ニュース

thumb

【J1第22節プレビュー】イニエスタ躍動の神戸が広島を迎え撃つ注目の上位対決!3連勝中名古屋は横浜FMとの殴り合い必至?!

▽明治安田生命J1リーグ第22節の9試合が15日に行われる。各試合のポイントを簡単に紹介していく。 ▽前節の主役はMFアンドレアス・イニエスタだった。イニエスタとFWルーカス・ポドルスキが初共演したヴィッセル神戸は、ポドルスキの高速パスから、イニエスタが超絶トラップで相手を躱すと、続けてGKもひらりと躱し移籍後初ゴールをマーク。さらに追加点を奪った神戸は磐田に勝利し4位に浮上した。 ▽上位では、首位のサンフレッチェ広島がV・ファーレン長崎とのピースマッチを制した一方で、2位のFC東京がガンバ大阪に黒星を喫して勝ち点差は「8」に拡大。広島の独走に拍車がかかった。川崎フロンターレはMF大島僚太に今季初ゴールが生まれ2連勝。消化が1試合少ないながらも、FC東京に勝ち点差「1」に迫った。 ▽水曜日開催となる今節は、神戸と広島が激突。イニエスタは広島まで喰ってしまうのか。また、宮本恒靖体制初勝利を手にしたガンバ大阪はホームで北海道コンサドーレ札幌と対戦。3連勝中の最下位名古屋グランパスは、横浜F・マリノスとアウェイで対戦する。 ◆未勝利から連勝へ? 負けなしからの連敗回避へ? ベガルタ仙台 vs 湘南ベルマーレ [8月15日(水)19:00] ▽仙台は前節、柏レイソルとの能動サッカー対決を制して連敗を「2」でストップ。ホームでの連勝に期待がかかる。対する湘南は前節横浜F・マリノス戦で6戦ぶり敗北。連敗を避けるべくアウェイに乗り込む! ◆リスタート図る同勝ち点対決! 浦和レッズ vs ジュビロ磐田 [8月15日(水)19:00] ▽浦和は前節鳥栖戦で8戦ぶり敗北。物議醸す笛もあり好調に水を差した。対する磐田も前節神戸戦で6戦ぶり黒星。イニエスタの得点に話題が奪われ主役になれず。同勝ち点対決勝利で勢いを取り戻すのは? ◆窮地の両者、虎口を脱するのは? FC東京 vs 柏レイソル [8月15日(水)19:00] ▽FC東京は前節敗北で首位との勝ち点差が8に拡大。そして今節はFWディエゴ・オリヴェイラが出場不可と窮地に瀕している。対する柏も一歩間違えば降格圏に。絶対に落とせない一戦が幕を開ける。 ◆大島僚太か、原川力か…勝利に導くリオ世代ボランチは? 川崎フロンターレ vs サガン鳥栖 [8月15日(水)19:00] ▽前節ついに川崎Fの10番・大島僚太に今季初弾。W杯後ゴールへの意識を高めている司令塔がここからどんなプレーを魅せてくれるか注目だ。一方、鳥栖は原川力が前節CKでアシスト。今季セットプレーからの失点が多い古巣の脅威となるか ◆前節1Gの都倉賢、ツネ様体制初勝利のG大阪に襲いかかる ガンバ大阪 vs 北海道コンサドーレ札幌 [8月15日(水)19:00] ▽宮本恒靖体制初勝利を飾ったG大阪。エースのファン・ウィジョが不在の中、前節J1デビューの一美和成にかかる期待は大きい。札幌も三好康児がいないが、上位生き残りへ負けられない。前回対戦1Gの都倉賢がパナスタでも暴れるか ◆C大阪、憎き清水撃破で連続未勝利終焉なるか セレッソ大阪 vs 清水エスパルス [8月15日(水)19:00] ▽中断明け以降未勝利と苦境続きのC大阪。そのきっかけである清水を打ち砕き、再び上昇したい。注目は古巣戦の高木俊幸だ。一方の清水は前節連敗に加え、ドウグラスが脳しんとうに。対C大阪戦2試合3Gの北川航也がこのピンチを救えるか ◆注目の上位対決、イニエスタの超絶技巧に広島が立ち向かう ヴィッセル神戸 vs サンフレッチェ広島 [8月15日(水)19:00] ▽イニエスタの神業ゴールで、前節3試合ぶりの勝利を飾った4位神戸の次なる相手は、長崎とのピースマッチを制し、2位との勝ち点差「8」で首位に立つ広島だ。今節屈指の上位対決。イニエスタの超絶技巧が広島に襲いかかる! ◆降格圏迫る長崎が鹿島イ相手に初勝利を目指す V・ファーレン長崎 vs 鹿島アントラーズ [8月15日(水)19:00] ▽リーグ再開後からわずか1勝の長崎は負ければ一気に最下位転落の可能性も。それでもヨルディ・バイス加入で失点は確実に減少傾向にある。一方の鹿島は前節、最下位の名古屋相手に4失点黒星。下位相手に2戦連続不覚を取ることは許されない。 ◆ノーガードの殴り合いを制すのは 横浜F・マリノス vs 名古屋グランパス [8月15日(水)19:30] ▽湘南戦の勝利で連敗から脱出した横浜FMだが、今夏に守備の要が2人も退団した代償は大きく、自慢のパスサッカーも不安定な戦いが続いている。対する名古屋は最下位ながらも攻撃陣爆発で3連勝中。ノーガードの殴り合い必至?! 2018.08.14 19:00 Tue
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】打ち合いの期待も膨らむ下位必勝戦《横浜FMvs名古屋》

▽ミッドウィーク開催となる15日の明治安田生命J1リーグ第22節。中でも、日産スタジアムで行われる横浜F・マリノス(13位/勝ち点23)と名古屋グランパス(18位/同19)による残留争う両者の一戦は必見だ。 ◆何としてでも叩きたい〜横浜F・マリノス〜 ▽横浜FMは前節、湘南ベルマーレとの神奈川勢対決を1-0で制して4試合ぶりの白星を手にした。下位に沈むライバルが軒並み勝ち点3を上積みする中、何とか敵地で10年ぶりの4連敗を回避する勝ち点3を掴み取ったが、まだ気の抜けないシチュエーション。そして、今節は、勝てば順位が上がる可能性がある一方で、負ければJ1参入プレーオフ圏の16位後退という危険も孕む名古屋戦を迎える。その名古屋との勝ち点差は「4」。今シーズン初の3連勝で今最も波に乗る相手だが、クラブ史上初の降格を回避するためにも、何としてでも叩いておかなければならない。まさに“必勝戦”となる。 ◆J1で5年ぶりの4連勝を〜名古屋グランパス〜 ▽名古屋は前節、鹿島アントラーズに2度追いつかれたが、最終的に4-2で勝利。3試合連続複数得点の圧倒的な攻撃力が3連勝に結びつき、念願の降格圏脱出に向け、上位クラブに猛チャージをかける。その好状況をもたらす今夏新加入組も随所で存在感を高めており、特にMF前田直輝が別格のパフォーマンスを披露。また、鹿島戦で移籍後初得点を含む2ゴールを挙げたDF金井貢史も名古屋に新たな風を吹き込む活躍を見せている。その両選手の古巣となる横浜FMは、残留争いのライバル。最下位の立ち位置から脱するべく、J1で5年ぶりの4連勝を目指して、横浜FMのホームに乗り込む。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆横浜F・マリノス[4-3-3](c) CWS Brains, LTD.GK:飯倉大樹 DF:松原健、中澤佑二、ドゥシャン、山中亮輔 MF:喜田拓也、扇原貴宏、天野純 FW:大津祐樹、ウーゴ・ヴィエイラ、オリヴィエ・ブマル 監督:アンジェ・ポステコグルー▽MF遠藤渓太が第18回アジア競技大会に臨むU-21日本代表に合流。先の湘南戦で右太ももを炒めたFW仲川輝人は別メニューが続いており、今節の先発出場が難しい様相だ。 ◆名古屋グランパス[4-4-2](c) CWS Brains, LTD.GK:ランゲラック DF:宮原和也、中谷進之介、丸山祐市、金井貢史 MF:前田直輝、小林裕紀、エドゥアルド・ネット、玉田圭司 FW:ガブリエル・シャビエル、ジョー 監督:風間八宏▽ここ最近の調子を考えても、大幅なメンバー変更はないだろう。ただ、コンディションが整わないMFエドゥアルド・ネットは先の鹿島戦でも本調子から程遠く、気がかりなところだ。 【注目選手】 ◆FWウーゴ・ヴィエイラ(横浜F・マリノス)(c)J.LEAGUE PHOTOS.▽横浜FMのキーマンは、FWウーゴ・ヴィエイラだ。今夏移籍の噂に揺れたポルトガル人フィニッシャーだが、トリコロールへの忠誠を誓う形で残留。先の湘南戦でシーズン9得点となる一発が決勝弾となり、チームを連敗街道から救い出した。今節もウーゴ・ヴィエイラの類い稀な得点能力に注目だ。 ◆MF前田直輝(名古屋グランパス)(c)J.LEAGUE PHOTOS.▽名古屋の注目選手に3試合連発中のFWジョーを挙げたいところだが、今回は前田をチョイス。2016年から2年間にわたって横浜FMに在籍した前田にとって、今節は金井と共に慣れ親しんだ日産スタジアム凱旋の一戦となる。その前田は前節、鹿島戦で全得点に絡む獅子奮迅の活躍を披露。今節も期待せずにはいられない。 ◆売りは共に攻撃力 ▽J1総失点数でワースト2位(37失点)に位置する横浜FMと、最多(38失点)の名古屋による下位直接対決。残留争いからの脱却を懸けたシビアな戦いになるが、アンジェ・ポステコグルー監督と風間八宏監督というJリーグが誇る攻撃志向者のぶつかり合いにも期待が膨らむ。果たして、自慢の攻撃力を勝ち点3に結びつけるのは──。横浜FMvs名古屋は15日19時30分にキックオフを迎える。横浜FMvs名古屋をDAZNで観よう!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.08.14 17:00 Tue
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】世界に2つしかない被爆地の2チームが戦う『ピースマッチ』《広島vs長崎》

▽11日、明治安田生命J1リーグ第21節が開催。サンフレッチェ広島とV・ファーレンン長崎の『ピースマッチ』がエディオンスタジアム広島で行われる。 ◆被爆地の両チームが対戦 ▽首位をひた走る広島が、J1初参戦でギリギリの残留圏に位置する14位の長崎の対戦。第二次世界大戦で被爆した両地のクラブが、終戦の日を前に対戦する。 ▽『One Ball. One World. スポーツができる平和に感謝』をキャッチコピーにし、平和をメッセージに被爆地の両チームが対戦する一戦。フェアでありながら激しい試合が求められる。 ◆中断明けの苦境を乗り越えるか〜サンフレッチェ広島〜 ▽前半戦は下馬評を覆し、圧倒的な力で首位を独走していた広島。しかし、中断明けは2勝2分け1敗と、勝ち点を落とす試合が増えてきた。 ▽前半戦では安定した守備を構築し、先制して逃げ切るスタイルだった広島だが、中断明けは失点が増加。3試合連続失点は、今シーズン初の出来事だ。厳しい環境でもある夏場の戦いをどう乗り切るのか。平成30年7月豪雨の被災地でもあるだけに、勝利で県民を勇気づけたい。 ◆革命児を手にし下位脱出へ〜V・ファーレン長崎〜 ▽対する長崎は、中断明けで1勝1分け3敗と苦しみ、降格圏が近づいてきている。それでも前節は浦和レッズ相手にゴールレスドロー。全前節こそ北海道コンサドーレ札幌を相手に3失点を喫したが、その前の3試合もヴィッセル神戸、川崎フロンターレ、FC東京と攻撃力があるチームに対して2失点と守備の安定度が増した。 ▽今夏加入したオランダ人DFヨルディ・バイスの存在が大きく、守備面では耐性がついている状況。前線の選手がいかにしてゴールを奪うかが勝ち点3獲得のカギを握る。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆サンフレッチェ広島[4-4-2](C)CWS Brains,LTD.GK:林卓人 DF:和田拓也、千葉和彦、水本裕貴、佐々木翔 MF:柴崎晃誠、稲垣祥、青山敏弘、柏好文 FW:パトリック、渡大生 監督:城福浩▽先発メンバーはいつもの11人と考えていいだろう。2トップには前々節にJ1初ゴールを記録したFW渡大生とFWパトリックが入るとみる。ホームで行われる『ピースマッチ』。被爆地のチームとして、この一戦に懸ける思いは強いだろう。 ◆V・ファーレン長崎[3-4-2-1](C)CWS Brains,LTD.GK:徳重健太 DF:徳永悠平、高杉亮太、ヨルディ・バイス MF:飯尾竜太朗、島田譲、黒木聖仁、翁長聖 FW:澤田崇、鈴木武蔵 FW:ファンマ 監督:高木琢也▽対する長崎も、大きなメンバー変更はないと見る。守備の要になりつつあるDFヨルディ・バイスも先発。1トップにはFWファンマを起用する。課題は得点力だが、守備陣が広島の攻撃をどう封じるか。2度目の『ピースマッチ』では勝利を収めたいだろう。 【注目選手】 ◆MF青山敏弘(サンフレッチェ広島)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽広島の注目選手は、キャプテンのMF青山敏弘だ。ピッチ内外でチームの中心となり、サポーター思いの青山にとっては、『ピースマッチ』に懸ける思いは強いはずだ。前半戦の勢いが止まりつつある状況なだけに、この大事な一戦でしっかりと勝利し、再びエンジンをかけたいはず。攻撃陣を生かす青山のゲームメイクにも注目だ。 ◆DFヨルディ・バイス(V・ファーレン長崎)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽長崎の注目選手は、守備の要になりつつあるDFヨルディ・バイスだ。今夏加入したオランダ人DF。ファイタータイプのディフェンダーは、Jリーグでも異色の存在になりつつある。戦術理解度の高さに加え、一対一の強さ、局面での粘り強さなど、数試合で長崎の守備に欠かせない存在に。闘将という言葉が似合う助っ人DFがチームを浮上させるきっかけになるだろう。 ◆平和を胸にフェアで熱い試合を ▽世界で2つしかない被爆地をホームタウンとする両チームが対戦。この『ピースマッチ』には34分の1という位置付けとは異なる意味がある。 ▽『平和』というキーワードと、『スポーツ』というコンテンツ。両者について考えさせられる1試合となることは間違いなく、見ている人の胸に残る試合が期待される。 ▽プロの試合だから、結果を求めることは当然。しかし、それ以上のものが期待される大事な一戦。激しく熱い展開が期待される中、フェアなゲームが展開できるか。広島vs長崎の『ピースマッチ』は11日(土)の19時にキックオフを迎える。 2度目の『ピースマッチ』が開催!広島vs長崎をDAZNで観よう!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.08.11 12:02 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】対照的な両者、荒波を乗り越え白星を掴むのは《湘南vs横浜FM》

▽11日、明治安田生命J1リーグ第21節が開催。湘南ベルマーレvs横浜F・マリノスの『SKYシリーズ』がShonan BMW スタジアム平塚で行われる。 ◆対照的な両者 ▽現在7勝5分け7敗の五分で11位につけている湘南と、5勝5分け9敗の15位に位置する横浜FM。互いにボトムハーフでありながら、その状況は大きく異なる。 ▽湘南は、前半戦こそ勝ち点を伸ばせずに苦しい戦いを強いられていたが、ロシア・ワールドカップによる中断期間が明けると2勝2分け(1試合未消化)の無敗で、勝ち点8を積み上げている。一方の横浜FMは、革新的なスタイルに挑戦も勝ち星が増えず、中断明けは1勝3敗 (1試合未消化)。現在は3連敗中であり、降格圏の16位ガンバ大阪とは勝ち点で並んでいる状況だ。 ◆湘南スタイルを継続しさらなる飛躍を〜湘南ベルマーレ〜 ▽前節は首位のサンフレッチェ広島とアウェイで対戦。先制しながらも広島に逆転を許す苦しい展開だったが、終了間際に相手のオウンゴールで同点に追いつき、勝ち点1を拾った。 ▽夏場であっても、相手よりも走る“湘南スタイル”は継続。前節こそ2失点を喫したが、失点も減り、得点が増え、数字としても結果を残している。それでもこの時期、選手たちに負担はかかる。終盤の失点をいかに防げるのかが勝利へのカギとなるだろう。 ◆荒波から生還できるか〜横浜F・マリノス〜 ▽一方の横浜FMは、リーグ戦3連敗中。前節は川崎フロンターレとの『SKYシリーズ』で0-2と完敗を喫し、降格圏が真下に迫る危機的な状況に陥っている。 ▽今シーズンの横浜FMは、選手にとってもサポーターにとっても難しいシーズンとなっているだろう。試合によっての出来が大きく異なり、大量得点もあれば、大量失点もあるシーズン。毎試合どちらに転ぶのか、蓋を開けて見なければわからない状況だ。初のJ2降格を避けるためにも、この荒波をどう乗り越えるのか。連敗ストップが求められる。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆湘南ベルマーレ[3-4-2-1](C)CWS Brains,LTD.GK:秋元陽太 DF:岡本拓也、坂圭祐、山根視来 MF:藤田征也、石川俊輝、秋野央樹、杉岡大暉 MF:菊地俊介、小川慶治朗 FW:山﨑凌吾 監督:曺貴裁▽スターティングメンバーは前節の広島戦と同じと予想。結果が出ているFW山﨑凌吾を1トップに置き、今夏ヴィッセル神戸からレンタル移籍で加入したMF小川慶治朗も引き続き先発すると予想する。 ◆横浜F・マリノス[4-3-3](C)CWS Brains,LTD.GK:飯倉大樹 DF:松原健、中澤佑二、ドゥシャン、山中亮輔 MF:喜田拓也、扇原貴宏、天野純 FW:仲川輝人、ウーゴ・ヴィエイラ、オリヴィエ・ブマル 監督:アンジェ・ポステコグルー▽3連敗と元気のない横浜FM。カギはいかに攻撃陣が奮起するかだ。トップには前回対戦でハットトリックを記録しているFWウーゴ・ヴィエイラ、両サイドにFW仲川輝人、MFオリヴィエ・ブマルを配置すると予想する。 【注目選手】 ◆FW山﨑凌吾(湘南ベルマーレ)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽湘南の注目選手はFW山﨑凌吾だ。今夏、徳島ヴォルティスから加入し、自身初のJ1挑戦となった山﨑。前々節にJ1初ゴールを含む2ゴールを記録すると、前節もPKからゴールとチームの得点源になりつつある。横浜FM相手には大量得点も望めるだけに、山﨑の奮起が勝利へのカギとなるだろう。 ◆DF山中亮輔(横浜F・マリノス)(C)CWS Brains,LTD.▽横浜FMの注目選手はDF山中亮輔だ。トルコ1部からのオファーもあったとされる山中だが、今シーズンの横浜FMの屋台骨の1人。前回対戦でハットトリックを記録しているウーゴ・ヴィエイラも重要な存在だが、サイドアタックのキーマンである山中に注目したい。走力には自身のある湘南相手に、山中がいかに守備を混乱に陥らせられるのかに注目だ。 ◆荒れた海か、穏やかな海か ▽状態の差はあるものの、両者の前回対戦を思い出せば、今節の戦いは見応え十分になると予想される。日産スタジアムで行われた第9節では、互いの攻撃陣が躍動。前半だけで両チーム合わせて7ゴールが生まれる乱打戦となった。 ▽湘南のアレン・ステヴァノヴィッチが2得点、横浜FMのウーゴ・ヴィエイラが3得点と両外国人が躍動。打ち合いとなったが、見応え十分の試合だった。 ▽中断明けは、自分たちのペースで試合が行えている湘南と、相手のペースに飲まれすぎている横浜FM。今回の対戦は、どのような波が試合中に起きるのか。終盤戦に入るリーグ戦で、勝ち点を稼ぎたい両者。湘南vs横浜FMの『SKYシリーズ』は、11日(土)の19時にキックオフを迎える。 前回は4-4の打ち合いに!湘南vs横浜FMをDAZNで観よう!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.08.11 12:01 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】W杯王者の共演は!? 上位を窺うシックスポインター《神戸vs磐田》

▽11日、明治安田生命J1リーグ第21節が開催。ヴィッセル神戸とジュビロ磐田の一戦がノエビアスタジアム神戸で行われる。 ◆上位争いに生き残るため… ▽勝ち点29で5位につける神戸と、勝ち点28で9位につける磐田の対戦。両者の勝ち点差はわずかに「1」ながら、順位は4つ離れている。 ▽中位の勝ち点差は例年になく詰まっており、4位の北海道コンサドーレ札幌が勝ち点30、12位のベガルタ仙台が勝ち点26であり、この1戦の結果で大きく順位が入れ替わる可能性もある。 ◆W杯王者がついに揃い踏み?〜ヴィッセル神戸〜 ▽今夏に加入した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、早速違いを見せていたものの、引越しの関係もあり2試合を欠場。今節からの復帰が予想される。 ▽さらに、昨夏に加入した元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキは、イニエスタ加入前に負傷。ここまで8試合を欠場し、共演は叶っていないが、ついに復帰の目処が立った。 ▽ワールドクラスの両者に加え、初のカタール人JリーガーとなったDFアフメド・ヤセル、韓国代表GKキム・スンギュ、タイ代表DFティーラトン・ブンマタン、ブラジル人FWウェリントンと6カ国の外国人選手が在籍。多国籍軍で上位生き残りを目指す。 ◆無敗を継続し上位へ〜ジュビロ磐田〜 ▽磐田は、ワールドカップの中断明けから5戦負けなし。4連続引き分けと不安な要素もある中、前節のベガルタ仙台戦では見事な逆転劇を見せた。 ▽前半戦はFWアダイウトン、MFムサエフの両外国人、MF中村俊輔の負傷離脱もあり、なかなか結果が出せていなかった。しかし、中断期間中に仕込んだ新システムが徐々に浸透。上位進出への足がかりはできた状況だ。 ▽満足とはいかなくとも、ある程度の手応えを感じている名波監督。DF新里亮が今季絶望となり、再びシステム変更も求められるが、中断後の初勝利をきっかけに、一気に上昇気流に乗りたい。 ポルディとイニエスタは共演か!?神戸vs磐田をDAZNで観よう!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆ヴィッセル神戸[4-3-3](C)CWS Brains,LTD.GK:キム・スンギュ DF:三原雅俊、大崎玲央、渡部博文、ティーラトン MF:三田啓貴、藤田直之、イニエスタ FW:ポドルスキ、ウェリントン、郷家友太 監督:吉田孝行▽コンディション次第ではあるが、ついに神戸の2大スターが共演する可能性が高い。ポドルスキをゲームメーカーとして使うのか、ストライカーとして使うのかは定かではないが、イニエスタとの共存ができれば、互いに生きることは間違いない。夏休みのホームゲームでワールドクラスのプレーが見られるのか注目だ。 ◆ジュビロ磐田[4-3-1-2](C)CWS Brains,LTD.GK:カミンスキー DF:櫻内渚、高橋祥平、大井健太郎、小川大貴 MF:上原力也、宮崎智彦、田口泰士 MF:松浦拓弥 FW:大久保嘉人、川又堅碁 監督:名波浩▽[3-1-4-1-1]の新システムも、DF新里亮の負傷により再び変更。[4-3-1-2]のシステムで前節は中断明け初勝利を掴んだ。まだまだ精度を上げている最中だけに、大きなメンバー変更は難しい状況。強力な神戸攻撃陣を堅い守備で迎え撃つ。 【注目選手】 ◆FWルーカス・ポドルスキ(ヴィッセル神戸)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽神戸の注目選手は、ケガからの復帰が見込まれるFWルーカス・ポドルスキだ。神戸加入後、その能力の高さを見せつけるシーンはあったものの、ゴール数を考えると満足いく結果は出ていない。しかし、ゲームメイクを行わなくてはいけない状況が続いていただけに、致し方ないはず。それでも、MFアンドレス・イニエスタという相棒が加入。初共演となれば、ゴールを奪うことにより力を注げるはずだ。ポドルスキの左足が火を噴くのかに注目だ。 ◆DF大井健太郎(ジュビロ磐田)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽磐田の注目選手はDF大井健太郎だ。ディフェンスリーダーとしての活躍も去ることながら、ここ2試合はアディショナルタイムに連続ゴール。攻撃でもチームを救う活躍を見せている。今節の相手は神戸。本職の守備でのタスクが多くなりそうだが、大井が躍動すれば磐田に結果がついてくるはず。キャプテンの攻守にわたるパフォーマンスに注目だ。 ◆夢の共演は実現か? ▽この試合の注目ポイントは、何と言ってもイニエスタとポドスルキの共演だろう。神戸だけでなく、Jリーグ全体で見ても注目の一戦。夏休みで多く集まる観客にとっても、両選手の出場可否は気になるところだ。 ▽さらに神戸は6人の外国籍選手が在籍し、全員が同時先発も可能な状況。加入したばかりのDFアフメド・ヤセルは出場しないだろうが、どんなメンバーが先発するのかは注目だ。 ▽対する磐田は、GKカミンスキー以外は日本人選手が出場することになる。豊富なタレントを要する神戸に対し、チーム力でいかに対抗するか。名波監督が用意する神戸対策がどこまでハマるのか。ホームで完敗を喫しているだけに、アウェイでの勝利を望むことは間違いない。 ▽終盤戦を迎えるにあたり、大事なシックスポインター。上位争いに生き残るのはどちらか。神戸vs磐田は11日(土)の19時にキックオフを迎える。 ポルディとイニエスタは共演か!?神戸vs磐田をDAZNで観よう!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.08.11 12:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】フライデーナイト! 長谷川健太が古巣凱旋《G大阪vsFC東京》

▽今週末も日本各地で開催される明治安田生命J1リーグ。ガンバ大阪(17位/勝ち点17)は、10日に行われる第21節でFC東京(2位/同40)をパナソニック スタジアム 吹田に迎え撃つ。この一戦はフライデーナイトマッチとなる。 ◆相手関係なく勝て〜ガンバ大阪〜 ▽G大阪は前節、名古屋グランパスに2-3の逆転負け。2点リードで試合を折り返す好シチュエーションだったが、課題に挙がる運動量の低下から後半3失点を許して、前々節のジュビロ磐田戦に続く宮本恒靖体制初白星を逃した。これにより、順位は自動降格圏の17位に後退。苦しい状況から脱せずにいるが、攻守に躍動感を取り戻しつつあり、そこを咎めることは違う。課題は苦しい時間帯をどう乗り切るか。そして、代表に向かった9得点のFWファン・ウィジョ不在をどう乗り越えるかだ。今節の相手は、昨年までG大阪を率いた長谷川健太監督のFC東京。感傷的な一戦だが、危険水域に陥るG大阪にその余裕はない。とにかく勝利を掴み取ることしかない。 ◆勝って帰るのみ〜FC東京〜 ▽一方、FC東京は開幕から順調な歩みを継続。首位のサンフレッチェ広島に5ポイント差で迫っており、奪首に向けても視界良好な位置だ。前節のヴィッセル神戸戦でもハイプレスとショートカウンターのスタイルが徹底され、盤石の戦いを披露。決勝点を記録したFWリンスといった途中出場の選手が結果を残すなど、長谷川監督らしい勝負強さもチームに浸透しつつあり、ほぼ死角はない。そして、今節は長谷川監督が在任5年間で5つのタイトルをもたらしたG大阪戦。長谷川監督にとって、パナソニック スタジアム 吹田での指揮は、大ブーイングに包まれたG大阪監督としてホーム最終戦の昨年11月以来となる。だが、今は首位を狙うチームの指揮官。勝って帰るのみだ。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆ガンバ大阪[4-4-2](C)CWS Brains,LTD.GK:東口順昭 DF:米倉恒貴、三浦弦太、ファビオ、オ・ジェソク MF:小野瀬康介、高宇洋、遠藤保仁、倉田秋 FW:長沢駿、アデミウソン 監督:宮本恒靖▽チーム総得点19のうち9ゴールを記録するファン・ウィジョが不在に。代わって、FW長沢駿のスタメンが有力だ。また、今夏加入のMF小野瀬康介が主力組としてプレー。移籍後初先発の可能性がある。 ◆FC東京[4-4-2](C)CWS Brains,LTD.GK:林彰洋 DF:室屋成、チャン・ヒョンス、森重真人、太田宏介 MF:東慶悟、米本拓司、高萩洋次郎、大森晃太郎 FW:永井謙佑、ディエゴ・オリヴェイラ 監督:長谷川健太▽今シーズンのここまでJ1リーグ17試合に出場するMF橋本拳人が全治4週間の負傷離脱が確定。ボランチの要であるMF高萩洋次郎の相方として、MF米本拓司に引き続き先発出場が見込まれる。 【注目選手】 ◆DF三浦弦太(ガンバ大阪)(c)J.LEAGUE PHOTOS▽G大阪の注目選手は、DF三浦弦太だ。今シーズンから主将に就任。ここまで全試合に先発を果たしているが、ディフェンスリーダーとしてチームを支える存在になっているとは言い難い。今節は昨年に自身をG大阪に導いた長谷川監督率いるFC東京戦。恩師とする長谷川監督の前で成長を示すパフォーマンスを披露したい。 ◆FWリンス(FC東京)(c)J.LEAGUE PHOTOS▽FC東京のキープレーヤーは、リンスだ。リンスは2014年から2シーズンにわたってG大阪でプレー。今夏、G大阪時代の恩師である長谷川監督のラブコールを受けて、FC東京入りした。すると、直近2試合で決勝ゴールを決めるなど“仕上げっぷり”も披露。ジョーカーとして存在感を示す。引き続き切り札として躍動したい。 ◆多くの因縁 ▽長谷川監督だけではなく、MF大森晃太郎やDF丹羽大輝、リンスといった選手にとっても感慨深い凱旋試合となる今節。至るところで見どころのマッチアップが実現することが予想される。ただ、残留争い真っ只中のG大阪にとっても、優勝争いを展開するFC東京にとっても、狙うは勝ち点3だけ。勢い的にFC東京の方に部がある一戦だが、G大阪がどう下馬評を覆すか──。G大阪vsFC東京は10日19時にキックオフを迎える。G大阪vsFC東京をDAZNで観よう!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.08.10 09:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1第21節プレビュー】広島と長崎による平和に向けたピースマッチ、長谷川トーキョーが古巣G大阪と激突

▽明治安田生命J1リーグ第21節の9試合が、10日と11日にかけて行われる。各試合のポイントを簡単に紹介していく。 ▽前節は2位のFC東京と3位の川崎フロンターレが勝利した一方で、首位のサンフレッチェ広島が湘南ベルマーレ相手に足踏み。上位チームの勝ち点差が縮まる結果となった。また、残留争いでは、最下位の名古屋グランパスが2連勝を収めて勝ち点を底上げ。8試合勝ちが無いガンバ大阪は降格圏の17位に転落した。 ▽金曜日開催もある今節は、サンフレッチェ広島とV・ファーレン長崎による“ピースマッチ”が開かれる。被爆地という悲しき過去を背負い、両雄がピッチに立つ。 ▽そのほか、FC東京は17位のガンバ大阪と対戦。長谷川健太監督にとって古巣対戦となる。アンドレス・イニエスタ復帰のヴィッセル神戸はホームでジュビロ磐田と激突する。 ◆最下位転落危機のG大阪に長谷川トーキョーが立ちはだかる ガンバ大阪 vs FC東京 [8月10日(金)19:00] ▽前節の裏天王山でショッキングな逆転負けを喫した17位G大阪は3冠時代の恩師長谷川健太監督の2位FC東京と対戦。方や最下位転落阻止へ、方や優勝目指して。真逆の立場で両者の因縁が絡み合う。 ◆チャナティップor杉本健勇、好相性な相手に躍動なるか 北海道コンサドーレ札幌 vs セレッソ大阪 [8月11日(土)13:00] ▽札幌のチャナティップにとって、C大阪はJデビューとJ初弾を記録した相手。今節もゴールに直結するプレーを魅せられるか。C大阪は南米王者にも敗れ、7月以降未勝利。対札幌直近2試合で3G1Aの杉本健勇の久々の歓喜に導く一撃が欲しい ◆新境地開拓中の清水の10番、川崎Fのバンディエラに挑む 清水エスパルス vs 川崎フロンターレ [8月11日(土)18:00] ▽清水は、中断明け以降ボランチ出場が続く白崎凌兵が成長中。潜在能力を秘めた10番が王者相手に躍動なるか。そこに立ちはだかるのは川崎Fの37歳・中村憲剛。前回対戦2G。衰え知らずのバンディエラがどのようなゴールへの道筋を描くか ◆最下位脱出or上位浮上、希望を携えて臨む一戦 名古屋グランパス vs 鹿島アントラーズ [8月11日(土)18:00] ▽名古屋は前節FWジョーのハットで裏天王山に逆転勝利。今節のホーム鹿島戦ではチケットが完売するなど期待が高まっている。対する鹿島は一時期の不調から脱出し6位浮上。上位争いへ落とせない一戦だ。 ◆伊東純也vs中野嘉大…サイドの攻防に注目 柏レイソル vs ベガルタ仙台 [8月11日(土)19:00] ▽柏は前節2Aで連敗ストップに貢献した伊東純也に注目。ここからの巻き返しへチームの勢いも加速させることができるか。一方の仙台は2戦連発中の中野嘉大に期待。3試合未勝利のチームを救えるか。マッチアップ濃厚の両選手から目を離すな ◆明暗分かれる神奈川ダービーを制すのは 湘南ベルマーレ vs 横浜F・マリノス [8月11日(土)19:00] ▽ここ5戦で3勝2分けと好調の湘南と3連敗中の横浜FMによる神奈川ダービー。広島に最後まで食らいついた湘南に対し、横浜FMは川崎に完封負け。前回の対戦では4-4の打ち合いを演じた両者だが今節はいかに。 ◆イニエスタ&ポドルスキ初共演なるか?! ヴィッセル神戸 vs ジュビロ磐田 [8月11日(土)19:00] ▽2戦勝ちなしの5位神戸はMFイニエスタが再来日。FWポドルスキも全体練習合流でW杯覇者が初共演の可能性も。9位磐田は超一流知るMF中村俊輔不在もリーグ再開後負けなしの粘り強さを発揮したい。 ◆あの夏から73年…広島と長崎、平和への願いを込めて サンフレッチェ広島 vs V・ファーレン長崎 [8月11日(土)19:00] ▽これが2度目の顔合わせとなる両者。前回の対戦では広島に軍配が上がった。“ピースマッチ”と銘打たれたこの一戦。被爆地という悲しき過去を持つ広島と長崎が、あれから73年が経ったこの夏、平和への願いを胸にピッチに立つ。 ◆トーレス覚醒なるか?! 好調浦和を下して今季初の連勝を目指す サガン鳥栖 vs 浦和レッズ [8月11日(土)19:00] ▽C大阪戦での勝利で降格圏から脱出した鳥栖の次なる相手は好調浦和。ようやく本領発揮の名門に何とか食らいつきたい。頼みのフェルナンド・トーレスは加入から4試合未だノーゴールだがスペインの貴公子はいつ目覚めるのか。 2018.08.09 21:00 Thu
twitterfacebook
thumb

【J1第20節プレビュー】再開明け連戦も今節で一息! 名古屋vsG大阪のし烈な争いに、川崎Fvs横浜FMの“神奈川ダービー”が勃発!

▽明治安田生命J1リーグ第20節の9試合が5日に行われる。 ▽前節、上位では首位・サンフレッチェ広島が3戦ぶり勝利を手にし、上位を追走していた3位・川崎フロンターレは5試合ぶりの敗北を喫した。また、最下位に沈んでいた名古屋グランパスが、16試合ぶりの白星を手にしている。 ▽再開明けの連戦最後の一戦に数えられる今節は、掴みかけている勢いを手放したくない名古屋が、16位・ガンバ大阪をホームに迎え打つ。また、連覇を狙う川崎Fは、13位・横浜F・マリノスとの“神奈川ダービー”に臨む。 ◆札幌の初ダブルか、柏の中断期間明け初勝利か 勝利に導く10番は? 北海道コンサドーレ札幌 vs 柏レイソル [8月5日(日)14:00] ▽札幌は、前回対戦時に2アシストを記録した三好康児に注目。アジア競技大会に臨むU-21日本代表でNo.10を背負う男が対柏初シーズンダブルへと導くか。一方の柏は中断期間明け4連敗。太陽王の10番江坂任が3戦ぶりゴールで光明を見出すか。 ◆名古屋はトンネルから抜け出せたのか…両者の真価が問われる一戦 名古屋グランパス vs ガンバ大阪 [8月5日(日)18:00] ▽前節の仙台戦で16試合ぶりに白星を取り戻した名古屋。次なる相手G大阪は、宮本恒靖新監督の下2戦2分け。名古屋は長い長いトンネルから抜け出せたのか。はたまた、G大阪の舵取りは正しかったのか。両者の真価が問われる一戦だ。 ◆生え抜き若武者擁する両クラブが鍔迫り合う! 鹿島アントラーズ vs 清水エスパルス [8月5日(日)18:30] ▽再開後5連戦をこなし直近2戦勝ちなしの鹿島と、3戦のみとコンディション良好かつ3連勝中の清水による一戦。鹿島ではFW鈴木優磨、清水ではFW北川航也と、生え抜き同年代の両若武者に期待がかかる! ◆好調浦和と不調長崎の対決 浦和レッズ vs V・ファーレン長崎 [8月5日(日)19:00] ▽広島、川崎Fという上位との対決を連勝で乗り越えた浦和は、興梠慎三も7季連続の二桁得点に乗せ好調をキープ。一方の長崎は前節の札幌戦で久々の複数得点も3失点で敗北。全く対照的な2チームが激突する。 ◆堅守速攻vsポゼッション、両クラブの信念が激突 FC東京 vs ヴィッセル神戸 [8月5日(日)19:00] ▽堅守速攻が武器の2位・FC東京とポゼッション重視の5位・神戸による上位対決。戦術的にFC東京に利があるかに思われるが、前半戦はドロー。勝ち切るのはどちらのスタイルか、互いの信念が激突! ◆川崎Fと横浜FM…神奈川ダービーの決着は? 川崎フロンターレ vs 横浜F・マリノス [8月5日(日)19:00] ▽前節再三チャンスをフイにした川崎Fの小林悠。直近6戦3G2Aを記録している相手に悔しさを晴らしたい。そこに立ちはだかるのは横浜FMの鉄人・中澤佑二。不安定な守備を立て直せるか。前回は1-1のドロー。神奈川ダービーの決着は? ◆嘉人? 嘉大? 勝利に貢献するのは? ジュビロ磐田 vs ベガルタ仙台 [8月5日(日)19:00] ▽4戦連続ドロー中の磐田は、徐々に周囲との息が合ってきた大久保“嘉”人の移籍後初弾がそろそろ欲しい。一方、仙台は前節敗れたものの中野“嘉”大がゴール。川崎Fで共にプレーしたこともある嘉人と嘉大。どちらが勝利に貢献できるか。 ◆記録更新のパトリックに注目 サンフレッチェ広島 vs 湘南ベルマーレ [8月5日(日)19:00] ▽前節横浜FMを粉砕し、3試合ぶりの勝利を手にした広島の相手は、ここ4戦3勝1分けと好調の湘南だ。横浜FM戦の2得点で自身のリーグ得点記録を更新したパトリックは、第8節の湘南戦でも2得点。2試合連続複数得点なるか。 ◆どん底の両クラブ、暗雲晴らすのは? サガン鳥栖 vs セレッソ大阪 [8月5日(日)19:00] ▽中断明け4戦未勝利の鳥栖はフェルナンド・トーレス&金崎夢生加入も未だ不発。対するC大阪も5戦未勝利で上位争いに黄信号。転換期とすべき一戦、暗雲を晴らすのはどちらのクラブに? 2018.08.04 19:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】攻撃vs攻撃、決着へ…中澤佑二ラスト神奈川ダービーか!?《川崎Fvs横浜FM》

▽5日に開催される明治安田生命J1リーグ第20節。注目カードは、19時に等々力陸上競技場でキックオフを迎える川崎フロンターレvs横浜F・マリノスの神奈川ダービーだ。 ◆今季変貌した神奈川ダービー ▽昨シーズンまでの神奈川ダービーといえば、攻撃の川崎Fと守備の横浜FMという構図だった。しかし、横浜FMは今シーズンに就任したアンジェ・ポステコグルー監督によってアタッキングフットボールに転換。神奈川ダービーは攻撃vs攻撃のスタイルに変貌を遂げた。 ▽そして攻撃的サッカーを用いる両者は、4月7日のJ1第6節に日産スタジアムで今季初激突。試合は互いのスタイルがぶつかり合う中、川崎Fが58分にMF家長昭博のゴールで先制。しかし、ホームの横浜FMも譲らず、3分後にCKからDF中澤佑二が頭で決めて同点に。その後もチャンスを作り続けた両者だが、決勝点はどちらにも生まれず、1-1で試合終了。2012年8月以来の引き分けに終わった。 ▽両者のリーグ戦での神奈川ダービーも今回で30回目を迎える。リーグ通算対戦成績は12勝5分け12敗と互角。順位では川崎F(勝ち点36/1試合未消化)が3位、横浜FM(勝ち点20/1試合未消化)が13位とやや開きがあるものの、ダービーマッチにおいて現在地など関係ない。次の一勝、そして今シーズンの決着をつけるためにも激しい戦いが繰り広げられるだろう。 ◆決定力不足解消でダービー勝利へ~川崎フロンターレ~ ▽首位追走へ勢いに乗っていた川崎Fは、前節の浦和レッズ戦を0-2で敗れて連勝が「4」でストップ。立ち上がりに先制点を許すと、その後は相手を押し込み続けて決定的なチャンスを多く創ったものの決定力を欠き、試合終了間際に追加点を奪われて完敗を喫した。鬼木達監督も「しっかり決め切るところの差が出た」と反省を口にした。 ▽これにより1試合未消化ながら首位・サンフレッチェ広島との勝ち点差は再び「11」に拡大。これ以上引き離されることになれば、J1連覇がより遠のいてしまう。現在横浜FMは守備に安定感を失っている。チームとしては決定機を創り出すことはできているだけに、しっかりと得点感覚を取り戻すことでダービーを制し、再び首位追走へ走り出したい。 ◆不安定さ解消でダービー勝利へ~横浜F・マリノス~ ▽対する横浜FMは、中断期間明け以降、不安定さを露呈している。第16節のベガルタ仙台戦で8-2の大勝で勢いに乗るかに思えば、第17節のFC東京戦では2-5、第19節の広島戦では1-4と大敗。その原因はDFミロシュ・デゲネクが退団した守備の崩壊だ。前節では今夏加入のDFドゥシャンがデビューしたものの、フィットには時間が足りず。守備を立て直すことはできなかった。 ▽それでもアンジェ・ポステコグルー監督は、ドゥシャンに対して「マリノスのサッカーに慣れてくればもっと良いプレーができる」と期待を寄せている。今節に向けてはどれだけ修正できたかがカギを握りそうだ。直近3試合での失点数が「11」に対して、得点数も「11」と攻撃面では練度を増している印象。守備の安定さえ取り戻せることができれば、より攻撃面で怖さが増すだろう。ダービー勝利で再び浮上へのきっかけを掴みたい。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆川崎フロンターレ[4-2-3-1](C)CWS Brains,LTD.GK:チョン・ソンリョン DF:エウシーニョ、奈良竜樹、谷口彰悟、車屋紳太郎 MF:大島僚太、守田英正 MF:家長昭博、中村憲剛、阿部浩之 FW:小林悠 監督:鬼木達▽変更点は1つ。MF長谷川竜也に代わって前節欠場したMF阿部浩之が左サイドハーフで先発復帰か。前回対戦で先制点を奪った家長は右サイドハーフで先発することになりそうだ。また、今シーズン横浜FMから加入したMF齋藤学は先発する可能性もありそうだが、ベンチスタートを予想する。 ◆横浜F・マリノス[4-3-3](C)CWS Brains,LTD.GK:飯倉大樹 DF:松原健、中澤佑二、ドゥシャン、山中亮輔 MF:喜田拓也、扇原貴宏、天野純 FW:仲川輝人、伊藤翔、遠藤渓太 監督:アンジェ・ポステコグルー▽FWウーゴ・ヴィエイラに代わり、前節一矢報いたFW伊藤翔が最前線を務めることを予想。また、アジア競技大会に臨むU-21日本代表メンバーに選出された遠藤渓太は左ウイングで先発することになりそうだ。 【注目選手】 ◆FW小林悠(川崎フロンターレ)(C)CWS Brains,LTD.▽ダービー勝利へのカギを握るのは、FW小林悠だ。前節は幾度となくボックス内に侵攻するも、GK西川周作の牙城を崩すことができず無得点。敗戦については「自分の責任」と受け止めた。それでも「最後までゴールに向かって要求できた」とポジティブに捉えている。今節求められるのは、前節の悔しさを払しょくするゴールを決めること。横浜FMとの直近6試合では3ゴール2アシストと相性は悪くない。不安定な戦いを見せる相手からしっかりとゴールを決めきれるか。 ◆DF中澤佑二(横浜F・マリノス)(c)J.LEAGUE PHOTOS▽一方、横浜FMのキープレーヤーは、中澤だ。中断期間明けにミロシュ・デゲネクという相棒を失い、守備立て直しに苦戦中。今節は新加入のドゥシャンとの好連携で川崎Fの攻撃陣を抑え込みたいところだ。そんな中澤は、以前から今シーズン限りでの引退を公言。その考えが変わらなければ、これが現役生活ラストの川崎Fとの神奈川ダービーになる可能性もある。本人もこの一戦にかける想いは強いだろう。今後に向けても重要な一戦でトリコロールに勝利をもたらすことはできるか。前回対戦では1ゴール。果たして今節ではどのようなプレーを見せてくれるのだろうか。鉄人の勇姿に注目だ。 ◆30回目の神奈川ダービー…そして因縁齋藤学の出場は? ▽先述した通り、リーグ通算対戦成績は12勝5分け12敗と互角。この通算成績はもちろんだが、現在の両者の立ち位置からしてもJ1連覇を目指す川崎Fと、浮上を目指す横浜FMにとっては次の1勝が今後に向けても重要となる。(C)CWS Brains,LTD.▽また、忘れてはいけないのが、齋藤の存在だ。今シーズン横浜FMから川崎Fに移籍した齋藤の移籍後デビューは、前回の神奈川ダービーだった。77分に阿部と代わってピッチに立つと、日産は異様な雰囲気に。横浜FMの元10番にボールが渡る度、トリコロールのサポーターからは、大きなブーイングが向けられた。それでも齋藤は、ゴールへと積極的に迫り、チャンスも作った。 ▽新天地でのデビューを飾った斎藤はその後、途中出場をメインに起用されているが、まだ移籍後初ゴールは生まれていない。今節では先発の可能性も浮上しているが、果たしてどのタイミングで齋藤を投入してくるのか。30回目の神奈川ダービー、齋藤、そして最後の神奈川ダービーとなる可能性がある中澤…見どころ満載の神奈川ダービーは、5日19時にキックオフを迎える。ダービーを制すのは!?川崎Fvs横浜FMをDAZNで観よう!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.08.04 19:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】残留懸けた真夏のシックスポインター《名古屋vsG大阪》

▽酷暑の中、連戦続く明治安田生命J1リーグ。名古屋グランパス(18位/勝ち点13)は、豊田スタジアムで行われる第20節でガンバ大阪(16位/同17)を迎え撃つ。 ◆良い流れ、継続なるか〜名古屋グランパス〜 ▽名古屋は前節、ベガルタ仙台のホームに乗り込み、2-1で勝利。実に16試合ぶりの白星で飾った。内容的に関して、特に守備面こそ依然として課題を残しているものの、攻撃面は上向き調子。中でも、移籍後初ゴールを含む1得点1アシストの活躍を披露した新戦力のMF前田直輝がFWジョーの相棒として機能していることが大きい。そして、迎える今節の相手は残留争いのライバルであるG大阪。ここで負けるようであればより残留が厳しくなるだけに、仙台戦で掴みかけた良い流れをもってG大阪をも飲み込み、残留に向かって突き進みたい。 ◆内容悪くない、あとは結果〜ガンバ大阪〜 ▽G大阪の前節は、ジュビロ磐田とのアウェイ戦。今シーズン3度の対戦で得点を挙げるFWファン・ウィジョの一発で先制したが、後半アディショナルタイムに追いつかれ、引き分けに終わった。悪いイメージが漂う結果だが、宮本恒靖新監督に悲壮感はない。それもこれもレヴィー・クルピ前監督の下で薄れた守備の規律がチームの戦いに見て取れるから。あとは得点をどう重ねていくか。総得点の半分以上を挙げるファン・ウィジョは今節限りで代表に飛び立つ。形づきつつあるだけに、宮本体制3戦目の名古屋戦で今度こそ勝利を掴みたい。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆名古屋グランパス[4-4-2](C)CWS Brains,LTD.GK:ランゲラック DF:宮原和也、中谷進之介、丸山祐市、金井貢史 MF:ガブリエル・シャビエル、小林裕紀、和泉竜司、玉田圭司 FW:前田直輝、ジョー 監督:風間八宏▽前節を負傷欠場した新戦力のMFエドゥアルド・ネットは、今節もメンバー外の様相。したがって、今節もMF小林裕紀と和泉竜司がボランチでコンビを組むことになりそうだ。 ◆ガンバ大阪[4-4-2](C)CWS Brains,LTD.GK:東口順昭 DF:オ・ジェソク、三浦弦太、ファビオ、初施亮 MF:藤本淳吾、高宇洋、遠藤保仁、倉田秋 FW:ファン・ウィジョ、アデミウソン 監督:宮本恒靖▽今夏にレノファ山口FCから新加入した得点力を兼備するドリブラーのMF小野瀬康介が出場可能に。3日に合流して間もないこともあり、メンバー入りとなれば、途中出場が濃厚だ。 【注目選手】 ◆MF前田直輝(名古屋グランパス)(c)J.LEAGUE PHOTOS▽名古屋の注目選手は、前田だ。今夏に松本山雅FCから加入したドリブラーは加入以降、2試合連続で先発。先の仙台戦は、風間八宏監督の2トップ起用に応え、ジョーとの好連携を披露するなどMOMの働きでフィットの兆しを見せた。この調子を続け、名古屋を連勝に導きたい。 ◆MF遠藤保仁(ガンバ大阪)(c)J.LEAGUE PHOTOS▽G大阪のキープレーヤーは、MF遠藤保仁だ。前節は中3日で続く連戦が考慮され、ベンチスタートとなり、後半頭から出場。冷静かつ的確なコンダクター役を務め、チームの攻撃にリズムと勢いをもたらすなど、改めて存在価値を示した。今節も司令塔として相手の急所を突きたい。 ◆一手を打った両雄 ▽今夏に選手の積極補強に動いた名古屋と、監督交代を敢行したG大阪。対照的な一手を打った両者の直接対決は、今後の残留争いを占う大一番になる。ここで負けたチームは、より降格が現実味を帯び、今後もより厳しい戦いを強いられるに違いない。死闘必至の裏天王山──残留を懸けたシックスポインターゲームを制するのは果たして。名古屋vsG大阪は5日18時にキックオフを迎える。名古屋vsG大阪をDAZNで観よう!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.08.04 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1第19節プレビュー】台風一過の今節、好調浦和が川崎Fとホームで激突! 前節敗北の首位広島は横浜FMと対戦

▽明治安田生命J1リーグ第19節の9試合が8月1日に行われる。 ▽首位・サンフレッチェ広島&2位・FC東京が敗れた大荒れの前節。台風一過の今節は、その広島は横浜F・マリノスと、FC東京は鹿島アントラーズとアウェイで対戦する。 ▽また、再開後負けなしと調子を上げている9位・浦和レッズは、ホームに3位・川崎フロンターレを迎え打つ。今節9試合の見どころを、コンパクトにまとめて紹介する。 ◆安定感増す名古屋、仙台の能動サッカーと激突 ベガルタ仙台 vs 名古屋グランパス [8月1日(水)19:00] ▽仙台は横浜FM戦の2-8大敗以降も主導権保持を諦めず。ここ2戦1勝1分けと復調気味だ。対する名古屋は金井貢史加入で守備戦力が更に充実。比例して安定増す攻撃陣が、仙台のパスサッカーと激突する。 ◆鹿島、リスタート図るFC東京をホームで迎え撃つ 鹿島アントラーズ vs FC東京 [8月1日(水)19:00] ▽復調気味だった鹿島は前節G大阪とドロー。過密日程の疲労が気になる今節だが、ホームサポーターの声援を力に変えたい。対するFC東京は前節長崎にボールを持たされ敗北。堅守速攻を取り戻すべく一戦。 ◆上位陣連破を狙う浦和が、王者に襲いかかる 浦和レッズ vs 川崎フロンターレ [8月1日(水)19:00] ▽浦和は前節新加入ファブリシオのゴールで首位・広島撃破。鹿島時代天皇杯決勝で川崎Fから決勝弾を奪った男が上位陣連破への立役者となれるか。一方の川崎Fは、チョン・ソンリョンに期待。前回対戦2失点&退場の悔しさを晴らせるか。 ◆前半戦のリベンジ? 再現? 清水エスパルス vs サガン鳥栖 [8月1日(水)19:00] ▽連勝中の清水は前節中止となり休養十分。前回対戦で7連敗中だった鳥栖に白星献上の屈辱を晴らしたい。対する鳥栖は新加入FW金崎夢生が過去所属全クラブで清水から得点。好相性示し6戦ぶり勝利なるか。 ◆堅守・磐田相手にツネ様新体制初勝利は生まれるか ジュビロ磐田 vs ガンバ大阪 [8月1日(水)19:00] ▽堅守を取り戻してきた磐田は2戦連続クリーンシート達成。一方で、2戦連続無得点という課題も浮上。川又堅碁の一撃に期待だ。ツネ様新体制を迎えたG大阪はドロー発進。対磐田戦で3試合5発中のファン・ウィジョが初勝利をもたらすか。 ◆上位で激突する関西ダービー セレッソ大阪 vs ヴィッセル神戸 [8月1日(水)19:00] ▽5位・C大阪は、前節柿谷曜一朗が復帰。桜軍団のシンボルとして勝利へと導けるか。一方の4位・神戸は、前節初先発のアンドレス・イニエスタが一時帰国中。スター不在の攻撃陣奮起なるか。阪神ダービー制して上位をキープするのは? ◆J1最南端と最北端クラブが激突 V・ファーレン長崎 vs 北海道コンサドーレ札幌 [8月1日(水)19:00] ▽前節FC東京を相手に、新戦力ヨルディ・バイスを中心とした堅守が光った長崎は4試合ぶりの白星を挙げた。一方の札幌は第14節以降わずか1得点でここ4試合未勝利。貴重な勝ち点3を目指してJ1最南と最北クラブが激突する。 ◆今季ダブルを狙う柏、連敗ストップなるか 柏レイソル vs 湘南ベルマーレ [8月1日(水)19:30] ▽15位柏と12位湘南の対決。柏は前節の敗戦でリーグ3連敗。台風の影響で延期となった湘南はここ3試合無敗をキープ。対照的な2チームだが通算では柏が10勝5分け2敗で圧倒的。連敗ストップなるか。 ◆勝利のカギは守備陣にあり? 横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島 [8月1日(水)19:30] ▽前節台風の影響で延期となった横浜FMは10日ぶりの試合。懸念されている守備は修復できたのか。一方、広島は浦和に4失点敗退。これまで8失点だった堅守が崩壊してしまったが、この試合で攻撃自慢の横浜FM相手に真価が問われる。 2018.07.31 20:30 Tue
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】名波か、宮本か 再開後初勝利に導くのは《磐田vsG大阪》

▽前節から中3日のミッドウィーク開催となる明治安田生命J1リーグ第19節。ジュビロ磐田(11位/勝ち点24)がヤマハスタジアムにガンバ大阪(16位/同16)を迎え撃つ。 ◆どう得点を取っていくか〜ジュビロ磐田〜 ▽磐田は前節、FWフェルナンド・トーレスやFW金崎夢生の加入に沸くサガン鳥栖のホームに乗り込み、ゴールレスドロー。中断期間中にテコ入れを図った攻撃面こそ2試合連続の不発に終わったものの、2戦連続の無失点を記録した守備面にソリッドさを取り戻しつつある。だが、再開後の成績は3試合連続の引き分け。ゴールを奪わない限り、勝利も見えてこないだけに、今節もチームとしてどう得点を取っていくかが鍵になる。 ◆形づく戦いを結果に〜ガンバ大阪〜 ▽G大阪は、ホームで行われた前節の鹿島アントラーズ戦が宮本恒靖監督の初陣に。再開後2連勝で勢いづく鹿島を相手に互角の戦いを演じただけに、ドローという結果に物足りなさを残したが、レヴィー・クルピ前監督下で失った攻守の連動性を見せるなど、宮本イズムの想像以上に早い浸透を感じさせる内容を展開した。知的さとカリスマ性を兼備する宮本体制誕生により、チームが一体になりつつある今、次に狙うは勝利のみだ。 ◆今季G大阪3戦全勝の対戦カード ▽今シーズンの両者は、JリーグYBCルヴァンカップも含めれば、既に3度対戦。G大阪が3戦全勝しており、磐田に対して相性が悪いというイメージはない。しかも、G大阪の主砲であるFWファン・ウィジョが全試合で得点を記録。さらに、今節の舞台であるヤマハスタジアムで行われたルヴァンカッププレーオフステージ第2戦でハットトリックもマークしている。磐田としては、ファン・ウィジョ封じが勝利のポイントになる。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆ジュビロ磐田[3-4-2-1](C)CWS Brains,LTD.GK:カミンスキー DF:高橋祥平、大井健太郎、新里亮 MF:櫻内渚、山本康裕、田口泰士、宮崎智彦、大久保嘉人、山田大記 FW:川又堅碁 監督:名波浩▽再開後2試合連続で[3-1-5-1]のシステムを用いてきたが、前節から再び[3-4-2-1]に。先発の顔ぶれにも変更が予想され、MF山本康裕がボランチの一角に入り、今夏加入のFW大久保嘉人が2シャドーの位置で移籍後初スタメンが有力だ。 ◆ガンバ大阪[4-4-2](C)CWS Brains,LTD.GK:東口順昭 DF:オ・ジェソク、三浦弦太、ファビオ、初瀬亮 MF:米倉恒貴、高宇洋、遠藤保仁、倉田秋 FW:ファン・ウィジョ、アデミウソン 監督:宮本恒靖▽対するG大阪に布陣の変更はなさそうだ。ただ、顔ぶれにおいては、30日の紅白戦でMF高江麗央がMF高宇洋と揃ってボランチとしてプレー。連戦が続いていることから、宮本監督が38歳MF遠藤保仁のターンオーバーを検討している可能性がある。 【注目選手】 ◆FW川又堅碁(ジュビロ磐田)(c)J.LEAGUE PHOTOS▽磐田の注目選手は、サックスブルーの主砲であるFW川又堅碁だ。磐田の総得点数は、前節終了時点で下から4番目に少ない18得点。ここまでチームトップの6得点を挙げる川又が実に3分の1を占める計算になる。だが、川又自身も前線からのチェイシングや起点となる動きといった献身的な働きでチームの守備強化に専念するが故、ここ2試合でノーゴール。チームとしてこの男にボールを集める形を作っているだけに、今節こそ得点という結果で貢献したい。 ◆FWファン・ウィジョ(ガンバ大阪)(c)J.LEAGUE PHOTOS▽G大阪のキープレーヤーは、ファン・ウィジョだ。加入2年目の今シーズンはここまでチーム総得点「16」のうち実に半分を占める8得点をマーク。もはや青黒の絶対的な点取り屋として欠かせない存在だ。売りは何といっても、左サイドからカットインしてのシュート。相手が警戒していても止められないほどの鋭さと精度を誇り、先の鹿島戦でもその形でゴールに迫った。今節の相手は相性抜群の磐田。再びヤマハで大暴れしたい。 ◆タレント指揮官対決 ▽上位陣から遅れを取る両雄がマッチアップする一戦。6試合ぶりの勝利を目指す磐田に対して、G大阪が7試合ぶりの白星を狙う構図となる。その傍ら、現役時代にそれぞれのクラブでレジェンドとして一時代を築いた名波浩監督と宮本監督が指揮官として再会する試合で、長年のJリーグファンにとって必見の対戦カードでもある。果たして軍配が上がるのは──。磐田vsG大阪は8月1日19時にキックオフを迎える。磐田vsG大阪をDAZNで観よう!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.07.31 18:30 Tue
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】満身創痍の“常勝軍団”、ホームの声援背にリベンジなるか《鹿島vsFC東京》

▽明治安田生命J1リーグ第19節が、8月1日に開催。鹿島アントラーズ(7位/勝ち点26)は、県立カシマサッカースタジアムにFC東京(2位/勝ち点34)を迎える。 ◆満身創痍の“常勝軍団”~鹿島アントラーズ~ ▽22日からの7日間で3試合を消化した鹿島。柏レイソルに6-2で勝利し、セレッソ大阪を2-0で完封したところまでは良かったが、ガンバ大阪には1-1で引き分けた。その背景には、間違いなく疲労、そして選手流出の影響があるだろう。日本代表としてロシア・ワールドカップに参加したDF植田直通、エースFW金崎夢生らの移籍に加え、日本代表でレギュラーを務めたDF昌子源がC大阪戦で負傷。不本意な順位から浮上するため、上位との対戦となる今節は満身創痍の“常勝軍団”にとって意地の見せ処となる。 ◆堅守速攻立て直しへ~FC東京~ ▽FC東京は前節、V・ファーレン長崎に敗れて無敗記録を「9」でストップ。中断明けから主力選手数人を欠きながらも勝利を重ねてきたFC東京だったが、ようやく先発復帰となったFW永井謙佑のコンディション不良も目立ち、長崎のディフェンスをこじ開けることは叶わなかった。それでも、今節から韓国代表DFチャン・ヒョンスが復帰濃厚。ボールを握る展開が多かった長崎戦から、リーグ屈指の堅守速攻に立ち返りたいところだ。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆鹿島アントラーズ[4-4-2](C)CWS Brains,LTD.GK:クォン・スンテ DF:西大伍、犬飼智也、町田浩樹、安西幸輝 MF:中村充孝、三竿健斗、永木亮太、安部裕葵 FW:鈴木優磨、土居聖真 監督:大岩剛▽出場停止者はいない。負傷者については、DF昌子源が引き続き欠場濃厚だ。また、長期離脱中のMFレアンドロについても復帰の見通しは立っていない。センターバックに関しては、韓国代表DFチョン・スンヒョンが町田に代わりスタメン起用される可能性も。 ◆FC東京[4-4-2](C)CWS Brains,LTD.GK:大久保択生 DF:室屋成、チャン・ヒョンス、森重真人、太田宏介 MF:田邉草民、橋本拳人、高萩洋次郎、東慶悟 FW:ディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑 監督:長谷川健太▽出場停止者はいない。負傷者については、FW前田遼一が引き続き離脱中であり、GK林彰洋も難しそうだ。センターバックに関してはキャプテンのDFチャン・ヒョンスが復帰濃厚。コンディション次第で、MF田邉草民のところではMF大森晃太郎が、FW永井謙佑のところではFW富樫敬真が先発を務める可能性もある。 【注目選手】 ◆FW土居聖真(鹿島アントラーズ) (C)J.LEAGUE PHOTOS▽鹿島の注目プレーヤーは、FW土居聖真だ。土居は、前節こそ不発に終わったものの、中断明けからの3試合連続で得点を記録。また、チャンス時にエースとして前に陣取るようになったFW鈴木優磨の相方としても、頻繁にボールを引き出している。堅守が持ち味のFC東京戦、組織の間に入る土居の動きが相手の破壊に繋がるだろう。 ◆DF森重真人(FC東京)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽FC東京の注目プレーヤーは、DF森重真人だ。FC東京の堅守速攻を実行する上で欠かせない選手の1人が、この元日本代表DF。相手とのフィジカリーなぶつかり合い、スペースを狙う駆け引きを制する能力があり、1本のフィードをチャンスに繋げることもできる。タイプの違う鹿島の2トップを相手に“守”の部分での活躍が期待されるのは言うまでもなく、組織力の高い相手の陣形が揃う前にFWディエゴ・オリヴェイラやFW永井謙佑にボールを供給することができるか。“攻”の始点としても、森重が鍵を握る。 ◆堅守同士の一戦、鍵穴をこじ開けるのは? ▽日程やコンディション面を考慮すれば、状況的にはFC東京が有利だ。かつ、4月に行われた味の素スタジアムの前回対戦は、FC東京が2-1で制しており、鹿島側で唯一得点していたFW金崎夢生はもういない。しかし、今回は鹿島のホームで行われるというのが、重要なポイントとなるかもしれない。鹿島は、アウェイでの成績は2勝3分け4敗だが、ホームでは5勝2分け2敗。データを「アウェイ→ホーム」と見比べてみれば、得点率「1.1→1.6」、失点率「1.7→0.8」と全く違った姿を現す。 ▽また、対するFC東京も「ホーム→アウェイ」で見比べると、得点率「1.8→1.1」、失点率「1.1→0.6」と違った戦い方をしていることが分かる。堅守を軸とする両者だが、得点率に分がある鹿島はホームでFC東京の鍵穴をこじ開けることができるのだろうか。県立カシマサッカースタジアムを激戦の地にする一戦、鹿島vsFC東京は8月1日19時にキックオフを迎える。堅守対決を制すのは?!鹿島vsFC東京をDAZNで観よう!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.07.31 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】前節の完敗からバウンスバックを期す両者が激突《神戸vs柏》

▽28日、明治安田生命J1リーグ第18節が開催。後半戦の初戦となるヴィッセル神戸vs柏レイソルがノエビアスタジアム神戸で行われる。 ◆バウンスバックが求められる両者 ▽前節、大注目の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタがデビューを果たした神戸だったが、ホームで湘南ベルマーレに0-3と完敗。一方の柏は、アウェイでの鹿島アントラーズ戦で大量6失点と、悔しい敗戦を喫した。 ▽互いに相手に主導権を握られ続けた前節から、どのように巻き返すのか。反発力に注目が集まる。 ◆“マエストロ”にどこまで合わせられるか〜ヴィッセル神戸〜 ▽神戸は、前節の湘南戦で相手の走力の前に屈し、3失点で敗戦。イニエスタが途中出場するも、湘南の勢いと止めることができず。攻撃面では能力の片鱗を見せたが、チームとして完敗を喫した。 ▽今後、更なる力を発揮してもらうためにも、課題は周りの選手だろう。いかにイニエスタに合わせられるか。選手の立ち位置も踏まえ、攻撃面での進化が問われる神戸が、連続したホームゲームで前節からの巻き返しを目指す。 ◆屈辱を忘れることができるか〜柏レイソル〜 ▽柏は、前節の鹿島戦で悪夢の6失点。チームとしての守備も課題は残るが、一番は局面での“デュエル”の弱さが課題だ。守護神のGK中村航輔は脳震とうにより離脱。今節もふっきはないだろう。どの様に反発力を見せるのかが重要となる。 ▽また、攻撃陣の攻撃陣も課題が残る。得点が奪えていないわけではないが、良い形で攻撃を終えられないためにカウンターを受ける場面が目立つ。整っていない状況でしっかりと守ることは難しい。チームで前節を反省し、良い意味で忘れて戦えるかが重要だ。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆ヴィッセル神戸[4-3-3](C)CWS Brains,LTD.GK:キム・スンギュ DF:高橋峻希、那須大亮、渡部博文、ティーラトン MF:三田啓貴、藤田直之、イニエスタ FW:大槻周平、ウェリントン、田中順也 監督:吉田孝行▽今節はイニエスタが先発する可能性がある。前節はチームを勝利に導けなかっただけに、今節は勝利に燃えることだろう。また、前節は出場停止しだったMF三田啓貴が復帰。背番号を譲ったイニエスタとインサイドハーフで並びそうだ。前節の完敗を払しょくすることができるか。一週間の修正力に注目だ。 ◆柏レイソル[4-2-3-1](C)CWS Brains,LTD.GK:桐畑和繁 DF:小池龍太、鎌田次郎、パク・ジョンス、高木利弥 MF:小泉慶、大谷秀和 MF:伊東純也、キム・ボギョン、クリスティアーノ FW:江坂任 監督:加藤望▽対する柏は前節とほぼ同じメンバーを組むと予想。左サイドバックには今夏加入のDF高木利弥が先発すると予想する。前節の失敗を経験した選手たちが、攻撃力に自身を持つ神戸相手にどの様な守備を見せるかに注目だ。 【注目選手】 ◆MFアンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸)Getty Images▽神戸の注目選手は、初先発が見込まれる元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタを挙げたい。前節は途中出場で世界最高峰のプレーを見せたイニエスタ。今節は、インサイドハーフでの出場が濃厚だ。類稀なるパスセンスでどこまで神戸を引き上げることができるか。チームのコンダクターとして機能できるかに注目だ。 ◆FWクリスティアーノ(柏レイソル)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽柏の注目選手はクリスティアーノを挙げたい。守備面の立て直しが求められる柏だが、攻撃面も寂しいところがある。特に、クリスティアーノは今シーズンわずかに3ゴール。柏の得点源としてプレーしてきただけに、ここまでの結果は寂しい。ポジションの問題、前線のかみ合わせの問題もあるが、クリスティアーノの奮起なしには浮上は難しいだろう。 ◆ピッチ上で楽しむのはどちらか ▽共に前節は完敗を喫している両チーム。反省し修正することも大事だが、チームとしてピッチ上で楽しむことができるかも課題だ。 ▽神戸には観るものを魅了してきたイニエスタが居る。どのようなパスを見せるのか、多くの人びとが注目するはずだ。一方で、柏にはスピードスター・伊東純也が居る。今シーズンはわずかに3ゴールと結果を残せていないが、持ち前のスピードとドリブルスキルは高い。 ▽パスサッカーを深化させたい神戸、カウンターを発動させたい柏。相反する両者の対決となるが、互いの良さを出せば面白いゲームとなることは間違いない。前節からのバウンスバックを見せるのはどちらか。試合は、28日(土)の19時にキックオフを迎える。イニエスタは初先発なるか?神戸vs柏をDAZNで観よう!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.07.27 21:35 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】練度高める両者…真夏に迎える熱戦必至の神奈川ダービー《湘南vs川崎F》

▽27日から28日に明治安田生命J1リーグ第18節が開催。注目は、28日にShonan BMW スタジアム平塚で行われる11位・湘南ベルマーレ(勝ち点22)vs3位・川崎フロンターレ(勝ち点33)の神奈川ダービーだ。 ◆前回対戦は白熱のドロー ▽両者の前回対戦は、3月2日に行われた第2節。互いに開幕節を勝利して迎えた一戦だった。湘南の昇格によって2年ぶりに実現した試合は、お互いにチャンスを作る中、川崎Fが56分にFW小林悠のゴールで先制する。しかし湘南も66分にCKの流れからFW松田天馬が決めて同点に。その後も両者は激しくゴールを狙ったが、互いに譲らず勝ち点1を分け合った。 ◆ダービー勝利で残留への勢いを~湘南ベルマーレ~ ▽湘南は直近3試合2勝1分けと好調。前節のヴィッセル神戸戦では立ち上がりからペースを握って2点を先行すると、MFアンドレス・イニエスタの投入にも動じず、集中した守備で神戸を跳ね返し、3-0で完勝。曺貴裁監督も「本当に素晴らしかった」と手放しで称賛するほどの内容で、中断期間を経て熟度が増している姿を見せている。 ▽今節に向けては主導権を握った守備でいかに相手のプレーを制限できるかがカギとなる。川崎Fは高精度なパスワークを生かした多種多様な攻撃を展開。チームとして共通意識が持てなければ、自分たちのペースに引き込むことはまずできないだろう。手強い相手ではあるが、4連勝と好調の王者を止めることができれば、今後に向けて大きな自信を得られるはず。ダービー勝利で目標である残留に向けても勢いをつけたい。 ◆ダービー勝利で首位追走への加速を~川崎フロンターレ~ ▽一方の川崎Fも鬼木達監督就任後初の4連勝を飾って好調を維持。前節の長崎戦では嫌な時間帯はあったものの、要所で押し込んで先制点を奪取。相手のカウンターにも粘り強く対応し、手堅く白星を手にした。鬼木監督もまず勝利を一番に喜ぶ中で、「状況によって攻守にメリハリがつけられるシーンが増えてきている」と中断期間の取り組みの成果が出てきていることに手応えを示した。 ▽今節の相手は高い走力を持つ湘南。夏場の暑さにもものともしないハイプレスとカウンターには警戒が必要だ。そういう意味では攻守のメリハリがより求められる。また、湘南はセットプレーも多彩。前回対戦時でも同パターンから失点しており、今シーズンの課題にも挙げられているだけに気をつけたいところ。前節ようやく首位・サンフレッチェ広島との勝ち点差を「8」に縮めたことを無駄にしないためにも5連勝で勝ち点を積み重ねたい。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆湘南ベルマーレ[3-4-2-1](C)CWS Brains,LTD.GK:秋元陽太 DF:岡本拓也、坂圭祐、大野和成 MF:藤田征也、秋野央樹、齊藤未月、杉岡大暉 MF:菊地俊介、梅崎司 FW:山﨑凌吾 監督:▽結果と内容が伴った前節のメンバーを送り出すことを予想。CBには前節プロ初ゴールを挙げたDF坂圭祐、ボランチにはJ1初ゴールを記録したMF齊藤未月が務めることになりそうだ。また、1トップには新加入で前節1ゴール1アシストと躍動したFW山﨑凌吾。川崎F撃破に期待がかかる。 ◆川崎フロンターレ[4-2-3-1](C)CWS Brains,LTD.GK:チョン・ソンリョン DF:エウシーニョ、奈良竜樹、谷口彰悟、車屋紳太郎 MF:大島僚太、守田英正 MF:家長昭博、中村憲剛、阿部浩之 FW:小林悠 監督:鬼木達▽対する川崎Fも前節からの変更はなし。ベストメンバーで臨むことになりそうだ。いつも通りCBに入るとみられるDF谷口彰悟は今節でJ1通算150試合出場となる。メモリアルマッチを勝利で飾れるか注目だ。発熱で心配された小林は、問題なく1トップで先発することになりそうだ。 【注目選手】 ◆DF杉岡大暉(湘南ベルマーレ)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽ダービー勝利のカギを握るのは、プロ2年目のDF杉岡大暉だ。豊富な運動量と対人の強さを生かし、今シーズンはJ1初挑戦ながらここまで全試合に出場。その武器は王者・川崎Fにも通用し、前回対戦ではエウシーニョを抑えこんだ。今節でも前回同様の活躍を見せ、川崎Fの嫌な存在となれるか。湘南の19歳の動きに注目だ。 ◆FW小林悠(川崎フロンターレ)(C)CWS Brains,LTD.▽川崎Fの注目選手は、小林だ。前節では貴重な決勝弾を記録して2戦連発。全体を通しても味方から上手くボールを引き出し、チャンスに顔を出していたのを見れば、日に日に調子が上がってきていることが窺える。対湘南戦では3試合連発中。良いイメージを持っている相手に対して、今シーズン初の複数得点なるか。 ◆無傷ではいられないダービーマッチ!? ▽両者による神奈川ダービーでは、これまで多くの熱戦を繰り広げてきた。特に2016シーズンのJ1・1stステージ第2節では4-4、2ndステージ第6節では3-2(川崎Fが勝利)が印象的でなんとJ1での対戦では、1試合平均得点が「4.3」。さらに全9試合でどちらかが無失点で抑えることができた試合は1度もない。まさに肉を切らせて骨を断つ覚悟で挑まなければならない。そんな白熱必至の神奈川ダービーを制すのは、湘南か、川崎Fか。28日19時にキックオフを迎える。湘南vs川崎FをDAZNで観よう!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.07.27 19:30 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】5戦ぶり勝利のカギは日本代表候補だった両FWが握る《鳥栖vs磐田》

▽28日、明治安田生命J1リーグ第18節が開催。後半戦の初戦となるサガン鳥栖vsジュビロ磐田がベストアメニティスタジアムで行われる。 ◆中断明け初白星はどちらに ▽17位と降格圏に沈む鳥栖は、中断明けの2試合で1分け1敗。一方の10位・磐田は2分けと勝利がない。後半戦の初戦となる一戦は、どちらにとっても勝利が欲しいはずだ。 ▽互いに新戦力を迎えた中断期間。巻き返しを図るためにも、早い時期に結果が欲しいはずだ。勝利を目指す両者のバトルは、熱いものとなるに違いない。 ◆緊急補強の金崎夢生がデビューか〜サガン鳥栖〜 ▽鳥栖は、中断期間に元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスを補強。さらに、蔚山現代へと期限付き移籍していたエースFW豊田陽平が復帰。さらに、鹿島アントラーズから元日本代表FW金崎夢生を補強した。 ▽前節はホームでベガルタ仙台と対戦し、主導権を握りながらも一発にやられ敗戦。トーレスはJリーグデビューを果たし、まずまずのプレーを見せたが、勝利とはならなかった。J1残留に向け、勝ち点の計算が始まる後半戦。補強した新戦力の奮起が期待される。 ◆J屈指の点取り屋に期待〜ジュビロ磐田〜 ▽対する磐田は、前節の北海道コンサドーレ札幌戦で中断期間中に川崎フロンターレから加入したFW大久保嘉人がデビュー。今節も出場機会が訪れるはずだ。新システムの[3-5-1-1]も徐々に形となり、早く結果を残したいはずだ。 ▽FW川又堅碁という得点源がありながら、大久保という新たなストライカーを獲得したことからも見えるように、攻撃のバリエーション、得点パターンの増加はチームとして求めたい所。上位への挑戦権を失わないためにも、しっかりとアウェイで勝利したいところだろう。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆サガン鳥栖[4-3-1-2](C)CWS Brains,LTD.GK:権田修一 DF:藤田優人、高橋祐治、キム・ミンヒョク、吉田豊 MF:福田晃斗、高橋秀人、原川力 MF:高橋義希 FW:小野裕二、金崎夢生 監督:マッシモ・フィッカデンティ▽鳥栖のスターティングメンバーには、鹿島から電撃加入した金崎が入ると予想。FW小野裕二と2トップを形成すると予想する。中盤には、前節途中出場のMF高橋義希がトップ下に、MF福田晃斗、MF高橋秀人、MF原川力を後ろの3枚に配置すると見る。注目のトーレスは、今節も途中出場が濃厚。チームとしての生かし方は見えているだけに、勝利へのカードとして切りたい。 ◆ジュビロ磐田[3-5-1-1](C)CWS Brains,LTD.GK:カミンスキー DF:高橋祥平、大井健太郎、新里亮 MF:小川大貴、宮崎智彦、山田大記 MF:上原力也、田口泰士 MF:松浦拓弥 FW:川又堅碁 監督:名波浩 出場停止:櫻内渚▽対する磐田は、右ウイングバックのDF櫻内渚が出場停止。DF小川大貴が右に回り、左にはMF山田大記が入ると予想する。中盤はMF宮崎智彦をアンカーに、MF田口泰士、MF上原力也がインサイド、1トップのFW川又堅碁の下にMF松浦拓弥が入ると見る。新システム[3-5-1-1]で結果を残せるかに注目だ。 【注目選手】 ◆FW金崎夢生(サガン鳥栖)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽鳥栖の注目選手は、緊急補強となったFW金崎夢生だ。鳥栖は重度の得点力不足に陥り、最多はFWの3得点。今シーズン鹿島で7得点を挙げている金崎に期待するものは大きい。合流してからの時間は短いが、どんなチームにもフィットできる感性を持っているのは金崎の特長。鳥栖デビューでチームに勝利をもたらせられるかに期待だ。 ◆FW川又堅碁(ジュビロ磐田)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽対する磐田の注目選手は、チームの得点源であるFW川又堅碁だ。鳥栖の注目選手として挙げた金崎とは、ロシア・ワールドカップに出場する日本代表を争った身。どちらも選出されなかったが、森保一監督が就任した新生日本代表には選ばれたいはずだ。持ち前の馬力と日本人離れした身体能力を生かし、チームに5試合ぶりの勝利をもたらせられるか。エースの座を守るためにも結果が欲しい。 ◆互いに5戦ぶりの白星を目指して ▽鳥栖、磐田共に、中断前の2試合、中断明けの2試合で勝利なし。5月以来リーグ戦の白星から遠ざかっている状況だ。 ▽それでも、チーム力を高められる両指揮官の下、中断期間で磨いた部分は、この2試合でも見せている。さらに、途中加入の選手が多い鳥栖は、トーレスをフィットさせるのに時間は余りかからなそうな雰囲気を仙台戦で見せた。一方の磐田は、大久保が前節出場したものの、もう少し時間がかかりそう。それでも、ストライカーは得点が生まれれば、一気に爆発する可能性がある。 ▽勝利を目指す両者のカギは、守備陣と攻撃陣の両面が握っている。粘り強い守備を見せ、しっかりとストライカーが得点を奪えるか。5戦ぶりの白星を目指す両者の一戦は、28日(土)の19時にキックオフを迎える。鳥栖・金崎夢生はデビューか?鳥栖vs磐田をDAZNで観よう!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.07.27 18:45 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】宮本ガンバ、その輪郭は 大岩アントラーズと激突《G大阪vs鹿島》

▽今週末、後半戦を迎える明治安田生命J1リーグ。ガンバ大阪(16位/勝ち点15)は、28日にパナソニック スタジアム 吹田で行われる第18節で鹿島アントラーズ(7位/同25)を迎え撃つ。 ◆宮本ガンバが初陣〜ガンバ大阪〜 ▽プレーオフ圏内に低迷し続けるG大阪は、前節の清水エスパルス戦で黒星(1-2)を喫して、再開後2連敗。当初の将来図と異なるが、23日にわずか半シーズンでのレヴィー・クルピ氏の更迭を決め、後任として育成機関出身のレジェンドである宮本恒靖U-23監督の昇格を決断した。 ▽人望が厚く理論派としても知られる宮本監督は、25日から非公開でトップチーム練習を指導。具体的な戦術など定かではないが、時間も限られ、前任者の築くベース下の戦いを余儀なくされそうだ。ただ、初練習後、個々のアイデア頼みだった攻守両面に規律を設けるなどチーム戦術の整理を示唆。限定的な時間の中でできる限りの作業に励む。 ▽クラブとしても早急に結果を求めたいところだが、宮本監督にとって、J1リーグの指揮は初。シーズン真っ只中の就任であり、自分色に染め上げるまでには時間が足りない。G大阪サポーターにとって、今鹿島戦は初陣白星に期待しつつ、宮本スタイルの一端を確認する試合になる。 ◆昌子離脱の不安要素〜鹿島アントラーズ〜 ▽対する鹿島は、再開初戦のジュビロ磐田戦を引き分けたものの、その後は柏レイソルとセレッソ大阪を連破。DF植田直通やFW金崎夢生の退団に不安の声を挙げる周囲に反して、順位も7位に上げて上昇気流に乗りつつあり、Jリーグ最多であるタイトルホルダーとしての貫禄を見せつけている。 ▽しかし、DF昌子源が先のC大阪戦で負傷交代。植田の後釜としてサガン鳥栖から韓国代表DFチョン・スンヒョンを獲得する見事な立ち回りを見せた鹿島だが、守備の要である昌子が全治3週間の負傷離脱で余儀なくされたことで、今節から守備陣に核不在の不安要素が生じている。 ▽また、AFCチャンピオンズリーグ参戦の影響により、鹿島はミッドウィークにC大阪と対戦しており、今週末に向けて休養十分のG大阪と比べて、コンディション面に一抹の不安もある。ただ、MF土居聖真やFW鈴木優磨といった攻撃陣の好調さは好材料。昌子の離脱以外、悪いイメージはほぼない。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆ガンバ大阪[4-4-2](C)CWS Brains,LTD.GK:東口順昭 DF:米倉恒貴、三浦弦太、ファビオ、初瀬亮 MF:藤本淳吾、高江麗央、遠藤保仁、倉田秋 FW:ファン・ウィジョ、アデミウソン 監督:宮本恒靖▽先発メンバーは流動的。宮本監督がトップチームでもU-23で構築するプレス戦術を用いる場合、MF遠藤保仁とMFマテウスの併用は難しく、いずれかの相方としてハードワークに長けるMF高江麗央が適任か。また、献身性を求めるのであれば、FW長沢駿が先発起用され、FWアデミウソンがベンチスタートになりそうだ。 ◆鹿島アントラーズ[4-4-2](C)CWS Brains,LTD.GK:クォン・スンテ DF:西大伍、犬飼智也、町田浩樹、安西幸輝 MF:中村充孝、三竿健斗、永木亮太、安部裕葵 FW:鈴木優磨、土居聖真 監督:大岩剛▽上述のとおり、昌子の負傷欠場が確定。一方で、新加入のチョン・スンヒョンがプレー可能となる。そのため、大岩剛監督の泣き所になる守備陣のメンバー選考に関して、実績ある韓国代表センターバックに即先発起用の可能性がある。あとは中2日の過密日程による個々のコンディション面。ただ、調子が良いだけに、大きな変更はないだろう。 【注目選手】 ◆DF三浦弦太(ガンバ大阪)(c)J.LEAGUE PHOTOS▽G大阪の注目プレーヤーは、DF三浦弦太だ。加入2年目の今シーズンは、信頼を勝ち取り、遠藤からキャプテンマークを継承。だが、25失点を喫する守備陣の中で、個人としても身体能力の高さが影を潜め、精彩を欠く試合も少なくない。守備に規律を落とし込む宮本監督の下、再び輝けるか。現役時代に宮本監督が背負った背番号「5」を継ぐ者として、恥じぬパフォーマンスに期待したい。 ◆DFチョン・スンヒョン(鹿島アントラーズ)Getty Images▽鹿島の注目選手は、今夏鳥栖からやってきたチョン・スンヒョンだ。韓国代表のロシア・ワールドカップメンバーにも選ばれたチョン・スンヒョンは、昌子のケガを受け、大阪勢との連戦で大阪に残る鹿島一行に合流すべく、急きょ来阪。まだ加入から間もなく、連携面に不安を抱えるが、チームとしては状況的にも待ってはいられない。ピッチに立てば、新たな防波堤として存在感を示したい。 ◆日程の差 ▽正直言って、今の下馬評だと、状況的に鹿島に部がある一戦。ただ、既述したとおり、鹿島のコンディション面はだいぶ気がかりだ。また、現在の日本列島は連日、猛暑を通り越して酷暑。ミッドウィークに試合を消化したとなれば、そうでないチームとの対戦でコンディション面に差が出てくることは避けられない。突貫工事のG大阪にとって、鹿島に付け入る隙があるとすれば、まずそこだろう。対する鹿島はどう不利な日程面をカバーするか。今節注目の一戦、G大阪vs鹿島は28日19時にキックオフを迎える。G大阪vs鹿島をDAZNで観よう! 2018.07.27 17:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】運命の後半戦!優勝目指す広島、因縁の相手に好スタートを決められるか《広島vs浦和》

▽明治安田生命J1リーグ第18節、サンフレッチェ広島vs浦和レッズが28日に、エディオンスタジアム広島で行われる。リーグもようやく折り返し地点、運命の後半戦がスタートする。 ◆シーズン折り返し、前半戦の好調を維持できるか~サンフレッチェ広島~ ▽前節、最下位の名古屋グランパスと無得点で引き分けるも、2位のFC東京と勝ち点差「7」をつけて首位でシーズンを折り返した広島。決定力は欠いたものの、前線のFWパトリックやMF柏好文らは好調をキープし、守備でも守護神林卓人を中心に堅守を保っている。開幕からの固定メンバー軒並み問題なく、DF野上結貴がケガを負ったものの、代わりにDF千葉和彦が復帰。このペースのまま後半戦も引き続き独走態勢をキープしたいところだ。 ◆首位広島を破り、後半戦好スタートへ~浦和レッズ~ ▽先日、DF遠藤航のベルギーのシント=トロイデンVVへの移籍が発表された浦和は、前節のセレッソ大阪戦では1-1のドロー。ラストマッチとなった遠藤を勝利で送ることは出来なかった。それでも、リーグ戦ここ4試合負けなしで、エースのFW興梠慎三にも5試合ぶりのゴールが生まれるなど、ポジティブな要素も。前半戦はわずか5勝しか挙げることが出来ず12位に甘んじたが、後半戦初戦で首位広島を叩き、巻き返しの好スタートを切れるか。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆サンフレッチェ広島[4-4-2](c) CWS Brains, LTD.GK:林卓人 DF:和田拓也、千葉和彦、水本裕貴、佐々木翔 MF:柴崎晃誠、青山敏弘、稲垣祥、柏好文 FW;パトリック、工藤壮人 監督:城福浩▽名古屋戦と同じスタメンを予想。現状ではこれがベストなため無駄にいじる必要はない。だが、考えられる選択肢として、FW工藤壮人に代わりFWティーラシンや新加入のFWベサルト・ベリーシャ先発入りを果たすかもしれない。前節はベンチ入りも出番がなかったベリーシャだが、この試合でデビューする可能性は大いにある。 ◆浦和レッズ[3-4-2-1](c) CWS Brains, LTD.GK:西川周作 DF:岩波拓也、マウリシオ、槙野智章 MF:橋岡大樹、柏木陽介、青木拓矢、宇賀神友弥 MF:ファブリシオ、武藤雄樹 FW:興梠慎三 監督:オズワルド・オリヴェイラ▽注目は遠藤が抜けた右センターバック。フォーメーションはそのままにDF岩波拓也が入ると予想する。MF阿部勇樹もしくはMF橋岡大樹が守備に下りる可能性も考えられるが、将来を考えて新加入の選手に経験値を与えておくことが最善か。また、トップ下の位置には前節躍動のファブリシオを入れた。 【注目選手】 ◆FWパトリック(サンフレッチェ広島)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽リーグ前半戦で12ゴールを奪ってみせたこの男にいやでも期待してしまう。12ゴールはすでに2015年に記録したキャリアハイに並んでおり、1点でも奪えば更新となる。リーグ戦では浦和相手に1度もゴールを奪ったことはないため、このあたりで一発決めておきたい。 ◆MFファブリシオ(浦和レッズ)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽前節躍動のファブリシオをピックアップ。ポルティモネンセから加入した元鹿島アントラーズのアタッカーは、前節新加入ながら浦和の攻撃を牽引。個人技にもチームプレーにも優れ、早速興梠慎三のゴールをお膳立てした。後半戦、この男がチームのキーマンとなりそうだ。 ◆運命の後半戦、因縁の対決はどちらに軍配が上がるのか ▽Jリーグはいよいよ後半戦に突入する。優勝に向けてスタートダッシュを成功させたい広島の相手は何かと因縁のある浦和。今季3度の対戦も1勝1分け1敗と、順位ほど簡単な相手ではない。 ▽一方の浦和はその因縁さえも味方に付けたいところ。前半戦16得点は4番目に少ない数字で、対する広島の失点はわずかに8。点を獲ることは困難なタスクになりそうだが…広島vs浦和をDAZNで観よう! 2018.07.27 17:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1第18節プレビュー】今節から後半戦へ突入! 好調同士の神奈川ダービー開催! G大阪はツネ様初陣白星なるか

▽明治安田生命J1リーグ第18節の9試合が27日から28日に行われる。 ▽イニエスタやフェルナンド・トーレスのデビューで注目を集めた前節でリーグ戦も折り返しを迎え、今節から後半戦に突入するJ1リーグ。今節は11位・湘南ベルマーレが、3位・川崎フロンターレをホームに迎える神奈川ダービーが開催。前回対戦はドローに終わった一戦。果たして決着は着くのだろうか。 ▽また、ここまで低迷し続けてきた“西の雄"ガンバ大阪が23日、ついにレヴィー・クルピ監督の解任を決断。クラブのレジェンド宮本恒靖新体制を迎える16位・G大阪は、7位・鹿島アントラーズと激突する。その鹿島からはFW金崎夢生がサガン鳥栖へ。ジュビロ磐田をホームに迎える一戦でデビューなるか。後半戦への重要な一戦。今節9試合の見どころを、コンパクトにまとめて紹介する。 ◆勝負は1点を巡る争いに? FC東京 vs V・ファーレン長崎 [7月27日(金)18:00] ▽9戦無敗で波に乗る2位FC東京と3連敗で15位に沈む長崎による一戦。とはいえ、攻撃的なクラブと好相性のFC東京にとっては厄介な相手か。ここ2戦無得点の長崎との1点を巡る真剣勝負に臨む! ◆守備の不安と、期待の攻撃 横浜F・マリノス vs 清水エスパルス [7月28日(土)18:00] ▽歴史的大勝から一転、前節のFC東京戦では5失点を喫して連勝が止まった横浜FM。先日にはM・デゲネクに加え金井貢史も退団し守備のほつれが気になるところ。一方の清水は前節に新加入ドウグラスにデビュー戦初ゴールが生まれ2連勝中だ。 ◆前節の好感触を次に繋げるのは? 名古屋グランパス vs 北海道コンサドーレ札幌 [7月28日(土)18:00] ▽名古屋は前節首位広島戦で新加入2名をCBコンビに据え勝ち点1を奪取。対する札幌も前節磐田と真っ向から勝負しゴールレスドロー。前節の良い流れを持ち越し次に繋げるのはどちらになるか。 ◆勝利遠いC大阪に公私共に好調なGK関憲太郎が立ちはだかる ベガルタ仙台 vs セレッソ大阪 [7月28日(土)19:00] ▽仙台は、前節勝利の立役者GK関憲太郎に25日第二子となる長女が誕生。今季2度目の連勝で祝杯をあげることができるか。一方、C大阪は7月に入って3試合未勝利。ケガから復帰して以降、4試合得点がない杉本健勇の一撃がほしいところだ。 ◆大卒ルーキーの勢いか、主将としてのプライドか 湘南ベルマーレ vs 川崎フロンターレ [7月28日(土)19:00] ▽直近3戦を2勝1分けと好調の湘南。前節には大卒ルーキー坂圭祐がプロ初弾に加え、攻守に躍動。王者・川崎Fにも物怖じせずにいられるか。対する川崎Fは4連勝するチームと共に主将小林悠の調子も上向き。ここからゴールラッシュを目指す ◆ツネ様初陣!名門復活の狼煙を上げられるか ガンバ大阪 vs 鹿島アントラーズ [7月28日(土)19:00] ▽ついにクルピ監督解任に踏み切ったG大阪はレジェンド宮本恒靖に舵取りを託した。名門復活へ初戦の相手は鹿島だが、25日に試合を行った鹿島は中2日で臨むことになる。加えて昌子源が負傷し、チームのスタミナ切れが懸念される。 ◆イニエスタ真価発揮なるか?! ヴィッセル神戸 vs 柏レイソル [7月28日(土)19:00] ▽神戸は前節アンドレス・イニエスタがデビューも湘南に完敗。歯車を合わせ世界的マエストロの真価を引き出したい。対する柏はリーグ再開から連敗。守護神GK中村航輔も負傷の悪い流れを勝利で断ち切りたい。 ◆後半戦開始!広島、優勝へ好スタートを切れるか サンフレッチェ広島 vs 浦和レッズ [7月28日(土)19:00] ▽独走態勢を保ったまま臨む広島の後半戦初戦の相手はここ4戦負けなしの浦和。前節の再三の決定機も名古屋とゴールレスドローに終わった強力攻撃陣が牙をむく。対する浦和も前節に興梠慎三が5戦ぶりにゴール。拳と拳がぶつかり合う。 ◆手を加えた鳥栖攻撃陣か、あるべき姿に戻りつつある磐田守備陣か サガン鳥栖 vs ジュビロ磐田 [7月28日(土)19:00] ▽得点数リーグワーストタイの鳥栖に金崎夢生が電撃加入。フェルナンド・トーレスと共に得点力不足解消なるか。磐田は前節ドローも第9節以来の無失点。手を加えた鳥栖攻撃陣とあるべき姿に戻りつつある磐田守備陣。5戦ぶり白星はどっち? Jリーグを観るならDAZN!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.07.26 22:30 Thu
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】中2日での消耗戦…中断明け初勝利か、再び攻撃陣爆発か《C大阪vs鹿島》

▽25日、明治安田生命J1リーグ第14節の延期試合が開催。ヤンマースタジアム長居で、セレッソ大阪vs鹿島アントラーズが行われる。 ◆ACLの影響でミッドウィーク開催 ▽日本各地で酷暑とも言われる厳しい気候条件が続く中、前節から中2日で行われるこの一戦。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の影響で延期された試合は、両チームにとってチーム力が試されることとなるだろう。 ▽ホームのC大阪は、前節の浦和レッズ戦に続いてのホーム開催。鹿島は次節にガンバ大阪戦を控えており、大阪での連戦となる。上位に食い込みたいC大阪と混戦の中位から抜け出したい鹿島。両者の狙いは、勝利のみだろう。 ◆再開後の初勝利を目指して〜セレッソ大阪〜 ▽中断明けの2試合で勝利がないC大阪。さらに、前節はMF清武弘嗣が負傷欠場と、明るい話題がない。浦和戦は、序盤から攻め立てたC大阪が先制するも、浦和に追いつかれドロー。前々節の清水エスパルス戦からの改善は見られたが、早く勝利が欲しいところだろう。 ▽過密日程を考慮し、ある程度のメンバー変更はあるはずだ。しかし、FW柿谷曜一朗はトレーニングに復帰したものの、出場は時期尚早。清武も弾き続き欠場となる見込みだ。尹晶煥監督がどのようなメンバー構成にするかは読めないが、再開後の初勝利を挙げたい。 ◆好調な攻撃陣はどこまで〜鹿島アントラーズ〜 ▽対する鹿島は、中断明けの2試合を1勝1分けと勝ち点を稼いでいる。さらに、2試合で9得点と攻撃陣が爆発。このままの勢いで、上位進出のキッカケを掴み取りたいところだろう。 ▽ロシア・ワールドカップが終わり、DF植田直通がベルギーへと移籍した中、試合前日の24日にFW金崎夢生がサガン鳥栖へと完全移籍。一方で、その鳥栖から韓国代表としてワールドカップに出場したDFチョン・スンヒョンが完全移籍で加入した。起用は次節からになるが、今の勢いを止めずに連勝を飾りたい。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆セレッソ大阪[4-4-2](C)CWS Brains,LTD.GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、山下達也、マテイ・ヨニッチ、丸橋祐介 MF:水沼宏太、ソウザ、オスマル、高木俊幸 FW:杉本健勇、山村和也 監督:尹晶煥▽ターンオーバーを考え、前節から数名を変更すると予想。最終ラインにはDF山下達也、中盤にはMFオスマル、MF水沼宏太が入ると予想する。過密日程を乗り切るだけでなく、再開後の初勝利に向けて、コンディション面を考慮したメンバーを選ぶはず。好調の鹿島攻撃陣をしっかりと止めることが求められる。 ◆鹿島アントラーズ[4-4-2](C)CWS Brains,LTD.GK:クォン・スンテ DF:西大伍、犬飼智也、昌子源、安西幸輝 MF:遠藤康、三竿健斗、永木亮太、安倍裕葵 FW:鈴木優磨、土居聖真 監督:大岩剛▽攻撃陣が絶好調の鹿島は、大きなメンバー変更は行わないと予想。それでも、中盤にはMF遠藤康が復帰すると見る。良い流れを止めず、しっかりと連勝できるか。得意としているアウェイのC大阪戦で、しっかりと白星を掴みたい。 【注目選手】 ◆MFソウザ(セレッソ大阪)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽C大阪の注目選手は、中盤のキーマンとなるMFソウザだ。清水戦では敗れたものの、浦和戦では中盤のコンパクトな守備で失点を最小限に抑え、1-1のドローという結果を残した。前半戦はケガの影響でプレーできなかったソウザだが、復帰した前節は持ち前のハードなプレーでチームに貢献。好調な鹿島の攻撃の起点となる中盤をどう抑えるか。攻撃の芽を摘むことができれば、中断明けの初勝利に近づくだろう。 ◆FW鈴木優磨(鹿島アントラーズ)Getty Images▽鹿島の注目選手はFW鈴木優磨を挙げたい。前節は2ゴール1アシストの活躍で、チームの大勝に貢献。自身初の1試合2得点で、勢いに乗っているはずだ。金崎が移籍したこともあり、前線の中心選手となることが求められる鈴木。鹿島の浮上には、鈴木の自信が確信に変わることが必要だ。 ◆消耗戦で結果を残し勢いづくのは ▽前述の通り、鹿島はアウェイのC大阪戦で5連勝と相性は抜群だ。今のチームが勢いに乗れば、上位への足がかりになることは間違いない。一方で、C大阪も負けられない。来シーズンのACL出場権が得られる3位以内に入るためには、これ以上離されたくない。また、鹿島とも順位の差はあるが、勝ち点差はわずかに「5」。今節の結果次第では、より混戦状態が厳しくなる。 ▽鹿島は攻撃陣が好調だが、守備陣も不安定さを露呈。昌子が復帰したものの、植田の穴は小さくない。C大阪としても、突きどころがない訳ではなく、しっかりとゴールを奪えれば、勝機も見えてくる。消耗が激しい中2日での一戦。試合は25日(水)の19時にキックオフを迎える。 C大阪vs鹿島をDAZNで観よう!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.07.24 20:00 Tue
twitterfacebook
thumb

【J1第17節プレビュー】今節から新戦力が起用可能に! イニエスタ&トーレス出場なるか!? 急遽遠藤航がラストマッチ

▽明治安田生命J1リーグ第17節の9試合が22日に行われる。 ▽18日に約2カ月ぶりに再開したJ1リーグ。そして新戦力の起用が可能となる今節Jリーグファン待望の時が訪れる。湘南ベルマーレをノエビアスタジアム神戸に迎えるヴィッセル神戸は、今夏にバルセロナを退団したスペイン代表MFアンドレス・イニエスタを獲得。また、ベガルタ仙台をベストアメニティスタジアムに迎えるサガン鳥栖もアトレティコ・マドリーを退団した元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスを獲得した。ヨーロッパで数々の栄冠を手にしてきた2人がJリーグの舞台でどんなプレーを披露してくれるのか注目が集まる。 ▽今節では最下位・名古屋グランパスが、首位・サンフレッチェ広島と激突。今夏にJリーグの実力者たちを獲得した名古屋が首位・広島の勢いを止められるか。一方でセレッソ大阪と対戦する浦和レッズは、試合前日の21日に日本代表DF遠藤航のシント=トロイデンVV移籍基本合意を発表。今節がラストマッチとなる中、勝利で遠藤を送り出せるか。今節9試合の見どころを、コンパクトにまとめて紹介する。 ◆名古屋浮上のカギは新戦力にあり!強力広島の攻撃を抑えられるか 名古屋グランパス vs サンフレッチェ広島 [7月22日(日)18:00] ▽最下位名古屋と首位広島が激突。中断期間明けも相変わらずの名古屋に対し広島は4発快勝を収めた。だが名古屋は今節から頼れる新戦力が出場可能に。中谷進之介、丸山祐市、エドゥアルド・ネットらは広島の攻撃陣を止められるのか ◆イニエスタ降臨!! 世界一のプレーを刮目せよ!! ヴィッセル神戸 vs 湘南ベルマーレ [7月22日(日)18:00] ▽この試合の注目は何といってもイニエスタ。何度も世界一に輝いたスーパースターがついにJのピッチに舞い降りる。好調神戸を後押しできるか。対する湘南もビビってはいられない。新加入の山﨑凌吾はケガ人多しの攻撃陣の起爆剤となれるか ◆低迷する名門、浮上のきっかけを掴めるか 鹿島アントラーズ vs 柏レイソル [7月22日(日)18:30] ▽前節を勝利で飾ることができなかった両者は序盤から中位を行ったり来たり。鹿島は守備の要の植田直通が移籍し昌子源も出場微妙。一方、柏は名門・フルミネンセからDFナタン・ヒベイロを獲得。そろそろ浮上のきっかけを掴みたいところだが… ◆4試合ぶり白星をもたらすのは? 北海道コンサドーレ札幌 vs ジュビロ磐田 [7月22日(日)19:00] ▽3試合勝利なしの両者。直近リーグ戦3試合の得点数がわずか「1」の札幌は古巣対決となるジェイがゴールラッシュの口火を切れるか。一方の磐田は、今夏加入の大久保嘉人の出場に注目。「もう一度輝きたい」その決意をプレーで示せるか。 ◆最強の矛vs盾が勃発! FC東京 vs 横浜F・マリノス [7月22日(日)19:00] ▽前節柏に1-0で勝ち切った2位FC東京は失点数リーグ2位。対するベガルタ仙台を8-2で下した横浜FMは得点数リーグトップだ。対照的なスタイル持つ両クラブの対戦、勝つのは矛か、盾か。 ◆清水、大阪勢から連勝なるか ガンバ大阪 vs 清水エスパルス [7月22日(日)19:00] ▽前節の広島戦で早々に退場者を出し0-4の完敗を喫したG大阪。疲労が気がかりだが、連敗は避けたい。一方の清水はC大阪に3-0で快勝。大阪勢からの連勝を飾り、波に乗ることはできるか。 ◆白星はリオ五輪戦士の活躍次第? 川崎フロンターレ vs V・ファーレン長崎 [7月22日(日)19:00] ▽川崎Fは、前節W杯帰りの大島僚太が存在感を見せた。今節も巧みなゲームコントロールでしっかりと勝利を収めたいところだ。一方の長崎は、前節無得点も鈴木武蔵がスピードで脅威に。3試合ぶりゴールなるか。カギはリオ世代の2人。 ◆古巣対決の高木俊幸か、ベルギー移籍の遠藤航か セレッソ大阪 vs 浦和レッズ [7月22日(日)19:00] ▽リスタート失敗のC大阪は、前節途中出場で奮闘した高木俊幸が古巣対決。恩返し弾で白星に貢献できるか。浦和は21日急遽遠藤航のシント=トロイデンVV移籍基本合意を発表。ラストマッチとなった今節、最高のプレーで別れを告げられるか ◆立て直し図る仙台に“神の子”が襲い掛かる! サガン鳥栖 vs ベガルタ仙台 [7月22日(日)19:00] ▽鳥栖は中断期間中に世界的スターのFWフェルナンド・トーレス獲得を発表!あらゆる栄光を手にしたエル・ニーニョの活躍に期待がかかる。対する仙台は前節クラブワースト失点大敗。立て直しを図りたい Jリーグを観るならDAZN!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.07.21 21:30 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】王者、首位追走へ4連勝なるか! 勝ち点を渇望する長崎を迎え撃つ《川崎Fvs長崎》

▽今シーズンの明治安田生命J1リーグ折り返し地点となる第17節。22日には川崎フロンターレ(3位/勝ち点30)が、V・ファーレン長崎(15位/勝ち点17)をホームの等々力陸上競技場に迎え撃つ。 ◆スキのない戦いで4連勝へ~川崎フロンターレ~ ▽川崎Fは前節天皇杯での不甲斐ない一戦から一転し、主導権を握りながら北海道コンサドーレ札幌を押し込んで2-1で勝利。中断期間明け初戦に訪れた上位対決を制したことで後半戦に向けて良いムードでリスタートを切った。試合内容でも後半早い時間帯に2-0にした後、勢いを落とさず、守備面でも集中を切らさずに試合終了間際まで進めていた。それだけに鬼木達監督も「欲を言えば3点目をしっかり決めたかった。(試合終了間際の失点について)最後のところはまだスキがあった」と口にしていた。 ▽今節の相手であるV・ファーレン長崎は現在15位に位置。初対戦とはいえ首位追走に向けて取りこぼしの許されない一戦だ。涼しかった北海道とは違い高温多湿の中でのゲームになることが予想されるが、スキのない戦いを90分間続けて4連勝を飾りたいところだ。 ◆現実的な戦いで3連敗阻止へ~V・ファーレン長崎~ ▽一方の長崎は、ヴィッセル神戸戦を0-1で敗れてリーグ戦連敗。中断期間で取り組んできたポゼッション向上の成果を試合を通して発揮することはできなかったが、「自分たちが意図する場面も作れた」と高木琢也監督はポジティブに捉えた。また、守備面でもGK徳重健太を中心としたディフェンスで1失点に抑えることができたのは好材料だ。 ▽しかし、今節の相手は王者・川崎F。ポゼッションでは一枚も二枚も上手な相手に高木監督も「違うような形を考えないといけない」と一度カウンター主体に戻す可能性も示唆。ボールの保持を許す展開が予想されるが、攻守の切り替えでいかに違いを作れるか。また、今節から今夏に獲得したDFヨルディ・バイスとFWハイロ・モリージャスが出場可能であり、どのタイミングで起用するかもポイントになる。降格圏から離れるためにも3連敗は避けたいところだ。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆川崎フロンターレ[4-2-3-1](c) CWS Brains, LTD.GK:チョン・ソンリョン DF:エウシーニョ、奈良竜樹、谷口彰悟、車屋紳太郎 MF:大島僚太、守田英正 MF:家長昭博、中村憲剛、阿部浩之 FW:小林悠 監督:鬼木達▽中3日の中で迎える一戦だが、前節からの変更はなさそうだ。前節先制点を挙げたエウシーニョは右サイド、主将FW小林悠はワントップに入る。なお、ボランチはリーグ戦4試合先発中のMF守田英正が、MF大島僚太とコンビを組む。主力を欠く相手の隙をうまく突いていけるか注目だ。 ◆V・ファーレン長崎[3-4-2-1](c) CWS Brains, LTD.GK:徳重健太 DF:徳永悠平、髙杉亮太、田上大地 MF:飯尾竜太朗、黒木聖仁、島田譲、翁長聖 MF:、鈴木武蔵、幸野志有人、 FW:ファンマ 監督:▽前節に続きMF中原彰吾とMF中村慶太が欠場の見込み。ボランチはMF黒木聖仁とMF島田譲が務めることになりそうだ。また、前節1トップに入ったFW鈴木武蔵が2シャドーの一角に入り、コンディション面を考慮して途中出場となっていたFWファンマが1トップで先発することを予想する。新加入のヨルディ・バイスとハイロ・モリージャスはベンチスタートか。 【注目選手】 ◆FW小林悠(川崎フロンターレ)(c) CWS Brains, LTD.▽4連勝へのカギを握るのは、エース・小林だ。前節では巧みなシュートでチームの2点目を奪取。ロシア・ワールドカップ(W杯)メンバー落選へのうっ憤を晴らした。ここまでリーグ戦5ゴール。昨季得点王&MVPとしてもまだまだ物足りない状況だ。しかし、そんな昨季も第16節時点では6ゴールにとどまっていた。後半戦でのゴールラッシュに向けてまずは2試合連続ゴールでその口火を切りたい。 ◆FW鈴木武蔵(V・ファーレン長崎)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽一方、長崎のキープレーヤーは、鈴木武蔵だ。今シーズンはここまでリーグ戦5ゴールを記録。前節も得点こそ奪えなかったものの、スピードを生かした攻撃で相手に脅威を与えた。今節はボールを保持して攻撃を組み立てる川崎Fが相手なだけに、数多くのチャンスは訪れないだろう。しかし、相手が前がかりになった際のカウンターでは自身のスピードに間違いなく王者も嫌がるはずだ。また、身長185㎝の高さはセットプレーの守備に難を抱える相手から得点を奪う武器にもなる。決定力不足の課題を抱えたチームを救えるか。 ◆昇格組とのホーム戦に強い川崎F、長崎はいかに先制を許さないか ▽首位追走へ取りこぼしの許されない川崎Fと降格圏から少しでも離れたい長崎の一戦。下馬評では川崎Fに分があるように思えるが、データ的にも川崎Fが有利といえるかもしれない。川崎Fはこれまで昇格組とのホーム戦では2014年以降9勝4分けで13試合連続無敗中。一方の長崎は今シーズンリードを奪われた試合の9試合を全敗中だ。そういう意味でもどちらがいかにして先制点を奪うかが重要となりそうだ。王者・川崎Fが4連勝を飾るか、長崎が勝ち点を奪い3連敗を阻止するか。川崎Fvs長崎は22日の19時にキックオフを迎える。川崎Fvs長崎をDAZNで観よう! 2018.07.21 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】新戦力は光となるか…守備補強の最下位名古屋、首位広島をホームに迎え撃つ《名古屋vs広島》

▽熱戦が続いたロシア・ワールドカップも閉幕し、18日に2カ月ぶりに再開した明治安田生命J1リーグ。22日に行われる第17節では、中断期間中に積極補強を敢行した名古屋グランパスが首位サンフレッチェ広島を迎え撃つ。 ◆新戦力は光となるか~名古屋グランパス~ ▽2カ月の中断期間を経て行われた第16節の浦和レッズ戦。課題だった守備がどこまで修復されたか注目が集まったが、終わってみれば3失点。そのすべてがセットプレーからと、守備の脆さがさらに露呈する形となってしまった。 ▽リーグワーストの失点33、わずか2勝で臨む第17節は、今夏加入のDF中谷進之介(柏レイソル)、DF丸山祐市(FC東京)、DFエドゥアルド・ネット(川崎フロンターレ)、MF前田直輝(松本山雅FC)らが出場可能に。守備には各クラブで主力として活躍していた中谷と丸山のセンターバックコンビに加え、中盤の守備職人E・ネットが守りを堅くする。さらなる期待が寄せられる第17節、相手はリーグ最多得点の広島。どこまで守り切れるか。 ◆3年ぶり優勝へブーストをかけられるか~サンフレッチェ広島~ ▽そしてその広島は中断期間を明けても前半戦の勢いは衰えなかった。ガンバ大阪とのホーム戦に挑んだ前節は古巣対決となったFWパトリックの2得点などで4発快勝。FW工藤壮人にも今季リーグ戦初ゴールが生まれたほか、第1節で右腕にケガを負って離脱していたDF千葉和彦が復帰するなど嬉しいニュースが続いた。 ▽第17節は最下位名古屋が相手だが、今シーズンのルヴァンカップでの2度の対戦は1勝1敗。通算では12勝10分17敗と決して得意な相手ではない。また名古屋の新戦力も不気味なところ。だがこちらも、リーグゴール数を12まで伸ばしたパトリックに加え、コソボ代表FWべサルト・ベリーシャがメルボルン・ビクトリーから加入。後者は過去Aリーグで2度の得点王に輝いた実績を持ち、同リーグで通算171試合に出場し106得点を挙げた非常に頼もしい助っ人外国人だ。名古屋の守備が完成しきる前に、出る杭は打っておかなければならない。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆名古屋グランパス[3-4-3](c) CWS Brains, LTD.GK:ランゲラック DF:中谷進之介、新井一輝、丸山祐市 MF:玉田圭司、エドゥアルド・ネット、小林裕紀、和泉竜司 FW:ガブリエル・シャビエル、ジョー、青木亮太 監督:風間八宏▽新戦力を有効に使うため、そして右サイドバックの宮原和也が広島戦では起用できないため、[3-4-3]の布陣を予想。中谷や丸山、E・ネットはいきなりの先発起用だが、今の名古屋にはこれぐらいのカンフル剤が必要だ。 ◆サンフレッチェ広島[4-4-2](c) CWS Brains, LTD.GK:林卓人 DF:和田拓也、千葉和彦、水本裕貴、佐々木翔 MF:柴崎晃誠、青山敏弘、稲垣祥、柏好文 FW;パトリック、工藤壮人 監督:城福浩▽フォーメーションは一貫して[4-4-2]だが、第1節でケガした千葉に代わってここまで好パフォーマンスを披露してきた野上結貴が前節負傷し、再び千葉がカムバック。現在のところケガの具合が不明だが、大事をとって休ませることになりそう。また、攻撃面ではベリーシャは期待大だがコンビネーションを考えると、先発にはまだ使い辛いか。 【注目選手】 ◆MFエドゥアルド・ネット(名古屋グランパス)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽名古屋の注目選手は新加入のE・ネットだ。名古屋の守備力で今季最強の攻撃力を誇る広島を止めるにはまずは中盤からの圧力が大切になってくる。それは攻撃面でも同じで、相手のセントラルMFからこの男がボールを奪うことが出来れば、前線のタレントたちが鋭いカウンターを決めてくれるに違いない。 ◆FWパトリック(サンフレッチェ広島)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽広島はやはりこの選手に注目だ。前節の2ゴールでリーグ得点数を12に伸ばしたストライカーは、かつてない早さでゴールを量産している。30歳でキャリアの絶頂期を迎えており、名古屋戦でも得点力に期待がかかる。特に名古屋はブレイク期間に守備を補強。コンビネーションが出来上がる前に早いところ叩いておきたい。 ◆シーズン折り返し、白星で後半戦に臨むのは ▽下馬評では広島が有利であることは明らかだが名古屋もここで踏ん張らなければ後半戦に光が見えてこない。新戦力がすぐにフィットするかどうかは未知数だが、実力は本物。この試合を転機に一気に浮上のきっかけを掴みたい。一方の広島もシーズン折り返しとなるこの試合で勝ってスッキリと後半戦に臨みたいところだ。名古屋vs広島をDAZNで観よう! 2018.07.21 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】最強の矛と盾が激突! 対照的なスタイルの両クラブが信念をぶつけ合う《FC東京vs横浜FM》

▽中断期間中の補強選手の登録も完了する22日の明治安田生命J1リーグ。2位のFC東京は、第17節で10位の横浜F・マリノスをホームの味の素スタジアムに迎える。 ◆“試合巧者”として臨むべき一戦~FC東京~ ▽中断明けの重要な一戦、第16節柏レイソル戦で数人の主力を欠く事態に見舞われながらも1-0での勝利を手にしたFC東京。FWディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑への依存が囁かれる中で、その2枚抜きで白星を手にしたことは大きい。また、前線だけでなく最終ラインに若手DF小川諒也、岡崎慎を配置していたことも不安視されていたが、両者ともに戦力であることを十分に示していた。堅守速攻の手堅い戦いで積み上げてきたスタイルを変化させず、底上げてきたことが確認できた一戦だ。とはいえ、FC東京の現在の勝ち点は「31」。首位サンフレッチェ広島が「40」、3位の川崎フロンターレが「30」であることを考えると、気を引き締めなくてはならない日々が続く。次の対戦相手は、第16節でベガルタ仙台に8-2の大勝を収めた横浜FMだ。FC東京に必要なことは、相手の勢いを逆手に取る試合巧者ぶりを発揮することだろう。ベストメンバーで臨める横浜FM戦、ホームの後押しを受け、優勝争いに相応しいクラブであることを改めて証明したい。 ◆アタッキング・フットボールの体現~横浜F・マリノス~ ▽横浜FMは、中断明け最初の一戦で仙台に8-2と大勝。チームトップの7得点を挙げているFWウーゴ・ヴィエイラを押し退けてスタメン起用されたFW伊藤翔がハットトリックを記録するなど、確実に上積みを感じさせた試合だ。ポステコグルー監督の標榜する攻撃サッカーを体現し、同じくアクションフットボールを目指す相手を正面から撃破していた。しかし、調子そのままに勝利を重ねたい横浜FMにとって厄介なことに、FC東京は仙台とは全く違った特徴を持つチームだ。堅守を軸にした現実的なサッカーをどう崩していくのかが課題となる一方で、強力な2トップを相手にハイライン戦術を機能させることができるのか。逆に、FC東京戦でチームのスタイルを貫き勝利を手にすれば、大きな自信となる。上位浮上を目指す上で、底力の試される一戦だ。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆FC東京[4-4-2](c) CWS Brains, LTD.GK:林彰洋 DF:室屋成、チャン・ヒョンス、森重真人、太田宏介 MF:大森晃太郎、橋本拳人、高萩洋次郎、東慶悟 FW:永井謙佑、ディエゴ・オリヴェイラ 監督:長谷川健太▽コンディションの不安が伝えられていたFW永井謙佑、DFチャン・ヒョンス、GK林彰洋が復帰する見込みだ。また、契約の関係上、前節は出場出来なかったFWディエゴ・オリヴェイラも復帰できるため、ベストメンバーを組むことが可能となっている。 ◆横浜F・マリノス[4-3-3](c) CWS Brains, LTD.GK:飯倉大樹 DF:松原健、中澤佑二、金井貢史、山中亮輔 MF:喜田拓也、扇原貴宏、天野純 FW:仲川輝人、伊藤翔、遠藤渓太 監督:アンジェ・ポステコグルー▽横浜FMも負傷等は伝えられておらず、快勝した前節から大きな変更は行わないものとみられる。FWウーゴ・ヴィエイラに関してはセンターフォワードのファーストチョイスとなる可能性もあるが、前節ハットトリックの結果を残したFW伊藤翔を外すことは考え難い。 【注目選手】 ◆永井謙佑(FC東京)(C)CWS Brains, LTD.▽FC東京の注目プレーヤーは、中断明け2戦目で復帰濃厚なFW永井謙佑だ。FC東京加入初年度となる今シーズンは、キープ力に優れるFWディエゴ・オリヴェイラとの好連係を構築してここまで4ゴールを記録。その快足と運動量を武器に最前線から猛プレスをかけ、幾度となく裏抜けを狙う。ハイラインを維持する横浜FMが最終ラインの裏のケアを怠れば、永井の脚がピッチを切り裂くだろう。 ◆扇原貴宏(横浜F・マリノス)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽横浜F・マリノスの注目プレーヤーは、正確な左足で相手の急所を突くMF扇原貴宏だ。MF天野純、喜田拓也、DF山中亮輔らロングキックを得意とする選手の中でも、よりバランス感覚に優れる扇原。味方を動かしつつ、自らも得点に絡んでいくことが可能だ。FC東京の強固な守備を崩す為、扇原の的確な揺さぶりが必要不可欠となる。 ◆失点数2位vs得点数1位 ▽FC東京のリーグ戦の失点数は、ここまで「13」で2位タイ。対する横浜FMは得点数「31」でリーグトップに立っている。両クラブのスタイルを如実に表しているこれらの数字は、まさに試合展開を象徴するものとなるだろう。アクションを起こす横浜FMがいかにして崩し切るか、それに対応するFC東京がどのように凌ぎ、どのタイミングで必殺のカウンターを繰り出すのか。最強の矛と盾が激突するFC東京vs横浜FMは、19:00にキックオフを迎える。 2018.07.21 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】スペインのマエストロ、Jリーグ降臨へ《神戸vs湘南》

▽今シーズンの明治安田生命J1リーグ折り返し地点となる第17節。ヴィッセル神戸(6位/勝ち点25)が湘南ベルマーレ(14位/同19)をホームのノエビアスタジアム神戸に迎え撃つ。 ◆イニエスタのデビューあるか〜ヴィッセル神戸〜 ▽神戸は、“今シーズン2度目の開幕戦”前節のV・ファーレン長崎戦を1-0で勝利。約2カ月の中断期間を挟み、今シーズン最長の3連勝を飾った。そして、登録ウィンドー解禁で迎える今節より、今夏にバルセロナから加入したスペイン代表MFアンドレス・イニエスタが遂にプレー可能に。チーム全体が好サイクルを築く中、長崎に挑む。 ◆山﨑凌吾がプレー可能に〜湘南ベルマーレ〜 ▽対する湘南は、1点リードの後半終盤にオウンゴールでサガン鳥栖に追いつかれ、ホームで行われた再開後初戦を手痛いドロー。降格圏に沈む相手との一戦だっただけに、勝ち点2を落とした感が否めない。ただ、今節から今夏加入のFW山﨑凌吾が起用可能。ケガ人多きFW陣のカンフル剤としての活躍に期待したいところだ。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆ヴィッセル神戸[4-4-2](c) CWS Brains, LTD.GK:キム・スンギュ DF:高橋峻希、渡部博文、小林友希、ティーラトン MF:大槻周平、安井拓也、藤田直之、田中順也 FW:ウェリントン、渡邉千真 監督:吉田孝行▽MF三田啓貴が累積警告で出場停止。チームにとって、代えの効かない創造性溢れるプレーヤーだけに、彼の欠場は痛い。代役は、神戸ユース出身の19歳MF安井拓也か。今夏加入のDF大崎玲央と共に今節から出場可能なイニエスタに関して、指揮官は途中起用を明言している。 ◆湘南ベルマーレ[3-4-2-1](c) CWS Brains, LTD.GK:秋元陽太 DF:坂圭佑、アンドレ・バイア、杉岡大暉 MF:岡本拓也、秋野央樹、齊藤未月、高橋諒、松田天馬、梅崎司 FW:菊地俊介 監督:チョウ・キジェ▽対する湘南に出場停止者はいない。だが、故障者が続いている前線は、層的に一抹の不安を抱える。新戦力においても、今節から山崎がプレー可能だが、神戸から期限付き加入のFW小川慶治朗は契約上の問題で出場できない。 【注目選手】 ◆FWウェリントン(ヴィッセル神戸)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽神戸の注目選手は、新たな主砲として存在感が際立つFWウェリントンだ。アビスパ福岡から加入した今シーズンの序盤こそ出場機会が限定的だったが、ここまでJ1リーグ12試合でチームトップの5得点を記録。さらに、出場した直近3試合で4得点2アシストと神戸の全6得点に関与している。そのウェリントンにとって、今節の湘南戦は古巣戦。燃えないわけがない。 ◆GK秋元陽太(湘南ベルマーレ)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽一方、湘南のピックアッププレーヤーは、GK秋元陽太だ。FC東京から復帰2年目の今シーズンもここまで全16試合に先発を続けており、唯一フルタイムで出場中。絶対的守護神に君臨する。今節は攻撃陣が売りの神戸。ボールを握られる展開が見込まれるだけに、最後方からの的確なコーチングと定評のあるシュートストップで防波堤を築きたい。 ◆3ptが欲しい一戦 ▽順位こそやや開きのある両者の一戦となるが、勝ち点でみれば、わずか6ポイント差。さらなる高みを目指す両チームにとって、上位浮上を狙うにあたり、落とせない一戦となる。試合の注目ポイントは、湘南のストロングである走力が良い流れを漂わせる神戸の調和をどう狂わせるか。また、湘南の運動量が際立つ展開になったとき、神戸がどのような策で反発するか。マエストロのJリーグ降臨に注目が集まる神戸vs湘南は22日18時にキックオフを迎える。神戸vs湘南をDAZNで観よう! 2018.07.21 15:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】“エル・ニーニョ”デビューは? 新戦力の活躍で浮上のきっかけを掴むのは《鳥栖vs仙台》

▽22日、明治安田生命J1リーグ第17節が開催。前半戦のラストゲームとなる今節、ベストアメニティスタジアムではサガン鳥栖vsベガルタ仙台の一戦が行われる。 ◆後半戦への足がかりを ▽新加入選手も起用可能となる今節。両チームにとって、後半戦の巻き返しに向けて足がかりを掴みたいところだ。 ▽鳥栖は現在降格圏の17位。仙台は8位だが、降格圏との差はあまりない。両チームともに、今節を含めた18試合で勝ち点を積み上げたいところだ。 ◆“エル・ニーニョ”降臨か?〜サガン鳥栖〜 ▽降格圏の鳥栖だが、後半戦に向けた注目度はかなり高い。蔚山現代に期限付き移籍していたかつてのエース・FW豊田陽平が半年で復帰、さらに今夏の目玉補強の1人である元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスがアトレティコ・マドリーから加入。V・ファーレン長崎からはDF乾大知を獲得した。 ▽トーレスは来日から間もないため、コンディション面などが万全とは言えないものの、マッシモ・フィッカデンティ監督は起用を示唆。新たな背番号「9」がベアスタのピッチに立つ可能性もある。リーガエスパニョーラやプレミアリーグ、そしてワールドカップチャンピオンにもなったトーレスの出場は期待せざるを得ない。 ◆悪夢を払拭できているか〜ベガルタ仙台〜 ▽対する仙台は、中断明けの前節で悪夢に見舞われた。ホームゲームながら、横浜F・マリノス相手に8失点。再開初戦での大敗は、精神的ダメージが大きいだろう。 ▽昨シーズンから取り組んでいたサッカーは見せられているものの、相変わらずの得点力不足に悩まされ、結果を残せていない。そんな中、ガンバ大阪からMF矢島慎也、ヴィッセル神戸からFWハーフナー・マイクを獲得。ピンポイント補強がどう作用するか。早期の悪夢払拭のためにも、結果を残しておきたい。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆サガン鳥栖[4-4-2](C)CWS Brains,LTD.GK:権田修一 DF:小林祐三、高橋祐治、キム・ミンヒョク、吉田豊 MF:福田晃斗、高橋秀人、原川力 MF:高橋義希 FW:小野裕二、豊田陽平 監督:マッシモ・フィッカデンティ▽鳥栖のスターティングメンバーには、かつてのエースである豊田が戻ると予想。トーレスはベンチスタートとなるとみられる。中盤以降の構成は変わらず、しっかりとした守備から、前線のターゲットにボールを預けたい。試合を優位に進め、トーレスをお披露目できる流れにできれば、最高の結果が待っているだろう。 ◆ベガルタ仙台[3-5-2](C)CWS Brains,LTD.GK:関憲太郎 DF:平岡康裕、大岩一貴、板倉滉 MF:蜂須賀孝治、富田晋伍、永戸勝也 MF:奥埜博亮、矢島慎也 FW:石原直樹、西村拓真 監督:渡邉晋▽仙台もハーフナー・マイクはベンチスタートが濃厚か。途中出場でターゲットマンとして起用される可能性が高い。また、矢島はインサイドハーフとして先発か。MF野津田岳人がトレーニングに復帰していないだけに、持ち前の攻撃力と豊富な運動量で中盤の組み立て参加に期待がかかる。 【注目選手】 ◆FWフェルナンド・トーレス(サガン鳥栖)Getty Images▽出場の可否は分からないものの、今節大きな注目を集める選手の1人。スペイン代表としての実績はもちろんのこと、アトレティコ、リバプール、チェルシー、ミランで培った経験をチームに還元できるかも求められる。元コロンビア代表FWビクトル・イバルボ、元日本代表FW豊田陽平と前線のポジション争いもあるが、“エル・ニーニョ”と称されたトレースがどのような効果をもたらすのか。降格圏脱出の起爆剤としても、前半戦ラストゲーム、そして中断明けのホーム初戦でのトーレスの出場に期待だ。 ◆FWハーフナー・マイク(ベガルタ仙台)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽対する仙台の注目選手は、こちらも途中加入となったFWハーフナー・マイクを挙げたい。チーム得点はここまで「19」。上位を伺えるポジションにいながらも、攻撃陣の迫力不足が気になるところだ。開幕2戦で連勝も、その後は一度もなし。波に乗り切れないまま中断期間に入り、再開初戦で大敗という悪い流れを払拭するために、期待の大型FWに注目だ。 ◆新戦力がチームを救えるか ▽注目選手として挙げたトーレス、ハーフナ・マイクだけでなく、豊田や矢島といった両チームの途中加入選手にも期待はかかる。 ▽前節は追いついてドローの鳥栖、ホームで大敗を喫した仙台と勝利を挙げられていないだけに、早い段階で白星が欲しいところ。互いに攻撃面にテコ入れを行っただけに、ハマればこの先大きく浮上する可能性も残している。 ▽トーレスの加入によって、日本国内だけでなくスペインを始めとする世界も注目する一戦。試合は、22日(日)の19時にキックオフを迎える。 トーレスはデビューなるか?鳥栖vs仙台をDAZNで観よう!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.07.21 15:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】攻撃と守備、課題を克服し“負のスパイラル”から抜け出すのは《浦和vs名古屋》

▽熱戦が続いたロシア・ワールドカップも閉幕。約2カ月にわたる中断期間が明け、明治安田生命J1リーグが再開する。第16節では、14位の浦和レッズと最下位の名古屋グランパスが対戦する。 ◆低迷中の両者 ▽ホームの浦和は中断期間前の3試合で2分け1敗。勝利がないまま中断期間に入った。監督交代や選手の負傷離脱など、様々なエクスキューズがあったものの、14位は期待外れと言える。さらに、天皇杯の松本山雅FC戦は、DFマウリシオの2得点で2-1と辛勝。完全に悪い流れを断ち切れたとはいえない。 ▽対する名古屋は最下位で中断期間へ。第2節のジュビロ磐田戦の白星を最後に、リーグ戦は13戦未勝利。直近2試合はともに3失点で連敗と泥沼状態だった。新加入のFWジョーが気を吐き6得点、MFガブリエル・シャビエルが4得点、DFホーシャが3得点と外国人選手の活躍が目立ち、日本人選手はFW玉田圭司の1得点のみ。どの様に風間八宏監督が立て直したのかに注目が集まる。 ◆中断明けで攻撃陣が奮起するか~浦和レッズ~ ▽14位と低迷している浦和だが、好材料は失点の少なさ。15試合で13失点はリーグ3番目に少ない。しかし、攻撃陣が大ブレーキ。12得点とリーグ最少となっている。 ▽中断期間中にかつて鹿島アントラーズでプレーしたFWファブリシオを獲得したが、起用できるのは次節以降。今節は既存メンバーがしっかりと結果を出さなくてはいけない。しかし、前述の通り天皇杯の松本戦でも結果が出ず、再開するリーグ戦で結果を残し、浮上のキッカケを掴みたい。 ◆崩壊の守備をどう立てなおしたか~名古屋グランパス~ ▽対する名古屋は得点数が14とリーグ3番目に少ないが、最大の課題は守備陣。30失点はダントツでリーグワーストとなっている。 ▽後半戦に向け、DF中谷進之介(柏レイソル)、DF丸山祐市(FC東京)、DFエドゥアルド・ネット(川崎フロンターレ)と各クラブの主力選手を完全移籍で獲得。次節以降は守備能力の高い補強選手の起用が見込まれるが、今節は現有戦力で戦うことになる。中断期間で修正した部分をどこまで出せるのかが注目だ。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆浦和レッズ[3-4-2-1](C)CWS Brains,LTD.GK:西川周作 DF:遠藤航、マウリシオ、槙野智章 MF:橋岡大樹、柏木陽介、青木拓矢、宇賀神友弥 MF:マルティノス、武藤雄樹 FW:興梠慎三 監督:オズワルド・オリヴェイラ ▽システムは[3-4-2-1]を採用。日本代表としてロシア・ワールドカップに参加したDF遠藤航、DF槙野智章も天皇杯に続いて出場するだろう。1トップにはFW興梠慎三、シャドーにFWマルティノス、FW武藤雄樹が入ると見る。前線は結果を残すことが重要であり、FWファブリシオが今後メンバーイリすることを考えても、奮起が求められる。 ◆名古屋グランパス[4-4-2](C)CWS Brains,LTD.GK:ランゲラック DF:宮原和也、新井一耀、櫛引一紀、秋山陽介 MF:玉田圭司、長谷川アーリアジャスール、小林裕紀、和泉竜司 FW:ガブリエル・シャビエル、ジョー 監督:風間八宏 ▽名古屋は[4-4-2]と予想。前半戦でも主力を務めた選手たちがピッチに並ぶだろう。守備陣にはDF菅原由勢ではなく、復帰後にポジションを掴んだDF新井一耀が入ると予想。また、MF青木亮太が入っていた右サイドには、ベテランFW玉田圭司が入ると予想する。しっかりと守り、得点をあげられるか。 【注目選手】 ◆FW興梠慎三(浦和レッズ)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽浦和の注目選手はFW興梠慎三だ。ワールドカップを経験し、悔しさも味わった遠藤や槙野の守備陣にも注目が集まるが、チームが勝利するために必要なゴールを生み出す興梠の活躍に注目したい。今シーズンは6得点でチーム最多。1人で攻撃をけん引しているだけに、興梠の活躍が不可欠だ。 ◆FWジョー(名古屋グランパス)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽対する名古屋の注目はジョーを挙げる。今季加入ながら6得点とチームの攻撃を牽引。MFガブリエル・シャビエルとの連携も高く、2人で10得点とチームの中心だ。守備陣の不安定さがどこまで解消しているかも課題だが、風間監督特有の攻撃スタイルを貫き、打ち勝つ姿の方が勝機が見えるだろう。そのためには、エースのゴールが不可欠。ジョーが輝けるかが3月以来の勝利のカギを握る。 ◆浮上のキッカケを掴むのは ▽両クラブにとって今必要なのは勝利以外の何物でもない。浦和は直近7試合でわずか1勝。勝ち切れない試合が多く、課題は攻撃陣と明確だ。一方の名古屋は前述の通り第2節以降勝利なし。守備陣の崩壊が課題だ。 ▽補強で手を打った両者だが、今節はそのカードを切ることはできず、約2カ月間の中断期間での修正力が問われる試合となる。また、この先の浮上を考えても、補強だけではないチームとしての修正が期待される。 ▽互いに期待外れに終わった前半戦、後半戦に向けたキッカケを掴むのはどちらか。試合は18日(水)の19時30分にキックオフを迎える。 浦和vs名古屋をDAZNで観よう!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.07.18 11:30 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】燃えたぎる同級生指揮官対決! “変化”がテーマの両者の行方は《磐田vs鹿島》

▽熱戦が続いたロシア・ワールドカップも閉幕。約2カ月にわたる中断期間が明け、明治安田生命J1リーグが再開する。第16節では、8位に位置するジュビロ磐田と11位に位置する鹿島アントラーズが対戦する。 ◆かつてのナショナルダービー ▽2連敗で中断期間に入った磐田は、川崎フロンターレからFW大久保嘉人を獲得。今節は出場資格がないものの、チームの攻撃陣には大きな刺激となったはずだ。 ▽対する鹿島は、中断前のベガルタ仙台戦で敗戦。流れを掴めないまま中断期間へと入った。さらに、ロシア・ワールドカップに日本代表として参加したDF植田直通がベルギーのセルクル・ブルージュに完全移籍。さらに、FWペドロ・ジュニオールが中国2部の武漢卓爾職業足球倶楽部へ期限付き移籍と戦力もダウンしている。後半戦を前に、どのようにチームを立て直したかに注目だ。 ◆上昇気流に乗るため新システム導入~ジュビロ磐田~ ▽中断期間前は開幕2連敗に始まり、なかなか波に乗れない展開が続いた磐田。名波監督は、約2カ月の中断期間を利用して新システムを取り入れた。 ▽これまでは[3-4-2-1]を採用。ケガ人の影響もありベストなシステムを組むことが難しい側面もあったが、[3-5-1-1]に取り組んできた。システムこそ変わっているが、ボールを奪い、早く攻める形は変わっていない。どのような変化を見せるのか、再開初戦に注目だ。 ◆要を欠いて臨む再開初戦~鹿島アントラーズ~ ▽対する鹿島は、前述の通り植田とペドロ・ジュニオールがチームを去った。さらに、日本代表として3試合ワールドカップのピッチに立ったDF昌子源が体調不良で練習をまともにできず、試合出場は難しそうだ。 ▽チームは、レジェンドでもあるジーコ氏をテクニカルディレクターとして招へいし、今後の強化は期待できるが、即効性はあまりないと考えられる。ベンチを温めていた選手たちの奮起が後半戦巻き返しのカギ。チーム力が問われる一戦となりそうだ。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆ジュビロ磐田[3-5-1-1](C)CWS Brains,LTD.GK:カミンスキー DF:高橋祥平、大井健太郎、新里亮 MF:櫻内渚、宮崎智彦、小川大貴 MF:田口泰士、上原力也 MF:松浦拓弥 FW:川又堅碁 監督:名波浩 ▽前述の通り、磐田は新システムである[3-5-1-1]と予想。3バックは変更ないものの、アンカーにこれまで左サイドを務めていた宮崎智彦が入る。右ウイングバックには櫻内渚がそのまま入り、左ウイングバックには小川大貴と予想。田口泰士、上原力也が一列前に上がることとなる。1トップは川又堅碁だが、縦関係で松浦拓弥が控える。前からボールを奪い、早い攻撃を仕掛けられるかが注目だ。 ◆鹿島アントラーズ[4-4-2](C)CWS Brains,LTD.GK:クォン・スンテ DF:内田篤人、西大伍、犬飼智也、安西幸輝 MF:遠藤康、三竿健斗、永木亮太、安倍裕葵 FW:鈴木優磨、土居聖真 監督:大岩剛 ▽鹿島はシステム変更はなし。しかし、植田、昌子のCBコンビが欠場濃厚であり、天皇杯のFC町田ゼルビア戦同様に西大伍と犬飼智也がコンビを組むと見る。右には内田篤人、左には安西幸輝を起用。ダブルボランチは三竿健斗、永木亮太とみる。また、両サイドは右に遠藤康、左に安倍裕葵をおき、2トップは鈴木優磨と土居聖真と見る。 【注目選手】 ◆MF田口泰士(ジュビロ磐田)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽磐田の注目選手はMF田口泰士だ。新システムになり、ボランチから一列前に入ることが予想される。これまで以上にボール奪取が重要となるが、そこからの攻撃への切り替えが新システムのカギ。ポゼッションをしながら、いかに川又堅碁に良い形でボールを渡すかが重要となる。田口のゲームコントロールが磐田の勝敗のカギを握るだろう。 ◆MF三竿健斗(鹿島アントラーズ)Getty Images▽対する鹿島の注目選手は、同じ中盤のMF三竿健斗だ。最終候補まで残りながらも、悔しい日本代表落選を味わった三竿。ロシアの地で発揮できなかった対人守備の強さ、そして攻撃へのリンクマンとして機能できるかを見せつける時はきた。前線の4枚が攻撃に比重を置くためにも、三竿のバランス感覚が発揮されることがカギを握る。 ◆燃えたぎるピッチサイドのバトル ▽かつてはナショナルダービーと呼ばれた一戦だが、因縁はもう1つ。清水商業高校の同級生である名波浩監督と大岩剛監督の対決にも注目だ。 ▽指導歴では名波監督に分があるが、同級生の対決に負けたくないのは大岩監督も同じ。選手たちもそのことを理解しているだけに、ピッチ内にも指揮官同士のライバル意識が生まれるはずだ。 ▽決して良い状態で中断期間に入らなかった両チーム。ここから再び連戦が始まるだけに、良いスタートを切りたいところ。果たして、勝利の女神はどちらに微笑むのか。試合は18日(水)の19時にキックオフを迎える。 磐田vs鹿島をDAZNで観よう!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.07.18 07:30 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】更なる高みへ! 攻撃志向の両者による上位対決《札幌vs川崎F》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)が閉幕し、約2カ月ぶりに再開される明治安田生命J1リーグの第16節。注目は18日の19時に札幌厚別公園競技場でキックオフを迎える5位・北海道コンサドーレ札幌(勝ち点26)vs3位・川崎フロンターレ(勝ち点27)だ。 ◆攻撃志向の両者、更なる高みへ ▽札幌は今季ミハイロ・ペトロヴィッチ新体制を迎え、攻撃的サッカーを志向。ミシャの特殊なスタイルをこれまでの堅守速攻に浸透させながら粘り強い戦いを披露し、以前まで昇格と降格を繰り返す「エレベータークラブ」と揶揄されてきたクラブが躍進を見せている。 ▽一方、川崎Fは昨季J1初優勝を成し遂げた攻撃的サッカーの成熟を目指したが、前半戦途中からAFCチャンピオンズリーグ(ACL)を並行した戦いによる疲労や決定力不足を露呈。それでも苦しみながら勝ち点を積み重ね好位置をキープしている。 ▽札幌はACL出場、川崎Fは連覇へと更なる高みを目指す。攻撃的サッカーを展開する両者の勝ち点差はわずか「1」。2位浮上のチャンスがある上位対決なだけに白熱した一戦になりそうだ。 ◆王者相手に問われる真価〜北海道コンサドーレ札幌〜 ▽中断期間に取り組んだのは攻撃面の強化。後方からのビルドアップ、前線のコンビネーションにフォーカスし、ミシャスタイルの練度を高めた。そして1カ月ぶりに迎えた公式戦、天皇杯・3回戦のアビスパ福岡戦ではFWジェイ、FWチャナティップ、FW都倉賢ら前線がゴールを決める好展開で4発快勝。中断期間による取り組みの成果を発揮した。 ▽この勢いのままリスタートを切りたいところだが、J1再開初戦の今節は前節退場のMF宮澤裕樹とDFキム・ミンテが出場停止。さらにMF三好康児が契約上の理由により出場できない。主力3人を欠く苦しい状況の中、王者相手にどれだけ成果を発揮できるか。真価が問われる一戦に、新戦力の台頭にも期待がかかる。 ◆3連勝で首位追走へ〜川崎フロンターレ〜 ▽川崎Fは、札幌と対照的にJ1再開への準備が順調とは言えなかった。中断期間ではFW大久保嘉人、MFエドゥアルド・ネットが退団した中、函館キャンプで守備面、キャンプ終了後には攻撃面を確認。しかし、天皇杯・3回戦の水戸ホーリーホック戦では開始4分に先制後追加点を奪えず、試合終了間際には中断期間前から課題に挙がっていたセットプレーから失点を喫して苦戦。PK戦の末、辛くも最低限の結果は手にしたが、J1再開へ攻守に不安を残した。 ▽今節までにどれだけ修正できるか。首位・サンフレッチェ広島に勝ち点10差をつけられているだけに、勝ちながら改善していくことが求められる。相手の主力不在の隙をうまく突き、中断期間前に飾った連勝を継続したい。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆北海道コンサドーレ札幌[3-4-2-1](C)CWS Brains,LTD.GK:ク・ソンユン DF:進藤亮佑、石川直樹、福森晃斗 MF:駒井善成、兵藤慎剛、荒野拓馬、菅大輝 MF:ジェイ、チャナティップ FW:都倉賢 監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ ▽上述した通り、主力3人が不在。キム・ミンテの位置には石川直樹が務めることになりそうだ。宮澤不在のボランチは兵藤慎剛と荒野拓馬が組むと予想する。2シャドーでは福岡戦でゴールを挙げたジェイ、チャナティップが並び、1トップには古巣対決となる都倉賢が入る。 ◆川崎フロンターレ[4-2-3-1](C)CWS Brains,LTD.GK:チョン・ソンリョン DF:エウシーニョ、奈良竜樹、谷口彰悟、車屋紳太郎 MF:大島僚太、守田英正 MF:家長昭博、中村憲剛、阿部浩之 FWF:小林悠 監督:鬼木達 ▽水戸戦から3人変更。DF奈良竜樹がCBに復帰。MF齋藤学に代わりMF阿部浩之が左サイドに入ると予想。W杯から帰還したMF大島僚太が出場か。ロシアでピッチに立てなかった悔しさを晴らせるか注目だ。 【注目選手】 ◆MFチャナティップ(北海道コンサドーレ札幌)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽王者撃破に期待がかかるのは13日に完全移籍を勝ち取ったばかりのチャナティップだ。札幌加入2年目を迎えた今シーズンは存在感を高め、13試合3ゴール中。“タイのメッシ”の異名通りテクニックとスピードを武器に王者の守備陣を翻弄できるか。Jリーグデビューから約1年経ったアタッカーに注目だ。 ◆MF守田英正(川崎フロンターレ)(C)CWS Brains,LTD.▽一方の川崎Fは今シーズンから加入したルーキーの守田だ。守備職人として期待された守田は、シーズンを追うごとに出場時間を増加させ、売りの守備面だけにとどまらず、気の利いた位置取りや巧みなボール捌きで攻撃面でも貢献。J1初優勝の立役者でもあるエドゥアルド・ネットを放出できたのには、守田に寄せる信頼・期待があったからだろう。後半戦、川崎Fの連覇へのカギを握っていると言っても過言ではない。 ◆札幌、4連勝中の厚別で対川崎Fリーグ初白星なるか ▽躍進を続けるホームの札幌だが、実は川崎F相手にJ2時代も含めてリーグ戦で勝利したことは一度もない。また、通算成績でみても1勝4分け16敗。唯一の勝利は2008年3月のナビスコカップ(現・YBCルヴァンカップ)だ。 ▽今節勝利すれば2位浮上の可能性もあるだけになんとしても勝利したい札幌にとっては、データ上では圧倒的不利かに思われる。しかし、今回開催される札幌厚別公園競技場では現在4連勝中と嬉しいデータも。そういう意味では札幌の躍進が本物か試される一戦にもなりそうだ。札幌初勝利か、川崎F無敗継続か。注目の試合は19時にキックオフを迎える。札幌vs川崎FをDAZNで観よう! 2018.07.17 19:30 Tue
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】継続か、転換か――異なる意図持つ両クラブが激突《柏vsFC東京》

▽ロシア・ワールドカップ開催に伴う約2カ月の中断期間を経て、18日に再開のときを迎える明治安田生命J1リーグ。2位につけるFC東京は、第16節で9位に位置する柏レイソルのホーム、三協フロンテア柏スタジアムに乗り込む。 ◆加藤望監督体制、本格始動〜柏レイソル〜 ▽上位を目指していた柏は中位を彷徨い、中断直前に下平隆宏前監督が退任、加藤望監督が後を引き継いだ。すると、中断前最後の一戦、第15節名古屋グランパス戦で勝利。良い形で夏前を締めた柏は、中断期間中に負荷の高いトレ―ニングを行い徹底的に加藤イズムを浸透させた。補強に関しても、名古屋に移籍したDF中谷進之介の後釜としてフルミネンセ(ブラジル)からDFナタン・ヒベイロを獲得するなど、派手な変化はしていない。現有戦力のレベルアップを図る方針を貫いた。しかし、天皇杯3回戦ではモンテディオ山形に敗北。下平前監督体制同様、チャンス時に決め切れなかった敗戦に、加藤監督は「危機感として持てていない甘さ」、「選手に伝え切れてない甘さ」と“甘さ”が抜けていないとコメントしている。“苦い”経験を糧に、しぶとく勝ち切るという姿勢を示せるか。そういった部分で長所を持つFC東京を相手に、柏の底力が試される。 ◆エース欠く戦い〜FC東京〜 ▽好調を継続している2位のFC東京は、主にバックアッパーを務めていたDF丸山祐市とDF吉本一謙を中断期間中に放出。長谷川健太監督との再タッグとなるFWリンスを獲得し、攻撃の戦力は拡充したものの、センターバックの陣容には不安を抱えている。また、そのFWリンスも柏戦では登録が完了しないため、出られず。エースFWディエゴ・オリヴェイラも柏からの期限付きで加入しているため、契約上の関係で起用することができない。さらに、主力FW永井謙佑も負傷により欠場が濃厚なほか、チームに経験をもたらしてきたFW前田遼一も6月23日に負傷し、全治4週間と伝えられている。中断以前、以降でガラリと風向きが変わることも多いJリーグ。開幕からの好調を引き継ぎ優勝を目指すのであれば、このタイミングでの勝利は必須だ。槍を欠くFC東京に求められるのは、第一に守備の部分でこれまで通りのプレーを見せること。そして、攻撃の部分で出場機会の少なかった選手のモチベーションを引き出し、チームとしての戦いを示すことだ。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆柏レイソル[4-3-3](c) CWS Brains, LTD.GK:中村航輔 DF:小池龍太、パク・ジョンス、中山雄太、亀川諒史 MF:栗澤僚一、大谷秀和、キム・ボギョン FW:伊東純也、江坂任、クリスティアーノ 監督:加藤望▽MF小泉慶が累積警告により出場停止。また、MF中川寛斗は5月2日の第12節以来ベンチ入りすらしておらず、状態が危ぶまれている。フォーメーションに関しては、これまで用いていた[4-2-3-1]ではなく、加藤監督が基軸とする[4-3-3]が濃厚だ。 ◆FC東京[4-2-3-1](c) CWS Brains, LTD.GK:大久保択生 DF:室屋成、岡崎慎、森重真人、太田宏介 MF:橋本拳人、米本拓司 MF:大森晃太郎、高萩洋次郎、東慶悟 FW:富樫敬真 監督:長谷川健太▽9得点でエースとして活躍するFWディエゴ・オリヴェイラが、契約上の関係で出場できない。また、FW永井謙佑、FW前田遼一に加え、正守護神のGK林彰洋、ロシアW杯で全3試合に出場した韓国代表DFチャン・ヒョンスも負傷による欠場が濃厚とされている。永井が欠場した場合はフォアチェックの質が特に落ちるため、中盤の枚数を増やした[4-2-3-1]でより守備的なMF米本拓司が起用されると予想。チャン・ヒョンスの抜けたセンター・バックのポジションには、これまでサイドバックに配されていたDF岡崎慎の起用が濃厚だ。 【注目選手】 ◆FW江坂任(柏レイソル)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽柏の注目選手は、復活の兆しを見せているFW江坂任だ。鳴り物入りで柏に入団し10番を託されている今シーズン、序盤はゴールから見放される時期が続いていた。しかし、5月中の4試合では4ゴールを記録。チャンスメーカーとしてのタスクを任されながら、点取り屋としても抜群のパフォーマンスを披露している。巻き返しのきっかけとすべく臨む一戦、「チャンスは作れているが、決め切れない」という課題が挙げられる柏において、エースの爆発は不可欠な要素だ。 ◆DF太田宏介(FC東京)(C)CWS Brains, LTD.▽FC東京の注目選手は、精度の高いクロスが持ち味のDF太田宏介だ。Jリーグ屈指のホットラインを形成するFW伊東純也とDF小池龍太が太田の対面になることが予想されるこの試合、そのエリアでキーとなる攻防が繰り広げられるだろう。また、FWディエゴ・オリヴェイラのキープ、FW永井謙佑の裏抜けという選択肢が取れない場合、FC東京は武器の1つであるクロスを有効に使わなければならない。プレースキッカーを任せられる程の太田の左足を見せることで、牽制と攻撃を同時に行うことができる。当初に疑問視されていた守備面で安定した働きを披露し、持ち味の攻撃性能を存分に発揮することができれば、勝ち点3が限りなく近付く。 ◆継続か、転換か ▽中断前に結果を残し続けてきたFC東京と、内容と結果が伴わなかった柏。メンバーをあまり入れ替えることなく堅守速攻の手堅い戦いを継続してきたFC東京は、大きな軸とするFWディエゴ・オリヴェイラを欠き、危うい状況だ。攻撃的サッカーを一貫して掲げつつも新機軸への転換を図る柏は、風穴を開けることができるのだろうか。再開後のシーズンを占う柏vsFC東京は、19時にキックオフを迎える。 柏vsFC東京をDAZNで観よう! 2018.07.17 19:00 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp