コバチッチ退場のレアル・マドリー、バレンシアと激闘の末にドロー《リーガエスパニョーラ》2016.01.04 06:33 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽リーガエスパニョーラ第18節バレンシアvsレアル・マドリーが3日にメスタージャで行われ、2-2で引き分けた。

▽4日前に行われた前節ソシエダ戦をC・ロナウドの2ゴールで制した3位レアル・マドリー(勝ち点36)は、その試合のスタメンからハメス・ロドリゲスとナチョに代えてコバチッチと負傷明けのセルヒオ・ラモスを起用。

▽一方、3日前に行われたビジャレアルとのバレンシア・ダービーに敗れてリーガで6試合勝利のない10位バレンシア(勝ち点22)は、ネグレドとヴェゾに代えてデ・パウルとオルバンを起用した。

▽前節ビジャレアル戦での5バックから本来の4バックに戻したG・ネビル監督は、[4-1-4-1]の布陣を採用。中盤右にカンセロを、左にデ・パウルを配した。一方、フラットな[4-4-2]の布陣を採用したレアル・マドリーは右にベイル、左にコバチッチを配した。

▽自陣に引くバレンシア、敵陣でポゼッションするマドリーという構図で試合が推移する中、まずは10分にバレンシアがゴールに近づく。しかし、左CKからアンドレ・ゴメスが放ったヘディングシュートは枠の右へ外れた。すると16分、BBCトリオの華麗な連係でレアル・マドリーが先制する。

▽バイタルエリア中央で仕掛けたベンゼマがベイルへパスを送ると、ベイルは意表を突いてヒールパス。これを受けたC・ロナウドがノールックで落とすと、ボックス中央にフリーランで移動していたベンゼマが受けて、難なくゴール左に流し込んだ。

▽先制後もレアル・マドリーがポゼッションして主導権を握る中、31分にバレンシアに決定機が訪れる。左サイド絞った位置からデ・パウルが送ったフィードに、ボックス右へ走り込んだカンセロがヘッド。しかし、シュートを枠の左に外してしまった。さらに37分、デ・パウルのスルーパスを受けたアンドレ・ゴメスがボックス左からシュートに持ち込んだが、セルヒオ・ラモスのブロックに阻まれてしまう。それでも45分、アンドレ・ゴメスがボックス左にドリブルで侵入したところをペペに倒されてPKを獲得。このPKをパレホがゴール右に決め、バレンシアが同点に追いついて前半を終えた。

▽迎えた後半、レアル・マドリーが押し込みにかかる中、自陣に引くバレンシアに63分、アンドレ・ゴメスの強烈なミドルシュートでゴールを脅かされてしまう。ここはGKケイロル・ナバスが阻止して均衡を保つと、67分にベンゼマに代えてL・バスケスを投入する。ところが、直後にカンセロを後方からスライディングタックルで削ったコバチッチがレッドカードを受け、レアル・マドリーは10人となってしまう。

▽そのレアル・マドリーは[4-4-1]で対応。右にL・バスケス、左にベイルを配し、C・ロナウドを最前線に配置した。バレンシアが数的優位をうまく生かせない中、レアル・マドリーは74分にモドリッチが強烈なミドルシュートを浴びせる。そして82分、右サイドで得たFKをクロースが蹴り込むと、ニアサイドのベイルが頭で合わせてゴール左へ流し込んだ。

▽しかし直後、バレンシアがすかさず追いつく。左サイド中寄りの位置からデ・パウルが送ったクロスを、ファーサイドのロドリゴ・モレノがヘッドで折り返し、最後はアルカセルが頭で押し込んだ。

▽2-2となった試合は終了間際にも互いにチャンスが訪れる。追加タイム3分、レアル・マドリーはCKからC・ロナウドが決定機を迎えるも、ベイルと重なってシュートを打ちきれない。直後にはバレンシアがチャンスを迎え、ネグレドがGKケイロル・ナバスと一対一となったが、こちらも決めきれずに2-2でタイムアップ。互いに一歩も譲らなかった激闘は、引き分けに終わった。

コメント

関連ニュース

thumb

パレホPK弾でセルタに競り勝った2位バレンシアが3戦ぶりの白星!《リーガエスパニョーラ

▽リーガエスパニョーラ第15節、バレンシアvsセルタが9日にメスタージャで行われ、ホームのバレンシアが2-1で勝利した。 ▽前節、10人のヘタフェ相手に今季初黒星を喫した2位のバレンシア(勝ち点31)は、バルセロナ相手にドローに持ち込んだ10位のセルタ(勝ち点18)を相手に3試合ぶりの勝利を目指す。 ▽開始2分にパレホの右CKのこぼれ球に合わせたヴェゾのシュートがクロスバーを叩くなど、いきなりゴールの予感を感じさせる場面を作り出したバレンシア。その後は攻撃力を売りとするセルタの反撃に遭うものの、得意のカウンターで迎え撃つ。22分にはソレールが強さと推進力をみせ、ボックス右に持ち込んでシュートも、これはわずかに枠の右に外れる。 ▽それでも、きっちりカウンターをフィニッシュに結び付けるホームチームは28分、左サイドで得たCKの場面でキッカーのパレホがニアに入れたボールをザザが巧みなヘッドでニア上に突き刺し、先制点を奪った。 ▽一方、先制点こそ許したものの、シスト、アスパス、マキシ・ゴメスと前線のタレントが要所で見せ場を作るセルタは、34分にピストのクロスに反応したアスパスがゴール前でドンピシャのヘディングシュートを放つ。だが、これは相手GKネトの横っ飛びセーブに阻まれた。 ▽その後も一進一退の攻防が繰り広げられた試合は、バレンシアの1点リードで後半に突入。だが、後半キックオフ直後に攻勢を仕掛けたセルタは、左サイドでピストが折り返したボールをマキシ・ゴメスが収めて反転シュート。このシュートはミートし切れないが、ボックス左に走り込むアスパスへの最高のラストパスとなり、最後はエースが冷静に流し込んだ。 ▽後半早々に試合を振り出しに戻されたバレンシアは、後半に入ってなかなか攻撃が機能しない。流れを変えたいマルセリーノ監督は61分にソレール、66分にロドリゴ・モレノを下げてナチョ・ビダル、サンティ・ミナを続けて投入。 ▽試合終盤に入ると、互いに運動量の低下の影響もあってやや試合はこう着状態に陥る。しかし、今季幾度も勝負強さを発揮してきたバレンシアが勝ち越しに成功する。81分、ボックス内で仕掛けたN・ビダルが相手DFに引っかけられてPKを獲得。ここでキッカーのパレホのシュートはGKルベン・ブランコに完璧に読まれるが、ボールはうまく脇の間を抜けてゴールネットに吸い込まれた。 ▽その後、エムレ・モルやグイデッティと攻撃的なカードを切ったセルタの反撃をきっちり凌ぎ切ったバレンシアが、2-1で勝利。リーグ3試合ぶりの勝利で首位バルセロナへの圧力を強めると共に、2位キープに成功した。 2017.12.10 06:44 Sun
twitterfacebook
thumb

アレックス・サンドロ退団に備えユーベがアルバの後継者に注視

▽ユベントスが、バレンシアのスペイン人DFホセ・ルイス・ガヤ(22)の獲得に向けた調査を開始したようだ。『フットボール・イタリア』が報じている。 ▽ユベントスのブラジル代表DFアレックス・サンドロ(26)は、以前からチェルシーが獲得に興味を示しているとされていた。さらに『フットボール・イタリア』によると、右ヒザ前十字じん帯断裂の重傷を負ったアルジェリア代表DFファウジ・グラムの代わりとして、ナポリもアレックス・サンドロの獲得に興味を持っていると報じている。 ▽ユベントスは同選手を大事な戦力だと考えており、契約延長を望んでいるが、選手側は態度を保留しており、両者の溝は深まっていると見られている。 ▽そんな中、『フットボール・イタリア』はユベントス側がアレックス・サンドロの退団に備えて動き出したと報道。特にバレンシアで活躍するガヤに対しては調査を開始したとしている。 ▽バレンシアの下部組織出身であるガヤは2013-14シーズンからバレンシアのトップチームに昇格。翌シーズンからは、19歳ながらに主力としてプレーし、リーグ戦35試合1ゴールをマークした。 ▽攻撃的な左サイドバックであり、現在はバルセロナでプレーするスペイン代表DFジョルディ・アルバの後継者として注目されていた。2015年にはレアル・マドリーなども獲得に興味を示していると言われていたが、同選手はバレンシアとの契約を2020年まで延長している。 2017.12.07 08:59 Thu
twitterfacebook
thumb

乾貴士の新たなライバルがエイバルに到着...「挑戦」に意欲を示すオレジャーナ

エイバルMF乾貴士に、新たなライバルが現れた。チリ人MFファビアン・オレジャーナが、新天地に渡った。<br><br>オレジャーナは今季終了時までのレンタルでバレンシアからエイバルに移籍。公式戦出場が可能になるのは1月1日以降だが、すでにエイバルの練習に参加している。<br><br>右MF、左MF、トップ下を主戦場とするオレジャーナは、「エイバルへの移籍はステップダウンじゃない。僕にとっては挑戦だ。すべてを尽くしてチームを助けるつもりだよ」と移籍決断について語っている。<br><br>なお、エイバルは1部残留を果たした場合オレジャーナを買い取ることでバレンシアと合意しているようだ。その際には、今回支払うレンタル料40万ユーロ(約5300万円)に加え、180万ユーロ(約2億円)を支払うことになるとされる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.05 23:31 Tue
twitterfacebook
thumb

バレンシア指揮官マルセリーノ「レアル・マドリーは昨季よりも劣っている」

バレンシアのマルセリーノ・ガルシア・トラル監督は、レアル・マドリーが昨季よりも陣容で劣っているとの見解のようだ。<br><br>FWアルバロ・モラタ、MFハメス・ロドリゲスらの退団により、昨季に比べて陣容が劣っているとも指摘されるレアル・マドリー。ジネディーヌ・ジダン監督やMFイスコはその指摘を否定しているが、マルセリーノ監督は同意している。<br><br>バレンシア指揮官は、スペイン『ラディオ・マルカ』とのインタビューで次のようにコメントした。<br><br>「私もレアル・マドリーの陣容は、昨季と比べて劣っていると感じる。昨季と比較して、ポテンシャルを失っている」<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.04 22:53 Mon
twitterfacebook
thumb

バレンシア主将パレホ、ヘタフェ本拠地のピッチコンディションに苦言「世界最高のリーグの芝じゃない」

3日のリーガエスパニョーラ第14節、バレンシアは敵地コリセウム・アルフォンソ・ペレスでのヘタフェ戦を0&minus;1で終え、今季初黒星を喫した。主将のMFダニエル・パレホは試合後、コリセウムのピッチコンディションに苦言を手にしている。<br><br>セルタ戦を2-2で引き分けた首位バルセロナとの勝ち点差を2まで縮められる可能性があった2位バレンシア。しかし25分にMFマウロ・アランバリが退場し、数的優位に立ったにもかかわらず、66分にMFマルケル・ベルガラのゴールを許して、今季初めて土をつけられた。<br><br>試合終了後、スペイン『Beinスポーツ』とのインタビューに応じたパレホは、ヘタフェの勝利を祝福。しかしコリセウムのピッチコンディションには納得がいかないようだ。<br><br>「今季初の敗戦だ。難しい試合になることは分かっていたし、ヘタフェを祝福しなければならない」<br><br>「でも素晴らしいフットボールを見てもらうためには、こんなピッチでプレーしてはならない。こうした条件で勝つのは正当ではないよ。たとえフットボールがそういうものだとしても&hellip;&hellip;。ボールは走らず、芝は乾いていた。まるで1週前から管理を放棄していたみたいだ。これは言い訳じゃないし、リーガが世界最高であるならば解決法見つける必要がある」<br><br>なお、コリセウムのピッチコンディションについては、以前にバルセロナも不満を漏らしたことがある。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.04 09:52 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース