コバチッチ退場のレアル・マドリー、バレンシアと激闘の末にドロー《リーガエスパニョーラ》2016.01.04 06:33 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽リーガエスパニョーラ第18節バレンシアvsレアル・マドリーが3日にメスタージャで行われ、2-2で引き分けた。

▽4日前に行われた前節ソシエダ戦をC・ロナウドの2ゴールで制した3位レアル・マドリー(勝ち点36)は、その試合のスタメンからハメス・ロドリゲスとナチョに代えてコバチッチと負傷明けのセルヒオ・ラモスを起用。

▽一方、3日前に行われたビジャレアルとのバレンシア・ダービーに敗れてリーガで6試合勝利のない10位バレンシア(勝ち点22)は、ネグレドとヴェゾに代えてデ・パウルとオルバンを起用した。

▽前節ビジャレアル戦での5バックから本来の4バックに戻したG・ネビル監督は、[4-1-4-1]の布陣を採用。中盤右にカンセロを、左にデ・パウルを配した。一方、フラットな[4-4-2]の布陣を採用したレアル・マドリーは右にベイル、左にコバチッチを配した。

▽自陣に引くバレンシア、敵陣でポゼッションするマドリーという構図で試合が推移する中、まずは10分にバレンシアがゴールに近づく。しかし、左CKからアンドレ・ゴメスが放ったヘディングシュートは枠の右へ外れた。すると16分、BBCトリオの華麗な連係でレアル・マドリーが先制する。

▽バイタルエリア中央で仕掛けたベンゼマがベイルへパスを送ると、ベイルは意表を突いてヒールパス。これを受けたC・ロナウドがノールックで落とすと、ボックス中央にフリーランで移動していたベンゼマが受けて、難なくゴール左に流し込んだ。

▽先制後もレアル・マドリーがポゼッションして主導権を握る中、31分にバレンシアに決定機が訪れる。左サイド絞った位置からデ・パウルが送ったフィードに、ボックス右へ走り込んだカンセロがヘッド。しかし、シュートを枠の左に外してしまった。さらに37分、デ・パウルのスルーパスを受けたアンドレ・ゴメスがボックス左からシュートに持ち込んだが、セルヒオ・ラモスのブロックに阻まれてしまう。それでも45分、アンドレ・ゴメスがボックス左にドリブルで侵入したところをペペに倒されてPKを獲得。このPKをパレホがゴール右に決め、バレンシアが同点に追いついて前半を終えた。

▽迎えた後半、レアル・マドリーが押し込みにかかる中、自陣に引くバレンシアに63分、アンドレ・ゴメスの強烈なミドルシュートでゴールを脅かされてしまう。ここはGKケイロル・ナバスが阻止して均衡を保つと、67分にベンゼマに代えてL・バスケスを投入する。ところが、直後にカンセロを後方からスライディングタックルで削ったコバチッチがレッドカードを受け、レアル・マドリーは10人となってしまう。

▽そのレアル・マドリーは[4-4-1]で対応。右にL・バスケス、左にベイルを配し、C・ロナウドを最前線に配置した。バレンシアが数的優位をうまく生かせない中、レアル・マドリーは74分にモドリッチが強烈なミドルシュートを浴びせる。そして82分、右サイドで得たFKをクロースが蹴り込むと、ニアサイドのベイルが頭で合わせてゴール左へ流し込んだ。

▽しかし直後、バレンシアがすかさず追いつく。左サイド中寄りの位置からデ・パウルが送ったクロスを、ファーサイドのロドリゴ・モレノがヘッドで折り返し、最後はアルカセルが頭で押し込んだ。

▽2-2となった試合は終了間際にも互いにチャンスが訪れる。追加タイム3分、レアル・マドリーはCKからC・ロナウドが決定機を迎えるも、ベイルと重なってシュートを打ちきれない。直後にはバレンシアがチャンスを迎え、ネグレドがGKケイロル・ナバスと一対一となったが、こちらも決めきれずに2-2でタイムアップ。互いに一歩も譲らなかった激闘は、引き分けに終わった。

コメント

関連ニュース

thumb

壮絶な打ち合いは好調ロドリゴの5戦連発弾などでリーグ無敗のバレンシアが勝利!《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第8節のベティスvsバレンシアが15日に行われ、3-6でアウェイのバレンシアが勝利した。 ▽今季好調なスタートを切っている両者が激突。3位バレンシアがここまで4勝3分けで無敗を保っている一方、6位のベティスは4勝1分け2敗と後塵を拝しているが、第5節では昨季王者のレアル・マドリーに0-1で勝利する金星を飾った。リーグ戦はまだ序盤ではあるものの、上位でのシーズン終了を目指す両クラブにとって、落とせない対戦となっている。 ▽[4-1-4-1]で試合に入ったベティスは、攻撃時には中盤の底に入っているグアルダードがCBの中央に降り、サイドが一列ずつ上がる[3-4-3]に移行。高いラインを保ち中盤をコンパクトにするベティスに対し、オーソドックスな[4-4-2]を採用しているバレンシアはリスクを冒さず、縦に速いカウンターを基軸に試合を進めていく。 ▽ベティスはサナブリアが再三に渡り最終ラインの裏に抜け出すも、オフサイドトラップに苦しめられる。左サイドから繰り出されるホアキンの仕掛けも、フィニッシュには繋がらない。 ▽ベティスがボールを持たされるような時間が続くと、35分にセットプレーからバレンシアがリードを奪う。右CKの場面でパレホがキッカーを務めると、鋭い回転のかかったボールを供給。飛び上がったコンドグビアが思い切り頭を振り抜き、ネットに突き刺した。 ▽さらに前半終了間際の45分、ガヤが左サイドからふわりとしたクロスを上げると、ボックス手前右で待ち構えていたソレールがボレーシュート。これはGKアダンの好守に阻まれたが、敵陣中央付近でボールを拾ったグエデスが右足を振り抜き、強烈なミドルシュートをゴール左上隅に決めた。 ▽2点を追う展開で突入した後半、ベティスは大チャンスを迎える。55分、右CKでショーコーナーを選択し、タイミングをずらしたクロスが上がると、これがボックス内でコンドグビアのハンドを誘発。判定はPKとなった。しかし、キッカーのセルヒオ・レオンが放ったシュートはGKネトのファインセーブに阻まれ、反撃弾とはならない。 ▽ベティスがチャンスを逸すると、ブレイク中の男がまたしても得点を奪う。64分、左CKの場面でキッカーは再びパレホ。インスイングの速いクロスがボックス内に届くと、競り合いに勝ったロドリゴが頭で合わせてネットを揺らす。この得点で、ロドリゴはリーグ5試合連続でのゴールとなった。 ▽69分、3点差をつけたバレンシアは得点したロドリゴに代えてミナを投入。すると74分、そのミナが早速得点を奪う。カウンターからボックス内左に侵攻したミナは、ドリブルでDFを翻弄しニアにシュート。これがDFに当たり、ゴールに吸い込まれた。 ▽4点差をつけられたベティスだが、ここから驚異的な追い上げをみせる。79分にパレホのバックパスを奪った、途中出場のキャンベルが一対一を制し1点目。さらに直後の80分、キャンベルのフライスルーパスに抜け出したサナブリアが2点目を決める。そして84分には、途中出場のテージョがボックス左から鋭く巻いたシュートをファーに沈め、3点目とした。 ▽1点差にまで迫り、逆転ムードが漂い始めたベティスだが88分、バレンシアのカウンターが発動する。ミナからのラストパスを受けたザザがボックス左から左足を振り抜くと、GKアダンの股を抜き再びベティスを突き放す。さらに94分にも、カウンターから途中出場のアンドレアス・ペレイラが得点し、チームの6点目とした。 ▽直後に終了の笛が鳴り、計9得点の入り乱れる乱打戦はバレンシアの勝利で閉幕。この結果、バレンシアは開幕から8戦無敗で2位に浮上した。 2017.10.16 06:10 Mon
twitterfacebook
thumb

バレンシア、欧州トップクラブが狙う17歳の“世界最高の選手”候補と異例のプロ契約結ぶ

バレンシアが自クラブの下部組織に所属するU-17スペイン代表FWフェラン・トーレスをトップチームに昇格させることを決定した。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>右ウィングを本職とするF・トーレスは、その類まれなテクニック、フィジカルによって将来に世界最高の選手の一人となることが期待されている。バルセロナやレアル・マドリーをはじめとした欧州のトップクラブが、獲得を実現させようと動いているとも報じられていた。<br><br>バレンシアはF・トーレスの契約解除金を800万ユーロに設定していたが、同額を引き上げることを決断。トップチームに昇格させ、契約解除金を2400万ユーロに引き上げることで、同選手の代理人と合意に至っている。バレンシアが17歳の選手をトップチームに昇格させ、年俸及び契約解除金を数倍に引き上げるのは、極めて異例のことだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.08 02:46 Sun
twitterfacebook
thumb

バレンシア、新本拠地ノウ・メスタージャの建設工事再開を発表! 財政難で2009年から工事が中断

▽バレンシアは3日、財政難の影響によって2009年から建設工事が中断していた新本拠地ノウ・メスタージャの建設工事再開を発表した。 ▽バレンシアは、1923年から開場している現本拠地のエスタディオ・デ・メスタージャの老朽化を受け、2006年に新本拠地ノウ・メスタージャを建設することを発表。だが、2008年に起こったリーマン・ショックを発端とする深刻な財政難を理由に、2009年2月に建設工事の中断を発表していた。 ▽その後、2011年にスペインの金融グループ『バンキア』の融資を受けて、工事再開を発表したものの、『バンキア』が経営難によって国有化された影響もあり、再び資金難となって2度目の工事中断が発表されていた。 ▽しかし、バレンシアは3日、「クラブはスタジアム建設完了に向けて、必要な許可を取るためにバレンシア市長と会談を行う」と、ノウ・メスタージャの建設工事再開を発表。さらに、「更新されたプロジェクトは、ファンたちの経験を最適化することに重点を置くものだ」と、新たな構想についても説明している。 ▽なお、現時点で新スタジアムの完成予定などの詳細は明かされていない。 2017.10.03 23:36 Tue
twitterfacebook
thumb

好カウンター3発のバレンシアが10人同士の激戦制し今季初の連勝! ソシエダは悪夢の3連敗…《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第6節のレアル・ソシエダvsバレンシアが24日にアノエタで行われ、アウェイのバレンシアが3-2で勝利した。 ▽開幕3連勝から連敗と急失速のソシエダと、2勝3分けで開幕から無敗を継続する好調バレンシアの一戦。試合は立ち上がりからソシエダのパスサッカー、バレンシアのカウンターと互いの持ち味が発揮される緊迫した攻防となった。 ▽その流れの中で先手を取ったのはバレンシア。26分、味方のスルーパスに抜け出したゴンサロ・グエデスを相手DFへの巧みなブロックでアシストしたロドリゴ・モレノがそのままゴール前に走り込む。そして、ドリブルでGKをかわしたグエデスのボックス左からの折り返しを、ロドリゴが冷静に流し込んだ。 ▽イニゴ・マルティネス、ディエゴ・ジョレンテの不在で急造最終ラインを強いられた中、先制点を許したソシエダだったが、セットプレーからすぐさま追いつく。33分、オヤルサバルの右CKをエルストンドが頭で合わせた。その後は互いに決定機を作り合うが、バレンシアGKジャウメ、ソシエダGKルジの若手GKの活躍もあり、前半は1-1のまま終了した。 ▽後半も互いに攻め合う中、55分にバレンシアが勝ち越す。カウンターからソレールの絶妙なスルーパスに抜け出したナチョ・ビダルが飛び出したGKルジの頭上を抜く絶妙なチップキックでリーガ初ゴールを奪った。 ▽しかし、慌てず反撃に出るソシエダも失点からわずか4分後の59分にボックス中央でボールを持ったオヤルサバルがゴール右隅を射抜く見事なグラウンダーのシュートを決め、再び試合を振り出しに戻した。 ▽その後も一進一退の攻防が続く中、69分にはソシエダDFズベルディア、79分にはバレンシアMFコンドグビアがそれぞれ2枚目の警告をもらい、互いに退場者を出してしまう。連戦に加え、10人同士の戦いとなったことで、試合はややペースダウンしていくが、バレンシアの好カウンターが三度発動する。85分、ドリブルで相手陣内を持ち上がったグエデスがボックス左にボールを運び、相手GKとDFを引き付けて右足アウトを使った技ありのラストパス。これをフリーで走り込んできたザザが豪快に蹴り込んだ。 ▽そして、互いに退場者を出す白熱のシーソーゲームを制したバレンシアが、今季初の連勝を飾った。一方、ホームで敗れたソシエダは開幕3連勝からの3連敗と、浮き沈みの激しいシーズン序盤戦となっている。 2017.09.25 05:56 Mon
twitterfacebook
thumb

FIFA、未成年選手移籍に関しスペイン2クラブ等を調査へ…今後補強禁止処分の可能性も

国際サッカー連盟(FIFA)が、若手選手の移籍に関する規則に抵触した可能性のあるとして、バレンシアとビジャレアルへの調査を行うことが分かった。『マルカ』が報じた。<br><br>FIFAは18歳未満の若手選手の移籍を原則禁止する規則を定める。しかし、例外としてヨーロッパ連合(EU)加盟国同士、欧州経済領域国同士、選手の自宅からクラブまで国境をまたいで50キロ以内、もしくはフットボール以外の理由で家族が移住したときに限り移籍は許可されている。<br><br>FIFAによると、リーガ・エスパニョーラのバレンシアとビジャレアルは、この規則に抵触している可能性があり、国際組織が調査に乗り出すことになるようだ。以前、バルセロナやアトレティコ・マドリー、レアル・マドリーも同様に調査を受け、移籍禁止処分を科されていたように、2クラブも今後補強を禁止される可能性が高い。<br><br>さらに、チェルシーも再度FIFAの調査対象になっており、マンチェスター・シティ、セリエAの2クラブとともに調査が開始されるようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.09.22 13:58 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース