ニュース

thumb

イングランド第一号はレスターFWイヘアナチョ! カップ戦で導入開始のVARゴールを記録

▽今シーズンからセリエAやブンデスリーガでも導入されているVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)だが、イングランドでもVARでのゴール第一号が誕生した。 ▽記念すべきイングランドのVARゴール第一号を決めたのは、マンチェスター・シティからレスター・シティに今シーズン加入したナイジェリア代表FWケレチ・イヘアナチョ(21)。イングランドではプレミアリーグではVARを導入していないものの、2018年1月からのFAカップ、カラバオ・カップ(EFLカップ)で導入を開始していた。 ▽レスターは16日、キング・パワー・スタジアムでFAカップ3回戦の再試合に臨み、リーグ1(イングランド3部)のフリートウッド・タウンと対戦。1-0で迎えた77分、イヘアナチョが2点目を奪う。しかし、オフサイドの判定となったものの、VARによる検証で判定が覆り、見事第一号となった。試合は、2-0でレスターが勝利している。 2018.01.17 11:30 Wed
twitterfacebook
thumb

クセがすごい! 炎のフェンスに逆さ吊り、自転車使用とアルゼンチン4部のGK練習がヤバい!

▽サッカー界において独特なトレーニングを行うクラブは数多くあるが、アルゼンチン4部のスポルティバ・ドック・スッドのGK練習の“クセがすごい”ことが大きな話題になっている。『dirtytackle.net』が伝えている。 ▽足を使ってプレーするサッカーという競技において、唯一手を使うことができるGKは、以前から変わり者の宝庫とされる。それだけに、これまでも多くの特殊なトレーニングが開発されてきたが、アルゼンチン4部に所属するスポルティバ・ドック・スッドのGK練習はあまりに“クセがすごい”。 ▽『dirtytackle.net』は、『You tube』に投稿されたスポルティバ・ドック・スッドのあまりに常軌を逸したGK練習の一部を紹介した。 ▽この動画で初めに紹介されたのは、GKコーチと思しき男性が150cmほどのフェンスを挟んで準備しているGKに対して、ボールを左右に投げてキャッチさせる練習だった。ただ、一つ異なるのはそのフェンスを覆う布に火が付けられていたことだった。ただ、フェンスと後ろにいるGKとの間にはかなり距離があり、この炎がGKに危険を及ぼす可能性は低く、煙いという以外に何らかの意図があるとは思えないものだった。 ▽続いて紹介された練習では、足に縄を結び付けられたGKがゴールポストから逆さ吊りにされた状態でボールをキャッチするという、またしても独特な様子が紹介された。 ▽その後は小型の自転車に乗って短い距離を走った後、自転車を降りた直後に横っ飛びでボールをキャッチするという練習、弾力のあるドラム缶のようなモノにヒザ立ちで座り、バランスを取りながらボールを弾く練習、ヒザまで浸かってしまう泥水の水溜まりでのセービング練習、ボールに木の板を反射させて行う練習と、“クセがすごい”練習のオンパレードだった。 ▽極め付けはもう使用していない貨物列車のドア部分からいきなり外に飛び出して浮いたボールをキャッチするという、スタントマン養成講座のような危険な練習の様子も映されていた。 ▽練習効果のほどは不明だが、間違いなくGK陣の負傷は多いと思われる。 ※写真はイメージ ◆“クセがすごい”GK練習 https://www.youtube.com/watch?time_continue=75&v=gK6-fSCUElQ 2018.01.17 00:50 Wed
twitterfacebook
thumb

フランスサッカー連盟が、選手を蹴り、イエローカードを提示したチャプロン主審を次節の担当から外すと発表

▽フランスサッカー連盟(FFF)は15日、渦中のトニー・チャプロン主審の処分を発表した。公式サイトで発表した。 ▽チャプロン主審は、14日に行われたリーグ・アン第20節のナントvsパリ・サンジェルマン(PSG)で主審を務めていた。0-1でPSGがリードして迎えた後半アディショナルタイムに事件が発生。ナントのブラジル人DFディエゴ・カルロスが守備に戻る際にチャプロン氏と交錯。倒れこんだチャプロン氏は、そのままカルロスの足を蹴り、さらにはイエローカードを提示。カルロスは2枚目のイエローカードを受けて退場となっていた。 ▽FFFは、主審の愚行に対してすぐさま処分を発表。チャプロン氏は、17日に行われるアンジェvsトロワの主審を務める予定だったが、担当から外すことを決定。また、懲戒委員会にすぐさま召集する予定とのこと。聴取を受けた後に、追加の処分も発表される可能性は高そうだ。 2018.01.15 21:51 Mon
twitterfacebook
thumb

闘病中アビダルに辛辣“塩対応”のメッシ…仕打ち受けたアビダルが後に弁明

▽元フランス代表のエリック・アビダル氏が、バルセロナ所属時代の闘病期間中にアルゼンチン代表FWリオネル・メッシから受けた“塩対応”について説明した。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽アビダル氏は、2007年夏~2013年夏までの6年間バルセロナに在籍。史上最高のチームとも評されたバルセロナの左サイドを支え、公式戦193試合に出場し、リーガエスパニョーラ4回、チャンピオンズリーグ(CL)2回を含む計15回ものタイトル獲得に貢献したが、2011年に肝臓が腫瘍に蝕まれていることが発覚した。 ▽その後、移植手術が成功してバルセロナで無事に復帰を遂げ、復帰試合ではチームメイトがアビダル氏を胴上げ。さらに、同氏は闘病中で痩せていた時期にチームへの応援メッセージを送っており、心温まるエピソードとして語られている。 ▽しかし、アビダル氏がフランス『Canal +』のインタビューで語ったところでは、そのハートフルな物語の背景でエースによる心無い仕打ちを受けていたようだ。 「俺がすごく痩せていたとき、試合前に選手たちを応援してサポートするためのビデオを作って送ったんだ」 「(リオネル・)メッシが俺に言ったことを知っている? 『僕らが傷つくからこれ以上こんなものを送らないで』って言ったんだ。俺はそれが気に入らなかったよ。彼らを励まそうとしていたのに、『死体のように見える』と言ったんだ。それが彼らを気分悪くさせていたんだね」 ▽上記のコメントの内容はかなり辛辣なものとなっているが、アビダル氏はすぐにSNS上で訂正。実際はそれほど非情なやり取りではなかったと伝えた。 「チームを応援するためのビデオを送った時、レオ(リオネル)・メッシは『これ以上送るな』とは言わなかった。それか、何も知りたくなかったんだ」 「レオは、『あのような状態の君を見たくない』と言ったんだ。それでもすぐに、言い方が悪かったと弁明した」 2018.01.12 15:22 Fri
twitterfacebook
thumb

謙虚さの表れ!? 事故に遭ったカンテの車は中古車!?

▽謙虚さは私生活にも表れているようだ。イギリス『サン』が事故に遭ったチェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテが乗っていた車を紹介している。 ▽報道によるとカンテは10日、EFLカップ準決勝1stレグのアーセナル戦が行われたスタンフォード・ブリッジに向かう途中、衝突事故に遭ったようだ。カンテが乗っていたミニクーパーは前輪の左側がへこんでしまったものの、カンテ自身にケガはなく試合にはフル出場を果たした。 ▽事故が起こった後、ファンと写真を撮るなど余裕を見せたカンテ。さらに驚くべきことが、カンテが乗っていたミニクーパーは中古車両だったという。 ▽サッカー選手と言えば高級車を複数台所持するなど華やかなイメージがある。カンテも週給11万ユーロ(約1500万円)を稼いでいると言われているが、「僕は車を愛したことはない。若いころに乗りたいと思った車なんてないよ」と、車への興味がないことを強調している。 ▽昨シーズンのPFA年間最優秀選手賞を受賞したカンテは、その時のインタビューで「他にこの賞に相応しい選手はたくさんいる。チェルシーならジエゴ・コスタやアザールだ」と謙虚なコメントをしていたが、私生活でも本当に謙虚なようだ。 2018.01.12 09:05 Fri
twitterfacebook
thumb

「ネイマール2世」ガブリエウ・バルボサが不名誉な“ビドーネ・ドーロ”を受賞

▽“ガビゴル”ことガブリエウ・バルボサ(21)が、2017年のビドーネ・ドーロ(イタリア語で金のバケツ)を受賞した。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽ビドーネ・ドーロとは、バロンドールの裏の意味を持ち、“期待外れ”だった選手に与えられる不名誉な賞。過去には、FWアレシャンドレ・パトやFWディエゴ・ミリート、FWアドリアーノなどが受賞している。 ▽ガブリエウ・バルボサは、2016年夏にサントスから2950万ユーロ(当時のレートで約34億円)でインテルに完全移籍。しかし、なかなかフィットすることができず、セリエAで9試合の出場で1ゴールを記録するにとどまると、今シーズンはベンフィカへとレンタル移籍していた。 ▽サントス時代には10番を背負い、「ネイマール2世」とも称されていた“ガビゴル”。2016年にはリオ・デ・ジャネイロ五輪にも出場し、金メダルを獲得。大きな期待が寄せられてインテルに加入したが、その期待とは大きく異なる不名誉な賞を受賞することとなった。 2018.01.09 20:45 Tue
twitterfacebook
thumb

腹を空かせてストリートサッカーで小銭稼ぎ…カッサーノが少年時代を振り返る

元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノが7日、フランスメディア『キャナル・プリュス』のインタビューに応じた。カッサーノはローマで同僚だったオリヴィエ・ダクール氏との対談で過去のエピソードを明かしている。貧しい暮らしを強いられていた少年時代を振り返っている。「17歳まで空腹と隣り合わせだった。本物の空腹とね。母は仕事をしていなくて主婦だったから、家庭の収入は1日あたり3000~4000リラ(約210~280円)だった。それだけで食べていかなくてはならなかった。母は学校に1度も通ったことがなくてイタリア語を上手く話せるわけでもない。でも俺のために尽くしてくれたし、俺には何でもやらせてくれた」当時のカッサーノはストリートサッカーで勝利することでお駄賃をもらい、小銭を稼いでいた。「道端でサッカーをしていた。そこには自分より年上の人たちがいて、俺を指名してくれた。俺が1番強かったから、誰が1000リラ(約70円)余分にくれるか否かを良く観察していたよ。当時、お金は持っていなかったし、人生で見たこともなかった。“勝たせてやるから俺を選んでくれ”と言っていたんだ。毎日、路上でプレーしては小銭を稼いでいた。俺にとってビッグチャンスはいつもサッカーだった。2000リラ(約140円)余分にもらえるかどうかの差は、何とか生きていく上で大きかったんだ」1999年12月、17歳の時にレッチェ戦でセリエAデビューを飾った。インテル戦では初ゴールを記録し、人生が大きく変わっていった。「17歳の時、人生が劇的に変わる試合が訪れた。金持ちになって有名になり、イケメンにもなれるチャンスだった(笑)。サッカーをすると誰でもイケメンになれるからね。奇跡も起きる? ああ、俺には奇跡が山ほど起きたよ」提供:goal.com 2018.01.09 12:58 Tue
twitterfacebook
thumb

コウチーニョ、自腹を切ってバルサ移籍…13億円超を自ら支払う

▽リバプールからバルセロナへと移籍を果たしたブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(25)だが、移籍に際して自腹を切っていたようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 ▽コウチーニョは6日、移籍金総額1億6000万ユーロ(約217億8000万円)でバルセロナへと移籍。2023年6月までの5年半契約を結んだ。移籍金は、バルセロナからパリ・サンジェルマン(PSG)へと移籍したブラジル代表FWネイマール、モナコからPSGに移籍したフランス代表FWキリアン・ムバッペの買取額に次ぐ史上3位の金額になるとされている。 ▽移籍金の内訳は、1億1000万ユーロ(約149億7000万円)がバルセロナからの固定額として支払われ、4000万ユーロ(約54億4400万円)が変動費として払われる予定だった。しかし、ナイキ社が誤ってコウチーニョのバルセロナ移籍を漏らしてしまったため、リバプールは増額を要求していた。 ▽その問題を解消するため、コウチーニョが自ら動いたとのこと。1000万ユーロ(約13億6000万円)をポケットマネーから支払い、バルセロナもリバプールに対して2000万ユーロ(約27億2200万円)を支払うことに決定。これにより、1億3000万ユーロ(約176億9000万円)が固定費として支払われることになり、変動費は3000万ユーロ(約40億8300万円)となったようだ。 2018.01.07 17:05 Sun
twitterfacebook
thumb

無くならない人種差別…ユベントスMFマテュイディが人種差別を受けたと告白

▽ユベントスのフランス代表MFブレーズ・マテュイディが、試合中に人種差別を受けたと主張している。自身のフェイスブックで明かした。 ▽ユベントスは6日、セリエA第20節でカリアリと対戦した。1-0で勝利した試合に先発フル出場したマテュイディだが、試合中にカリアリファンから人種差別を受けたと告白した。 「僕は試合中に人種差別を経験した。弱い人々は、憎しみで脅迫するようだ。僕は嫌なことはできないし、こういった悪い例を出す人を残念に思う」 「フットボールは情熱を共有し、平等な価値観を身につけ、情熱とインスピレーションを広める手段だ。だから、僕はここにいる」 ▽カリアリのファンは以前にも問題を起こしており、2017年5月にはペスカーラの元ガーナ代表MFスレイ・ムンタリに対しても人種差別を行なっていた。 2018.01.07 16:36 Sun
twitterfacebook
thumb

【プレイバック2017】2017年で最も注目を集めたニュースは!?

▽2017年の人気ニュースを1月〜12月までランキングで振り返ってきた「プレイバック2017」。最後は、2017年のニュース総合ランキングです! 1位に輝いたニュースは…!? 2017年総合ランキング 10位 日本はポーランド、コロンビア、セネガルと対戦《ロシアW杯》(12/2)(c) CWS Brains, LTD.▽10位は、ロシアW杯のグループステージ対戦カード決定ニュース。コロンビア戦では4年間の成長を見せてもらいたいですね!! 9位 ヤング・アヤックスに完勝のユナイテッドがEL初制覇! 来季CLストレートインを勝ち取る!《EL》(5/25)(c) CWS Brains, LTD.▽9位は、ユナイテッドのヨーロッパリーグ制覇ニュース。実はユナイテッドにとって、唯一手にしていない欧州タイトルの獲得となりました。 8位 コウチーニョ逃してぶっちゃけるバルセロナ「リバプールは2億ユーロを求めてきた」(9/2)(c) CWS Brains, LTD.▽8位は、コウチーニョの移籍話。もはやサッカー界の金銭感覚は大きく狂っています…。 7位 バルサが136億円+ボーナスでドルトムントからデンべレ獲得!! ネイマール後釜を確保!(4/24)(c) CWS Brains, LTD.▽7位は、ネイマール・ショックのバルセロナから。獲得したデンベレはすぐに負傷してしまいましたが、年明けに復帰予定です!! 6位 劇的展開のクラシコ!! シーソーゲームを終わらせたのはメッシの左足!! バルサが逆転優勝に望みを繋ぐ!!《リーガエスパニョーラ》(4/24)(c) CWS Brains, LTD.▽6位は、世界中が注目するクラシコ!! 劇的な逆転勝利を見せてリーガも逆転優勝と行きたいところですが…。 5位 PSG、史上最高額の移籍金でFWネイマールを獲得! 「PSGの野心が僕を魅了した」(8/4)(c) CWS Brains, LTD.▽5位は、今夏の移籍市場を賑わせたネイマールのPSG加入。2億2200万ユーロは天文学的な数字ではなくなった歴史的な瞬間でした。 4位 ユナイテッド、110億円で怪物FWルカク獲得合意(7/6)(c) CWS Brains, LTD.▽4位は、ユナイテッドのルカク獲得。ネイマールの移籍後に決定していたら移籍金はいくらになっていたのでしょうか? 3位 C・ロナウド&ベンゼマ弾のレアル・マドリーが5シーズンぶり33度目の優勝《リーガエスパニョーラ》(5/22)(c) CWS Brains, LTD.▽3位は、マドリーが久しぶりのリーガ制覇。バルサとのクラシコに敗れたマドリ―でしたが、リーガでは逆転を許さず逃げ切りに成功しました。おめでとうございます。 2位 バルサが奇跡の大逆転突破! 終盤の3発含む6GでPSGを撃破し10シーズン連続ベスト8進出《CL》(3/9)(c) CWS Brains, LTD.▽2位は、史上初の大逆転勝利。不可能だとされてきた0-4の敗戦から6-1で逆転勝利を果たしたバルセロナ。決勝ゴールはミスター・ポリバレントのセルジ・ロベルトでした。 1位 ユベントスに完勝のレアル・マドリーが史上初の2連覇達成、通算12度目の優勝《CL》(6/4)(c) CWS Brains, LTD.▽栄えある1位は、マドリーの史上初となるCL連覇!! ブッフォンを擁するユーベとの一戦は4-1と思わぬ大差となりました。 ▽2017年のニュースを振り返ってきましたが、いかがでしょうか。記憶に残っていたニュースはありましたか? 一方で見逃していたニュースもあったのではないでしょうか。2018年はいよいよロシア・ワールドカップが開幕します!! 果たして、来年のサッカー界ではどのようなことが起こるのでしょうか。みなさん今年1年間ありがとうございました! バックナンバー1月:ベッカム息子が公開説教!? ポドルスキ神戸加入報道2月:J1優勝で15億円越え!! ファン・ペルシも日本に来るかも!?3月:ポルディ、Jリーグ参戦決定!4月:テリーがチェルシー退団!5月:CLダービーはマドリーが完勝!! C・ロナウドは金字塔6月:ドンナルンマがミランを去る!? マドリーはCL史上初の連覇!!7月:怪物・ルカクがユナイテッドへ!! ハメスはバイエルン加入!!8月:フットボール界の歴史を動かしたネイマールとマドリーの2冠9月:怪物ムバッペの誕生に1月までもつれた大物選手の移籍話10月:クレイジーな人多数?! 代表引退撤回にポルノ女優の広告起用11月:イタリア代表のW杯予選敗退…改めて考えさせられた本大会の重み12月:W杯の組分け決定! クラシコで王者マドリー完敗、吉田同僚DFファン・ダイクが114億円リバプール移籍など盛り沢山! 2017.12.31 23:30 Sun
twitterfacebook
thumb

【プレイバック2017】W杯の組分け決定! クラシコで王者マドリー完敗、吉田同僚DFファン・ダイクが114億円リバプール移籍など盛り沢山! 《2017年12月》

▽2017年も残すところ本日のみとなりました。今年もサッカー界では様々な注目すべき出来事が起こりましたが、今回は「超ワールドサッカー」で人気があったニュースを1月~12月までランキングでご紹介。1カ月9つのトピックで108の出来事を振り返ります。この機会に、2017年を振り返ってみてください! 2017年12月 9位 ジョン・テリーがプレミア歴代ベスト11を発表! チェルシー勢ゼロ…(12/19)(c) CWS Brains, LTD.▽新旧のビッグプレーヤーを選出。こんなチームがあったら見てみたいものです。 2017年12月 8位 プレミア天王山のマンチェスター・ダービーはシティに軍配! 新記録の14連勝で両軍のポイント差は11に拡大(12/11)Getty Images▽”2年目のペップ”は強すぎます。強い上に観ていて楽しいチームを作る手腕は流石の一言。 2017年12月 7位 CLベスト16進出チームが決定! 2連覇王者Rマドリーら順当突破も昨季4強アトレティコ&モナコに香川ドルトら敗退…《CL》(12/7)Getty Images▽今年はレアル・マドリー、バイエルン、ユベントス、チェルシーといったメガクラブが2位通過したことで、組み分け抽選に緊張感が生まれました。 2017年12月 6位 新事実! サンチェス、アーセナルと合意していた(12/25)Getty Images▽昨季、一度は契約延長で合意していたものの、CLでバイエルンに大敗したことで考えを変えてしまったらしいです。 2017年12月 5位 スアレス&メッシ揃い踏みのバルサが敵地でクラシコに3発完勝! 退場者出したマドリーは逆転連覇絶望的に…(12/23)Getty Images▽2017年最後のクラシコはバルサに軍配。リーガの覇権はこのままバルサの手に? 2017年12月 4位 信じられない没落…“世界一の若手”⇒最下位クラブでベンチ外(12/15)Getty Images▽レナト・サンチェスはまだ20歳なので、これからの奮起に期待したいところです! 2017年12月 3位 日本はポーランド、コロンビア、セネガルと対戦《ロシアW杯》(12/2)Getty Images▽どこも怖い国ばかりです。特にコロンビアはブラジルW杯でのハメス・ロドリゲスの躍動が忘れられません 2017年12月 2位 3連覇目指すマドリーはPSGとチェルシーはバルセロナと対戦!《CL》(12/11)(c) CWS Brains, LTD.▽ラウンド16にして決勝でもおかしくないようなカードがチラホラ。どこが勝ち抜けるのか、今から楽しみです! 2017年12月 1位 リバプールがDFファン・ダイク獲得合意を公式発表! 移籍金はDF最高額の114億円に!(12/28)(C)Liverpoolfc.tv▽DFの冬移籍でこの金額!過酷な重圧に晒されるでしょうが、果たしてプレーで周囲を黙らせることができるのでしょうか。 2017.12.31 23:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【プレイバック2017】イタリア代表のW杯予選敗退…改めて考えさせられた本大会の重み《2017年11月》

▽2017年も残すところ本日のみとなりました。今年もサッカー界では様々な注目すべき出来事が起こりましたが、今回は「超ワールドサッカー」で人気があったニュースを1月~12月までランキングでご紹介。1カ月9つのトピックで108の出来事を振り返ります。この機会に、2017年を振り返ってみてください! 2017年11月 9位 あれ、もしかして?…ディバラが意味深発言"(11/21)Getty Images▽ユベントス伝統の「10」を背負うディバラが「ユベントスに残ることは約束できない」と発言。自身の将来に言及しました。 2017年11月 8位 イタリアが15大会ぶり予選敗退、スウェーデンは3大会ぶり12度目のW杯出場(11/14)Getty Images▽W杯優勝経験を持つイタリア代表がまさかの予選敗退…。欧州予選の厳しさを改めて感じました。 2017年11月 7位 ドルトムント、"規律違反"のオーバメヤンに出場停止処分! 今後の去就に影響も…(11/17)Getty Images▽遅刻を繰り返すなど素行不良が伝えられていたオーバメヤンでしたが、その後は何事もなかったかのように活躍を続けています。 2017年11月 6位 ミラン、モンテッラを解任 そして闘犬ガットゥーゾを後任に(11/27)Getty Images▽大型補強後のモンテッラ監督政権は失敗に。リスタートにガットゥーゾ監督を招へいしたミランですがその後は…。 2017年11月 5位 W杯ポット振り分けが確定、日本は最下層のポット4に《ロシアW杯》(11/16)Getty Images▽このポット分けが発表された際には「スペインだけはやめてくれ! 」と思っていましたが、避けられて”ほっと”しました。 2017年11月 4位 日本、ベルギーに善戦もルカクの一撃に沈んで惜敗《国際親善試合》(11/15)Getty Images▽やはりベルギーは赤い悪魔でした…。しかし、槙野選手がルカクを相手にフィジカル勝負でやれていたのが印象的な試合です! 2017年11月 3位 美しき敗者デ・ロッシ、PO敗退後に同僚やファンの非礼をスウェーデンに謝罪(11/16)Getty Images▽”男が惚れる男”というのはこういう人間のことでしょう。 2017年11月 2位 ネイマール、キレる「クソが、話し過ぎなんだよ」(11/23)Getty Images▽いくらビッグプレーヤーでも一人の人間。自分の言動全てが報道されると思うと、そのストレスは生半可なものではなさそうです 2017年11月 1位 それはマズくない? ネイマール、PSGで出場試合の選択権を要求か(11/28)Getty Images▽ネイマールは本当にこんなことを要求したのでしょうか。PSG側は否定していますが…。 2017.12.31 22:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【プレイバック2017】クレイジーな人多数?! 代表引退撤回にポルノ女優の広告起用《2017年10月》

▽2017年も残すところ本日のみとなりました。今年もサッカー界では様々な注目すべき出来事が起こりましたが、今回は「超ワールドサッカー」で人気があったニュースを1月~12月までランキングでご紹介。1カ月9つのトピックで108の出来事を振り返ります。この機会に、2017年を振り返ってみてください! 2017年10月 9位 C・ロナウドが2年連続5度目の男子最優秀選手賞獲得! 各賞受賞者が決定!《ザ・ベストFIFAアワード2017》(10/24)Getty Images▽C・ロナウドがメッシに並ぶ5度目の最優秀選手賞を受賞しました。「偉大な選手たちとこの場に居られることはとても素晴らしい。幸せだ」と受賞後のスピーチで語りました。 8位 チリ代表MFビダルが代表引退発表から数時間後にまさかの撤回!(10/12)Getty Images▽代表引退を宣言したビダルがその数時間後に引退を撤回。自身のSNSで「僕たちは最後まで戦い続ける、死ぬまで諦めない」と綴っています。 7位 バイエルンの新監督人事権はペップの手に? ヘーネス会長に推したのは?(10/4)Getty Images▽結局、かつて三冠を達成したハインケスに後任を任せクラブは見事に復活。優勝に向けてすでに独走態勢に入っています。 6位 バルセロナがプレミアに参戦?! ヴェンゲル監督「カタルーニャ語を学ばないと」(10/3)Getty Images▽カタルーニャ自治州の独立運動の影響でバルセロナがリーガから離脱するかどうかが騒がれる中、ヴェンゲル監督が冗談を交えて言及しました。 5位 カシージャスの去り際は常に悲しみ帯びる…レアル・マドリーに続きポルトでも干される(10/25)Getty Images▽確かにこの記事通り、カシージャスはこの後のリーグ戦ではベンチを温める日々が続いています。 4位 スパーズ戦で酷評されたDFロヴレンが自身のSNSのプロフィールからリバプールの名を削除! 今後の去就に影響も(10/24)Getty Images▽直前の試合の低調なパフォーマンスから戦犯扱いにされ憤ってしまったロヴレンですが、その後は信頼を回復。安定したパフォーマンスが続いています。 3位 2017年サッカー界最強の11人が決定! レアル・マドリーから最多5人が選出《ザ・ベストFIFAアワード2017》(10/24)Getty Images▽なんとも豪華な顔ぶれに。マドリーからは最多5名の選出となりました。 2位 ドイツ6部クラブが過激なスポンサー獲得! ポルノ女優が胸スポンサーに(10/4)Getty Images▽本当に大胆な広告を打ったものです。ディレクターのネルツ氏も「我々は本当におかしな人間が揃ったチーム」としてクレイジーさを認めています。しかし遠く離れた日本で記事にされたのですから、効果は絶大かもしれません。 1位 「日本と言えば?」アザールら日本と対戦するベルギー代表陣が答える(10/25)Getty Images▽日本との親善試合を控えたベルギー代表の面々が日本の印象について語りました。 2017.12.31 21:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【プレイバック2017】怪物ムバッペの誕生に1月までもつれた大物選手の移籍話《2017年9月》

▽2017年も残すところ本日のみとなりました。今年もサッカー界では様々な注目すべき出来事が起こりましたが、今回は「超ワールドサッカー」で人気があったニュースを1月~12月までランキングでご紹介。1カ月9つのトピックで108の出来事を振り返ります。この機会に、2017年を振り返ってみてください! 2017年9月 9位 稀代の名将モウリーニョが守護神に! パンチングや鋭い飛び出しで“バス停め”を実践(9/3)Getty Images▽チャリティマッチでGKを務めたモウリーニョ。監督としては超一流ですがGKとしてはからっきしだったようです。 8位 PSGがムバッペを買い取りオプション付きレンタルで獲得! 来夏235億円での買い取りに(9/1)Getty Images▽ネイマールに次ぐ大型補強を成功させたPSG。その移籍金は235億円。18歳(当時)の選手としては破格過ぎる値段です。 7位 レマル獲得を諦めないヴェンゲル、「再び彼の獲得に動く」(9/3)Getty Images▽冬の移籍市場でも獲得を噂されているレマルですが、果たして実現するのでしょうか。 6位 チェルシー、ドリンクウォーターと5年契約 推定移籍金50億円(9/1)Getty Images▽リバプールとの争奪戦を制したチェルシー。カンテとのミラクル・レスターコンビは選手も「楽しみ」と語るほど、ファンやサポーターからも期待が集まっていました。 5位 パウリーニョ&コウチーニョ弾のブラジル、9連勝で首位通過確定!《ロシアW杯南米予選》(9/1)Getty Images▽世界最速でW杯出場を決めたサッカー王国・ブラジルが予選首位通過を決めました。後に行われた日本代表との親善試合では圧倒的な力の差を見せ付けられました。 4位 イエロ「セルヒオ・ラモスとピケのCBコンビは世界最強」(9/3)Getty Images▽マドリーとバルサで時には言い争う2人ですがスペインのレジェンド・イエロ氏が「世界最強のコンビ」だと提言しました。 3位 アーセナルに悲報…カソルラがプレミア登録メンバー外に! 2017年中の復帰は絶望 (9/3)Getty Images▽昨年10月に負傷しここまで何度も手術を受けてきたカソルラ。さらに踵に感染症という追い打ちで復帰の目途が立っていませんが選手は1月でのプレーを目指してリハビリ中のようです。 2位 コウチーニョ逃してぶっちゃけるバルセロナ「リバプールは2億ユーロを求めてきた」(9/2)Getty Images▽夏にコウチーニョを獲得できずぶっちゃけてしまったバルセロナ。冬の移籍で悲願成就なるか 1位 アーセナル残留のサンチェス、来夏フリーでレアル・マドリー入りも?(9/3)Getty Images▽契約延長を拒否したという報道が出回り一気に移籍説が加速したサンチェスですが…新年1月、どうなるか見てみましょう。 2017.12.31 20:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【プレイバック2017】フットボール界の歴史を動かしたネイマールとマドリーの2冠《2017年8月》

▽2017年も残すところ本日のみとなりました。今年もサッカー界では様々な注目すべき出来事が起こりましたが、今回は「超ワールドサッカー」で人気があったニュースを1月~12月までランキングでご紹介。1カ月9つのトピックで108の出来事を振り返ります。この機会に、2017年を振り返ってみてください! 2017年8月 9位 ユナイテッドがイブラヒモビッチと再契約、背番号は10(8/24)Getty Images▽“神・イブラ”が人間離れした驚異的な回復力を見せ赤い悪魔と再契約!これには執刀医も驚きを隠せなかったようです。 8位 バルセロナ、コウチーニョ&O・デンベレ獲得目前? クラブSDが明言(8/17)Getty Images▽明言通りO・デンベレの獲得は成功させたバルセロナ。コウチーニョは冬での移籍が迫っていると言われていますが…。 7位 ついにピケも白旗宣言!? 「過去9年間でマドリーより劣っていると感じるのは初めて」(8/17)Getty Images▽スーペル・コパでの大敗にビッグマウス・ピケも負けを認めざるをえなかったようです。 6位 逃げ切ったCL王者マドリーがEL王者ユナイテッド撃破! 2年連続4度目の優勝!《UEFAスーパーカップ》(8/9)Getty Images▽この時点で3冠達成のマドリー。この後、更なる栄冠を手にすることになります。 5位 【プレミア・シーズンプレビュー】本命シティ、対抗ユナイテッド(8/10)Getty Images▽前半戦を終えて予想通り以上の結果となっているプレミアリーグ。シティの連勝はいつまで続くのか。 4位 アセンシオ圧巻ゴラッソでクラシコ連勝マドリーが5年ぶり10度目の戴冠!《スーペル・コパ》(8/17)Getty Images▽これで4冠目を手にした白い巨人。快進撃は続きます。 3位 ユナイテッド、イスコの「顔がデカいから」獲得を見送っていた?! (8/10)Getty Images▽顔がデカいという理由で獲得を見送られたイスコ。今では「あの時獲っていればよかった」と後悔しているハズ?! 2位 グループステージ組み合わせ決定、王者レアル・マドリーはドルトムント、スパーズと同居の死の組に《CL》(8/25)Getty Images▽世界最高峰の戦いがいよいよ始まる! 死の組となったグループHの首位通過は意外にもトッテナムでした。 1位 PSG、史上最高額の移籍金でFWネイマールを獲得! 「PSGの野心が僕を魅了した」(8/4)Getty Images▽今夏の話題は何といってもこれ!移籍金290億円は度肝を抜かれましたね。天文学的な数字だったのが今や現実になってしまいました。 2017.12.31 19:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【プレイバック2017】怪物・ルカクがユナイテッドへ!! ハメスはバイエルン加入!!《2017年7月》

▽2017年も残すところ本日のみとなりました。今年もサッカー界では様々な注目すべき出来事が起こりましたが、今回は「超ワールドサッカー」で人気があったニュースを1月~12月までランキングでご紹介。1カ月9つのトピックで108の出来事を振り返ります。この機会に、2017年を振り返ってみてください! 2017年7月 9位 ペップ、PSG移籍のダニ・アウベスに「グッドラック」(7/26)Getty Images▽ペップが獲得を望んだとされるダニエウ・アウベスはユーベからPSGへ移籍しました。 8位 ラキティッチ、クラシコで審判に侮辱されたと主張「3回侮辱された」(7/30)Getty Images▽プレシーズンマッチでも両選手のチームはサッカー以外のところでバチバチとやりあっていたようです。 7位 チェルシー移籍報道の渦中に…ローマDFリュディガー「僕の心はアーセナルのために鼓動している」(7/6)Getty Images▽チェルシー移籍が迫っている中でのこの発言はいかがなものでしょうか? 6位 【質疑応答】ポドルスキ入団会見、「Jリーグがアジアで1番強いグループ」(7/6)Getty Images▽日本中が沸いたポルディのJリーグ参戦に、超WSも会見まで足を運びました!! 5位 ルーニー、ユナイテッドに別れ 13年ぶりのエバートン復帰が正式決定(7/9)Getty Images▽13年ぶりのエガートン復帰となりました。ユナイテッドでは公式戦559試合253ゴールをマークしています。 4位 “爆買い”の中国リーグで激震…1部の13クラブを含む18クラブに給与未払い問題が発生(7/26)Getty Images▽1部、2部併せて18クラブで未払い問題が発生しました。 3位 アーセナルがラカゼットの獲得を発表…移籍金は非公表、契約は“長期”(7/6)Getty Images▽待望のストライカー獲得に成功しました。 2位 バイエルンがハメス・ロドリゲスの加入で合意…マドリーから買取OP付きの2年間レンタル(7/11)Getty Images▽以前より退団が噂されていたハメス・ロドリゲスの新天地はドイツ王者に決定。 1位 ユナイテッド、110億円で怪物FWルカク獲得合意(7/6)Getty Images▽怪物・ルカクの移籍金は7500万ポンド(約110億円)。ネイマールが移籍する前でもこの驚異的な価格です。 2017.12.31 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【プレイバック2017】ドンナルンマがミランを去る!? マドリーはCL史上初の連覇!!《2017年6月》

▽2017年も残すところ本日のみとなりました。今年もサッカー界では様々な注目すべき出来事が起こりましたが、今回は「超ワールドサッカー」で人気があったニュースを1月~12月までランキングでご紹介。1カ月9つのトピックで108の出来事を振り返ります。この機会に、2017年を振り返ってみてください! 2017年6月 9位 ユベントスがダニエウ・アウベスとの契約解除を発表(6/30)Getty Images▽当時はユーベ退団後、バルセロナ時代の恩師であるグアルディオラ監督の下へ向かうと伝えられていました。 8位 ニューカッスルなどで活躍した元コートジボワール代表MFティオテが急死…週末のリーグ戦では勝利に貢献(6/6)Getty Images▽サッカー界が悲しみに包まれました。ご冥福をお祈りいたします。 7位 リバプール、50億円でのサラー獲得が迫る(6/5)Getty Images▽今ではリバプールに欠かせない存在となりました。 6位 ミラン退団の本田圭佑にラス・パルマス行きが浮上(6/16)Getty Images▽ミラン退団後の本田は欧州に留まると思われていました。 5位 レアル・マドリーファン、「クリスティアーノ、バロンドール」の大合唱!(6/5)Getty Images▽本拠地最終戦で詰めかけたサポーターから大合唱を送られました。 4位 ユベントスに完勝のレアル・マドリーが史上初の2連覇達成、通算12度目の優勝《CL》(6/4)Getty Images▽ユーベに圧勝し、CL史上初となる連覇を達成しました。おめでとうございます。 3位 モドリッチ告白「ジダンが採用したローテーションには懐疑的だった」(6/6) ▽上手くいっている時期だからこそ言える一言でした。 2位 レアル・マドリーDFペペがPSG移籍へ(6/5)Getty Images▽マドリーを退団したペペはPSGではなくベシクタシュに加入しました。 1位 ミラン、イタリア代表GKドンナルンマとの契約延長交渉の終了を発表(6/16)Getty Images▽驚きのニュースでしたが、その後はミランと契約を延長。最近では再び契約に関する問題が暴露されていましたが、今後の去就が心配です。 2017.12.31 17:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【プレイバック2017】CLダービーはマドリーが完勝!! C・ロナウドは金字塔《2017年5月》

▽2017年も残すところ本日のみとなりました。今年もサッカー界では様々な注目すべき出来事が起こりましたが、今回は「超ワールドサッカー」で人気があったニュースを1月~12月までランキングでご紹介。1カ月9つのトピックで108の出来事を振り返ります。この機会に、2017年を振り返ってみてください! 2017年5月 9位 あの男が不在…ランパード選出のチェルシー優勝期・合同ベスト11(5/17)Getty Images▽あの選手とは、チェルシーの前線を支え続け、プレミア4回、FAカップ4回、CL優勝など数々のタイトルを獲得した“あの選手”です。 8位 レアル・マドリー、ハメス退団なら「10」が空番号に…偉大なる選手たちの継承者は?(5/17) ▽当時はルカ・モドリッチの他に、マルコ・アセンシオ、イスコらが噂されていました。 7位 英誌選出のアジア人選手ベスト50…日本人最上位は?(5/26) ▽43位に川崎フロンターレのMF中村憲剛がランクインしていたことが印象的でした。 6位 ムバッペ弾で11連勝のモナコが17年ぶり8度目の優勝! PSGの5連覇の夢を打ち砕く《リーグ・アン》(5/18)Getty Images▽PSGの5連覇を阻んだムバッペは、今シーズンからそのPSGに加入。ネイマール、カバーニと共に強力な3トップを形成しています。 5位 グリーズマン、一転してアトレティコ残留を明言! CL出場権獲得のユナイテッドはぬか喜びに終わる?(5/26)Getty Images▽ユナイテッド移籍が濃厚だと言われていた中での残留宣言。編集部のユナイテッド・ファンも落胆の一日を過ごしました…。 4位 ディ・マリアにレアル・マドリー復帰説(5/23)Getty Images▽復帰が実現すれば、衝突が報じられたフロレンティーノ・ペレス会長と和解に向けた会談が行われると言われていましたが実現せず。両者の溝はやはり深いままなのでしょうか? 3位 ユベントスがDFベナティアに続き、MFクアドラードの買取OPも行使! 2020年までの3年契約(5/23)Getty Images▽完全移籍のクアドラードはここまでセリエA14試合3ゴールをマーク。 2位 C・ロナウド、欧州5大リーグ歴代最多得点の金字塔(5/18)Getty Images▽今シーズンはリーグ戦での不発に批判が集中していますが、それでもこれまでの功績は素晴らしいものです。 1位 イスコのアウェイゴールでアトレティコの反撃を抑えたレアル・マドリーがダービーを制して2年連続決勝進出(5/11)Getty Images▽イスコが決勝ゴールをマークし、CLダービーマッチを制して決勝へ。 2017.12.31 16:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【プレイバック2017】テリーがチェルシー退団!《2017年4月》

▽2017年も残すところ本日のみとなりました。今年もサッカー界では様々な注目すべき出来事が起こりましたが、今回は「超ワールドサッカー」で人気があったニュースを1月〜12月までランキングでご紹介。1カ月9つのトピックで108の出来事を振り返ります。この機会に、2017年を振り返ってみてください! 2017年4月9位 バルセロナ、メッシ希望のディ・マリア獲得に107億円オファー?(4/25)Getty Images▽今もなお憶測が続いますが、この噂の終着地点はあるのでしょうか…。 8位 バイエルンがコマンを完全移籍で獲得(4/27)Getty Images▽今後の更なる飛躍に期待です。 7位 モウリーニョ、フェライーニ退場で皮肉…「アグエロに骨折なし。いつものイケた面だった」(4/28)Getty Images▽アグエロが一枚上手だったということです。 6位 イブラヒモビッチがクラブに警告「俺は時間を浪費するためにここに来たんじゃない」(4/5)Getty Images▽この男の一語一句は、重みを感じます。 5位 アザール2発のチェルシーが優勝に向けて大きな勝ち点3! ペップ初のシーズンダブル喫したシティはリーグ3戦勝利なし…(4/6)Getty Images▽当時のチェルシーの躍動感、しびれました。 4位 ミランのクラブ売却が正式決定! 31年続いたベルルスコーニ体制終焉でチャイナミラン誕生(4/14)Getty Images▽新たなオーナーを迎えましたが、まだ長いトンネルが続いています。 3位 エバートン、2大エース流出不可避か…クーマンがルカク&バークリーの状況を説明(4/14)Getty Images▽結局、バークリーは残りました。 2位 今季28発の35歳イブラ、衰え知らずの自身に「まるでベンジャミン・バトンのよう」(4/10)Getty Images▽もう何を言っても名言です。 1位 ブルーズ一筋22年のテリーが今季限りでチェルシー退団! 「クラブを去る適切な時期だと判断した」(4/18)Getty Images▽一時代の終わりを感じるニュースでした。 2017.12.31 15:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【プレイバック2017】ポルディ、Jリーグ参戦決定!《2017年3月》

▽2017年も残すところ本日のみとなりました。今年もサッカー界では様々な注目すべき出来事が起こりましたが、今回は「超ワールドサッカー」で人気があったニュースを1月〜12月までランキングでご紹介。1カ月9つのトピックで108の出来事を振り返ります。この機会に、2017年を振り返ってみてください! 2017年3月9位 クロース、ユナイテッド移籍か…今季無冠ならレアル・マドリー退団を考慮(3/7)Getty Images▽移籍は想像できないですが、見てみたい気持ちも…。 8位 ユニフォームを投げ捨てたFC東京FW大久保嘉人が謝罪「思いが強すぎて、間違った方向に出てしまった」(3/14)(c) J.LEAGUE PHOTOS▽自分がもしファンだったら、ただただ許せません。 7位 故郷マデイラに銅像が立ったC・ロナウド! ただ、その顔がヤバい…(3/30)Getty Images▽ただひと言。全然、似ていません。 6位 バルサが奇跡の大逆転突破! 終盤の3発含む6GでPSGを撃破し10シーズン連続ベスト8進出《CL》(3/9)Getty Images▽まさに奇跡。それ以上の言葉が見当たりませんでした。 5位 神戸加入決定のポドルスキが思いを綴る「人生において新しいことに取り組むための決断」(3/2)Getty Images▽シーズンを終えてみて、また新たに考えを聞いてみたいところです。 4位 ネイマール、プレミアでのプレーに前向き? 「ペップやモウリーニョ率いるチームは誰もがプレーしたい」(3/21)Getty Images▽ってことは?…と、プレミア参戦に少し心を躍らせましたが…。 3位 ハリルがついに本田外しを決断か…イタリアメディア報道(3/15)Getty Images▽蓋を開けてみれば、本田は3月の代表メンバー入り。ですが、その後は現在に至るまで落選が続いています。 2位 CL準々決勝対戦カードが決定!! 連覇目指すマドリーはバイエルン、カンプ・ノウの奇跡を果たしたバルサはユベントスと対戦!!《CL》(3/17)(c) CWS Brains, LTD.▽バイエルンを下したレアル・マドリーは勢いに乗り、初の連覇を達成しました。 1位 神戸がポドルスキの完全移籍加入を発表! 移籍金は3億超(3/2)Getty Images▽正真正銘のビッグネームが日本上陸! ただ、振り返ってみると、物足りない結果に…。 2017.12.31 14:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【プレイバック2017】J1優勝で15億円超え!! ファン・ペルシも日本に来るかも!?《2017年2月》

▽2017年も残すところ本日のみとなりました。今年もサッカー界では様々な注目すべき出来事が起こりましたが、今回は「超ワールドサッカー」で人気があったニュースを1月~12月までランキングでご紹介。1カ月9つのトピックで108の出来事を振り返ります。この機会に、2017年を振り返ってみてください! 2017年2月 9位 実はセリエA史上初! 11人相手に9人で勝利したミランは快挙を達成(2/10)Getty Images▽パレッタとクツカが2度の警告で退場となったミランですが、89分にパシャリッチの決勝弾でボローニャに勝利しています。 8位 J1優勝クラブは賞金3億円の他に強化配分金として3年間で15億5000万円を獲得(2/9)Getty Images▽まさに“黒船”DAZNといったところ。驚愕の資金を手にしたクラブは有意義に使ってもらいたいですね。 7位 驚愕の強さ見せたPSGが4発圧勝でベスト8進出に大前進! 敵地で悪夢のバルサは逆転突破が絶望的に…《CL》(2/15)Getty Images▽バルサ戦に弱いと言われていたエメリ監督ですが、ホームで4-0と快勝。誰もがPSGの突破を信じていましたが…。 6位 ファン・ペルシが広島に電撃移籍か…フェネルバフチェは移籍金8億円要求(2/2)Getty Images▽神戸のポドルスキ、広島のファン・ペルシと話題になっていましたが、こちらは来日せず。仮に獲得していたら、残留争いに巻き込まれていなかった!? 5位 FIFAランク発表! 日本、アジア3位番手に(2/9)Getty Images▽毎月やってくるFIFAランキング。実はこのニュース、作成するまでに意外と時間がかかるので、ランキング上位に入っていると報われた感じがします。 4位 チェンバレンに熱愛が発覚! お相手は元1D・ゼインの元婚約者であるペリー・エドワーズ(2/9)Getty Images▽ロンドンからリバプールへと旅立ったチェンバレンですが、その後の関係は続いているのでしょうか? 3位 元レアル・マドリーのドレンテ、ラッパーになる…8日に1stシングル『Paranoia』をリリース(2/9)Getty Images▽ドレッドヘアーが印象的だったドレンテは、1stシングル以降も曲をリリースしているようです。 2位 レアル・マドリー、来夏再びデ・ヘア獲得へ...ペレス会長の名誉挽回なるか(2/9) ▽最近ではデ・ヘアへの興味も薄れ、ジダン監督はケイロル・ナバスを信頼しているようです。 1位 「キヨタケはリーガの日本人の運命に抗えなかった」地元メディアが清武弘嗣のセビージャ移籍を振り返る(2/9) ▽「キヨタケはアジア市場におけるマーケティング目的での獲得という定説を覆せなかった」と厳しいお言葉を頂きました。 2017.12.31 13:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【プレイバック2017】ベッカム息子が公開説教!? ポドルスキ神戸加入報道《2017年1月》

▽2017年も残すところ本日のみとなりました。今年もサッカー界では様々な注目すべき出来事が起こりましたが、今回は「超ワールドサッカー」で人気があったニュースを1月~12月までランキングでご紹介。1カ月9つのトピックで108の出来事を振り返ります。この機会に、2017年を振り返ってみてください! 2017年1月 9位 デパイ移籍でユナイテッドとリヨンが合意! 仏『レキップ』が報道(1/19)Getty Images▽2700万ユーロ(当時のレートで約32億7000万円)で加入したデパイですが、わずか2年で退団。移籍金は1700万ユーロ(当時のレートで約20億6000万円)前後と『レキップ』は伝えていました。 8位 グリーズマンと口頭合意報道のユナイテッド、移籍金98億円でベルナルド・シウバも強襲か(1/19)Getty Images▽グリーズマンの話か!? と見せかけてのベルナルド・シルバ。どちらもユナイテッドに加入することはありませんでした…。 7位 マンチェスター・シティに忍び寄る影...来季6選手が一気に去る可能性(1/5) ▽噂された6選手でシティに残ったのはヤヤ・トゥーレのみ。的中率83%は驚異的な数字となっています。 6位 チェルシー移籍に迫っていたハメス...それを阻止したのはC・ロナウドの助言(1/12) ▽C・ロナウドの願いもむなしく、ハメス・ロドリゲスはチェルシーではなくバイエルンに旅立ちました。 5位 ベッカム、学校ズル休みの長男を公開説教…「学校はどうした?」「学校の時間じゃないのか?」「そのシャツは俺のだ」とツッコミ(1/27)Getty Images▽ズル休みの指摘はまだしも、「そのシャツは俺のだ」と公開説教されてはその後の親子関係にひびが入ったんじゃないかと要らない心配をしてしまいます…。 4位 ユナイテッドが最もリッチなクラブに…11年連続首位のレアル・マドリーは3位に後退(1/19)Getty Images▽発表された数字はあくまでも2015-16シーズンのもの。ユナイテッドは6億8900万ユーロ(当時のレートで約839億9000万円)を計上して2003-04シーズン以来のトップに立ちました。 3位 デパイのリヨン移籍が正式決定…ユナイテッド在籍2季で公式戦56試合7ゴール(1/20)Getty Images▽またも登場したデパイ。『BBC』は『レキップ』と異なり、変動制で最大2170万ポンド(当時のレートで約30億5000万円)の移籍金だと報じています。 2位 グリーズマンが今夏に121億円でユナイテッド移籍か!? 週給と背番号を含めた契約に口頭合意と報道(1/18)Getty Images▽今度は本当にグリーズマンのお話。ユナイテッド移籍が既定路線と言われていましたが、最近ではバルサ移籍の噂も…。 1位 北京国安入りが消滅のポドルスキ、年棒10億円で神戸加入か(1/17)Getty Images▽当時は誰もが「本当に来るのかな!?」なんて思っていましたね。最近では日本サッカーに提言するなどしっかりと馴染んでおります。 2017.12.31 12:00 Sun
twitterfacebook
thumb

“リベリアの怪人”ジョージ・ウェア氏が母国の大統領選で勝利

▽現役時代は“リベリアの怪人”の愛称で知られたジョージ・ウェア氏(51)が、リベリアの大統領選で勝利した。イギリス『BBC』が報じた。 ▽西アフリカのリベリアの選挙管理委員会は28日、大統領選挙の決選投票でウェア氏が勝利したと発表。現副大統領であるジョゼフ・ボアカイ氏と争っていたが、開票率98.1%の段階で、61.5%の得票率となり38.5%のボアカイ氏に大差をつけての勝利となった。10月の大統領選はウェア氏が最多38.4%を獲得したものの、過半数に達していなかったため、再選挙が行われていた。 ▽ウェア氏は、現役時代にモナコやパリ・サンジェルマン、ミラン、チェルシー、マンチェスター・シティ、マルセイユ、アル・ジャジーラでプレー。1995年にアフリカ人選手初となるバロンドールを受賞。同時にFIFA最優秀選手賞も受賞し、両賞を受賞している唯一のアフリカ人選手。アフリカ年間最優秀選手賞も1989年、1994年、1995年と3度受賞している。 ▽引退後、2005年の大統領選に立候補し、最多得票を勝ち取ったものの過半数に満たなかったために再選挙に。エレン・ジョンソン・サーリーフ氏との決選投票では、サーリーフ氏に敗れて当選とはならなかった。 2017.12.29 05:40 Fri
twitterfacebook
thumb

「自殺まで考えた」壮絶な転落人生を歩むエブエに古巣アーセナルも手を差し伸べる

▽アーセナルは、かつて在籍した元コートジボワール代表DFエマヌエル・エブエの救済措置を探るようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽2005年から2011年までアーセナルでプレーしたエブエは、アーセナルの右サイドバックとしてプレー。レギュラーとして攻守にわたって支えていた。2011年からはガラタサライでプレーし、2016年はサンダーランドへと移籍していた。 ▽しかし、2014年9月に元代理人との契約問題が発覚。これにより国際サッカー連盟(FIFA)から1年間の出場停止処分を下されると、サンダーランドも契約を解除されていた。 ▽先日はイギリス『ミラー』でのインタビューで、妻との離婚裁判に敗れ、財産を失ったこと、3人の子供にも会えていないことや、身内にも不幸があったことを告白。さらに、病気を患っているためにサッカーもプレーできず、自殺を考えたいたことも明かしていた。 ▽アーセナルではレギュラーとしてプレーし、ガラタサライでは多くのタイトルも獲得。2010年の南アフリカワールドカップにも出場するなど順風満帆なサッカー人生から一転、壮絶な転落人生を歩んでいるエブエには、古巣のガラタサライがアカデミーコーチの職を提供すると発表。また、アーセナルもエブエを手助けする考えがあるようだ。 ▽アーセナルのスポークスマンは「マヌ(エブエの愛称)の最近の苦しい状況に関する話を聞き、とても残念である。我々が何らかの形で手助けできるかどうかを探る」とコメントしている。 ▽かつてチームで活躍した選手の苦境に手を差し伸べる意思を示したアーセナル。エブエにはどのような未来が待っているのだろうか。 2017.12.28 11:50 Thu
twitterfacebook
thumb

ゲッツェ、美人彼女とゴールインへ

▽ドルトムントに所属するドイツ代表MFマリオ・ゲッツェが美し過ぎる彼女として知られるアン・カトリン・ブレンメルさんとゴールインを果たしたようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽2014年のブラジル・ワールドカップ中に熱いキスをする姿がキャッチされたゲッツェとブレンメルさん。ゲッツェはウィンターブレークをブレンメルさんと過ごす時間に使い、クリスマス当日に婚約指輪をプレゼントしたという。 ▽そのゲッツェは、25日に自身のインスタグラム(mariogotze)にブレンメルさんと身体を寄せ合う2ショット写真をアップ。ブレンメルさんの左手薬指には、エンゲージリングとみられる指輪がはめられている。 2017.12.28 10:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ビダルに言えないよ!? サンパオリがアルゼンチン警察に「てめらは1カ月に100ペソしか稼げないだろ」

▽クリスマスで街がにぎわう中、アルゼンチン代表を率いるホルヘ・サンパオリ監督が、地元警察といざこざを起こしていたようだ。スペイン『マルカ』など複数のメディアが報じている。 ▽イエス・キリストの誕生を祝う祭りであるクリスマス。そんな神聖な日に、サンパオリ監督の娘が結婚式を挙げたようだ。挙式後、サンパオリ監督はブエノス・アイレスから335㎞の地点にあるカシルダで事件を起こしたようだ。 ▽報道によると、親戚や友人らを乗せた車に同乗していたところを地元警察に止められた模様。サンパオリ監督の車には法定乗車定員を越える7名が乗り込んでいたようだ。 ▽これに怒りを露わにしたサンパオリ監督は、車を降りて警察と対峙。同乗者がサンパオリ監督を警察から引き離そうとした際に「冗談だろう!? てめえらは1カ月で100ペソ(約618円)しかかげないだろ」と暴言を吐いた。 ▽おそらく、結婚式でお酒を飲んでいたであろうサンパオリ監督だが、車の運転は他の親戚に任せていた模様。しかしその場でアルコールテストを受けている。 ▽なお、サンパオリ監督は、2012年から2016年までチリ代表を率いており、その際に「アルトゥーロ・ビダルは医者を必要とするレベルだ。それほどお酒が大好きで、自己管理ができていない」と発言するなど、選手の自己管理について批判的なコメントを述べていた。しかし今回の事件から、サンパオリ監督も自身を戒める必要があるだろう。 2017.12.27 11:31 Wed
twitterfacebook
thumb

いらないだろ!! 偽造免許で捕まったナビ・ケイタが新車を購入…

▽“ライプツィヒの悪童”ギニア代表MFナビ・ケイタ(22)が、偽造免許提出容疑がかけられている最中に新車を購入したようだ。ドイツ『ビルト』が伝えている。 ▽ケイタは2016年12月と2017年1月にライプツィヒの地元警察に対して母国であるギニアの運転免許証を提出した。しかし後に、これが偽造免許証であったことが発覚。ケイタに対してライプツィヒの裁判所は41万5000ユーロ(約5600万円)の罰金処分を科している。 ▽しかしケイタはこの判決を不服として、弁護士を通して控訴を行った模様。現在は審議中で、来年3月に判決が出るだろうと言われている。 ▽処分が確定していないものの世間的に厳しい目に晒されているケイタだが、本人は動じず。『ビルト』によると同選手は先日、メルセデス・ベンツの真っ赤なGクラスAMGを購入したようでそのお値段は、14万5000ユーロ(約1900万円)。偽造免許で一度は捕まった同選手だが、新車を運転するときは本物の免許証を携帯しているのだろうか? 2017.12.25 10:59 Mon
twitterfacebook
thumb

「政府だけに責任がある」スペイン代表のW杯出場権剥奪の可能性についてスペインサッカー連盟の元会長が主張

▽政府の介入により、ロシア・ワールドカップへの出場が危ぶまれているとされるスペイン代表。スペインサッカー連盟(RFEF)の元会長である、アンヘル・マリア・ビジャール氏がコメントした。『フットボール・エスパーニャ』が報じた。 ▽スペイン『エル・ムンド』など複数のメディアによると、FIFA(国際サッカー連盟)がRFEFに対してレターを送ったとのこと。これは、政府がRFEFの新会長選出に関与している場合、スペイン代表がロシア・ワールドカップに出場できない可能性があるという内容だったとのことだ。 ▽ビジャール元会長は、今年7月に汚職疑惑により逮捕。その後、FIFA,UEFA(欧州サッカー連盟)の副会長とともに、RFEFの会長を辞任していた。 ▽今回の件について、記者団を前にして自身の見解を示したビジャール会長。政府が責任を負うべきだと語り、自身は無関与だと主張した。 「スペインがワールドカップでプレーしないとなれば、政府だけが責任を負うだろう」 「ワールドカップに行かないスペインは、私とは関係ない。ただ、私はチームが出場権を獲得したのだから、行ってもらいたい」 ▽また、自身の汚職疑惑による会長職辞任についてもコメントしており、不当であるとコメント。汚職はないと語った。 「私はまだ組織のトップだ。彼(暫定会長のフアン・ルイス)は、私の名前で行政職を遂行しているだけだ」 「私の辞任に関しては、何も解決していない。証拠がないにも関わらず、強制的に辞任させられた。現在は、RFEFと秩序のために戦っている」 「私は罪を犯していないし、裁判所の判決が証明してくれるはずだ。私を葬ろうとしている多くの人がいる」 2017.12.19 12:30 Tue
twitterfacebook
thumb

パンチェオン、武器の所持及び公序良俗違反により逮捕される

▽クリスタル・パレスのイングランド人MFジェイソン・パンチェオン(31)が、武器の所持及び暴行により、12月17日の早朝に逮捕・勾留されたことが明らかになった。イギリス『BBC』、『スカイ・スポーツ』など複数メディアが報じた。 ▽パンチェオンは、イギリスのロンドン近郊サリー州にあるナイトバー付近のチャーチル・ロードで、騒乱を起こして逮捕された。現地警察は「キングズウッドのジェイソン・パンチェオン(31)は、暴力や脅威を煽る攻撃的武器所持や暴行により、公序良俗法第4節を違反した」と発表している。 ▽また、パンチェオンは来年1月5日に裁判所に出停する予定となっており、18日時点で保釈されているとのこと。なお、クリスタル・パレスや本人からのコメントは、発信されていない。 ▽パンチェオンは、プレミアリーグ第8節まではキャプテンを務めるなど全試合に出場していたが、第9節からは出場機会が激減。第18節終了時点で、その間の出場記録は第12節エバートン戦での5分間のみとなるまでに減少していた。 2017.12.18 23:23 Mon
twitterfacebook
thumb

スタジアムで悲劇…ベオグラード・ダービーでホームのサポーターグループが大乱闘

▽13日に行われたセルビア・スーペルリーガ第22節、パルチザンvsレッドスターの“ベオグラード・ダービー”でサポーターによる乱闘騒ぎが起こった。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽パルチザンのホームであるスタディオン・パルチザーナで行われた今回のダービーマッチ。試合の途中でサポーターによる乱闘が勃発したという。『スカイ・スポーツ』は試合の撮影に訪れていたカメラマンの証言を伝えた。報道によると、今回の乱闘騒ぎはホームサポーターたちがいる一角で発生したようだ。 ▽サポーターグループ間による乱闘は、小競り合いから殴り合いへと発展。騒動が収まらなかったために警察が介入し、事態は沈静化したという。なお、この乱闘により17名の負傷者が出たようで、顔から血を流すサポーターもいたようだ。問題を起こしたサポーターグループの数名はスタジアムから強制退場させられた。 ▽試合は後半にスマーのPKでパルチザンが先制も、84分にボアキエのゴールでレッドスターがドローに持ち込んでいる。 ▽なお、ベオグラード・ダービーでは、旧ユーゴスラビア崩壊以降、サポーター同士による定期的なトラブルを抱えており、世界でみても危険なダービーの1つと言われている。 2017.12.14 09:37 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング