ニュース

thumb

ウィルシャーが親友ラムジーの古巣残留を望む「彼は将来的なアーセナルの主将だ」

元アーセナルで、現在ウェストハムでプレーするMFジャック・ウィルシャーは、MFアーロン・ラムジーがこれからもアーセナルでプレーすることを望んだ。今夏に幼少期から過ごしてきたアーセナルを離れ、フリーでウェストハムに加入したウィルシャー。ウナイ・エメリ監督の下で十分な出場機会を得られないとの判断でこの大きな決断を下した同選手は、2008年から10年近くにわたりラムジーとともにアーセナルで過ごしてきた。一方、新指揮官の下でも主力としてプレーするアーセナルで11シーズン目を迎えたラムジーだが、クラブとの契約交渉は暗礁に乗り上げ、来冬や来夏の移籍市場で退団するのではないかと先日から頻繁に報じられている。元チームメイトの去就に関する話題が続く中、ウィルシャーはイギリス『イズリントン・ガゼッタ』で同選手の残留を求めた。「彼はアーセナルで最高の選手に成長した。僕にとって彼は将来的なアーセナルのキャプテンだ。クラブを愛していることも知っている。僕はクラブにいないからこの件について適切なコメントを残すことは難しいが、彼は偉大なプレーヤーで、僕ならいつまでも彼をクラブに引き留めておきたい。長年このクラブで過ごしてきたし、クラブのために多くのことをやってきた」「僕たちは同じ年にファーストチームに入った。彼はカーディフから来て、僕はユースチームから昇格した。お互いに若く、新入り同士だったからすぐに意気投合できた」さらに、チェルシーやリバプール、マンチェスター・ユナイテッドなどプレミアリーグのライバルクラブがラムジーの獲得に興味を持つと報じられている。これに対してウィルシャーは、仮に退団することになったとしても同選手をライバルクラブに売却するようなことはあってはならないと古巣に忠告している。提供:goal.com 2018.10.19 08:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ウルブス、GKルイ・パトリシオの保証金の支払いでスポルティングと合意か

▽ポルトガル代表GKルイ・パトリシオの所属するウォルバーハンプトンは、同選手の前所属であるスポルティング・リスボンに対して契約解除に伴う補償金を支払うことで合意に近づいているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽2006年のトップチームデビュー以降、スポルティング一筋のキャリアを歩んできたルイ・パトリシオだが、今季チャンピオンズリーグ圏外の3位でリーグ戦を終えたことに腹を立てたスポルティングの過激派サポーターグループに練習場で襲撃を受けるなど、身の危険を感じたためクラブ側に今夏での契約解除を要求した。 ▽その後、ルイ・パトリシオは6月にウォルバーハンプトンへ4年契約で加入。しかし、スポルティングは国際サッカー連盟(FIFA)へルイ・パトリシオの契約違反を訴え、補償金4800万ポンド(約71億円)の支払いを求める抗議文を提出していた。 ▽今回の報道によると、ウォルバーハンプトンとスポルティングは長期間の交渉の末、要求額の1/3以下である1500万ポンド(約22億円)をウォルバーハンプトン側が支払うことで合意に至ったという。 2018.10.19 01:25 Fri
twitterfacebook
thumb

シティDFダニーロが負傷…最低1カ月の離脱か

▽マンチェスター・シティのブラジル代表DFダニーロが負傷したようだ。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が伝えている。 ▽10月の国際親善試合のためブラジル代表に招集されていたダニーロ。16日のアルゼンチン代表戦で先発出場したが、53分に足首を負傷し途中交代を余儀なくされていた。 ▽正確なケガの具合は不明なものの、『マンチェスター・イブニング・ニュース』は最低でも1カ月は回復に時間を要する可能性があると伝えている。現在シティは、MFファビアン・デルフとMFイルカイ・ギュンドアン、MFケビン・デ・ブライネが負傷離脱中。 ▽シティの今後の予定は、20日のプレミアリーグ第9節バーンリー戦(H)、23日のチャンピオンズリーググループステージ第3節シャフタール・ドネツク戦(A)、29日のプレミアリーグ第10節トッテナム戦(A)となっている。なお、ギュンドアンとデ・ブライネに関しては、バーンリー戦で復帰できる見込みだ。 2018.10.18 17:04 Thu
twitterfacebook
thumb

「もちろん誇りに思う」ポチェッティーノ、S・ラモスに強烈タックルのトッテナムMFを称賛

トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、セルヒオ・ラモスに激しいスライディングを見舞ったエリック・ダイアーを誇りに思うと称賛した。15日に行われたイングランド代表が3-2で勝利したUEFAネーションズリーグのスペイン代表戦に先発で出場したダイアー。安定したプレーを見せ、トッテナムのチームメイトであるハリー・ケインらとともに勝利に貢献した。トッテナム勢が活躍したこの一戦を受け、ポチェッティーノ監督はイギリス『スカイスポーツ』のインタビューで選手たちに賛辞を送った。「彼らは素晴らしかった。プレーがどれだけ素晴らしかったかについて話したい」「エリック、ハリー・ウィンクス、ケイン、キーラン・トリッピアーが最高だっとは言わないが、チームとして素晴らしかった。スペインよりも良い姿勢で試合に挑めていた。戦う上でこの姿勢は重要で、若い選手たちにとって最も大切なことだ。将来的にイングランドに成功をもたらせるだけのポテンシャルが彼らにあると信じている」ダイアーはこの試合の開始早々にスペイン代表主将のラモス対して激しいタックルを見舞い、イエローカードを受けていた。本来なら危険なタックルに対して批判的な意見が集まるところだが、イングランドでは強豪相手に見せた選手の姿勢を称賛する声が多く、中でも昨シーズンのチャンピオンズリーグ決勝でS・ラモスに苦杯をなめたリヴァプールサポーターからは同選手を英雄視する声まで上がっている。S・ラモスにスライディングを仕掛けたダイアーの姿勢を誇りに思うかと問われたポチェッティーノ監督は「もちろんだ。彼のことをとても誇りに感じている」と評価するコメントを残した。提供:goal.com 2018.10.18 12:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ポグバへの評価が不公正だ! 同胞ロリス「彼のクラブでのパフォーマンスは悪いと思わない」

▽トッテナムのフランス代表GKウーゴ・ロリスは、同胞MFポール・ポグバがマンチェスター・ユナイテッドで公正に評価されていないと主張した。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽2016年夏にユベントスからマンチェスター・ユナイテッドに当時史上最額となる移籍金で復帰したポグバ。しかし、その金額に見合った活躍を見せることができていないことを主因にポール・スコールズ氏のほか、ユナイテッドのOBから批判を受けている。 ▽この状況についてフランス代表でポグバとチームメイトであるロリスは、不当であると主張し、ポグバを擁護している。 「彼が現在イングランドで置かれている立場は、おそらく莫大な移籍金が原因となっているだろう」 「人々はたまに彼を公正に評価していない時がある。さらに成熟しようとしている今、彼は何をすべきかを理解している。彼はそれを僕らと証明するよ」 「僕は、彼のユナイテッドでのパフォーマンスが言われているほど悪いと思わない」 「僕らが予想していたよりも良い結果を残せていないチーム(ユナイテッド)の一員であることは確かだ。ただ、彼らはとても強いチームだ」 2018.10.18 10:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ウィガンやスワンズでプレーした元ウェールズ代表MFコッテリルが30歳で現役引退

▽元ウェールズ代表MFデイビッド・コッテリル(30)が17日、自身のツイッターで現役引退を発表した。 ▽2006-07シーズンにウィガンでプレミアリーグを戦った経験のあるウインガーのコッテリルは、スウォンジーやバーミンガムなど、主にチャンピオンシップ(イングランド2部)でプレー。公式戦通算では400試合以上に出場し、ウェールズ代表としては24試合に出場していた。 ▽そのコッテリルは現役引退について以下のように述べている。 「プロサッカー選手として14年間プレーし、スパイクを脱ぐことを決めた。子供の頃に描いた夢を生きることがこれまでは楽しかったが、新たな人生を始める時が来た」 2018.10.18 03:59 Thu
twitterfacebook
thumb

マネの左手手術が成功、経過次第でハダースフィールド戦出場へ

▽リバプールは17日、セネガル代表FWサディオ・マネの左手の手術が成功したことを発表した。 ▽マネは13日に行われたアフリカ・ネーションズカップ(ANC)予選第3節のスーダン代表戦にフル出場していたが、その試合で相手選手と接触した際に左手を負傷していた。 ▽リバプールによれば今後数日経過を見た後、20日に行われるプレミアリーグ第9節ハダースフィールド戦の出場可否を決めるとのことだ。 ▽リバプールではマネの他、代表ウィーク中にギニア代表MFナビ・ケイタ、エジプト代表FWモハメド・サラー、オランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが負傷している。 2018.10.18 01:15 Thu
twitterfacebook
thumb

フルアム会長、900億円での聖地ウェンブリー買収を白紙に

▽フルアムの会長を務めるシャヒド・カーン氏がウェンブリー・スタジアムの買収を白紙に戻したとのことだ。イギリス『スカイ・スポーツ』や『BBC』が報じている。 ▽先月25日、カーン氏は6億ポンド(約900億円)でイングランドサッカー協会(FA)とウェンブリーの買収で合意に至ったと報じられていた。しかし、FAの理事に反対勢力があったことからカーン氏は一転して考えを変え、買収を撤回したとのことだ。 ▽カーン氏はNFLの『ジャクソンビル・ジャガース』も保有するパキスタン系アメリカ人の富豪。同チームのイギリスツアーでウェンブリーを使用する計画があったとのことだ。 ▽“聖地”と呼ばれるウェンブリーは9万人の収容人数を誇る巨大スタジアムで、イングラド代表のホームスタジアムとなっている。 2018.10.18 00:30 Thu
twitterfacebook
thumb

アシストのスペシャリスト、セスク! 2つ目のプレミア記録達成

▽チェルシーに所属するスペイン代表MFセスク・ファブレガス(31)の、アシストに関するギネス記録が認められた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽2016-17シーズンにプレミアリーグ29試合で12アシストを記録し、通算6度目のリーグ二桁アシストで新記録を樹立していたセスク。今回『スカイ・スポーツ』が報じたところでは、同じシーズンにもう一つの世界記録を打ち立てていたようだ。 ▽セスクは、2016年12月31日に行われたプレミア第19節ストーク・シティ戦で2アシストを記録し、4-2の勝利に貢献。これによりプレミアでの通算アシスト数が「100」を超えた。これが、ギネスによる「プレミアリーグ最速での100アシスト突破」に認定されている。 ▽なお、セスクはアーセナル時代と合わせてプレミア293試合で大記録を達成。これまでトップだった元マンチェスター・ユナイテッドのライアン・ギグス氏は367試合を要しており、74試合も短縮した。 ▽この度の記録達成に際し、セスクは以下のようにコメントしている。 「僕は最速ではないし、最も強靭でもない。柔軟でもなければ、高くも飛べないよ」 「でも、キャリアの中でこの記録を達成したことは、僕の仕事で最も誇れるものの1つだ。なぜならこれが僕の仕事だし、うまくやったということだからね」 2018.10.17 17:00 Wed
twitterfacebook
thumb

古巣マンチェスター・Uへの苦言が止まらないスコールズ氏「たとえメッシが来たとしても…」

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるポール・スコールズ氏は、世界最高選手のリオネル・メッシが加入しても苦戦するだろうと古巣を批判した。今シーズン、開幕直後から低調な戦いを続けるマンチェスター・U。リーグ戦8試合で3敗を喫して現在8位と早くも首位争いから後退している。このスタートダッシュの失敗を受け、ジョゼ・モウリーニョ監督の去就に関する噂も日増しに高まっている。現役時代にマンチェスター・U一筋を貫いたスコールズ氏は、近年低迷を続ける古巣にこれまでにも厳しい言葉を発してきた。そして、この度『ESPN』のインタビューに応じた同氏は、バルセロナに所属する世界最高の選手を例えに出し、クラブへの批判を繰り返した。「このクラブに来た全選手が苦戦しているように感じる。ベストプレーヤーのリオネル・メッシと契約しても、彼は間違いなくこのチームで苦労するはずだ。得点やパス、なんでもできるオールラウンドフットボーラーの彼であっても難しい挑戦になるだろう」また、一貫性の欠如を日頃から批判されるポール・ポグバについても言及。「彼はいくつになった? 25? 彼は試合の中でいくつか素晴らしいプレーを見せる。しかし、わずか5分後には、頭のスイッチが切れたように最悪なことをする。突如として傲慢さが表れている印象だ。実際にウルブス戦では最高のタッチでフレッジのゴールをお膳立てした直後に、中盤でボールを失って失点を招いた。これが彼のすべてだ」そして、歯車の噛み合わない古巣に対して辛辣な言葉を残した。「チーム状態は悪いからモウリーニョの将来がどうなるか私にはわからない。ただ、今のユナイテッドはめちゃくちゃな状態だ」提供:goal.com 2018.10.17 15:30 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプールが野戦病院化…ナビ・ケイタまでも負傷

▽イギリス『BBC』は、リバプールに所属するギニア代表MFナビ・ケイタがケガしたと報じた。 ▽ナビ・ケイタは、16日に行われたアフリカ・ネイションズカップ予選のルワンダ代表戦(1-1)でハムストリングを負傷。リバプールに戻り次第、検査を受けるという。そのナビ・ケイタは、今シーズンからリバプールでプレー。ここまで公式戦10試合に出場している主力の1人だ。 ▽リバプールは、今月の代表ウィークで主力に故障者が続出中。ナビ・ケイタは、エジプト代表FWモハメド・サラー、オランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイク、ガーナ代表MFサディオ・マネに続く4人目の故障者となる。 ▽リバプールは現在、プレミアリーグ6勝2分け無敗の3位。20日に行われる次節、ハダースフィールドとアウェイで対戦する。 2018.10.17 08:45 Wed
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、ニューカッスル戦後の不適切発言で処分へ

▽イングランドサッカー連盟(FA)は16日、マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が不適切発言を行ったことを認定した。 ▽モウリーニョ監督は6日に行われ、3-2と劇的な大逆転勝利を収めたプレミアリーグ第8節のニューカッスル戦後、ピッチを去る際にポルトガル語で何か言葉を発する姿を映像で捉えられていた。 ▽FAはこの発言を調査していたが、「攻撃的、または侮辱的な発言」と認定したとのことだ。なお、モウリーニョ監督は現地時間19日の18時まで異議申し立てをすることができる。仮にこの申し立てが却下されれば、ベンチ入り停止処分が下されると現地メディアは伝えている。 2018.10.17 00:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ビエルサのニューウェルス愛がすごい! 約3億円の練習場隣接ホテルを寄付

▽リーズ・ユナイテッドを率いるマルセロ・ビエルサ監督が母国の古巣ニューウェルス・オールドボーイズに練習場隣接の選手用ホテルを寄付した。アルゼンチン『Diario Olé』が伝えている。 ▽“エル・ロコ(変人)”の愛称で知られる鬼才は、これまでマルセイユやリール、ラツィオで電撃辞任するなどエキセントリックな性格で知られる。その一方で卓越した戦術指導、育成能力、並外れたクラブへの忠誠心など、非常に魅力のある人物だ。 ▽そのビエルサ監督は自身が選手、監督として最初のキャリアを歩んだニューウェルスを“心のクラブ”としており、これまでピッチ内外で惜しみない支援を行っており、2009年にはその功績が認められてホームスタジアムがエスタディオ・マルセロ・ビエルサに名称変更された。 ▽そして、この度ビエルサ監督は愛するクラブのために練習場隣接の選手用ホテルを寄付。その総額は250万ドル(約2億8000万円)程度になったようだ。また、5階建て2000平方メートルの同ホテルはビエルサ監督の兄妹で建築家のマリア・エウゲニア氏の監修で作られ、ガレージやオーディオルーム、ゲームルーム、ビデオルーム、バスルーム、バーベキューテラスが完備されているという。 ▽なお、ビエルサ監督の要望でクラブOBにして同監督の恩師であるホルヘ・グリッファ氏の名前が冠せられるこのホテルは、クラブ創設115周年目となる11月3日に開場予定だ。ただ、ビエルサ監督はリーズの試合が組まれているために家族が代理で出席する。 ◆結構奇抜です https://twitter.com/DiarioOle/status/1051517666471628801 2018.10.16 17:10 Tue
twitterfacebook
thumb

30歳バースデーのエジル、今も欧州最高の創造者

▽データサイト『Opta(@OptaFranz)』が今月15日に30歳の誕生日を迎えたアーセナルの元ドイツ代表MFメスト・エジルをヨーロッパ最高のクリエイターとして取り上げた。 ▽エジルは、2006年にシャルケでプロデビュー後、ブレーメン、レアル・マドリーを経て、2013年夏にアーセナル入り。2009年にA代表デビューのドイツ代表においては、今年8月に代表引退を表明するまで92キャップを誇る。 ▽『Opta(@OptaFranz)』は、エジルの誕生日を祝した企画として、データ収集を開始した2006年7月以降の欧州5大リーグでプレーする選手のチャンスクリエイト数を紹介。エジルがトップの数字を叩き出しているという。 ◆欧州5大リーグのクリエイターランキング※選手名/創出数 1位:メスト・エジル/1033 2位:ディミトリ・パイエ/1016 3位:セスク・ファブレガス/932 4位:ダビド・シルバ/886 5位:リオネル・メッシ/861 6位:エデン・アザール/794 7位:マレク・ハムシク/740 8位:フアン・マタ/723 9位:フランチェスコ・トッティ/696 10位:クリスティアーノ・ロナウド/695 ▽近年、低調なパフォーマンスから「行方不明」といった皮肉や、厳しい声の矢面に立たされることも少なくないエジル。だが、そういった批評家は、この数字を見て、今一度再考すべきなのかもしれない。 2018.10.16 15:10 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナルに痛手…DFパパスタプーロスが代表戦で負傷…

▽アーセナルに所属するギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロスが15日のフィンランド代表戦で負傷したようだ。ギリシャ『Gazzetta』が伝えている。 ▽パパスタソプーロスは15日に行われたUEFAネーションズリーグ・リーグCグループ2のフィンランド戦に先発出場。しかし、0-0で折り返した後半頭にDFゲオルギオス・ツァヴェラスとの交代でピッチを後にしていた。 ▽『Gazzetta』が伝えるところによれば、パパスタソプーロスは前半に足首をねん挫していた模様。ただ、現時点ではじん帯に損傷が及んでいるなど詳細は不明だ。 ▽今夏、ドルトムントからアーセナルに加入したパパスタソプーロスは、ここまで公式戦8試合に出場し1ゴールを記録。最終ラインの新たなリーダーとして活躍している。 2018.10.16 15:08 Tue
twitterfacebook
thumb

エジル30歳の誕生日に、ムスタフィから“スペシャルプレゼント”

▽今月15日に30歳の誕生日を迎えたアーセナルのドイツ代表MFメスト・エジルが、“特別なプレゼント”を貰っていたようだ。 ▽チームメイトの同胞DFシュコドラン・ムスタフィがSNSに上げた1本の動画。そこにはユニフォームに着替えて練習場を歩くアーセナル一同と1人ボールを持ったムスタフィの姿が。ムスタフィはエジルに背後から近寄り歩くタイミングに合わせてナツメグを敢行。異変に気付いたエジルは咄嗟に足を閉めたのだが、時すでに遅し。チームのアシストキングからナツメグを成功させたムスタフィは大喜びしながら、他のチームメイトの下へ逃げるように去っていった。 ▽これにはエジルも苦笑い。ムスタフィはツイッターで動画と共に「ハッピーバースデー、メスト。30歳の誕生日に特別なプレゼントさ」とコメント。 ▽普段練習では自分がよくナツメグをかまされているためそのお返しだろうか。“特別なプレゼント”と言いつつ、一番喜んでいるのはムスタフィ本人に違いない。 2018.10.16 03:11 Tue
twitterfacebook
thumb

復活のラメラが好調の秘訣語る

▽トッテナムに所属する元アルゼンチン代表MFエリク・ラメラが今シーズンの好調なパフォーマンスの理由を語った。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽2016年10月に痛めた臀部のケガの影響で1年以上を棒に振ったラメラ。昨年11月に復帰して以降も本来のパフォーマンスを披露できずにいたが、昨季プレミアリーグ最終節のレスター・シティ戦では2ゴール1アシストの活躍をみせ、良い形でシーズンを終えた。 ▽そして、今季はここまでの公式戦7試合で4ゴール2アシストと完全復活。新戦力補強ゼロのチームにあって実質2年目のブラジル代表FWルーカス・モウラと共に“新戦力”としてチームに勢いを与えている。 ▽ラメラは今季ここまでの好調な理由に関してプレシーズンにじっくりとコンディションを整えられたことを挙げている。 「コンディションが良いし多くの試合に絡めていて本当に幸せな気分だ。今は喜びを感じながらプレーできているし、プレー自体を楽しめているんだ」 「ここ最近のシーズンとの違いは夏の時期から良い状態でスタートできていることだね。昨年の夏は手術からのリハビリ段階だったからね」 「去年は11月からシーズンを始めることになったし、幾つか問題を抱えていた。手術からの復帰では普通のことだけど、今は本当に良い状態なんだ」 ▽また、以前からスロースターターとして知られる中、開幕から8戦6勝でクラブ史上最高の勝ち点18を稼いでいるプレミアリーグでの戦いに関しては、シーズン途中からの更なるブーストを期待しているようだ。 「ここ数シーズン、僕たちはシーズン半ばをとてもうまく戦えている。現在、僕たちは首位から2ポイント差の位置に付けているけど、それはとても良いことだと思う。自分たちがより良いプレーができると確信しているし、ポジティブな気持ちでいるよ」 2018.10.15 20:31 Mon
twitterfacebook
thumb

コンパニの父親が快挙! ベルギー史上初の黒人市長に

▽マンチェスター・シティに所属するベルギー代表DFヴァンサン・コンパニの父親であるピエール・コンパニ氏がベルギーのブリュッセル首都圏地域に属する基礎自治体ガンショアンの市長に選出された。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽コンパニは14日、自身の公式『インスタグラム(@vincentkompany)』で兄弟と共に父の当選を祝福する動画を投稿した。 「歴史的なことだ! 僕たちは父のことを心から誇りに思う。父は1975年にコンゴ民主共和国から難民としてやってきた。そして、現在父はこの地域社会で大きな信頼を得て、ベルギーで初めて黒人の市長になった。それには多くの時間を要したけど、素晴らしい進歩だ。心からおめでとうと言いたい」 ▽なお、『レキップ』が伝えるところによれば、ピエール・コンパニ氏は28.38パーセントの得票率を記録。また、今回の当選によって今後3年間ガンショアンの市政を担うことになる。 ▽ベルギー代表とマンチェスター・シティで偉大なキャプテンとしてチームを牽引し続けるコンパニだが、その並外れたリーダーシップは一難民からベルギー史上初の黒人市長に任命された偉大な父の遺伝だったようだ。 2018.10.15 17:22 Mon
twitterfacebook
thumb

ペップ「我々は2人の怪物と同じ時代を生きている」

▽マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督がバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの2大スターに言及した。 ▽近年のフットボール界で最高の称号を二分する存在として長らく脚光を浴び続けるメッシとC・ロナウド。それぞれ一般的に選手としてキャリアの折り返し地点となる30歳を過ぎたが、今もなお健在ぶりをアピールしている。 ▽そのメッシ、C・ロナウドと共に、フットボール指導者界が誇る名将として同じ時代を生きるグアルディオラ監督。イギリス『FourFourTwo』によれば、2大スターについて次のように語り、敬意を表したという。 「レオは獰猛で競争的な動物だ。チームに競争力をもたらしてくれる。彼は負けを嫌い、子供のようにプレーすることを好む。大きな試合になれば、チームは彼を助け、彼は違いとなる」 「我々はそんな彼のほかにも、クリスティアーノ(・ロナウド)という選手とも共存している。要するに、2人の怪物的な選手が頂点に君臨する時代を生きているのだ」 「彼らは、共に1シーズンで50得点を挙げてしまう選手たち。しかも、10年間もね。信じられないよ。1年だけのことじゃないのだから。逆に、年々、ゴール数を増やしている」 2018.10.15 09:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ラムジーとの契約延長を試みたヴェンゲル氏が見解「何かが起こる可能性はある」

▽2017-18シーズンまでアーセナルで指揮を執っていたアーセン・ヴェンゲル氏が、去就が騒がれているウェールズ代表MFアーロン・ラムジー(27)について語った。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽ラムジーは、2018-19シーズン終了後にアーセナルとの契約が満了を迎える。契約延長に向けて両者が話し合いを続けていたが、ラムジーの要求に応えられないとしてアーセナルが契約延長を諦めたと報道。さらに、ラムジー自身がアーセナルと合意に至っていないことを明かしていた。 ▽リバプールやユベントスを始め、チェルシー、バルセロナなど、引く手あまたのラムジー。2019年1月からは国外クラブとの交渉が自由にできる状態となるものの、シーズン終了まではアーセナルでプレーするつもりのようだ。 ▽2008年にカーディフからラムジーを獲得したヴェンゲル氏は、ラムジーとの長期契約を望んでいたが合意に至らずに監督を退任。現時点ではラムジーが優位な立場にいるとしながらも、まだ何が起きるか分からないと見解を語った。 「我々は以前それを試みた。まだ、何かが起こる可能性はあるだろう」 「アーセナルで何が起きているかは分からないが、アーロン・ラムジーは強い立場に居る。そして、その立場を利用するだろう」 「しかし、アーセナルがどのような大型契約を結ぼうとするかについては分からない。私は一度、その件について責任を負ったが、もはやそうではない。私はその件について満足しているよ」 2018.10.14 15:00 Sun
twitterfacebook
thumb

プレミアリーグここまでのパス総本数は? シティを抑えてあのチームがトップに

▽プレミアリーグがツイッターで今シーズンのここまでの各チームごとのパス総本数トップ5を発表した。 ▽5位は「4329」本でマンチェスター・ユナイテッド。4位は「4398」本でトッテナム。3位は「4772」本でリバプール。2位は「5639」本でマンチェスター・シティ。そして1位は「5728」本でチェルシーとなった。 ▽意外な結果ではないだろうか。例年であれば、ジョゼップ・グアルディオラ監督の下、流動的なフットボールや個人技の融合でチームでも個でも相手を圧倒してきたシティが他の追随を許さない最多のパス本数を記録してきた。事実、昨シーズンの4月のスウォンジー戦では1015本のパスを通し、リーグ史上初めて1000本超えを達成した。 ▽しかし今シーズン、そのペップ・シティを凌ぐパスサッカーを展開しているのがチェルシーだ。新たに就任した前ナポリ監督のマウリツィオ・サッリ氏は、同じくナポリから加入したイタリア代表MFジョルジーニョを中心としたパスサッカーを瞬く間に浸透させチームをガラリと変貌させた。ジョルジーニョはプレミア初挑戦にもかかわらず、第6節のウェストハム戦で180本のパスを成功させ、『Opta』が統計を始めた2003-04シーズン以降ではリーグ最多のパス本数を記録した。ちなみに、これまで最多記録を保持していたのはシティのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンで174本。その相手はチェルシーだった。 ▽チェルシーの変貌ぶりは結果にも表れており、第8節を終了した時点で6勝2分け。稀に見る好スタートで、シティとリバプールと同勝ち点で並んでいる。また、公式戦全体に目を向けてもリーグ戦の2分け以外で全勝。EFLカップではリバプールを下している。サッリ監督の下、確かな強さを身に付けつつあるチェルシー。この強さは本物か否か…。 ◆プレミアリーグパス総本数TOP5※第8節終了時点 5,728 - チェルシー 5,639 - マンチェスター・シティ 4,772 - リバプール 4,398 - トッテナム 4,329 - マンチェスター・ユナイテッド 2018.10.14 00:08 Sun
twitterfacebook
thumb

アザール「もう一度モウリーニョと一緒に仕事がしたい」

▽チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールはかつての師、ジョゼ・モウリーニョ監督の下でもう一度プレーすることを望んでいるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽2013年から2015年にかけてチェルシーでモウリーニョ監督の指導を受けたアザール。2014-15シーズンにプレミアリーグと国内カップ戦の2冠を達成したものの、翌シーズンに一時リーグ16位に低迷する事態に陥り、モウリーニョ監督はシーズン半ばに解任された。 ▽今回『HLN』のインタビューに答えたアザールは、モウリーニョ監督の下で過ごした2シーズン半を振り返り、3年目のシーズンの不振が自分にも原因があった事に責任を感じ、モウリーニョ監督に手紙で謝罪したことや、もう一度監督の下でプレーすることを望んでいることを明かした。 「この12年間で、一度だけ上手くいかないシーズンがあった。モウリーニョとの最後の半年間だ。だけどそれは僕の責任でもあった。タイトルを獲ったあと、モウリーニョに休暇の延長を頼んだんだ。それで戻ってきたときには万全とは程遠い状態だった」 「モウリーニョとの最後のシーズンは楽しむことができなかった。全く勝てなくて日常的にトレーニングが楽しくなかったんだ、だから僕らは分かれたほうが良かった。だけどもし、僕がもう一度一緒に仕事をしたい監督を1人選べと言われたら、それはモウリーニョだと答えるよ」 「キャリアの中で後悔したことはほとんどないけど、チェルシーでモウリーニョともっと一緒にいられなかったことは残念だよ。僕たちはもっとトロフィーを獲得できるチームを持っていた。悪い時期に終わってしまったんだ」 「彼にメッセージを送ったんだ。出て行ってしまって残念だ。申し訳なかったと」 2018.10.13 20:45 Sat
twitterfacebook
thumb

世界最高のFKの名手、フィニッシャー、ドリブラーは誰…クロアチア代表MFが忖度なしで選出

UEFA(欧州サッカー連盟)は、インテルに所属するクロアチア代表MFイヴァン・ペリシッチによる「アルティメット・プレーヤー」の動画を公開した。この企画はサッカーにおける8つの項目からそれぞれ最高の選手を選ぶもの。今回は、今夏のロシア・ワールドカップでクロアチア代表の準優勝に大きく貢献したペリシッチが選出した。「距離があるところからのFKならトッテナムのクリスティアン・エリクセンだ」「最高のプレービジョンを備えているのはマンチェスター・シティのケビン・デ・ブライネだね」「最高のフィニッシャーだと僕が思うのはトッテナムのハリー・ケインだ」「ボールを持ったドリブルなら、最高の選手はバルセロナのリオネル・メッシ」「最高のストロングヘッダーはレアル・マドリーのセルヒオ・ラモスだろうね」「ボール奪取における最高の選手は、レアル・マドリーのカゼミロだ」「ボールスキルならばクリスティアーノ・ロナウドだろう」このような企画では同胞や現チームメイトから何人かを選択しがちであるが、ペリシッチは“忖度なし”で回答。ワールドクラスであること間違いなしの8選手を選んだ。提供:goal.com 2018.10.13 13:40 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナルMFエジルがフルトレーニング復帰!

▽アーセナルの元ドイツ代表MFメスト・エジルが、フルトレーニングに復帰した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽エジルは、7日に行われたプレミアリーグ第8節フルアム戦(5-1でアーセナルが勝利)を欠場。試合後、そのことについて尋ねられたウナイ・エメリ監督は、「突然痛みを感じたようだ。前日練習ができず、今日もプレー不可だった」と、背中に問題を抱えていることを明かしていた。 ▽クラブからの正式な発表もなく数試合の欠場も予想されていたが、12日付の『スカイ・スポーツ』はエジルがフルで練習に復帰したと報道。代表ウィーク後に控えている22日のプレミア第9節レスター・シティ戦にも間に合いそうだ。 ▽また、8月中旬に左腓骨骨折により全治6週間~8週間と見込まれていたMFエインズリー・メイトランド=ナイルズも、フルトレーニングに復帰。しかし、FWダニー・ウェルベックとGKペトル・チェフがどちらもハムストリングに問題を抱えており、入れ替わるように離脱することになりそうだ。 2018.10.13 12:50 Sat
twitterfacebook
thumb

「マンジュキッチを忘れなければ」クロアチア指揮官、攻撃陣の奮起求める

クロアチア代表を率いるズラトコ・ダリッチ監督は、チームはFWマリオ・マンジュキッチを忘れる必要があると語った。クロアチアは12日、UEFAネーションズリーグでイングランドと対戦。ロシア・ワールドカップではマンジュキッチが決勝点を挙げたが、代表引退を決めたエースは当然そこにはおらず、試合はスコアレスで終了している。ダリッチ監督はチームを長年支えたストライカーを忘れる必要があると話した。「我々はマンジュキッチを忘れなければならない。終わったことだ。彼は決断を下し、他の解決策を持って彼の決断を尊重しなければならない」先月のネーションズリーグではスペインに0-6と大敗していたクロアチア。それだけに簡単ではない戦いだったと指揮官は振り返る。「あのような大敗から立ち直るのは簡単ではない。まだすべきプレーができていなかったし、攻撃はより効果的に、ボールももっとキープする必要がある。いいチャンスも作ったが、イングランドのシュートが2度ポストに当たったのは幸運だった。いいオーガナイズと守備組織があったことには満足している」 提供:goal.com 2018.10.13 11:45 Sat
twitterfacebook
thumb

サラー、代表戦で筋肉系の負傷…検査は今後

▽リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーが、負傷したようだ。イギリス『BBC』が報じている。 ▽エジプト代表として12日のアフリカ・ネーションズカップ予選第3節スワジランド代表戦に臨んだサラー。前半終了間際には右CKから左足で直接ゴールを叩き込み、4-1での勝利に貢献した。 ▽しかし、試合終了間際には左サイド付近で座り込んでしまい、エジプト代表スタッフとともにそのままピッチを後にしている。イギリス『スカイ・スポーツ』によると、アシスタントコーチのハニ・ラムジ氏は試合後に「筋肉系のケガだ。詳細な検査はこれからだがそれほど重傷ではない」とコメントしていた。 ▽エジプト代表は今後、16日に第4節でスワジランドと再戦。また、リバプールは20日にプレミアリーグ第9節ハダースフィールド戦を予定しており、サラーの負傷に関する検査結果の報告が待たれている。 2018.10.13 08:40 Sat
twitterfacebook
thumb

やはり破談!ラムジーが来夏退団を明かす「今はベストを尽くす」

▽去就が注目されているアーセナルのウェールズ代表MFアーロン・ラムジー(27)だが、1月にチームを去る気はないようだ。イギリス『BBC』が報じた。 ▽ラムジーとアーセナルの契約は来年夏で満了を迎えるため、アーセナルは新たに4年契約を提示。しかし、契約延長で合意に至らなかったと報じられている。 ▽契約延長がなされなければ、2019年1月1日からラムジーは国外クラブとの交渉を開始することができる。リバプールやユベントス、チェルシー、バルセロナなどが注視しており、来年1月の移籍の可能性が高まっている。 ▽しかし、ラムジーはアーセナルを早期退団するつもりがないとコメント。契約を全うすると語った。 「僕はアーセナルと契約している。今シーズンは特別なことを達成するために、ベストを尽くすつもりだ」 ▽ラムジーは2008年にカーディフから加入。現在所属している選手の中では、最長の在籍期間となる。ラムジーは、2013-14、2014-15、2016-17シーズンの3度FAカップを制していた。 ▽ラムジーはアーセナルとの契約延長が破談になったことについては「決まったこと。サッカーでは何でも起こる。できる限りのプレーを続けなければいけない」とコメント。今シーズンに全てを懸けると意気込んだ。 「全てのことがクラブでうまくいっている。僕たちは契約に合意すると思っていたけど、もはやそれはない」 「僕のサッカーを続けなければいけない。、今シーズンはアーセナルのためにベストを尽くす」 2018.10.12 22:30 Fri
twitterfacebook
thumb

プレミア9月の月間MVPは4戦5発のアザール! 最優秀監督はウルブスのヌーノが初受賞

▽プレミアリーグは12日、チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールが9月の月間最優秀選手に選ばれたことを発表した。 ▽マウリツィオ・サッリ新監督の下、開幕から無敗を継続するチェルシーを牽引するアザールは、9月に開催されたボーンマス戦、カーディフ戦、ウェストハム戦、リバプール戦の合計4試合に出場。そして、ウェストハム戦を除く3試合でいずれもゴールを記録し、カーディフ戦ではハットトリックを達成していた。 ▽なお、アザールは2016年10月以来となる2度目の受賞となり、チェルシーからの受賞は同年11月のスペイン代表FWジエゴ・コスタ(現アトレティコ・マドリー)以来となる。 ▽また、9月の月間最優秀監督賞はウォルバーハンプトンのヌーノ・エスピリト・サント監督が初受賞した。 ▽昨季のチャンピオンシップ(イングランド2部)優勝チームを率いるヌーノ監督は9月にウェストハム戦、バーンリー戦、マンチェスター・ユナイテッド戦、サウサンプトン戦の4試合を戦い、敵地で引き分けたユナイテッド戦を除きすべての試合でクリーンシートでの勝利を記録した。 ▽最後に9月の最優秀ゴールは、リバプールのイングランド代表FWダニエル・スタリッジが9月29日の第7節チェルシー戦で試合終盤に決めたスーパーミドルシュートが選出されている。 2018.10.12 22:28 Fri
twitterfacebook
thumb

サラーは不起訴! 運転中のスマホ操作で捜査を受ける…

▽リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーが不起訴処分となったようだ。イギリス『BBC』が伝えた。 ▽サラーは8月12日、プレミアリーグ開幕戦でリバプールの4-0の勝利に貢献。試合後、渋滞で止まっているサラーの車に一般市民が集まり、その中の1人が撮影したとされる動画に、スマートフォンを操作しながら運転している場面が映し出され、この動画はソーシャルメディアを通じて一斉に拡散されていた。 ▽マージーサイド警察は翌日に動画を確認したと発表。イギリスではスマートフォンを操作しながらの運転には最大で6点の減点及び200ポンド(約2万8000円)の罰金が科されるが、今回は不起訴となったようだ。 ▽マージ―サイド警察によると、「捜査が行われていたが、訴追を裏付ける証拠が不十分であった」とのことで、「さらなる措置はとられない」と発表。サラーに対しては「運転中の携帯電話の使用について指導した」とのことだ。 2018.10.12 21:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ユダヤ人差別横行するチェルシー、差別撲滅へアウシュビッツ強制収容所訪問プラン検討か

▽チェルシーが一部の人種差別的な自クラブのサポーターを更生させるため、ポーランドにあるナチスのアウシュビッツ強制収容所を訪問させるプランを検討しているようだ。イギリス『BBC』が伝えている。 ▽チェルシーは同じロンドンに本拠地を置きユダヤ人コミュニティから支持されている、ライバルクラブのトッテナムに対して敵意を燃やしており、長年一部の熱狂的なサポーターが反ユダヤ的なチャントを歌うなど、数々の人種差別的な振る舞いを行ってきた。 ▽チェルシーのオーナーを務めるユダヤ系ロシア人のロマン・アブラモビッチ氏は、以前からユダヤ人に対する自クラブのサポーターの人種差別的な態度を問題視しており、その問題を解決すべくアウシュビッツ収容所の教育コース参加の機会を提供することを検討しているようだ。 ▽チェルシーのブルース・バック会長は今回の新たな試みに関して、「ただ人々を観戦禁止にしても、彼らの振る舞いが変わることはない。この施策は彼らに自身がこれまで何をしてきたかを顧みさせ、より良い振る舞いをしたいと思わせるチャンスを与える」とコメント。この試みに関する意義について語っている。 2018.10.12 15:15 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp