勝利に値したと満足感を示すペペ、2016年はさらに前進を強調2015.12.31 09:41 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽レアル・マドリーのポルトガル代表DFペペが、2015年最後の試合となったソシエダ戦を振り返った。スペイン『マルカ』が、フル出場を果たしたペペのコメントを伝えている。

▽マドリーは30日、リーガエスパニョーラ第17節で、ホームのサンチャゴ・ベルナベウにソシエダを迎えた。2015年最終試合で、ポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウドの2ゴールなどで3-1と白星を飾っている。

▽試合を振り返ったペペは、「勝利に値した試合だった」と完勝に満足感を示した。

「前半から良いパフォーマンスだったと思っているよ。ポゼッションを高め、誰もがハードワークして、全てを自分たちでコントロールできていた。後半はさらに良くなったよ。失点場面を除けば全てにおいて勝利に値した試合だったね」

▽マドリーは、勝ち点36の3位で2015年のリーガエスパニョーラを終えた。ペペは、来年こそは勝ち点2差で追いかける首位のバルセロナと2位のアトレティコ・マドリーを越えなければいけないと語った。

「予想していたよりも上手くいっていない印象だね。でも地に足をつけなければいけない。これからもハードワークを怠らないことが大事だ。そして2016年にはファンに喜びを与えたいと思っている。そのためには前進するしかないんだ」

コメント

関連ニュース

thumb

ジダン、集中砲火を浴びるベンゼマを再び擁護「彼のことは死ぬまで守る」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、FWカリム・ベンゼマを再び擁護した。<br><br>ベンゼマは、クラブ・ワールドカップ準決勝アル・ジャジーラ戦(2&minus;1)で幾度も決定機を外し、再度批判を浴びせられている。ジダン監督はそんな同選手について次のように語る。<br><br>「私が興味を持っているのはゴールだけではない。カリムはほかとは異なる選手なんだ。50ゴールを決める選手ではないが、ゴールとは違うプレーを見せられる。私は彼がチームのためにするプレーを好んでいるんだよ」<br><br>「フットボールはチームで取り組むものであり、カリムはその点で最高の選手の一人だ。彼のことは死ぬまで守り続ける」<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.16 23:35 Sat
twitterfacebook
thumb

評価は? ジダン、獲得が噂されるサラーに言及

▽レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督が、リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラー(25)について語った。 ▽今季、ローマからリバプールに移籍したサラーは、公式戦25試合19得点6アシストを記録。プレミアリーグの得点王争いで首位に立っており、チームの絶対的存在となっている。一部メディアは先日、レアル・マドリーがサラーの獲得に関心を示していると報じていた。 ▽現在クラブ・ワールドカップを戦っているチームを率いるジダン監督は、サラーについて言及。以下のように話した。イギリス『メトロ』がコメントを伝えた。 「レアル・マドリーがサラーに興味を持っているというニュースを目にしたよ。でも、焦らないでほしい」 「私にとって、彼は今、アメージングな位置にいる選手だ」 「サラーは偉大な選手だ。ローマでも証明したし、今はリバプールでそうしている」 「彼はまだ若い。常に改善していっているところだ。他のチームの選手のことはあまり話せないけど、個人的に高く評価している選手だよ」 2017.12.16 14:27 Sat
twitterfacebook
thumb

CWC決勝に出場可能と明かしたセルヒオ・ラモス、スペインのW杯出場不可の報道は「それが起こるとは思えない」

▽現在クラブ・ワールドカップに参戦しているレアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、自身の状態についてコメント。また、スペイン代表の問題についても語った。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽セルヒオ・ラモスは、13日に行われた準決勝のアル・ジャジーラ(UAE)戦を欠場。チームは2-1でなんとか勝利を収め、南米王者グレミオ(ブラジル)との決勝に駒を進めていた。 ▽セルヒオ・ラモスはグレミオ戦を前に行われた記者会見に出席。自身の状態についてコメントし、決勝の出場は問題ないことを明かした。 「僕はヒラメ筋に違和感があったのと、背中と首の辺りの筋肉が拘縮していたんだ。今は状態が良いよ。問題なくトレーニングできたし、試合で使えると思う」 「僕の性格からすると、監督が起用してくれるなら全てを捧げることになる。今回のは大きな拘縮だったし、別の時にも起きたことはある。別の選択肢も考えたけど、ビッグッゲームでプレーすることを楽しみにしている。その分、余計な努力は必要だけどね」 ▽また、政治介入の影響で突如として浮上したスペイン代表のロシア・ワールドカップ出場不可問題。セルヒオ・ラモスはそのことにも言及し、考えにくいと見解を語った。 「僕はオフィスでの情勢のために、スペインがピッチで戦ったもの全てを放棄するとは思わない。スペインがワールドカップに出場しないと思われていることに苦労するよ。それが起こるとは思えないけどね」 2017.12.16 13:25 Sat
twitterfacebook
thumb

ネイマール、周囲にレアル・マドリー移籍希望を明かす?

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(25)は、やはりレアル・マドリー移籍を希望しているのかもしれない。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 ▽今夏に史上最高額の移籍金2億2200万ユーロでバルセロナからPSG移籍を果たしたネイマール。新天地でも躍動しているが、ウナイ・エメリ監督や一部チームメートとの衝突が指摘され、早くも移籍報道が取り沙汰されている状況だ。 ▽スペイン『El Chiringuito』でジャーナリストを務めるイグナシオ・マルティネス氏は、そのネイマールのPSG退団、そして本人のレアル・マドリー移籍希望を主張した。 「ネイマールは、PSGに加わったことを後悔している。たとえ新たな賃金に満足していてもね」 「ネイマールは、来年6月のレアル・マドリー移籍を目指している。友人、特に父に(移籍の)準備を進めようと話をしている」 「なぜなら、これ以上、パリに残りたくないからだ」 2017.12.16 10:15 Sat
twitterfacebook
thumb

「メッシには本当に苦労した」シャビ・アロンソ、“エル・クラシコ”を回想

▽元スペイン代表MFのシャビ・アロンソ氏が、レアル・マドリー時代に戦ったバルセロナとのエル・クラシコを振り返った。スペイン『Ecos del Balon』でのインタビューを引用してスペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 ▽シャビ・アロンソ氏は現役時代、リバプールやマドリー、バイエルンなどでプレー。2016-17シーズン限りで現役を引退するまでに2度のチャンピオンズリーグ制覇、1度のリーガ・エスパニョーラ優勝、ブンデスリーガ3連覇を果たした。また、スペイン代表としても114試合16ゴールをマーク。2008年、2012年のユーロ、2010年の南アフリカワールドカップを制していた。 ▽そんなシャビ・アロンソは、マドリー時代に経験したバルセロナとの伝統の一戦“エル・クラシコ”を回想。当時からすでにトッププレーヤーとして君臨していたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを中心としたジョゼップ・グアルディオラ監督が率いるサッカーに手を焼いていたことを明かした。 「メッシには本当に苦労したし、僕に多くのダメージを与えた。僕らの頭をいつも悩ませて、(ジョゼ・)モウリーニョやセルヒオ・ラモスとたくさん話していたよ。メッシの後ろにはシャビ(・エルナンデス)がいて、僕がボールを奪いに来させるように誘い出すんだ。でも、それで僕がいくと、僕とセルヒオ・ラモスの間のスペースを突かれて崩されてしまうんだ」 「僕がメッシのマークに付き、ラモスがそれをカバー。僕がメッシから離れずにラモスも前に出ないことが最善の策だったんだ。とにかくメッシを抑えることが最優先。そこでメッシを抑えることができたとき、初めてバルサと互角に戦うことができたんだ」 「当時の僕らは、バルセロナと競争できるレベルではなかった。0-5で敗れた試合が僕らを大きく変えたんだ」 2017.12.16 09:20 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース