニョのロングパスから菊地がボックス内でシュートに持ち込むなど、徐々に攻勢に転じ始めた。 ▽迎えた31分、福岡は早めのリスタートから左サイドの亀川のクロスをウェリントンが頭でゴール前に折り返す。最後はファーポストの城後がボールを押し込んだ。しかし城後のポジションはオフサイドポジションであり、ゴールは無効となった。 ▽結局前半はゴールレスで終えて、迎えた後半はお互いに交代選手なしで開始された。両チームともに相手陣内に素早く攻め込みながらも、集中した守備を見せてゴールを割らせない展開が続いていく。 ▽福岡は63分に決定機。ボールを奪った城後がそのままドリブルで持ち込み、バックラインを抜け出す。GKと一対一を迎えるが、城後は邦本へのパスを選択すると、相手DFにボールをカットされてチャンスを逸した。65分にはウェリントンがロングボールを収めてそのままシュート。しかし左ポストをわずかにかすめていく。 ▽互いに交代選手を投入しゴールを目指していく試合終盤。迎えた82分、福岡はカウンターから平井のクロスを金森が繋ぐと、最後は城後が押し込みついに福岡が試合の均衡を破る。 ▽勢いに乗る福岡は86分にスピードで勝負を仕掛けた平井がボックス左にボールを運んでシュート。しかし湘南もGK村山が足でブロックして追加点を許さない。 ▽後半アディショナルタイムには湘南が猛攻を見せ、島村が強烈なミドルシュートを放つ。しかしここはGKイ・ボムヨンの好セーブで防ぐと試合はそのまま終了。福岡が2011年9月25日の広島戦以来、4年8カ月ぶりとなるJ1ホーム戦での白星を飾った。一方の湘南は2連勝後の2連敗となり最下位に転落している。 2016.05.14 15:55 Sat
twitterfacebook
thumb

河野の今季初ゴールでFC東京がリーグ5戦ぶりの白星! 枠内シュート0の湘南は連勝がストップ《J1》

▽明治安田生命J1リーグ・1stステージ第11節の湘南ベルマーレvsFC東京が、8日にShonan BMWスタジアム平塚で行われ、アウェイのFC東京が1-0で勝利した。 ▽今シーズン初の連勝で最下位を脱した16位の湘南と、ミッドウィークにAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ突破を決めた13位のFC東京の一戦。ホームの湘南は直近のサガン鳥栖戦からメンバー3人を変更。大槻と長谷川アーリアジャスール、山田が先発に入った。一方、ビン・ズオンとの厳しいアウェイゲームを戦ったFC東京はメンバー5人を変更。阿部と河野、徳永、米本、田邉が先発に入った。また、古巣対戦となる秋元と丸山も起用された。 ▽互いに連戦の疲れを感じさせないアグレッシブな入りを見せた試合は、共にサイドを起点にゴールを目指していく。9分に右サイドを突破した奈良輪が際どいクロスでチャンスを創出すると、17分には右クロスに反応した阿部がヘディングシュートを放つが、ここはオフサイドの判定となった。 ▽拮抗した展開が続く中、20分にアウェイのFC東京が先制に成功する。左サイドをえぐった小川のクロスに反応した河野がニアに走り込んでヘディングシュートを突き刺した。河野の今シーズン初ゴールで幸先良く先制に成功したFC東京は、その後もうまくゲームコントロールしながら前半を1点リードで終えた。 ▽迎えた後半、端戸に代えて石川を頭から投入した湘南は、53分に三竿の左クロスをゴール前の大槻が頭で合わせるが、これを枠に飛ばせない。 ▽一方、後半に入ってなかなかチャンスを作れないFC東京は、河野と田邊の両サイドを下げて橋本と羽生を投入し、逃げ切りを図った。 ▽試合終盤にかけては3連勝を目指す湘南が相手を押し込み続けるが、FC東京の粘り強い守備を前にフィニッシュまで持ち込むことができない。結局、試合はこのままタイムアップを迎え、渋い内容ながら敵地で勝ち切ったFC東京が、リーグ5試合ぶりの白星を手にした。一方、枠内シュート0で敗れた湘南は連勝が「2」でストップした。 2016.05.08 18:04 Sun
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース