コバチッチ退場のレアル・マドリー、バレンシアと激闘の末にドロー《リーガエスパニョーラ》2016.01.04 06:33 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽リーガエスパニョーラ第18節バレンシアvsレアル・マドリーが3日にメスタージャで行われ、2-2で引き分けた。

▽4日前に行われた前節ソシエダ戦をC・ロナウドの2ゴールで制した3位レアル・マドリー(勝ち点36)は、その試合のスタメンからハメス・ロドリゲスとナチョに代えてコバチッチと負傷明けのセルヒオ・ラモスを起用。

▽一方、3日前に行われたビジャレアルとのバレンシア・ダービーに敗れてリーガで6試合勝利のない10位バレンシア(勝ち点22)は、ネグレドとヴェゾに代えてデ・パウルとオルバンを起用した。

▽前節ビジャレアル戦での5バックから本来の4バックに戻したG・ネビル監督は、[4-1-4-1]の布陣を採用。中盤右にカンセロを、左にデ・パウルを配した。一方、フラットな[4-4-2]の布陣を採用したレアル・マドリーは右にベイル、左にコバチッチを配した。

▽自陣に引くバレンシア、敵陣でポゼッションするマドリーという構図で試合が推移する中、まずは10分にバレンシアがゴールに近づく。しかし、左CKからアンドレ・ゴメスが放ったヘディングシュートは枠の右へ外れた。すると16分、BBCトリオの華麗な連係でレアル・マドリーが先制する。

▽バイタルエリア中央で仕掛けたベンゼマがベイルへパスを送ると、ベイルは意表を突いてヒールパス。これを受けたC・ロナウドがノールックで落とすと、ボックス中央にフリーランで移動していたベンゼマが受けて、難なくゴール左に流し込んだ。

▽先制後もレアル・マドリーがポゼッションして主導権を握る中、31分にバレンシアに決定機が訪れる。左サイド絞った位置からデ・パウルが送ったフィードに、ボックス右へ走り込んだカンセロがヘッド。しかし、シュートを枠の左に外してしまった。さらに37分、デ・パウルのスルーパスを受けたアンドレ・ゴメスがボックス左からシュートに持ち込んだが、セルヒオ・ラモスのブロックに阻まれてしまう。それでも45分、アンドレ・ゴメスがボックス左にドリブルで侵入したところをペペに倒されてPKを獲得。このPKをパレホがゴール右に決め、バレンシアが同点に追いついて前半を終えた。

▽迎えた後半、レアル・マドリーが押し込みにかかる中、自陣に引くバレンシアに63分、アンドレ・ゴメスの強烈なミドルシュートでゴールを脅かされてしまう。ここはGKケイロル・ナバスが阻止して均衡を保つと、67分にベンゼマに代えてL・バスケスを投入する。ところが、直後にカンセロを後方からスライディングタックルで削ったコバチッチがレッドカードを受け、レアル・マドリーは10人となってしまう。

▽そのレアル・マドリーは[4-4-1]で対応。右にL・バスケス、左にベイルを配し、C・ロナウドを最前線に配置した。バレンシアが数的優位をうまく生かせない中、レアル・マドリーは74分にモドリッチが強烈なミドルシュートを浴びせる。そして82分、右サイドで得たFKをクロースが蹴り込むと、ニアサイドのベイルが頭で合わせてゴール左へ流し込んだ。

▽しかし直後、バレンシアがすかさず追いつく。左サイド中寄りの位置からデ・パウルが送ったクロスを、ファーサイドのロドリゴ・モレノがヘッドで折り返し、最後はアルカセルが頭で押し込んだ。

▽2-2となった試合は終了間際にも互いにチャンスが訪れる。追加タイム3分、レアル・マドリーはCKからC・ロナウドが決定機を迎えるも、ベイルと重なってシュートを打ちきれない。直後にはバレンシアがチャンスを迎え、ネグレドがGKケイロル・ナバスと一対一となったが、こちらも決めきれずに2-2でタイムアップ。互いに一歩も譲らなかった激闘は、引き分けに終わった。

コメント

関連ニュース

thumb

バレンシア、レアル・マドリー戦でスーパーゴールのイタリア代表FWザザの買取りオプションを行使か

▽バレンシアはユベントスからレンタル移籍で加入中のイタリア代表FWシモーネ・ザザ(25)の買取りオプションを行使する方針ようだ。スペイン『アス』が伝えている。 ▽ザザは、昨夏にユベントスからレンタル移籍でウェストハムに加入するも、公式戦11試合でノーゴールに終わるなど、期待を裏切るパフォーマンスを見せていた。そんな同選手 に対してバレンシアは、買い取りオプション付きの今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得した。 ▽しかし、バレンシア加入後のザザはこれまでリーグ戦6試合に出場し2ゴールをマーク。22日に行われたリーガエスパニョーラ第16節延期分のレアル・マドリー戦では、先制ゴールとなる芸術的な反転シュートを決めるなど2-1の勝利に貢献していた。 ▽なお、アスによるとバレンシアはザザの獲得に1600万ユーロ(約19億円)の移籍金を支払うという。 2017.02.25 01:30 Sat
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、フランス代表DFヴァランの左ハムストリング負傷を発表… 今季公式戦32試合に出場

▽レアル・マドリーは24日、フランス代表DFラファエル・ヴァラン左足のハムストリングを負傷したことを発表した。全治に関する詳細は明らかにされていないが、スペイン『アス』は約5週間の離脱と報じている。 ▽ヴァランは、22日に行われたリーガエスパニョーラ第16節延期分のバレンシア戦にスタメン出場したが、左足を痛め63分にナチョと交代していた。 ▽レアル・マドリーによると、サニータス・ラ・モラレハ大学病院で検査を受けたヴァランは、重度2の左足大腿二頭筋負傷と診断され、今後は回復の状況を見守るとのことだ。 ▽レアル・マドリー在籍6年目を迎えたヴァランは、今シーズンのここまでリーガエスパニョーラ19試合、コパ・デル・レイ3試合、チャンピオンズリーグ7試合、FIFAクラブワールドカップ2試合、UEFAスーパーカップ1試合の計32試合に出場している。 2017.02.25 00:56 Sat
twitterfacebook
thumb

マルセロ、「バカげた」2失点を嘆く...敗戦の責任は「自分たちにある」

レアル・マドリーは22日のリーガエスパニョーラ第16節延期分、敵地メスタージャでバレンシアに1-2と敗れた。DFマルセロは、序盤の2失点を悔やんでいる。<br><br>レアルは未消化試合を2試合残した状況で2位バルセロナに勝ち点1差で首位に立っていた。しかしながらバレンシア戦では開始早々に2ゴールを献上し、終盤の猛攻も虚しく敗戦。2位との勝ち点差は1のままとなっている。<br><br>マルセロはミックスゾーンで「試合の入り方が悪かった。言い訳はできないよ。(敗戦の)責任は僕たちにある。バカげた2失点を喫してしまった。僕たちは首位のままだけど、何かを変えなければ。ああいった形で試合に入ってはいけない」と悔しさをにじませた。<br><br>一方で、「バレンシアは偉大なチームだ。彼らのホームグラウンド(メスタージャ)では選手、サポーターの両方がプレッシャーをかけてくる」と対戦相手の健闘をたたえた。「同点に持ち込むため、できることはすべてやった。けど僕たちはミスから学ばなくてはいけない」。ブラジル代表DFは次戦に向けて気持ちを切り替えている。<br><br>&nbsp;<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.23 22:31 Thu
twitterfacebook
thumb

首位マドリーが鬼門メスタージャで低迷するバレンシアに痛恨の敗戦… C・ロナウドのキャリア通算700試合目を勝利で飾れず《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第16節延期分のレアル・マドリーvsバレンシアが22日にメスタージャで行われ、2-1でバレンシアが勝利した。 ▽昨年末に行われたFIFAクラブワールド・カップにレアル・マドリーが出場した関係で、順延となっていた一戦。4日前に行われたエスパニョール戦で主力を一部温存するも、ベイルの復帰弾などで勝利した首位レアル・マドリー(勝ち点52)は、その試合からスタメン6人変更。ベンゼマやモドリッチ、カゼミロら主力がスタメンに復帰。また、この試合がキャリア通算700試合目となるクリスティアーノ・ロナウドもスタメンに名を連ねた。 ▽一方、直近のビルバオ戦で4試合ぶりの白星を飾った15位バレンシア(勝ち点23)は、その試合からシケイラに代えてカンセロを変更した以外は、同じスターティングメンバーを起用した。 ▽試合は開始早々の5分に動く。右サイドを持ち上がったムニルのクロスをボックス内で受けたザザがワントラップから反転シュート。これがゴール左に突き刺さり、バレンシアが先制した。 ▽反撃に出たいマドリーだが、再びスコアを動かしたのはバレンシア。9分、自陣でヴァランからボールを奪ったムニルが縦に素早くボールをつけると、ザザ、ナニと繋ぎ、最後はナニからのパスを、ボックス中央右で受けたオレジャーナがシュート。これがGKケイロル・ナバスの股下を射抜き、ゴールネットを揺らした。 ▽開始10分でまさかの2点ビハインドを負ったマドリーは、圧倒的なポゼッションでバレンシアを押し込む。しかし、スムーズなビルドアップから、アタッキングサードまでボールを運ぶものの、集中した守備陣を前になかなか決定機を作り出せない。 ▽一方、リードするバレンシアだが、38分にアクシデント。左サイドをドリブルで仕掛けたナニが左足を負傷し、シケイラとの交代を余儀なくされた。 ▽このまま前半終了かと思われたが、前半終盤にマドリーが1点を返す。44分、バイタルエリア左でボールを受けたマルセロのクロスをボックス中央のC・ロナウドが頭でゴール左に叩き込んだ。 ▽後半に入ってもマドリーの猛攻に晒されるバレンシアは56分、オレジャーナを下げてソレールを投入。対するマドリーは、62分にハメス・ロドリゲスに代えてベイルをピッチに投入した。 ▽その後は、互いにアタッキングサードで激しくボールを奪い合う肉弾戦の様相を呈する。同点ゴールが遠いマドリーは63分、プレーに精彩を欠いたヴァランを下げて ナチョを投入。さらに76分には、モドリッチに代えてルーカス・バスケスをピッチに送り出した。 ▽すると試合終盤にマドリーがバレンシアゴールに迫る。後半アディショナルタイム2分、左サイドでボールを受けたマルセロが右足でクロスを供給。これに反応したC・ロナウドがヘディングシュートで合わせたが、これはオフサイドの判定を取られる。 ▽最後までゴールを目指したマドリーは、70パーセント近いボール支配率で押し込んだものの、集中したバレンシア守備陣を最後まで崩しきれず。5試合ぶりの敗戦を喫したマドリーは、2位バルセロナとの勝ち点差を広げることはできなかった。 2017.02.23 05:06 Thu
twitterfacebook
thumb

アジャラ氏がバレンシアSDを辞した理由を告白「オーナー、監督、代理人の危険なトライアングルがあった」

元アルゼンチン代表DFのロベルト・アジャラ氏が、バレンシアのスポーツディレクター職を辞した理由を明かしている。<br><br>アジャラ氏は2013年12月に古巣バレンシアのスポーツディレクターに就任。しかしながらシンガポールの投資家ピーター・リム氏がバレンシアを買収した後の2015年7月に、突然同クラブを去った。<br><br>アジャラ氏はその理由を、選手補強に関して疑問を感じたためだと説明。リム氏、当時の監督ヌノ・エスピリト・サント氏、そして両氏と近しい仲として知られる代理人ジョルジュ・メンデス氏の補強政策が、スポーツ面以外の戦略も考えた上で行われていたという。<br><br>「バレンシアではオーナー(リム氏)、監督(ヌノ氏)、そして代理人メンデスの危険なトライアングルが成立していた。あの関係はクラブの助けになるものなんかじゃない」<br><br>「最初のプランは完璧だと思ったさ。強化部門は移籍市場でクラブに適応する選手を探し、監督は選手のポテンシャルを引き出せ、そして代理人は速やかに選手を獲得できた。だけど、そういうことじゃなかったんだ。クラブは何かしらの意図でもって、過剰な値段で次々に選手を獲得していった。私はその方針に賛成することができなかったんだ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.14 01:01 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース