コバチッチ退場のレアル・マドリー、バレンシアと激闘の末にドロー《リーガエスパニョーラ》2016.01.04 06:33 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽リーガエスパニョーラ第18節バレンシアvsレアル・マドリーが3日にメスタージャで行われ、2-2で引き分けた。

▽4日前に行われた前節ソシエダ戦をC・ロナウドの2ゴールで制した3位レアル・マドリー(勝ち点36)は、その試合のスタメンからハメス・ロドリゲスとナチョに代えてコバチッチと負傷明けのセルヒオ・ラモスを起用。

▽一方、3日前に行われたビジャレアルとのバレンシア・ダービーに敗れてリーガで6試合勝利のない10位バレンシア(勝ち点22)は、ネグレドとヴェゾに代えてデ・パウルとオルバンを起用した。

▽前節ビジャレアル戦での5バックから本来の4バックに戻したG・ネビル監督は、[4-1-4-1]の布陣を採用。中盤右にカンセロを、左にデ・パウルを配した。一方、フラットな[4-4-2]の布陣を採用したレアル・マドリーは右にベイル、左にコバチッチを配した。

▽自陣に引くバレンシア、敵陣でポゼッションするマドリーという構図で試合が推移する中、まずは10分にバレンシアがゴールに近づく。しかし、左CKからアンドレ・ゴメスが放ったヘディングシュートは枠の右へ外れた。すると16分、BBCトリオの華麗な連係でレアル・マドリーが先制する。

▽バイタルエリア中央で仕掛けたベンゼマがベイルへパスを送ると、ベイルは意表を突いてヒールパス。これを受けたC・ロナウドがノールックで落とすと、ボックス中央にフリーランで移動していたベンゼマが受けて、難なくゴール左に流し込んだ。

▽先制後もレアル・マドリーがポゼッションして主導権を握る中、31分にバレンシアに決定機が訪れる。左サイド絞った位置からデ・パウルが送ったフィードに、ボックス右へ走り込んだカンセロがヘッド。しかし、シュートを枠の左に外してしまった。さらに37分、デ・パウルのスルーパスを受けたアンドレ・ゴメスがボックス左からシュートに持ち込んだが、セルヒオ・ラモスのブロックに阻まれてしまう。それでも45分、アンドレ・ゴメスがボックス左にドリブルで侵入したところをペペに倒されてPKを獲得。このPKをパレホがゴール右に決め、バレンシアが同点に追いついて前半を終えた。

▽迎えた後半、レアル・マドリーが押し込みにかかる中、自陣に引くバレンシアに63分、アンドレ・ゴメスの強烈なミドルシュートでゴールを脅かされてしまう。ここはGKケイロル・ナバスが阻止して均衡を保つと、67分にベンゼマに代えてL・バスケスを投入する。ところが、直後にカンセロを後方からスライディングタックルで削ったコバチッチがレッドカードを受け、レアル・マドリーは10人となってしまう。

▽そのレアル・マドリーは[4-4-1]で対応。右にL・バスケス、左にベイルを配し、C・ロナウドを最前線に配置した。バレンシアが数的優位をうまく生かせない中、レアル・マドリーは74分にモドリッチが強烈なミドルシュートを浴びせる。そして82分、右サイドで得たFKをクロースが蹴り込むと、ニアサイドのベイルが頭で合わせてゴール左へ流し込んだ。

▽しかし直後、バレンシアがすかさず追いつく。左サイド中寄りの位置からデ・パウルが送ったクロスを、ファーサイドのロドリゴ・モレノがヘッドで折り返し、最後はアルカセルが頭で押し込んだ。

▽2-2となった試合は終了間際にも互いにチャンスが訪れる。追加タイム3分、レアル・マドリーはCKからC・ロナウドが決定機を迎えるも、ベイルと重なってシュートを打ちきれない。直後にはバレンシアがチャンスを迎え、ネグレドがGKケイロル・ナバスと一対一となったが、こちらも決めきれずに2-2でタイムアップ。互いに一歩も譲らなかった激闘は、引き分けに終わった。

コメント

関連ニュース

thumb

バレンシア、財政難でMFコンドグビア買い取り断念か

▽スペイン『マルカ』は、バレンシアがフランス代表MFジェフリー・コンドグビア(25)の買い取りオプションを行使するには財政的に難しいと伝えている。 ▽『マルカ』によると、収入の減少や欧州連合(EU)からの利息額の返還要求などで財政難に陥っているバレンシアが、コンドグビアの買い取りオプション“2500万ユーロ(約33億円)”を行使するには、主力選手を数名売り払う必要があるという。 ▽また、同紙はバレンシアが今冬の移籍市場でアーセナルからフランス人MFフランシス・コクラン(26)を完全移籍で獲得したことに触れ、万が一コンドグビアの買い取りが失敗しても、その影響は軽減されたと伝えている。 ▽今季インテルからレンタル移籍で加入したコンドグビアは、ここまで素晴らしいパフォーマンスを披露しており、公式戦25試合で3ゴールを記録。3位と躍進するクラブを中盤の底から支えている。 2018.02.20 03:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ラスト10分の2Gで逆転勝利のバレンシアが3位死守! …最下位マラガは9戦勝ちなし《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第24節のマラガvsバレンシアが17日に行われ、1-2でバレンシアが勝利した。 ▽連敗中で8戦勝ちのない最下位マラガ(勝ち点13)が、前節のレバンテ戦を3-1で制し公式戦7戦ぶりの勝利を手にして泥沼を抜け出した3位バレンシア(勝ち点43)をホームに迎えた一戦。 ▽バレンシアは勝利を逃がせば今節中に4位レアル・マドリー(勝ち点42)にかわされる可能性のある試合に向けて、前節からスタメンを2名変更。モントーヤ、コンドグビアに代えて、ムリージョ、コクランを起用した。 ▽試合はバレンシアが主導権を握る入りをみせる。6分、セットプレーの流れから左サイドのコクランがアーリークロスを供給。しかし、サンティ・ミナのヘディングシュートは枠を捉えない。 ▽その後もサイドからのクロスを中心に攻撃を行うバレンシアに対して、マラガはボックス内にディフェンダーを密集させて跳ね返し続ける。徐々にマラガがボールを持てるようになると、27分に左CKを獲得。すると、レシオのクロスは中央の密集地帯を抜けて、待ち構えていたイデイェの足下に届く。これをゴールに蹴り込んだ。なお、今冬に加入したイデイェにとっては、これがリーガでの初ゴールとなっている。 ▽勢いに乗るマラガは、36分にも右CKを獲得。キッカーをレシオが務めると再びイデイェがターゲットに。しかし、イデイェが放ったヘディングシュートはバーを越えていく。 ▽追いつきたいバレンシアは、前半終了間際の45分に左サイドでボールを持ったゴンサロ・ゲデスが中央にカットイン。そのままボックス手前からのミドルシュートを放っていくが、枠を捉えることはできず。マラガが1点のリードで試合を折り返すことに成功した。 ▽後半に入ってもバレンシアがペースを掴み切れずにいると、56分にセットプレーからネスティリがネットを揺らす。しかし、ボックス内の混戦の中でファウルがあったとして、ゴールは認められなかった。 ▽流れを変えたいマルセリーノ監督は60分、2トップのサンティ・ミナとビエットに代えてザザとロドリゴ・モレーノを投入。明確に攻撃の改善を求めるメッセージを送った。 ▽それでもなかなかマラガの牙城を崩すには至らなかったが、80分に左CKを獲得。キッカーのパレホがニアに供給すると、マークをはがしたコクランが頭で合わせてネットを揺らした。試合は同点に。 ▽さらに85分、カウンターの場面でゴンサロ・ゲデスのラストパスに抜け出したロドリゴが、ボックス内でミケルに倒される。これによりミケルには退場処分が下り、バレンシアに与えられたPKをパレホが決めて逆転。わずか5分間の逆転劇となった。 ▽その後、形勢を逆転されたマラガは攻勢をかけようとするが、再びバレンシアのゴールネットを揺らすことができないまま試合が終了。この結果、バレンシアは連勝を飾り3位を死守。対するマラガはホームで手痛い逆転負けを喫し、3連敗に。掴みかけていた9戦ぶりの勝利を逃がすこととなった。 2018.02.18 06:39 Sun
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 2月15日は、スペインで躍動するフランス代表MF

◆ジェフリー・コンドグビア 【Profile】 国籍: フランス 誕生日:1993/2/15 クラブ:バレンシア ポジション:MF 身長: 188㎝ 体重:77kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、2月15日はフランス代表MFジェフリー・コンドグビアだ。 ▽フランスのRCランスでプロデビューしたコンドグビアは、2012年にセビージャへ移籍。加入初年度からリーグ戦31試合に出場するなど、評価を高めたコンドグビアだが、翌年に契約破棄料を支払いモナコへ完全移籍。 ▽モナコでは1年目こそ本領を発揮できなかったが、徐々に輝きを取り戻すと、2年目にはチームのリーグ戦3位、チャンピオンズリーグ(CL)ベスト8進出に大きく貢献した。 ▽2015年から加入したインテルでは、戦術的なセリエAのスタイルに順応できず、時折見せる集中力を欠いた軽いプレーが批判の的となっていた。しかし、今シーズンからレンタルで加入したバレンシアでは、ここまで素晴らしいパフォーマンスを披露しており、公式戦25試合で3ゴールを記録。チームの躍進を中盤の底から支えている。 ※誕生日が同じ主な著名人 堀ちえみ(タレント) 浅田美代子(女優) 月亭方正(タレント) AKIRA(ファッションモデル) 立川志の輔(落語家、タレント) 斎藤司(芸人/トレンディエンジェル) ルイ・パトリシオ(サッカー選手) ロランド・ビアンキ(サッカー選手) 2018.02.15 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

バレンシアが“バレンシア・ダービー”制し3位死守! …レバンテは11戦勝ちなし《リーガエスパニョーラ》

▽バレンシアは11日、リーガエスパニョーラ第23節レバンテ戦をメスタージャで行い、3-1で勝利した。 ▽リーガ3連敗で失速中の3位バレンシア(勝ち点40)が、リーガ10試合連続で勝ちがないものの前節レアル・マドリー戦で1-1の引き分けに持ち込んだ17位レバンテ(勝ち点20)をホームに迎えた“バレンシア・ダービー”。 ▽バレンシアは、直近の試合である0-2の敗北を喫したコパ・デル・レイ準決勝2ndレグのバルセロナ戦からスタメンを5名変更。ザザや負傷したロドリゴらに代えて、ゲデス、サンティ・ミナらを起用した。今節、レアル・マドリーがレアル・ソシエダに5-2の勝利を収めて勝ち点を「42」まで積み上げたため、バレンシアにとっては勝たなければ4位に順位を下げる試合となった。 ▽試合の序盤からバレンシアがボールを持って試合を運んでいくが、中盤に4-5のラインを引くレバンテを崩し切れない。11分には右CKからサンティ・ミナがヘディングシュートを放ったが、枠を捉えられない。 ▽さらに13分、ボックス右でパスを受けたソレールが左足でシュートを放つが、これも枠の外。バレンシアは決定的なチャンスを得ることができないまでも、徐々にペースを掴んでいく。 ▽すると17分、今度は左CKを獲得するとキッカーのパレホがインスイングで素早いボールを供給。上手く頭で合わせたサンティ・ミナが、ネットを揺らした。 ▽しかし、直後の18分にレバンテが左CKを獲得してショートコーナーを選択。カンパーニャが低い弾道のクロスを入れるとDFセルヒオ・ポスティゴが右足でボレーシュートを放つ。これがゴール左隅に決まり、試合は再びイーブンな状態となった。 ▽さらに30分、カウンターでボールを持ったイヴィがボックス内左まで侵攻。しかし、そのまま放たれたシュートはGKネトに阻まれて得点には繋がらない。 ▽バレンシアは両サイドのゲデスやソレールを中心にゴールに迫ろうとするが、決め切りことができない。43分、左サイドをオーバーラップしたガヤのクロスに飛び込んだサンティ・ミナが足で合わせたが、シュートはバーに直撃。前半は1-1のスコアで折り返すこととなった。 ▽後半に入ると試合はややペースダウン。両クラブ共になかなかシュートまで持ち込むことができない展開が続く。56分にはバレンシアがボックス手前左でFKを獲得したが、キッカーのパレホが入れたボールは味方に合わない。 ▽63分には、レバンテの左CKからDFコケがヘディングシュートを沈めたかに思われたが、競り合いの中でガヤに対するファウルがあったとして得点は認められず。ガヤはガブリエウとの交錯で倒れたようにも見え、レバンテ側は抗議したが判定は覆らなかった。 ▽すると直後の65分、ソレールが巧みなドリブルでボックス内に侵攻してシュートを浴びせる。GKオイエルに弾かれ、こぼれ球に反応したサンティ・ミナのシュートも阻まれたが、最後はビエットが押し込んで勝ち越すことに成功した。ビエットにとっては移籍後のリーガ初弾となっている。 ▽さらに81分、カウンターからボックス手前のゲデスがスルーパスを供給。するとサンティ・ミナがGKオイエルとの一対一を迎えたが、シュートは左ポストに阻まれた。 ▽試合終了間際の89分、途中出場のザザがボックス内でR・スアレスに倒されてPKを獲得。キッカーのパレホがゴール右下隅に決め、さらにリードを広げた。 ▽試合はここで終了。この結果、ダービーマッチを制したバレンシアは連敗を脱出し、3位を死守することに。対するレバンテは、11戦連続勝ちなしとなった。 2018.02.12 06:41 Mon
twitterfacebook
thumb

公式戦6連敗のバレンシア、マルセリーノは「危機的状況ではない」

公式戦ここ6試合全敗とシーズン前半戦に比べて調子を落としているように見えるバレンシアだが、マルセリーノ・ガルシア・トラル監督は「危機的状況ではない」ことを強調した。<br><br>コパ準決勝のバルセロナとの2試合、アトレティコ・マドリー戦、レアル・マドリー戦と強豪との対戦も含まれているとはいえ、シーズン前半戦に比べ、その勢いが衰えているようにも映るバレンシア。だが11日のリーガエスパニョーラ第23節レバンテ戦の前日会見に出席したマルセリーノ監督は、今後巻き返すことに自信を見せている。<br><br>「事実は事実だ。しかしチームが危機的状況にいるとは思わない。実際的に試合を見て、その後映像を分析すると、危機とは異なる答えを手にできる。バレンシアは動揺するようなチームではなく、確かなアイデンティティーを有している」<br><br>「私たちはペナルティーエリアで効果的なプレーを見せられず、そのために罰せられた。それは事実だが、これからミスを修正していく。私たちは楽観的であり、コーチ陣は誇りすら感じているよ。この流れから何かを劇的に変化させる必要はないんだ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.11 00:56 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース