ニュース

thumb

クロアチア代表に衝撃…FWカリニッチが途中出場拒否で代表追放

▽クロアチア代表に衝撃が走った。FWニコラ・カリニッチが代表チームから追放されてしまったようだ。クロアチア『24sata』が伝えた。 ▽クロアチア代表は16日、グループD初戦でナイジェリア代表と対戦。2-0で勝利を収めていた。 ▽カリニッチはこの試合ベンチスタートとなっていたが、後半40分にズラトコ・ダリッチ監督から途中出場を命じられたとのこと。しかし、この出場を拒否していたようだ。代わりにはマルコ・ピアツァが出場した。 ▽報道によると、カリニッチは背中を痛めていたと主張しているようだが、ダリッチ監督の腹の虫はおさまらず。18日の朝、カリニッチはスーツケースをまとめ、キャンプを去ったという。 ▽ダリッチ監督は試合後に「ケガ人を出さなくてよかった。ただ、面倒なことがある」とコメントしていた。 ▽現時点で、クロアチアサッカー連盟からの公式発表はない。クロアチアは、21日にグループステージ第2節でアルゼンチン代表と対戦。日本時間27時にキックオフを迎える。 2018.06.18 20:53 Mon
twitterfacebook
thumb

メッシ、自身の脱税騒動が“あの場所”からの攻撃だったと主張

▽バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、自身に向けられた脱税容疑の追求を他者からの攻撃だと捉えているようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽メッシには以前から410万ユーロ(現在のレートで約5億2800万円)の脱税容疑がかけられており、昨年夏にスペイン最高裁判所への上訴が棄却されたため21カ月の懲役刑と130万ユーロ(現在のレートで約1億6800万円)の罰金が科された。しかし、スペインの法律では2年以下の懲役刑は執行猶予がついているため、収監は免れている。 ▽上記のことに関して、メッシは“特定の場所”からの企みがあったことを仄めかした。 「マドリッドから僕に対する攻撃があった。僕を打ち負かして、すぐさま弱みを有効利用するんだ」 「それをやり過ごして生きるのはとても辛かった」 ▽メッシの指す“マドリッド”がバルセロナの宿敵レアル・マドリーを連想させるワードであることは間違いないが、単に都市名を挙げただけなのか否か、本人の意図は不明だ。 2018.06.10 18:50 Sun
twitterfacebook
thumb

ベシクタシュに罰金…理由の1つは「猫」

▽トルコの名門・ベシクタシュが、思わぬ理由で罰金を科されてしまったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽罰金の対象となったのは、3月に行われたチャンピオンズリーグの試合。ラウンド16のバイエルン戦での出来事だった。 ▽ベシクタシュのホームで行われた試合では、物がピッチに投げ込まれるなど、様々な問題行為があり、3万ポンド(約443万円)の罰金が科されることとなった。 ▽その中の理由の1つが、猫の乱入だ。試合の後半、ピッチ内に一匹の猫が乱入。これにより、試合が一時中断される事態となっていた。 ▽ちなみに、3月のチャンピオンズリーグでは、ローマも罰金を科されている。シャフタール・ドネツク戦にて、ローマがリードしている時にボールボーイが時間を浪費し、プレーを侵害した件が問題となった。 2018.06.07 15:30 Thu
twitterfacebook
thumb

スペイン代表の守備の要・ピケ、W杯前に盗まれる

▽バルセロナに所属するスペイン代表DFジェラール・ピケが強盗の被害に遭ったようだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽スペイン代表の一員としてロシア・ワールドカップに臨むピケ。妻であるシャキーラさんもドイツを訪れており、ピケの自宅は誰も居ない状態だった。 ▽報道によると、ピケの自宅からは宝石や時計などが盗まれており、犯人は捕まっていないとのことだ。 ▽バルセロナでは、今冬加入したブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョも、入居からわずか1カ月で強盗被害に遭っていた。 2018.06.07 12:45 Thu
twitterfacebook
thumb

メキシコ、売春婦30名と17時間半ぶっ続けパーティー!

▽メキシコ代表メンバーが、大量の売春婦を呼び楽しい一時を過ごしたようだ。イギリス『ミラー』が報じた。 ▽2日、スコットランド代表との国際親善試合に1-0で勝利したメキシコ。数名の選手は、試合後に開催地のメキシコシティの高級地区ラス・ロマスに訪れ、売春婦30名とともに“パーティー”を楽しんだという。 ▽メキシコ『TV Notas』によると、パーティーは現地時間22時半から翌日の16時まで続き、音楽やドリンク、ゲームに女性との時間を過ごした模様。関係者によると、GKギジェルモ・オチョア、DFカルロス・サルセード、MFマルコ・ファビアンに、MFジョナタン・ドス・サントスとMFジョバニ・ドス・サントスの兄弟も参加したと伝えられている。 ▽メキシコサッカー連盟(FMF)は現時点で何らかの声明は出していないが、2011年にはコパ・アメリカに参加するメキシコのメンバーが街のホテルに繰り出し、8名が選外となっていた。 ▽メキシコは、9日にデンマーク代表との国際親善試合に臨み、6月17日にW杯初戦でドイツ代表との大一番を戦う。 2018.06.06 17:40 Wed
twitterfacebook
thumb

痛恨の凡ミス…ベルギー代表メンバーがまさかの発覚

▽ロシア・ワールドカップに臨むベルギー代表。本大会の登録メンバー23名はまだ発表されていなかったが、思わぬミスでメンバーが発覚したようだ。ベルギーのテレビ局『VRT』が報じた。 ▽ベルギー代表は、5月21日にベルギー代表候補メンバー28名を発表。ここから23名に絞り込まれる段階だった。 ▽まだ公式発表がされていない中、選手たちが使用するマットレスがロシアに向けて発送。本大会メンバー23名分のマットレスの映像を『VRT』が放送したが、どうやらこのマットレスにメンバーの名前が書かれていたようだ。 ▽この映像に写り込んだマットレスに名前がなかったのは、GKマッツ・セルス(アンデルレヒト)、DFリーンデル・デンドンカー(アンデルレヒト)、FWロメル・ルカクの弟であるDFジョルダン・ルカク(ラツィオ)、DFクリスチャン・カバセレ(ワトフォード)、そしてかつてはマンチェスター・ユナイテッドで日本代表MF香川真司ともプレーしたMFアドナン・ヤヌザイ(レアル・ソシエダ)の5名だった。 ▽ベルギーは、6月18日にパナマ代表と初戦を戦い、その後、イングランド代表、チュニジア代表と対戦。ワールドカップ前には、エジプト代表、コスタリカ代表と親善試合で対戦する。 ◆ベルギー代表候補メンバー28名 GK マッツ・セルス(アンデルレヒト) ティボー・クルトワ(チェルシー/イングランド) シモン・ミニョレ(リバプール/イングランド) コーエン・カスティールス(ヴォルフスブルク/ドイツ) DF リーンデル・デンドンカー(アンデルレヒト) ローラン・シマン(ロサンゼルスFC/アメリカ) デドリック・ボヤタ(セルティック/スコットランド) ヴァンサン・コンパニ(マンチェスター・シティ/イングランド) ヤン・ヴェルトンゲン(トッテナム/イングランド) トビー・アルデルヴァイレルト(トッテナム/イングランド) トーマス・ヴェルメーレン(バルセロナ/スペイン) トマス・ムニエ(パリ・サンジェルマン/フランス) ジョルダン・ルカク(ラツィオ/イタリア) クリスチャン・カバセレ(ワトフォード/イングランド) MF アクセル・ヴィツェル(天津権健/中国) ヤニク・フェレイラ=カラスコ(大連一方/中国) ユーリ・ティーレマンス(モナコ/フランス) ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ/イングランド) ナセル・シャドリ(WBA/イングランド) マルアン・フェライニ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) ムサ・デンベレ(トッテナム/イングランド) FW エデン・アザール(チェルシー/イングランド) ロメル・ルカク(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) ミッチー・バチュアイ(ドルトムント/ドイツ) ドリエス・メルテンス(ナポリ/イタリア) クリスティアン・ベンテケ(クリスタル・パレス/イングランド) トルガン・アザール(ボルシアMG/ドイツ) アドナン・ヤヌザイ(ソシエダ/スペイン) 2018.06.02 14:00 Sat
twitterfacebook
thumb

「殺人犯か何かか? 」C・ロナウド、脱税疑惑について語る

▽レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、スペインの警察当局から受けた調査の様子を語った。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽昨年の夏、C・ロナウドには2011年から2014年にかけて総額1470万ユーロ(現在のレートで約19億円)にも及ぶ肖像権収入を隠蔽した疑いがかけられ、スペイン国税局から告発された。現在では裁判所と和解合意に至っており、C・ロナウドも2900万ユーロ(約37億円)の罰金を支払う意向を示しているという。 ▽C・ロナウドは、スペインのフォルメンテーラ島で休暇を過ごしていた際に警察から取り調べを受けていたことを明かした。 「フォルメンテーラ島には数千のボートがあるんだけど、カメラを持った警察が1番小さいのに乗っていた。クリスティアーノ・ロナウドのやつだよ」 「僕らは殺人犯か何かか? 」 「そこまで行って尋ねたんだ、『ここで何が起きてるんだい? 』ってね」 「彼らはカメラと銃を持っていた」 「あれにはイライラさせられたよ。何をする気なんだ? って」 「解決が存在しないことは死ただ1つだけだ。他の全てには解決法がある」 「不公平なことだけど、何をするのかだね」 「スペインは僕の動向を見張っている」 2018.05.25 12:00 Fri
twitterfacebook
thumb

マスクの暴漢がリバプールサポ襲撃…

▽リバプールのサポーターが、何者かの襲撃に遭ったようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽26日に行われるチャンピオンズリーグ決勝レアル・マドリー戦に先駆けて、リバプールのサポーターたちは決戦の地・キエフに前乗り。市内中心部のレストランで食事をしていたところ、事件が起こったという。 ▽『マルカ』によると、突如として20名ほどのマスクを付けた集団がリバプールサポーターのグループに攻撃。市内には警察の厳重な警戒があったが制止が間に合わなかったようで、椅子やグラスが投げつけられ負傷する事態にまで発展した。 ▽試合当日には暴漢対策が行き届く見込みだと、『マルカ』は伝えている。しかし、襲撃者たちの詳細は報じられておらず、不安の残る中での大舞台となるかもしれない。 2018.05.25 11:15 Fri
twitterfacebook
thumb

モロッコ代表入りを目指したムニルの訴えをCASが棄却…

▽スポーツ仲裁裁判所(CAS)は、モロッコ代表入りを目指していたFWムニル・エル・ハダディ(22)の訴えを棄却した。 ▽スペイン人の母親とモロッコ人の父親の間に生まれたムニルは、モロッコ代表選出を目指していた。 ▽問題となったのは、ムニルがA代表キャップを持っていること。スペイン代表としてユーロ2016予選のマケドニア代表戦に出場しており、FIFA(国際サッカー連盟)の規定では代表チームを変更することは不可能だ。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)に出場するモロッコ代表も、ムニルの代表招集を検討。モロッコサッカー連盟も申し立てを行っていたが、CASにより訴えは棄却。モロッコ代表としてのW杯出場は叶わぬこととなった。 ▽かつてはバルセロナでもプレーし、飛躍が期待されていたムニル。今シーズンはアラベスにレンタル移籍し、リーガエスパニョーラで32試合に出場し10ゴールを記録。モロッコ代表としては、ぜひとも招集したい選手だっただろう。 2018.05.15 22:34 Tue
twitterfacebook
thumb

ポグバ兄が試合後チームメートから暴行受ける…残留争いの中での不用意な行為が発端

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバの双子の兄の1人として知られるギニア代表DFフロランタン・ポグバがトルコの所属チームでチームメートからの暴行被害に遭っていたようだ。トルコ『Dogan』が伝えている。 ▽昨夏、サンテチェンヌからトルコのゲンチレルビルリイに加入したフロランタンは、6日にホームで行われた第32節アンタルヤシュポル戦に先発出場。現在、チームは残り3試合で残留圏内の15位コンヤシュポルと勝ち点5差の17位と苦しい中ホームで勝ち点3を目指すも、78分に先制を許した。 ▽1点ビハインドにチームが3枚の交代枠を使い切った状況で迎えた88分、フロランタンは負傷かコンディションの問題かは不明だが、ベンチやチームメートの説得を無視してユニフォームを脱ぎピッチを後に。残り時間を10人での戦いを強いられたチームはこのまま0-1で敗戦した。 ▽そして『Dogan』が伝えるところによれば、事件が起こったのは試合後のロッカールーム。フロランタンの前述の行動に激怒した一部のチームメートがポグバに詰め寄り、暴行を働いたという。そして、クラブ関係者やスタジアムの警備担当者がこの暴行騒動に介入し、同選手の安全を確保するために一時チームから隔離されることになったようだ。 2018.05.07 16:53 Mon
twitterfacebook
thumb

雷に打たれ昏睡状態だった南アフリカの若手選手が他界

▽試合中に雷に打たれた若きフットボーラーが命を落とした。南アフリカのクラブ、マリッツブルグ・ユナイテッドが公式フェイスブックで明かした。 ▽クラブの発表によると、命を落としたのはルヤンダ・ンチャンガセ。21歳だった。 ▽ンチャンガセは、3月1日に行われたフレンドリーマッチの試合中に雷に打たれたとのこと。その後、病院に運ばれたものの昏睡状態が続いていた。 ▽しかし4日、ンチャンガセは病院で息を引き取ったとのこと。クラブは「我々は大きな可能性を持つ若い選手を失った。彼を失ったことはとても悲しい」と哀悼の意を綴っている。 2018.05.05 15:20 Sat
twitterfacebook
thumb

磐田DFギレルメの愚行は海外でも話題…退場処分後、相手選手への蹴り&スタッフへのヒジ打ち

▽2日に行われた明治安田生命J2リーグ第12節の横浜F・マリノスvsジュビロ磐田で起こった行為が海外でも話題となっている。ブラジル『グローボ』が報じた。 ▽試合は3-1で磐田が勝利したものの、80分に事件は起こった。イエローカードを1枚受けていた磐田DFギレルメだったが、2度目の警告を受けて退場処分。その直後に事件は起きた。 ▽何かに怒りを露わにしたギレルメは、横浜FMのMF喜田拓也の臀部を後ろから蹴り上げる愚行。チームメイトに促されてピッチを出ると、ピッチサイドに立っていた横浜FMのスタッフにヒジ打ち。場内は騒然となった。 ▽試合後、名波浩監督はインタビューで謝罪。「スポーツマンとしてあるまじき行為をして、チームを預かる身としては申し訳ない気持ちでいっぱいです」とコメント。また、ギレルメの行為に対しては「ああいった行為が起きてしまったこと自体、そういった感情になったこと自体間違っていると思いますし、後でキツく言います。クラブとしても大きな処分を課そうと思っているので、このゲームを観に来てくれたマリノスサポーター、ジュビロサポーター、そして関係者の皆さんにも申し訳ない気持ちでいっぱいです」と謝罪した。 ▽Jリーグの懲罰委員会はギレルメへの処分を決定するために事情聴取を行うことになる。なお、『グローボ』は最大10試合の出場停止処分になる可能性があるとも報じてる。 2018.05.03 17:25 Thu
twitterfacebook
thumb

「俺の名は」無敗優勝のバルサが失態…優勝記念Tシャツにレンタル中の選手名記載を忘れる…

▽無敗のままリーガエスパニョーラの優勝を果たしたバルセロナ。しかし、その舞台裏では大失態を犯していた。 ▽バルセロナは29日、リーガエスパニョーラ第35節でデポルティボ・ラ・コルーニャとアウェイで対戦。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシがハットトリックの活躍を見せるなど、試合は4-2で勝利し、2シーズンぶりのリーグ優勝を果たした。 ▽リーグ戦は残り4試合あり、今週末にはレアル・マドリーとのクラシコも控えるバルセロナ。しかし、シーズン途中ではあるものの、34試合を26勝8分けの無敗で優勝を決めていた。 ▽バルセロナは優勝を祝う記念Tシャツを作成。背中には選手たちの名が刻まれているが、よく見るとなにかが足りなかった。 ▽シーズン途中に中国スーパーリーグの河北華夏へと完全移籍したアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノの名前が無いことは理解できるだろう。しかし、レンタル移籍中の3選手のうち、インテルへと移籍したMFラフィーニャの名前はあるものの、イスタンブール・バシャクシェヒルへレンタル移籍したトルコ代表MFアルダ・トゥラン、ワトフォードへとレンタル移籍したFWジェラール・デウロフェウの名前はなかった。 ▽このことに気がついたデウロフェウは、バルセロナの優勝を祝うとともにツイート。「CAMPEONES LA LIGA 1/2 también es mía no..?(ラ・リーガのチャンピオン、半分は僕のものだよね…?)」と綴り、クラブ公式アカウントへと訴えていた。 ▽この訴えに、バルセロナは公式アカウント(@FCBarcelona_cat)で返信。「全くだ!これはみんなの成功です。おめでとう、チャンピオン!」とツイート。添付されていた画像には、デウロフェウだけでなく、マスチェラーノやアルダ・トゥランの名前も記載されていた。 2018.05.01 22:06 Tue
twitterfacebook
thumb

トランプ大統領がW杯開催に向け他国を牽制「我々を支持しない国々を…」

▽様々な発言が注目を集めているアメリカ合衆国のドナルド・トランプ大統領。自身のツイッター(@realDonaldTrump)でサッカーにも口を出してきた。 ▽アメリカは、2026年のワールドカップ開催でカナダ、メキシコとの3カ国共催で立候補をした。開催地は6月13日にモスクワで国際サッカー連盟(FIFA)により正式発表されるが、モロッコも名乗り上げている。 ▽当初はアメリカ、カナダ、メキシコの3カ国共催が本命だったが、移民政策など政治的な影響もありモロッコにも支持が集まっているとのこと。そのことを受け、トランプ大統領が自身のツイッターで牽制した。 「アメリカは2026年のワールドカップ開催のため、カナダとメキシコとの共催で強力な入札を行った。我々がいつも支援している国がアメリカの立候補に反対したならば、それは残念だ。我々を支持しない国々を支援する必要はあるのだろうか?」 ▽政治不介入とは言われているものの、思い切り口を出したトランプ大統領。1994年以来となる開催となれば、国としても多いなスポーツイベントとなるだけに、口を出さずには居られなかったのだろう。 2018.04.28 12:05 Sat
twitterfacebook
thumb

ナポリがベルギークラブを買収? 会長が「若手成長の場」として検討中

▽ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が、新たなクラブを買収しようとしているようだ。イタリア『Radio Kiss Kiss Napoli』が伝えている。 ▽1人のオーナーが複数クラブを持つことは珍しいことではなく、ウディネーゼを所有するポッツォ・ファミリーもかつてはワトフォードとグラナダを所有していた。 ▽デ・ラウレンティス会長が買収を試みているのは、ベルギー2部のクラブとのこと。どのクラブか、名前は明らかにされていない。 ▽ベルギークラブの買収は、若手の有望な選手がナポリに加入する前に、成長する場として利用したい狙いがあるという。 ▽世界的なネットワークを見れば、マンチェスター・シティも入っているシティ・グループがある。アメリカにはニューヨーク・シティFC、オーストラリアにはメルボルン・シティ、そして日本には横浜F・マリノスが同じグループだ。さらに、スペインのジローナのカブも44%保有している。 ▽玄人好みの選手を集め、今シーズンはスクデット争いも繰り広げているナポリ。デ・ラウレンティス会長の野望は止まらない。 2018.04.25 23:00 Wed
twitterfacebook
thumb

フランスの名将、アンリ・ミシェル氏が70歳で死去…W杯で4度指揮

▽現役時代はフランス代表としても活躍し、監督としてもフランス代表を指揮したこともあるアンリ・ミシェル氏が亡くなった。70歳だった。フランス『レキップ』が報じた。 ▽ミシェル氏は、現役時代にナントで活躍。公式戦532試合に出場し、これはナントでの最多出場記録となっている。 ▽また、フランス代表としても11年間に渡ってプレーし、58キャップを記録。1978年のアルゼンチン・ワールドカップに出場していた。 ▽現役引退後は指導者として活躍。1984年にロサンゼルス・オリンピックでフランス代表を率いて優勝。その後は、フランス代表監督に就任すると、ミシェル・プラティニなどを擁し、1986年のメキシコ・ワールドカップで3位の成績を残していた。 ▽その後は、パリ・サンジェルマンを経て、1994年にカメルーン代表監督に就任。アメリカ・ワールドカップで指揮を執ると、1998年のフランス・ワールドカップではモロッコ代表監督として参加。2002年の日韓ワールドカップにはチュニジア代表を導くも、アフリカネイションズカップでの惨敗の責任をとって大会前に解任されていた。 ▽2004年からはコートジボワール代表を率い、2006年のドイツ・ワールドカップで指揮。これにより、4つのワールドカップで別の国を率いて指揮を執ることとなった。その他、UAE代表やケニア代表なども指揮している。 ▽クラブチームでは、パリ・サンジェルマンのほか、アル・アイン(UAE)やアリス・テッサロニキ(ギリシャ)、ラジャ・カサブランカ(モロッコ)、アル・アラビ(カタール)、アル・ザマレク(エジプト)、マメロディ・サンダウンズ(南アフリカ)で指揮を執っていた。代表チーム、クラブチームを通じアフリカで長年指揮を執っていたことでも知られていた。 2018.04.24 21:30 Tue
twitterfacebook
thumb

“ノーサイドの精神”…大事な決戦を前にローマが記念碑を訪問

▽サッカー界は1つのファミリーだと証明する行動が話題となっている。ローマ公式ツイッター(@ASRomaEN)がアップした動画が話題だ。 ▽24日に行われるチャンピオンズリーグ準決勝1stレグのリバプール戦を戦うため、リバプールに滞在しているローマ一向。選手たちは、アンフィールドに設置されている記念碑を訪れた。 ▽この記念碑は、1989年4月15日に行われたFAカップ準決勝のリバプールvsノッティンガム・フォレストで起こった悲劇のもの。「ヒルズボロの悲劇」として知られ、ゴール裏の立ち見席に集まったサポーターが将棋倒しとなり、死者96名、重軽傷者766名を出す惨事となっていた。 ▽公表された報告書により、2016年に警備責任者の過失が認められ、犠牲者は不当に亡くなったとされ、大きな波紋を呼んでいた。 ▽ローマの選手たちは、この記念碑を前に集まり、キャプテンの元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシが花輪を捧げていた。 2018.04.24 13:05 Tue
twitterfacebook
thumb

EL日本人対決のチケットが大人気! サイトがダウン→復旧後に完売

▽26日に行われるヨーロッパリーグ準決勝1stレグのマルセイユvsザルツブルク。このチケットが思わぬ人気となっているようだ。マルセイユが公式サイトで明かした。 ▽日本人にとっては、日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユとFW南野拓実が所属するザルツブルクの対戦ということもあり、注目を集めている。しかし、それはヨーロッパの地元ファンにとっても同じだったようだ。 ▽マルセイユは、22日にチケットの販売を開始。しかし、同時に4万5000人のファンが座席を購入しようとしたとのこと。この影響で、チケット販売サイトのサーバーがダウンしてしまったということだ。 ▽マルセイユはクラブ公式サイトに声明を発表。「このような状態に陥った方々に、心から謝罪します。次回の販売時には、必要と思われる教訓を活かします」と、サイトに接続できなかった方への謝罪を行った。 ▽なお、その後にサイトは復旧。しかし、すぐに全チケットが売り切れたと、マルセイユは報告している。日本代表DF酒井宏樹はヒザを傷め欠場の見込みだが、マルセイユファンは決勝進出に向けてヒートアップしているようだ。 2018.04.23 11:15 Mon
twitterfacebook
thumb

「アーセナルからバルセロナへ移籍したこと」元フランス代表MFプティ氏がキャリアでの後悔を告白

▽かつてバルセロナでプレーしていた元フランス代表MFエマヌエル・プティ氏が、自伝でバルセロナ移籍を「後悔している」と明かした。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽モナコの下部組織で育ったプティ氏は、1997年7月にアーセナルへと移籍。今シーズン限りで退任が決定しているアーセン・ヴェンゲル監督に引き抜かれる形で加入していた。 ▽その後、2000年7月にバルセロナへと移籍。2001年7月にわずか1シーズンでチェルシーへと移籍し、2004年7月に現役を退いていた。 ▽プティ氏は、自伝の中でバルセロナ移籍を悔やんでいると明かし、当時の問題を告白した。 「私のフットボールキャリアで残念な点は、アーセナルからバルセロナへ移籍したことだ」 「クラブのハーモニーは小さな集団のせいで台無しになってしまった。初めてドレッシングルームへ入った時、誰も私に気づかなかったし、挨拶をする選手もいなかった。歓迎はなかった」 「ドレッシングルームは3つのグループに分かれていた。1つはカタルーニャ人、もう1つはオランダ人、そしてもう1つだ」 「1つの集団になるチャンスを台無しにしていたよ」 ▽なお、プティ氏はバルセロナ時代にリーガエスパニョーラで23試合に出場し1得点、チャンピオンズリーグでも4試合でプレーしていた。 2018.04.21 18:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ハリルホジッチ元日本代表監督が今週末来日へ! JFA幹部との会談と共に反論会見実施へ

▽フランス『レキップ』は19日、9日に解任が発表されたヴァイッド・ハリルホジッチ元日本代表監督(65)が今週末に来日する見込みであると報じた。 ▽日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長は、9日に会見を開きハリルホジッチ監督との契約解除を発表。7日付で契約が終了し、後任にはJFA技術委員長を務める西野朗氏が就任することを発表した。 ▽ただ、『レキップ』の伝えるところによれば、ハリルホジッチ前監督は今回の決定に関して不満と憤りを示しており、契約解除に向けた正式な書類にサインしていないという。 ▽また、JFA幹部から今回の解任理由に関して改めての説明を求めていると報じられていたハリルホジッチ前監督は、現地時間20日にフランスから東京に向かい、今週末に前述のJFA幹部との会談と共に反論会見を行う準備を進めているようだ。 2018.04.20 00:00 Fri
twitterfacebook
thumb

悲劇…“ソフィア・ダービー”で装置が爆発し女性警官が重傷

▽またしても、スタジアムで悲しい出来事が起こってしまった。ブルガリアリーグのレフスキ・ソフィアvsCSKAソフィアの試合で警察官が重傷を負った。イギリス『BBC』が報じた。 ▽報道によると、CSKAとレフスキとの間で行われた“ソフィアダービー”で事件は起きたとのこと。ブルガリア代表が使用するヴァシル・レフスキ・スタジアムの入り口付近にあった装置が爆発。これにより、警察官にガラス片が飛び散ったとのことだ。 ▽警察当局のチーフコミッショナーであるアントン・ズラタノフ氏によると、これにより1名の女性警察官が重傷を負ったとのことだ。 「彼女は手術を受けた。ただ、彼女の顔や目には、まだたくさんのガラス片がある」 「花火ではない。爆弾だった」 ▽また、試合後、「20名以上のレフスキのファンを拘束した」とも語っている。 ▽“ソフィア・ダービー”では過去にもファンによる行動で多くの被害が出ており、昨シーズンはCSKAソフィアのコーチングスタッフ3名に、投げられた爆竹や石が当たる事件も起きていた。 2018.04.19 19:01 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがシティの優勝を祝福ツイート…ファンは「消してくれ」

▽同じ街のライバルの優勝をアシストしてしまったマンチェスター・ユナイテッド。試合後に大人な対応を見せたが、ファンからは反感も買っているようだ。 ▽ユナイテッドは15日、プレミアリーグ第34節でWBAとホームで対戦。しかし、0-1で敗れてしまい、マンチェスター・シティのプレミアリーグ優勝が決定した。 ▽試合後、ライバルクラブのリーグ制覇をアシストしてしまったユナイテッドは、クラブ公式ツイッター()で「マンチェスター・シティ、プレミアリーグの優勝おめでとうございます」とツイート。大人の対応を見せたが、これにファンは黙っていなかった。 ▽このツイートには、16日の18時時点で2万件を超えるリツイートと4万件を超えるいいねがついているが、多くのリプライもついている。 ▽その大半が、「Delete(消してくれ)」というもの。同じ街のライバルの優勝をアシストしていながら、祝福するツイートは許せないようだ。 ▽応援しているクラブがある方なら、どれだけの屈辱かは理解できることだろう。一方で、クラブのこういった対応を受け止めるファンもおり「来年はユナイテッドが優勝する」と前を向く姿勢も見せている。とにかく、今シーズンのリーグタイトルはシティが持って行ったが、来シーズンに向けてどう準備するのか。ユナイテッドファンの興味は次シーズンに向いていることだろう。 2018.04.16 18:50 Mon
twitterfacebook
thumb

PK判定で話題のオリヴァー主審…妻が脅迫行為を受ける

▽チャンピオンズリーグ(CL)の準々決勝2ndレグで注目の人となってしまったマイケル・オリヴァー主審。警察はオリヴァー主審の妻へ送られたメッセージについて調査をスタートするようだ。イギリス『BBC』が報じた。 ▽オリヴァー主審は、11日に行われたCL準々決勝2ndレグのレアル・マドリーvsユベントスで主審を務めたが、試合終了間際にPKの判定。これにより、マドリーがベスト4に進出していた。 ▽この件にはユベントスの選手たちやイタリアメディアが非難。ユベントスファンも大きく反論していた。 ▽『BBC』によると、試合後のSNSにオリヴァー主審の妻であるルーシーさんの携帯電話番号が投稿されたとのこと。また、夫婦の自宅を訪れる者がおり、玄関を叩いたり、叫ぶなどの脅迫行為の報告があるとのことだ。 ▽オリヴァー主審の妻であるルーシーさんは、女子スーパーリーグの審判員であり、男子のノン・リーグの審判でもある。 2018.04.15 12:05 Sun
twitterfacebook
thumb

カンドレーバのFKが直撃したスチュワードが脾臓を摘出…

▽インテルのMFアントニオ・カンドレーバのFKが思わぬ悲劇を招いていた。イタリア『コリエレ・デッラ・セーラ』が報じた。 ▽インテルは8日、スタディオ・グランデ・トリノに乗り込みトリノとの一戦を戦った。試合はトリノが1-0で勝利していたが、前半23分に悲劇が起きていた。 ▽インテルがボックス手前でFKを獲得すると、カンドレーバが直接ゴールを狙いシュート。強烈なシュートが枠を越えて行くと、スチュワードの背中に直撃していた。 ▽ボールが直撃したスチュワードは25歳の大学生、マルコ・ラピサルダさん。ゴール裏のファンをチェックするため、ピッチには背中を向けており、避けることができなかった。 ▽『コリエレ・デッラ・セーラ』によると、ラピサルダさんはその日の夜に背中の痛みで病院に搬送されたとのこと。内出血がひどく、脾臓を摘出する手術を行ったとのことだ。 ▽トリノとインテルの選手は、不運に見舞われたラピサルダさんの病室を訪問し数枚のユニフォームをプレゼントしたとのこと。さらに、安全面を考慮してスチュワードをアクリル製のボードの後ろに配置することにしたようだ。 2018.04.13 12:08 Fri
twitterfacebook
thumb

突如解任のハリルホジッチ監督が契約違反を主張か…仏誌が報道

▽『フランス・フットボール』が、9日に解任が発表されたヴァイッド・ハリルホジッチ元日本代表監督について報じた。 ▽日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長は、9日に会見を開きハリルホジッチ監督との契約解除を発表。7日付で契約が終了し、後任にはJFA技術委員長を務める西野朗氏が就任することを発表した。 ▽『フランス・フットボール』は、この発表を受け、ハリルホジッチ監督解任までの経緯を報じている。 ▽ハリルホジッチ監督は7日、JFAの田嶋幸三会長と会談。田嶋会長は、その場でハリルホジッチ監督との契約解消を提示。理由としては、3月の国際親善試合で日本代表がマリ代表(1-1)、ウクライナ代表(1-2で敗戦)相手に結果を残せなかったこと、本田圭佑や岡崎慎司、香川真司など、経験豊富な選手たちが不満を示していること。さらに、「東京では選手と契約している特定のスポンサーからの圧力があったと考えられる」としている。 ▽『フランス・フットボール』によると、この提示を受けたハリルホジッチ監督はショックを受けており、すぐにフランスのリール近郊の自宅に戻ったとのこと。今回の件について話すことを拒否しているものの、親族がショックを受けていると語ったようだ。 ▽ロシア・ワールドカップ アジア最終予選をグループ首位で突破し、本大会で対戦するコロンビア代表、セネガル代表、ポーランド代表への準備を細かく進めていたハリルホジッチ監督だったが、開幕を2カ月後に控えたこのタイミングで突然の解任。今回の解任にあたり、契約解除に伴う金銭的な交渉は行われていないようだ。 ▽そもそも、ハリルホジッチ監督の契約はワールドカップ終了後に満了を迎える予定であり、今後、自身の権利と損害について訴訟を起こす見込みのようだ。 2018.04.11 13:30 Wed
twitterfacebook
thumb

敗戦が逆鱗に触れたスポルティング会長が激怒! トップチーム選手を追放も…

▽ポルトガルの名門スポルティング・リスボンで異例の事態が起こった。クラブ会長がトップ選手を追放したようだ。ポルトガル『A bola』が報じた。 ▽今回の騒動の発端となったのは、5日に行われたヨーロッパリーグ準々決勝1stレグのアトレティコ・マドリー戦。試合はアトレティコのホームで行われ、2-0でスポルティングは敗れていた。 ▽この結果に腹を立てたのは、スポルティングのブルーノ・デ・カルバーリョ会長。試合後に自身のSNSを通じて選手たちを批判。しかし、この発言に選手たちが反論し、会長へ抗議を行なっていた。 ▽すると、会長は選手たちの抗議に対して反論。「今回ばかりは私の我慢も限界だ」とコメントし、トップチームから19名のメンバーを追放する宣言をした。 ▽トップチームから選手を追放する決断が下されていたものの、その後に監督を交えて会談。会長の逆鱗に触れたものの、選手たちはパソス・デ・フェレイラ戦に向けてトレーニング。ジョルジェ・ジェズス監督も会見でコメントし、これまで通りの選手を招集できることになったと明かした。 「会長と選手、監督の間で会談があった。全ての選手がチームに残ります」 「会長は私が望む選手を自由に招集することができるようにしてくれました」 ▽なお、レアル・マドリーからレンタル移籍で加入中のDFファビオ・コエントランのみが練習を欠席。チーム追放により早期の返却かと報じられたが、フィジカルコンディションの問題だったようだ。 2018.04.08 09:00 Sun
twitterfacebook
thumb

“盗んだ”と言われた名古屋FWジョー、コリンチャンス時代に受けた名誉毀損で女性司会者を訴える

▽名古屋グランパスに所属する元ブラジル代表FWジョーが、ブラジル人司会者のレナータ・ファンさんを訴えたようだ。ブラジル『グローボ』が報じた。 ▽報じられるところによると、ジョーはコリンチャンス所属時代の2017年9月に行われたヴァスコ・ダ・ガマ戦(1-0で勝利)の後、ジョーがゴールを決めた際にボールが腕に当っていた。このことに対し、レナータ・ファンさんが自身が出演するテレビ番組でジョーのプレーを泥棒に例えていた。 ▽『グローボ』によると、ジョーはこの件に対し名誉毀損の損害賠償として10万ブラジルレアル(約320万円)を請求するとのことだ。なお、レナータ・ファンさんはこの発言について、昨年『ESPN』で謝罪していた。 「私が言いたかったことは、ジョーが認めるということでした。そして、彼は後にそうしました。私は満足です」 「私は“盗む”という言葉を使いました。でも、別の言葉を使うことができたと思います」 「2度目のチャンスがあるのならば、私はその言葉(盗む)を使わないでしょう。誤解があるならば、ジョーに謝罪したいです。ただ、決して私は素晴らしい年を過ごした選手を怒らせたかったわけではありません」 ▽サッカーの試合中であれば起こり得るシーンだが、果たしてどのような決着が待っているのだろうか。 2018.04.05 10:26 Thu
twitterfacebook
thumb

快勝に水を差す行為…リバプールがシティのチームバス襲撃を謝罪

▽リバプールは4日、チャンピオンズリーグ準々決勝1stレグのマンチェスター・シティ戦前に起こった事件に対し、声明を発表した。 ▽事件は大事な試合前に起こった。シティの一行ががアンフィールドに到着する際、チームバスがリバプールファンに襲撃を受けていた。 ▽シティのチームバスが到着すると、取り囲んだ群衆からは発煙筒や酒瓶などが投げつけられる事態に。騎馬隊に率いられていたものの、運転席側の窓にヒビが入るなど、バスが損傷を受けていた。 ▽この件に関し、リバプールが公式サイトで声明を発表。シティへの謝罪を行うとともに、加害者の特定を行うとしている。 「クラブは、チャンピオンズリーグ準々決勝の前に起こった、アンフィールドに到着するマンチェスター・シティのチームバスに損害を与えた出来事を強く非難する」 「我々はジョゼップ・グアルディオラ、彼の選手たち、スタッフ、そして関係者がこの事件に巻き込まれてしまったことを心から謝罪します」 「これらの行動は全くもって容認できることではなく、クラブは当局に完全協力し、特定に責任を持ちます」 「今優先されることは、事実を把握すること。そして、マンチェスター・シティが必要とするあらゆるサポートを提供することです」 ▽なお、試合は3-0でリバプールが快勝。しかし、試合前の一件がプレミアリーグで圧倒的な強さを見せるシティ戦の勝利に水を差すこととなってしまった。 2018.04.05 10:15 Thu
twitterfacebook
thumb

不甲斐ない! 会長激怒、オリンピアコス選手に罰金&休暇命令

▽オリンピアコスの選手たちは、罰金を科されるとともに休暇をとるように命じられたようだ。イギリス『BBC』が報じた。 ▽事の発端は、不甲斐ない成績だという。オリンピアコスは2016-17シーズンのギリシャ・スーパーリーグを制覇。これにより、2010-11シーズンからリーグ7連覇を達成していた。 ▽しかし、今シーズンは26試合を終えて勝ち点51。首位のAEKアテネ(勝ち点57)、2位のPAOKテッサロニキ(勝ち点52)から遅れを取り3位に。さらに消化試合が1試合多い状況となっている。 ▽『BBC』によると、ノッティンガム・フォレストのオーナーでもあるエバンゲロス・マリナキス会長が命じたとのこと。メディアを通じ「私とファンは、君たちをこれまで寛容に見ていた。君たちは今日をもって去り、休暇に入るだろう」とコメント。主力選手たちの追放ともとれる発言を残していた。 ▽ギリシャ・スーパーリーグはPAOK会長が銃をピッチに持ち込んだとして3月途中からリーグ戦が延期に。3月末から再開されていた。オリンピアコスは、1日にレバディアコスと対戦し1-1のドロー。この結果に会長が不満を持ったようだ。 ▽なお、今シーズンの残り試合は主力選手がチームから去ることになるため、U-20チームから選手を招集することになるようだ。マリナキス会長は3月に麻薬取引罪で起訴されるなど、ギリシャサッカー界はピッチ外で様々な問題が起きている。 2018.04.03 12:50 Tue
twitterfacebook
thumb

エネルギー産業で大当たりのフラミニ、4兆資産を否定

▽ヘタフェに所属する元フランス代表MFマテュー・フラミニが金持ち説を真っ向否定した。イギリス『FourFourTwo』が伝えている。 ▽かつてアーセナルやミランでもプレーしたフラミニは2015年、エネルギービジネス参入を告白。石油燃料に代わるものとして期待されるバイオ燃料の開発成功により、巨万の富を手にしたと話題を呼んだ。 ▽だが、フラミニはフランス『レキップ』に対して、自身にまつわる「世界で最も裕福なサッカー選手」との噂を否定している。 「僕が読んだものはデタラメだよ。僕の口座に300億ユーロ(約3兆9200億円)もあるわけがない。GFバイオケミカルの口座にもね」 「300億ユーロという額は、僕の会社の価値でもなく、エネルギー業界全体における価値の数字なんだ」 「誤解だよ。一軒のレストランに、フランスのケータリング業界の価値があると言っているようなものさ」 「だから、僕は億万長者じゃない。でも、残念だよ。金稼ぎのためにこの事業を始めたわけじゃないのだからね」 2018.04.01 10:15 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp