コバチッチ退場のレアル・マドリー、バレンシアと激闘の末にドロー《リーガエスパニョーラ》2016.01.04 06:33 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽リーガエスパニョーラ第18節バレンシアvsレアル・マドリーが3日にメスタージャで行われ、2-2で引き分けた。

▽4日前に行われた前節ソシエダ戦をC・ロナウドの2ゴールで制した3位レアル・マドリー(勝ち点36)は、その試合のスタメンからハメス・ロドリゲスとナチョに代えてコバチッチと負傷明けのセルヒオ・ラモスを起用。

▽一方、3日前に行われたビジャレアルとのバレンシア・ダービーに敗れてリーガで6試合勝利のない10位バレンシア(勝ち点22)は、ネグレドとヴェゾに代えてデ・パウルとオルバンを起用した。

▽前節ビジャレアル戦での5バックから本来の4バックに戻したG・ネビル監督は、[4-1-4-1]の布陣を採用。中盤右にカンセロを、左にデ・パウルを配した。一方、フラットな[4-4-2]の布陣を採用したレアル・マドリーは右にベイル、左にコバチッチを配した。

▽自陣に引くバレンシア、敵陣でポゼッションするマドリーという構図で試合が推移する中、まずは10分にバレンシアがゴールに近づく。しかし、左CKからアンドレ・ゴメスが放ったヘディングシュートは枠の右へ外れた。すると16分、BBCトリオの華麗な連係でレアル・マドリーが先制する。

▽バイタルエリア中央で仕掛けたベンゼマがベイルへパスを送ると、ベイルは意表を突いてヒールパス。これを受けたC・ロナウドがノールックで落とすと、ボックス中央にフリーランで移動していたベンゼマが受けて、難なくゴール左に流し込んだ。

▽先制後もレアル・マドリーがポゼッションして主導権を握る中、31分にバレンシアに決定機が訪れる。左サイド絞った位置からデ・パウルが送ったフィードに、ボックス右へ走り込んだカンセロがヘッド。しかし、シュートを枠の左に外してしまった。さらに37分、デ・パウルのスルーパスを受けたアンドレ・ゴメスがボックス左からシュートに持ち込んだが、セルヒオ・ラモスのブロックに阻まれてしまう。それでも45分、アンドレ・ゴメスがボックス左にドリブルで侵入したところをペペに倒されてPKを獲得。このPKをパレホがゴール右に決め、バレンシアが同点に追いついて前半を終えた。

▽迎えた後半、レアル・マドリーが押し込みにかかる中、自陣に引くバレンシアに63分、アンドレ・ゴメスの強烈なミドルシュートでゴールを脅かされてしまう。ここはGKケイロル・ナバスが阻止して均衡を保つと、67分にベンゼマに代えてL・バスケスを投入する。ところが、直後にカンセロを後方からスライディングタックルで削ったコバチッチがレッドカードを受け、レアル・マドリーは10人となってしまう。

▽そのレアル・マドリーは[4-4-1]で対応。右にL・バスケス、左にベイルを配し、C・ロナウドを最前線に配置した。バレンシアが数的優位をうまく生かせない中、レアル・マドリーは74分にモドリッチが強烈なミドルシュートを浴びせる。そして82分、右サイドで得たFKをクロースが蹴り込むと、ニアサイドのベイルが頭で合わせてゴール左へ流し込んだ。

▽しかし直後、バレンシアがすかさず追いつく。左サイド中寄りの位置からデ・パウルが送ったクロスを、ファーサイドのロドリゴ・モレノがヘッドで折り返し、最後はアルカセルが頭で押し込んだ。

▽2-2となった試合は終了間際にも互いにチャンスが訪れる。追加タイム3分、レアル・マドリーはCKからC・ロナウドが決定機を迎えるも、ベイルと重なってシュートを打ちきれない。直後にはバレンシアがチャンスを迎え、ネグレドがGKケイロル・ナバスと一対一となったが、こちらも決めきれずに2-2でタイムアップ。互いに一歩も譲らなかった激闘は、引き分けに終わった。

コメント

関連ニュース

thumb

“売るクラブ”から脱却できないバレンシア…ファンの多数がA・ゴメス売却に納得できず

バレンシアファンの多数は、MFアンドレ・ゴメスをバルセロナに放出したことに納得がいかないようだ。<br><br>シンガポールの投資家ピーター・リム氏に買収され、&ldquo;売るクラブ&rdquo;から&ldquo;真のビッグクラブ&rdquo;となる道を歩み始めたかに見えたバレンシア。しかし2015&minus;16シーズンはヌノ・エスピリト・サント監督、ガリー・ネビル監督、パコ・アジェスタラン現監督と指揮官が相次いで交代し、11位と無風地帯でリーガエスパニョーラを終えることになった。<br><br>チャンピオンズリーグはおろかヨーロッパリーグ出場権も獲得できなかったバレンシアは、リーガのサラリーキャップ制においてトップチームの予算を1億1400万ユーロから7500万ユーロまで引き下げる必要が生じ、A・ゴメスを移籍金3500万ユーロ+インセンティブ2000万ユーロで売却することを決断。バレンシアにとっては苦渋の決断であったかもしれないが、ファンはクラブに対して憤りを覚えている様子だ。<br><br>バレンシアの地元紙『スーペル・デポルテ』の電子版が行った「A・ゴメスのバルセロナ移籍は、良いものだったと思いますか?」とのアンケートで、バレンシアファンのじつに75%がノーと返答。プレドラグ・ミヤトヴィッチ氏、MFダビド・シルバ、FWダビド・ビジャ、MFフアン・マタといった先例同様、バレンシアがクラブの象徴となるべき選手を再び売り渡したことで、ファンの誇りが傷つけられたことがうかがえる。<br><br>なおバレンシアは、A・ゴメスの後釜としてラス・パルマスMFロケ・メサの獲得を狙っているという。<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.24 02:53 Sun
twitterfacebook
thumb

バルセロナが“場外クラシコ”を制して、アンドレ・ゴメスを獲得!!

▽バルセロナは21日、ポルトガル代表MFアンドレ・ゴメス(22)の移籍に関してバレンシアと合意に達したことをクラブ公式サイトで発表した。 ▽アンドレ・ゴメスは先日行われたユーロ2016でポルトガル代表メンバーに選出され、同大会制覇を経験した。2015-16シーズンはリーグ戦30試合2ゴールを奪うなどバレンシアの中軸として活躍している。 ▽同選手に対しては、ユベントス、マンチェスター・ユナイテッド、パリ・サンジェルマンなど世界的なビッグクラブに加え、バルセロナとレアル・マドリーの“場外クラシコ”も行われていると報じられていた。 ▽バルセロナは移籍金について公表していないものの、スペイン『マルカ』は5000万ユーロ(約58億5200万円)、スペイン『アス』は3500万ユーロ(約40億9600万円)に2000万ユーロ(約23億4100万円)のボーナスと報じている。 ▽なお、アンドレ・ゴメスは22日にメディカルチェックを受診し、問題がなければバルセロナと正式に契約を結ぶ予定となっている。アンドレ・ゴメスの加入が決まれば、バルセロナにとってはMFデニス・スアレス、DFサミュエル・ユムテイティ、DFリュカ・ディーニュに続き4人目の補強となる。 2016.07.22 07:12 Fri
twitterfacebook
thumb

バレンシアのアルゼンチン人MFデ・パウルが5年契約でウディネーゼ移籍

▽ウディネーゼは20日、バレンシアからアルゼンチン人MFロドリゴ・デ・パウル(22)を獲得したことを発表した。契約期間は5年となる。 ▽デ・パウルは、母国アルゼンチンのラシン・クラブでプロキャリアをスタート。2014年に引き抜かれる形でバレンシア入りした。 ▽加入初年度のリーガエスパニョーラでは、25試合出場で1ゴールを記録。しかし、昨シーズンは9試合の出場にとどまり、シーズン途中で古巣ラシン・クラブへレンタル移籍していた。 2016.07.21 15:15 Thu
twitterfacebook
thumb

昇格組ミドルズブラがネグレドを獲得 シティ時代以来のプレミア再挑戦

▽ミドルズブラは20日、バレンシアから元スペイン代表FWアルバロ・ネグレド(30)を獲得したことを発表した。1年間のレンタル移籍となる。 ▽ネグレドはこれまで、ラージョやアルメニア、セビージャなどでプレー。2013年の夏にはマンチェスター・シティに移籍し、初年度で公式戦49試合23ゴールを記録した。だが、翌年にはバレンシアにレンタル移籍。そのまま2015-16シーズンに完全移籍したバレンシアでは、当時のヌノ・エスピリート・サント監督との問題もあって、ギャリー・ネビル監督が就任(その後に解任)するまで、戦力外とされる時期もあった。 ▽ネグレドと同胞のアイトール・カランカ監督が率いるミドルズブラは、昨シーズンのチャンピオンシップ2位で昇格。今夏はDFアントニオ・バラガンやGKビクトール・バルデスなどのスペイン人を補強している。 2016.07.20 22:58 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシー、ボヌッチの代わりにムスタフィを獲得? 移籍金として約3000万ユーロを用意か

イギリス『デイリー・ミラー』は、チェルシーがバレンシアDFシュコドラン・ムスタフィの獲得を狙っていると報じた。<br><br>今季からアントニオ・コンテ監督が率いるチェルシーは、同指揮官がユベントス、イタリア代表で指導したDFレオナルド・ボヌッチの獲得を目指していたとされる。だがボヌッチ本人はイタリアにとどまることを望んでおり、獲得の可能性はほぼ消滅したという。<br><br>『デイリー・ミラー』によると、チェルシーはボヌッチをあきらめ、その代わりにムスタフィを獲得目標とした模様。MFアンドレ・ゴメスの退団を阻止するため、代わりにムスタフィを他クラブに売り込んでいるとされるバレンシアだが、チェルシーは同クラブに移籍金約3000万ユーロを支払う用意があるとのことだ。<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.17 22:29 Sun
twitterfacebook


ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース