コバチッチ退場のレアル・マドリー、バレンシアと激闘の末にドロー《リーガエスパニョーラ》2016.01.04 06:33 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽リーガエスパニョーラ第18節バレンシアvsレアル・マドリーが3日にメスタージャで行われ、2-2で引き分けた。

▽4日前に行われた前節ソシエダ戦をC・ロナウドの2ゴールで制した3位レアル・マドリー(勝ち点36)は、その試合のスタメンからハメス・ロドリゲスとナチョに代えてコバチッチと負傷明けのセルヒオ・ラモスを起用。

▽一方、3日前に行われたビジャレアルとのバレンシア・ダービーに敗れてリーガで6試合勝利のない10位バレンシア(勝ち点22)は、ネグレドとヴェゾに代えてデ・パウルとオルバンを起用した。

▽前節ビジャレアル戦での5バックから本来の4バックに戻したG・ネビル監督は、[4-1-4-1]の布陣を採用。中盤右にカンセロを、左にデ・パウルを配した。一方、フラットな[4-4-2]の布陣を採用したレアル・マドリーは右にベイル、左にコバチッチを配した。

▽自陣に引くバレンシア、敵陣でポゼッションするマドリーという構図で試合が推移する中、まずは10分にバレンシアがゴールに近づく。しかし、左CKからアンドレ・ゴメスが放ったヘディングシュートは枠の右へ外れた。すると16分、BBCトリオの華麗な連係でレアル・マドリーが先制する。

▽バイタルエリア中央で仕掛けたベンゼマがベイルへパスを送ると、ベイルは意表を突いてヒールパス。これを受けたC・ロナウドがノールックで落とすと、ボックス中央にフリーランで移動していたベンゼマが受けて、難なくゴール左に流し込んだ。

▽先制後もレアル・マドリーがポゼッションして主導権を握る中、31分にバレンシアに決定機が訪れる。左サイド絞った位置からデ・パウルが送ったフィードに、ボックス右へ走り込んだカンセロがヘッド。しかし、シュートを枠の左に外してしまった。さらに37分、デ・パウルのスルーパスを受けたアンドレ・ゴメスがボックス左からシュートに持ち込んだが、セルヒオ・ラモスのブロックに阻まれてしまう。それでも45分、アンドレ・ゴメスがボックス左にドリブルで侵入したところをペペに倒されてPKを獲得。このPKをパレホがゴール右に決め、バレンシアが同点に追いついて前半を終えた。

▽迎えた後半、レアル・マドリーが押し込みにかかる中、自陣に引くバレンシアに63分、アンドレ・ゴメスの強烈なミドルシュートでゴールを脅かされてしまう。ここはGKケイロル・ナバスが阻止して均衡を保つと、67分にベンゼマに代えてL・バスケスを投入する。ところが、直後にカンセロを後方からスライディングタックルで削ったコバチッチがレッドカードを受け、レアル・マドリーは10人となってしまう。

▽そのレアル・マドリーは[4-4-1]で対応。右にL・バスケス、左にベイルを配し、C・ロナウドを最前線に配置した。バレンシアが数的優位をうまく生かせない中、レアル・マドリーは74分にモドリッチが強烈なミドルシュートを浴びせる。そして82分、右サイドで得たFKをクロースが蹴り込むと、ニアサイドのベイルが頭で合わせてゴール左へ流し込んだ。

▽しかし直後、バレンシアがすかさず追いつく。左サイド中寄りの位置からデ・パウルが送ったクロスを、ファーサイドのロドリゴ・モレノがヘッドで折り返し、最後はアルカセルが頭で押し込んだ。

▽2-2となった試合は終了間際にも互いにチャンスが訪れる。追加タイム3分、レアル・マドリーはCKからC・ロナウドが決定機を迎えるも、ベイルと重なってシュートを打ちきれない。直後にはバレンシアがチャンスを迎え、ネグレドがGKケイロル・ナバスと一対一となったが、こちらも決めきれずに2-2でタイムアップ。互いに一歩も譲らなかった激闘は、引き分けに終わった。

コメント

関連ニュース

thumb

メッシ2発などでバルセロナが10人のバレンシアとの打ち合い制す《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第28節バルセロナvsバレンシアが19日にカンプ・ノウで行われ、4-2でバルセロナが勝利した。 ▽前節デポルティボ戦を1-2とまさかの敗戦を喫した2位バルセロナ(勝ち点60)は、リーグ20戦ぶりとなる今季3敗目を喫し、暫定首位の座から陥落。そのバルセロナはデポルティボ戦のスタメンから5選手を変更。ネイマールやイニエスタ、ユムティティにラキティッチといった主力がスタメンに戻った。 ▽メスタージャでの前回対戦で物議を醸した13位バレンシア(勝ち点30)に対し、ここ最近採用し続けている攻撃時に[3-5-2]となる布陣で臨んだバルセロナが立ち上がりから攻勢に出ると8分、ロングフィードを受けたスアレスがボックス左へ侵入。ゴール至近距離からシュートを放ったが、やや威力を欠いてGKジエゴ・アウベスにセーブされた。 ▽その後もバルセロナがバレンシアを自陣に張り付けると、15分に決定機。スルーパスを受けたスアレスがボックス左で仕掛けてDFをかわしラストパス。だが、メッシのシュートはゴールライン前のDFにカットされた。 ▽序盤のバルセロナの猛攻を凌いだバレンシアは19分にソレールがボレーシュートでGKテア・シュテーゲンを強襲すると、28分にはロングボールに抜け出したムニルがGKテア・シュテーゲンと一対一となる決定機を迎える。これは防がれるも、直後の右CKからマンガラが打点の高いヘディングシュートを流し込んでバレンシアが先制した。 ▽それでも35分、ネイマールのスローインを受けたスアレスがボックス左に侵入してそのままゴール右隅へシュートを流し込み、試合を振り出しに戻した。さらに44分、スルーパスに反応してボックス内に侵入したスアレスがマンガラと入れ替わったところで倒されPKを獲得。2枚目のイエローカードを受けたマンガラは退場となった。このPKをメッシがゴール正面へ豪快に蹴り込み、2-1と逆転した。 ▽しかし追加タイム1分、ガヤがディフェンスライン背後を突いてクロスを送ると、ゴール正面のムニルが流し込んで2-2とし、前半を終えた。 ▽迎えた後半、一方的に押し込んだバルセロナは52分に決定機を演出する。メッシのスルーパスを受けたボックス左のネイマールが狙いすましてシュート。しかし、GKジエゴ・アウベスのセーブに阻まれた。それでも直後、ボックス右でマスチェラーノのパスを受けたメッシが右足で豪快にネットを揺らし、勝ち越しに成功する。 ▽57分には再びムニルにディフェンスライン背後を取られて独走を許しかけるもピケが対応。失点を逃れると、引き続き10人のバレンシアを攻め立て、72分にはメッシがGKを強襲するシュートを浴びせた。 ▽終盤にかけてネイマールに再三決定機が訪れたバルセロナは、89分に勝負を決定付ける。ネイマールが左サイドを突破して丁寧に折り返したボールを、アンドレ・ゴメスが蹴り込んだ。アンドレ・ゴメスの古巣に対する移籍後初ゴールで4-2としたバルセロナが勝利し、首位レアル・マドリーを暫定2ポイント差で追走している。 2017.03.20 06:36 Mon
twitterfacebook
thumb

アトレティコに完敗のバレンシア、ボロはチームが怠惰であったことを否定「彼らの後方での守備が素晴らしかった」

5日のリーガエスパニョーラ第26節、バレンシアは敵地ビセンテ・カルデロンでのアトレティコ・マドリー戦を0&minus;3で落とした。ほぼ良いところなく敗れ去った格好だが、ボロ監督はチームが怠惰なプレーを見せていたことを否定。アトレティコが素晴らしかったとの見解を示している。<br><br>スペイン『マルカ』が同指揮官のコメントを伝えた。<br><br>「敗戦したときには、戦いに臨む姿勢が欠けていたと考えられる。しかしチームは戦っていたんだ。先制点を決められて難しい状況となってしまったがね。我々はボールこそ保持していたが、アトレティコの後方でのポジショニングが素晴らしく、カウンターによって決着をつけられた。彼らは良質な勝利を手にしたよ」<br><br>「アトレティコは試合を見事な形でコントロールしていたし、我々よりも優れていた。今回は両チームの差がはっきりと表れてしまった」<br><br>本拠地メスタージャの外では結果を手にできないバレンシア。ボロ監督はチームが「二つの顔」を持っているとの指摘に対して、次のように語っている。<br><br>「二つの顔があるわけじゃない。チームは2ヶ月前より改善されているが、これまでどのような精神状態にあったかを考えなくてはならない。すべての試合に勝利できるのなら素晴らしい。が、これこそが現実なんだよ。とにかく、次の土曜のスポルティング・ヒホン戦に意識を持っていかなくてはね」<br><br>提供:goal.com 2017.03.06 23:59 Mon
twitterfacebook
thumb

復調バレンシアに3発快勝のアトレティコ・マドリーがリーグ戦3試合ぶりの白星で4位死守《リーガエスパニョーラ》

▽5日にリーガエスパニョーラ第26節のアトレティコ・マドリーvsバレンシアが行われ、3-0でアトレティコ・マドリーが勝利した。 ▽リーグ戦2試合未勝利の4位アトレティコ・マドリー(勝ち点48)が本拠地のビセンテ・カルデロンに13位バレンシア(勝ち点29)を迎えた一戦。ホームのアトレティコは、ミッドウィークに行われたデポルティボ戦からスタメンを4人変更。出場停止のゴディンやコレア、ホセ・ヒメネスらに代えてカラスコやサウール、サビッチらを起用した。 ▽一方、直近5試合で3勝1敗1分けと復調傾向にあるバレンシアは、5日前に行われたレネガス戦(1-0)のからバッカリに代えてオレジャーナが先発。それ以外はレネガス戦と同様のメンバーを選出した。 ▽立ち上がりから攻勢に出るアトレティコは3分、バイタルエリア左でボールを受けたフィリペ・ルイスがミドルシュート。さらにGKジエゴ・アウベスの弾いたボールをボックス右で拾ったガメイロがダイレクトで折り返すと、ゴール前のグリーズマンが反転シュートを狙ったが、これはE・ペレスのスライディングブロックに阻まれる。 ▽幸先良い入りで主導権を握ったアトレティコは10分に先制する。ドリブルで中央を持ち上がったコケのスルーパスを右サイドからダイアゴナルに走り込んだグリーズマンがボックス内で受けると、ダイレクトでゴール右隅にシュートを流し込んだ。 ▽先制を許したバレンシアは23分、左クロスのこぼれ球をボックス手前で拾ったソレールがミドルシュート。さらに25分には、アタッキングサード手前で獲得したFKからゴール左に走り込んだザザがヘディングシュートを放ったが、ともにに枠を捉えることはできなかった。 ▽後半も立ち上がりからペースを握るアトレティコは48分、相手陣内でボールを奪ったフィリペ・ルイスがボックス左手前まで持ち上がりラストパス。これをペナルティアーク左で受けたガメイロがワントラップから右足を振り抜くと、ブロックに入ったマンガラの足に当たったボールがゴールに突き刺さった。 ▽後半開始早々に追加点を奪ったアトレティコは、54分にもコケのロングスルーパスに抜け出したグリーズマンが決定機を迎えたが、ボックス右から放たれたシュートはGKジエゴ・アウベスの好守に阻まれた。 ▽その後も圧倒するアトレティコは69分、相手のバックパスを奪ったガメイロがゴール左まで持ち込みシュート。直後の70分にも、相手のバックパスミスをボックス左で拾ったグリーズマンがコントロールシュートを放ったが、共に枠を外した。 ▽それでも83分、途中出場のガイタンからの横パスをトーマスがワンタッチでゴール前に流すと、これに反応したグリーズマンが相手DFを背負いながらも、スライデンングシュートでゴール右隅に流し込み、試合を決定づける3点目を奪った。 ▽終盤に入っても攻撃の手を緩めないアトレティコは、後半アディショナルタイム1分にもコケのパスで左サイドを抜け出したガイタンがカットインから決定機を迎えるなど、最後までバレンシアに付け入る隙を与えずに快勝。グリーズマンの2ゴールなどでリーグ戦3試合ぶりの白星を飾ったアトレティコが、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位をキープしている。 2017.03.06 02:40 Mon
twitterfacebook
thumb

アトレティコ戦に臨むバレンシア、ボロは「マドリーに勝てたのだからどこにでも勝てる」

6日のリーガエスパニョーラ第26節、バレンシアは敵地ビセンテ・カルデロンでのアトレティコ・マドリー戦に臨む。前日会見に出席したボロ監督は、レアル・マドリー戦勝利含めここ4試合を3勝1分け1敗で終えるなど上昇気流に乗っている状況で、アトレティコ相手にも勝利を手にできるとの見解を示した。<br><br>スペイン『アス』が同指揮官のコメントを伝えている。<br><br>「ビジャレアル、またマドリーも打ち破れたことは、チームがどんな相手にも勝てるという自信を得ることにつながった」<br><br>「カルデロンで勝つためには、多くの素晴らしいことをしなければならない。アトレティコはそういうプレーを見せ、相手にもそうプレーすることを強いるわけだ。彼らはどんな状況にも適応できるから、我々が試合に関する具体的な想定をすることはない。いずれにしろ、我々はどんな相手でも打ち破れることを知っている」<br><br>現在、降格圏と勝ち点10差と危機は脱したようにも見えるバレンシア。しかしボロ監督は、気を引き締める必要性を説いた。<br><br>「この試合の結果がどうであれ、何も変わりはしない。連敗でもしようものならば我々はまた下を見ることになる&hellip;&hellip;。それが現実なんだよ」<br><br>「我々の目標は、いつだって戦う試合の中にだけある。アトレティコは厳しい要求を強いるだろう。勝利する、または引き分けに持ち込める要素がもたらされるかは分からない。いずれにしろ、フットボールはいつだってディテールが試合の行方を決める」<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.04 23:36 Sat
twitterfacebook
thumb

アトレティコと対戦するバレンシア、ザザは「F・トーレスとユニフォームを交換したかった」

バレンシアは6日にリーガエスパニョーラ第26節、敵地ビセンテ・カルデロンでのアトレティコ・マドリー戦に臨む。バレンシアFWシモーネ・ザザは、リーガ有数のスタジアムからも勝ち点を持ち帰れると意気込みを表している。<br><br>スペイン『マルカ』とのインタビューに応じたザザは、次のようにコメントした。<br><br>「難しい試合になる。良いプレーをすれば勝てるというわけでもないが、自分たちのプレーを見せられれば彼らに打撃を与えられるだろう。とにかく、僕たちは正面切って戦うよ」<br><br>一方で、自身のストライカーとしての長所について問われると、こう返している。<br><br>「最大の長所は、ピッチですべてを出し尽くすために後悔をしないということだ。自分がクリスティアーノ(・ロナウド)でもメッシでもマラドーナでもファン・バステンでも怪物ロナウドでもないことは知っているさ。それでも自分は良い選手で、良いプレーを見せられる。ピッチに立てば、持ち得るすべてを出し尽くす。各試合で限界のプレーを見せるよ」<br><br>ザザはまた、先のデポルティ戦で意識を失い、病院に緊急搬送されたアトレティコFWフェルナンド・トーレスについて言及。トーレスはこのアトレティコ対バレンシアを欠場する見込みで、ザザはそのことに失望を感じているようだ。<br><br>「トーレスの身に起こったことは煩わしく感じる。子供の頃、彼はお気に入りのストライカーの一人だったし、今だってそういう存在であり続けている。トーレスのことは大好きで、今回の件は本当に悲しかった&hellip;&hellip;。ユニフォーム交換をお願いすることはできないね」<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.04 22:38 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース