ニュース

thumb

闘病中に解任された元セビージャ指揮官が前立腺がんを克服

▽今シーズン途中にセビージャの監督を解任されたエドゥアルド・ベリッソ氏が、前立腺がんの治療が完了したようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽ベリッソ監督は、ホルヘ・サンパオリ監督の後任として今シーズンからセビージャの指揮官に就任。昨年11月に前立腺がんを患っていることを告白し、手術。復帰したものの、成績不振により12月22日に解任されていた。 ▽『マルカ』によると、ベリッソ氏は「正常な生活を送っている」とのことで、セビージャに在住しているとのこと。また、ベリッソ氏本人は「新たな指導への挑戦に向けた準備は整っている」と語り、解説者などメディアでの仕事には興味が無いことを明かした。 ▽なお、セビージャはベリッソ監督の後任として、今シーズン途中にミランの監督を解任されたヴィンチェンツォ・モンテッラ監督を招へい。就任後の5試合で1勝1分け3敗と結果を残せていない。 2018.02.05 17:50 Mon
twitterfacebook
thumb

規定違反を繰り返した結末は“戦力外通告”…アウグスブルクDFがシャルケと密会

▽アウグスブルクは、度重なる規定違反を犯したガーナ代表DFダニエル・オパレ(27)に関して、チームから除外することを発表した。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽ガーナ代表としてもプレーしたオパレは、レアル・マドリーの下部組織に所属。スタンダール・リエージュやポルト、ベシクタシュを経て、2015年8月にアウグスブルクへ加入した。2017年1月からはランスへとレンタル移籍を経験。今シーズンはブンデスリーガで17試合に出場していた。 ▽しかし、ドイツ『ビルト』は今冬にオパレがチームに無断でシャルケ幹部と密会していたと報道。クラブは、規定違反を繰り返したことで、戦力外を通達するとクラブ公式サイトを通じて声明を発表した。 「アウグスブルクは、規定やチームワーク、信頼性を正当に評価します。ここ最近、ダニエル・オパレは繰り返しこれらの規定に違反しています」 「このため、アウグスブルクはシーズン終了後の契約延長オファーを取り下げました。さらに、アウグスブルクは、新たなクラブを探すことができると、話し合いでオパレに伝えました」 ▽また、スポーツディレクターを務めるシュテファン・ロイター氏も、「ダニエル・オパレは、事実に反して、我々に繰り返し嘘をついた。さらに、彼はチーム内の行動規範を繰り返し違反している」とコメント。ピッチ外での問題行動の多さにより、クビを宣告されてしまった。 2018.02.05 12:00 Mon
twitterfacebook
thumb

快勝の裏に“幸運の女神”? エジルやムスタフィが写真を撮った女神とは

▽ホームでエバートン相手に快勝を収めたアーセナルだが、“幸運の女神”がスタジアムを訪れていたようだ。 ▽アーセナルは3日、エバートンをホームに迎え、アーロン・ラムジーのハットトリックやピエール=エメリク・オーバメヤンの移籍後初ゴールなどで5-1と快勝を収めた。 ▽試合後、メスト・エジルが自身のインスタグラム(m10_official)に写真をアップ。そこには、シンガーソングライターで世界的な人気を誇るリアーナが写っていた。 ▽リアーナは、エジルにとって“幸運の女神”の1人。2014年のブラジル・ワールドカップでは、ドイツが優勝した際にエジルと2ショットを撮影。ドイツ代表の優勝を祝福していた。そんなリアーナが、アーセナルvsエバートンを観戦に訪れ、チームに最高の結果をもたらせた。 ▽エジルは写真とともに、「彼女はどのチームをサポートするか分かっている」と投稿。また、同じくドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィも自身のツイッター(@MustafiOfficial)でリアーナとの写真を投稿し「この結果は僕たちが今日必要としていたものだ! リアーナが幸運を祈ってくれるおかげです」と投稿している。 ▽トップ4との勝ち点差がなかなか縮まらないアーセナルだ、“幸運の女神”のパワーを持続させて巻き返しなるだろうか。 2018.02.04 11:20 Sun
twitterfacebook
thumb

90年イタリアW杯でイタリア代表を率いたビチーニ氏が84歳で死去

▽イタリアサッカー連盟(FGCI)は1月31日、かつてイタリア代表監督を務め、1990年のイタリア・ワールドカップで3位に導いたアゼリオ・ビチーニ氏の死去を発表した。84歳だった。 ▽ビチーニ氏は、現役時代はヴィチェンツァやサンプドリア、ブレシアでプレー。1966年に現役を退くと、1967年からブレシアで監督を務めていた。 ▽その後は、U-23イタリア代表、U-21イタリア代表監督を務め、U-21イタリア代表監督は10年間指導。1986年にA代表の監督に就任していた。 ▽イタリア代表監督としては、前述のイタリアW杯で指揮。ロベルト・バッジョ、サルバトーレ・スキラッチを起用し順調に勝ち上がったが、準決勝でディエゴ・マラドーナ擁するアルゼンチン代表に敗れ敗退。チームは3位に終わっていた。 2018.02.02 15:24 Fri
twitterfacebook
thumb

窃盗容疑で逮捕のJFLテゲバジャーロ宮崎MF松田大成が登録抹消により退団

▽JFLのテゲバジャーロ宮崎は31日、MF松田大成(21)が窃盗容疑で逮捕され、退団したことを発表した。 ▽クラブの発表によると、松田は2017年3月15日の17時25分頃、宮崎市内のリサイクルショップからDVDレコーダー1台(販売価格54,000円)を窃盗した容疑で2018年1月15日7時頃に逮捕。2018年1月26日15時30分頃、略式起訴され罰金20万で、同日釈放されたとのこと。クラブは釈放後に選手と面談を行った結果、「登録抹消で退団」という処分に至ったとのことだ。 ▽クラブとしては、「選手の指導ができていなかった事実を重く受け止め、更正させる使命を受け持ちたい」と考えていたようだが、「本人との面談を重ねる中で本人が、今後の人生を考えた上で退団・引退の意向を持っていた為、弊クラブでの更正指導に向き合う気持ちが持てないのでは」という懸念もあり、起こした事実の大きさを考え苦渋の決断を下したようだ。 ▽松田は、福岡県出身で、豊国学園高校から阪南大学を経て2016年2月に入団していた。松田はクラブを通じて謝罪した。 「この度は、被害店舗様はじめ、クラブ、スポンサー、サポーターの皆様に多大なご心配とご迷惑をお掛け致しまして、誠に申し訳ございませんでした」 「私の考えの未熟さにより、窃盗をしてしまいました。テゲバジャーロ宮崎に関わる全ての方たちの期待を裏切る行為をしてしまい、本当に申し訳ございませんでした。今からでは悔いても遅いのですが、しっかりと反省し、いつの日か皆様が私を見て頂く日があった時には、しっかりと自立している、と認めて頂けるよう今後の日々を精進して参ります。この度は、期待を裏切ってしまい誠に申し訳ございませんでした」 ▽また、テゲバジャーロ宮崎の柳田和洋代表取締役もクラブを通じて謝罪した。 「弊クラブ所属選手が、このような行為を起こしたこと、クラブを代表として被害店舗様、応援頂いているスポンサー様、サポーター様、全てのテゲバジャーロ宮崎に関わる全ての方たちに心よりお詫び申し上げます。誠に申し訳ございませんでした」 「今回、皆様に多大なご心配とご迷惑をお掛けした事実と、窃盗による罰金刑の事実から、処分内容を深く悩みました。その中で、今回の行為は罰を受けるという社会の現実をしっかりと当該選手に示すことが一番なのでは、と考え苦渋の決断ではございましたが、「登録抹消し、退団」とさせて頂きました」 「しかしながら、弊クラブ所属選手が起こした事実は変わりませんので、そのことをクラブとして強く重く受け止め、選手・スタッフに社会人としての基礎から徹底して指導して参ります。今回は、チームビジョンの「真摯」を掲げるに相応しくない現状で反省の言葉しかございません。その上で今後、一歩ずつ再度精進し、「真摯」を少しでも体現できるクラブに近づいて参る事で、皆様にお返しして参りたいと存じます。この度は誠に申し訳ございませんでした」 2018.01.31 19:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ベンゼマが“物品税回避”を示唆? 金ぴか時計見せびらかし動画をシェア

▽レアル・マドリーの元フランス代表FWカリム・ベンゼマが、物品税を回避したことを連想させる動画を投稿した。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽コパ・デル・レイでの敗退、リーガエスパニョーラでの低迷と暗い今シーズンを過ごしているマドリーは、一挙手一投足がスペイン紙に取り沙汰され、多くのバッシングを受けている。クラブがそういった苦しい時期にある最中、得点力不足で最もバッシングを受けることの多いベンゼマが、世間への挑発と捉えられかねない動画を、自身インスタグラム(@karimbenzema)アカウントでシェアした。 ▽現地時間25日12時42分にコパ敗退後の初練習を切り上げたベンゼマは、その90分後に動画を投稿。内容は同選手が運転する映像を主観目線で撮影したものであり、映り込んでいるのはフロントウィンドウからの景色と、ステアリング、運転する手の部分だ。 ▽問題に挙げられているのは、“外交特権”という文字が編集によってその動画に載せられているということのようで、どうやらそれは『物品税や租税を回避する』という意味を連想させるそうだ。さらに悪いことに、動画の中で手にはめている金色の時計を見せびらかす仕草をしており、『マルカ』によればその時計が『ロレックス』の『スカイドゥエラー』という高給時計のようで、価値は4万5500ユ―ロ(約618万円)にも上る。 ▽動画では、人気アーティスト『Drake』が先日リリースした“Diplomatic immunity(外交特権)”という曲が流れており、単にその曲を気に入っていることをアピールした可能性も高い。それでも、バッシングを受けかねない動画になっていることは間違いなく、配慮に欠けた行動と捉えられることは仕方がないことかもしれない。 2018.01.26 18:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ホテル「CR7」がマドリッド、ニューヨーク、マラケシュでもオープンへ

▽世界最高峰のサッカー選手でありながら、実業家の側面も持ち合わせるレアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド。自身が手掛けるホテル「CR7」を3都市でもオープンさせるようだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽C・ロナウドは、ポルトガルのホテル運営会社、ペスターナ・ホテル・グループ(Pestana Hotel Group)と提携し、2016年に母国ポルトガルのリスボンと地元であるマデイラ諸島のフンシャルでオープンしている。Getty Images ▽今回新たにホテル「CR7」をオープンさせるのは、モロッコのマラケシュ、自身が所属するクラブのホームであるマドリッド、そしてアメリカのニューヨークとのこと。ホテル事業の拡大は2020年までに完了するとのことだ。 ▽最初にオープンするのは、フットボーラーがバカンスを楽しむことでも知られているマラケシュになる見込み。ペスターナ・ホテル・グループの開発責任者であるホセ・ロケットは、すでに作業が始まっており、164室の客室を準備する予定とのこと。18カ月以内にオープンする準備だという。 ▽なお、ホテルに関しては、C・ロナウドが50%、ペスターナ・ホテル・グループが50%出資している。 2018.01.25 18:10 Thu
twitterfacebook
thumb

接近禁止命令中なのに結婚!? リュカが懲役刑を求刑される…

▽アトレティコ・マドリーのフランス代表DFリュカ・エルナンデスが、懲役刑を求刑されているようだ。フランス『レキップ』が報じている。 ▽リュカは昨年2月にガールフレンドであるアメリア・オッサさんに対して2度の家庭内暴力を行った容疑で逮捕されていた。その結果、6か月間はオッサさんの500m以内に接近してはいけないと裁判所の判決が言い渡されていた。 ▽しかし報道によると、リュカとオッサさんは復縁したようで、昨年6月にはアメリカで結婚式を実施。晴れて2人は夫婦となったようだ。 ▽しかし問題は、裁判所が下した期間内にリュカがオッサさんに接近したことにあるという。さらにスペイン大使館に結婚の新星を行っていないため、スペイン国内では婚姻関係の効力はない模様。そのため、検察側は判決を無視したリュカに対して、懲役1年を求刑しているという。今後は、今回の件について審理され、判決が言い渡されることとなる。 2018.01.25 12:14 Thu
twitterfacebook
thumb

井手口陽介加入のリーズ、新エンブレムがダサいと話題に…

▽日本代表MF井手口陽介が加入したリーズが新エンブレムを発表するも、ファンやサポーターがソーシャルメディア上で酷評しているようだ。イギリス『BBC』が報じた。 ▽リーズは2019年にクラブ創設100周年を迎える。そのため、新たなクラブエンブレムを作成し、24日にはその完成形を発表。来シーズンから新たなクラブエンブレムを用いることを併せて発表した。クラブ側は、「クラブの中を深く貫く情熱と個性を表現。クラブの新時代を告げるための1つの変化であり、願いが込められている。そういう思いを反映したエンブレムとなった」と明かした。 ▽期待される新エンブレムは、上段に『リーズ・ユナイテッド』と名前が刻まれている。そこまでは普通のエンブレムなのだが、下部には選手が胸に手を当てている絵があしらわれており、これまで見たことがない斬新なものとなっている。 ▽この新エンブレムが発表された後、すぐにリーズのサポーターが反応。SNSでは「冗談だろ?」、「ひどすぎる」、「ウイイレ6のクオリティ(パッケージ画像)じゃないか」と酷評。クラブの思いとは裏腹に、サポーターたちは全く気に入っていないようだ。 ▽現在、井手口はスペイン2部のクルトゥラル・レオネッサにレンタルで移籍している。来シーズンにリーズに復帰した際には、新たなクラブエンブレムと共に戦うことになりそうだ。 2018.01.25 11:08 Thu
twitterfacebook
thumb

イングランド女子代表監督就任のフィリップ・ネビルがツイッターアカウントを削除

▽かつてマンチェスター・ユナイテッドやエバートンで活躍したフィリップ・ネビル氏が、自身のツイッターアカウントを削除した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽2013年に現役を退いたP・ネビル氏は、デイビッド・モイーズ監督の下でユナイテッドのコーチに就任。その後、バレンシアでアシスタントコーチを務めると、同年には兄のギャリー・ネビル氏が監督に就任し兄弟タッグが実現。しかし、ギャリー監督体制は長続きせずにすぐにタッグ解消となった。 ▽P・ネビル氏は、23日にイングランド女子代表監督に就任することが発表され、2021年のUEFA女子選手権出場を目指すとのことだ。それを機に、自身のツイッターアカウントを消したものと見られている。 ▽『スカイ・スポーツ』によると、2012年1月にP・ネビル氏は性別の差に関するツイートを行っていたとのこと。「女性は朝食の準備、子供の準備、ベッドメイキングに忙しいものだと考えている。女性が気の毒だ」というものだった。 ▽イングランド女子代表は、2017年9月にマーク・サンプソン監督がブリストル・シティのアカデミー監督時代に起こした「不適切かつ容認出来ない行動」が原因として解雇されて以降、監督が不在だった。 2018.01.24 14:20 Wed
twitterfacebook
thumb

バートンがFAに不満をぶちまける! 「賭博は文化」

▽サッカー賭博に関わった問題で無所属となっている元イングランド代表MFジョーイ・バートンが、処分を下したイングランドサッカー協会(FA)に物申している。イギリス『BBC Radio 4』で語った。 ▽バートンは、2006年3月26日から2016年5月13日までの間、FAの規則で禁止されている賭博に関与。1260回にわたってベッティングを行っていたとのことで、昨年4月に13カ月間のサッカー活動禁止処分と、3万ポンド(現在のレートで約463万円)の罰金を科されていた。 ▽『BBC Radio 4』に出演したバートンは、FAが2012~2016年に老舗ブックメーカー『ウィリアムヒル』と、2016年からはブックメーカー『ラドブロークス』と公式ベッティングパートナーとして契約を締結していることを指摘しつつ、自身の見解を述べた。 「もし彼ら(FA)が賭博している全員を見つけ出して厳重に取り締まるとしたら、リーグの半数が欠けると思う。プレーヤーの50%が締め出されるだろう。(賭博は)文化として刻まれてるからね」 「八百長に関する規則と賭博に関する規則が混同されていることが間違いなんだよ。八百長対策を間違っていながら、スポーツの健全化を図ろうとしている。ドーピングするようなもんだね。文化的な賭けごとは許されると思う。もし統制が執れていれば、賭博に悪いことなんか何も無い」 「俺がFAに意見したいのは、どうしたらそんなに厳しくなれるのかってこと。彼らは公式に賭博会社のパートナー(スポンサー)と提携しているじゃないか」 「賭博に関することなんて誰一人として気にしてないと信じてたよ。八百長に関しては気にすると思ってたけど」 「12年間、自分の名前で賭博用の口座を持ってたよ。賭博会社の為に色々としていたし、彼らは俺の賭博用口座にお金を払ってた。FAには知らせずにね」 2018.01.23 20:50 Tue
twitterfacebook
thumb

インゴルシュタットMF関根貴大が元SKE48で浦和ファンの金子栞さんとの結婚を発表「生涯を共にしたいと素直に思い結婚を決意しました」

▽インゴルシュタットのMF関根貴大(22)が、自身のツイッター(@sktk10)を通じて結婚を発表した。お相手はタレントで女性アイドルグループSKE48の元メンバーである金子栞さん(22)との事だ。 ▽関根は、浦和レッズのジュニアユース、ユースト経て2014年にトップチームへと昇格。1年目から出場機会を得ると、2017年8月にドイツ2部のインゴルシュタットへと移籍していた。また、世代別の日本代表を経験している。 ▽金子さんは埼玉県さいたま市出身で、関根の古巣でもある浦和のファンとしても知られている。2010年にSKE48のオーディションに合格。2014年4月にSKE48を卒業していた。関根は自身のツイッターで結婚を報告した。 「この度、私事で恐縮ですが、かねてよりお付き合いしてまいりました、タレントの金子栞さんと入籍いたしましたのでご報告させて頂きます。良い時期も苦しい時期も近くで支えてくれ、初めての海外挑戦の決断も尊重してくれた彼女と生涯を共にしたいと素直に思い結婚を決意しました」 「これからは、二人で力を合わせていつまでも明るく楽しい家庭を築いて行きたいと思っています」 「半年前にドイツに渡り、中々試合に絡めない悔しい状況が続いていますが、自ら望んでいた世界」 「レベルの厳しい環境に身を置き、サッカー選手としてここからが本当に勝負だと思っています」 「奥さんや応援して頂いている皆さんを笑顔にできるように頑張りますので引き続き応援宜しくお願いします!」 2018.01.22 21:29 Mon
twitterfacebook
thumb

JFA最高顧問の川淵三郎氏が「シーバスリーガル ゴールドシグネチャー・アワード 2018 Presented by GOETHE」を受賞

▽本業のビジネスの成果を通して社会に活力を与えると同時に、社会貢献にも寄与されたビジネスリーダーに贈られる『シーバスリーガル ゴールドシグネチャー・アワード 2018 Presented by GOETHE』の授賞式が18日に行われ、日本サッカー協会(JFA)の最高顧問を務める川淵三郎氏がエンターテインメント部門を受賞した。 ▽『シーバスリーガル ゴールドシグネチャー・アワード 2018 Presented by GOETHE』は、スコッチウイスキーの「シーバスリーガル」と株式会社幻冬舎が発行する雑誌『GOETHE(ゲーテ)』によって設立された賞。2011年から毎年開催され、今回で8回目を迎えた。 (C)CWS Brains,LTD.▽作詞家・プロデューサーの秋元康氏と、幻冬舎の見城徹代表取締役社長の特別審査員をはじめとする審査員の選考により、3部門の受賞者が決定。エンターテインメント部門の川淵氏の他、ソーシャル部門はLINE株式会社の出澤剛代表取締役社長CEO、ファッション部門は人気アパレルブランド『snidel(スナイデル)』や『gelato pique(ジェラート ピケ)』などを手がける株式会社マッシュホールディングスの近藤広幸代表取締役社長が受賞した。 (C)CWS Brains,LTD.▽川淵氏は、受賞について「初めはこんなに立派な賞と思っていなかったんです。調べてみたら大変な賞だということで、ありがとうございます」とコメント。また、「シーバスリーガル」との縁について、「1958年、大学2年生の頃、日本代表選手として東南アジアに遠征したとき、先輩からシーバスリーガルを買ってこいといわれ、海外で初めて買ったお酒がシーバスリーガルだったというご縁を思い出しました」と明かした。 ▽また、受賞理由の1つでもある「JFAこころのプロジェクト」についてもコメント。「日本サッカー協会は、「JFAこころのプロジェクト」の活動で小学5年生の子供たちを中心に夢の教室を11年間続けており、元Jリーガーや一流の選手たちが全国の小学校で正規の授業の中で夢を持つことの大切さや、そこに至るまでの努力、挫折を乗り越える勇気を教える授業を行っています。それが教育界に受け入れられ、この11年間で1万2000回、延べ4000校にのぼります」と取り組みについて語った。 (C)CWS Brains,LTD.▽授賞式の後にはトークセッションが実施。川淵氏は特別審査委員長の秋元氏とのトークセッションで、自身の原動力が「怒り」であると主張。禁止薬物混入騒動で注目が集まる日本カヌー連盟を名指しで指摘し、「各競技団体がポシャっちゃう。ガバナンスをしっかりやれと言っているのに、マヌケな組織がある。カヌーなんて、もってのほか。下の下。あんなことになって誰も責任をとってないなんて信じられない。幼稚園レベルですよ」と断罪した。 (C)CWS Brains,LTD.▽また、授賞式を前に、元日本代表選手で、現在はJAPAN CRAFT SAKE COMPANYの代表取締役CEOを務める中田英寿氏とシーバスリーガルのコラボレーションが発表。2017年の『シーバスリーガル シグネチャー・アワード』受賞者である中田市のプロデュースにより、「シーバスリーガル」と「桝田酒造店」とのクラフトマンシップ、フレンドシップの共演『Chivas Craft Brothers Project(シーバス クラフト ブラザーズ プロジェクト)』が立ち上がった。 (C)CWS Brains,LTD.▽このプロジェクトは、「シーバスリーガル」のウイスキー熟成に使用した樽を「桝田酒造店」の日本酒造りに使用してクオリティに変化を与え、新しい価値の日本酒製造を実現するもの。現在、ウイスキー熟成樽に日本酒を詰めて熟成を行っており、今年6月頃の完成を予定しているとのことだ。 (C)CWS Brains,LTD.▽また、シーバスブラザーズ社が主催する『CHHIVAS VENTURE』2018年度の日本代表社に、株式会社RICCI EVERYDAY 代表取締役COOの仲本千津さんが選ばれたことも発表された。 ▽「RICCI EVERYDAY」はウガンダ発のトラベルバッグブランドであり、ウガンダに工房を設立。シングルマザーや元子ども兵と呼ばれる社会的に疎外されてきた人々に、安心して誇りを持って働く場所を提供している。 ▽『CHHIVAS VENTURE』の世界大会では、各国代表の社会起業家たちとの交流の機会が与えられ、ビジネスアイデアを競い、決勝の結果により総額100万ドル(約1億円)の基金が分配される。 2018.01.20 21:15 Sat
twitterfacebook
thumb

18歳のアルゼンチン人MFがMLSの移籍金記録を塗り替える…移籍金は16億円超

▽1人のアルゼンチン人の若手選手がメジャーリーグ・サッカー(MLS)の移籍金記録を塗り替えた。MLS公式サイトが伝えた。 ▽新シーズンに向け、選手獲得やドラフトが進んでいるMLS。アトランタ・ユナイテッドが、インデペンディエンテのU-20アルゼンチン代表MFエセキエル・バルコ(18)を若手指名選手として獲得。国際移籍証明書とP1ビザ(スポーツ選手や芸能人に必要なもの)が認められば、正式に選手登録される。 ▽これまでのMLSの移籍最高額は、2013年にトロントFCがローマからアメリカ代表MFマイケル・ブラッドリーを獲得する際に支払った1000万ドル(当時のレートで約10億5000万円)。バルコは、それを上回る1500万ドル(約16億6000万円)の移籍金でアトランタへと加入するようだ。 ▽なお『ESPN』によると、今回の契約には、今後バルコが移籍する際の移籍金の30%がインデペンディエンテへと支払われることが盛り込まれ、期限は2019年12月までとなっている。また、その後に移籍した場合は10%が支払われる条項があるようだ。 ▽バルコは、インデペンディエンテの下部組織出身で、昨シーズンのアルゼンチンリーグでは8試合に出場し1ゴール2アシストを記録。U-20アルゼンチン代表にも選出されており、2017年に行われたU-20南米選手権では8試合に出場していた。なお、U-20ワールドカップはメンバー外となっていた。 2018.01.20 19:20 Sat
twitterfacebook
thumb

モウリーニョが獲得前にサンチェスをお試し? 遠征先にPS4を持ち込む

▽今冬の選手獲得に向け、マンチェスターユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が斬新な方法で準備を進めているようだ。イギリス『サン』が報じた。 ▽ユナイテッドは、マンチェスター・シティも獲得に興味を示していたアーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスの獲得に動き、大きく近づいているという。 ▽アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンとのトレードの話も浮上するなど、交渉は具体的に進展。まもなく発表されるとみられている。 ▽そんな中、ユナイテッドはバーンリーとの一戦に備え遠征。一行はローリー・ホテルに宿泊しているが、その際にモウリーニョ監督があるものを小脇に抱えていた。それは、プレイステーション4の箱だった。 ▽その真意は定かではないものの、『サン』によると、モウリーニョ監督は『FIFA18』をプレーするのではと予想。加入が近づくサンチェスをチームに入れ、動きや組み合わを考えているのかもしれないと見解を示している。 ▽サンチェスがユナイテッドに加入した場合、左サイドを務めるのであれば、イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード、フランス代表FWアンソニー・マルシャルとポジションを争うことになる。サンチェスはFIFA18のレーティングで「89」を記録しており、ゲーム内でも高い評価を得ている。FIFA18でしっかりと機能し、移籍の後押しにつながったのだろうか。 2018.01.20 16:11 Sat
twitterfacebook
thumb

イングランド第一号はレスターFWイヘアナチョ! カップ戦で導入開始のVARゴールを記録

▽今シーズンからセリエAやブンデスリーガでも導入されているVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)だが、イングランドでもVARでのゴール第一号が誕生した。 ▽記念すべきイングランドのVARゴール第一号を決めたのは、マンチェスター・シティからレスター・シティに今シーズン加入したナイジェリア代表FWケレチ・イヘアナチョ(21)。イングランドではプレミアリーグではVARを導入していないものの、2018年1月からのFAカップ、カラバオ・カップ(EFLカップ)で導入を開始していた。 ▽レスターは16日、キング・パワー・スタジアムでFAカップ3回戦の再試合に臨み、リーグ1(イングランド3部)のフリートウッド・タウンと対戦。1-0で迎えた77分、イヘアナチョが2点目を奪う。しかし、オフサイドの判定となったものの、VARによる検証で判定が覆り、見事第一号となった。試合は、2-0でレスターが勝利している。 2018.01.17 11:30 Wed
twitterfacebook
thumb

クセがすごい! 炎のフェンスに逆さ吊り、自転車使用とアルゼンチン4部のGK練習がヤバい!

▽サッカー界において独特なトレーニングを行うクラブは数多くあるが、アルゼンチン4部のスポルティバ・ドック・スッドのGK練習の“クセがすごい”ことが大きな話題になっている。『dirtytackle.net』が伝えている。 ▽足を使ってプレーするサッカーという競技において、唯一手を使うことができるGKは、以前から変わり者の宝庫とされる。それだけに、これまでも多くの特殊なトレーニングが開発されてきたが、アルゼンチン4部に所属するスポルティバ・ドック・スッドのGK練習はあまりに“クセがすごい”。 ▽『dirtytackle.net』は、『You tube』に投稿されたスポルティバ・ドック・スッドのあまりに常軌を逸したGK練習の一部を紹介した。 ▽この動画で初めに紹介されたのは、GKコーチと思しき男性が150cmほどのフェンスを挟んで準備しているGKに対して、ボールを左右に投げてキャッチさせる練習だった。ただ、一つ異なるのはそのフェンスを覆う布に火が付けられていたことだった。ただ、フェンスと後ろにいるGKとの間にはかなり距離があり、この炎がGKに危険を及ぼす可能性は低く、煙いという以外に何らかの意図があるとは思えないものだった。 ▽続いて紹介された練習では、足に縄を結び付けられたGKがゴールポストから逆さ吊りにされた状態でボールをキャッチするという、またしても独特な様子が紹介された。 ▽その後は小型の自転車に乗って短い距離を走った後、自転車を降りた直後に横っ飛びでボールをキャッチするという練習、弾力のあるドラム缶のようなモノにヒザ立ちで座り、バランスを取りながらボールを弾く練習、ヒザまで浸かってしまう泥水の水溜まりでのセービング練習、ボールに木の板を反射させて行う練習と、“クセがすごい”練習のオンパレードだった。 ▽極め付けはもう使用していない貨物列車のドア部分からいきなり外に飛び出して浮いたボールをキャッチするという、スタントマン養成講座のような危険な練習の様子も映されていた。 ▽練習効果のほどは不明だが、間違いなくGK陣の負傷は多いと思われる。 ※写真はイメージ ◆“クセがすごい”GK練習 https://www.youtube.com/watch?time_continue=75&v=gK6-fSCUElQ 2018.01.17 00:50 Wed
twitterfacebook
thumb

フランスサッカー連盟が、選手を蹴り、イエローカードを提示したチャプロン主審を次節の担当から外すと発表

▽フランスサッカー連盟(FFF)は15日、渦中のトニー・チャプロン主審の処分を発表した。公式サイトで発表した。 ▽チャプロン主審は、14日に行われたリーグ・アン第20節のナントvsパリ・サンジェルマン(PSG)で主審を務めていた。0-1でPSGがリードして迎えた後半アディショナルタイムに事件が発生。ナントのブラジル人DFディエゴ・カルロスが守備に戻る際にチャプロン氏と交錯。倒れこんだチャプロン氏は、そのままカルロスの足を蹴り、さらにはイエローカードを提示。カルロスは2枚目のイエローカードを受けて退場となっていた。 ▽FFFは、主審の愚行に対してすぐさま処分を発表。チャプロン氏は、17日に行われるアンジェvsトロワの主審を務める予定だったが、担当から外すことを決定。また、懲戒委員会にすぐさま召集する予定とのこと。聴取を受けた後に、追加の処分も発表される可能性は高そうだ。 2018.01.15 21:51 Mon
twitterfacebook
thumb

闘病中アビダルに辛辣“塩対応”のメッシ…仕打ち受けたアビダルが後に弁明

▽元フランス代表のエリック・アビダル氏が、バルセロナ所属時代の闘病期間中にアルゼンチン代表FWリオネル・メッシから受けた“塩対応”について説明した。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽アビダル氏は、2007年夏~2013年夏までの6年間バルセロナに在籍。史上最高のチームとも評されたバルセロナの左サイドを支え、公式戦193試合に出場し、リーガエスパニョーラ4回、チャンピオンズリーグ(CL)2回を含む計15回ものタイトル獲得に貢献したが、2011年に肝臓が腫瘍に蝕まれていることが発覚した。 ▽その後、移植手術が成功してバルセロナで無事に復帰を遂げ、復帰試合ではチームメイトがアビダル氏を胴上げ。さらに、同氏は闘病中で痩せていた時期にチームへの応援メッセージを送っており、心温まるエピソードとして語られている。 ▽しかし、アビダル氏がフランス『Canal +』のインタビューで語ったところでは、そのハートフルな物語の背景でエースによる心無い仕打ちを受けていたようだ。 「俺がすごく痩せていたとき、試合前に選手たちを応援してサポートするためのビデオを作って送ったんだ」 「(リオネル・)メッシが俺に言ったことを知っている? 『僕らが傷つくからこれ以上こんなものを送らないで』って言ったんだ。俺はそれが気に入らなかったよ。彼らを励まそうとしていたのに、『死体のように見える』と言ったんだ。それが彼らを気分悪くさせていたんだね」 ▽上記のコメントの内容はかなり辛辣なものとなっているが、アビダル氏はすぐにSNS上で訂正。実際はそれほど非情なやり取りではなかったと伝えた。 「チームを応援するためのビデオを送った時、レオ(リオネル)・メッシは『これ以上送るな』とは言わなかった。それか、何も知りたくなかったんだ」 「レオは、『あのような状態の君を見たくない』と言ったんだ。それでもすぐに、言い方が悪かったと弁明した」 2018.01.12 15:22 Fri
twitterfacebook
thumb

謙虚さの表れ!? 事故に遭ったカンテの車は中古車!?

▽謙虚さは私生活にも表れているようだ。イギリス『サン』が事故に遭ったチェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテが乗っていた車を紹介している。 ▽報道によるとカンテは10日、EFLカップ準決勝1stレグのアーセナル戦が行われたスタンフォード・ブリッジに向かう途中、衝突事故に遭ったようだ。カンテが乗っていたミニクーパーは前輪の左側がへこんでしまったものの、カンテ自身にケガはなく試合にはフル出場を果たした。 ▽事故が起こった後、ファンと写真を撮るなど余裕を見せたカンテ。さらに驚くべきことが、カンテが乗っていたミニクーパーは中古車両だったという。 ▽サッカー選手と言えば高級車を複数台所持するなど華やかなイメージがある。カンテも週給11万ユーロ(約1500万円)を稼いでいると言われているが、「僕は車を愛したことはない。若いころに乗りたいと思った車なんてないよ」と、車への興味がないことを強調している。 ▽昨シーズンのPFA年間最優秀選手賞を受賞したカンテは、その時のインタビューで「他にこの賞に相応しい選手はたくさんいる。チェルシーならジエゴ・コスタやアザールだ」と謙虚なコメントをしていたが、私生活でも本当に謙虚なようだ。 2018.01.12 09:05 Fri
twitterfacebook
thumb

「ネイマール2世」ガブリエウ・バルボサが不名誉な“ビドーネ・ドーロ”を受賞

▽“ガビゴル”ことガブリエウ・バルボサ(21)が、2017年のビドーネ・ドーロ(イタリア語で金のバケツ)を受賞した。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽ビドーネ・ドーロとは、バロンドールの裏の意味を持ち、“期待外れ”だった選手に与えられる不名誉な賞。過去には、FWアレシャンドレ・パトやFWディエゴ・ミリート、FWアドリアーノなどが受賞している。 ▽ガブリエウ・バルボサは、2016年夏にサントスから2950万ユーロ(当時のレートで約34億円)でインテルに完全移籍。しかし、なかなかフィットすることができず、セリエAで9試合の出場で1ゴールを記録するにとどまると、今シーズンはベンフィカへとレンタル移籍していた。 ▽サントス時代には10番を背負い、「ネイマール2世」とも称されていた“ガビゴル”。2016年にはリオ・デ・ジャネイロ五輪にも出場し、金メダルを獲得。大きな期待が寄せられてインテルに加入したが、その期待とは大きく異なる不名誉な賞を受賞することとなった。 2018.01.09 20:45 Tue
twitterfacebook
thumb

腹を空かせてストリートサッカーで小銭稼ぎ…カッサーノが少年時代を振り返る

元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノが7日、フランスメディア『キャナル・プリュス』のインタビューに応じた。カッサーノはローマで同僚だったオリヴィエ・ダクール氏との対談で過去のエピソードを明かしている。貧しい暮らしを強いられていた少年時代を振り返っている。「17歳まで空腹と隣り合わせだった。本物の空腹とね。母は仕事をしていなくて主婦だったから、家庭の収入は1日あたり3000~4000リラ(約210~280円)だった。それだけで食べていかなくてはならなかった。母は学校に1度も通ったことがなくてイタリア語を上手く話せるわけでもない。でも俺のために尽くしてくれたし、俺には何でもやらせてくれた」当時のカッサーノはストリートサッカーで勝利することでお駄賃をもらい、小銭を稼いでいた。「道端でサッカーをしていた。そこには自分より年上の人たちがいて、俺を指名してくれた。俺が1番強かったから、誰が1000リラ(約70円)余分にくれるか否かを良く観察していたよ。当時、お金は持っていなかったし、人生で見たこともなかった。“勝たせてやるから俺を選んでくれ”と言っていたんだ。毎日、路上でプレーしては小銭を稼いでいた。俺にとってビッグチャンスはいつもサッカーだった。2000リラ(約140円)余分にもらえるかどうかの差は、何とか生きていく上で大きかったんだ」1999年12月、17歳の時にレッチェ戦でセリエAデビューを飾った。インテル戦では初ゴールを記録し、人生が大きく変わっていった。「17歳の時、人生が劇的に変わる試合が訪れた。金持ちになって有名になり、イケメンにもなれるチャンスだった(笑)。サッカーをすると誰でもイケメンになれるからね。奇跡も起きる? ああ、俺には奇跡が山ほど起きたよ」提供:goal.com 2018.01.09 12:58 Tue
twitterfacebook
thumb

コウチーニョ、自腹を切ってバルサ移籍…13億円超を自ら支払う

▽リバプールからバルセロナへと移籍を果たしたブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(25)だが、移籍に際して自腹を切っていたようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 ▽コウチーニョは6日、移籍金総額1億6000万ユーロ(約217億8000万円)でバルセロナへと移籍。2023年6月までの5年半契約を結んだ。移籍金は、バルセロナからパリ・サンジェルマン(PSG)へと移籍したブラジル代表FWネイマール、モナコからPSGに移籍したフランス代表FWキリアン・ムバッペの買取額に次ぐ史上3位の金額になるとされている。 ▽移籍金の内訳は、1億1000万ユーロ(約149億7000万円)がバルセロナからの固定額として支払われ、4000万ユーロ(約54億4400万円)が変動費として払われる予定だった。しかし、ナイキ社が誤ってコウチーニョのバルセロナ移籍を漏らしてしまったため、リバプールは増額を要求していた。 ▽その問題を解消するため、コウチーニョが自ら動いたとのこと。1000万ユーロ(約13億6000万円)をポケットマネーから支払い、バルセロナもリバプールに対して2000万ユーロ(約27億2200万円)を支払うことに決定。これにより、1億3000万ユーロ(約176億9000万円)が固定費として支払われることになり、変動費は3000万ユーロ(約40億8300万円)となったようだ。 2018.01.07 17:05 Sun
twitterfacebook
thumb

無くならない人種差別…ユベントスMFマテュイディが人種差別を受けたと告白

▽ユベントスのフランス代表MFブレーズ・マテュイディが、試合中に人種差別を受けたと主張している。自身のフェイスブックで明かした。 ▽ユベントスは6日、セリエA第20節でカリアリと対戦した。1-0で勝利した試合に先発フル出場したマテュイディだが、試合中にカリアリファンから人種差別を受けたと告白した。 「僕は試合中に人種差別を経験した。弱い人々は、憎しみで脅迫するようだ。僕は嫌なことはできないし、こういった悪い例を出す人を残念に思う」 「フットボールは情熱を共有し、平等な価値観を身につけ、情熱とインスピレーションを広める手段だ。だから、僕はここにいる」 ▽カリアリのファンは以前にも問題を起こしており、2017年5月にはペスカーラの元ガーナ代表MFスレイ・ムンタリに対しても人種差別を行なっていた。 2018.01.07 16:36 Sun
twitterfacebook
thumb

【プレイバック2017】2017年で最も注目を集めたニュースは!?

▽2017年の人気ニュースを1月〜12月までランキングで振り返ってきた「プレイバック2017」。最後は、2017年のニュース総合ランキングです! 1位に輝いたニュースは…!? 2017年総合ランキング 10位 日本はポーランド、コロンビア、セネガルと対戦《ロシアW杯》(12/2)(c) CWS Brains, LTD.▽10位は、ロシアW杯のグループステージ対戦カード決定ニュース。コロンビア戦では4年間の成長を見せてもらいたいですね!! 9位 ヤング・アヤックスに完勝のユナイテッドがEL初制覇! 来季CLストレートインを勝ち取る!《EL》(5/25)(c) CWS Brains, LTD.▽9位は、ユナイテッドのヨーロッパリーグ制覇ニュース。実はユナイテッドにとって、唯一手にしていない欧州タイトルの獲得となりました。 8位 コウチーニョ逃してぶっちゃけるバルセロナ「リバプールは2億ユーロを求めてきた」(9/2)(c) CWS Brains, LTD.▽8位は、コウチーニョの移籍話。もはやサッカー界の金銭感覚は大きく狂っています…。 7位 バルサが136億円+ボーナスでドルトムントからデンべレ獲得!! ネイマール後釜を確保!(4/24)(c) CWS Brains, LTD.▽7位は、ネイマール・ショックのバルセロナから。獲得したデンベレはすぐに負傷してしまいましたが、年明けに復帰予定です!! 6位 劇的展開のクラシコ!! シーソーゲームを終わらせたのはメッシの左足!! バルサが逆転優勝に望みを繋ぐ!!《リーガエスパニョーラ》(4/24)(c) CWS Brains, LTD.▽6位は、世界中が注目するクラシコ!! 劇的な逆転勝利を見せてリーガも逆転優勝と行きたいところですが…。 5位 PSG、史上最高額の移籍金でFWネイマールを獲得! 「PSGの野心が僕を魅了した」(8/4)(c) CWS Brains, LTD.▽5位は、今夏の移籍市場を賑わせたネイマールのPSG加入。2億2200万ユーロは天文学的な数字ではなくなった歴史的な瞬間でした。 4位 ユナイテッド、110億円で怪物FWルカク獲得合意(7/6)(c) CWS Brains, LTD.▽4位は、ユナイテッドのルカク獲得。ネイマールの移籍後に決定していたら移籍金はいくらになっていたのでしょうか? 3位 C・ロナウド&ベンゼマ弾のレアル・マドリーが5シーズンぶり33度目の優勝《リーガエスパニョーラ》(5/22)(c) CWS Brains, LTD.▽3位は、マドリーが久しぶりのリーガ制覇。バルサとのクラシコに敗れたマドリ―でしたが、リーガでは逆転を許さず逃げ切りに成功しました。おめでとうございます。 2位 バルサが奇跡の大逆転突破! 終盤の3発含む6GでPSGを撃破し10シーズン連続ベスト8進出《CL》(3/9)(c) CWS Brains, LTD.▽2位は、史上初の大逆転勝利。不可能だとされてきた0-4の敗戦から6-1で逆転勝利を果たしたバルセロナ。決勝ゴールはミスター・ポリバレントのセルジ・ロベルトでした。 1位 ユベントスに完勝のレアル・マドリーが史上初の2連覇達成、通算12度目の優勝《CL》(6/4)(c) CWS Brains, LTD.▽栄えある1位は、マドリーの史上初となるCL連覇!! ブッフォンを擁するユーベとの一戦は4-1と思わぬ大差となりました。 ▽2017年のニュースを振り返ってきましたが、いかがでしょうか。記憶に残っていたニュースはありましたか? 一方で見逃していたニュースもあったのではないでしょうか。2018年はいよいよロシア・ワールドカップが開幕します!! 果たして、来年のサッカー界ではどのようなことが起こるのでしょうか。みなさん今年1年間ありがとうございました! バックナンバー1月:ベッカム息子が公開説教!? ポドルスキ神戸加入報道2月:J1優勝で15億円越え!! ファン・ペルシも日本に来るかも!?3月:ポルディ、Jリーグ参戦決定!4月:テリーがチェルシー退団!5月:CLダービーはマドリーが完勝!! C・ロナウドは金字塔6月:ドンナルンマがミランを去る!? マドリーはCL史上初の連覇!!7月:怪物・ルカクがユナイテッドへ!! ハメスはバイエルン加入!!8月:フットボール界の歴史を動かしたネイマールとマドリーの2冠9月:怪物ムバッペの誕生に1月までもつれた大物選手の移籍話10月:クレイジーな人多数?! 代表引退撤回にポルノ女優の広告起用11月:イタリア代表のW杯予選敗退…改めて考えさせられた本大会の重み12月:W杯の組分け決定! クラシコで王者マドリー完敗、吉田同僚DFファン・ダイクが114億円リバプール移籍など盛り沢山! 2017.12.31 23:30 Sun
twitterfacebook
thumb

【プレイバック2017】W杯の組分け決定! クラシコで王者マドリー完敗、吉田同僚DFファン・ダイクが114億円リバプール移籍など盛り沢山! 《2017年12月》

▽2017年も残すところ本日のみとなりました。今年もサッカー界では様々な注目すべき出来事が起こりましたが、今回は「超ワールドサッカー」で人気があったニュースを1月~12月までランキングでご紹介。1カ月9つのトピックで108の出来事を振り返ります。この機会に、2017年を振り返ってみてください! 2017年12月 9位 ジョン・テリーがプレミア歴代ベスト11を発表! チェルシー勢ゼロ…(12/19)(c) CWS Brains, LTD.▽新旧のビッグプレーヤーを選出。こんなチームがあったら見てみたいものです。 2017年12月 8位 プレミア天王山のマンチェスター・ダービーはシティに軍配! 新記録の14連勝で両軍のポイント差は11に拡大(12/11)Getty Images▽”2年目のペップ”は強すぎます。強い上に観ていて楽しいチームを作る手腕は流石の一言。 2017年12月 7位 CLベスト16進出チームが決定! 2連覇王者Rマドリーら順当突破も昨季4強アトレティコ&モナコに香川ドルトら敗退…《CL》(12/7)Getty Images▽今年はレアル・マドリー、バイエルン、ユベントス、チェルシーといったメガクラブが2位通過したことで、組み分け抽選に緊張感が生まれました。 2017年12月 6位 新事実! サンチェス、アーセナルと合意していた(12/25)Getty Images▽昨季、一度は契約延長で合意していたものの、CLでバイエルンに大敗したことで考えを変えてしまったらしいです。 2017年12月 5位 スアレス&メッシ揃い踏みのバルサが敵地でクラシコに3発完勝! 退場者出したマドリーは逆転連覇絶望的に…(12/23)Getty Images▽2017年最後のクラシコはバルサに軍配。リーガの覇権はこのままバルサの手に? 2017年12月 4位 信じられない没落…“世界一の若手”⇒最下位クラブでベンチ外(12/15)Getty Images▽レナト・サンチェスはまだ20歳なので、これからの奮起に期待したいところです! 2017年12月 3位 日本はポーランド、コロンビア、セネガルと対戦《ロシアW杯》(12/2)Getty Images▽どこも怖い国ばかりです。特にコロンビアはブラジルW杯でのハメス・ロドリゲスの躍動が忘れられません 2017年12月 2位 3連覇目指すマドリーはPSGとチェルシーはバルセロナと対戦!《CL》(12/11)(c) CWS Brains, LTD.▽ラウンド16にして決勝でもおかしくないようなカードがチラホラ。どこが勝ち抜けるのか、今から楽しみです! 2017年12月 1位 リバプールがDFファン・ダイク獲得合意を公式発表! 移籍金はDF最高額の114億円に!(12/28)(C)Liverpoolfc.tv▽DFの冬移籍でこの金額!過酷な重圧に晒されるでしょうが、果たしてプレーで周囲を黙らせることができるのでしょうか。 2017.12.31 23:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【プレイバック2017】イタリア代表のW杯予選敗退…改めて考えさせられた本大会の重み《2017年11月》

▽2017年も残すところ本日のみとなりました。今年もサッカー界では様々な注目すべき出来事が起こりましたが、今回は「超ワールドサッカー」で人気があったニュースを1月~12月までランキングでご紹介。1カ月9つのトピックで108の出来事を振り返ります。この機会に、2017年を振り返ってみてください! 2017年11月 9位 あれ、もしかして?…ディバラが意味深発言"(11/21)Getty Images▽ユベントス伝統の「10」を背負うディバラが「ユベントスに残ることは約束できない」と発言。自身の将来に言及しました。 2017年11月 8位 イタリアが15大会ぶり予選敗退、スウェーデンは3大会ぶり12度目のW杯出場(11/14)Getty Images▽W杯優勝経験を持つイタリア代表がまさかの予選敗退…。欧州予選の厳しさを改めて感じました。 2017年11月 7位 ドルトムント、"規律違反"のオーバメヤンに出場停止処分! 今後の去就に影響も…(11/17)Getty Images▽遅刻を繰り返すなど素行不良が伝えられていたオーバメヤンでしたが、その後は何事もなかったかのように活躍を続けています。 2017年11月 6位 ミラン、モンテッラを解任 そして闘犬ガットゥーゾを後任に(11/27)Getty Images▽大型補強後のモンテッラ監督政権は失敗に。リスタートにガットゥーゾ監督を招へいしたミランですがその後は…。 2017年11月 5位 W杯ポット振り分けが確定、日本は最下層のポット4に《ロシアW杯》(11/16)Getty Images▽このポット分けが発表された際には「スペインだけはやめてくれ! 」と思っていましたが、避けられて”ほっと”しました。 2017年11月 4位 日本、ベルギーに善戦もルカクの一撃に沈んで惜敗《国際親善試合》(11/15)Getty Images▽やはりベルギーは赤い悪魔でした…。しかし、槙野選手がルカクを相手にフィジカル勝負でやれていたのが印象的な試合です! 2017年11月 3位 美しき敗者デ・ロッシ、PO敗退後に同僚やファンの非礼をスウェーデンに謝罪(11/16)Getty Images▽”男が惚れる男”というのはこういう人間のことでしょう。 2017年11月 2位 ネイマール、キレる「クソが、話し過ぎなんだよ」(11/23)Getty Images▽いくらビッグプレーヤーでも一人の人間。自分の言動全てが報道されると思うと、そのストレスは生半可なものではなさそうです 2017年11月 1位 それはマズくない? ネイマール、PSGで出場試合の選択権を要求か(11/28)Getty Images▽ネイマールは本当にこんなことを要求したのでしょうか。PSG側は否定していますが…。 2017.12.31 22:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【プレイバック2017】クレイジーな人多数?! 代表引退撤回にポルノ女優の広告起用《2017年10月》

▽2017年も残すところ本日のみとなりました。今年もサッカー界では様々な注目すべき出来事が起こりましたが、今回は「超ワールドサッカー」で人気があったニュースを1月~12月までランキングでご紹介。1カ月9つのトピックで108の出来事を振り返ります。この機会に、2017年を振り返ってみてください! 2017年10月 9位 C・ロナウドが2年連続5度目の男子最優秀選手賞獲得! 各賞受賞者が決定!《ザ・ベストFIFAアワード2017》(10/24)Getty Images▽C・ロナウドがメッシに並ぶ5度目の最優秀選手賞を受賞しました。「偉大な選手たちとこの場に居られることはとても素晴らしい。幸せだ」と受賞後のスピーチで語りました。 8位 チリ代表MFビダルが代表引退発表から数時間後にまさかの撤回!(10/12)Getty Images▽代表引退を宣言したビダルがその数時間後に引退を撤回。自身のSNSで「僕たちは最後まで戦い続ける、死ぬまで諦めない」と綴っています。 7位 バイエルンの新監督人事権はペップの手に? ヘーネス会長に推したのは?(10/4)Getty Images▽結局、かつて三冠を達成したハインケスに後任を任せクラブは見事に復活。優勝に向けてすでに独走態勢に入っています。 6位 バルセロナがプレミアに参戦?! ヴェンゲル監督「カタルーニャ語を学ばないと」(10/3)Getty Images▽カタルーニャ自治州の独立運動の影響でバルセロナがリーガから離脱するかどうかが騒がれる中、ヴェンゲル監督が冗談を交えて言及しました。 5位 カシージャスの去り際は常に悲しみ帯びる…レアル・マドリーに続きポルトでも干される(10/25)Getty Images▽確かにこの記事通り、カシージャスはこの後のリーグ戦ではベンチを温める日々が続いています。 4位 スパーズ戦で酷評されたDFロヴレンが自身のSNSのプロフィールからリバプールの名を削除! 今後の去就に影響も(10/24)Getty Images▽直前の試合の低調なパフォーマンスから戦犯扱いにされ憤ってしまったロヴレンですが、その後は信頼を回復。安定したパフォーマンスが続いています。 3位 2017年サッカー界最強の11人が決定! レアル・マドリーから最多5人が選出《ザ・ベストFIFAアワード2017》(10/24)Getty Images▽なんとも豪華な顔ぶれに。マドリーからは最多5名の選出となりました。 2位 ドイツ6部クラブが過激なスポンサー獲得! ポルノ女優が胸スポンサーに(10/4)Getty Images▽本当に大胆な広告を打ったものです。ディレクターのネルツ氏も「我々は本当におかしな人間が揃ったチーム」としてクレイジーさを認めています。しかし遠く離れた日本で記事にされたのですから、効果は絶大かもしれません。 1位 「日本と言えば?」アザールら日本と対戦するベルギー代表陣が答える(10/25)Getty Images▽日本との親善試合を控えたベルギー代表の面々が日本の印象について語りました。 2017.12.31 21:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【プレイバック2017】怪物ムバッペの誕生に1月までもつれた大物選手の移籍話《2017年9月》

▽2017年も残すところ本日のみとなりました。今年もサッカー界では様々な注目すべき出来事が起こりましたが、今回は「超ワールドサッカー」で人気があったニュースを1月~12月までランキングでご紹介。1カ月9つのトピックで108の出来事を振り返ります。この機会に、2017年を振り返ってみてください! 2017年9月 9位 稀代の名将モウリーニョが守護神に! パンチングや鋭い飛び出しで“バス停め”を実践(9/3)Getty Images▽チャリティマッチでGKを務めたモウリーニョ。監督としては超一流ですがGKとしてはからっきしだったようです。 8位 PSGがムバッペを買い取りオプション付きレンタルで獲得! 来夏235億円での買い取りに(9/1)Getty Images▽ネイマールに次ぐ大型補強を成功させたPSG。その移籍金は235億円。18歳(当時)の選手としては破格過ぎる値段です。 7位 レマル獲得を諦めないヴェンゲル、「再び彼の獲得に動く」(9/3)Getty Images▽冬の移籍市場でも獲得を噂されているレマルですが、果たして実現するのでしょうか。 6位 チェルシー、ドリンクウォーターと5年契約 推定移籍金50億円(9/1)Getty Images▽リバプールとの争奪戦を制したチェルシー。カンテとのミラクル・レスターコンビは選手も「楽しみ」と語るほど、ファンやサポーターからも期待が集まっていました。 5位 パウリーニョ&コウチーニョ弾のブラジル、9連勝で首位通過確定!《ロシアW杯南米予選》(9/1)Getty Images▽世界最速でW杯出場を決めたサッカー王国・ブラジルが予選首位通過を決めました。後に行われた日本代表との親善試合では圧倒的な力の差を見せ付けられました。 4位 イエロ「セルヒオ・ラモスとピケのCBコンビは世界最強」(9/3)Getty Images▽マドリーとバルサで時には言い争う2人ですがスペインのレジェンド・イエロ氏が「世界最強のコンビ」だと提言しました。 3位 アーセナルに悲報…カソルラがプレミア登録メンバー外に! 2017年中の復帰は絶望 (9/3)Getty Images▽昨年10月に負傷しここまで何度も手術を受けてきたカソルラ。さらに踵に感染症という追い打ちで復帰の目途が立っていませんが選手は1月でのプレーを目指してリハビリ中のようです。 2位 コウチーニョ逃してぶっちゃけるバルセロナ「リバプールは2億ユーロを求めてきた」(9/2)Getty Images▽夏にコウチーニョを獲得できずぶっちゃけてしまったバルセロナ。冬の移籍で悲願成就なるか 1位 アーセナル残留のサンチェス、来夏フリーでレアル・マドリー入りも?(9/3)Getty Images▽契約延長を拒否したという報道が出回り一気に移籍説が加速したサンチェスですが…新年1月、どうなるか見てみましょう。 2017.12.31 20:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【プレイバック2017】フットボール界の歴史を動かしたネイマールとマドリーの2冠《2017年8月》

▽2017年も残すところ本日のみとなりました。今年もサッカー界では様々な注目すべき出来事が起こりましたが、今回は「超ワールドサッカー」で人気があったニュースを1月~12月までランキングでご紹介。1カ月9つのトピックで108の出来事を振り返ります。この機会に、2017年を振り返ってみてください! 2017年8月 9位 ユナイテッドがイブラヒモビッチと再契約、背番号は10(8/24)Getty Images▽“神・イブラ”が人間離れした驚異的な回復力を見せ赤い悪魔と再契約!これには執刀医も驚きを隠せなかったようです。 8位 バルセロナ、コウチーニョ&O・デンベレ獲得目前? クラブSDが明言(8/17)Getty Images▽明言通りO・デンベレの獲得は成功させたバルセロナ。コウチーニョは冬での移籍が迫っていると言われていますが…。 7位 ついにピケも白旗宣言!? 「過去9年間でマドリーより劣っていると感じるのは初めて」(8/17)Getty Images▽スーペル・コパでの大敗にビッグマウス・ピケも負けを認めざるをえなかったようです。 6位 逃げ切ったCL王者マドリーがEL王者ユナイテッド撃破! 2年連続4度目の優勝!《UEFAスーパーカップ》(8/9)Getty Images▽この時点で3冠達成のマドリー。この後、更なる栄冠を手にすることになります。 5位 【プレミア・シーズンプレビュー】本命シティ、対抗ユナイテッド(8/10)Getty Images▽前半戦を終えて予想通り以上の結果となっているプレミアリーグ。シティの連勝はいつまで続くのか。 4位 アセンシオ圧巻ゴラッソでクラシコ連勝マドリーが5年ぶり10度目の戴冠!《スーペル・コパ》(8/17)Getty Images▽これで4冠目を手にした白い巨人。快進撃は続きます。 3位 ユナイテッド、イスコの「顔がデカいから」獲得を見送っていた?! (8/10)Getty Images▽顔がデカいという理由で獲得を見送られたイスコ。今では「あの時獲っていればよかった」と後悔しているハズ?! 2位 グループステージ組み合わせ決定、王者レアル・マドリーはドルトムント、スパーズと同居の死の組に《CL》(8/25)Getty Images▽世界最高峰の戦いがいよいよ始まる! 死の組となったグループHの首位通過は意外にもトッテナムでした。 1位 PSG、史上最高額の移籍金でFWネイマールを獲得! 「PSGの野心が僕を魅了した」(8/4)Getty Images▽今夏の話題は何といってもこれ!移籍金290億円は度肝を抜かれましたね。天文学的な数字だったのが今や現実になってしまいました。 2017.12.31 19:00 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp