ニュース

thumb

プレミア復帰に黄信号のアストン・ビラが元アーセナルMFランズバリーを獲得

▽チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のアストン・ビラは20日、ノッティンガム・フォレストに所属する元U-21イングランド代表MFヘンリ・ランズバリー(26)の獲得を発表した。契約期間は4年半、移籍金は非公開となっている。 ▽アーセナルの下部組織出身のランズバリーは、2006年にトップチームに昇格。その後はワトフォードやノリッジ、ウェストハムへとレンタル移籍を繰り返し、2012年にアーセナルからノッティンガム・フォレストへ完全移籍していた。 ▽アーセナルでは公式戦8試合出場1得点。ノッティンガム・フォレストでは150試合に出場し33得点を記録。今シーズンのチャンピオンシップでは17試合に出場し6得点を記録していた。 ▽ノッティンガム・フォレストはチャンピオンシップで現在20位。アストン・ビラは13位に位置しており、プレミアリーグ昇格に向けて巻き返しが必要な状況だ。 2017.01.21 13:00 Sat
twitterfacebook
thumb

パナシナイコスが元コンゴ共和国代表DFサンバと契約解除…昨夏に加入

▽パナシナイコスは20日、元コンゴ共和国代表DFクリストファー・サンバ(32)との契約解除を発表した。双方合意の下での契約解除となる。 ▽ヘルタ・ベルリンやブラックバーン、アンジ・マハチカラ、QPR、ディナモ・モスクワなどでプレー。2016年8月にパナシナイコスへ加入。ギリシャ・スーパーリーグでは2試合、ヨーロッパリーグでは4試合に出場していた。 2017.01.21 12:36 Sat
twitterfacebook
thumb

ストークがWBAから移籍金17億円でFWベラヒノを獲得…契約期間は5年半

▽ストーク・シティは20日、WBAの元U-21イングランド代表FWサイード・ベラヒノ(23)の獲得を発表した。契約期間は5年半となり、移籍金は1200万ポンド(約17億円)とのことだ。なお、ベラヒノのパフォーマンス次第で移籍金は最大で1500万ポンド(約21億3000万円)まで上昇する契約が付帯している。 ▽WBAのアカデミー出身であるベラヒノは、各世代のイングランド代表に選出されてきた将来を嘱望されるアタッカー。2014-15シーズンにはプレミアリーグで14ゴールを挙げる活躍を見せていた。 ▽しかし、2015年夏にトッテナムへの移籍が破談に終わると、その後は低調なシーズンが続き、2015-16シーズンは4ゴール。そして今シーズンは4試合の出場に留まりノーゴールに終わっていた。 2017.01.21 11:35 Sat
twitterfacebook
thumb

吉田麻也の同僚DFフォンテがウェストハムに完全移籍…昨年のユーロ優勝メンバー

▽ウェストハムは20日、サウサンプトンのポルトガル代表DFジョゼ・フォンテ(33)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2年半で、延長オプションも付いている。なお、移籍金は800万ポンド(約11億3400万円)とのことだ。 ▽フォンテはスポルティング・リスボンの下部組織出身で、2007年7月にベンフィカからクリスタル・パレスに移籍。2010年1月にサウサンプトンに加入していた。サウサンプトンではセンターバックの主力として公式戦286試合に出場し15得点を記録。キャプテンも務め、日本代表DF吉田麻也ともセンターバックでコンビを組んでいる。今シーズンのプレミアリーグではここまで17試合に出場していた。 ▽また2014年11月にポルトガル代表デビューを果たすと、昨年行われたユーロ2016にも出場。決勝トーナメントからはセンターバックとして4試合に出場し、ポルトガルのユーロ初制覇に貢献していた。 ▽フォンテはウェストハム加入についてコメント。今回の移籍についての喜びを語った。 「ウェストハムは素晴らしいクラブであり、非常にビッククラブであるため契約した。彼らにはたくさんのファンがいて、何年にも渡り彼らが情熱を持ってくれていることを知っていた」 「また、監督の存在は非常に大きな影響を与えた。彼は、本当に僕を欲しがっていた。彼は僕にプロジェクトとクラブの野心を伝えてくれたんだ」 「ロンドンに家族もウェストハムの大ファンだ。今、僕がウェストハムに加入することには意味があった。新たな挑戦であり、新たなスタートだよ。それを楽しみにしている」 2017.01.21 11:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ミラン、エバートンからスペイン人FWデウロフェウをレンタル移籍で獲得

▽ミランは21日、エバートンのスペイン人FWジェラール・デウロフェウ(22) をレンタルで獲得したことをクラブの公式ツイッターで発表した。契約期間は今季終了までとなっている。 ▽バルセロナのカンテラで育ったデウロフェウは2013-14シーズンにエバートンへとレンタルで移籍。2015-16シーズンからは完全移籍でエバートンに加入し、今シーズンはリーグ戦11試合に出場している。 ▽デウロフェウには、今冬に退団した元オランダ代表FWライアン・バベルの後釜を探すデポルティボが関心を寄せていると言われていたが、デウロフェウはイタリアのビッククラブでのプレーを選択したようだ。 2017.01.21 05:00 Sat
twitterfacebook
thumb

リバプールなどで活躍したFWペナントがイングランド3部へ移籍

▽リーグ1(イングランド3部)のべリーFCは19日、シンガポール・リーグのタンピネス・ローバースFCに所属するFWジャーメイン・ペナント(34)の加入を発表した。 ▽ノッツ・カウンティ、アーセナルの下部組織で育ったペナントは、2001年にトップチームに昇格。その後はワトフォードやリーズ、バーミンガムなどへレンタル移籍を繰り返し、2005年にバーミンガムへ完全移籍。2006年にリバプールへ完全移籍した。 ▽その後はレアル・サラゴサやストーク・シティ、ウォルバーハンプトンなどを渡り歩き、2014年11月にはインドのプネー・シティに移籍。その後ウィガンに移籍するも、2016年1月からはシンガポールでプレーしていた。 ▽ペナントはプレミアリーグで通算231試合に出場し14得点を記録。チャンピオンシップ(イングランド2部相当)では28試合に出場し3得点を記録している。 2017.01.20 21:35 Fri
twitterfacebook
thumb

宇佐美所属のアウグスブルク、ヤンカー&モラベクと新契約締結

▽アウグスブルクは19日、ドイツ人DFクリストフ・ヤンカー(31)とチェコ代表MFヤン・モラベク(27)の2選手と新契約を締結したことを発表した。 ▽2015年にヘルタ・ベルリンから加入したベテランセンターバックのヤンカー(写真左)は、2018年6月30日まで契約を延長。今シーズンはリーグ戦12試合に出場していた。 ▽また、2012年にシャルケから加入したセントラルMFのモラベク(写真右)は、2020年6月30日までの長期契約にサイン。今シーズンはリーグ戦6試合に出場していた。 2017.01.20 02:54 Fri
twitterfacebook
thumb

レガネス、ルビン・カザンからサム・ガルシアをレンタルで獲得! 昨夏ビジャレアルからロシアに渡るも半年で母国復帰

▽レガネスは19日、ロシア・プレミアリーグに所属するルビン・カザンからスペイン人MFサム・ガルシア(26)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は16に決定している。 ▽2010年に加入したマラガが頭角を現したサム・ガルシアは、2015年夏にクラブの財政難の煽りを受けて、同胞のMFサム・カスティジェホと共にビジャレアルに完全移籍。その翌年にはルビン・カザンに移籍し、今シーズンはリーグ戦13試合に出場していた。 ▽スペイン代表歴はないものの、右ウイングを主戦場に優れた攻撃センスを持つ同選手の加入は、昇格1年目で残留を目指すレガネスにとって大きな補強となりそうだ。 2017.01.20 02:37 Fri
twitterfacebook
thumb

リーガ19位に低迷するグラナダ、ギリシャ代表MFとアイスランド代表DF獲得!

▽グラナダは19日、ギリシャ代表MFパナギオティス・コネ(29)とアイスランド代表DFスベリル・インギ・インガソン(23)の2選手の獲得を発表した。 ▽ウディネーゼから今シーズン終了までのレンタル移籍で加入となるコネは、母国のAEKアテネでプロキャリアをスタート。その後、ブレシアやボローニャ、ウディネーゼ、フィオレンティーナといったイタリアのクラブで活躍。攻守両面でハードワークできる同選手は、ギリシャ代表として2014年ブラジル・ワールドカップにも出場している。 ▽一方、ベルギーのロケレンから完全移籍での加入となるインガソンは、2020年6月30日までの3年半契約にサイン。188cmの屈強な若手センターバックは、アイスランド代表の一員としてユーロ2016の大躍進の立役者の1人となっていた。 ▽今シーズンのリーガで1勝10敗7分けの19位に低迷しているグラナダだが、実力者2人の獲得で後半戦の巻き返しを狙う。 2017.01.20 00:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ミドルズブラ、チェルシーからFWバンフォードを完全移籍で獲得! 14-15シーズンにレンタルでプレー

▽ミドルズブラは18日、イングランド人FWパトリック・バンフォード(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの4年半となる。なお、移籍金に関しては明かされていないが、イギリス『エクスプレス』は、600万ポンド(約8億3000万円)にボーナスを加えた最大1000万ポンド(約14億円)と報じている。 ▽ノッティンガム・フォレストでプロデビューしたバンフォードは、2012年にチェルシーに加入。だが、トップチームでのプレー経験はなくMKドンズやダービー、クリスタル・パレスなどへのレンタル移籍を繰り返してきた。 ▽なお、今回加入が決定したミドルズブラには、同クラブがチャンピオンシップ(イングランド2部)に所属していた2014-15シーズンに1年間のレンタルでプレー。リーグ戦38試合に出場し、17ゴールを挙げる大活躍をみせ、同シーズンのチャンピオンシップ最優秀選手賞を獲得していた。 2017.01.19 03:08 Thu
twitterfacebook
thumb

モナコ、アヤックスからベルギーの新星アントヌッチを獲得!

▽モナコは18日、アヤックスからU-17ベルギー代表MFフランチェスコ・アントヌッチ(17)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は3年となる。 ▽イタリアにルーツを持つアントヌッチは、2015年にアンデルレヒトの下部組織からアヤックスに加入。トップチームでのプレー経験はないものの、U-17ベルギー代表で主力を担う攻撃的MFは、その卓越したテクニックと攻撃センスからベルギーの次代を担う超逸材として注目を集めている。 ▽フランス『レキップ』の伝えるところによれば、モナコは過去にバルセロナやユベントス、チェルシーと錚々たるビッグクラブの関心を集めていたアントヌッチの獲得に向けて、この年代では破格となる250万~300万ユーロ(約3億~3億6000万円)の移籍金を支払ったようだ。 ▽なお、アントヌッチは当面モナコのU-19チームでプレーする予定だ。 2017.01.19 01:59 Thu
twitterfacebook
thumb

リヨン&フランス代表で将来を嘱望されたMFフォファナが25歳で現役引退! 慢性的な足首のケガに苦しむ…

▽リヨンに所属するフランス人MFグエイダ・フォファナ(25)が18日、現役引退を発表した。同選手がリヨンの公式サイトで明かした。 ▽ル・アーブルの下部組織出身のフォファナは、2009年にトップチームデビュー。その後、2011年にリヨンに完全移籍すると、卓越した身体能力と守備センスを武器に、守備的MFやセンターバックとしてレギュラーに定着。また、2010年に行われたU-19欧州選手権で優勝に貢献するなど、フランスの世代別代表で常に主力を担ってきた同選手は、将来的にフル代表での活躍が期待されていた。 ▽しかし、近年慢性的な足首の痛みに悩まされていたフォファナは、昨シーズン全てを棒に振るなど、懸命な治療やリハビリも実らず、長期の離脱が続いていた。この状況を考慮して同選手は、25歳という若さでスパイクを脱ぐ決断をした。 「僕の最後の試合となったグルノーブル戦以降、足首に酷い痛みを感じていた。足首の治療のために、ありとあらゆることを試してきたけど、残念ながら今日の段階で回復は不可能だと判断したよ。僕の足首はもうフットボールをプレーすることを許してくれないようだ」 ▽また、今後のキャリアに関してフォファナは、ジャン・ミシェル・オラス会長との話し合いの中でクラブスタッフとしてのポストをオファーされていることを認め、今後もリヨンの一員としてフットボールに関わっていくつもりであると語った。 「僕がプレーヤーとしてもう貢献できないということを聞いてから、オラス会長はフットボール、その他の役割で僕をクラブに留めたいとの提案をしてくれた。僕自身、ジャン・ミシェル・オラスの下でリヨンのプロジェクトに参加したいと思っているから、そのオファーを受けると即答したよ」 「会長、リヨン、クラブに関わる全ての人たち。そして、僕へのサポートを決して止めなかった全ての人たちに感謝を示したい」 「みなさん、ハッピー・ニューイヤー。リヨンでの新たなキャリアをスタートするとき、またすぐに会えるはずだ」 2017.01.19 01:08 Thu
twitterfacebook
thumb

18位低迷のS・ヒホンで監督交代! アベラルド解任で昨季レバンテ率いたルビ氏を招へい

▽スポルティング・ヒホンは18日、アベラルド・フェルナンデス監督(46)の解任および、ルビ氏(46)の新監督就任を発表した。 ▽現役時代にヒホンで活躍し、同クラブのリザーブチームで指導者としてのキャリアをスタートしたアベラルド監督(写真左)は、2014年からトップチームの指揮官に就任。就任2年目にセグンダA(スペイン2部)を2位で終えてプリメーラ昇格を果たすと、昨シーズンは降格圏ギリギリの17位で1部残留を決めた。 ▽だが、今シーズンは開幕から苦戦を強いられ、第18節終了時点で3勝12敗3分けの18位に低迷していた。この現状を受けて、クラブはアベラルド監督の更迭を決めた。 ▽なお、アベラルド監督の後任を務めるルビ氏(写真右)は、これまでジローナやバジャドリーといった国内クラブの指揮官を歴任。昨シーズン途中からはレバンテの指揮官に就任も、クラブは最下位となり、2部降格となっていた。 2017.01.19 00:12 Thu
twitterfacebook
thumb

アラベス、上海申花からパラグアイ代表MFオスカル・ロメロをレンタルで獲得

▽アラベスは17日、中国スーパーリーグの上海申花からパラグアイ代表MFオスカル・ロメロ(24)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。なお、今回の契約には半年のレンタル期間延長のオプションが付随している。 ▽パラグアイ代表として26試合に出場し、2ゴールを記録している攻撃的MFのオスカル・ロメロは、今冬にアルゼンチンのラシン・クラブから上海申花に完全移籍した。だが、中国スーパーリーグの外国人登録枠制限の影響で、一度もプレーすることなくアラベスへのレンタル移籍が決定した。 ▽昇格組ながらここまで12位と健闘しているアラベスだが、リーグ戦18試合15得点とリーグ最少タイの得点不足に苦しんでいる。中国クラブの“爆買い”の影響から思わぬ形で獲得に成功した攻撃的MFの活躍で得点不足解消といきたいところだ。 2017.01.18 23:30 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプール、構想外のポルトガル人DFイロリがレディングに完全移籍

▽リバプールは18日、ポルトガル人DFチアゴ・イロリ(23)がチャンピオンシップ(イングランド2部)のレディングに完全移籍したことを発表した。契約期間は2020年6月30日までの3年半となる。 ▽2013年にスポルティング・リズボンからリバプールに加入したイロリは、ポルトガルの世代別代表でレギュラーを務めてきたものの、リバプールでは思うように出場機会を得ることができず。同クラブ在籍期間にグラナダ、ボルドー、アストン・ビラへのレンタル移籍を繰り返し、リバプールでの公式戦の出場は国内カップ3試合の出場に留まっていた。 2017.01.18 23:10 Wed
twitterfacebook
thumb

モンペリエ、PSGから逸材イコネを今季終了までのレンタルで獲得!

▽モンペリエは18日、パリ・サンジェルマン(PSG)からU-19フランス代表FWジョナサン・イコネ(18)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は11に決定。なお、今回の契約には買い取りオプションは含まれていない。 ▽卓越した左足の技術とスピードを併せ持つフランス若手屈指のドリブラーのイコネは、昨シーズンにUEFAユースリーグで準優勝を遂げたPSGユースで台頭すると、昨夏のプレシーズンに行われたインターナショナル・チャンピオンズ・カップのレアル・マドリー戦で4人抜きの圧巻ゴールを記録し、注目を集めた。また、U-19フランス代表では昨年にU-19欧州選手権優勝に貢献していた。 ▽だが、世界屈指のタレント揃いのPSGトップチームでは、途中出場を中心に公式戦7試合の出場に留まるなど、思うように出場機会を得られず、この状況を受けてモンペリエに武者修行に出ることになった。 2017.01.18 22:50 Wed
twitterfacebook
thumb

酒井所属のマルセイユ、モンペリエの至宝MFサンソンを獲得!

▽マルセイユは17日、モンペリエからフランス人MFモルガン・サンソン(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの4年半となる。 ▽2013年にル・マンからモンペリエ加入したサンソンは、卓越した戦術眼と攻撃センスを武器に、すぐさまレギュラーポジションを掴むと、ここまで4シーズンに渡ってレギュラーを務めた。また、セントラルMFを主戦場に2列目のポジションでもプレー可能な同選手は、今シーズンのリーグ・アンで3ゴール5アシストを記録するなど、リーグ屈指の若手プレーメーカーとの評判を得ている。 ▽フランス『フランス・フットボール』の伝えるところによれば、マルセイユは予てよりパリ・サンジェルマンやリヨンといった国内強豪クラブに加え、プレミアリーグの複数クラブの関心を集めてきたサンソン獲得に向けて、ボーナスを含め総額1200万ユーロ(約14億5000万円)のオファーを掲示し、獲得にこぎ着けたようだ。 ▽なお、U-21フランス代表で背番号10を背負っていた国内屈指のヤングタレントは、マルセイユ移籍を機に今後のフル代表招集も期待される。 2017.01.18 22:45 Wed
twitterfacebook
thumb

シャルケ内田のライバルDFカイサラがイスタンブールBBへ完全移籍

▽トルコ・スーパーリーグのイスタンブールBBは16日、シャルケのDFジュニオール・カイサラ(27)の獲得を発表した。契約期間は3年半となる。 ▽ブラジルで長らくプレーを続けたカイサラは、2010年7月に海を渡りポルトガルのジウ・ビセンテに移籍。2012年にはブルガルアのルドゴレツへと移籍した。2015年7月にシャルケへ移籍すると、右サイドバックとして公式戦41試合に出場し1得点を記録。今シーズンはブンデスリーガで3試合、ヨーロッパリーグで4試合の出場に留まっていた。 ▽イスタンブールBBは今シーズンのトルコ・スーパーリーグで無敗をキープし首位に立っている。 2017.01.16 23:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイムがブレーメンのU-21オーストリア代表MFグリリッチュを確保…来季から加入で4年契約

▽ホッフェンハイムは16日、ブレーメンのU-21オーストリア代表MFフロリアン・グリリッチュ(21)の獲得を発表した。契約期間は2021年6月30日まで。来シーズンからの加入となる。なお、フリートランスファーでの獲得となる。 ▽グリリッチュは2013年にブレーメンのU-19チームに加入。2015年7月にトップチームへ昇格していた。今シーズンはブンデスリーガで11試合に出場し1得点を記録していた。 ▽ホッフェンハイムは、先日ドイツ代表MFセバスティアン・ルディ、DFニクラス・ジューレが来シーズンからのバイエルン移籍が決定していた。 2017.01.16 23:50 Mon
twitterfacebook
thumb

FW小野裕二が契約を解除しシント=トロイデンを退団…日本復帰へ

▽シント=トロイデンは15日、日本人FW小野裕二(24)との契約を解除することで合意に達したと発表した。なお、クラブは小野が日本へと戻るとも発表している。 ▽小野は横浜F・マリノスの下部組織出身で、2011年にトップチーム昇格。2010年には2種登録ながらJ1で17試合に出場し3得点を記録し、新人ながらトップチーム昇格と同時に背番号10を背負った。横浜FMではプロ入り後2シーズンでリーグ戦62試合に出場し6得点を記録。2013年1月にはベルギーの名門、スタンダール・リエージュへ完全移籍し、日本代表GK川島永嗣(現・メス)、FW永井謙佑(現・FC東京)とともにプレーした。 ▽2015年7月には同じベルギーのシント=トロイデンに完全移籍。しかし、ケガの影響もあり満足行く出場機会は得られず。今シーズンは9月にアゴを骨折し戦列を離れるなどしていた。今シーズンはベルギー・ジュピラーリーグで6試合に出場。シント=トロイデンでは公式戦通算33試合に出場したものの無得点に終わった。 2017.01.16 03:00 Mon
twitterfacebook
thumb

躍進・ライプツィヒがビッグクラブが関心のザルツブルクDFウパメカーノを完全移籍で獲得

▽ブンデスリーガで躍進を続けるRBライプツィヒは14日、姉妹クラブであるザルツブルクのU-19フランス代表DFデヨール・ウパメカーノ(18)を完全移籍で獲得した。契約期間は2021年6月までとなっている。 ▽ウパメカーノはヴァランシエンヌの下部組織から2015年7月にザルツブルクへと移籍。今シーズンはオーストリア・ブンデスリーガで15試合に出場。チャンピオンズリーグ予選で1試合、ヨーロッパリーグで4試合に出場していた。 ▽レアル・マドリーやバルセロナ、マンチェスター・ユナイテッド、そしてバイエルンなど欧州各国のビッグクラブが関心を示していたウパメカーノだったが、ザルツブルクの姉妹クラブであるライプツィヒ入りを選択。この移籍にはスポーツディレクターを務めるラルフ・ラングニック氏の活躍が大きく関わっているようで、チームの強化方針に合う若い才能を手にすることとなった。 ▽ウパメカーノは今回の移籍についてコメント。レベルの高さを感じるとともに、大きなステップアップになったと感じているようだ。 「今日のチームトレーニングは良かったよ。ここのレベルが高いことも感じられた。僕がフィットできるかどうかは楽観視しているよ」 「長いキャリアにおいて、素晴らしいステップアップだと感じている。チーム関係者とも多くの良い会話ができているんだ。今回の移籍が僕にとって正しかったと言える。この先のプレーが楽しみで仕方ないよ」 2017.01.14 22:45 Sat
twitterfacebook
thumb

G大阪とACLで対戦する可能性の全北現代がホッフェンハイムから韓国代表DFキム・ジンスを獲得…4年契約

▽Kリーグ・クラシックの全北現代モータースは12日、ホッフェンハイムの韓国代表DFキム・ジンス(25)を完全移籍で獲得した。契約期間は4年間となる。 ▽キム・ジンスは2012年に慶熙大からアルビレックス新潟に加入。左サイドバックとして2シーズン半在籍し、J1で66試合に出場し1得点を記録。2014年7月にホッフェンハイムへと移籍していた。ホッフェンハイムではブンデスリーガで34試合に出場。しかし、今シーズンはここまで出場機会がなかった。 ▽全北現代は昨シーズンのKリーグ・クラシックで2位となり、今シーズンのAFCチャンピオンズリーグ出場権を獲得。アデレード・ユナイテッド(オーストラリア)、江蘇蘇寧(中国)と同じグループHに所属し、ガンバ大阪がプレーオフで勝利した場合は同グループとなる。 2017.01.12 16:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ACLで日本勢を苦しめた山東魯能のMFモンティージョがボタフォゴに加入…昨季は広島と対戦

▽ブラジル1部のボタフォゴは11日、中国スーパーリーグの山東魯能から元アルゼンチン代表MFワルテル・モンティージョ(32)を獲得したことを発表した。 ▽モンティージョはサン・ロレンソの下部組織出身で、メキシコやチリでもプレー。2010年にクルゼイロへと加入すると、2013年にサントスへ移籍。2014年から山東魯能でプレーしていた。 ▽山東魯能ではAFCチャンピオンズリーグで18試合に出場し5得点を記録。セレッソ大阪(2014年)や柏レイソル(2015年)、サンフレッチェ広島(2016年)と3年連続でJリーグ勢と対戦し、柏戦では2試合で2得点を記録している。また、アルゼンチン代表としても3キャップを記録している。 2017.01.12 10:12 Thu
twitterfacebook
thumb

サントスが横浜FMのFWカイケの獲得を発表…買取OP付きの1年間のレンタル移籍

▽ブラジル1部のサントスは11日、横浜F・マリノスのブラジル人FWカイケ(28)の獲得を発表した。1年間のレンタル移籍となり、買取オプションも付いている。期限付き移籍期間は2017年12月31日まで。 ▽フラメンゴから昨シーズン横浜FMに加入したカイケは、明治安田生命J1リーグで23試合4ゴールを記録。しかし、素行不良や地震を1つの理由に3年契約を結ぶ横浜FMからの退団を希望していると伝えられていた。 ▽今オフにはグレミオへの移籍が合意に達しメディカルチェックを受けたものの、契約の細部を詰めている段階で交渉が破談に終わっていた。カイケはクラブを通じてコメントしている。 「サントスの歴史については、いまさら話をする必要はない。僕は多くを語るつもりもない。僕はとても幸せだ」 「素晴らしいこの機会を得られた。1年間のレンタル移籍について、テクニカルスタッフやクラブ幹部に感謝したい。僕の頭の中は、今年だけでなくこのクラブに留まりたい。この巨大なクラブを支えたいんだ。素晴らしいことであり、今はとてもハッピーだよ」 2017.01.12 09:53 Thu
twitterfacebook
thumb

ナント、オリンピアコスからコロンビア代表FWパルドを獲得!

▽ナントは11日、オリンピアコスからコロンビア代表FWフェリペ・パルド(26)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽なお、フランス『レキップ』が伝えるところによれば、今回の契約にはレンタル期間終了後に、500万ユーロ(約6億円)前後を支払えば、完全移籍に移行できる買い取りオプションが付随しているという。 ▽2015年にポルトガルのブラガからオリンピアコスに加入したパルドは、加入初年度となった2015-16シーズンにチャンピオンズリーグの舞台で3ゴールを挙げるなど、公式戦32試合に出場し、8ゴールを記録。今シーズンは公式戦12試合に出場し、3ゴールを挙げていた。 ▽また、卓越したフィジカルとスピードを特長とする右ウイングは、コロンビア代表でも1試合に出場している。 2017.01.12 02:37 Thu
twitterfacebook
thumb

インテル、ユーベとの争奪戦制してイタリア代表MFガリアルディーニ獲得! 買取義務付きの18ケ月のレンタル移籍

▽インテルは11日、アタランタからイタリア代表MFロベルト・ガリアルディーニ(22)を2018年6月30日までの18ケ月のレンタル移籍で獲得したことを発表した。なお、今回の契約にはレンタル期間終了後に完全移籍での買い取り義務付けられている。 ▽インテルへの加入が決定したガリアルディーニは、クラブ公式サイトで喜びのコメントを残している。 「インテルのプレーヤーになることができて、本当に嬉しいよ。今回の出来事は僕にとって夢が叶ったような気持ちだ」 「ステフェノ・ピオリと共に仕事すること、新しいチームメートに会うこと、そして、サンシーロでインテルファンを前にこのユニフォームを着ることが、今から待ち切れないよ」 「個人的には、このクラブが値する成功を収めるため、助けとなれるように頑張っていきたいと思っているよ」 ▽なお、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の伝えるところによれば、インテルはガリアルディーニのレンタル料として1年あたり200万ユーロ(約2億4000万円)を支払い、完全移籍で買い取る際に2000万ユーロ(約24億4000万円)を支払うという。また、ボーナスを含めると、移籍金の総額は最大2800万ユーロ(約34億2000万円)ほどになるようだ。 ▽若手育成に長けたジャン・ピエロ・ガスペリーニ新監督の下、今シーズンのセリエA6位に躍進している“ヤングアタランタ”を象徴する選手の1人であるガリアルディーニ。188cmの恵まれた体躯ながら運動量、パスセンス、強力なミドルシュートと攻撃センスにも優れるセントラルMFは、今季のセリエAで13試合に出場。ここでの活躍が認められ、アッズーリへの初選出も果たした。 ▽先日にはユベントスのジュゼッペ・マロッタGM(ゼネラル・マネージャー)が、イタリア人DFマッティア・カルダラ(22)と共に、今冬の移籍市場での獲得を示唆していたが、一転してインテル行きが決定した。 2017.01.12 01:14 Thu
twitterfacebook
thumb

シティ、若手MFマヌ・ガルシアがNACへレンタル移籍

▽マンチェスター・シティは11日、スペイン人MFマヌ・ガルシア・アロンソ(19)が今シーズン終了までのレンタル移籍でエールディビジのNACブレダに加入することを発表した。 ▽今シーズン、母国スペインのアラベスにレンタル移籍で加入したマヌ・ガルシアだったが、公式戦の出場はコパ・デル・レイでの1試合のみとなっていた。この状況を受けて、シティと同選手は、より定期的にプレー機会を得るため、10日にアラベスとのレンタル契約解消に踏み切っていた。 ▽2014年にスポルティング・ヒホンの下部組織からシティに加入したマヌ・ガルシアは、2016年3月に行われたアストン・ビラ戦でプレミアリーグデビューを果たすと、昨シーズンは公式戦4試合に出場。また、昨年12月には2020年までの新契約を結んでいた。 2017.01.12 00:02 Thu
twitterfacebook
thumb

川島所属のメス、ブレーメンからセネガル代表DFを買取OP付きレンタルで獲得!

▽メスは11日、ブレーメンからセネガル代表DFファロウ・ディアニェ(27)を買い取りオプション付きの今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽昨夏、レンヌからブレーメンに完全移籍で加入したディアニェだが、ここまでリーグ戦2試合の出場にとどまっていた。そして、出場機会を求める同選手は、2008年にプロデビューを飾り、2012年までプレーしていた古巣のメスへの復帰を決断した。 2017.01.12 00:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ビジャレアル、J・コスタ&ガスパールのレギュラーSBと長期の新契約締結

▽ビジャレアルは11日、スペイン人DFジャウメ・コスタ(28)とスペイン代表DFマリオ・ガスパール(26)の2選手と新契約を締結したことを発表した。今回の契約延長によって、ジャウメ(写真左)は2021年、ガスパール(写真右)は2023年までビジャレアルでプレーすることになる。 ▽バレンシアの下部組織出身のジャウメは、2007年にビジャレアルBに加入。その後、2012年からトップチームに定着すると、左サイドバックのレギュラーとして、ここまで公式戦160試合に出場し、4ゴールを記録。今シーズンも公式戦18試合に出場している。 ▽一方、ビジャレアル下部組織出身のガスパールは、2010年にトップチーム昇格を果たすと、ここまで公式戦250試合に出場し、8ゴールを記録。リーガ屈指の右サイドバックと評される同選手は、2015年にスペイン代表デビューを飾り、ここまで3試合に出場している。 2017.01.11 23:27 Wed
twitterfacebook
thumb

GKストラーリが6年半ぶりにミランに復帰! 今季はカリアリで15試合に出場

▽ミランは10日、かつて所属していたカリアリのGKマルコ・ストラーリ(40)の獲得を発表した。契約期間は2017年6月30日までとなっている。 ▽ストラーリは、ペルージャやナポリなどでプレーし、2007年1月にメッシーナからミランに加入。その後はレバンテやカリアリ、フィオレンティーナ、サンプドリアなどへレンタル移籍を繰り返すと、2010年にユベントスへ完全移籍した。2015年7月にフリートランスファーでカリアリに戻ると正守護神としてプレー。昨シーズンはセリエBで41試合に出場しカリアリのセリエA昇格に貢献すると、今シーズンもここまでセリエAで15試合に出場していた。 ▽ミランは現在セリエAで5位につけており、チャンピオンズリーグ出場権内の3位ナポリとは勝ち点差2の状況。しかし、GKはジャンルイジ・ドンナルンマ(17)がここまでの全18試合でプレーする状況が続いていた。 2017.01.11 09:34 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング