コバチッチ退場のレアル・マドリー、バレンシアと激闘の末にドロー《リーガエスパニョーラ》2016.01.04 06:33 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽リーガエスパニョーラ第18節バレンシアvsレアル・マドリーが3日にメスタージャで行われ、2-2で引き分けた。

▽4日前に行われた前節ソシエダ戦をC・ロナウドの2ゴールで制した3位レアル・マドリー(勝ち点36)は、その試合のスタメンからハメス・ロドリゲスとナチョに代えてコバチッチと負傷明けのセルヒオ・ラモスを起用。

▽一方、3日前に行われたビジャレアルとのバレンシア・ダービーに敗れてリーガで6試合勝利のない10位バレンシア(勝ち点22)は、ネグレドとヴェゾに代えてデ・パウルとオルバンを起用した。

▽前節ビジャレアル戦での5バックから本来の4バックに戻したG・ネビル監督は、[4-1-4-1]の布陣を採用。中盤右にカンセロを、左にデ・パウルを配した。一方、フラットな[4-4-2]の布陣を採用したレアル・マドリーは右にベイル、左にコバチッチを配した。

▽自陣に引くバレンシア、敵陣でポゼッションするマドリーという構図で試合が推移する中、まずは10分にバレンシアがゴールに近づく。しかし、左CKからアンドレ・ゴメスが放ったヘディングシュートは枠の右へ外れた。すると16分、BBCトリオの華麗な連係でレアル・マドリーが先制する。

▽バイタルエリア中央で仕掛けたベンゼマがベイルへパスを送ると、ベイルは意表を突いてヒールパス。これを受けたC・ロナウドがノールックで落とすと、ボックス中央にフリーランで移動していたベンゼマが受けて、難なくゴール左に流し込んだ。

▽先制後もレアル・マドリーがポゼッションして主導権を握る中、31分にバレンシアに決定機が訪れる。左サイド絞った位置からデ・パウルが送ったフィードに、ボックス右へ走り込んだカンセロがヘッド。しかし、シュートを枠の左に外してしまった。さらに37分、デ・パウルのスルーパスを受けたアンドレ・ゴメスがボックス左からシュートに持ち込んだが、セルヒオ・ラモスのブロックに阻まれてしまう。それでも45分、アンドレ・ゴメスがボックス左にドリブルで侵入したところをペペに倒されてPKを獲得。このPKをパレホがゴール右に決め、バレンシアが同点に追いついて前半を終えた。

▽迎えた後半、レアル・マドリーが押し込みにかかる中、自陣に引くバレンシアに63分、アンドレ・ゴメスの強烈なミドルシュートでゴールを脅かされてしまう。ここはGKケイロル・ナバスが阻止して均衡を保つと、67分にベンゼマに代えてL・バスケスを投入する。ところが、直後にカンセロを後方からスライディングタックルで削ったコバチッチがレッドカードを受け、レアル・マドリーは10人となってしまう。

▽そのレアル・マドリーは[4-4-1]で対応。右にL・バスケス、左にベイルを配し、C・ロナウドを最前線に配置した。バレンシアが数的優位をうまく生かせない中、レアル・マドリーは74分にモドリッチが強烈なミドルシュートを浴びせる。そして82分、右サイドで得たFKをクロースが蹴り込むと、ニアサイドのベイルが頭で合わせてゴール左へ流し込んだ。

▽しかし直後、バレンシアがすかさず追いつく。左サイド中寄りの位置からデ・パウルが送ったクロスを、ファーサイドのロドリゴ・モレノがヘッドで折り返し、最後はアルカセルが頭で押し込んだ。

▽2-2となった試合は終了間際にも互いにチャンスが訪れる。追加タイム3分、レアル・マドリーはCKからC・ロナウドが決定機を迎えるも、ベイルと重なってシュートを打ちきれない。直後にはバレンシアがチャンスを迎え、ネグレドがGKケイロル・ナバスと一対一となったが、こちらも決めきれずに2-2でタイムアップ。互いに一歩も譲らなかった激闘は、引き分けに終わった。

コメント

関連ニュース

thumb

バルサ、スペイン代表FWパコ・アルカセル獲得を発表へ

▽スペイン『ムンド・デポルティボ』は29日、バレンシアのスペイン代表FWパコ・アルカセル(22)がバルセロナ移籍に向けたメディカルチェックを通過したと報じた。 ▽“第4のアタッカー”獲得を目指していると伝えられてきたバルセロナが、アルカセルを手中に収めたようだ。『ムンド・デポルティボ』によれば、パコ・アルカセルは29日の早朝にメディカルチェックを通過。移籍金は3000万ユーロ(約34億3000万円)ほどとのことだ。 ▽バレンシアユースのアルカセルは、2010年にプロデビュー。昨シーズンは公式戦45試合で15ゴールを記録した。 2016.08.29 18:37 Mon
twitterfacebook
thumb

エイバル戦欠場のP・アルカセル、バルサ移籍は秒読み段階に

バレンシアFWパコ・アルカセルのバルセロナ移籍は秒読み段階に入ったようだ。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>P・アルカセルは27日に行われたリーガエスパニョーラ第2節エイバル戦(0-1)を欠場。チームには帯同したが、スタンドから試合を観戦した。またこの試合前の練習で、同選手はパコ・アジェスタラン監督と何かを話し合っていたが、別れの言葉を交わしていたとみられる。<br><br>『マルカ』電子版は現地時間28日午前に、「P・アルカセル移籍は数時間中に発表されてもおかしくない」との記事を掲載。バルセロナは移籍金として3000万ユーロ前後をバレンシアに支払い、今夏に探し求めていた「第4のFW」を引き入れる見込みという。<br><br>またバルセロナは、FWムニル・エル・ハダディを1年レンタルによってバレンシアに放出するようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.28 21:37 Sun
twitterfacebook
thumb

エイバル、新戦力ペドロ・レオンの1発で今季リーガ初白星 乾は出場せず《リーガエスパニョーラ》

27日に行われたリーガエスパニョーラ第2節、エイバルvsバレンシアは、ホームのエイバルが1-0で勝利した。エイバルMF乾貴士はベンチ入りしたものの、出場しなかった。<br><br>開幕戦となった前節、敵地でデポルティボに逆転負けを喫したエイバルはスターティングメンバーを4人入れ替える。乾、フンカ、リベラ、アドリアンが外れ、ペドロ・レオン、ルナ、エスカランテ、ホタが先発でピッチに立った。一方のバレンシアは移籍がうわさされるパコ・アルカセル(バルセロナ行き)とムスタフィ(アーセナル行き)がベンチ外となった。<br><br>本拠地イプルアで今季初白星を手にしたいエイバル。7分には、今夏プレミアリーグからオファーが届きながら残留を決断したカパ(7番)に対してサポーターから拍手喝さいが送られ、スタジアムが一体となって勝利を目指す姿勢を見せる。<br><br>しかしながら優勢に試合を進めたのはバレンシアだ。今夏ユーロ2016でポルトガル代表の優勝に貢献した新戦力ナニが、今季初先発で躍動。積極的にシュートを放ち、チームのリズムをつくる。だが度々サンティ・ミナが決定機を逸し、先制点を奪うことができない。<br><br>エイバルは後半開始からラミスに代えてルジューヌを投入する。ハーフタイムにメンディリバル監督から指示があったのか、後半に入ると昨季見せていたような前線からのプレスが機能。そうして徐々に流れを引き寄せ、60分、キケのクロスがアブデヌールのハンドを誘ってPKを獲得する。キッカーを務めたペドロ・レオンのシュートは一旦GKライアンに阻まれたが、自ら押し込んでチームに先制点をもたらした。<br><br>エイバルは65分、ベベに代わってルベンがピッチに入る。78分には、ホタに代わりセルジ・エンリクが入り、3枚の交代カードがすべて切られた。<br><br>エイバルは虎の子の1点を最後まで守り切り、イプルアに詰め掛けた観客に歓喜を届けた。エイバルは1勝1敗で暫定8位に浮上。対するバレンシアは2連敗で最下位に沈んでいる。<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.28 03:23 Sun
twitterfacebook
thumb

バレンシア、ムスタフィ後釜はガライに 移籍金2000万ユーロで獲得へ

バレンシアがゼニトDFエセキエル・ガライ獲得に迫っている。スペイン『マルカ』が報じた。<br><br>DFシュコドラン・ムスタフィをアーセナルに放出することが確実となりながら、リーガ開幕節ラス・パルマス戦(2-4)、第2節エイバル戦(0-1)では守備の不安定さを要因に敗戦しているバレンシア。センターバックの補強は急務となっていた。<br><br>ヘスス・ガルシア・ピタルチSD(スポーツディレクター)が目をつけ、オーナーのピーター・リム氏のお眼鏡にかなったのは、2014年からゼニトに在籍しているガライ。このアルゼンチン人DFは27日のアムカル戦後にチームメートに別れを告げており、バレンシア移籍は秒読み段階に入っているという。<br><br>バレンシアにはゼニトの求める移籍金2000万ユーロを支払う用意があり、クラブ間交渉は細部を残すのみとなっているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.28 00:45 Sun
twitterfacebook
thumb

アルカセルを望むバルサ、オファーを約34億円にアップか

バルセロナがバレンシアFWパコ・アルカセルの獲得に向け、オファー額を3000万ユーロ(約34億円)まで上げる用意をしている。『Goal』の取材で分かった。<br><br>25日、バルセロナはGKクラウディオ・ブラーボのマンチェスター・シティ移籍を発表した。代わりにアヤックスからGKヤスパー・シレッセンを獲得している。この取引で、バルサは約500万ユーロの利益を手にした。<br><br>これに、もともとの補強資金2400万ユーロなどを加え、バルサはバレンシアの要求額を満たせるようになった。バレンシアは移籍マーケットが閉まる31日までに、3000~3500万ユーロで取引に応じるともみられている。<br><br>この夏、バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は当初、「控えに4000万ユーロは払わない」と述べていた。<br><br>バレンシアは8000万ユーロの契約解除金が支払われない限り、アルカセルを手放さないとしていたが、来週には姿勢を変えるとみられる。<br><br>提供:goal.com 2016.08.26 12:10 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース