コバチッチ退場のレアル・マドリー、バレンシアと激闘の末にドロー《リーガエスパニョーラ》2016.01.04 06:33 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽リーガエスパニョーラ第18節バレンシアvsレアル・マドリーが3日にメスタージャで行われ、2-2で引き分けた。

▽4日前に行われた前節ソシエダ戦をC・ロナウドの2ゴールで制した3位レアル・マドリー(勝ち点36)は、その試合のスタメンからハメス・ロドリゲスとナチョに代えてコバチッチと負傷明けのセルヒオ・ラモスを起用。

▽一方、3日前に行われたビジャレアルとのバレンシア・ダービーに敗れてリーガで6試合勝利のない10位バレンシア(勝ち点22)は、ネグレドとヴェゾに代えてデ・パウルとオルバンを起用した。

▽前節ビジャレアル戦での5バックから本来の4バックに戻したG・ネビル監督は、[4-1-4-1]の布陣を採用。中盤右にカンセロを、左にデ・パウルを配した。一方、フラットな[4-4-2]の布陣を採用したレアル・マドリーは右にベイル、左にコバチッチを配した。

▽自陣に引くバレンシア、敵陣でポゼッションするマドリーという構図で試合が推移する中、まずは10分にバレンシアがゴールに近づく。しかし、左CKからアンドレ・ゴメスが放ったヘディングシュートは枠の右へ外れた。すると16分、BBCトリオの華麗な連係でレアル・マドリーが先制する。

▽バイタルエリア中央で仕掛けたベンゼマがベイルへパスを送ると、ベイルは意表を突いてヒールパス。これを受けたC・ロナウドがノールックで落とすと、ボックス中央にフリーランで移動していたベンゼマが受けて、難なくゴール左に流し込んだ。

▽先制後もレアル・マドリーがポゼッションして主導権を握る中、31分にバレンシアに決定機が訪れる。左サイド絞った位置からデ・パウルが送ったフィードに、ボックス右へ走り込んだカンセロがヘッド。しかし、シュートを枠の左に外してしまった。さらに37分、デ・パウルのスルーパスを受けたアンドレ・ゴメスがボックス左からシュートに持ち込んだが、セルヒオ・ラモスのブロックに阻まれてしまう。それでも45分、アンドレ・ゴメスがボックス左にドリブルで侵入したところをペペに倒されてPKを獲得。このPKをパレホがゴール右に決め、バレンシアが同点に追いついて前半を終えた。

▽迎えた後半、レアル・マドリーが押し込みにかかる中、自陣に引くバレンシアに63分、アンドレ・ゴメスの強烈なミドルシュートでゴールを脅かされてしまう。ここはGKケイロル・ナバスが阻止して均衡を保つと、67分にベンゼマに代えてL・バスケスを投入する。ところが、直後にカンセロを後方からスライディングタックルで削ったコバチッチがレッドカードを受け、レアル・マドリーは10人となってしまう。

▽そのレアル・マドリーは[4-4-1]で対応。右にL・バスケス、左にベイルを配し、C・ロナウドを最前線に配置した。バレンシアが数的優位をうまく生かせない中、レアル・マドリーは74分にモドリッチが強烈なミドルシュートを浴びせる。そして82分、右サイドで得たFKをクロースが蹴り込むと、ニアサイドのベイルが頭で合わせてゴール左へ流し込んだ。

▽しかし直後、バレンシアがすかさず追いつく。左サイド中寄りの位置からデ・パウルが送ったクロスを、ファーサイドのロドリゴ・モレノがヘッドで折り返し、最後はアルカセルが頭で押し込んだ。

▽2-2となった試合は終了間際にも互いにチャンスが訪れる。追加タイム3分、レアル・マドリーはCKからC・ロナウドが決定機を迎えるも、ベイルと重なってシュートを打ちきれない。直後にはバレンシアがチャンスを迎え、ネグレドがGKケイロル・ナバスと一対一となったが、こちらも決めきれずに2-2でタイムアップ。互いに一歩も譲らなかった激闘は、引き分けに終わった。

コメント

関連ニュース

thumb

低迷バレンシアに痛手、ナニが右太もも負傷で年内復帰絶望…

▽バレンシアに所属するポルトガル代表FWナニが、右太ももの筋肉損傷で1カ月ほどの離脱となるようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽ナニは、先月29日に行われたコパ・デル・レイ4回戦1stレグのレガネス戦で試合終盤に負傷交代を強いられていた。このケガで年内に行われるマラガ、ソシエダ、レアル・マドリーとのリーグ戦3試合に加え、レガネスとのコパ・デル・レイ4回戦2ndレグの計4試合を欠場する見込みだ。 ▽今夏、フェネルバフチェから加入したナニは、ここまでリーグ戦11試合に出場し、2ゴール4アシストを記録。現在、降格圏から2ポイント差の16位に低迷するバレンシアにとって、前線の主力選手の離脱は大きな痛手だ。 2016.12.03 00:50 Sat
twitterfacebook
thumb

清武途中出場のセビージャがバレンシアに競り勝ち暫定2位浮上!《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第13節、セビージャvsバレンシアが26日にサンチェス・ピスファンで行われ、2-1でセビージャが勝利した。セビージャの清武弘嗣は後半から出場している。 ▽前節のデポルティボ戦で苦手なアウェイ戦をものにし、3位に浮上したセビージャ(勝ち点24)は、プランデッリ新監督を迎えるも、復調の兆しが見えない16位バレンシア(勝ち点11)をホームに迎えた。 ▽2位バルセロナ(勝ち点26)、4位ビジャレアル(勝ち点22)と5位ソシエダ(勝ち点22)と混戦状態の中にいる3位セビージャ(勝ち点24)は直近のチャンピオンズリーグ(CL)・グループH第5節のユベントス戦からスタメンを2人だけ変更。マリアーノとイボーラに代え、クラネビッテルとサラビアを起用した。また、9試合出場がない清武はベンチスタートとなった。 ▽この試合に勝利すれば、27日に行われるソシエダvsバルセロナの結果次第で2位浮上の可能性があるセビージャは試合序盤、GKセルヒオ・リコとラミのパスミスからあわやピンチという場面を2度も招いてしまい、幸先の悪い立ち上がりとなった。 ▽しかし、セビージャは21分に右サイドを抜け出したサラビアからのパスをボックス手前のフランコ・バスケスがフリーで受けると、ミドルシュート。左足で巻いたボールは枠の左に外れた。さらに23分、中盤からパスを受けたエスクデロが反転し、シュートを放つがこれも枠の外に逸れた。 ▽一方、4試合未勝利のバレンシアは32分、ラミのパスミスをパレホが奪い、チャンスを迎える。しかし、ファーストタッチが大きくなり、GKセルヒオ・リコの飛び出しに阻まれた。結局、バレンシアはセビージャが再三犯したミスをモノにできず、互いに重たい前半となった。 ▽後半、流れを変えたいセビージャは、エスクデロに代えて清武を投入。すると53分、清武の起点からセビージャに先制点が生まれる。中盤で受けた清武が右サイドにロングパスを送ると、これに反応したビトロがキックフェイントで一人かわし、クロスを供給。これがバレンシアのガライに当たり、ボールはそのままゴールに吸い込まれた。 ▽アンラッキーな形で先制を許したバレンシアのプランデッリ監督は62分、アブデヌールに代えてムニルを投入。すると65分、この采配が的中し、バレンシアが同点に追いつく。右サイドでボールを持ったカンセロがボックス右にスルーパスを送ると、抜け出したムニルが左足アウトサイドでシュート。これが左ポストに当たり、ゴールに吸い込まれた。 ▽同点を許したセビージャは75分、左CKからのこぼれ球を拾ったパレハがボックス手前から左足を振り抜く。密集地帯を抜けたグラウンダーのシュートは右ポストに当たり、ゴールネットを揺らした。 ▽試合終盤、バレンシアは敵陣中央でFKを獲得すると、ボックス内に放り込んだボールのこぼれ球を、ゴール前のガライが拾い、そのままシュート。しかし、これはGKセルヒオ・リコのスーパーセーブに防がれた。結局、試合そのまま終了。過密日程による影響に苦しむもセビージャがバレンシアに競り勝ち、暫定2位に浮上した。 2016.11.27 07:43 Sun
twitterfacebook
thumb

降格圏に迫るバレンシア、プランデッリは「チームは精神面で問題を抱えている」

20日のリーガエスパニョーラ第12節バレンシアは本拠地メスタージャでのグラナダ戦を1&minus;1のドローで終えた。調子が一向に上がらないどうチームだが、チェーザレ・プランデッリ監督は問題が選手たちの精神面にあるとしている。<br><br>先にプランデッリ監督を招へいしたバレンシアだが、相変わらず低空飛行が続く。ここ4試合で勝利から遠ざかっており、降格圏とわずか勝ち点2差で15位に位置している。<br><br>プランデッリ監督はグラナダ戦後の会見で、チームの調子が上がらない理由を次のように説明した。<br><br>「とても難しい状況だ。選手たちは、もうネガティブに物事を考えてはいけない。私たちこそがバレンシアというチームの責任者であり、成長を果たさなければならないんだ」<br><br>「チームは精神面で問題を抱えており、困難を乗り越えることに苦労を強いられている。過去にとらわれていては、厳しい状況から抜け出すことは不可能だ。現状を打破するために必要なのは、落ち着きを持つことにほかならない」<br><br>なおMFエンソ・ペレスはグラナダ戦直後のインタビューで、「あらゆる意味でどん底だ」とその心情を吐露していた。<br><br><br>提供:goal.com 2016.11.21 22:34 Mon
twitterfacebook
thumb

退陣求められるバレンシアオーナーのピーター・リム氏、その娘がファンと衝突…「あなたたちの知ったかぶりが現状を生んだ」

リーガエスパニョーラで降格圏と勝ち点2差に位置するなど、泥沼にはまるバレンシアだが、オーナーを務めるピーター・リム氏への風当たりも強くなっている。そのような状況で、リム氏の娘であるキム・リムさんがバレンシアファンとSNS上で衝突した。<br><br>20日のリーガエスパニョーラ第12節、本拠地メスタージャでのグラナダ戦を1&minus;1で引き分けたバレンシア。ファンはチームが低空飛行を続けていることに我慢ができず、選手たちへのブーイングはおろか、「リムは出ていけ!」というチャントさえ歌っている。<br><br>一方でリム氏は今週末、キムさんや友人のガリー・ネビル元バレンシア監督とともに、交渉を主目的にマンチェスター・ユナイテッド対アーセナルを観戦。キムさんがその様子を『インスタグラム』で公開すると、これが一部のバレンシアファンの逆鱗に触れた。ファンはなぜバレンシアが窮地に陥っているときに、呑気にオールド・トラッフォードで試合を観戦しているのかと、リムさんに批判を浴びせたのだ。<br><br>これまで、その容姿の美しさなどからファンにアイドル視されてきたキムさんだが、今回の批判には黙っていることができなかった。『インスタグラム』を通じて、次のような反論のメッセージを記している。<br><br>「もし私をコントロールできると考えているならば、バレンシアファンの一部は気が狂っていて、とても馬鹿だと思う。この試合の観戦は、私自身が選んだことよ。それがチーム(バレンシア)を応援していないことを意味するわけじゃない。本当に馬鹿な、自分たち自身に跳ね返るようなコメントをするのはやめて」<br><br>「私たち家族がバレンシアにいないと訴えるファンに言わせてもらうけど、私の兄がメスタージャで試合を見ていたことは知っていた? それにバレンシアの試合は、私たちの家族の一員であるレイ・ホーン(リム氏の右腕で、バレンシア会長)がいつも見届けているわ。彼女はシンガポールの家族といる時間より、バレンシアにいる時間の方が長いの。ちゃんと目を見開いて、頭を使ったらどうなの。おそらく、あなたたちのそういう知ったかぶりな態度が、クラブの現在のような状況を生み出したのね」<br><br><br><br>提供:goal.com 2016.11.21 22:02 Mon
twitterfacebook
thumb

バレンシア、メスタージャでまたも勝てず降格圏と勝ち点2差…E・ペレスは「あらゆる意味でどん底」と落胆

20日のリーガエスパニョーラ第12節、バレンシアは本拠地メスタージャでのグラナダ戦を1&minus;1のドローで終えた。<br><br>今季ここまでの試合成績が1勝4敗と、かつては要塞と称されたメスタージャでも結果を手にできないバレンシア。このグラナダ戦では45分にカルセーラ・ゴンサレスの先制点を許し、47分にナニが同点弾を記録するも逆転弾を決めることはかなわなかった。<br><br>アウェー戦合わせて、ここ4試合で勝利から遠ざかっているバレンシアは、降格圏と勝ち点2差で15位に位置。勝利に飢えるメスタージャのファンは、グラナダ戦終了後にチームに容赦ないブーイングを浴びせ、さらには「ピーター・リムは出て行け!」とクラブのオーナーを務めるシンガポール人投資家にも批判の矛先を向けていた。<br><br>エンソ・ペレスはチームメートとともにブーイングを浴びせられた後、スペイン『Beinスポーツ』の試合後インタビューに応じたが、「あらゆる意味でどん底だ。チームは練習通りのプレーを見せられなかった」とその心情を吐露している。<br><br><br>提供:goal.com 2016.11.21 08:59 Mon
twitterfacebook
Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース