大迫所属のケルン、ホッフェンハイムからウジャーの後釜FWを獲得2015.06.21 14:28 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ケルンは19日、ホッフェンハムからフランス人FWアントニー・モデスト(27)を完全移籍で獲得したことをクラブの公式サイトで発表した。契約期間は2019年6月30日までとなる。

▽2013年にホッフェンハイムに加入したモデストは2014-15シーズン、リーグ戦26試合に出場して7ゴールを記録。同選手はクラブの公式サイトを通じ、ケルンでプレーすることへの喜びを語っている。

「ケルンは、ドイツで最も大きな名門クラブの1つだ。本拠地のライン・エネルギエ・シュタディオンは、アウェイチームの選手であっても非常に印象的な場所だね。これが移籍を決めた理由だし、ケルンの一員としてプレーすることを楽しみにしている。ただ、競争があることは分かっている。ブンデスリーガは僕にとって世界一のリーグだから、そこでケルンの勝利のために貢献したい」

▽ケルンは、2014-15シーズン終了後にチーム内得点王の10ゴールをマークしたナイジェリア代表FWアンソニー・ウジャーがブレーメンに移籍。モデストはウジャーの後釜としての活躍が期待されており、来シーズンには日本代表FW大迫勇也と2トップを組む可能性もある。
コメント
関連ニュース
thumb

ブレーメン、オーストリア代表MFカインツのケルン移籍合意を発表

ブレーメンは15日、オーストリア代表MFフロリアン・カインツ(26)がブンデス2部のケルンへ移籍することで合意したことを発表した。 シュトゥルム・グラーツでプロキャリアをスタートしたカインツは、ラピド・ウィーンでのプレーを経て、2016年にブレーメンに移籍。左ウイングを主戦場とする右利きのドリブラーは、昨シーズンのブンデスリーガで30試合に出場し3ゴール3アシストをマークしたが、今シーズンはバックアップ以上の役割をなかなか得られず、リーグ戦8試合の出場にとどまっていた。 また、ブレーメンによればカインツは18日にケルンのメディカルチェックを受診するとのこと。なお、契約年数は公表されていないが、ドイツ『キッカー』によれば2022年までの契約となるようだ。 2019.01.16 01:55 Wed
twitterfacebook
thumb

シャルケで完全構想外のMFガイスがケルンへ完全移籍

ブンデスリーガ2部のケルンは13日、シャルケの元U-21ドイツ代表MFヨハネス・ガイス(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。 ガイスはグロイター・フュルトの下部組織出身で、2013年にマインツへと完全移籍。2015年に移籍金1050万ユーロ(当時のレートで約14億3850万円)でシャルケへと完全移籍していた。 正確なFKなど将来が嘱望されていたガイスは、シャルケでの1年目はブンデスリーガで28試合に出場し2ゴール5アシストと活躍。しかし、ドメニコ・テデスコ監督就任後は構想外となり、2017年9月にはセビージャへとレンタル移籍。セビージャでは、2017-18シーズンのリーガエスパニョーラで14試合、チャンピオンズリーグで2試合に出場していた。 今シーズンからシャルケに復帰したものの、テデスコ監督の構想外であることは変わらず、ここまで今シーズンの出場はなし。契約期間が今シーズン限りで満了となるガイスだったが、晴れてチームを去り、出場機会を得られることとなった。 ケルンへの移籍を果たしたガイスは「残りのシーズンの目標は明確だ。僕たちは昇格したい。僕はこの挑戦を楽しんでおり、それを達成するための役割を果たしたいと思っている」とクラブを通じてコメントしている。 2019.01.14 17:57 Mon
twitterfacebook
thumb

独2部ケルンに元主砲が! モデストの復帰決定

▽ケルンは17日、フランス人FWアントニー・モデスト(30)の復帰を発表した。契約は2023年までとなる。 ▽モデストは2015年夏にケルン入り。ケルン在籍2年目の2016-17シーズンにブンデスリーガ25得点を挙げ、同シーズン終了後に天津権建に活躍の場を移した。だが、今年8月に契約を解除。無所属となり、ケルンのアンダーカテゴリーでトレーニングに参加していた。 ▽約1年4カ月ぶりのケルン復帰となるモデストはクラブ公式サイトを通じて、「ケルンに戻れて幸せだ。ケルンは僕のことをすごく気にかけてくれ、中国から戻ってきたとき、助けてくれた。そのサポートと期待に応えたい」と再起を誓った。 ▽ケルンは昨シーズンのブンデスリーガ最下位に沈み、ブンデスリーガ2部に降格。ここまでは7勝3分け3敗の2位につけ、首位のハンブルガーSVを3ポイント差で追っている。 2018.11.18 11:45 Sun
twitterfacebook
thumb

「負担の大きさ」を理由にケルンDFヘクターがドイツ代表招集を辞退《UEFAネイションズリーグ》

▽ドイツサッカー連盟(DFB)は3日、ケルンのDFヨナス・ヘクターが代表招集を辞退することを発表した。 ▽ドイツ代表は、UEFAネイションズリーグでフランス代表と対戦。さらに、ペルー代表との国際親善試合を控えている。 ▽ロシア・ワールドカップにも出場したヘクターは、今回のメンバーに一度招集。しかし、ヨアヒム・レーブ監督と会談の後、疲労を考慮して招集を辞退することで合意したようだ。 <div class="disp-news-link" style="display:none;"> <a href="/news/view?news_no=325792"><span style="color:#f3a600;font-weight:700;">W杯惨敗から復権目指すドイツがメンバー発表!</span></a> </div> ▽ヘクターが所属するケルンは、昨シーズンのブンデスリーガを最下位で終えて2部に降格。ブンデスリーガは開幕から2試合を消化しているが、2部は既に4試合を消化しており、ワールドカップにも参加したヘクターに負担が掛かるという点が問題に挙がった。 ▽なお、招集を辞退したヘクターは、個人トレーニングで回復と調整をし、木曜日のヴィースバーデン(3部)とのテストマッチを欠場する。 2018.09.04 14:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ドイツ2部ケルン、昨季デュッセルドルフ1部昇格の立役者・宇佐美貴史獲得を検討か

▽ブンデスリーガ2部のケルンが、アウグスブルクに所属する日本代表FW宇佐美貴史(26)の獲得に興味を抱いているようだ。ドイツ『エクスプレス』が伝えている。 ▽2017-18シーズンにレンタルでデュッセルドルフに加わり、昨季リーグ戦28試合8ゴール3アシストでブンデスリーガ2部制覇と1部昇格に貢献した宇佐美。同選手の引き留めを目指すデュッセルドルフだが、アウグスブルクが要求する300万ユーロ(約3億9000万円)の支払いに難色。交渉の行き詰まりが取り沙汰され、撤退の可能性も伝えられている。 ▽今回伝えられるところによると、ケルンが宇佐美獲得を検討。移籍交渉が行われていたかは定かではないが、アウグスブルクのスポーツディレクターを務めるシュテファン・ロイター氏が、ケルンのキャンプ地に訪れて、ケルンのスポーツディレクターであるアルミン・フェー氏と1時間半の会談を行っていたことも伝えている。 2018.07.17 11:30 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース