ニュース

thumb

ラニエリ率いるナント、ヘントから久保裕也同僚FWを獲得!

▽ナントは19日、ヘントからマリ代表FWカリファ・クリバリ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は26に決定。契約期間は2022年6月30日までの5年となる。 ▽197cmの大型ストライカーの獲得に成功したクラウディオ・ラニエリ監督は、「彼は強烈なヘディングと素晴らしいクオリティを持ったビッグプレーヤーだ。彼が多くのものをもたらしてくれると願っている」と、クラブ公式サイトで語った。 ▽パリ・サンジェルマン下部組織出身のクリバリは、2014年にベルギーのシャルルロワに完全移籍。その翌年にはヘントに加入し、昨シーズンは公式戦47試合に出場して18ゴール3アシストの記録を残していた。 2017.08.20 18:12 Sun
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、ジエゴ・コスタ獲得で合意か

▽アトレティコ・マドリーが、スペイン代表FWジエゴ・コスタ(28)の獲得に関してチェルシーと合意したようだ。スペイン『アス』が伝えた。 ▽オフシーズンにアントニオ・コンテ監督から戦力外であることを伝えられたといわれるジエゴ・コスタは、シーズンインしたチームに合流せず、現在ブラジルに滞在中。チェルシーへの合流を拒否していることで30万ポンド(約4200万円)の罰金処分を課されたとも伝えられている中、同選手は古巣アトレティコへの復帰を熱望しているとみられる。 ▽『アス』が『オンダ・セロ』の報道を基に伝えたところによれば、アトレティコはチェルシーとジエゴ・コスタの移籍に関して合意。移籍金は4500万ユーロ(約57億8000万円)+ボーナス1000万ユーロ(約12億8000万円)と伝えられている。ただ、ジエゴ・コスタとチェルシーの問題が解決するまで、アトレティコは実際に移籍金を支払って移籍を完了させることはないとみられている。 ▽なお、アトレティコは今夏に補強禁止処分を科されているため、ジエゴ・コスタを獲得しても冬の移籍市場が開くまで起用することが不可能な状況となっている。 2017.08.20 17:13 Sun
twitterfacebook
thumb

SPAL、カリアリから昨季20発のFWボッリエッロ&DFサラモンを獲得!

▽SPALは19日、カリアリから元イタリア代表FWマルコ・ボッリエッロ(35)と、ポーランド代表DFバルトシュ・サラモン(26)の2選手を獲得したことを発表した。 ▽かつてミランやローマ、ユベントスに在籍したボッリエッロは、昨夏カリアリに加入。ベテランながら卓越したフィジカルと高精度の左足、優れた決定力を武器に、昨シーズンはセリエA16ゴールに加え、公式戦20ゴールのハイパフォーマンスを披露。先月にはクラブと2019年までの契約延長を行ったが、その後クラブとの確執の影響もあってシーズン開幕直前の移籍となった。なお、SPALとは2019年までの2年契約にサインしている。 ▽一方、ブレシアでプロキャリアをスタートした大型センターバックのサラモンは、一時ミランにも在籍し、その後はサンプドリアやペスカーラでプレー。2015年に加入したカリアリでは、昨シーズンの公式戦17試合に出場していた。なお、サラモンは買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍での加入となる。 2017.08.20 16:40 Sun
twitterfacebook
thumb

PSG、257億円で怪童ムバッペ獲得合意と報道

▽パリ・サンジェルマン(PSG)が、フランス代表FWキリアン・ムバッペ(18)獲得に関してモナコと合意に達したようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 ▽PSGは今夏、2億2200万ユーロ(約285億円)のバイアウト条項を起動させてバルセロナからFWネイマールを引き抜いた。しかし、さらなる補強候補として、世界屈指の若手有望株と認知されるムバッペの名前が挙がっていた。 ▽『ムンド・デポルティボ』によれば、PSGは既にムバッペの獲得に関してモナコと合意しており、来週中にも正式発表を行う見込みだとのこと。移籍金はネイマールに次ぐ歴代2位の1億8000万ユーロ(約230億円)をベースに、ボーナス込みで2億ユーロ(約257億円)に達するという。また、ムバッペはPSGで年俸1800万ユーロ(約23億円)を受け取ると伝えられている。 2017.08.20 16:20 Sun
twitterfacebook
thumb

昇格組ジローナ、2部ラージョからDFモジカをレンタルで獲得

▽ジローナは18日、ラージョ・バジェカーノからコロンビア代表DFホアン・モジカ(24)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 ▽コロンビアでプロデビューを飾ったモジカは、2013年にラージョへのレンタル移籍を経て、その翌年に完全移籍を果たす。その直後にバジャドリードへレンタルされると、主戦場とする左サイドバックから左ウイングにコンバート。在籍した2シーズンで公式戦70試合に出場し、9ゴール15アシストを記録した。 ▽今年1月にはジローナへレンタル移籍し、リーグ戦10試合で1アシストを記録。クラブの1部昇格に貢献した。 2017.08.19 14:17 Sat
twitterfacebook
thumb

インテルDFムリージョがバレンシアに買い取り義務付き2年レンタルで加入

▽バレンシアは18日、インテルのコロンビア代表DFジェイソン・ムリージョ(25)を買い取り義務付きの2年レンタルで獲得したことを発表した。 ▽買い取る際に必要となる移籍金はイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば1300万ユーロ(約16億6000万円)とのことだ。 ▽母国でプロデビューを果たしたムリージョは、2010年夏にグラナダへ移籍。以降はカディスやラス・パルマスへのレンタル移籍を経て、2015年夏にインテルに加入した。1年目から主戦場のセンターバックでレギュラーの座を確保。これまで公式戦102試合に出場し、5ゴール3アシストを記録した。 ▽バレンシアでは同日、アーセナルからブラジル人DFガブリエウ・パウリスタ(26)を獲得していた。 2017.08.19 06:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ウェストハム、ニュージーランド代表DFリードと2023年までの新契約を締結

▽ウェストハムは18日、ニュージーランド代表DFウィンストン・リード(29)と2023年までの新契約を締結したことを発表した。 ▽新契約にサインしたリードは、公式サイトで次ように語った。 「ウェストハムに留まることができてとても嬉しいよ。僕はウェストハムでのプレーが楽しいんだ。僕の家族もここでの生活を楽しんでいるよ」 ▽2005年にデンマークのFCミッティラントでプロキャリアをスタートさせたリードは、2010年の夏にウェストハムに移籍。これまで在籍7年間で204試合に出場し、10ゴール10アシストをマーク。13日に行われた今季開幕節のマンチェスター・ユナイテッド戦でプレミアリーグ150試合出場を果たした。 2017.08.19 02:15 Sat
twitterfacebook
thumb

トッテナムがコロンビアの逸材DFダビンソン・サンチェス獲得、今夏の補強第一号

▽トッテナムは18日、アヤックスに所属するコロンビア代表DFダビンソン・サンチェス(21)の獲得を発表した。契約期間は2023年6月までの6年間となっている。移籍金はイギリス『スカイ・スポーツ』によれば4000万ポンド(約56億2000万円)とのことだ。 ▽2014年に母国のアトレティコ・ナシオナルでプロキャリアをスタートしたD・サンチェスは昨夏、アヤックスに加入。昨シーズンの公式戦46試合に出場して6ゴール2アシストの記録を残した。 ▽そのD・サンチェスはトッテナムの公式サイトで次のように加入の喜びを語っている。 「アヤックスの監督、フロント、チームメート、サポーターに感謝したい。トッテナムに移籍できたのはアヤックスで成長できたからだ。そして、トッテナムのような有名なクラブと契約でき、とても興奮している。ポチェッティーノ監督やチームメートと早く会えることを楽しみにしている」 ▽トッテナムの今夏の補強第一号となったD・サンチェスは、187cmの恵まれた体躯を誇る若きセンターバック。卓越したパワーとスピードを生かした対人守備や、ビルドアップ能力にも長けるDFで、バルセロナやインテルの関心も伝えられてきた逸材だ。 2017.08.19 01:53 Sat
twitterfacebook
thumb

バレンシアがアーセナルからDFガブリエウを5年契約で獲得

▽バレンシアは18日、アーセナルに所属するブラジル人DFガブリエウ・パウリスタ(26)を獲得した。契約期間は2022年6月30日までの5年間で、バイアウト条項は8000万ユーロ(約102憶7000万円)に設定されている。 ▽2010年に母国ブラジルのヴィトーリアでプロデビューしたガブリエウは、2013年にビジャレアルへ移籍。加入初年度からコンスタントな出場機会を得ると、在籍2シーズンで公式戦50試合に出場した。 ▽ビジャレアルでの活躍が認められ、2015年1月にアーセナルに加入したガブリエウは、在籍2年半で公式戦64試合に出場。しかし、昨シーズンはくるぶしの負傷に悩まされ、リーグ戦19試合の出場にとどまった。 2017.08.19 01:47 Sat
twitterfacebook
thumb

ユベントスがマテュイディの獲得を発表、移籍金は26億円+ボーナス13億円

▽ユベントスは18日、パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表MFブレーズ・マテュイディ(30)の獲得を発表した。契約期間は2020年6月までの3年間となっている。 ▽ユベントスは移籍金が2000万ユーロ(約26億円)+ボーナス1050万ユーロ(約13億4000万円)であることを明かしている。なお、移籍金は今後3年間に渡って支払われるとのことだ。また、ボーナスの条件としては今後3年間でマテュイディが出場した試合数によって変動すると発表している。 ▽ユベントス加入が決まったマテュイディは公式サイトで次のように語っている。 「ユベントスは偉大な歴史を持つ、野心に溢れる常勝クラブだ。彼らは6年連続でスクデットを獲得しているし、ヨーロッパのタイトルも視野に入れている。僕はチームが勝利できるようにすべてを与えたい。ユベントスではジダンやプラティニ、デシャンといったフランスの偉大な先輩を見てきた。そんなチームの一員となれたことは喜ばしいことだよ」 ▽2011年夏にサンテチェンヌからPSGに加入したマテュイディは公式戦295試合を数え、33ゴール30アシストを記録。これまで4度のリーグ・アン制覇を含む15ものタイトルを獲得し、2015年にはフランスの最優秀選手に選ばれていた。 2017.08.19 01:10 Sat
twitterfacebook
thumb

リバプール、コウチーニョに対するバルセロナの3度目の入札を拒否!

▽リバプールがブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(25)に対するバルセロナのオファーを三度拒否したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽これまで2度コウチーニョのオファーを拒否されたバルセロナは、移籍金7680万ポンド+ボーナス1360万ポンドを積んだ2度目の入札から移籍金1億1300万ポンド(158億5000万円)+ボーナス500万ポンド(7億円)に条件を引き上げたが、リバプールを納得させられなかった模様だ。 ▽伝えられるところによれば、バルセロナへの移籍志願をクラブに伝えたコウチーニョはだが、リバプールは昨シーズンのプレミアリーグ13得点7アシストを記録したコウチーニョを売却不可能選手として再確認。これまでと同様、今年1月に5年の契約延長で合意したブラジル人プレーメーカーを売らない姿勢だという。 2017.08.19 00:42 Sat
twitterfacebook
thumb

ラス・パルマスと契約解除のボアテングがフランクフルトに加入…約1年半ぶりのドイツ帰還

▽フランクフルトは18日、ガーナ代表MFケヴィン=プリンス・ボアテング(30)の加入を発表した。契約期間は2020年6月30日までとなる。16日に、一身上の都合によりラス・パルマスとの契約を解除していたボアテングは、母国ドイツのフランクフルトを新天地に選んだようだ。 ▽ヘルタ・ベルリンでキャリアをスタートさせたボアテングは、トッテナムやドルトムントを経て、2010年夏にミランに加入。ミランでは10番を背負い、通算114試合に出場した。その後はシャルケ、そして2度目のミラン移籍を経て、昨夏にラス・パルマスがフリーで獲得。今年5月には3年間の契約延長をしたばかりだった。 ▽フランクフルト加入で、ドイツでは4つ目のクラブ加入となったボアテング。ここまでブンデスリーガ通算98試合に出場し10ゴール18アシストをマークしており、中でも2013年夏に加入したシャルケでは、在籍2年間で60試合を数え、7ゴール9アシストと主力として活躍した。 2017.08.18 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

今夏シティ移籍のオーストリア得点王がジローナにレンタル移籍

▽ジローナが17日、今夏マンチェスター・シティに加入したナイジェリア代表FWオラレンワジュ・カヨデ(24)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽2015年夏に、オーストリアの名門オーストリア・ウィーンに加入したカヨデは、スピード、ボディバランス、決定力を併せ持つストライカー。昨シーズンはオーストリア・ブンデスリーガで33試合に出場し17ゴール4アシストを記録するなど、2位フィニッシュのチームの攻撃をけん引した。 ▽その活躍を受けて、シティが先日にカヨデを獲得。しかし、豊富なタレントを揃えるシティでは出場機会が限られていることから、今シーズンはジローナで修行を積むこととなった。 2017.08.18 20:42 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴィオラ、ベティスからアルゼンチン人DFペッゼッラをレンタルで獲得

▽フィオレンティーナは18日、ベティスからアルゼンチン人DFジェルマン・ペッゼッラ(26)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。19日にメディカルチェックを受けるとのことだ。 ▽鋭い読みと持ち前のボディバランスを武器とするペッゼッラは、アルゼンチンの名門リーベルプレート出身のセンターバック。リーグ優勝やコパ・リベルタドーレス、コパ・スダメリカーナ優勝など輝かしい経歴を持つ。 ▽2015年夏に加入したベティスではシーズン後半からレギュラーの座を確保。今シーズンはリーガエスパニョーラ36試合に出場し、1ゴールを挙げる活躍を見せた。 2017.08.18 19:47 Fri
twitterfacebook
thumb

セルティック、昨季リーグ15発のアームストロングと新契約

▽セルティックは18日、スコットランド代表MFスチュアート・アームストロング(25)と新たに2年間の契約延長で合意に達したと発表した。新たな契約期間は2019年夏までとなる。 ▽アームストロングはダンディ・ユナイテッドでキャリアをスタート。2015年冬にセルティック入りを果たした。セルティック在籍4シーズンで公式戦通算111試合25得点。昨シーズンはキャリアハイのリーグ戦15得点を記録した。 2017.08.18 18:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ジェノア、トリノからイタリア人DFルカ・ロッセッティーニを獲得

▽ジェノアは18日、トリノからイタリア人DFルカ・ロッセッティーニ(32)を獲得したことを発表した。 ▽イタリアのパドヴァの下部組織出身のロッセッティーニは、シエナ、カリアリ、ボローニャを経て、昨夏にトリノへ加入。主戦場とするセンターバックで主力としてプレーし。セリエA30試合に出場、1ゴールを記録した。 ▽なお、クラブの発表によると、すでにメディカルチェックを済ませているイタリアのベテランDFは、現地時間20日に行われるセリエA開幕節のサッスオーロ戦に出場できる見通しだという。 2017.08.18 17:13 Fri
twitterfacebook
thumb

トッテナムがコロンビアの逸材DFダビンソン・サンチェス獲得へ合意! 今夏の補強第一号か

▽イギリス『スカイ・スポーツ』は、トッテナムがアヤックスに所属するコロンビア代表DFダビンソン・サンチェス(21)の獲得合意を報じた。 ▽報道によると、合意額は4000万ポンド(約56億2000万円)。アヤックスはD・サンチェスの残留を望んでいたものの、最終的に流失を余儀なくされた格好だ。一方で、トッテナムがD・サンチェス獲得となれば、今夏の補強第一号となる。 ▽2014年に母国のアトレティコ・ナシオナルでプロキャリアをスタートしたD・サンチェスは昨夏、アヤックスに加入。昨シーズンの公式戦46試合に出場して6ゴール2アシストの記録を残した。 ▽D・サンチェスは、187cmの恵まれた体躯を誇る若きセンターバック。卓越したパワーとスピードを生かした対人守備や、ビルドアップ能力にも長けるDFで、バルセロナやインテルの関心も伝えられてきた逸材だ。 2017.08.18 16:49 Fri
twitterfacebook
thumb

セルタのチリ代表MFディアスが契約解除…メキシコクラブに完全移籍

▽セルタは17日、チリ代表MFマルセロ・ディアス(30)との契約解除を発表した。また、リーガMX(メキシコ1部リーグ)のクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルが同日に獲得を発表した。 ▽ディアスはウニベルシダ・デ・チレでキャリアをスタート。2012年7月に海を渡りバーゼルに加入。2015年2月からはハンブルガーSVでプレーしていた。 ▽2016年1月にセルタへと加入すると、リーガエスパニョーラで40試合に出場し1ゴール3アシストを記録。2016-17シーズンもリーガエスパニョーラで26試合に出場し1ゴール2アシスト、コパ・デル・レイで8試合に出場し1ゴール、ヨーロッパリーグで5試合に出場していた。 ▽また、チリ代表としては2011年からプレー。これまで54キャップを記録し、今年6月に行われていたコンフェデレーションズカップにも出場していた。 2017.08.18 11:33 Fri
twitterfacebook
thumb

ハイバーニアンがシティのU-20イングランド代表FWバーカーをレンタルで獲得

▽スコットランド・プレミアリーグのハイバーニアンは17日、マンチェスター・シティのU-20イングランド代表FWブランドン・バーカー(20)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽バーカーはシティの下部組織出身で、ロザラムやNACなどへレンタル移籍を経験。2016-17シーズンはエールステ・ディビジ(オランダ2部)で22試合に出場し2ゴール1アシストを記録していた。 ▽また、世代別のイングランド代表を経験し、U-20イングランド代表としても6試合に出場している。 2017.08.18 11:10 Fri
twitterfacebook
thumb

柴崎ヘタフェ、レアル・マドリーからGKジャニェスを完全移籍で獲得! 今季は2部カディスにレンタル

▽ヘタフェは17日、レアル・マドリーからスペイン人GKルベン・ジャニェス(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの4年となるが、今季はセグンダA(スペイン2部)のカディスにレンタル移籍する。 ▽2010年にジローナからレアル・マドリーの下部組織に加入したジャニェスは、レアル・マドリー・カスティージャなどで正GKを務めてきた。だが、トップチームでの出場は昨年11月に行われたコパ・デル・レイ、レオネッサ戦で途中出場した1試合のみとなっていた。 ▽また、マドリーは新シーズンからジネディーヌ・ジダン監督の実子であるフランス人GKルカ・ジダンを第3GKに据える考えを持っており、ジャニェスは7年を過ごしたクラブを去る決断をした。 2017.08.18 02:18 Fri
twitterfacebook
thumb

ボローニャ、インテル退団のFWパラシオが加入!

▽ボローニャは17日、昨季限りでインテルを退団した元アルゼンチン代表FWロドリゴ・パラシオ(35)の加入を発表した。契約期間などに関する詳細は明かされていない。 ▽5年間を過ごしたインテルを去り、ボローニャ加入を決めたパラシオは、クラブ公式チャンネルで新天地での意気込みを語った。 「ここに来ることができて幸せだよ。できれば、ここで素晴らしいシーズンを送りたい」 「正直、この街に関して多くのことを知らないけど、周りからは素晴らしいことばかりを聞いている。だけど、このトレーニング施設には本当に感動したよ」 「僕はちょうど7年前のジェノア時代にデストロと一緒にプレーしたことがあるんだ。当時はとても若く才能に溢れたイタリア人ストライカーだった。現在、彼はボローニャの中心選手だし、多くのゴールを決めてくれると信じている」 ▽母国の名門ボカ・ジュニアーズで台頭したパラシオは2009年にジェノアに加入し、イタリアでのキャリアをスタート。その後、2012年に加入したインテルでは、公式戦196試合に出場し60ゴールを記録した。昨シーズンは公式戦20試合に出場し、2ゴール3アシストの数字を残していた。 2017.08.18 01:23 Fri
twitterfacebook
thumb

バルサ黄金時代の守護神ビクトール・バルデスが現役引退! TV製作会社設立でセカンドキャリアもスタート

▽バルセロナで活躍した元スペイン代表GKビクトール・バルデス(35)が現役引退の意向を表明した。イギリス『FourFourTwo』など複数メディアが伝えた。 ▽『FourFourTwo』の伝えるところによれば、昨季終了後にミドルズブラとの契約を解消したバルデスには、ベティスやデポルティボ、ラス・パルマスといった母国スペインのクラブ、スポルティング・リスボンからオファーが届いていたものの、現役引退を決意した同選手はいずれのオファーも固辞したという。 ▽そして、現在は2人のパートナーと共同で設立したテレビ製作会社『Crazy4fun』の共同経営者となったバルデスは、バルセロナとアブダビ、ロンドンに拠点を置く同会社の代表として、新たなセカンドキャリアを歩むことになった。 ▽なお、同社の提案したテレビ番組は、すでに世界12カ国に販売され、放送されているという。 ▽バルセロナ下部組織出身のバルデスは、2002年にトップチームデビュー。2003-04シーズンから正守護神の座を掴むと、以降10シーズンに渡ってカタルーニャの名門のゴールマウスを守り続けた。この間に6度のリーガエスパニョーラ制覇、3度のチャンピオンズリーグ制覇、2度のFIFAクラブワールドカップ制覇など、獲得可能な有力タイトルをほぼすべて獲得してきた。 ▽また、2010年にデビューを飾ったスペイン代表ではGKイケル・カシージャスらのバックアッパーの位置付けだったものの、2010年南アフリカ・ワールドカップ、ユーロ2012で優勝を経験していた。 ▽2014年に愛するバルセロナを去ったバルデスは、2015年に恩師ルイス・ファン・ハール監督が率いたマンチェスター・ユナイテッドに加入も、指揮官との衝突により飼い殺しの状態が続き、2016年1月にはスタンダール・リエージュにレンタル移籍。その翌シーズンにはミドルズブラに完全移籍で加入も、昨シーズン終了後に契約を解消していた。 2017.08.18 00:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ボルシアMGがアウグスブルクからパラグアイ代表FWボバディージャ獲得! 5年ぶりの古巣復帰に

▽ボルシアMGは17日、アウグスブルクからパラグアイ代表FWラウール・ボバディージャ(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2019年6月30日までの2年となる。 ▽パラグアイ人両親の下、アルゼンチンで生まれ育ったボバディージャは、これまでグラスホッパーやヤング・ボーイズ、バーゼルといったスイスのクラブで活躍。2013年に加入したアウグスブルクでは、ここまでリーグ戦94試合に出し、21ゴール10アシストを記録していた。 ▽本職のセンターフォワードに加え、左右のウイングでもプレー可能なボバディージャは、分厚い筋肉を身に纏い、181cmという数字以上の存在感を誇り、決定力に課題はあるものの、推進力やチャンスメークの部分で頼りになる存在だ。 ▽なお、ボルシアMGには2009年夏から2012年冬まで在籍しており、5年ぶりの古巣復帰となった。 2017.08.18 00:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ボーンマスのコートジボワール代表FWグラデル、トゥールーズへレンタル移籍

▽ボーンマスは16日、コートジボワール代表FWマックス・グラデル(29)がトゥールーズへレンタル移籍することを発表した。期間は1年間となっている。 ▽2015年夏にサンテチェンヌからボーンマスに加入したウイングを本職とするグラデルは、加入当初に右ヒザ前十字靭帯の大ケガを負った。在籍2シーズンで公式戦62試合に出場して11ゴール4アシストをマークしていたが、2016-17シーズンはプレミアリーグ11試合の出場でノーゴールに終わっていた。 ▽コートジボワール代表としてはこれまで55試合に出場して9ゴールを記録している。 2017.08.17 07:48 Thu
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼ、ワトフォードからスイス代表MFベーラミを獲得

▽ウディネーゼは16日、ワトフォードのスイス代表MFヴァロン・ベーラミ(32)を獲得したことを発表した。移籍金は発表されておらず、契約期間は2019年6月までの2年間でオプションで1年延長される契約となっているとのことだ。 ▽ジェノアやラツィオ、フィオレンティーナにナポリといったセリエAのクラブでキャリアを積んできたハードワークが売りの守備的MFであるベーラミは、2015年夏にハンブルガーSVからワトフォードへ移籍。在籍2年間で公式戦49試合に出場していた。 ▽スイス代表としてはこれまで74試合に出場して2ゴールを記録している。 2017.08.17 07:28 Thu
twitterfacebook
thumb

シャフタールのウクライナ代表DFクチェルがカイセリシュポルに移籍

▽トルコ・スーパーリーグのカイセリシュポルは16日、シャフタールのウクライナ代表DFオレクサンデル・クチェル(34)を獲得したことを発表した。契約期間は1年で、オプションで1年更新となるとのことだ。 ▽2006年にメタリストからシャフタールに加入したクチェルは、シャフタール不動のセンターバックとして公式戦176試合に出場して9ゴールを記録。2016-17シーズンもウクライナリ-グで22試合に出場していた。 ▽ウクライナ代表としては56試合に出場して2ゴールを決めている。 2017.08.17 06:40 Thu
twitterfacebook
thumb

シメオネJrがフィオレンティーナに加入、移籍金は19億円+ボーナス4億円

▽フィオレンティーナは16日、ジェノアのU-23アルゼンチン代表FWジョバンニ・シメオネ(22)を獲得したことを発表した。 ▽移籍金はイタリア『トゥット・スポルト』によれば1500万ユーロ(約19億4000万円)+ボーナスで300万ユーロ(約3億9000万円)とのことだ。契約期間は2022年6月までの5年間となっている。 ▽アトレティコ・マドリーで指揮を執るディエゴ・シメオネ監督の息子であるジョバンニはリーベル・プレート出身のストライカー。バンフィエルドへのレンタル移籍を経て、2016年夏にジェノアへ完全移籍していた。そして、欧州初挑戦となった2016-17シーズン、セリエAで35試合に出場して12ゴールと活躍していた。 ▽世代別のアルゼンチン代表としては2016年リオデジャネイロ・オリンピックのU-23メンバーに選出されていた。 2017.08.17 06:19 Thu
twitterfacebook
thumb

エバートンがシグルドソンの獲得を発表、移籍金は今夏のクラブレコードを更新する64億円

▽エバートンは16日、スウォンジー・シティのアイスランド代表MFギルフィ・シグルドソン(27)を獲得したことを発表した。 ▽イギリス『スカイ・スポーツ』によれば移籍金は4500万ポンド(約64億円)で、今夏にバーンリーから獲得したイングランド代表DFマイケル・キーンを獲得する際に支払った3000万ポンド(約44億円)を上回り、クラブレコードを更新したとのことだ。なお、シグルドソンとは2022年6月30日までの5年契約を締結している。 ▽2014年夏にトッテナムからスウォンジーに復帰したプレミアリーグ屈指の攻撃的MFとして知られるシグルドソンは2016-17シーズン、公式戦40試合に出場して10ゴール13アシストを記録していた。 ▽そのシグルドソンはエバートンの公式サイトで次のように加入の喜びを語っている。 「エバートンは野心的なクラブで良い方向に進んでいる。結果も出ているし、順位表の上に位置するクラブだ。自分としてはできるだけ多くのゴールを奪い、できるだけ多くのチャンスを生み出したいと思っている」 2017.08.17 04:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマFWサディクがトリノへ買い取りOP付きレンタル移籍

▽ローマは16日、U-23ナイジェリア代表FWサディク・ウマール(20)がトリノへ買い取りオプション付きのレンタルで移籍したことを発表した。期間は1年間となっている。 ▽192cmの長身ストライカーであるサディクは、2015年にローマに加入。2015-16シーズンはセリエAで6試合に出場して2ゴールを記録。2016-17シーズンはボローニャにレンタル移籍し、セリエAで7試合に出場してノーゴールに終わっていた。 ▽今夏のプレシーズンではパリ・サンジェルマン相手にゴールを決めていた。 2017.08.17 01:43 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプール、U-20イングランド代表FWオジョがフルアムにレンタル移籍!

▽リバプールは16日、U-20イングランド代表FWセイ・オジョ(20)がチャンピオンシップ(イングランド2部)のフルアムに1年間のレンタル移籍で加入することを発表した。 ▽リバプールの下部組織出身の左利きのウイングプレーヤーのオジョは、2015-16シーズンにトップチームデビュー。同シーズンには公式戦11試合に出場し1ゴールを記録するなど、その才能の片鱗を披露した。 ▽さらに、これまでウィガンやウォルバーハンプトンへのレンタル移籍しており、チャンピオンシップでのプレー経験も持っている。 ▽また、今年行われたFIFA U-20ワールドカップではU-20イングランド代表の一員として初優勝に貢献していた。 2017.08.17 00:01 Thu
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング