コバチッチ退場のレアル・マドリー、バレンシアと激闘の末にドロー《リーガエスパニョーラ》2016.01.04 06:33 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽リーガエスパニョーラ第18節バレンシアvsレアル・マドリーが3日にメスタージャで行われ、2-2で引き分けた。

▽4日前に行われた前節ソシエダ戦をC・ロナウドの2ゴールで制した3位レアル・マドリー(勝ち点36)は、その試合のスタメンからハメス・ロドリゲスとナチョに代えてコバチッチと負傷明けのセルヒオ・ラモスを起用。

▽一方、3日前に行われたビジャレアルとのバレンシア・ダービーに敗れてリーガで6試合勝利のない10位バレンシア(勝ち点22)は、ネグレドとヴェゾに代えてデ・パウルとオルバンを起用した。

▽前節ビジャレアル戦での5バックから本来の4バックに戻したG・ネビル監督は、[4-1-4-1]の布陣を採用。中盤右にカンセロを、左にデ・パウルを配した。一方、フラットな[4-4-2]の布陣を採用したレアル・マドリーは右にベイル、左にコバチッチを配した。

▽自陣に引くバレンシア、敵陣でポゼッションするマドリーという構図で試合が推移する中、まずは10分にバレンシアがゴールに近づく。しかし、左CKからアンドレ・ゴメスが放ったヘディングシュートは枠の右へ外れた。すると16分、BBCトリオの華麗な連係でレアル・マドリーが先制する。

▽バイタルエリア中央で仕掛けたベンゼマがベイルへパスを送ると、ベイルは意表を突いてヒールパス。これを受けたC・ロナウドがノールックで落とすと、ボックス中央にフリーランで移動していたベンゼマが受けて、難なくゴール左に流し込んだ。

▽先制後もレアル・マドリーがポゼッションして主導権を握る中、31分にバレンシアに決定機が訪れる。左サイド絞った位置からデ・パウルが送ったフィードに、ボックス右へ走り込んだカンセロがヘッド。しかし、シュートを枠の左に外してしまった。さらに37分、デ・パウルのスルーパスを受けたアンドレ・ゴメスがボックス左からシュートに持ち込んだが、セルヒオ・ラモスのブロックに阻まれてしまう。それでも45分、アンドレ・ゴメスがボックス左にドリブルで侵入したところをペペに倒されてPKを獲得。このPKをパレホがゴール右に決め、バレンシアが同点に追いついて前半を終えた。

▽迎えた後半、レアル・マドリーが押し込みにかかる中、自陣に引くバレンシアに63分、アンドレ・ゴメスの強烈なミドルシュートでゴールを脅かされてしまう。ここはGKケイロル・ナバスが阻止して均衡を保つと、67分にベンゼマに代えてL・バスケスを投入する。ところが、直後にカンセロを後方からスライディングタックルで削ったコバチッチがレッドカードを受け、レアル・マドリーは10人となってしまう。

▽そのレアル・マドリーは[4-4-1]で対応。右にL・バスケス、左にベイルを配し、C・ロナウドを最前線に配置した。バレンシアが数的優位をうまく生かせない中、レアル・マドリーは74分にモドリッチが強烈なミドルシュートを浴びせる。そして82分、右サイドで得たFKをクロースが蹴り込むと、ニアサイドのベイルが頭で合わせてゴール左へ流し込んだ。

▽しかし直後、バレンシアがすかさず追いつく。左サイド中寄りの位置からデ・パウルが送ったクロスを、ファーサイドのロドリゴ・モレノがヘッドで折り返し、最後はアルカセルが頭で押し込んだ。

▽2-2となった試合は終了間際にも互いにチャンスが訪れる。追加タイム3分、レアル・マドリーはCKからC・ロナウドが決定機を迎えるも、ベイルと重なってシュートを打ちきれない。直後にはバレンシアがチャンスを迎え、ネグレドがGKケイロル・ナバスと一対一となったが、こちらも決めきれずに2-2でタイムアップ。互いに一歩も譲らなかった激闘は、引き分けに終わった。

コメント

関連ニュース

thumb

バレンシア、インテルからフランス代表MFコンドグビアを買取OP付きのレンタルで獲得!

▽バレンシアは21日、インテルからフランス代表MFジェフリー・コンドグビア(24)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の伝えるところによれば、バレンシアが今季終了後に買い取りオプションを行使する場合、2500万ユーロ(約32億円)を支払わなければならないという。 ▽2015年にモナコから3000万ユーロ(約38億5000万円)でインテルに加入したコンドグビアは、ここまで公式戦84試合に出場し、3ゴールを記録した。だが、戦術的なセリエAのスタイルに順応できず、時折見せる集中力を欠いた軽いプレーが批判の的となっていた。 ▽なお、今回の移籍はバレンシアからインテル行きが確実視されているポルトガル代表DFジョアン・カンセロ(23)の交渉の一部に含まれている模様だ。 ▽2012年から2013年まで在籍していたセビージャ時代以来のリーガ復帰となるコンドグビアは、バレンシアの地でその才能を開花させることができるか。 2017.08.22 00:45 Tue
twitterfacebook
thumb

新生バレンシアがザザ弾でハリロビッチ退場のラス・パルマスに勝利《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ開幕節のバレンシアvsラス・パルマスが18日に行われ、1-0でバレンシアが勝利した。 ▽リーガの名門として知られるバレンシアは、昨季、一昨季と2シーズン連続で12位フィニッシュとなった中、マルセリーノ新監督の下、復活を目指す新シーズンとなった。対するラス・パルマスも昨季14位と奮わなかったものの、2015-2016シーズンに昇格してから、リーガ1部での3年目に突入。同クラブが3年連続で1部の舞台で戦うのは、1987-1988シーズン以来であり、実に30年ぶりとなっている。 ▽試合の入りから、バレンシアがハイプレスを起点としてカウンターを度々繰り出していく。15分にはザザがボックス内に侵攻し、GKとの一対一を迎える。しかし、ドリブルで更に抜きにかかったところで転倒。GKのファウルをアピールしたが、笛は鳴らなかった。 ▽それでも、22分にはザザが先制点を奪い切った。左サイド深い位置でボールを持ったソレールがクロスを供給。ボックス手前中央で待ち構えたザザが冷静に左足で合わせ、グラウンダーシュートをゴール左下隅に流し込んだ。 ▽ラス・パルマスはレモスを起点にボールの支配を高めようと試みるが、バレンシアのプレッシャーを前に攻撃まで繋げられず。ペースを握れずにいると、34分には人数を減らすことに。ハーフウェイライン付近でガヤと競り合ったハリロビッチにレッドカードが提示され、一発退場となった。 ▽1人少ない相手に対し、バレンシアは引き続きカウンターで応戦。無理に攻め込むことはせず、試合を折り返した。試合を諦めないラス・パルマスは後半もポゼッション重視の戦いを見せたが、守備時に5バックを敷く相手の牙城を崩すには至らない。 ▽結局、試合はこのまま終了。バレンシアは追加点こそ奪えなかったものの、ラス・パルマスにまともなチャンスを作らせず。堅実な勝利で白星スタートを切った。 2017.08.19 07:11 Sat
twitterfacebook
thumb

インテルDFムリージョがバレンシアに買い取り義務付き2年レンタルで加入

▽バレンシアは18日、インテルのコロンビア代表DFジェイソン・ムリージョ(25)を買い取り義務付きの2年レンタルで獲得したことを発表した。 ▽買い取る際に必要となる移籍金はイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば1300万ユーロ(約16億6000万円)とのことだ。 ▽母国でプロデビューを果たしたムリージョは、2010年夏にグラナダへ移籍。以降はカディスやラス・パルマスへのレンタル移籍を経て、2015年夏にインテルに加入した。1年目から主戦場のセンターバックでレギュラーの座を確保。これまで公式戦102試合に出場し、5ゴール3アシストを記録した。 ▽バレンシアでは同日、アーセナルからブラジル人DFガブリエウ・パウリスタ(26)を獲得していた。 2017.08.19 06:30 Sat
twitterfacebook
thumb

バレンシアがアーセナルからDFガブリエウを5年契約で獲得

▽バレンシアは18日、アーセナルに所属するブラジル人DFガブリエウ・パウリスタ(26)を獲得した。契約期間は2022年6月30日までの5年間で、バイアウト条項は8000万ユーロ(約102憶7000万円)に設定されている。 ▽2010年に母国ブラジルのヴィトーリアでプロデビューしたガブリエウは、2013年にビジャレアルへ移籍。加入初年度からコンスタントな出場機会を得ると、在籍2シーズンで公式戦50試合に出場した。 ▽ビジャレアルでの活躍が認められ、2015年1月にアーセナルに加入したガブリエウは、在籍2年半で公式戦64試合に出場。しかし、昨シーズンはくるぶしの負傷に悩まされ、リーグ戦19試合の出場にとどまった。 2017.08.19 01:47 Sat
twitterfacebook
thumb

インテルDFムリージョ、バレンシア入りへ

▽インテルのコロンビア代表DFジェイソン・ムリージョ(25)が、バレンシア移籍で合意に達したようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 ▽伝えられるところによると、インテルとバレンシアは移籍金1300万ユーロ(約16億6000万円)で合意。まもなくメディカルチェックを受けにバレンシアへ渡る予定のようだ。 ▽母国でプロデビューを果たしたムリージョは、2010年夏にグラナダ移籍。以降はカディスやラス・パルマスへのレンタル移籍を経て、2015年夏にインテルに加入した。1年目から主戦場のセンターバックでレギュラーの座を確保。これまで公式戦102試合に出場し、5ゴール3アシストを記録した。 2017.08.18 19:01 Fri
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース