コバチッチ退場のレアル・マドリー、バレンシアと激闘の末にドロー《リーガエスパニョーラ》2016.01.04 06:33 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽リーガエスパニョーラ第18節バレンシアvsレアル・マドリーが3日にメスタージャで行われ、2-2で引き分けた。

▽4日前に行われた前節ソシエダ戦をC・ロナウドの2ゴールで制した3位レアル・マドリー(勝ち点36)は、その試合のスタメンからハメス・ロドリゲスとナチョに代えてコバチッチと負傷明けのセルヒオ・ラモスを起用。

▽一方、3日前に行われたビジャレアルとのバレンシア・ダービーに敗れてリーガで6試合勝利のない10位バレンシア(勝ち点22)は、ネグレドとヴェゾに代えてデ・パウルとオルバンを起用した。

▽前節ビジャレアル戦での5バックから本来の4バックに戻したG・ネビル監督は、[4-1-4-1]の布陣を採用。中盤右にカンセロを、左にデ・パウルを配した。一方、フラットな[4-4-2]の布陣を採用したレアル・マドリーは右にベイル、左にコバチッチを配した。

▽自陣に引くバレンシア、敵陣でポゼッションするマドリーという構図で試合が推移する中、まずは10分にバレンシアがゴールに近づく。しかし、左CKからアンドレ・ゴメスが放ったヘディングシュートは枠の右へ外れた。すると16分、BBCトリオの華麗な連係でレアル・マドリーが先制する。

▽バイタルエリア中央で仕掛けたベンゼマがベイルへパスを送ると、ベイルは意表を突いてヒールパス。これを受けたC・ロナウドがノールックで落とすと、ボックス中央にフリーランで移動していたベンゼマが受けて、難なくゴール左に流し込んだ。

▽先制後もレアル・マドリーがポゼッションして主導権を握る中、31分にバレンシアに決定機が訪れる。左サイド絞った位置からデ・パウルが送ったフィードに、ボックス右へ走り込んだカンセロがヘッド。しかし、シュートを枠の左に外してしまった。さらに37分、デ・パウルのスルーパスを受けたアンドレ・ゴメスがボックス左からシュートに持ち込んだが、セルヒオ・ラモスのブロックに阻まれてしまう。それでも45分、アンドレ・ゴメスがボックス左にドリブルで侵入したところをペペに倒されてPKを獲得。このPKをパレホがゴール右に決め、バレンシアが同点に追いついて前半を終えた。

▽迎えた後半、レアル・マドリーが押し込みにかかる中、自陣に引くバレンシアに63分、アンドレ・ゴメスの強烈なミドルシュートでゴールを脅かされてしまう。ここはGKケイロル・ナバスが阻止して均衡を保つと、67分にベンゼマに代えてL・バスケスを投入する。ところが、直後にカンセロを後方からスライディングタックルで削ったコバチッチがレッドカードを受け、レアル・マドリーは10人となってしまう。

▽そのレアル・マドリーは[4-4-1]で対応。右にL・バスケス、左にベイルを配し、C・ロナウドを最前線に配置した。バレンシアが数的優位をうまく生かせない中、レアル・マドリーは74分にモドリッチが強烈なミドルシュートを浴びせる。そして82分、右サイドで得たFKをクロースが蹴り込むと、ニアサイドのベイルが頭で合わせてゴール左へ流し込んだ。

▽しかし直後、バレンシアがすかさず追いつく。左サイド中寄りの位置からデ・パウルが送ったクロスを、ファーサイドのロドリゴ・モレノがヘッドで折り返し、最後はアルカセルが頭で押し込んだ。

▽2-2となった試合は終了間際にも互いにチャンスが訪れる。追加タイム3分、レアル・マドリーはCKからC・ロナウドが決定機を迎えるも、ベイルと重なってシュートを打ちきれない。直後にはバレンシアがチャンスを迎え、ネグレドがGKケイロル・ナバスと一対一となったが、こちらも決めきれずに2-2でタイムアップ。互いに一歩も譲らなかった激闘は、引き分けに終わった。

コメント

関連ニュース

thumb

チェルシー、アンドレ・ゴメス獲得に失敗か…移籍金48億円提示もバレンシアが拒否

▽イギリス『スカイ・スポーツ』は15日、バレンシアがポルトガル代表MFアンドレ・ゴメス(22)に対するチェルシーからのオファーを拒否したと報じた。 ▽伝えられるところによると、チェルシーは移籍金3200万ポンド(約48億1000万円)のオファーを打診。しかし、バレンシア側は4200万ポンド(約63億3000万円)を強く要求しており、チェルシー側も差額の1000万ポンドを上乗せする意向を示していないという。 ▽攻守にインテンシティの高いプレーでセントラルMFとして高評価を受けるアンドレ・ゴメスは、昨シーズンの公式戦41試合出場で7ゴール7アシストを記録。その活躍を受け、マンチェスター・ユナイテッド、ユベントスからの関心も伝えられる人気銘柄の1人だ。 2016.06.15 18:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ハマーズ、フェグリをフリーで獲得!! 2019年までの3年契約

▽ウェストハムは14日、バレンシアからアルジェリア代表MFソフィアン・フェグリ(26)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2019年6月30日までの3年契約となる。 ▽今月末にバレンシアとの契約が終了するフェグリは、マンチェスター・ユナイテッドやリバプールなどのプレミアリーグ勢を始め、セリエAやフランス方面からの関心が噂されていた。だが、フェグリの新天地は今シーズンのプレミアリーグで6位に入ったハマーズとなった。 ▽ハマーズへの加入が決定したフェグリは、同クラブの公式サイトで自身初のプレミアリーグ挑戦を楽しみにしていると語っている。 「ハマーズ、スラヴェン・ビリッチ監督のため、このクラブと契約できてとても嬉しいよ」 「移籍決定に向けてクラブの歴史というのはとても重要だった。また、プレミアリーグでプレーすることは、多くのプレーヤーのキャリアにおいてとても重要なことなんだ。僕はハマーズでプレーできることになって、とても嬉しいよ」 ▽2010年にフランスのグルノーブルからバレンシアに加入したフェグリは、左右のウイングを主戦場に在籍6年間で公式戦201試合に出場し、31ゴールを記録している。 ▽なお、ウェストハムは今夏の移籍市場ですでにボルシアMGからノルウェー代表MFホーバル・ノルトヴェイト(25)をフリートランスファーで獲得しており、フェグリは今夏2人目のフリー加入選手となる。 2016.06.14 23:26 Tue
twitterfacebook
thumb

バレンシア、バルサの有望株獲得を一時見送り 選手放出を優先か

バレンシアは、バルセロナMFアレン・ハリロビッチ獲得を現時点では見送ることにしている。『Goal』の取材で明らかになった。<br><br>ハリロビッチは昨季スポルティング・ヒホンにレンタル移籍し、出場機会を重ねて大きく成長した。バルセロナは今夏同選手を700万ユーロ(約8億4000万円)で売却する意向。2000万ユーロ(約24億1000万円)を支払えば買い戻しが可能となるオプションを付けるつもりだとされる。<br><div id="ad"></div><br>そのハリロビッチに、これまで最も関心を示してきたのがバレンシアだ。しかし、同クラブはジレンマを抱えている。ハリロビッチ獲得に動けば、ファイナンシャル・フェアプレーに抵触する可能性があるからだ。そのため第一に選手放出を行い、その後様子を見てハリロビッチ獲得を検討する考えだという。<br><br>またバレンシアは、このような状況下でもバルセロナがハリロビッチを国内クラブに移籍させる希望を抱くことを期待しているようだ。その場合、バルセロナが移籍金を引き下げたオファーを受け入れる可能性は高まる。そうなれば、バレンシアは最終的にハリロビッチ確保に成功するかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.09 18:57 Thu
twitterfacebook
thumb

ハマーズ、フェグリ獲得に近づく ノルトヴェイトに続き今夏2人目のフリー加入か

▽ウェストハムが、バレンシアに所属するアルジェリア代表MFソフィアン・フェグリ(26)の獲得に迫っているようだ。『ESPN』が報じている。 ▽今月末にバレンシアとの契約が終了するフェグリは、マンチェスター・ユナイテッドやリバプールなどのプレミアリーグ勢を始め、セリエAやフランス方面からの関心が噂されている。だが、『ESPN』の取材に応じたウェストハムの関係者は、現在クラブがフェグリの獲得に近づいていると主張している。 <div id="ad"></div> ▽2010年にフランスのグルノーブルからバレンシアに加入したフェグリは、左右のウイングを主戦場に在籍6年間で公式戦201試合に出場し、31ゴールを記録している。 ▽なお、ウェストハムは今夏の移籍市場ですでにボルシアMGからノルウェー代表MFホーバル・ノルトヴェイト(25)をフリートランスファーで獲得しており、フェグリの獲得に成功すれば、今夏2人目のフリー加入選手となる。 2016.06.09 18:29 Thu
twitterfacebook
thumb

バレンシア、バルサらが狙うカンセーロを売却する意思なし

今季にブレイクを果たし、バルセロナなどが興味を示しているDFジョアン・カンセロだが、バレンシアに売却の意思はないようだ。スペイン『マルカ』が報じた。<br><br>バレンシアは2014-15シーズン、レンタルによってベンフィカからカンセロを引き入れ、昨夏に1500万ユーロ(約18億円)の買取りオプションを行使。同選手はバレンシアの期待にしっかりと応え、リーガエスパニョーラ代表する右サイドバックの一人と称されるようにもなった。<br><div id="ad"></div><br>そんなカンセロに対してはバルセロナが獲得の動きを見せ、バレンシアに接触した模様。DFダニエウ・アウベスが退団したバルセロナは、DFセルジ・ロベルト、MFアレイクス・ビダルによってその穴を埋める考えのようだが、補強の可能性も考慮しているようだ。<br><br>しかしながら、バレンシアにカンセロを売却する考えはない様子。バレンシアはバルセロナから、移籍金2000万ユーロ(約24億2000万円)でポルトガル人DFを獲得できるか問われたようだが、同選手の契約解除金が3000万ユーロ(約36億3000万円)であることだけを伝えたという。<br><br>なおバレンシアはカンセロのほか、ミランからMFアンドレ・ゴメスの獲得オファーも受け取ったが、こちらも絶対的な主力として売却を拒否したと報じられる。<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.06 00:05 Mon
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース