コバチッチ退場のレアル・マドリー、バレンシアと激闘の末にドロー《リーガエスパニョーラ》2016.01.04 06:33 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽リーガエスパニョーラ第18節バレンシアvsレアル・マドリーが3日にメスタージャで行われ、2-2で引き分けた。

▽4日前に行われた前節ソシエダ戦をC・ロナウドの2ゴールで制した3位レアル・マドリー(勝ち点36)は、その試合のスタメンからハメス・ロドリゲスとナチョに代えてコバチッチと負傷明けのセルヒオ・ラモスを起用。

▽一方、3日前に行われたビジャレアルとのバレンシア・ダービーに敗れてリーガで6試合勝利のない10位バレンシア(勝ち点22)は、ネグレドとヴェゾに代えてデ・パウルとオルバンを起用した。

▽前節ビジャレアル戦での5バックから本来の4バックに戻したG・ネビル監督は、[4-1-4-1]の布陣を採用。中盤右にカンセロを、左にデ・パウルを配した。一方、フラットな[4-4-2]の布陣を採用したレアル・マドリーは右にベイル、左にコバチッチを配した。

▽自陣に引くバレンシア、敵陣でポゼッションするマドリーという構図で試合が推移する中、まずは10分にバレンシアがゴールに近づく。しかし、左CKからアンドレ・ゴメスが放ったヘディングシュートは枠の右へ外れた。すると16分、BBCトリオの華麗な連係でレアル・マドリーが先制する。

▽バイタルエリア中央で仕掛けたベンゼマがベイルへパスを送ると、ベイルは意表を突いてヒールパス。これを受けたC・ロナウドがノールックで落とすと、ボックス中央にフリーランで移動していたベンゼマが受けて、難なくゴール左に流し込んだ。

▽先制後もレアル・マドリーがポゼッションして主導権を握る中、31分にバレンシアに決定機が訪れる。左サイド絞った位置からデ・パウルが送ったフィードに、ボックス右へ走り込んだカンセロがヘッド。しかし、シュートを枠の左に外してしまった。さらに37分、デ・パウルのスルーパスを受けたアンドレ・ゴメスがボックス左からシュートに持ち込んだが、セルヒオ・ラモスのブロックに阻まれてしまう。それでも45分、アンドレ・ゴメスがボックス左にドリブルで侵入したところをペペに倒されてPKを獲得。このPKをパレホがゴール右に決め、バレンシアが同点に追いついて前半を終えた。

▽迎えた後半、レアル・マドリーが押し込みにかかる中、自陣に引くバレンシアに63分、アンドレ・ゴメスの強烈なミドルシュートでゴールを脅かされてしまう。ここはGKケイロル・ナバスが阻止して均衡を保つと、67分にベンゼマに代えてL・バスケスを投入する。ところが、直後にカンセロを後方からスライディングタックルで削ったコバチッチがレッドカードを受け、レアル・マドリーは10人となってしまう。

▽そのレアル・マドリーは[4-4-1]で対応。右にL・バスケス、左にベイルを配し、C・ロナウドを最前線に配置した。バレンシアが数的優位をうまく生かせない中、レアル・マドリーは74分にモドリッチが強烈なミドルシュートを浴びせる。そして82分、右サイドで得たFKをクロースが蹴り込むと、ニアサイドのベイルが頭で合わせてゴール左へ流し込んだ。

▽しかし直後、バレンシアがすかさず追いつく。左サイド中寄りの位置からデ・パウルが送ったクロスを、ファーサイドのロドリゴ・モレノがヘッドで折り返し、最後はアルカセルが頭で押し込んだ。

▽2-2となった試合は終了間際にも互いにチャンスが訪れる。追加タイム3分、レアル・マドリーはCKからC・ロナウドが決定機を迎えるも、ベイルと重なってシュートを打ちきれない。直後にはバレンシアがチャンスを迎え、ネグレドがGKケイロル・ナバスと一対一となったが、こちらも決めきれずに2-2でタイムアップ。互いに一歩も譲らなかった激闘は、引き分けに終わった。

コメント

関連ニュース

thumb

低迷のバレンシアに加入したザザ「6カ月だけでなくその先もバレンシアで」

▽今冬の移籍市場でユベントスからバレンシアに移籍したイタリア代表FWシモーネ・ザザが新天地での入団会見に臨んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽昨夏にユベントスからレンタル移籍でウェストハムに加入したザザだったが、公式戦11試合でノーゴールに終わるなど、期待を裏切るパフォーマンスを見せていた。そんな同選手に対してバレンシアは、買い取りオプション付きの今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得した。 ▽ザザは、イングランドで成功することができなかったことを認めつつ、スペインの地で復活を遂げたいとコメント。また、バレンシアからの関心に喜びを示し、6カ月間だけでなくプレーしたい気持ちを持っていることを明かした。 「イングランドでは良いニュースはなかったね。楽しい時間を過ごすことはできなかったけれど、今はここでプレーできる喜びを感じている。バレンシアからの関心は以前から知っていたけれど、プランデッリが解任されたことで移籍はなくなるだろうと思っていた」 「それでもクラブは僕を欲してくれた。チームの一員になったからには試合に勝つために、ゴールを奪いたい。そして個人的には6カ月だけでなく、その先もこのチームでプレーしたいと思っている。チームからの信頼を感じるし、フィジカル面でも僕は万全の状態さ」 2017.01.17 10:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ウェストハムで不完全燃焼のザザがバレンシアへ! 買取OP付きの今季終了までのレンタル

▽バレンシアは15日、ユベントスに所属するイタリア代表FWシモーネ・ザザ(25)を買取オプション付きの今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽ザザは、昨夏にユベントスからウェストハムにレンタル移籍。しかし、公式戦11試合に出場してノーゴールと期待を裏切るパフォーマンスに終始していた。 ▽バレンシアは、15日に行われた第18節のエスパニョール戦で9試合ぶりの白星。しかし、現在はリーガエスパニョーラ17位と低迷している。 2017.01.16 08:15 Mon
twitterfacebook
thumb

バレンシアやっと…本拠地メスタージャで4カ月ぶり勝利、エスパニョールを2-1で下す《リーガエスパニョーラ》

15日のリーガエスパニョーラ第18節、バレンシアは本拠地メスタージャでのエスパニョール戦に2-1で勝利した。<br><br>リーガにおいては、昨年9月22日に行われた第5節アラベス戦(2-1)以降、メスタージャで勝利から見放されているバレンシア。だが、ようやく歓喜の瞬間が訪れた。<br><br>バレンシアはこのエスパニョールとの一戦で、メスタージャというスタジアムが要塞であったことを思い起こさせるプレーを幾度か披露。特に左サイドのガヤとナニが右サイドバックのディエゴ・レジェス(本職センターバック)をきりきり舞として、何度もチャンスを創出した。そして17分、パレホのスルーパスからナニがペナルティーエリア内左に抜け出し、折り返されたボールをモントーヤが押し込み先制。さらに73分にはパレホの直接FKをGKディエゴ・ロペスが弾き、こぼれ球をサンティ・ミナが枠内に収めて加点した。<br><br>85分にはCKからジェラール・モレノに1点を返されたバレンシアだが、1点リードを維持したまま終了のホイッスルを迎え、メスタージャで4カ月ぶりに勝ち点3を獲得。現在17位につける同チームは降格圏18位スポルティング・ヒホンとの勝ち点差を暫定で4に広げた。ボロ監督は試合後、この勝利がチームの自信となることに期待を寄せている。<br><br>「チームは勝利を必要としていたし、だからこそ満足感を得ている。選手たちは難しい状況にありながらも、インテンシティーと大胆さでもってこの試合に取り組んだ。改善を続けていくための自信になるのではないかな。クラブの現状は、競争を臨むことを難しくする。しかし、選手たちは強い意志を示してくれたよ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.16 00:31 Mon
twitterfacebook
thumb

混迷のバレンシア、イタリア代表FWザザ獲得に大きく前進か

▽バレンシアがウェストハムのイタリア代表FWシモーネ・ザザ(25)を保有元のユベントスから買取り義務付きのレンタル移籍で獲得するようだ。『フットボール・イタリア』がイタリア『SportMediaset』や著名なイタリア人移籍専門記者のジャンルカ・ディ・マルツィオ氏の情報をもとにして報じている。 ▽ディ・マルツィオ氏によると、今回の移籍に関してすでに両クラブが条件面で合意に達しており、近日中にも正式発表されるという。 ▽また、イタリア『SportMediaset』によれば、バレンシアの買取り義務はザザが10試合以上プレーしたら発動し、完全移籍で買い取る際に1800万ユーロ(約21億8000万円) を支払うという。なお、バレンシアが2部降格を逃れた際には、+200万ユーロ(約2億4000万円)が上乗せされる契約のようだ。 ▽2016年の夏にユベントスからウェストハムへ買取りオプション付きのレンタル移籍で加入したザザだが、ここまでプレミアリーグに上手く適応できておらず、公式戦11試合で0ゴールという低調なパフォーマンスに終始。一部メディアではウェストハムは買い取りオプションを行使しない見込みだと報じられていた。 2017.01.13 02:20 Fri
twitterfacebook
thumb

バレンシアが“名物”暫定指揮官のボロに今シーズンを託す

▽バレンシアは10日、サルバドール・ゴンサーレス・マルコ暫定監督が今シーズン終了まで指揮を執ることを発表した。 ▽バレンシアは今シーズンパコ・アジェスタラン前監督の下で指導するも、成績不振から解任。後任にチェーザレ・プランデッリ監督を招へいするも、こちらも成績不振から12月30日に解任されていた。その後は、“ボロ”の愛称で親しまれ、これまでも暫定指揮官として4度、バレンシアを率いたサルバドール氏がシーズン終了までバレンシアを率いることとなったようだ。 2017.01.11 09:08 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース