勝利に値したと満足感を示すペペ、2016年はさらに前進を強調2015.12.31 09:41 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽レアル・マドリーのポルトガル代表DFペペが、2015年最後の試合となったソシエダ戦を振り返った。スペイン『マルカ』が、フル出場を果たしたペペのコメントを伝えている。

▽マドリーは30日、リーガエスパニョーラ第17節で、ホームのサンチャゴ・ベルナベウにソシエダを迎えた。2015年最終試合で、ポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウドの2ゴールなどで3-1と白星を飾っている。

▽試合を振り返ったペペは、「勝利に値した試合だった」と完勝に満足感を示した。

「前半から良いパフォーマンスだったと思っているよ。ポゼッションを高め、誰もがハードワークして、全てを自分たちでコントロールできていた。後半はさらに良くなったよ。失点場面を除けば全てにおいて勝利に値した試合だったね」

▽マドリーは、勝ち点36の3位で2015年のリーガエスパニョーラを終えた。ペペは、来年こそは勝ち点2差で追いかける首位のバルセロナと2位のアトレティコ・マドリーを越えなければいけないと語った。

「予想していたよりも上手くいっていない印象だね。でも地に足をつけなければいけない。これからもハードワークを怠らないことが大事だ。そして2016年にはファンに喜びを与えたいと思っている。そのためには前進するしかないんだ」

コメント

関連ニュース

thumb

レアル・マドリー、中盤の戦力が過剰に? 3選手を放出する可能性

レアル・マドリーは今夏の移籍市場が閉まるまでに中盤の戦力を整える必要があるかもしれない。<br><br>レアルは近年、FWカリム・ベンゼマ、ガレス・ベイル、クリスティアーノ・ロナウドの&ldquo;BBC&rdquo;を3トップに据える4-3-3で成功を収めてきた。この布陣の基礎を築いたのはカルロ・アンチェロッティ現バイエルン・ミュンヘン監督である。当時アシスタントコーチを務めていたジネディーヌ・ジダン監督もこれに続き、2016-17シーズンでも基本的に同様のシステムで臨むことが予想される。<br><br>マドリーの現所属選手は25名。ジダン監督は各ポジションに2選手ずつ抱えることを理想としている。中盤にはカゼミロ、ルカ・モドリッチ、トニ・クロースと昨季レギュラーに定着した3選手がおり、加えてイスコ、ハメス・ロドリゲス、マテオ・コバチッチ、マルコ・アセンシオ、マルティン・ウーデゴール、マルコス・ジョレンテと6選手が出場機会をうかがう状況だ。<br><br>このまま行くと、ジダン監督の考えでは3選手が余剰戦力になる。レアルはウーデゴールやコバチッチの放出を検討しているとみられるが、一方でカンテラーノのジョレンテや今夏エスパニョールから復帰したアセンシオをチームに残す方針だとも言われる。<br><br>さらに、レアルはユベントスMFポール・ポグバ獲得を完全にあきらめているわけではない。ポグバが加入するとなれば、イスコやハメスが出場機会を求めて移籍に傾く可能性もある。<br><br>ジダン監督は26日の公式会見で8月31日までは何もかもが起こり得ると話していた。最終的にレアルが獲得・放出するのはどの選手になるだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.27 19:59 Wed
twitterfacebook
thumb

ジダン、ポグバ獲得は「市場が閉まるまで分からない」、ハメスは残留と明言

レアル・マドリーを指揮するジネディーヌ・ジダン監督は、獲得を狙っているとうわさされるユベントスのフランス代表MFポール・ポグバについて「私には分からない」と話した。記者会見で語っている。<br><br>ポグバはマンチェスター・ユナイテッドへの移籍が決定的と見られているが、公式発表はされていない。レアル・マドリーは早くからポグバ獲得に向けて動いてきた経緯があることに加え、数多くのスター選手を獲得してきた歴史がある。このため、マドリード行きというどんでん返しがあるのではないかといううわさは絶えない。<br><br>ジダン監督は移籍マーケットでの動きについて、「ポグバが来るのかどうか、私には分からない。(移籍市場が閉まる)31日までは何もかも起こりえるからね」と話し、獲得に含みを持たせた。<br><br>さらに、「いつも言ってきたことだ。もっとも、今はポグバのことを話すべき時じゃない。すべてのクラブが彼を欲しがっている。素晴らしい選手だからね」と話し、フランス代表MFを狙っているのがレアル・マドリーだけではないと強調した。<br><br>また、移籍が噂されているコロンビア代表MFのハメス・ロドリゲスに関しては、「ハメスはレアル・マドリーの選手だ。そう言ってきたし、これからもそう。彼はレアル・マドリーに残るよ」と、残留する見込みであると明かしている。<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.27 17:58 Wed
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、擁する選手たちの市場価値が最も高額なクラブに

レアル・マドリーは、世界で最も価値の高いサッカークラブだと言えそうだ。『Transfermarkt』の情報を基に、スペイン『マルカ』が各選手の市場価値を伝えている。<br><br>レアル・マドリーは、昨季に比べて9選手が市場価値を高めている。その9選手とはGKケイロル・ナバス、DFラファエル・ヴァラン、マルセロ、ダニエル・カルバハル、MFカゼミロ、トニ・クロース、ルーカス・バスケス、FWガレス・ベイル、カリム・ベンゼマである。<br><br>この価値を高めた選手たちを含め、レアルが現在擁する25選手の合計額は7億8330万ユーロだ。これはバルセロナ(7億7150万ユーロ)、バイエルン・ミュンヘン(5億7470万ユーロ)を抑え、世界一位の数字となる。<br><br>それぞれの選手の市場価値は以下のとおり<br><br>【昨季より市場価値が上がった選手】<br />K・ナバス(2000万ユーロ)<br />ヴァラン(3000万ユーロ)<br />マルセロ(3000万ユーロ)<br />カルバハル(2500万ユーロ)<br />カゼミロ(2000万ユーロ)<br />クロース(5500万ユーロ)<br />アセンシオ(1200万ユーロ)<br />ベイル(9000万ユーロ)<br />L・バスケス(1000万ユーロ)<br />ベンゼマ(6000万ユーロ)<br />モラタ(4000万ユーロ)<br><br>ヤニェス(300万ユーロ)※昨夏トップチームから昇格で、昨季のデータなし<br><br>【昨季より市場価値が下がった選手】<br />キコ・カシージャ(600万ユーロ)<br />セルヒオ・ラモス(4000万ユーロ)<br />ペペ(600万ユーロ)<br />ナチョ(500万ユーロ)<br />コエントラン(1000万ユーロ)<br />ダニーロ(1800万ユーロ)<br />L・シウバ(500万ユーロ)<br />モドリッチ(5000万ユーロ)<br />コバチッチ(2000万ユーロ)<br />ハメス(7000万ユーロ)<br />イスコ(3500万ユーロ)<br />クリスティアーノ・ロナウド(1億1000万ユーロ)<br />ヘセ(1400万ユーロ)<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.26 20:57 Tue
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、ウーデゴールを放出? 行き先はドイツが濃厚か

レアル・マドリーはMFマルティン・ウーデゴールの放出を検討しているのかもしれない。スペイン『アス』が伝えた。<br><br>わずか15歳で史上最年少ノルウェー代表デビューを飾り、逸材として注目されたウーデゴール。2015年1月に鳴り物入りでレアルに加入したが、トップチームで出場したのは1試合のみで、現在もカスティージャ(Bチーム)で経験を積む日々を過ごしている。<br><br>フロレンティーノ・ペレス会長の指示でウーデゴールをプレシーズンに帯同させたジネディーヌ・ジダン監督だが、やはり今季も同選手を構想内に含めることはないようだ。『アス』によると、プレシーズンのツアーが終わり次第、選手、父親兼選手の代理人、クラブの三者が会合を開き、移籍先について話し合うとみられている。<br><br>ウーデゴールの移籍先については、現時点でブンデスリーガが濃厚となっている。今夏DFヘスス・バジェホやMFオスカル・マスカレル(フランクフルト)、FWボルハ・マジョラル(ヴォルフスブルク)らをブンデスに移籍させたレアルはウーデゴールにも同様の軌跡を辿って欲しいと考えているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.26 19:32 Tue
twitterfacebook
thumb

オーバメヤン、移籍の可能性を語る 「行くとしたらレアル・マドリーだけ」

今夏にドルトムントを離れる可能性はあるのだろうか? &nbsp;FWピエール=エメリク・オーバメヤンが、移籍について語っている。<br><br>オーバメヤンは昨季、公式戦49試合で39得点を記録。その活躍でアトレティコ・マドリーやマンチェスター・シティなどビッグクラブからの関心を引き付けた。<br><br>かねてからスペインへの移籍希望を示しているオーバメヤンだが、どのクラブでも良いというわけではなさそうだ。『ZDF』で次のように語っている。<br><br>「レアル・マドリーだけが、僕をドルトムントから遠ざけることができる」<br><br>「僕の祖父はスペイン人だ。彼からはいつも『スペインでプレーしてほしい』と言われていたよ。やるなら、レアル・マドリーでね。祖父が亡くなる2年前に約束したんだ。その目標を達成するために日々努力しているよ」<br><br>しかし、現時点でオーバメヤンにマドリーから打診はないという。<br><br>「レアル・マドリーに移籍する可能性があれば、僕は二つ返事で『イエス』と言うさ。だけど、今のところは接触さえない状況だね」<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.26 18:30 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース