コバチッチ退場のレアル・マドリー、バレンシアと激闘の末にドロー《リーガエスパニョーラ》2016.01.04 06:33 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽リーガエスパニョーラ第18節バレンシアvsレアル・マドリーが3日にメスタージャで行われ、2-2で引き分けた。

▽4日前に行われた前節ソシエダ戦をC・ロナウドの2ゴールで制した3位レアル・マドリー(勝ち点36)は、その試合のスタメンからハメス・ロドリゲスとナチョに代えてコバチッチと負傷明けのセルヒオ・ラモスを起用。

▽一方、3日前に行われたビジャレアルとのバレンシア・ダービーに敗れてリーガで6試合勝利のない10位バレンシア(勝ち点22)は、ネグレドとヴェゾに代えてデ・パウルとオルバンを起用した。

▽前節ビジャレアル戦での5バックから本来の4バックに戻したG・ネビル監督は、[4-1-4-1]の布陣を採用。中盤右にカンセロを、左にデ・パウルを配した。一方、フラットな[4-4-2]の布陣を採用したレアル・マドリーは右にベイル、左にコバチッチを配した。

▽自陣に引くバレンシア、敵陣でポゼッションするマドリーという構図で試合が推移する中、まずは10分にバレンシアがゴールに近づく。しかし、左CKからアンドレ・ゴメスが放ったヘディングシュートは枠の右へ外れた。すると16分、BBCトリオの華麗な連係でレアル・マドリーが先制する。

▽バイタルエリア中央で仕掛けたベンゼマがベイルへパスを送ると、ベイルは意表を突いてヒールパス。これを受けたC・ロナウドがノールックで落とすと、ボックス中央にフリーランで移動していたベンゼマが受けて、難なくゴール左に流し込んだ。

▽先制後もレアル・マドリーがポゼッションして主導権を握る中、31分にバレンシアに決定機が訪れる。左サイド絞った位置からデ・パウルが送ったフィードに、ボックス右へ走り込んだカンセロがヘッド。しかし、シュートを枠の左に外してしまった。さらに37分、デ・パウルのスルーパスを受けたアンドレ・ゴメスがボックス左からシュートに持ち込んだが、セルヒオ・ラモスのブロックに阻まれてしまう。それでも45分、アンドレ・ゴメスがボックス左にドリブルで侵入したところをペペに倒されてPKを獲得。このPKをパレホがゴール右に決め、バレンシアが同点に追いついて前半を終えた。

▽迎えた後半、レアル・マドリーが押し込みにかかる中、自陣に引くバレンシアに63分、アンドレ・ゴメスの強烈なミドルシュートでゴールを脅かされてしまう。ここはGKケイロル・ナバスが阻止して均衡を保つと、67分にベンゼマに代えてL・バスケスを投入する。ところが、直後にカンセロを後方からスライディングタックルで削ったコバチッチがレッドカードを受け、レアル・マドリーは10人となってしまう。

▽そのレアル・マドリーは[4-4-1]で対応。右にL・バスケス、左にベイルを配し、C・ロナウドを最前線に配置した。バレンシアが数的優位をうまく生かせない中、レアル・マドリーは74分にモドリッチが強烈なミドルシュートを浴びせる。そして82分、右サイドで得たFKをクロースが蹴り込むと、ニアサイドのベイルが頭で合わせてゴール左へ流し込んだ。

▽しかし直後、バレンシアがすかさず追いつく。左サイド中寄りの位置からデ・パウルが送ったクロスを、ファーサイドのロドリゴ・モレノがヘッドで折り返し、最後はアルカセルが頭で押し込んだ。

▽2-2となった試合は終了間際にも互いにチャンスが訪れる。追加タイム3分、レアル・マドリーはCKからC・ロナウドが決定機を迎えるも、ベイルと重なってシュートを打ちきれない。直後にはバレンシアがチャンスを迎え、ネグレドがGKケイロル・ナバスと一対一となったが、こちらも決めきれずに2-2でタイムアップ。互いに一歩も譲らなかった激闘は、引き分けに終わった。

コメント

関連ニュース

thumb

バレンシアがアジェスタラン監督と2018年まで契約延長

▽バレンシアは24日、パコ・アジェスタラン監督(53)と2018年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 ▽アジェスタラン監督はヌノ・エスピリト・サント元監督、ギャリー・ネビル監督の後を受けて、4月に混迷を極めていたバレンシアの監督に就任。残留争いに巻き込まれかけていたチームを3連勝で降格の危機から救っていた。とはいえ、就任後の成績は3勝1分け4敗と、今季までとなっていた契約が更新されるかは微妙な状況だった。 ▽アジェスタラン監督はラファエル・ベニテス監督、キケ・サンチェス・フローレス監督らのアシスタントとしてバレンシアを陰で支えた人物であり、ギャリー・ネビル監督の下で不振に喘いでいた同クラブに再びアシスタントとして復帰していた。 2016.05.25 05:36 Wed
twitterfacebook
thumb

怒号鳴り響くメスタージャでソシエダに敗戦…バレンシアが失望の中でシーズン終える

13日のリーガエスパニョーラ最終節、バレンシアは敵地メスタージャでのレアル・ソシエダ戦を0&minus;1で終え、今季を失望の中で終えることになった。<br><br>チャンピオンズリーグ(CL)出場という期待でもって今季をスタートさせたものの、ヌノ・エスピリト・サント監督解任及びガリー・ネビル監督就任、CLグループリーグ敗退、不調によるリーガ降格危機、G・ネビル監督解任及びパコ・アジェスタラン監督就任など、激しい嵐の渦に飲まれてしまったバレンシア。最終節ソシエダ戦は欧州カップ出場も、降格の可能性もない無風地帯に位置しながら迎えることになったが、失望のシーズンを象徴する試合となった。<br><br>観客が3万人しか集まらなかったこの試合で、バレンシアは前後半併せて枠内シュート0本という怠惰なパフォーマンスに終始。そして94分にMFミケル・オジャルサバルのゴールを許して、黒星で今季を終えることになった。<br><br>バレンシアの今季メスタージャでの成績は6勝7分け6敗で、これはクラブ史においてはキケ・サンチェス・フローレス監督とロナルド・クーマン監督が指揮を執った2007&minus;08シーズンに次ぐ最低の成績となる。今季、何度も苦しみを味わってきたメスタージャの観衆は、このソシエダ戦でチームに対して強烈なブーイングを何度も浴びせていたが、38分にMFパブロ・ピアッティが負傷でピッチに倒れ込んだ際にも、容赦なく指笛を吹く有様だった。<br><br>バレンシアのオーナーを務めるシンガポールの投資家ピーター・リム氏は、今季が失敗のシーズンとなったことを受けて、どのような修正を施すのだろうか。なおパコ・アジェスタラン現監督は「私はバレンシアを率いる上で、完璧な監督だと思う」と、来季もチームを率いる意欲を示している。<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.14 21:00 Sat
twitterfacebook
thumb

マドリー戦で退場のロドリゴ、「副審にビビリ野郎と言った」

8日のリーガエスパニョーラ第37節、敵地サンティアゴ・ベルナベウでのレアル・マドリー戦(2-3)で退場処分となったバレンシアFWロドリゴが、副審に暴言を吐いたことを認めた。<br><br>マドリー戦の83分、フェルナンデス・ボルバラン主審に一発退場を言い渡されたロドリゴだが、同主審は報告書に副審への侮辱が理由と記載。ロドリゴ本人も、該当するような言葉を吐きかけたことを認めている。スペイン『スーペル・デポルテ』などが同選手のコメントを伝えた。<br><br>「緊張が高まっていた瞬間に、取るべきファウルが取られなかった。だからカゴン(臆病者、ビビリ野郎などの意)と言ったんだよ」<br><br>「言ってはならない言葉を口にした。だけど彼(副審)だって重要な場面で間違いを犯したんだ、付け加えれば、ピッチ上ではもっとひどい言葉が飛び交っているし、実際には僕の言葉も退場に値するものではないと思う」<br><br>またマドリーFWカリム・ベンゼマの得点が、オフサイドであったことも強調している。<br><br>「彼は前半にも判断を過った。だから僕は我慢が出きなくなり、言ってはならないことを言ったんだ」<br><br>「ベンゼマのゴールは確実にオフサイドだったし、絶対に笛が吹かれなければならなかった。誰にとっても理解し得ないことだが、そういうことがなぜか起こるんだよ」<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.09 23:31 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:レアル・マドリー 3-2 バレンシア《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第37節が8日に行われ、2位のレアル・マドリーが9位のバレンシアを本拠地のサンチャゴ・ベルナベウに迎えた一戦は、3-2でマドリーが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽レアル・マドリー採点 GK 13 カシージャ 6.5 後半に入って好守を連発し、勝利に大きく貢献した DF 23 ダニーロ 6.0 タイミングの良い攻撃参加から質の高いクロスでチャンスメークを図った 2 ヴァラン 6.0 無理の利く対応で相手の攻撃を阻止した 4 セルヒオ・ラモス 5.5 アルカセルのマークを外してピンチを招くこともあったが、それ以外では安定していた 12 マルセロ 6.0 巧みな攻撃参加を披露。C・ロナウドの先制点をアシストした MF 10 ハメス・ロドリゲス 5.5 スルーパスでC・ロナウドの2点目をアシストしたが、総体的にはあまり目立たなかった 14 カゼミロ 6.0 リスクマネジメントを徹底し、攻守に安定したパフォーマンスを披露 8 クロース 5.5 正確な長短のパスで試合を作った。注意不足でバイタルエリアをカバーできずロドリゴにゴールを許す FW 18 L・バスケス 5.5 右サイドで精力的な動きを見せたが、チャンスで決めきることができなかった (→ヘセ・ロドリゲス -) 9 ベンゼマ 6.0 C・ロナウドのクロスに合わせたシーンはオフサイドだったかもしれないが、その直後のこぼれ球を運良く呼び込んで追加点を奪取。ボックス内でうまくフリーになって数回フィニッシュに持ち込んだ (→コバチッチ 5.5) インサイドハーフに入って淡々とプレー 7 C・ロナウド 7.0 圧巻の決定力で2ゴールを記録。チームを勝利に導いた (→アルベロア -) 今季限りでの退団が決定していた中、ホーム最終戦で登場し、サポーターからの暖かい歓声を受ける 監督 ジダン 5.5 相手に反撃されながらも何とか勝ちきって優勝に望みをつないだ ▽バレンシア採点 GK 1 ジエゴ・アウベス 6.5 3失点を喫するも、それ以上にビッグセーブを何度も見せた DF 19 バラガン 5.5 最後まで守備重視のプレーだった 5 ムスタフィ 6.0 ボックス内で強さを見せて何とか相手の攻撃を防いだ 23 アブデヌール 5.0 懸命に跳ね返すも、C・ロナウドに対応しきれず先制点を許す。追加点を奪われたシーンで負傷し、ハーフタイムに交代となった (→サンティ・ミナ 6.0) 攻撃センスの高さでチャンスを演出した 6 シケイラ 5.5 高い位置を取れずに守備に追われたが、大事に至らず MF 10 パレホ 6.0 要所でさすがのプレーを見せて見せ場を作った 15 E・ペレス 6.0 前半はアンカー、後半からセンターバックの位置でプレー。技術と戦術眼の高さで役割をこなした (→ピアッティ -) 18 ハビ・フエゴ 6.0 激しい守備で最後まで戦っていた FW 2 カンセロ 5.0 本職より前目の右ウイングでプレーし、マルセロを監視。しかし、消極的なプレーに終始した (→アンドレ・ゴメス 6.5) 後半からの出場でチームに流れをもたらし、見事なシュートを決めた 9 アルカセル 5.0 決定機でパスを選択するなど、前線で存在感を示すことができなかった 17 ロドリゴ・モレノ 6.0 正確なシュートでゴールを記録し、動き出しの良さで決定機にも絡んだ。スローインを手でキャッチした影響か、もしくは主審に暴言を吐いた影響か、原因不明の退場となる 監督 アジェスタラン 6.0 積極的な交代策で見事な反発力を見せた ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! C・ロナウド(レアル・マドリー) ▽抜群の決定力で訪れたチャンスをゴールに結びつけた。エースに相応しい活躍で優勝に望みつなげた。 レアル・マドリー 3-2 バレンシア 【レアル・マドリー】 C・ロナウド(前26) ベンゼマ(前42) C・ロナウド(後14) 【バレンシア】 ロドリゴ・モレノ(後10) アンドレ・ゴメス(後36) 2016.05.09 02:04 Mon
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド2発などでレアル・マドリーがバレンシア撃破! 優勝争いは最終節でバルサとの一騎打ちへ《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第37節が8日に行われ、2位のレアル・マドリーが9位のバレンシアを本拠地のサンチャゴ・ベルナベウに迎えた一戦は、3-2でマドリーが勝利した。 ▽1週間前のソシエダ戦を1-0で制し、怒涛の10連勝で勝ち点1差の上位2つを追うマドリーは、4日前のCLマンチェスター・シティ戦も完勝して2季ぶりの決勝進出を果たした。しかし、逆転優勝を目指す上でGKケイロル・ナバスとカルバハル、ベイルが負傷欠場となり、モドリッチもオーバワークにより欠場となった中、ジダン監督はシティ戦からスタメンを7人変更。ベンゼマとカゼミロが負傷から先発に復帰し、GKカシージャやダニーロ、ハメス・ロドリゲスらもスタメンに名を連ねた。 ▽小雨が降る中で迎えた一戦は、立ち上がりから高いインテンシティを見せたマドリーが試合の主導権を掌握。ボールを失ってもハーフウェイラインより前で奪い返し、敵陣でプレーを続けていく。しかし、10分にドリブルで中央を持ち上がったカゼミロがミドルシュートを放った以外では、うまくチャンスを作りきれずにいた。 ▽その後はバレンシアに流れを渡す時間もあり、拮抗した状況が続く。その中でマドリーは25分、クロースのパスをボックス内で受けたC・ロナウドがシュートに持ち込むも、GKジエゴ・アウベスに阻止される。この試合最初のチャンスを逸したエースだったが、その直後に訪れた機会は逃さなかった。26分、マルセロのパスをボックス手前で受けたC・ロナウドが右足のシュートをゴール左隅に突き刺し、マドリーが先制する。 ▽先制後も攻撃の手を緩めないマドリーは33分、ボックス手前左からマルセロが送ったクロスをL・バスケスがヘディングで合わせるも、ゴール右隅を捉えたボールはGKジエゴ・アウベスの好守に遭った。すると37分にピンチを迎える。パレホのスルーパスでボックス中央に抜け出したアルカセルがシュートではなく横にリターン。これはパレホに合わず、流れたボールをカンセロが左足でループシュートするが、枠を外してしまった。 ▽リードを保つマドリーは、前半の終盤に追加点を奪う。42分、左サイドで仕掛けたC・ロナウドのクロスをベンゼマが巧みに右足で合わせるも、これはGKジエゴ・アウベスの好反応に阻止される。しかし、こぼれ球にクロースとE・ペレスが反応すると、E・ペレスに当たったボールが運良くゴール前のベンゼマへ。ベンゼマは難なくシュートを流し込み、マドリーがリードを広げて前半を終えた。 ▽迎えた後半、バレンシアはカンセロと負傷したアブデヌールを下げ、アンドレ・ゴメスとサンティ・ミナを投入。E・ペレスをセンターバック、ハビ・フエゴをアンカーにそれぞれ1列下げた。開始早々にベンゼマに決定的なヘディングシュートを打たれたが、GKジエゴ・アウベスのビッグセーブで防ぐと反撃を開始。53分にパレホが直接狙ったFKはクロスバーに弾かれ、54分にアンドレ・ゴメスが放った強烈なミドルシュートはGKカシージャの好守に阻まれた。 ▽攻勢に出るバレンシアは55分、左サイドで仕掛けたアンドレ・ゴメスのクロスがクリアされるも、ボックス手前のこぼれ球に反応したフリーのロドリゴ・モレノが左足を振り抜き、ゴール右に突き刺した。 ▽1点を返されたマドリーは57分、ボックス右でフリーのL・バスケスがシュートを放つも、GKジエゴ・アウベスの正面。それでも59分、ハメスのスルーパスに抜け出したC・ロナウドがボックス左に侵入し、左足のシュートを決めてチームに3点目をもたらした。 ▽再び2点差とした中、ジダン監督は64分に負傷明けのベンゼマを下げてコバチッチを投入。ハメスを左ウイング、C・ロナウドを中央にそれぞれ回す。GKカシージャの好守で失点を防ぐマドリーは、75分のピンチをアンドレ・ゴメスのシュートミスで逃れると、その直後に負傷した様子のL・バスケスからヘセ・ロドリゲスに入れ替える。79分にはC・ロナウドに代えて今季限りで退団するアルベロアを送り出し、ホーム最終戦に詰め掛けたサポーターが17番の大弾幕とともに大歓声を送った。 ▽諦めないバレンシアは80分、右サイドのサンティ・ミナが入れたクロスをロドリゴ・モレノが左足で合わせるも、GKカシージャのビッグセーブに防がれる。しかし、このプレーで得たCKの流れからアンドレ・ゴメスが見事なコントロールシュートをゴール右上に決めた。 ▽再び1点差に詰め寄ったバレンシアだったが、83分にロドリゴ・モレノが原因不明の一発レッドで退場処分となり、数的不利を強いられる。結局、試合はこのまま終了。11連勝を飾ったマドリーは、すでに降格が決定しているレバンテに逆転負けを喫したアトレティコ・マドリーを抜いて2位に浮上した。勝ち点1差で首位のバルセロナを追う展開が最後まで続いた中、最終節ではデポルティボとのアウェイゲームが控えている。 2016.05.09 02:02 Mon
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース