ニュース

thumb

ローマ、ベイリー獲得交渉が難航…レバークーゼンは63億円の移籍金を要求

▽ローマはレバークーゼンのU-23ジャマイカ代表FWレオン・ベイリー(21)の獲得に乗り出しているが、交渉が難航しているようだ。『フットボール・イタリア』がイタリア『メディアセット』の報道をもとに伝えている。 ▽バルセロナにボルドーのブラジル人FWマウコム(21)を強奪されたローマは、新たな右ウイングを主戦場とする左利きのアタッカーの獲得候補としてベイリーをリストアップ。 ▽『メディアセット』によれば、ローマはベイリーの獲得に4000万ユーロ(約50億円)を用意しているが、レバークーゼン側はこの条件に満足しておらず、少なくとも5000万ユーロ(約63億円)を求めているそうだ。 ▽高い身体能力と足下のテクニックを武器とするベイリーは、2015年にヘンクでプロデビュー。昨夏加入したレバークーゼンでは、両ウイングを主戦場にブンデスリーガ30試合を含む公式戦34試合に出場し12ゴール6アシストを記録していた。 ▽なお、セリエAの移籍市場は現地時間17日までとなっている。 2018.08.17 02:47 Fri
twitterfacebook
thumb

ジローナ、マンチェスター・シティからFWパトリック・ロバーツをレンタルで獲得

▽ジローナは16日、マンチェスター・シティからU-20イングランド代表FWパトリック・ロバーツ(21)を1年間のレンタル移籍で獲得した。 ▽小刻みなタッチと右サイドからのカットインを特徴とするアタッカーのロバーツは、左利きで小柄ということもあって、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのプレースタイルと比較されている。 ▽2015年の夏にフルアムからシティに加入したロバーツは、毎年のようにプレシーズンの時期に良いアピールを見せるものの、シティのトップチームでの出場はここまで通算3試合のみ。 ▽2016年に18カ月間のレンタルで加入したセルティックでは、公式戦60試合に出場するなど、主力として無敗での国内3冠達成に大きく貢献。昨シーズンもセルティックに再レンタルされたが、太モモの負傷もあり公式戦18試合の出場にとどまっていた。 2018.08.17 02:00 Fri
twitterfacebook
thumb

フロジノーネがペスカーラからイタリア人DFザンパーノを買取義務付きのレンタルで獲得

▽フロジノーネは16日、ペスカーラからイタリア人DFフランチェスコ・ザンパーノ(24)を買い取り義務付きのレンタル移籍で獲得した。 ▽2011年にエンテッラでプロデビューしたザンパーノは、ヴェローナやユーベ・スタビアでのプレーを経て、2014年の夏にペスカーラへレンタルで加入すると翌年に完全移籍。 ▽ペスカーラでは、在籍2年間で公式戦128試合に出場し1ゴール23アシストをマーク。今冬はウディネーゼにレンタルで加入し、セリエAで6試合に出場していた。 ▽『フットボール・イタリア』によれば、フロジノーネはシーズン終了後に200万ユーロ(約2億5千万円)でザンパーノを買い取る義務の契約だという。 2018.08.17 01:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ボローニャ、ウディネーゼ主将DFダニーロを買取義務付きレンタルで獲得

▽ボローニャは16日、ウディネーゼからブラジル人DFダニーロ・ランジェッラ(34)を買い取り義務付きのレンタル移籍で獲得した。なお、ボローニャによれば、ある条件が満たされた場合、買い取る義務が発生する契約だという。 ▽母国のパウリスタで2003年にプロデビューしたダニーロは、アトレチコ・パラナエンセやパルメイラスでのプレーを経て、2011年の夏にウディネーゼへ移籍。ウディネーゼでは、加入初年度からセンターバックのレギュラーとしてプレー。 ▽2016-17シーズンからはキャプテンを務めるなど、これまで在籍7シーズンで公式戦282試合に出場し11ゴール3アシストをマーク。昨シーズンもセリエAで32試合に出場していた。 2018.08.17 00:55 Fri
twitterfacebook
thumb

サンテチェンヌ、マルセイユから昨季レンタルのMFカベラを完全移籍で獲得

▽サンテチェンヌは16日、マルセイユから元フランス代表MFレミ・カベラ(28)を完全移籍で獲得した。契約期間は2022年6月30日までの4年間となる。 ▽モンペリエの下部組織出身のカベラは、2009年にトップチームに昇格。2011-12シーズンにはモンペリエのリーグ・アン初制覇に貢献するなど、主力選手として活躍すると2014年夏にニューカッスルへ移籍。 ▽ニューカッスルでは加入初年度からレギュラーとして公式戦34試合に出場したが、翌シーズンにマルセイユへレンタルで加入すると、2016年夏に完全移籍。マルセイユでは、在籍2シーズンで公式戦81試合に出場し13ゴール8アシストをマーク。 ▽昨シーズンはサンテチェンヌにレンタルで加入すると、リーグ戦29試合に出場し8ゴール6アシストを記録していた。また、2014年5月にデビューを飾ったフランス代表では、これまで4試合に出場している。 2018.08.17 00:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ポグバ退団報道再燃! バルサ&ポグバvsユナイテッドの構図に?!

▽マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバ(25)は、ジョゼ・モウリーニョ監督との関係如何に関わらずバルセロナ移籍を望むようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 ▽プレミアリーグの移籍市場閉幕まで、盛んに報じられていたポグバのバルセロナ移籍。2016-17シーズンに当時の史上最高額となった移籍金1億500万ユーロ(現在のレートで約132億円)でユベントスからユナイテッドに入団した同選手の去就には、モウリーニョ監督との軋轢が影響していることが伝えられていた。 ▽とはいえ、結局プレミアの移籍市場が閉まるまでにポグバ退団は発表されず。バルセロナのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるアリエド・ブライダ氏が先日、スペイン『ラジオ・スポルティーバ』で「私たち(バルセロナ)がポグバ獲得に動くとは思えない」と発言するなど、この騒動は急激に下火になっていった。 ▽しかし、『デイリー・メール』は15日、ポグバがバルセロナ移籍を望んでいるとする記事をリリース。それによると、同選手はユナイテッドに入団したタイミングでもスペイン行きを望んでいたようで、モウリーニョ監督との亀裂が修復されたとしても移籍の意思は変わらないという。 ▽また、バルセロナとポグバの間では既に合意が得られているものの、ユナイテッドのみが反対している状況であるとも。ポグバの代理人であるミーノ・ライオラ氏が移籍金8950万ポンド(約126億円)の5年契約を取り付けたと囁かれる中、ユナイテッド側はスペインの移籍市場が閉幕するまで入札を拒否し続ける構えである模様だ。 ▽また、ポグバは来年1月、もしくは来夏の移籍も見据えているようで、その間にモウリーニョ監督との関係はさらに悪化していくだろう、と『デイリー・メール』は報じている。 2018.08.16 22:25 Thu
twitterfacebook
thumb

スーパー杯敗戦のマドリー、会長がチェルシーからの緊急補強に動く⁉

▽レアル・マドリーはチェルシー所属のスペイン代表マルコス・アロンソ(27)の獲得に興味示しているようだ。スペイン『ドン・バロン』の情報を基に、イギリス『デイリー・スター』が伝えた。 ▽マドリーには今夏、フラメンゴからブラジル人FWヴィニシウス・ジュニオール(18)、レアル・ソシエダからスペイン代表DFアルバロ・オドリオソラ (22)、チェルシーからベルギー代表GKティボー・クルトワ(26)などが加わっている。 ▽しかし、ユベントスに移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの穴を埋めるようなスコアラーの獲得はできておらず。チェルシーMFエデン・アザールやバイエルンFWロベルト・レヴァンドフスキに関連する噂は立ち消えとなっている。 ▽そんな中、先日行われたUEFAスーパーカップで、マドリーはアトレティコ・マドリーに2-4で敗戦。当然、新戦力の獲得が求められる中、『デイリー・スター』はマドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が驚きの名前をリストアップしていると報じた。 ▽その名前は、チェルシーDFマルコス・アロンソだ。同選手はマドリーの下部組織出身で、2010年にトップチームデビュー。しかし、出場は1試合に留まり、2010年夏にボルトンに移籍を果たした。その後はフィオレンティーナ、サンダーランドを経て、2016年夏にチェルシーに加入すると、主力として活躍。加入1年目にはプレミア制覇にも貢献した。昨シーズンは、リーグ戦33試合に出場し7ゴールを記録している。 ▽『デイリー・スター』は、「マルコス・アロンソならばディフェンス面の改善の1つとなるだろう」と締めている。 2018.08.16 21:48 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナルの若手DFビエリクが3部チャールトンヘレンタル

▽リーグ1(イングランド3部)のチャールトンは16日、アーセナルに所属するU-21ポーランド代表DFクリスティアン・ビエリク(20)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は今シーズン一杯となる。 ▽ビエリクは、2015年1月にレギア・ワルシャワから完全移籍でアーセナルに加入。2017年1月からはバーミンガム、2018年1月からはウォルソールへレンタル移籍していた。 ▽2017-18シーズンは、ウォルソールでの出番はなく、アーセナルU-23としてプレミアリーグ2で4試合に出場していた。 2018.08.16 20:55 Thu
twitterfacebook
thumb

アリソン加入で居場所が危ういGKミニョレはイタリアへ?

▽リバプールのベルギー代表GKシモン・ミニョレだが、どうやらチームを去ることになりそうだ。イギリス『リバプール・エコー』が報じた。 ▽ミニョレは、2013年7月にサンダーランドからリバプールへと加入。チームの守護神を任されていたが、2016年7月にマインツから加入したGKロリス・カリウスとポジションを争うことに。2017-18シーズンは19試合の出場と、出場機会を減らしていた。 ▽しかし、ユルゲン・クロップ監督はミニョレ、カリウスの両者のパフォーマンスに不満を持ち、ローマのブラジル代表GKアリソン・ベッカーを獲得。開幕戦となったウェストハム戦はアリソンが先発し、ベンチにはカリウスが入り、ミニョレは3番手になりつつある。 ▽そんなミニョレだが、代理人のニコ・バエセン氏が去就についてコメント。セリエA行きで交渉中と明かすも「話し合っているが合意はない」とコメント。「解決策を見つけることがクラブの関心事だ」と語った。 ▽また、「リバプールはミニョレをチームにとどまらせたいが、彼はプレーしたいし、プレーしなければならない」とコメント。「彼は素晴らしいチームでプレーする価値があるんだ」と語り、出場機会を求めて移籍を辞さないとした。 ▽移籍先には、ナポリが浮上。今夏GKホセ・マヌエル・レイナがミランへ移籍するなど3人のGKが退団。アレックス・メレト、オレスティス・カルネジスを獲得したが、ミニョレの方が実績はある状況だ。バエセン氏は「ナポリにとって、シモンはクオリティの面では最良の選択肢だ。しかし、財政面の問題もある」と語り、移籍金がネックとなる可能性も明かしている。 2018.08.16 19:40 Thu
twitterfacebook
thumb

PSGがドイツ期待の若手CBケフラーをシャルケから完全移籍で獲得

▽パリ・サンジェルマン(PSG)は16日、シャルケのU-21ドイツ代表DFシロ・ケフラー(21)の加入を発表した。背番号は「4」を着用。契約期間は2023年6月30日までの5年間となる。 ▽ケフラーは、U-17年代でシュツットガルトの下部組織からシャルケの下部組織に入団。2015年夏にトップチーム昇格を果たすと、徐々に出場機会を増やしていき、昨シーズンは公式戦33試合3ゴール2アシストの成績を収めていた。 ▽また、ドイツ代表としても各年代で招集されている期待の若手CB。2017年6月には、U-21ドイツ代表としてU-21欧州選手権に出場。チームの優勝メンバーの1人だった。フランス『レキップ』によると移籍金は推定3700万ユーロ(約47億円)とされている。 2018.08.16 19:35 Thu
twitterfacebook
thumb

小林祐希にライバル出現? ヘーレンフェーンがAZからMFリエンストラを獲得…昨季はリーグ戦10ゴール

▽MF小林祐希が所属するヘーレンフェーンは15日、AZからオランダ人MFベン・リエンストラ(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年までとのことだ。 ▽リエンストラは、アヤックスやAZの下部組織出身で、ヘラクレスやズヴォレ、ヴィレムⅡなどでプレーしていた。エールディビジでは221試合に出場し19ゴール14アシストを記録。2017-18シーズンはエールディビジで30試合に出場し10ゴール2アシストを記録していた。 ▽中盤のセンターを主戦場としており、ヴィレムⅡではゲームキャプテンも務めており、小林にとってはライバル出現となった。 2018.08.16 17:53 Thu
twitterfacebook
thumb

ペルージャが再びカリアリから北朝鮮代表FWハン・クァンソンをレンタルで獲得

▽セリエBのペルージャは、カリアリから北朝鮮代表FWハン・クァンソン(19)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。今シーズン一杯のレンタルとなる。 ▽ハン・クァンソンは、2017年3月にカリアリに加入。8月にペルージャへとレンタル移籍すると、今年1月にカリアリに復帰。しかし、再びペルージャへとレンタルで加入することとなった。 ▽ペルージャでは、前回在籍時に公式戦19試合に出場。セリエBでは17試合に出場し7ゴール3アシストの活躍を見せていた。カリアリに復帰してからは、昨シーズンのセリエAで7試合に出場していた。 2018.08.16 17:48 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルン、J・ボアテング退団なら後釜はアルデルヴァイレルト?

▽バイエルンは、現在パリ・サンジェルマン(PSG)から関心を寄せられているドイツ代表DFジェローム・ボアテング(29)の退団に備えて後釜獲得に動こうとしているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽今夏新たなチャレンジとして移籍を考慮しているとされるJ・ボアテング。これまでPSGのほか、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が囁かれていたが、9日にプレミアリーグの移籍市場がクローズした。これにより、最近ではJ・ボアテングがPSG行きを決意したことが報じられ、移籍実現の可能性が高まっている。 ▽そんな中、バイエルンはJ・ボアテングの退団に備えてトッテナムに所属するベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト(29)を後釜としてリストアップしているようだ。 ▽アルデルヴァイレルトは、2015年にアトレティコ・マドリーからトッテナムに加入。昨シーズンはケガにも悩まされて公式戦21試合の出場にとどまった。それでも7月まで行われていたロシア・ワールドカップ(W杯)では、6試合に出場。ベルギー代表史上初の3位入賞に貢献した。 2018.08.16 16:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ロペテギ監督、スーパー杯敗戦も新戦力獲得には言及せず「彼らは飢えている」

▽レアル・マドリーのフレン・ロペテギ監督が、現在の選手たちへの信頼を口にした。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽レアル・マドリーは15日、UEFAスーパーカップでアトレティコ・マドリーと対戦して延長戦の末に2-4で敗戦。『マルカ』やスペイン『アス』など国内各紙は、ユベントスに移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド不在による、得点力不足が敗戦の原因ではないかと指摘している。 ▽また、試合後には、ハングリー精神に欠けるのでは、という趣旨の質問が会見場で飛び交った。「既にこれだけ多くを勝ち獲ってきた選手たちでこれからも勝ち続けられるのか。それがハンディキャップになるのでは? 」と尋ねられたロペテギ監督は、以下のように返答している。 「いや、ハンディキャップとはみなしていない」 「この選手たちは多くのタイトルを勝ち取ってきたし、昨シーズン欲していたラ・リーガを逃した。だから、今シーズンは集中しようと努力しているし、チームを改善しようとしているんだ。スーパーカップを失ってから前に進み、最近獲れていないラ・リーガを求めている。日曜日に始まるんだ。彼らはさらに飢えているし、私たちは細部まで詰めていきたい」 ▽新戦力獲得については言及しなかったロペテギ監督。スコアラーの獲得がないことを批判的に見る向きも強いが、19日に行われるリーガエスパニョーラ開幕節ヘタフェ戦に勝利し外野の意見を跳ね返すことが出来るのだろうか。 2018.08.16 14:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ナポリ、アーセナルGKオスピナ獲得決定的

▽ナポリの、アーセナルに所属するコロンビア代表GKダビト・オスピナ(29)獲得が決定的になったようだ。『フットボールイタリア』が伝えた。 ▽伝えられるところによると、契約は1年間のローン移籍でレンタル料は100万ユーロ(約1億2000万円)。800万ユーロ(約10億円)の買い取りオプションが付随することも報じられており、木曜日にもメディカルチェックをする予定だ。 ▽今シーズンからカルロ・アンチェロッティ監督が指揮を執るナポリからは、昨季の守護神、スペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナ(35)がミランに移籍した。レイナの後釜としてウディネーゼからU-21イタリア代表GKアレックス・メレト(21)を獲得したが、シーズン前のキャンプで左腕を骨折。全治2カ月でシーズンの序盤戦は欠場することが決定的であるため、経験豊かなオスピナに白羽の矢が立ったようだ。 ▽オスピナは2005年に母国のアトレティコ・ナシオナルでプロデビューを果たすと、2008年にニースに移籍。2014年のブラジル・ワールドカップでは、コロンビアのベスト8進出に貢献して評価を高め、同年夏にアーセナルにステップアップを果たした。アーセナル加入後は、不運なことに加入初年度の7月末に全治約1カ月のケガを負ったものの、回復後は1stGKに。しかし、翌年に加入したGKペトル・チェフにポジションを奪われ、2015-16シーズンからは出場機会が限られていた。 2018.08.16 14:09 Thu
twitterfacebook
thumb

ソシエダの若手MFカピージャがクルトゥラル・レオネサへレンタル

▽レアル・ソシエダは16日、BチームのMFエネコ・カピージャ(23)がスペイン・セグンダB(3部)のクルトゥラル・レオネサにレンタル移籍で加入することを発表した。レンタル期間は今シーズン一杯となる。 ▽カピージャは、ソシエダの下部組織出身で、2016-17シーズンはヌマンシアへレンタル。2017-18シーズンはソシエダBとして、セグンダBで37試合に出場し5ゴールを記録していた。 ▽ソシエダでは、2014-15シーズンに2試合、2015-16シーズンに1試合リーガエスパニョーラでプレーする期待の若手。Bチームでは通算95試合に出場し15ゴールを記録している。 ▽クルトゥラル・レオネサは、昨シーズンMF井手口陽介がリーズからレンタル移籍で所属していたことで知られている。しかし、チームはセグンダ(2部)で19位となり、3部へ降格していた。 2018.08.16 11:55 Thu
twitterfacebook
thumb

プレミアリーグから引き抜きを考えるシャルケ…SDが「左サイドバックを補強」と語る

▽新シーズンの開幕まで1週間あまりあるブンデスリーガ。シャルケは、既に開幕しているプレミアリーグの選手たちに興味を示しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽プレミアリーグは10日に開幕を迎え、今週末に第2節を迎える。例年であれば8月31日が移籍期限であったが、今シーズンは開幕前の9日に期限が設定され、選手の補強ができない状況。しかし、ブンデスリーガは同じ期限を設けておらず、選手を獲得することが可能だ。 ▽シャルケは、ここ2週間で11名のプレミアリーグの選手をピックアップ。その中で、チェルシーのMFダニー・ドリンクウォーター、MFルベン・ロフタス=チーク、そしてトッテナムのDFダニー・ローズに興味を見せている。 ▽シャルケのスポーツディレクターを務める、クリスティアン・ハイデル氏が選手補強の計画を説明。左サイドバックを補強したいと語った。 「我々は2つの移籍しか予定していない。そして、2つ目は可能かどうか本当に分からない」 「我々は左サイドバックを補強すると言えるだろう。この選手と約1週間にわたって具体的に話し合い、数日後に彼を迎えることができるだろう」 ▽左サイドバックの選手の補強には約700万ユーロ(約8億8300万円)がかかると見られている。一方で、2人目のターゲットはバイエルンのMFセバスティアン・ルディ(28)と見られており、移籍金は1500万ユーロ(約19億円)と考えられているようだ。 ▽ハイデル氏はルディの移籍金に関しては高過ぎると考えており、購入オプション付きのレンタル移籍での獲得を目論んでいるとのこと。ルディにはRBライプツィヒも興味を示している。 2018.08.16 11:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、FWの獲得に白旗?「国際クラスの選手を獲るのは不可能に近い」

日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは今夏、センターフォワードの獲得を実現できないかもしれない。クラブのミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)が地元紙『ルールナハリヒテン』で認めている。ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンが今年1月にアーセナルに渡る前からその代役を務められるセンターFWを探していたと言われるドルトムント。今夏も連日、チェルシーからミヒ―・バチュアイ(→1年間の期限付きでバレンシアに移籍)の再レンタル、ユヴェントスのモイーズ・ケーンやフルミネンセのペドロの獲得などが盛んに報じられ、さらに最近では元ケルンのアントニー・モデストからの“逆オファー“も話題を呼んでいるところだ。しかし、ツォルクSDはこれまでフォワードの獲得について問われると「その選手に関して100%の確信がない限り、獲得をすることはない。フォワードを獲るために、フォワードを獲るようなことはしない」との構えを強調し続け、現時点においては最前線の補強を見送る可能性も考えられるようだ。『ルールナハリヒテン』では特にアタッカーに対する移籍金の高騰は「極端」と話す同SDだが、新選手の獲得は「意義があることが決定的」とコメント。続けて「FWのポジションは現在の移籍市場で、最も複雑なポジションにあたる」との見解を述べ、「正直に言わなければならない。現在、国際レベルのフォワードを獲得することはドルトムントにとって不可能に近い」とまで認めている。プレシーズンマッチでは本業は2列目のマルコ・ロイスやマキシミリアン・フィリップが1トップを務めたが、ルシアン・ファーヴル監督が就任したドルトムントはセンターFWを迎え入れないで新シーズンに臨むことになるのだろうか。 提供:goal.com 2018.08.16 06:10 Thu
twitterfacebook
thumb

アル・ヒラル、ガラタサライの元フランス代表FWゴミス獲得に動く…昨季はリーグ優勝&得点王を獲得

▽サウジアラビアのアル・ヒラルが、ガラタサライに所属する元フランス代表FWバフェティンビ・ゴミス(33)の獲得に動いているようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽伝えるところによると、アル・ヒラルはゴミスの獲得に向けて1100万ユーロ(約14億円)の移籍金を準備しており、ゴミスにも年棒600万ユーロ(約7億5000万円)を提示する見込みのようだ。しかし、同紙によればゴミスはトルコでのプレーを希望しており、最優先事項はガラタサライに残留することだという。 ▽これまでサンテチェンヌやリヨン、マルセイユで活躍してきたゴミスは、昨夏にガラタサライへ移籍。昨シーズンはリーグ戦33試合に出場し29ゴール5アシストをマーク。クラブの3年ぶり21度目の優勝に貢献。また、個人としてもリーグ得点王のタイトルを獲得した。 2018.08.16 04:50 Thu
twitterfacebook
thumb

フロジノーネ、今夏スイスのキアッソへ加入したオランダ人MFフルートを獲得

▽昇格組のフロジノーネは15日、スイス2部のキアッソからオランダ人MFライ・フルート(23)を完全移籍で獲得した。 ▽フロジノーネでは契約期間など詳細は明かされていないが『フットボール・イタリア』によると、フルートは2022年までの4年契約を結んだようだ。 ▽オランダの名門PSVユース出身のフルートは、2013年にトップチームに昇格。しかし、トップチームでは出場機会に恵まれず、主にリザーブチームでプレー。その後は、国内下部リーグのカンブールやアイントホーフェンでのプレーを経て2017年の夏にNACブレダへ移籍。 ▽NACでは、開幕スタメンを勝ち取るとリーグ戦31試合に出場し4ゴールを記録。7月23日にはスイス2部のキアッソへの完全移籍が発表されていた。 2018.08.16 04:16 Thu
twitterfacebook
thumb

CSKAモスクワ、積極補強のエバートンからクロアチア代表MFヴラシッチをレンタルで獲得

▽CSKAモスクワは15日、エバートンからクロアチア代表MFニコラ・ヴラシッチ(20)を1年間のレンタル移籍で獲得した。 ▽クロアチアの名門ハイドゥク・スプリトで2014年にプロデビューしたヴラシッチは、加入初年度からレギュラーに定着。在籍3シーズンで公式戦120試合に出場し15ゴール20アシストを記録。 ▽この活躍を受け、2017年夏にエバートンへ移籍。昨シーズンは主にカップ戦要因としてプレミアリーグ12試合を含む公式戦19試合に出場し2ゴール記録していた。 ▽また、各年代のクロアチア代表に選出されてきたヴラシッチは、2017年5月にフル代表へデビューを飾ると、これまで2試合に出場している。 2018.08.16 03:33 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルンが酒井高&伊藤スタメンのHSVに逆転勝利!《プレシーズンマッチ》

▽プレシーズンマッチのハンブルガーSV(HSV)vsバイエルンが15日にフォルクスパルク・シュタディオン行われ、1-4でバイエルンが勝利した。HSVのDF酒井高徳は61分までプレー、MF伊藤達哉は前半のみプレーした。 ▽12日にブンデスリーガ2部第2節のザントハウンゼン戦を行ったHSVは、その試合からスタメンを6人変更。酒井高と伊藤は共にスタメンに名を連ねた。 ▽一方、12日にDFLスーパーカップ2018でフランクフルトと対戦したバイエルンは、その一戦からGKノイアーとロッベン以外のスタメン9人変更。ワグナーやコマン、ゴレツカ、ラフィーニャらがスタメンに並んだ。 ▽互いに積極的な入りを見せる中、先にチャンスを迎えたのはHSV。3分、味方のパスを受けたホルトビーがボックス中央まで持ち上がりシュートを放つが、これはGKノイアーが左足で弾く。 ▽対するバイエルンは4分、ロッベンのスルーパスでゴールエリア右まで駆け上がったワグナーがダイレクトシュート。GKミッケルが弾いたボールがそのままゴールに向かうも、ゴールライン手前で守備に戻ったDFにクリアされた。 ▽一進一退が続く中、試合が動いたのはHSV。25分、ボックス左でボールを受けたアルプが相手DFを背負いながらワンタッチではたくと、これを拾ったホルトビーがGKノイアーを引きつけラストパス。最後はネイリーがゴールに流し込んだ。 ▽先制を許したバイエルンだが30分、左サイドから仕掛けたコマンがボックス左で酒井高に倒されPKを獲得。このPKをワグナーがゴール左隅に沈めた。さらにバイエルンは、41分にもゴレツカの左クロスをワグナーが右足のヒールで合わせ、逆転に成功した。 ▽迎えた後半、1点を追うHSVは伊藤やホルトビー、GKミッケルらに代えてハイロやヤンジチッチ、GKポラースベックを投入。対するバイエルンはGKノイアー、ロッベン、アブッチァを下げてGKウルライヒ、リベリ、ジュルーを投入。 ▽立ち上がりから主導権を握るバイエルンは、59分にコマンやルディー、ゴレツカらに代えてミュラーやチアゴ、フランツケらをピッチに送り出した。すると73分、右サイドから仕掛けたフランツケのクロスをニアに走り込んだミュラーがワンタッチで流し込み、3点目を奪った。 ▽リードを広げたバイエルンは、86分にもボックス左でボールを受けたキミッヒの折り返しからミュラーがゴールネットを揺らし、試合を決定付ける4点目。結局、試合はそのまま1-4で終了。 ▽敵地で逆転勝利を収めたバイエルンは、18日にDFBポカール1回戦で4部のドロホターゼンと対戦。一方のHSVは、18日にDFBポカール1回戦で4部のエルンテブリュックと対戦する。 2018.08.16 02:56 Thu
twitterfacebook
thumb

パルマ、河北華夏で出場機会を失うコートジボワール代表FWジェルビーニョ獲得か

▽パルマが河北華夏に所属するコートジボワール代表FWジェルビーニョ(31)の獲得に動いているようだ。『スカイスポーツ・イタリア』が伝えている。 ▽昨シーズン、セリエBを2位で終え、4シーズンぶりにセリエA復帰を果たした パルマ。新シーズンに向けて戦力強化を計っているパルマは、かつてローマで活躍したジェルビーニョに白羽の矢が立ったようだ。 ▽『スカイスポーツ・イタリア』によれば、すでにパルマは河北華夏に正式にオファーを提示しており、出場機会を求めるジェルビーニョもイタリア復帰に前向きな姿勢を見せている模様。また、外国籍選手を多く抱える河北華夏も2019年冬に切れるジェルビーニョの放出を容認しており、近日中にも双方合意のもと契約解除を行うという。 ▽2005年にベルギーのベヘレンでプロキャリアをスタートさせたジェルビーニョは、その後、ル・マン、リール、アーセナル、ローマを経て、2016年冬に河北華夏入り。しかし、河北華夏は近年、FWエセキエル・ラベッシやMFハビエル・マスチェラーノ、MFエルナネスなどビッグネームを補強しており、在籍3年間で公式戦わずか29試合の出場で4ゴールに終わっていた。 2018.08.16 01:51 Thu
twitterfacebook
thumb

ブライトン、今夏加入の南アフリカ代表FWタウをベルギー2部へレンタルで放出

▽ブライトン&ホーブ・アルビオンは15日、今夏にマメロディ・サンダウンズから獲得した南アフリカ代表FWペルシー・タウ(24)がベルギー2部のロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズへレンタル移籍したことを発表した。 ▽2013年にマメロディ・サンダウンズでプロデビューしたタウは、2015-16シーズン以外の4シーズンを過ごし公式戦102試合に出場24ゴール27アシストをマーク。昨シーズンもリーグ戦全試合に出場し11ゴール15アシストを記録していた。 ▽また、2015年10月にデビューした南アフリカ代表では、これまで11試合に出場し5ゴール記録している。 2018.08.16 00:30 Thu
twitterfacebook
thumb

クリスタル・パレス、今夏残留のザハと2023年までの新契約締結!

▽クリスタル・パレスは15日、コートジボワール代表FWウィルフリード・ザハ(25)と2023年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽今夏、チェルシーやトッテナムへの移籍の可能性が盛んに報じられた中、残留を決断したザハは新契約にサインした後にクラブ公式サイトで以下のようなコメントを残した。 「今はとても嬉しいよ。クラブとの新契約を望んでいたし、それをやり遂げることができた。だから、これからのシーズンに集中することができると思うよ。ここ最近は多くの雑音に悩まされていたから、この状況を整理することができて良かったよ」 ▽パレス生え抜きのザハは2010年にトップチームデビュー。その後、マンチェスター・ユナイテッドへの完全移籍を経験も、2014-15シーズンにレンタルで復帰を果たすと、その翌年に完全移籍で再加入。ここまで公式戦288試合に出場し44ゴールを記録。昨シーズンはチームが残留争いを強いられた中、29試合9ゴール5アシストの活躍をみせ、チームの残留に大きく貢献した。 ▽また、今季のプレミアリーグ開幕戦となったフルアム戦ではチームを2-0の勝利に導く追加点を挙げていた。 2018.08.15 19:55 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシーのナイジェリア代表DFオメルオがレガネスへレンタル移籍

▽レガネスは15日、チェルシーのナイジェリア代表DFケネス・オメルオ(24)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。今シーズン一杯のレンタルとなる。 ▽オメルオは、2012年1月にスタンダール・リエージュからチェルシーに加入。その後はADOデン・ハーグ、ミドルズブラ、カシムパシャ、アランヤシュポルへのレンタル移籍を経験している。チェルシーでの出場経験は無いものの、トルコ・スーパーリーグでは79試合に出場し2ゴール1アシストを記録。エールディビジでは36試合に出場し2ゴール2アシスト、チャンピオンシップ(イングランド2部)では33試合に出場している。 ▽また、ナイジェリア代表としても40試合に出場。2014年のブラジル・ワールドカップに続き、ロシア・ワールドカップにも出場。2試合でプレーしていた。 2018.08.15 19:51 Wed
twitterfacebook
thumb

柴崎同僚FWパチェコがマラガに移籍

▽マラガは15日、スペイン人FWダニエル・パチェコ(27)がヘタフェから加入したことを発表。契約期間は2020-21シーズンまでの3年間となる。 ▽バルセロナのカンテラを経て、2007年にリバプールの下部組織に入団したパチェコは、ウイングや2列目でプレーするアタッカー。リバプールではトップチームに定着できず、アトレティコ・マドリーやラージョにレンタル移籍していた。その後、リーガ2部のアルコルコンで頭角を現したパチェコは、2014年夏にベティスへ完全移籍。さらに、2015-16シーズンにレンタルで加入したアラベス(当時リーガ2部)で優勝に大きく貢献活躍を見せていた。 ▽ヘタフェには、2016-17シーズンにレンタルで加入して1部昇格に貢献。昨シーズンには完全移籍に切り替え、公式戦12試合に出場している。日本代表MF柴崎岳らとともに、昇格シーズンながらリーガ8位フィニッシュに貢献した。 2018.08.15 19:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ミラン復帰を望まないチアゴ・シウバ「PSGで引退したい」

▽ミランへの復帰も噂されたブラジル代表DFチアゴ・シウバが、パリ・サンジェルマン(PSG)での引退願望を明かした。フランス『Canal+』が報じた。 ▽ポルトやディナモ・モスクワでプレーをしたチアゴ・シウバは、2009年1月にフルミネンセからミランへと移籍。ミランではレギュラーとして活躍し、世界最高のDFの一人と称されるほど評価を上げ、2012年7月にPSGへと完全移籍した。 ▽PSGではキャプテンも務め、リーグ・アン4連覇を含む5度の優勝を経験。黄金期を支えたが、今夏ミランへの復帰が噂されていた。 ▽しかし、チアゴ・シウバはミランへの復帰を望んでないとコメント。また、今シーズンからスポーツ・ディレクター(SD)に就任し、かつてはPSGでSDを務めていたレオナルド氏からも誘いはなかったと語った。 「僕はPSGに居ること、そしてパリに居て幸せだ。僕は契約を結んでおり、ここで引退することを願っている」 「レオナルドは僕にミランに来るようには言ってこなかったよ」 2018.08.15 18:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ゴディン、残留意向も契約延長報道を否定「どこからその話が出たのか…」

▽アトレティコ・マドリーのウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン(32)が、契約延長報道を否定している。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽2010年のアトレティコ・マドリー加入以降、7個のタイトル獲得に貢献するゴディン。2011年から指揮を執るディエゴ・シメオネ監督の下で、欠かせない選手として絶対的な地位を築いているが、現行契約が残り1年となっており今夏の去就が取り沙汰されていた。 ▽そんな中、スペイン『マルカ』は先日、2021年までの契約延長が決定的になったと報道。噂されていたマンチェスター・ユナイテッド行きを断ったとも伝えられており、その後も新シーズンからキャプテンに昇格することが伝えられるなど、一転してクラブへの忠誠を示すような情報が多く飛び交うようになった。 ▽しかしながら、ゴディン本人は現時点で新契約を締結しているとの報道を以下のように否定している。 「オファーが来ているけど、個人的な理由で残留することに決めたよ。ファイナル(UEFAスーパーカップ)のことだけを考えている」 「だけど、契約は更新していない。ニュースを目にしたけど、どこからその話が出たのかは知らないよ」 ▽サインこそ交わしていないものの、残留は決心していると語ったゴディン。しかし、閉幕まで何が起こるか分からないのが移籍市場だ。クラブからの公式発表が引き続き待たれている。 2018.08.15 17:55 Wed
twitterfacebook
thumb

AZがPSVからアイスランド代表FWグズムンドソンを獲得

▽AZは14日、PSVからアイスランド代表FWアルベルト・グズムンドソン(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年までとなる。 ▽グズムンドソンは、ヘーレンフェーンやPSVの下部組織で育ち、2017年7月にトップチームへ昇格。2017-18シーズンのエールディビジでは、9試合に出場し3アシストを記録していた。 ▽世代別のアイスランド代表を経験しているグズムンドソンは、2017年1月にA代表デビュー。ロシア・ワールドカップのメンバーにも選ばれ、グループステージ第3戦のクロアチア代表戦に途中出場していた。 2018.08.15 17:45 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp