超ワールドサッカー

ニュース

thumb

国際プロ選手会が欧州スーパーリーグ構想に反対「スモールクラブが存続危機に」

▽国際プロサッカー選手会(FIFPro)が、欧州スーパーリーグ構想を巡り警告を発している。イギリス『イブニング・スタンダード』が報じた。 ▽今月、暴露サイト『フットボール・リークス』のリークを基にドイツ『シュピーゲル』が進行中であることを伝えた、欧州スーパーリーグ構想。レアル・マドリーやバルセロナ、マンチェスター・ユナイテッド、ユベントス、バイエルンなど、主要リーグのエリートクラブを中心とした16クラブが、2021年からの実現で合意に至ったことが報じられていた。 ▽もし現実のものとなれば、チャンピオンズリーグ(CL)が大会として成り立たなくなり、各国リーグも沈没するといったデメリットが危惧される一方で、主要クラブに莫大な利益が集まり、新たなメガコンテンツになることが予想されるなど、確実にサッカー界全体を揺るがす構想だ。 ▽これに関して、危機感を訴える立場である国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長は、「欧州スーパーリーグに参加した選手をワールドカップ(W杯)など国別代表から締め出す可能性がある」とけん制。構想そのものを排除したい意思を明確に示した。 ▽また、各国のプロサッカー選手を保護する立場にあるFIFProも、「トップクラブや各コンペティションは業界全体に責任を負っていることを認識すべき」、「スモールクラブやリーグが経済的な存続危機に瀕しており、各コンペティションの競争力も薄れつつある。数百万人のファンや数千人の選手たちに影響を与える、サッカー界の存続にとっても重大な問題だ」と反対意思を表明した。 ▽その一方で、インファンティーノ会長の主張に対しては、「それでも、私たちは選手たちが母国を代表することが出来るよう、権利を守る」と、「待った」をかけている。 2018.11.14 16:35 Wed
twitterfacebook
thumb

戦術フェライニに屈したアッレグリ「脅威は理解していたが…」

▽ユベントスを率いるマッシミリアーノ・アッレグリ監督が“戦術フェライニ”に屈した。 ▽ユベントスは7日にホームで行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4節でマンチェスター・ユナイテッドと対戦。1点リードで終盤を迎えたが、セットプレーから2失点を喫して、逆転負けした。 ▽イギリス『Tribal Football』によれば、アッレグリ監督は試合後、次のように敗戦の弁。ユナイテッドが79分に投入したベルギー代MFマルアン・フェライニにやられたと話したという。 「彼らはこの前の試合で彼がいなかった。今夜の試合は彼がいて、重要な役割を果たした」 「シンプルだ。彼は190cmの高さがあり、空中戦が強み」 「チームは良い守りを見せ、そんなに多くのチャンスを許さず、フェライニの脅威も理解していたが、2つのFKから失点してしまった」 「この敗戦を次に生かさなければならない」 2018.11.10 10:30 Sat
twitterfacebook
thumb

会心の直接FK、どう生まれた? マタが秘話明かす

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属する元スペイン代表MFフアン・マタが流れを一変させた会心の直接FKを振り返った。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽ユナイテッドは7日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4節でユベントスと対戦。ホームで敗れた前回対戦の借りを返したいユナイテッドだったが、この一戦も敵地で1点を追う苦しい戦いを強いられた。 ▽だが、86分にFKのチャンスからマタの直接弾が生まれ、ユナイテッドが起死回生の同点。その得点で勢いに乗った89分にオウンゴールを誘い、見事な逆転勝利を収めた。 ▽ベンチスタートから見事にチームを救ったマタは試合後、逆転劇に繋がった直接FKの場面について次のように語り、舞台裏を明かした。 「FKのチャンスを獲得したとき、僕が蹴らないとダメだと感じた」 「だから、アシュ(アシュリー・ヤング)にこう言った。『僕に蹴らせてくれ。僕なら壁を越せるから』ってね。GKも、あの場面はすごく難しかっただろうね。壁の位置が近くて、あまり視野を確保できなかったはずさ」 「たくさんの練習で繰り返してきたことを試した、同点に追いつくことは何より重要だった。そして、逆転勝利だ。場所や、ゲームの重要性を考えると、僕のキャリアを通じてもベストゴールの1つだよ」 2018.11.09 08:35 Fri
twitterfacebook
thumb

聞き耳パフォのモウ「ちょっとしたことをしたまで」

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が試合後のジェスチャーを説明した。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽ユナイテッドは7日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4節でユベントスと対戦。敵地で1点を追う苦しい戦いを強いられたが、86分に元スペイン代表MFフアン・マタの直接FKで追いつき、89分にセットプレーからオウンゴールを誘い、見事な逆転勝利を収めた。 ▽モウリーニョ監督は試合後、スタジアムの観客に対して、顔を歪めながら右手を耳に当てるジェスチャーを見せ、これ見よがしに劇的勝利をアピール。その行動の真意について、次のように話した。 「イタリア的な美しい手法で、(観客は)私を90分間も罵ってくれた。私は彼らを侮辱していない。ただ、ちょっとしたことをしたまでだ。おそらく何百万人もの(自身の古巣)インテルファンは気に入ってくれたのではないか」 「だが、私はユベントスをリスペクトしている。選手、監督、彼らの全て、クオリティをリスペクトしている。それに、私はチームの選手を誇りに思っている。我々の選手のパフォーマンスは非常に良かった」 2018.11.09 08:05 Fri
twitterfacebook
thumb

UEFA、VARの前倒し実施を考慮か、スターリングのあのシーンが引き金に

▽イギリス『BBC』によると、欧州サッカー連盟(UEFA)が来季から予定しているチャンピオンズリーグ(CL)におけるビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の使用を、今季に早めることを検討しているという。 ▽UEFAは9月27日、来季のCLでVARを導入することを発表。VARはイングランドを除くヨーロッパの主要リーグではすでに使用されており、大会史上初めて導入されたロシア・ワールドカップでは多くの場面で効果を発揮した。 ▽そのVARをUEFAは予定を早めて今シーズンから使うことを考慮しているという。理由は7日に行われたCL第4節、グループFのマンチェスター・シティvsシャフタール・ドネツクで、シティFWラヒーム・スターリングが24分に獲得したPKの場面にある。 ▽ボックス左で縦に仕掛けた同選手はシュートを打とうとした際に地面につま先を引っかけてしまいピッチに倒れたのだが、主審はこれを全く接触がなかったシャフタールDFミコラ・マトビイェンコが後ろから倒したとしてPKの判定に。スターリングはノーファウルであることを申告することはなく、シティがPKを決めて得点。試合後、「あれは僕が悪かった」とPKではなかったことを認めたが、今更である。 ▽VARはこのような試合の流れを変えてしまうような大誤審を無くすため開発されたものであり、事態を重く捉えたUEFAは次の会議で早期導入を検討する話し合いを行うと伝えられている。現在UEFAでは来季に向けて審判団へのトレーニングやワークショップを続けているが、すでに今季から導入できる準備はできているという。 2018.11.08 23:30 Thu
twitterfacebook
thumb

「良いプレーを見せたからこの結果は残念だ」アッレグリがホームでの逆転負けに肩を落とす

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督は、マンチェスター・ユナイテッドに逆転負けを喫した一戦を振り返った。7日に行われたチャンピオンズリーグ グループH第4節でユベントスはホームでマンチェスター・Uと対戦。クリスティアーノ・ロナウドのゴールで先制に成功したユヴェントスだが、終盤にマンチェスター・Uに同点にされる。さらにアレックス・サンドロのオウンゴールで逆転を許し、1-2とホームで手痛い黒星を喫した。試合後、アッレグリ監督は『スカイスポーツ』で敗戦について口を開いた。「この敗戦は残念だ。なぜなら我々は良い試合をした。しかし、いくつか修正しなければならない場面があった。ただ、フットボールとはこのようなものだ。毎試合で勝利を手にすることはできない。今夜のような試合もある」「今日は負けたが、まだグループの首位だ。それに、最初にノックアウトステージ行きを決めるだけではなく、グループ1位で勝ち抜けられるチャンスはある。この敗戦から学ばなければならないし、日曜日(11日)のミラン戦は良いチャレンジになると思う」また、この試合で先制点をマークしたロナウドについて「素晴らしいゴールを決めたが、この敗戦に彼はがっかりしているだろう」と話したアッレグリ監督だが、この結果はそれほど重要なものにならないだろうとの望みを口にした。「これがフットボールで、この結果を受け入れなくてはならない。今日の試合で突破を決めたかったが、忍耐が必要だ。我々はこれからもハードワークを続け、将来的に良くなると願っている。そしてこの先、それほど重要ではない試合に敗れたと言えるときが来るだろう」提供:goal.com 2018.11.08 17:15 Thu
twitterfacebook
thumb

CL初勝利のツルヴェナ・ズヴェズダDFデゲネクがリバプールについて語る「僕たちを過小評価」

▽ツルヴェナ・ズヴェズダのオーストラリア代表DFミロシュ・デゲネクが、チャンピオンズリーグ(CL)第4節のリバプール戦について語った。イギリス『リバプール・エコー』が伝えた。 ▽チャンピオンズカップから名称変更となって以降、初の出場となったセルビアの名門、ツルヴェナ・ズヴェズダ。グループステージではリバプールのほか、ナポリ、パリ・サンジェルマンと各リーグの強豪クラブと同居。難しい戦いになると見られていた。 ▽それでも、初戦のナポリ戦はホームでゴールレスドロー、2戦目のパリ・サンジェルマン戦ではアウェイで6-1と大敗。続くアウェイのリバプール戦では、4-0と完敗を喫していた。 ▽しかし、迎えたホームでのリバプール戦では、22分と29分にミラン・パブコフが連続ゴール。デゲネクを含めた守備陣の奮闘もあり、そのまま逃げ切り、クリーンシートで初勝利を収めた。 ▽デゲネクは、リバプールのMFジェームズ・ミルナーがツルヴェナ・ズヴェズダのホームであるスタディオン・ライコ・ミティッチの雰囲気が以前と違ったと語っていたことを明かし、前節4-0で勝利していたリバプールが過小評価していたと見解を示した。 「僕たちは上手くプレーして、彼らを止めることができた。パブコフは2つの美しいゴールを決めたが、全ての選手がうまくやっていた。僕たちがこのようなプレーを毎週できたらいいんだけどね」 「リバプールは僕たちを過小評価していた。その結果、代償を払うことになったと思う」 ▽また、2017年夏にFKラドニチュキ・ニシュから30万ユーロ(約3900万円)で獲得し、殊勲の2ゴールを記録したパブコフもコメント。勝利を喜ぶとともに、興奮を隠せないようだ。 「僕はこれを望んでいた」 「僕はリバプール戦に先立ち、ゴールを決めたいと言っていた。そしてほんとうになった。僕は2度もゴールを決めたよ」 「眠れたかって? 眠れなかったよ。僕は、リーグ戦の後でも数試合は試合後に眠ることができないんだ。多分、2、3日は眠れないんじゃないかな」 ▽グループステージは残り2節。ズヴェズダは最下位に位置しているが、首位のリバプールとは勝ち点差「2」。ズヴェズダはグループCのカギを握りそうだ。 2018.11.08 16:10 Thu
twitterfacebook
thumb

リークされた欧州スーパーリーグ構想に待った! FIFA会長が選手を締め出す可能性を示唆

▽選ばれしビッグクラブが集結し、リーグ戦を行う構想が出ている欧州スーパーリーグ。暴露サイト『フットボール・リークス』がその内容を報じたが、これに国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長が警鐘を鳴らした。イギリス『FourFourTwo』が伝えている。 ▽先日、2021年の欧州スーパーリーグ開始を見据えて、主要16クラブが既に合意を得ていると報道。これにより、チャンピオンズリーグ(CL)の終了も予測されている。 ▽合意済みのクラブとしては、CLを3連覇中のレアル・マドリーや、ライバルのバルセロナ、アトレティコ・マドリー、プレミアリーグからは、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、チェルシー、アーセナル、リバプール、セリエAからはユベントス、ミラン、インテル、ローマ、ブンデスリーガからはバイエルン、ドルトムント、リーグ・アンからはパリ・サンジェルマン、マルセイユの16クラブが挙げられていた。 ▽しかし、このリーグはFIFAはもちろんのこと、欧州サッカー連盟(UEFA)とも関係ない所で構想されており、それを受けてインファンティーノ会長が警鐘を鳴らし、仮に創設された場合は出場した選手はFIFAの大会から締め出される可能性があるとコメントした。 「(組織の)中にいるか、出ていくかということだ」 「組織化されたサッカーの中でプレーしていないならば、彼らはその組織でサッカーをすることはない。国内リーグ、代表チームの大会、ユーロやワールドカップだ」 「クラブ・ワールドカップは、リーグを離脱しようとする考えに対する答えだ」 「クラブ・ワールドカップに参加するクラブには、適切な収入をもたらすことが対価だ。こんなことを許すのであれば、何も持っていないハイチや、スタジアムが2つしか無く、3つのタイムゾーンを持つモンゴルに100万ドルを与えたたいと思う」 2018.11.08 13:40 Thu
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド、終盤2失点で逆転負けも1位通過に自信「負けるのは嫌なものだけど…」

▽ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、マンチェスター・ユナイテッド戦を振り返った。 ▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループHで首位に立つユベントス(勝ち点9)は7日、第4節でユナイテッド(勝ち点4)をホームに迎えた。引き分け以上でグループ突破が決まるユベントスは、65分にボヌッチからのロングボールをボックス内に走り込んだC・ロナウドが巧みに右足インサイドを合わせて先制点を奪う。しかし、86分にマタの直接FKでユナイテッドに1点を返されると、90分にはヤングのクロスをアレックス・サンドロがオウンゴールをしていまい、わずか4分間で逆転を許し、1-2での逆転負けを喫した。 ▽今シーズン初の公式戦黒星を喫したユベントス。試合後、C・ロナウドは改めてCLを勝ち抜く厳しさについて説いた。それでも「負けるのは嫌なものだけど、負けるタイミングとしては良かったかもしれない」と前向きに捉え、1位通過への自信をあらわにしている。クラブ公式サイトが伝えた。 「チャンピオンズリーグは特別な大会だ。勝っている時でも、集中を切らせることはできない。僕たちは90分間試合を支配していた。2、3回大きなチャンスがあったし余裕を持って勝つべき試合だったけど、スイッチが切れてしまった」 「負けるのは嫌なものだけど、負けるタイミングとしては良かったかもしれない。僕たちは優れたチームであり、まだグループの首位にも立っている。1位で通過できることを確信しているよ」 2018.11.08 13:30 Thu
twitterfacebook
thumb

グアルディオラ、スターリングの誤審PKに「あのような形で得点することは望んでいない」

▽マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラが、イングランド代表FWラヒーム・スターリングのPK獲得シーンについて言及した。イギリス『Four Four Two』が伝えている。 ▽シティは7日、チャンピオンズリーグ(CL)のグループF第4節でシャフタールと対戦。1-0で迎えた24分、この日先発したスターリングがボックス左で縦に仕掛けると、地面につま先を引っかけてしまいピッチに倒れ込んでしまう。すると、カッサイ主審は全く接触がなかったDFマトビイェンコが後方から倒したとの信じ難いジャッジでPKを与える。 ▽しかし、自身の躓きを勝手にPKと判断されたスターリングは自らノーファウルと申告することはなく、キッカーのジェズスが冷静に決めて試合を2-0に。その後もシティは得点を積み重ね、試合は結局6-0でシティの大勝で終わっている。 ▽指揮官のグアルディオラ監督は、スターリングが自らのミスで転倒したことを分かっていたようだ。試合後、「あのような形でゴールを奪うことは望んでいない」と語り、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)導入を推奨した。 「ペナルティではないと分かっていた。彼はボールを蹴りたかったのに、芝生に躓いた」 「あのような形でゴールを奪うことは望んでいない。しかし、彼は分からなかったんだろう。」 「VARはレフェリーを助けてくれるはずた。良い試合をしたいと思っていても、ゲームは速く選手たちのスキルも上がっている。ペナルティなのか、ペナルティではないのか、ジャッジには3秒から4秒かかる」 「こういう結果の後に、ペナルティについて話すことは難しい。ただ、あれはおかしかった。それだけは言える」 2018.11.08 12:25 Thu
twitterfacebook
thumb

ベンゼマが止まらない! 史上3人目のマドリー通算200ゴールを達成!

▽レアル・マドリーのフランス代表FWカリム・ベンゼマが偉大な記録を達成した。 ▽マドリーは7日、チャンピオンズリーグ(CL)第4節でビクトリア・プルゼニと対戦。アウェイでのゲームながら0-5で快勝を収めた。 ▽ソラーリ暫定体制で初のCLを迎えたマドリー。ベンゼマはこの試合に先発出場すると、21分にドリブルで3枚を剥がしシュート。先制点を記録すると、0-2で迎えた37分にはショートコーナーから、ベイルの折り返しを頭で決めて2点目を記録した。 ▽ベンゼマはこの2ゴールで公式戦3戦連発。マドリーでの通算ゴール数を201とした。 ▽クラブ最多の450ゴールを記録し、絶対的なエースだったポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)がチームを去り、得点力不足が懸念されていたマドリー。ベンゼマが揶揄されることも少なくなかったが、C・ロナウド(450ゴール)、ラウール・ゴンサレス(325ゴール)に次いで、クラブ歴代3位の記録を持っており、大台の200ゴールに到達させた。 ▽なお内訳は、リーガエスパニョーラで131ゴール、コパ・デル・レイで17ゴール、スーペル・コパ・デ・エスパーニャで2ゴール、CLで47ゴール、UEFAスーパーカップで1ゴール、クラブ・ワールドカップで3ゴールとなっている。 ◆カリム・ベンゼマ ゴール内訳 リーガエスパニョーラ:131ゴール コパ・デル・レイ:17ゴール スーペル・コパ・デ・エスパーニャ:2ゴール チャンピオンズリーグ:47ゴール UEFAスーパーカップ:1ゴール クラブ・ワールドカップ:3ゴール ◆レアル・マドリー歴代ゴール数 1位:クリスティアーノ・ロナウド/450ゴール(438試合) 2位:ラウール・ゴンサレス/325ゴール(741試合) 3位:カリム・ベンゼマ/201ゴール(429試合) 4位:フェレンツ・プスカシュ/193ゴール(221試合) 5位:ウーゴ・サンチェス/189ゴール(251試合) 6位:アルフレッド・ディ・ステファノ/156ゴール(229試合) 7位:エミリオ・ブトラゲーニョ/154ゴール(425試合) 8位:フェルナンド・イエロ/124ゴール(586試合) 9位:ゴンサロ・イグアイン/122ゴール(264試合) 10位:ミチェル/120ゴール(507試合) 2018.11.08 11:55 Thu
twitterfacebook
thumb

自分で躓いたのに…誤審PK獲得のスターリングが謝罪「あれは僕が悪かった」

▽マンチェスター・シティに所属するイングランド代表FWラヒーム・スターリングが、シャフタール戦でのある出来事について謝罪をしている。イギリス『Four Four Two』が伝えた。 ▽シティは7日、チャンピオンズリーグ(CL)のグループF第4節でシャフタールと対戦。1-0で迎えた24分、この日先発したスターリングがボックス左で縦に仕掛けると、地面につま先を引っかけてしまいピッチに倒れ込んでしまう。すると、カッサイ主審は全く接触がなかったDFマトビイェンコが後方から倒したとの信じ難いジャッジでPKを与える。 ▽しかし、自身の躓きを勝手にPKと判断されたスターリングは自らノーファウルと申告することはなく、キッカーのジェズスが冷静に決めて試合を2-0に。その後もシティは得点を積み重ね、試合は結局6-0でシティの大勝で終わっている。 ▽試合後、スターリングは同シーンについて言及。接触がなかったことを認め、審判団とシャフタールに謝罪をしている。 「僕はボールを蹴ろうとしたんだ。その次には何が起きたのか分からなかった。ピッチを倒れていたんだ」 「接触はなかったと思う。あれは僕が悪かったんだ。審判とシャフタールには謝罪したい」 2018.11.08 11:45 Thu
twitterfacebook
thumb

「良いプレーを見せたからこの結果は残念だ」アッレグリがホームでの逆転負けに肩を落とす

ユべントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督は、マンチェスター・ユナイテッドに逆転負けを喫した一戦を振り返った。7日に行われたチャンピオンズリーグ グループH第4節でユべントスはホームでユナイテッドと対戦。クリスティアーノ・ロナウドのゴールで先制に成功したユべントスだが、終盤にユナイテッドに同点にされる。さらにアレックス・サンドロのオウンゴールで逆転を許し、1-2とホームで手痛い黒星を喫した。試合後、アッレグリ監督は『スカイスポーツ』で敗戦について口を開いた。「この敗戦は残念だ。なぜなら我々は良い試合をした。しかし、いくつか修正しなければならない場面があった。ただ、フットボールとはこのようなものだ。毎試合で勝利を手にすることはできない。今夜のような試合もある」「今日は負けたが、まだグループの首位だ。それに、最初にノックアウトステージ行きを決めるだけではなく、グループ1位で勝ち抜けられるチャンスはある。この敗戦から学ばなければならないし、日曜日(11日)のミラン戦は良いチャレンジになると思う」また、この試合で先制点をマークしたロナウドについて「素晴らしいゴールを決めたが、この敗戦に彼はがっかりしているだろう」と話したアッレグリ監督だが、この結果はそれほど重要なものにならないだろうとの望みを口にした。「これがフットボールで、この結果を受け入れなくてはならない。今日の試合で突破を決めたかったが、忍耐が必要だ。我々はこれからもハードワークを続け、将来的に良くなると願っている。そしてこの先、それほど重要ではない試合に敗れたと言えるときが来るだろう」提供:goal.com 2018.11.08 11:30 Thu
twitterfacebook
thumb

相手の顔面にヒジ打ち…セルヒオ・ラモス「故意ではない」

▽レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、ビクトリア・プルゼニ戦での“ヒジ打ち”について言及した。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽マドリーは7日、チャンピオンズリーグ(CL)のグループG第4節でビクトリア・プルゼニと敵地で対戦。試合は5-0でマドリーが勝利したものの、試合中のあるシーンが話題となっている。 ▽それは17分、ビクトリア・プルゼニのGKフルシュカの蹴ったロングボールがマドリー陣内に流れ、味方のハヴェルが反応。これに対してマドリーのセルヒオ・ラモスがボールを追いかけると、並走していたハヴェルの顔面に肘が直撃する。ハヴェルはピッチに倒れ込み、鼻からは激しく出血。プレー続行不可能となり、前半途中に退いた。 ▽試合後、セルヒオ・ラモスはこの一連の行為について言及し、故意ではなかったことを主張している。 「偶然の出来事だよ。僕に相手をケガさせる意図はないよ。試合後に彼に話をしに行こうと思ったが、いなかった。だからメッセージを残しておいたよ」 2018.11.08 11:00 Thu
twitterfacebook
thumb

逆転勝利に歓喜!モウリーニョ「チャンスは与えたが、すべてコントロールの下」

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、ユベントス戦の逆転勝利に歓喜している。7日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)第4節で、敵地でユベントスと対戦したユナイテッド。後半にクリスティアーノ・ロナウドのスーパーゴールで先制を許して苦しい展開となったが、途中出場のマタが86分にFKを直接突き刺して同点に。そして90分にオウンゴールで逆転し、ユベントスに今季初めて土をつけた。試合後、『BT Sport』のインタビューに応じたモウリーニョ監督は、試合を以下のように振り返った。「私の選手たちを心から誇りに思う。パフォーマンスは本当に良かった。ユベントスは前半に多くのチャンスを迎えたが、すべてがコントロールの下だった。もちろん、彼らにはピッチ上すべてでファンタスティックなプレーヤーがいる」「C・ロナウドのフィニッシュは素晴らしい。だが、アシストはCBからだ!相手はすべてのエリアでクオリティを持っていたが、我々はうまく対処した」「我々は2つのファイナルを戦うことになる。次は1つのファイナルだ。ヤング・ボーイズにも勝つことができる。グループ突破を望もう」劇的な逆転勝利を飾ったユナイテッド。11日には、プレミアリーグで宿敵マンチェスター・シティとの大一番を迎える。提供:goal.com 2018.11.08 10:30 Thu
twitterfacebook
thumb

3試合3ゴール中のベンゼマ、好調の要因は“幸運のスパイク”?

▽レアル・マドリーの元フランス代表FWカリム・ベンゼマのここ数試合での好調は、同選手の“幸運のスパイク”にあるのかもしれない。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽今シーズン絶対的エースだったポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが退団し、得点力不足に悩まされるマドリー。その中で、これまでポストプレーやチャンスメークを評価されていたベンゼマの決定力不足が再び指摘されている。 ▽そのベンゼマは10月31日に行われたコパ・デル・レイ4回戦1stレグのメリリャ戦(2-0で勝利)で、自身がシーズン24ゴール16アシストを記録し、チームもチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げた2013-14シーズンに履いていたスパイクを着用。すると同一戦で1ゴールを記録。さらに今月7日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループG第4節ビクトリア・プルゼニ戦(5-0で勝利)では、マドリー通算200ゴール目を含む2ゴールを記録した。 ▽ベンゼマは現在公式戦3試合3ゴール中。この“幸運のスパイク”で得点を量産し、マドリー復活の立役者となれるだろうか。 2018.11.08 10:00 Thu
twitterfacebook
thumb

CLでもクルトワ起用したソラーリ「これが私の決断。K・ナバスのことは称賛する」

7日のチャンピオンズリーグ・グループG第4節、レアル・マドリーは敵地でのヴィクトリア・プルゼニ戦で5-0の大勝を収めた。サンティアゴ・ソラーリ暫定監督は、選手たちのゴールを狙いに行く姿勢に満足感を表している。レアル・マドリーはチェコ王者相手にベンゼマが2得点、MFカゼミロ、MFガレス・ベイル、MFトニ・クロースが1得点ずつを決めて大勝。ソラーリ暫定監督が指揮を執るようになってから、3連勝と調子を取り戻しつつある。アルゼンチン人指揮官は試合後、次のような感想を述べている。「私たちは素晴らしいことをいくつも実現した。真剣さと仕事に臨む姿勢、アタッキングサードからゴールを目指す意欲とね。美しいゴールを何度も目にすることができた」「私たちは最初から最後まで、とても真剣に試合に臨んでいた。良いパフォーマンスを見せなければ、チャンピオンズの一戦を5−0で終えることなどできない。私はとても幸せだ。しかし、この結果を手にしたのは選手たちにほかならない」この試合で注目されていたのは、ソラーリ暫定監督がケイロル・ナバス、ティボ・クルトワのどちらにゴールを守らせるかだった。ジュレン・ロペテギ前監督はリーガでクルトワ、チャンピオンズでK・ナバスと起用するGKを使い分けていたが、クラブ上層部はコパ・デル・レイ以外ではスター選手として迎え入れたクルトワの起用を望んでいたとされる。結局ソラーリ暫定監督は、このプラゼニ戦でクルトワを起用。同指揮官はそれが自分自身で下した決断であることを強調しつつ、チャンピオンズ三連覇に貢献したK・ナバスに対する称賛の言葉も述べた。「その決断は私が下したものだ。ケイロルは紳士な人物であり、選手としても一人の男としても、私は彼のことを称賛している。彼はロッカールームでとても愛されているし、プレーしてもしなくても、チームにとって重要な役割を担っているんだ。それは大切なことだよ」自身の監督就任後3試合全勝とクライシスを脱したように見えるマドリーだが、ソラーリ暫定監督は「マドリーは常にクライシスにある。チャンピオンズを勝ち取ったときでさえね」と発言。また、自身がこのままチームを率いる可能性について問われると、このように返した。「次の試合のことしか考えていない。フットボールには今、この時しかないんだ。型通りの表現ではあるが、実際にそういうものなんだよ。全エネルギーを目の前の試合にぶつけていく。哲学として悪いものではないだろう?」提供:goal.com 2018.11.08 09:26 Thu
twitterfacebook
thumb

劇的逆転勝利を呼び込むFKを決めたマタ「これがフットボールだ」

マンチェスター・ユナイテッドMFフアン・マタが、ユベントス戦の逆転勝利を振り返った。7日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)第4節で、敵地でユベントスと対戦したユナイテッド。後半にクリスティアーノ・ロナウドのスーパーゴールで先制を許して苦しい展開となったが、途中出場のマタが86分にFKを直接突き刺して同点に。そして90分にオウンゴールで逆転し、ユベントスに今季初めて土をつけた。劇的な逆転勝利を呼び込むFKを決めたマタは試合後、『UEFA』に対し以下のように振り返った。「FKはたくさん練習している。今はボックス付近では決める自信があるんだ」「上手くスタートしたが、ユベントスがコントロールし、もっと得点する機会があっただろ。だけど、これがフットボールだよね」「C・ロナウドのゴールは美しかった。彼は常にあらゆる方法で相手を苦しめることができる。僕らは素晴らしいチームと対戦したわけで、この勝利は大きな自信を与えてくれるよ」劇的な逆転勝利を飾ったユナイテッド。11日には、プレミアリーグで宿敵マンチェスター・シティとの大一番を迎える。提供:goal.com 2018.11.08 08:15 Thu
twitterfacebook
thumb

負傷者続出もベンフィカがホームでアヤックスとドロー… GS逆転突破へ望みをつなぐ《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)グループE第3節のベンフィカvsアヤックスが7日に行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽敗戦でグループステージ敗退の決まるベンフィカは、0-1と惜敗した前回対戦から先発メンバーを4人変更。セフェロビッチやラファ・シウバ、ピッツィ、コンティに代えてジョナス、セルヴィ、ガブリエウ、ルベン・ジアスを先発で起用した。 ▽一方、ここまでグループステージ無敗のアヤックスは、直近のリーグ戦でも2-0と完勝氏好調を維持。そのアヤックスは、前回対戦から先発メンバーを1人のみ変更。ドルベリに代えてネレスを起用した。 ▽試合が動いたのは29分、右サイドからサルビオがロングスローを供給すると、距離感の目測を誤って飛び出したGKオナナの脇を抜けたボールをファーサイドのジョナスが胸トラップからのボレーシュートでゴールネットを揺らした。 ▽先制を許したアヤックスは、前半アディショナルタイムに決定機。46分、ゴール正面約30mの位置で獲得したFKをシェーネフが直接狙うと、相手GKの弾いたボールをタディッチが押し込むがこれも相手DFがスライディングブロック。さらにこぼれ球に反応したファン・デ・ベークがシュートを狙ったが、このボールはゴール左に逸れた。 ▽迎えた後半、ベンフィカは立て続けにアクシデントに見舞われる。48分、前半に左足を負傷していたサルビオがピッチに座り込み交代を要求。さらに55分には左足内転筋を痛めたジョナスが担架でピッチを後にした。 ▽すると、満身創痍の相手にアヤックスが襲い掛かる。61分、中盤でボールを受けたジイェフが前線にロングフィードを供給。相手DFの間を抜け出したタディッチが、飛び出したGKをかわしゴールエリア左深くからシュートを流し込み、同点弾を奪った。 ▽その後も一進一退の展開が続く中、ベンフィカは後半アディショナルタイムに決定機。95分、ピッツィの右CKでボックス内が混戦となると中央にこぼれたボールをA・アウメイダがシュート。これが相手DFにディフレクトしたこぼれ球をガブリエウが左足で狙ったが、シュートはGKオナナのファインセーブに防がれた。 ▽結局、試合は痛み分けのドローで終了した。この結果、アヤックス決勝トーナメント進出は持ち越し、ベンフィカも逆転突破への望みを繋げた。 2018.11.08 07:29 Thu
twitterfacebook
thumb

攻撃陣爆発のシティが6発圧勝! しかし、リヨンが10人ホッフェンハイムに土壇場被弾ドローで突破は決まらず…《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)のグループF第4節、マンチェスター・シティvsシャフタールが7日にシティ・オブ・マンチェスターで行われ、ホームのシティが6-0で快勝した。 ▽折り返しの時点でシティが勝ち点6で首位に立ち、2位にリヨン(勝ち点5)、3位と4位に同じ勝ち点2のシャフタール、ホッフェンハイムが並ぶ予想通りの順位表となっているグループF。 ▽前節、敵地でシャフタールに3-0で快勝したシティは以降の公式戦3試合も全勝。トッテナムとの敵地でのリーグ戦を1-0で競り勝つと、直近のサウサンプトン戦は攻撃陣の躍動によって6-1の圧勝。デ・ブライネの再離脱というアクシデントこそあったもののチームとして好調が続く。今週末に宿敵マンチェスター・ユナイテッドとのダービーを控えるチームは、サウサンプトン戦から先発3人を変更。メンディとアグエロ、ザネに代えてジンチェンコ、マフレズ、ガブリエウ・ジェズスを起用した。 ▽立ち上がりからホームチームがボールを握る展開の中で序盤は拮抗した状況が続く。しかし、13分にはボックス右で仕掛けたマフレズが細かい切り返しから利き足とは逆の右足で鋭いクロスを供給。これをゴール前のシルバが冷静にワンタッチで合わせ、シティが幸先良く先制に成功した。 ▽この先制点で勢いづくシティは引き続き相手を押し込むと、信じられない形から追加点を奪う。24分、ボックス左で縦に仕掛けたスターリングが地面につま先を引っかけてしまいピッチに倒れ込む。すると、カッサイ主審は全く接触がなかったDFマトビイェンコが後方から倒したとの信じ難いジャッジでPKを与える。自身の躓きを勝手にPKと判断されたスターリングは自らノーファウルと申告するお人好しな姿は見せず、キッカーのジェズスが冷静に決めて2点目とした。 ▽この2点目で完全に主導権を掴んだシティは30分過ぎにもスターリングのスルーパスからジェズスに3点目のチャンスが訪れたものの、相手DFのブロックに阻まれ、前半は2-0のスコアで終了した。 ▽しかし、迎えた後半の立ち上がり48分に左サイドのハーフスペースで縦パスを受けたスターリングが相手DF2枚を振り切る力強い突破からペナルティアーク付近で右足の見事なミドルシュートをゴール右隅に突き刺し、開始早々に3点目を奪った。 ▽61分にウォーカーを下げてダニーロを投入し、週末のダービーを見据えた戦い方にシフトした中、72分にはボックス内でシルバが相手DFに倒されて今度は正真正銘のPKを獲得。これを再びジェズスが際どいコースに決め切って4点目を奪取した。 ▽この4点目で勝利を確信したグアルディオラ監督はシルバとフェルナンジーニョを下げてギュンドアン、デルフを続けてピッチに送り込む。すると、84分にはカウンターから左サイドのスペースに抜け出したギュンドアンのクロスをボックス右で収めたマフレズが右足のシュートを流し込み5点目。 ▽さらに試合終了間際には再びカウンターからマフレズのラストパスに抜け出したジェズスがGKとの一対一を制してハットトリックまで達成して見せた。そして、シャフタールを6-0で粉砕したシティが週末のダービーに大きな弾みを付けた。 ▽また、同日行われたリヨンvsホッフェンハイムは、2-2のドローに終わった。 ▽ホッフェンハイムのホームで行われた前節で壮絶な3-3の打ち合いを演じた両者が、舞台をパルク・オリンピック・リヨンに移して再び対峙した今回の一戦。試合は立ち上がりからリヨンペースで進むと、19分にゴール前の混戦からフェキル、28分にはエンドンベレのミドルシュートが相手DFに当たって大きくコースが変わる幸運な形からホームチームが2点を奪った。 ▽そして、リヨンの2点リードで折り返した試合は後半立ち上がりにもホッフェンハイムのDFヌフが2枚目のイエローカードをもらって退場となり、完全にリヨンの流れとなる。 ▽しかし、ここから驚異の粘りを見せたホッフェンハイムは65分にクラマリッチのゴールで1点を返すと、試合終盤にかけて決死の猛攻に打って出る。すると、3-3のドローに終わった前回対戦を再現するかのように後半アディショナルタイムに劇的同点ゴールが生まれる。92分、相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーがニアに鋭いボールを入れると、これをジョエリントンがバックヘッドでファーへとすらす。これにフリーで反応したカデラベクのシュートがゴールネットを揺らし、10人のホッフェンハイムが土壇場でドローに持ち込んだ。 ▽この結果、リヨンの勝利で決まるはずだった首位シティの決勝トーナメント進出は次節以降にずれ込む結果になった。 2018.11.08 07:26 Thu
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキの2発でアテネに連勝のバイエルンがGS3勝目で決勝T進出に王手!《CL》

▽バイエルンは7日、チャンピオンズリーグ(CL)グループE第4節でAKEアテネと対戦し、2-0で勝利した。 ▽10月23日に行われた前回対戦で2-0と完勝したバイエルンだが、直近に行われたブンデスリーガ第10節のフライブルク戦では格下相手に痛恨のドローを喫している。そのバイエルンは、前回対戦から先発を5人を変更。負傷中のロッベンやチアゴ、ハメス・ロドリゲスらに代えてミュラーやリベリ、ゴレツカ、アラバ、J・ボアテングが先発に起用された。 ▽一方、グループステージ3連敗と後がないアテネは、ポンセやシモンエス、マンタロスなど主力が先発に名を連ねている。 ▽今節の結果次第でグループステージ突破の決まるバイエルンは、開始早々にセットプレーからピンチを迎える。6分、マンタロスの左CKからゴール前のランブロプーロスにヘディングシュートを許したが、これはゴール左に外れた。 ▽一進一退の展開が続く中、バイエルンの30分に決定機。左CKでのポジション争いの際にゴール前でレヴァンドフスキがチョシッチに倒され、PKを獲得。このPKをレヴァンドフスキがゴール右に決めた。 ▽先制したバイエルンは、36分にもボックス手前でボールを収めたレヴァンドフスキのポストプレーからボックス内に侵入したミュラーが決定機を迎えるも、このシュートは相手DFのブロックに当たりゴール左に外れた。 ▽後半もポゼッションでアテネを上回るバイエルンは55分、右サイドを持ち上がったキミッヒのアーリークロスをボックス中央のゴレツカがジャンピングボレーで合わせたが、これは相手GKの好セーブに阻まれる。さらに61分には、ハビ・マルティネスの縦パスを最前線で受けたレヴァンドフスキが巧みな反転でボックス内まで侵攻。相手GKとの一対一を迎えたが、シュートはGKバルカスに防がれた。 ▽後半も主導権を握るバイエルンは71分、キミッヒの左CKが相手DFに当たってファーサイドへと流れると走り込んだレヴァンドフスキが右足で流し込み、待望の追加点を奪取。その後、バイエルンは84分にラフィーニャ、87分にレナト・サンチェス、91分にワグナーを投入し、試合をクローズ。 ▽最後まで危なげない試合運びを見せたバイエルンが、グループステージ3勝目を飾り、決勝トーナメント進出へ王手をかけた。 2018.11.08 07:08 Thu
twitterfacebook
thumb

ベンゼマがマドリー通算200ゴール達成など3点に絡む大暴れ! 公式戦3戦連続無失点のマドリーが圧勝で首位キープ《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)のグループG第4節、ビクトリア・プルゼニvsレアル・マドリーが7日にスタディオン・メスタ・ブルゼニで行われ、アウェイのマドリーが5-0で快勝した。 ▽前節、ホームで最下位プルゼニ(勝ち点1)に辛勝も直後の“エル・クラシコ”での1-5の大敗を受けてロペテギ前監督が解任となったグループ首位のマドリー(勝ち点6)。サンティアゴ・ソラーリ暫定監督の下、コパ・デル・レイでは3部のメリリャに4-0の完勝、先週末のリーグ戦ではバジャドリー相手に苦しみながらも2-0の勝利を収め復調気配を見せる。 ▽ソラーリ暫定監督は自身初采配となる今回の一戦に向けてバジャドリー戦から先発2人を変更。モドリッチ、アセンシオに代えてダニ・セバージョス、ルーカス・バスケスを起用。なお、ここまでのCLではケイロル・ナバスが起用されていたが、クルトワが今季CL初出場を飾った。 ▽3連覇中の王者をホームに迎えて士気が高まるプルゼニが押し込む入りとなる。経験の浅いオドリオソラ、レギロンの両サイドバックの裏を積極的に突くホームチームは9分、ボックス左に難なく侵入したホロソフスキが低い弾道の高速クロス。これがゴール前のDFナチョに当たってゴールに向かうが、クロスバーを叩いた。 ▽その後も最終ラインでバタつく場面が目立つマドリーだったが、この試合では決定力不足が指摘される攻撃陣が奮起。20分、ボックス手前左でボールを持ったベンゼマがDF3枚を相手に巧みな切り返しを交えたドリブルでゴール前に持ち込むと、最後はGKの股間を抜く技ありのグラウンダーシュートで先制点を奪う。なお、この得点はベンゼマにとってマドリーでの通算200点目となった。 ▽さらに畳みかけるマドリーは23分、左CKの場面でキッカーのクロースが精度の高いボールをゴール前に入れると、これをカゼミロが打点の高いヘディングで合わせる。瞬く間に2点のリードを手にしたマドリーは守備の局面で相変らずルーズさが目立つものの、37分には再び左CKの場面でショートコーナーからダニ・セバージョスがファーに入れたクロスをベイルが頭で折り返すと、これをゴール前のベンゼマが頭で合わせて自身2点目とする。 ▽その後、立ち上がりにセルヒオ・ラモスのエルボーを受けて鼻から流血したハヴェルに代わってペトルゼラが投入された中、39分にはマドリーが試合を決定づける4点目を奪う。ボックス左ライン際でレギロンが上げたクロスをゴール前のベンゼマが頭で後方にフリック。これをベイルが左足ダイレクトで流し込んだ。 ▽ベンゼマの3点に絡む活躍で余裕の4点リードで試合を折り返したマドリーは、前半同様に立ち上がりは相手の攻勢に晒されるが、コピツの決定機をGKクルトワが冷静な守備で阻止するなど、のらりくらりとした戦いながらも失点を許さない。 ▽その後、59分にセルヒオ・ラモス、62分にベンゼマを下げてこれがCLデビューとなるハビ・サンチェス、ヴィニシウスの若手2選手をピッチに送り出す。すると67分にはカウンターからボックス内まで持ち込んだヴィニシウスが相手を引き付けて後方から走り込んでくるクロースへ丁寧に落とす。これをクロースが技ありのダイレクトループで流し込み、後半最初のゴールを奪った。 ▽この5点目で相手の心を完全に折ったマドリーは公式戦3試合連続クリーンシートを意識しつつ前線の選手たちが積極的にゴールを目指す。しかし、ベイルのシュートが枠に嫌われたり、バスケスが再三のチャンスを仕留めきれず。それでも、危なげなく試合を締めくくったマドリーが公式戦3連勝でグループG首位キープに成功した。 2018.11.08 07:05 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング: ユベントス 1-2 マンチェスター・ユナイテッド《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループH第4節、ユベントスvsマンチェスター・ユナイテッドが7日にアリアンツ・スタジアムで行われ、2-1でユナイテッドが逆転勝利を収めた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ユベントス採点(C)CWS Brains,LTD.GK 1 シュチェスニー 5.0 無難に守っていたが終盤に2失点。ノーチャンスだったが印象は良くないか DF 2 デ・シリオ 6.0 対面するマルシャルにしっかり対応。冷静なプレーが光った (→バルザーリ -) 19 ボヌッチ 5.5 堅実な守備を見せていたが、最後の最後に痛恨のオウンゴール… 3 キエッリーニ 6.0 ボヌッチとの息の合った守備で相手に何もさせなかった 12 アレックス・サンドロ 5.5 攻撃の際に存在感を発揮。ヤングと渡り合った MF 16 クアドラード 6.0 自由にポジションを入れ替えながら相手をかく乱。何度か惜しいシュートも 5 ピャニッチ 6.5 的確なポジショニングで中盤を支配。危険な目を未然に防いだ 6 ケディラ 5.5 攻守に存在感。切り替えが早くカウンターにも顔を出した (→マテュイディ 5.5) 無難なプレーに終始 30 ベンタンクール 6.0 ユベントス可変システムに柔軟にアジャスト。攻守に安定感があった FW 10 ディバラ 6.0 こちらも自由に動く中で何度もチャンスメイク 7 C・ロナウド 6.5 スーパーゴールで先制点を記録。移籍後CL初ゴールであわよくば決勝T進出を決めたかった 監督 アッレグリ 5.5 内容は圧倒していたものの、最後まで守り切ることが出来なかった ▽マンチェスター・ユナイテッド採点(C)CWS Brains,LTD.GK 1 デ・ヘア 6.5 流石の守護神。C・ロナウドのゴールはノーチャンスも何度かファインセーブを見せた DF 18 ヤング 5.5 相手の柔軟な攻撃に上手く対応。攻撃でも幅を持たせた 2 リンデロフ 5.0 失点シーンでは簡単にC・ロナウドのマークを外してしまった 12 スモーリング 5.5 悪くない出来だった。相手の変幻自在な攻撃にも戸惑うことはなかった 23 ショー 5.5 自由にポジションチェンジを繰り返す相手に戸惑っていたが、後半はしっかり対応 MF 31 マティッチ 5.0 中盤を支配されてしまったが、最低限のタスクはこなした 21 エレーラ 5.0 多くの時間を守備に割いた。攻撃ではアクセントを付けられず (→マタ 7.0) 途中出場から逆転劇の狼煙を上げるFKをぶち込んだ 6 ポグバ 5.5 慣れ親しんだスタジアムだったが少し相手の出方にてこずったか FW 14 リンガード 4.5 ほとんどの時間試合から消えていた (→ラッシュフォード 5.5) 途中出場からアクセントを加えられた 7 サンチェス 5.5 前線で起点になり何度かチャンスを演出も、ユベントスのCBコンビに苦しめられた (→フェライニ -) 11 マルシャル 6.0 停滞する攻撃陣の中で気を吐いた。得意の角度から何度かシュートを放つ場面があったが今日は彼の日ではなかったようだ 監督 モウリーニョ 6.0 交代策が見事に的中。試合内容は乏しかったが結果が全て ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! マタ(マンチェスター・ユナイテッド) ▽途中出場からFKで同点弾を記録。このゴールが逆転劇の狼煙になった。指揮官の期待にも応え、15分の出場時間ながらマン・オブ・ザ・マッチに選出 ユベントス 1-2 マンチェスター・ユナイテッド 【ユベントス】 C・ロナウド(後20) 【マンチェスター・ユナイテッド】 マタ(後41) OG(後45) 2018.11.08 07:05 Thu
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドが移籍後CL初得点も、ユナイテッドが敵地で土壇場逆転劇!ユベントス今季初黒星《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループH第4節、ユベントスvsマンチェスター・ユナイテッドが7日にアリアンツ・スタジアムで行われ、2-1でユナイテッドが逆転勝利を収めた。 ▽ここまで3戦全勝のユベントス。第3節では最少得点での勝利となったものの、ユナイテッド相手にスコア以上の差を見せて見事に勝利を収めた。リーグ戦を見ても好調でここまで10勝1分け。公式戦全体で白星を並べている。引き分け以上でグループ突破が決まる今節、直近のリーグ戦のカリアリ戦からスタメンを4選手変更。ボヌッチやキエッリーニ、ディバラ、C・ロナウドらが先発に名を連ねた。 ▽一方、グループステージではここまで1勝1分け1敗のユナイテッドは、前回のユベントス戦の敗戦からリーグ戦では2連勝と立ち直りを見せた。中でもマルシャルは絶好調で、自身キャリア初となるリーグ戦4試合連続ゴール中。リーグのボーンマス戦から先発が2名が変更となったがマルシャルは先発出場。その他、スモーリングやエレーラ、サンチェス、リンガードらが起用された。 ▽ファーストシュートはユベントス。5分にディバラの浮き球のパスを収めたC・ロナウドがボックス右からシュートを放つがリンデロフの身体に当たりボールは外へ。 ▽ユナイテッドも8分にピッチ中央でC・ロナウドからボールを奪い攻撃に転じる。相手の守備が整う前にマルシャルがボックスの外から狙っていったが、DFのブロックに遭う。 ▽その後の主導権はユベントスが握る。ディバラやクアドラードが自由にポジションチェンジし相手の守備をかく乱。前半半ばには、左右に振った後、最後はボックス手前からピャニッチがシュートに持っていく。 ▽一方のユナイテッドは前線の機動力を生かして攻撃を仕掛ける。すると30分過ぎにサンチェスがゴール正面でFKを獲得。自ら直接狙ったが壁に激突してしまう。その直後、ユベントスは相手のCKからカウンターに転じ、ケディラがシュートに持ち込むがGKデ・ヘアの正面に。 ▽流動的な攻撃を見せるユベントスは34分、ボックス右のクアドラードのシュートがマティッチに当たってゴールに向かうが、守護神デ・ヘアがファインセーブ。さらにその後、C・ロナウドの右からの折り返しをボックス中央のケディラがダイレクトシュート。しかしこれは左ポストに嫌われてしまった。 ▽守勢を強いられるユナイテッドは前半終盤にポグバが強引にシュートに持ち込むがノーチャンス。逆にその直後にC・ロナウドに危険な場面を作られたが、前半はなんとか無失点に抑えた。 ▽ゴールレスで迎えた後半、まずは絶好調男マルシャルのボックス手前左からのシュートでユナイテッドが先制パンチ。直後にユベントスもボックス右端からディバラが強烈なシュートを放つとこれがクロスバーを直撃。互いにアグレッシブな入りを見せる。 ▽後半に入ってユナイテッドも少しずつ盛り返してきたかに思われていたが、迎えた65分、この男がユベントスに得点をもたらす。ボヌッチからのロングボールにC・ロナウドが反応。リンデロフをスピードを振り切り、後方からのボールをダイレクトでインサイドステップで丁寧に合わせてネットを揺らした。 ▽新エースのスーパーゴールで先制したユベントスは67分にはピャニッチが決定機を迎えるが、シュートはGKデ・ヘアがファインセーブ。さらに73分にもピャニッチがチャンスになるも、シュートを枠に飛ばすことはできなかった。 ▽俄然勢いがついてきたユベントス。74分にはカウンターからクアドラードにビッグチャンス。C・ロナウドからの横パスをダイレクトで狙ったが大きくふかしてしまった。 ▽その後、ユナイテッドは先に代えていたラッシュフォードに加えマタとフェライニを投入。するとこの交代が試合を動かす。 ▽86分、ユナイテッドはボックス手前左よりの位置でFKを獲得。これをマタが直接決めて、土壇場で同点に追いついた。 ▽だが、試合はこれで終わりではなかった。後半アディショナルタイムに突入する90分、敵陣左サイドでFKを獲得したユナイテッド。ヤングが右足でゴール前に放り込むと、これがゴール前の混戦でアレックス・サンドロのオウンゴールを誘いアウェイのユナイテッドが逆転に成功した。 ▽劇的な幕切れとなった試合は、試合後にモウリーニョが軽く一悶着を起こすシーンもあったものの、見事な逆転劇を演じたユナイテッドがユベントスに今季の公式戦初黒星を与えた。 ▽グループHのもう一試合、バレンシアvsヤング・ボーイズの一戦は、3-1でバレンシアが勝利した。 ▽試合はサイドを主体に攻めるバレンシアが先制する。14分、味方とのコンビネーションから右サイドを突破したソレールがクロスを送ると、これが左ポストを弾いてゴール前へ。そのボールにいち早く反応したサンティ・ミナが押し込んで幸先の良いスタートを切った。 ▽バレンシアは37分にエンサメにGKの股を抜かれ一時同点に追い付かれるも、その5分後に再び右サイドからソレールのクロスにサンティ・ミナが飛び込んで追加点。1点リードで後半へ向かった。 ▽後半開始早々にバレンシアが3点目を記録する。56分、ゴールキックを繋いだバレンシアは、ロドリゴ・モレノのパスからソレールが右サイドを突破。ボックス右に侵入し、そのままゴールに流し込んだ。 ▽その後はバレンシアが試合の主導権を握り相手の反撃を許すことなく試合終了。 ▽この結果、グループHは勝ち点「9」でユベントスが首位、同「7」でユナイテッド、同「5」でバレンシアが続き、ヤング・ボーイズは勝ち点「1」で決勝トーナメント進出の可能性は潰えた。 2018.11.08 07:04 Thu
twitterfacebook
thumb

10人のCSKAモスクワに辛勝のローマがGS3連勝で決勝T進出に王手!《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)のグループG第4節、CSKAモスクワvsローマが7日にルジニキ・スタジアムで行われ、アウェイのローマが2-1で勝利した。なお、CSKAモスクワのFW西村拓真はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽オリンピコでの前回対戦を3-0で快勝した2位ローマ(勝ち点6)が、敵地ルジニキに舞台を移して3位CSKAモスクワ(勝ち点4)と再び対峙する一戦。今季出入りの激しい戦いが目立つローマはナポリ、フィオレンティーナとのセリエA上位対決をいずれも1-1のドローに終わり9位に低迷。リーグ戦の悪い流れを払拭したいディ・フランチェスコ監督は先発4人を変更。ファン・ジェズスとジェンギズ・ウンデル、エル・シャーラウィ、ザニオーロに代えてマノラス、サントン、クリスタンテ、クライファートを起用した。 ▽一方、直近のリーグ戦2試合を1敗1分けで終えて調子が今一つのCSKAモスクワは、前回対戦を出場停止で欠場した守護神アキンフェエフが復帰したほか、ヴラシッチやチャロフが先発入り。前節、CLデビューを飾った西村は引き続きベンチスタートとなった。 ▽氷点下に近い厳しいコンディションの中でスタートした試合は開始早々に動く。4分、ローマの右CKの場面でペッレグリーニがクロスを入れると、ゴール前で飛び出したGKアキンフェエフより先に頭で触ったマノラスのシュートがゴールネットを揺らした。 ▽立ち上がりに失点する厳しい入りとなったCSKAモスクワだが、12分にはスライディングの際にコラロフのヒザを後頭部にもろに受けたマリオ・フェルナンデスが負傷。急遽、シェンニコフを投入するアクシデントに見舞われた。 ▽一方、先制したローマは相手の攻めを受けながらカウンターを起点に2点目を目指す。29分にはカウンターからクライファートがボックス付近まで運んでジェコをオトリにゴール前へ飛び出したフロレンツィにラストパス。しかし、ここはフロレンツィが歩幅を合わせきれず、良い形でのフィニッシュとはならない。さらに31分にはボックス手前で得たFKをキッカーのコラロフが枠の左隅に飛ばすと、GKが弾いたボールをジェコがすかさず蹴り込むが、ここはシュートをふかしてしまう。 ▽前半終盤にかけてはホームチームがリスクを冒して攻勢に出る。40分にはゴール前の混戦からオブリャコフ、シェンニコフと決定的な場面を迎えるが、相手の決死のブロックに阻まれて、前半のうちに追いつくことはできなかった。 ▽だが、前半終盤からの勢いを持って後半に入ったCSKAモスクワは51分、右サイドの高い位置でパスを受けたアフメトフの内へ切り込むドリブルからボックス左で足下にパスを受けたアルノル・シグルドソンが巧みなファーストタッチでDFサントンの前に身体を入れて右足のシュートを右隅に流し込んだ。 ▽前半同様に早い時間帯にゴールが生まれた中、CSKAモスクワに再びアクシデント。56分、快足を飛ばしてゴール前に抜け出しかけたクライファートを後方から倒したDFマグヌソンにこの試合2枚目のイエローカードが出され、ホームチームは追いついた直後に退場者を出してしまう。 ▽すると、数的優位を手にしたローマは59分、左サイドのコラロフからの横パスをペナルティアーク付近で受けたクリスタンテがワントラップからやや雑に縦パスを入れると、手前でジェコにディフレクトしたボールがゴール左のペッレグリーニに繋がり、最後は左足のシュートを右隅に流し込んだ。リプレーで確認すると、ペッレグリーニはオフサイドポジションに居たもののゴールが認められた。 ▽数的優位に加えて、リードを手にしたローマはここから前回対戦と同様に相手を圧倒する展開が予想された。しかし、ここから試合の主導権を握ったのは1人少ないCSKAモスクワだった。逆転突破に向けて勝ち点3がほしいホームチームはリスクを冒して前から圧力をかけると、ヴラシッチやチャロフが積極的にフィニッシュのシーンに絡んでいく。 ▽一方、繋ぎの部分と崩しの局面で雑さが目立つローマはフロレンツィらに幾度かカウンターチャンスが訪れるも、最後の精度や連係でミスが多く、試合を決定づける3点目が奪えない。試合終盤にかけてもゲームコントロールできないアウェイチームはファン・ジェズスら守備的な交代策を採り、割り切って逃げ切り態勢に入る。そして、辛くも10人相手に逃げ切ったローマはグループステージ3連勝で決勝トーナメント進出に王手をかけた。 2018.11.08 04:57 Thu
twitterfacebook
thumb

インテルFWイカルディがバルサ戦終了間際に値千金弾「俺たちは諦めない」

インテルのFWマウロ・イカルディが6日のバルセロナ戦で決めた同点ゴールについて語った。インテルはチャンピオンズリーグ・グループB第4節でバルセロナとホームで対戦した。ゴールレスで迎えた83分、途中出場のFWマウコムに得点を決められてバルセロナに先制を許し、インテルは苦しい状況に追い込まれた。しかし、87分にエースのイカルディが値千金の同点弾を決め1-1で終了。チームを救う活躍を見せたイカルディは『スカイスポーツイタリア』のインタビューで以下のように答えた。「世界最高のチームと戦った。彼らにゴールを奪われたが、俺たちは諦めなかった。戦い続けてゴールを奪い返した。トッテナム戦でも最後まで戦い続け、終了間際に試合をひっくり返したように、トーナメント進出への信念を見せてきた。今回は、逆転する時間はなかったけどね」「あのゴールは運だよ。ちょうど目の前にボールが転がってきて、決めることができた。マティアス・ベシーノは俺たちにとってのお守りみたいなものだ。彼はいつもゴールやアシストを決めてくれる」グループBはバルセロナの決勝トーナメント進出が決定し、残り1枠をインテル、トッテナム、PSVの3チームで争うこととなった。インテルは次節29日、勝ち抜けを懸けてトッテナムとアウェイで対戦する。 提供:goal.com 2018.11.07 22:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ポルトガル人指揮官が語るC・ロナウド「彼は昔から変わらない。限界を超え続ける」

ポルトガル人指揮官のパウロ・ソウザが5日、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドについて語った。ソウザは近年、フィオレンティーナや天津権健などで指揮を執ってきたが、過去には世代別ポルトガル代表においてC・ロナウドを指導した経験を持つ。「彼は昔から変わらない。当然、今はより成熟しているがね。彼は毎年、自分の限界を超えることを望んでいる。レアル・マドリーでは9年間プレーし、あらゆるタイトルを勝ち取った。それからユーベを選んだわけだが、ユーベなら自身の年齢も含め、限界を超え続けることができると感じたのだろう。両者の出会いは本当に最高だったと思うし、イタリアサッカーにとっても良いことだ」ポルトガル人指揮官は現役時代、ユベントスでチャンピオンズリーグ(CL)優勝を味わった。ソウザは今シーズンの古巣の可能性について見解を示した。「CLの優勝候補だろう。経験もあり、重要な選手もいる。それに常に若返りを図っていて若さやクオリティもある。長年にわたってCL優勝まであと一歩だったが、今年こそ良いチャンスかもしれない。世界最強の選手を獲得できたことで、近年、ユーベが探し続けてきたものが実体化し、力になるだろう」またソウザは、今シーズンのスクデットの行方を予想。王者ユベントスの対抗馬としてインテルを挙げた。「可能性があるとしたらインテルだと思う。トップチームの選手層は厚く、監督も経験豊かで優勝するために作られた強いチームだ。経験のある強い選手もいるので、ユーベと競争していくことは可能だろう。ただユーベは常に最強の選手を獲得している上、勝者の文化が根付いている。今シーズンは好スタートを切り、C・ロナウド効果もあった。倒すのは難しいだろう」提供:goal.com 2018.11.07 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ユベントスでCL制覇を狙う名手ピャニッチ「バルサが優勝候補?僕らだって…」

ユベントスに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチが4日、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、チャンピオンズリーグ(CL)制覇へ意気込みを語った。3日に行われたカリアリ戦に出場したピャニッチは、フィジカルトラブルにより途中交代したため、状態が心配されていた。しかし7日のCLマンチェスター・ユナイテッド戦へ向けて大きな問題はないことを強調した。「大丈夫だ。次の試合に間に合うようにするつもりだ。重大なことはなく、疲労を少し感じただけだ。痛みがあって交代したのではないので、水曜日にはチームに合流するはずだ。(サミ)ケディラも戻って来たし、(フェデリコ)ベルナルデスキも戻るだろう」■ピャニッチが考えるユーベの課題今シーズンは11試合を終えて10勝1分と最高の成績を残しているユベントスだが、インテルとナポリが6ポイント差で追いすがる。ユーベMFは、ライバルチームについて分析したほか、ユベントスの課題を語った。「ナポリは昨年もそうだが、常に強かった。3、4年にわたって良いプレーを見せていて継続性がある。インテルはこれまでのシーズンとは違い、本当に素晴らしい結果を出している。ナポリと同じように高いクオリティを持つ素晴らしいチームだ」「もう少し早く試合を決められるようにしなければならない。その後、コントロールできるようにね。1シーズンで、リーグ戦、CL、カップ戦を含めた約60試合を消化しなければならない。毎試合、全速力でプレーすることはできないからね」またピャニッチは、今シーズンこそ悲願のCL優勝を達成したいと願っている。「バルセロナが優勝候補?歴史があるクラブだし、強い選手もいる。数年ぶりの優勝を狙っているだろう。だがそれは僕らにとっても同じことだ。僕らだって今シーズン、CLで優勝を飾りたいと思っている。最後まで勝ち残り、トロフィーを掲げるだけの競争力を兼ね備えたメンバーだし、決勝まで残れると信じている。優勝できることを願っている」提供:goal.com 2018.11.07 21:54 Wed
twitterfacebook
thumb

ポグバ、キャプテンはく奪騒動に言及「悲しそうに見えるかい? 」

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバが、キャプテンはく奪のショックは無いと語った。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽ユナイテッドは7日、チャンピオンズリーグ(CL)グループH第4節でユベントスとアウェイで対戦。ポグバにとっては、久々の古巣の本拠地でのプレーとなる。 ▽今シーズン、ジョゼ・モウリーニョ監督との確執が騒がれたポグバは、キャプテンはく奪騒動について触れつつ、ユベントス退団を後悔していないと述べた。 「それが僕に影響を及ぼしてはいないよ」 「まだプレーしているし、僕はプレーするのが本当に幸せなんだ。キャプテンを選ぶ人物は監督だよ。アームバンドを巻いても、僕にとっては何も変わらない」 「ただプレーがしたい。それが僕の仕事だし、チームやファン、クラブ、みんなのためにベストを尽くすよ」 「マンチェスター・ユナイテッドへの復帰は自分で選んだ」 「僕が悲しそうに見えるかい? 幸せだよ。繰り返すけど、僕はこのシャツが着られて幸せだ。マンチェスター・ユナイテッドに戻って来て、このチームのために、このビッグクラブのためにこのシャツを着ることが本当に幸せだ」 ▽ポグバは今シーズン、ここまでの公式戦14試合で5ゴール4アシストを記録。周囲の喧騒を意に介さずハイレベルなプレーを続けている。自身をブレイクさせてくれた場であるトリノでは、どのようなパフォーマンスを披露するのだろうか。 2018.11.07 20:00 Wed
twitterfacebook
thumb

得意の堅守速攻でドルトムント撃破のアトレティコ、シメオネ「チームはチームとしてプレーした」

6日のチャンピオンズリーグ・グループA第4節、アトレティコ・マドリーは本拠地ワンダ・メトロポリターノでのドルトムント戦に2-0で勝利した。ディエゴ・シメオネ監督は試合後、選手たちの働きに対する大きな満足感を語っている。前節、ドルトムントとのアウェイ戦では0-4の大敗を喫したアトレティコだが、このメトロポリターノでの一戦で見事リベンジを達成。MFサウール・ニゲス、FWアントワーヌ・グリーズマンのゴールで勝利をもぎ取り、今季無敗を貫いてきたドルトムントに初めて土をつけたチームとなった。試合後会見に出席したシメオネ監督は、同日に行われたUEFAユースリーグで、アトレティコがドルトムントを4-0で下したときから、良い流れがあったとの感想を述べている。「今日の午後4時にユースチームの試合を見て、大きな満足感を得ることができた。そこからポジティブなエネルギーが生じ始めていたんだよ。私のチームはユースチームにしっかりと応じてくれた。サイドを生かす相手からどうスペースを奪うか、それを見事に理解していたね。このグループは再び、この7年間に構築したものに意味があることを示してくれた」チーム2点目を記録したFWアントワーヌ・グリーズマンにつていは、称賛の言葉を述べている。「アントワーヌは素晴らしい時期を過ごしている。彼が打撃を与えるべき場所を読んでくれさえすれば、チームのプレーは向上する。だが、この試合では全選手が素晴らしかった。カリニッチや中盤のロドリゴ、コレア、トーマス。また30歳を超えながらもまだ平然とプレーするフアンフランとフィリペとね」「今日の試合は私たちを楽観的にしてくれ、それと同時に現実を見据えさせてくれる。私たちは一つの道を歩み続ける必要があり、血迷うようなことがあってはならない。良い攻撃を見せるためにしっかりと守る、プレッシングを仕掛ける、そして確信のあるプレーを見せる……。この数年間にわたって行っていることを続ける必要がある」今季、ポゼッション率を上げて攻撃を仕掛けることも多いアトレティコだが、この試合では得意とする堅守速攻が見事にはまった。シメオネ監督は、選手たちがチームのためにプレーする重要性を今一度説いている。「選手たちには本当に満足している。チームはチームとしてのプレーを見せてくれた。選手は自分の後ろに一つのプレーアイデアがあると感じれば、そのアイデアをしっかり意識して、自分がしていることに自信を持てる。私の選手たちは、自分が行っているプレーに対して自覚がある。個人名を挙げる必要はない」提供:goal.com 2018.11.07 18:50 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp