ブロゾビッチが母国で逮捕…飲酒運転&信号無視&無免許運転の愚行2016.01.05 19:08 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽インテルに所属するクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチ(23)が母国で問題を起こしたようだ。クロアチア『Vecernji list』が伝えている。

▽昨年12月20日のラツィオ戦を最後にウインターブレイクに入っていたインテル。クリスマスを前に母国へと帰っていたブロゾビッチだが、その際に飲酒運転で逮捕されていたようだ。

▽さらに、飲酒状態でBMWのX6を運転していたブロゾビッチは、赤信号を無視し警察に止められたとのこと。ブロゾビッチは2カ月前に信号無視で免許停止状態となっていたため、この時は飲酒運転に加えて、無免許での運転となっていた。

▽昨年冬にディナモ・ザグレブから1年半のレンタルでインテルへと加入したブロゾビッチ。今季は前半戦のセリエAで12試合に出場し2得点を決めるなど、一定のパフォーマンスを見せていただけに、ピッチ外の問題行動でチャンスを棒に振らないでもらいたいところだ。

コメント

関連ニュース

thumb

インテル、若手FWマナイの買い取りOPを行使! 今季は6試合に出場

▽インテルが、クレモネーゼからレンタルで加入していたアルバニア代表FWレイ・マナイ(19)の買い取りオプションを行使した。クレモネーゼが24日に同選手の放出を発表した。 ▽2015年にクレモネーゼからインテルに加入したマナイは、今シーズンの公式戦6試合に出場するなど、才能の片りんを見せた。ロベルト・マンチーニ監督を筆頭にマナイの才能を高く評価するインテルは、50万ユーロ(約5600万円)といわれる買い取りオプションを行使した。 2016.06.25 02:05 Sat
twitterfacebook
thumb

サバレタ、マンチーニとの再会希望でインテル移籍を決断か…ミラノで代理人と会談

▽インテルは、マンチェスター・シティでの将来が不透明な状況にあるアルゼンチン代表DFパブロ・サバレタ(31)の獲得に迫っているのかもしれない。イギリス『サン』が報じた。 ▽報道によれば、インテルは21日にミラノで代理人と会談を行った模様。そのサバレタに関しては、ローマも獲得に興味を示しているようだが、本人はシティ時代の恩師であるマンチーニ監督との再会を希望しているようだ。 ▽そのため、『サン』はサバレタがシティとまだ1年契約を残している今夏に出場機会を求めてイタリアへ活躍の場を移す可能性があると主張。インテルに移籍することになれば、サバレタは3年ぶりにマンチーニ監督の下でプレーすることになる。 ▽サン・ロレンソでプロキャリアをスタートさせたサバレタは、エスパニョールでのプレーを経て、2008年夏にシティへと移籍。在籍8シーズンで公式戦301試合(9得点)に出場するも、今シーズンはわずかリーグ戦13試合の出場にとどまった。 2016.06.24 14:00 Fri
twitterfacebook
thumb

「チャイナ・インテル」が初補強へ アンサルディ獲得で合意と報道

イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、インテルがジェノアDFクリスティアン・アンサルディ(29)の獲得で合意したようだ。<br><br>昨季、ゼニト・サンクトペテルブルクからジェノアにレンタル移籍していたアンサルディは、シーズン後に完全移籍を果たしていた。だが、ジェノアは買い取ったうえでビッグクラブにアンサルディを売却する狙いだったとみられる。<br><br>そのアンサルディに関心を寄せていたのがインテルだ。『ガゼッタ』によると、ジェノアの要求は600万ユーロ(約7億1000万円)。インテルはMFディエゴ・ラクサールの保有権に300万ユーロを加える条件で合意したようだ。29歳のアンサルディとは3年契約を結ぶ見込み。<br><br>アルゼンチン代表MFエベル・バネガや、トルコ代表DFジャネル・エルキンの獲得を決めているインテルだが、蘇寧グループがクラブ買収を発表してからの補強はアンサルディが初となる。<br><br>なお『ガゼッタ』によると、インテルのハビエル・サネッティ副会長が選手に直接連絡して口説き落としたもよう。インテルの「アルゼンチンコネクション」は健在のようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.23 02:20 Thu
twitterfacebook
thumb

ポグバ代理人「中国マネーがあればミランやインテル移籍も否定はしない」

ユベントスMFポール・ポグバの代理人を務めるミーノ・ライオラ氏が、選手の去就に再び言及した。チャイナマネー次第で、ミラノ勢への移籍も排除はしないと述べている。<br><br>ライオラ氏は先日、スペイン『マルカ』で、ポグバの移籍についてレアル・マドリーと交渉していることを明かした。だが今回、イタリア『メディアセット』のインタビューでは、次のように述べている。<br><br>「ユーベ退団? ポールは成長しなければいけない。今はユーベの選手だ。だから、どんな移籍もまずはユベントス次第だよ」<br><br>「私が言ったのは、ポグバが(ジネディーヌ・)ジダン監督のことを好いているということ、そしてマドリーが魅力的ということだ。バルセロナ、マンチェスター・ユナイテッド、パリ・サンジェルマン、マンチェスター・シティ、チェルシー、そしてユーベのようにね」<br><br>一方で、ライオラ氏は蘇寧グループがインテルを買収し、ミランも中国の企業グループとクラブ売却を交渉していることから、イタリアサッカー界にとってのチャイナマネーについても言及している。<br><br>「中国がイタリアサッカーを変えられるか? もちろんだ。お金は非常に重要だよ。だが、プランや金がなければ何も変わらない」<br><br>「インテルとミランに中国の人たちが来て、彼らからポグバへのオファーがあったら話を聞くか? もちろんさ。私が関心あるのは、選手たちにとってのできるだけのベストだ。だから、どんな可能性も排除はしない。選手たちのためになることをしなければいけない」<br><br>また、ライオラ代理人はスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの去就について、次のように述べるにとどまった。<br><br>「私は彼からどこに行きたいか聞いている。イタリア復帰? 希望は最後まであるものだ。どうなるか、様子をみよう」<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.23 01:48 Thu
twitterfacebook
thumb

ベラルディがさらにインテル移籍へ近づく? ユーベCEOは信じないが…

サッスオーロFWドメニコ・ベラルディに対するインテルの関心は非常に強いもののようだ。ユベントスは選手のライバルへの移籍があり得ないと主張している。だが、代理人の考えは違うようだ。イタリアメディアが報じている。<br><br>21歳のベラルディは先日、ユベントス移籍を断ったと報じられた。ユーベには2500万ユーロ(約29億5000万円)での優先獲得交渉権があるが、本人は出場機会への影響などを考慮し、この夏のイタリア王者への移籍を断ったとみられている。<br><br>そこで動いたのが、以前からベラルディを狙うインテルだ。同じ2500万ユーロの移籍金を用意しているとみられる。インテルファンだったベラルディは、ユーベと比べて出場機会がより確実に得られ、年俸が倍額以上になることから、インテル移籍に傾いているとも報じられている。<br><br>だが、ユーベのジュゼッペ・マロッタCEOは21日、次のようにインテルをけん制した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』がコメントを伝えている。<br><br>「我々はサッスオーロと一緒に、彼をもう1年サッスオーロに残すと決めたんだ。インテル? 彼があそこに行くことはないと思う。私は(サッスオーロのジョルジョ・)スクインツィ会長たちと話している。彼らは真面目な人たちだ」<br><br>一方で、シモーネ・セゲドーニ代理人は『ラジオ・スポルティーヴァ』でこのように述べた。<br><br>「マロッタはインテル移籍がないとみている? 今、最も重要な言葉を発するべきは、サッスオーロだ。我々はインテルからのオファーを受け取った。インテルは選手を獲得しようと強い決意であり、クラブにとっても選手にとっても非常に重要なオファーをしてきたんだ。今はベラルディがバカンスから戻り、一緒に検討するのを待とう」<br><br>『ガゼッタ』は、サッスオーロがミランMFスソに関心を寄せており、これはベラルディ退団に備えての動きだと報じているが&hellip;?<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.22 06:10 Wed
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース