超ワールドサッカー

コバチッチ退場のレアル・マドリー、バレンシアと激闘の末にドロー《リーガエスパニョーラ》2016.01.04 06:33 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽リーガエスパニョーラ第18節バレンシアvsレアル・マドリーが3日にメスタージャで行われ、2-2で引き分けた。

▽4日前に行われた前節ソシエダ戦をC・ロナウドの2ゴールで制した3位レアル・マドリー(勝ち点36)は、その試合のスタメンからハメス・ロドリゲスとナチョに代えてコバチッチと負傷明けのセルヒオ・ラモスを起用。

▽一方、3日前に行われたビジャレアルとのバレンシア・ダービーに敗れてリーガで6試合勝利のない10位バレンシア(勝ち点22)は、ネグレドとヴェゾに代えてデ・パウルとオルバンを起用した。

▽前節ビジャレアル戦での5バックから本来の4バックに戻したG・ネビル監督は、[4-1-4-1]の布陣を採用。中盤右にカンセロを、左にデ・パウルを配した。一方、フラットな[4-4-2]の布陣を採用したレアル・マドリーは右にベイル、左にコバチッチを配した。

▽自陣に引くバレンシア、敵陣でポゼッションするマドリーという構図で試合が推移する中、まずは10分にバレンシアがゴールに近づく。しかし、左CKからアンドレ・ゴメスが放ったヘディングシュートは枠の右へ外れた。すると16分、BBCトリオの華麗な連係でレアル・マドリーが先制する。

▽バイタルエリア中央で仕掛けたベンゼマがベイルへパスを送ると、ベイルは意表を突いてヒールパス。これを受けたC・ロナウドがノールックで落とすと、ボックス中央にフリーランで移動していたベンゼマが受けて、難なくゴール左に流し込んだ。

▽先制後もレアル・マドリーがポゼッションして主導権を握る中、31分にバレンシアに決定機が訪れる。左サイド絞った位置からデ・パウルが送ったフィードに、ボックス右へ走り込んだカンセロがヘッド。しかし、シュートを枠の左に外してしまった。さらに37分、デ・パウルのスルーパスを受けたアンドレ・ゴメスがボックス左からシュートに持ち込んだが、セルヒオ・ラモスのブロックに阻まれてしまう。それでも45分、アンドレ・ゴメスがボックス左にドリブルで侵入したところをペペに倒されてPKを獲得。このPKをパレホがゴール右に決め、バレンシアが同点に追いついて前半を終えた。

▽迎えた後半、レアル・マドリーが押し込みにかかる中、自陣に引くバレンシアに63分、アンドレ・ゴメスの強烈なミドルシュートでゴールを脅かされてしまう。ここはGKケイロル・ナバスが阻止して均衡を保つと、67分にベンゼマに代えてL・バスケスを投入する。ところが、直後にカンセロを後方からスライディングタックルで削ったコバチッチがレッドカードを受け、レアル・マドリーは10人となってしまう。

▽そのレアル・マドリーは[4-4-1]で対応。右にL・バスケス、左にベイルを配し、C・ロナウドを最前線に配置した。バレンシアが数的優位をうまく生かせない中、レアル・マドリーは74分にモドリッチが強烈なミドルシュートを浴びせる。そして82分、右サイドで得たFKをクロースが蹴り込むと、ニアサイドのベイルが頭で合わせてゴール左へ流し込んだ。

▽しかし直後、バレンシアがすかさず追いつく。左サイド中寄りの位置からデ・パウルが送ったクロスを、ファーサイドのロドリゴ・モレノがヘッドで折り返し、最後はアルカセルが頭で押し込んだ。

▽2-2となった試合は終了間際にも互いにチャンスが訪れる。追加タイム3分、レアル・マドリーはCKからC・ロナウドが決定機を迎えるも、ベイルと重なってシュートを打ちきれない。直後にはバレンシアがチャンスを迎え、ネグレドがGKケイロル・ナバスと一対一となったが、こちらも決めきれずに2-2でタイムアップ。互いに一歩も譲らなかった激闘は、引き分けに終わった。

コメント

関連ニュース

thumb

バレンシア、パレホやE・ペレスの放出が濃厚に...中盤で残留確実なのはソレールのみ

バレンシアは今夏、監督交代の影響もあって、大幅な選手入れ替えを行うことになるかもしれない。<br><br>バレンシアは昨季限りでボロ監督が退任。マルセリーノ・ガルシア・トラル監督を招へいして新体制をスタートさせている。<br><br>マルセリーノ監督の下、現時点でマテウ・アレマニーSD(スポーツディレクター)が確実に残留させる考えでいる中盤の選手はMFカルロス・ソレールのみだ。事実、5月に新契約を締結したカンテラーノの契約解除金は、3000万ユーロから8000万ユーロに跳ね上がっている。<br><br>一方、これまでチームの中核に据えられてきたMFダニ・パレホは、クラブが年俸250万ユーロ(約3億円)を浮かせるため、放出されることが濃厚となっている。昨夏、彼には1400万ユーロのオファーが届いていた。バレンシアは今夏も同額程度のオファーを期待しているようだ。<br><br>またMFエンソ・ペレス、MFアルバロ・メドランも退団に傾いている。バレンシアは2015年1月に2500万ユーロ(約30億円)で獲得したE・ペレスに関して、現在償却金と年俸で年間1000万ユーロ(約12億円)を負担している。クラブは資金捻出を目的に同選手の売却を検討している。<br><br>メドランはガルシア・ピタルチ前SDが昨夏獲得した選手だが、ボロ前監督の下で次第に存在感を失っていった。またピタルチ前SDが退任前に今夏の加入で合意したMFネマニャ・マクシモビッチ(前所属アスタナ)についても、チームに残すか放出するかの決断に迫られている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.22 21:51 Thu
twitterfacebook
thumb

オーストラリア代表GKライアン、昇格ブライトンに完全移籍

▽プレミアリーグに昇格したブライトンは16日、バレンシアのオーストラリア代表GKマシュー・ライアン(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年間となっている。移籍金は明かされていないが、クラブ史上最高額とのことだ。 ▽クラブ・ブリュージュで台頭したライアンは、2015年夏にバレンシアへ移籍。しかし、ブラジル代表GKジエゴ・アウベスの前にレギュラーの座を掴むには至らず、2017年冬にヘンクへレンタル移籍していた。そのヘンクではリーグ戦24試合に出場してクリーンシート11試合と、結果を残していた。 2017.06.17 03:26 Sat
twitterfacebook
thumb

バレンシア、今夏のアルビオル復帰を画策か

▽ナポリのスペイン人DFラウール・アルビオル(31)は、今夏の移籍市場で、故郷のクラブへ移籍するかもしれない。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽アルビオルはバレンシアの下部組織出身で、2003年9月に当時18歳にして、トップチームのデビューを飾った。2004-2005シーズンにはヘタフェへのレンタルに出されるも、翌年にはバレンシアに帰還。結局、レアル・マドリーへステップアップする2009年まで在籍した。アルビオルは当時、クラブに別れを告げたが、今夏にも再会の可能性があるようだ。 ▽報道によれば、DFの補強を重視するバレンシアは、昨夏もアルビオルの獲得へ動いた。移籍金として提示した金額は、当初600万ユーロ(現在のレートで約7億4000万円)で、最終的には1200万ユーロ(現在のレートで約14億8000万円)まで引き上げたという。しかし、ナポリの設定していた契約解除金は1500万ユーロ(現在のレートで約18億5000万円)。移籍が叶わなかったアルビオルは2016年9月、ナポリと新たに2022年までの契約を延長した。 ▽それでも、バレンシアはアルビオル獲得に光明を見いだしたようだ。ナポリが契約を延長したことにより、移籍の難易度が上がったかに思われたが、更新を機に契約解除金が600万ユーロに下降。これは、昨夏のバレンシアが最初に提示した額と同額だ。 2017.06.12 18:53 Mon
twitterfacebook
thumb

WBAがセビージャやシティで活躍したネグレドを狙う

▽WBAが今季ミドルスブラでプレーしたスペイン代表FWアルバロ・ネグレド(31)に興味を持っているようだ。イギリス『バーミンガム・メール』が伝えた。 ▽2015-16シーズンにマンチェスター・シティからバレンシアに加入しスペインに帰還したネグレドは、1年間バレンシアでプレーした後、当時監督を務めていたヌノ・エスピリト・サント現ポルト監督との軋轢もあり、16-17シーズンはレンタル移籍でミドルスブラへ移っていた。シティ以降2度目のプレミアリーグ挑戦となった今季は、公式戦39試合に出場し、10ゴール4アシストを記録した。 ▽レンタル期間を経てバレンシアに戻ることになる同選手は以前、スペイン『カデナ・セール』のインタビューで「バレンシアを懐かしく感じることはない。あそこのファンは要求が厳しすぎる」と、バレンシアに対する不満を漏らしていた。そのため、今夏に再び移籍を求める可能性もあるかもしれない。 ▽また、WBAはネグレドのほかにも、シティのイングランド代表MFファビアン・デルフ(27)や、元トッテナムで今はハル・シティに在籍している元イングランド代表MFトム・ハドルストン(30)らも、獲得候補として現地メディアに挙げられている。 2017.06.08 17:23 Thu
twitterfacebook
thumb

バレンシア新監督マルセリーノ「失点を許すならメッシ&C・ロナウドを獲得しなければ」

バレンシア新指揮官となったマルセリーノ・ガルシア・トラル監督がスペイン『マルカ』とのインタビューに応じ、失点数を減らすことを標榜している。<br><br>今季リーガで65失点を許したバレンシア。マルセリーノ監督は選手補強によって均衡の取れた陣容を構築し、失点を減らす必要性があることを説く。そして失点を減らさないならば、世界最高の点取り屋2人が必要との見解も示している。<br><br>「我々は現陣容を補完するような選手獲得を行い、野心、団結心、期待を抱えたチームを構築する。しかし、現代フットボールは才能だけでは不十分なんだ。攻守の均衡が取れたチームを構築しなければならない」<br><br>「もう、65失点を許すようなことがあってはならない。もし許すとしたら、クリスティアーノ・ロナウドとメッシを獲得して、彼ら2人に120ゴールを決めてもらう必要がある」<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.29 20:59 Mon
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース