勝利に値したと満足感を示すペペ、2016年はさらに前進を強調2015.12.31 09:41 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽レアル・マドリーのポルトガル代表DFペペが、2015年最後の試合となったソシエダ戦を振り返った。スペイン『マルカ』が、フル出場を果たしたペペのコメントを伝えている。

▽マドリーは30日、リーガエスパニョーラ第17節で、ホームのサンチャゴ・ベルナベウにソシエダを迎えた。2015年最終試合で、ポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウドの2ゴールなどで3-1と白星を飾っている。

▽試合を振り返ったペペは、「勝利に値した試合だった」と完勝に満足感を示した。

「前半から良いパフォーマンスだったと思っているよ。ポゼッションを高め、誰もがハードワークして、全てを自分たちでコントロールできていた。後半はさらに良くなったよ。失点場面を除けば全てにおいて勝利に値した試合だったね」

▽マドリーは、勝ち点36の3位で2015年のリーガエスパニョーラを終えた。ペペは、来年こそは勝ち点2差で追いかける首位のバルセロナと2位のアトレティコ・マドリーを越えなければいけないと語った。

「予想していたよりも上手くいっていない印象だね。でも地に足をつけなければいけない。これからもハードワークを怠らないことが大事だ。そして2016年にはファンに喜びを与えたいと思っている。そのためには前進するしかないんだ」

コメント

関連ニュース

thumb

レアル・マドリー、アザール&クルトワ獲得に向けてモラタ&ハメスを譲渡か

▽レアル・マドリーが今夏、チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザール(26)と同代表GKティボー・クルトワ(24)獲得のため、スペイン代表FWアルバロ・モラタ(24)とコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(25)の譲渡を考えているという。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 ▽かねてよりマンチェスター・ユナイテッドGKダビド・デ・ヘアの獲得を試みていたマドリーは今夏も同選手へのオファーを提示すると噂されているが、伝えられるところによれば、マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長は、クルトワにも興味を持っているという。 ▽また、アザールに関しては、以前からマドリーのジネディーヌ・ジダン監督が高く評価している。すでに来季に向けて、アザールをトップ下とし、MFルカ・モドリッチとMFトニ・クロースをインサイドハーフ、アンカーにMFカゼミロを置くダイヤモンド型の中盤の構成を練っているという。 ▽一方でチェルシー側は、アザールとクルトワの移籍を簡単に容認する姿勢ではないようだ。しかし、チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督は、かねてからモラタを高く評価している。 ▽また、ハメス・ロドリゲスはマドリーでポジション確保に苦しんでいるものの、いまだ25歳と若く、その才能が高く評価されている。そのため、両者がアザールとクルトワ獲得への交渉材料となる可能性もありそうだ。 2017.03.24 20:47 Fri
twitterfacebook
thumb

ビックグラブが注視のムバッペについてペレス会長「確かに良い選手だが…」

▽レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が、獲得が噂されているモナコのキリアン・ムバッペ(18)について言及した。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽今季のムバッペは、18歳2カ月の若さでチャンピオンズリーグで得点を奪い、フランス人史上2位となる最年少得点記録を樹立。モナコではリーグ戦22試合で12ゴールを奪うなど好パフォーマンスを見せている。 ▽「アンリ2世」と謳われる同選手はフランス代表にも選ばれ、現在はマドリーの他にバルセロナなどのビッグクラブの注目を集めている。 ▽そんなムバッペについてペレス会長は、メディアの前で興味を示しつつも現在はチームのことだけを考えており、具体的な動きはないことを明かした。 「私にできることはマドリーの選手について話すことだけだ。確かにムバッペは良い選手だと思うが、今は考えていない。マドリーはリーガとチャンピオンズリーグだけに集中している」 2017.03.24 11:59 Fri
twitterfacebook
thumb

マドリー、今夏退団が濃厚なペペに代わってオタメンディ獲得か!? 焦点は高額な移籍金

▽レアル・マドリーが今夏の移籍市場でマンチェスター・シティのアルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディ(29)の獲得に動く可能性があるようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽マドリーのポルトガル代表DFペペは、今シーズン限りでクラブとの契約が満了を迎える。選手自身はマドリーでのプレー続行を望んでおり残留の可能性も残されているが、中国からの巨額オファーが届いていると言われている。 ▽マドリーはペペが退団した場合は、セルヒオ・ラモス、ラファエル・ヴァラン、ナチョの3選手に加え、フランクフルトにレンタル移籍中のヘスス・バジェホを呼び戻す考えを持っている。しかし20歳とまだ若い同選手に対しては、プレーさせたい意向を持っており、復帰を決めかねているようだ。 ▽そこで白羽の矢が立ったのが、オタメンディ。2014-15シーズンにはポルトからバレンシアに加入し、リーガエスパニョーラでは35試合6ゴールを奪う活躍を見せた。今季からプレーするシティでも主力としてプレーしており、22試合に出場している。 ▽ジネディーヌ・ジダン監督は、センターバックの補強を最優先に考えているが、適正価格以上の移籍金を支払うつもりはない様だ。オタメンディの移籍金は3000万ユーロ(約35億9200万円)に設定されており、マドリー側はこれを満額払う考えはないようで、同選手の移籍が成立するためには、移籍金での折り合いがついた場合のみとなるようだ。 2017.03.24 09:29 Fri
twitterfacebook
thumb

マドリッド・ダービーやクラシコ、プレミア上位対決も「スポナビライブ」で無料で観られる!【PR】

▽白熱の首位争いが繰り広げられているリーガエスパニョーラ、上位争いが混沌としているプレミアリーグが「スポナビライブ」で5月まで無料で観られることとなった。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><a href="https://goo.gl/xD84og" target="_blank"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/sponavilive_bot_3.png" style="width: 50%;"></a></div> ▽2月には配信映像をフルHD対応し、料金を月額3000円から月額1480円に値下げした「スポナビライブ」。ソフトバンクやワイモバイルのユーザーであれば月額980円で、サッカーだけでなく野球やB.LEAGUE、テニス、大相撲などが楽しめるが、3月16日以降に加入したユーザー、またはすでに加入していながらフルHD対応に申し込んだユーザーは、5月利用分まで無料で利用することができる。 ▽レアル・マドリー、バルセロナ、セビージャが首位を争うリーガエスパニョーラ、チェルシーが独走態勢に入る中、チャンピオンズリーグ出場権争いが繰り広げられているプレミアリーグが、シーズン終盤まで無料。PCやスマートフォンだけでなく、Amazon Fire TVやAndroid TV などさまざまなデバイスでのテレビ視聴にも対応していく。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><a href="https://goo.gl/aLiCcO" target="_blank"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/sponavilive_bot_3.png" style="width: 50%;"></a></div> ▽期間中には、レアル・マドリーvsアトレティコ・マドリーの“マドリッド・ダービー"や、レアル・マドリーvsバルセロナの“クラシコ"、マンチェスター・シティvsリバプール(3月19日)、アーセナルvsマンチェスター・シティ(4月2日)、チェルシーvsマンチェスター・シティ(4月5日)、マンチェスター・ユナイテッドvsチェルシー(4月16日)などプレミアリーグのビッグカードも組まれている。 ▽なお、申込期間は3月16日(木)から4月30日(日)までとなり、3月16日(木)もしくは4月16日(日)に申し込んだ方は6月15日(木)まで、3月30日(木)もしくは4月30日(日)に申し込んだ方は6月29日(木)まで、4月1日(土)に申し込んだ方は5月31日(水)まで無料となる。シーズン終盤戦の大事な試合を「スポナビライブ」でライブ観戦してみてはいかがだろうか。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><a href="https://goo.gl/81xAdP" target="_blank"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/sponavilive_bot_3.png" style="width: 50%;"></a></div> 2017.03.23 18:30 Thu
twitterfacebook
thumb

イジャラメンディ「レアル・マドリーとのサインに後悔ない」

▽ソシエダに所属するスペイン代表MFアシエル・イジャラメンディ(27)がレアル・マドリー時代を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽ソシエダ下部組織で育ったイジャラメンディは2013年夏、レアル・マドリーに加入。しかし、熾烈なポジション争いに苦しみ、わずか2シーズンでソシエダ復帰を決断した。 ▽ソシエダでの活躍を受けて、このたびスペイン代表メンバーに初招集されたイジャラメンディは、苦悩のレアル・マドリー時代を次のように回想した。 「勇気が欠けていたけど、サインしたことに後悔はしてないよ。僕のキャリアにとって、大きなステップだったし、良い思い出だってある」 「振り返る必要なんてない。重要なのは今、フットボールを楽しめていることだよ。レアル・マドリーでそれを見つけるのは難しかった」 2017.03.23 17:30 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース