超ワールドサッカー

コラム

thumb

【原ゆみこのマドリッド】どこもかしこも祝っている…

▽「最高のフィエスタだったはずなのに」そんな風に私がモヤモヤしていたのは月曜日、前夜は眠りかけでTVを見ていたため、詳細までは把握していなかったレアル・マドリー、リーガV祝勝イベントの風景がお昼のニュースで流れた時のことでした。いやあ、近所のバル(スペインの喫茶店兼バー)にたどり着くと、すでにマラガ戦は後半が始まるところ。さすが、優勝決定戦とあって、いつもよりファンの数も多く、そんな時間からでは椅子もなくて、45分間、立ち見をした後にだけだったため、シベレス広場へ駆けつけるなんて選択肢は最初から、私にはなかったんですけどね。 ▽どうやら噴水を囲むキャットウォークでマイクを握って騒いでいたマドリーの選手から、「Pique, cabron. saluda al campeon!/ピケ・カブロン、サルーダ・アル・カンペオン(ピケ、クソ野郎、チャンピンに挨拶しろ)」なんていうのは、6月のスペイン代表戦で他にもイニエスタ、ブスケツ、ジョルディ・アルバと仲間の多い当人と顔を合わすことになるカルバハルが、ラス・ロサス(マドリッド近郊)での合宿で居心地悪くなってもそれは自業自得。実際、件のバルサのCBは以前から、マドリーに対してあれこれ言っていたため、広場を埋め尽くしたファンも喜んで唱和していた気持ちもわかりますけどね。 ▽最悪だったのは、「Indios, decidme que se siente.../インディオス、デシッドメ・ケ・セ・シエンテス(アトレティコ共、何を感じるか言ってみろ)」と、この後、2度も決勝に負けて云々と続く、今季のCL準決勝1stレグでサンティアゴ・ベルナベウに広げられた横断幕の元になったカンティコ(節のついたシュプレヒコール)を歌い出したのには目が点に。うーん、これはイスコだったんですが、人間、ハイになると、ここまでひどいことを言えるもの?何せ、ラ・ロサレダ(マラガのホーム)のピッチでのお祝いではよちよち歩きの息子さんを連れ、思いっきりイクメンぶりを発揮していた彼ですからね。そんなシーンを見ると、ちょっと残念なパパでお子さんも可哀想にと思ってしまうんですが…。 ▽いやまあ、それについてはアトレティコのセレソ会長など、「No molesta, a ver quien gana el proximo ano.../ノー・メ・モレスタ、ア・ベル・キエン・ガナ・エル・プロキシモ・アーニョ(迷惑ではない。来季はどこが優勝するか見てみよう)」と余裕たっぷりで答えていましたしね。今回もサウルはU21だけで、A代表1人参加となったコケがセルヒオ・ラモスを始め、ナチョ、アセンシオ、モラタ、そしてカルバルとイスコという、最大集団のマドリー勢に抗議するなんて所詮、不可能ですので、別にいいんですが、実は私も先週末はフィエスタづくしの2日間に。そう、土曜はマハダオンダ(マドリッドの近郊)のアトレティコ練習場に女子チームの応援に行ったところ、これがまた、いつもは男子チームがセッションに使っているミニスタジアムが満員の盛況。 ▽女子選手たちもレアル・ソシエダ相手に前半12分までに2点を決める速攻を見せ、いえ、15分に見事なvaselina(バセリーナ/ループシュート)で1点を返された時にはヒヤリとさせられたんですけどね。後半も9番をつけたエステルが何度も敵GKとの1対1に失敗していたため、そんなところは男子チームといい勝負とも思ったものの、大丈夫。ビセンテ・カルデロンでの練習を終え、息子のラウタロウ君を連れて駆けつけたヒメネスも見守る前でアトレティコ女子は2-1で勝利。同じ勝ち点だったバルサがレバンテに同スコアで負けたのもあって、堂々、今季無敗という立派な成績でリーガ初優勝を飾ることに。 ▽試合後にはスピーカーに呼ばれて選手1人1人がピッチに登場するお祝いセレモニーもあって、もちろん男子チームみたいに華々しくはないんですけどね。これで来季の女子CL出場権を勝ち取っただけでなく、この先にはコパ・デ・レイナ(女王杯)も控えているため、もしかして男子も1996年に1度しか達成したことのないdoblete(ドブレテ/2冠)も夢じゃない?それどころか、奇しくもお隣さんには女子チームがないため、悲願のCL優勝まで先を越されてしまうことになったりしたら…。 ▽まあ、その辺は置いておいて、夕方にはブタルケへ向かった私はマドリッドの新弟分、レガネスの1部残留祝いを体験できることに。ええ、すでに目標は前節にアスレティックと引き分けて達成していたため、その日のアラベス戦はセレモニーの前座みたいでしたけどね。後半クルスティチッチのヘッドで先制されながら、残り3分にティモルの驚愕25メートル弾が生まれ、試合も1-1で引き分けています。満員のスタンドに見守られてのお祝いでは、センターサークルを取り巻く青と白の風船や紙吹雪のジェット噴射などもあって、やはり20クラブ中、最低予算であってもそこは1部の男子クラブ。そういえば、今は昇格プレーオフの座を目指している2部のヘタフェも最初のシーズンはこんな風に残留を祝ったものだったと、私も懐かしく思い出してしまいましたっけ。 ▽ただ、レガネスの本当の戦いは来季からで、何せ今季は残留ラインとなったスポルティングが勝ち点31。その1つ上の17位で終わった彼らも35留まりでしたからね。しかもその日、胴上げされていたビクトル・ディアス、アルベルト・マルティンら、3年前、2部B時代から貢献してきたベテランが退団。その他、レンタル選手も多いため、計12人もの入れ替えになるかもしれず、またしてもアシエル・ガリターノ監督がチームを最初から作らないといけないのは辛いところかと。それにまだ1部2年目ですから、あまり心配しなくてもいいものの、今季のようにホームでたった5勝しかできなかったりすると、いずれはヘタフェみたいにサポーターの足が遠のく可能性もありますからね。この夏はできるだけ使える選手を集めて、チームとしても何か特徴を出せるようになるといいのですが。 ▽そして翌日曜はキックオフ前、4万枚のモザイクでスタンドが覆われたビセンテ・カルデロンに私はいたんですが、アトレティコもすでに3位決定済みの消化試合。相手はヨーロッパリーグ出場圏順位の懸かっているアスレティックとあって、お祝い事があるたび、ズッコケてきた彼らの暗い過去をちょっと懸念していたんですが、それは杞憂に終わります。ええ、その日は今のアトレティコのメンバーの中でもひと際、このスタジアムに愛着を持つフェルナンド・トーレスが序盤から発奮。7分には、個人としてもお別れ試合となり、ガビの代わりにキャプテンマークを着けたチアゴのロングパスをグリースマンがエリア内で落としたボールを決め、先制点をゲットしてくれたから、どんなにファンたちも喜んだことか。 ▽おまけにその2分後、今度はグリースマン、コケとエリア内でのプレーが繋がって、最後はトーレスが半chilena(チレナ/オーバーヘッドシュート)で2点目となれば、いやあ、こんな活躍ぶり、マドリーとのCL準決勝で見たかったと思ってしまうのは私の性格が悪いせい?その後はフィリペ・ルイスとヒメネスの累積警告、ゴディンの3試合出場停止、ファンフラン、ベルサリコの負傷でDF飢饉に陥りながら、急造SBのトマスとサウルも頑張り、アスレティックを零点に抑えていたため、スタンドも歴代選手の応援歌を次々披露したり、Ola(オラ/ウェーブ)をして楽しんでいたんですが、後半11分、せっかくトーレスがGKケパをかわし、撃ったシュートはライン上でラポルテに当たってすぐにはゴールに入らず。それを見て、グリースマンがカッコをつけたtaconazo(タコナソ/ヒールキック)で押し込んだところ、オフサイドとなってしまったのは残念だったかと。 ▽トーレスもこれまで達成したことのなかったカルデロンでのハットトリックを逃したことになりますが、ツイてないことは続いて、25分にはウィリアムスのシュートがサビッチに当たってゴールを割り、1点を返されてしまうことに。それでも終盤に大きな拍手を受けて交代となったチアゴの後を引き継いだコレアが42分、グリースマンの弾かれたシュートを決めて、アトレティコは3-1で勝利することができました。うーん、同時進行の試合では終了間際にソシエダがセルタ相手に2-2の引き分けに持ち込み、その勝ち点1のせいで、アスレティックは今週土曜のコパ・デル・レイ決勝でアラベスがバルサに負けない限り、来季のELには行けない7位になってしまったんですけどね。まあこの日はカルデロン最後の公式戦、「ファンに今季のお礼を言いたかった。Ha sido increible, sobre todo en la derrota/ア・シードー・インクレイブレ、ソブレ・トードー・エン・ラ・デロータ(信じられない程だったよ。特に負けた時)」(トーレス)というアトレティコの選手たちの感謝の気持ちの方が強かったようです。 ▽そして前日、リーガ優勝を決めた女子チームを男子チームが花道を作って迎え、彼女たちがピッチを一周している間に舞台が整えられると、いよいよセレモニーが始まります。まずはこのカルデロンでの51年間にアトレティコが獲得したトロフィーを当時の選手たちが中央に運んで来るんですが、1つ気づいたのは1996年の2冠の後は時代がいきなり飛んで、次は2010年のELだったこと。ええ、それまでは監督として知っている中高年ばかりが出てきていたのも、そこからはペレア、アスンソン、アントニオ・ロペス、シモン、ドミンゲスといった比較的近くに引退した元選手となり、その後はフィリペ・ルイスやゴディン、コケ、ガビといった今のメンバーも加わって、最後は2014年のリーガとスペイン・スーパーカップで終わります。 ▽うーん、この14年間の空白期間も気になりますが、そこにorejona(オレホナ/大きな耳というCLトロフィーの愛称)が1つもないのは寂しい限り。いえ、お隣さんのようにリーガだけで33回も優勝していたら、一晩かかっても運びきれなくて困りますけどね。その日、展示されたのはリーガ、コパ、旧CLで優勝したバイエルンが辞退したため、準優勝のアトレティコが参加して勝ったインテルコンティネンタル(トヨタカップ)、EL、スーパーのつく大会合わせて19個。マイクを握ったシメオネ監督も「記者たちはずっと続投するのかと尋ねていたが、Si, me voy a quedar/シー、メ・ボイ・ア・ケダール(私は残る)。このクラブには未来があり、それは私たち全員だからだ」と、ファンの前で宣言してくれていましたし、このトロフィーの数、来季からプレーするワンダ・メトロポリターノでどんどん増やしていってくれませんかね。 ▽え、最後に残りの現チームメンバーが出て来た時、ファンの「madridista el que no bote/マドリディスタ・エル・ケ・ノー・ボテ(跳ねないのはマドリディスタ)」というカンティコに乗って、やたらピョンピョンしていたグリースマンはちょっと異様じゃなかったかって?そうですね、私も目を丸くして眺めていた口ですが、月曜には当人がフランスのTV番組に出て、「来季マンチェスター・ユナイテッドに行く確率は10のうち6」なんて答えていたりもして、何を考えているかはさっぱりわからず。ええ、6月に出るCAS(国際スポーツ仲裁裁判所)の裁定でFIFAの選手の新規登録禁止処分が解けるか解けないかに関わらず、彼の残留はクラブの最優先目標になっているはずなんですけどね。試合後にもあんなに元気だったにも関わらず、もしやグリースマンもアルダ・トゥラン(現バルサ)のように走りすぎてイヤになったとか? ▽トーレスに関してはシメオネ監督直々、「Fernando, cuento contigo/フェルナンドー、クエントー・コンティーゴ(フェルナンド、君をアテにしている)」と本人にお達しがあり、夏の補強が可能になれば、新規FWを2人獲りたいという意向があるため、中心的役割を与えられるかはともかく、来季もアトレティコでプレーできるようですけどね。その辺はまた、お伝えてしていくことにして、今はマドリーの優勝決定試合に話を進めないと。いえ、試合後しばらくカルデロンに残っていた私はミックスゾーンで、マラガ戦開始2分、これまた最近、ローテーションのおかげで若返り著しいクリスチアーノ・ロナウドがイスコからスルーパスを受け、先制点を決めたことを知ったんですけどね。 ▽並行して進むカンプ・ノウではエイバルの乾貴士選手が前半に2ゴールを挙げ、バルサから2得点した初めての日本人選手になったこともラジオで聞いていたんですが、ようやくバルで見られた後半10分にはCKからラモスのシュートは弾かれながら、最後はベンゼマが決めて、マドリーはリードを2点に拡大。それからバルサのremontada(レモンターダ/逆転劇)もあって、2位のライバルも4-2で勝利したものの、元々、勝ち点1さえあれば良かった彼らですからね。0-2で終わって、あっさりリーガ優勝が決まりましたっけ。 ▽そして家でTVを見ながら待つこと数時間、メデタイ優勝インタビューなのにロナウドが前節のセルタ戦で、相手の選手たちに「Maltin, maletin!/マレティン(勝利によってもらえる第3者からのボーナスの隠語)」と毒づいていたことを尋ねられ、「La gente no sabe la realidad de las cosas y hablan de mi como si fuera un delincuente/ラ・ヘンテ・ノー・サベ・ラ・レアリダッド・デ・ラス・コーサス・イ・アブラン・デ・ミー・コモ・シー・フエラ・ウン・デリクエンテ(人々は物事の真実を知らないのにまるで自分を犯罪者のように話す)」と怒りをぶちまけているシーンなども眺めていたんですが、その頃からでしょうか。地鳴りのように響く音楽が私の住んでいるピソ(マンション)に届き出したのは! ▽何と結構、距離はあるはずなのに、それってシベレス広場で始まった祝勝イベントの音楽だったんですよ!うーん、ラ・ロサレダのロッカールームでのお祝い終え、飛行機に乗ったチームがマドリッドに到着したのは午前2時頃。サンティアゴ・ベルナベウでオープンデッキバスに乗り換え、数万人のファンの待つ会場に着いたのはそれから30分程してからで、最後にキャプテンのラモスとマルセロが女神像にマドリーの旗とマフラーを巻き付け、バスで去っていったのは午前3時…いえ、マドリーがバルサを抑えて5年ぶりのリーガ優勝を遂げたのは嬉しいんですけどね。結局、翌日は働かないといけない月曜なのに私がずっとTVを見ていたのは、コンサートのような騒音で眠れなかったからというオチでした。【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している 2017.05.23 11:00 Tue
twitterfacebook
thumb

【原ゆみこのマドリッド】多分、優勝できると思うけど…

▽「リーガが終わってからが長いわね」カレンダーを見ながら私が溜息をついていたのは金曜日、レアル・マドリーではCL決勝チケットのソシオ(協賛会員)割り当て抽選があったりしたものの、試合まであと2週間も待たないといけないと気づいた時のことでした。いえ、この水曜にラツィオを下し、コッパ・イタリア優勝を果たした相手のユベントスの選手たちなどはロッカールーム内でのお祝いで、「Que vamos a Cardiff/ケ・バモス・ア・カーディフ(カーディフに行くぞ)」と早くも歌っていたようなんですけどね。それがスペイン語だったのはイグアインやディバラらアルゼンチン出身の選手や、リーガ歴の長いダニエウ・アウベスのせいということで納得ですが、実は彼らはまだ、セリエA優勝が決まっておらず。 ▽もちろん前節、2位のローマに返り討ちに遭い、せっかくのチャンスを逃したとはいえ、勝ち点差は4もありますから、断然有利なのは間違いないですが、この日曜のクロトーネ戦でも決まらなかった時は要注意。何せ3年前、最終節でバルサと引き分け、ようやくの思いでリーガ優勝を決めたアトレティコなど、その後のお祝い行事疲れも相まって、1週間後のCL決勝はロスタイムにセルヒオ・ラモスに奇跡の同点弾を喰らい、延長戦で3点も取られちゃいましたからね。ユーベも来週末のボローニャ戦まで優勝を持ち越すことになると、カーディフでの決勝が大変なことになりかねませんが、ファン的にはその方が緊張感も持続して楽しかったりする? ▽まあ、その辺は今回、優勝すればリーグ6連勝という恐ろしい記録になるイタリアのチームですから、余裕を持って受け止めているとは思いますが、意外なことにリーガのタイトルからはもう、5年も遠ざかっていたというマドリーの話を今はしないと。このミッドウィークは彼らだけ、2月に順延になったセルタ戦に挑んだんですが、やっぱりローテーションで選手が交代で出ているチームは元気があって本当に羨ましい。いえ、セルタも先週、ヨーロッパリーグ準決勝でマンチェスター・ユナイテッドに負けるまで、平日はベストメンバー、週末は控え中心という起用方針だったんですけどね。 ▽片や2月のコパ・デル・レイ準決勝に続き、クラブ史上初の決勝進出の夢破れたばかり、その間にリーガでも5連敗と失速しているチームと、宿命のライバル、バルサが時々、3冠(CL、リーガ、コパ・デル・レイ)を達成しているのと比べると気が引けますが、1958年以来の2冠(CL、リーガ)まであと一歩と迫り、ノリに乗っているチームではああいう結果になったのも当然だったかと。 ▽そう、最近では珍しくクリスチアーノ・ロナウドが2試合連続出場したマドリーは、イスコも「Cristiano ha llegado al final de temporada como un avion/クリスティアーノ・ア・ジェガードー・アル・フィナル・デ・テンポラーダ・コノ・ウン・アビオン(クリスチアーノはシーズン終盤にまるで飛行機のような勢いで着いた)。でも、彼だけじゃなく、ボクら皆、飛行機みたいだよ」と言っていた通り、開始9分には後者のパスから前者が左足で決めて早くも先制。前半はその1点止まりでしたが、ハーフタイムで休憩したすぐ後にもカウンターで抜け出したイスコが再びスルーパス。これもロナウドが決めて2点差になった上、後半16分にはセルタのエース、イアゴ・アスパスが2枚目のイエローカードをもらって退場になってしまったから、もう勝負は決まったと思ったところ…。 ▽え、前半のアスパスのイエローカードはバランの手にボールが当たったにも関わらず、審判がハンドを取らなかったことに抗議したせいで、2枚目もエリア内でラモスに倒されながら、piscinazo(ピシナソ/ダイブ)と判断されて出されたものって、ちょっとひどくないかって?うーん、確かにその1分後にはロナウドが同じようなプレーでペナルティはもらえず、かといって、当人にカードも出されなかったため、その日、ベリッソ監督が処分でベンチに入れず、セルタの指揮を執っていたマルクッチ第2監督も猛抗議。おかげで彼まで退場になってしまいましたが、何せロナウドが警告を受けていたら、累積で最終節に出られなくなってしまいますからね。 ▽そういう意味ではマドリーもラッキーだったんですが、まさか23分にはグィディッティのシュートがラモスに当たってゴールに入り、1点差に迫られてしまうとは!でも大丈夫ですよ。というのも、その1分後にはマルセロのパスをベンゼマがゴール前から押し込んで、スコアが1-3になったからで、終盤にはファールを受けたラモスがパブロ・エルナンデスと揉めていたりもしたんですけどね。後でジダン監督も「un poco cansado porque aunque no juego tengo tension como todos/ウン・ポコ・カンサードー・ポルケ・アウンケ・ノー・フエゴ・テンゴ・テンシオン・コモ・トードス(プレーはしなくても自分も皆同様、緊張していたから、ちょっと疲れた)」と言っていましたが、42分にもクロースが決め、最後は1-4という余裕のあるスコアで勝つことができましたっけ。 ▽この結果、いよいよマドリーは順位表でバルサの下に居ることを止め、勝ち点3差をつけて堂々首位に復帰。つまり、日曜午後8時(日本時間翌午前3時)に揃ってキックオフする最終節で、バルサがエイバルに勝ち、マドリーがマラガに負けた場合のみ、シベレス広場でのお祝いが見られないことになります。そんな状況だからでしょうか、ルイス・エンリケ監督は月火水と3日も練習をお休みにして、MSN(メッシ、ルイス・スアレス、ネイマールの頭文字)もバルセロナ市内にオープンした高級ブランドシューズショップのイベントに夫人同伴で駆けつけていた姿の方が今週は印象に残っているんですが、マラガにもバルサ育ちで「Si marco y le doy la Liga... ojala se de/シー・マルコ・イ・レ・ドイ・ラ・リーガ…オハラ・セ・デ(もし自分がゴールを決めて、リーガ優勝を贈ってあげられたら…そうなってくれますように)」なんて言っているサンドロのような選手もいますからね。マドリーも油断は大敵かと。 ▽ただその一方で、ここ4勝1分けとマラガのシーズン終盤の快進撃を演出したものの、ミチェル監督はマドリーのカンテラ(ユース組織)育ち、1980~90年代に活躍した古巣だけに手心を加えるんじゃないかなんて言う、口の悪い人もいますが、こういうのはプロとしてのプライドの問題ですからね。クラブも11位で終わるのと、今同じ勝ち点のバレンシアに抜かれて12位になるのでは、TV放映権収入が100万ユーロ(約1憶3000万円)も違うそうですし、同時にマドリーが優勝すると3シーズン前に売却したイスコのオプションボーナスでやはり100万ユーロがもらえることに。となれば、結論としては来季、マラガに移籍すると言われているミチェル監督の息子さん、エイバルのアドリアンや乾貴士選手のカンプ・ノウでの好パフォーマンスを期待しつつ、ここ立て続けに引退を表明したデミチェリス、ウェエリグトン、ドゥーダらを勝利で見送れるよう、ミチェル監督も頑張ってくれるんじゃないですか。 ▽え、今週前半3日間、練習しなかったのはアトレティコも同じじゃないかって? いやあ、彼らの場合、もう目標である来季CLグループリーグに出られる3位が前節に確定していますからね。ようやくマハダオンダ(マドリッド近郊)の施設に出て来たと思った木曜もセッション後、チーム全員揃って、完成間近のワンダ・メトロポリターノを見学に行く始末。それから経営陣も加わって、シーズン終了ご苦労さんランチ会って、いや、まだ日曜午後4時15分(日本時間翌午前1時15分)からビセンテ・カルデロンと今生の別れをする大事な試合が残っているんですけどね。おまけにそのアスレティック戦ではゴディン、ヒメネス、フェリペ・ルイスが出場停止、更にファンフランやベルサリコら負傷したままシーズンを終える選手もいるため、フィールドプレーヤーが14人しかいないって、まったく最後まで苦労の尽きないチームです。 ▽そのせいもあってなんですが、今週出て来た彼らの話題はもう来季を見据えてのものが多くて、ラジオのインタビューを受けていたグリースマンからは、「Me encanta Cavani, seria un fichaje top/メ・エンカンタ・カバーニ、セリア・ウン・フィチャヘ・トップ(自分はカバーニが大好き、最高の補強になるね)。ウルグアイ人だから、どんなボールでも全力で行くよ」と、マテ茶を一緒に楽しめる未来の前線のパートナーに夢を馳せるコメントも。とはいえ、現段階ではPSGのエースよりも、オリンピック・リヨンのフランス人FW、ラガゼットの方が確立的に高そうなマスコミの論調もチラホラ見かけます。 ▽逆にまだ契約延長が決まっていないフェルナンド・トーレスなどは、ALS(筋萎縮性側索硬化症)の友人を応援する本の発売プレゼンに出席した機会を利用して、「Todo el mundo sabe cual es mi deseo/トードー・エル・ムンド・サベ・クアル・エス・ミ・デセオ(誰もがボクの望みが何か知っている)。あと何年もこのユニフォームを着続けられたらいいね」と残留の意志をアピールしていましたが、これもどうなることやら。とにかく、万年3位止まりに満足せず、優勝を目指すチームになるためには得点力の高いFWの獲得が絶対必要なため、ガメイロやコレアを含め、この夏にはイロイロ、動きがあるかもしれませんね。 ▽そんな調子だったので、今週のアトレティコはスポーツ紙面でも主役をもっぱら女子チームに奪われがちで、いやあ、実は彼女たちの立場はお隣さんと近くて、男性陣の不甲斐なさをせせら笑うかのごとく、土曜のリーガ最終戦で2位のバルサと同じ結果を出せば優勝できる首位だったんですよ。その大一番、レアル・ソシエダ戦でビセンテ・カルデロンが使えず、マハダオンダのミニスタジアムになってしまったのは気の毒でしたけどね。タイトルを獲得できれば、日曜には男子チームの試合前にPasillo de Campeones/パシージョ・デ・カンペオーネス(チャンピオンの花道)で迎えてもらえるとなれば、一層やる気に拍車がかかるというものかと。 ▽そして前節、アスレティックと引き分け、見事に昇格1年目での1部残留を決定。おかげで相手がEL出場権をよりいい順位で確保するため、兄貴分との試合に真剣に挑まないといけない理由を作ってしまったレガネスは土曜にアラベスと最終節となるんですが、こちらはブタルケのサポーターのお祭りになるのは確かかと。昨季までの3シーズンで彼らを2部Bからステップアップ、1部でやっていけるまでに導いたアシエル・ガリターノ監督は、「La gente nos decia que ahora tocaba disfrutar, pero yo disfrute poco/ラ・ヘンテ・ノス・デシア・ケ・アオラ・トカバ・ディスフルタール、ペロ・ジョ・ディスフルテ・ポコ(人々は今度は自分たちが楽しむ番と言っていたが、私はほとんど楽しめなかった)」と今季の苦労を語っていたものの、この試合だけは心おきなく満喫できるのでは? ▽いえ、現在9位で8位のエイバルと同じ勝ち点のアラベスにはマラガ同様、バルサと戦う同じバスク地方のチーム仲間の最終節を利用して、1つでも順位を上げたいという思惑もあるようですけどね。向こうには来週土曜にコパ・デル・レイ決勝が控えているため、主力は温存するのではないかという読みもなきにしろあらず。マドリッドの3チームはそんな感じで、いよいよ今季が終わるリーガですが、去年のヘタフェやラージョのように最後の最後に降格なんて大ショックが待ち受けているのではなく、マドリーの優勝祝いが見られるかもしれないっていうのは、私も気が楽でいいですね。【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している 2017.05.20 08:48 Sat
twitterfacebook
thumb

【原ゆみこのマドリッド】優勝だけがまだ決まらない…

▽「まさかバックれたのでは」そんな風に私が呆れていたのは日曜。いよいよ残り2節となり、キックオフがunificacion/ウニフィカシオン(統一)されたカードが一斉に終わった時のことでした。いやあ、とりあえず、順位以上の物が懸かっていたため、この時間帯にプレーしたマドリッドの3クラブは一応、それぞれの目標を達成。これまでなら、サンチャアゴ・ベルナベウのスタンドでオンダ・マドリッド(ローカルラジオ局)の3元中継をドキドキして聴いたはずの私も今回はまだ、最終節という持ち札がありましたし、アトレティコもレガネスもあと勝ち点1で上がりとハードル的には低かったため、比較的、穏やかに過ごすことはできたんですけどね。 ▽それでも聞き捨てならなかったのは、ベニト・ビジャマリン(ベティスのホーム)で試合をしていたアトレティコがフェリペ・ルイスに続き、ヒメネスまでボールを手でシュートするという愚行を犯し、前半にイエローカードをゲット。これで切りよく両者共5枚目となり、今週末のリーガ最終戦、それも新スタジアムへ移転のため、51年の歴史にピリオドを打つビセンテ・カルデロン最後の公式戦で累積警告って、もう今季はリーガ終了後に何かの大会の決勝もありませんからね。一刻も早くバケーションに入りたい気持ちもわかりますが、折も折。ゴディンが3試合の出場停止で一足早くシーズンを終え、ファンフラン、ヴァルサリコもケガが治らないまま、トップチームのDFがサビッチとリュカだけって、まさか相手のアスレティックにgoleada(ゴレアダ/ゴールラッシュ)されるという結果になっても、優しいファンは拍手でお別れしてくれると思っている? ▽まあ、その辺はシメオネ監督が何とか辻褄を合わせてくれることを祈るしかありませんが、まずはその37節の試合がどうだったか、お伝えすることにしましょうか。私が見に行ったレアル・マドリーは、アトレティコとCLグループリーグ出場権をもらえる3位を争っているセビージャとの対戦だったんですが、ジダン監督は今回、ABチーム混合のメンバーをピッチに送り出すことに。それでモラタやハメス・ロドリゲス、アセンシオ、コバチッチらがクリスチアーノ・ロナウドをサポートするような形で先発したんですが、9分、意外にも先制点を挙げたのはこの日、マルセロの代理で左SBに入ったマルチDFナチョでした。 ▽キッカケはアセンシオが敵エリア前でファールを受けたことだったんですが、そこで目を離してしまったのは、「Nosotros queríamos ponernos en la barrera y creo que pedimos barrera al arbitro./ノソトオス・ケリアモス・ポネールノス・エンラ・バレラ・イ・クレオ・ケ・ペディモス・バレラ・アル・アルビトロ(ボクらは壁を作りたくて、審判に頼んだと思う)」(ヨベティッチ)というセビージャの選手たちも私も同じ。そこへアセンシオが敵に助けられてようやく立ち上がっているのを横目に、「He visto que todo el mundo estaba descolocado y ante esa indecisión he estado el más listo/エ・ビストー・ケ・トードー・エル・ムンドー・エスタバ・デスコロカードー・イ・アンテ・エサ・インデシシオン・エ・エスタードー・エル・マス・リストー(皆、まだ位置取りをしていなくて、決めかねていた状況で自分が一番、利口だった)」とナチョがさっさとFKを蹴り、ネットに入ったボールがゴールとして認められてしまったから、ビックリしたの何のって。 ▽いえ、もちろん油断したセビージャも悪いですし、障害物がないのにそんな距離からのシュートを外す選手もいるため、正確に決めたナチョは偉いんですけどね。それでも若干、天下のマドリーにしてはせこい感じが…。絶好のFKゴールのチャンスをフイにされたロナウドが怒ってないか心配されたんですが、大丈夫。23分にはハメスの一撃がGKセルヒオ・リコに弾かれたところを押し込んで、当人が2点目を入れてくれます。 ▽これで助かったのは後半早々、ヨベティッチがゴールを挙げ、相手が2-1と差を詰めてきたせいで、うーん、前半の彼は2度もゴール枠に阻まれたり、GKケイロル・ナバスに弾かれたりと、すでに得点していない方がおかしいくらいのノリでしたからね。今季1月からセビージャに加入、ここまで6ゴール、うちマドリー戦3試合で3点となると、まさに天敵と言っていいかと思いますが、きっとジダン監督もそれには同感だったんでしょう。60分に差し掛かるころにはハメスとモラタに代え、カセミロとルーカス・バスケスを投入。さらにはモドリッチも入れ、中盤をAチーム体制にして逃げ切りを図ることに。 ▽というか、実際カセミロが入ったことにより、結果的にマドリーはより攻撃の形が作れるようになったんですけどね。ええ、77分には自由に上がれるようになったクロースがエリア内から折り返したラストパスをロナウドが決めて3点目を奪うと、84分にもまるでデ・ジャブのように今度はナチョの折り返しからクロースがゴール。結局、最後は4-1と快勝したため、並行してプレーしていたバルサがネイマールのハットトリックなどで、奇しくも同じ1-4でラス・パルマスに勝っていたのにも煩わされることはなかったかと。 ▽おまけに彼らの次の試合はいよいよ、順延されていたセルタ戦で、ここで勝ち点を奪えば、しばらく直接対決の結果でバルサの後塵を拝していた状態を脱し、堂々、首位に返り咲けますからね。とりわけ現在、先週木曜にはマンチェスター・ユナイテッドを前にヨーロッパリーグで準決勝敗退したばかり。2月のコパ・デル・レイでも準決勝でアラベスに負け、コパ優勝=来季EL出場権獲得の目が無くなっていた上、EL優勝=来季CL出場権獲得に目がくらみ、このところ週末の試合を疎かにしていたツケが回って、日曜のアラベス戦も含めて5連敗と、リーガ順位でのEL出場チャンスからもすっかり遠ざかるという、尾羽打ち枯らしているチームが相手となれば、ローテーション政策のおかげで体力も十分なマドリーがどうして負けるはずがありましょう。 ▽え、そういうセルタを見ていると、同じダブル準決勝敗退だったアトレティコも非常に哀れに思えてこないかって? いやあ、ベティス戦後にコケが「Sólo nos han eliminado el Madrid en Champions y el Barcelona en Copa del Rey/ソロ・ノス・アン・エリミナードー・エル・マドリッド・エン・チャンピオンズ・イ・エル・バルセロナ・エン・コパ・デル・レイ(CLではマドリー、コパではバルサだけがウチを破ることができた)」と威張っていたのは、一番大事な問題から目をそらしているような気がしないでもないんですけどね。あと2試合の時点でビクトル・サンチェス監督からアレクシス・トルヒージョ監督に交代、最後のホームゲームでファンに報いたいと熱望していた相手から、形はともかく、何とか勝ち点1をもぎ取ったのは賞賛に値するかと。 ▽そう、後でシメオネ監督も「Había un cansancio tremendo en los futbolistas/アビア・ウン・カンサンシオ・トレメンドー・エン・ロス・フットボリスタス(選手たちは途方もなく疲労していた)」と言っていましたが、水曜のCL準決勝2ndレグで慣れないremontada(レモンターダ/逆転劇)を試みて、やっぱり柄じゃないことは叶わず。精神的ショックが大きい上、お隣さんと違って、ほぼ同じメンバーで戦ってきたため、さすがに体力自慢のアトレティコとはいえ、ここにきて限界が。そのため、試合はほぼベティスに攻められっぱなしとなり、挙句の果てに57分、セバジョにgolazo(ゴラソ/スーパーゴール)を決められてしまったんですが、この日はツキが味方してくれたんです! ▽66分、コケのFKを押し込んだサビッチはオフサイドの位置にいただけでなく、ボールが落ちる前、これもヒメネスに続いて意味がわかりませんが、ジャンプしたサウルが手で触っていたにも関わらず、1点としてスコアボードに挙がってくれたんですから、こんなにありがたいことがあっていい? その後、「sabíamos que el empate nos valía y hemos jugado con eso/サビアモス・ケ・エル・エンパテ・ノス・バリア・イ・エモス・フガードー・コン・エソ(引き分けでOKなのはわかっていたから、それ前提でプレーした)」(コケ)アトレティコはこの試合でサモラ(リーガで失点率が一番低いGKに与えられる賞)レースのトップに躍り出たオブラクの活躍もあり、そのまま1-1のドローをゲット。 ▽まあ、結局セビージャが負けたため、必要はなかった訳ですが、「今季は出足が悪く、10、11月には誰もがウチは順位争いから脱落したと思っていたのに、estamos llegando al final otra vez terceros/エスタモス・ジェガンドー・アル・フィナル・オトラ・ベス・テルセーロス(また最後に3位になった)」(シメオネ監督)のは素直に褒めてあげるべきかと。おかげで収容人数がアップしたワンダ・メトロポリターノで客入りの悪いELを戦うこともなく、華々しくお別れ試合をした後、恥を忍んで8月のCLプレーオフのためにビセンテ・カルデロンを使う必要もなく、ここ5年連続、ファンに9月からCLグループリーグを堪能してもらえますからね。 ▽となると、ここは私もすでにエアチケットも目を覆わんばかりに高騰、宿に至っては街が小さいため、カーディフ市内に取ることもできなくなっているというCL決勝に行くお金と手間を今年は節約できたといい方向に考えて、マドリッド南部から北東部にホームが移り、きっと風水的にも良くなっていると信じたい来季に期待するばかり。最後の気掛かりは日曜にはビジャレアル、レアル・ソシエダとEL圏内5~7位(ただし7位はコパでバルサが優勝した時のみ出場)の順位を争っているアスレティックと残念でない試合をしてくれるか、6月にFIFA処分がCAS(国際スポーツ仲裁裁判所)の裁定で解け、この夏にマドリーやバルサに対抗できる才能のある選手を補強、ローテーション可能に持っていけるかどうかですが…いや、これはまだ取らぬ狸の皮算用です。 ▽そして先週末、どこより頑張ってくれたのはレガネスで、ええ、その来週マドリッドに来るアスレティックから、相手のホーム、サン・マメスで引き分けを勝ち取ってしまったんですから、この新弟分、意外と見上げた根性をしているじゃないですか。いえ、ベルナベウに私がいた前半、アドゥリスに先制ゴールを奪われ、降格を争っているスポルティングがエイバルにリードしているという報が入って来た時にはちょっと心配になったんですけどね。後半16分にはシマノフスキがヘッドで同点とし、最後は1-1と、こちらもマストだった勝ち点1と獲得できることに。 ▽うーん、後でアシエル・ガリターノ監督などは「No me gusta festejar las permanencias, porque creo que hace más pequeños a los equipos/ノー・メ・グスタ・フェステハール・ラス・ペルマネンシアス、ポルケ・クレオ・ケ・アセ・マス・ペケーニョス・ア・ロス・エキポス(私は残留を祝うのは好きではない。チームをちっぽけにするから)」と、ちょっと恰好つけていましたけどね。実際、その虎の子の1点を守ろうと、終盤の彼らは何人もの選手がこむら返りを起こす程、必死でプレーしなければならなかったとなれば、本当に紙一重で降格を回避できたのかも。 ▽何せ、その日はビジャレアルとスコアレスドローに持ち込んだデポルティボも17位で残留を決めましたが、勝ち点33というのはいまだかつてない低い数字だそうですからね。16位のレガネスもそれより1つ多いだけと、決して自慢はできませんが、その日は勝ったにも関わらず、降格となってしまったスポルティングを反面教師として、来季はもっと早い段階から勝利を積み上げていくようにしてほしいものです。 ▽そんなレガネスは土曜に最終戦、アラベスをブタルケに迎えて残留決定祝いとなりますが、まず今週は水曜午後9時(日本時間翌午前4時)からのセルタvsマドリー戦に注目。故郷コロンビアのラジオではすでにマンチェスター・ユナイテッドと移籍で合意ができてきると報じられ、セビージャ戦でベルナベウのファンたちにお別れをしていたようだったハメスや、ジエゴ・コスタの後釜にとコンテ監督に乞われているというモラタなど、もうマドリーでは見納めになってしまう選手もいるかもしれませんし、幸い他の試合もないですしね。どう転んでも優勝は日曜のマラガ戦を待たないことには決まらないとはいえ、久々に私も心おきなくマドリーを応援できるのは嬉しいですね。【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している 2017.05.16 16:39 Tue
twitterfacebook
thumb

【原ゆみこのマドリッド】信念だけでは足りない…

▽「器物破損罪って、スペインにはないのかな」法律に疎い私がそんな風に首を捻っていたのは金曜。ビセンテ・カルデロンで最後のヨーロッパの大会の試合となったCL準決勝2ndレグでスタンドのシートを引き剥がし、持って帰ったアトレティコファンが部屋に飾った戦利品をTVで自慢しているのを見た時のことでした。いやあ、AS(スポーツ紙)などには、試合終了間際に突如として降り始めた大雨に、とりわけ500席程が被害にあったfondo sur(フォンド・スール/南側ゴール裏席)では備えのなかったファンが傘替わりに利用。その場を動かず、応援を続けていたなんて美談的に書いてあったものの、まあ、その日はパソコンを持っていたため、とてもじゃないけどタイムアップの笛が鳴るまで待っていられず、プレスルームに逃げ込んでしまった自分ですから、気持ちはわからなくもないんですけどね。 ▽今季でお役御免となるスタジアムの思い出にそのままシートをお持ち帰りしようとしたファンの大多数は出口で係員に没収され、ほとんどは内部に留まったとも聞いていますが…。いや、ちょっと待って! 私が非力なせいもあるものの、まずはどうして、あのしっかり固定されている席を外してやろうなんて発想が出てくる? その昔、今季は2部で昇格プレーオフを目指して戦っているマドリッドの弟分、ヘタフェがUEFAカップで、GKオリバー・カーンも現役だったバイエルンをコリセウム・アルフォンソ・ペレスに迎えた際、ビジターチームのウルトラ(過激なサポーター)たちがシートを引き剥がして暴れたと聞いた時には、体格のいいドイツ人ならではの蛮行かと思ったこともあったもの。 ▽試合後、その件について訊かれたウルグアイ人のヒメネスが、「Yo tambien me hubiera llevado un asiento/ジョ・タンビエン・メ・ウビエラ・ジェバードー・ウン・アシエントー(ボクだって、シートを持っていったよ)」と言っていたのはあくまで冗談で、決してお国柄ではないことを祈りたいんですが、ビセンテ・カルデロンでもポルトガルのクラブか何かが来た時、相手方のファンが座るfondo norte(フォンド・ノルテ/北側ゴール裏席)2階のシートが被害にあったこともありましたしねえ。でもいくら、移転が決まっているとはいえ、まだこの先、リーガ最終戦のアスレティック戦、アトレティコは出ないけど、コパ・デル・レイ決勝、お別れOB戦だってあるんですよ。 ▽それまでに座席を元通りにしないといけない整備の人たちにしてみたら、いくら最後のご奉公とはいえ、あまりに心ない仕打ち。運良く私はかち合わなかったものの、キックオフ1時間程前にスタジアム周辺でアトレティコのウルトラたちと警官隊が衝突。ビール瓶や石が飛び交い、25人の負傷者が出た騒動もありましたし、選手たちが「la mejor aficion del mundo/ラ・メホール・アフィシオン・デル・ムンド(世界一のサポーター)」(ガビ)と絶賛するファンの中にも素行の悪い者たちが混じっているのは、こちらのサッカーの本当に嘆かわしい側面かと。 ▽まあ、そんなことはともかく、肝心の試合の話をしないといけません。火曜の夕方はその最高のサポーターたち700人余りがホテル・モンレアルの前に集合。1stレグの前は午後11時に応援を始め、選手たちにわざわざ部屋から出て来させたのを反省したか、この日はビセンテ・カルデロンでの最終練習を終えたチームがバスで到着する時間だったんですが、「Hasta la ultima gota de sangre/アスタ・ラ・ウルティマ・ゴタ・デ・サングレ(最後の血の1滴まで)」という横断幕とカンティコ(節のついたシュプレヒコール)で元気づけられた彼らもその夜、先週のホームゲームを0-2で落としていたモナコがかつてのアトレティコのエース、ファルカオの奮闘も空しく、ユベントスに2-1と再び敗北。総合スコア4-1で姿を消したのにはさぞかし、remonatada(レモンターダ/逆転劇)の難しさを噛み締めることになったのでは? ▽え、それでもアトレティコは奇跡を起こしかけたじゃないかって? その通りで、最初は満員のスタンドも試合がどうあれ、とにかく応援することが目的になっていた感もあったんですけどね。立ち上がりから、お隣さんに怒涛の攻勢を仕掛けた彼らは開始4分、コケがゴール左脇から撃ったシュートこそGKケイロル・ナバスに弾かれてしまったものの、12分にはそのコケの蹴ったCKを頼りになるカンテラーノ(アトレティコB出身の選手)の後輩、サウールがヘッドで決めて早々に先制。さらに16分には先輩のフェルナンド・トーレスがエリア内でヴァランに倒され、PKをゲットしてくれた時には、どんなに我が目を疑ったことか。 ▽アトレティコにとっては大鬼門、そのPKもこの日はグリーズマンがナバスの手を弾いてゴールにしてくれたため、これで総合スコアは2-3に。いよいよ、これはもしかするとファンも湧きたったんですが、後でジダン監督も「ウチは序盤の20~25分、問題があったが、no habia que preocuparse porque ibamos a tener ocasiones/ノー・アビア・ケ・プレオクパールセ・ポルケ・イバモス・ア・テネール・オカシオネス(チャンスは来るはずだったから、心配する必要はなかった)」と言っていた通りになったのは、シメオネ監督がここでチームを後退させてしまったせいもあったかも。いえ、もちろん「Es dificil sostener los primeros 25 minutos que se hicieron/エス・デフィシル・ソステネール・ロス・プリメーロス・ベイテンティシンコ・ミヌートス・ケ・セ・イシエロン(最初の25分にやっていたことを維持するのは難しい)」(シメオネ監督)という意見も、ローテーションすら満足にできず、選手たちにシーズン終盤の疲れが溜まっているチームならでの事情もわかりますけどね。 ▽その時点でのレアル・マドリーはいくら、マルセロが「No hemos tenido miedo en ningun momento/ノー・エモス・テニードー・ミエードー・エン・ニングン・モメントー(ウチは一瞬だって怯えを感じたりはしなかった)」と言い張ろうと、勢いに任せて攻めていくアトレティコに押されていたのは事実。それを利用して、早々に総合スコアをイーブンにする3点目、更に4点目、5点目、6点目…と取っていれば、あとはヘロヘロでも守り倒すぐらいはできただろうにと、自分の素人考えでは思ってしまうんですが…現実は常に非情。それみたことかというプレーが、もうすぐハーフタイムという43分に生まれます。 ▽ええ、クリスチアーノ・ロナウドが急いでスローインしたボールを受けたベンゼマがサビッチ、ゴディン、その日左SBとして入ったヒメネスに囲まれながらも左奥のライン際を突破。エリア内に折り返したパスをシュートしたクロースの一撃はGKオブラクが弾いてくれたものの、ひょっこりゴール前にいたイスコに押し込まれ、致命的な失点をしてしまうんですから、もうどうしたらいいものやら。 ▽うーん、ジダン監督も「le pregunte como ha salido de ahi y el no lo sabia tampoco/レ・プレグンテ・コモ・ア・サリードー・デ・アイー・イ・エル・ノー・ロ・サビア・タンポコ(どうやってあそこから抜けたのか訊いたが、彼も知らなかった)」と説明できなかった程だったベンゼマのjugadon(フガドン/スーパープレー)には、両CBがすでにイエローカードをもらっていて、足をかけたりできなかったのも幸いしたんですけどね。イスコなども「Despues del 2-0 hemos entrado en el partido por fin/デスプエス・デル・ドス・セロ・エモス・エントラードー・エン・エル・パルティードー・ポル・フィン(2-0とされた後、とうとうボクらも試合に没頭した)」と言っていたように、寝た子を起こすようなアトレティコの戦略も失敗だったのは確か。 ▽これで再び3点が必要になったアトレティコだったんですが、後半も決して「Creíamos que la remontada era possible/クレイアモス・ケ・ラ・レモンターダ・エラ・ポシーブレ(逆転は可能だと信じていた)」(フィリペ・ルイス)という態度は変わりませんでした。でも哀しいかな、選手たちのタレントの差は如何ともしがたし。ええ、そのことはこの試合のチーム走行距離計が片や113.1キロ、相手は103.4キロと10キロも違いながら、パスの成功率では70%対86%と、クロースやモドリッチのような選手がいないアトレティコが大きく劣っていたことでもわかるんですが、せっかく65分につかんだカラスコとガメイロの連続シュートもナバスに弾かれてしまう有様ではねえ。 ▽結局、どちらも後半は点を取れず、試合は2-1で終了。久々にマドリーに勝てたものの、総合スコア2-4で敗退となれば、「Nosotros dependemos del equipo y ellos de las individualidades/ノソトロス・デペンデモス・デル・エキポ・イ・エジョス・デ・ラス・インディビドゥアリダーデス(ウチはチーム頼りだが、彼らは個人技次第)。ベンゼマのようなプレーをされたら厳しい」というシメオネ監督のコメントに同意するしかありません。ただ昨季のミラノでのCL決勝後と打って変わって、彼はチームのその日の戦いぶりに「Soy feliz/ソイ・フェリス(自分は幸せだ)」と満足していることを開口一番で強調。 ▽お隣さんの選手との質的量的な差でさえ、「Un paso chico, pero que es muy grande. Ojala lo demos/ウン・パソ・チコ、ペロ・ケ・エス・ムイ・グランデ。オハラ・ロ・デモス(ほんの小さな一歩だが、それがとても大きい。ウチが前進できることを願っている)」と、この敗退を来季に向けての重点補強をフロントにアピールする機会にすることにしたよう。いえ、それも6月に出るCAS(国際スポーツ仲裁裁判所)の判定でFIFA処分が解けるか解けないか次第ですけどね。あの豪雨の中、シートを引っぺがすかどうかは別として、敗退が決まってもスタンドに留まり、再びピッチに現れた選手たちをずっと励ましていた忠実なファンたちには、クラブだって応えない訳にはいかないはずですよ。 ▽一方、2年連続での決勝行きとなったマドリーの選手たちもその後、カルデロンに駆けつけた4000人余りのファンに感謝するため、ピッチに出て来たんですが、ちょっとミソをつけてしまったのは、カルバハル負傷中で空きのあった右SBをダニーロに取られ、出番のなかったナチョ。芝の上にマドリーの旗を広げたため、挑発行為と取られてしまったんですが、おかげで翌日の商業イベントで当人が、「Si hubiera querido provocar, la hubiera puesto en otra parte del campo/シー・ウビエラ・ケリードー・プロボカール、ラ・ウビエラ・プエストー・エン・オトラ・パルテ・デル・カンポ(もし挑発したかったのなら、ピッチの別のところに置いただろう)」と釈明する破目に。 ▽大体がして、2013年に当時、若干21歳だったコケがサンティアゴ・ベルナベウで宿敵マドリーを倒してのコパ・デル・レイ優勝に舞い上がり、アトレティコの旗をセンターサークルに置いたのと比べるのも27歳のナチョに失礼かと思いますが、その日ではゴールではなく、殊勲のスローインで貢献したロナウドも「Somos el Real Madrid y demostramos tener mas experiencia/ソモス・エル・レアル・マドリッド・イ・デモストラモス・テネール・マス・エクスペリエンシア(ボクらはレアル・マドリー、ウチにはより経験があることを示した)」と試合後、いかにも余裕たっぷりだったのも何ともねえ。 ▽勝てば官軍なのは当然ですが、それでも6月3日の決勝で当たるユーベには要注意。セルヒオ・ラモスなどは「al Pipa no le voy a regalar cacahuetes/アル・ピパ・ノー・レ・ボイ・ア・レガラル・カカウエテス(ピパにピーナッツを贈るつもりはないよ)」と言っていたものの、相手には2年前、そちら側でマドリーの準決勝敗退に繋がるゴールを挙げたモラタに続いて、古巣への恩返しを虎視眈々と狙っているイグアインや、モナコとの2試合で1ゴール3アシストを決め、バルサに放出したことを後悔させようと決意しているダニエル・アウベス、1年だけでもアトレティコにお世話になった恩を返そうとしている(いや、していないって?)マンジュキッチといった旧知のライバルがゴロゴロしている上、GKブッフォン、新鋭FWディバラ、ユーベ版BBC(ボヌッチ、バルザーリ、キエッリーニの頭文字)までいて、まったく一筋縄ではいきそうにありませんからね。 ▽これまでCLを連覇したチームがないのも気掛かりですが、当面の彼らの課題はリーガ優勝を決めること。いえ、現在2位のバルサとは勝ち点差がないため、マドリーがミッドウィークのセルタ戦で木曜にはオールド・トラフォードでやはり、ヨーロッパリーグ準決勝逆転突破の夢をマンチェスター・ユナイテッドに阻まれ、失意のドン底にいる相手を倒すのも含め、どちらも連勝を続ければ、21日の最終節に決着なんですけどね。まずはこの日曜にホームでセビージャを破り、敗退のショックと疲労がピークに達しているお隣さんに来季CLグループリーグ出場権の手に入る3位確定をプレゼントするなんていうのはどうでしょう。順番から言って、今度はBチームの出動になるかと思いますが、その強さはもうお墨付きですし、バルサがラル・パルマスに負ける確率も低いので、どちらにしても勝利は必須かと。 ▽ちなみにアトレティコは前節、新弟分のレガネスに4-0と惨敗して、すでに残留確定しているにも関わらず、ビクトル・サンチェス監督を解任したベティスとのアウェイ戦。右SB全滅という事態を受け、マドリーとの2ndレグに出場しようとリハビリを急いだファンフランが再び負傷、もう今季は絶望とか、先週のエイバル戦で退場したゴディンが3試合の出場停止処分を受け、こちらもシーズン終了といった悪いニュースもありますが、自力でもあと勝ち点1で3位は決まりますからね。最終節のアスレティック戦ではビセンテ・カルデロンとのお別れを満喫できるよう、ひと踏ん張りしてくれるといいんですが。 ▽そして土曜の2試合以外、順位が懸かっている試合だけ日曜午後8時(日本時間翌午前3時)に設定された今週末のリーガ、やはりあと勝ち点1ないと残留が確定しないレガネスも兄貴分と同様、この時間帯にサン・マメスでのアスレティック戦を迎えるんですが、こちらもエイバルに挑むスポルティング、ビジャレアルを訪問するデポルティボを睨みながらの展開になるかと。できれば自力で1部の椅子は勝ち取ってもらいたいものですが、相手もEL出場権が懸かっていますからね。アシエル・ガリターノ監督のチームも余力はあまりないため、何とかいい目が出てくれませんかね。【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している 2017.05.13 11:50 Sat
twitterfacebook
thumb

【原ゆみこのマドリッド】落ち込んでいても仕方ない…

▽「これもローテーション政策の賜物かな」そんな風に私が呟いていたのは月曜日、これまでにもイロイロ、噂はあったものの、アトレティコからレンタル移籍でアラベスに修行に出ているテオがとうとうレアル・マドリーのメディカルチェックを受けたというニュースを聞いた時のことでした。いやあ、本来なら19歳の彼は来季、年子の兄ルカスと一緒にまたアトレティコでプレーする予定だったんですけどね。自身の左SBというポジションを考えれば、あと数日で29歳になるマルセロより、この夏でもう32歳、ブラジル代表でもマドリーの同僚の控えを務めているフィリペ・ルイスの方がレギュラー争いに勝ち目があるような気はするものの、お隣のジダン監督と違って、シメオネ監督はそれ程、頻繁にスタメンを入れ替えず。 ▽しかも昨夏、入団した右SBのブルサリコを見てもわかる通り、いくらアラベスでは不動のレギュラーの座を獲得、前節のアスレティック戦で見事な決勝ゴールを挙げるなどの大活躍をしていても、監督が納得できるレベルのプレーができるまで、アトレティコではほとんど使ってもらえませんからね。CBのルカスも左SBとしてプレーできるため、兄弟で争うのもイヤだったのかもしれませんが、いやいや、ちょっと待って!一番の疑問は何でまだシーズンが終わっていないこの時期、しかも2日後の水曜にはビセンテ・カルデロンで最後のマドリーダービーとなるCL準決勝2ndレグを控えているという今、とりわけアトレティコのファンが嫌がる、同じ街のライバルへの移籍話が脚光を浴びないといけない? ▽ただ、マルカ(スポーツ紙)によると、テオの契約解除金は2400万ユーロ(約30億円)であるものの、アトレティコ経営陣は慰謝料込みなんでしょうか、3000ユーロ(約37億円)を要求。交渉は試合が終わった後の木曜から始まるそうですけどね。実はテオにはバルサも触手を伸ばしていて、マドリーよりいい年棒条件を提示したものの、そこは兄のいるマドリッドから離れたくない気持ちが優先したなんて話も読みましたが…うーん、これじゃ、月曜にはCLがなくなって、ヒマになった平日、テニスのマドリッド・オープンを見にカハ・マヒカに姿を現したバルサのピケではありませんが、すでに余裕で1部残留を達成しているアラベスも27日のコパ・デル・レイ決勝しか目標はなし。だからといって、このヨーロッパ・ダービー、テオがスタジアムのパルコ(貴賓席)に来て応援する(どっちを?)なんてことは、できなくなってしまいましたね。 ▽まあ、そんなことはともかく、いよいよシーズン日程も僅かとなり、こちらも目が離せない週末のリーガ戦がどうだったかというと。マドリッドの2強はCL準決勝の狭間だったため、双方共、土曜にプレーしたんですが、先にキックオフしたのはアトレティコ。ええ、もうビセンテ・カルデロンではあと3回しか、ひいきのチームを応援できる機会がないとあって、その日も満員御礼だったんですが、「Combato y me levanto/コンバト・イ・メ・レバントー(戦うぞ、立ち上がるぞ)」というfondo sur/フォンド・スール(南側ゴール裏席)の大きな垂れ幕と共に始まった、水曜のremontada(レモンターダ/逆転劇)に向けての応援予行演習はエイバル戦の前半、時間が経過していくにつれ、徐々に尻つぼみになることに。 ▽いえ、その日、サビッチも出場停止だったため、先週のCL準決勝1stレグで即興右SBを務めたルカスがゴディンとCBペアを組まねばならず、思い切った策を取らなければならなかったシメオネ監督に抜擢された、ボランチのトマスがそのポジションにいたせいではなかったんですけどね。そこはまあ、序盤から丁度、マッチアップした乾貴士選手を潰してみたり、次にはかわされてシュートを撃たれてみたりと少々、波乱含みだったものの、だんだん落ち着いてきたため、良かったんですが、スタンドを盛り下げたのは、アトレティコの悲しいまでの決定力のなさ。ええ、コケを筆頭にカラスコ、サウルと前半だけで3人もフリーのシュートを枠外に飛ばしているのでは、とにかく最低でも3本はゴールが必要な水曜に向け、ファンが悲観的になってしまったのも仕方ないかと。 ▽そんな雰囲気を察したか、後半頭からはガイタンに代わり、フェルナンド・トーレスを投入したシメオネ監督でしたが、暗雲を吹き飛ばしてくれたのはカンテラーノ(アトレティコBの選手)の後輩でした。ハーフタイム間際の大失敗に頭を抱えながらロッカールームに向かい、その反省が実ったか、24分、このままではいけないと男気を発揮して、珍しく敵陣をボールを持って上がって行ったゴディンからのパスをトーレスがスルーすると、サウルがエリア前からシュート。マドリーのイスコやクロースにも負けないゴールポストギリギリのgolazo(ゴラソ/スーパーゴール)を決めてしまったから、驚いたの何のって! ▽このゴールに活気づいたのはファンも同じで、それからはこれでもかというように大音量の応援が始まったんですが、残念ながら、その後、アトレティコが追加点を奪うことはできず。幸い、勝てば、コパでバルサが優勝した場合、リーガ7位に回ってくるヨーロッパリーグ出場権に届くかも程度の薄い期待しかなかったエイバルもあまり熱心には反撃はせず、そのまま試合は1-0で終わったんですが、おかげでグリースマンを引っ込められたのはようやく残り5分いなってからというのは痛いですよね。 ▽その上、もうあとロタイムだけという頃になり、些細な判定に抗議したゴディンが続けざまにイエローカードをもらい、退場となってしまったのはいかがなものかと。いやあ、審判の報告書によると、「ponte gafas/ポンテ・ガファス(眼鏡をかけろ)」、「sois muy malos/ソイス・ムイ・マロス(お前らはひどい審判だ)」といった言葉が咎められたようですけどね。下手をすると3~6試合の出場停止処分を喰らいかねず、もう今季のリーガには出られないかもしれないというのはまったく、余計なおまけでしたっけ。 ▽そんなことはあったものの、その日のクライマックスはタイムアップの笛が鳴った後で、というのも席を立たずに歌っていたファンに応えて、選手たちがまた、ピッチに出て来てくれたから。え、そんなのコパ準決勝2ndレグ、逆転が必要なバルサとのアウェイ戦の前にもあったけど、結果はそれみたことかだったんじゃないかって?まあ、そうなんですが、アトレティコの選手のいいところは素直にムードに乗ってくれることで、試合後のサルルなど、「先週の結果にも関わらず、ファンは今日、スタジアムに来てボクらを応援してくれた。感動的だよね。Vamos a intentar remontar, es lo unico que podemos hacer/バモス・ア・インテンタール・レモンタール、エス・ロ・ウニコ・ケ・ポデモス・アセール(逆転を目指すよ。それが自分たちにできる唯一のことだ)」と決意表明。 ▽とはいえ、ミックスゾーンでフィリペ・ルイスが、「Por supuesto, mira el Barcelona si pudo y tuvo un resultado mas complicado/ポル・スプエストー、ミラ・エル・バルセロナ・シー・プド・イ・トゥボ・ウン・レスルタードー・マス・コンプリカードー(もちろんできるさ。バルサを見なよ。もっと難しかったのにやったじゃないか)」と言っていたのには、いや、アトレティコにはMSN(メッシ、ルイス・スアレス、ネイマールの頭文字)がいないし、16強対決では4-0を引っくり返してPSGに逆転した彼らだって、どんどん相手も強くなっていく準々決勝ではユベントス相手に3-0を覆せなかったなんて思いもチラと私の頭をよぎったんですけどね。 ▽シメオネ監督が「El miercoles tenemos un partido dificilisimo, para algunos imposible, pero para nosotros no/エル・ミエルコレス・テネモス・ウン・パルティードー・ディフィシリシモ、パラ・アルグーノス・インポシーブレ、ペロ・パラ・ノソトロス・ノー(水曜にウチは最高に難しい試合を控えている。ある者にとっては不可能だろうが、我々にとっては違う)」と断言していたのも一体、何をもって、そんなにも確信しているのだろうといぶかってしまった私でしたが、とにかくまずは信じることが大事なんですよね。そう、元々、選手の質で劣るアトレティコがまかり間違ってもお隣さんに逆転勝ちできる訳がないとウジウジしていても、していなくても試合があるのは水曜日。せめてその時ぐらいまでは、希望を持ち続けていた方がいいに決まっていますって。 ▽実際、リーガだけ見れば、3位争いのライバル、セビージャが金曜にレアル・ソシエダと引き分けてくれたため、この勝利でアトレティコは勝ち点5差をつけ、あと1ポイントあれば、来季もCLグループリーグから出場できることが確定することになりましたしね。それだけに私も比較的、明るい気分で帰宅して、土曜最終試合のグラナダvsマドリー戦を近所のバル(スペインの喫茶店兼バー)に見に行ったところ…。 ▽いやあ、相手がすでに降格が決まっているチームというせいもありましたが、マドリーBチームの強いことと言ったら。ええ、開始2分にはルーカス・バスケスのラストパスをゴール前でハメス・ロドリゲスが押し込んで先制したかと思いきや、10分にはまた、久々にプレーできるようになったコエントランのクロスをハメスが今度はヘッドで2点目ゲット。29分と34分にはモラタが2ゴールを挙げ、今季19得点として、AチームのCFを務めているベンゼマより2点も多いって、もしかしてアトレティコは水曜の試合に前者が先発しないのを喜ぶべき? ▽これで0-4としたマドリーは後半、アセンシオをベンゼマ、カセミロをイスコ、ルーカス・バスケスをマリアーノへと更にローテーションを実施。追加点が入ってもおかしくはなかったんですが、すでに矢折れ刀尽きた敵をそれ以上、痛ぶっても仕方ありませんからね。そのままのスコアで試合は終了し、前の時間帯でビジャレアルに4-1で勝利していた首位バルサと同じ勝ち点に戻ったんですが、やっぱり羨ましいなと思うのは、ジダン監督も「partidos fuera de casa son mas descanso/パルティードス・フエラ・デ・カサ・ソン・マス・デスカンソ(アウェイ戦はより休養になる)」と認めていたように、この日もクリスチアーノ・ロナウドがマドリッドでお留守番だったこと。 ▽うーん、このところ、彼はずっとそうですからね。リーガの遠征には同行せず、体力を温存して、CL戦になるとゴールを入れまくっていますし、他の選手たちも皆、プレー時間を配分しているため、「nosotros podemos decir que fisicamente estamos todos bien/ノソトロス・ポデモス・デシール・ケ・フィシカメンテ・エスタモス・トードス・ビエン(ウチは皆、フィジカル的にいい状態だと言える)」(ジダン監督)というのは今のマドリーの大きな強みでしょう。これだと残り3試合、セビージャ、セルタ、マラガ戦のどれかで勝ち点を落としてくれるという、あと2試合、ラス・パルマス、エイバル戦しかないバルサの願望が成就するのもかなり難しいかと。 ▽そして月曜、ベティスをブタルケに迎えたレガネスもようやく4-0と、これまでの鬱憤を晴らすかのようなgoleada(ゴレアダ/ゴールラッシュ)で勝利。週末にラス・パルマスに勝って一旦は距離が縮まり、残留の希望が再燃したスポルィングとの差を6ポイントに戻したため、あと勝ち点1で1部残留が確定することに。今季が昇格1年目の彼らだけに、最終節のホームゲーム、アラベス戦で残留祝いができれば、盛り上がること間違いありませんって。 ▽そうそう、丁度、その日の夕方、マハダオンダ(マドリッド近郊)の施設でセッションを行っていたアトレティコは、「Necesitamos precision y tranquilidad para llegar al partido del miercoles/ネセシタモス・プレシシオン・イ・トランキリダッド・パラ・ジェガール・アル・ミエルコレス(水曜の試合には正確さと落ち着きが必要)」とシメオネ監督も言っていた通り、とにかくなかなかゴールが決まらない欠点を克服しようとシュート練習に特化。それもセルヒオ・ラモスやバランに邪魔されても力負けしないためなんでしょうかね。各人が重り入りのベストを着たり、腰にゴムを付けたりして、シュートやヘディングに励んでいたそうですが、何かそれって、余計疲れが溜まらない?ついでに思い出してほしいのはもし、相手に1点取られたら、アトレティコは5点が必要になるということなんですが、どうやらファンフランとヒメネスが戻って来られられそうだとはいえ、万が一に備えて一応、守備練習も一生懸命やっておいた方がいいかも。 ▽まあ、その辺はシメオネ監督の考えなので、私には何も言えませんけどね。そんな今季、スペインの地で最後となるCLの試合は水曜午後8時45分(日本時間翌午前3時45分)にキックオフ。常識的に考えれば、火曜にモナコとの2nレグに挑むユベントスも初戦で0-2と勝っていますし、6月3日の決勝はマドリーvsユーベということになるんでしょうが、私も今はただ、試合が始まるのを待つしかありません。【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している 2017.05.09 12:00 Tue
twitterfacebook
thumb

【原ゆみこのマドリッド】質の高さには敵わない…

▽「1つぐらいは先に片付いてくれてもいいな」順位表を眺めながら、そんな風に私が呟いていたのは金曜日、リーガの残りがあと3試合となったため、計算の苦手な自分でも今節、18位のスポルティングがラス・パルマスに負け、レガネスが月曜にベティスと引き分け以上であれば、1部残留が確定することに気づいた時のことでした。いやあ、たった勝ち点31で、また来季もレアル・マドリーやバルサをブタルケで見ることができるなんて、レガネス(マドリッド近郊の衛星都市)市民も本当にラッキーだと思うんですけどね。現在、2部でプレーオフ圏内の3位につけ、すでに1部Uターンを確定させたレバンテに続こうとしている、同じマドリッドの弟分チーム、ヘタフェだって、初めて兄貴分たちと肩を並べた2004-05シーズンはキケ・サンチェス・フローレス監督(現エスパニョール)の下、残留にはそこそこ苦労していましたからね。 ▽それを鑑みれば、レガネスも頑張っているとは言えるものの、今週末、悪い目が出てしまった時には要注意。何せ、あと2試合はビジャレアル、レアル・ソシエダとヨーロッパリーグ出場権が絶対得られる5、6位の座を争っているアスレティックと、5月27日にバルサとのコパ・デル・レイ決勝を控え、特別誂えのユニフォームも発売(http://www.tiendabknda.com/index.php?id_product=2&controller=product)。ここにきてギアを挙げてきているアラベスですからね。すでに目標がなく、バケーション状態に入っているのはベティスだけなので、スポルティングの結果いかんに関わらず、平日でありながら、サポーター総動員体制でスタンドを埋めるというクラブの心遣いを選手たちもムダにしないでほしいものですが…。 ▽え、いきなりリーガの残留争いの話なんて、もしや私は本題に入るのを避けていないかって?うーん、実際、火曜にサンティアゴ・ベルナベウから呆然として帰って以来、ここ数日はずっと鬱っぽくて、何をするのも億劫だったんですが、そうも言っていられません。とりあえず、CL準決勝1stレグで起こったことをお伝えすると、いやあ、前日合宿のホテル入りの時には連休の中日だったせいか、いつものビッグマッチ前のようにチーム到着時に詰めかけず、午後11時近くになってサポーターが集合。発煙筒と大音量のカンティコ(節のついたシュプレヒコール)に、すでに部屋で休んでいた選手たちがエントランス前に出て来ざるを得なかったというのを聞いた時もちょっと間の悪さを感じたものですけどね。 ▽ピッチへ入場する時も、Fond sur(フォンド・スール/南側ゴール裏席)に「Decidme que se siente/デシッドメ・ケ・セ・シエンテ(どう感じるか、言えよ)」というメッセージと共にCLトロフィーの大きな垂れ幕、ご親切にもリスボンとミラノ、因縁の地名入りという迎え方をされ、無意識にトラウマを思い出してしまったんでしょうか。どうやらキックオフ前に円陣を組んでゲキを飛ばし合った際、2試合制の対戦なのだから、「せめて(今季シーズン前半リーガ戦のように)3-0で負けるのだけは避けよう」という打ち合わせをするのを忘れてしまったか、たった開始10分でカセミロのシュート失敗でバウンドしたボールをクリスチアーノ・ロナウドにヘッドされ、先制点を奪われてしまうのですから、困ったもんじゃないですか。 ▽それからもアトレティコはお隣さんの怒涛の攻勢に遭い、バランやベンゼマのシュートはGKオブラクが弾いてくれたものの、自らのチャンスはコケのスルーパスに抜け出したガメイロがシュート目前でGKケイロル・ナバスにボールを取られてしまったぐらい。おかげでシメオネ監督も焦ったか、後半10分を経過した時点で早くもガメイロ、サウルをフェルナンド・トーレス、ガイタンに交代、肩のケガが治ったばかりのカラスコもその5分後にはコレアに代えるという、性急な手段に訴えたのも逆効果だったのかもしれませんね。 ▽特に敵ゴールが近くなる訳でもなく、結局、28分にはフィリペ・ルイスがエリア前でロナウドを逃し、弾丸シュートで2点目を決められると、とうとう40分にはマドリーの得意技、高速カウンターが炸裂。ルーカス・バスケスの折り返しをPKマーク辺りで受けたロナウドの周りに誰もいない光景にはもう、呆れて物も言えないとはまさにこのこと?これで先日の準々決勝バイエルン戦に続き、ロナウドがハットトリックを達成したマドリーが3-0で勝利って、これじゃ来週の2ndレグの意味がまったくなくなってしまったじゃないですか。 ▽え、アトレティコはこの試合前にケガ人が続出、とりわけ右SBなど、左利きの本職CBのカンテラーノ(アトレティコB出身の選手)、ルカスが務めていたぐらいなんだから、仕方ない面もあったんじゃないかって?まあ、そうなんですが、皮肉なのは同じく、ベイルを負傷欠場で欠いていたマドリーはそれが逆に吉と出たこと。ええ、クロースなども後で「ウチは相手よりMFが1人(この日はイスコが先発)多かった。普通は3人なんだけど、それがいい戦術だったよ」と認めていたように、主力が揃わなくても彼らは機能してしまうだけでなく、その控え選手たちのレベルが非常に高いため、合間の試合ではローテーションが可能なんですよ。 ▽となれば、いえ、走るだけはチーム計110.5キロと102.9キロのマドリーを上回ったアトレティコですけどね。それでもグループリーグでは1試合118キロも走ったことのある彼らですから、いつも出づっぱりな選手たちが、休養十分なマドリーに1対1のボール争いに負け続け、強烈なプレスに「No podiamos seguir tres pases/ノー・ポディアモス・セギーウ・オレス・パセス(パスを3回繋ぐこともできなかった)」(コケ)状態だったのもムリはなかったかと。前半終了間際、右太もものケガでカルバハルが交代しても、マドリーはマルチDFのナチョが出て全然、問題ありませんでしたしね。唯一自慢の体力で上回れないため、個々の選手の質の差が浮き彫りになってしまったのは、かなり私もショックを受けたんですが…。 ▽これは一体、どこからくる空元気なんでしょうか。試合後は絶望して現れるかと思ったアトレティコ勢は、「El futbol es maravilloso porque suceden cosas inesperadas/エル・フトボル・エス・マラビジョーソ・ポルケ・スセデン・コーサス・インエスペラーダス(予期しないことが起きるから、サッカーは素晴らしい)。ウチは可能性の最後の一滴まで戦うだろう。Que como nos llamamos Atletico de Madrid, seguramente podamos ser capaces/ケ・コモ・ノス・ジャマス・アトレティコ・デ・マドリッド、セグラメンテ・ポダモス・セル・カパセス(我々はアトレティコ・デ・マドリーなのだから、絶対にそれができる)」というシメオネ監督を筆頭に、いえ、仏頂面でミックスゾーンを足早やに通り過ぎてしまったガビやゴディンの代わりに敗戦言い訳コメントの任を担わされた第3キャプテン、コケの言葉は多分に、上司の受け売りだった感もあったんですけどね。 ▽曰く、アトレティコにはMSN(メッシ、ルイス・スアレス、ネイマールの頭文字)もいないのに「これはサッカー、何なら(今季のCL16強対戦でバルサに4-0から逆転された)PSGに訊いてみればいい」に始まって、「con Cristiano en el Calderon ganamos con 4-0/コン・クリスチアーノ・エン・エル・カルデロン・ガナモス・コン・クアトロ・セロ(クリスチアーノがいてもウチはカルデロンで4-0で勝った)」というのは確かに、アンチェッティ監督時代の2015年2月にあったことではありますが、当時の私など、こんな試合は生きている間、もう2度とお目にかかれないだろうと思ったもの。サビッチも「Por que no podemos pensar en la remontada?/ポル・ケ・ノー・ポデモス・ペンサル・エン・ラ・レモンターダ(何でボクらが逆転できると考えてはいけない?)」と強気だったものの、いや、そういう奇跡を夢見るのはお隣さんの専売特許じゃなかった? ▽もちろんそれは実績の裏付けもあるからですが、今季だって、バルサとのコパ・デル・レイ準決勝、1-2の1stレグの負けすら、2ndレグ1-1の引き分けがせいぜいで、覆すことができなかったアトレティコの選手たちが何を根拠にそこまで虚勢を張れるのか。いえ、この日、惨敗で終わった後、それでもずっとスタンドで応援歌を歌い続けていた4000人のサポーターの姿などを見ると、サウルじゃありませんが、「Vosotros matariais por nosotros, nosotros moriremos por vosotros!/ボソトロス・マタリアイス・ポル・ノソトロス、ノソトロス・モリレモス・ポル・ボソトロス(君たちはボクらのために死ぬ程、尽くしてくれる。ボクらも君たちのため、死ぬ気でやるよ)」(https://twitter.com/saulniguez/status/859847943473565697)と、彼らが心を奮い立たせるのもわかりますけどね。 ▽正直、いくらロナウドなどに「Es una buena ventaja este resultado, pero no es definitivo/エス・ウナ・ブエナ・ベンタハ・エステ・レスルタードー、ペロ・ノー・エス・デフィニティボ(これはいいアドバンテージだけど、決定的ではない)」と言われても、水曜にもう1つのCL準決勝でユベントスのイグアインに2ゴールを決められ、0-2で負けたモナコより、木曜にヨーロッパリーグの準決勝でマンチェスター・ユナイテッドに0-1で負けたセルタより、無茶苦茶ハードルが高いのは事実。唯一の慰めはその2チームと違って、彼らの2ndレグがホームのビセンテ・カルデロン開催で、これがヨーロッパの試合の最終戦になるため、ファンもあらん限りの力で応援してくれることですが、結局、プレーするのは選手たちですからねえ。 ▽金曜にはリーガのエイバル戦を控えて、前日記者会見に臨んだシメオネ監督も少しは頭が冷えたのか、「ウチはマドリーやバルサ、バイエルンといった世界一のチームではない。ここ6年で進歩してきたが、彼らのような怪物に近づくにはまだ時間が足りない。Pero para conseguirlo el unico camino es seguir trabajando de esta manera/ペロ・パラ・コンセギールル・エル・ウニコ・カミーノ・エス・セギール・トラバハンドー・デ・エスタ・マネラ(だが、それを達成するにはこのやり方で努力し続けるのがただ1つの道だ)」と足に地をつけた発言をしていましたが…やっぱりこの試合でもローテーションは望めないようですよ。 ▽ええ、ファンが来週水曜、最後のマドリーダービーでの奇跡に向けて、応援の予行演習をする土曜午後4時15分(日本時間翌午前1時15分)からの一戦ではサビッチこそ、累積警告で強制休養になりますが、ファンフラン、ベルサリコ、ヒメネスの誰もまだ戻ってこられず。今度は右SBがマジにトマスになるか、アトレティコBの選手という緊急事態にもなっていますからね。 ▽ただ金曜に3位争いのライバル、セビージャがソシエダと1-1で引き分け、前節に続いて勝ち点を落としてくれたため、ベルナベウでは1度もシュートができなかったグリースマンなど、前半は温存して様子を見てもいい気はしますが、中盤なんて、とても替えの効く状況ではなし。それどころか、エイバルも、アラベスがコパ決勝で負ければEL出場権が与えられる7位のソシエダまで、あと勝ち点8とギリギリで希望が残ってしまったため、乾貴士選手を筆頭に勝利を目指して乗り込んでくるというのは厄介なところかと。 ▽翻って同日午後8時45分(日本時間翌午前3時45分)から、すでに降格の決まっているグラナダとのアウェイ戦に挑むマドリーからは、ロナウドが遠征に参加しない予定なんて聞くと、もう本当にどうしたらいいものやら。いえ、現在、消化試合が1つ少ないものの、バルサに首位に立たれている彼らにしても、先に相手のビジャレアル戦の結果はわかるものの、勝っておかないといけないのは同じなんですけどね。 ▽もう、マドリーはBチームが出てもモラタ、ハメス・ロドリゲス、アセンシオ、ルーカス・バスケス、イスコ、コバチッチらは信頼できることを証明していますし、いざとなれば17日(水)の開催が決まったセルタ戦でAチームを投入、マンチェスター・ユナイテッドとの激戦でボロボロになった相手を叩けばいいんですから、もう今は優秀な人材を持て余しているジダン監督を羨むばかり。そんなやるせなさに浸っている私ですが、せめてこの週末は気分を切り替えて、マドリッド勢の好結果を喜ぶことができるのいいんですが…。【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している 2017.05.06 08:45 Sat
twitterfacebook
thumb

【原ゆみこのマドリッド】CLダービーは胃が痛い…

▽「何か意地が悪いわよね」そんな風に私がイラッとしていたのは月曜。お昼のスポーツニュースでCL準決勝1stレグの話をしているのを聞いた時のことでした。いえ、確かに私もアトレティコはてっきりマハダオンダ(マドリッド近郊)の練習場でいつも通りのセッションだろうと思っていたため、オフィシャルサイトで試合前日にはサンティアゴ・ベルナベウでシメオネ監督が記者会見、続いて練習もするとあったのには驚いたんですけどね。どうして、したり顔したアナウンサーに「2年前の準々決勝の時は相手のスタジアムで練習をせず、監督もビセンテ・カルデロンで会見して勝ち抜けられなかったから、今回は変えたんだろう」なんて言われないといけない? ▽うーん、実際、シメオネ監督にはアウェイで負けると、次は同じホテルを使わないといった、ちょっとマニアックな面あるんですけどね。どんなに猛練習したって、選手たちの限りある才能が格段にアップすることはない上、ここ3年間、お隣さんに負けた決勝2回を含むCLでの対戦は内容では拮抗。人生でもサッカーでも最も大切なツキが大事なところで欠けていただけという見方もできるとなれば、幸運を呼び込む方法はわからなくても、監督も会見で「Entendíamos que era lo que mejor nos venía para este partido/エンテンディアオス・ケ・エラ・ロ・ケ・メホール・ノル・ベニア・パラ・エステ・パルティードー(この試合にはこれが一番いいと思った)」と言っていたように、何かをしてみないではいられないのが人間というものでしょう。 ▽まあ、その辺の話はまた後ですることにして、とりあえず先週末の両チームのリーガ戦がどうだったか、お伝えしておくと…。先にスタートしたのはレアル・マドリーで、もちろん相手のレベルや今季残り試合に対するモチベーションの違いもありますけどね。ミッドウィークにデポルティボに圧勝したBチームに代わり、その日、先発したAチームの方が迫力に欠けたという感はあったかも。いえ、試合開始直後、サンティ・ミナの2つのシュートはまずGKケイロル・ナバスに、次はゴールポストに当たり、2月のメスタジャ(バレンシアのホーム)での対戦のように、早々とリードを奪われずに済んだのは、その時の主役、ザザが出場停止でいなかったおかげもあったんでしょうけどね。すでに残留を達成し、消化試合体制に入っているバレンシアから、先制点を挙げたのは26分のこと。ええ、カルバハルのクロスが見事にはまり、クリスチアーノ・ロナウドがヘッドを決めて、ようやくスタンドのファンを安心させてくれます。 ▽追加点のないまま入った後半も55分にはパレホがモドリッチをエリア内で倒したとして、マドリーはPKをゲット。キッカーはもちろんロナウドですし、その辺はPKを入れるより外す方が得意な、どこぞのチームとは違って、信頼できたはずだったんですが…この日は相手が悪すぎました。うーん、バレンシアのGKジエゴ・アウベスが名高いパラペナルティ(PK止め屋)であることはマドリーの選手たちもわかっていたため、同じブラジル人であるマルセロを筆頭にナチョ、モドリッチらがロナウドに話しかけさせまいと懸命に努力したんですけどね。この日もあっさりアウベスに弾かれてしまい、これでロナウドは彼に対してPK4本中3本を失敗って、超相性が悪くない? ▽実際、アウベスはリーガで52本蹴られうち25本を阻止という、脅威のGKなんですが、それでも当人には悩みもあるようで、「Ahora la gente espera que pare todos los penarutis/アオラ・ラ・ヘンテ・エスペラ・ケ・パレ・トードス・ロス・ペナルティス(今では皆、ボクが全てのPKを止めるように期待している)」のだとか。まあ、世の中、そんなものですが、せっかくのチャンスでリードを増やせなかったマドリーは終盤、予期せぬしっぺ返しを喰らうことに。それはマドリー育ちのパレホの古巣恩返し弾で81分、直接FKを決められて、同点にされているんですから、さあ大変! ▽え、それまではまったく試合が盛り上がっていなかったんだから、逆境の到来は願ったり叶ったりだったんじゃないかって?そうですね、後でマルセロも「El Bernabéu cuando el Valencia nos ha empatado nos ha llevado a conseguir el segundo gol/エル・ベルナベウ・クアンドー・エル・バレンシア・ノス・ア・エンパタードー・ノス・ア・ジェバードー・ア・コンセギール・エル・セグンド・ゴル(バレンシアが同点に追いついてから、ベルナベウがボクらを2点目のゴールに導いてくれた)」と言っていましたが、確かに季節外れの氷雨にうんざりしていたスタンドも、それまでとは打って変わって熱狂的に応援を開始。丁度、アセンシオやモラタといったチームBの選手たちが投入されていたおかげもあって、マドリーは伝統芸の1つ、epica(エピカ/英雄譚)モードに切り替わります。 ▽そしてお約束の決勝ゴールが生まれたのは85分、スローインからモラタがエリア内右奥に持ち込むと、そこから出したパスをマルセロが受け、彼のシュートが敵DF陣の間を通ってネットに収まったから、どんななに場内も沸いたことか。結局、この1点がモノを言って、マドリーは2-1で勝利。またしても土壇場で状況を引っくり返した訳ですが、何せこれでもう、今季は80分以降のゴールで勝ち点17も手に入れていますからね。ジダン監督も「No puedo explicar lo de los goles al final, sólo sé que es excitante/ノー・プエド・エクスプリカル・ロ・デ・ロス・ゴレス・アル・フィナル、ソロセ・ケ・エス・エクシタンテ(終盤に得点する理由は説明できないが、エキサイトするってことだけはわかる)」と苦笑するしかなかったのも当然だったかと。 ▽ただ、それもあまり調子の乗りすぎると、先日のクラシコ(伝統の一戦、マドリーvsバルサ戦のこと)では勢い余って、せっかく追いついたのにカウンターを喰らい、それこそマルセロがセルジ・ロベルトの独走を止められなかったため、結局勝ち点1も残らず。おかげで残り試合数は1つ多いながら、同じ勝ち点でライバルに並ばれ、直接対決の結果で首位を奪われてしまったなんて例もありますからね。できれば、もっと早いうちに追加点を奪って、勝負を決めておくに越したことはないかと。 ▽そして試合後はしばらく、ミックスゾーンにいた私だったんですが、次の時間帯ではアトレティコのラス・パルマス戦がキックオフ。もうスタンドにいる間に、ほぼ間違いなく火曜のサンティアゴ・ベルナベウのピッチでもお目にかかるであろうスタメンも確認していたため、ドキドキしながら、ラジオにかじりついていたところ、案ずるより産むがやすしとはまさにこのこと。だって、前節のビジャレアル戦ではとにかく何をしてもゴールが入らない、決定力に非常に不自由しているチーム感ありありだった彼らだというのに、開始2分も経たないうちにオンダ・マドリッド(ローカルラジオ局)のアトレティコ番実況から、「Gooool!!!Gol del Atletico!/ゴル・デル・アトレティコ(アトレティコのゴール)」の絶叫が届いたんですよ! ▽これは足の付け根のケガから復帰以来、初めて先発したガメイロがようやく本領発揮。「アトレティコでプレーするには走らないといけない」と本人も言っていた通り、サウールが左から出したラストパスにゴール前へ突っ込んで決めたんですが、おかげで55日間に渡る自身のゴール日照りも解消できることに。ラス・パルマスの選手も「El Atlético salió mucho más enchufado que nosotros/エル・アトレティコ・サリオ・ムーチョ・マス・エンチュファードー・ケ・ノソトロス(アトレティコはウチよりずっと試合に没頭してピッチに出た)」(ビガス)と言っていましたが、4月下旬から再び、冬に戻ってしまったマドリッドと違って、グラン・カナリア島(大西洋にあるリゾート地)は日光がさんさんと降り注ぐ、ポカポカ陽気だったのも選手たちに影響したのでしょうか。 ▽その後も彼らの攻勢は止まらず、16分にはCKから、「Me ha sorprendido la pasividad de Las Palmas/メ・ア・ソルプレンディードー・ラ・パシビダッド・デ・ラス・パルマス(ラス・パルマスが受け身だったのには驚かされた)」というサウールがヘッドで2点目を追加。更に18分にも今度はガイタンのスルーパスからガメイロが再び決めて、私がスタジアムを出る前に勝負がついてしまうなんてこと、あっていい? いえ、ちょうどその時、インタビューに答えていたモドリッチなどは「4-0で勝つのも最後の瞬間にゴールを入れて勝つのも自分にとってはほとんど同じ。Lo importante es ganar y seguir adelante/ロ・インポルタンテ・エス・ガナール・イ・セギール・アデランテ(大事なのは勝って先に進むこと)」と言っていましたけどね。 ▽アトレティコのDNAには奇跡のremontada(レモンターダ/逆転劇)体質は組み込まれていませんし、第一、次の試合がCL準決勝1stレグであることを考えたら、Aチーム、Bチームを持たない彼らが早めに試合にカタをつけておいて、悪いことなんか何にもありませんって。おかげで前半終了近くにはグリーズマンがカウンターからフリーで敵ゴールに向かう途中、敵選手が倒れているのに気づき、ボールを外に蹴り出してゲームを止めるといった、紳士的なプレーをする余裕もあったようですが、丁度、後半に殊勲のガメイロがフェルナンド・トーレスと交代する頃に近所のバル(スペインの喫茶店兼バー)に着いた私だけに、すでに0-3で勝っているアトレティコが何かしてくれるという期待はほとんど抱いておらず。 ▽でも、それは単なる早とちりで、この日は交代出場組もハッスル。54分にボアテングが2枚目のイエローカードをもらって退場になったおかげでもあるんですが、74分にはコレアとの息の合った連携でトーマスが4点目を挙げたかと思えば、90分にはフィリペ・ルイスのラストパスが敵DFの鼻先をかすめ、トーレスまでが76日ぶりのゴールを決めてくれるとは、どんなに心強く感じられたことか!結局、0-5の大勝となったんですが、だったら前節0-1で負けたビジャレアル戦に2ゴールぐらい回しておけば良かったのにと思ったのは私だけではなかった? ▽いえ、シメオネ監督は「cuatro días después de esa derrota, hoy resolvieron el partido en dieciocho minutos/クアトロ・ディアス・デスプエス・デ・エサ・デロータ、オイ・レソルビエロン・エル・パルティードー・エン・ディシオチョ・ミヌートス(あの敗戦から4日後の今日、選手たちは18分で試合を決めた)」と大満足だったようですけどね。何せ、これと同じ結果が火曜にも出せれば、どんなにライバルの売りが根性のレモンターダだろうと、今季はバルサがCL16強対戦でPSGに4-0の敗戦から逆転した前例があろうと、来週水曜の2ndレグに比較的、安心して臨めるかと。 ▽ただ、そこは全てがメデタシメデタシで終わらないのがアトレティコで、実はボアテングの退場の原因となったプレーの時、ファールを受けたヒメネスが左太ももの筋肉を痛め、その場で交代となっていたんですよ。もうその時は3点差がついていましたし、ラス・パルマスも反撃してこなかったため、シメオネ監督も大丈夫と踏んだんでしょうね。フアンフラン、ベルサリコの負傷で臨時に右SBを務めて3試合目、ようやく板についてきたヒメネスの代わりにMFのトーマスが入ったんですが、何せマドリー戦ではマルセロとマッチアップしないといけないポジションですからね。 ▽一応、リーガ次節は累積警告で出場停止となるCBのサビッチがモンテネグロ代表で経験があるようだとはいえ、これで全DFがスタメンで出払うというのはかなり不安かと。月曜にはシメオネ監督も誰に右SBを任せるか、決断できていたようですが、「el que juegue de lateral o carrilero nunca lo ha hecho /エル・ケ・フエゲ・デ・ラテラル・オ・カリレーロ・ヌンカ・ロ・ア・エッチョー(普通のSBか攻撃参加をするSBは1度もやったことのない選手)」と言っていたのは、もしや意外な人選への布石かもしれない? ▽その会見後のベルナベウでの練習では、開始前にコケなどを始め、数人の選手たちがベンチでやたらくつろいでいたのはともかく、肩を痛めていたカラスコが回復していたのを目撃できたのが収穫でしたが、丁度、ニヤミスで前日合宿のため、スタジアムに到着したマドリーの選手たちはベイル、ペペ、コエントラン以外、全員プレーできる状態と言いますからね。スタメンは基本、チームAで、ベイルの代理はバレンシア戦でプレーしなかったイスコになる線が強いようですが、どちらにしろ、誰が出てきても強い相手なのは間違いないんですから、当日、スタンドに駆けつける4000人のアトレティコファンも相当の覚悟を持って応援してあげないと。 ▽そんなCL準決勝ダービー1stレグは火曜午後8時45分(日本時間翌午前3時45分)からキックオフ。キャプテンのガビも「Con el corazón no se ganan las copas, hay que hacer un partido casi perfecto/コン・エル・コラソン・ノー・セ・ガナン・ラス・コパス、アイ・ケ・アセール・ウン・パルティードー・カシー・ペルフェクトー(ハートだけではトロフィーは獲得できない。ほぼ完璧な試合をする必要がある)」と言っていたように、ミスも失点も最小限、できればアウェイゴールを奪えるような展開になってくれるといいのですが…。【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している 2017.05.02 13:30 Tue
twitterfacebook
thumb

【原ゆみこのマドリッド】人材の余っているチームは羨ましい…

▽「その気持ち、わかるわぁ」そんな風に私が頷いていたのは金曜。サンティアゴ・ベルナベウでのレアル・マドリー戦を控えたバレンシアのボロ監督が、このミッドウィークのリーガの試合でデポルティボを圧倒したことにより、ますます世間で論争が過熱。いわゆるマドリーA、マドリーBのどちらと対戦したいと訊かれた際、「Prefiero el Real Madrid C, el filial/プレフィエロ・エル・レアル・マドリッヂ・セー、エル・フィリアル(レアル・マドリーC、ユースチームがいいね)」と答えているのを聞いた時のことでした。いやあ、本当にRMカスティージャ(2部B)が出てきて、万が一、うっかり負けてしまったりしたら、お助け臨時監督として出動ではなく、正式な指揮官となったボロ監督の功績にケチがつきかねないなんて、私が余計な心配をしても仕方ないんですけどね。 ▽ちなみにマドリーAというのはBBC(ベイル、ベンゼマ、クリスチアーノ・ロナウドの頭文字)以下、先日のクラシコ(伝統の一戦、マドリーvsバルサ戦のこと)で先発した面々で、CL準々決勝のバイエルン戦など、手ごわい相手に挑む時のベストメンバー。ただ、ジダン監督も極端で、この水曜はベイルがふくらはぎのケゲで結局、全治1カ月となってしまったり、セルヒオ・ラモスが出場停止処分だったりという不可抗力はあるものの、クロース、モドリッチ、カセミロ、カルバハル、ケイロル・ナバスもスタメンに入れず。コエントランが万年体調不良のため、代わりがいない左SBはマルセロ、CB4人のうち2人が使えないせいで連続出場となったナチョ以外、メンツが9人も変わっていたため、マドリーBと呼ばれることになったんですが、それでも全然、強いって、まったくもって贅沢な選手層をしているじゃないですか。 ▽うーん、せっかく敵がローテーションしてくれながら、まったく歯が立たなかったデポルティボのペペ・メル監督など、「El Madrid B me gusta mucho mas que el Madrid A/エル・マドリッド・ベー・メ・グスタ・ムーチョ・マス・ケ・エル・マドリッド・アー(私はマドリーBの方がマドリーAよりずっと好きだ)」と言うしかなかったでしょうけどね。来週火曜、お隣さんとのCL準決勝1stレグに出てくるのは休養十分なAチームの方であるのは火を見るよりも明らか。逆にアトレティコにはAチームしかないものの、最近はケガ人のせいもあって、スタメンがAマイナス、ダブルマイナスといった状態な上、出づっぱりな選手たちには疲労が見え隠れしていますからね。そう思うと、やっぱりまだ6月3日の決勝に向けて、カーディフ旅行の手配をするには気が早すぎるという結論になるんですが…。 ▽え、その理由には今季最後のミッドウィーク開催リーガがあった今週、自分が久々に重苦しい気分でビセンテ・カルデロンから帰ることになったからっていうのもあるんだろうって? その通りで、ここ数年、ビジャレアルには相性が良くなく、ほとんど勝ててないというのは知っていたものの、最近はツキもあるから何とかなるだろうと過信していた私も悪いんですけどね。平日にも関わらず、スタジアムを満員にしたファンたちも一生懸命応援してくれたんですが、その日の彼らはまったくゴールに縁がなし。前半はサウールのヘッドもグリーズマンとガイタンのダブルチャンスもGKアンドレス・フェルナンデスに弾かれ、後半序盤もガイタンとの一対一をparadonn(パラドン/スーパーセーブ)されてしまっては、シメオネ監督だって、せっかく一息つかせてあげようとしていたカラスコを投入せざるを得ませんって。 ▽ただ、そのカラスコは15分程でルカビナとの接触プレーで肩を痛めてしまい、フェルナンド・トーレスと交代。結果的に誰の休養にもならず、ケガ人をムダに増やしただけに終わったんですが、それでもせめてスコアレスドローで勝ち点1でも稼いでくれていれば、ちょっとは救われたんですよ。ところがこの日は最近にしては珍しい大ポカが81分に発生。何とフィリペ・ルイスが自陣でボールを失い、エリア内に突入したバカンブの出したパスにソリアーノがゴール前で合わせ、GKオブラクが破られてしまったから、さあ大変! ▽その後も懸命に点を取りに行ったアトレティコでしたが、「Hoy la pelota no quiso entrar/オイ・ラ・ペロータ・ノー・キソ・エントラール(今日はボールがゴールに入りたがらなかった)」(シメオネ監督)という巡り合わせだったんですかね。最後の最後、アディショナルタイムにガビが敵エリア内に放り込もうとした遠くからのFKが地上に落ちる前に終了の笛が無情にも響き、それこそ「いつも自分たちがしていることをやられた」(ガビ)彼らは、2月末のバルサ戦以来となる、公式戦12試合ぶりの負けを喫してしまうことに(最終結果0-1)。 ▽試合後、コケなどは「Seguimos terceros haga lo que haga el Sevilla/セギモス・テルセーロス・アガ・ロ・ケ・アガ・エル・セビージャ(セビージャが何をしてもウチが3位なのは変わらない)」と強がっていましたけどね。大抵、悪いことは続くもので、木曜に試合をした相手は目下のところ、来週のヨーロッパリーグ準決勝マンチェスター・ユナイテッド戦1stレグしか見えていないセルタに2-1で勝利。またしても勝ち点で並ばれてしまったため、マドリーとのCL決戦を控えた土曜のラル・パルマス戦に、より一層のプレッシャーが懸かってしまったのは否めないかと。うーん、ゴディンが累積警告で出場停止になるのはある意味、いいお休みの機会なのかもしれませんけどね。 ▽カラスコは全治2週間、ファンフラン、ベルサリコの両右SBもまだ回復していませんし、何よりこの状態だと、唯一の命綱であるグリーズマンがとても休めそうにないのは不安。それ以外のFWはトーレスなど、木曜に自身のプレミアリーグ体験から、サッカーを通じて英会話を学ぶ本を出版。そのお披露目イベントでも「Estan las ganas de que esta vez si podemos dar a la gente algo que perseguimos desde hace 100 anos/エスタン・ラス・ガナス・デ・ケ・エスタ・ベス・シー・ポデモス・ダール・ア・ラ・ヘンテ・アルゴ・ケ・ペルセギエンドー・デスデ・アセ・シン・アーニョス(今回こそ、ファンが100年前から追っている夢を現実にしてあげたいという意欲がボクらにはある)」と、CL初優勝に向けて嬉しいコメントはしてくれるんですけどね。 ▽問題はその彼もガメイロもコレアも随分、ゴールから遠ざかっていることで、皆、もう少し、マハダオンダ(マドリッド近郊)でのセッションでシュート練習に力を入れてくれるといいのですが、こればっかりはねえ。そうそう、ビジャレアル戦の終了直後に第4審判の肩に手をかけ、「que hijo de puta sos; que hijo de puta!/ケ・イホ・デ・プータ・ソス、ケ・イホ・デ・プータ(お前ら、何て最低な奴らだ)」と悪口を言い、ベンチ入り禁止処分が懸念されていたシメオネ監督は、競技委員会が2試合の処分を科した数時間後に上訴委員会がそれを取り消してくれたため、土曜午後6時30分(日本時間翌午前1時30分)からのラス・パルマス戦に影響はないことに。 ▽うーん、彼には2014年のスペイン・スーパーカップで退場させられた後、ベンチ裏のスタンドから堂々、指揮を執っていたせいもあって、8試合もの処分を受けた黒歴史もありますからね。もうリーガも今季はあと4節、ビセンテ・カルデロンでのお別れ試合をパルコ(貴賓席)で見ることになるのも外聞が悪いですし、そろそろ新スタジアム、ワンダ・メトロポリターノでのデビュー戦のことも考えて、金曜に47歳になったシメオネ監督には自重してくれるよう、強くお願いしますよ。 ▽そして翌水曜は近所のバル(スペインの喫茶店兼バー)でマドリーの試合を見た私でしたが、序盤はオンダ・マドリッド(ローカルラジオ局)の二元中継も大忙し。まずは開始52秒で、イスコからラストパスをもらったモラタが日頃、あまり出番がない鬱憤を晴らすかのように速攻ゴールを決めたのにも驚かされたんですけどね。この節は平日だったせいで、夜に3カードやるため、このデポルティボ戦の前半はマドリッドの新弟分、レガネスがラス・パルマスをブタルケに迎えた試合の後半と丸かぶり。普段の彼らなら、そんなにレポーターが報告することもないんですが、54分のルチアーノの先制点を皮切りにゲレーロが続き、最後はPKでルチアーノが自身2点目と、たったの6分間で3点を挙げてしまったから、ビックリさせられたの何のって! ▽いえ、3連戦の真ん中ということで、相手のラス・パルマスもBチームを出していたんですけどね。そこへすでに残留達成しての気の緩み加わったのが、直近7試合に勝てておらず、だからと言って、降格圏の3チームも勝たないので大丈夫そうではあったものの、このままだと勝ち点27で残留という超恥ずかしい記録を作ってしまいかねなかったレガネスに幸いしたよう。そのまま3-0で快勝したため、同日、バルサに7-1と大敗していた最下位オサスナの降格が数字的に決まることにもなりましたっけ。 ▽それと同時進行して、マドリーも14分にはハメス・ロドリゲスが2点目を追加。34分にはアンドネに1点を返されたものの、44分にはイスコが特異な粘り強さを発揮してボールをキープした末、最後はルーカス・バスケスが決め、前半だけで1-4という余裕のスコアに。後半も再びハメス、イスコ、途中出場のカセミロとgoleada(ゴレアダ/ゴールラッシュ)は続き、デポルティボはホセルが意地のヘッドで1点を入れたものの、最後は2-6の大勝で決着です。ええ、おかげでこちらも再び、首位バルサと同じ勝ち点に戻ることができました。 ▽え、試合後はイスコなど、「Es la grandeza de un club como el Madrid, tenemos 23 titulares en el equipo/エン・ラ・グランデサデ・ウン・クルブ・コモ・エル・マドリッド、テネモス・ベインティトレス・ティトゥラレス・エン・エル・エキポ(マドリーみたいなクラブの偉大さは、チームに23人のレギュラーがいるっていうこと)」と胸を張っていたけど、この土曜のバレンシア戦ではA、B、どちらのバージョンでプレーするのかって?いやあ、そこはジダン監督も頭の絞りどころで何せ、CL準決勝が中2日で来るため、30歳越えしているロナウドやモドリッチらは温存してもいいかと思うんですが、2試合連続で出ないと当人が気を悪くするかもしれませんしね。 ▽Aチームでいくにしてもベイルがいない分、イスコ、アセンシオ、ハメスの誰か1人は入れなければならないでしょうし、そうすると連続先発したその誰かはアトレティコとの1stレグでベンチかスタンド観戦になるのは確実。選手的にはそれもイヤかもしれませんが、幸いチーム内は「No hay equipo A o B, todos somos importantes y es gracias al mister/ノー・アイ・エキポ・アー・オ・ベー、トードス・ソモス・インポルタンテス・イ・エス・グラシアス・アル・ミステル(ウチにAチーム、Bチームはないよ。全員が重要なんだ。監督のおかげでね)」(ナチョ)と波風は立っていないよう。まあ、相手のバレンシアももう今季の目標はクリアしていますし、ザザとカンセロが出場停止でいませんからね。 ▽それだけに土曜午後4時15分(日本時間午後11時15分)からのこの一戦は比較的、穏やかに見られるかと思いますが、その日最後の試合はエスパニョールとバルサのカタルーニャダービー。少しは取りこぼしも期待できますし、まずは勝っておくのが無難でしょう。一方、レガネスは日曜にアウェイで乾貴士選手のいるエイバルと対戦ですが、金曜には18位のスポルティングがビジャレアルに敗戦。更にキックオフ前にグラナダがレアル・ソシエダに負けて降格2チーム目が決まるということもあるかもしれませんが、ここは心を惑わされず、1部に残るチームとしてふさわしい勝ち点の獲得に尽力してもらいたいところかと。うーん、アトレティコの3位争いのライバル、セビージャは月曜試合でマラガ戦なんですけどね。その頃にはきっと誰もリーガのことなんか、考えていませんよね。【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している 2017.04.29 17:28 Sat
twitterfacebook
thumb

【原ゆみこのマドリッド】十八番を奪われた…

▽「毎節、ハラハラすることになりそう」そんな風に私が溜息をついていたのは月曜日、クラシコ(伝統の一戦)から一夜明け、レアル・マドリーとバルサのこの先のカードを見た時のことでした。いやあ、いくら勝ち点で並んだ後者が直接対決の結果、この週明けは首位の座にいようとも、順延となったセルタ戦の分、残り試合が1つ多いマドリーが切り札を握っているのは変わらないと思うんですけどね。ただし、お隣さんとCL準決勝を戦うことになった彼ら同様、ヨーロッパリーグ準決勝でマンチェスター・ユナイテッドに立ち向かうセルタも暇な週がまったくないため、その試合は5月17日、リーガ最終節直前のミッドウィーク開催になりそうだというのはともかく、バルサが残り5試合に全勝した場合、マドリーに許されるのは7試合で6勝1分けのみ。 ▽その間、アウェイでデポルティボ、グラナダ、セルタ、マラガ、ホームでバレンシア、セビージャと戦う訳ですが、バルサだって、カンウ・ノウでのオサスナ、ビジャレアル、エイバル戦、スパニョールのホームでのカタルーニャダービー、ラス・パルマス遠征とくれば、なかなかどうして、全部に勝つというのは難しいかと。うーん、向こうにとって、災い転じて福となすのは先週、CL準々決勝2ndでユベントス相手に逆転突破が叶わず、5月からのミッドウィークがポッカリ空くこと。逆にマドリーには頭の痛いヨーロッパ・マドリーダービーがあるため、その分、体力の消耗が激しいんですけどね。更にシーズン終盤にありがちなことで、途中でポツポツとどちらかが負けたり、引き分けたりする可能性も捨てきれないため、そうなると状況も変わっていくはずで…ええ、これってリーガ戦があるたび、時間刻みに一喜一憂しなきゃいけないってことじゃないですか。 ▽まあ、そんなことはともかく、先週末、一足先にプレーしたのはアトレティコで、土曜にバルセロナに乗り込んでのエスパニョール戦。うーん、こちらはファンフラン、ブルサリコの負傷欠場による本職右SB不在を補ったのがCBのヒメネスで、CL準々決勝2ndレグでのボランチに続いて、マルチタレントぶりを発揮していたぐらいしか、双方無得点だった前半について報告することはないんですけどね。そのままでは前日、グラナダに勝利して、勝ち点で並ばれたセビージャに差をつけられないと、シメオネ監督も思ったんでしょうね。後半頭からFWのフェルナンド・トーレスに代え、MFのトマスを投入。「Buscaba mas gente llegando de segunda linea/ブスカバ・マス・ヘンテ・ジェガンドー・デ・セグンダ・リネア(2列目から敵ゴールに迫る選手を探した)」そうですが、え、それってこのところ、中盤まで降りて来てプレーしていることの多いグリースマンのことだった? ▽だってえ、後半27分、レスター戦で学んだか、敵エリア内にボールを放り込むヒメネスのロングスローインをキッカケにして、サウルのシュートが逸れたところ、最後にそれをゴールに蹴り入れてくれたのはグリースマンだったんですよ。その2分後には、前節は後半ロスタイムにシュートを決めて、マドリッドの新弟分、レガネスを0-1の敗戦に追い込んだレオ・バチストンの至近距離からの一撃をGKオブラクがparadon(パラドン/スーパーセーブ)。「スペイン語で上手い言い方を知らないけど…digamos que la pare con el corazon/ディガモス・ケ・ラ・パレ・コン・エル・コラソン(ハートで止めたといったところかな)」(オブラク)というプレーのおかげもあって、アトレティコはそのまま0-1で勝利することに。 ▽実際、自慢できるような華々しい試合ではありませんでしたが、先週はイングランド遠征をしたせいもあって、彼らも疲れていましたからね。勝ち点3は勝ち点3なので、別にいいんですが、やっぱりその翌日、あのクラシコのような一戦を見せられると、アトレティコにメッシはいないという現実がひしひしと迫ってくるばかり。いえ、ヒメネスなど、「ロナウドは他と違う選手。Sabemos lo que es, de su potencial fisico, pero tambien sabemos como pararlo/サベモス・ロ・ケ・エス、デ・ス・ポテンシアル・フィシコ、ペロ・タンビエン・サベモス・コモ・パラールロ(どんなに凄いか、フィジカルが強靭なのも知っているけど、止め方もわかっている)」と、来週からのCL準決勝にまったく引け目を感じていないようでしたが、繰り返します。いくら相手を零点に抑えても、アトレティコにはメッシのような点の取り方ができるFWはいないんです! ▽そう、先日のCLバイエルン戦に続き、スタジアム周辺に集結した大勢のサポーターのお出迎えを受けたマドリーは開始2分、ウムティティにクリスチアーノ・ロナウドがエリア内で倒されながら、ペナルティをとってもらえないという不運から始まりましたが、前半28分にはクロースのCKがクリアされたボールが戻ってきて、最後はカセミロがゴールを決めて先制点をゲット。ただそのリードはたった5分しか続かず、序盤にマルセロのcodazo(コダソ/肘打ち)を喰らい、しばらく止血のため、ガーゼを口にくわえてプレーしていたメッシが人間離れした個人技で同点に。ええ、前をふさぐカルバハルを問題にせず、易々シュートを決めているのですから、まったく恐ろしいじゃないですか。 ▽その後、38分にはここ2試合、ふくらはぎ痛でお休みしていたベイルが故障を再発。代わりにアセンシオが入るというアクシデントはありましたが、前半は1-1のまま終了します。そして後半しばらく、ケイロル・ンバスとテア・シュテーゲンが互いに好セーブを競い合っていましたが、それだけに27分にラキティッチがエリア前から撃ったシュートがいきなりゴールになった時には誰もが呆然することに。ええ、丁度、バルサの選手が祝っているのと同じでサイドでアップ中だったモラタなど、よっぽど悔しかったでしょうか。口に含んだ水をジョルディ・アルバに向かって吐きかけるなんて真似をしていて、双眼鏡でたまたま見ていた私も我が目を疑ったんですが、ここはremontada(レモンターダ/逆転劇)の殿堂、サンティアゴ・ベルナベウですからね。残り15分以上もあるとなれば、何があってもおかしくないと思っていたところ…。 ▽根性のレモンターダ精神の体現者である、奇跡の後半ロスタイム3分ヘッドという特技を持つ男、セルヒオ・ラモスが一発レッドで退場しちゃったんですよ!それは34分、いえ、当人は後で「Lo he visto ya 70 veces antes de salir aqui a hablar/ロ・エ・ビストー・ジャー・セテンタ・ベセス・アンテス・デ・サリール・アキー・ア・アブラル(出て来て話す前にもう70回はビデオを見たよ)。ボクのタックルはタイミングが遅かったのは確かだけど、相手に触ってない。メッシが跳んだんだから。自分の解釈ではイエローカードだ」と言い張っていましたけどね。 ▽その一方で、「se ha ido cabreadisimo porque queria ayudar al equipo/セ・ア・イドー・カブレアディシモ・ポルケ・ケリア・アジュダール・アル・エキポ(チームを助けたかったから、カンカンになってピッチから出て行った)」(マルセロ)際、積りに積もっていた不満をラモスが爆発させ、「Habla, habla ahora!/アブラ、アブラ・アオラ(今、言えよ)」と、これまでの誤審疑惑発言にせいで八つ当たりされていたピケなどは,「la roja es clara, va con los dos pies por delante/ラ・ロハ・エス・クラーラ、バ・コン・ロス・ドス・ピエス・ポル・デランテ(レッドカードは明らか。両足を上げてタックルしたんだから)」と断言。ただ、あのファールが退場にふさわしいかどうかは、専門家の間でもマドリディスタかバルセロニスタかによっても意見が分かれるところなので、私には何とも。 ▽でもねえ、逆境に燃え上がるのはラモスだけでなく、マドリーに深く染み付いた習性のようなもので、その後の彼らは怒涛のカウンターの攻勢を発動。ボールが行ったり来たりする目まぐるしい展開になりましたが、白いユニフォームが敵ゴールのfondo sur/フォンド・スール(南側スタンド)に向かって行く時の速いことといったらもう!そんな時に「アトレティコにこれが止められるんだろうか」と考えていた私も自分でどうかと思うんですが、その集大成は40分。マルセロのクロスをベンゼマと交代で入っていたハメス・ロドリゲスが流し込み、今回のクラシコでのマストだった同点に持ち込んでしまったとなれば、もう感嘆するしかないじゃないですか。 ▽え、でも結局はそのレモンターダ精神が仇となったんじゃないかって?そうですね、後でジダン監督も「Cuando logras el 2-2 con diez hay que tener un poco mas de cabeza/クアンドー・ログラス・エル・ドス・ア・ドス・コン・ディエス・アイ・ケ・テネール・ウン・ポコ・マス・デ・カベッサ(10人で2-2に持ち込んだ時、もうちょっと頭を使うべきだった)」と反省していましたけどね。「3点目が取れると思い、危険は承知で高い位置でプレスをかけ続けた」マドリーは最後の最後で超強烈なしっぺ返しを喰らうことに。ええ、すでに時間はロスタイム、敵ゴール近くでのスローインから、速攻を許し、セルジ・ロベルトがバルサのカンテラーノ(ユース組織出身の選手)の意地を見せるがごとく、ピッチを全力疾走で縦断。 ▽もちろん、後でロナウドも「Haz falta!/アス・ファルタ(ファールしろよ)」と怒っていたように、ムザムザ行かせてしまったモドリッチやマルセロもいけないんですが、アンドレ・ゴメス、ジョルディ・アルバと繋がれたボールが最後にメッシに渡ってしまったのが、それこそ運の尽きだったかと。そう、自身その日2点目、バルサで通算500得点目となるゴールが決まり、当人がユニフォームを脱いでマドリーファンが座っているスタンドにネームを掲げている間に試合は終わってしまいましたっけ。いやあ、「Hemos ganado 2-3 y a su estilo/エモス・ガナードー・ドス・ア・トレス・イ・ア・ス・エスティーロ(ウチは彼らの流儀で2-3にして勝った)」とルイス・エンリケ監督は試合後の会見で胸を張っていましたけどね。 ▽私なども逆の光景は見慣れているものの、マドリーが土壇場に負けてしまうなんてのはまったくの想定外。これまでサンティアゴ・ベルナベウで奇跡のレモンターダの犠牲者になったチームの気持ちがようやくわかったような気がしましたが、それにしたって、心配なのは午前零時近くになって、やっとミックスゾーンに姿を現したラモスとピケの舌戦がこれまで以上にエスカレートしていたこと。いえ、前にもつつき合いはあったんですが、さすがにクラシコ5回目の退場は堪えたんでしょうかね。「En el Bernabeu estan acostumbrados a arbitrajes muy permisivos/エン・エル・ベルナベウ・エスタン・アコストゥンブラードス・ア・アルビトラヘス・ムイ・ペルニシーボス(ベルナベウでは寛容なジャッジに慣れているからね)」と皮肉を言い、先に帰っていたピケに対し、「Permisivo fue lo del PSG/ペルミシーボ・フエ・ロ・デル・ペーセーヘー(寛容だったのはPSG戦だろ)」ってそれ、違う大会混ぜてるし。 ▽曰く、「文句を言うのは審判にプレッシャーを与える方法。それがジャッジする時に影響することもある。別にピケと仲が悪い訳じゃないけど、クラシコの後で抱擁をかわすなんてことは頼まないでほしい」そうですが、いや、今日のあなたはもうピッチにいなかったでしょ。いやあ、どうにもここまでこじれると、この先のスペイン代表が心配されますが、それはまた6月に考えればいいこと。今は、結局マドリッドには来ず、似たような仕草を退場後にして課された3試合の出場停止、2試合目をおとなしく済ますことにしたネイマール同様の処分がラモスに出るかどうかはわかりませんが、次節の出場停止は確実で、バルサ戦の終盤同様、マドリーのCBがナチョ1人になってしまった現状を憂いるべきかと。 うーん、これってアトレティコなど昨今、各所の人手不足でピッチにCBが4人いることも珍しくないのとは真逆ですけどね。肋骨骨折のペペはともかく、ここは水曜午後9時30分(日本時間翌午前4時30分)からのデポルティボ戦までに、せめてバランがプレーできるようになるのを祈るばかりかと。ベイルのケガの程度はまだわかりませんが、そちらはアセンシオやイスコ、ハメスといった質の高い代替要員には欠かないため、やっぱりマドリーの課題は前節もレアル・ソシエダに0-1で惜敗して、残留争いからなかなか抜け出られない相手の必死の攻撃をどうかわすかでしょうか。 ▽そしてアトレティコの方は火曜の午後9時30分、ビセンテ・カルデロンにビジャレアルを迎えるんですが、どうも最近、このパターンが常態化していますよね。相手は土曜にバカンブが手で入れた後半ロスタイムのゴールが決勝点として認められ、レガネスに2-1で勝利。またしても兄貴分の貫録を示さないといけないんですが、エスクリバ監督が「Como equipo, el Atletico es el mejor de Espana/コモ・エキポ、エル・アトレティコ・エス・エル・メホール・デ・エスパーニャ(チームとして、アトレティコはスペインで一番いい)」と褒めてくれていたのは、メッシのタレント満開の活躍を目の当たりしたばかりの身には嬉しい限りだったかと。 ▽ようやくガメイロやチアゴら、負傷で離脱していた選手たちも少しずつ戻ってきていますしね。取り柄の堅い守備力を最大限に発揮して、最少得点差の地味なゲームでも、とにかく今週は3位死守に尽力してほしいものです。一方、レガネスは水曜にラス・パルマス戦ですが、いくら降格圏のオサスナ、グランダ、スポルティングがほとんど勝ち点を増やしてこないと言っても油断は禁物。もし残留できたとしても、たったの27ポイントではあまりに情けないですし、もちろんツキもありますが、せめて土壇場では負けないという意地を選手たちが持ってくれませんかね。【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している 2017.04.25 12:50 Tue
twitterfacebook
thumb

【原ゆみこのマドリッド】避けては通れない…

▽「どっちが良かったとは言えないのだけど」そんな風に私が複雑な心境に陥っていたのは金曜日、CL準決勝の抽選会であっさりレアル・マドリーとアトレティコの対戦が決まった時のことでした。いえ、もう残りはたったの4チームですから、たとえここでヨーロッパ・マドリーダービーを免れても、その先でまたお隣さんと戦う可能性はかなり高し。それこそ今年はカーディフで開かれる決勝で3度目の正直とならなかったら、いくらカンテラ(ユース組織)育ちのフェルナンド・トーレスなどは「ウチのクラブは小さい時から、決して後悔しないということを教えてくれる。Nos caemos, nos levantamos y volvemos a buscar otra oportunidad/ノス・カエモス、ノス・レバンタモス・イ・ボルベオス・ア・ブスカル・オトラ・オポルトゥニダッド(転んでも起き上がる、そしてまた次のチャンスを探すんだってね)」と言っていたものの、とてもじゃないけどアトレティコファンは立ち上がれないかも。 ▽だからって、ida(イダ/1stレグ)とvuelta(ブエルタ/2ndレグ)の2試合ある準決勝で当たった方がマシなのかと言えば、そうでもなく、実際、2015年の準々決勝ダービーは、先日、アトレティコが16強対決で倒したレバークーゼンに今はいるチチャリートのゴールが唯一の得点となって敗退。いえ、14年間続いた暗黒の「何をやってもマドリーには勝てない」時代が終わり、ここ近年はリーガやコパ・デル・レイでは破ったこともあるんですけどね。シメオネ監督も「CLに優勝するためにはただ1つの道しかない。Insisitir, insistir, insistir y seguir insistiendo/インシスティール、イ・セギール・インシスティエンドー(強く求めて、求め続ける)」と力説していましたが、最近、更に憂鬱にさせてくれるのは、準決勝だって、PK戦にもつれ込むケースを考えないといけないということ。 ▽ええ、レスター・シティから早朝に戻って来た水曜にはトーレスと一緒にアディダスのイベントに出演。ミニゴールへのPKをカンテラーノの先輩が枠に当てて失敗した後、リベンジどころか、自身は素人少年のGKに止められてしまう有様でありながら、コケなど「No estamos teniendo mucha suerte. Ya entraran/ノー・エスタモス・テニエンドー・ムーチャ・スエルテ。ジャーエントララン(ボクらはあまりツイてないね。そのうち入るさ)」と、まったくわびれる風もありませんでしたしね。一応、「もしマドリーに当たったら、ウチには2回の決勝の経験があるから、勝てなかった原因をよく考えて、できるだけいい方法で立ち向かうよ」とは言ってはいたものの、何かやっぱり、とても大船に乗った気にはなれませんよね。 ▽まあ、そんなことはともかく、今週のマドリッドの両雄のCL準々決勝2ndレグがどうだったかをお伝えしておかないと。いやあ、その試合があった火曜は午後7時にサンティアゴ・ベルナベウ周辺に集合、チームバスのお迎えをしてくれるようにと、セルヒオ・ラモスがSNSを使って呼びかけたと前日に聞いた時には、1stレグでは1-2と勝って、アウェイゴールも2本もあるというのにちょっと大袈裟じゃないかと思ったものでしたけどね。 ▽結果としてはCL決勝トーナメントでは恒例のfondo sur(フォンド・スール/南側ゴール裏席)を覆いつくす巨大なモザイクと共に、そうやってファンに応援してもらえたのが、効いたっていうのもあったんでしょうか。実際のところ、キックオフ前など、先週の1stレグとは違い、運悪くも近くで裏カードの放送をパソコンで見ている記者もいなかったため、私など、たった1-0のリードでキングパワー・スタジアムに乗り込んだアトレティコが、レスターの青と白の旗で埋め尽くされたスタンドに圧倒されているんじゃないかと、序盤など心ここにあらずだったんですけどね。 ▽朗報はまず、オンダ・マドリッド(ローカルラジオ局)の二元中継から届きました。そう、前半25分、フィリペ・ルイスのクロスをサウルがヘッドで決めて、アトレティコが先制したというから、どんなに安心できたことか。それでようやく、バイエルンがガンガン、攻めてきている目の前のマドリーに意識が行ったんですが、前半はGKケイロル・ナバスがそれ程、脅かされることもなく、マドリーもラモスのシュートがボアテングにライン上でクリアされるなど、両チーム共、無得点で終了。そのまま0-0ならば、試合として面白くはないけど、私がマドリッドに来た頃には毎年3月の16強対決で終わっていた彼らなのに、もう準決勝進出も7年連続になるんだなあと、感慨深く思っていたところ…。 ▽いえいえ、とんでもない!転じて後半は目まぐるしい展開となり、早くも7分にはカセミロがロッベンをエリア内で倒してしまい、バイエルンがPKをゲット。うーん、これが、エースがピッチにいるといないのとの違いでしょうかね。1stレグでは肩の負傷でレバンドフスキがスタンド見学していたため、カルバハルの疑惑のハンドで得たPKをアルトゥーロ・ビダルが蹴り、失敗していたバイエルンでしたが、この日は、アトレティコのPKシーンではついぞ感じたことのない自信をポーランド人の大型ストライカーは放出。難なくボールをネットに収め、バイエルンが1点を挙げます。とはいえ、もちろんこれでもアウェイゴールがあるため、マドリーの勝ち抜けになるんですが、そんなつまらない結果では決して満足しない選手が約1名。 ▽それはクリスチアーノ・ロナウドで、後で当人も「Lo unico que pido al Bernabeu es que no me silbe/ロ・ウニコ・ケ・ピド・アル・ベルナベウ・エス・ケ・ノー・メ・シルベ(ただ1つ、ベルナベウのファンに頼むのはボクをブーイングしないでくれということ)。自分は全ての試合で常に最高のパフォーマンスを見せようとしている」と言っていましたが、パスなどでミスした折にスタンドからpito(ピト/ブーイング)が数回、聞こえてきたことがよっぽど、気に入らなったんでしょうね。バイエルンはリベリをドグラス・コスタに代え、古巣のサポーターからのオベーションを味わう間もなく、シャビ・アロンソも急ぎ足でミュラーと交代、勝利へのあと1点を求めて総攻撃体制に入っていた30分、カセミロのクロスをヘッドで決め、この試合の同点ゴールを挙げてしまったから、場内がどんなに沸いたことか。 ▽ただしこの喜びはあまり長く続きません。というのもその2分後、マドリーのエリア内に入ったボールがミュラーとレバドフスキに当たり、更にラモスに当たってゴールを割ってしまったから、驚いたの何のって!実はリプレーを見ると、この時、レバドフスキがオフサイドの位置にいたため、この1点はスコアボードに挙がるべきじゃなかったんですけどね。今のCLにはVAR(ビデオ審判)が導入されていないため、この2点目で少なくともバイエルンは延長戦に入る権利を獲得。実際、後半ロスタイムにお馴染みのラモスの救世主ヘッドが炸裂することもなく、試合は120分の勝負になったんですが…。 ▽いやあ、その頃の自分は再びラジオに耳を澄ましていて、何せ後半10分にはファンフランが太ももを痛めてルカスに代わり、ポジションチェンジに右往左往しているうちにレスターのバーディが得点。それ以降もハーフで岡崎慎司選手と交代で入ったウジョアを始め、敵が「han metido gente grande para los centros/アン・メティードー・ヘンテ・グランデ・パラ・ロス・セントロス(クロスを生かすために大きな選手を入れてきた)」(コケ)ため、気が気ではなかったんですけどね。ええ、16強対決2ndレグでセビージャが逆転された記憶もありますし、「En la segunda parte ellos han jugado como siempre juegan, al balon largo/エン・ラ・セグンダ・パルテ・エジョス・アン・フガードー・コモ・シエンプレ・フエガン、アル・バロン・ラルゴ(後半、彼らは普段のプレーをしてきた。ロングボールを放り込むというね)」(サウル)状態ではいつ、また失点するかわかったもんじゃありませんって。 ▽おまけに29分には右SBに続いて、左SBのフィリペ・ルイスまで手を踏まれ、指を骨折して交代に。シメオネ監督も「Es central, y lo seguira siendo/エス・セントラル、イ・ロ・セギラ・シエンドー(彼はCB、そしてそうあり続けるだろう)」と言うものの、その日はボランチで空中戦に奮闘していたヒメネスを最終ラインに戻すなど、またCB4人で守っているって、そんなにレスターの攻勢は激しかった?それでもアトレティコは1-1のまま、規定の時間で終了して、総合スコアでは2-1と、ここ4年で3度目の準決勝進出を確定。お手柄のサウルも「parece que estabamos jugando en casa con el apoyo de nuestra gente/パレセ・ケ・エスタバオス・フガンドー・エン・カサ・コン・エル・アポジョ・デ・ヌエストラ・ヘンテ(ウチのファンの応援で、ボクらはまるでホームでプレーしているみたいだったよ)」と言っていたように、ロンドンから100キロ程離れたレスターまで、1600人の熱いサポーターが遥々応援に行った甲斐はあったようですねね。 ▽その後は私もマドリーの延長戦に集中できるようになったんですが、実は後半38分にビダルが2枚目のイエローカードを出され、そこからバイエルンは10人でプレーしていたんですよ。そこからして、もう結果は見えていましたが、ただ延長前半14分にラモスのパスからロナウドが決めた自身2点目や後半3分のカウンター、マルセロからのボールをもらってのハットトリック達成、CL個人最多の100得点目となったゴールはどちらもオフサイドって、そんな上手い話があっていい?さすがに途中出場したアセンシオがその3分後に独走、敵DFをかわして挙げた4点目は真っ当だったようですけどね。これでは後で、あの温厚なアンチェロッティ監督が「En cuartos de final de la Champions hay que poner arbitros de mas calidad/エン・クアルトス・デ・フィナル・デ・ラ・チャンピオンズ・アイ・ケ・ポネール・アルビトロス・デ・マス・カリダッド(CL準々決勝にはもっと質の高い審判をよこさないといけない)」とカンカンだったのも無理はないかと。 ▽うーん、だからって4-2で試合が終わり、総合スコア6-3でマドリーの突破が決まった後、ビダルとチアゴ・アルカンタラ、レバンドフスキまでが審判控室に抗議に行って、警官が来るまでの騒ぎになったというのもあまり感心しませんけどね。マドリー側に言わせると、「El segundo de ellos tambien esta en fuera de juego/エル・セグンド・デ・エジョス・タンビエン・エスタ・エン・フエラ・デ・フエゴ(彼らの2点目もオフサイドだった)」(ジダン監督)ですし、「Alli les pitaron un penalti que no era/アジー・レス・ピタロン・ウン・ペナルティ・ケ・ノー・エラ(あっちじゃ、ペナルティじゃないのにPKをとられた)」と、1週間前の恨みを忘れていないイスコのような選手もいるため、これはこれで仕方ないんじゃないでしょうか。 ▽そして翌日は、PSG戦に続いて2度目の奇跡のremontada(レモンターダ/逆転劇)はさすがに荷が勝ち過ぎましたかね。ユベントスとカンプ・ノウで0-0と引き分けて、総合スコア0-3でバルサの敗退が決定。並行して行われたモナvsドルトムント戦ではムバッペに続き、アトレティコ時代のゴール嗅覚を取り戻したファルカオも得点し、前者が2連勝でベスト4に入りました。ええ、こちらが準決勝のもう1つの対戦ですが…。 ▽なんて話をしているうちに週末が来て、またリーガ戦なんですよ。33節のマドリッド勢の予定は土曜にレガネスがビジャレアルにアウェイで挑んだ後、午後8時45分(日本時間翌午前3時45分)から、アトレティコが前節、試合終了間際にレオ・バチストンが挙げたゴールで新弟分を破ったエスパニョールとあいまみえます。うーん、レスター戦の後遺症で、フィリペ・ルイスは手にプロテクターをはめてプレーすればいいだけなんですが、問題は太ももを痛め、全治3週間となってしまったファンフランの代役。何せ、ヒザの靭帯を部分断裂したブルサリコもまだリハビリ中ですしね。 ▽シメオネ監督も心を決めかねていたか、「」tres atras, Savic a la derecha, Koke como lateral, Gimenez.../トレス・アトラス、サビッチ・ア・ラ・デレッチャ、コケ・コモ・ラテラル、ヒメネス(CB3人制とか、サビッチが右とか、コケがSBやるとか、ヒメネスでも)」と、前日記者会見では適当なことを言っていましたけどね。健脚自慢はいいんですが、とうとうレスター戦では今季CLで通算素行距離ダントツ1位に120キロのコケが、2位にはFWなのに111キロも走ったグリースマンが入ってしまうなど、選手たちの疲労も心配ですしね。4位セビージャが金曜にグラナダに勝って、勝ち点で並んできているため、このビジャレアル、ラス・パルマス戦と続く、リーガの3連戦も疎かにはできないとなると、さて。 ▽そして日曜には世界中のサッカーファンが楽しみにしているクラシコ(伝統の一戦、マドリーvsバルサ戦のこと)がやはり、午後8時45分からあるんですが、まだ先が読めないのはこれが3試合の出場停止の2試合目となるはずのネイマールがプレーできるのかどうか。うーん、CL敗退して、コパの決勝は残っていますが、ビッグタイトルを獲るにはリーガに懸けるしかなくなったせいか、バルサの法務部があざとく、金曜午前中のTAD(スポーツ調停法廷)が終わった後、上訴委員会の処分に異議を申し立てる書類を送付。調停員たちが土曜に臨時会合を持つのをイヤがるのを逆手にとって、それが裁かれるまで選手には出場する権利が法的にあると主張しているようですが、そんな無茶苦茶な話、あっていい? ▽まさに藁にもすがる気分なんでしょうが、2nレグでは一矢も報えずユーベに敗退した直後だけに、イニエスタでさえ、「De los Clasicos me quedo con el 2-6 o el 5-0/デ・ロス・クラシコス・メ・ケド・コン・エル・ドス・セイス・オ・シンコ・セロ(クラシコでは2-6のか、5-0の試合がいい思い出だね)」と過去の大勝の記憶に慰めを求めないと、元気が出ないようですからね。もちろんピケを始め、メッシやルイス・スアレスは意地を見せるでしょうが、メンタル的には今回、マドリーがかなり優勢なようです。 ▽そのジダン監督のチームでもギリギリまでベンチに入れるかわからないのが、ふくらはぎの軽度の故障が意外と長引いているベイルで、ただこのチーム、ローテーションしても全然、強いですからね。ロナウドも来週のデポルティボ、バレンシア戦、どちらかではCL準決勝を見据えて、お休みをもらうかもしれませんが、ここで2位バルサを叩けば、未消化試合も1つあって、リーガ優勝がかなり近づくこの一戦は欠かす訳にはいきませんって。それでも今季前半のクラシコでは、お馴染み土壇場のラモスのゴールで1-1と引き分けているだけに、油断は禁物。バイエルン戦に続いて、盛り上がること間違いないサンティアゴ・ベルナベウのファンを喜ばせる好ゲームになってくれるといいですよね。【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している 2017.04.22 10:15 Sat
twitterfacebook
thumb

【原ゆみこのマドリッド】一番簡単に点が取れる方法なのに…

▽「PK戦は考えちゃいけないわよね」そんな風に私が納得していたのは月曜。夕方にキングパワー・スタジアムであったシメオネ監督の記者会見の一節を読んだ時のことでした。いやあ、質問は単純に「2ndレグがアウェイなのは不利なのか、得なのか」といったものだったようなんですけどね。それに対して彼は「en caso de empate cuenta con 30 minutos más para marcar un gol que vale doble/エン・カソ・デ・エンパテ・クエンタ・コン・トレインタ・ミヌートス・マス・パラ・マルカル・ウン・ゴル・ケ・バレ・ドブレ(引き分けになった場合、倍の価値のあるゴールをマークする延長の30分間がある)。こういう拮抗した対戦でそれは大きいとUEFAの人は言っている」と返答。 ▽要は90分で1-0とレスターに1stレグと同じスコアで負けて延長戦に入り、更に2点目を取られても、アトレティコは1点を取れば勝ち抜けられるということでしょうが、もしもその30分が0-0だったら、勝負は恐怖のPK戦に突入。何せここ近年、16強対決ではレバークーゼンやPSVにそれで勝ってきた彼らでしたが、一番大事だった昨季のミラノでのCL決勝では最後にファンフランが失敗して、リスボンに続いて、トロフィーをお隣さんに持ち帰られていますからね。その上、今季のPKにおける惨状を目の当たりにしていては、私が延長戦なんてダメ、PK戦なんてもってのほかという気分になってしまうのも仕方なかった? ▽まあ、その辺はまた後でお話しするとして、マドリッドの両雄が、どちらも火曜にCL準々決勝2ndレグを控えている中、土曜のリーガ戦はどうだったかというと。先にキックオフとなったレアル・マドリーでまず、驚かされたのはあまりにも徹底した先発ローテーションぶりで、いえ、CL準々決勝の谷間の試合ということで、ベイルのみ負傷ですが、クリスチアーノ・ロナウドもベンゼマもマドリッドでお留守番と、BBCメンバーが1人も招集リストにいなかった時点から、思い切ったことするなあという感じはあったんですけどね。 ▽エル・モリロン(スポルティングのホーム)のピッチに立つスタメンが近所のバル(スペインの喫茶店兼バー)のTV画面に紹介された時には、後ろにいたお客さんからも「Vaya, sale Coentrao!/バジャ、サレ・コエントラン(おいおい、コエントランが出るのか)」と呆気に取られたような声が聞こえていましたが、まさか、キャプテンのセルヒオ・ラモス以外、中盤の3人も含めて全員suplente(スプレンテ/控え選手)でスタートするなんて、もしやこれって2部Bのチームと当たるコパ・デル・レイ最初のラウンドの1stレグだった? ▽おそらくそれには相手のスポルティングも、たとえ自分たちが降格圏に長らく沈んでいる身分であっても、ちょっとモヤッとしたんでしょうね。地元のサポーターの大声援の後押しも受けて13分、ビガスの浮き球パスにチョップが早々と反応。vaselina(バセリーナ/ループシュート)で見事に先制点を決めてしまったから、意表を突かれたの何のって。でもねえ、マドリーは普通のチームと違って、セカンドバージョンでも才能溢れる選手ばかりなんですよ。そのわずか3分後、イスコが敵DFの密集したエリア内を自力ですり抜け、同点ゴールを撃ち込んでくれたため、前半は1-1と、キックオフ時と同じ状態でハーフタイムを迎えることに。 ▽ところが後半開始直後、マドリーは今季、ありがちな過ちを犯してしまいます。それは後でジダン監督も「Es un despiste, porque nos hemos quedado hablando/エス・ウン・デスピステ、ポルケ・ノス・エモス・ケダードー・アブランドー(うっかりミス。ウチは話し続けていたから)」と認めていたように、スポルティングのFKのチャンスの時に発生。ヴァバンが頭で繋いだボールをビガスに山なりのヘッドでネットに送られ、GKカシージャをまたしても破られてしまったから、たまったもんじゃありません。それでも58分にはダニーロのクロスをモラタがこちらもヘッドで決め、またしても追いついたマドリーでしたが、そこからなかなか勝ち越し点が奪えず。 ▽何せ、いつもなら窮地に応援に赴くメンツが最初からピッチにいたため、その日の控えFWはカンテラーノ(RMカスティージャ出身の選手)のマリアーノしかいませんでしたからね。私も先行きが気になったんですが、その頃にはもうビセンテ・カルデロンに向かわないといけない時間になっていたため、バルを出て、メトロ(地下鉄)へ。途中、スコアは動かないまま、残すところ数分、ピラミデスの駅を出て、ラジオを急いでつけてみると、折しもCKからラモスのヘッドは枠を捉えられずとの報が。これはいよいよ引き分けかなと覚悟したところ…。 ▽ラモスだけじゃないんですよ、土壇場のゴールを決められるのは! それは再びイスコで、今度はペナルティエリア手前からシュート。地面を真っ直ぐ転がったボールがゴール右隅決まり、マドリーの3点目になったというんですから、本当に最後の最後まで油断のならないチームじゃないですか。うーん、こんな選手が控え扱いで、BBCに何か理由がある時にしか先発できないというのは、まさに贅沢の極み。羨んでしまう向きも多いかと思いますが、ちなみに彼が決勝ゴールを挙げた後、見せていた親指と人差し指、小指を立てて、両手をヒラヒラさせたポーズは前日の夜、アウェイ時のファンサービスとして、チームが滞在するNHヒホン・ホテルでのサイン会で、両親に連れられたろう者の少女に応対した際、教わった手話。「Te quiero/テ・キエロ(君が好き)」の意味だとか。 ▽試合でゴールを挙げたら、その仕草をする約束をしたそうですが、自身1点目の時にはしないで、2点目でやったっていうのはもしや、最初から2ゴール入れる自信があったから? まあ、その辺の事情はわかりませんが、当人はこのところ、契約延長交渉がなかなか進まないため、引きも切らない移籍の噂に対して、「Hay muchos bocazas por ahí, yo hablo en el campo/アイ・ムーチョス・ボカサス・ポル・アイー、ジョ・アブロ・エン・エル・カンポ(その辺にはイロイロ言う人が沢山、いるけど、ボクはピッチで喋るよ)」とのこと。マドリーに残りたい意志は強いようですが、それだと彼のプレーを見る機会が限られてしまうのは残念ですよね。 ▽そんなマドリーの劇的勝利があったため、カルデロンに入るまで、私もつい忘れていたんですが、実はアトレティコも珍しく、シメオネ監督が大幅なローテーションを決行。いやあ、コケが出場停止、ガビが休養でベンチ入りしていなかったのは知っていたんですけどね。最初にオンダ・マドリッド(ローカルラジオ局)の実況担当から、「グリーズマン、サウール、サビッチもベンチスタート。ボランチはヒメネスとトーマスです」と聞いた時には、あまりの大胆さに頭がクラクラしてしまったぐらいだったんですが、幸いそれは杞憂に終わります。ええ、何より30分、カラスコがエリア外から放ったシュートが先制点となったのが、元々、どこか諦め気味だった相手の最下位オサスナの抵抗力を完全に砕いてくれたから。 ▽おかげで守備の方ではほとんど苦労もせず、49分にはガイタンのクロスをカラスコが今度はヘッドで決めてくれて、リードは2点に。更に61分にもコレアからラストパスをもらったフィリペ・ルイスがリーガここ4試合で3点目となるゴールを入れ、とうとう3-0になってくれたとなれば、その日はクラブが“El Dia del Nino/エル・ディア・デル・ニーニョ(子供の日)”と銘打って、スタジアム近隣に設置した数々のアクティビティを午前中から満喫。ちょっとお疲れモードで試合にやって来た親子連れだって、元気を取り戻しますって。 ▽え、用心深いシメオネ監督は2点では心細く、3点目が入る寸前にはあろうことか、エースを投入するつもりだったんだろうって? その通りで、丁度、支度を整えて待っていたグリーズマンとフィリペ・ルイスが2人でNBAプレーオフ開催にちなみ、ヒューストン・ロケッツのジェームズ・ハーデンのパフォーマンスを真似するなんてシーンもゴールの後には見られましたが、さすがにこのリードなら、もう大丈夫だと踏んだんでしょうね。そのままグリーズマンはベンチに戻り、70分にはフェルナンド・トーレスを昨年11月以来となる、負傷明けのチアゴに交代。ただ、場内が温かい拍手に沸いた後にガイタンを、マドリーダービーでは寸前のところで今季のリーガデビューをし損ねたチェルチに代えていたのにはちょっとビックリさせられたかと。 ▽うーん、あとでシメオネ監督は「Está trabajando muy bien/エスタ・トラバハンドー・ムイ・ビエン(彼はとてもよく練習している)」と本来なら、冬の移籍市場でチームを出るはずだったため、ずっと員数外扱いされていたチェルチの起用を説明していましたけどね。やはり、お隣のコエントラン同様、アトレティコファンも彼のことは笑いのネタと捉えているようで、妙な大喝采を浴びていたのはちょっと気の毒だったかも。そんな余裕の温情交代策もあったため、そのまま試合は無事に終わるかと思いきや、そうはいかないのがアトレティコ。88分にはコレアがGKシリグに倒されて、90分にはトーマスのパスがエリア内でミゲール・デ・ラス・クエバスの手に当たって、別に必要もないのに2回もPKを与えられたんですが…。 ▽スコアは5-0にはならなかったんです! というのも、最初のPKはハットトリックを狙ったカラスコが蹴って止められ、2本目は「quería hacer un gol en ese momento, no estaba escuchando nada/ケリア・アセール・ウン・ゴル・エン・エセ・モメントー、ノー・エスタバ・エスクチャンドー・ナーダ(あの時は自分がゴールを入れたかった。何も聞いちゃいなかった)」と、スタンドが「Circi tiralo!/チェルチ・ティラロ(チェルシ、PKを蹴って)」と合唱する中、ヒメネスもそう助言したにも関わらず、トーマスがキッカーを譲らず。やはりシリグに弾かれているんですから、もうどうしたらいいのか。 ▽いえ、先日のCLレスター戦1stレグでPKをようやく決めてくれたグリーズマンはその日、ハーフタイムのアップ中、スポンサーが主催するファンのPK合戦に飛び入り参加。そこでもしっかり決めて、スタジアムDJに「Gol de Antoine Griezmann!/ゴール・デ・アントワーヌ・グリーズマン」と叫ばれていたぐらい、見かけによらず、練習熱心なんですけどね。 ▽試合が3-0で終わって、カラスコの話を聞けば「Puede ser que no entrenemos demasiado los penaltis/プエデ・セル・ケ・ノー・エントレネモス・デマシアドー・ロス・ペナルティス(ボクらは十分にPKを練習していないのかもしれない)。ツキもある」ですし、トーマスに至っては「GKが上手く止めた。Son cosas que pasan en el fútbol/ソン・コーサス・ケ・パサン・エン・エル・フトボル(サッカーでは起きることさ)」ですもの。シメオネ監督は「説明はできない。個人がやることだしね。Pero no es mala suerte/ペロ・ノー・エス・マラ・スエルテ(だが、運が悪いせいではない)」と、これでリーガ戦6連続のPK失敗、今季は13本中8本も失敗していることに対して話していましたが、もうこうなるとホントに超迷惑ですよ。彼らがPKをもらうのって。 ▽こんな調子ですから、この火曜のCL準々決勝2ndレグも心配でしようがないんですが、日曜のマハダオンダ(マドリッド近郊)のセッションでもPKを練習していたのはグリーズマンとチェルチだけだったとか。おまけにレスターではフートは出場停止になるものの、しばらく負傷していたキャプテンのCBモーガンが復帰できるようで、1stレグより、アトレティコはチャンスを作りにくい可能性も。好材料としては3月のフランス代表戦以来、太もものケガで出場していなかったガメイロと控えGKモヤが招集リストに戻ったことですが、16強対決の2ndレグでうっかり敵のカウンター戦略にはまり、逆転敗退を喫したセビージャの二の舞だけはしないでくださいね。 ▽そして同じ火曜の午後8時45分(日本時間翌午前3時45分)からは、マドリーもサンティアゴ・ベルナベウで2ndレグに挑むんですが、最近は日が長いこともあって、私もお散歩気分でバイエルンのスタジアム練習を見学してきたところ、どうやら肩を痛めていたレバンドフスキは完全復活した模様。懸念のあったボアテングやフンメルスも普通に全体練習に参加していたため、ドイツ語は一切、使わず、質問も答えもほとんどスペイン語だったせいもありますが、ジャージの色さえ違えば、今もマドリーの監督と言われても全然、違和感のなかったアンチェロッテ監督も結構、remontada(レモンターダ/逆転劇)に自信を持っていた印象がありましたっけ。 ▽いえ、もちろん先週、1-2で負けた彼らは0-2以上のスコアを挙げないと、準決勝に進むことはできないんですけどね。アンチェロッテ監督も「el Madrid marca todos los partidos pero también encaja en casi todos los partidos/エル・マドリッド・マルカ・トードス・ロス・パルティードス・ペロ・タンビエン・エンカハ・エン・カシー・トードス・ロス・パルティードス(マドリーは全ての試合で得点するが、同時にほとんど全ての試合で失点する)」と、ここ公式戦54試合連続得点しているジダン監督のチームに皮肉を言うことも忘れていませんでしたしね。 ▽ドイツ語でも英語でも流暢に応対するシャビ・アロンソと一緒に記者会見に出ていたキャプテンのラームも、未だに2012年の準決勝でPK戦にもつれ込み、最後はセルヒオ・ラモスが天高く撃ち上げてくれたおかげで、勝ち抜けた対戦をベルナベウでのいい思い出として話していましたが、いやあ、やっぱりマドリーの試合でもPK戦なんて、ドキドキするからイヤですって。ちなみに午前中にバルデベバス(バラハス空港の近く)の練習場で会見したジダン監督は欠場するベイルの代役を訊かれても、「Lo tengo decidido pero no lo voy a decir/ロ・テンゴ・デシディードー・ペロ・ノー・ロ・ボイ・ア・デシール(決めてあるけど、言わないよ)」と、イスコが先発するかどうかは明言せず。まあ、アセンシオやハメス・ロドリゲスというカードもありますし、何はともあれ、まずは週末にゆっくり休養が取れたクリスチアーノ・ロナウドやベンゼマが頑張ってくれることが先決ですかね。【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している 2017.04.18 12:07 Tue
twitterfacebook
thumb

【原ゆみこのマドリッド】決着は来週までお預けに…

「余裕があるチームはいいわね」そんな風に私が羨ましがっていたのは金曜。CL準々決勝の合間にあるスポルティング戦に向けた、レアル・マドリーの招集リストを見た時のことでした。いやあ、午前中にジダン監督の記者会見があったため、水曜のバイエルン戦1stレグでふくらはぎをケガしたベイルが出られないことはわかっていたんですけどね。蓋を開けてみれば、出場停止のカルバハルや負傷中のヴァランやペペは仕方ないものの、クリスティアーノ・ロナウドもベンゼマも、GKケイルロ・ナバスまでがマドリッドでお留守番。こんな思い切った真似、消化試合が1つ少ない状態でバルサと勝ち点差3をつけている首位でなければできないのでは? いえ、同じくレスターとのCL準々決勝2ndレグを来週、火曜に控えるアトレティコの場合、お隣さんとは正反対で守備陣は控えGKモジャ以外、皆健康で頭数は揃っているんですが、負傷者多発でボランチから上はここ3試合、選びようのない状態に。ようやくガイタンが水曜の試合でベンチに戻って来たため、メンバー表から馴染みのないカンテラーノ(アトレティコBの選手)の名前こそ一時、消えたものの、この土曜のオサスナ戦ではコケが累積警告になるという逆境も。 ガメイロの復帰がまだとなると、FW陣もグリーズマンとフェルナンド・トーレスが先発すれば、リフレッシュ要員はコレアしかいない今、シェイクスピア新監督下でのプレミアリーグ5連勝で降格圏から遠く離れることに成功。かといって、現在の11位では来季のヨーロッパリーグ出場圏を目指すのも非現実的なレスターが土曜のクリスタル・パレス戦で再び、大ローテーションをかけるのを横目に、アトレティコは同じメンツで乗り切るしかないって、何だか不公平じゃない?うーん、彼らには前節のマドリッド・ダービーで引き分けてしまったため、4位セビージャとの差が勝ち点1に縮小。CLグループリーグ直接出場権をもらえる3位を死守しないといけないという火急の事情もありますしね。 ただ、ビセンテ・カルデロンでの試合後、リーグ前節のエバートン戦でも主力5人をローテーションしていながら、「チームは疲れているようだった」とレスターの岡崎慎司選手が言っていたのは対照的に、その日も相手より合計7キロメートル多く走ったアトレティコの選手たちは体力だけはまだ余裕があったよう。それでも今季の彼らのCL1試合平均より6キロ程少なかったため、帰宅前にはフィジカルコーチに命じられて、ロッカールームで自転車漕ぎをさせられていましたしね。ミュンヘンでマドリーの救世主となったロナウドも「He hecho un cambio radical en los entrenamientos para llegar a tope al final de temporada/エ・エッチョー・ウン・カンビオ・ラディカル・エン・ロス・エントレナミエントス・パラ・ジェガール・ア・トペ・アル・フィナル・デ・テンポラーダ(シーズン終盤にトップコンディションになるため、練習方法を大きく変えた)。ここ数年は限界が来て、ケガとかもしていたからね」と言っていましたし、やっぱり体力があるというのは何物にも代えがたいことかと。 まあ、そんなことを再確認させられることになった今週のCL戦の様子をお伝えしていくことにすると、バルサがトリノでユベトス相手に3-0負けと、16強対決のPSG戦に続いて、2ndレグで奇跡のremontada(レモンターダ/逆転劇)を目指すことが決まった翌日の水曜、マドリーとアトレティコはそれぞれミュンヘンとマドリッドで同じ時間にプレー。もちろん私はビセンテ・カルデロンに行ったんですが、キックオフ前にはバックススタンドを埋め尽くすモザイクでアトレティ、垂れ幕で「Nada mas que tu/ナーダ・マス・ケ・トゥ(君以外にはいない)」という、熱いメッセージを送ったファンたちもお隣さんの様子は気になっていたよう。ええ、開始4分でコケのエリア外からのシュートがゴールポストを直撃して以来、ずっと攻め続けながら、なかなか得点が入らなかったじれったさもあったんでしょうが、25分、最初に大歓声が場内が沸いたのは、アルトゥーロ・ビダルがヘッドでバイエルンの先制点を挙げた時でしたっけ。 それが呼び水になったんでしょうかね。折も折、私が隣に座った記者がパソコンで見ていた数分遅れの中継画像で、ビダルのゴールシーンを確認している時のことでした。ふっと視線をピッチに戻すと、グリーズマンがボールを持って敵陣を全力疾走。エリアに入るか入らないかの辺りでオルブライトンに倒されてしまったから、驚いたの何のって。いえ、後でシェイクスピア監督も「あれはエリア外だった」と言っていたように、すんなりPKをもらえたのも意外でしたけどね。まさか、4度連続してPKを失敗し、ここ数回はキッカーをしていなかったグリーズマンが密かに特訓。その成果を3月のフランス代表W杯予選、ルクセンブルク戦に続いて披露してくれたとなれば、スタンドの盛り上がりが最高潮に達したのも無理はありませんって。 前半はそれ以降、チャンスもなかったため、リベリのシュートを胸に当てたカルバハルがハンドと判定され、PKを蹴ることになったビダルが失敗に終わったせいでの溜息に包まれて、試合はハーフタイムに入ったんですが、ここで岡崎選手はアンディ・キングと交代。「ウチはボランチから後ろの押し上げができなかったから、中盤を1枚増やすため、自分が45分で交代になった」そうですが、だからといってレスターが最後まで優勢になることはなかったような。ただアトレティコも、トーレスが絶好のシュートチャンスに足を滑らせてしまったり、カラスコと代わったコレアも枠を捉えられなかったりと、追加点を挙げることはできません。 いえ、後でコケなどは「Nos vamos contentos porque el 1-0 lo firmábamos/ノス・バモス・コンテントス・ポルケ・エル・ウノ・セロ・ロ・フィルマバモス(ボクらは満足だよ。だって1-0でも良かったんだから)」と負け惜しみを言っていましたけどね。「アトレティコはウチが引いていると後半、困っていた感じもあった」(岡崎選手)なんて意見も聞かれたため、ボールを持ち過ぎると、何をしていいかわからなくなるという欠点はまだ直ってないのかと。ちなみに岡崎選手は「リーガのチームはプレミアと違って、サッカーが上手い。ボールの出し入れとか、ワンタッチパスとかの差があるね。あっちだったら、引いてもやられることはないんだけど」とアトレティコを褒めてくれていましたが、何せ16強対決では2-1と先勝したセビージャがキングパワー・スタジアムの2ndレグで2-0、逆転敗退した例がありますからね。 もちろん、彼らはサンパオリ監督のチームと違い、アウェイゴールを許すこともなく、与えられたPKもちゃんと決めて勝ちましたし、「nosotros somos el Atlético de Madrid, sabemos a lo que jugamos y lo que tenemos que hacer/モソトロス・ソモス・アル・アトレティコ・デ・マドリッド、サベモス・ア・ロ・ケ・フガモス・イ・ロ・ケ・テネモス・ケ・アセル(ボクらはアトレティコ。何を懸けて戦っているかも、やらなければならないこともわかっている)」(コケ)と、勝ち抜ける自信はあるみたいですけどね。私事で恐縮ではありますが、来週の火曜はサンティアゴ・ベルナベウでバイエルン戦を見ながら、オンダ・マドリッド(ローカルラジオ局)の2元中継で展開を追うことになる自分としては、もっと安心できるスコアの方が有難かったかと。 え、そうは言ってもマドリーだって、1stレグに大勝した訳じゃないんだろうって?その通りで、後半は2分にカルバハルのクロスをロナウドが決めて同点にすると、15分にはハビ・マルティネスが2枚目のイエローカードをもらって退場。相手が10人になったおかげで、そこから俄然、優勢になった彼らは32分、ベイルと交代したアセンシオのラストパスを再びロナウドが押し込んで、とうとう逆転に成功します!いえ、他にも惜しいシュートは何本かあったんですけどね。GKノイアーにparadon(パラドン/スーパーセーブ)を連発されてしまい、ロスタイムにFKからセルヒオ・ラモスが入れたゴールも「Me han pitado fuera de juego por milésimas/メ・アン・ピタードー・フエラ・デ・フエゴ・ポル・ミレシマス(数ミリのオフサイドを取られてしまった)」(ラモス)というのは少々、誇張ですが、スコアには上がらず。最後は1-2という最少得点差での勝利に。 それでも彼らは2ndレグがホームだけに圧倒的に有利ですからね。その上、肩を痛めていたレヴァンドフスキがプレーしなかったおかげもあって、出場停止目前だったラモスがイエローカードをもらわずに済んだというのは大きかったかと。そうそう、殊勲の2ゴールを挙げたロナウドはこれで、初のUEFA主催大会で100得点を記録した選手になったんですが、ジダン監督に言わせると、当人は「Estaba contento, pero no contento porque ha tenido el tercero también/エスタバ・コンテント、ペロー・ノー・コンテントー・ポルケ・ア・テイードー・エル・テルセーロ・タンビエン(満足していたけど、3点目も決められたかもしれなかったから、満足していないところもある)」そう。それだけにベルナベウでの2ndレグでもdoblete(ドブレテ/2得点のこと)を目指しているとなれば、マドリーファンは大船に乗った気でいていい? おまけに最初に言ったように、この土曜、午後4時15分(日本時間翌午前11時15分)からのスポルティング・ヒホン戦には出ずに、自宅で英気を養いますからね。最近、5キロの減量に成功して、プレーに磨きがかかっているベンゼマと一緒にバイエルン戦には体力十分で挑めるとなれば、鬼に金棒とはまさにこのこと。実際、今では「Ya no sé ni en qué posición juega./ジャー・ノ・セ・ニ・エン・ケ・ポシシオン・フエガ(もうどこのポジションでプレーしているかもわからない…)。どこの場所でも守って、CFのようにゴールを決め、MFのようにアシストする」(シメオネ監督)とまで言われている、アトレティコのエースとはそれこそ雲泥の差じゃないですか。 その結果、エル・モリロン(スポルティングのホーム)では、モラタやイスコ、アセンシオ、ルーカス・バスケス、ハメス・ロドリゲスらが先発のチャンスを得ることになりますが、Bバージョンのマドリーでも普通に強いですからね。それでも、さすがに降格圏にいる相手には荷が重いとはいえ、何が起こるかわからないのがサッカーのいいところ。同日、最後の試合でレアル・ソシエダをカンプ・ノウに迎えるバルサも、マラガ戦で退場したネイマールは次のクラシコ(伝統の一戦、マドリーvsバルサ戦のこと)を含む3試合の出場停止処分を受けていますが、勝敗の如何によっては、一気にモチベーションが上がるかもしれませんね。 一方、その次の時間帯、午後6時30分(日本時間翌午前1時30分)からオサスナに挑むアトレティコは金曜の夕方練習の後に1つだけ朗報が。それは昨年の12月のビジャレアル戦以来、ずっと負傷で休んでいたチアゴが招集リストに復帰したことですが、それと交代でキャプテンのガビが休養って、とうとうシメオネ監督もローテーションを実施するつもり?いやあ、確かにオサスナはダントツの最下位ですが、前節はレガネスを破って少々、運気が変ったようですからねえ。こんなところでうっかり火傷をしないよう、私も祈るしかありません。 そしてそのオサスナに負けて、ショックを受けている新弟分、レガネスは日曜にエスパニョールをブタルケに迎えるんですが、今も降格圏とは勝ち点差5あるものの、ここ5試合白星なしと、なかなか残留確定ラインに近づけず。あと残りは7試合、ちょっと気合を入れていかないと、昨季のラージョやヘタフェのように最終節まで、ファンをドキドキハラハラさせる破目になりかねない?ちなみに今季は2部でプレーしているマドリッドのチームで昇格に最も近いのは現在、6位のヘタフェ。ただこれも今は柴崎岳選手のいるテネリフェが占めている3位から6位までの4チームでのプレーオフという試練があるため、リーガ1部の試合がマドリッドの近場で沢山、見られるという利点を保つ意味でも、ここはどうしてもレガネスに頑張ってもらわないといけないですよね。【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している 2017.04.15 19:28 Sat
twitterfacebook
thumb

【原ゆみこのマドリッド】長所が戻ってきた…

▽「要はまた同じメンツなのね」そんな風に私が首を振っていたのは月曜。マハダオンダ(マドリッド近郊)の練習場で午前中に行われたアトレティコのトレーニングには、ガメイロもガイタンも姿が見えなかったというニュースを聞いた時のことでした。いやあ、もうこの状態は先月の代表戦週間が明けて以来、変わっていなくて、水曜のCL準々決勝レスター戦1stレグでスタメンがリピートするのも3試合目。別に彼らには体力もあるため、それはいいんですが、とにかくシーズンも今が正念場。コパ・デル・レイの初期ラウンドでもないため、ベンチ入り18人の枠を満たすため、回り持ちで呼んでいるカンテラーノ(アトレティコBの選手)のFWやMFをおいそれと入れる訳にもいきません。結果、点が欲しい展開で投入できるのがコレア以外いないというのにはちょっと、心細い気がしてしまうのは決して私だけではなかったかと。 ▽え、それでも先週末のマドリーダービー、アトレティコは何とかこのメンバーで乗り切ることができたじゃないかって? そうですね、前回、午後4時15分からのサンティアゴ・ベルナベウでのアラベス戦で、正面から西日を1時間以上浴びたのに懲りた私がしっかり、UVカット帽子持参で挑んだ土曜。アップ中には数日前に近所の駐車場で7万ユーロ(約800万円)相当の腕時計を盗られたコケに、「Koke, ?que hora es?/コケ、ケ・オラ・エス(今、何時だ?)」なんてカンティコ(節のついたシュプレヒコール)がレアル・マドリーファンから飛んでいたなんて、心痛むこともあったんですけどね。fondo sur(フォンド・スール/南側ゴール裏席)を大きく覆った「El trono es nuestro/エル・トローノ・エス・ヌエストロ(王座は我々のもの)」という、含蓄のある垂れ幕にも臆せず、彼らはお隣さんに立ち向かったんですが…。 ▽うーん、前半はどちらも用心していたんでしょうかね。散発的なチャンスがあるだけで、時間が経つにつれ、両者共にパスミスが激増。いえ、アトレティコの場合は元々、そんなシーンはお馴染みですし、その日は「Estuvimos imprecisos, pero no es facil el ritmo al que se juega/エストゥビモス・インプレシーソス、ペロ・ノー・エス・ファシル・エル・リトモ・アル・ケ・セ・フェガ(ウチは正確性に欠けていたが、あのリズムでプレーするのは簡単ではない)」(シメオネ監督)という理由があったようなので、私も驚きはしませんでしたけどね。30分近くにはGKオブラクがベンゼマのシュートを弾き、さらにそのオブラクも飛び出してしまった後、クリスチアーノ・ロナウドの一撃をサビッチがライン上でヘッドクリアするなど、ドッキリさせられる場面も…。 ▽これには後でオブラクも同じバルカン半島仲間のサビッチにお礼を言っていたそうですが、後半に入ってすぐ、至近距離からベンゼマに撃たれた時には当人が圧巻のparadon(パラドン/スーパーセーブ)を披露。あまりに強い日光に当たっていたこともあって、私も目の前がクラクラしてしまった程でしたが、どうやらこれは相手を前半無得点に抑えたのをいいことに、アトレティコがハーフタイム後のピッチに「Hemos salido como dormidos/エモス・サリードー・コモ・ドルミードス(ボクらは眠っているかのように出て行った)」(グリーズマン)せいだったよう。当然、そのツケは回ってきて、今度は52分、クロースのFKからペペにヘッドを決められ、マドリーに先制されてしまったから、さあ大変! ▽いやあ、この時、すがすがしいぐらいペペがノーマークだったのは、未だに2回のCL決勝のトラウマを抱えるアトレティコの選手たちが、セルヒオ・ラモスばかりに目が行ってしまったせいだと思いたいんですけどね。加えて、滅多にないチャンスでは59分、フェルナンド・トーレスが1対1になりながら、GKケイロル・ナバスに向けてシュート。そしてその2分後にサウールの代わりに入ったコレアがアトレティコ最初で最後の弾丸だったとなれば、この先一体、何を期待したらいい? いえ、マドリー側にもクロースがボールをクリアしようとした際、同僚にヒザ蹴りを喰らわせ、鋤骨を2本骨折したペペがナチョに代わるというアクシデントはあったんですけどね。 ▽それでもグリーズマン、会心のchilena(チレナ/オーバーヘッドシュート)もナバスに弾かれ、75分を過ぎてもゴールが入らず、その上、シメオネ監督は「Era instinto de lo que necesitabamos/エラ・インスティントー・デ・ロ・ケ・ネセシタバモス(ウチが必要としているものを直観した)」とトーレスを下げ、ボランチのトーマスを投入。不可解なFW削減策に出ただけでなく、お隣さんと違って、アトレティコのDNAには根性のremontada(レモンターダ/逆転劇)は刷り込まれていませんからねえ。終盤、最後の交代を今季、移籍先が決まらず仕方なく残留。リーガでまだ1度もプレーしていないチェルチがピッチ際で待っているのを見た暁には、私もほとんど絶望していたんですが…あったんですよ! 彼らにも自慢できるものが! ▽え、それはシメオネ監督も「いい選手である以上に働いて、走って、エリア内にも入り込む。才能のある選手が献身的にプレーするのを見るのは喜びが倍増する」と褒めていたグリーズマンのことだろうって? うーん、そうでもありますが、いよいよ85分、コレアのスルーパスが通って、彼が3度目の正直でナバスを破り、先日は下に着たTシャツに彼女のエリカさんへの誕生日祝いメッセージを書いて披露、後付で罰金を喰らったせいで頭を絞り、今度は娘のミアちゃんの1歳のバースデーのお祝いをテープに書いて足首に装着。念願通り、TVカメラにアップしてもらえたのは、1にも2にもアトレティコの選手たちが「Fisicamente hemos acabado mejor que el Madrid/フィシカメンテ・エモス・アカバードー・メホール・ケ・エル・マドリッド(フィジカル的にウチはマドリーを上回って終わった)」(グリーズマン)おかげ。 ▽いえ、ジダン監督は「No creo que nos haya faltado algo fisicamente/ノー・クレオ・ケ・ノス・アジャ・ファルタードー・アルゴ・フィシカメンテ(ウチが体力的に何か欠けていたとは思わない)」と否定していましたけどね。実際、カゼミロなども「Ellos han presionado mas en esa fase/エジョス・アン・プレシオナードー・マス・エン・エサ・ファセ(その時間、彼らはますますプレスをかけてきていた)」と証言していますし、キャプテンのラモスも「el partido en cinco minutos por no achicar y por dejar tantos espacios/エル・パルティードー・エン・シンコ・ミヌートス・ポル・ノー・アチカル・イ・ポル・デハール・タントス・エスパシオス(試合残り5分で敵に詰めないで、あんなにスペースを与えてしまった)せいで勝利を逃がした」と言っていましたからね。 ▽それも疲労があったからだとしたら、納得いくんですが…。残念ながら、この試合は4年前にアトレティコが延長でマドリーを下したコパ・デル・レイ決勝にあらず。ええ、もちろんアディショナルタイムで終わりというのはわかっていたため、記者会見では「ウチは勝利に近かった」と言っていたシメオネ監督もスコアが同点になった途端、チェルチのリーガデビューを撤回、CBヒメネスをボランチとして投入して、勝ち点1を守り抜きましたが、いやあ、本来なら土壇場に得点するのはマドリーの十八番ですからね。その後の短い時間に再び勝ち越されなくて本当に良かったですし、2014年にリーガを制した時の古き良き長所は、次回のCL決勝の時にでも発揮されてほしいですね(最終結果1-1)。 ▽ただ、その日はマドリーにもツキはあったんですよ。というのもサンティアゴ・ベルナベウを出た私は柴崎岳選手のいるテネリフェが来ると言うので、久々にエスタディオ・デ・バイェカスを訪問。開始3分でアマトに速攻で先制された、今季から2部で戦っているラージョが23分にはエンバルバのゴールで同点に。柴崎選手は残り10分程。試合はダービーと同じスコアで決着と、何とか今節も降格圏外で終わることになったのはまあ、嬉しいんですけどね。同じ時間にプレーしていたバルサが、こちらはマドリーが古巣のミチェル新監督が指揮するマラガに2-0で負けたという報をラジオで知って、驚いたの何のって。 ▽おかげで順位を逆転されるどころか、2位との差を勝ち点3に広げられたとなれば、ダービー引き分けの痛みも少しは和らぐというもの? 実際のところ、マドリーには未消化のセルタ戦も残っていますしね。丁度、私が移動中の試合でセビージャがデポルティボに4-2と勝利、4位との差を勝ち点1に縮められてしまったアトレティコの方がまた、来季のCLグループリーグ直接出場権死守を懸けて、この先大変な思いをしそうですが、さて。実際、今週末、彼らが当たる最下位オサスナにはマドリッドの新弟分、レガネスが日曜に2-1で競り負けているだけに決して、油断はできませんよね。 ▽え、今はそれより、マドリッドの2強は水曜に差し迫ったCL準々決勝1stレグの準備で大わらわなんだろうって? そうですね、昨季のグループリーグじゃあるまいし、どうして同じ曜日に振り分けてくれるんだと、ちょっとファンとしては噴飯ものなんですが…。バイエルンとのアウェイ戦となるマドリーは火曜にはミュンヘンに移動。こちらはメンバー的にはペペはもちろん、肉離れのヴァランもまだ戻って来ませんが、その他には負傷者がいないため、最初の試合はCBが人手不足になる心配はありません。 ▽そうは言っても、ラモスがあとイエローカード1枚で累積警告なので、ここは要注意。幸い今回は先週末のドルトムント戦で肩を痛めたエース、レバンドフスキや2週間前に手術をしたばかりのGKノイアーの状態が心配な相手の方が悩みも多そうですし、やはりマドリーとしてはその2人が本調子になる来週の2ndレグに攻守で頼りになるラモスが出られるよう、気をつけてプレーするのが最優先? 懸念としては、ダービーであまりいいところを見せられなかったロナウドとベンゼマ、まったく存在感がなかったベイルがアリアンツ・アレナで主砲として名誉挽回してくれるのかといった辺りですが、アンチェロッテ監督のチームはアトレティコとは全然、タイプが違いますからね。いよいよ大物同士の対決とあって、火曜のユベントスvsバルサ戦同様、期待のできるカードなのは間違いないかと。 ▽一方、同じ水曜午後8時45分(日本時間翌午前3時45分)にレスター・シティをビセンテ・カルデロンに迎えるアトレティコは最初に言った通り、ダービーとまったく同じメンバーで挑むしかないんですが、気になるのは16強対決1stレグでセビージャに負け、ラニエリ監督を解任してシェイクスピア監督に代わって以来、相手はプレミアリーグ5連勝。それでもこの日曜にはエバートンに負けたと聞いたのはいいものの、実は岡崎慎司選手を含む主力5人を温存して、アトレティコ戦に備えていたというのはかなり不気味じゃないですか。 ▽ヴァーディ、スリマニといったFWたちも好調のようですしね。向こうは休みが1日少ない上、CLではあまり馴染みのないチームと侮ったりすると、いよいよセマナ・サンタ(イースター週間)が始まり、月曜にはセビージャ(スペイン南部の街)のバルコニーから、本場のプロセシオン(キリストやマリアの像を立てた神輿が街を練り歩くスペインの習慣)を優雅に見学していたサンパオリ監督のように、シメオネ監督も2週間後にはこの先、ミッドウィークの予定がなくなってしまうという目に遭いかねないかと。一応、私はこちらの方を観戦に行きますが、自分のパソコンで並行カードの中継を見ている記者も多い昨今。マドリーも気になるため、席運に恵まれるといいのですが…。【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している 2017.04.11 13:07 Tue
twitterfacebook
thumb

【原ゆみこのマドリッド】ツキはいつまで続くのか…

▽「随分、近くにいたのねえ」そんな風に私がビックリしていたのは金曜日、アトレティコのコケがマドリッド市内の地下駐車場で強盗に遭い、7万ユーロ(約800万円)相当の腕時計を奪われたというニュースをお昼のTVで知った時のことでした。いやあ、現場の風景にもしやと調べてみると、その駐車場は私の家から徒歩数分の場所。時刻は午後7時だったそうで、丁度、自分も春めいてきた陽気に浮かれ、ダービーに着て行けるような明るい色の服をやはり、その近くにあるMANGO(スペインのファストファッションブランド)のお店で探していた頃だったんですけどね。別にこの地区は治安の悪いところでなく、というか、近年、マドリッドで選手自宅の空き巣被害の話はたまに聞くものの、ピストルを突きつけられてホールドアップって、もしやコケって、とっても運が悪いんじゃない? ▽いえ、同日には彼のU21時代からのスペイン代表仲間、レアル・マドリーのイスコも友人とテラスで食事中の写真を自身のインスタグラムに載せたところ、テーブルの上にアスルグラナ(青と紫)色のポテトチップの袋が置いてあったことが問題に。慌てて違う写真に代えたて、後の祭りで(http://www.marca.com/futbol/real-madrid/2017/04/07/58e6bde546163f41508b45d8.html)、SNSでの反響は止まらず。結局は削除する破目になったものの、最近の彼は契約を延長するしないで、イロイロ話題となっていましたからね。 ▽おかげでバルサ移籍の噂を混じえて面白おかしくいじられたため、とうとう本人も「Que no me voy al Barça pesados!/ケ・ノー・メ・ボイ・ア・バルサ・ペサードス(ボクはバルサには行かないよ、しつこい奴ら!)」と自身のツイッター(https://twitter.com/isco_alarcon/status/850107273397633026)で逆切れする事件なども発生。その上、「ちなみに自分はそのポテチを味見してもいないよ。友達がボクにゲキを飛ばすために置いたんだ(https://twitter.com/isco_alarcon/status/850108105060954112)」と付け足していましたが、それってやっぱり、健康第一のサッカー選手でありながら、カロリーの高いスナックをバリバリ食べていると思われるのはイヤだったから? ▽まあ、そんなことはともかく、マドリーダービー直前の節だった今週、ミッドウィークのリーガがどうだったかをお話ししておかないと。先に試合があったのはアトレティコの方で、火曜にほんの少し前まで4位争いの手ごわいライバルだったレアル・ソシエダをビセンテ・カルデロンに迎えたんですけどね。序盤のプレーも先週末のマラガ戦より、平日の夜だというのに場内を満員にして応援してくれるサポーターの前ではあまり恥ずかしいことはできないという程度ぐらいにしか、改善はしておらず、ボールはほぼ相手に支配されっぱなし。それでも前半27分、グリースマン、フェルナンド・トーレスとパスが繋がり、最後はフィリペ・ルイスが決めて先制してくれたから、助かったの何のって。 ▽え、ここまで最も多いシーズンでも3得点しかしていないフィリペ・ルイスがマラガ戦に続いてゴールだなんて、珍しいこともあるじゃないかって?そうですね、ただ本当にその1点は貴重で、何せその後、チャンスを迎えたトーレスはゴール左すぐ前からのシュートをポストに当ててしまうし、撃ち直しもサイドネットへ。GKルリと1対1だったカラスコも相手の正面に蹴って追加点にならないんですから、まったく困ったものです。おまけに後半になると、シメオネ監督も次の永遠のライバルとの対戦を考えたんですかね。相変わらず1-0というあやういスコアだったにも関わらず、ソシエダがイエローカードを連発する展開に怖くなったか、26分にはグリースマンをコレアに交代。ベンチに避難させることに。 ▽これでガメイロもガイタンも負傷でいないため、カンテラーノ(アトレティコBの選手)以外のアタッカーが尽きたアトレティコは36分、トーレスもヒメネスに代え、CBの彼をボランチにして守り倒す体制に入ったんですが、この頃からだったでしょうか。シメオネ監督が激しい身振りで、「Estan dormidos? Alenta, que pareces del Real!/エスタン・ドルミードス?アレンタ、ケ・パレセス・デル・レアル(眠っているのか?まるでマドリーのファンみたいだぞ。応援してくれ)」とスタンドを鼓舞。いやあ、その日は遅いスタートでもう午後11時を回っていましたし、一応、リードしていましたし、ソシエダもエリア外からのシュート程度で「No hemos llegado al area con peligro ni ocasiones/ノー・エモス・ジェガードー・アル・アレア・コン・ペリグロ・ニ・オカシオネス(ウチは危険を伴って敵エリアに入ることもチャンスもなかった)」という状態でしたからね。 ▽何というか、ほとんど攻めていかないチームにどう対応していいか、ファンも考えあぐねていたところもあったと思うんですが、シメオネ監督の指示に忠実なのは選手もファンも同じ。ええ、終盤、数度のCKでコケとカラスコが時間稼ぎするのやら、ヒメネスがミドルシュートを飛ばすのを見守りながら、声の限りカンティコ(節のついたシュプレヒコール)を大合唱。うーん、ほとんどはダービーに向けて、お隣さんを落とす類いでしたけどね。そうこうするうちにタイムアップとなり、アトレティコは1-0で勝利をゲット。これで翌日のバルサvsセビージャ戦を待つことなく、2節連続の3位を死守することができました! ▽ちなみにミックスゾーンではソシエダ側から、「Termina el partido y ves el equipo visitante cuatro tarjetas amarillas y el local ninguna/テルニマ・エル・パルティードー・イ・ベス・エル・キポ・ビシタンテ・クアトロ・タルヘタス・アマリージャス・イ・エル・ロカル・ニングーナ(試合が終わってみれば、ビジターチームはイエローカード4枚でホームチームはゼロ)。信じられない。ベラへのエリア前でのファールには出なくて、ラウール・ナバスがカラスコを倒したらもらった。おまけにガビなんて、審判に抗議しまくりだったのに」(ジュリ)なんて文句も出ていたんですが、いや、アトレティコも結構、ファールをスルーされていましたからね。そういうこともあるということで、何よりあと1枚で出場停止だったコケとサビッチが難を逃れたのは有難かったかと。 ▽だって、水木金と過ぎてもガメイロもガイタンも回復せず、更にはブルサリコもモヤもアウグストもチアゴもリハビリ中のアトレティコには戦力的にまったく余裕がないんですよ。そうなると、リーガ5連勝で「Llegamos al Bernabeu en un muy buen momento/ジェガモス・アル・ベルナベウ・エン・ウン・ムイ・ブエン・モメントー(とてもいい時期にベルナベウに乗り込める)」(ゴディン)ぐらいは言っても良くても、とても「Llegamos al derbi en un momento inmejorable/ジェガモス・アル・デルビ・エン・ウン・モメントー・インメホラブレ(ウチはこれ以上ない時にダービーを迎える)」(フィリペ・ルイス)なんて、恐れおおいかと。 ▽いえ、中にはグリースマンのように「Me veo favorito, confio en mis companeros y en el entrenador/メ・ベオ・ファボリート、コンフィオ・エン・ミス・コンパニェロス・イ・エン・エル・エントレナドール(ボクらが本命だと思う。チームメートと監督を信頼しているよ)」と強気な選手もいますけどね。サンティアゴ・ベルナベウでのリーガ戦ではここ3連勝中とはいえ、できれば、彼には試合前にPK練習の時間も作ってほしいかと。ここ5試合1失点と、堅固さを取り戻した守備陣にもマラガやソシエダのアタッカーとBBC(ベイル、ベンゼマ、クリスチアーノ・ロナウドの頭文字)は格が違うことを今一度、思い出してもらいたいと私が願っていたところ…。 ▽翌日のプチダービーではその誰1人、ブタルケのピッチに現れなかったんですよ!ええ、今季から1部で頑張っているマドリッドの新弟分、レガネスとの試合ではロナウド、ベイルが招集外だっただけでなく、ベンゼマも控え、ご当地出身選手であるカルバハルまで累積警告の瀬戸際にあるということでベンチ見学に。前節のアラベス戦から7人も先発を変えたものの、ジダン監督も後で「Para mi no ha sido una apuesta atrevida, ha sido normal/パラ・ミー・ノー・ア・シードー・ウナ・アプエスタ・アトレビーダ(自分にとっては思い切った賭けではなかった)。ウチは全員いい状態で、多くの選手を変えることができる」と言っていた通り、やはりチーム力に差がありすぎたようです。 ▽実際、マドリーはキックオフから落ち着きのなかったレガネスのミスを利用して、前半15分にはアセンシオが敵陣をドリブルで走破。そのラストパスをハメス・ロドリゲスが決めてあっさり先制すると、その3分後にも今度はハメスのCKをナチョが繋ぎ、モラタの山なりのヘッドが2点目に。更にモラタが22分にコバチッチのアシストで3点目を入れ、早くも勝負はついたかと思われたものの…そこからいきなり、「con el 0-3 nos hemos relajado un poco/コン・エル・セロ・トレス・ノス・エモス・レラハードー・ウン・ポコ(0-3になって、ウチはちょっとリラックスしてしまった)」(ナチョ)はどうにもいただけません。ええ、31分にはディエゴ・リバスが右サイドを抜け出し、ガブリエウにゴール前から1点を返された上、その2分後にはCKからシオバスが繋いだボールをルチアーノに決められ、あっと言う間に1点差になっているんですから、スタンドを埋め尽くした地元サポーターもどんなに喜んだことか。 ▽でもねえ、気合も新たに同点を目指すはずだった後半開始直後、キャプテンのマントバーニがハメスのFKをバレーボールのトスもどきで自陣ゴールに入れてしまっては元も子もありません。いえ、主審はその前でジャンプしたモラタが大きくてよく見えなかったのか、得点者を彼にしていましたけどね。それをいいことにハットトリック達成と、いそいそ試合球を持ち帰り、チームメート全員にサインしてもらっていた当人にモヤッとした気持ちは微塵もなかった?この4点目があまりにショックだったか、エル・ザールもおたふく風邪で休んでいる、その後のレガネスは得点を増やすことができず。 ▽おかげで注目どころになってしまったのが、25分に最初の交代となったハメスが「La concha de tu madre, no me pone un partido completo/ラ・コンチャ・デ・トゥ・マドレ、ノー・メ・ポネ・ウン・パルティードー・コンプレトー(バカ野郎、ボクは試合丸々プレーされてもらえないのか)」と激怒。移動式で簡素な造りのブタルケのベンチの壁を力任せに叩いて、器物破損の罪になりかねなかったことですが、その日、大活躍だったアセンシオも、彼と交代にピッチに入ったイスコも、少ないプレー時間内にできるだけアピールしようと頑張っている仲間同士なんですから、あまり悪目立ちするのもどうかと。 ▽結局、終盤はアシエル・ガリターノ監督もこの日曜の最下位オサスナとの残留を懸けた大一番に備え、主力を温存していましたしね。2-4で試合は終わり、直前にセビージャに3-0と快勝していたバルサに一時、抜かれていた順位も元に戻ったマドリーは満足して家路を辿ることに。ちなみにこちらはレガネス戦でも負傷者が増えることはなく、先週末に今季3度目となる左太ももの負傷で全治3週間となってしまったバラン以外は皆、コンディションに問題なし。ジダン監督も金曜には元気な選手全員をバルデベバス(バラハス空港の近く)の練習施設内にある宿泊所に合宿させていましたしね。 ▽実際、あれだけレガネス戦で働いたアセンシオレベルでも当日のベンチに入れるのかどうか、定かでない辺り、本当に贅沢なチームなんですが、スポーツ紙などによると、縁起を担いでか、昨年5月CLミラノ決勝で先発したメンバーをリピートするとか。そんな今シーズン後半戦のマドリーダービーは土曜午後4時15分(日本時間午後11時15分)キックオフ。11月はカルデロンで0-3と完敗してしまっただけにアトレティコも今回はリベンジに燃えているはずですが、心配なのは当人は普通の顔で練習していたんですが、あのコケの強盗事件被害のせいで、せっかくこのところ、ツキに恵まれている運気が下がってしまわないかということ。 ▽何せ、どの試合でも守備で気が抜ける時間があるお隣さんでも、ダービーとなると気合が入りますからね。勝ち目があるとすれば、そのぐらいしか思いつかない私も悪いんですが、3位確定まではアトレティコもまだ努力が必要。もちろん勝って、首位との差が勝ち点7になれば、セビージャとの9差を4試合で引っくり返したような棚ボタもあるかもしれないとはいえ…いやいや、2位のバルサも好調ですし、いくら私でもそこまで夢を見てはいませんって。【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している 2017.04.08 10:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【原ゆみこのマドリッド】上手い話には裏がある?

▽「こうまでトントン拍子だと却って不安かも」そんな風に私がソワソワしていたのは月曜日、AS(スポーツ紙)の記事に1カ月前、4位のアトレティコと3位のセビージャの勝ち点差は9あったと思い出させられた時のことでした。いやあ、これにはシメオネ監督も「ウチがいい結果を出しているだけでなくて、予想外にセビージャと3位を分け合うことになった」と正直、驚いていたようですけどね。実際、彼らがここ4連勝しているのは感服ものですが、その間、来季のCLグループリーグ直接出場権を争うライバルは3分け1敗という不甲斐ない有様。おまけに唯一の黒星がそれこそ、アトレティコ相手の3-1負けと、ゴールアベレージで遅れを取ったため、同じ勝ち点で並んだ現在、セビージャの方が4位になっているなんてもう、ほとんど冗談としか思えないじゃないですか。 ▽更に加えて、3月中は4位のCLプレーオフ出場権獲得を僅かな勝ち点差で争っていた後続のレアル・ソシエダとビジャレアルも停滞期に突入。ここ4試合、前者は1勝1分け2敗、後者は2勝2敗と取りこぼしがあったため、今では5位とは9ポイント、6位とは10ポイントも差がついているとなれば、来季新装オープンするホームスタジアム、ワンダ・メトロポリターノでヨーロッパリーグの淋しい木曜の夜を過ごす心配はもうしなくていい?うーん、リーガの残りはあと9試合、この1カ月とは真逆の不幸がアトレティコを襲うことも考えられますからね。やっぱりここは滅多にないツキが巡ってきたなどと油断せず、「Ahora hay que sostenerlo/アオラ・アイ・ケ・ソステネールロ(今はこれを維持しないといけない)」(シメオネ監督)という姿勢で挑まないといけませんよね。 ▽ちなみにそんなアトレティコの先週末のマラガ戦は、これもやっぱり運が良かったとしか言いようのないもので、いえ、序盤に空中戦でミゲール・トーレスと争ったサビッチが相手の上に落下して、気の毒にも早々に交代枠を使わせてしまったのは別に意図してのものではないんですけどね。この日のアトレティコはガメイロ、ガイタンが負傷欠場、カラスコは出場停止とあって、先発にカンテラーノ(アトレティコB出身の選手)6人が並ぶという、珍しい事態に。そのせいとは言いたくはないんですが、ほとんどパスが繋がらず、下位に低迷しているマラガにボールを支配されるという不本意な展開になっていたため、私も近所のバル(スペインの喫茶店兼バー)で頭を抱えて眺めていたところ…。 ▽いきなり度胆を抜かれたのは前半25分、コケからパスを受けたフェルナンド・トーレスはエリア直前で敵DF2人に潰されしまったですが、計算付くだったのか、偶然だったのか、ボールがゴールの方向に転がります。そこへ駈け込んで来たコケがシュートして、先制点を奪ってしまったから、呆気に取られたの何のって。だってえ、それまでアトレティコはほとんど攻撃らしい攻撃ができていなかったんですよ。まるで狐に化かされたような気分でしたが、後半早めには、ボールを失いまくって手の付けられなかったトマスをコレアに代えても何も起きずに20分程が経過。ようやく29分になって、グリースマンがエリア内でトーレスに繋ぐと、そこからオーバーラップしたフィリペ・ルイスにパスが通り、彼のvaselina(バセリーナ/ループシュート)で2点目が決まった時もそれは同じだったかと。 ▽結局、「Veniamos con dos juveniles, dos centrales en el banco/ベニアモス・コン・ドス・フベニレス、ドス・セントラレス・エン・エル・バンコ(ウチは2人のユース選手を連れて来て、ベンチには2人のCBがいた)」(シメオネ監督)ということで、その後はゴディンとヒメネスを投入。実質、ピッチにCBが4人という状態でリードを守り切り、0-2で勝利したアトレティコだったんですが、「Tienen dos ocasiones y son dos goles/ティエネン・ドス・オカシオネス・イ・ソン・ドス・ゴーレス(2回のチャンスがあって、2ゴールを入れた)」(ファンカル)というマラガの言い分も本当ですからね。それでもあれだけひどいプレーをしながら、決して恥じることも憶することもなく、苦手なラ・ロサレダ(マラガのホーム)であっさり勝ち点3を手にしてしまった彼らを褒めてあげるべき? ▽ええ、シメオネ監督も「Lo que mas me refuerza es la valentia y la rebeldia ante las dificultades/ロ・ケ・マス・メ・レフエルサ・エス・ラ・バレンティア・イ・ラ・レベルディア・アンテ・ラス・ディフィクルターデス(困難を前にした選手たちの勇気と反抗心が一番、私を力づけてくれる)」と言っていましたしね。もうシーズンもこんな時期になってしまったからには、いいサッカーをするなんて難しいことは求めず、とにかく勝つのに専念してもらうしかないかも。おまけにその日、2アシストで貢献したトーレスが「Metimos presion al Sevilla/エル・オブヘティボ・エス・セル・テルセーロス・イ・メティモス・プレシオン・アル・セビージャ(ボクらはセビージャにプレッシャーをかけた)」と言っていた通り、翌日曜正午からの試合でサンパオリ監督率いるチームは意外にも、降格圏にいるスポルティングとスコアレスドロー。 ▽そのおかげでアトレティコは3位に居座ることができたんですが、もちろん今週はミッドウィークにもリーガがあるため、1日天下で終わってしまう可能性もありますからね。何せ、日月の練習ではガメイロもガイタンも回復せず、戦力的にはカラスコが戻ってくるだけで、火曜午後9時30分(日本時間翌午前4時30分)からのソシエダ戦は到来。加えて、今週末の土曜にはマドリーダービーが控えているとなれば、あとイエローカード1枚で累積警告になってしまうコケとサビッチを使うのかどうかも考えどころですが、丁度そんな節に限って、セビージャがカンプ・ノウでのバルサ戦なんて偶然も怖いくらい、ツイているような気がしないでもなくて…。 ▽え、そうは言っても先週末、いい試合をしていないのに勝ったのはアトレティコだけではなかったんだろうって?その通りで日曜にサンティアゴ・ベルナベウにアラベスを迎えたお隣さんもなかなかゲームの方は盛り上がりませんでしたね。ちなみにその一戦、キックオフ前にはfondo sur/フォンド・スール(南側ゴール裏席)に若くして事故死を遂げたレアル・マドリーのレジェンド、ファニートの25年周忌を偲んで、「No te olividamos/ノー・テ・オルビダモス(決して君を忘れない)」という文字と共に背番号7の大きな幕が広げられ、雰囲気たっぷりにスタート。運悪く、開始9分で久々の負傷明け出場だったバランが再び、同じ部位を痛め、カルバハルと交代しなければならなかったのも士気に影響したのかもしれませんが、これが30分には災い転じて福となってくれたから、助かったの何のって。 ▽そう、先発したダニーロを左SBに回し、右SBに入ったカルバハルがエリア内奥から出したクロスをベンゼマが撃ち込んでマドリーが先制点を挙げたんです!いえ、実はこれ、後でペレグリーニ監督も「La jugada la he visto en el vestuario. Es fuera de juego/ラ・フガダ・ラ・エ・ビストー・エン・エル・ベストゥアリオ。エス・フエラ・デ・フエゴ(そのプレーはロッカールームで見た。オフサイドだった)」と言っていたように、ベンゼマの位置がアラベスのDFより前だったんですけどね。現時点のリーガには予算の関係もあって、VAR(ビデオ審判)の制度は導入されていないため、主審がその場でゴールと言えばゴール。ただそれ以外はほとんどパッとしたアクションがなかったのは、いえバスの正確さは別ですが、マドリーもアトレティコと同じです。 ▽そして1-0でリードして迎えた後半、アラベスも今季の伏兵、コパ・デル・レイ決勝進出チームの面目を懸けて反撃をしてきたんですが、先週は各国代表でプレーしてきた選手も多く、疲れが出始めた相手が「Perdimos muchos balones, cosa que no suele pasar/ペルディモス・ムーチョス・バロネス、コーサス・ケ・ノー・スエレ・パサール(沢山のボールを失った。ウチではあまりないことなんだが)」(ジダン監督)という状態になってくれたにも関わらず、このチーム、本当に決定力が低いんですよね。おかげで1月にメンディソローサ(アラベスのホーム)で戦ったアトレティコなども近年稀に見る最低の出来と言われながら、どうにかこうにか0-0で凌ぐことができたんですが、そこはたとえ調子が悪い時でもいきなり点を取れるマドリー。 ▽ええ、後半40分、クリスチアーノ・ロナウドのパスをその日、カセミロが出場停止だったため先発のチャンスをもらったイスコが、「Tenia poco angulo y ahi o le pegas fuerte arriba o nada/テニア・ポコ・アングロ・イ・アイー・オ・レ・ペガス・フエルテ・アリーバ・オ・ナーダ(角度がほとんどなくて、あれは強くゴールの上部に向けて撃つか、何にもなしかだった)」と、勝敗を決定づける2点目にしてしまったから、まったく意表を突いてくれるじゃないですか。うーん、彼は先週、スペイン代表のW杯予選イスラエル戦でも大人数の敵DFの間を通り抜けていく不思議な4点目を決めていましたけどね。こういう他とは違ったゴールを挙げられるのも、当人の特異な才能のおかげでしょうかね。 ▽その2分後にもベイルのFKがゴールバーに弾かれて戻ったところを、バラン交代で左SBからCBに移っていたマルチDF、ナチョがヘッドで追加点を入れたマドリーは、終わってみれば3-0の完勝。まったくもって「Sabemos que en cualquier momento le podemos hacer dano al rival/サベモス・ケ・エン・クアルキエル・モメントー・レ・ポデモス・アセール・ダーニョ・アル・リバル(ウチはどんな時でも敵に打撃を与えられることを知っている)」(ジダン監督)というチームならではの勝ち方だったかと。ただその日、唯一残念なことがあるとすれば、これで一時、首位との勝ち点差を5にされ、プレッシャーをかけられたはずの2位バルサも後半に3点を入れて、グラナダに1-4と勝利。結局、差を広げられなかったことでしょうか。 ▽とはいえ、マドリーにはまだ延期したセルタ戦も残っていますし、何より次はレガネスとのプチダービーですからね。代表戦週間前にはセビージャと、この土曜はソシエダと1-1で引き分けて、アトレティコの手助けをしてくれたマドリッドの新弟分ですが、現在、3位と首位の差は勝ち点10もあるため、今更、焼石に水ということもありますし、さすがに今季初めて1部で戦っている後輩にそこまで期待するのはいささか荷が重いかと。それだけでなく、ジダン監督は先週末、セルヒオ・ラモス、マルセロ、ケイロル・ナバス、ハメス・ロドリゲスらも温存している上、負傷欠場はバラン以外いないとなれば、水曜午後9時30分からの一戦は、徹夜してチケットをゲットしたブタルケ(レガネスのホーム)のファンには申し訳ないものの、下剋上を起こすのはちょっと無理っぽい?残留確定のため、勝ち点3ずつ積み上げるアシエル・ガリターノ監督の計画は週末のオサスナ戦から再開するしかないかもしれません。【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している 2017.04.04 10:37 Tue
twitterfacebook
thumb

【原ゆみこのマドリッド】パリも試合も良かったけど…

▽「これも一種のFIFAウィルスなんだろうか」そんな風に私が首を捻っていたのは木曜。アトレティコのツィートでparte medico(パルテ・メディコ/負傷者レポート)が届いたので読んでみたところ、いえ、ガメイロは火曜の親善試合でフランス代表のメンバーとしてフル出場していましたから、左太ももを痛めたと言われれば、そうなんだと思うしかないんですけどね。居残り組だったGKモジャも太ももをケガ、せっかく先週契約を1年延長したばかりというのに日曜のマラガ戦のベンチに入れなくなってしまったのはともかく、今回はアルゼンチン代表に呼ばれず、ずっとマダオンダ(マドリッド近郊)の練習場で体力向上のスペシャルメニューに励んでいたガイタンまでが左足の指を痛めて練習に出られなかったって一体、どんな特訓をしていたの? ▽シメオネ監督の2年越しの願いが叶い、去年の夏にベンフィカから移籍してきたガイタンはアトレティコへの適応に時間がかかっていて、これまでのところ頻繁にプレーしている訳ではないため、別にいいって言えばいいんでしょうけどね。ちょっとタイミングが悪かったのは、次節はカラスコが累積警告で出場停止になるため、サイドに1つ空席ができること。となると、メッシが先週木曜のW杯南米予選チリ戦で試合後、審判に悪態をついたことを咎められ、月曜のボリビア戦から4試合の出場停止処分に入ってしまったため、急遽先発となったコレアをまた右サイドにして凌ぐしかないんじゃないかと思いますが、標高3600メートルのラパスでプレーした当人はアルゼンチン代表に大した貢献はできず。チームも2-0で負け、疲れ果てて帰って来そうなのは懸念材料かも。 ▽逆に今回、スペインのU-21代表に下りて、6月のユーロに向けた調整試合のデンマーク戦、イタリア戦の両方で得点。丁度、入れ替わりでデウロフェウ(ミラン)が大人の代表へ呼ばれていたため、キャプテンの大役まで仰せつかったサウールには期待できるかと思いますが、さて。何せ、リーガも残り10試合とあって、いよいよシーズンの良し悪しが決まる一番大事なフェーズに入りますからね。ゴディンやヒメネス、フィリペ・ルイスら、他の中南米代表組は元気に木曜の夕方練習に参加したようですが、皆、早めに時差呆けが解消してくれることを願っています。 ▽え、再開されるリーガが気になるのもわかるけど、スペインとフランスの親善試合はどうだったのかって? いやあ、実は今回、会場がスタッド・ド・フランスというところに惹かれ、私も便乗させてもらうことに。マドリッドからは空路2時間と近い割に卒業旅行以来、ご無沙汰していたパリだったため、昼間、エッフェル塔に登るのに1時間半並ぶなど、ついつい観光に精を出してしまったのがいけなかったんでしょうかね。 ▽午後9時という遅めのキックオフだった前半は序盤こそ、いきなりフランス勢で最近、知名度と人気が赤丸急上昇していたエムバッペ(モナコ)のシュートをGKデ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド)がparadon(パラドン/スパーセーブ)したり、ピケ(バルサ)によるライン上でのボールクリアがあったりして、ドッキリとさせられたものの、後はお約束通り、チャンスはあまりないまま、スペインのボール独占状態に突入。30分過ぎにはスタンドのフランスサポーターも退屈が高じて、ウェーブを場内何周も繰り返していましたし、私も眠気が襲ってきたらどうしようと心配になっていたところ…。 ▽大丈夫、後半に入ってすぐに動きが生じます。それはグリーズマン(アトレティコ)で、当人も試合前の記者会見で、「Es un orgullo jugarlo y asi podre vacilar a Koke/エス・ウン・オルグージョ・フガールオ・イ・アシー・ポドレ・バシラル・ア・コケ(スペインと試合ができるのは名誉なこと。これでコケをからかうことができる)」と宣言していたのを撤回するのはイヤだったんですかね。ジャレ(リヨン)、クルザワ(PSG)と繋がったボールをゴール前からヘッド。見事にデ・ヘアを破り、当人も大喜びでコーナーフラッグまで走ってチームメートと祝ったにも関わらず、この日、試験的に採用されていたVAR(ビデオ審判)がここで登場。スペインがキックオフする直前でゴール無効を主審に連絡してきたから、驚いたの何って。 ▽うーん、グリーズマンによると、「自分はオフサイドじゃなかったと思うけど、後でガメイロがそうだったって言われた」とかで、クラブの同僚が先制点ゲットの障害になったとは何とも皮肉。ただこれでその日、ピッチにいた3人目のアトレティコ、コケがグリーズマンにからかわれることはなくなったかと、私もホッとしたんですが、スペインの攻撃が活発化したのはイニエスタ(バルサ)、イスコ(レアル・マドリー)がチアゴ・アルカンタラ(バイエルン)、シルバ(マンチェスター・シティ)に、とりわけペドロ(チェルシー)がデウロフェウに代わった後のことでした。ええ、67分にU-21の真正キャプテンがエリア内でコシエルニ(アーセナル)に倒され、PKをゲット。これをシルバがしっかり決めて、とうとうスペインはリードを奪うことに成功です! ▽そこからおよそ10分後、今度はジョルディ・アルバ(バルサ)のラストパスをゴール前に抜け出したデウロフェウがネットに蹴り込んだんですが、この時は線審がフラッグを挙げていたため、当人も「Lo meti por si acaso. Al principio pensaba que lo habian anulado/ロ・メティ・ポル・シー・アカソ。アル・プリンシピオ・ペンサバ・ケ・ロ・アビアン・アヌラードー(念のためにシュートを決めたけど、最初は認められないだろうと思った)」と言っていたように、またVARの判定を待つ破目になったんですよ。何ともじれったい間でしたが、結果は吉と出て、デウロフェウはオフサイドにあらず。ようやくスペインの2点目がスコアボードに現れます。 ▽その後はフランスの反撃も実らず、スペインは0-2で勝利と、これで昨年の夏、2016年ユーロでイタリアに負け、ベスト16敗退が決まった悔しいサンドニの地でリベンジを果たせたんですから、何とも嬉しい限りじゃありませんか。え、VARがなかったら、この試合、1-1で終わったんじゃないのかって? そうですね、ただロペテギ監督も「España no ha ganado el partido por el VAR/エスパーニャ・ノー・ア・ガナードー・エル・パルティードー・ポル・エル・バル(スペインはVARのおかげで勝った訳じゃない)。選手たちの努力と野心、サッカーで勝ったんだ」と言っていたように、フランスを圧倒していたのは事実。もちろん「VARは公正さに寄与した。使われた2度の機会で正しい判定をしたのだから」(ロペテギ監督)ということもありますが、要はこれが「Es una pena porque se pierde un poco lo que es el fútbol/エス・ウナ・ペナ・ポルケ・セ・ピエルデ・ウン・ポコ・ロ・ケ・エス・エル・フトボル(サッカーというものが少し、失われるのは残念だね)」(グリーズマン)ということになるのでしょうか。 ▽試合の方はそんな感じで、世代交代が進んだスペインも先週のW杯予選イスラエル戦に続き、少しずつ強さの片鱗を見せてくれるようになったため、今回の代表戦はいい手応えだったで終われるはずだったんですけどねえ。それが世の中には常にスポットライトを浴びないと気が済まない選手がいて、ゲーム中は「お騒がせツイートや爆弾発言がないと、代表じゃ結構、地味よね」と何気に思っていたピケ(バルサ)がミックスゾーンでオンステージを始めたから、驚いたの何のって! いえ、大活躍だったデウロフェウや滅多に見られないエムバッペやラビオ(PSG)も丁度、インタビューを受けていたため、私も延々、15分間ずっとピケの側にいた訳じゃないんですけどね。 ▽後で内容をまとめて聞いたところ、先日、マドリーのレジェンド、ラウールが将来、バルサで働くことを否定しなかったことについて尋ねられたのが発端となり、「Del Madrid no me gusta los valores que transmite/デル・マドリッド・ノー・メ・グスタ・ロス・バローレス・ケ・トランスミテ(マドリーの伝える価値観が好きじゃない)」と言い出すって、いや、当人が代表のチームメートはともかく、永遠のライバルをとことん嫌っているのは知っていますけどね。始めは私も大枚をはたいて才能に余りある選手を集めながら、根性のremontada(レモンターダ/逆転劇)に代表される、絶対に諦めない精神を強調するところかなと思ったものでしたが、いえいえ、とんでもない。 ▽「気に入らないのはcómo mueven los hilos de este país/コモ・ムエベン・ロス・イーロス・デ・エステ・パイス(この国の中枢を動かしていること)。パルコ(貴賓席)でペレス会長の隣にメッシやネイマールを訴えた人物がいて、クリスチアーノ・ロナウドは別の扱いをされている」って、まあ確かにピケの言う、マルタ・シルバ女史はスペインの法務機関で働く司法サービス担当ディレクターで、以前はマドリーの法務部に勤務していたようですけどね。脱税の証拠十分と踏んで検察が起訴に持ち込み、すでに裁判になっているバルサの2人と違って、ロナウドは事前に証明書類を提出しており、まだ捜査段階。全然、事情が違いますし、いくら何でもマドリーのお偉いさんのおかげでそんなことになっていると決めつけるって、あまりに短絡的ではない? ▽これではまるでスペイン国家はワイロや権力者の思惑で動く、発展途上国並だと言っていることにもなりますが、まあその内実は私も知りませんから、否定もできませんけどね。加えてピケは誤審問題についても一言。曰く、「マドリーとバルサが優遇されているのは自分も確信している。ボクが比べているのは優勝を争っている両チームの間での不公平さで、レガネスとじゃないんだ」そうですが、いやあ、それもマズいでしょ。マドリッドの新弟分は不利な判定をされても声高に抗議をすることはありませんが、大体、だったらCL16強対決PSG戦2ndレグであった解せないジャッジについて、「あれは歴史的な逆転劇。だったら、どうして昨季のCL決勝であったラモスのオフサイドのゴールについて批判がない?」ってもう、こう言えばああ言うの典型では? ▽きっと後でそのコメントを聞いたコケやグリーズマンは、「あの時、VARがあれば」なんて悲しい思いもしていたんじゃないかと私など、想像してしまったんですが、もうこうなると、最後は代表でもマドリーでもキャプテンのセルヒオ・ラモスが締めるしかありません。いえ、最初、「どこのスタジアムのパルコでも政治はある。でも収支決算すると、バルサはウチより黙っていた方がいいね」と始めた時には舌戦になるのかと眉をひそめたものですけどね。木曜に31歳のバースデーを迎えただけあって、こちらの対応はずっと大人。「ピケにマドリーの歴史は変えられないし、ボクらのタイトルも消せない」と余裕の笑みで、「ああいう性格だから。No lo vamos a cambiar con 30 palos que tiene/ノー・バモス・ア・カンビアール・コン・トレインタ・パロス・ケ・ティエネ(30歳にもなって変えてもらおうとは思わないよ)」って、たった1歳差で随分、違うじゃないですか。 ▽ついでに「イニエスタに言われたらクラブも不快に感じるかもしれないけど、ピケなら大丈夫」と太鼓判まで押していましたが、何ともねえ。実際、翌日もマドリーは公式コメントを出さず、クラブ関係者もピケ発言を黙殺していたんですが、これが3週間後に迫ったクラシコ(伝統の一戦、マドリーvsバルサ戦のこと)を盛り上げるための計算づくだったとしたら、本当にいい迷惑。それどころか、引退後にバルサ会長になるため、早くもアピールをしているなんて見解もスポーツ紙などでは見られましたが、私の意見ではやっぱり、ピケはその場の雰囲気を読めない、ただの目立ちたがり屋ということにしておきたいと思います。 ▽まあ、こんな騒動も6月に次の代表戦が戻って来る時にはほとぼりも覚めていていることでしょうが、今は週末に迫ったリーガ戦のことを考えないと。マドリッド勢でまずプレーするのは早く降格圏から遠くに離れたいレガネスで、土曜にレアル・ソシエダとのアウェイ戦。ただファンの気持ちは来週水曜のミッドウィーク開催節、マドリーとのプチダービーに行ってしまっているようで、この木曜に発売のチケットを買うため、ブタルケ(レガネスのホーム)には徹夜組も現れたとか。同日、やはりアウェイでアトレティコがマラガとの試合に挑むのは午後8時45分(日本時間翌午前3時45分)。3位セビージャとの差が勝ち点2に縮まっているだけに、ミチェル新監督には悪いですが、どうしても勝たない訳にはいかないですよね。 ▽そして日曜午後4時15分(日本時間午後11時15分)、ヨーロッパが夏時間になって、ますます日本でも見やすくなった時間にアラベスをサンティアゴ・ベルナベウに迎えるのがマドリーで、いえ、今のところ、代表戦でケガをした選手の報はないんですけどね。ベイルやモドリッチは先週末のW杯予選だけお勤めして、早々に帰京していますし、2試合で3得点してきたロナウドも故郷、マデイラ島でのスウェーデンとの親善試合には勝てなかったものの、空港に自身の名前を付けてもらい、満足して帰還。ええ、家族や彼女のジョルジーナ・ロドリゲスさんを伴って出席した命名式で披露された自分の銅像も、イロイロSNSでは面白おかしく取り沙汰されたものの、本人は気に入っていたという作者のコメントもありましたしね。きっと、アラベス戦でも頑張ってくれると思いますよ。【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している 2017.03.31 12:31 Fri
twitterfacebook
thumb

【原ゆみこのマドリッド】本当の力はまだわからない…

▽「なかなか勇気があるわね」そんな風に私が感心していたのは日曜。代表戦中は週末の練習が休みなのを利用して、レアル・マドリーのジダン監督が末っ子のエリアス君を応援しに奥さんのベロニクさんはもとより、RMカスティージャ(マドリーのBチーム、リーガ2部B)所属で今節は出場停止だったエンツォ、負傷中の次男ルカ、カデテBで今週末は試合がなかった三男のテオ君を引き連れて、マハダオンダ(マドリッド近郊)のアトレティコ練習場で行われたアレビンBのマドリーダービーに姿を現したとニュースで知った時のことでした。 ▽いやあ、先日のインタビューでアトレティコのシメオネ監督は「選手たちは息子のようなもの」と言いながら、インターナショナルウィークになるたび、数日は練習を“モノ"・ブルゴス第2監督に任せ、リーベル・プレートのユース組織にいる次男のジャンルカ君と三男のジュリアーノ君に会いに行くのが習慣んなっていますけどね。最近は時間ができると、長男のジョバンニがプレーするセリエAのジェノバの試合を見に行ったりもしていますが、やはり自分の息子にサッカーの才能が受け継がれているのを目の当たりにするのは父親にとって、何より嬉しいことなのでしょう。 ▽ちなみにそのアトレティコvsマドリーのアレビンダービーは2-1でホームチームの勝利でしたが、そのせいもあってか、ジダン監督がスタンドにいても特に騒ぎにはならなかったよう。まあまだ、来週のparon(パロン/リーガの休止期間)明けはマドリーと新弟分・レガネスとのミニダービーに続いて、その翌週末にならないと、サンティアゴ・ベルナベウでの大人のダービーは到来しませんからね。実際、首位のお隣さんと4位のアトレティコの勝ち点差は現在、10もあるため、今更どうこうという感じではないせいもあるんでしょうけど…。もし両チームが優勝を争っているような状態だったら、ユースチームが試合する練習場のグラウンドにはパルコ(貴賓席)もないため、ちょっと行きにくかったかもしれませんね。 ▽え、そんなことより、金曜にスペイン代表のW杯予選、イスラエル戦はどうだったのかって? まあ、想定通りの結果ではありましたが、それでも彼らがいい試合を見せてくれたのは否定できず。いえ、エル・モリロン(スポルティングのホーム)では序盤から、ザハリ(広州富力)が1人で2度程抜け出して、ドッキリさせられたなんてこともあったんですけどね。12分に先制したのはスペインで、ジョルディ・アルバ(バルサ)の敵DFへの股抜きスルーパスを、シルバ(マンチェスター・シティ)が同様にGKマルシアーノ(ヒバーニアンズ)の股間を通すシュートでゴールを決めてくれます。いやあ、決してゴール量産タイプのアタッカーではないとはいえ、彼も今ではセルヒオ・ラモス(レアル・マドリー)、イニエスタ(バルサ)と合わせて3人しかいないスペイン黄金期の始まり、2008年ユーロ優勝からいるメンバーの生き残り。これで代表通算得点数も29となり、歴代4位のイエロに並んだとなれば、何とも立派じゃありませんか。 ▽その後もボールを独占して攻め続けたスペインでしたが、追加点が入ったのはハーフタイム直前のこと。ええ、デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド)が敵の危ないヘッドをparadon(パラドン/スーパーセーブ)してくれた直後、チアゴ・アルカンタラ(バイエルン)からパスをもらったビトロ(セビージャ)のシュートがマルシアーノの手に当たりながら、最後はシルバに見守られてラインを割ってくれます。ちなみにビトロはロペテギ監督時代になってからの新戦力で、当人も「Cuando vengo aquí veo portería con facilidad/クアンドー・ベンゴ・アキー・ベオ・ポルテリア・コン・ファシリダッド(代表に来るとゴールが簡単に入る)」と言っていましたが、この2018年W杯予選ではすでに5試合で4点目。まだ27歳ですし、この先もスペインのゴール供給源になってくれることが期待されます。 ▽そして後半にはいよいよ、待望のCFによる追加点が入ったんですが、意外なことにそれはセットプレーから。ええ、50分、スペインにCKのチャンスが巡ってくると、キッカーに立ったのはチアゴ。「ウチにはラモス、ピケ、ジエゴ・コスタと3人の偉大なcabeceadores(カベセアドーレス/ヘッドの得意な選手)がいる。大抵はラモスを探すんだけど、ジエゴには試合中、ずっとパスを頼まれていて借りがあった」と当人は後で言っていましたが、まあバルサ出身、おまけに4月のCL準々決勝でマドリーと当たる彼が、つい同じブラジル人であるチェルシーのFWにボールを送ってしまったというのもわからなくはない? ▽おかげで見事にヘッドを決め、こちらもこの予選4点目を挙げたジエゴ・コスタでしたが、彼自身は「Me estoy acostumbrando a la manera de jugar aquí/メ・エストイ・アコストゥンブラードー・ア・ラ・マネラ・デ・フガール・アキー(ここでのプレーの仕方に慣れてきている)」と言っていましたけどね。今季もプレミアリーグですでに17得点挙げて好調なんですがこの日、頭以外でゴールを狙っている姿を見た記憶が私にはなし。やっぱりその辺、代表では勝手が違うのかと思いますが、さて。そうそう、ゴールの数分後にもコスタは頭でカルバハル(マドリー)のクロスをエリア内で落とし、シルバのシュートはゴールポストに当たってしまったものの、いいアシスト役を務めてもいましたっけ。 ▽これで3点をリードしたため、ロペテギ監督も交代策を発動し、「Thiago tenía una pequeña molestias/ティアゴ・テニア・ウナ・ペケーニャ・モレスティア(チアゴには軽微な痛みがあった)」と代わりにコケ(アトレティコ)、「イニエスタは最近、頻繁にプレーしていなかった」とイスコ(マドリー)を投入。いえ、コケでなく、チアゴが先発だったのは攻撃力を重視したせいで、反対に言えば、コケは相手に対する抑止力になる選手ってことだったんですけどね。75分にはイスラエルがFKからゲルション(ヘント)のヘッドはポストに弾かれてしまったものの、レファエロフ(クラブ・ブルージュ)が撃ち込んでイスラエルが1点を返すことに。それでも最後にいい感じで試合をまとめてくれたのは、場内から大きな拍手を受けて交代したイニエスタにも「Tiene un talento brutal/ティエネ・ウン・タレントー・ブルタル(物凄い才能を持っている)」と褒められていたイスコでした。 ▽ええ、87分にGKの逆を突く、それ程スピードのないシュートが敵の複数DFの間を縫ってゴールになった時は私も呆気に取られたものです。今回の代表戦週間が始まってからもまだマドリーとの延長契約に漕ぎつけていない彼には宿敵バルサを始め、様々なチームからのオファーの噂が途切れず。それに関して当人は、「今はparon(パロン/リーガの停止期間)であまりサッカーがなくて、マスコミはニュースを作らないといけない。Yo hablo en el campo/ジョ・アブロ・エン・エル・カンポ(ボクはピッチで話すよ)」と言っていましたが、どちらにせよ彼の契約が終わるのは2018年ですしね。実際、リーガのない週には、アトレティコの控えGKモヤが来季終了までの延長にサインしたなんていう、確定した話は別として、ページの埋め草のような記事ばかり出て来るのは私もどうかと思いますよ。 ▽結局、イスラエルに4-1で快勝したスペインだったんですが、残念だったのは予選Gグループで同じ勝ち点で並ぶイタリアも2-0と勝利。スペインが単独首位に立つことができなかったことですが、まあ、これは「Sabemos que esto es una carrera de fondo/サベモス・ケ・エスト・エス・ウナ・カレラ・デ・フォンド(これが長距離走なのは知っている)」(カルバハルも)というのは事実ですからね。ただ、「ウチはイタリアが勝ち点を取りこぼしてくれることを期待するしかない」と言われても、2度目の直接対決が9月にありますし、いくらあとイエローカード1枚で累積警告だったラモス、ピケ、ブスケツ、チアゴ、ビトロ、コスタらが今回の試合を無傷で終え、そのため逆に3月のマケドニア戦でカードをもらったら、大一番に出られない危険があるとはいえ、ちょっと消極的では? ▽選手たちがそんな姿勢だから、最近は代表戦が満員にならず、エル・モリロンも3万人収容のところ、1万6000人しかファンが来てくれなかったんだというのは単なる私の屁理屈ですが、何せここ2回の国際主要大会(2014年W杯グループリーグ敗退、2016年ユーロ・ベスト16敗退)で彼らは不成績が続いていますからねえ。また優勝トロフィーを持ち帰るぐらい強いチームに戻ってくれれば、代表人気も高まってくれるんじゃないかと思いますが、こればっかりは。リヒテンシュタインなどに比べれば、予選グループの中で強い方ではあるとはいえ、イスラエル相手にいいプレーを披露したとしても、本大会で倒さないといけない敵はドイツやイタリア、フランス、ポルトガルetc.。それまではやっぱり、スペインが以前の実力を取り戻したのかどうか、本当のところはわかりませんよね。 ▽そして選手の希望通り、試合後にはヒホン(スペイン北部のビーチリゾート)から帰京。土曜はラス・ロサス(マドリッド近郊)のサッカー協会施設でリハビリトレをしたチームは日曜午後1時まで自由時間をもらえることに。近所に自宅があるマドリーやアトレティコの選手だけでなく、プレミア勢やブンデス勢でなければ、バルサも含めて家族の元に戻ったようですが、まあ次は前回のユーロ準優勝チームのフランス相手とはいえ、親善試合ですからね。ロペテギ監督も火曜午後9時(日本時間翌午前4時)からのスタッド・ド・フランスでは金曜に使えなかったモラタ(マドリー)やデウロフェウ(ミラン)、プレー時間が数分だったイアゴ・アスパス(セルタ)ら、違う攻撃オプションを試してみる気になるかも。 ▽ただ、フランスも土曜にはアトレティコでここ3回連続失敗して以来、キッカーを辞退していたグリーズマンがとうとうPKを決めたこともあって、ルクセンブルクに3-1で勝利。決して侮ることはできないんです。ただ、先日、注目を浴びていたのはバルブエナへの脅迫関与事件が発覚してから、ここ1年半、デ・シャン監督からお呼びがかかっていないマドリーのベンゼマで、バルデベバス(バラハス空港の近く)での練習だけでは時間が余ってしまうせいもあるんでしょうけどね。フランスのラジオ局のインタビューを受け、「代表に招集されないのは不公平だと思う。バルブエナの件のせいだったら、ボクはもうとっくにツケを払った」と不満を爆発させることに。 ▽いえ、当人曰く、「自分の実力は、8年前からマドリーでやっていることが物語っている」そうで、今回は負傷で代表に行かなかった同僚のヴァランなども「Si lleva tantos años como delantero del Madrid es por algo/シー・ジェバ・タントス・アーニョス・コモ・デランテーロ・デル・マドリッド・エス・ポル・アルゴ(これだけの年数、マドリーのFWでいるのは何か理由があるおかげ)」と応援してあげていたんですけどね。ベンゼマと同じラジオ番組に出演したペレス会長が、もちろん自身で彼の自宅まで行って入団を勧誘したという経緯はあるとはいえ、「私にとって、彼は世界最高の9番。私なら永遠にマドリーにいてもらうね」というのは少々、マズくない? ▽うーん、ルクセンブルク戦ではグリーズマンの他にもジルー(アーセナル)が2得点を挙げていますし、近頃人気沸騰中、マンチェスター・ユナイテッドやそれこそマドリーも獲得を狙っているという噂もあるムバッペ(モナコ)もA代表デビューしましたからね。となると、「デ・シャン監督が戦術的判断でボクを呼ばないというなら、要は自分よりいい選手がいるって言いたいんだろう」(ベンゼマ)という読みの方が案外、当たっていたりして。 ▽ちなみにマドリー勢では今回のヨーロッパ予選、ベイルのウェールズはアイルランドとスコアレスドローで引き分け、クリスチアーノ・ロナウドとペペが出場したポルトガルは前者が2ゴールを挙げて、3-0でハンガリーに快勝。クロースのいるドイツもアゼルバイジャンを1-4で一蹴して、アトレティコのブルサリコが左ヒザのケガで参加できず、自宅で応援していたクロアチアもモドリッチとコバチッチがプレーして、1-0でウクライナに勝っていますが、何せW杯はこの試合でようやく半分が終わったばかり。各グループ首位のみ参加が確定、2位チームはプレーオフということで、来年の夏、ロシアの本大会でどれだけ馴染みの選手を見ることができるか、まだまだわからないのはじれったいですよね。【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している 2017.03.27 11:51 Mon
twitterfacebook
thumb

【原ゆみこのマドリッド】ラジオでは皆、よく喋る…

▽「これじゃ罰ゲームみたい」そんな風に私が同情していたのは木曜。雪が降りしきるマハダオンダ(マドリッド近郊)の練習場で各国代表に招集されなかったアトレティコの選手たちがトレーニングしている風景をTVのニュースで見た時のことでした。前日から真冬に逆戻りしたスペインでは国内各地が悪天候に見舞われ、私も午前中はみぞれが絶え間なく落ちてくるため、マドリッドのセントロ(中央部)にあるピソ(マンション)から、外に出る気も起きなかったんですけどね。 ▽同じぐらいの時刻、アトレティコBの選手を呼んで数を水増ししたお隣さんと同様に、RMカスティージャの選手たちと一緒にセッションをしていたバルデベバス(バラハス空港の近く)のレアル・マドリー練習場では、まったく降っていなかったようなのは不思議ではありますが、前者はシメオネ監督までアルゼンチンに里帰りしていなかったとか。うーん、当人は旅行前日に受けたインタビューで「Mis futbolistas son mis hijos/ミス・フトボリスタス・ソン・ミス・イホス(選手たちは私の息子のようなもの)」と言っていましたけどね。これって、どこか見捨てられた感があったかも。 ▽まあ、それでも居残り組はこの週末、リーガのparon(パロン/休止期間)で試合がなく、練習もお休み。ちょっとぐらいの逆境があった方が体を鍛えられていいのかもしれませんが、おかげで時間の余裕があったせいか、数社の取材を受けたシメオネ監督から、アトレティコのすでに今季も準々決勝にまで進出したCLでの強さの秘密が明かされたなんてことも。曰く、「El dolor es la fuerza más grande que tiene el Atlético en esta Champions/エル・ドロール・エス・ラ・フエルサ・マス・グランデ・ケ・ティエネ・エル・アトレティコ・エン・エスタ・チャンピオンズ(このCLでのアトレティコの一番大きい力は痛みだ)。大会のアンセムを聞くたび、自分は痛みを覚える」そうで、その理由はもちろん、昨季CL決勝での敗北。 ▽さらにサン・シーロでの試合後会見の時、アトレティコの監督続投を疑問視されるような返答をしたことに対して、「Para mí lo de Milán fue un fracaso/パラ・ミー・ロ・デ・ミラン・フエ・ウン・フラカソ(自分にとってミラノでのことは失敗だった)。CLに優勝するという目標を持っていて、それが達成できなかったのは物凄く辛かった。その次のシーズンが大変になることがわかっていたから、PK戦で負けた後、チームを率いていく力が出るのか確信がなかった」と説明していましたけどね。「どんなチームだって、ほとんど連続してCL決勝に敗れた後、回復するのは不可能なのに、nosotros estamos otra vez ahí, peleando/(ノソトロス・エスアモス・オトラ・ベス・アイー、ペレアンドー(ウチはまたここにいて、戦っている))」というのは確かに、誇れることなのかもしれません。 ▽え、その件に関しては、キャプテンのガビも「Perder dos finales fue duro, levantarse aún más duro/ペルデル・ドス・フィナレス・フエ・ドゥーロ、レバンタールセ・アウン・マス・ドゥーロ(2度の決勝に負けて辛かったし、そこから立ち上がるのはもっと辛かった)。今季は6カ月ぐらいかかった」と、リーガの前半戦で残念な試合が多かったことの理由付けをしていなかったかって? そうですね、これがカンテラーノ(ユース組織出身の選手)の後輩、コケになると、「Somos el Atlético y siempre nos levantamos/ソモス・エル・アトレティコ・イ・シエンプレ・ノス・レバンタモス(ボクらはアトレティコだから、いつも立ち上がるのさ)」と至極、単純明快でいいんですけどね。 ▽何はともあれ、前節の彼らはセビージャに快勝して、リーガ3位フィニッシュへの道もようやく見えてきたようですし、4月のCL準々決勝レスター戦でもこの勢いを維持して、同じぐらい立ち直るのに苦労したアトレティコのファンたちにまた希望を与えてほしいもの。ちなみにこのコケは今週、スペイン代表合宿にアトレティコから1人参加しているんです。私もまだ寒波が襲来する前の火曜午前中、練習見学時間は15分しかなかったものの、チームの様子を見にラス・ロサス(マドリッドの近郊)まで足を伸ばしたんですけどね。定例記者会見では、昨年のユーロ大会当時、代表での先発機会が少ないのに「チームワークを高めるためだけに代表に来るのもどうかと」と、不満をマスコミに告白して以来の招集となったペドロ(チェルシー)と大人代表初参加だったイジャラメンディ(レアル・ソシエダ)が登場。 ▽いやあ、ペドロもそれはそれでアトレティコやマドリー同様、クラブでの居残り練習メンバーとなるのは肩身が狭いことがわかったんですかね。「creo que aquello se malinterpretó/クレオ・ケ・アケージョ・セ・マルインテルプレト(あれは曲解されたんだと思う)」と、全てをなかったことに…。2年前に古巣に出戻って復活したイジャラメンディが、「マドリーが自分に分不相応だったとは思わない。Me faltó confianza y valentía/メ・ファルトー・コンフィアンサ・イ・バレンティア(自信と勇気が欠けていたんだ)」なんて言っているのを聞いていたんですが、どうやらその頃には選手たちのロビー行為が着々と成果を挙げていたよう。 ▽私は、その後にあった保険会社のスポンサー契約延長を祝って行われた、グラウンドでの記念撮影時、キャプテンのセルヒオ・ラモス(マドリー)がロペテギ監督とずっと何か話しているのには気づいたんですけどね。どうやらそれは、月曜に合宿入りした時、W杯予選イスラエル戦のため、木曜にヒホン(スペイン北部のビーチリゾート、スポルティングのホームタウン)入りしてから、金曜の試合後も同地に滞在。土曜日曜とあちらで練習して、次のフランスとの親善試合のため、直接パリに飛ぶという代表の今回の予定が気に入らなかったからのようで、初日からラモスが監督と交渉を始めていたんだとか。 ▽そう、それから間もなく、イスラエル戦の後、マドリッドに帰京することになったとサッカー協会から公式発表されたんですが、火曜の午後に山のようにあった選手のラジオインタビューではブスケツ(バルサ)も「一番いいのはここの宿舎で休むことで、土曜に自由行動の午後があったら、最高にいいね」と言っていたように、選手たちの多くはヒホンでの合宿を望まず。いえ、もちろんロペテギ監督は「La decisión de volvernos es mía/ラ・デシシオン・デ・ボルベルノス・エス・ミア(戻って来るという決定は私がした)。こういうことを変えることは何度もあった」と主張していましたが、何かそんな話を聞くと、昔からよく、マドリーの選手たちがホームでの試合前日は合宿を止めてくれるよう、歴代監督に働きかけていた事例を思い出してしまうのは私だけ? ▽実際、ルイス・アラゴネス監督やデル・ボスケ監督時代のスペイン代表で選手たちの願望による予定変更があったか、ちょっと私も思い出せないんですが、ラモスなど、もうマドリーのキャプテン歴も長いですし、そういった交渉はお手のもの。こんなケースでは普段、「nos gusta tirarnos alguna piedrecita/ノス・グスタ・ティラールノス・アルグーナ・ピエドレシータ(ボクは小石を飛ばし合うのが好きなんだ)」(ラモス)という、マスコミへの発言やツィートで対立関係にされるピケ(バルサ)とも結託できるのか、どうやら今回はベテラン選手たちで共同戦線を張ったようです。でもねえ、せっかく代表チームを招いてのイベントを盛り沢山、企画していたアストゥリアス(ヒホンのある地方)のサッカー協会長はアテが外れて、かなり怒っていましたよ。 ▽そんなことはともかく、木曜にアラブ諸国と根深い問題を抱えるイスラエルの代表チームを迎えるのと、現地の市議会がイスラエル製品ボイコット政策を取っており、市民のデモが予定されているため、厳戒態勢が敷かれているヒホン入りしたスペインはエル・モリロン(スポルティングのホーム)で前日練習を実施。前日は風邪による発熱でセッションをお休みしたカルバハル(マドリー)も無事回復し、どうやらロペテギ監督もGKデ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド)、DFカルバハル、ピケ、ラモス、ジョルディ・アルバ(バルサ)、中盤はブスケツ、イニエスタ(バルサ)、コケもしくはチアゴ・アルカンタラ(バイエルン)、前線をシルバ(マンチェスター・シティ)、ジエゴ・コスタ(チェルシー)、ビトロ(セビージャ)という、思い描いていたベストメンバーで挑めるようです。 ▽え、相手は予選グループGでたったの勝ち点1差で3位につけるチームなのだから、実は試合も結構、厳しいものになるんじゃないかって? うーん、そうですね。前日記者会見でロペテギ監督などは、「Le queremos un poquito enfadado/レ・ケレモス・ウン・ポキート・エンファダードー(ちょっと怒っている彼がいい)。でもちょっとだよ、いつものようなサッカーをしてもらうためにね」とコスタに期待していましたが、「No salgo enfadado al campo, me enfado durante los partidos/ノー・サルゴ・エンファダードー・アル・カンポ、メ・エンファド・ドゥランテ・ロス・パルティードス(ボクは怒ってピッチに出るんじゃない。試合中に怒るんだ)」と答える当人も相変わらず。 ▽それでも今シーズン始めは、「La relación con Conte no empezó bien/ラ・レラシオン・コン・コンテ・ノー・エンペソ・ビエン(コンテ監督との関係はいい始まり方じゃなかった)。着任した時に自分はアトレティコに戻りたいと言ったんだから。結局、アトレティコに待ってもらえなくて、尻尾を巻いた犬のようにボクが話しに行ったら、こっちを見てももらえなかったよ」と苦労した経験もある彼ですからね。そのせいで「アトレティコに移籍できるよう、できること全部をやったけど、クラブは待ってくれなかった。Ya no me pelearía igual para volver/ジャー・ノー・メ・ペレアリア・イグアル・パラ・ボルベル(もう戻るために同じようには戦わないよ)」と、ラス・ロサスでのインタビューで宣言していたのにはちょっとビックリさせられたかも。 ▽おかげでセレソ会長に「Hay cosas que son imposibles y son imposibles/アイ・コーサス・ケ・ソン・インポシーブレス・イ・ソン・インポシーブレス(不可能なことはあって、それは不可能だった)」とたしなめられたりもしていましたが、現在のコスタがチェルシーで絶好調なのは紛れもない事実。金曜午後8時45分(日本時間翌午前4時45分)からのイスラエル戦では勝利に貢献するゴールを決めてくれることを期待しています。いえ、万が一、彼が不発でもベンチにはモラタ(マドリー)やイアゴ・アスパス(セルタ)、ペドロも控えていますし、いざとなれば、伝家の宝刀、ラモスの頭もありますしね。多分、勝って、今節はアルバニアと戦う、同じ勝ち点で2位のイタリアにリードを許すことはないと思うんですが…。 ▽そうそう、最後に、木曜にデンマークと親善試合をしたU21スペイン代表のことも伝えておくと、いやあ、一緒に合宿していたラス・ロサスで、後輩チームにこちらもアトレティコから1人参加だったサウールがラモスと火曜の写真撮影に行く時、やたら仲良くしていたおかげですかね。ムルシア(スペイン南西部)のヌエボ・コンドミナでの試合では、ふくらはぎのケガで離脱したレイナ(ナポリ)の代わりにケパ(アスレティック)がA代表の第3GKとして狩り出されたため、その試合はパウ(トッテナム)がゴールを守ることに。だからって、別に彼に罪はないとは思いますが、意表を突かれて、序盤に相手に先制されてしまったところ、22分にはミケル・メリーノ(ドルトムント)が、クロース役を務めたアセンシオ(マドリー)のCKから強烈なヘッドを決めて同点にしてくれます。 ▽さらに75分には途中出場したサウールが、これまたラモスを彷彿させるゴールを頭で叩き込み、スペインが勝ち越してくれたから、嬉しかったの何のって。いえ、3点目を決めたデニス・スアレス(バルサ)は、さすがに足で決めていましたけどね。最後は3-1で勝利と、若いスペインにも強さが戻ってきたのには大満足。これなら月曜のイタリアとの親善試合もいい勝負になるかもしれません。うーん、何せ、この夏はスペインがコンフェデレーションズカップに参加しないため、オフシーズンに楽しめる大会が6月16日から30日までポーランドで開催されるU21ユーロ大会しかありませんからね。 ▽その後、7月には各クラブのプレシーズンキャンプもだんだん始まって、7月23日にはサンフランシスコでマドリーvsマンチェスター・ユナイテッド、29日にはマイアミでマドリーvsバルサといった、チャンピオンズ・カップ(夏の親善大会)などもあるんですが、それまでをどう過ごすかが私の当面の課題。あ、でもマドリーやアトレティコが6月3日のCL決勝まで行けなかったら、その前もヒマになってしまう可能性もあるし…。となると、まずはスペイン勢がヨーロッパの大会で長く健闘してくるのを祈るのが先でしょうか。【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している 2017.03.24 12:30 Fri
twitterfacebook
thumb

【原ゆみこのマドリッド】大事な試合に勝った…

▽「今季絶望じゃなかったんだ」そんな風に私がホッとしていたのは月曜。セビージャ戦の開始2分でピッチを去ったアトレティコのヴルサリコの診断結果が出て、痛めた左ヒザの前十字靭帯は切れておらず、内側と後ろの部分断裂だったため、3、4週間で戻って来られることがわかった時のことでした。いやあ、最近はファンフランに代わって先発することも増え、デポルティボ戦でフェルナンド・トーレスが頭部を挫傷して意識を失った際にはガビと一緒に適切な緊急措置を実施。おかげで一気に知名度も高まり、最近のホームゲームはとうとうサポーターにカンティコ(節のついたシュプレヒコール)も作ってもらえたのを先日のAS(スポーツ紙)のインタビューで大層、喜んでいた当人だったんですけどね。 ▽日曜の試合ではエスクデロと接触した後、負傷して交代を要請。自分の足で歩いてロッカールームへ続く階段を降りて行ったため、そんなに重傷ではないんだろうとその時は私も比較的楽観視。ただ後々、ちょっと昔のことですが、アルゼンチン代表としてスペインとの親善試合に出たマキシ・ロドリゲスがその試合で靭帯を断裂。ところがすぐにはコトの重大さに本人も気づかず、バレンシアだか、アリカンテだかから車でマドリッドに戻った後、ケガが発覚したなんて、信じられない例がアトレティコの選手にはあるのを思い出したため、ヴルサリコも正式な検査が終わるまでちょっとドキドキしていたものの、大丈夫。これなら、4月8日のマドリーダービーと12日のCL準々決勝レスター戦1stレグはきつくても、18日の2ndレグには間に合うってことじゃないですか。 ▽加えて今週から、リーガはparon(パロン/休止期間)に入るため、クロアチア代表の先輩、モドリッチや後輩のコバチッチと旧交を温める機会は逸してしまう彼ですが、2週間は試合のことを考えずにリハビリに専念できますからね。もちろんその間、右SB担当がファンフラン1人になってしまうのは、もしもの時に不安ではありますが、アレイクス・ビダルが足首を脱臼し、今季は戻って来られず。おかげでセルジ・ロベルトしか、そのポジションにいなくなってしまい、最近ではSBを置かない3人CB制をもっぱら採用しているバルサを思えば、次のCLの相手がユベントスやバイエルンではなく、レスターだったなんて辺りも含め、最近のアトレティコって結構、ツイているのでは? ▽まあ、私がついつい浮かれてしまうのは先週末のリーガ戦の結果のせいもあるんですが…。とりあえず順を追って話していくと、一足早く、土曜にキックオフしたのはレアル・マドリー。サン・マメスでのアスレティック戦だったんですが、さすが相手は今季、ホームで負けたのがバルサだけとあって、序盤から拮抗した展開に。それでも前半24分にはカゼミロのパスを受けたクリスチアーノ・ロナウドがベンゼマに絶妙のアシストを送り、マドリーは1点をリードしてハーフタイムに入ります。とはいえ、64分にはアスレティクのエース、36歳のアドゥリスのヘッドが炸裂。自分で撃つシュートにはあまり精度がなかったウィリアウスのクロスをラウール・ガルシアが頭で折り返し、ゴール前からGKケイロル・ナバスが破られてしまったから、一時、試合の行方はわからなくなったものの…。 ▽やっぱりキッカーにクロースを持つマドリーのセットプレーは最強です。何とその3分後にはCKからロナウドがヘッドで流し、ファーポスト側にフリーでいたカゼミロが決めて再び勝ち越してしまうのですから、楽なもんじゃないですか。うーん、その試合は前日、急性胃腸炎で夜中に病院に駆けつけ、点滴を受けていたせいか、ヘッドは決まらなかったものの、このところゴールを量産していたセルヒオ・ラモスをバルベルデ監督も事前に警戒。「CKの守備時のマークを変えて、ニアポストに2人でなく、3人置いた」ものの、「Cuando hay una peinada generalmente todo el mundo se descoloca/クアンドー・アイ・ウナ・ペイナーダ・ヘネラルメンテテ・トードー・エル・ムンド・セ・デスコロカ(誰かにヘッドされると大概、皆バラバラになってしまう)」って、いや、そこをしっかりケアするのがプロなのでは? ▽まあ、その辺が攻める方も守る方も難しいところなんでしょうが、意外だったのはその後、点差は増えなかったにも関わらず、ジダン監督が15分を残してロナウドをイスコに代えてしまったこと。その理由はまたしても「Al final buscamos mas equilibrio con el 4-4-2/アル・フィナル・ブスカモス・マス・エキリブリオ・コン・エル・クアトロ・クアトロ・ドス(最後は4-4-2のシステムでバランスを求めた)」(ジダン監督)と、BBC(ベイル、ベンゼマ、ロナウドの頭文字)先発時に露見する守備の欠点を補うためだったようですが、今回選ばれてベンチに戻る時の当人が、「Por que a mi? Fodase!/ポル・ケ・ア・ミー?フォダセ(何でオレが?ファックユー)」と悪態をついていたこともTVの映像で発覚しています。 ▽それでもジダン監督は、「En el cambio de Cristiano no pasa nada, el puede salir de vez en cuando/エン・エル・カンビオ・デ・クリスティアーノ・ノー・パサ・ナーダ、エル・プエデ・サリール・デ・ベス・エン・クアンドー(クリスチアーノが交代したからって何も起こらない。彼も時々、代わることがある)」と平然。「試合に勝ったから、満足していた」そうなので、あまり気にしないでもいいかと。ええ、結局、そのまま1-2でアスレティックを下したマドリーはこの2週間、暫定とは言えど、バルサに首位を奪われて過ごす憂鬱から解放された上、残り試合で一番厳しいと言われていたアウェイ戦で取りこぼしせずに済みましたからね。となれば、もう6年ぶりのリーガ優勝までの道筋もかなり見えて来た? ▽一方、他のマドリッド勢は日曜試合となったんですが、正午にミチェル新監督が率いるマラガをブタルケに迎えた新弟分のレガネスはゴールを奪うことができず、スコアレスドローで終了。順位も降格圏ギリギリの17位は変わらず、すぐ下のスポルティングとの勝ち点差5と、まだ危うい状態で、残留確定目安の勝ち点40まで、残り10試合であと14ポイント溜めないといけないのはいささか不安かと。いえ、下のチームとの兼ね合いですから、必ずしもそこまで達しなくてもいいんですけどね。来季には現在、2部でプレーオフ出場圏の6位にいるヘタフェも戻って来て、マドリッド1部4チーム体制が復活するのを望んでいる、私のようなファンもいるため、レガネスもこの2週間を最大限に活用して、リーガ再開後の頑張りを期待したいところです。 ▽そしてお昼ご飯を済ました後、私はビセンテ・カルデロンへ向かったんですが、その日がスペインでは“El Dia de Padre/エル・ディア・デ・パドレ(父の日)"だったのと、ここ数日、急に春めいてきた気候のおかげもあったんでしょうかね。後でシメオネ監督も「No parecia un partido de Liga, sino de Champions/ノー・パレシア・ウン・パルティードー・デ・リーガ、シノ・デ・チャンピオンズ(リーガ戦ではなく、CLのようだった)」と驚いていましたが…。いやあ、水曜にあったCL16強対決レバークーゼン戦2ndレグとはスタンドの熱気が雲泥の差。それもそのはず、相手は3位のセビージャで、ええ、今シーズン終了後にお別れOB試合の予定も決まっているスタジアムで8月にCLプレーオフを戦うなんて、間抜けな事態を避けるための“final(フィナル/決勝)"と、誰もが思っていた試合だったから。 ▽それがいきなりヴルサリコの負傷でケチがついた時には少々、暗雲が立ち込めなかった訳ではありませんが、やはり向こうに先週、レスターに予想外の逆転負けをして、CL敗退となったショックが残っていたのがラッキーだったんでしょうかね。大した攻撃は受けず、序盤にはガメイロのシュートが枠を直撃するなど、惜しい場面はあったんですが、その日は何とも喜ばしいことに今季、リーガ20チーム中下から2番目に低いセットプレーからの得点率を記録しているアトレティコが往年の特技を思い出してくれたんですよ。そう、35分、エリア前右側でFKをもらったところ、珍しくキッカーをグリーズマンが務めたんですが、いやあ、プライベートでも仲がいいだけにあうんの呼吸なんですかね。見事にゴディンの頭にヒットして、先制点を挙げてくれたから、サポーターもどんなに盛り上がったことか。 ▽おまけに60分にもグリーズマンはレアル・ソシエダ時代から、当時の同僚、GKクラウディオ・ブラボ(現マンチャスター・シティ)相手にセッション終了後も居残り特訓していたという直接FKの妙技を披露。これがゴールバーに当たって入り、2点目となってくれたとなれば、毎試合、GKとの1対1で失敗したり、絶好のチャンスで外したりしてしまうことがあるとて、やっぱり凄い才能の持ち主と認めるしかないかと。ええ、これにはサンパオリ監督も「cuando empezamos a controlarlos vino el gol a pelota parada/クアンドー・エンペサモス・ア・コントロラールロス、ビノ・エル・ゴル・ア・ペロータ・パラダ(ウチが試合をコントロールしだした時にセットプレーでゴールを奪われた)。後半も同じだった」と、悔やんでも悔やみきれないようでしたっけ。 ▽その直後、シメオネ監督はガメイロと交代でトーレスをピッチに入れ、レバークーゼン戦の時、45分間アップをしながら、出場機会を与えなかったため、世間で取り沙汰された不仲説を払拭。うーん、これで彼が復活ゴールを決めてくれれば、この試合の結末として最高だったんですけどね。71分、カウンターからガイタン、カラスコと繋ぎ、ファンフランがエリア内右奥から撃ったシュートがGKセルヒオ・リコに弾かれた時、無人のゴール前にいたのは現在のチームで最多の4得点、セビージャキラーとして君臨しているコケ。さすがにこの状態で的を外すことはなく、チームの3点目を決めてくれます。 ▽結果的にそのゴールで助かったのは85分、トーレスのvaselina(バセリーナ/ループシュート)が失敗したのに気を取られているうちに、セビージャの方のFWコレアが単独でGKオブラクを襲い、名誉の1点を取られてしまったせいで、何せ、シーズン前半戦では1-0で負けているアトレティコですからね。2-1だと、直接対決における得失点差がなくなってしまうところ、3-1であれば、最後に同じ勝ち点で並んだとしても相手を上回れるため、コケの3点目の功績は大きかったと言えましょう。 ▽え、それより何より、重要なのは3節前には9ポイントまで開いていた3位との差が2ポイントに縮まったことじゃないかって? その通りで、「素晴らしいシーズンを送って、世間やマスコミから賞賛されているセビージャ相手だけに、el resultado ensalza aun mas el partido que hizo el Atletico/エル・レスルタードー・エンサルサ・アウン・マス・エル・パルティードー・ケ・イソ・アル・アトレティコ(この結果はアトレティコのやった試合を尚更、褒め称えるものになる)」とプレーには満足しつつも、「残り試合数から考えてまだ差は大きい」とシメオネ監督はあくまで慎重でしたけどね。チーム内には状況の急変にしれっと態度を翻す選手もなきにしもあらず。 ▽何せ、一番最初に4位死守を口にしていたキャプテンのガビからして、この節、レアル・ソシエダとビジャレアルが負けていたせいもあるんですが、「El cuarto puesto ya queda lejos, ahora vamos a por el tercero/エル・クアルト・プエストー・ジャー・ケダ・レホス、アオラ・バモス・ア・ポル・エル・テルセーロ(4位はもうかなり遠のいた。今は3位を取りにいく)」ですもの。となれば、カンテラーノ(アトレティコB出身の選手)の後輩、コケが「Hemos dado un golpe en la mesa/エモス・ダードー・ウン・ゴルペ・エン・ラ・メサ(ボクらは机をガツンと叩いてやった/衝撃を与えるの意)」と、やたら大きく出ていたのもムリはなかった? ▽いえ、同じ後輩でも「チームのイメージ、一体感は凄く良かったけど、調子に乗っちゃいけない。Hay que pensar partido a partido, no perder la filosofia/アイ・ケ・ペンサル・パルティードー・ア・パルティードー、ノー・ペルデル・ラ・フィロソフィア(1試合1試合と考えて、フィロソフィを忘れてはいけない)」というサウルのように堅実な選手もいるんですけどね。実際、離れたと言っても5位との差は、アトレティコもセビージャとたったの2試合で詰めた5ポイントだけ。この先、後続との直接対決やマドリーダービーだってあるんですから、その時に泣きを見ないよう、選手たちが今の調子をキープしてくれるといいのですが。 ▽ただ、今週からは16人招集されているお隣さんと同様、アトレティコも13人が各国代表に出向。バルデベバス(バラハス空港の近く)同様、マハダオンダ(マドリッド近郊)の練習場でも活動は最小限になってしまうんですが、逆に大賑わいだったのは月曜のラス・ロサスのサッカー協会施設でした。ええ、スペイン代表の合宿が始まり、丁度、前日の父の日が祝日だったための代休で、子供たちに学校がなかったのが良かったんでしょうね。午後6時半からの公開練習ではスタンドに人が鈴なりになっていましたが、トレーニング自体は前日に試合をした選手が過半数だったため、比較的軽いものだったよう。 ▽ちなみに今回、マドリーからの参加はラモス、カルバハル、ナチョ、イスコ、モラタの5人で、アトレティコからはコケの1名だけ。いえ、同日、同じ施設で合宿を始めたU21代表の方にはサウールが呼ばれ、再びアセンシオとの友情を深めていますけどね。若い子たちは夏のユーロ大会に向けたデンマークとイタリアの親善試合を2つこなすだけなのに比べ、大人の代表にはこの金曜日、2018年W杯予選のイスラエル戦が入っている分、ちょっと大変でしょうか。 ▽その他、A代表で目新しいのはマドリーからソシエダに戻って、復調著しいイジャラメンディが初招集されたことと、これまでU21で活躍していたデウロフェウ(ミラン)の昇格。また、2016年のユーロ以来、ご無沙汰していたペドロ(チェルシー)が戻って来たことですが、何せ総勢25名と、ロペテギ監督のリストはいつも人が多いですからねえ。ヒホン(スペイン北部のビーチリゾート都市、スポルティングのホーム)での予選と、来週火曜にスタッド・ド・フランスで行われるフランスとの親善試合の2つで全員がプレーできるかは疑問。まあ、スペイン代表の情報はこれから追々伝えていきますが、彼らも同グループで現在、勝ち点が同じイタリアと10月マッチレースが続くため、楽な試合でも決して油断はできませんよね。【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している 2017.03.21 11:25 Tue
twitterfacebook
thumb

【原ゆみこのマドリッド】同国勢対決がなかった…

▽「敵を討ってあげるって言ってもダメかしらね」。そんな風に私が呟いていたのは金曜日、お昼のCL準々決勝抽選でアトレティコの相手がレスターに決まったのを知った時のことでした。いやあ、今週は16強対決2ndレグの残りが行われ、世間ではスペイン勢4チーム全勝ち抜け後のユーロクラシコやユーロマドリーダービーの予想で盛り上がっていたりもしたんですけどね。何と、火曜にレスターと対戦したセビージャが1stレグでは2-1で勝っていたにも関わらず、キングパワー・スタジアムで2-0と負け、敗退してしまったから、私も驚いたの何のって。 ▽うーん、ヨーロッパリーグを昨季まで3連覇、泣く子も黙る大会史上最多の5回優勝を達成しているセビージャですが、やはりCLでは準々決勝進出をしたことがないという経験不足が祟ったんでしょうかね。ただ内容的には頼みの綱だったナスリが、1点さえ取れば延長に持ち込めるという状況だった後半26分、バーディの挑発に乗って2枚目のイエローカードをゲット。チームを10人にしてしまった上、ヨーロッパで指揮を執るのが今季初めてのサンパオリ監督までその10分後には退席処分になるという、悔しがって当然という事情もなきにしもあらず。 ▽だったら、アトレティコが頑張ってレスターをCLの次ラウンドで倒す代わりに、この日曜のリーガ戦ではまだ勝ち点差も5あることですし、手加減してくれないかと思った次第ですが…いえ、やっぱりないですよね。何故なら、優勝の目がなくなったセビージャにとって、来季ヨーロッパの大舞台に戻ってリベンジを果たす道は4位以上のリーガフィニッシュオンリー。もちろんアトレティコの目標も同じですが、ここ3年で2度も大願成就直前で敗れているせいでしょうか。その辺はセレソ会長からして、「Toque quien toque, tenemos la misma ilusion, llegar a la final/トケ・キエン・トケ、テネモス・ラ・イルシオン、ジェガール・ア・ラ・フィナル(どこと当たったとしてもウチは同じ夢を持っている。決勝進出だ)」と至極控えめ。でもお、準優勝じゃ、CLグループリーグ出場特権ないですよ。 ▽ただ、この水曜にアトレティコが戦ったレバークーゼンとの2ndレグを見れば、あまり大きなことも言えないのもわかるというもので、いえ、先週のPSGや同日のマンチェスター・シティのように相手にremontada(レモンターダ/逆転劇)を許すような過ちは、さすがにビセンテ・カルデロンを満員にしたファンの前では犯さなかったんですけどね。1stレグに2-4と過度な余裕で勝っていたため、選手たちのプレーに「Nos valia con cero a cero, no hemos ido al ataque como locos/ノス・バリア・コン・セロ・ア・セロ、ノー・エモス・イドー・アル・アタケ・コモ・ロコス(0-0で十分だったから、ウチは気が狂ったような攻撃には出なかった)」(グリースマン)という態度が反映されてしまっていても仕方なかったかも。 ▽同様に3点を取っての逆転突破を目指さないといけなかったレバークーゼンもかなり達観していたのか、前半はグリースマンやコレア、コケのシュートがGKレノにセーブされていたぐらいで、ほとんど何も起こらないまま、両者無得点で終了。後半も同じような展開になるかと思いきや、22分にいきなり見せ場がやってきたんですよ! いえ、元はと言えば、ヒメネスが自陣エリア前で敵にボールを奪われてしまったのがいけないんですけどね。まあ、そこのところはその少し前に彼は接触プレーで鼻を打撲。骨折した状態でプレーしていたためについ、ミスッてしまったんだと楽観的に理解するしかありませんが、同僚の失態を有り余る好プレーで補ってくれたのはGKオブラク。 ▽まずはエリア内正面から撃ってきたブラントの一撃を弾き、その跳ね返りを右側からフォラントが蹴ったボールも弾いた上、同選手の最後のトライも反転して肩でブロック。最後にチチャリートの左側からのシュートが外れてくれたのはラッキーでしたが、これだけの連続paradon(パラドン/スーパーセーブ)を見せられたら、アトレティコ歴代名GKのデ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド)やクルトゥワ(チェルシー)が来季、お隣さんに加入することになったって、まったく惜しむ必要はない? うーん、オブラクにも先日のデポルティボ戦ではうっかりゴールキックを近くの敵に蹴ってしまい、失点してしまったなんてポカがない訳ではないんですけどね。 ▽その日は他に特筆すべきプレーもなかっため、レバークーゼンのタイフン監督は「彼だけでなく、アトレティコは何人もの選手がゴールをカバーしていて、ウチは隙間を見つけられなかった」と言っていたものの、2ndレグを無得点に抑えた彼が、必然的に4年連続のCL準々決勝進出の立役者になることに。まあ、終盤はカラスコを、こちらはリーガ前節のグラナダ戦で鼻骨骨折してマスクを装着しているCBサビッチに代え、「時間が経つにつれ、敵が試合への恐れを忘れてくるかもしれなかったから、ヒメンスをボランチにして、グリースマン1人を前線に残した」シメオネ監督ですからね。 ▽その心は「Nos quedamos todos con la idea de que se podia tener la pelota para que el tiempo pasase/ノス・ケダモス・トードス・コン・ラ・イデア・デ・ケ・セ・ポディア・テネール・ラ・ペロータ・パラ・ケ・エル・ティエンポ・パサセ(ウチは全員、ボールを保持して、時間が経つのを待つという考えでまとまっていた)」となれば、試合が面白くならなかったのは仕方ない? そのままスコアレスドローで終わったんですが、何せここ2年間、16強対決ではPK戦の苦しみを味わっていたアトレティコですからね。あんなドキドキを再々体験することなく、準々決勝進出が決まったのにはきっとファンもホッとしていたかと。 ▽ただ唯一、残念だったのはせっかく、頭部の打撲から回復。その日2週間半ぶりにベンチに復帰して、後半はずっとアップをしていたフェルナンド・トーレスを監督が使わず、交代枠も1人余らせてしまったことですが、まあ次は大事なリーガの天王山ですからね。スタンドが「Cholo sacalo!/チョロ・サカロ(シメオネ監督、彼を出せ)」と歌っていたのも結局、負傷者多発で駆り出されていた、実質戦力外のチェルチに対してのからかいだったようですし、トーレスには日曜午後4時15分(日本時間翌午前零時15分)からのセビージャ戦で、ビセンテ・カルデロンのサポーターを安心させてもらえばいいかと。そうそう、足の付け根を痛めてレバークーゼン戦を欠場したガメイロも木曜には全体練習に復帰。ガビも指は骨折しているものの、プレーに支障はないため、今度はベストメンバーで挑めそうですよ。 ▽え、それよりCL準々決勝で大変なのはお隣さんじゃないかって? そうですね、4月は8日の土曜日にシーズン後半マドリーダービーがあるため、例年に倣って、今年はダービー祭りになるんじゃないかと、私も恐れていたんですが、ユベントスを引き当てたバルサ同様、レアル・マドリーもヨーロッパの老舗の強豪、バイエルンと顔を合わせることに。ええ、5年前の準決勝ではサンティアゴ・ベルナベウでの2ndレグでPK戦にもつれ込み、セルヒオ・ラモスが最後のキックを天高く打ち上げて敗退が決まったなんてイヤな思い出もある相手ですが、3年前の準決勝ではアリアンツ・アレナで当人の2発を含む0-4で大勝とリベンジもしているため、すでに選手たちの頭の中はいい方に書き換えられている? ▽ただ当時とは違いがあって、奇しくも最後の対戦でマドリーを率いていたアンチェロッティ監督が今ではバイエルンを指揮。それだけに当人も昨季の準決勝アトレティコ戦でマドリッドを訪れた時より数段、流暢になったドイツ語で、「Die Spiele gegen Real sind naturlich speziell fur mich/ディ・シュピーレ・ゲーゲン・レアル・ジンド・ナトゥーリッヒ・シュペツィエル・フュア・ミッヒ(マドリー戦は自分にとってもちろん特別な試合だ」と話していましたが、3年前は彼のアシスタントだったジダン監督もその思いは一緒だったよう。「Sera especial enfrentarme a el, aprendi mucho a su lado/セラ・エスペシアル・エンフレンタールメ・ア・エル、アプレンディ・ムーチョ・ア・ス・ラドー(彼と対戦するのは特別だね。彼の横で自分は沢山、学んだよ)」と言っていましたが、この師弟対決、果たしてどちらに軍配が挙がるのでしょうか。 ▽まあ、因縁と言えば、ロッベンやシャビ・アロンソは元マドリーですし、逆にクロースはバイエルン出身とか、イロイロ出て来るんですが、試合があるのはアトレティコvsレスター戦と同じ、4月12日、18日ですので、その辺はおいおいと。うーん、前後をダービーとクラシコで挟まれているだけに、ビッグゲームが続いて、選手たちにはキツそうですけどね。となると、この土曜午後4時15分、EL32強対決でアポエルを前に敗退し、今週は試合がなくて体力満々。更にエースのアドゥリスも復活したアスレティクとのリーガ戦では何としても勝って、現在2位のバルサと勝ち点差2、未消化分のセルタ戦を楽観的に勘定に入れれば、5差となるアドバンテージをキープしておかないといけないかと。 ▽ちなみにこのサン・マメス(アスレティックのホーム)での一戦では、ここ2試合出場停止だったベイルが復帰。いえ、最近はBBC(ベイル、ベンゼマ、クリスチアーノ・ロナウドの頭文字)が揃い踏みすることに異論もなきにしもあらずなんですが、この節が終わると代表戦週間に入りますしね。ウェールズ代表に行くベイルも足慣らしが必要でしょうし、フランス・サッカー協会会長から招集OKの弁を得ても、デシャン監督に呼ばれなかったベンゼマは前節ベティス戦では途中出場だったので、運動不足を解消しておかないと。ロナウドはまあ、いつも通りですが、まだ新しくなったサン・マメスではゴールを挙げていないだけに、モチベーションには事欠かないはずです。 ▽そしてマドリッドの新弟分、レガネスは日曜正午からブタルケに1つ上の16位にいるマラガを迎え、再び残留に向けての戦いを再開するんですが、彼らもparon(パロン/中断期間)後はレアル・ソシエダ、マドリーと強敵が続きますからね。前節、セビージャを引き分けた心意気を保てれば、勝ち点2差のデポルティボを抜いて、15位という高みで2週間過ごせるんじゃないかと思いますが、さて。ちなみにそのデポルティボと日曜に当たるセルタは木曜に無事、EL16強対決クラスノダール戦2ndレグに0-2で勝って、総合スコア4-1で準々決勝進出が決定。こちらは4月にベルギーのヘンクと当たることになりました。【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している 2017.03.18 11:30 Sat
twitterfacebook
thumb

【原ゆみこのマドリッド】後ろは振り返っちゃいられない…

▽「ちゃんとカメラは戻ったのね」そんな風に私が驚いていたのは月曜。ベティス戦後のミックスゾーンでセルヒオ・ラモスが喋っている映像をお昼のニュースで見た時のことでした。いやあ、前日の夜は私もサンティアゴ・ベルナベウのミックスゾーンにいたんですけどね。マルセロに続いてモドリッチが登場したため、いつも2人しか選手を出さないレアル・マドリーですし、すでに時計の針も12時過ぎ。TV各局のクルーも撤退していたとなれば、久々にちがう選手の話を聞けたと満足していた私がスタジアムを後にしてしまったとしても無理はなかった? ▽それが驚いたことに、メトロ(地下鉄)の駅に向かう途中もラジオ・マルカ(スポーツ専門放送局)をつけっぱなしにしていたところ、いきなりラモスの囲み会見が始まるんですから、やられた感の半端ないことといったら! うーん、同郷のモドリッチのコメントが取れて、嬉しそうにしていた顔馴染みのクロアチア人記者から、帰りがけに「ラモスは待たないの?」と冗談交じりに訊かれてはいたんですけどね。このところ、マドリーの成績が安定せず、敗戦や引き分けのたびに言い訳会見をしていたキャプテンですし、試合直後のピッチインタビューも受けていたため、「いくら何だって、6試合連続でミックスゾーンに出て来る訳ないじゃないの」と勝手に判断してしまった自分が悪いんですが…いや、その日の試合同様、ラモスのやることは常識で判断しちゃいけないって、本当に勉強になりましたよ。 ▽まあ、その辺はまた後からお話しますが、先週末のリーガはマドリッド勢、皆がハッピーになれる結果に。始まりは土曜、サンチェス・ピスファンでセビージャに挑んだ新弟分。相手は今週火曜にクラブ史上初のCL準々決勝進出が懸かった16強対決レスター戦2ndレグ(1stレグは2-1で勝利)が控えているため、気が散っていたんですかね。開始2分にエル・ザールのラストパスから、ガブリエウ・ピレスが器用なバックヒールでゴールを挙げ、レガネスが見事に先制。前半終了までもう少しという42分にはヨベティッチに同点弾を決められてしまったものの、後半何とか持ちこたえて、1-1の引き分けをもぎ取っているんですから、頑張ってくれたじゃないですか。 ▽そして夜は先輩格のアトレティコがセビージャ(スペイン南部、アンダルシア地方の首都)からそれ程、遠くないグラナダ(アルハンブラ宮殿で有名な町)でキックオフとなったんですが、CL戦を控えているのは同じとはいえ、こちらはフェルナンド・トーレスやガメイロ、ガビら、欠場者が多かったのが響いたんですかね。前半はカラスコやグリーズマンのゴールがfuera de jugo/フエラ・デ・フエゴ(オフサイド)で取り消されたぐらいで、どちらも得点することなしに終了。このままではスコアレスドローになりかねないと心配したか、シメオネ監督は後半頭からトーマスの代わりにコレアを入れたんですが、あまり代わり映えはしませんでしたねえ。 ▽それどころか、グラナダに決定力のあるストライカーがいないため、ゴールにこそなりませんでしたが、シュートをどんどん撃ち始めたため、ガイタンをCBヒメネスに代え、彼にボランチをやらせて敵の攻勢を止めるなんて苦労もしていましたが…。またもや私が諦めかけたころ、ようやく才能を発揮してくれた選手がいたんですよ! 38分、コケが短いCKから繋いで、再びエリア前すぐ右からクロスを上げたところ、ワンクッション置いたせいでマークが外れたのか、グリーズマンがヘッドでネットに収めてくれたから、どんなに助かったの何のって。 ▽まあ、シメオネ監督によると、「El cabezazo es por la tecnica mas que por la altura/エル・カベサソ・エス・ポル・ラ・テクニカ・マス・ケ・ポル・ラ・アルトゥーラ(ヘッディングが決まるのは身長より、テクニックのおかげ)」なんだそうですが、決して長身FWとは言えないグリーズマンが邪魔をされずにボールをミートするにはチームメートの協力が不可欠。地道なセットプレーの練習が実ったおかげで、何とか0-1で勝利をゲットと、レガネスのためにもなってあげられましたが、実際、降格圏にいる相手にここまで苦労しているのでは先が思いやられるかも。となると、シメオネ監督が「セビージャを見るのは良くない。Cinco puntos son muchos/シンコ・プントス・ソン・ムーチョス(勝ち点5差というのは大きいからね)。レアル・ソシエダもビジャレアルも強いから、4位の座を確定させるべきだ」と話していたのはもっともだった? ▽いえ、終了直後にマイクを向けられたコケなどは、まだ監督記者会見前だったせいか、「estamos felices por estar mas cerca del objetivo, que es ser terceros/エスタモス・フェリセス・ポル・エスタル・マス・セルカ・デウ・オブヘティーボ、ケ・エス・セル・テルセーロス(3位になるという目標に近づけて嬉しいよ)」と、素直に喜んでいましたけどね。実際、本当にアトレティコにここ数年、定位置の3位奪回の可能性が出て来るのは今度の日曜。直接対決でセビージャとの差を勝ち点差2まで近づけてから。その前、1stレグでは2-4でアウェイゴールをいっぱい持っているとはいえ、先週バルサがPSG相手に4-0を6-1で引っくり返したなんて例もあったことですし、0-3なら逆転敗退してしまう水曜のレバークーゼン戦2ndレグも気になりますしね。 ▽こうなるとそれこそ、「Nosotros tenemos que tratar de ganar todas las finales que nos quedan de aqui al final/ノソトロロス・テネモス・ケ・トラタル・デ。ガナーウ・トーダス・ラス・フィナレス・ケ・ノス・ケダン・デ・アキー・アル・フィナル(ウチはこれから最後まで残っている全ての決勝に勝っていかないといけない)」(ヒメネス)という姿勢でいってもらいたいものですが、さて。そんな目が離せないアトレティコvsレバークーゼン戦は水曜午後8時45分(日本時間翌午前4時45分)キックオフ。ロジャー・シュミット監督からタイフン監督に代わった相手にはCBトプラクが負傷、GKレノやベンダーら主力の出場が微妙と戦力的に不安がありますが、アトレティコもトーレスは月曜から全体練習に復帰したものの、ガメイロはまだ個別メニューですしね。グラナダ戦で終盤に鼻を強打、オブラクがタオルを貸してあげたり、コケが顔に水をかけて鼻血をゴマかそうとしたにも関わらず、結局骨折が判明したサビッチはマスクをすればプレー可能なようです。 ▽そして翌日曜、夕方の試合でバルサがデポルティボに2-1で敗戦するという不覚を取るという朗報(17位に落ちてしまったレガネスには凶報)を手にベティス戦を迎えたマドリーでしたが、また性懲りもなく、敵に先制されてしまったんですよ。いえ、前半20分に1人、ゴールに向かって来たダルコをエリア外に飛び出て迎え撃ったGKケイロル・ナバスは、相手にぶつかって倒してしまったものの、マテオ・ラオス主審が「Él sabe que hay contacto, me lo reconoce, pero no le da lo suficiente para pitarlo/エル・サベ・ケ・アイ・コンタクトー、メロ・レコノセ、ペロ・ノ・レ・ダ・ロ・スフィシエンテ・パラ・ピタールロ(接触があったのはわかっていて、それは認めていた。でもファールを吹くには十分じゃなかったって)」(セバージョス)とのことで、スルーしてくれたため、レッドカードは出されずに済んだんですけどね。 ▽それで心が乱れたかどうかは知りませんが、その4分後、せっかくサナブリアのシュートを止めながら、「Toco con la mano derecha y es mala suerte/トコ・コン・ラ・マノ・デレッチャ・イ・エス・マラ・スエルテ(右手に当たって、運が悪かった)」(ナバス)と、逃げたボールがラインを割ってしまったから、さあ大変! うーん、最近はベルナベウのサポーターの目がとりわけナバスに対して厳しくて、ポルトに移籍する前のシーズンのカシージャスのように、何かというとすぐにpito(ピト/ブーイング)が飛んできますからね。これでは落ち着いてプレーもできないんじゃないかと心配になりましたが、幸い40分にはマルセロのクロスをクリスチアーノ・ロナウドがヘッドでゴールして、同点でハーフタイムに入れることに。 ▽後半も後半でなかなか点が奪えなかったんですが、ハメス・ロドリゲスをルーカス・バスケスに、モラタをベンゼマにと、ジダン監督も前線を変えて四苦八苦していた75分過ぎ、私もこのまま引き分けたら、バルサと同じ勝ち点になって、またリーガが面白くなるかなと思っていた頃…。ベティスのピッチーニが2枚目のイエローカードをもらって、10人になってしまったの。ただそれが彼らの命取りになってしまったのは、その直後にCKを与えてしまったからで、ええ、ビクトル・サンチェス監督も「それまでウチはマドリーのセットプレーを上手くコントロールしていたが、退場のすぐ後でマークの調整ができなかった」と言っていましたけどね。 ▽クロースがCKを蹴る間、身長168センチの左SBドゥルミシが懸命にラモスを牽制していたものの、何せ相手はヘッドのスペシャリスト。デポルティボ戦では同様に小柄なジョルディ・アルバがベルガンティーニョを抑えられず、決勝点を奪われていましたが、ボールが落ちて来る一番肝心な瞬間に逃がしてしまってはいけません。これでリーガ7点目、CLでも先週のナポリ戦での2発を含めて3点と、今季のゴールを10本にしたラモスはまた、息子さんに電話を掛けるポーズやら何やら、イロイロなパフォーマンスをしていましたが、その一部は「Se lo dedico a mi mujer/セ・オ・デディコ・ア・ミ・ムヘル(自分の妻に捧げる)」(ラモス)ものだったよう。これまで1度も捧げてくれないのを芸能人の奥さん、ピラル・ルビオさんに文句を言われたからだそうですが、なかなか家庭を平和に保つのも大変ですね。 ▽え、それでもロスタイムにナバスのparadon(パラドン/スーパーセーブ)がなかったら、マドリーは追いつかれていたんだろうって? そうですね、ジダン監督が「Keylor tiene carácter aunque cometa un error/ケイロル・ティエネ・カラクテル、アウンケ・コメタ・ウン・エロール(ナバスはミスをしても強い気概がある)」と太鼓判を押していた通り、当人が「Tenía que seguir adelante/テニア・ケ・セギール・アデランテ(前に進まななければならなかった)と、サナブリアの至近距離ヘッドを鬼のような反射神経で弾いてくれたおかげというのは本当だったかと。 ▽うーん、こういうシーンを見ると、どんなにひどいミスをしてもすぐに忘れてしまえる選手が活躍するのがサッカーなんだという気がしてきますが…。まあそんなことはお隣さんを見ていれば、とっくの昔に明らかなこと。もちろんビクトル・サンチェス監督も「前半のナバスのプレーが試合のカギだった。Era de expulsión muy clara/エラ・デ・エクスプルシオン・ムイ・クラーラ(あれは明白な退場行為だったからね)。実際、ウチはピッチーニの退場をすぐに利用された」と嘆いていたように、運にも大きく左右されますけどね。おかげで2-1の勝利を掴んだマドリーはバルサに勝ち点差2をつけて、堂々首位に復帰。ええ、堂々ですよ。だって、まだ未消化のセルタ戦だって残ってるんですから。 ▽そんな彼らは今週のミッドウィークに試合がなく、火曜夕方まで休みで、その後は土曜までみっちり練習ができるんですが、それだけに余裕があるということでしょうかね。いえ、大して時間のないアトレティコでも、日曜のお休みにグリーズマンがパリまで大好きなラッパーのドレイクのコンサートに駆けつけていたぐらいですから、一概には言えないものの、月曜のお昼にはロナウドが市内のシュダッド・リネアルにできた、自身が経営するジム、CR7クランチ・フィットネスの2号店の入会金無料、会員募集プロモーションに出現。 ▽彼女のジョルジーナ・ロドリゲスさんが見守る中、選ばれた一般客と一緒にトレーニングを楽しんでいましたが、面白かったのは今では都市伝説と化していた当人が毎日、腹筋を3000回やるという噂をマジメに否定していたことでしょうか。ええ、「Los suelo entrenar tres o cuatro veces por semana. No sé si llegaré a los mil por semana/ロス・スエロ・エントレンーアル・トレス・オ・クアトロ・ベセス・ポル・セマーナ。ノー・セ・シー・ジェガレ・ア・ロス・ミル・ポル・セマーナ(週3、4回やるけど、1週間で1000回になるかはわからないよ)」とのことですが、それでも十分に勤勉で羨ましい。最近はほとんどミックスゾーンでもお目にかかれないロナウドですが、ベティス戦でトップのメッシまで4点差まで迫ったpichichi(ピチチ/得点王)レースにもそろそろ本腰を入れないといけませんしね。ラモスにも存在感で負けないよう、また次のアスレティック戦ではガンガン、ゴールを決められるといいのですが。【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している 2017.03.14 13:40 Tue
twitterfacebook
thumb

【原ゆみこのマドリッド】大物がCLに残った…

▽「来週には戻って来てくれるのかなあ」そんな風に私が心配していたのは金曜日、翌日にグラナダ戦を控え、記者会見に出たアトレティコのシメオネ監督が「今は回復の途中、esperamos que para el miércoles esté con nosotros/エスペラモス・ケ・パラ・エル・ミエルコレス・エステ・コン・ノソトロス(水曜にはいてくれることを期待している)」と、先週ミッドウィークのデポルティボ戦で頭を強打。病院に緊急搬送となって以来、いまだ全体練習に加わっていないフェルナンド・トーレスについて、そう語った時のことでした。いやあ、今週はガメイロも足の付け根を痛め、アンダルシア(スペイン南部)遠征に参加できなくて、それでもFWはグリースアンとコレアがいるんですが、木曜に22歳の誕生日を迎えたばかりの後者はどうにも先発した際のパフォーマンスに信頼が置けず。 ▽といっても今回のリーガの相手は18位のチームですし、もちろん残留を争っているマドリッドの新弟分のために叩いておいてあげたいところですが、同日、3位のセビージャと当たるレガネスが、来季のCLグループリーグ出場権獲得を目指す兄貴分のために何かできるかというと、それも心もとないところですからね。ならば、ここは来週水曜のCL16強対決レバークーゼン戦2ndレグに備えて、休養の意味でもトーレスとガメイロはお休みさせて、人手不足に招集されたカンテラーノ(アトレティコBの選手)のFWシアッピカッセはともかく、カラスコやガイタン辺りにゴールを担当してもらうのも悪くはないかと。 ▽え、2月の1stレグでは2-4とアウェイで勝利、おかげでガビやフィリペ・ルイスにもイエローカードを取らせ、2ndレグで累積警告を消化させることにしたアトレティコなんだから、レバークーゼン戦に向けて、そんなに身構えることはないんだろうって?いやあ、そこがサッカーとはわからないもので、いい例だったのが今週、先行してプレーしたスペイン勢の2試合。どちらも予想外の展開となったため、決して気を緩めることはできないと、私も認識を新たにしたものでしたが…。 ▽ちなみに火曜にレアル・マドリーがプレーした、サン・パオロでのCL16強対決ナポリ戦2ndレグは、いえ、お昼(スペインのランチタイムは午後2時~4時なため、ニュースもこの時間にある)に現地からのTV中継の時点で、すでに観客がスタンドに多数。キックオフ前のレポーターコメントで午後5時頃にはほぼ満員状態になっていたと聞いた時には、ナポリファンはそこまで力が入っているんだと驚かされたものですけどね。当然ながら、選手たちもこの期待に応えたため、前半のマドリーはホームチームの大攻勢にさらされることに。おまけに前半23分にはとうとう、ハムシークのスルーパスを受けたメルテンスが先制点を決め、逆転突破まであと1点にされてしまったから、こちらもドキドキしたの何のって。 ▽うーん、1-0でハーフタイムを迎え、後半のピッチに出て行く前、クリスチアーノ・ロナウドは「No sabemos defendernos/ノー・サベモス・デフェンデール(ウチは守ることを知らない)」と、チームメートを批判していたけど、それはまず自身が反省するべきことだと突っ込みたくなりましたけどね。何せ、前半のマドリーはやられっぱなしで、チャンスといってもロナウドのシュートがゴールポストに当たったぐらいしかなかったんですが、相手が1本しかゴールが決まらないのが不思議なくらい沢山、シュートを撃っていたのは別に守備陣の責任だけではなかったかと。 ▽もちろんこれにはジダン監督も休憩中のロッカールームで、「Lo que hablamos es como siempre, tienes que cambiar/ロ・ケ・アブラモス・エス・コモ・シエンプレ、ティエネス・ケ・カンビアール(話し合ったのはいつものように、状況を変えなければいけないということ)」と、選手たちに意識改革を訴えたんですけどね。その効用が発揮される前に飛び出したんですよ。苦境に立つと発現する、CKクロース+セルヒオ・ラモスのヘッド=ゴールというマドリーの黄金則が!ええ、まずは6分、元同僚のアルビオルを遥かに高く上回って同点弾を撃ち込むと、その5分後には再びヘッドを叩きつけ、ボールの軌道上にあった身長169センチのメルテンスの頭に当たって勝ち越しゴールになっているのですから、恐ろしいじゃありませんか。 ▽ただ試合後、サッリ監督が「マドリーはフィジカル的にウチよりずっと強い。一番小さい選手でも188センチある」と言ったのにはちょっと偏見があって、何せカルバハルやマルセロ、モドリッチらは175センチありませんからね。ナポリのDF陣も高さ的には遜色ないのですから、やっぱり点を取ることばかりを考えて、セットプレー守備の練習がおざなりになってしまった?これであと3ゴール必要になってしまったため、その後のナポリの勢いは緩んできたというか、ジダン監督が順々にベイルやベンゼマを下げ、働き者のルーカス・バスケスやモラタを投入。 ▽チームのバランスを取ったため、最後はロスタイム、ロナウドがGKペペ・レイナに弾かれたボールをモラタがダメ押し点にして、昨季までセリエAのライバル、ユベントスで修業していたせいで、現地入りして以来、ナポリファンのブーイングの的になっていた鬱憤を、指を唇当て、沈黙を要求するポーズを取って晴らすことまでできましたっけ。 ▽これで1stレグ同様、2ndレグでも1-3で勝利、総合スコア2-6で7年連続の準々決勝進出を決めたマドリーだったんですが、当然ながら試合後のヒーローはラモス、ラモス、ラモス。ここ4試合程、イタンビューの連続出場を続けているキャプテンですが、この日は敗戦や引き分けの言い訳をするためではなく、しかも自分の活躍で逆転敗退の危機を乗り越えたため、当人の嬉しそうなことといったらもう。ええ、ピッチではレポーターに訊かれもしないのに、「Qué mejor manera de celebrar mis 100 partidos que marcando los goles/ケ・メホール・マネラ・デ・セレブラル・ミス・シエン・パルティードス・ケ・マルカンド・ロス・ゴーレス(ゴールで100試合出場を祝えるなんて最高)」と、まずヨーロッパの大会出場数で節目に達したことを自らアピール。 ▽続いて、2度目のヘッドが自身ではなく、メルテンスのオウンゴールにされたことに「No jodas, me han quitado el doblete/ノー・ホデス、メ・アン・キタードー・エル・ドブレテ(冗談だろ、ボクの2得点を取られたなんて)」と思わず、文句が出てしまったのはまあ、後で彼もミックスゾーンで言っていた通り、先日のバレンシア戦、マンガラにシュートが当たりながら、得点者はアトレティコのガメイロになったなんて例もありますから、ツキがなかったのを嘆く気持ちもわかりますけどね。でもゴールの後、自分が電話をかけるポーズをしたことについて、「Yo lo hice antes que Leo/ジョ・ロ・イセ・アンテス・ケ・レオ(ボクはメッシより先にやっていたよ)。疑うんなら、ビデオを見てみればいい」って、もしやゴールパフォーマンスの特許権でも争っている? ▽加えて、翌日に同じ16強対決2ndレグで4-0敗戦から、PSG相手に逆転を狙う永遠のライバルに対して、「Estaré más contento si pierde el Barcelona, dormiré más tranquilo/エスタレ・マス・コンテント・シー・ピエルデ・エル・バルセロナ、ドルミレ・マス・トランキーロ(バルサが負けたら満足だよ。落ち着いて眠れるね)」とまで来たら、3月下旬にはスペイン代表の合宿が迫っているのをすっかり忘れているんじゃないだろうかと、私が疑ってしまっても無理はなかったかと。 ▽ただねえ、水曜にはマドリーの大先輩、ラウールも「Remontada del Barça? Esa es la especialidad del Real Madrid/レモンターダ・デル・バルサ?エサ・エス・ラ・エスペシアリダッド・デル・レアル・マドリッド(バルサの逆転劇?それはレアル・マドリーの専門だよ)」と言っていたように、どうにもこのクラブの人たちは奇跡のレモンターダは彼らの専売特許、他のクラブでは真似できないと信じきっているような傾向がなきにしもあらず。 ▽ところがどっこい、翌日のカンプ・ノウでは「そうなるにはバルサが物凄い試合をして、同時にPSGが最低の試合をしないといけない」(ラウール)という条件が実現してしまったから、さあ大変!いえ、一応、近所のバル(スペインの喫茶店兼バー)で私も物見雄山的な気分で見てはいたんですけどね。3点リードと、目標まであと2点と迫っていたバルサが後半、カバーニにゴールを奪われ、3-1になった時、意外にも店内からは歓声が上がったのはおそらく、その日、逆転を期待して応援に来ていたクレ(バルサファンのこと)が少なかった?それはともかく、残り30分であと3点が必要になったとなれば、大抵のチームだったら諦めてしまうはずですって。 ▽そんな思いが私にもあり、用事もあったため、後半35分ぐらいにはバルを出たところ、まさか早めにカンプ・ノウから引き揚げた、決して少なくないファンたちと同じ憂き目に遭うことになろうとは!ええ、そこからネイマールの直接FKは決まるわ、後でPSG勢全員が憤っていた、チアゴ・シウバがエリア内でルイス・スアレスを倒したという怪しいPKで、またしてもネイマールが得点。挙句の果てにロスタイム5分、「Me tiré con todo, sin saber si estaba en línea/メ・ティレ・コン・トードー、シン・サベール・シー・エスタバ・エン・リネア(全力で突っ込んだ。オフサイドなのかどうかもわからなかったよ)」と、セルジ・ロベルトが逆転突破を確定する6点目もラジオで聴くだけしかできなかったんですから、逃がした魚は大きかった? ▽え、つまりこれって、ラモスが心安らかに眠れなくなっただけでなく、アトレティコにも準々決勝でバルサに当たる可能性が出てきたってことじゃないかって?まあ、その通りなんですが、心配してくれたファンに感謝するため、クラブのオフィシャルページにインタビューを受けたフェルナンド・トーレスなど、「バルサの試合はnos tiene que servir para ver que nada está hecho/ノス・ティエネ・ケ・セルビル・パラ・ベル・エ・ナーダ・エスタ・エッチョー(ボクらにまだ何も終わっていないと思わせるために役立てないといけない)」と折良く、レバークーゼン戦2ndレグに向けて意識が高まったよう。 ▽他の選手たちにもいい教訓になるんじゃないかと思いますが、とりあえずレバークーゼンを破っても次にバルサに当たったりしたら、彼らには先日のコパ・デル・レイ準決勝の苦い経験もありますからね。ただ、PSGのエメリ監督は「Tuvimos culpa nosotros, el Barça y el árbitro/トゥビモス・クルパ・ノソトロス、エル・バルサ・イ・エル・アルビトロ(この敗退の責任は私たち、バルサ、そして審判にある)」と言っていましたが、まずは1stレグでアトレティコが彼らに4点差もつけることなど想像できず。 ▽となると、2015年のスペイン・スーパーカップでバルサを破ったアスレティックが、ツィッターで「Pues a nosotros no nos pareció tan difícil mantener el 4-0 de la ida/プエス・ア・ノソトロス・ノー・ノス・パレシオ・タン・ディフィシル・マンテネール・エル・クアトロ・ア・セロ・デ・ラ・イダ(ウチには1stレグの4-0勝利を守ることはそんなに難しく見えなかったね)」(https://twitter.com/AthleticClub/status/839597836660584453)というような前提は心配しなくてもいいんですけどね(2nレグ1-1で優勝)。 ▽何かの間違いが起きて、そうなった場合でもPSGのようにアトレティコが消極的にプレーすることはないはずですが、ただまたしても逆転が必要になったりすると、1点を決めた後、留めの2点目をGKテア・シュテーゲンに阻まれてしまったカバーニや、撃っても撃っても枠を捉えられなかったナポリの例などはとても他人事とは思えない?そうとなれば、エースのグリースマンにも前節のバレンシア戦で彼女のエリカさんに捧げるメッセージを見せた件で後日、競技委員会から処分が通達。それに怒って、「Multa y amonestacion por felicitar a mi mujer y eso 3 dias despues... /ムルタ・イ・アモネスタシオン・ポル・フェリシタール・ア・ミ・ムヘル・イ・イソ・トレス・ディアス・デスプエス(ボクの彼女をお祝いしたら、罰金とイエローカード。しかも3日後に)」と、ツィッター(https://twitter.com/AntoGriezmann/status/839471972283269121)で文句のハッシュタグ、#PreocupateDeOtrasCosas(他のことを心配したらいい)なんて作っていないで、自身の決定力を少しでも上げるよう努力をしてもらいたいものですが、さて。 ▽そんなアトレティコは土曜午後8時45分(日本時間翌午前4時45分)からグラナダ戦なんですが、今週CLあったお隣さんは日曜にベティスをサンティアゴ・ベルナベウに迎えることに。うーん、マドリーはベイルが2試合目の出場停止処分で、先週末のエイバル戦に続き、またしても出られないんですが、ナポリ戦の例でもやはり、BBC(ベイル、ベンゼマ、ロナウドの頭文字)は揃い踏みしない方が、攻守にバランスの取れたいいチームになる感じが強まってしまいましたからね。今回はジダン監督も大手を振って、モラタやルーカス・バスケス、もしくはハメス・ロドリゲスやイスコ、アセンシオといったところを先発させられるのは嬉しいかも。 ▽ただ心配なのは、バルサの大逆転劇に感化されて終盤、本家本元、奇跡のレモンターダを見せつけてやるべく、前半は敵にリードさせてやろうなんて、選手たちがうっかり考えてしまわないかということですが、バレンシア戦やラス・パルマス戦のように完遂できない試合もありますしね。そこは中位にいるベティスとはいえ、決して油断せず、日曜にデポルティボ戦に挑むバルサに圧力をかけるためにも、しっかり勝ってもらいたいものです。【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している 2017.03.11 10:15 Sat
twitterfacebook
thumb

【原ゆみこのマドリッド】ちょっといい感じになってきた…

▽「どっちもどっちよね」そんな風に私が呆れていたのは月曜日、マドリッドの両雄、レアル・マドリーとアトレティコのキャプテンがニュースで取り上げられているのを見た時のことでした。いやあ、セルヒオ・ラモスが試合と試合の間の短いフリータイムを利用して、これでもかというぐらい、タトゥーのコレクションをせっせと増やしているのは、クラブW杯のため、日本への長期フライトに出る前にもあったことですし、それに比べれば、イタリアなんてご近所のようなものですから、今更驚きませんけどね(https://www.instagram.com/p/BRRQQEmD0sW/?taken-by=sr4oficial)。同じ指の話でも、まさかガビが家庭内事故で小指と薬指を骨折して、バレンシア戦ではギプスをしてプレー。火曜には手術もするって、こんなシーズンの大事な時期に一体、家で何していたんですか? ▽まあ、それは試合に差し障りはないようなので、別にいいんですけどね。というか、先週末のリーガはマドリッド勢、皆がメデタイ結果に終わったため、私も久々に気分がいいんですが、先陣を切って、今季リーガの“final(フィナル/決勝)“に勝ったのは新弟分のレガネス。ええ、ブタルケに降格圏住人のグラナダを迎え、後半39分に試合唯一のゴールを挙げたマチスは、実は対戦相手からのレンタル移籍選手だったものの、契約条項による出場制限がなかったため、ブエノやティトとは違って、ピッチにいてくれたのはラッキーだったかと。当人的には複雑な心境だったかもしれませんが、おかげで1-0の勝利をモノにしたレガネスは18位と勝ち点差を5に広げることができましたっけ。 ▽そして続いてはマドリーがイプルアでのエイバル戦に挑んだんですが、この日はジダン監督が火曜のCL16強対決ナポリ戦2ndレグを睨んで、ローテーションをかけたのがバッチリ成功。ええ、ラス・パルマス戦で退場したベイルは仕方ないとしても、クリスチアーノ・ロナウドも疲れをとるためにマドリッドでお留守番としたところ、トップを務めたベンゼマがBBC(ベイル、ベンゼマ、ロナウドの頭文字)全員を合わせた分に匹敵する働きをしてくれるんですから、有難いことじゃないですか。 ▽いえ、もちろんそれには普段出場機会の少ないアセンシオやハメス・ロドリゲスが発奮したという理由もありますけどね。前半13分には、そのアセンシオからのラストパスを1度はGKジョエルに弾かれながら、2度目のトライでは先制点に。24分にはハメスの蹴ったFKをゴールに流し込んで自身2点目、29分には逆にハメスをアシストして、3点目のお膳立てをしているとなれば、ベンゼマもその日の試合がサンティアゴ・ベルナベウでなかったのは残念だったかも。 ▽後半はどちらかというと落ち着いた展開になったんですが、14分にはno habituales(ノー・アビトゥアレス/控え選手のこと)コンビが連携。というか、アセンシオがハメスに完璧なラストパスを送ったんですが、後者のシュートがゴールポストに当たって跳ね返ってきたため、結局は自分で決めたんですけどね。もうこれで0-4となれば、ここバレンシア戦、ビジャレアル戦、ラル・パルマス戦と相手にリードされ、少々、根性のremontada(レモンターダ/逆転劇)攻勢に食傷気味だったファンも久々にスッキリした気持ちになれたかと。 ▽え、このマドリー戦までは決して調子が悪い訳じゃなかったエイバルなのに、エンリッチやペドロ・レオン、アドリアンがいても反撃1つできなかったのかって?うーん、前節に退場させられたおかげでメンディリバル監督がベンチにいなかったのもありますし、丁度、残留確定ライン程度となる勝ち点をすでに溜めていたため、選手たちがヨーロッパリーグ出場圏の6位(コパ・デル・レイでバルサが優勝、リーガでも4位以内に入っていたら7位)まで、この先も8位からの順位アップを目指して頑張るべきか決めかねているタイミングでもありましましたしね。41分には乾貴士選手もペドロ・レオンと交代で入ったんですが、ロスタイムにルベン・ペーニャが記念のゴールを入れただけで、最後は1-4で完敗となりました。 ▽ちなみにこの試合の後、引き分けでも敗戦でもなかったため、第2キャプテンのマルセロはお役御免になったにも関わらず、ラモスがミックスゾーンに姿を現したのは先日、ラス・パルマス戦の後にあったミーティングで当人が、「ロナウドだけは年に60本ゴールを決めるんだから、試合で走らなくてもいい」と言ったという報道があったのを正したかったからのよう。曰く、「あれはでっちあげだよ。Aquí corremos todos, somos todos iguales/アキー・コレモス・トードス、ソモス・トードス・イグアレス(ウチじゃ皆が走る。皆、同等さ)」とのことですが、ただねえ。敵にリードを許してしまった最近の試合では、よくチームが上下でパッカリ分れていましたからね。 ▽月曜にはナポリに移動したマドリーの記者会見では、ジダン監督も「Lo que importa no es el dibujo, es la actitud/ロ・ケ・インポルタ・ノー・エス・エル・ディーホ、エス・ラ・アクティトゥッド(大事なのはシステムではなく、選手の態度)」と言っていましたし、ここは火曜のサン・パオロ(ナポリのホーム)での試合でロナウドやベイルのボールロスト時の走りっぷりを、エイバル戦でのアセンシオやハメスと比べてみるのも一興かと。いやあ、実はベイルについては現地での練習中、痛みを覚えて早退したなんて情報も入ってきているんですけどね。おまけに30年ぶりにナポリを訪れたマドリーには、1987年に欧州チャンピオンズカップで対戦した時、郊外に宿を取ったにも関わらず、当時は現役だったブトラゲーニョ渉外ディレクターらが熱烈なティフォシ(サポーター)が周囲で騒いで眠れなかったという辛い経験が。 ▽そこで今回は市内にありながら、内部が隔離状態になるPlazzo Caracciolo(パラッツォ・カラチオロ)ホテルを選んだものの、すでにナポリファンの騒音にシエスタ(昼寝)ができなかったというカルバハルの証言もありますしね。寝不足ではロナウドがあまり走れなくても非難はできないかと思いますが、前回の試合では、そのブトラゲーニョ氏が同点ゴールを挙げて1-1に持ち込み、マドリーは総合スコア3-1で悠々と勝ち抜けしていることも参考までにお知らせしておこうかと。 ▽実際、火曜午後8時45分(日本時間翌午前4時45分)からのこの一戦では、1stレグで3-1と負けているナポリは2-0にしないと逆転できない訳ですし、CLとなると、マドリーの選手たちの気合もリーガの数倍はアップしますしね。ここ2試合、スポルティングに6-1、セルタに5-0とカンプ・ノウでgoleada(ゴレアダ/ゴールラッシュ)を続け、水曜のPSG戦で永遠のライバルのお株を奪うremuntada(レモンターダのカタルーニャ語)達成のリハーサルを着々としているバルサが、前者の結果では敗退となるのとはまったく事情が違うので、まあ大丈夫じゃないかと思うんですが…。 ▽そして翌日曜はビセンテ・カルデロンにバレンシア戦を見に行った私でしたが、最近では珍しいイライラの少ない試合だったから、意外だったの何のって。そう、それは開始から9分になろうかという頃、丁度、fondo sur/フォンド・スール(南側ゴール裏席)のサポーターたちが、木曜のデポルティボ戦で頭を打って意識を失い、病院に緊急搬送された後、異常がないことがわかって、2日間は同じガリシア地方(スペインの北西部)のサンティアゴ・コンポステーラに住む、奥さんのオラジャさんの両親のところにお世話になっていたものの、試合当日に帰京。チームの応援にパルコ(貴賓席)に来ていたフェルナンド・トーレスを励ます、「El Calderon te quiere. Fuerza Torres!/エル・カルデロン・テ・キエレ。フエルサ・トーレス(カルデロンは君を愛している。頑張れ、トーレス)」と書かれた横断幕を広げる準備をしている最中のことでした。 ▽当然、それが用意できたら、スタンドは「フェルナンド・トーレス、ロロロロー」と一斉に合唱するはずだったんですが、間が悪いというか、いや悪いことなんて絶対ないんですけどね。その寸前にコケのスルーパスをグリースマンが撃ち込んで、先制点を挙げてしまったとなれば、ファンだって、そっちを優先して喜ばない訳にいかないじゃないですか! ▽もちろん、殊勲の当人が先日、レアル・ソシエダのファンミがユニフォームを頭までめくり上げたせいで、イエローカードをもらったばかりだったのもあるんでしょうかね。アトレティコのスタッフの指導が効いていたか、聴診器を当ててもらう時のような位置までしか上げず、「Feliz cumple♡Gordita!!!/フェリス・クンプレ、ゴルディータ(誕生日おめでとう、おデブちゃん/注:スペインで親しい仲で言う場合は悪口にはならない)」という、彼女のエリカさんに捧げるメッセージを披露。その後、ちゃんとトーレス・コーレスも始まりましたが、いやいや、タイミングを見計らうのもなかなか大変です。 ▽そして前半はそれしか得点はなかったものの、アトレティコは後半開始早々にも2点目をゲット。今度はフィリペ・ルイスが送ったパスをガメイロがエリアすぐ前からシュートして、CBマンガラの足に当たったボールがGKジエゴ・アウベスを破ってくれたから、助かったの何のって。いやあ、何せ33分には再び、ガイタンのパスをトマスが受け損ない、前方に転がったボールにグリースマンが追いついて、ダメ押しの3点目が入ったというものの、その日、クラブのオフィシャルサイトの試合レポートですら、「primero Bakkali, y después Cancelo se empeñaron en ser atacantes del Atlético/プリメーロ・バッカリ、イ・デスプエス・カンセロ・セ・エンペニャロン・エン・セル・アタカンテス・デル・アトレティコ(最初はバッカリ、その後はカンセロがアトレティコのアタッカーになろうと尽力していた)」と皮肉られていた程、自陣でのミスが多かったバレンシアというのに相も変わらず、アトレティコは決定力の低さを再三露呈。 ▽ええ、ガメイロもグリースマンも絶好機にGKにそらされたり、枠を外したりしていたんですが、それでも8回の枠内シュートの3本がゴールになったのはいい方かと。ただし、相手がバルサやマドリー、その他のヨーロッパの強豪の場合を別にすればですが、グリースマン自身も「Contento con mi rendimiento/コンテントー・コン・ミ・レンディミエントー(自分のパフォーマンスには満足している)」と言っていましたしね。実際、全てのチャンスを決めていたら、それこそ彼らもメッシ、ロナウドといった、extraterrestre(エクストラテレストレ/地球外生物)という括りに入れられてしまいますって。 ▽だとしても、せめて全盛期のファルカオ(現モナコ)やジエゴ・コスタ(現チェルシー)ぐらいの確率でゴールを決めてほしいと思ってしまうのは私が欲張りなせいでしょうか。うーん、3-0で勝利と、2試合ぶりのリーガで快勝を味わったシメオネ監督は、「Salvo la derrota con el Barcelona, jugando bien, hemos mantenido una línea/サルボ・ラ・デロータ・コン・エル・バルセロナ、フガンドー・ビエン、エモス・マンテニードー・ウナ・リネア(バルサ戦の敗北を除いて、ウチはいいプレーで一定のラインを保っていた)」とちょっと、だったらあのデポルティボ戦のダメダメぶりは何だったのよと、首を傾げてしまうようなコメントをしていましたけどね。 ▽この白星のおかげで2日間、ソシエダに奪われていたCL出場権、最後の砦の4位も取り戻せましたし、「今、ウチはシーズンの最も大事な時期にある。全ての試合が決勝で、どこが一番強いかわかる時」(シメオネ監督)というのは事実。幸い、ゴディンが出場停止だったその日、元カノとの相互DV訴訟で公的奉仕21日間の判決を受けて以来、初めてマイクの前に立ったルカスも「He aprendido que hay que ser más listo y más precavido en la vida/エ・アプレンディードー・ケ・アイ・ケ・セル・マス・リストー・イ・マス・プレカビードー・エン・ラ・ビダ(人生ではもっと賢く、そしてもっと用心深くないといけないことを学んだ)」と言っていた通り、教訓を生かした好プレーでしっかり穴を埋めてくれていましたしね。 ▽デポルティボ戦では、意識を失った同僚の気道確保に緊急救命措置レッスンの成果を披露しただけに留まっていたベルサリコも右サイドを何度も上がって、いい働きをしていましたし、彼らのCL16強対決レバークーゼン戦2ndレグは来週開催で、それまでにはトーレスも復帰できる見込みですしね。何より、次戦の相手はグラナダとなれば、そう悲観することもない?その上、月曜開催リーガでは3位のセビージャがアラハベスと引き分けたなんて報もあり、選手たちも力づけられていると思いますが…ただ、アトレティコがミッドウィークに引き分けているため、勝ち点差は7ポイントに戻っただけなんですよね。【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している 2017.03.07 11:30 Tue
twitterfacebook
thumb

【原ゆみこのマドリッド】最初からちゃんとやっていれば…

▽「大したことなくて本当に良かった」そんな風に私がホッとしていたのは金曜日、お昼のニュースでフェルナンド・トーレスがデ・ラ・コルーニャ(スペイン北西部の避暑地、デポルティボのホームタウン)の病院から、歩いて出て来る映像を見た時のことでした。いやあ、すでに午前中にはアトレティコのツィターでも元気そうな本人の写真と共に退院報告があったため(https://twitter.com/Atleti/status/837601117643096066 )、前夜にリアソルでベルガンティーニョスと空中戦で争って、落下時に頭を打撲。危険な状態になりながら、後でデポルティボのチームドクターも「素早い措置で完璧だった」と褒めていましたが、毎シーズン、アトレティコの選手たちが参加している緊急救命法レッスンがブルサイコとガビによって、最大限に役立てられたのはわかっていたんですけどね。 ▽「Gabi se llevo un mordisco al intentar sacarle la lengua/ガビ・セ・ジェボ・ウン・モルディスコ・アル・インテンタール・サカールレ・ラ・レングア(ガビは喉に詰まった舌を引き出そうとして、噛まれちゃったけどね)」というのは余談としても、おかげで正直、トーレスが担架で運び出されるまで、ピッチにいる選手たちもTVの前にいたファンもどうなることかとドキドキすることに。ただ、そんな場面であまりにひどいなと思えたのは、リアソル・ブルース(デポルティボの過激なファングループ)のカンティコ(節のついたシュプレヒコール)で、折しも2014年11月にあったアトレティコのウルトラたちとの集団抗争事件の際、命を落としたデポルティボ側のメンバーの捜査が犯人不明のまま、お蔵入りになったことも影響していたのでしょうが、「Si se muere, qué se le va a hacer/シー・セ・ムエレ、ケ・セ・レ・バ・ア・アセール(死んじゃったら、何をしてやればいい)」なんて歌っているなんて、まったく縁起でもない。 ▽トーレス自身は「Recuerdo hasta justo antes del golpe/レクエルドー・アスア・フストー・アンテス・デル・ゴルペ(打撃の前までしか覚えていない)。救急車の中で意識が戻った」そうなので、そのカンティコもスタンドからの拍手もその時は耳にしていないんですけどね。幸い検査の結果もただの脳震盪で、他に異常はなかったものの、凄い重傷だったりしたら、先週末レガネスに負け、ガイスカ・ガリターノ監督が解任となった後、火曜にチームを引き継いだメル新監督の下でようやく、今季リーガ初出場の機会をもらえたせいもあって、きっと張り切っていただけですよね。転倒の原因となったベルガンティーニョスのショックもただならぬものになっていたでしょうし、彼とメル監督が病院にお見舞いに駆けつけた時には当人がもう、話せる状態まで回復していたのは何より有難いことでしたっけ。 ▽とまあ、ここまでがミッドウィーク開催の前節、ルイス・エンリケ監督がバルサとの契約を来季は延長しないと、スポルティングに6-1で大勝した後に発表したことと並んで、話題を独占した事件の顛末なんですが、肝心の試合の方もお伝えてしていかないと。マドリッド勢の先陣を切って、火曜にバレンシアに挑んだのは新弟分のレガネスだったんですが、残念ながら、デポルティボ戦に続いての連勝はならず。いえ、バレンシアも前半29分にCKからのrebote(レボテ/リハウンド)でマンガラが入れた1点しか取れなかったんですけどね。アシエル・ガリターノ監督のチームも攻撃の決め手に欠けたか、そのまま1-0でメスタジャから帰ることになりました。 ▽そして水曜はバルサがカンプ・ノウで勝利して、勝ち点差2で首位に立った直後、特等席を取り戻すためにラス・パルマス戦に挑んだレアル・マドリーだったんですが、とりあえず出だしは良かったんですよ。ええ、ジダン監督のローテーションで一緒に先発に入ったモラタは意気込みすぎたか、ゴールを決めてもオフサイドだったものの、前半7分にはイスコがGKバラスの脇を抜くシュートを決めて先制。でもねえ、その2分後にはセルヒオ・ラモスがタナに後れを取り、同点弾を撃ち込まれているのではまったく、先が思いやられます。 ▽ただ、マドリーに本当の災厄が襲い掛かったのは、そのまま1-1で迎えた後半で、2分も経たないうちにベイルがドリブルで先を行くジョナタン・ビエイラを後ろから2度も蹴ってイエローカードをもらった挙句、最後は相手を両手で突き飛ばして一発退場。うーん、当人は後で「あれはレッドカードじゃない。先にビエイラが押してきたんだから」と弁解していましたが、身長183センチ体重74キロ、筋肉隆々の彼が170センチ64キロの相手に手を出したら、審判が危険な行為と解釈してしまうのも仕方ないかと。 ▽おかげで予期しない早い時間に10人になってしまったマドリーでしたが、元々、その日はラス・パルマスにボールを握られていた上、チームが前後に分かれやすくなっていたのが災いすることに。10分にはボアテングのシュートをエリア内で弾いたセルヒオ・ラモスが続く、シモンの撃ったボールを手で防いでしまいペナルティを献上。ビエイラがPKを沈めて勝ち越し点を奪われてしまいます。更に14分にはロングボールに抜け出したボアテングにマルセロ1人では対抗できず、GKケイロル・ナバスまでかわされて、とうとうスコアが1-3になってしまったから、驚いたの何のって。 ▽え、先週末はビジャレル戦で2点差を覆して2-3で勝利したマドリーなら、人数が少なくたって、こんなのremontada(レモンターダ/逆転)可能範囲だろうって?まあ、その通りですし、実際、41分にはクリスチアーノ・ロナウドがクロスをカステジャーノの手に当てて稼いだPKで自ら1点を返すと、43分にはハメス・ロドリゲスのCKからヘッドを決めて、3-3にはしたんですけどね。これも今までサンティアゴ・ベルナベウで33試合して勝ち星なし、28敗しているラス・パルマスに「最後の10分間、ウチは経験が足りなかった」(ボアテング)おかげもなきにしろあらず。 ▽ビエイラなども「Debimos tener cabeza y retener la pelota como hicimos durante todo el partido/デビアモス・テネール・カベッサ・イ・レテネール・ラ・ペロータ・コモ・イシモス・ドゥランテ・トードー・エル・パルティードー(ボクらは頭を使って、試合の間ずっとやっていたようにボールをキープするべきだった)」と嘆いていましたしね。それでも最後は奇跡の逆転劇まではさせず、勝ち点1が手元に残っただけでもラッキーだと思っている選手も多かったようですが…3度もナバスと1対1で対峙するチャンスを迎えながら、決めることができなかったヘセが、「si hay alguien que te puede empatar o remontar perdiendo 1-3 es el Real Madrid/シー・アイ・アルギエン・ケ・テ・プエダ・エンパタール・オ・レモンタール・ペルディエンドー・ウノ・トレス・エス・エル・レアル・マドリー(1-3で負けていて追いついたり、逆転したりできるチームがあるとすれば、レアル・マドリーだけ)」と威張っていたのはどうにも解せないかと。 ▽いえ、ユースチームから過ごしたマドリーから今季は河岸を変え、PSGに移籍したものの、パリの水が合わずに生まれ故郷のチーム、ラス・パルマスにレンタルで来ることになった彼は、今でも「いつかはマドリーに戻ることを頭で描いている」ため、あまり反感を買うようなことは言えないのはわかりますけどね。あれだけはっきりしたチャンスに何度も失敗していては、お隣さんの間抜けなFWたちじゃあるまいし、キケ・ステイン監督は「Nos aporta cosas que no nos da nadie/ノス・アポルタ・コーサス・ケ・ノー・ノス・ダ・ナディエ(他の誰もできないことでチームに貢献してくれている)」と庇っていたものの、実は「あの位置まで行くと、多くの選手はゴールを入れることばかり考える。その瞬間に間を取れるのが偉大な選手だ」という方が本音だった? ▽ただ同様に試合後はマドリーサイドも後悔しきりで、勝てなかった場合はチームの内規みたいなもんなんでしょうね。キャプテンクラスが試合終了直後のピッチ上インタビューに出るんですが、それもまた序列があるのか、ここ3試合連続で狩り出されている第2キャプテンのマルセロは「こういう何が起きたか説明しないといけない試合にはいつも自分が当たる」と諦め顔。「ウチは最近、やらなきゃいけないことをしていない」と正直に認めたため、後でミックスゾーンに最後に登場した第1キャプテンのラモスが批判を避けるために、そのコメントを訂正することに。 ▽曰く、「マルセロが言いたかったのは、nos precipitamos a la hora de tomar decisiones y no salen las cosas como quremos/ノス・プレシピタモス・ア・ラ・オラ・デ・トマル・デシシオネス・イ・ノー・サレン・ラス・コーサス・コモ・ケレモス(ボクらは決断する時に早まってしまい、上手くいかない)ということ」だそうですが、彼も「マドリーを倒すには何度も殺さないといけない。Tenemos mas vidas que un gato/テネモス・マス・ビダス・ケ・ウン・ガトー(ウチは猫より沢山の命がある)」と、ちょっとマドリー十八番の根性のレモンターダに自信を持ち過ぎな感も。うーん、今までの実績は買うものの、何せこの3試合で逆転勝ちできたのはビジャレアル戦だけで、ラス・パルマスには勝ち点2を取りこぼし、バレンシア戦なんてあと1点が足りずに負けてしまっていますからね。 ▽それだけにジダン監督も「Hemos hecho un esfuerzo enorme/エモス・エッチョー・ウン・エスフエルソ・エノルメ(ウチは甚大な努力をした)だけに、あの前半は怒ってもいい。後半の力を注いだら、もっと簡単になっていた。もうこれで3、4試合、同じような傾向が続いている」と、追い込まれないと本気になれない選手たちに苦言を呈していましたが、まあこればっかりはねえ。普通なら、嵐のような終盤の攻撃に歓喜するベウナベウの観客たちもこの日はさすがに呆れていたようですし、そこは根性の逆転劇はたまに見るから感動するのであって、こう毎回毎回では食傷気味になるという私の意見と一致していたようです。 ▽そして翌日、デポルティボとアウェイ戦だったのがアトレティコなんですが、こちらはまた、前半から信じられない場面に遭遇することに。それは12分、先週末のバルサ戦からレギュラーに戻ったGKオブラクがエリア近くでアンドネに後ろを張られていたヒメネスにゴロでゴールキックを出すって一体、どういうこと?もちろん、まんまとボールを取られてしまったCBも悪いんですが、そのアンドネのシュートが決まって、先制されているんですから、お粗末もいいところじゃないですか。さすがに選手たちにもこれは相当ショックだったんでしょうね。それまではボールを支配して、そこそこいいプレーをしていたアトレティコだったのが、この失点を境にパスが3本と繋がらない、完全なダメダメチームに変貌してしまうって、ちょっとお、精神面弱すぎじゃないですか? ▽それでも後半、22分にはフィリペ・ルイスのエリア外からのシュートがゴールポストに弾かれたのを起点に、クリアされたボールを繋いだ後、グリースマンが30メートル先から撃ち込んで、もうこれは天賦の才としか言えないgolazo(ゴラソ/スーパーゴール)を披露。おかげで同点にはできたアトレティコだったんですけどね。せっかく途中出場のトーレスにもチャンスが到来、GKルックスにparadon(パラドン/スーパーセーブ)を強いるシュートを撃って盛り上がったものの、例の昏倒騒ぎで試合が39分から4分間中断。もうその後は全員がチームメートの安否を気遣って、心そこにあらずの状態になってしまったため、ロスタイムが7分あった意味もまったくなく、そのまま引き分けで終了です。 ▽その結果、レアル・ソシエダはエイバルと火曜に2-2で引き分けていたものの、丁度その日は3位のセビージャがアスレティックに1-0で勝利したため、アトレティコとの差が勝ち点9に拡大。おまけに金曜夜に再び試合をしたソシエダがベティスに2-3と勝ったため、もうこの今節は2ポイント下の5位として、バレンシアに挑むことになってしまったアトレティコですけどね。頭を打ったばかりのトーレスは当然、出られませんし、ゴディンも累積警告で出場停止と、この日曜午後4時15分(日本時間翌午前0時15分)からのビセンテ・カルデロンには、私も一体、何を期待して行ったらいいのか。せめてCL出場圏復帰ぐらいは果たしてもらわないと、来季からの新しいホームスタジアム、鳴り物入りでオープンするワンダ・メトロポリターノが泣いてしまいますよ。 ▽一方、お隣さんは土曜にレガネスがブタルケにグラナダを迎え、残留争いの直接ライバルと対決をした後、やはり午後4時15分からアウェイで乾貴士選手のいるエイバルと試合なんですが、レッドカードをもらったベイルは2試合の出場停止処分が課されて不在。更にモラタも累積警告でお休み、軽い痛みのあるロナウドも来週火曜のCLナポリ戦2ndレグを見据え、お留守番となると、もうBBC(ベイル、ベンゼマ、ロナウドの頭文字)の生き残り、ベンゼマを頼りにするしかないのは辛いところかと。 ▽いえ、それでもイスコやハメス、ルーカス・バスケスらがいるマドリーは大抵のチームが羨ましがる強豪。金曜の練習前には反省ミーティングをして、「Hay que defender todos, hay que correr todos/アイ・ケ・デフェンデール・トードス、アイ・ケ・コレール・トードス(全員で守り、全員で走らないといけない)」と周知徹底したようですしね。ただ、加えてラモスなどは、「El único que está liberado es Cristiano porque mete 60 goles/エル・ウニコ・ケ・エスタ・リベラードー・エス・クリスティアーン・ポルケ・メタ・セセンタ・ゴーレス(唯一、それをしないでいいのはクリチアーノ。年60本ゴールを入れるだから)」と言っていたようですが、今季のロナウドはリーガでまだ18得点、CLでも2得点と、ゴール数が減少しているため、その辺は現実と少々合致しないところ。 ▽もちろん、ラス・パルマス戦の2点のように、彼が未だに救世主的な働きをしてくれる日もあるのは確かですが、とにかく最近のマドリーは失点が多いですからね。何かとミスを責められがちなGKナバスだけでなく、今季はラモスがプレーしている時は68分に1失点、いない時は185分に1失点と、不安なデータもスポーツ紙には出ていましたが、とにかくこの土曜はバルサがセルタを迎える前に再び、現在の勝ち点差1を引っくり返して、一時でも首位に返り咲いていたいもの。実際、相手のエイバルもすでに残留ほぼ確定の勝ち点を溜めて余裕ですし、ペドロ・ロンやエンリッチが好調ですから、油断はせずに立ち向かった方がいいですよ。【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している 2017.03.04 10:15 Sat
twitterfacebook
thumb

【原ゆみこのマドリッド】ただ差が開いただけだった…

▽「8月にプレーオフがあるのもイヤだけど、今更ヨーロッパリーグもねえ」そんな風に私が嘆いていたのは月曜。前夜は怖くて見られなかったリーガの順位表をスポーツ紙で確認した時のことでした。いやあ、一足早くセビージャがベティスとのダービーに1-2で勝ち、首位のレアル・マドリーと勝ち点で並んだ時は、TVでサンパオリ監督の満足顔を見てもまだ、アトレティコとの差が広がったって一晩だけのことと、あまり気にしていなかったんですけどね。日曜の試合が終わってみれば、上位3チームは勝ち点3差内と変わらないのに、彼らはお隣さんと10差、CLグループステージ出場圏内までは7ポイント。それどころか、5位のレアル・ソシエダと1差しかないとなれば、バルサ戦の後、キャプテンのガビが「Lo importante es mantener el cuarto/ロ・インポルタンテ・エス・マンエネール・エルクアルト(大事なのは4位の座を維持すること)」と話していたのは当然だったから。 ▽いえ、シメオネ監督の「A mí no me cambia el objetivo desde que llegué al club/ア・ミー・ノ・メ・カンビア・エル・オブヘティボ・デスデ・ケ・ジェゲ・アル・クルブ(このクラブに来てからの目標は自分にとって変わらない)」という言葉を伝え聞いたか、チームがダメダメだった時代をあまり覚えていない後輩のカンテラーノ(アトレティコB出身の選手)、コケなどは、「ボクらは常に上を見ていて、el objetivo es alcanzar la tercera plaza/エル・オブヘティボ・エス・アルカサール・ラ・テルセラ・プラサ(目標は3位の座につくことだよ)」と言っていましたけどね。今季、ここまでリーガ上位5チームとの対戦でたった勝ち点1しか取れていない現実を踏まえれば、直接対決で差を縮めればいいとか、そんな上手い話はとても考えられず。 ▽となると、精一杯楽観したとして、私のできるのは夏のバケーションを早めに切り上げて、8月15、16日には絶対マドリッドにいるようにすることぐらいですが、来季は新規にオープンするワンダ・メトロポリターノがホームとなるアトレティコ。ただ、それもリーガ開幕から2試合はLEP(スペイン・プロリーグ協会)にアウェイ戦にしてくれるように頼んでいるぐらい、少々遅れ気味なため、すでにビセンテ・カルデロンお別れイベントのOB試合やコンサートの予定も組まれていながら、またCLプレーオフの1試合のために芝を貼らないといけないというのはやっぱり、間が抜けて見えますよね。 ▽まあ、何でそんな破目になったかはまた後で話すとして、先週末のリーガ戦のマドリッド勢は土曜のレガネスからスタートすることに。ブタルケにデポルティボを迎えたんですが、前節にカンプ・ノウで善戦したのがよっぽど自信になったんでしょうかね。これまでゴール不足に悩んでいたチームとは思えない勢いで、前半はシマノフスキとマントバーニが、後半もウナイ・ロペスとブエノがゴールを決め、4-0と大勝してしまったから、驚いたの何のって。おかげでアシエルとガイスカのガリターノ監督対決は前者に軍配が挙がり、レガネスの順位も16位に上昇。降格圏とも勝ち点差4がついたため、今週ミッドウィーク開催の火曜のバレンシア戦でも浮かれず、その勢いを維持してほしいものです。 ▽そして翌日の夕方、私はビセンテ・カルデロンに向かったんですが、バルサを迎えたその一戦の前半はまるでコパ・デル・レイ準決勝の続きを見ているかのごとし。ええ、もちろん1stレグ前半でまったく覇気がなかったのを反省していたアトレティコは、あわや逆転勝ち抜けも夢ではないと思わせた2ndレグのような勢いでスタートし、実際、先制するチャンスもあったんですけどね。GKがシレッセンからテア・シュテーゲンに代わっても結果は同じ。グリーズマンの強烈な一撃はparadon(パラドン/スーパーセーブ)されてしまいます。ただ、彼らも肩の脱臼から回復し、モヤから先発を引き継いだオブラクがメッシのFKを弾き飛ばし、ルイス・スアレスに蹴られてもゴールを死守したため、0-0のまま、ハーフタイムに入ったんですが…。 ▽うーん、基本的にバルサ来襲時のアトレティコは、どうせ自分たちはそんなに完璧なパスサッカーはできないからという諦めもあるんでしょうかね。ピッチの芝を長めにし、水も撒かないでおくため、現在はカタールでプレーしているチャビを筆頭に、試合後はいつもブーブー文句を言われていたんですが、この日は「Nos benefició para conseguir los dos goles y a ellos en una contra de Griezmann/ノス・ベネフィシオ・パラ・コンセギール・ロス・ドス・ゴーレス・イ・ア・エジョス・エン・ウナ・コントラ・デ・グリースマン(ウチが2点を取る助けになり、グリーズマンのカウンターを邪魔した)」(ルイス・エンリケ監督)という現象が発生。いえ、もちろんシメオネ監督は認めていませんし、「No logramos despejar una jugada de muchos rebotes/ノー・ログラモス・デスペハール・ウナ・フガダ・デ・ムーチョス・レボテス(何度も跳ね返ったボールをクリアすることができなかっただけ)」という意見はもっともなんですけどね。 ▽まずは63分、エリア内で行ったり来たりするボールを最後はルイス・スアレスが撃ちに行ったところ、この試合で復帰したゴディンが同じウルグアイ代表のチームメートの前をふさいだものの、ボールは通ってしまい、その辺りにいた誰より素早かったラフィーニャにゴールにされてしまうんですから、困ったもんじゃないですか! ▽でもこの時はまだ良かったんです。ええ、70分にはコケのFKをゴディンが名誉挽回とばかりにヘッドで同点弾を決め、勝負は一旦、振り出しに。折しも前回のリーガのホームゲームではセルタ相手に奇跡のremontada(レモンターダ/逆転劇)を披露、お隣さんのようなこともできるんだとわかっただけでなく、火曜のCLレバークーゼン戦1stレグで4点も取っていたことあって、これですっかりスタンドのファンも行けると思ったところ…。 ▽それが諸刃の剣だったとは! 実際、「前半での頑張りとミッドウィークのCL戦で、les pasó facture/レス・パソ・ファクトゥーラ(彼らはツケを払うことになった)」(イニエスタ)だったんでしょうかね。フェルナンド・トーレスとコレアが交代でピッチに立ったものの、いつまで経ってもアトレティコは追加点を奪えず。いえ、それどころか86分には再び、エリア内で混乱状態に陥ってしまいます。ええ、メッシの蹴ったFKが弾かれて、ラキティッチによって戻って来ると、ウムティティ、ルイス・スアレスと繋がれ、最後はまたメッシがシュートなんて一体、あっていい? 挙句の果てに前をふさいだサビッチの脚に当たったボールをもう1度メッシに蹴り込まれ、バルサに勝ち越し点を取られてしまったなんて日には、もう「今日みたいに好ゲームを演じたって、こういう試合では常に幸運が必要なんだ。No la hemos tenido/ノーラ・エモス・テニードー(それがボクらにはなかった)」とコケが嘆く気もわからなくはない? ▽いえまあ、サッカー選手として正しい姿勢は「上手いことプレーしても結果が出ないのをウチは見てきたから、habrá que apretar más el culo/アブラ・ケ・アプレタール・マス・エル・クーロ(もっと尻を引き締めていかないといけない)」と、できた後輩のサウールの言う通りなんでしょうけどね。こうもバルサに勝てない試合ばかりを見せられると以前、14年間、マドリーダービーで白星がなかった時代を思い出してしまうばかり。就任以来、リーガ戦でバルサに勝ったことのないシメオネ監督もこの日は珍しく、「おそらく今日は値しない勝利を持ち帰られた」と不満を漏らしていましたが、大事なのは「Ellos demostraron su categoría en el lugar más importante, el área/エジョス・デモストラロン・ス・カテゴリア・エン・エル・ルガール・マス・インポルタンテ、エウ・アレア(彼らは一番重要な場所、エリア内でクラスを見せた)」(シメオネ監督)なんですから、もう仕方ないですよね(最終結果1-2)。 ▽そして夜になって、近所のバル(スペインの喫茶店兼バー)でマドリーの試合を見た私でしたが、さすがこちらは根性のレモンターダの本家本元。昨年12月、クラブW杯参加のため延期され、先週、ミッドウィークにあったバレンシア戦同様、前半は0-0という違いはあったものの、後半序盤にトリゲロスとバカンブのゴールで2点を先行されながら、きっちり逆転勝利しているのですから、伝統芸とは何とも恐ろしいものです。いえ、今回は起爆剤としてカゼミロに代えてイスコが入った後、60分にカルバハルのクロスをベイルがヘッドで決めてしばらく、同じバレンシア地方(スペイン南東部)のお隣さんですし、そのままビジャレアルに逃げ切られるんじゃないかと思われた時間帯もあったんですけどね。 ▽70分にクロースがエリア内に入れたクロスをビクトル・ルイスが弾いたところ、ボールがブルーノ・ソリアーノの腕に当たり、何と審判がペナルティを宣告。どうもこれは当人も後で「el balón me viene rebotado al brazo y no puedo cortarmelo/エル・バロン・メ・ビエネ・レボタンドー・アル・ブアソ・イ・ノー・プエド・コルタルメロ(ボールは弾かれて腕に当たったし、自分の腕を切り落とす訳にもいかないし)」と言っていましたし、この時の抗議で退場処分になったエスクリバ監督も「審判とのミーティングではリバウンドのボールが腕に当たってもペナルティにはならないと言われていた」と主張。スポーツ紙などでも概ね、PKを与えるのはおかしいという意見だったんですけどね。 ▽判定が覆る訳もなく、実際に蹴るまで3分程、中断されていたにも関わらず、ここはクリスチアーノ・ロナウドが落ち着いて同点をゲット。うーん、大体がして、どこそのチームの当てにならないPKキッカーたちとは違い、前節のレガネス戦ではメッシも土壇場で勝利のPKゴールを決めていましたしね。やはり一流の選手は、ここ一番の大事な場面では失敗しないのが普通です。木曜にはバチカンで教皇に福音を授けてもらったビジャレアルの選手たちもこれには落胆してしまったか、その後、83分にはイスコが取り戻したボールを起点となり、マルセロのクロスを同じ途中出場のモラタが頭で撃ち込んで、とうとうマドリーの逆転劇が完成となりました(最終結果2-3)。 ▽うーん、ジダン監督も後で「Isco y Morata cambiaron el partido, seguro que merecen más minutos/イスコ・イ・モラタ・カンビアロン・エル・パルティードー、セグロ・ケ・メレセン・マス・ミヌートス(イスコとモラタは試合を変えた。もっと多くのプレー時間を与えるに値するよ)」と、この日お手柄だった2人について言っていましたけどね。BBC(ベイル、ベンゼマ、ロナウドの頭文字)が勢揃いしたからには、大事な試合は彼らが先発となるのがマドリーのマスト。となると、この日はモラタが3点目を挙げた後、痛みを訴えてルーカス・バスケスと交代したベイルも「Tiene un golpe, no parece que sea nada más/ガレス・ティエネ・ウン・ゴルペ、ノー・パレセ・ケ・セア・ナーダ・マス(ただの打撲で、それ以上には見えない)」(ジダン監督)ため、他のアタッカーたちにまだ辛抱の時期が続きそうなのはちょっと、気の毒かもしれませんね。 ▽え、ビジャレアルではそれどころではないケガ人が前半に出て、大変だったんだろうって? その通りで、実は24分にベンゼマのヘッドを弾いた拍子にGKアセンホが左ヒザの靭帯を断裂。実は彼、アトレティコにいた時代の2010年、マラガにレンタル移籍していた2011年、そして2015年にも今のチームで右ヒザの靭帯断裂を経験しており、今回は反対の脚だったからでしょうか。その直後は当人も気づかず、しばらくプレーを続けたものの、34分には控えのアンドレス・フェルナンデスに交代。すぐに病院に行って検査したところ、4度目の重傷発覚となりました。 ▽いやあ、今季のアセンホは絶好調で、チームはリーガでどこより失点が少なく、当人はサモラ(失点率の一番低いGKに与えられる賞)街道まっしぐら。昨年11月のスペイン代表戦でもデ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド)、レイナ(ナポリ)に次ぐ第3GKとして招集を受けていた程だったんですが、本当にこういう話を聞くと、人生だけでなく、サッカーでも一番大事なのは運じゃないかと私も思うことしきりなんですけどね。27歳のアセンホはまた手術を受け、6カ月のリハビリに耐えての復帰を誓っていますが、何はともあれ、来季には元気になった姿を再びピッチで見せてくれるのを願っています。 ▽一方、マドリーはその夜、カステジョン(ビジャレアルのある州)の飛行場が霧に覆われ、帰京できなかったんですが、翌朝にはマドリッドに無事到着。そのままバルデベバス(バラハス空港の近く)の練習場に直行すると、水曜のラス・パルマス戦に備えて練習を開始しています。何せ、このミッドウィーク開催リーガでも2位のバルサは同じ水曜ながら、午後7時30分からスポルティング戦と、9時30分(日本時間翌午前5時30分)キックオフのマドリーの前にプレーしますからね。まだ日程が決まっていないセルタ戦(バライドスの屋根が壊れて延期)が行われるまで、消化試合が1つ少ないというのりしろはありますが、バレンシア戦の例もあることですし、ここは相手が先に勝って順位表の上に立ち、プレッシャーをかけてきても決して慌てず、自分たちのノルマをこなすしかないかと。 ▽ラス・パルマスも前節、レアル・ソシエダに0-1で負け、いえ、これが、アトレティコが5位に勝ち点1差に迫られてしまった原因というのはともかく、4連敗中と決して調子が良くないのも有難いかもしれませんしね。お楽しみは今季、PSGに移籍しながら、パリの水が合わず、1月から生まれ故郷のチームにレンタルで加入したヘセがサンティアゴ・ベルナベウに戻って来ることですが、果たして古巣への恩返しができるかどうか。 ▽そうそう、アトレティコは木曜午後8時45分(日本時間翌午前4時45分)からアウェイのデポルティボ戦なんですが、折しもレガネス戦で大敗したガイスカ・ガリターノ監督はラ・コルーニャ(スペイン北西部のリゾート都市)に戻るやいなや、解任の憂き目に。試合までにはペペ・メル監督が就任すると聞いていますが、こちらもソシエダが火曜にエイバル戦、セビージャも同じ木曜の早い時間帯にアスレティック戦となるため、自分の試合が終わるまで、選手たちには順位表を見ていてほしくないですね。【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している 2017.02.28 10:59 Tue
twitterfacebook
thumb

【原ゆみこのマドリッド】上位戦線に異変が起こるかも…

▽「最終節前の平日にいきなり差をつけられてもねえ」そんな風に私が憂いていたのは金曜日、前夜のヨーロッパリーグ32強戦2ndレグはTVでこそ見られなかったものの、当日の午前中はチーム全員でバチカンに赴き、フランシスコ教皇に拝謁。1stレグで4-0と大敗した後、恥ずかしくない試合ができることを祈願してもらったのが効いたか、ローマに0-1で勝って、心安らかに敗退したビジャレアルはともかく、同じ早い時間のうちにアスレティックまでアポエルにキプロス島で2-0と負け、衝撃の逆転敗退という大番狂わせを演じてくれることに。そのせいもあって、スペイン勢最後の砦となったセルタがウクライナでのシャフタール戦、後半ロスタイムにPKで1点を取って延長に持ち込み、最後はカブラルのゴールで総合スコア2-1と逆転突破するのをドキドキしながら、スポーツ紙のテキスト中継で見守っていたんですけどね。 ▽おかげでEL16強戦でロシアのクラスノダールと当たることが決まり、それだったら、準々決勝進出も夢ではないと思わせてくれたセルタでしたが、問題は彼らには暴風雨でバライドス(セルタのホーム)の屋根が壊れ、延期になったレアル・マドリーとのリーガ戦があること。セルタがELのこのラウンドで負けていれば、3月にマドリーのCL16強戦2ndレグのない週の平日に設定できたんですが、まずこの可能性が消滅して、実はお隣さんも先週はCL16強戦1sレグでナポリに3-1と勝利と、準々決勝進出にかなり近づいているんですよ。となれば、最短で双方がベスト8で負けた場合には4月、片方でもそれ以上進んだら、やっぱり対戦すうのは5月17日頃となってしまう?現在のように2位との勝ち点差が1、未消化分を含んでも4しかないとなると、あまりリーガ終了が押し迫っての開催は、マドリーにとってもプレッシャーがかかるような気がするんですが…。 ▽まあ、余裕の首位だった彼らが何で急にそんなことまで心配しなければならなくなったのかはまた後でお話しすることにして、今週CL16強戦に挑んだアトレティコはどうだったかというと。これがまた、相手のレバークーゼンは2年前の同じステージで当たり、その時は互いにホームで1-0勝利の末のPK戦決着だったため、あまり得点が期待できない試合なるかと思いきや、まったく真逆なゴール祭り的展開に。ええ、前回のバイアレナ訪問時は相手選手との接触プレーで腎臓を痛めて途中交代。ロッカールームに着くまでに何度も吐いて、病院に緊急搬送となった上、4日間も入院しなければならなかったサウルが今度は絶対、いい思い出を作ってやると決心していたんでしょうかね。 ▽前半16分には1人、スルスルと右サイドを上がり、エリア内に入ってから、狙い澄ましたvaselina(バセリーナ/ループシュート)でGKレノを破っているんですから、こちらもビックリしたの何のって。おまけにそれから10分もしないうちにドラゴビッチが失ったボールを拾ってガメイロが敵陣をドリブル。最後はタイミングを見計らってグリースマンにパスを出すと、そのシュートが決まり、前半から2点もリードしているって、あまりに簡単じゃありません? ▽でも、そこはしなくてもいい苦労をするのが大好きなアトレティコ。後半開始早々、ベララビに1点を返されてしまったのは守備陣のちょっとした油断からだったんでしょうけどね。13分にはその日、大殺界だったようなドラゴビッチがガメイロをエリア内で倒し、アトレティコがPKを獲得。その際には同時進行のマンチェスター・シティ戦で、かつてのエース、今はモナコにいるファルカオがPKをGKカバジェーロに弾かれたという報も入っていたため、喜ぶよりもこのチームに奥深く根付いたPK失敗率の高さにむしろ頭が痛くなったものの、ようやく練習の成果が実ったようです。ガメイロが落ち着いて決めて、再び2点差となったんですが、まさか22分、フォラントのシュートをGKモヤが弾いたところ、サビッチに当たってオウンゴールになってしまうなんて、やっぱりアトレティコの不幸体質はまだ改善されていない? ▽おかげでそれまではサッカー的には上回るとこがなかったレバークーゼンがスタンドの後押しもあって勢いづき、私も気が気ではなかったんですけどね。2-3になって幾らもしないうちに、シメオネ監督は「mi intención era poner gente fresca/ミ・インテンシオン・エラ・ポネール・ヘンテ・フレスカ(自分の意図はフレッシュな選手をいれることだった)」と交代策を発動。フランス人の同僚の背番号が第4審判の掲げる電光ボードに現れたのを見た途端、グリースマンが「No, no! ¡Es el mejor, es el mejor!/!エス・エル・メホール(ダメ、ダメだよ。彼が一番いいんだから)」と抗議するのも無視して、ガメイロをトマスに代えると、その6分後には当人もカラスコと共にベンチへの道を辿ることになります。 ▽え、ガメイロも交代時には怒っていたようだったけど、結果的にはフェルナンド・トーレスとコレアが入って吉と出たんだろうって?そうですね、後でグリースマンも「彼は斜めに切り込んで、ボクらを凄く助けていてくれていたけど、el míster tuvo razón porque marcamos el cuarto/エル・ミステル・トゥボ・ラソン・ポルケ・マルカモス・エル・クアルト(ウチは4点目を取ったんだから、監督の考えが正しかった)」と認めていたように41分、トーレスがベルサリコのクロスを頭でゴールに流し込んでくれたんです!最後は2-4のスコアで終わり、つまりこれはレバークーゼンがビセンテ・カルデロンでの2ndレグを0-3で勝たないと逆転突破できないってことですからね。 ▽そんな余裕もあってか、その後はガビとフィリペ・ルイスがイエローカードをゲットし、累積警告で次戦出場停止となるローテーション計画も実行できたとなれば、試合後のシメオネ監督が「Fue tácticamente perfecto/フエ・タクティカメンテ・ペルフェクト(戦術的に完璧だった)」とほくそ笑んでいたのも当然だったかと。まあ、このところはグリースマン、ガメイロ、トーレスと、FWたちにゴールが戻っても来ましたしね。彼らにはその夜、軍配は5-3でシティに挙がったものの、それぞれ別のサイドで2ゴールを決めて大活躍。超一流のストライカーを持つという、アトレティコのいい方の伝統を作ってくれたアグエロやファルカオに負けない働きをこのシーズン残りに期待しています。 ▽そして翌日、CL戦でセビージャがラモン・サンチェス・ピスファンでレスター・シティを2-1と下す前、これもクラブW杯参加のため、延期されていたバレンシア戦にメスタジャで挑んだマドリーなんですが、まさかの伏兵に足元をすくわれることに。だってえ、本来の日程だった12月に試合をしていれば、開始早々、4分にムニルのクロスを胸で受け、エリア内で体を捻って先制弾を決めたザザ(ユーベからレンタル移籍、シーズン前半はウェストハムでプレー)も、その4分後、ザザ、ナニと繋いだカウンダーから2点目を挙げたオレジャナ(セルタから移籍)だって、バレンシアにはいなかったんですよ。 ▽もちろん、「Esos 10 minutos nos ha faltado concentración sin balón/エソス・ディエス・ミヌートス・ノス・ア・ファルタードー・コンセントラシオン・シン・バロン(この10分間、ウチはボールを持っていない時の集中力が欠けていた)」(ジダン監督)というのは自業自得ではありますが、まあそれは、かつて「眠ったままピッチに出る」という悪癖を性懲りもなく繰り返していた、どこぞのチームの例もありますからね。そんな時があるのはわかるんですが、予想外だったのはそれから80分も時間があったにも関わらず、ゴールには不自由していないはずのマドリーが同点にもできなかったことでしょうか。 ▽いえ、ハーフタイムに入るちょっと前にはマルセロのクロスをクリスチアーノ・ロナウドが見事なヘッドで決めて、1点は返したんですけどね。バレンシアは前半にナニを負傷で、後半には早々にオレジャナを引っ込め、専守防衛になっていたものの、ハメス・ロドリゲスに代えてベイル、その日は間の悪さでドラゴビッチと双璧を成していたバランがケガでナチョに代わったのはともかく、最後はモドリッチを下げて、ルーカス・バスケスまで投入したのも実らず、結局、2-1で負けてしまうことに。要は「Jugamos ochenta minutos concentrados, pero diez no/フガモス・オチェンタ・ミヌートス・コンセントラードス、ペオ・ディエス・ノー(ボクらは80分間集中して戦ったけど、10分間は違った)」(カセミロ)ということで、まさに覆水盆に返らずの典型だった? ▽おかげでこの日曜、保険分だった勝ち点3を増やせず、2位と1差のままとなった彼らは首位防衛を懸けてリーガ戦に挑まないといけなくなってしまったんですが、相手はローマ戦で主力を10人温存、しかも霊験あらたかなビジャレアルですからね。ELを敗退したことで、優勝ご褒美のCL出場権獲得の夢も消えてしまった今、彼らとしても来季もヨーロッパの大会でプレーできる6位の座は死守したいところでしょうし、果たしてマドリーが名誉挽回のプレーを見せられるのかどうか。 ▽そんなビジャレアルvsマドリー戦は日曜午後8時45分(日本時間翌午前4時45分)キックオフ。そろそろBBC(ベイル、ベンゼマ、ロナウドの頭文字)のスタメン復活が期待されますが、モラタやイスコらもあまり出られないと不満が溜まりそうですし、その辺はジダン監督の心づもり次第。負傷欠場者は肉離れで全治3、4週間となってしまったバランぐらいになりそうです。 ▽え、それならマドリッドの両雄として、日曜午後4時15分(日本時間翌午前0時15分)から、2位のバルサをビセンテ・カルデロンに向かい撃つアトレティコが一肌脱いでやるべきだろうって?いやあ、ライバル意識とは恐ろしいもので、こういう機会ではお隣さんを首位から引きずり下ろすために負けた方がいいなんて声がファンから聞こえてくるのも珍しくないんですが、今回は状況が状況ですからね。というのも、ここでアトレティコが勝って、マドリーが負ければ、両者の勝ち点差は7から4に縮小。2位との差も3になって、CLグループステージ出場権のある3位以内フィニッシュが近付くだけでなく、一旦は諦めた優勝戦線に復帰するのも夢じゃなくなるってことなんですよ。 ▽その上、バルサ相手には2月上旬のコパ・デル・レイ準決勝であと一歩のところまで相手を追い詰めながら、逆転勝ち抜けを逃したという苦い記憶がまだ新しいですからね。向こうがCL16強戦1stレグでPSGに4-0の大敗を喰らったため、この先、今季は対戦の機会がないかもしれないとすれば、もうここでリベンジしておくしかない?うーん、シメオネ監督がこれまでバルサ戦で2勝しかしていないというのは気になりますけどね。そろそろゴディンもケガが治って戻って来られそうなため、今度こそはウルグアイ代表の同僚、ルイス・スアレスを抑えてくれることを期待。マドリッドで彼女との相互DV裁判で証言した後、レバークーゼンにプライベートジェットで当日移動してベンチ観戦していたルカスも体調は万全ですし、この試合ではいよいよGKがモヤからオブラクになるかもしれませんね。 ▽そして前節はそのバルサにカンプ・ノウで引き分け寸前まで行きながら、終了間間際のPKで2-1と涙を呑んだマドリッドの新弟分、レガネスは土曜にデポルティボ戦なんですが、今週末は兄貴分たちも上位チーム対戦なので、助けてあげられませんからね。勝ち点2まで迫ってしまった降格圏に落ちしないためには、何とか自力で勝つしかないかと。まあ、1つ上にいるデポルティボも今年になって白星がないという点ではレガネスと同じですし、ここで勝てば16位になれるというのもいいモチベーションになると思うので、選手たちが頑張ってくれることを私も祈っています。【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している 2017.02.25 08:50 Sat
twitterfacebook
thumb

【原ゆみこのマドリッド】ゴールを決めれば問題ない…

▽「まだPK戦がないだけいいわね」そんな風に私がホッとしていたのは月曜日、夜のニュースでバイアレナで練習するアトレティコの選手たちを見た時のことでした。いやあ、もちろん1stレグとはいえ、プレー中にPKが発生する可能性はあるんですけどね。データを見たところ、今季9本中6本を失敗しているアトレティコに負けず劣らず、このCLベスト16で当たるレバークーゼンもPKが苦手。ここまで6本中成功したのがたったの1本しかなく、その時のキッカーだったチャノハノールはFIFA処分で4カ月の出場停止中と聞きますし、2年前のCL準々決勝の時にはレアル・マドリーにいて、2ndレグでアトレティコの敗退を決める2試合中唯一のゴールを挙げたチチャリートもすでに2度失敗しているとか。 ▽更に振り返ってみれば、そのシーズンもアトレティコは同じラウンドでレバークーゼンと対戦。それぞれホームで1-0と勝った後、もつれ込んだPK戦を制して、かろうじて勝ち抜けたんですが、そのスコアが3-2って、どちらのチームもかなり低水準じゃない?いえ、昨季のアトレティコはPSVとのベスト16でまたしてもPK戦に突入し、その時はサドンデスまで行ったものの、8人全員が成功したという実績は作りましたけどね。結局、決勝では5人目のファンフランがシュートをポストに当て、再びお隣さんの前に涙を呑んでいることを考えれば、火曜は肩の脱臼がようやく治ったオブラクになるか、継続路線でモヤとなるか、先発GKはまだわからないものの、やっぱりPK絡みで勝つのは計算に入れない方がいいかと。 ▽え、先週末の彼らの試合を見る限り、1stレグからPK戦突入を心配するような景気の悪い展開にはならないんじゃないかって?うーん、それはちょっと微妙なところで、土曜のスポルティング戦は最終スコアこそ、1-4と大勝ですが、正直、前半など、何もなかったんですよ。それどころか、ハーフタイム直前にはこの冬の移籍市場で加わった、2メートル3センチの長身FWラシナ・トラオレの一撃がゴールポストに当たったりと、さすが2000年代に入ってからの7試合でアトレティコが1勝しかしていないのは理由があるのかと納得させられたんですが、この日はロッカールームで”モノ”・ブルゴス第2監督がjugada de estrategia/フガダ・デ・エストラテヒア(戦術プレー)の復習をしてくれたんでしょうかね。 ▽それは後半開始直後のことでした。グリースマンが1人キックオフで自陣に蹴ったボールをガビが狙いを定めてロングパス。フェルナンド・トーレスの頭を経由してボールが落ち、カラスコが敵エリア内に持ち込んでシュートしたところ、GKクエジェルも一応、止めようとはしたんですけどね。手に当たったボールが彼の背後に転がって、それをすかさず回り込んだカラスコがダメ押ししてゴールラインを割ってくれたから、ビックリしたの何のって!うーん、最近はリーガ優勝した2年前など、面白いように入ったCKからのセットプレーもあまり成功していませんでしたからね。折しもヘッドに強いゴディンが負傷で休場中ということあり、レパートリーを少し広げてみたのが成功した? ▽でも、その後がダメだったんです。というのも3分には守備陣の隙を突かれ、ブルギのクロスをセルヒオ・アルバレスにフリーでエリア内から決められ、あっという間にスコアは同点に。これでまたしても停滞状態に陥ってしまったため、シメオネ監督も考えたんでしょうね。15分にはトーレスとコレアをガメイロとサウルに、続いてカラスコをトマスに代えて、「podiamos lastimar con menos gente arriba y ganando el medio/ポディアモス・ラスティマール・コン・メノス・ヘンテ・アリバ・イ・ガナンドー・エル・メディオ(前線の人数を減らして、中盤を支配することで打撃を与えられる)」(シメオネ監督)体制にシフトしたところ…。 ▽「Los espacios iban a estar/ロス・エスパシオス・イバン・ア・エスタル(スペースは生まれるはずだった)。スポルティングは勝つために上がる必要があったからね」という監督の読みが当たり、ガメイロの1人舞台が始まったのは、もう私など、「またムダなところで勝ち点落として、本当にワンダ・メトロポリターノでヨーロッパリーグをプレーすることになっても知らないから」とプンプンしていた34分のことでした。そう、まずはグリースマンがエリア前から繋いだスルーパスから、GKをかわして勝ち越し点を決めると、その1分後にはCBメレが自陣エリア近くにいたトマスに誤ってぶつけてしまったボールを拾って再びゴール。更に39分にも今度はセンターライン前からグリースマンが放ったロングパスを追って抜群の決定力を披露と、おやおや、この人、5分もしないうちにハットトリックじゃないですか! ▽いやあ、リーガ2番目に短い時間での3得点のおかげで、無事に勝ち点3を獲得した後、「Estos goles son para mi abuela, que ha fallecido esta semana/エストス・ゴーレス・ソン・パラ・ミ・アブエラ、ケ・ア・ファジェシードー・エスタ・セマーナ(このゴールは今週、帰らぬ人となったボクの祖母に捧げる)」とガメイロが言っていたため、翌朝、私がいつも新聞を買う売店のアトレティコファンのお兄さんが、「それなら毎週、誰か親戚に死んでもらわないと」と言っていたのは、あくまでブラックジョークのつもりだったと思いますけどね。先日のコパ・デル・レイ準決勝バルサ戦2ndレグでは痛恨のPK失敗、その後ゴールを入れたものの、アトレティコが逆転突破できなかったため、翌日は1人、PK練習に励むぐらい、ガメイロも頑張っていますからね。 ▽丁度CL決勝トーナメントという、今季まだ優勝の可能性がある大事な試合も始まりますし、このハットトリックが、2014年夏にレアル・ソシエダから加入して、12月までは泣かず飛ばずだったグリースマンがアスレティック戦で決めた3ゴールをキッカケに、チームの中心アタッカーに成長したような効果をガメイロにもたらしてくれることを今は祈るばかり。ちなみに火曜午後8時45分(日本時間翌午前4時45分)からのレバークーゼン戦でシメオネ監督は先発CFをトーレスにするか、ガメイロにするか明言せず。あとは当日、午前11時に彼女との相互DV訴訟で出廷するCBルカスがプライベートジェットを使い、恙なくキックオフ前にバイアレナに着いてくれるといいんですが、さて。 ▽何にしろ、前日記者会見でシメオネ監督も「Muchas veces el talento es importante, pero el corazón y la ilusión a veces tienen más lugar en el fútbol/ムーチャス・ベセス・エル・タレントー・エス・インポルタンテ、ペロ・エル・コラソン・イ・ラ・イルシオン・ア・エセス・ティエネン・マス・ルガール・エン・エル・フトボル(サッカーでは多くの機会で才能が重要だか、時にハートと夢見る気持ちがより大きく影響することがある)」と言っていましたしね。2年前のリベンジに燃えている相手に憶することなく立ち向かい、とにかくアウェイゴールを決められるといいですね。 ▽そしてまたリーガに戻ると、土曜はアトレティコ戦の後、サンティアゴ・ベルナベウへ向かった私でしたが、マドリーvsエスパニョール戦の見せ場も後半まで待たされることに。いえ、先週ミッドウィークのCLナポリ戦から先発を6人変更したジダン監督だったものの、ベンゼマの代わりにCFとして先発したモラタが気を吐いて、前半33分にはイスコのクロスからヘッドで先制点を挙げていたんですけどね。リードされてもエスパニョールがgoleada(ゴレアダ/ゴールラッシュ)さえ、避けられれば御の字という戦術を貫いていたため、どうにも盛り上がりに欠けてしまった感は否めません。 ▽そんな中、何がクライマックスになったかというと、昨年11月のCLスポルティングCP戦で足首を痛め、戦列を離れていたベイルが88日ぶりに復帰。しかも後半25分にピッチに入ったと思いきや、38分にはカウンターからイスコのスルーパス目掛けて全力疾走、あれよあれよという間にGKディエゴ・ロペスに迫り、ゴールを決めているのですから、ジダン監督が「No hay otro como Bale, es especial/ノー・アイ・オトロ・コモ・ベイル、エス・エスペシアル(ベイルのような選手は他にいない。特別だ)」と褒めていたのも当然だった? ▽それでも本人よると、「100%に回復するにはあと2、3週間必要」らしいんですけどね。近頃ではクリスチアーノ・ロナウドがアシスト役に目覚めたせいか、数年前のような驚くばかりのスピードを見せてくれる機会も減ってきていますしね。脚力自慢のベイルが戻ってきてくれたことで、マドリーのプレーが速くなるのは私も大歓迎。ただ、一方のエスパニョールも本来なら、決してカウンターで負けているチームじゃなかったんですが、まだ1点差だった時、交代となったアトレティコ時代からキケ・サンチェス・フローレス監督の下にいたフラードーなど、テレテレ歩いてピッチを出て行ったりと、不可思議な行動が散見。よって、最後は2-0でマドリーの勝利と、「El equipo fue conformista y el resultado es logico/エル・エキポ・フエ・コンフォルミスタ・イ・エル・エル・レスルタードー・エス・ロヒコ(チームは現状に安穏としてしまったのだから、この結果は論理的)」(ディエゴ・ロペス)というのも仕方なかったでしょうね。 ▽そんなマドリーはこの試合で珍しく途中交代したナチョもただ、横っ腹が痛くなっただけとわかり、月曜にはナポリ戦での打撲でお休みしていたセルヒオ・ラモスも全体練習に戻ったため、ジダン監督はチーム24人全員をこの水曜のバレンシア戦で使えることに。ええ、これは昨年12月、彼らがクラブW杯参加のため延期されていた分の試合なんですけどね。CL開催週に割り込ませたため、セビージャがレスターシテイを迎える午後8時45分前に終わるよう、平日にも関わらず、午後6時30分(日本時間翌午前2時30分)という早い時間にキックオフというのは、メスタジャ(バレンシアのホーム)の客の入りに関係するかも。 ▽加えてバレンシアは今週末、木曜に迫るアポエルとのEL32強戦2ndレグに備え、36歳のエース、アドゥリスを先発に使わず、途中出場してもらった途端、ケガで退場となったアスレティックに2-0と勝利して、自信を高めていますしね。ただ本職、チーム付き役員のボロ氏が正式に監督になってからも成績は安定していないチームのため、マドリー優位は揺るがないかと思いますが、この冬、セルタから加入したオレジャナには要注意。早くも頼りになる戦力になっているため、折り合いが悪くて放出を決めたベリッソ監督も、0-1でシャフタールに負けた1stレグを逆転しないといけない木曜のウクライナ遠征を前にちょっと後悔しているかも。 ▽そしてマドリッド勢のリーガ戦、最後は日曜に新弟分のレガネスがカンプ・ノウでバルサに挑んだんですが、ええ、一応私も近所のバル(スペインの喫茶店兼バー)に行って観戦していたんですよ。それでも前半3分にはルイス・スアレスのラストパスからメッシに先制点を決められて、早くも家に帰りたくなったのも事実ですけどね。その先はミッドウィークの試合がないにも関わらず、もしやこの日曜にリーガでアトレティコと当たるのを警戒したんでしょうか。ルイス・エンリケ監督が先週、ベストメンバーで挑んで4-0で大敗したCL、PSG戦から4人スタメンを変えたところ、どうやらマドリーの控え選手とバルサのそれは少々レベルが違うよう。 ▽実際、序盤は大舞台に足がすくんだか、目も当てられなかったレガネスですが、時間が経つにつれ、MSN(メッシ、ルイス・スアレス、ネイマールの頭文字)の消極性も手伝ってか、むしろより多く攻撃している側に。それでも前半、新戦力のエル・ザール(この冬、ラス・パルマスから移籍)が2回連続で放ったシュートがGKテア・シュテーゲンにparadon(パラドン/スーパーセーブ)されてしまうなど、なかなか得点はできなかったものの、とうとう後半25分には敵陣エリア付近でセルジ・ロベルトからボールを奪い、マチスのアシストでウナイ・ロペスが同点ゴールをゲット!その瞬間、お店にいたお客さんたちから歓声が沸き上がったため、1部の新参者でもやっぱりマドリッド市民はレガネスを応援しているんだと、私も嬉しくなったんですが…。 ▽44分、マントバーニがエリア内でネイマールを倒し、PK献上はないですよね。いえ、当人は後で「No veo lo que hace el/ノー・ベオ・ロ・ケ・アセン・エル(彼が何をしたのか、自分は見てない)けど、チームメートはまるで殺されでもしたかのように宙を舞ったと言っていた」と、相手のオーバーリアクションを非難していましたけどね。そのキャプテン自身、AS(スポーツ紙)などには「イエローカード2枚で退場になる危険があった。もし退場になっていれば、ペナルティは犯さなかっただろうに」なんて翌日、評価されていたため、こればっかりはねえ。おまけにこの日はメッシがPKをしっかり決めてしまい、あと数分だったレガネスの勝ち点1は雲散霧消してしまいましたっけ(最終スコア2-1)。 ▽でもまだ大丈夫。兄貴分がスポルティングに勝ってくれたおかげで、今週も彼らは降格圏から勝ち点2上の17位をキープしています。ただし、だんだん残り試合は減ってきていますけどね。PSG戦以来、イタリアの元名監督で一時、マドリーのスポーツディレクターも務めたサッキ氏などにも「王は死んだ。バルサはしばらく前から、昔の彼らではなくなっている」と言われ、低空飛行状態にあるとはいえ、強豪相手にあれだけ善戦したんですから、とりあえず土曜のデポルティボ戦で心機一転、残留確定への戦いを再開できるといいんですが。【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している 2017.02.21 21:08 Tue
twitterfacebook
thumb

【原ゆみこのマドリッド】決勝トーナメントは厳しい…

▽「こっちは諦めちゃったみたいね」そんな風に私が頷いていたのは金曜。ヨーロッパリーグ32強1stレグでローマに0-4と叩きのめされたビジャレルのエスクリバ監督のコメントを読んだ時のことでした。ヨーロッパの大会が再開した今週、一足先の火曜には同じスコアで大敗したスペイン勢もいるんですけどね。それでもバルサからは、「Creer y creer, siempre/クレエル・イ・クレエル、シエンプレ(常に信じて信じまくる)」なんて、CL16強2ndレグで奇跡のremontada(レモンターダ/逆転突破)を目指す言葉が、イニエスタのツイッターから聞こえてきたりしたものの、エスクリバ監督はもう週末のレアル・ソシエダ戦で立ち直るとしか言っていなかったから。 ▽まあ、ELは来週木曜に早くも2ndレグがあるため、ちょっと事情が違いますけどね。PSGとの再戦が3月8日と、バルサには作戦を練る時間がたっぷりあるとはいえ、彼らの特技が永遠のライバル、レアル・マドリーと同じだという話はあまり聞かず。実際、お隣さんと違って、DNAにレモンターダ精神が刷り込まれていないアトレティコなど、バルサとのコパ・アメリア準決勝で1-2の負けを引っくり返そうとして、やっぱり叶わなかったことを鑑みれば、点差も遥かにあるため、難しいんじゃないかと思いますが、どうなることやら。 ▽ただ、そのおかげでここしばらく、彼らがPSGのことばかりを考えてくれれば、この週末の日曜、リーガでカンプ・ノウに乗り込むマドリッドの新弟分のレガネスや、その次週、ビセンテ・カルデロンにバルサを迎えるアトレティコが助かるんじゃないかと…。その辺は私も都合良く、考えてしまうのも否めず。レアル・マドリーのセルヒオ・ラモスだって、「No me gusta ver sufrir a amigos, pero obviamente no me gusta que gane el Barca/ノー・メ・グスタ・ベル・スフリル・ア・アミーゴス、ペロ・オビアメンテ・ノー・メ・グスタ・ケ・ガネ・エル・バルサ(友達が苦しむのを見るのはイヤだけど、バルサが勝つのがイヤなのも当り前さ)」と言っていましたしね。バルサがCL早期敗退してくれることで助かるのはマドリッドの両雄、どちらも同じってことでしょうか。 ▽それより今週はマドリーもCLナポリ戦に挑んだんだろうって? その通りで、水曜のサンティアゴ・ベルナベウでは試合前、スコアボードに前日のPSGvsバルサのハイライトを流して、アップする選手たちを景気づけをしていましたが、「マラドーナがロッカールームで30秒話してくれた」(サッリ監督)というようにどうやらチームのレジェンドが訪問したナポリの方が序盤の士気は高かったよう。だって、フォンド・スール(南側ゴール裏席)には巨大なモザイクも出現して、前人未到のCL2連覇への後押しをファンがしてくれたにも関わらず、開始7分にはインシーニェが放ったミドルシュートがあっさり決まってしまったんですよ。さすがにこれには先が思いやられてしまったものの…。 ▽全然、大丈夫です! その10分後にはカルバハルのクロスをベンゼマがヘッドでゴールにして、マドリーはあっさり同点に追いつくことに。それから余裕を持って攻めることのできた彼らは前半こそ、その1点に留まりましたが、後半は49分にクリスチアーノ・ロナウドがエリア内右奥から入れたパスをクロースが決めて2点目をゲット。更に54分には、カゼミロが「Es una cosa que vengo entrenando mucho/エス・ウナ・コーサ・ケ・ベンゴ・エントレナンドー・ムーチョ(自分が沢山、練習してきていること)」を披露。ええ、ナポリの守備陣がエリア内からクリアしたボールを拾った彼が弾丸volea(ボレア/ボレーシュート)で撃ち込み、とうとう3点目を挙げてくれたのですから、もう安心ですって。 ▽いえ、パルコ(貴賓席)でマラドーナが26歳の彼女と応援する中、ナポリも2ndレグに繋がる2点目のアウェイゴールを奪おうと懸命に戦ったんですけどね。Falso nueve(ファルソ・ヌエベ/仮のCF)を務めるメルテンスが絶好のシュート機会で外してしまい、里帰りとなったカジェホンも久々のベウナベウで勝手が違ったんでしょうかね。サッリ監督も最後は、今季からユベントスに行ってしまったイグアインの代わりに獲得しながら、負傷で長期離脱。この試合で復帰したミリクまで投入と、手は尽くしてみたんですが、「マドリーはここ3カ月で最高の試合をして、ウチは最低の試合をした」(サッリ監督)のが響いたか、追加点が入ることはありませんでしたっけ。 ▽ただ、ジダン監督も「El 3-1 es un buen resultado pero no definitivo/エル・トレス・ウノ・エス・ウン・ブエン・レスルタードー・ペロ・ノー・デフェニテティボ(3-1というのはいい結果だが、決定的ではない)。勝負はまだ五分五分」と言っていたように、これでマドリーが準々決勝への切符を手に入れたと喜ぶのは時期尚早。何せ、3月7日の2ndレグでは「サン・パオロ(ナポリのホーム)は地獄と化すだろう」とサッリ監督も予告していましたしね。今回、半数以上はチケットを持っていないながら、計1万人がマドリッドに駆け付けたナポリファンの情熱を目の当たりにすると、きっとそうなんだろうと推測するのは難しくなし。 ▽それだけにマドリーもしっかり準備しないといけませんが、そうそう、人口に比例してか、EL32強のアポエルを応援しに、キプロスからビルバオ(スペイン北部、アスレティックのホームタウン)にやって来た300人程の過激グループが、チームが3-2で負ける前に警官隊と衝突していたのとは違い、イタリア人サポーターが騒ぎを起こすことはなかったんですが、ダフ屋に偽造チケットをつかまされ、ゲートでのチェックで入れなかったファンが結構いたとか。 ▽うーん、クラブが発売したナポリ戦のチケットはもうかなり前に売り切れていたんですけどね。せっかく来たのに見られないのは悔しく思ったイタリア人以外の観光客も騙されていたようで、どうすれば引っかからずに済むのか、私もアドバイスはできないんですが、被害者の証言によると、偽造チケットは70~100ユーロ(約8400~1万2000円)と相場より安め。あ、でも東洋人には160ユーロ(約2万円)で売り付けられていたので、あまり参考になりませんかね。 ▽そしてもう土曜には次のエスパニョール戦が迫っているですが、マドリーにはとっておきの朗報があって、今週からずっと全体練習に参加していたベイルがとうとう招集リストに復帰したんですよ! ただ彼らには来週、水曜にクラブW杯参加のため、延期していたバレンシア戦も控えているため、ジダン監督はゼンゼマ、モドリッチ、そしてGKケイロル・ナバスを温存しますけどね。そのため、BBC(ベイル、ベンゼマ、ロナウドの頭文字)勢揃いとはならないんですが、木曜に屋根の修理もすっかり終わったバライドスでセルタがシャフタールに0-1で敗戦。EL32強で敗退する可能性も出てきただけに下手したら、2月初旬に延期された試合もミッドウィークに入る可能性もあり、そうなると3月の代表戦週間までマドリーはハードシュケジュールが続くかもしれませんからね。 ▽おかげで、ナポリ戦で途中交代したラモスも腰の打撲だけで重症ではないものの、用心のため、お休みすることになり、代わりにアセンシオやマリアーノがベンチ入りすることに。加えて、ジダン監督は「Contra el Espanyol él va a jugar de inicio/コントラ・エスパニョール・エル・ヴァ・ア・フダール・デ・イニシオ(エスパニョール戦では彼が先発する)」と、このところ出番が減っていたモラタの起用を宣言。うーん、ベンゼマは得意のCL戦で面目躍如を果たしたものの、モラタもこのままベンチ生活が続くと、また別のチームに行ってしまうかもしれませんしね。とりあえず、2位のバルサとは勝ち点1差とはいえ、消化試合が2つ少ない状態で首位を維持している今は比較的、余裕があるため、ローテーションにはいいタイミングじゃないでしょうか。 ▽一方、キケ・サンチェス・フローレス監督率いるエスパニョールでは、2週間前のマラガ戦で頭蓋骨にヒビが入り、休養していたピアッティがアーセナルのチェフのようなヘッドギアをつけて復活。同チームではエルナン・ペレスも鼻骨骨折でマスクをつけてプレーしているんですが、この2人が揃うと結構、怖いかも。あとはカシージャ、ディエゴ・ロペスの両GKが、それぞれ河岸を変えて対戦するのが楽しみだったりしますが、そんなマドリーvsエスパニョールは土曜午後4時15分(日本時間翌午前0時15分)キックオフ。今度はナポリ戦ではアシスト役に徹していたロナウドのゴールも見られるといいですね。 ▽それで、今年になって初めて試合のない1週間を過ごしたアトレティコは何をしていたんだって? 木曜の夜などには選手たちが集まって、前節のセルタ戦での逆転勝利から、盛り上がったムードを維持しようとしてか、決起ディナーなどを開いていたようですけどね。今週にはマハダオンダ(マドリッド近郊)での全体練習に戻ったGKオブラクやチアゴもまだ、ヒホン(スペイン北部のビーチリゾート都市)遠征のメンバーには入っていません。 ▽同様に負傷中のゴディンやファンフアン、ガイタンも来週火曜のCLレバークーゼン戦を目指して、リハビリを続けていますが、困ったのはその大事な日に彼女との相互DV訴訟で出廷しなければならないリュカが日程変更を認めてもらえず、午前11時に裁判、午後3時過ぎの飛行機でドイツまで移動して、8時45分のキックオフに間に合わさないといけないこと。まあ、何事もなければ、この土曜午後1時(日本時間午後9時)からのスポルティング戦でプレーして、レバークーゼンではサビッチとヒメネスのコンビでCBを賄えば済みますけどね。これ以上、DFにケガ人が出るとシメオネ監督が困ることになるため、今週末は何事もなく終わってくれるのを祈るばかりかと。 ▽そんな中、やっぱり時間がたっぷり取れるというのは良かったようで、彼らもとうとう金曜にはPK練習を実施。いえ、その日はたまたま、マドリッドは祝日で学校がお休みだったため、見学の子供たちでギャラリーが多かったというのを利用したみたいですけどね。今季はもらったPK9本中6本を失敗、クラブ通算でも445本中30%近い129本もゴールにできず、リーガ1の失敗率という、呪いのようなデータを聞けば、さすがのシメオネ監督だって、ちょっとは練習させなきゃと思っても不思議はない? ▽ちなみにその練習はPK戦形式でグリーズマン、フェルナンド・トーレス、ガメイロ、コケ、サウルが蹴り、今回は枠に当ててしまったのがガメイロだけ。あとは成功したそうですが、もしスポルティング戦でPKがあっても「Seguro que saldrá de los que ya patearon/セグロ・ケ・サルドラ・デ・ロス・ケ・ジャー・パテアロン(きっと今までに蹴った選手が蹴るだろう)」(シメオネ監督)とのことなので、あまり不安は晴れませんけどね。 ▽個人的には丁度、今週は昨季のCL決勝でお隣さんに再び負けた後、後半にPKを失敗していたグリーズマンが「試合が終わって、負けたのは自分のせいだと思っていたら、シメオネ監督が来て、まったく反対だと言ってくれた。ボクはチームにとって重要な選手だから、心配しないで、また決勝に行けるように努力すべき時だってね」と話しているインタビューを読んだばかりだったので、そろそろ彼にリベンジを果たしてもらいたいと思いますが、さて。 ▽加えて、アトレティコには先週、スポルティングに負けてしまった弟分の敵をとるという使命もありますしね。とりわけ今節、レガネスはバルサと分が悪いだけでなく、18位のスポルティングだけでなく、金曜には19位のグラナダもベティスに勝ってしまったため、降格圏にいる両チームとの差がたったの勝ち点2と厳しい状況になってしまったため、とにかくここは先輩が勝ってあげないと。ええ、それでなくても今は勝ち点4ある3位セビージャとの差も縮めないといけないアトレティコなので、私もいい結果を出せるように願うばかりです。【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している 2017.02.18 16:20 Sat
twitterfacebook
thumb

【原ゆみこのマドリッド】珍しいものを見た…

▽「別にいいけど、ちょっと微妙」そんな風に私が感じていたのは月曜日、スペイン・サッカー協会理事会で5月27日のコパ・デル・レイ決勝会場がビセンテ・カルデロンに決まったという報を知った時のことでした。いやあ、先週末のリーガであった予行演習、アラベスvsバルサ戦は0-6という後者の圧勝で終わったんですけどね。昇格組にも関わらず、ミッドウィークにも試合がある年明けからのハードスケジュールを乗り切ったペレグリーノ監督のチームはもう精根尽き果てていたはずで、それでも一応、リーガでは降格圏まで勝ち点10以上の余裕を持っての12位。となれば、その日、2得点挙げたルイス・スアレスもコパ決勝では出場停止ですし、ここはバルサに手の内を明かさず、「チョロい相手と」と過信させて、メンディソローサから気分良く帰ってもらうのも決して悪くはなかったかと。 ▽ただ、予想外だったのはアトレティコからレンタル移籍で修業に出ているテオが、もしかしたら決勝の当日はU20ワールドカップ参加のフランス代表に招集されており、自分が年子の兄、ルカスの敵をとってあげられないかもしれないのが悔しかったのかもしれませんね。ボールを奪おうと激しくいったアレイス・ビダルの当たり所が悪く、足首の脱臼で今季絶望にしてしまったのはあと味が悪かったかも。うーん、実はお兄さんの方も来週のCLレバークーゼン戦の日に、先日起きた彼女との相互DV訴訟で出廷を命じられていて、今クラブと代理人が日付を変えるよう、裁判所と交渉している最中なんですけどね。兄弟揃って乱暴事がこうも続くと、ご両親も辛いかと思いますが、それより何より、前節は仮想コパ3位決定戦の方が見応え満載。それもあって、返す返すもアトレティコが今季限りのホーム、ビセンテ・カルデロンで最後の試合となる決勝に進出できなかった間の悪さを嘆くことになったんですが…。 ▽まあ、そのことは後で詳しく話すとして、先にお隣さんのオサスナ戦がどうだったか伝えておかないと。土曜にバルサが勝利した後、消化試合は2つ少ないものの、順位表の上では勝ち点2下の2位でエル・サダル(オサスナのホーム)のピッチに立ったレアル・マドリーでしたが、結構、首位に返り咲くのには苦労したんですよ。いえ、序盤にイスコとの接触プレーでオサスナの選手が足を骨折、「Tano gritaba 'tibia y perone'. No quise ni mirar/タノ・グリタバ・ティビア・イ・ペロネ。オー・キセ・ニ・ミラール(タノは脛骨と腓骨だと叫んでいた。ボクは見たくもなかったよ)」というショックを選手たちは乗り越え、前半23分にはベンゼマのスルーパスからクリスチアーノ・ロナウドが先制点を決めてリードと、順調に見えたんですけどね。 ▽ジダン監督が採用した3CB制は、私もほとんどマドリーで見たことがないだけに、やっぱりチームカラーに合わないんでしょうか。バラン、この日がマドリー公式戦500試合出場の節目となったセルヒオ・ラモスと共に先発した、まだ100試合のナチョなど、「tenemos un gran equipo y mucha variedad de jugadores/テネモス・ウン・グラン・エキポ・イ・ムーチャ・バリエダッド・デ・フガドーレス(ウチには偉大なチームがあって、イロイロな種類の選手がいる)から、どんなシステムでも快適だよ」と言っていたものの、中盤まで上がった2人のSB、ダニーロとマルセロはそうでもなかったよう。ええ、この形でスタートした1月のリーガのセビージャ戦(2-1で負け)もコパ準決勝セルタ戦2ndレグ(2-2で敗退)でもいい結果は出ませんでしたしね。この日も32分にはセンターから敵にロングパスを出され、セルヒオ・レオンの見事なvaselina(バセリーナ/ループシュート)でオサスナが追いついて、1-1でハーフタイムを迎えることに。 ▽ただ後半早々、マドリーはダニーロが足に打撲を負って担架で退場。幸か不幸か、これがキッカケでハメス・ロドリゲスがピッチに入り、「Hemos tenido mas equilibrio con cuatro, cerrando por dentro/エモス・テニードー・マス・エキリブリオ・コン・クアトロ、セランドー・ポル・デントロ(ウチは4人のDFラインでよりバランスが取れた。内側を締めてね)」(ジダン監督)という効用をもたらします。おかげで中盤で動きやすくなったイスコが16分、ベンゼマがエリア内でシュートできなかったボールに突っ込んで勝ち越し点をゲット。その頃にはだんだん、オサスナも「notamos la exigencia fisica/ノタモス・ラ・エクシヘンシア・フィシカ(体力的な消耗を覚えた)」(バシリエビッチ監督)という状態になってきたため、ロスタイムにはルーカス・バスケスもゴールを奪い、最後は1-3で勝利することができましたっけ。 ▽え、前々節のセルタ戦が中止になって、間が12日も空いたため、この試合ではイロイロ考えてしまったジダン監督だけど、もうここからはシーズンも正念場。水曜のCL16強対決ナポリ戦1stレグで実験的な布陣を組んだりはしないだろうって?そうですね、相手は昨年グループリーグが終わって以来、11試合無敗ですし、ドリース・メルテンスを始め、カジェホン、ハムシークと強力な攻撃陣を擁している上、カジェホンと共に里帰りとなるCBアルビオルや34歳ながら、GKレイナも絶好調のようですしね。昨年11月のCLスポルティングCP戦で負傷した足首を手術したベイルも日曜から全体練習に戻り、復帰は近いと言われていますが、まだ実戦には早いと思うので、とりあえずこの試合ではルーカス・バスケス辺りを前線に入れた4-3-3に戻るのでは? ▽そんな注目のマドリーvsナポリ戦はバルサが火曜にパリでPSGと戦った後、水曜午後8時45分(日本時間翌午前4時45分)キックオフ。ちなみにマドリーを率いて、2007年には奇跡のremontada(レモンターダ/逆転)優勝を遂げたカペッロ元監督など、イタリアのメディアを通じて、ナポリのサッリ監督に「マドリッドでは試合は決して最後まで終わらないから気をつけるように」と警告。スペイン代表でマドリーの選手たちのことをよく知るレイナも「Lo de Ramos y el minuto 93 no es casualidad/ロ・デ・ラモス・イ・エル・ミヌート・ノベンタイトレス・ノー・エス・カスアリダッド(ラモスとあの93分のことは決して偶然じゃない)」と、後半ロスタイムにミラクルゴールを挙げる相手の特殊体質を挙げて、用心していましたけどね。実は先週末、彼らの十八番を奪ったチームが出現。ええ、それがお隣さんだったんですよ。 ▽翌日曜のことです。マドリッドの新弟分、レガネスが夕方の試合で奮闘空しく、降格圏のスポルティングに0-2と負け、猶予が勝ち点2となってしまった上、金曜からずっと雨混じりのうっとおしい天気に強風が加わったため、私も夜のビセンテ・カルデロンに行くのはちょっと憂鬱だったんですけどね。そこへ直前には3位セビージャがラス・パルマスに終盤の1点で勝利という報が加わり、ただでさえ、金曜にレアル・ソシエダがエスパニョールに勝ったため、CL出場圏外の5位落ちというプレッシャーを受けていたアトレティコがセルタ戦でどんなプレーをするか心配だったんですが、ええ、見事にやってくれましたよ。 ▽開始5分、いえ、まさか雨が降っているから、ボールが滑っていつも以上にパスが下手になるんじゃないかと、私が疑っていたのはともかく、GKモヤもうっかり取り損ねたらマズいと思ったんでしょうかね。敵のCKをカブラルの前にパンチングして、有難くヘッドでゴールを決められているなんこと、あっていい?これではようやく肩の脱臼手術から全快通知をもらったオブラクと早速、来週のCLレバークーゼン戦で正GK交代もやむなしかと、こっちも呆れるしかありませんでしたけどね。そういえば2年前もモヤは同じカードでケガをして、そこからオブラクの時代がやって来たんですが、これも何かの因縁かもしれません。 ▽でも、大丈夫。その日のアトレティコは迅速に反応して、10分にはカラスコのスルーパスをエリア内でゴールに背を向けて受けたフェルナンド・トーレスが天才的な技を披露。ええ、一旦トラップして浮かしたボールを後ろに向けて蹴り上げて、それがゴールにスッポリ入ってしまったのにはスタンド中がビックリしたの何のって。それこそgolazo(ゴラソ/スーパーゴール)でしたが、その当人がPKという、見た目には絶対、蹴る方が有利そうなシュートを枠に当ててしまうとは、これもサッカーの7不思議の1つ。 ▽うーん、28分にロンカリアのファールを受けて、PKをゲットしたのはカラスコだったんですけどね。最初は彼が「Me encontraba con confianza para tirar el penalty/メ・エンコントラバ・コン・コンフィアンサ・パラ・ティラーウ・エル・ペナナルティ(PKを蹴るのに自信があった)」とボールを掴んでいたんですが、19分には同じ選手にエリア内で倒されながら、PKをもらえなかった年長者を敬って、トーレスにキッカーを譲ってしまったのが裏目に出た? ▽まあ、先週のコパ準決勝2ndレグでガメイロが決められなかったこともあり、シメオネ監督が今度の担当者はスポーツ紙のファンが選ぶキッカー候補ナンバーワンだったトーレスにしてみようと思ったとしても責められませんけどね。ただ先日、私がトーレスもよく外していたと言っていたのは何となくの記憶からだったんですが、実はデータ的にもそれは正しかったようで、これまで彼はリーガで28回PKを蹴って、うち9本を失敗。ロナウドも9回、メッシも8回ゴールにできていませんが、彼らはそれぞれ65、50と蹴った回数自体が多いため、やはりトーレスがPKに強くないという印象は本当だったかと。 ▽おかげで1-1のまま、後半を迎えたアトレティコでしたが、しばらくはどうにもいけてない状態が続きます。そう、コパのバルサ戦以外の最近の試合の傾向で、1点取ればもう十分病がまた発症してしまったのかと、私も雨を防げるスタンドの奥の方に引っ込んで見守っていたファンたちも時間が経つにつれ、イライラが募っていったんですが、それに合わせるようにセルタはバスやボンゴンダら、アラベスとのコパ準決勝2ndレグからローテーションした主力を投入。それが30分過ぎ、電光石火のカウンターに繋がり、最初はシュートを撃ち上げてしまったグイデッティだって、2度目となれば、しっかりゴールを決めてきますって。残り10分ちょっとでスコアは1-2。アトレティコにとって、これって完全に負けパターンですよね。 ▽ところがその日は奇跡が起きたんです!もうあまりパスも繋がらないし、頼りのトーレスもガメイロに代わってしまっていたため、場内を静けさが包んでいた40分、ガビが右サイドから入れたクロスもルカスが味方に渡せず、ロンカリアがクリア。エリア前に上がったボールをタイミングバッチリでvolea(ボレア/ボレーシュート)して、ネットに叩き込んでくれたのはカラスコでした。いやあ、彼は前半、GKセルヒオとの1対1を決められず、それ以降、ファンからブーイングを受けていたんですけどね。シメオネ監督も後半26分にはコレアと交代させるつもりだったんですが、まさにその瞬間、「下がるのはボクだったけど、Saúl fue honesto y pidió el cambio porque estaba tocado/サウル・フエ・オネストー・イ・ピディオ・エル・カンビオ・ポルケ・エスタバ・トカードー(サウルが正直に痛みがあるからと交代を頼んだ)」(カラスコ)おかげで、プレーを続行できることに。 ▽そこへ「En el campo no se oyen los pitos/エン・エル・カンポ・ノー・セ・オジェンロス・ピトス(ピッチではブーイングは聞こえない)」という、当人の持って生まれたスルー力の賜物か、心を乱さず撃てたのが幸いしたんでしょうね。「自分のいた位置だとボールをキープすることができなくて、ファーストかセカンドタッチで捌かないと敵のカウンターに繋がるから、蹴らなきゃいけなかった。Esta salió perfecta, pero otras puede irse por encima del estadio/エスタ・サリオ・ペルフェクタ、ペロ・オトラス・プエデ・イルセ・ポル・エンシーマ・デル・エスタディオ(今回は完璧にいったけど、別の時はスタジアムから飛び出しちゃうかも)」(カラスコ)という一撃だったようですが、このゴールでどんなにスタンドが盛り上がったことか。 ▽そう、現金なもので同点になった途端、嵐のような応援が巻き起こった場内でしたが、その2分後、今度はコレアのクロスをガメイロが頭で落とし、そこへ突撃してきたグリースマンが勝ち越しゴールを挙げた瞬間、我が目を疑ってしまったのはきっと私だけではなかった?だってえ、トーレスは後で「Al final se ha visto una victoria de casta/アル・フィナル・セ・ア・ビストー・ウナ・ビクトリア・デ・カスタ(最後は血統による勝利を見ることができた)」と言っていましたが、奇跡のレモンターダなんて、彼らの辞書にはないんですよ。私もとんと記憶になかっただけでなく、これにもデータの裏付けがあって、アトレティコが後半41分以降に逆転勝利をしたのはクラブ史上、1997年のラージョ戦の1度限り。 ▽となれば、稀に見る僥倖を目撃したシメオネ監督が喜びの余り、ピッチサイドを走って、グリースマンのゴールを祝う選手の輪に加わってしまったのも理解できますが、いやあ、これがコパ準決勝でできていればねえ。5月には大舞台で胸を張って、ファン共々、ビセンテ・カルデロンにお別れを告げることができたはずでしたが、まあそれはそれ。今は3-2でセルタに勝った彼らがリーガ4位を取り戻し、お隣さんの専売特許を真似することも可能だとわかっただけでいいかと。ええ、きっとパルコ(貴賓席)に偵察に来ていたレバークーゼンのシュミット監督も感心してくれたかと思いますが、もしや16強対決でアトレティコに勝つにはやっぱりPK戦しかないと意を決していたら、どうしましょう。 ▽そんなアトレティコは今週、土曜のスポルティング戦まで試合がなく、ようやくミッドウィークがヒマになったんですが、シメオネ監督は「Digo lo bueno que seríamos si los marcáramos/ディゴ・ロ・ブエノ・ケ・セリアモス・シー・ロス・マルカラモス(PKも入れていれば、ウチはもっと良くなるだろう)。だが、3万、4万の人が見に来てくれない限り、練習の仕様がないんだよ。同じ状況じゃないからね」と、相変わらずPK特訓には消極的。だったら、試合前のアップの時間を使って蹴ってみたらいいんじゃないかというのが、私の素人考えですが、何せこの先は落とせない試合が続きますからね。要はファンにまで頭を絞らせてしまうぐらい、このPK問題は深刻ってことですよ。【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している 2017.02.14 12:45 Tue
twitterfacebook
thumb

【原ゆみこのマドリッド】奮闘空しく…

▽「じゃあ、こっちは3位決定戦?」そんな風に私が皮肉に思っていたのは金曜。この週末のリーガの予定を見直していた時のことでした。いやあ、昨季はアトレティコを破りながらも準決勝でセビージャに負け。今季もレアル・マドリーを退けるもアラベスに敗れて2年連続で決勝進出の夢が消えたセルタの選手も、似たようなことを考えながらマドリッドに来るんでしょうけどね。その対戦相手であるアトレティコの予定が狂ったのは、来季からワンダ・メトロポリターノにホームを移すため、最後のお勤めをコパ・デル・レイ決勝の舞台で飾りたいと、昨年中からビセンテ・カルデロンが会場候補に名乗りを上げていながら、どちらのファイナリストも違うスタジアムを希望しているから。 ▽そう、毎年のことながら、スペインのカップ戦は日付こそ5月27日とシーズン当初に決まっていながら、どこでやるかは未定。理想は対戦するクラブから等距離にある中立地ですが、なかなかすんなりとは決まらず、今回もバスク(スペイン北東部)地方のアラベスとカタルーニャ(西部)のバルサということで、もちろん3年連続決勝に進出している後者は毎度の嫌がらせで、最初はサンティアゴ・ベルナベウを口にしていたんですけどね。そこは先手を取って、レアル・マドリーのペレス会長はスタジアム改装工事がリーガ終了直後からあると、最大のライバルが自分たちのホームでトロフィーを掲げる可能性を却下。 ▽一方、初のコパ決勝進出とあって、メンディソローサでセルタ戦2ndレグ終了の笛が鳴った直後には花火まで上がり、選手たちはファンの声援に応えて場内一周。まるで優勝したかのような祝賀ムードになっていたアラベスなど、スタンドでもロッカールームでも皆、「Si, si, si, nos vamos a Madrid!/シー、ノス・バモス・ア・マドリー(オレたちはマドリッドへいくぞ!)」と唱和していたため、てっきりビセンテ・カルデロンで異論はないと思ったんですけどね。どういう訳か、先週末も選手たちは予定通りプレーしたいと言っていたにも関わらず、サン・マメスでの決勝開催をリクエストしているんですよ。 ▽うーん、確かに同じバスク地方のビルバオにあるアスレティックのホームスタジアムなら、新しいし、収容人数もビセンテ・カルデロンと大して変わらず。さらに毎年のように決勝に出るバルサより、一生に一度あるかないかのアラベスファンが応援に行きやすい近場にしてほしいという気持ちは何となくわかりますけどね。それがどうにも通らなさそうなのは折しも、サン・マメスでは決勝から3日後にガンズ・アンド・ローゼスのコンサートが開催。それもスペインだからなのかは知りませんが、ステージやら音響設備やら、会場の整備に1週間は必要とのことで、日程的に無理なのだとか。 ▽え、アトレティコファンだって、自分の応援するチームが出ない試合でビセンテ・カルデロンに別れを告げたいとは思わないだろうって? そうですね、どちらかというと、セレソ会長を始め、クラブ経営陣が予定通りに決勝をやりたいという感じですが、その一方でベルナベウが使用できないことを知ったバルサは、今度は自身のスタジアム、カンプ・ノウでの開催を主張。これも2年前のアスレティックとの決勝の例があるため、ないとは言えませんが、当時、負けたチームのメンバーだったトケロなど、それだけは絶対に避けたいのだそう。となると、マドリッドはビトリア(アラベスのホームタウン)からも、バルセロナからも行きやすいため、やはり最後はビセンテ・カルデロンで落ち着きそうですが…はい、一番悪いのは準決勝で負けたアトレティコだというのは、私もわかっていますって。 ▽ただ、火曜のカンプ・ノウでの2ndレグは序盤から、冗談のように彼らが優勢で、いえ、もちろん前半、カラスコのGKシレッセンと1対1のシュートや、サビッチやゴディンのヘッドがゴールにならなかったんですから、試合を見てない人にはあまりわからないかもしれないんですけどね。おまけに42分にはメッシのシュートはGKモヤが弾いたものの、こぼれたボールをルイス・スアレスに押し込まれ、総合スコアをバルサに3-1と広げられているのでは、いくら「前半のボクらはいい感じがしなかった。Ellos han tenido protagonismo con el balon/エジョス・アン・テニードー・プロタゴニスモ・コン・エル・バロン(相手はボールを持って主導権を握っていたね)」とベンチにいたイニエスタに言ってもらえたとて、結果にはまったく反映されません。 ▽それでも「Sabiamos que si nos marcaban daba igual, teniamos que hacer dos goles de todas formas/サビアモス・ケ・シー・ノス・マルカバン・ダバ・イグアル、テニアモス・ケ・アセル・ドス・ゴーレス・デ・トーダス・フォルマス(得点されても、とにかくウチが2ゴールを入れないといけないのが変わらないのはわかっていた)」(コケ)ため、ハーフタイム後にも気落ちせずにピッチに出て来たアトレティコでしたが、またいきなり不運に襲われるんです。そう、再開2分でガイタンが打撲のため、コレアに代わったかと思えば、その1分後には守備の要、ゴディンまで太ももを痛めて交代になってしまった日にはもう私など、目の前が真っ暗に。 ▽でも、大丈夫。ここは先日の彼女に対するDV容疑でバルサファンに激しいpito(ピト/ブーイング)を浴びながらもリュカが奮闘。更に56分には丁度、ルイス・エンリケ監督が「lo iba a cambiar por la tarjeta que tenia/ロ・イバ・ア・カンビアル・ポル・ラ・タルヘタ・ケ・テニア(イエローカードをもらっていたから、代えるつもりだった)」というセルジ・ロベルトが、フィリペ・ルイスへ激しいタックル。2枚目をもらい、退場となってくれたって、もしや前半に当人がエリア内でフェルナンド・トーレスを倒したのをペナルティに取らなかったことを内心、主審も後悔していた? ▽でもやっぱりアトレティコは不幸体質の方が強いようで、その2分後にグリーズマンが決めたゴールは脚の分、ピケが前にいたんですけどね。オフサイドで認められず。その上、68分にはカラスコが出場停止のネイマールの代理を務めていたアルダ・トゥランを吹っ飛ばし、こちらも2枚目のイエローカードをもらっているんですから、困ったもんじゃないですか。ええ、本人が抗議していたように、直前で滑って止まれなかったのはリプレーを見れば明らかですが、大体がして、その日のアルダはアトレティコ時代とは違って、全然、存在感を示せず。なので、そんなところで突っ込まなくても良かったのに、これでせっかくの数的優位もオジャンとはいかにもアトレティコ的展開です。 ▽そしていよいよ、悲劇のクライマックがやってきます。そう、77分にはメッシのFKが枠に弾かれ、命拾いしたすぐ後、フェルナンド・トーレスから代わっていたガメイロがピケにエリア内でファールを受け、今度はPKが与えられたんですけどね。何とこれを最近、PK7回中5回失敗していたグリーズマンに代わって、キッカーを引き受けた当人がゴールバーに当ててしまうって、ああ、このチームって一体、どこまでファンを失望させたら気が済むんでしょう。 ▽うーん、マドリッドに戻った翌日、マハダオンダ(マドリッド近郊)での練習では、ガメイロもよっぽど悔しかったのか、居残りでPKを蹴っていたそうなんですけどね。その時も3本中1本をポストに当てていたとかで、これってシメオネ監督になってから、チームがもらったPK46本中失敗14本、30%はゴールにできていない彼らの実態をまさに証明していない? ただそれはもう、キッカーが誰とかという問題ではなく、アトレティコは元々、PKが苦手なようで、クラブ通算でも432本中119本(28%)は失敗しているのだとか。 ▽おかげで昨季のCL決勝など、PK戦で決められなかったファンフランはともかく、90分内でもグリーズマンがGKケイロル・ナバスに止められていて、後悔してもしきれない程の損をしているため、言わせてもらえれば、全員に週1ぐらいでPKだけのセッションを課していいぐらいですが、こればっかりはねえ。ちなみにマルカ(スポーツ紙)の行ったウェブアンケートでファンの選んだキッカー、一押しはトーレスなんですが、ピッチにいないこともありますし、以前の在籍時代から、彼も結構、外したりしているため、シメオネ監督も決めかねるところでしょうか。 ▽え、それでもPK失敗後、2分もしないうちにガメイロはグリーズマンからパスをもらって、同点ゴールを決めているじゃないかって? 加えて、45分にはルイス・スアレスが「No me doy cuenta de que el jugador del Atleico esta ahi/ノー・メ・ドイ・クエンタ・デ・ケ・エル・フガドール・デル・アトレティコ・エスタ・アイー(アトレティコの選手がそこにいたなんて、気がづかなかった)」と、コケの顔に肘が当たった接触プレーで、3分前に続いて2枚目のイエローカードをゲット。とうとう9人になったバルサ相手に、お隣さんのremontada(レモンターダ/逆転)精神を見習えとばかりに、最後はセットプレーにモヤまで上がっての全員攻撃でロスタイムの5分を戦ったアトレティコでしたが…。 ▽1-1のまま、延長に持ち込むゴールは奪えずタイムアップです。いやあ、試合後はシメオネ監督も「Si fuera hincha del Atletico estaria muy orgulloso/シー・フエラ・インチャ・デル・アトレティコ・エスタリア・ムイ・オルグジョーソ(アトレティコのファンなら、とても誇りに思っているはずだ)」と言っていましたし、ここまで彼らがバルサを圧倒するところは見たことがなかったため、それはその通りなんですけどね。とはいえ、問題は「ボクらは全力を尽くした。El partido de ida sobre todo el segundo tiempo y el partido de hoy/エル・パルティードー・デ・イダ・ソブレ・トードー・エル・セグンド・ティエンポー・イ・エル・パルティードー・デ・オイ(1stレグのとりわけ後半と今日の試合でね)」(コケ)だったとしても、1stレグ前半にまったく精彩がなく、ルイス・スアレスとメッシにゴールを許してしまったのが、そもそもの敗因だったかと。 ▽それ故、「En los 90 minutos no hemos merecido este resultado/エン・ロス・ノベンタ・ミヌートス・ノー・エモス・メレシードー・エステ・レスルタードー(90分間、ウチはこの結果に値することをしていない)。しかしこの大会でやってきたことから、決勝でプレーするのにふさわしい」(ルイス・エンリケ監督)ということになってしまうのでは? うーん、もちろんこの2ndレグではその日、コケとのダブルボランチで出場停止のキャプテン、ガビの役割をしっかり補ったサウールなども「Hemos hecho todo lo que estaba en nuestras manos/エモス・エチョー・トードー・ロ・ケ・エスタバ・エン・ヌエストラス・マノス(自分たちにできることは全部やった)」と残念がっていたように、グリーズマンのゴールがオフサイドにされていなければといったタラレバはありますけどね。 ▽かといって、シメオネ監督がスペイン人の審判への皮肉を込めて、「Tengo claro por que en Champions tenemos mas opciones que en Liga o en Copa/テンゴ・クラーロ・ポル・ケ・エン・チャンピオンズ・テネオス・マス・オプシオネス・ケ・エン・リーガ・オ・エン・コパ(ウチにはリーガやコパ・デル・レイより、CLでの方が、オプションがある理由ははっきりわかっている)」と言うのは正しいかどうか。とりあえず、彼らのCL16強対決レバークーゼン戦は21日の火曜。どうやら木曜にはゴディンも全治10日程と診断され、戻って来られるようですから、2年前の同じラウンドではPK戦で何とか下した相手ということを忘れず、今は地道にPK練習に励んでほしいかと。 ▽その傍らで、日曜午後8時45分(日本時間翌午前4時45分)からは、コパに全身全霊を注いでいただけにショックも大きく、そのせいか、やはりローテーションをしてくるというセルタとの試合に勝って、リーガでもCLグループリーグ出場権が獲得できる3位争いに後れを取らないようにするのが肝要。バルサ戦で見せた、どこまで不幸が降りかかってもメゲずに立ち向かう姿勢を維持できれば、大丈夫かとは思いますが、予想はあまりアテにならないのがアトレティコですから、やっぱり心配ですよね。 ▽そしてそのセルタ戦が順延したため、この土曜が12日ぶりの試合となるマドリーはどうしていたかというと。うーん、水曜には25歳のバースデーパーティ第2弾をチームメート全員招いて開いたネイマールと違い、32歳になったクリスチアーノ・ロナウドには表立ったお祝いの席がなかったため、今週はマスコミ露出がかなり低下していた選手たちですが、いつの間にか、バルデベバス(バラハス空港の近く)でのセッションが賑やかになっていたのには私もちょっとビックリ。というのもセルタ戦で復帰予定だったマルセロやペペに加え、ハメス・ロドリゲス、カルバハルやモドリッチまで全体練習でアクセル全開だったから。 ▽実際、金曜のジダン監督の会見によると、足首の手術をしたベイルだけ、復帰がCL16強対決ナポリ戦2ndレグになる予定ではあるものの、他は全員、完全に回復したよう。土曜午後8時45分からのオサスナ戦に出られないのは累積警告のクロースだけだとか。この予期せぬparon(パロン/休止期間)で体力満々な上、何より相手は最下位ですしね。同日、近隣でアラベスとコパ決勝の予行演習をする2位バルサとの差が現在、勝ち点1しかなく、試合までは抜かれてしまう可能性があるとはしても、エル・サダル(オサスナのホーム)で日が変る前に順位は元に戻っているのでは? ▽一方、マドリッドの新弟分、レガネスは翌日曜にブタルケに残留の直接ライバル、スポルティングを迎えるんですが、いよいよ本腰を入れて勝ち始めないといけないということで、サポーターはhimno(イムノ/クラブ歌)をアカペラで歌ってチームを迎え、選手たちを励ますよう。まあ一応、降格圏にいる相手とは勝ち点差5あるとはいえ、まだ18ポイントしか貯めていないのでは心もとないですからね。冬の移籍市場で獲った新戦力7人もそろそろ馴染んだ頃でしょうし、早くファンを安心させてあげられるといいですね。【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している 2017.02.11 13:11 Sat
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング