湘南が浦和DF岡本拓也を期限付き移籍で獲得「勝利のために全力で戦いたい」2016.01.07 11:27 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽湘南は7日、浦和のDF岡本拓也(23)が期限付き移籍で加入することを発表した。期限付き移籍期間は2016年2月1日から2017年1月31日までとなる。

▽岡本は浦和の下部組織出身で、2010年にトップチームへと昇格。2013年途中から1シーズン半を長崎で過ごしたが、昨シーズンは浦和に復帰していた。J1通算13試合、J2通算40試合に出場。昨シーズンはJ1で3試合、AFCチャンピオンズリーグで1試合に出場していた。岡本は湘南を通じて意気込みを語った。

「この度、湘南ベルマーレの一員としてプレーすることになりました岡本拓也です。自分の持ち味である球際の強さを発揮し、チームの力になれるように頑張ります。サポーターの皆さんと一緒に勝利のために全力で戦いたいと思いますので、応援よろしくお願いします」

▽また、浦和を通じてもコメント。新天地での成長を誓った。

「来シーズン、湘南ベルマーレへ期限付き移籍することになりました。自分自身がもっと成長したいという気持ちが強く、この移籍を決断しました」

「浦和のサポーターの皆さんにも『岡本拓也がんばってるな』と言われるようにがんばってきたいと思います。応援よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

【湘南ベルマーレ】長期離脱の菊池俊の穴埋めが重要課題《J1総括&展望》

<B>◆チーム採点</B> <B><span style="color:#FF0000;">30点</span></B> <B>◆1stステージ総括</B> ▽開幕から8試合未勝利と1stステージ序盤は大きく躓き、そのツケが重くのしかかる結果となった。第9節の横浜F・マリノス戦で今季初勝利を挙げると、続くサガン鳥栖戦でも勝利し、最下位から徐々に順位を挙げていく。しかし第12節ではアビスパ福岡、第13節にはベガルタ仙台に敗れるなど下位から勝ち点を奪えずに降格圏内でシーズンを折り返した。 ▽シーズン序盤の第2節川崎フロンターレ戦や第3節サンフレッチェ広島戦では撃ち合いの末にリードしながらも、2戦ともにアディショナルタイムで被弾。18ゴールというチーム総得点数には物足りなさを感じるが、上位相手でもゴールを奪えている。一方で27失点は多く、2ndステージで巻き返すためには守備の整備が必要だ。 <B>◆1stステージ成績</B> <B>16位 4勝4分9敗 勝ち点16 得点:18(13位タイ)、失点:27(16位) 得失点差:-9</B> <B>◆フォーメーション</B> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/shn20160622_1_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div><B>【3-4-2-1】</B> <span style="font-size:14px;">GK:村山智彦 DF:岡本拓也、アンドレ・バイア、三竿雄斗 MF:藤田征也、石川俊輝、神谷優太、菊池大介 MF:髙山薫、大槻周平 FW:端戸仁</span> <B>◆1stステージMVP</B> <B>FW高山薫</B> <B>17試合(先発17試合)/3得点</B> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/shn20160622_2_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽三竿、石川とともに1stステージの17試合に全てに出場。チーム最多タイとなる3ゴールを奪う活躍を見せた。苦しいチーム事情の中、攻撃では豊富な運動量と馬力のある推進力でゴール方向にボールを運び、守備では自陣深くまで戻って体を張った。今シーズンのトラッキングデータのスプリント回数では、上位10傑の中で6度ランクインするなど、攻守にわたって獅子奮迅の活躍を見せている。 <B>◆2ndステージ展望</B> ▽終盤の4試合で勝ち点8を上乗せするなど、一時に比べればチーム状態は上向きになっている。しかし、ここまで無失点試合がわずか3試合と守備を立て直さなければ2ndステージも厳しい戦いになるだろう。 ▽特にボランチの部分に問題を抱えており、3月の時点で主力の菊池俊が右ヒザ全十字じん帯を損傷し全治8カ月となった。菊池の離脱以降は石川の相方を定められず、さらにパウリーニョも移籍。下田や神谷を今後も使い続けるのか、それとも補強に動くのか。まずはチームの心臓部を固定して、戦い方を再構築したい。 ▽攻撃陣では最前線に入る端戸、シャドーの高山、ウイングバックの菊池大がそれぞれ3ゴールを奪っているが満足できる数字ではない。残留争いから抜け出すために、前線の選手たちが少ない決定機をモノにできるかが重要になる。 2016.06.26 16:02 Sun
twitterfacebook
thumb

輪湖のAT弾で柏が湘南とドロー!!《J1》

▽25日に日立柏サッカー場で明治安田生命J1リーグ1stステージ第17節の柏レイソルvs湘南ベルマーレが行われ、1-1のドローに終わった。 ▽1stステージ最終節を迎え、6勝5分け5敗で勝ち点23の7位・柏が、4勝3分け9敗で勝ち点15の16位・湘南を迎えた。試合はホームの柏がポゼッションを高めながら決定機を作り、シュートで攻撃を終えていく。8分には右CKから湘南のボックス内で混戦となり、最後は武富が振り向きざまのシュートを放つが、ここは枠を捉えきれなかった。 ▽柏は32分にも輪湖のクロスから茨田が強烈なシュートを放つなど湘南ゴールに迫る。対する湘南はボールを持っても深さを取れずにファイナルサードまでボールを運べない展開。柏が多くのチャンスを作った前半だったが、ゴールは生まれずに後半に突入した。 ▽ハーフタイムでの交代はなく迎えた後半は湘南がチャンスを作る。54分、相手陣内左からのFKで、アンドレ・バイアがフリーでヘディングシュートを放つも、ここはGK中村が片手ではじき出す。劣勢の柏は55分に武富を下げて田中を送りだした。 ▽それでも湘南の勢いは衰えず、71分には相手陣内でのFKからアンドレ・バイアの折り返しに長谷川がトラップからボールをコントロールし、シュートを押し込んで湘南がついに先制点を奪った。しかし直後の75分、湘南は岡本が足を負傷してプレー続行が不可能となり、交代で坪井を送り込む。 ▽その後は柏がパワープレー気味に、早めに相手のボックス内にボールを配給する。しかし湘南が集中した守りで跳ね返していった。このまま終了かと思われた50分、カウンターから左サイドの輪湖が思い切り振り抜くと、これがゴールネットを揺らし、直後に試合終了のホイッスル。柏が土壇場で追い付き、勝ち点1を分け合う結果に終わった。 2016.06.25 21:11 Sat
twitterfacebook
thumb

湘南MF石川俊輝に第一子となる長男が誕生「次は僕が頑張る番」

▽湘南ベルマーレは23日、MF石川俊輝に第一子となる長男が誕生したことを発表した。 ▽クラブの発表によると、石川の長男は20日の16時27分に誕生したとのことだ。石川はクラブを通じて喜びのコメントを寄せている。 「無事に産んでくれた妻、そして無事に生まれてきてくれた子供に感謝したいです。妻がこれだけ頑張ってくれたので、次は僕が頑張る番だと思っています。これから家族のためにもまた成長できるよう、頑張ってまいります」 ▽大宮アルディージャ下部組織出身の石川は、ユースから東洋大学に進学。2014年に湘南に加入していた。今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグで16試合に出場している。 2016.06.23 21:11 Thu
twitterfacebook
thumb

湘南がタイのブリーラムからブラジル人FWウェズレーを期限付き移籍で獲得「ビッグチャンスが訪れた」

▽湘南ベルマーレは23日、タイ・プレミアリーグのブリーラム・ユナイテッドからブラジル人FWウェズレー(24)が期限付き移籍で加入することを発表した。期限付き移籍期間は2016年6月23日から2017年1月1日までとなり、明治安田生命J1リーグ・2ndステージ以降、登録が完了次第出場可能となる。 ▽ウェズレーは、2010年にコリンチャンスでキャリアをスタートさせると、2011年に韓国の全南ドラゴンズへ移籍。その後、2012年に江原FC(韓国)、2013年に全南ドラゴンズ、2014年にCAリネンセ(ブラジル)、2015年に釜山アイパーク(韓国)と毎年チームを変え、2016年からブリーラム・ユナイテッドでプレーしていた。 ▽湘南はウェズレーについて「スピードに乗ったドリブルと高い足元の技術でチャンスを演出するアタッカー。シュートテクニックにも優れ、左右両足で精度の高いシュートを放つ」とプレーの特徴を紹介している。ウェズレーは湘南を通じてコメントしている。 「昔から日本でプレーしたいと思っていたので、今回湘南ベルマーレに加入できてとても嬉しく思います。私にとってビッグチャンスが訪れたと感じていますし、湘南ベルマーレで得たそのチャンスを形にするため、チームのために最大限自分の力を発揮し活かしたいと思います。これからいち早くJリーグのサッカーに馴染んで、皆さんに喜んでもらえるよう活躍したいです。応援宜しくお願いします」 ▽今シーズンのウェズレーはタイ・プレミアリーグで13試合に出場し無得点。チームはAFCチャンピオンズリーグに出場していたが、ウェズレーの出場はなかった。 2016.06.23 13:20 Thu
twitterfacebook
thumb

端戸3戦連発の湘南が磐田に6試合ぶり完封勝利《J1》

▽18日にShonan BMWスタジアム平塚で行われた明治安田生命J1リーグ・1stステージ第16節の湘南ベルマーレvsジュビロ磐田は、湘南が1-0で勝利した。 ▽ここまで3勝3分9敗で17位と低迷する湘南と、5勝5分5敗で11位につける磐田が相まみえた。ここ2戦1勝1分けの湘南は、引き分けた前節のガンバ大阪戦から先発を2人変更。対して、2試合無得点で白星なしの磐田は、ジェイが出場停止で欠場した。 ▽試合は序盤から両GKの活躍により、こう着した展開となる。その中、17分に湘南が先制。左CKのクロスに中央で反応した端戸がトラップから左足を振り抜く。これがそのままゴール右に吸い込まれ、湘南が先制に成功する。 ▽1点ビハインドで後半を迎えた磐田は、攻撃のキーマンとなるアダイウトンを中心に縦に早い攻撃を仕掛けるが、最後まで湘南の牙城を崩せず。端戸の3戦連発となるゴールで逃げ切った湘南が6試合ぶりの完封勝利で2戦負けなしとした。 2016.06.18 21:45 Sat
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース