コバチッチ退場のレアル・マドリー、バレンシアと激闘の末にドロー《リーガエスパニョーラ》2016.01.04 06:33 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽リーガエスパニョーラ第18節バレンシアvsレアル・マドリーが3日にメスタージャで行われ、2-2で引き分けた。

▽4日前に行われた前節ソシエダ戦をC・ロナウドの2ゴールで制した3位レアル・マドリー(勝ち点36)は、その試合のスタメンからハメス・ロドリゲスとナチョに代えてコバチッチと負傷明けのセルヒオ・ラモスを起用。

▽一方、3日前に行われたビジャレアルとのバレンシア・ダービーに敗れてリーガで6試合勝利のない10位バレンシア(勝ち点22)は、ネグレドとヴェゾに代えてデ・パウルとオルバンを起用した。

▽前節ビジャレアル戦での5バックから本来の4バックに戻したG・ネビル監督は、[4-1-4-1]の布陣を採用。中盤右にカンセロを、左にデ・パウルを配した。一方、フラットな[4-4-2]の布陣を採用したレアル・マドリーは右にベイル、左にコバチッチを配した。

▽自陣に引くバレンシア、敵陣でポゼッションするマドリーという構図で試合が推移する中、まずは10分にバレンシアがゴールに近づく。しかし、左CKからアンドレ・ゴメスが放ったヘディングシュートは枠の右へ外れた。すると16分、BBCトリオの華麗な連係でレアル・マドリーが先制する。

▽バイタルエリア中央で仕掛けたベンゼマがベイルへパスを送ると、ベイルは意表を突いてヒールパス。これを受けたC・ロナウドがノールックで落とすと、ボックス中央にフリーランで移動していたベンゼマが受けて、難なくゴール左に流し込んだ。

▽先制後もレアル・マドリーがポゼッションして主導権を握る中、31分にバレンシアに決定機が訪れる。左サイド絞った位置からデ・パウルが送ったフィードに、ボックス右へ走り込んだカンセロがヘッド。しかし、シュートを枠の左に外してしまった。さらに37分、デ・パウルのスルーパスを受けたアンドレ・ゴメスがボックス左からシュートに持ち込んだが、セルヒオ・ラモスのブロックに阻まれてしまう。それでも45分、アンドレ・ゴメスがボックス左にドリブルで侵入したところをペペに倒されてPKを獲得。このPKをパレホがゴール右に決め、バレンシアが同点に追いついて前半を終えた。

▽迎えた後半、レアル・マドリーが押し込みにかかる中、自陣に引くバレンシアに63分、アンドレ・ゴメスの強烈なミドルシュートでゴールを脅かされてしまう。ここはGKケイロル・ナバスが阻止して均衡を保つと、67分にベンゼマに代えてL・バスケスを投入する。ところが、直後にカンセロを後方からスライディングタックルで削ったコバチッチがレッドカードを受け、レアル・マドリーは10人となってしまう。

▽そのレアル・マドリーは[4-4-1]で対応。右にL・バスケス、左にベイルを配し、C・ロナウドを最前線に配置した。バレンシアが数的優位をうまく生かせない中、レアル・マドリーは74分にモドリッチが強烈なミドルシュートを浴びせる。そして82分、右サイドで得たFKをクロースが蹴り込むと、ニアサイドのベイルが頭で合わせてゴール左へ流し込んだ。

▽しかし直後、バレンシアがすかさず追いつく。左サイド中寄りの位置からデ・パウルが送ったクロスを、ファーサイドのロドリゴ・モレノがヘッドで折り返し、最後はアルカセルが頭で押し込んだ。

▽2-2となった試合は終了間際にも互いにチャンスが訪れる。追加タイム3分、レアル・マドリーはCKからC・ロナウドが決定機を迎えるも、ベイルと重なってシュートを打ちきれない。直後にはバレンシアがチャンスを迎え、ネグレドがGKケイロル・ナバスと一対一となったが、こちらも決めきれずに2-2でタイムアップ。互いに一歩も譲らなかった激闘は、引き分けに終わった。

コメント

関連ニュース

thumb

バレンシア、マルセリーノ招へいを目指す、問題はスペイン監督委員会の規約

先にパコ・アジェスタラン監督を解任したバレンシアは、その後任として前ビジャレアル指揮官マルセリーノ・ガルシア・トラル氏の招へいを目指している。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>マルセリーノ氏は今夏、選手たちとの確執などを理由にビジャレアルとの契約を解消していた。バレンシアは同氏がアジェスタン監督の後任として理想的と考えている模様だ。<br><br>ただし、バレンシアがマルセリーノ氏を招へいすることは容易ではない。同氏はビジャレアルとの契約解消の際に、今季分の年俸を全額受け取った。スペインサッカー連盟・監督委員会の規約では、そのような状況において今季中に違うチームを率いることは禁じられている。<br><br>しかしながらバレンシアはあきらめることなく、スペインサッカー連盟の技術委員会に監督登録の申請を提出し、現在は返答を待っている状況のようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2016.09.24 23:43 Sat
twitterfacebook
thumb

監督解任のバレンシアがパレホのPK弾で今季リーグ戦初勝利!《リーガエスパニョーラ》

▽バレンシアは22日、リーガエスパニョーラ第5節でアラベスを本拠地メスタージャに迎え、2-1で勝利した。 ▽開幕4連敗中のバレンシアは、21日に昨季途中から同クラブを率いていたパコ・アジェスタラン氏の解任を発表。この試合は、暫定監督としてサルバドール・ゴンサーレス・マルコ氏が指揮を執った。 ▽3トップにロドリゴ・モレノ、ムニル、ナニを配置した[4-3-3]の布陣を採用したバレンシアは、立ち上がりから積極的な入りを見せると10分、右サイドからカットインしたロドリゴ・モレノがペナルティアーク手前からミドルシュート。しかし、これはゴール右に外れた。 ▽その後、一進一退の攻防を繰り広げる両チームだったが、バレンシアがラッキーな形で先制に成功する。28分、バイタルエリア左でボールを受けたガヤのクロスがラグアルディアのオウンゴールを誘発し、ゴールネットを揺らした。 ▽不運な形で失点を喫したアラベスは前半終了間際の45分、カタイの右CKをゴール正面のトケーロが頭で合わせると、これが左隅に吸い込まれた。 ▽1-1で迎えた後半、バレンシアはロドリゴ・モレノを下げてサンティ・ミナを投入。すると51分、ボックス右でボールを持ったサンティ・ミナのラストパスを中央で受けたメドランがシュート。しかし、これは枠の上に外れた。さらに58分にも、ミドルサードで獲得したFKを左サイドで受けたガヤのクロスからマンガラがヘディングシュートを放ったが、わずかにゴール右に逸れた。 ▽主導権を握りながらも追加点の遠いバレンシアは、67分にメドランを下げてカンセロを投入。さらに80分には、ムニルに代えてバッカリをピッチに送り出した。すると87分、ドリブルでボックス左から仕掛けたバッカリがマルコス・ジョレンテに倒されてPKを獲得。このPKをパレホが落ち着いてゴール左隅に決めた。 ▽試合終盤に待望の追加点を奪ったバレンシアは、危なげない試合運びで試合をクローズ。開幕から苦しんだバレンシアが、5戦目にして待望の今季リーグ戦初勝利を手にした。 2016.09.23 07:03 Fri
twitterfacebook
thumb

アジェスタラン、バレンシア監督解任されてショック隠せず 「こういう最後は想像していなかった」

バレンシアのパコ・アジェスタラン前監督は、チームが不振にあえいでいた事実を認めながら、やはり解任にはショックを隠せずにいるようだ。<br><br>アジェスタラン氏は今年2月に低迷していたバレンシアを救うべくクラブに復帰を果たし、ガリー・ネビル元監督の右腕として双頭体制を築いた。その後4月にG・ネビル解任に伴い、指揮官として独り立ち。リーグ戦でバルセロナを撃破するなどチームを立て直して、5月には2018年までの契約延長を行った。<br><br>しかしながら、今季は開幕からリーガエスパニョーラで未勝利が続いた。1999-2000シーズン以来となる開幕3連敗、クラブ史上3度目となる4連敗と不名誉な記録を残してしまった。そこでクラブは20日に指揮官の解任を決断している。<br><br>アジェスタラン氏は21日に公式会見で最後の言葉を残している。<br><br>「私は就任時にバレンシアが私の経験と仕事を買ってくれ、誇りを抱いた。ここに来てから、私の役割は変わった。その後、非常に困難な状況で、クラブは私がチームを浮上させると信じてくれた。私の仕事ぶりを見て、プロジェクトを率いる権利を与えてくれた」<br><br>「結果を出して、クラブの信頼に報い、プロジェクトを率いる時間が欲しかった。しかし、その希望は失望に変わってしまったよ。私はがっかりしている。こういう最後は想像していなかったのでね。だが、状況を受け入れなければいけない。バレンシアかどうかは分からないが、このレベルのクラブで将来現場復帰できると確信しているよ」<br><br><br>提供:goal.com 2016.09.21 20:57 Wed
twitterfacebook
thumb

ケンペス氏、古巣バレンシアの監督に立候補 「望まれるのならば務める意欲はある」

元アルゼンチン代表FWマリオ・ケンペス氏が、泥沼にはまる古巣バレンシアの監督になる意欲を示している。<br><br>18日のリーガエスパニョーラ第4節、敵地サン・マメスでのビルバオ戦を1-2で落とし、開幕4連敗で単独最下位となったバレンシア。まさに泥沼にはまっている状況だが、同クラブのグローバル大使を務めるケンペス氏がパコ・アジェスタラン監督の後任となる意志を示した。<br><br>1976~81年、1982~84年と2度にわたってバレンシアに在籍し、246試合で149得点を記録したケンペス氏は、『ツイッター』で次のように語っている。<br><br>「私に監督になってほしいと頼む人々への返答は、実際にオファーがあるならば熱意でもってそれに応じるということだ」<br><br>「現在のバレンシアは危惧すべき状況にあり、プロジェクトもアイデアも存在していない。我々が目にしているのは、サッカー的に不能に陥っているクラブだ。バレンシアは懸命に仕事に取り組み、目標を掲げなければならない。現在手にしている結果からすれば、降格しないことが目標となってしまうがね」<br><br><br>提供:goal.com 2016.09.19 22:05 Mon
twitterfacebook
thumb

バレンシア、クラブ史上3度目の開幕4連敗 ビルバオに逆転負けを喫して最下位に沈む《リーガエスパニョーラ》

18日のリーガエスパニョーラ第4節、バレンシアは敵地サン・マメスでのビルバオ戦を1-2で落とした。<br><br>開幕から勝ち点1すら奪うことができず、勝利を必要としていたバレンシアは2分にMFアルバロ・メドランが先制点を記録するも、23分、40分にFWアリツ・アドゥリスのゴールを許し逆転負け。開幕4連敗で、最下位に沈んでいる。<br><br>バレンシアが開幕4連敗を喫したのはクラブ史上3度目。ホルヘ・バルダーノ氏が率いた1997-98シーズン、エクトル・クーペル氏が指揮した1999-00シーズン以来のこととなる。<br><br>2015-16シーズンから数えれば、リーガここ7試合で全敗しているバレンシアのパコ・アジェスタラン監督は、ビルバオ戦後に「ただ状況をひっくり返すこと、チームを精神的に立て直すことしか考えていない」と、今後の巻き返しを誓う。一方クラブ首脳陣は、現在のところ沈黙を貫いている状況だ。<br><br>バレンシアはリーガ第5節でアラベス、第6節でレガネスと、昇格組と立て続けに対戦する。<br><br><br>提供:goal.com 2016.09.19 20:11 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース