ニュース

thumb

【J1ピックアッププレビュー】堅守速攻バトル!得意にしているのはどちらの指揮官か《鳥栖vsFC東京》

▽20日、明治安田生命J1リーグ第15節が開催される。ベストアメニティスタジアムでは、サガン鳥栖vsFC東京が開催される。 ◆似たスタイルも成績には差が ▽現在3勝3分け8敗の勝ち点12で17位と降格圏に位置する鳥栖と、8勝3分け3敗の勝ち点27で2位につけるFC東京の対戦。互いに堅守速攻を持ち味としているが、結果には大きな開きがある。 ▽ホーム鳥栖を率いるマッシモ・フィッカデンティ監督にとって、今節は古巣対戦ともなる。別の位置付けとはなるが、互いに勝利を納めて中断期間に入りたいところだ。 ◆降格圏を脱して中断期間へ~サガン鳥栖~ ▽ここ2試合は1勝1分けと結果が出ている鳥栖。7連敗となかなか泥沼から脱せなかったものの、調子を上向きにして中断期間に入りたい。 ▽堅守速攻を継続してきた鳥栖だが、前節が今季リーグ戦初の無失点試合に。さらに、得点力不足に陥っており、結果が出なかった。FWビクトル・イバルボの負傷離脱の影響が多く、欠場していた第7節から第12節までは全敗。復帰してからの2試合で負けなしと考えれば、得点力以上に存在感の大きさがわかる。 ▽また、古巣対戦となるフィッカデンティ監督にとっては勝っておきたい相手だ。鳥栖の指揮官になってから、リーグ戦4試合で2勝2分けと負けなし。ホーム・ベアスタでは2勝と相性が良い。今回もホームゲームなだけに、しっかりと勝って中断期間に入りたい。 ◆広島の背中を追いかけて~FC東京~ ▽ここ6戦無敗。前節は3位の北海道コンサドーレ札幌との上位対決をゴールレスドローで終え、2位を守った。 ▽直近3試合は全て無失点と守備陣も安定感を見せている。得点を奪えれば勝てる状況にあり、開幕戦の浦和レッズとの1-1のドローを除いて、勝てなかった試合は全て無得点。攻撃陣がカギを握ることになるだろう。 ▽フィッカデンティ監督率いる鳥栖との相性が良くないFC東京だが、長谷川健太監督は苦手にしていない。ガンバ大阪時代に4度フィッカデンティ監督率いる鳥栖と戦い、3勝1敗。現在は3連勝中だ。チームは変わったとはいえ、鳥栖攻略法は分かっているだろう。2位をキープして中断期間に入りたい。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆サガン鳥栖[4-3-1-2](C)CWS Brains,LTD.GK:権田修一 DF:小林祐三、キム・ミンヒョク、チョン・スンヒョン、吉田豊 MF:高橋義希、高橋秀人、原川力 MF:小野裕二 FW:安庸佑、田川亨介 監督:マッシモ・フィッカデンティ ▽前線の選手が定まらない鳥栖だが、2トップはFW田川亨介の相棒にMF安庸佑が入ると予想する。中盤の3枚は義希、秀人のW高橋に原川が並び、FW小野裕二がトップ下に入るだろう。センターバックはロシア・ワールドカップに向けた韓国代表に選出されたDFキム・ミンヒョクとチョン・スンヒョンが組むだろう。 ◆FC東京[4-4-2](C)CWS Brains,LTD.GK:林彰洋 DF:室屋成、森重真人、丸山祐市、太田宏介 MF:大森晃太郎、橋本拳人、高萩洋次郎、東慶悟 FW:ディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑 監督:長谷川健太 ▽FC東京も大きなメンバー変更はなし。前節の北海道コンサドーレ札幌戦で復帰した韓国代表DFチャン・ヒョンスは同試合で負傷し、今節は再び欠場となる見込み。代役はDF丸山祐市となるだろう。2トップはFWディエゴ・オリヴェイラ、FW永井謙佑となるだろう。 鳥栖vsFC東京をDAZNで観よう!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 【注目選手】 ◆MF安庸佑(サガン鳥栖)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽鳥栖の注目選手は好調を維持するMF安庸佑だ。ここ3試合連続で先発出場を果たすと、第12節、第13節と連続ゴールを記録。チームの浮上とともに結果も残している。攻撃陣の停滞が続く中で、チームに勢いをもたらせる安庸佑。テクニカルなプレーでのチャンスメイクも含めて上位の守備陣に風穴を開けたい。 ◆MF東慶悟(FC東京)(C)CWS Brains,LTD.▽FC東京の注目選手はMF東慶悟だ。左サイドで起用されている東だが、攻撃面だけでなく守備面での貢献度も高い。攻守にわたる献身性から、今季はすでに3ゴールを記録。充実した日々を送っているはずだ。長谷川サッカーにとって重要なポジションであるサイドアタッカーとして、チームの2位キープに貢献したい。 ◆堅守速攻で相手を仕留めるのは ▽降格圏を抜け出したい鳥栖、独走する広島を追うFC東京。立場が違えど、標榜するサッカーは似ている。しっかりとしたブロック、粘り強い対人守備から、一気に加速するカウンターが魅力だ。 ▽鳥栖は若き快速FW田川、FC東京はJ屈指のスピードを持つFW永井と、前線にスピードを持った選手を擁する。また、チーム全体としての運動量も多く、タフな試合となるだろう。サイドの攻防も特徴としているだけに、注目が集まる。 ▽勝利を収め良い形で中断期間に入るのはどちらのチームか。試合は20日(日)の15時にキックオフを迎える。 鳥栖vsFC東京をDAZNで観よう!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.05.19 23:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】5戦無敗で中断期間を迎えるのは? 日本代表ボランチ対決にも注目!《広島vsC大阪》

▽W杯による中断期間前最後の一戦となる明治安田生命J1リーグ第15節が20日から21日にかけて行われる。注目は、エディオンスタジアム広島で行われる首位・サンフレッチェ広島vs5位・セレッソ大阪の上位対決だ。 ◆復活の広島と昨季2冠のC大阪が激突 ▽昨シーズン残留争いを強いられた広島は、城福浩新体制を迎え快進撃を披露している。スキのない堅守を構築し、攻撃面でも時間の経過と共にエースFWパトリックを生かした戦いに幅を広げ、ここまで12勝1分け1敗。第5節に立った首位の座をキープし続け、現在は2位・FC東京に勝ち点10差をつける目覚ましい成績を残している。 ▽一方、昨シーズンに2冠(YBCルヴァンカップ、天皇杯)を達成したC大阪も、序盤こそ勝利を手にするのに苦労したが、以降は負傷者も続出した中、しぶとく勝ち点を積み重ね一試合未消化で、6勝5分け2敗で5位。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は敗退したものの、同大会と並行した過密日程でも粘り強い戦いを見せている。 ▽現在広島は4連勝中。対してC大阪も4試合無敗を継続しており、どちらも黒星で中断期間を迎えたくないはずだ。広島が独走状態をキープし続けるか。それともC大阪が首位の勢いを寸断するか。後半戦に向けて両者にとって重要な一戦となる。 ◆ルヴァン敗退払拭へ~サンフレッチェ広島~ ▽前節のベガルタ仙台戦では先制点を許したが、崩れることなく3発逆転勝利。しかし、4日後に行われたルヴァン杯の浦和レッズ戦では今シーズン初の完封負けでグループステージ敗退が決定した。悔しさを味わった城福浩監督は、「あと二つの大会(リーグ戦と天皇杯)、どちらも獲りにいきたい」と決意。まずはリーグ戦で昨季2冠を達成したC大阪を撃破して、ルヴァン杯敗退の悔しさを払拭したい。 ◆負傷者復帰&ベストコンディション~セレッソ大阪~ ▽徐々に堅実な戦い方を取り戻してきたC大阪。前節のV・ファーレン長崎戦でも、主力を欠く中で3-1で勝利を飾った。今節に関しては、鹿島アントラーズがACLを戦った関係で前節がなくなり、2週間の準備期間が与えられたことでコンディションは万全。さらにここに来て、右内転筋を痛めていたFW杉本健勇、右ふくらはぎを痛めていたMF清武弘嗣、そして3月末に負傷したMFソウザも練習に合流。万全の態勢が整いつつあるだけに、ここまでわずか1敗の首位・広島を撃破して中断期間を迎えたい。 広島vsC大阪をDAZNで観よう!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆サンフレッチェ広島[4-4-2](C)CWS Brains,LTD.GK:林卓人 DF:和田拓也、野上結貴、水本裕貴、佐々木翔 MF:柴崎晃誠、青山敏弘、稲垣祥、柏好文 FW:パトリック、渡大生 監督:城福浩 ▽アクシデントがない限り、前節と同様の先発メンバーを起用するだろう。ボランチには18日に発表された日本代表メンバーに選出されたMF青山敏弘が入る。前線ではリーグ戦2桁ゴールに到達したパトリックがFW渡大生と2トップを組む。 ◆セレッソ大阪[4-4-2](C)CWS Brains,LTD.GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、マテイ・ヨニッチ、山下達也、丸橋祐介 MF:水沼宏太、山口蛍、オスマル、清武弘嗣 FW:杉本健勇、柿谷曜一朗 監督:尹晶煥 ▽上述通り、杉本と清武が先発復帰。ソウザに関してはベンチスタートで、オスマルが先発することになりそうだ。相方は日本代表に選出されたMF山口蛍が務める。 【注目選手】 ◆MF青山敏弘(サンフレッチェ広島)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽5連勝へのカギを握るのは、2015年3月以来の代表復帰を果たした青山だ。結果としてはサプライズとなったが、今シーズンの快進撃を続ける広島を支えている姿を見れば納得である。経験に裏打ちされたボール奪取とゲームコントロールでC大阪を押し込んでいけるか。「選ばれたのは広島が好調だからこそ」と語っていた主将は、この勢いのまま代表に合流したいはず。どのようにして勝利へ導くか注目だ。 ◆MF山口蛍(セレッソ大阪)(C)CWS Brains,LTD.▽C大阪のキーププレーヤーは、青山同様に日本代表に選出された山口だ。主将に再就任した今シーズンはここまでリーグ戦全試合フル出場。鋭い読みや配球力でソウザ不在の中盤で奮闘している。「清武選手と杉本選手の分まで頑張り、最後の23名に選ばれる」と意気込む山口が、負傷から戻ってきた主力選手をどこまでサポートできるか。青山とのボランチ対決にも目が離せない。 広島vsC大阪をDAZNで観よう!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.05.19 18:30 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】レヴィーとオズ、ターニングポイントの中断前最終戦《G大阪vs浦和》

▽開幕まで1カ月を切ったロシア・ワールドカップ(W杯)開催に伴い、4月1日から15連戦の過密日程が続く明治安田J1リーグ。19日と20日開催の第15節は、中断期間前最後の戦いとなる。その中で、19日に行われるガンバ大阪と浦和レッズによる一戦は、熾烈さを極めること間違いなしだ。 ◆不振続く東西の2大クラブ ▽かつてナショナル・ダービーと銘打たれるほど、日本を代表する2大クラブの戦いとして注目を博したG大阪と浦和の戦い。しかし、前者は16位、後者は13位。両者にとって、共に不振からの脱却を目指して、そして、中断明けの後半戦に良い形で繋げたい一戦となる。 ◆ホームの利を生かせ〜ガンバ大阪〜 ▽G大阪は前節、今シーズンまだ1度も勝ちのない“鬼門”のアウェイで横浜F・マリノスと引き分け。敵地で初の勝ち点を手にしたといえども、追いつかれた内容面や、戦い方において依然として改善の余地がある。 ▽今節は、勝ち点2差で上を行く浦和が相手。勝てばライバルを上回ることができる一戦だが、引き分け以下だった場合、17位サガン鳥栖の結果次第で再び自動降格圏転落もある。4連勝中であるホームの利を生かせるか。 ◆負の歴史を断て〜浦和レッズ〜 ▽対する浦和は前節、ホームで行われた鳥栖戦をゴールレスドロー。圧倒的に押し込む展開に持ち込んだものの、14節終了時点でリーグワースト2位タイの12得点という攻撃陣の火力不足が足を引っ張り、勝てる試合を落とした。 ▽そして、迎えるは長らく激戦を繰り広げてきたG大阪との一戦。過去リーグ戦績で1分け1敗とまだ勝利の味を知らないG大阪のホームに乗り込む浦和だが、相手の現状を考えると、負の歴史を断ち切る絶好機会だ。是が非でも勝ちたい。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆ガンバ大阪[4-2-3-1](C)CWS Brains,LTD.GK:東口順昭 DF:米倉恒貴、三浦弦太、ファビオ、藤春廣輝 MF:遠藤保仁、マテウス MF:米倉恒貴、藤本淳吾、倉田秋 FW:ファン・ウィジョ 監督:レヴィー・クルピ▽ミッドウィークのYBCルヴァンカップでMF遠藤保仁やDF藤春廣輝といった一部主力を温存。だが、FWファン・ウィジョやMF倉田秋らは名古屋戦出場組は連戦となり、コンディション面が気がかりだ。また、ケガ明け後も調子が上がらないMF今野泰幸は手術を受けることが明らかに。今節の出場は不透明だ。 ◆浦和レッズ[4-1-4-1](C)CWS Brains,LTD.GK:西川周作 DF:橋岡大樹、マウリシオ、槙野智章、宇賀神友弥 MF:遠藤航、マルティノス、長澤和輝、柏木陽介、武藤雄樹 FW:興梠慎三 監督:オズワルド・オリヴェイラ▽就任以降、調整の時間がないことを理由に3バックの採用し続けてきたオズワルド・オリヴェイラ監督だが、先のYBCルヴァンカップで4バックを試運転。今節も4バックで挑んでくるかもしれない。一方、そのYBCルヴァンカップでDF遠藤航やGK西川周作ら数名の主力が出場しており、連戦となる。状態が気になるところだ。 【注目選手】 ◆DF三浦弦太(ガンバ大阪)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽G大阪の注目選手は、蒼黒のディフェンスリーダーであるDF三浦弦太。今シーズンから主将を任された23歳のセンターバックは、チームと同様、個人のパフォーマンスも並みに乗り切れない内容が続く。 ▽30日のガーナ代表戦に向けた日本代表メンバーから落選した今、すべきことはチームで結果を残すこと。売りの身体能力を生かした対人プレーだけでなく、ビルドアップで改めて存在感を示したい。 ◆DF槙野智章(浦和レッズ)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽一方、浦和のキープレーヤーは、DF槙野智章だ。11日に31歳の誕生日を迎えた浦和が誇る絶対的ストッパーは、チームの成績が振るわない中でも一対一の部分で強みを発揮するなど、ひとり気を吐く。 ▽さらに、ガーナ代表戦に向けた日本代表メンバーにも選出。23名にしか与えられないロシアW杯行きの片道切符をほぼ手中に収めた。自身初の大舞台に向け、景気付けのプレーを披露したい。 ◆勝ちパターン ▽勝敗のポイントは、どちらが先に互いの勝ちパターンに持ち込めるかどうか。 ▽ホーム4連勝中のG大阪が勝つ場合は、いずれの試合でも先制。さらに、チーム全体でハードワークを完遂させることで、すべて完封勝利という内容が続いており、これが勝ちパターンになっている。 ▽対する浦和は、守備の安定が勝利を手繰り寄せるバロメーターに。オズワルド・オリヴェイラ監督就任以降、8試合で5失点。乏しい得点力を守備力でカバーすることで、勝機を見いだしている。 ▽苦境脱却が目先の目標となるG大阪と浦和による戦い。レヴィー・クルピ監督とオズワルド・オリヴェイラ監督のブラジル人名将対決にも注目が集まる一戦は19日、14時にキックオフを迎える。G大阪vs浦和をDAZNで観よう!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.05.19 00:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】イベリアの点取り屋対決! 中断期間前に結果を残すのは《横浜FMvs長崎》

▽19日、明治安田生命J1リーグ第15節が開催される。日産スタジアムでは横浜F・マリノスvsV・ファーレン長崎が行われる。 ◆8年ぶりの対決…リーグ戦では初顔合わせ ▽ホームの横浜FMはここまで勝ち点14の15位、対する長崎は勝ち点17の12位。互いに波に乗ることができていないものの、やっているサッカーは悪くない。結果を残せるかどうかが重要ではあるが、監督が推し進めるサッカーをしっかりと体現もしている。 ▽両者の対戦は、8年前の天皇杯。天皇杯2回戦にニッパツ球技場で行われた試合は3-1で横浜FMが勝利していた。8年ぶりの対決は、果たしてどちらに軍配が上がるのだろうか。 ◆課題はゴール前のフィニッシュ~横浜F・マリノス~ ▽ここ2試合は下位対決である名古屋グランパス、ガンバ大阪と続けて1-1のドロー。勝ち切れない試合が続いている。 ▽今シーズンから取り組む新たなスタイルは、形になりながらも思うような結果がついてきていない。さらに、中盤でフィルター役を担っていたMF喜田拓也が16日に行われたYBCルヴァンカップのアルビレックス新潟戦で右足首を負傷。今節は起用が難しい状況だ。 ▽ここ3試合はチャンスを作りながらも全て1ゴールに終わっており、フィニッシュの精度が問われている。チーム得点王のFWウーゴ・ヴィエイラに頼り切りの状態が続いており、他の選手のゴールにも期待が懸かる。中断前のラストゲーム。勝って、良い状態で中断期間に入りたい。 ◆快勝の流れを継続できるか~V・ファーレン長崎~ ▽前節は同じ昇格組の名古屋グランパスを相手にホームで3-0と快勝。長崎らしいサッカーを見せ、連敗をストップさせた。 ▽J1初挑戦の長崎は、ここまで3連敗が2回。しかし、最初の3連敗後は、J1初勝利を含む4連勝と勢いに乗った。その後、サンフレッチェ広島、鹿島アントラーズ、セレッソ大阪と3連敗。しかし、前節では勝利を止めただけに、今節も勝利して再び連勝街道に入りたい。 ▽J1での5勝は全て1失点以下。4試合はクリーンシートと、守備陣が奮闘すれば勝利が見えてくる。しっかりと集中した守備を見せられるかに注目だ。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆横浜F・マリノス[4-3-3](C)CWS Brains,LTD.GK:飯倉大樹 DF:松原健、中澤佑二、ミロシュ・デゲネク、山中亮輔 MF:大津祐樹、扇原貴宏、天野純 FW:仲川輝人、ウーゴ・ヴィエイラ、遠藤渓太 監督:アンジェ・ポステコグルー ▽横浜FMは、[4-3-3]のシステムと予想。負傷の喜田の代わりにMF扇原貴宏がアンカーに入り、インサイドハーフにMF天野純、MF大津祐樹が入ると予想する。右サイドはここ2試合連続で先発しているFW仲川輝人、左にはMF遠藤渓太が入ると予想。1トップはチーム得点王のFWウーゴ・ヴィエイラと予想する。 ◆V・ファーレン長崎[3-4-1-2](C)CWS Brains,LTD.GK:徳重健太 DF:徳永悠平、高杉亮太、田上大地 MF:飯尾竜太朗、中原彰吾、黒木聖仁、翁長聖 MF:澤田崇 FW:ファンマ、中村慶太 監督:高木琢也 ▽対する長崎は、いつもの[3-4-1-2]と予想する。前節からの変更はなく、トップ下にMF澤田崇、2トップにFWファンマとFW中村慶太を配置すると予想。中盤以降は同じメンバーが顔を揃えるだろう。 【注目選手】 ◆FWウーゴ・ヴィエイラ(横浜F・マリノス)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽横浜FMの注目選手は、ここまで7得点を記録しているFWウーゴ・ヴィエイラだ。最近は先発を外れる試合もあったが、やはりチームの得点源のため外すわけにはいかない。第9節の湘南ベルマーレ戦でハットトリックを記録して以来ゴールはないものの、ボックス内での動きは秀逸。高い得点力を発揮し、チームを勝利に導けるかに期待だ。 ◆FWファンマ(V・ファーレン長崎)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽対する長崎の注目選手はFWファンマだ。今シーズンはゴールを奪うことに苦労しており、ここまで12試合に出場してわずかに1得点。本来の得点力を発揮できていない。しかし、前節も2トップでコンビを組むFW中村慶太のゴールをアシストするなど、得点以外の面でも貢献している。久々のゴールでチームの連勝に貢献なるか。 ◆輝くイベリアの助っ人は ▽横浜と長崎と言えば、中華街が思い浮かぶだろう。そして、港町という共通点もあり、世界に門戸を開いた土地でもある。 ▽横浜FMにはポルトガル人のウーゴ・ヴィエイラ、長崎にはスペイン人のファンマが所属。両エースは同じイベリア半島出身ということもあり、どちらがチームを勝利に導く活躍を見せるのかも注目だ。 ▽互いに日本代表に選手は輩出しておらず、中断期間はより高いパフォーマンスを発揮するために、チーム戦術の落とし込みに力を入れられる状況だ。混戦とはいえ、下位に位置する両者。ポゼッションの横浜FMとプレス&カウンターの長崎のどちらに軍配が上がるのか。試合は19日(土)の14時にキックオフを迎える。 横浜FMvs長崎をDAZNで観よう!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.05.18 23:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1第15節プレビュー】中断前最後の一戦、15連戦ラストで笑うのは?! 広島vsC大阪の上位対決に、不調脱出目指すG大阪vs浦和が勃発!

▽明治安田生命J1リーグ第15節の9試合が19日、20日に行われる。 ▽ワールドカップによる中断期間前最後の試合となったJ1。今節は首位・サンフレッチェ広島が5位・セレッソ大阪をホームに迎えて上位対決に臨むほか、2位・FC東京が不調の17位・サガン鳥栖とアウェイで対戦する。さらに、苦しい時期からの脱出を目指す16位・ガンバ大阪と13位・浦和レッズがパナソニック スタジアム 吹田で相まみえる。 ▽白熱必至15連戦ラストマッチ、今節9試合の見どころをコンパクトにまとめて紹介する。 ◆8年ぶりの対決…勝利の女神が微笑むのは? 横浜F・マリノス vs V・ファーレン長崎 [5月19日(土)14:00] ▽最後の対戦は2010年まで遡る。天皇杯2回戦ニッパツで行われた試合は3-1で横浜FMが勝利。3度目の対戦となる今回は、15位の横浜FM、12位の長崎というどちらも環境適応に苦しむ両者の一戦。およそ8年ぶりの邂逅…勝利の女神が微笑むのは? ◆不調に喘ぐ東西の雄が激突! ガンバ大阪 vs 浦和レッズ [5月19日(土)14:00] ▽不振に喘ぐ東西の雄が苦境脱出をかけて激突!G大阪はホームでリーグ4連勝中と今節も期待がかかる。対する浦和は直近のリーグ6戦でわずか2得点。閉塞感を晴らす得点が求められる。 ◆前線不安の湘南、古巣戦に燃える大井健太郎の牙城を崩せるか 湘南ベルマーレ vs ジュビロ磐田 [5月19日(土)19:00] ▽3連敗中の湘南は、イ・ジョンヒョプとアレン・ステバノヴィッチが負傷で出場が微妙。一方、磐田は古巣戦となる大井健太郎中心に無失点で抑えたいところ。湘南に、堅守立て直しを目指す磐田守備陣を崩すヒーローは現れるか ◆ACLベスト8鹿島に仙台が挑む! 鹿島アントラーズ vs ベガルタ仙台 [5月20日(日)14:00] ▽J1では徐々に順位を上げ、ACLでは10年ぶりにベスト8進出を決めた鹿島。ようやく目を覚ましてきた常勝軍団に挑むはやや尻すぼみな仙台だ。リーグここ7戦で1勝と序盤の勢いが衰え始めているが、中断前最後のリーグ戦で勝利を掴めるか ◆中断前に白星求む! 絶対に落とせない2クラブが死力をかける 名古屋グランパス vs 柏レイソル [5月20日(日)14:00] ▽過密日程15連戦中、名古屋はリーグ白星ゼロ。中断前最終試合、12試合未勝利の不名誉な記録に終止符を打てるか。対する柏も不調に苦しみ指揮官を交代。加藤望新監督の初陣、求められるのは勝利のみだ。 ◆等々力陸上競技場を盛り上げてくれた歌手・西城秀樹さんに捧げる一戦 川崎フロンターレ vs 清水エスパルス [5月20日(土)15:00] ▽川崎Fを襲った歌手・西城秀樹さんの訃報。ホームゲームを盛り上げてくれたスターに勝利を捧げ恩返しをしたい。しかし、清水にとっても負けられない一戦。西城さんの協力を知る鄭大世ら古巣戦を迎える選手たちも簡単には引き下がらない ◆どちらの速攻が鋭い?! サガン鳥栖 vs FC東京 [5月20日(日)15:00] ▽鳥栖は前節、今季初クリーンシートを達成。クラブを支えてきた「堅守」復活の今、求められる「速攻」の切れ味。FC東京は既に鋭い「速攻」武器に2位に位置。今節伝家の宝刀を抜くのはどちら? ◆注目の上位対決! 広島が突き放すか、C大阪が追いすがるか サンフレッチェ広島 vs セレッソ大阪 [5月20日(日)16:00] ▽首位広島と5位C大阪による注目の上位対決。広島は前節仙台に先攻されながらも、早くも得点数を二桁台に乗せたパトリックの活躍で逆転勝利。一方、柿谷曜一朗のゴールなどで長崎に勝利したC大阪もここ4戦で2勝2分と好調だ。 ◆製菓企業がスポンサーにつく両者が激突! ヴィッセル神戸 vs 北海道コンサドーレ札幌 [5月20日(土)17:00] ▽試合当日には両者のスポンサーを務める製菓企業によって「スイーツマッチ2018~史上最強に甘い闘い」が開催。前節複数得点の神戸は今節もスイーッとゴールを奪いたい。しかし、2試合連続無失点中の札幌ディフェンスは甘くない。Jリーグを観るならDAZN!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.05.18 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】首位を追いかける上位対決、FC東京は“ストップ・ザ・都倉”なるか《FC東京vs札幌》

▽13日、明治安田生命J1リーグ第14節が開催される。味の素スタジアムではFC東京vs北海道コンサドーレ札幌が行われる。 ◆下馬評を覆す上位対決 ▽ホームのFC東京は勝ち点26の2位、一方アウェイの札幌は勝ち点25の3位。勝ち点差1で迎える上位対決は、シーズン開幕前には予想されていなかった展開だ。 ▽長谷川健太監督を迎えたFC東京は、開幕3試合を1分け2敗と勝利なし。スタートで躓き、厳しいシーズンが予想されたが、その後は4連勝、第8節のセレッソ大阪戦では敗れるも、その後の5試合も4勝1分けと好調を維持している。 ▽対する札幌はミハイロ・ペトロヴィッチ監督を招へい。同じく開幕3試合を1分け2敗と低調なスタートになったが、第4節からは10戦無敗。7勝3分けと勝ち点を積み上げた。“シックスポインター”となる両者、無敗を続けるのは。 ◆昨季のイメージを払拭できるか〜FC東京~ ▽5戦無敗と好調を維持しているFC東京だが、今節の相手である札幌には、昨シーズンのリーグ戦2試合で連敗を喫している。 ▽その要因は、不安定な守備。しかし、その点は新指揮官の長谷川監督の下、ピッチ内での規律を高め、今シーズは安定した守備を見せている。さらに、リーグ戦4試合続けて欠場していた韓国代表DFチャン・ヒョンスが戦列復帰。チームとしては大きな後押しとなるはずだ。 ▽前節の川崎フロンターレとの“多摩川クラシコ”では2-0と快勝。圧倒することはできなかったが、しっかりと結果を残した。ミッドウィークのYBCルヴァンカップは控え選手を起用し、アルビレックス新潟に土壇場で逆転負け。久々の敗戦となったが、今節には影響ないだろう。昨シーズン勝てなかった札幌に勝利し、広島の背中を追いかけたい。 ◆無敗継続への大事な一戦~北海道コンサドーレ札幌~ ▽札幌は前述の通りここまで10戦無敗を継続。クラブ史上最高の状態でシーズン中盤を迎えている。 ▽昨シーズンFC東京にはリーグ戦で2勝。その大きな要因は、エースのFW都倉賢だ。2試合で1得点2アシストの活躍を見せた都倉は、今シーズンのJ1リーグでも既に5得点を記録。シーズン序盤はFWジェイにポジションを譲っていたが、出場機会が増えるとゴールも増えた。 ▽一方で、シャドーとして攻撃を牽引していたMF三好康児が出場停止で欠場。11戦無敗に向け、チームの攻撃面がどう機能するかがカギを握る。ペトロヴィッチ監督はサンフレッチェ広島、浦和レッズ時代に味の素スタジアムで9試合を指揮。6勝3分けと無敗なだけに、今節も勝利したいところだ。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆FC東京[4-4-2](C)CWS Brains,LTD.GK:林彰洋 DF:室屋成、チャン・ヒョンス、森重真人、太田宏介 MF:大森晃太郎、橋本拳人、髙萩洋次郎、東慶悟 FW:ディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑 監督:長谷川健太 ▽ケガで離脱していたチャン・ヒョンスが復帰。4月の月間MVPを受賞したFWディエゴ・オリヴェイラ、直近5試合で3ゴールのFW永井謙佑が2トップを組むと予想。左サイドバックにはDF太田宏介が入ると見る。 ◆北海道コンサドーレ札幌[3-4-2-1](C)CWS Brains,LTD.GK:ク・ソンユン DF:進藤亮佑、キム・ミンテ、福森晃斗 MF:駒井善成、深井一希、宮澤裕樹、菅大輝 FW:宮吉拓実、都倉賢、チャナティップ 監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ 出場停止:三好康児 ▽札幌は[3-4-2-1]のシステムと予想。出場停止のMF三好康児の代わりにはFW宮吉拓実が入ると予想する。その他、前節ゴールのMF深井一希とMF宮澤裕樹がボランチでコンビを。右ウイングバックには、キーマンでもあるMF駒井善成が引き続き起用されるだろう。 【注目選手】 ◆DFチャン・ヒョンス(FC東京)(C)CWS Brains,LTD.▽FC東京の注目選手は5試合ぶりに復帰濃厚の韓国代表DFチャン・ヒョンスだ。不在時にもチームのディフェンスラインはしっかりと仕事を果たしていたが、チャン・ヒョンスの復帰は大きなプラス材料となるだろう。昨シーズンやられていた都倉を抑え込めるか。チャン・ヒョンスと都倉のマッチアップにも注目だ。 ◆FW都倉賢(北海道コンサドーレ札幌)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽昨シーズンのFC東京戦で1得点2アシストのエースFW都倉賢に注目だ。今シーズンも自身の特徴を活かしたゴールを連発。派手なゴールが多い印象だが、試合を通しての前線での奮闘が実を結んでいる印象だ。都倉の最近の活躍で代表待望論も一部で挙がっているが、チームが維持する調子とともに、自身のゴールで無敗を継続させたい。 ◆独走する広島の背中を追えるのは ▽首位を独走中の広島を勝ち点差8で追うFC東京、勝ち点差9で追う札幌の一戦。しっかりと勝利を収め、広島の背中を追い続けたい思いは、両チーム共に同じはずだ。互いに好調を維持していることもあり、白熱の一戦となるだろう。 ▽昨シーズンのイメージが有るだけに、精神的には札幌の方が有利とも思えるが、FC東京は指揮官が交代。戦い方も変わっているため、簡単には昨シーズンと同じ展開にはならないだろう。それでも、ミシャサッカーで攻撃的に進化している札幌を抑えるのも簡単ではない。互いに良さを出すことが、勝利への近道だろう。 ▽広島への挑戦権が懸かっているとも言える一戦。試合は13日(日)の16時にキックオフを迎える。 2018.05.12 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】低迷のトリコロールと青黒、勝利マストのオリジナル10対決へ《横浜FMvsG大阪》

▽明治安田生命J1リーグ第14節の横浜F・マリノスvsガンバ大阪。苦しむ両雄にとって、今後を占う一戦になる。 ◆上位ではなく下位で実現のオリジナル10対決 ▽横浜FMがホームの日産スタジアムにG大阪を迎え撃つ構図の同カード。Jリーグ創世記から歴史に名を残してきた両者によるオリジナル10対決となる。 ▽だが、状況は例年と打って変わり、共に15位と16位の下位。上位の常連として名を馳せてきた両者だが、異なる様相でマッチアップの一戦だ。 ◆内容を結果に反映を〜横浜F・マリノス〜 ▽悪い流れを断ち切れずにいる。アンジェ・ポステコグルー監督の下、相手を圧倒するポゼッションサッカーで新シーズンを立ち上げた横浜FM。だが、従来から真逆のスタイルということもあり、浸透がうまくいかず、ここまで苦しい戦いが続いている。 ▽13節終了時点の順位は、3勝4分け6敗の15位。徐々にスタイルの浸透がなされてきたものの、結果が伴わず、1-1で引き分けた前節の名古屋グランパス戦を含めて、取りこぼしが相次いでいる。現在は2試合未勝利。今節のG大阪との直接対決で流れを掴みたい。 ◆内弁慶脱却の1勝を〜ガンバ大阪〜 ▽対するG大阪は、一時の絶不調ぶりに比べれば復調の兆しを見せているものの、依然として不安定な戦いが続く。中でも、アウェイでの弱さは深刻だ。4連勝中のホーム戦成績から一転して、アウェイ戦はここまで6戦全敗中。敵地でのポイント積み上げに苦しんでいる。 ▽順位は、4勝1分け8敗でJ1参入プレーオフ圏内の16位。前節、今シーズン初連勝となるホーム2連勝の勢いで北海道コンサドーレ札幌戦に臨んだが、アウェイ戦での脆さを露呈して0-2の敗戦。そして、迎える今節もアウェイ戦となる。是が非でもポイントを手にしたい。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆横浜F・マリノス[4-1-4-1](C)CWS Brains,LTD.GK:飯倉大樹 DF:松原健、中澤佑二、ミロシュ・デゲネク、山中亮輔 MF:扇原貴宏、喜田拓也、天野純 FW:仲川輝人、大津祐樹、ユン・イルロク 監督:アンジェ・ポステコグルー▽横浜FMは、ミッドウィークに行われたYBCルヴァンカップをサブ面子主体のメンバー構成で消化。主力の温存に務めた。ワントップはFW大津祐樹か。ただ、ここ2試合で先発から外れるFWウーゴ・ヴィエイラの復帰も十分に考えられる。 ◆ガンバ大阪[4-2-3-1](C)CWS Brains,LTD.GK:林瑞輝 DF:米倉恒貴、三浦弦太、ファビオ、藤春廣輝 MF:今野泰幸、マテウス MF:藤本淳吾、遠藤保仁、倉田秋 FW:ファン・ウィジョ 監督:レヴィー・クルピ▽レヴィー・クルピ監督は、今後の戦いを占うであろう今節に向け、先のYBCルヴァンカップで主力のターンオーバーを決断。万全の策を施している。右サイドハーフはMF藤本淳吾か。ただ、守備面や推進力を考慮すると、DF米倉恒貴の起用もなくはない。 【注目選手】 ◆GK飯倉大樹(横浜F・マリノス)(C)CWS Brains,LTD.▽横浜FMのキープレーヤーは、GK飯倉大樹だ。シュートストップに定評のある飯倉だが、アンジェ・ポステコグルー体制下で新たに“11人目のフィールドプレーヤー”として奮闘。まだ失点に直結するミスも目につくが、ハイラインを用いるチームの最後方のスペースカバーに奔走する姿は見慣れ、GKとは思えない運動量と走行距離を記録する試合も少なくない。対戦相手のG大阪は、縦に鋭さを持った攻撃も仕掛けてくるチームだけに、この男の出来が勝敗の行方を左右しそうだ。 ◆FWファン・ウィジョ(ガンバ大阪)(c)J.LEAGUE PHOTOS▽G大阪の注目選手は、FWファン・ウィジョ。G大阪在籍2年目の今シーズンはここまで得点ランキング3位タイの7ゴール。打ってよし、仕掛けてよしの万能ストライカーとして抜群の存在感を誇る。また、前線からの守備においても手を抜かない。ここ2試合、相手のマークも厳しくなりつつあり、ゴールから遠ざかっている状況だが、先の札幌戦でもポストを叩くシュートを放つなど状態は悪くない。ハイプレス&ハイラインが真骨頂の相手だけに、付け入る隙は十分にある。 ◆守備面が勝負の分かれ目に? ▽理想を追い求めるが故にポイントロスを続ける横浜FMと、失点数を減らすことで勝ち点の積み重ねに光明が差し込むG大阪。攻撃的なスタイルが根にある両雄のマッチアップということもあり、激しい攻撃の仕掛け合いが予想される。 ▽ただ、両者の守備面が勝敗に直結する一戦になるかもしれない。横浜FMの総失点数はここまでワースト2位タイの21失点に対して、G大阪は同3位タイの18失点。いかにして規律を持った守備を披露できるかが勝負の分かれ目になりそうだ。 ▽過去3度のJリーグ制覇歴を持つ横浜FMと、2度の優勝歴があるG大阪は、25年のJリーグ史においても屈指の伝統とタイトル数を誇る名門同士。浮上のキッカケを掴みたい両雄の下位対決は、12日19時にキックオフを迎える。 2018.05.12 11:30 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1第14節プレビュー】広島を追うFC東京と札幌が激突! 低迷の名門横浜FMvsG大阪のプライドを懸けた一戦にも注目!

▽明治安田生命J1リーグ第14節の8試合がが12日、13日に行われる。 ▽ワールドカップによる中断期間前最後の2試合となったJ1。リーグは変わらずの強さを見せる首位のサンフレッチェ広島に、FC東京や北海道コンサドーレ札幌が食らいつくという様相を呈している。今節はそのFC東京と札幌の上位対決が実現。新監督の下で好調の両チームが、広島に圧力を掛けんと鎬を削る。 ▽その広島はアウェイでベガルタ仙台と対決。連勝を懸けて鷲と熊が相まみえる。また、横浜F・マリノスvsガンバ大阪のオリジナル10対決も注目。下位に低迷する名門同士が互いのプライドをぶつけ合う魂の一戦だ。 ▽なお、セレッソ大阪vs鹿島アントラーズは7月25日に予定されているため、8試合の見どころをこんぱくとにまとめて紹介する。 ◆2015年以来の対戦は連敗脱出をかけた一戦 清水エスパルス vs 湘南ベルマーレ [5月12日(土)14:00] ▽連敗中同士の一戦。第11節でホーム初勝利を飾った清水は、ファン・ソッコ中心の守備で湘南の攻撃を抑え、再び勝ちロコを披露したい。一方の湘南はイ・ジョンヒョプとアレン・ステバノヴィッチの2トップが清水を襲う。 ◆イニエスタ獲得噂浮上の神戸が高橋祥平の待つヤマハに乗り込む ジュビロ磐田 vs ヴィッセル神戸 [5月12日(土)14:00] ▽GWで調子を上げた磐田。古巣戦となる高橋祥平は5試合ぶりクリーンシートへ貢献したいはずだ。一方、神戸はGWに勝利なし。しかし、イニエスタ獲得の噂で世界の注目の的に。5試合ぶり白星でアピールしたいところだ。 ◆昨季ライバルが生き残りかけ相まみえる V・ファーレン長崎 vs 名古屋グランパス [5月12日(土)14:00] ▽昨季J2上位を争った両クラブがJ1の舞台で激突。今季は長崎が3連敗、名古屋が11戦未勝利と共に苦しい戦いが続いている。下位対決制し生き残りに抜け出すのは片方のみ。白熱の激闘が幕を開ける。 ◆江坂任vs家長昭博 2015年大宮の躍進を支えた2人が再会 柏レイソル vs 川崎フロンターレ [5月12日(土)15:00] ▽前節黒星で未だに連勝がない柏と今季初の連敗を喫した川崎F。柏は、2戦発中の江坂が昨季王者から得点を奪い、ホームでリスタートを切れるか。それとも川崎Fの家長昭博が連敗ストップへ躍動なるか。2015年に大宮の躍進を支えた二人が再会 ◆連勝仙台か、3失点広島か ベガルタ仙台vs サンフレッチェ広島 [5月12日(土)16:00] ▽前節リーグ戦6試合ぶりに勝利した仙台はルヴァン杯でも横浜FMを下し首位浮上。公式戦2連勝で首位広島を迎え撃つ。一方、現在リーグ戦3連勝の広島だが、ルヴァン杯ではG大阪に敗れ3位に。後半の3失点が気になるところだが…。 ◆新船頭の舵取り…先に船酔いから覚めるのはどっちだ 横浜F・マリノス vs ガンバ大阪 [5月12日(土)19:00] ▽低迷する名門が激突。攻撃志向を貫く横浜FMは柏戦以外全試合で得点しているが守備が追いつかない。対するG大阪も攻撃に重きを置くチームだが、前節は完封負け。新監督の慣れない舵取りの中、先に船酔いから覚めるのはどちらか。 ◆浦和W杯前最後のホームゲーム、ファンに勝利を 浦和レッズ vs サガン鳥栖 [5月13日(日)14:00] ▽W杯前最後のホームゲームとなる浦和。オズワルド・オリヴェイラ監督の下再起を図るも前節の鹿島凱旋は返り討ちに遭ってしまった。一方の鳥栖は前節の清水戦で8戦ぶり勝利。昨季の対戦は1勝1分けとリーグ初の連勝へ悪くない相手だ。 ◆注目の上位対決! 絶好調D・オリヴェイラが札幌に襲いかかる FC東京 vs 北海道コンサドーレ札幌 [5月13日(日)16:00] ▽FC東京は前節、王者川崎F撃破でリーグ5戦負けなし。特にディエゴ・オリヴェイラは4月のMVPに選ばれノリノリだ。対する札幌は連勝中も三好康児が出停に。主力を欠き団結が求められる。 2018.05.11 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】至高の“ポゼッションサッカー”対決を制し、下位脱出の糸口を掴むのは《名古屋vs横浜FM》

▽5日、明治安田生命J1リーグ第13節が開催される。豊田スタジアムでは名古屋グランパスvs横浜F・マリノスが行われる。 ◆結果が欲しい両者 ▽風間八宏監督の下で攻撃サッカーを標榜し、J1復帰年を戦う名古屋。対する横浜FMもアンジェ・ポステコグルー監督に導かれ、Jリーグでは類を見ないポゼッションサッカーに取り組んでいる。 ▽攻撃サッカーを体現する両者だが、今シーズンのJ1ではボトム3に位置。下位から脱出を目指す両者にとっては“シックスポインター”となる。 ◆ついにトンネルを抜け出せるか~名古屋グランパス~ ▽前節はホームでセレッソ大阪と対戦。劣悪なコンディションの中、0-0のゴールレスドローで90分を終え、8連敗をストップさせた。 ▽攻撃サッカーを体現することはできなかったが、J屈指の攻撃陣を誇るC大阪を相手に、雨風が強く、ピッチ状態も悪い中でのクリーンシートはチームにとって少なからず自信となるはずだ。前回勝ち点を得た第3節以来の無失点。得点を許さなければ勝ち点1は最低でも手にできるだけに、攻撃サッカーを掲げながらも守備陣の働きが重要となる。 ▽守備がゼロに抑えられたのであれば、次は攻撃。外国人選手しか得点をしていないという残念な状況を抜け出せるのか。撃ち合いも考えられる今節は、しっかりと勝ち点3を挙げたいところだ。 ◆波に乗ることができない船乗り~横浜F・マリノス~ ▽前節はホームにジュビロ磐田を迎えて戦った横浜FM。相手選手の暴力行為が起こるなど試合以外の部分で注目が集まったが、試合は3-1で完敗。良いプレーを見せることができなかった。 ▽今シーズンから取り組んでいるポゼッションサッカーは磐田戦でも披露されたが、決定機は多く作れず。さらに、先月21日の湘南ベルマーレ戦でも見られたように、ボックス外に飛び出たGK飯倉大樹の頭上を越すロングシュートを田口泰士に決められた。連戦の影響もあるのか、ボール回しのところや判断ミスも散見されるようになり、苦しい時期が続く。 ▽それでも、ポゼッションサッカーは徐々にチームに浸透。サイドを使った攻撃も機能しているが、ゴール数はウーゴ・ヴィエイラが7得点を挙げるも、その他の選手は1得点が最高。ゴールを奪う形をいかに作ることができるか、攻撃対決で真価が求められる。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆名古屋グランパス[4-4-2](C)CWS Brains,LTD.GK:ランゲラック DF:菅原由勢、新井一耀、ホーシャ、櫛引一紀 MF:青木亮太、宮原和也、小林裕紀、和泉竜司 FW:ガブリエル・シャビエル、ジョー 監督:風間八宏 出場停止:長谷川アーリアジャスール ▽前節からのメンバー変更は1人と予想。出場停止となる長谷川アーリアジャスールに代えて、小林裕紀が先発すると見る。ガブリエル・シャビエル、ジョーの2トップは変わらず、青木亮太、和泉竜司の両サイドからの攻撃で横浜FMのハイラインの裏を狙う戦いか。ポゼッションサッカーでイニシアチブを握りたい。 ◆横浜F・マリノス[4-3-3](C)CWS Brains,LTD.GK:飯倉大樹 DF:松原健、中澤佑二、ミロシュ・デゲネク、山中亮輔 MF:大津祐樹、喜田拓也、天野純 FW:遠藤渓太、ウーゴ・ヴィエイラ、ユン・イルロク 監督:アンジェ・ポステコグルー ▽完敗した前節からは大きくメンバー変更があると予想する。主力でありチーム得点王であるウーゴ・ヴィエイラや右サイドバックのレギュラーである松原健、センターバックのミロシュ・デゲネクらは復帰すると予想。また、中盤には喜田拓也、大津祐樹が復帰するとみる。前節頭部を負傷した飯倉大樹の出場可否はチームスタイルにも大きな影響を及ぼすだろう。欠場となれば、GK杉本大地が先発するだろう。 【注目選手】 ◆MFガブリエル・シャビエル(名古屋グランパス)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽連敗を止めたものの、白星を掴みたい名古屋の注目選手はガブリエル・シャビエルだ。負傷離脱中にチームが連敗、復帰後もチームを復調させられず連敗は8に伸びた。それでも攻撃のタクトを振るうガブリエル・シャビエルの存在は重要だ。久々の勝利へ。“魔法使い”の力を見せたい。 ◆MF天野純(横浜F・マリノス)(C)CWS Brains,LTD.▽横浜FMの注目選手は天野純だ。横浜FMのポゼッションサッカーにおいて、欠かせない存在の天野。今シーズンはボランチでも起用されたが、やはり1つ前のポジションでの起用が本来の良さを出せる。前々節の鹿島アントラーズ戦ではかつてのエース・中村俊輔(ジュビロ磐田)を彷彿とさせる直接FKを沈めるなど、得点にも絡み出した天野。チーム浮上のカギを握るレフティに注目だ。 ◆J1屈指のポゼッション対決を制するのは ▽両チームの特徴は指揮官が掲げる“ポゼッションサッカー”だ。互いに攻撃に比重を置くスタイルなだけに、連休中、さらにこどもの日として多くスタジアムに足を運ぶであろうサッカー少年・少女にとっては、楽しい試合になると予想される。 ▽ボールを繋ぐことをポゼッションと思いがちだが、あくまでもポゼッションサッカーのゴールは得点を奪うこと。ゴールへ向かう姿勢だけでなく、しっかりとネットを揺らすことが両チームには求められる。 ▽ここまで日本人選手がゴールを挙げていない名古屋、ウーゴ・ヴィエイラ1人にゴールが偏っている横浜FMと、両チームの助っ人の活躍にも注目。しかし、チームプレーが重要となるポゼッションサッカーにおいては、周りを固める日本人選手の活躍も必要不可欠だ。 ▽J1屈指のポゼッションサッカーを制するのはどちらか。試合は5日(土)の19時にキックオフを迎える。 2018.05.04 19:40 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】上位で激突する多摩川クラシコ…等々力帰還の大久保嘉人、6年連続ゴールなるか《川崎FvsFC東京》

▽明治安田生命J1リーグ第13節が5日から6日にかけて行われる。今節の最注目カードは、5日の14時に等々力陸上競技場でキックオフを迎える川崎フロンターレvsFC東京の31回目となる多摩川クラシコだ。 ◆上位同士の多摩川クラシコ ▽J2時代から激闘を繰り広げてきた両雄による多摩川クラシコ。ここまでの通算成績は、川崎Fが13勝8分け9敗とリードしている。しかし、昨年のリーグ戦での戦績は1勝1分けでFC東京に軍配。今シーズンの順位においても川崎Fが4位に対して、FC東京が勝ち点差2をつけて2位と上を行く格好だ。両者のプライドはもちろん、首位に立つサンフレッチェ広島を追走するためにも負けられない一戦。熾烈な戦いになることは間違いない。 ◆クラシコ勝利でリスタートを~川崎フロンターレ~ ▽リーグ戦3連勝で復調したかに思われた直後、浦和レッズにオズワルド・オリヴェイラ体制初白星を献上。立ち上がりこそ悪くなかったものの、過密日程による疲労も見られ、時間の経過と共に攻撃のスピードを失い、相手にペースを握られた。鬼木達体制初のリーグ戦4連勝も逃し、乗りかけていた勢いを寸断される形に。昨年負け越した相手に対して、リベンジすることでリスタートを切りたい。 ◆クラシコ勝利で首位追走への加速を~FC東京~ ▽前節のヴィッセル神戸戦をゴールレスドローで終えるも、4戦無敗を継続。「思っていたより選手にダメージがあった」と長谷川健太監督が語るようにタイトな日程により、これまでの勢いがやや停滞した感が否めない。それでも、守備陣の粘り強い対応でしぶとく勝ち点1を奪取した。ここまで好調をキープしてきた中で踏ん張りどころではあるが、首位・広島への追走と川崎Fを振り払うチャンスである以上、今節は何としても白星を掴みたい。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆川崎フロンターレ[4-2-3-1](C)CWS Brains,LTD.GK:新井章太 DF:エウシーニョ、奈良竜樹、谷口彰悟、車屋紳太郎 MF:大島僚太、守田英正 MF:小林悠、家長昭博、齋藤学 FW:大久保嘉人 監督:鬼木達▽前節レッドカードで退場したGKチョン・ソンリョンに代わり、GK新井章太がゴールマウスを守ることに。ボランチはMF大島僚太と、MF守田英正がコンビを組むことになりそうだ。また、ここに来てMF齋藤学が4日に主力組でプレーしており、リーグ戦初先発が濃厚。1トップは古巣対決となるFW大久保嘉人が務める。 ◆FC東京[4-4-2](C)CWS Brains,LTD.GK:林彰洋 DF:室屋成、森重真人、丸山祐市、太田宏介 MF:大森晃太郎、米本拓司、髙萩洋次郎、東慶悟 FW:ディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑 監督:長谷川健太 ▽疲労を考慮して多少の入れ替えがあると予想。左サイドバックではDF小川諒也に代えてDF太田宏介が、ボランチではMF橋本拳人に代えてMF米本拓司が起用されることになりそうだ。現在19得点で得点数リーグ1位のチームの最前線には、2人だけで13ゴールを記録しているFWディエゴ・オリヴェイラ(9ゴール)とFW永井謙佑(4ゴール)が並ぶ。 【注目選手】 ◆FW大久保嘉人(川崎フロンターレ)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽今節川崎Fで最も燃えているのが大久保だろう。昨シーズンに5年間過ごした川崎FからライバルチームのFC東京に移籍したが、青赤のスタイルに馴染むことができず、1年での川崎F復帰を決断した。しかし、今シーズンは本来のパフォーマンスとはほど遠く、リーグ戦では2得点に。それでも大久保は多摩川クラシコでここまで5年連続でゴールを決めている。フィットに苦しんだFC東京でも初ゴールを記録したのが、多摩川クラシコだった。6年連続ゴールを奪い、本領発揮へのきっかけを掴みたいところだ。 ◆FWディエゴ・オリヴェイラ(FC東京)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽FC東京のキープレイヤーは、ディエゴ・オリヴェイラだ。今シーズンに柏レイソルからFC東京に加入したブラジル人アタッカーは、縦に速い攻撃スタイルを用いるチームに完全にフィット。快速アタッカーの永井と共に相手の脅威になり続け、ここまでJ1得点ランクトップの9ゴールを記録している。ボールを保持して攻撃を組み立てる川崎Fに対して、どれだけ鋭いカウンターを続けられるかがクラシコ勝利のカギとなりそうだ。 2018.05.04 18:15 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1第13節プレビュー】31回目の多摩川クラシコ! そしてオリヴェイラが7年ぶりにカシマ帰還!

▽明治安田生命J1リーグ第13節の9試合が5日から6日にかけて行われる。 ▽7週間でJ1リーグとYBCルヴァンカップの計15試合を戦う過密日程の、11試合目に当たる今節。最注目は、4位・川崎フロンターレvs2位・FC東京の多摩川クラシコだ。31回目は上位チーム同士の戦いとなった。 ▽また、先月浦和レッズの監督に就任したオズワルド・オリヴェイラ監督が7年ぶりに県立鹿島サッカースタジアムに帰還する鹿島アントラーズvs浦和レッズにも注目だ。鹿島を率いる大岩剛監督にとっても現役時代に指導を受けた恩師との師弟対決にもなる。今節も9試合の見どころをコンパクトにまとめて紹介する。 ◆好調・札幌、G大阪戦2002年以来のホーム勝利へ! 北海道コンサドーレ札幌 vs ガンバ大阪 [5月5日(土)14:00] ▽直近9試合6勝3分けの札幌は、エース・都倉賢を筆頭にどのポジションからでもゴールを狙えるのが特長だ。対するG大阪はファン・ウィジョの攻撃力を存分に生かし、ここ4試合で3勝。対G大阪戦、札幌は2002年以来のホーム勝利を目指す ◆7位・柏vs6位・磐田…連勝で上を行くのは 柏レイソル vs ジュビロ磐田 [5月5日(土)14:00] ▽連勝を目指す両者。柏は昨年8月に負傷した手塚康平が前節長期離脱から復帰。ゴールの起点になるなど上々のパフォーマンスを披露。対する磐田は前節勝利もギレルメ退場で苦い試合に。全ゴール絡んだ田口泰士がチームの希望となれるか ◆今季青黒帰還の大久保嘉人と青赤加入のD・オリヴェイラ…勝利に導くのは 川崎フロンターレ vs FC東京 [5月5日(土)14:00] ▽前節鬼木達監督初リーグ戦4連勝を逃した川崎Fは、FC東京から1年で復帰した大久保嘉人がチームを救うか。4戦無敗中のFC東京は今季加入のディエゴ・オリヴェイラが9ゴールと爆発中。自身初の多摩川クラシコでも勝利に導くか ◆主軸を失ったC大阪は4ゴール中の長崎FW鈴木武蔵を抑えられるか セレッソ大阪 vs V・ファーレン長崎 [5月5日(土)15:00] ▽2試合連続ドロー中のC大阪は清武弘嗣と杉本健勇が揃って欠場濃厚。前節4戦ぶりに無失点を記録した守備陣が奮闘なるか。一方、長崎は4連勝から一転して連敗中。嫌な流れを断ち切るためにもチーム内得点王・鈴木武蔵のゴールが欲しい。 ◆オズ、カシマ帰還…低迷する名門、復活を目指して激突 鹿島アントラーズ vs 浦和レッズ [5月5日(土)17:00] ▽オズワルド・オリヴェイラ監督が7年ぶりにカシマに帰還する一戦。前節浦和は、興梠慎三の第8節以来の2得点で新体制初勝利を手に。一方の鹿島も鈴木優磨と金崎夢生両エースの得点で長崎に勝利。低迷する名門、復活へ加速していくのは ◆再起図るアタッキングフットボール対決が勃発! 名古屋グランパス vs 横浜F・マリノス [5月5日(土)19:00] ▽名古屋は前節ゴールレスで連敗がストップ。クラブワーストタイの9連敗を回避し、新たな気持ちで今節に臨む。対する横浜FMは前節磐田に完敗。攻撃的サッカー標榜の両クラブが再起を図る一戦だ。 ◆掴みかけた希望を手繰り寄せろ! 鳥栖の連敗ストップなるか サガン鳥栖 vs 清水エスパルス [5月6日(日)15:00] ▽鳥栖は前節の黒星で連敗を「7」としたものの5試合ぶりに得点を記録。僅かに見出した希望を増幅させることはできるか。対する清水は前節黒星も相手は首位チーム。嫌なムードを振り切る勝利が求められる。 ◆それぞれのスタイル、結果を出すのは? 湘南ベルマーレ vs ベガルタ仙台 [5月6日(日)16:00] ▽湘南は前節4戦ぶり敗北。連戦の中、果敢なスタイルの真価が問われる。仙台はターンオーバー採用も5戦未勝利。結果と内容、両立への解法は見つかるか。 ◆神戸が首位・広島相手に金星狙う サンフレッチェ広島 vs ヴィッセル神戸 [5月6日(日)17:00] ▽いよいよ止められなくなってきた広島。前節清水戦の勝利で9度目のクリーンシートを達成。得点数も悪くなく、今のところ隙は無い。そんな広島に挑む神戸は3戦未勝利で失速気味。ゴールデンウィーク終盤に金星を挙げられるか 2018.05.04 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】絶好調のミシャと逆襲ムードのレヴィーが激突《札幌vsG大阪》

▽過密日程真っ只中の明治安田生命J1リーグ。3試合を残す中、北海道コンサドーレ札幌は、5日に行われる第13節でガンバ大阪をホームに迎え撃つ。 ◆調子を上げる両雄 ▽9試合無敗でACL圏内3位の好位置につける札幌と、2連勝で残留圏内の15位に位置するG大阪の一戦。調子を上げる両雄のマッチアップとなる。 ◆クラブレコードの勢い〜北海道コンサドーレ札幌〜 ▽札幌の勢いが止まらない。前節のサガン鳥栖戦は2-1の逆転勝利。クラブレコードの9戦無敗となり、ついに3位に浮上した。さらに、前節はFW都倉賢、MFチャナティップ、MF三好康児といった主力を遠征メンバーから外す大胆なターンオーバー。ミハイロ・ペトロヴィッチ監督の志向する攻撃サッカーの浸透はもちろん、ベンチワークの面も充実している。難敵G大阪が今節の相手だが、完全に流れに乗っている状況だけに、死角はない。 ◆ホームの勢いは本物か〜ガンバ大阪〜 ▽開幕6戦未勝利の低調スタートを切ったG大阪だが、ここ6戦4勝2敗。前々節から続いたホーム連戦を今シーズン初の連勝で飾り、ついに降格圏から脱出した。守備面も、ここ6試合で4つのクリーンシート。攻撃面でもレヴィー・クルピ監督の志向する選手個々の発想力を生かしたアタッキング・フットボールが形づき、状態も上がっている。ただ、今節はここまで5戦全敗のアウェイ戦。ホーム4連勝の力が試される一戦となる。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆北海道コンサドーレ札幌[3-4-2-1](C)CWS Brains,LTD.GK:ク・ソンユン DF:進藤亮佑、キム・ミンテ、福森晃斗 MF:駒井善成、荒野拓馬、菅大輝、宮澤裕樹、三好康児、チャナティップ FW:都倉賢 監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ▽今節から出場停止明けのキム・ミンテが最終ラインに復帰。前節休養の三好、チャナティップ、都倉が先発復帰の見込みだ。 ◆ガンバ大阪[4-2-3-1](C)CWS Brains,LTD.GK:林瑞輝 DF:オ・ジェソク、三浦弦太、ファビオ、藤春廣輝 MF:今野泰幸、マテウス、米倉恒貴、遠藤保仁、倉田秋 FW:ファン・ウィジョ 監督:レヴィー・クルピ▽先のベガルタ仙台戦で1アシストを記録するなど攻守に機能したMF今野泰幸の先発復帰が濃厚。疲労の色がピークなチームにとって、最高のカンフル剤になるに違いない。 【注目選手】 ◆MF三好康児(北海道コンサドーレ札幌)(c)J.LEAGUE PHOTOS▽札幌の注目選手は三好だ。川崎フロンターレから今シーズン期限付き加入したレフティは、ここまでJ1リーグ11試合に出場。新任のミハイロ・ペトロヴィッチ監督下において、攻撃陣の重要なピースを担う。上述のとおり、前節を休養に充てただけに、G大阪戦は万全の状態。輝きを放ちたい。 ◆MF倉田秋(ガンバ大阪)(c)J.LEAGUE PHOTOS▽G大阪のピックアッププレーヤーは、MF倉田秋だ。前々節から続いたホーム連戦で今シーズン初ゴールをマークするなど2戦連発。ここまで7ゴールを記録するFWファン・ウィジョ頼みだった仕上げの部分でも、存在感を高めている。狙うは決めれば3戦連発となる得点。チームを3連勝に導きたい。 ◆鍵を握る運動量 ▽勝敗のキーポイントは強度か。連戦が続いている状況もあり、互いに疲れはピーク。共に最近の試合で勝ちを手繰り寄せているものの、セカンドボールに対する反応1つにしても、やや重さを感じさせている。 ▽特に、ローテーションを好まないレヴィー・クルピ監督のG大阪において、その面に関してはやや部が悪い。G大阪としては効果的な動きを増やしていくことで、ハンデが否めない体力面をカバーしていきたい。 ▽従来、札幌がホームスタジアムとする札幌ドームではなく、札幌厚別公園競技場で行われる一戦は5日、14時にキックオフを迎える。 2018.05.04 17:35 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】オズの魔法使いがカシマ襲来《鹿島vs浦和》

▽過密日程の最終コーナーに差し掛かった明治安田生命J1リーグ。県立カシマサッカースタジアムで行われる第13節では、13位の鹿島アントラーズと11位の浦和レッズが対戦する。 ◆ともに低迷 ▽ここまで波に乗り切れず、低迷する両雄。ともに勝ち点15で並ぶ状況を考えると、どちらにとっても是が非でも勝利が欲しい一戦となる。 ◆良い流れを続けられるか〜鹿島アントラーズ〜 ▽低空飛行が続く中、前節のV・ファーレン長崎戦でリーグ4試合ぶりの3ポイントを掴み取った鹿島。しかし、内容面において、長崎に後手を踏む場面も多く見受けられ、いまだ改善の必要性がある。 ▽とはいえ、今シーズンを通じて課題となる受けに回った時間帯を凌げたことはポジティブな材料に。あとはこれを続けられるか。勝利を積み重ねていく中で、鹿島らしさを取り戻していきたい。 ◆機運高めてカシマへ〜浦和レッズ〜 ▽対する浦和も、前節の川崎フロンターレ戦で4試合ぶりの勝利。しかも、オズワルド・オリヴェイラ新体制の初白星は、内容面においても完勝であり、今後の戦いに向けても機運が高まっている。 ▽だが、アウェイ2連戦の最終戦は、難攻不落の鹿島本拠地。通算成績も16勝9分け29敗と鹿島に大きく劣る。ただ、勝てば一気に中位に順位を上げられる状況だけに、何とか勝ち切りたい。 ◆オズワルド・オリヴェイラ、帰還 ▽そして、2007年から2011年まで鹿島の指揮を執ったオズワルド・オリヴェイラ監督が浦和の指揮官としてカシマに帰ってくる。 ▽オズワルド・オリヴェイラ監督は、鹿島を前人未踏のJ1リーグ3連覇に導いた指揮官だ。5年の在任期間で国内6冠をもたらした名将であり、功労者の1人である。 ▽思い出の地カシマでどのような采配を振るい、古巣鹿島に立ち向かうのか。目が離せない。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆鹿島アントラーズ[4-4-2](C)CWS Brains,LTD.GK:曽ヶ端準 DF:内田篤人、植田直通、昌子源、安西幸輝 MF:遠藤康、三竿健斗、小笠原満男、中村充孝 FW:金崎夢生、鈴木優磨 監督:大岩剛▽前節と大幅な変更はないだろう。前節、今シーズン初のアベック弾をマークしたFW金崎夢生とFW鈴木優磨の関係性も良好であり、今節も2人のストライカーを軸に攻撃が展開されるはずだ。 ◆浦和レッズ[3-3-2-2](C)CWS Brains,LTD.GK:西川周作 DF:遠藤航、マウリシオ、槙野智章 MF:橋岡大樹、阿部勇樹、宇賀神友弥、:長澤和輝、柏木陽介 FW:武藤雄樹、興梠慎三 監督:オズワルド・オリヴェイラ▽川崎F戦で好パフォーマンスを披露したFWアンドリュー・ナバウトだが、右肩関節脱臼で離脱決定。代わりに、FW武藤雄樹が2試合ぶりにスターティングメンバーに復帰を果たしそうだ。 【注目選手】 ◆DF内田篤人(鹿島アントラーズ)Getty Images▽鹿島の注目選手は、右サイドバックのDF内田篤人だ。先の長崎戦でJリーグ復帰後初アシストを記録。5試合連続で先発出場を続けており、初のフル出場もマークした。鹿島とともに内田も上昇気流に乗っていきたい。 ◆FW興梠慎三(浦和レッズ)(c)J.LEAGUE PHOTOS▽浦和のピックアッププレーヤーは、FW興梠慎三だ。前節の川崎F戦で殊勲の2発をマーク。シーズン2度目の1試合2得点であり、状態も良い。オズの愛弟子として古巣鹿島に牙をむくエースの働きが期待される。 ◆鍵は継続性 ▽上述のとおり、ここから波に乗っていきたい両者の一戦となる。互いに志すものこそ違うものの、ここまでの戦いにおいて、“継続性の欠如”が共通している点といえるだろう。 ▽したがって、両チームの勝敗は、共に手にした4試合ぶりの勝利の感覚を今節の戦いに持ち込めるかがポイントになりそうだ。注目の一戦は5日、17時にキックオフを迎える。 2018.05.04 17:30 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】J1王者vsアジア王者…鬼木体制初の4連勝か、オリヴェイラ体制初勝利か《川崎Fvs浦和》

▽明治安田生命J1リーグ第12節が2日に行われる。注目は、等々力陸上競技場で行われる3位・川崎フロンターレ(勝ち点21)vs14位・浦和レッズ(勝ち点12)だ。 ◆復調したJ1王者と不調のアジア王者 ▽昨シーズン悲願のJ1初優勝を成し遂げた川崎F。今シーズンは序盤こそ勝ち点を積み重ねていた中、第5節の首位・サンフレッチェ広島戦(●0-1)で敗れると調子が下降。それでも第9節の鹿島アントラーズ戦での勝利(◯4-1)をきっかけに調子を取り戻し、前節のヴィッセル神戸戦(◯2-1)で今シーズン初の3連勝を飾った。 ▽一方、昨シーズン10年ぶりにアジアを制した浦和は、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)がない今シーズンはリーグ戦での躍進が期待された。しかし、始まってみればリーグ戦開幕5試合未勝利。堀孝史監督解任で就任した大槻毅暫定監督によって3連勝を飾るなど復活の兆しが見えたが、オズワルド・オリヴェイラ監督が就任後は連敗を喫し、またも厳しい戦いが強いられている。 ◆鬼木体制初のリーグ戦4連勝を~川崎フロンターレ~ ▽長い間決定力不足に悩まされていた川崎Fだが、鹿島戦での4発勝利を契機にその後の2試合でも複数得点で今シーズン初の3連勝。前節の神戸戦では終盤に同点に追いつかれた中でもしっかりと勝ち越し、昨シーズン王者の勝負強さを見せた。 ▽特に昨シーズンMVP&得点王のFW小林悠が2戦連続でゴールを挙げていることも大きい。不調・浦和にしっかりと勝利を飾り、鬼木達監督体制初のリーグ戦4連勝を飾りたい。 ◆オリヴェイラ体制初の勝利を~浦和レッズ~ ▽上述通り、オリヴェイラ監督就任後に連敗。この2試合では大槻体制時に見えた粘りの守備が見られず、前節では湘南ベルマーレに約21年ぶりの勝利を献上した。 ▽後半には押し込む時間が増加したものの、攻撃においても2試合連続無得点と言う結果に。「形を作ったが、力強さ、点を決める気持ちが欠けていた」とオリヴェイラ監督が語るように、最後のところで崩しきれず。攻守において不安を残すものの、アグレッシブなプレーでなんとしてもオリヴェイラ体制初勝利を飾りたい。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆川崎フロンターレ[4-2-3-1](C)CWS Brains,LTD.GK:チョン・ソンリョン DF:エウシーニョ、奈良竜樹、谷口彰悟、車屋紳太郎 MF:エドゥアルド・ネット、大島僚太 MF:家長昭博、中村憲剛、阿部浩之 FW:小林悠 監督:鬼木達 ▽前節途中出場を果たしたMF中村憲剛が先発復帰か。昨年浦和とのACL準々決勝2試合で2ゴールを挙げたDFエウシーニョが右サイドバックに入り、ワントップには2試合連続ゴール中の小林が務める。ベストメンバーを浦和戦にぶつける。 ◆浦和レッズ[3-4-1-2](C)CWS Brains,LTD.GK:西川周作 DF:遠藤航、マウリシオ、槙野智章 MF:橋岡大樹、長澤和輝、青木拓矢、菊池大介 MF:柏木陽介 FW:武藤雄樹、興梠慎三 監督:オズワルド・オリヴェイラ ▽初勝利を待望する浦和は最終ラインは変わらず。ボランチはMF長澤和輝とMF青木拓矢が務めることを予想する。前節途中出場でゴールに迫ったFWアンドリュー・ナバウドまたもベンチスタートか。最前線ではリーグ戦2ゴール目を狙うFW武藤雄樹が、FW興梠慎三とコンビを組む。 【注目選手】 ◆FW小林悠(川崎フロンターレ)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽鬼木体制初のリーグ4連勝へカギを握るのは主将・小林だ。今シーズンここまではケガや体調不良などコンディションが整わず苦しんでいたが、前々節のサガン鳥栖戦から2試合連続ゴール。昨シーズンのMVP&得点王が本領を発揮し始め、チームも波に乗り始めた。今節の相手は、昨シーズンの4試合で5ゴールを挙げている浦和。相性抜群な相手から3試合連続ゴールを記録して、チームを勢いづかせたい。 ◆FW興梠慎三(浦和レッズ)(C)CWS Brains,LTD▽浦和の注目選手は興梠だ。今シーズンのリーグ戦ではここまで4ゴールも、鹿島時代の恩師・オリヴェイラ監督就任後は未だ得点がない。チーム全体としても無得点で敗れているだけに、なんとしても自身のゴールで勝利に導きたいはずだ。前節浮上した課題でもある「最後の質」にこだわり、攻撃面での活路を見出したい。 2018.05.02 10:30 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】対照的な両者、上位進出への足掛かりを掴むのは《湘南vs柏》

▽2日、明治安田生命J1リーグ第12節が開催される。Shonan BMW スタジアム平塚では湘南ベルマーレvs柏レイソルが行われる。 ◆対照的な両者 ▽湘南はここ2試合で連勝と好調を維持。さらに、これまでなかなか勝てなかった相手に勝利するなど、ここに来て上昇気流に乗っている。 ▽対する柏は元気がない。開幕直後は4戦無敗と好調だったが、AFCチャンピオンズリーグでの敗退、4月はリーグ戦での連勝がなしと結果が出ていない。湘南の勢いに飲まれる可能性もあるだろう。 ◆上位進出へ3連勝を目指す~湘南ベルマーレ~ ▽前々節のガンバ大阪戦、前節の浦和レッズ戦と1-0で勝利した湘南。21年ぶり、20年ぶりと久々の勝利にスタンドは沸いた。 ▽今節の相手である柏は、ここ4度の対戦で負けなしの相手。湘南としては今の勢いのまま、そして過去対戦の勢いのまま、上位進出に向けた勝ち点3が欲しいところだ。 ▽今節は、柏から期限付き移籍中のMF秋野央樹が契約の関係上出場できず。チームとしては核を失うことになるだけに、真価も問われることになるだろう。 ◆復活の兆しを掴むために~柏レイソル~ ▽前節はアウェイで清水エスパルスに敗戦。久々のホーム白星を与えるという、厳しい敗戦となった。 ▽11試合を終えて得点が12、失点が12と数字的に悪いわけでないが、今シーズンは第2節の横浜F・マリノス戦で2-0と勝利した以外は、全て1点差以内となっており、勝負弱さが目立っている。 ▽4勝のうち3試合は2得点と、柏の課題は得点力。アタッキングサードでのフィニッシュの精度が高まれば、勝機は見えてくるだろう。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆湘南ベルマーレ[3-4-1-2](C)CWS Brains,LTD.GK:秋元陽太 DF:山根視来、坂圭祐、杉岡大暉 MF:ミキッチ、石川俊輝、菊地俊介、高橋諒 MF:松田天馬 FW:イ・ジョンヒョプ、アレン・ステバノヴィッチ 監督:曺貴裁 ▽今節は前述の通り秋野央樹が契約の関係で出場できず。前節は前線で起用された菊地俊介がボランチに入り、松田天馬が先発に復帰すると予想する。2トップに入るイ・ジョンヒョプの高さ、アレン・ステバノヴィッチのキレ、その周りでプレーする松田天馬のスピードで柏守備陣を襲う。 ◆柏レイソル[4-2-3-1](C)CWS Brains,LTD.GK:中村航輔 DF:小池龍太、パク・ジョンス、中山雄太、亀川諒史 MF:大谷秀和、キム・ボギョン MF:伊東純也、中川寛斗、クリスティアーノ FW:江坂任 監督:下平隆宏 ▽波に乗れていない柏は、前節と同じメンバーで臨むと予想。浦和戦でのハードワークを取り戻したいところだが、攻撃陣のフィニッシュの精度が一番の課題だ。前節も形は作れていただけに、前線の4枚がしっかりとネットを揺らせるか。失点が止まらないセットプレーの守備にも注目だ。 【注目選手】 ◆FWイ・ジョンヒョプ(湘南ベルマーレ)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽湘南の注目選手は、今シーズン加入のイ・ジョンヒョプだ。ゴールこそ開幕戦の1点で止まっているものの、最前線での身体を張ったプレーは湘南の攻撃にとって欠かせないピースとなっている。闘える選手であり、その高さはセットプレーでも有効に働くだろう。開幕戦以来のゴールで、チームの3連勝に貢献したい。 ◆MF江坂任(柏レイソル)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽柏の注目選手は1トップに入ると予想される江坂任だ。今シーズンは期待されていながらリーグ戦のゴールは「2」。満足いく結果とはいえない。献身的なプレーも目立つが、江坂の良さはボックス内でのプレー。得点を奪うことに集中することができれば、チームを勢いに乗せられるはず。セットプレーからのゴールにも期待したい。 ◆上位への足掛かりを掴むのは ▽勝ち点差「1」で迎える試合だが、チームの状況は対照的だ。ホームの湘南は、長年勝てなかった相手に揃って勝利し、連勝を飾っている。過密日程でフィジカル的に厳しいところはあるだろうが、心は充実しているはずだ。 ▽対する柏は、心身ともに厳しい状況ともいえるだろう。直近の公式戦5試合は1勝4敗と結果が出ていない。攻撃の形を作り、ゴールに迫るシーンはありながらも、なかなか決めきれていないのが現状だ。攻撃的な布陣を組んでいるだけに、ゴールという結果が出ない苦しさが、結果に顕著に表れている。 ▽新加入選手、若手選手もフィットしはじめ、チームとして完成度を高めつつある湘南。ACLとの二足のわらじのために大型補強を敢行も、いまいちフィットしきれていなく、チグハグ感が漂う柏。チーム状態が対照的な両者、上位進出へのキッカケを掴むのはどちらか。試合は2日(水)の19時にキックオフを迎える。 2018.05.01 21:45 Tue
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】レヴィーとマッシモ、笑うのは…残留巡るシックスポインター《G大阪vs鳥栖》

▽唯一の日曜日開催(29日)となる明治安田生命J1リーグ第11節のガンバ大阪vsサガン鳥栖。崖っぷちに立たされている両者のマッチアップだ。 ◆下位対決 ▽開幕から調子が上がらぬまま17位に低迷するG大阪(勝ち点7)と、16位と不振が続く鳥栖(同8)の一戦。勝ち点1差でひしめく両雄による下位対決となる。 ◆是が非でも〜ガンバ大阪〜 ▽勝利した前々節のセレッソ大阪とのダービーマッチを契機に逆襲の狼煙を上げるかに思われたが、前節の湘南ベルマーレ戦で3本のシュート数にとどまった内容もさることながら、20年ぶりに平塚で敗れる不甲斐ない戦いを露呈。連勝を逃した挙句、降格圏からの脱出機を不意にした。 ▽だが、今節から負傷離脱が続くMF今野泰幸が出場停止明けのDFファビオと共に復帰の見込み。残留争いのライバルとの直接対決となる今節、2連勝中の本拠地パナソニック スタジアム 吹田に集結する熱いサポーターの声援を背に、是が非でもシックスポインターゲームを制したい。 ◆狙うは勝点3のみ〜サガン鳥栖〜 ▽対する鳥栖も深刻だ。2012年のJ1昇格以来、チームワーストの5連敗中。さらに、攻撃陣も直近3試合で不発が続いており、得点力にも問題が生じている。圧倒的な身体能力で攻撃陣をリードするFWビクトル・イバルボは、今節も出場が不透明。今節も試行錯誤の戦いを強いられそうだ。 ▽そうした中で、マッシモ・フィッカデンティ監督はここ数試合において苦境を脱すべく、フォーメーション変更で活路を見出そうと試みているが、それも結果に繋がっていない状況。とはいえ、今節の相手は同じく降格圏に沈むG大阪との直接対決。勝点3のみを見据えた戦いに徹したい。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆ガンバ大阪[4-2-3-1](C)CWS Brains,LTD.GK:林瑞輝 DF:オ・ジェソク、三浦弦太、ファビオ、藤春廣輝 MF:高江麗央、マテウス、米倉恒貴、遠藤保仁、倉田秋 FW:ファン・ウィジョ 監督:レヴィークルピ▽今野がベンチ要員として第4節の柏レイソル戦以来となる復帰の情勢だ。また、出場停止明けのファビオも今節から復帰。DF米倉恒貴は、紅白戦の主力組として務めた右サイドハーフでプレーするかもしれない。 ◆サガン鳥栖[3-5-2](C)CWS Brains,LTD.GK;権田修一 DF:キム・ミンヒョク、チョン・スンヒョン、高橋祐治 MF:福田晃斗、高橋秀人、吉田豊、小野裕二、原川力 FW:趙東建、田川亨介 監督:マッシモ・フィッカデンティ▽3バックと4バックを併用しながらの戦いが続くマッシモ・フィッカデンティ監督。今節もどのフォーメーションを選択するか読めない部分がある。注目の攻撃陣に関しても、どのユニットが組まれてもおかしくない。 【注目選手】 ◆FWファン・ウィジョ(ガンバ大阪)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽G大阪の注目選手は、抜群の推進力と万能性を兼ねたFWファン・ウィジョだ。今シーズンはここまで得点ランク3位タイでチームトップの6ゴールを記録。一人気を吐く出色の活躍が光る。チームの攻撃の鍵を握る男として、持ち前の積極性と鋭さで鳥栖の守備ブロックを切り裂きたい。 ◆FW田川亨介(サガン鳥栖)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽鳥栖のキープレーヤーは、FW田川亨介だ。開幕戦で2ゴールを挙げるなど順調な滑り出しを見せたが、プレーレベルに波があり、直近5試合でゴールから遠ざかっている状況。だが、ビクトル・イバルボ不在の現状において、この新鋭の突破力を含む攻撃性能は魅力的。活躍したい。 2018.04.28 19:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】5連勝目指す長崎が首位・広島に挑む“ピース”ダービー《長崎vs広島》

▽28日、明治安田生命J1リーグ第11節が開催される。トランスコスモススタジアムでは、V・ファーレン長崎vsサンフレッチェ広島が行われる。 ◆関係深い両者 ▽長崎と広島。日本人ならば、両県の共通項はお分かりだろう。共に第2次世界大戦で原子爆弾投下の被害を受けた場所。平和の象徴としても知られる場所だ。 ▽さらには長崎の指揮官である高木琢也監督は広島のレジェンドでもある。“アジアの大砲"として知られた高木監督は、現役時代に広島でプレーした。古巣との対戦に燃えないはずはない。 ◆勢いを本物に〜V・ファーレン長崎〜 ▽クラブ史上初のJ1昇格、予想された通り開幕から厳しい戦いが続いた。しかし、第7節の清水エスパルス戦で初勝利を挙げると、そこから一気に4連勝。勢いに乗った。 ▽昨シーズン終盤を彷彿とさせる勢いを感じる長崎だが、決して運だけで4連勝したわけではない。堅く組織化された守備、少ないチャンスをゴールに繋げる勝負強さは健在。勢いを本物にしつつある。 ▽首位を走る広島に挑む今節は真価を問われる試合になるだろう。チームとして戦うことができるのか、ハードワークできるのか。5連勝を目指して挑む。 ◆上手くリスタートできるか〜サンフレッチェ広島〜 ▽8勝1分け、失点2と圧倒的な成績で首位を独走していた広島だが、2位のFC東京を相手にした前節は完敗。不安の残る今季リーグ戦初黒星となった。 ▽ディエゴ・オリヴェイラ(FC東京)が好調を維持していたとはいうものの、1試合3失点の守備陣としては反省材料が残った。また、長谷川健太監督率いるFC東京の戦い方にも苦慮したはずだ。 ▽今節の相手である長崎もしっかりと守備を構築してカウンターを仕掛けるスタイル。また、セットプレーも得意としている。前節の反省を生かし、連敗を避けて新たな波を作りたい。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆V・ファーレン長崎[3-4-1-2](C)CWS Brains,LTD.GK:徳重健太 DF:徳永悠平、高杉亮太、田上大地 MF:飯尾竜太朗、中原彰吾、黒木聖仁、翁長聖 MF:澤田崇 FW:ファンマ、中村慶太 監督:高木琢也 ▽再び連勝街道に入りたいFC東京は、前節の清水エスパルス戦と同じメンバーをピッチに送り出すと予想。結果を残しているFWディエゴ・オリヴェイラ、FW永井謙佑の2トップをはじめ、好調を維持する選手たちを継続して起用するだろう。 ◆サンフレッチェ広島[4-4-2](C)CWS Brains,LTD.GK:林卓人 DF:和田拓也、野上結貴、水本裕貴、佐々木翔 MF:柴崎晃誠、青山敏弘、稻垣祥、柏好文 FW:パトリック、渡大生 監督:城福浩 ▽無敗で首位をひた走る広島は若干のメンバー変更か。前節は途中出場となったMF吉野恭平、MF川辺駿、FWティーラシンが先発と予想。FW渡大生、MF稻垣祥、MF柴崎晃誠に代わっての出場となるだろう。好調FWパトリックは引き続き先発。ターンオーバーを最小限にし、首位独走を目指す。 【注目選手】 ◆MF中原彰吾(V・ファーレン長崎)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽長崎の注目選手は、北海道コンサドーレ札幌から期限付き移籍中の中原彰吾だ。中盤の底で攻守にわたって躍動。黒木聖仁との関係も良く、長崎の屋台骨の1人だ。セットプレーでも正確なキックを見せゴールに繋げている。長崎の連勝を支える若武者に期待だ。 ◆MF稲垣祥(サンフレッチェ広島)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽広島の注目選手は、稲垣祥だ。ダブルボランチの一角として青山敏弘と共にチームに安定感をもたらせている。また、前節は途中出場ながら、すぐさまゴール。ヴァンフォーレ甲府時代に見せていた攻撃での違いも出せている。苦しんだ1年目から、飛躍の2年目へ。流れを引き戻すには稲垣の活躍が必要だ。 ◆“ピース"ダービー ▽勢いに“乗っている"長崎と勢いを“止められた"広島の一戦。状況は異なるが、両者にとって大事な一戦になることは間違いない。 ▽5連勝を目指す長崎は、厳しい連戦でありながら、やはりハードワークが求められる。結果が出ているだけに、選手たちの精神的には身体は重くないかもしれないが、疲労は蓄積しているはず。そのメンタルを保つためにも、勝ち続けたい所だ。上手くターンオーバーさせられるか、指揮官の手腕にも期待だ。 ▽連敗を避けたい広島も同様だ。チームプレー、ハードワークと城福浩監督が掲げるサッカーにとっては、この連戦は厳しいものとなる。一度止まってしまった流れを引き戻すことができるか。似たタイプの相手が続くだけに、連敗となれば大きなダメージにもなりかねない。個の能力で上回るアドバンテージを活かしたい。 2018.04.28 10:45 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】両指揮官が因縁の相手に挑む首位攻防戦《FC東京vs広島》

▽25日、明治安田生命J1リーグ第10節が開催。味の素スタジアムではFC東京vsサンフレッチェ広島が行われる。 ◆指揮官の因縁 ▽2位に付けるFC東京(勝ち点16)と無敗で首位に立つ広島(勝ち点25)の対決。首位攻防戦ながら両者の勝ち点は大きく離れている。 ▽注目は両指揮官になるだろう。ホームのFC東京を率いるのは長谷川健太監督。昨シーズンまで率いたガンバ大阪では、2014年のヤマザキナビスコカップ(現YBCルヴァンカップ)決勝、2015年のJリーグチャンピオンシップ決勝で対戦。2014年は勝利したものの、2015年は敗れリーグタイトルを逃した。広島には勝ちたい気持ちが強くあるはずだ。 ▽対するアウェイの広島を率いるのは城福浩監督。2008年から2010年途中、さらに2016年と2度に渡って率いた古巣との対戦となる。2016年の悔しさを、味スタで晴らしたいはずだ。 ◆長谷川サッカーが見え隠れ〜FC東京〜 ▽長谷川健太監督が標榜する手堅い守備をベースとした戦い方が見え隠れするFC東京。ここまで1試合最多は2失点ながら、クリーンシートは2試合と、まだまだ浸透しきったとは言えない。 ▽しかし、開幕3試合で躓いた攻撃陣は試合を追うごとに結果を残している。サイドを使った攻撃はもちろん、中央をこじ開け、2列目の選手が得点を増やしている現状は、長谷川監督らしいサッカーが出始めている証拠。連勝は一度止まったが、ここで首位の広島を叩き、頂点を目指して再び連勝をスタートさせたい。 ◆圧巻の堅守&全員サッカー〜サンフレッチェ広島〜 ▽昨シーズンの低迷から一転、今シーズンは9試合を戦ってわずか「2」失点という驚異の結果を残している。さらに、ゴールレスドローに終わった第4節のジュビロ磐田戦を除き、8試合で勝利。クリーンシートは磐田戦も含めて7試合と、守備の安定感が抜群だ。 ▽GK林卓人のPKストップが2試合で起こるなど、運も味方につけているところはあるが、城福監督が古巣を打ち破るための準備はしっかりと整っている。DF和田拓也、DF佐々木翔が担う両サイドバックは積極的に攻撃参加。一方で、守備でも対人の強さを見せ、しっかりと全員で戦っている。 ▽粘り強さと、決定機を確実に仕留めていく広島のスタイルが、どこまで快進撃を持続させるのか。城福監督にとっての古巣戦は1つの関門となりそうだ。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆FC東京[4-4-2](C)CWS Brains,LTD.GK:林彰洋 DF:室屋成、チャン・ヒョンス、森重真人、小川諒也 MF:大森晃太郎、高萩洋次郎、橋本拳人、東慶悟 FW:ディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑 監督:長谷川健太 ▽再び連勝街道に入りたいFC東京は、前節の清水エスパルス戦と同じメンバーをピッチに送り出すと予想。結果を残しているFWディエゴ・オリヴェイラ、FW永井謙佑の2トップをはじめ、好調を維持する選手たちを継続して起用するだろう。 ◆サンフレッチェ広島[4-4-2](C)CWS Brains,LTD.GK:林卓人 DF:和田拓也、野上結貴、水本裕貴、佐々木翔 MF:川辺駿、吉野恭平、青山敏弘、柏好文 FW:パトリック、ティーラシン 監督:城福浩 ▽無敗で首位をひた走る広島は若干のメンバー変更か。前節は途中出場となったMF吉野恭平、MF川辺駿、FWティーラシンが先発と予想。FW渡大生、MF稻垣祥、MF柴崎晃誠に代わっての出場となるだろう。好調FWパトリックは引き続き先発。ターンオーバーを最小限にし、首位独走を目指す。 【注目選手】 ◆FWディエゴ・オリヴェイラ(FC東京)(C)CWS Brains,LTD.▽FC東京の注目選手は、得点ランキングで上位を狙うディエゴ・オリヴェイラだ。ここ3試合は勢いが衰えたものの、第4節から第6節までのゴールラッシュは圧巻。FC東京の得点を担う存在として、堅守の広島相手にどこまで通用するか。周りの選手の活かし方にも注目だ。 ◆GK林卓人(サンフレッチェ広島)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽首位をひた走る広島の注目選手は、絶対的な守護神である林だ。今シーズンは鹿島アントラーズ戦、柏レイソル戦でPKストップ。9試合で2失点という鉄壁の守備は、最終ラインと林によってもたらされている。2月・3月度の月間MVPの実力を今節も発揮し、クリーンシートでチームの勝利に貢献できるか。 ◆首位攻防、ほこ×たて対決 ▽首位攻防戦というには勝ち点差が「9」もあり、接戦とは言えない状況だ。しかし、裏を返せば2位のFC東京にとっては負けられない戦いとなり、2位以下の団子状態を見れば、しっかりと広島の背中を追いたいところだろう。 ▽FC東京はここまで13得点を記録し、リーグ2位タイの得点力を見せている。一方の広島は、ダントツでリーグ最少の2失点。さらに得点は「12」と最強のほこ×たてを持っている状態だ。 ▽試合のカギは先制点。広島が先制すれば、しっかりと守備を構築した上で、少ないチャンスを狙ってくるだろう。FC東京が先制すれば、勢いに乗るはず。ディエゴ・オリヴェイラの強さ、永井謙佑のスピード、両サイドからのアタックと、広島守備陣を脅かすはずだ。 ▽広島の独走か、FC東京の追走か。注目の一戦は25日(水)の19時にキックオフを迎える。 2018.04.24 21:15 Tue
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】オズの魔法使い再降臨…不調の太陽王は転機を掴めるか《柏vs浦和》

▽連戦真っ只中の明治安田生命J1リーグ。25日に行われる第10節の注目カードは、柏レイソルが新生浦和レッズを三協フロンテア柏スタジアムに迎え撃つ一戦だ。 ▽公式戦3連敗中の10位柏と、6戦負けなしで息を吹き返した9位浦和のゲーム。勝ち点1差でひしめく両雄の対戦ということもあり、熱戦が期待できる。 ◆オズワルド・オリヴェイラ初陣 ▽勝敗が気になるところだが、今節から浦和の指揮を執るオズワルド・オリヴェイラ監督の存在が否が応でも、もう1つの見どころになる。オズワルド・オリヴェイラ監督は過去、鹿島アントラーズでリーグ3連覇を含む6つのタイトルを獲得した実績十分の名将。浦和での初陣となる今節、オズの魔法使いと評されたブラジル人名将の一挙手一投足からも目が離せない。 ◆上昇気流に乗る転機を〜柏レイソル〜 ▽状態は良くない。前節のV・ファーレン長崎戦でも相手の5倍以上となる15本の総シュート数を記録するなど主導権を握り続けたものの、完封負け。シーズンを通じて目立つ決定力不足や、あっさり失点を許す軽い守備など、依然として課題を残す。だが、今週からDF鎌田次郎やFW山崎亮平が全体練習に復帰。調子を上げる浦和を叩き、上昇気流に乗る転機を掴みたいところだ。 ◆狙うは新体制白星発進〜浦和レッズ〜 ▽対する浦和は、一時17位まで落ち込んだものの、前節の北海道コンサドーレ札幌戦まで指揮した大槻毅暫定監督の下で復調。公式戦4勝2分け無敗で切り抜け、新監督にバトンを繋いだ。だが、就任間もないこともあり、劇的な変化を避け、大槻暫定監督が築き上げた戦いを踏襲する方針。ヘッドコーチとしてチームに残留した大槻氏のサポートを受け、まずは新体制の白星発進を狙う。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆柏レイソル[4-2-3-1](C)CWS Brains,LTD.GK:中村航輔 DF:小池龍太、中谷進之介、パク・ジョンス、中山雄太 MF:キム・ボギョン、小泉慶、伊東純也、中川寛斗、ハモン・ロペス FW:クリスティアーノ 監督:下平隆宏▽前節から相手より1日少ない中2日のゲームということもあり、下平隆宏監督はローテーションの採用を示唆。悪い流れが続いていることを踏まえれば、サイドバックが本職のDF亀川諒史を一列前で起用した前節のように思い切った采配を振るってくる可能性も考えられる。 ◆浦和レッズ[3-4-1-2](C)CWS Brains,LTD.GK:西川周作 DF:遠藤航、岩波拓也、槙野智章 MF:橋岡大樹、長澤和輝、青木拓矢、宇賀神友弥、柏木陽介 FW:武藤雄樹、興梠慎三 監督:オズワルド・オリヴェイラ▽上述のとおり、戦術を浸透させる時間が少ないため、大槻体制時の戦いが継続される見込み。また、システムにおいても、鹿島時代に4バックの愛好者として知られたオズワルド・オリヴェイラ監督だが、22日の就任会見で現在の3バックを引き継ぐ考えを明かしている。 【注目選手】 ◆FW伊東純也(柏レイソル)(c)J.LEAGUE PHOTOS▽柏の注目選手は、やはりFW伊東純也だ。迫力抜群のサイドからの攻撃が魅力なスピードスターは、今シーズンもチームの突破口として不可欠な存在。高い位置に陣取ることで攻撃に厚みをもたらす浦和のウィングバックを機能不全に陥らすためにも、この男の活躍度合いが柏の1つのバロメーターになるだろう。 ◆FW興梠慎三(浦和レッズ)(c)J.LEAGUE PHOTOS▽一方、浦和のキーマンは、今シーズンもここまでチームトップの4得点を記録しているエースのFW興梠慎三だ。その興梠にとって、新任のオズワルド・オリヴェイラ監督は、鹿島時代の恩師。今の浦和において、最もオズワルド・オリヴェイラ監督を知るひとりであることは間違いない。再共闘を祝う一発で勝利を呼び込みたい。 2018.04.24 20:45 Tue
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】対照的な両者、勝るのは“勢い”か“経験”か《長崎vs柏》

▽22日、明治安田生命J1リーグ第9節が開催。トランスコスモススタジアム長崎では、V・ファーレン長崎vs柏レイソルが行われる。 ◆勢いか経験か ▽ホームの長崎はJ1の厳しさを開幕から痛感。しかし、第7節の清水エスパルス戦でクラブ史上初となるJ1での白星を挙げると、前節はホームでガンバ大阪を圧倒し3-0で勝利。連勝を飾った。 ▽対する柏は、ここまで3勝。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は最終節を前に敗退が決定すると、リーグ戦でも結果が出ず。前節もホームで北海道コンサドーレ札幌に1-2で敗れていた。 ▽3連勝を目指す長崎に対し、連敗を避けたい柏。J1の経験値は大きく異なるが、今節勝利を掴むのは。 ◆内容が結果に繋がり出す〜V・ファーレン長崎〜 ▽前述の通り、初勝利から連勝中の長崎。開幕から結果が出なかったものの、第6節のFC東京戦(2-5)を除いては1点差以内の試合と、悲観する内容ではなかった。 ▽システムも3バックは変わらないものの、2トップを採用し、これがハマりつつある状況。得点が奪えている状況を考えると、3連勝も不可能ではない。 ▽今節は昨シーズンのチーム得点王であるFWファンマが出場停止となるが、攻撃陣に不安はないだろう。 ◆噛み合わない歯車を直せるか〜柏レイソル〜 ▽一方の柏は、前節のホームゲームで敗戦。ミッドウィークに行われたACLでも打ち負けており、流れに乗ることができていない。 ▽第2節の横浜F・マリノス戦こそクリーンシートを達成したものの、その後は毎試合失点。昨シーズンは爆発力を見せることもあった攻撃陣も、リーグ戦では2得点が最多と不完全燃焼の状態だ。 ▽試合中のミスも散見され、コンビネーションが噛み合わないシーンも見られる。チームとしてズレが見られる歯車を合わせることができるのか。連敗は避けたい。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆V・ファーレン長崎[3-4-1-2](C)CWS Brains,LTD.GK:徳重健太 DF:徳永悠平、高杉亮太、田上大地 MF:飯尾竜太朗、中原彰吾、黒木聖仁、翁長聖 MF:澤田崇 FW:鈴木武蔵、中村慶太 監督:高木琢也 ▽3連勝を目指す長崎は、ミッドウィークのYBCルヴァンカップからメンバーを変えてくるだろう。出場停止のファンマの代わりには、鈴木武蔵を起用。それ以外は、前節のG大阪戦と同じ布陣になると予想する。 ◆柏レイソル[4-2-3-1](C)CWS Brains,LTD.GK:桐畑和繁 DF:小池龍太、中谷進之介、パク・ジョンス、ユン・ソギョン MF:キム・ボギョン、大谷秀和、 MF:伊東純也、江坂任、亀川諒史 FW:クリスティアーノ 監督:下平隆宏 ▽連敗を避けたい柏は、前節の札幌戦から1名を変更すると予想。MF中川寛斗に代えて、クリスティアーノが復帰すると見る。トップ下にはMF江坂任が入ると見るが、中川が前節に続いて先発する可能性もある。その他のメンバーは、継続して起用するだろう。 【注目選手】 ◆FW鈴木武蔵(V・ファーレン長崎)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽3連勝を目指す長崎の注目選手は、FW鈴木武蔵だ。アルビレックス新潟から今シーズン加入した鈴木は、先発した4試合のうち3試合でゴール。ホームゲームでも2試合で得点を奪っている。今節はファンマが不在となるだけに、先発が濃厚。ゴールに期待が懸かる。 ◆MFキム・ボギョン(柏レイソル)Getty Images▽柏の注目選手は、MFキム・ボギョンだ。ボランチの一角に入るキム・ボギョンだが、ゲームメーカーとしての役割もしっかりと果たしている。前線との連動で、キム・ボギョンがいかに顔を出せるか。ボランチながら、ボックス付近でもプレー機会が増えれば、攻撃面で圧倒できるだろう。 ◆対照的な両者 ▽チーム状態は対照的だ。勢いに乗っている長崎は、チームとしてJ1の戦い方に慣れつつある。その中で結果を残し、調子が悪いとはいえG大阪相手に3得点を奪ったことは大きな自信となったはずだ。 ▽対する柏は、離脱していた負傷者が復帰。守護神であるGK中村航輔がトレーニングに復帰。昨シーズン鮮烈なデビューも右ヒザの重傷を負ったMF手塚康平も復帰した。ケガ人の復帰を契機に、しっかりとチームを立て直せるか。公式戦連敗中の苦しい状況を脱したい。 ▽対照的なチーム状態の両者。試合は22日(日)の16時にキックオフを迎える。 2018.04.21 21:30 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】4連勝を目指す両者、かつての指揮官を迎える浦和が大槻体制ラストマッチ《浦和vs札幌》

▽21日、明治安田生命J1リーグ第9節が行われる。埼玉スタジアム2002では、浦和レッズvs北海道コンサドーレ札幌が行われる。 ◆再会 ▽3勝2分け3敗で10位の浦和が、4勝2分け2敗の札幌をホームに迎える一戦。札幌の指揮官は昨シーズン途中まで浦和を率いていたミハイロ・ペトロヴィッチ監督だ。 ▽長年ホームとしてきた埼玉スタジアム2002にかつての指揮官を迎える浦和。選手やスタッフだけでなく、スタジアム、ファンのことまで知り尽くした指揮官との再会戦となる。 ◆大槻毅のラストダンス〜浦和レッズ〜 ▽堀孝史監督の解任に際し、暫定指揮官に就任した大槻毅監督。オズワルド・オリヴェイラ監督の就任が発表され、今節が最後の指揮となる。 ▽リーグ戦は未勝利の状態から3連勝。18日に行われたYBCルヴァンカップでもガンバ大阪に勝利し、公式戦4連勝と復調。チームが結果を残している中での退任となるが、新政権に良い形でチームを渡すためにも、勝利で終えたいところだ。 ▽選手たちの気持ちも同じだろう。勝ち癖を付けて行きたいところでもあり、4連勝となれば勢いにも乗れるだろう。そして、かつての指揮官を迎えるだけに、一層勝ちたい気持ちは強いはず。“ミシャチルドレン”の奮起にも期待だ。 ◆かつてのホームで悪者になれるか〜北海道コンサドーレ札幌〜 ▽前述のとおり、ペトロヴィッチ監督にとっては家に帰って来ることとなる。チームは浦和と同様に3連勝中。YBCルヴァンカップでもジュビロ磐田を相手に逆転勝利を収め、勢いに乗っている。 ▽チームは札幌に帰らずに磐田から埼玉へと移動。調整ももんだいなくできているだろう。開幕から時間も立ち、チーム戦術も浸透し、浦和を相手にミラーゲームを仕掛ける可能性もある。 ▽指揮官や選手は変わっているものの、チームのことを知り尽くしているペトロヴィッチ監督が土のような準備をするのか。指揮官の腕の見せどころだろう。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆浦和レッズ[3-4-1-2](C)CWS Brains,LTD.GK:西川周作 DF:遠藤航、マウリシオ、槙野智章 MF:橋岡大樹、阿部勇樹、長澤和輝、宇賀神友弥 MF:柏木陽介 FW:興梠慎三、武藤雄樹 監督:大槻毅 ▽大槻体制のラストマッチとなる試合。[3-4-2-1]の布陣で臨むこととなるだろう。スターティングメンバーは前節の清水エスパルス戦とほぼ同じになると予想。左ウイングバックに日本代表の活動で負傷していたMF宇賀神友弥が復帰すると予想。トップ下にMF柏木陽介を配置し、FW興梠慎三とFW武藤雄樹が2トップを組むことになるだろう。 ◆北海道コンサドーレ札幌[3-4-2-1](C)CWS Brains,LTD.GK:ク・ソンユン DF:進藤亮佑、キム・ミンテ、福森晃斗 MF:宮吉拓実、荒野拓馬、宮澤裕樹、菅大輝 MF:三好康児、チャナティップ FW:都倉賢 監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ ▽古巣との対決となるペトロヴィッチ監督だが、メンバーを変更してくるだろう。負傷離脱していたMF宮澤裕樹が復帰濃厚。また、DF福森晃斗も復帰するとみられる。3戦連発中のFW都倉賢を1トップに、ミシャサッカーに欠かせないMF三好康児、MFチャナティップが2列目に入ると予想する。 【注目選手】 ◆DF橋岡大樹(浦和レッズ)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽浦和の注目選手は、大槻監督に見出され結果を残しているDF橋岡大樹だ。本職はセンターバックながら、右ウイングで起用。前節はアシストも記録し、浦和復活の兆しとなっている。足をつってもピッチに立ち続けた前節。恩師である大槻監督を白星で送り出したい気持ちは強いはずだ。豊富な運動量で右サイドを駆けまわる姿に注目だ。 ◆FW都倉賢(北海道コンサドーレ札幌)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽札幌の注目選手は3戦連発中のFW都倉賢だ。シーズン序盤はゴールが奪えなかったものの、ここ3試合は貴重なゴールを連発。どれもが目を見張るシュートであり、札幌の活力になっていることは間違いない。今節も自身のゴールでチームを4連勝に導けるか。 ◆4連勝を掴むのはどちらか ▽指揮官のラストマッチとかつての指揮官の帰還。互いに4連勝をかけて、埼玉スタジアム2002で激突する。 ▽浦和は内容こそ良いものではないが、最後まで粘り強くプレーすること、勝利への執念はこの3試合で見せている。チームをV字回復している中での退任が決定したが、チームを復調させた大槻監督を勝利で送り出したいのは、選手だけでなく浦和サポーターも同じはず。大声援が鳴り響くことは間違いない。 ▽一方で、ヒール役として埼玉スタジアム2002に戻ってくるペトロヴィッチ監督。しかし、札幌にとってはクラブ新記録となるJ1での4連勝がかかっている。浦和が大槻監督のためにという気持ちならば、札幌はペトロヴィッチ監督のためにという気持ちだろう。かつてのホームで、敵として勝利をおさめる姿を見たいはずだ。 ▽勢いにのるためにも勝利が欲しい両チーム。どちらの気持ちが勝るのか。試合は21日(土)の16時にキックオフを迎える。 2018.04.20 22:45 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】チケット完売の等々力決戦! 昨季のトップ2が因縁の対決!《川崎Fvs鹿島》

▽明治安田生命J1リーグ第9節が、21日から22日にかけて行われる。その中でも注目の一つが、21日の16時に等々力陸上競技場でキックオフを迎える川崎フロンターレvs鹿島アントラーズの一戦だ。 ◆最終節まで優勝を争った昨季のトップ2 ▽昨シーズンに両者は熾烈な優勝争いを繰り広げた。J1連覇を目指した鹿島は、第21節以降、首位を堅持。一方、川崎Fは第25節終了時点で2位に浮上したものの、鹿島との勝ち点差は「6」も開いていた。しかし、これまで勝ち点を手堅く積み重ねていた鹿島がシーズン終盤に不安定な戦いを露呈。勝てば優勝が決まるラスト2試合で連続ドローという失態を犯した。対する川崎Fは第20節以降から続いていた無敗の勢いを落とさず、負ければ鹿島の連覇が決定するラスト3試合を全勝。最終節で首位に立ち、悲願のJ1初優勝を成し遂げた。 ▽しかし、昨季に優勝争いを演じた両者は今シーズン、その本領を発揮することができていない。現在6位に位置する川崎F(勝ち点12)は、現在4試合勝利なし。8位の鹿島(勝ち点11)は、前節こそ白星を飾ったものの、それまで3試合勝利がなかった。昨季の対戦成績は川崎Fの2勝。川崎Fにとっては、ダブルを達成した相手に勝利して、浮上のきっかけを掴みたいところ。一方の鹿島にとっては、昨季の雪辱を果たして連勝で上昇したい一戦だ。チケットは13日時点で完売。昨季トップ2の戦いに注目が集まる。 ◆決定力不足改善で5試合ぶり白星を~川崎フロンターレ~ ▽前節のベガルタ仙台戦をゴールレスドローに終え、リーグ戦4試合未勝利。昨季王者の低調の原因は決定力不足にある。ここ数試合ではポストに嫌われることも多く、決定機で決め切ることができない状況が続いていた。そんな中、仙台戦では相手のプレッシャーにも押されてチャンス数も減少。これには鬼木達監督も「ボールを恐がらずに受けるという本来の形を取り戻さなくてはいけない」と頭を悩ませる。さらにFW小林悠とMF大島僚太の調子が万全ではなく、欠場の可能性が浮上し、苦しい戦いが予想される。粘り強く攻撃を仕掛けて昨季2試合で3点ずつ奪った相手から得点感覚を取り戻して浮上のきっかけを掴みたい。 ◆昨季のリベンジ達成で初の連勝を~鹿島アントラーズ~ ▽前節の名古屋グランパス戦を2-0で勝利して、今季リーグ戦初の複数得点と共に4試合ぶり白星。試合内容としても守備陣が奮闘したことに加えて、得点機も創出。大岩剛監督も「チャンスを多く作ったことをまず第一に評価していい」と語るように、少しずつではあるがカウンターへの力強さを取り戻しつつある。依然としてケガ人の多さに悩まされているが、今節は昨季最終節で屈辱を味わわされた相手だけに負ける訳にはいかない。リベンジ達成で今季初の連勝を飾りたい。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆川崎フロンターレ[4-2-3-1](C)CWS Brains,LTD.GK:チョン・ソンリョン DF:エウシーニョ、奈良竜樹、谷口彰悟、車屋紳太郎 MF:守田英正、エドゥアルド・ネット MF:家長昭博、中村憲剛、阿部浩之 FW:知念慶 監督:鬼木達 ▽すでに敗退が決定していたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の蔚山現代戦ではターンオーバーを採用したため、疲労は軽減されたか。しかし、上述通り、小林と大島が欠場濃厚。ボランチではMFエドゥアルド・ネットが復帰し、前節リーグ戦初先発を飾ったMF守田英正と共にコンビを組むことになりそうだ。ワントップにはFW知念慶が入る。 ◆鹿島アントラーズ[4-4-2](C)CWS Brains,LTD.GK:クォン・スンテ DF:内田篤人、植田直通、昌子源、小田逸稀 MF:中村充孝、三竿健斗、小笠原満男、土居聖真 FW:鈴木優磨、金崎夢生 監督:大岩剛 ▽ACLでは決勝トーナメント進出を決めており、鹿島もミッドウィークに行われた水原三星戦ではメンバーを入れ替えて戦った。右サイドバックでは前節先発復帰を果たしたDF内田篤人が、左サイドバックにはリーグ戦初先発を飾ったDF小田逸稀が引き続き務めることになるだろう。ワントップには今季リーグ戦全試合で先発し、5ゴール中のFW金崎夢生が入る。 【注目選手】 ◆MF阿部浩之(川崎フロンターレ)(C)CWS Brains,LTD.▽チームの復調へカギを握るのは、MF阿部浩之だ。昨季ハードワークと的確な状況判断を武器にキャリアハイとなるリーグ戦10ゴールを記録。しかし、今季は惜しいシュートは放つもここまでノーゴール。鹿島は昨季ホーム&アウェイで1ゴールずつを奪った相手だけにチームを調子を取り戻す自身の初ゴールを記録したい。 ◆DF内田篤人(鹿島アントラーズ)Getty Images▽一方、今季初の連勝へのキープレーヤーは内田だ。前節に久々の先発出場を果たすと、持ち前の技術の高さと落ち着きぶりから試合に安定感をもたらした。また、主将のMF小笠原満男も「篤人の存在がでかい。アイツのおかげです。試合前から声をかけていた」とプレー以外でも経験の豊富さを見せた。今節の相手は未だ影を潜めているものの、高い攻撃力を誇る川崎F。老獪かつ柔軟な対応で鹿島を後方からサポートしたい。賢いプレーでチームを楽にさせる川崎F・阿部とのマッチアップにも注目だ。 2018.04.20 22:45 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】青黒のレヴィー・クルピ、古巣桜を迎え撃つ春の大阪決戦《G大阪vsC大阪》

▽Jリーグで幾多の名勝負を繰り広げてきた大阪ダービー。近畿の経済・文化の中心地である大阪の統制を懸けたガンバ大阪とセレッソ大阪によるダービーマッチ“春の陣”が21日開催の明治安田生命J1リーグ第9節で実現する。 ◆青黒の意地と桜の意地 ▽Jリーグ屈指の熱気を帯びる大阪ダービーは、今回が通算35度目の開催となる。通算成績は20勝5分け9敗でG大阪が大きくリード。しかし、今回は過去に記憶がないほど対照的な状況に身を置く両雄の大阪決戦となる。構図は、クラブ史上初の降格を味わった2012年を下回る成績で最下位に沈むG大阪が3位の好位置につけるC大阪をホームに迎え撃つ形。長らく関西の雄というフレーズを欲しいがままにしてきたG大阪だが、その立ち位置は危うい。 ▽C大阪はクラブ初載冠のルヴァンカップと天皇杯の2冠を獲得。2年連続で無冠に終わるG大阪の落ち込みと裏腹に、C大阪は“もう1つの大阪のクラブ”という立ち位置から脱却しており、間違いなく力関係にも変化が生じている。タイトルホルダーとして自信に満ちた状態で再び吹田の地に乗り込んでくるC大阪に対して、低空飛行が続くG大阪がどのように威厳を示し、どのように対抗するのか。青黒のプライドと桜のプライドがぶつかり合う激戦必至のゲームだ。 ◆愚直に〜ガンバ大阪〜 ▽FWアデミウソンやMF今野泰幸ら主力の故障も相次ぎ、開幕から苦しい戦いが続くG大阪。前節のV・ファーレン長崎戦で屈辱の完敗(0-3)を喫した後、ミッドウィークに行われたルヴァンカップの浦和レッズ戦も0-1の苦杯をなめた。これで、公式戦2連敗。勝てば絶好の転機となり得る大阪ダービーを前にしても一向に状況が上向いてこない。 ▽開幕から口癖のように「選手の見極め」を強調する新任のレヴィー・クルピ監督だが、FW食野亮太郎ら若手の積極起用も新たな力としてレギュラーを掴み取る者を生み出すまでに至っていない。絶対に負けてはならない相手に対して、愚直に挑戦者として挑むしかないのが実情だ。最下位に沈む状況を考えてもなりふり構ってはいられない。 ◆死角なし〜セレッソ大阪〜 ▽対するC大阪の状況はG大阪と一転して好ムードだ。ミッドウィークに行われたACLで主力温存の影響もあり、クラブ史上3度目となるアジアの戦いを終えたものの、J1の戦いにおいて「ACLよりJリーグ」を掲げる尹晶煥監督の言葉どおり、目下4連勝中と初制覇にギアを上げている。低調な宿敵との一戦に向けて、死角はほとんどない。 ▽だが、MF山口蛍や柿谷ら歴戦経験者は、「大阪ダービーに順位は関係ない」と口々に、低空飛行が続くG大阪を相手に警戒心を強めている。今回の一戦は、リーグ初制覇に向かうC大阪としては、勝てばさらなる勢いをつけることができる好カード。ACL敗退のショックを拭うためにも、確実に勝ち点3を掴み取りたいところだ。 ◆レヴィー・クルピが主役に ▽ただでさえ意地と意地がぶつかりあうダービーマッチだが、レヴィー・クルピ監督の存在が否が応でも、もう1つの見どころになる。レヴィー・クルピ監督にとって、C大阪は古巣。今回は、都合7年間にわたってC大阪の指揮を執ったブラジル人名伯楽がライバルクラブの監督に就任して以来、初めてのダービーマッチとなる。 ▽それだけに、かつてレヴィー・クルピ監督から才能を見いだされた柿谷やMF清武弘嗣らC大阪の多数面々にとっても、久々の再会の場であり、一回りもふた回りも成長した姿を披露する機会に。懐かしむ暇などない“絶対に負けられない”ダービーマッチであることに間違いないが、様々な思いが交差する一戦になることも確かだ。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆ガンバ大阪[4-2-3-1](C)CWS Brains,LTD.GK:東口順昭 DF:オ・ジェソク、三浦弦太、ファビオ、初瀬亮 MF:遠藤保仁、マテウス、藤本淳吾、倉田秋、井出遥也 FW:ファン・ウィジョ 監督:レヴィー・クルピ▽ダービーの重要性を説くレヴィー・クルピ監督は、ミッドウィークの浦和戦で今シーズン初のターンオーバーを採用。開幕から出ずっぱりだったGK東口順昭やDF三浦弦太、FWファン・ウィジョら多数主力の温存に成功した。長らく欠場が続く今野ら主力の故障者を除けば、万全の状態で宿敵を迎え撃つ格好になる。 ◆セレッソ大阪[4-4-2](C)CWS Brains,LTD.GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、マテイ・ヨニッチ、木本恭生、丸橋祐介 MF:山口蛍、山村和也、水沼宏太、高木俊幸 FW:杉本健勇、柿谷曜一朗 監督:尹晶煥▽一方、Jリーグの戦いを優先する尹晶煥監督も、先のACLでGKキム・ジンヒョンや山口、MF水沼宏太、柿谷、FW杉本健勇ら多数の主力をごっそり帯同メンバーからも外してターンオーバー。ケガのMFソウザが引き続き欠場することになるが、吹田決戦に向けて盤石の面々をぶつけることが可能な状況だ。 【注目選手】 ◆DF三浦弦太(ガンバ大阪)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽G大阪の注目選手は、今シーズンから主将を務める三浦だ。身体能力を生かしたディフェンスを売りにする23歳の若きディフェンスリーダーだが、フィルター役を担う今野の不在や両サイドバックの無秩序な攻撃参加の影響もあり、ここまでソリッドさを欠く内容。G大阪が勝利を手にする近道は、C大阪のタレント集いし攻撃陣をどう抑え込むか。局面で強さを発揮することで、攻撃的なレヴィー戦術を成立させたい。 ◆MF山口蛍(セレッソ大阪)(C)CWS Brains,LTD.▽対するC大阪のキーマンとしては、今シーズンから主将に再就任した山口をチョイスする。日本を代表するボランチに成長を遂げた山口は、開幕からここまで全試合に先発出場。ゴールこそないものの、相棒のソウザが不在の中盤センターで読みの鋭いボール奪取や、的確なボールの供給役として攻守の舵取り、そしてバランスを司る。攻守のバランスが悪いG大阪との一戦は、この男の活躍度合いがチームの勝利の鍵を握るはずだ。 2018.04.20 14:30 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】3連勝か5戦ぶりの白星か…“攻”と“守”のデュエルがカギ《浦和vs清水》

▽15日、明治安田生命J1リーグ第8節が行われる。埼玉スタジアム2002では浦和レッズvs清水エスパルスが行われる。 ◆対照的な両者 ▽勝ち点8で11位につけるホームの浦和は成績不振により堀孝史監督を解任。ユースで指揮を執っていた大槻毅監督を暫定監督に就任。リーグ戦では第6節のベガルタ仙台戦(1-0)、第7節のヴィッセル神戸戦(2-3)と連勝。新指揮官就任後は無敗と復調傾向にある。 ▽一方の清水は勝ち点9の8位に位置。開幕から4戦無敗と良いスタートを切ったものの、ここ4試合は白星から遠ざかっている。ゴールが遠い展開が結果に影響しているが、今節は果たして。 ◆闘争心と自信を取り戻す~浦和レッズ~ ▽前述の通りリーグ戦2連勝中。大槻監督就任以降は、YBCルヴァンカップ第3節のサンフレッチェ広島戦(0-0)を含めて3戦無敗。チームとして復調傾向にある。 ▽連戦の中でメンバー変更を行っている状況だが、チームには競争とファイティングスピリッツが復活。新指揮官は、良い意味で選手たちには刺激が強かったように思う。 ▽90分間を通して安定した戦いができていないことは事実だが、結果が出ていることで自信も取り戻しているはず。ホームサポーターの前で3連勝を目指す。 ◆攻撃陣のテコ入れが急務~清水エスパルス~ ▽好スタートを切ったシーズンも、現在は4戦未勝利と下降気味。その要因は、攻撃陣が結果を残せていないところにある。 ▽勝利がない4試合はいずれも1失点以下。リーグ戦では第2節で2失点を喫するも、無失点が2試合、1失点が4試合と守備陣は良い働きを見せている。 ▽一方の攻撃陣は、第2節のヴィッセル神戸戦で4得点、第3節の北海道コンサドーレ札幌戦で3得点と結果を残すも、ここ4試合で1得点。直近3試合は無得点と絶不調だ。 ▽クリスラン、鄭大世、ミッチェル・デュークと体の強い3人、金子翔太、北川航也とキレとスピードがある2人とバリエーションは豊富。ヤン・ヨンソン監督がどういった組み合わせで得点力不足を補うかに注目だ。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆浦和レッズ[3-4-1-2](C)CWS Brains,LTD.GK:西川周作 DF:マウリシオ、岩波拓也、槙野智章 MF:橋岡大樹、青木拓矢、長澤和輝、武藤雄樹 MF:山田直輝 FW:アンドリュー・ナバウト、興梠慎三 監督:大槻毅 ▽過密日程を考慮し、前節からのメンバー変更は考えられる。神戸戦を完全休養となった槙野智章は先発に復帰するだろう。また、3バックを継続。岩波拓也とマウリシオと並ぶと予想。両ワイドが難しいところだが、神戸戦で好パフォーマンスだった橋岡大樹を継続起用。左は疲れがみられる菊池大介に代えて、武藤雄樹が入り、アンドリュー・ナバウトが興梠慎三と2トップを組むと予想する。 ◆清水エスパルス[4-4-2](C)CWS Brains,LTD.GK:六反勇治 DF:立田悠悟、ファン・ソッコ、フレイレ、松原后 MF:金子翔太、河井陽介、竹内涼、石毛秀樹 FW:クリスラン、ミッチェル・デューク 監督:ヤン・ヨンソン ▽久々に勝利が欲しい清水。こちらもスタメンを予想するのは難しいが、前線を変更すると予想。2トップは鄭大世、金子翔太に代えて、クリスランとミッチェル・デュークのコンビになると予想。金子は右サイドに戻ると見る。後ろのメンバーも変更したいところだが、守備自体は悪くないだけに前節同様のメンバーで臨むと予想する。 【注目選手】 ◆FW興梠慎三(浦和レッズ)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽連勝中の浦和の注目選手は興梠慎三だ。今シーズンはなかなか得点が奪えていない興梠だが、直近3試合で2得点と復調気味。さらに、清水相手にはゴールを量産。昨シーズンのホームゲームではハットトリックの活躍でチームに勝利をもたらせていた。チームが連勝街道に入ろうとしているだけに、ここでエースが復活すれば一気に混戦を抜け出し上位を窺えるだろう。 ◆FWクリスラン(清水エスパルス)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽清水の注目選手はクリスランだ。ベガルタ仙台から期限付き移籍で加入したクリスランは、鄭大世とのポジション争いに勝ち先発の座を勝ち取った。第2節、第3節とゴールを奪うも、その後はリーグ戦4試合で無得点。得点力不足に陥っているチームとしては、助っ人FWの復調で勝利を手にしたい。 ◆好調を維持か、不調を断ち切るか ▽前述の通り、指揮官交代後は無敗&連勝と復調した浦和に対し、4戦未勝利の清水がどのように戦うかがこの試合のポイントとなるだろう。 ▽勝つことを取り戻した浦和だが、まだまだピッチ内では不安定さを露呈。前節の神戸戦も一時は逆転を許す展開となっていた。迷いが見られるプレーも散見されているが、前節の土壇場での勝ち点3は自信となるはず。疲労が出てくる中だが、結果が出ていることをプラスに働かせたい。 ▽一方、勝利が遠い清水の要因は攻撃陣の不発だ。決定機がないわけではないが、ゴールにボールが入らない。守備陣は最少失点に留めているだけに、前線がしっかりと働けるかだ。 ▽試合のポイントは互いの攻守のマッチアップだ。日本代表クラスの守護神がゴールを守る両チームだけに、ボックス付近でのデュエルが勝負となる。どちらの攻守が相手を上回るか。試合は15日(日)の16時にキックオフを迎える。 2018.04.14 14:15 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1第8節プレビュー】最注目はC大阪とFC東京の上位対決! 無敗首位・広島は湘南のホームに乗り込む

▽明治安田生命J1リーグ第8節の9試合が14日、15日にかけて行われる。 ▽ミッドウィーク開催だった前節から中2日、中3日で行われるハードな今節。注目は前節に王者・川崎フロンターレを下した4位・セレッソ大阪と長谷川健太監督の下で4連勝中と波に乗る3位・FC東京による上位対決だ。 ▽また、連敗中の13位・鹿島アントラーズと、同じく不調に喘ぐ4連敗中の16位・名古屋グランパスが県立カシマサッカースタジアムで相まみえる。さらに、リーグで唯一無敗を保っているサンフレッチェ広島は、12位・湘南ベルマーレの本拠地に乗り込む。今節9試合の見どころをコンパクトにまとめて紹介する。 ◆塞翁が鹿? 鯱? 活路模索の両クラブが激突 鹿島アントラーズ vs 名古屋グランパス [4月14日(土)14:00] ▽タイトル奪還を目指す鹿島は連敗中かつ2戦連続OGで最悪な時期に。特徴的な勝負強さも発揮できていない。対する名古屋も4連敗中かつ3戦連続3失点。負けられない一戦、浮上を誓う両クラブが激突する。 ◆東京五輪世代期待の2人にマッチアップの可能性!? 柏レイソル vs 北海道コンサドーレ札幌 [4月14日(土)14:00] ▽同勝ち点で並ぶ両者。若くして柏を後方から支える中山雄太は、今季左SBでも良さを発揮。今季札幌に加入した三好康児も、随所で技術の高さを披露しており、移籍後初得点が待ち遠しい。マッチアップの可能性もある東京五輪世代の2人に注目だ。 ◆初勝利の立役者、鈴木武蔵vsファビオの攻防に注目 V・ファーレン長崎 vs ガンバ大阪 [4月14日(土)14:00] ▽対戦は2013シーズンのJ2以来。前節チームを救う決勝点を記録した今季3ゴール中の長崎・鈴木武蔵と、先制点を含み攻守に渡って躍動したG大阪・ファビオが急浮上へのカギか。前節初勝利を収めた両者が今季初の連勝を目指して激突する。 ◆白熱必至の上位対決! 長谷川FC東京が昨季ダブルの仕返し目論む セレッソ大阪 vs FC東京 [4月14日(土)15:00] ▽3連勝中の4位C大阪と4連勝中の3位FC東京による白熱必至の一戦。昨年は水沼宏太の恩返しもありC大阪がダブル達成。FC東京を率いる長谷川健太監督は、かつてのライバルに青赤の誇り示せるか。 ◆上位対決! 将来を担う選手たちの躍動に期待! ベガルタ仙台 vs 川崎フロンターレ [4月14日(土)19:00] ▽仙台は前節2発の西村拓真が、川崎Fは今季リーグ初弾の知念慶が覚醒を匂わせている。プロ初年度の仙台・ジャーメイン良と川崎F・守田英正の流経大同期が同じピッチに立つ可能性も。将来が期待される選手たちの躍動を見逃すな。 ◆横浜FMが理想体現か、神戸が総力を結集するか 横浜F・マリノス vs ヴィッセル神戸 [4月15日(日)14:00] ▽横浜FMは徐々に攻撃サッカー定着も未だ複数得点なし。ポステコグルー監督の理想体現へ爆発なるか。対する神戸はルーカス・ポドルスキが出場停止。核を欠きチームの総力が求められる一戦だ。 ◆好調磐田、不調の鳥栖を叩けるか ジュビロ磐田 vs サガン鳥栖 [4月15日(日)15:00] ▽同勝ち点で並ぶ両者。前節G大阪に初勝利を献上した磐田だが公式戦ここ7戦で4勝2分1敗と悪くない。対する鳥栖は公式戦3連敗中で浮上のきっかけを掴めないでいる。依然故障者に悩む磐田だが上位に取り残されないためにも負けられない。 ◆百戦錬磨レッズか、ヤング集団清水か 浦和レッズ vs 清水エスパルス [4月15日(日)16:00] ▽監督交代で息を吹き返しつつある浦和の次の相手はヤング集団清水だ。勢いに乗らせたら怖いチームだが直近のリーグ戦は2分2敗と低調。直接対決では7試合で5勝2分の浦和に分があるが、勝利の女神が微笑むのは百戦錬磨浦和か、若手清水か。 ◆湘南勝利のカギはミキッチ?! J2王者が無敵広島を迎え撃つ 湘南ベルマーレ vsサンフレッチェ広島 [4月15日(日)16:00] ▽湘南がホームに首位の広島を迎える一戦。湘南はリーグ戦ここ4戦で3敗と苦戦が続いているが、広島は開幕から6勝1分と絶好調。横浜FM戦でも主力を一部温存しつつパトリックの2Gで逆転勝利。湘南の勝利は古巣対決のミキッチが鍵を握る?! 2018.04.13 22:10 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】歴史的な1勝と呪縛解放の1勝…さらなる前進に繋げるのは《長崎vsG大阪》

▽15連戦の過密日程真っ只中にある明治安田生命J1リーグ。中2日で迎える14日開催の第8節は、V・ファーレン長崎がトランスコスモススタジアム長崎でガンバ大阪を迎え撃つ。 ◆今後を占うボトム対決 ▽17位長崎と最下位G大阪の一戦は、勝ち点1差のボトム対決。長崎にとって、G大阪はJ2昇格元年の2013年、ホーム開幕戦で迎え撃った縁の深い相手だ。前節初白星を手にした両者のマッチアップは、連勝街道を懸けた激しい展開が予想できる一戦となる。 ◆連勝を目指す〜V・ファーレン長崎〜 ▽前節の清水エスパルス戦で歴史的なJ1初勝利を記録した長崎。開幕から7試合目での初白星だが、内容的に悪くない戦いが続いていただけに、この調子をキープしたい。中2日という超タイトなスケジュールによる疲労が気がかりだが、チームの根幹は運動量。難敵G大阪を相手に連勝を目指す。 ◆連勝で切り抜けたい一戦〜ガンバ大阪〜 ▽対するG大阪も、ジュビロ磐田を下してレヴィー・クルピ体制初白星の今シーズン1勝目。昨年から続くリーグ未勝利記録も16試合で止め、呪縛から解放されたが、最下位のままであり、気が抜けない。今節は、長崎とのボトム対決。前節の勝利を無駄にしないためにも連勝で切り抜けたい一戦だ。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆V・ファーレン長崎[3-4-1-2](C)CWS Brains,LTD.GK:徳重健太 DF:徳永悠平、チェ・キュベック、田上大地 MF:飯尾竜太朗、中原彰吾、碓井鉄平、翁長聖 MF:澤田崇 FW:鈴木武蔵、ファンマ 監督:高木琢也 ▽ここ2試合で90分出場しているDF髙杉亮太、DF徳永悠平、MF中原彰吾、MF翁長聖、澤田崇のコンディションが気がかり。前節を負傷欠場したファンマは、復帰の見込みだが、どれだけ状態が戻っているのか蓋を開けてみないとわからない部分が多い。 ◆ガンバ大阪[4-2-3-1](C)CWS Brains,LTD.GK:東口順昭 DF:米倉恒貴、三浦弦太、ファビオ、初瀬亮 MF:遠藤保仁、マテウス、中村敬斗、倉田秋、食野亮太郎 FW:ファン・ウィジョ 監督:レヴィー・クルピ ▽対するG大阪は、FW長沢駿が前節の磐田戦で負傷。野戦病院化が止まらない。その長沢に代わり、ファン・ウィジョが1トップの位置で出場濃厚。したがって、FW中村敬斗に右サイドハーフとして第3節以来のスターティングメンバー入りの可能性が出てきた。 【注目選手】 ◆FW鈴木武蔵(V・ファーレン長崎)(c)J.LEAGUE PHOTOS▽長崎の注目選手は、歴史的J1初白星をもたらしたFW鈴木武蔵だ。前節2試合ぶりに手にした先発機会で価値ある決勝点を記録。ここまで先発した4回のうち3つのゴールを決めており、スターター時により得点力を発揮している状況だ。今チームで一番勢いに乗る男、次はホームに勝利の歓喜を呼び込みたい。 ◆MF遠藤保仁(ガンバ大阪)(c)J.LEAGUE PHOTOS▽G大阪のキープレーヤーは、チームの絶対的司令塔のMF遠藤保仁だ。前節は正確無比なキック精度を武器にセットプレーからDFファビオの先制ゴールを演出。状態は良い。疲労が蓄積する連戦は、1つのセットプレーが局面打開の有効打になりやすい。類まれなパスセンスで青黒を連勝街道に導きたい。 2018.04.13 21:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】連敗脱出を目指す両者…カギは守備の立て直し《鹿島vs名古屋》

▽14日、明治安田生命J1リーグ第8節が行われる。県立カシマサッカースタジアムでは鹿島アントラーズvs名古屋グランパスが行われる。 ◆流れを引き寄せたい両者 ▽ホームの鹿島は、開幕から波に乗り切れていない。AFCチャンピオンズリーグこそグループステージ突破を決めたものの、リーグ戦は7試合を終えてわずか2勝。ここ3試合勝ちなし、2連敗と結果が出ていない。 ▽一方の名古屋は、開幕2連勝と好スタートを切ったものの、第4節から4連敗。YBCルヴァンカップは3連敗を喫しており、3月3日に行われた第2節のジュビロ磐田戦を最後に勝利がない状況だ。 ◆ケガ人続出の苦境を乗り越えられるか~鹿島アントラーズ~ ▽前節、FC東京相手に先制しながらも逆転負けを喫した鹿島。この試合で、DF山本脩斗が負傷。全治3〜4カ月の重傷を負ってしまった。さらに、FW安部裕葵、MFレオ・シルバ、FWペドロ・ジュニオール、DF三竿雄斗、DF安西幸輝も負傷中。特に最終ラインは選手層が試されることとなる。 ▽一方、DF内田篤人、DF昌子源が復帰濃厚に。苦しい台所事情ではあるが、持ち前の勝負強さをしっかりと発揮することで、勝利したいところだ。 ◆求められる守備の再構築~名古屋グランパス~ ▽好スタートを切ったシーズンだったが、現在は泥沼状態に。3試合連続で3失点を喫している守備陣が大きな問題と言えるだろう。 ▽特に、開幕から良いプレーを見せていたDFホーシャの離脱が影響。さらに、17歳のDF菅原由勢にも疲れが見え始めている。さらに、MFガブリエル・シャビエルも負傷離脱をしており、攻撃面で良い形を作れていない状況。前節はFWジョーが開幕節以来の2得点を記録しているだけに、しっかり守って勝利を掴みたい。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆鹿島アントラーズ[4-4-2](C)CWS Brains,LTD.GK:クォン・スンテ DF:内田篤人、植田直通、昌子源、小田逸稀 MF:土居聖真、三竿健斗、小笠原満男、レアンドロ FW:金崎夢生、鈴木優磨 監督:大岩剛 ▽過密日程であり、負傷者も多い野戦病院状態の鹿島。右サイドバックには、開幕戦以来となる内田篤人の先発が見込まれる。また、左サイドバックには、昨シーズン加入した小田逸稀がJ1デビューを果たす見込みだ。中盤より前は大きく変わらないものの、永木亮太に代わって小笠原満男を起用すると予想する。 ◆名古屋グランパス[4-1-2-3](C)CWS Brains,LTD.GK:ランゲラック DF:宮原和也、菅原由勢、櫛引一紀、秋山陽介 MF:ワシントン MF:長谷川アーリアジャスール、小林裕紀 FW:和泉竜司、ジョー、青木亮太 監督:風間八宏 ▽連敗を脱出したい名古屋。前節からは2名を変更と予想。アンカーにワシントン、前節2ゴールのジョーが先発に入ると見る。3トップは右に和泉竜司、左に青木亮太、1トップがジョーとなるか。鹿島相手だけに、若手の先発起用は避けるかもしれない。 【注目選手】 ◆DF内田篤人(鹿島アントラーズ)Getty Images▽注目は、開幕節以来の復帰が見込まれる内田篤人だ。トレーニングはしていながらも、試合出場は1試合にとどまっていた内田。久々の出場となれば、チームに安定感をも足らせるプレーに期待したい。開幕戦では全盛期ほどの攻撃参加は見られなかったが、随所に見せるプレーは質の高いものだった。久々の勝利に貢献できるか期待したい。 ◆DF秋山陽介(名古屋グランパス)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽名古屋の注目はDF秋山陽介だ。ここまでのリーグ戦全7試合に先発している。サイドに開くだけでなく、中央に入ってのプレーやパス、ドリブルと攻撃参加が魅力。しかし、この一戦では守備面での活躍も求められる。内田篤人との対峙も考えられるだけに、どこまで自分の良さを出せるか。チームの連敗脱出には欠かせない。 ◆守備で上回るのは ▽この一戦のカギは守備にあるだろう。互いに不安定な守備を見せての連敗。今節は攻撃力もある両チームだけに、打ち合いの可能性もある。 ▽鹿島は植田、昌子の日本代表コンビが復活するとみられるが、対する名古屋には元ブラジル代表FWジョーが居る。前節は2得点を挙げており、昨季のブラジル全国選手権の得点王が息を吹き返しているかもしれない。鹿島は連携ミスからの失点をなくせるか。どちらが主導権を握るのかに注目だ。 ▽一方の名古屋は、3試合連続の3失点をどこまで減らせるか。ゴールこそ少ないものの、チャンスを作り出している鹿島。金崎、鈴木と調子が悪いわけではなく、甘い対応では再び3失点の可能性もある。ランゲラック、菅原、櫛引と守備陣の奮闘に注目だ。 ▽連戦が続く中でどちらが先に連敗を止められるか。勝ち点差は1であり、中位が混戦状態であることを考えれば、早めに勝ち点3が欲しい所。苦境に立たされている両者の一戦は14日(土)の14時にキックオフを迎える。 2018.04.13 20:55 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】昨季ルヴァンの激闘再び…覚醒匂わす若きストライカーに注目《仙台vs川崎F》

▽14日から15日に明治安田生命J1リーグ第8節が開催される。その中でも注目は、ユアテックスタジアム仙台で行われる2位・ベガルタ仙台(勝ち点14)と、5位・川崎フロンターレ(勝ち点11)の上位対決だ。 ◆昨年10月の3連戦で激闘繰り広げた両者 ▽両者は昨年10月に3度激突し、激しい戦いを演じた。まずはYBCルヴァンカップ準決勝。1stレグでは仙台が前半だけで3得点。川崎Fも後半に2点を返したが、3-2で仙台が先勝した。迎えた2ndレグでは川崎Fが前半に2得点を奪って、2戦合計スコアで逆転。後半に仙台は1点を返して2戦合計スコアを同点としたが、そのままでもアウェイゴール数の差で決勝進出となった川崎Fが90分にトドメを差して3-1。2戦合計スコア5-4で川崎Fが決勝進出を決めた。 ▽さらに両者は、ルヴァンカップ準決勝の激闘から約1週間後、今度はリーグ戦で対戦。J1初優勝へ負けられない川崎Fと、ルヴァンカップのリベンジを企む仙台の一戦は、MF家長昭博の退場で1人少ない状況を強いられていた川崎Fに対して、仙台が2点を先行した。しかし、川崎Fが終盤に怒涛の3ゴールを決めて大逆転勝利。周知の通り、川崎Fはその後、J1初優勝へと加速していった。 ◆昨季リベンジで再び連勝街道へ~ベガルタ仙台~ ▽前節の名古屋グランパス戦を3-2で下した仙台は、2試合ぶり白星で2位浮上。2点を先取した前半には渡邉晋監督も「狙いを共有して、良いゲーム運びをできた」と両サイドからの攻撃に満足感を示した。反撃を許した後半に関しては「賢さ、したたかさは、まだまだ足りない」と反省を口にしたものの、メンバーを数人入れ替えた中でのアウェイ戦勝利に自信を得る戦いができたはずだ。 ▽しかし、今節に関しては不安もある。前節、DF大岩一貴が退場し、守備の要不在で川崎Fとの一戦に臨まなくてはならない。リーグで2番目に少ない失点数を誇るディフェンスをどこまで保つことができるか。川崎Fはここ数試合で結果が出ていないものの、得点チャンスは増加しているだけに調子に乗らせると怖い。それは昨季に思い知らされたはず。集中したディフェンスから川崎Fの隙を突き、再び連勝街道に乗りたい。 ◆好相性な相手から復調の糸口を~川崎フロンターレ~ ▽一方の川崎Fは、調子が上がらない。前節のセレッソ大阪戦では先制しながらも、逆転負けを喫してリーグ戦3試合未勝利。順位も5位に転落した。試合内容は良くなりつつあるだけに鬼木達監督が挙げる「2点目を取りにいく姿勢」「セットプレーでの守備」は修正したいところだ。 ▽それでも今節に向けてはポジティブな要素もある。前節のC大阪戦ではMF中村憲剛、MF阿部浩之が休養をとり、MF家長昭博も途中出場。DF車屋紳太郎も合流している。鬼木監督も「苦しい時期」と勝てない我慢の時期が続くが、昨年4戦3勝の仙台から4試合ぶり白星を飾り、復調への糸口を掴みたい。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆ベガルタ仙台[3-5-2](C)CWS Brains,LTD.GK:関憲太郎 DF:平岡康裕、常田克人、金正也 MF:蜂須賀孝治、富田晋伍、永戸勝也 MF:野津田岳人、中野嘉大 FW:石原直樹、西村拓真 監督:渡邉晋 ▽前節から数人を変更。最終ラインにはDF平岡康裕とDF金正也が復帰し、出場停止の大岩のポジションにはDF常田克人がリーグ戦初出場&初先発を予想する。2シャドーには古巣対決となるMF中野嘉大と、前節2ゴールのFW西村拓真が。1トップは今季3ゴール中のFW石原直樹が務める。また、6年ぶり仙台復帰となったMF関口訓充がベンチ入り濃厚だ。 ◆川崎フロンターレ[4-2-3-1](C)CWS Brains,LTD.GK:チョン・ソンリョン DF:エウシーニョ、奈良竜樹、谷口彰悟、車屋紳太郎 MF:大島僚太、エドゥアルド・ネット MF:家長昭博、中村憲剛、阿部浩之 FW:知念慶 監督:鬼木達 ▽一方、川崎Fは上述通り、前節体調不良で欠場した車屋が復帰。2列目には名古屋戦で途中出場の家長、完全休養の中村と阿部が入る。また、C大阪戦で左足ふくらはぎを痛めたFW小林悠に代わり、知念が先発に入ることになりそうだ。 【注目選手】 ◆FW西村拓真(ベガルタ仙台)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽今季2度目の連勝へカギを握るのは、ここまで3ゴールを記録している西村だ。上述通り、前節ではチームを助ける2ゴール。1点目はボレーシュート、2点目はハーフウェイライン付近からの単独突破から。ここ3試合3ゴールと昨季ルヴァンカップでニューヒーロー賞を獲得した21歳が飛躍を予感させている。ゴールパターンを増やしつつある貪欲なストライカー。川崎Fからゴールを奪い、さらなる自信を掴みたい。 ◆FW知念慶(川崎フロンターレ)Getty Images▽一方の川崎Fは、23歳のFW知念慶を注目選手に挙げる。前節には今季リーグ戦初ゴール。身体能力を生かしたポストプレーと動き出しは光るものがあり、特に動き出しには中村も太鼓判を押すほど。シュート精度に課題を残すものの、ゴールを量産するだけのポテンシャルを秘めている。そして、今節は中村と同じピッチに立つ可能性が。さらに自身のプロ初ゴールは、昨季ユアスタで行われた仙台とのルヴァンカップ準決勝第1戦。川崎F期待のストライカーから目を離してはいけない。 2018.04.13 20:40 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】ルヴァン&ゼロックスのリベンジか、昨季アウェイ大敗のリベンジか《川崎FvsC大阪》

▽今シーズン初のミッドウィーク開催となる明治安田生命J1リーグ。最注目カードは等々力陸上競技場で行われる2位・川崎フロンターレvs6位・セレッソ大阪だ。 ◆ゼロックス杯の再戦 ▽両者は2018シーズンの幕開けを告げるFUJI XEROX SUPER CUPで対戦。試合は天皇杯王者・C大阪がMF山口蛍、FW清武弘嗣のゴールで2点を先行すると、Jリーグ王者・川崎FもFW小林悠が1点を返す。その後、FW高木俊幸が1点を追加したC大阪に対して、川崎Fも終盤FW大久保嘉人が1点差に詰め寄るゴールで意地を見せたが、3-2で逃げ切ったC大阪が今シーズン初の栄冠を手にした。昨シーズン初タイトルを獲得したYBCルヴァンカップ決勝に続いて、川崎Fとのタイトルが懸かった一戦を制した。 ◆ルヴァン杯&ゼロックス杯のリベンジを〜川崎フロンターレ〜 ▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)敗退が決定して迎えた前節の横浜F・マリノスとの神奈川ダービーを1-1のドローで終えた川崎F。鬼木達監督が「前半に点を決め切らなければいけなかった」と口にするように幾度とチャンスを作りながらも決めきれず、決定力不足の課題が再浮上した。 ▽これで公式戦3試合白星なし。それでも横浜FM戦では多彩な攻撃を見せ、本来の攻撃面での良さを発揮しつつある。今節の相手はルヴァンカップ以来、連敗を喫しているC大阪。過密日程で疲労が蓄積する中、最後の質にこだわり、ホーム・等々力でしっかりとリベンジを果たしたい。 ◆昨季アウェイ大敗のリベンジを〜セレッソ大阪〜 ▽一方のC大阪は代表ウィークによる中断明けから好調を維持。前々節の湘南ベルマーレ戦、ACLの済州ユナイテッド戦、サガン鳥栖戦(全て◯2-1)と公式戦3連勝中だ。それでも鳥栖戦後、尹晶煥監督は「最近無失点の試合がない」と一瞬の集中力の欠如を課題に挙げた。 ▽今節の相手は高い攻撃力を誇る川崎F。上述通り、ルヴァンカップ決勝、ゼロックス・スーパーカップでは勝利を収め、川崎Fもここ数試合では爆発力にかけているものの、油断は禁物だ。昨シーズンでは等々力で1-5と大敗。屈辱を晴らすことで、さらなる上昇を目指す。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆川崎フロンターレ[4-2-3-1](C)CWS Brains,LTD.GK:チョン・ソンリョン DF:武岡優斗、奈良竜樹、谷口彰悟、登里享平 MF:大島僚太、エドゥアルド・ネット MF:小林悠、大久保嘉人、長谷川竜也 FW:知念慶 監督:鬼木達 ▽これまでの連戦を考慮し、数人の入れ替えを予想。体調不良のDF車屋紳太郎に代わりDF登里享平、DFエウシーニョに代わって上海上港戦で復帰を果たしたDF武岡優斗の先発を予想。体調不良で前節は欠場していた小林が右サイドハーフに入り、大久保、MF長谷川竜也が2列目に並びそうだ。 ◆セレッソ大阪[4-4-2](C)CWS Brains,LTD.GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、マテイ・ヨニッチ、木本恭生、丸橋祐介 MF:山口蛍、オスマル、福満隆貴、高木俊幸 FW:杉本健勇、柿谷曜一朗 監督:尹晶煥 ▽一方、C大阪はMF水沼宏太に代わりMF福満隆貴が先発濃厚。右腓腹筋筋損傷で離脱していた清武はメンバー入りもベンチスタートか。山口の相棒はMFオスマルが、前節4試合ぶりのゴールを決めたFW柿谷曜一朗がツートップの一角を務める。 【注目選手】 ◆FW小林悠(川崎フロンターレ)(C)CWS Brains,LTD.▽川崎Fの3試合ぶり白星のカギを握るのは小林だ。前節は体調不良で欠場し、チームも引き分けに終わっただけにこの一戦で鬱憤を晴らしたいことだろう。ルヴァンカップ、ゼロックスでも抑えられ、悔しい思いをしている。3試合白星へと導くゴール、そしてヴァイッド・ハリルホジッチ監督解任で揺れた日本代表入りへのアピールもを目指す。 ◆FW杉本健勇(セレッソ大阪)Getty Images▽C大阪の注目選手は、FW杉本健勇。C大阪にタイトルをもたらした2試合では守備も怠らず黒子に徹するプレーも見せて勝利に貢献。昨年の等々力での試合ではノーゴールで終わったことで、古巣の本拠地でのゴールを望んでいることだろう。川崎Fのリーグ戦でのここまでの失点は全てがセットプレーから。高さを生かした一撃でチームを勢いづけ、小林同様代表入りも狙う。 2018.04.11 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】守備に特徴を持つ両者、サイドの攻防に注目《広島vs横浜FM》

▽11日、明治安田生命J1リーグ第7節が行われる。エディオンスタジアム広島では、サンフレッチェ広島vs横浜F・マリノスの一戦が行われる。 ◆波に乗り続けるのは ▽開幕から6戦無敗、5勝1分けで首位を独走し、昨シーズンの低迷が嘘かのような好調ぶりを見せる広島。対する横浜FMは、新指揮官の下苦しい時期を乗り越え、ここ3試合は2勝1分けと結果が出始めている。順位こそ13位に位置しているが、勝ち点8は7位の北海道コンサドーレ札幌と同じ。ここで一気に波に乗りたいところだ。 ◆過密日程でも無敗を維持なるか~サンフレッチェ広島~ ▽ここまでのリーグ戦6試合で無敗の広島は、YBCルヴァンカップでも2勝1分けと無敗をキープ。ここまで絶好調と言っていいだろう。 15連戦がスタートしてもその勢いは衰えず、今節もしっかりと勝利し、首位をがっちりキープしたいところだろう。 ▽何と言っても今シーズンの広島の強みは守備陣の働きだ。リーグ戦6試合で失点はわずかに「1」。ルヴァンカップも3試合で失点が「1」と、驚異の守備力を見せている。特に、GK林卓人は前節もPKストップを見せるなど、守護神として君臨。4バックとともに、チームの好調に大きく貢献している。 ▽守備陣の強みは、守備時だけにとどまらない。前節の柏レイソル戦では佐々木翔が決勝ゴール。第3節の鹿島アントラーズ戦は和田拓也が決勝点を記録。得点数が多い訳ではないが、チーム全体として攻守にわたって躍動していることが、現在の結果に繋がっていると言えるだろう。 ◆上昇気流に乗り羽ばたくか~横浜F・マリノス~ ▽対する横浜FMは、前節の川崎フロンターレ戦で1-1のドロー。MF齋藤学がデビューを果たすなど注目ポイントはあったが、勝ち点をしっかりと積み上げた。 ▽アンジェ・ポステコグルー監督の下、ポゼッションサッカーに戸惑う部分が見られた開幕直後に比べ、徐々に選手たちに戦術が浸透。川崎F戦ではそこまで良いプレーが多くはなかったが、チームとして結果がついてきていることもプラスに働いているように見える。 ▽チームに合流した間もないMFオリヴィエ・ブマルや復帰間もないMF大津祐樹など、ポステコグルー監督の戦い方を理解仕切っていない選手がいる中で、負けていないことはプラスだろう。我慢しながらも、しっかりとやり続けることができれば、上位へ羽ばたいていくことになるはずだ。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆サンフレッチェ広島[4-4-2](C)CWS Brains,LTD.GK:林卓人 DF:和田拓也、野上結貴、水本裕貴、佐々木翔 MF:柴崎晃誠、稲垣祥、吉野恭平、柏好文 FW:渡大生、パトリック 監督:城福浩 ▽中2日という過密日程となるだけに、中盤より前は選手を入れ替えてくることが予想される。ボランチには吉野恭平、2トップの一角には渡大生が起用されると予想。その他にも入れ替わるポジションはありそうだが、城福浩監督の下でチーム一丸となって戦っているだけに、誰が出ても遜色ないプレーをするだろう。 ◆横浜F・マリノス[4-2-3-1](C)CWS Brains,LTD.GK:飯倉大樹 DF:松原健、中澤佑二、ミロシュ・デゲネク、山中亮輔 MF:中町公祐、扇原貴宏 MF:遠藤渓太、天野純、ユン・イルロク FW:ウーゴ・ヴィエイラ 監督:アンジェ・ポステコグルー ▽こちらも中2日となるため、メンバー変更はありそうだ。しかし、安定してきた最終ラインはいじらないだろう。中盤は中町公祐がボランチに入ると予想。また、2列目に天野純が入り、右はオリヴィエ・ブマルから遠藤渓太に変更か。こちらも好調の選手たちを代える判断は難しいものの、連動した攻撃を仕掛けられるメンバーを揃えそうだ。 【注目選手】 ◆DF和田拓也(サンフレッチェ広島)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽注目選手は右サイドバックを務める和田拓也だ。今シーズン大宮アルディージャから加入した和田は、持ち前の守備力、運動量に加え、攻撃参加でも機能。第3節の鹿島戦ではゴールを記録している。横浜FM戦ではユン・イルロク、山中亮輔の左サイドと対峙することとなり、守備面でも活躍が求められる。和田の活躍があれば、広島の無敗キープが見えてくる。 ◆DF山中亮輔(横浜F・マリノス)(C)CWS Brains,LTD.▽横浜FMの注目選手は、左サイドバックに入ると予想される山中亮輔だ。今シーズンは昨シーズン以上に前線へ顔を出す機会が増え、ユン・イルロクとの連携も試合を重ねるごとに上がっている。ポゼッションをしながら機を見た山中の上がりが発動すれば、わずか1失点の広島ゴールをこじ開けることに繋がるだろう。攻守にわたる山中の動きに注目だ。 ◆鍵は両サイドの攻防 ▽首位を独走中の広島、上昇気流に乗りかけている横浜FMと、この先の連戦を考えるとしっかりと勝っておきたい両者。鍵はサイドの攻防になるだろう。 ▽試合展開としては、しっかりとブロックを作り、ボールを奪いに行く広島に対し、横浜FMがボールを動かしながら選手もポジションを変え、ズレを作って攻め込んで行くことになるだろう。ポゼッションが上がると予想される横浜FMとしては、どのタイミングでサイドにボールを持って行くか。しっかりとした守備を構築する相手に、継続してきたポゼッションが通用するところも見所だ。 ▽一方の広島も、ここ3試合で堅守を取り戻している横浜FMのゴールを打ち破れるかがカギとなる。横浜FM同様に、サイドをどう攻略するか。前線にはパトリックやティーラシンといった高さのある選手、工藤壮人、渡大生といった裏をとる動きが得意な選手と、攻撃のバリエーションは作れる状況だ。互いに真価が問われる一戦は1点が勝敗を左右するはず。キックオフは11日(水)19時だ。 2018.04.10 20:56 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp