超ワールドサッカー

コバチッチ退場のレアル・マドリー、バレンシアと激闘の末にドロー《リーガエスパニョーラ》2016.01.04 06:33 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽リーガエスパニョーラ第18節バレンシアvsレアル・マドリーが3日にメスタージャで行われ、2-2で引き分けた。

▽4日前に行われた前節ソシエダ戦をC・ロナウドの2ゴールで制した3位レアル・マドリー(勝ち点36)は、その試合のスタメンからハメス・ロドリゲスとナチョに代えてコバチッチと負傷明けのセルヒオ・ラモスを起用。

▽一方、3日前に行われたビジャレアルとのバレンシア・ダービーに敗れてリーガで6試合勝利のない10位バレンシア(勝ち点22)は、ネグレドとヴェゾに代えてデ・パウルとオルバンを起用した。

▽前節ビジャレアル戦での5バックから本来の4バックに戻したG・ネビル監督は、[4-1-4-1]の布陣を採用。中盤右にカンセロを、左にデ・パウルを配した。一方、フラットな[4-4-2]の布陣を採用したレアル・マドリーは右にベイル、左にコバチッチを配した。

▽自陣に引くバレンシア、敵陣でポゼッションするマドリーという構図で試合が推移する中、まずは10分にバレンシアがゴールに近づく。しかし、左CKからアンドレ・ゴメスが放ったヘディングシュートは枠の右へ外れた。すると16分、BBCトリオの華麗な連係でレアル・マドリーが先制する。

▽バイタルエリア中央で仕掛けたベンゼマがベイルへパスを送ると、ベイルは意表を突いてヒールパス。これを受けたC・ロナウドがノールックで落とすと、ボックス中央にフリーランで移動していたベンゼマが受けて、難なくゴール左に流し込んだ。

▽先制後もレアル・マドリーがポゼッションして主導権を握る中、31分にバレンシアに決定機が訪れる。左サイド絞った位置からデ・パウルが送ったフィードに、ボックス右へ走り込んだカンセロがヘッド。しかし、シュートを枠の左に外してしまった。さらに37分、デ・パウルのスルーパスを受けたアンドレ・ゴメスがボックス左からシュートに持ち込んだが、セルヒオ・ラモスのブロックに阻まれてしまう。それでも45分、アンドレ・ゴメスがボックス左にドリブルで侵入したところをペペに倒されてPKを獲得。このPKをパレホがゴール右に決め、バレンシアが同点に追いついて前半を終えた。

▽迎えた後半、レアル・マドリーが押し込みにかかる中、自陣に引くバレンシアに63分、アンドレ・ゴメスの強烈なミドルシュートでゴールを脅かされてしまう。ここはGKケイロル・ナバスが阻止して均衡を保つと、67分にベンゼマに代えてL・バスケスを投入する。ところが、直後にカンセロを後方からスライディングタックルで削ったコバチッチがレッドカードを受け、レアル・マドリーは10人となってしまう。

▽そのレアル・マドリーは[4-4-1]で対応。右にL・バスケス、左にベイルを配し、C・ロナウドを最前線に配置した。バレンシアが数的優位をうまく生かせない中、レアル・マドリーは74分にモドリッチが強烈なミドルシュートを浴びせる。そして82分、右サイドで得たFKをクロースが蹴り込むと、ニアサイドのベイルが頭で合わせてゴール左へ流し込んだ。

▽しかし直後、バレンシアがすかさず追いつく。左サイド中寄りの位置からデ・パウルが送ったクロスを、ファーサイドのロドリゴ・モレノがヘッドで折り返し、最後はアルカセルが頭で押し込んだ。

▽2-2となった試合は終了間際にも互いにチャンスが訪れる。追加タイム3分、レアル・マドリーはCKからC・ロナウドが決定機を迎えるも、ベイルと重なってシュートを打ちきれない。直後にはバレンシアがチャンスを迎え、ネグレドがGKケイロル・ナバスと一対一となったが、こちらも決めきれずに2-2でタイムアップ。互いに一歩も譲らなかった激闘は、引き分けに終わった。

コメント

関連ニュース

thumb

マドリーがマルセロ弾で劇的勝利! CR7のPK失敗にパレホに直接FK浴びるも土壇場でバレンシアを撃破《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第35節、レアル・マドリーvsバレンシアが29日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、ホームのマドリーが2-1で勝利した。 ▽前々節、ホームでのクラシコでショックが残る敗戦を喫して1試合未消化ながら暫定2位に転落したマドリー(勝ち点78)だが、直近のデポルティボ戦ではクリスティアーノ・ロナウドら一部主力を温存しながらもイスコやモラタなど、頼れるBチームの活躍で6-2の大勝を収めた。 ▽来週ミッドウィークにアトレティコ・マドリーとのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグを控えるホームチームは、前回対戦で敗れた12位バレンシア(勝ち点40)との一戦に向けて、C・ロナウドやベンゼマ、出場停止明けのセルヒオ・ラモスを先発に復帰させ、負傷中のベイルの代役にハメス・ロドリゲスを起用した以外、ベストメンバーを揃えた。 ▽試合は開始直後にいきなり見せ場が訪れる。2分、ロングボールをDFセルヒオ・ラモスがクリアし切れず、ボックス内に流れると、これをサンティ・ミナがスライディングボレーで合わすが、GKケイロル・ナバスのセーブに遭う。さらにこぼれ球を角度のないところから蹴り込むが、今度は右ポストに阻まれた。 ▽いきなり肝を冷やしたマドリーだが、その後はボールの主導権を握ってバレンシアを押し込む。12分には右サイドで仕掛けたC・ロナウドのクロスをファーのベンゼマが頭で合わすが、これはGK正面を突いた。 ▽その後、C・ロナウド、ハメス・ロドリゲスの直接FKからゴールを脅かすマドリーは、前半半ばに頼れるエースが先制点をもたらす。27分、右サイド深くでカルバハルが狙いすましたクロスを上げると、巧みな動き出しでDFガライのマークを剥がしたC・ロナウドがボックス中央で見事なヘディングシュートを流し込んだ。 ▽その後はボールを保持するマドリーに対して、バレンシアが要所で鋭いカウンターを繰り出すが、共に決め手を欠き、前半はマドリーの1点リードで終了した。 ▽後半も前半に引き続き優勢に試合を運ぶホームチームは55分、ボックス左でマルセロから横パスを受けたベンゼマが右に持ち出してシュートコースを作り、右隅を捉えたシュートを放つ。このシュートは右ポストを叩くも、この攻撃の流れからモドリッチがパレホにホールディングされてボックス内で倒れ込むと、マドリーにPKが与えられた。しかし、キッカーのC・ロナウドが右隅を狙ったシュートは世界屈指のPKストッパー、ジエゴ・アウベスのビッグセーブに遭い、絶好の追加点のチャンスを逃した。 ▽エースのPK失敗をキッカケにやや流れを失ったマドリーは、CLアトレティコ戦を見据えてハメス・ロドリゲス、ベンゼマをベンチに下げて、アセンシオ、モラタを続けて投入。うまく時間を使いながら逃げ切りを図る。 ▽一方、カウンターチャンスがありながらもゴールが遠いバレンシアだったが、古巣対戦で燃えるパレホがワンチャンスを生かす。82分、ボックス手前やや左の好位置で得たFKの場面で右足を振り抜くと、ゴール左隅を捉えたボールがGKケイロル・ナバスを手を弾いてゴールネットを揺らした。 ▽パレホに手痛い恩返し弾を浴びて追いつかれたマドリーは、すぐさま猛攻を仕掛ける。すると、ここ最近チーム内で特大の輝きを放っているブラジル代表DFが大仕事を果たす。86分、ボックス右に流れたモラタの折り返しをボックス左で受けたマルセロが利き足の左足側を切られた中で中央にカットイン。最後は見事な右足のシュートをゴール右隅に流し込んだ。 ▽そして、マルセロの劇的ゴールで難敵バレンシアに勝ち切ったマドリーが、シーズン2冠達成に向けて大きな勝利を手にした。 2017.04.30 01:41 Sun
twitterfacebook
thumb

スパーズ、バレンシアの至宝FWラファ・ミル獲得に関心か

▽トッテナムがバレンシアに所属するスペイン人FWラファエル・ミル(19)の獲得に関心を示しているようだ。スペイン『Fichajes』が報じている。 ▽バルセロナのマシアに在籍経験もある189cmの大型ストライカーのミルは、2015年11月に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージのゼニト戦でトップチームデビュー。今シーズンもトップチームで公式戦5試合に出場している同クラブ期待の若手の1人だ。 ▽『Fichajes』の伝えるところによれば、以前からミルの才能を高く評価するマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、獲得に関心を示しているという。そして、トッテナムは今夏の移籍市場で800万ユーロ(約9億3000万円)に設定されている契約解除金を支払う準備を進めているようだ。 2017.04.23 17:20 Sun
twitterfacebook
thumb

セビージャvsバレンシアは決め手を欠いてゴールレス《リーガエスパニョーラ》

▽セビージャは16日、リーガエスパニョーラ第32節でバレンシアとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。 ▽前節デポルティボ戦を4-2と打ち勝って公式戦7試合ぶりの勝利を手にした4位セビージャ(勝ち点61)は、デポルティボ戦のスタメンから3選手を変更。ヨベティッチ、クラネビッテル、メルカドに代えてイボーラ、ラングレ、出場停止明けのビトロを起用した。 ▽3連勝中の12位バレンシア(勝ち点39)に対し、コレアを1トップに据え、2列目に右からサラビア、フランコ・バスケス、ビトロと配す[4-2-3-1]で臨んだセビージャは序盤、バレンシアの圧力を受ける展開を強いられる。 ▽まずは6分、ムニルの左クロスにザザがジャンピングボレーで合わせる決定機を許すも、枠の左に外れて助かる。続く13分にはオレジャーナのミドルシュートが枠の右角上を捉えたが、GKセルヒオ・リコがビッグセーブで阻止。 ▽14分にビトロが左足ハムストリングを痛めてヨベティッチとの交代を強いられるも、17分に決定機。E・ペレスからボールを奪ってショートカウンターに転じ、フランコ・バスケスのラストパスを受けたヨベティッチのシュートが左ポストを直撃した。 ▽助かったバレンシアは24分、モントーヤがボックス右ゴールライン際まで持ち上がってクロス。ムニルがヘディングで合わせたが、ゴールライン前のマリアーノにクリアされた。 ▽ハーフタイムにかけては膠着状態が続き、互いにチャンスを作れないままゴールレスで後半へ折り返した。 ▽迎えた後半、バレンシアが圧力をかける中、52分にムニルが敵陣でボールを奪ってシュートに持ち込む。 ▽一方、セビージャは54分にエスクデロの直接FKでゴールに迫って流れを引き寄せると、敵陣でのプレー時間を増やしていく。しかし、シュートまでは持ち込めず、均衡を破れない。 ▽すると69分、バレンシアはロングカウンターの流れからボックス右に侵入したザザがGKセルヒオ・リコを強襲する決定機を演出。ここから盛り返すと、終盤にかけてはバレンシアが攻勢に転じていく。81分にはオレジャーナに代えて負傷明けのナニを投入した。しかし、決定打は最後まで生まれずに0-0でタイムアップ。勝ち点1を分け合っている。 2017.04.17 01:11 Mon
twitterfacebook
thumb

バレンシアがムニルの移籍金引き下げに向けバルサと交渉へ

▽バレンシアは、バルセロナからレンタル中のFWムニル・エル・ハダディ(21)の完全移籍を目指すため、移籍金の引き下げを目指すようだ。『フットボール・エスパーニャ』が報じた。 ▽昨夏にバルセロナからレンタル移籍で加入したムニルは、今シーズンのリーガエスパニョーラで27試合に出場しチーム最多タイの6得点を記録している。 ▽バレンシアは来シーズンの再建を目指し、ムニルの獲得を望んでいるとのこと。しかし、獲得には1200万ユーロ(約13億8000万円)が必要と見られている。しかし、バレンシアはバルセロナと交渉し800万ユーロ(約9億2200万円)まで引き下げることを目論んでいるようだ。 2017.04.15 12:07 Sat
twitterfacebook
thumb

バレンシアのチャン・レイフン会長が辞任…新会長にアニル・ムールティ氏

▽バレンシアは10日、チャン・レイフン会長が辞任し、新会長にアニル・ムールティ氏が就任することを発表した。正式な会長交代は2017年7月1日からとなる。 ▽チャン・レイフン女史は、2014年12月2日からバレンシアの新会長に就任。クラブ史上初となる女性会長の誕生となった。しかし、今シーズン当初にはスペイン代表FWパコ・アルカセルをバルセロナに売却したことでサポーターの怒りを買うなど、両者の溝は深まるばかりだった。会見に出席したチャン・レイフン女史は次のようにコメントしている。 「まず最初に、このクラブの優れた選手、そして偉大なファンたちを祝福したいと思います。バレンシアニスモの熱意と信頼を回復しなければいけません。ただ、我々はまだ大事なシーズンを戦っています。可能な限り、残りの試合で勝利を皆さんに届け、最高の終わりとなるように、選手たちと戦い続けていくつもりです」 「そして今日は大事なお話があります。クラブに変化をもたらせるために、私は、バレンシアCFの会長と取締役の職から辞任します。シーズン終了後にクラブを去ることを決めました。そして、7月1日からはアニル・ムールティ氏が、新たな会長となります」 ▽また、会見に同席したアニル・ムールティ氏は次のようにコメントした。 「私はすでに6カ月もの間、バレンシアで仕事をしてきた。7月1日からは誇りをもって、バレンシアCFの会長として働けることを誇りに思っている。私の目的は明確で、クラブをあらゆる面でより良くすること。まず第一に、過去最高のシーズンとなるように、次のシーズンに向けて取り組んでいく。とても大きな挑戦だが、我々は成功するために何をすべきか知っている」 「また、レイフン女史のお陰で、より強い組織を作る出すための財政ベースが構築されている。これがなければ、チームの成長はない。すてに行われていることだが、あらゆるプロジェクトが一体となって取り組んでいきたいと思っている」 2017.04.11 09:24 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース