ニュース

thumb

どんだけ喉渇いていたんですか? 独2部GKが給水中に失点許す…

▽ブンデスリーガ2部に所属するデュイスブルクのオランダ人GKマルク・フレッケンが24日に行われたインゴルシュタット戦で信じがたい形でゴールを許した。イギリス『CAUGHT OFFSIDE』が伝えている。 ▽24日に行われたブンデスリーガ2部第24節でデュイスブルクは、日本人MF関根貴大が所属するインゴルシュタットと対戦し、2-1で勝利した。なお、関根は招集外となっている。 ▽この試合にスタメン出場したフレッケンは、試合開始11分に味方が与えたPKを見事なワンハンドセーブで阻み、チームを救った。しかし、直後の13分にチームが先制した後の18分にとんでもない失態を演じた。 ▽相手のゴールキックの場面で完全に気を抜いたフレッケンは、プレーが再開されたことに全く気付かずに、呑気にゴールネットの中に置いてあった給水用のウォーターボトルを取りに行く。すると、相手GKのロングボールがデュイスブルクのボックス付近に飛ぶと、相手FWと競り合った味方DFがフレッケンに頭でバックパス。しかし、ウォーターボトルを取って喉を潤そうとしていたフレッケンはこのバックパスに全く反応できず、相手FWクチュケにゴールへ流し込まれた。 ▽そして、ウォーターボトルを片手に相手のゴールをゴールネットの中で確認したフレッケンのあまりに間抜けな姿が、ここからSNS上を中心に世界中へ届けられることになった。ただ、幸いなことに相手選手が前半に退場したことで、チームはその後に勝ち越して2-1の勝利を収めた。 ▽試合開始直後のPKストップにチームの勝利によって、戦犯を免れたフレッケンだが、幾ら喉が渇いていようと、インプレーになりそうな状況での給水は気を付けてほしいところだ。 ◆シュール過ぎる絵面です https://twitter.com/wijor/status/967410309379092480 2018.02.25 13:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ビジャレアル、暴行・監禁で逮捕のDFルベン・セメドとの契約を一時凍結

▽ビジャレアルは23日、暴力事件で逮捕されたポルトガル人DFルベン・セメド(23)との雇用関係を一時凍結することを発表した。 ▽スペイン『マルカ』によると、セメドと男2人を含めた3人は、一般男性をセメドの自宅に監禁。その間に、被害者の家に侵入し金銭や恐喝するための品を盗み出したという。 ▽被害者が警察に駆けつけた際には、打撲痕や足首のケガ見つかっており、バレンシア市民警察は20日午後にセメド容疑者ら3人を逮捕。また、3人が銃を所持していた疑いもあり、その内の1人が脅しのために2回発砲したとも伝えられている。これにより、“暴行”ではなく“殺人未遂”として起訴される可能性も。 ▽このことを把握したビジャレアルは、推定無罪の理念を尊重するとしつつ、潔白が証明されるまでセメドとの雇用を凍結。その期間中は、給与の支払いも行われない。 ▽セメドが起こした暴力事件はこれが初めてではなく、昨年11月にはクラブで口論になった相手に銃を脅しに使ったとして、逮捕されていた。既に超えてはいけないラインを越えていたが、今回の事件でさらに衆人の下で脚光を浴びるのが困難になっただろう。 ▽昨年夏の移籍市場でスポルティング・リスボンからビジャレアルに加入したセメドは、次代を担う逸材として期待されていたが、今シーズン序盤に負傷。公式戦5試合の出場に留まっていた。 2018.02.24 03:22 Sat
twitterfacebook
thumb

FIFAもお手上げ? バルサ&ネイマールのボーナス巡る泥沼騒動の続きは法廷で

▽国際サッカー連盟(FIFA)は、パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールと同選手の古巣・バルセロナの間で巻き起こっているボーナス未払い騒動の仲裁から手を引くことにしたようだ。イギリス『BBC』が報じた。 ▽2013年から所属するバルセロナで、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシに次ぐスタープレーヤーに成長を遂げたネイマールは、2017年夏に史上最高額となる2億2200万ユ―ロ(現在のレートで約299億円)の移籍金でPSGに移籍。サッカー界の話題をかっさらった。 ▽新天地でもここまで公式戦29試合29ゴールと、輝かしい活躍を披露してクラブの主役に躍り出たネイマール。しかし引き換えに、欧州での出発地となったバルセロナとの間にわだかまりを作ってしまった。 ▽問題の発端は2016年10月。ネイマールは、“2017年7月末まで所属していれば2600万ユ―ロ(約34億円)のボーナスが発生する”という条項が加えられた内容で、バルセロナとの契約延長にサインした。そして、ネイマールのPSGへの移籍が発表となったのは2017年8月3日のことだ。 ▽このため、ネイマール側はボーナスを受け取る権利があると主張した。対するバルセロナは、契約条項に“選手が他クラブと交渉しないこと”、“支払いは移籍期間終了後の9月1日に行う”などの条件を設けていたと反論。もつれた議論は、ネイマール側の訴えによってFIFAに持ち込まれていた。 ▽結局、ネイマール側の訴えは2月中旬に却下に。そして今度は逆に、契約不履行としてバルセロナがネイマールに800万ポンド(約12億円)の返済を求める訴訟を起こし、問題のフィールドは法廷に移されることとなった。 ▽この件に関して、FIFAは「裁判所で行われているため不明」と述べ、スポークスマンは以下のようにコメントして仲裁から離脱することを明らかにした。 「それは認識したが、明らかに同じ議題が同じ当事者たちによって、(法廷、FIFAという)異なる組織に同時に提出された。FIFA側は当事者たちに伝えたよ…。どうやら事件について調査する立場にないということをね」 ▽ネイマールとバルセロナの論争は法廷に一本化されることに。FIFAからの罰則ではなく、法的な処罰をどちらかが受ける可能性も高まり、泥沼の騒動はさらに深刻に過熱していくかもしれない。 2018.02.24 01:53 Sat
twitterfacebook
thumb

自動車事故に巻き込まれたカリアリDFピザカーネが負傷…大事には至らず

▽カリアリに所属するイタリア人DFファビオ・ピザカーネが、自動車事故に巻き込まれ負傷したようだ。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽カリアリではレギュラーとしてプレーし、今シーズンのセリエAでは17試合に出場していたピザカーネ。報道によると、カリアリのトレーニング施設であるアッセミネッロへ向かう途中、複数の車両が関わった事故に巻き込まれてしまったようだ。 ▽この事故でピザカーネは深刻なケガを負うことはなかったものの、右ヒザを切るケガをした模様。全治などはまだ判明していないが、大事には至っていないという。 ▽降格圏とは勝ち点差が離れているものの、残留を早く決めたいカリアリにとっては、主力センターバックが離脱することは痛手となりそうだ。 2018.02.22 12:25 Thu
twitterfacebook
thumb

踏んだり蹴ったりのシティ…アグエロが殴られる

▽リーグ1(イングランド3部相当)のウィガンにまさかの敗戦を喫したマンチェスター・シティに対して、さらなる悲劇が怒ったようだ。スペイン『アス』が報じている。 ▽シティは19日、FAカップ5回戦でウィガンと対戦した。4冠の可能性を残すシティだったが、前半でデルフが一発退場となるなど苦しい戦いとなる。すると79分、自分たちのミスから失点を喫すると、試合終盤はGKブラーボも相手陣内に攻め込むパワープレーを見せたが及ばず。格下相手にまさかの敗戦となった。 ▽今シーズンのプレミアリーグで無類の強さを見せて首位を快走するシティに、完封勝利を収めたウィガン。この快挙にサポーターも大喜びを見せ、試合後には複数のサポーターがピッチになだれ込む事態となった。『アス』によると、ほとんどのサポーターはウィガンの選手たちの健闘を称えていたようだが、一人のサポーターだけは違う行動をとったという。 ▽そのサポーターは敗れたシティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロに近づき、いきなり右ストレートを見舞った模様。これに怒り狂ったアグエロが反撃に出ようとしたところで、ウィガンのイングランド人DFシャイアン・ドンクリーが仲裁に入ったようだ。 ▽今回の事件を受けてウィガンのデイビッド・シャープ会長は「サッカーは感情的なスポーツだ。特にファンはそうだが、試合の最後にこういう光景は見たくなかった。素晴らしい結果だと思うが、もっと上品に振舞うべきであり、このような行為は好きではない」と、ファンの行動に苦言を呈している。 2018.02.20 11:58 Tue
twitterfacebook
thumb

アギーレ元日本代表監督が関与したとされる八百長疑惑に進展…6年間のフットボール活動禁止措置が求刑

▽かつて日本代表を指揮し、現在はUAEのアル・ワフダで指揮を執るハビエル・アギーレ氏。日本代表監督を退く要因ともなった八百長疑惑について、重い処分が求刑されることになるようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽嫌疑がかかっているのは、2010-11シーズンのリーガエスパニョーラ最終節のレバンテvsレアル・サラゴサ。アギーレ監督は当時サラゴサで指揮を執っており、アギーレ監督を含む多くの選手が嫌疑をかけられている。 ▽スペイン検察は、この八百長疑惑に対し、関係者に2年間の懲役刑と6年間のフットボール活動禁止措置を勧告することを発表。しばらく動きがなかったこのスキャンダルの周囲が再び騒がしくなりそうだ。 ▽今回の八百長疑惑には、アギーレ監督以外にも、アトレティコ・マドリーのキャプテンであるガビやマンチェスター・ユナイテッドのアンデル・エレーラ、レスター・シティのビセンテ・イボーラなどが関与しているとされている。 ▽スペインの法律では、初犯であれば2年以下の懲役は免れることができる可能性が高い。しかし、アギーレ監督は、2013-14シーズンのエスパニョールvsオサスナでも嫌疑がかけられており、その場合は重い処分が下されそうだ。 ▽6年間のフットボール活動禁止となれば、スペイン国内に限らず、世界中でのあらゆる活動ができなくなるため、どのような判決が出るかに注目が集まる。 2018.02.15 10:40 Thu
twitterfacebook
thumb

元鹿島のカイオが罰金処分…その理由は!?

▽元鹿島アントラーズで現在はアル・アインでプレーするブラジル人MFカイオがUAEサッカー協会(UAEFA)から罰金処分を受けたようだ。『アラブニュース』が伝えている。 ▽2016年7月に鹿島からアル・アインに加入したカイオ。報道によると同選手は「非倫理的な髪型」を理由に処分を受けたようで、272ドル(約2万9000円)の罰金処分となったようだ。 ▽また、UAEでは以前にも同様の理由でモロッコ代表MFムラド・バトナ、ガーナ代表FWアサモア・ギャンが処分を受けており、カイオは3人目の選手となってしまった。 ▽なお、「非倫理的な髪型」とは、モヒカンやサイドを刈り上げたような髪形を指すようだ。 2018.02.15 08:36 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナルを迎えるエステルスンドが斬新なロッカールームを用意?

▽ホームの利を生かすとはこのことだろうか。スウェーデンのエステルスンドが斬新な方法で格上チームを苦しませるプランを明かした。 ▽エステルスンドは、15日に行われるヨーロッパリーグのラウンド32でアーセナルと対戦。1stレグではホームにアーセナルを迎えることとなる。 ▽極寒の地であり、雪も豊富にあるエステルスンドは、クラブ公式ツイッター(@ofk_1996)でアーセナルに呼びかけ。「我々はアーセナルのための準備ができています。私たちのロッカールームについて言及しましたか?」とツイート。そのツイートに載せられていた写真は、雪で作られたものであり、そこに選手のユニフォーム等が飾られているものだった。 ▽もちろんこれは冗談であり、エステルスンドがユーモア溢れる対応でアーセナルを歓迎するといった趣旨のもの。さらに、その後にクラブがアップした動画では、雪に覆われたスタジアム、さらに、2人の女性がスキー板を持って登場。しっかりと防寒着を用意して楽しみ、ブーツを着用する事、キャップではなくニット帽をかぶる事、手袋も着用する事など、イングランドからやってくるアーセナルサポーターへヨーロッパリーグの一戦の楽しみ方を紹介している。 ▽ユーモア溢れる紹介の仕方ではあるが、実際にエステルスンドは極寒。15日の天気も予報では最高気温がマイナス2度、最低気温がマイナス5度、天気は曇りと用意条件ではなさそうだ。格上であるアーセナルだが、侮ると足を滑らす可能性があるかもしれない。 2018.02.14 13:55 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリーファンのスペイン首相「彼が白いユニフォームを着るのは好まない」…獲得を望まない選手とは

▽スペインのマリアーノ・ラホイ首相が、衝撃的な発言を残した。スペイン『アス』が報じた。 ▽マドリーファンであることを公言しており、ソシオでもあることを過去に話しているラホイ首相。過去にもマドリーについての発言が取り上げられるなど、事あるごとに口を出している。 ▽そんなマドリーは、14日に行われるチャンピオンズリーグ ラウンド16でパリ・サンジェルマン(PSG)と対戦。記者からのPSG戦に対し、「PSGでどの選手が心配の種ですか?」という質問に応えた。 「3トップが見られており、素晴らしいと思う。ただ、ディ・マリア、ヴェッラッティ、ラビオだね。世界最高峰の2つのチーム同士の対戦は、エキサイティングなものとなるだろう」 ▽また、キリアン・ムバッペ、ネイマールについても尋ねられたラホイ首相。ムバッペについて獲得すべきかどうかを尋ねられると、自身の見解を語った。 ▽「マドリーが彼と署名しなくてはいけないのかは分からないが、ベイル、ベンゼマ、クリスティアーノは良かったが、数カ月間で疑問を持たれている。いろいろな視点で判断する必要があるだろう。私は彼らを信じているよ」とコメント。昨夏、マドリーが獲得に動いたムバッペの獲得に否定的な意見を述べなかったものの、現有戦力を見守るべきだとの見解を示した。 ▽また、ネイマールの獲得について問われると衝撃発言。ライバルであるバルセロナで活躍した選手の加入についての見解をコメント。「いいや。私は彼が白いユニフォームを着るのは好まない」と語り、ネイマールの獲得は望ましくないことを明言している。 2018.02.14 13:15 Wed
twitterfacebook
thumb

サッカー界から大統領へ…ボルトンやリバプールなどで活躍した元セネガル代表FWディウフ氏が決意

▽かつてリバプールやボルトンなどで活躍した元セネガル代表のエル=ハッジ・ディウフ氏(37)が大統領就任を目指しているようだ。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽ディウフ氏は、ソショーの下部組織で育ち、スタッド・レンヌやランスでプレー。2002年7月にリバプールへと加入した。その後はイングランドでプレーを続け、ボルトン、サンダーランド、ブラックバーンなどでプレー。最後はマレーシアでプレーし、2016年1月に現役を引退した。 ▽ディウフ氏は、“リベリアの怪人”として名を馳せた、リベリアの元大統領でもあるジョージ・ウェア氏に影響されたと語った。 「私は、自分自身と家族のことを見据えている。何年も前からサッカーについて考えているが、新たなキャリア、政治的なキャリアに進もうと考えている」 「私は、母国には何かを変える私を待っている人々がいる。若者にとって戦う戦士になりたいと思っている。その準備ができており、政治の道に進むことを決心した」 「未来は決まっている。この先の2年間で政治に参加する。なぜなら、フットボールで多くのことを変えられたことをしっているうからだ。政治に対して多くの情熱がある」 ▽ディウフ氏は、現役時代からアフリカサッカー界に警鐘を鳴らしており、それが原因で代表チームを追放された経験もある。2002年の日韓ワールドカップにも出場し、ペレ氏が選んだ「FIFA100」にも名を連ねるなど、アフリカサッカー界では多くの功績を残してきた。果たして、母国の大統領になることはできるだろうか。 2018.02.08 22:05 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシーファンに中指を立てたディーニーはお咎めなし

▽ゴール後に中指を立てるパフォーマンスを見せていたワトフォードのFWトロイ・ディーニーだが、どうやら処分は下されないようだ。イギリス『BBC』が報じた。 ▽ディーニーは、5日に行われたプレミアリーグ第26節のチェルシー戦に出場。先制点となるPKを決めた後、チェルシーファンに向けて中指を立てるパフォーマンスを行っていた。 ▽しかし、試合中にマイク・ディーン主審はディーニーにカードを提示することはなく、イングランドサッカー協会(FA)も3名の元審判員による委員会で調査したものの、処分を下さないことを決定した。 ▽ディーニーは、このパフォーマンスに対して「移籍の噂に対する反応だった」とコメントしていたが、そのことが汲み取られたのだろうか。FAは、イングランド代表の試合中に中指を立てたトッテナムMFデレ・アリに対し、3800ポンド(約58万円)の罰金と1試合の出場停止処分を下していた。しかし、デレ・アリはチームメイトであるマンチェスター・シティDFカイル・ウォーカーに対するものだったと主張していた。 ▽今シーズンのディーニーは、既に危険な行為で2度の退場処分を受けている。昨年10月にはストーク・シティ戦でMFジョー・アレンに対して暴力行為を働いたとして3試合の出場停止、同12月にはハダースフィールド戦でレッドカードを受けて4試合の出場停止処分を下されていた。 2018.02.08 15:57 Thu
twitterfacebook
thumb

サンチェスがバルサ時代の脱税容疑で有罪に…16カ月の懲役も収監はなし

▽近年、続々と暴かれて行くサッカー界の脱税問題。今度は、マンチェスター・ユナイテッドへと移籍したチリ代表FWアレクシス・サンチェスが標的となった。イギリス『BBC』など複数メディアが報じた。 ▽スペインサッカー界で巻き起こっている選手や監督の脱税問題。バルセロナのFWリオネル・メッシやレアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドも嫌疑が掛けられ、出廷する事態が続いていた。 ▽サンチェスは、バルセロナ時代の2012年、2013年に肖像権の収入に関して脱税していたとされており、未納の税金は100万ユーロ(約1億3400万円)とのこと。サンチェスの有罪は確定し16カ月の懲役刑を受けることとなった。 ▽しかし、スペインでは初犯で懲役2年以下の刑に関しては、執行猶予がつくとされており、収監はされない見通し。未納分の税金も支払うことで合意しているとされている。 ▽スペインでは、レアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチが、脱税容疑のため税務当局におよそ1万ユーロ(約134万円)を支払っているとのこと。マルセロやジョゼ・モウリーニョ監督なども脱税で告発されており、スペインの2強が絡む脱税容疑が続々と出ている状況だ。 2018.02.08 11:13 Thu
twitterfacebook
thumb

デレ・アリのセックステープ流出?! …偽装工作の可能性も

▽トッテナムのイングランド代表MFデレ・アリ(21)が、不本意な形で話題になっている。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽5日ごろに突如としてSNS上に拡散されたその12秒ほどの動画の内容は、デレ・アリに“よく似た男性”がカメラ目線で笑みを浮かべながら、全裸で女性との性的な行為に及んでいるというもの。デレ・アリにはモデルのルビー・メイというガールフレンドが居ることが周知の事実となっているが、お相手は彼女とは違う女性だ。 ▽しかし、動画は不鮮明な画質であり、顔はデレ・アリと似ているように見えるものの断定できるような証拠は確認されていない。最も不可解な点として、昨年末の本人によるTwitter(@dele_official)への投稿で確認できるタトゥーが、動画の男性には彫られていないということが挙げられる。そのため、動画が全くのねつ造である可能性も。 ▽なお、記事によるとデレ・アリは弁護士を呼んで対応を行うそうだ。もし偽造であれば許されざる行為であるが、真偽が明らかにされる日は来るのだろうか。 2018.02.08 03:23 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシーファンに“中指立て”ジェスチャーのディーニー、抗議の意味を込めたと明かす

▽5日、プレミアリーグ第26節のチェルシー戦で4-1と勝利したワトフォード。先制ゴールを奪ったFWトロイ・ディーニーが見せた衝撃のパフォーマンスには理由があったようだ。 ▽チェルシーとの試合に臨んだワトフォードは、42分にディーニーのPKで先制。82分にエデン・アザールのゴールで同点とされるも、そこから怒涛の3連続ゴール。4-1で勝利していた。 ▽この試合で先制ゴールを決めたディーニーは、PKでのゴールを喜ぶ際に右手の中指をファンに向けて立てたパフォーマンスを披露。この理由を、イギリス『スカイ・スポーツ』でレポーターを務めるミシェル・オーウェンさんがディーニーに尋ね、その回答をツイッター(@MichelleOwen7)で明かした。 「トロイ・ディーニーにゴールセレブレーションについて尋ねると、彼はここ数週間の噂に対するリアクションだ。そして、まだ僕がここに居るということの反応と言ったわ」 ▽中指を立てるジェスチャーに関しては、今シーズン序盤にトッテナムのMFデレ・アリがイングランド代表の試合でマンチェスター・シティのDFカイル・ウォーカーへ中指を立てて処分。イングランドサッカー協会(FA)は、「選手がレフェリーに向けたものではないとしたが、チームメイトに向けられたかどうかに関わらず、規律に違反している」として処分を下していた。 ▽この前例を考えれば、ディーニーがどんな意図で中指を立てたかに関わらず、処分が下される見込み。ミシェル・オーウェンさんは4試合の出場停止になる可能性があるとしている。 2018.02.06 21:15 Tue
twitterfacebook
thumb

トルコで新たな挑戦を始めた長友佑都と平愛梨に第一子が誕生「この感動は一生忘れないでしょう」

▽今冬インテルからガラタサライへとレンタル移籍した日本代表DF長友佑都に第一子が誕生した。長友が自身のツイッター(@YutoNagatomo5)で伝えた。 ▽長友は、タレントの平愛梨さんと2017年1月29日に入籍。9月2日には平愛梨さんが妊娠したことを発表していた。 ▽平さんは、長友のガラタサライ移籍に対してブログでエールを送っており、 「私は私で出産に向けて強く頑張ります!」と綴っていた。 ▽長友は自身のツイッターを通じ、喜びとともに感謝の気持ちを綴っている。 「母子ともに無事出産しました。この感動は一生忘れないでしょう」 「頑張ってくれた妻への感謝、産んでくれた母への感謝、様々な感謝の想いが溢れています。ありがとう」 「これから父親として、より一層の責任、覚悟を持ち、家族を守っていきたいと思います。長友佑都、愛梨」 2018.02.05 23:20 Mon
twitterfacebook
thumb

闘病中に解任された元セビージャ指揮官が前立腺がんを克服

▽今シーズン途中にセビージャの監督を解任されたエドゥアルド・ベリッソ氏が、前立腺がんの治療が完了したようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽ベリッソ監督は、ホルヘ・サンパオリ監督の後任として今シーズンからセビージャの指揮官に就任。昨年11月に前立腺がんを患っていることを告白し、手術。復帰したものの、成績不振により12月22日に解任されていた。 ▽『マルカ』によると、ベリッソ氏は「正常な生活を送っている」とのことで、セビージャに在住しているとのこと。また、ベリッソ氏本人は「新たな指導への挑戦に向けた準備は整っている」と語り、解説者などメディアでの仕事には興味が無いことを明かした。 ▽なお、セビージャはベリッソ監督の後任として、今シーズン途中にミランの監督を解任されたヴィンチェンツォ・モンテッラ監督を招へい。就任後の5試合で1勝1分け3敗と結果を残せていない。 2018.02.05 17:50 Mon
twitterfacebook
thumb

規定違反を繰り返した結末は“戦力外通告”…アウグスブルクDFがシャルケと密会

▽アウグスブルクは、度重なる規定違反を犯したガーナ代表DFダニエル・オパレ(27)に関して、チームから除外することを発表した。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽ガーナ代表としてもプレーしたオパレは、レアル・マドリーの下部組織に所属。スタンダール・リエージュやポルト、ベシクタシュを経て、2015年8月にアウグスブルクへ加入した。2017年1月からはランスへとレンタル移籍を経験。今シーズンはブンデスリーガで17試合に出場していた。 ▽しかし、ドイツ『ビルト』は今冬にオパレがチームに無断でシャルケ幹部と密会していたと報道。クラブは、規定違反を繰り返したことで、戦力外を通達するとクラブ公式サイトを通じて声明を発表した。 「アウグスブルクは、規定やチームワーク、信頼性を正当に評価します。ここ最近、ダニエル・オパレは繰り返しこれらの規定に違反しています」 「このため、アウグスブルクはシーズン終了後の契約延長オファーを取り下げました。さらに、アウグスブルクは、新たなクラブを探すことができると、話し合いでオパレに伝えました」 ▽また、スポーツディレクターを務めるシュテファン・ロイター氏も、「ダニエル・オパレは、事実に反して、我々に繰り返し嘘をついた。さらに、彼はチーム内の行動規範を繰り返し違反している」とコメント。ピッチ外での問題行動の多さにより、クビを宣告されてしまった。 2018.02.05 12:00 Mon
twitterfacebook
thumb

快勝の裏に“幸運の女神”? エジルやムスタフィが写真を撮った女神とは

▽ホームでエバートン相手に快勝を収めたアーセナルだが、“幸運の女神”がスタジアムを訪れていたようだ。 ▽アーセナルは3日、エバートンをホームに迎え、アーロン・ラムジーのハットトリックやピエール=エメリク・オーバメヤンの移籍後初ゴールなどで5-1と快勝を収めた。 ▽試合後、メスト・エジルが自身のインスタグラム(m10_official)に写真をアップ。そこには、シンガーソングライターで世界的な人気を誇るリアーナが写っていた。 ▽リアーナは、エジルにとって“幸運の女神”の1人。2014年のブラジル・ワールドカップでは、ドイツが優勝した際にエジルと2ショットを撮影。ドイツ代表の優勝を祝福していた。そんなリアーナが、アーセナルvsエバートンを観戦に訪れ、チームに最高の結果をもたらせた。 ▽エジルは写真とともに、「彼女はどのチームをサポートするか分かっている」と投稿。また、同じくドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィも自身のツイッター(@MustafiOfficial)でリアーナとの写真を投稿し「この結果は僕たちが今日必要としていたものだ! リアーナが幸運を祈ってくれるおかげです」と投稿している。 ▽トップ4との勝ち点差がなかなか縮まらないアーセナルだ、“幸運の女神”のパワーを持続させて巻き返しなるだろうか。 2018.02.04 11:20 Sun
twitterfacebook
thumb

90年イタリアW杯でイタリア代表を率いたビチーニ氏が84歳で死去

▽イタリアサッカー連盟(FGCI)は1月31日、かつてイタリア代表監督を務め、1990年のイタリア・ワールドカップで3位に導いたアゼリオ・ビチーニ氏の死去を発表した。84歳だった。 ▽ビチーニ氏は、現役時代はヴィチェンツァやサンプドリア、ブレシアでプレー。1966年に現役を退くと、1967年からブレシアで監督を務めていた。 ▽その後は、U-23イタリア代表、U-21イタリア代表監督を務め、U-21イタリア代表監督は10年間指導。1986年にA代表の監督に就任していた。 ▽イタリア代表監督としては、前述のイタリアW杯で指揮。ロベルト・バッジョ、サルバトーレ・スキラッチを起用し順調に勝ち上がったが、準決勝でディエゴ・マラドーナ擁するアルゼンチン代表に敗れ敗退。チームは3位に終わっていた。 2018.02.02 15:24 Fri
twitterfacebook
thumb

窃盗容疑で逮捕のJFLテゲバジャーロ宮崎MF松田大成が登録抹消により退団

▽JFLのテゲバジャーロ宮崎は31日、MF松田大成(21)が窃盗容疑で逮捕され、退団したことを発表した。 ▽クラブの発表によると、松田は2017年3月15日の17時25分頃、宮崎市内のリサイクルショップからDVDレコーダー1台(販売価格54,000円)を窃盗した容疑で2018年1月15日7時頃に逮捕。2018年1月26日15時30分頃、略式起訴され罰金20万で、同日釈放されたとのこと。クラブは釈放後に選手と面談を行った結果、「登録抹消で退団」という処分に至ったとのことだ。 ▽クラブとしては、「選手の指導ができていなかった事実を重く受け止め、更正させる使命を受け持ちたい」と考えていたようだが、「本人との面談を重ねる中で本人が、今後の人生を考えた上で退団・引退の意向を持っていた為、弊クラブでの更正指導に向き合う気持ちが持てないのでは」という懸念もあり、起こした事実の大きさを考え苦渋の決断を下したようだ。 ▽松田は、福岡県出身で、豊国学園高校から阪南大学を経て2016年2月に入団していた。松田はクラブを通じて謝罪した。 「この度は、被害店舗様はじめ、クラブ、スポンサー、サポーターの皆様に多大なご心配とご迷惑をお掛け致しまして、誠に申し訳ございませんでした」 「私の考えの未熟さにより、窃盗をしてしまいました。テゲバジャーロ宮崎に関わる全ての方たちの期待を裏切る行為をしてしまい、本当に申し訳ございませんでした。今からでは悔いても遅いのですが、しっかりと反省し、いつの日か皆様が私を見て頂く日があった時には、しっかりと自立している、と認めて頂けるよう今後の日々を精進して参ります。この度は、期待を裏切ってしまい誠に申し訳ございませんでした」 ▽また、テゲバジャーロ宮崎の柳田和洋代表取締役もクラブを通じて謝罪した。 「弊クラブ所属選手が、このような行為を起こしたこと、クラブを代表として被害店舗様、応援頂いているスポンサー様、サポーター様、全てのテゲバジャーロ宮崎に関わる全ての方たちに心よりお詫び申し上げます。誠に申し訳ございませんでした」 「今回、皆様に多大なご心配とご迷惑をお掛けした事実と、窃盗による罰金刑の事実から、処分内容を深く悩みました。その中で、今回の行為は罰を受けるという社会の現実をしっかりと当該選手に示すことが一番なのでは、と考え苦渋の決断ではございましたが、「登録抹消し、退団」とさせて頂きました」 「しかしながら、弊クラブ所属選手が起こした事実は変わりませんので、そのことをクラブとして強く重く受け止め、選手・スタッフに社会人としての基礎から徹底して指導して参ります。今回は、チームビジョンの「真摯」を掲げるに相応しくない現状で反省の言葉しかございません。その上で今後、一歩ずつ再度精進し、「真摯」を少しでも体現できるクラブに近づいて参る事で、皆様にお返しして参りたいと存じます。この度は誠に申し訳ございませんでした」 2018.01.31 19:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ベンゼマが“物品税回避”を示唆? 金ぴか時計見せびらかし動画をシェア

▽レアル・マドリーの元フランス代表FWカリム・ベンゼマが、物品税を回避したことを連想させる動画を投稿した。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽コパ・デル・レイでの敗退、リーガエスパニョーラでの低迷と暗い今シーズンを過ごしているマドリーは、一挙手一投足がスペイン紙に取り沙汰され、多くのバッシングを受けている。クラブがそういった苦しい時期にある最中、得点力不足で最もバッシングを受けることの多いベンゼマが、世間への挑発と捉えられかねない動画を、自身インスタグラム(@karimbenzema)アカウントでシェアした。 ▽現地時間25日12時42分にコパ敗退後の初練習を切り上げたベンゼマは、その90分後に動画を投稿。内容は同選手が運転する映像を主観目線で撮影したものであり、映り込んでいるのはフロントウィンドウからの景色と、ステアリング、運転する手の部分だ。 ▽問題に挙げられているのは、“外交特権”という文字が編集によってその動画に載せられているということのようで、どうやらそれは『物品税や租税を回避する』という意味を連想させるそうだ。さらに悪いことに、動画の中で手にはめている金色の時計を見せびらかす仕草をしており、『マルカ』によればその時計が『ロレックス』の『スカイドゥエラー』という高給時計のようで、価値は4万5500ユ―ロ(約618万円)にも上る。 ▽動画では、人気アーティスト『Drake』が先日リリースした“Diplomatic immunity(外交特権)”という曲が流れており、単にその曲を気に入っていることをアピールした可能性も高い。それでも、バッシングを受けかねない動画になっていることは間違いなく、配慮に欠けた行動と捉えられることは仕方がないことかもしれない。 2018.01.26 18:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ホテル「CR7」がマドリッド、ニューヨーク、マラケシュでもオープンへ

▽世界最高峰のサッカー選手でありながら、実業家の側面も持ち合わせるレアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド。自身が手掛けるホテル「CR7」を3都市でもオープンさせるようだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽C・ロナウドは、ポルトガルのホテル運営会社、ペスターナ・ホテル・グループ(Pestana Hotel Group)と提携し、2016年に母国ポルトガルのリスボンと地元であるマデイラ諸島のフンシャルでオープンしている。Getty Images ▽今回新たにホテル「CR7」をオープンさせるのは、モロッコのマラケシュ、自身が所属するクラブのホームであるマドリッド、そしてアメリカのニューヨークとのこと。ホテル事業の拡大は2020年までに完了するとのことだ。 ▽最初にオープンするのは、フットボーラーがバカンスを楽しむことでも知られているマラケシュになる見込み。ペスターナ・ホテル・グループの開発責任者であるホセ・ロケットは、すでに作業が始まっており、164室の客室を準備する予定とのこと。18カ月以内にオープンする準備だという。 ▽なお、ホテルに関しては、C・ロナウドが50%、ペスターナ・ホテル・グループが50%出資している。 2018.01.25 18:10 Thu
twitterfacebook
thumb

接近禁止命令中なのに結婚!? リュカが懲役刑を求刑される…

▽アトレティコ・マドリーのフランス代表DFリュカ・エルナンデスが、懲役刑を求刑されているようだ。フランス『レキップ』が報じている。 ▽リュカは昨年2月にガールフレンドであるアメリア・オッサさんに対して2度の家庭内暴力を行った容疑で逮捕されていた。その結果、6か月間はオッサさんの500m以内に接近してはいけないと裁判所の判決が言い渡されていた。 ▽しかし報道によると、リュカとオッサさんは復縁したようで、昨年6月にはアメリカで結婚式を実施。晴れて2人は夫婦となったようだ。 ▽しかし問題は、裁判所が下した期間内にリュカがオッサさんに接近したことにあるという。さらにスペイン大使館に結婚の新星を行っていないため、スペイン国内では婚姻関係の効力はない模様。そのため、検察側は判決を無視したリュカに対して、懲役1年を求刑しているという。今後は、今回の件について審理され、判決が言い渡されることとなる。 2018.01.25 12:14 Thu
twitterfacebook
thumb

井手口陽介加入のリーズ、新エンブレムがダサいと話題に…

▽日本代表MF井手口陽介が加入したリーズが新エンブレムを発表するも、ファンやサポーターがソーシャルメディア上で酷評しているようだ。イギリス『BBC』が報じた。 ▽リーズは2019年にクラブ創設100周年を迎える。そのため、新たなクラブエンブレムを作成し、24日にはその完成形を発表。来シーズンから新たなクラブエンブレムを用いることを併せて発表した。クラブ側は、「クラブの中を深く貫く情熱と個性を表現。クラブの新時代を告げるための1つの変化であり、願いが込められている。そういう思いを反映したエンブレムとなった」と明かした。 ▽期待される新エンブレムは、上段に『リーズ・ユナイテッド』と名前が刻まれている。そこまでは普通のエンブレムなのだが、下部には選手が胸に手を当てている絵があしらわれており、これまで見たことがない斬新なものとなっている。 ▽この新エンブレムが発表された後、すぐにリーズのサポーターが反応。SNSでは「冗談だろ?」、「ひどすぎる」、「ウイイレ6のクオリティ(パッケージ画像)じゃないか」と酷評。クラブの思いとは裏腹に、サポーターたちは全く気に入っていないようだ。 ▽現在、井手口はスペイン2部のクルトゥラル・レオネッサにレンタルで移籍している。来シーズンにリーズに復帰した際には、新たなクラブエンブレムと共に戦うことになりそうだ。 2018.01.25 11:08 Thu
twitterfacebook
thumb

イングランド女子代表監督就任のフィリップ・ネビルがツイッターアカウントを削除

▽かつてマンチェスター・ユナイテッドやエバートンで活躍したフィリップ・ネビル氏が、自身のツイッターアカウントを削除した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽2013年に現役を退いたP・ネビル氏は、デイビッド・モイーズ監督の下でユナイテッドのコーチに就任。その後、バレンシアでアシスタントコーチを務めると、同年には兄のギャリー・ネビル氏が監督に就任し兄弟タッグが実現。しかし、ギャリー監督体制は長続きせずにすぐにタッグ解消となった。 ▽P・ネビル氏は、23日にイングランド女子代表監督に就任することが発表され、2021年のUEFA女子選手権出場を目指すとのことだ。それを機に、自身のツイッターアカウントを消したものと見られている。 ▽『スカイ・スポーツ』によると、2012年1月にP・ネビル氏は性別の差に関するツイートを行っていたとのこと。「女性は朝食の準備、子供の準備、ベッドメイキングに忙しいものだと考えている。女性が気の毒だ」というものだった。 ▽イングランド女子代表は、2017年9月にマーク・サンプソン監督がブリストル・シティのアカデミー監督時代に起こした「不適切かつ容認出来ない行動」が原因として解雇されて以降、監督が不在だった。 2018.01.24 14:20 Wed
twitterfacebook
thumb

バートンがFAに不満をぶちまける! 「賭博は文化」

▽サッカー賭博に関わった問題で無所属となっている元イングランド代表MFジョーイ・バートンが、処分を下したイングランドサッカー協会(FA)に物申している。イギリス『BBC Radio 4』で語った。 ▽バートンは、2006年3月26日から2016年5月13日までの間、FAの規則で禁止されている賭博に関与。1260回にわたってベッティングを行っていたとのことで、昨年4月に13カ月間のサッカー活動禁止処分と、3万ポンド(現在のレートで約463万円)の罰金を科されていた。 ▽『BBC Radio 4』に出演したバートンは、FAが2012~2016年に老舗ブックメーカー『ウィリアムヒル』と、2016年からはブックメーカー『ラドブロークス』と公式ベッティングパートナーとして契約を締結していることを指摘しつつ、自身の見解を述べた。 「もし彼ら(FA)が賭博している全員を見つけ出して厳重に取り締まるとしたら、リーグの半数が欠けると思う。プレーヤーの50%が締め出されるだろう。(賭博は)文化として刻まれてるからね」 「八百長に関する規則と賭博に関する規則が混同されていることが間違いなんだよ。八百長対策を間違っていながら、スポーツの健全化を図ろうとしている。ドーピングするようなもんだね。文化的な賭けごとは許されると思う。もし統制が執れていれば、賭博に悪いことなんか何も無い」 「俺がFAに意見したいのは、どうしたらそんなに厳しくなれるのかってこと。彼らは公式に賭博会社のパートナー(スポンサー)と提携しているじゃないか」 「賭博に関することなんて誰一人として気にしてないと信じてたよ。八百長に関しては気にすると思ってたけど」 「12年間、自分の名前で賭博用の口座を持ってたよ。賭博会社の為に色々としていたし、彼らは俺の賭博用口座にお金を払ってた。FAには知らせずにね」 2018.01.23 20:50 Tue
twitterfacebook
thumb

インゴルシュタットMF関根貴大が元SKE48で浦和ファンの金子栞さんとの結婚を発表「生涯を共にしたいと素直に思い結婚を決意しました」

▽インゴルシュタットのMF関根貴大(22)が、自身のツイッター(@sktk10)を通じて結婚を発表した。お相手はタレントで女性アイドルグループSKE48の元メンバーである金子栞さん(22)との事だ。 ▽関根は、浦和レッズのジュニアユース、ユースト経て2014年にトップチームへと昇格。1年目から出場機会を得ると、2017年8月にドイツ2部のインゴルシュタットへと移籍していた。また、世代別の日本代表を経験している。 ▽金子さんは埼玉県さいたま市出身で、関根の古巣でもある浦和のファンとしても知られている。2010年にSKE48のオーディションに合格。2014年4月にSKE48を卒業していた。関根は自身のツイッターで結婚を報告した。 「この度、私事で恐縮ですが、かねてよりお付き合いしてまいりました、タレントの金子栞さんと入籍いたしましたのでご報告させて頂きます。良い時期も苦しい時期も近くで支えてくれ、初めての海外挑戦の決断も尊重してくれた彼女と生涯を共にしたいと素直に思い結婚を決意しました」 「これからは、二人で力を合わせていつまでも明るく楽しい家庭を築いて行きたいと思っています」 「半年前にドイツに渡り、中々試合に絡めない悔しい状況が続いていますが、自ら望んでいた世界」 「レベルの厳しい環境に身を置き、サッカー選手としてここからが本当に勝負だと思っています」 「奥さんや応援して頂いている皆さんを笑顔にできるように頑張りますので引き続き応援宜しくお願いします!」 2018.01.22 21:29 Mon
twitterfacebook
thumb

JFA最高顧問の川淵三郎氏が「シーバスリーガル ゴールドシグネチャー・アワード 2018 Presented by GOETHE」を受賞

▽本業のビジネスの成果を通して社会に活力を与えると同時に、社会貢献にも寄与されたビジネスリーダーに贈られる『シーバスリーガル ゴールドシグネチャー・アワード 2018 Presented by GOETHE』の授賞式が18日に行われ、日本サッカー協会(JFA)の最高顧問を務める川淵三郎氏がエンターテインメント部門を受賞した。 ▽『シーバスリーガル ゴールドシグネチャー・アワード 2018 Presented by GOETHE』は、スコッチウイスキーの「シーバスリーガル」と株式会社幻冬舎が発行する雑誌『GOETHE(ゲーテ)』によって設立された賞。2011年から毎年開催され、今回で8回目を迎えた。 (C)CWS Brains,LTD.▽作詞家・プロデューサーの秋元康氏と、幻冬舎の見城徹代表取締役社長の特別審査員をはじめとする審査員の選考により、3部門の受賞者が決定。エンターテインメント部門の川淵氏の他、ソーシャル部門はLINE株式会社の出澤剛代表取締役社長CEO、ファッション部門は人気アパレルブランド『snidel(スナイデル)』や『gelato pique(ジェラート ピケ)』などを手がける株式会社マッシュホールディングスの近藤広幸代表取締役社長が受賞した。 (C)CWS Brains,LTD.▽川淵氏は、受賞について「初めはこんなに立派な賞と思っていなかったんです。調べてみたら大変な賞だということで、ありがとうございます」とコメント。また、「シーバスリーガル」との縁について、「1958年、大学2年生の頃、日本代表選手として東南アジアに遠征したとき、先輩からシーバスリーガルを買ってこいといわれ、海外で初めて買ったお酒がシーバスリーガルだったというご縁を思い出しました」と明かした。 ▽また、受賞理由の1つでもある「JFAこころのプロジェクト」についてもコメント。「日本サッカー協会は、「JFAこころのプロジェクト」の活動で小学5年生の子供たちを中心に夢の教室を11年間続けており、元Jリーガーや一流の選手たちが全国の小学校で正規の授業の中で夢を持つことの大切さや、そこに至るまでの努力、挫折を乗り越える勇気を教える授業を行っています。それが教育界に受け入れられ、この11年間で1万2000回、延べ4000校にのぼります」と取り組みについて語った。 (C)CWS Brains,LTD.▽授賞式の後にはトークセッションが実施。川淵氏は特別審査委員長の秋元氏とのトークセッションで、自身の原動力が「怒り」であると主張。禁止薬物混入騒動で注目が集まる日本カヌー連盟を名指しで指摘し、「各競技団体がポシャっちゃう。ガバナンスをしっかりやれと言っているのに、マヌケな組織がある。カヌーなんて、もってのほか。下の下。あんなことになって誰も責任をとってないなんて信じられない。幼稚園レベルですよ」と断罪した。 (C)CWS Brains,LTD.▽また、授賞式を前に、元日本代表選手で、現在はJAPAN CRAFT SAKE COMPANYの代表取締役CEOを務める中田英寿氏とシーバスリーガルのコラボレーションが発表。2017年の『シーバスリーガル シグネチャー・アワード』受賞者である中田市のプロデュースにより、「シーバスリーガル」と「桝田酒造店」とのクラフトマンシップ、フレンドシップの共演『Chivas Craft Brothers Project(シーバス クラフト ブラザーズ プロジェクト)』が立ち上がった。 (C)CWS Brains,LTD.▽このプロジェクトは、「シーバスリーガル」のウイスキー熟成に使用した樽を「桝田酒造店」の日本酒造りに使用してクオリティに変化を与え、新しい価値の日本酒製造を実現するもの。現在、ウイスキー熟成樽に日本酒を詰めて熟成を行っており、今年6月頃の完成を予定しているとのことだ。 (C)CWS Brains,LTD.▽また、シーバスブラザーズ社が主催する『CHHIVAS VENTURE』2018年度の日本代表社に、株式会社RICCI EVERYDAY 代表取締役COOの仲本千津さんが選ばれたことも発表された。 ▽「RICCI EVERYDAY」はウガンダ発のトラベルバッグブランドであり、ウガンダに工房を設立。シングルマザーや元子ども兵と呼ばれる社会的に疎外されてきた人々に、安心して誇りを持って働く場所を提供している。 ▽『CHHIVAS VENTURE』の世界大会では、各国代表の社会起業家たちとの交流の機会が与えられ、ビジネスアイデアを競い、決勝の結果により総額100万ドル(約1億円)の基金が分配される。 2018.01.20 21:15 Sat
twitterfacebook
thumb

18歳のアルゼンチン人MFがMLSの移籍金記録を塗り替える…移籍金は16億円超

▽1人のアルゼンチン人の若手選手がメジャーリーグ・サッカー(MLS)の移籍金記録を塗り替えた。MLS公式サイトが伝えた。 ▽新シーズンに向け、選手獲得やドラフトが進んでいるMLS。アトランタ・ユナイテッドが、インデペンディエンテのU-20アルゼンチン代表MFエセキエル・バルコ(18)を若手指名選手として獲得。国際移籍証明書とP1ビザ(スポーツ選手や芸能人に必要なもの)が認められば、正式に選手登録される。 ▽これまでのMLSの移籍最高額は、2013年にトロントFCがローマからアメリカ代表MFマイケル・ブラッドリーを獲得する際に支払った1000万ドル(当時のレートで約10億5000万円)。バルコは、それを上回る1500万ドル(約16億6000万円)の移籍金でアトランタへと加入するようだ。 ▽なお『ESPN』によると、今回の契約には、今後バルコが移籍する際の移籍金の30%がインデペンディエンテへと支払われることが盛り込まれ、期限は2019年12月までとなっている。また、その後に移籍した場合は10%が支払われる条項があるようだ。 ▽バルコは、インデペンディエンテの下部組織出身で、昨シーズンのアルゼンチンリーグでは8試合に出場し1ゴール2アシストを記録。U-20アルゼンチン代表にも選出されており、2017年に行われたU-20南米選手権では8試合に出場していた。なお、U-20ワールドカップはメンバー外となっていた。 2018.01.20 19:20 Sat
twitterfacebook
thumb

モウリーニョが獲得前にサンチェスをお試し? 遠征先にPS4を持ち込む

▽今冬の選手獲得に向け、マンチェスターユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が斬新な方法で準備を進めているようだ。イギリス『サン』が報じた。 ▽ユナイテッドは、マンチェスター・シティも獲得に興味を示していたアーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスの獲得に動き、大きく近づいているという。 ▽アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンとのトレードの話も浮上するなど、交渉は具体的に進展。まもなく発表されるとみられている。 ▽そんな中、ユナイテッドはバーンリーとの一戦に備え遠征。一行はローリー・ホテルに宿泊しているが、その際にモウリーニョ監督があるものを小脇に抱えていた。それは、プレイステーション4の箱だった。 ▽その真意は定かではないものの、『サン』によると、モウリーニョ監督は『FIFA18』をプレーするのではと予想。加入が近づくサンチェスをチームに入れ、動きや組み合わを考えているのかもしれないと見解を示している。 ▽サンチェスがユナイテッドに加入した場合、左サイドを務めるのであれば、イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード、フランス代表FWアンソニー・マルシャルとポジションを争うことになる。サンチェスはFIFA18のレーティングで「89」を記録しており、ゲーム内でも高い評価を得ている。FIFA18でしっかりと機能し、移籍の後押しにつながったのだろうか。 2018.01.20 16:11 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp