ニュース

thumb

ラニエリ率いるナント、ヘントから久保裕也同僚FWを獲得!

▽ナントは19日、ヘントからマリ代表FWカリファ・クリバリ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は26に決定。契約期間は2022年6月30日までの5年となる。 ▽197cmの大型ストライカーの獲得に成功したクラウディオ・ラニエリ監督は、「彼は強烈なヘディングと素晴らしいクオリティを持ったビッグプレーヤーだ。彼が多くのものをもたらしてくれると願っている」と、クラブ公式サイトで語った。 ▽パリ・サンジェルマン下部組織出身のクリバリは、2014年にベルギーのシャルルロワに完全移籍。その翌年にはヘントに加入し、昨シーズンは公式戦47試合に出場して18ゴール3アシストの記録を残していた。 2017.08.20 18:12 Sun
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、ジエゴ・コスタ獲得で合意か

▽アトレティコ・マドリーが、スペイン代表FWジエゴ・コスタ(28)の獲得に関してチェルシーと合意したようだ。スペイン『アス』が伝えた。 ▽オフシーズンにアントニオ・コンテ監督から戦力外であることを伝えられたといわれるジエゴ・コスタは、シーズンインしたチームに合流せず、現在ブラジルに滞在中。チェルシーへの合流を拒否していることで30万ポンド(約4200万円)の罰金処分を課されたとも伝えられている中、同選手は古巣アトレティコへの復帰を熱望しているとみられる。 ▽『アス』が『オンダ・セロ』の報道を基に伝えたところによれば、アトレティコはチェルシーとジエゴ・コスタの移籍に関して合意。移籍金は4500万ユーロ(約57億8000万円)+ボーナス1000万ユーロ(約12億8000万円)と伝えられている。ただ、ジエゴ・コスタとチェルシーの問題が解決するまで、アトレティコは実際に移籍金を支払って移籍を完了させることはないとみられている。 ▽なお、アトレティコは今夏に補強禁止処分を科されているため、ジエゴ・コスタを獲得しても冬の移籍市場が開くまで起用することが不可能な状況となっている。 2017.08.20 17:13 Sun
twitterfacebook
thumb

マフレズ獲得撤退のローマ、心臓疾患でユーベ行き破談のFWシック獲得に迫る!

▽ローマがサンプドリアに所属するチェコ代表FWパトリック・シック(21)の獲得に向けて、クラブ間での交渉を行ったようだ。イタリア『スカイ・スポルト』が伝えている。 ▽移籍金3000万ユーロ以上(約38億5000万円)でユベントス移籍がクラブ間合意を果たしていたシックだったが、メディカルチェックを受診した際に心臓の疾患が見つかり、移籍が破談に終わっていた。 ▽その後、シックにはインテルが獲得に動いていたが、買い取りオプション付きのレンタルでの獲得を目指す同クラブに対して、サンプドリアは完全移籍での放出を望んでおり、交渉が停滞。 ▽この状況を受けて、レスター・シティのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズ獲得に向けた4度のオファーを固辞され、ターゲット変更を余儀なくされたローマが、以前から関心を示していたチェコ代表FW獲得に動き始めたようだ。 ▽『スカイ・スポルト』の伝えるところによれば、ローマとサンプドリアの幹部は19日午前に直接交渉を行ったという。なお、サンプドリアのマルコ・ジャンパオロ監督はベネヴェントとの開幕戦に向けた公式会見で「契約上、シックは我々のプレーヤーだが、実際にはそうではない」と語り、同選手の移籍を示唆している。 ▽2016-17シーズン、チェコのスパルタ・プラハからサンプドリアに加入したシックは公式戦35試合に出場し、13得点をマーク。185センチという体格ながら足元の技術も高く、鋭いゴールへの嗅覚を持つ期待の若手だ。チェコ代表では各下部年代で選ばれており、2016年5月にデビューしたフル代表では5試合1得点を記録している。 2017.08.20 17:07 Sun
twitterfacebook
thumb

SPAL、カリアリから昨季20発のFWボッリエッロ&DFサラモンを獲得!

▽SPALは19日、カリアリから元イタリア代表FWマルコ・ボッリエッロ(35)と、ポーランド代表DFバルトシュ・サラモン(26)の2選手を獲得したことを発表した。 ▽かつてミランやローマ、ユベントスに在籍したボッリエッロは、昨夏カリアリに加入。ベテランながら卓越したフィジカルと高精度の左足、優れた決定力を武器に、昨シーズンはセリエA16ゴールに加え、公式戦20ゴールのハイパフォーマンスを披露。先月にはクラブと2019年までの契約延長を行ったが、その後クラブとの確執の影響もあってシーズン開幕直前の移籍となった。なお、SPALとは2019年までの2年契約にサインしている。 ▽一方、ブレシアでプロキャリアをスタートした大型センターバックのサラモンは、一時ミランにも在籍し、その後はサンプドリアやペスカーラでプレー。2015年に加入したカリアリでは、昨シーズンの公式戦17試合に出場していた。なお、サラモンは買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍での加入となる。 2017.08.20 16:40 Sun
twitterfacebook
thumb

PSG、257億円で怪童ムバッペ獲得合意と報道

▽パリ・サンジェルマン(PSG)が、フランス代表FWキリアン・ムバッペ(18)獲得に関してモナコと合意に達したようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 ▽PSGは今夏、2億2200万ユーロ(約285億円)のバイアウト条項を起動させてバルセロナからFWネイマールを引き抜いた。しかし、さらなる補強候補として、世界屈指の若手有望株と認知されるムバッペの名前が挙がっていた。 ▽『ムンド・デポルティボ』によれば、PSGは既にムバッペの獲得に関してモナコと合意しており、来週中にも正式発表を行う見込みだとのこと。移籍金はネイマールに次ぐ歴代2位の1億8000万ユーロ(約230億円)をベースに、ボーナス込みで2億ユーロ(約257億円)に達するという。また、ムバッペはPSGで年俸1800万ユーロ(約23億円)を受け取ると伝えられている。 2017.08.20 16:20 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ドラクスラー獲得レースに参戦か

▽マンチェスター・ユナイテッドがパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するドイツ代表MFユリアン・ドラクスラー(23)に関心を示していると、イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽ドラクスラーに関しては、PSGでの立ち位置が不透明な状況になりつつある。PSGは今夏、バルセロナからFWネイマールを獲得。さらに、モナコのFWキリアン・ムバッペ獲得に動いているとされており、実現すれば出場機会の確保がより難しくなるとの見方が強まっている。これまでの報道によれば、そのドラクスラーを巡ってはリバプール、アーセナルが興味。だが、ここにユナイテッドも加わる可能性があるという。 ▽ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は今夏、DFビクトル・リンデロフ、MFネマニャ・マティッチ、FWロメル・ルカクを獲得。しかし、少なくともあと1名の獲得を見込んでいるとみられる。その1名には、インテルのMFイバン・ペリシッチがかねてより噂されてきた。だが、獲得交渉は停滞。そのため、アーセナルも関心を寄せるモナコのMFトマ・ルマールと共に、ドラクスラーの動向にも注視しているようだ。 2017.08.20 15:15 Sun
twitterfacebook
thumb

キャロル、古巣ニューカッスルに復帰か

▽ウェストハムに所属する元イングランド代表FWアンディ・キャロル(28)に古巣であるニューカッスル復帰の可能性が浮上した。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽キャロルは、ニューカッスル下部組織出身の長身ストライカー。プレミアリーグで2009-10シーズンに17得点、翌シーズンに11得点をマークするなど、ニューカッスル生え抜きの点取り屋として一時代を築いた。だが、2011年冬のニューカッスル退団後は、故障の影響もあり、パフォーマンスが低下。2010-11シーズンを最後にプレミアリーグで二桁得点から遠ざかっている。 ▽伝えられるところによれば、ニューカッスルを率いるラファエル・ベニテス監督は、かつてクラブの得点源として活躍したキャロルに関心を寄せている模様。シーズンローンでのニューカッスル復帰を考慮しているようで、ウェストハムも相次ぐケガに苦しむキャロルにオファーが届けば移籍を容認する構えを見せているという。 2017.08.20 13:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ユベントスがコバチッチ獲得へ約96億円のオファーもマドリーは拒否

▽レアル・マドリーは、クロアチア代表MFマテオ・コバチッチ(23)に対するユベントスからのオファーを拒否したようだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽ユベントスは、コバチッチに対し7500万ユーロ(約96億3000万円)のオファーを出したとのこと。しかし、マドリーはこのオファーを拒否したようだ。コバチッチは、2013年1月に1100万ユーロ(約14億1200万円)でディナモ・ザグレブからインテルへと移籍。2015年夏に3100万ユーロ(約39億8000万円)でマドリーに加入していた。 ▽ユベントスは、先日パリ・サンジェルマンからフランス代表MFブレーズ・マテュイディを獲得。そのため、コバチッチに対しては金額を改めてオファーを出す気はないようだ。 ▽コバチッチは、シーズン開幕前に行われたスーペル・コパのバルセロナ戦で2試合に出場。チームの今季初タイトル獲得に貢献していた。 2017.08.20 11:20 Sun
twitterfacebook
thumb

バルセロナ強襲のネイマール・ショック再現阻止へ…レアル・マドリー、逸材アセンシオの契約解除金を641億円に設定か

▽レアル・マドリーが逸材の待遇改善に動いているようだ。 ▽スペイン『マルカ』は、レアル・マドリーがスペイン代表FMマルコ・アセンシオの契約見直しを検討していると報道。フロンティーノ・ペレス会長は、バルセロナを見舞った契約解除金2億2200万ユーロのFWネイマールのパリ・サンジェルマン流失を受け、輝きを放つアセンシオの将来的な移籍を阻みたい思惑があるようだ。 ▽伝えられるところによれば、現在の契約解除金は3億5000万ユーロ(約449億2000万円)。契約見直しにより、5億ユーロ(約641億8000万円)まで引き上げることを考慮しているようだ。また、給与もアップする模様。現在の年俸350万ユーロ(約4億5000万円)から450万ユーロ(約5億8000万円)まで昇給するとみられている。 ▽なお、レアル・マドリーはアセンシオに対して、1年延長の新契約を用意。合意となれば、レアル・マドリーとの契約は2023年までとなる。そのアセンシオは2014年夏にマジョルカから加入。先のバルセロナとのスーペル・コパ2試合連続でゴールをマークするなど、新シーズン早々から印象的な活躍を見せている。 2017.08.20 09:40 Sun
twitterfacebook
thumb

シャルケ内田篤人、構想外で今夏退団か

▽日本代表DF内田篤人(29)に7年間を過ごしてきたシャルケ退団の可能性が急浮上した。ドイツ『ビルト』が報じた。 ▽内田は2010年夏に鹿島アントラーズからシャルケに移籍。加入当初から右サイドバックとして活躍してきた。だが、2015年夏に右ヒザの手術を受けた影響でチームから長期離脱。昨年12月に行われたヨーロッパリーグのザルツブルク戦で約1年9カ月ぶりの復帰を果たした。 ▽しかし、『ビルト』によれば、ドメニコ・テデスコ新監督は守備力に欠けるとして内田を構想外に。その内田は18日に代理人を伴って、スポーツ・ディレクター(SD)を務めるクリスティアン・ハイデル氏との会談に臨み、将来について話し合ったという。 ▽内田の退団理由は、右サイドバックのレギュラー争い。テデスコ新監督は、同ポジションでプレーできるMFダニエル・カリジウリやMFアレッサンドロ・シェプフ、DFコケを評価しているようだ。なお、内田は19日に行われたブンデスリーガ開幕節のライプツィヒ戦でメンバー外となっている。 2017.08.20 08:50 Sun
twitterfacebook
thumb

ジエゴ・コスタに未練なし? 「アトレティコがダメなら他のチームに行く」

▽スペイン代表FWジエゴ・コスタ(28)にはチェルシーに対する未練はないようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽昨シーズン終了後にチェルシーのアントニオ・コンテ監督から構想外を告げられたD・コスタ。かねてより古巣のアトレティコ・マドリーが獲得を画策していることが報じられ、D・コスタ自身もアトレティコ復帰を希望していた。 ▽しかし、チェルシーは、そのD・コスタの売却額を5000万ポンド(約70億2000万円)に高額な金額に設定している。だが、これまでに届いたオファーの最高額は、アトレティコ・マドリーの3000万ポンド(約42億1000万円)。未だに交渉がまとまらず、D・コスタの移籍先が一向に決まらない状況だ。 ▽そうした中、『ESPN』のインタビューに応じたD・コスタは、アトレティコ移籍に向けた交渉が破談となれば、チェルシーの要求額に応える他クラブに行くことになると主張した。 「僕はすでにアトレティコへの復帰に対して愛情と関心を示した。しかし、彼らは料金面でチェルシーと合意に達していない」 「アトレティコが僕の獲得に注力することができないのであれば、チェルシーが要求する金額を越えるオファーを出すチームに行くことになるだろう」 「チェルシーに対して、いくつかのクラブがオファーを出している。僕はコンテ監督から構想外だということを伝えられた時から、将来について考えたいと話していたんだ。それは明らかだよ」 「チェルシーはより多くの移籍金を提示するクラブが出てこない限り、僕の将来は決まらないだろう。ただ、僕もチェルシーが財政面で改善しなければいけないという問題を抱えていることは理解している。彼らは僕と契約した時に支払った金額を越えるオファーに対して受領するだろう」 2017.08.19 16:05 Sat
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、コロンビア代表DFミナ獲得へ

▽バルセロナが、ブラジルのパルメイラスに所属するコロンビア代表DFジェリー・ミナ(22)の獲得に至ったようだ。イギリス『エクスプレス』がスペインのレポートをもとに伝えている。 ▽伝えられるところによると、バルセロナは820万ポンド(約11億4000万円)の契約解除金をパルメイラスに支払ったことでクラブ間合意。今年いっぱいはパルメイラスでプレーさせる意向だという。 ▽195cmの長身センターバックのミナは、卓越した身体能力に加え、守備的MFでもプレー可能なテクニックを持つ同国期待のセンターバック。昨年10月には、ミナの叔父で代理人を務めるジェア・ミナ氏がバルセロナとプレ合意に至ったことを認めていた。 2017.08.19 15:47 Sat
twitterfacebook
thumb

スパーズ、今夏2人目の補強はアルゼンチンの19歳DFか…PSGやインテルも関心

▽トッテナムが、アルゼンチンのエストゥディアンテスに所属するU-20アルゼンチン代表DFフアン・フォイス(19)の獲得に近づいているという。イギリス『ガーディアン』が伝えている。 ▽先日、アヤックスからコロンビア代表DFダビンソン・サンチェス(21)を獲得し、今夏ようやく1人目の補強を成功させたトッテナム。マウリシオ・ポチェッティーノ監督も、「終わりまでに3、4人の獲得を考えている」と明言し、更なる補強が期待される中、2人目の新戦力となるのは、アルゼンチンの若手センターバックなのかもしれない。 ▽昨シーズンにプロデビューを果たしたばかりのフォイスは、187cmという長身と、ディフェンスラインからのビルドアップを得意とする選手。今年1月から2月にかけて行われていたU-20南米選手権や、5月に行われたU-20ワールドカップでも主力として出場した。このアルゼンチンの期待の若手にはトッテナムのほか、パリ・サンジェルマンやインテルからも関心が寄せられているようだ。 2017.08.19 15:19 Sat
twitterfacebook
thumb

インテル、玉突き移籍を狙う? シティがエバンス獲得ならマンガラのレンタルを希望か

▽インテルがマンチェスター・シティに所属するフランス代表DFエリアキム・マンガラ(26)のレンタルに関心を寄せているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽マンガラは2014年にポルトからシティに加入した。しかし、ジョゼップ・グアルディオラ監督が就任した昨シーズンは、構想外となり、バレンシアにレンタル移籍。今シーズンからシティに復帰したが、12日に行われたプレミアリーグ開幕節のブライトン戦で出番なしに終わった。これを受けて、イギリス『スカイ・スポーツ』は、マンガラにレンタル移籍の可能性があると伝えている。 ▽そうしたなか、インテルはアーセナルに所属するドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィ(25)の獲得失敗により、次なるターゲットとしてマンガラに白羽の矢。シティが関心を寄せているとされるWBAの北アイルランド代表DFジョニー・エバンス(29)の獲得に成功すれば、マンガラをレンタルできる踏んでいるようだ。 2017.08.19 14:20 Sat
twitterfacebook
thumb

昇格組ジローナ、2部ラージョからDFモジカをレンタルで獲得

▽ジローナは18日、ラージョ・バジェカーノからコロンビア代表DFホアン・モジカ(24)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 ▽コロンビアでプロデビューを飾ったモジカは、2013年にラージョへのレンタル移籍を経て、その翌年に完全移籍を果たす。その直後にバジャドリードへレンタルされると、主戦場とする左サイドバックから左ウイングにコンバート。在籍した2シーズンで公式戦70試合に出場し、9ゴール15アシストを記録した。 ▽今年1月にはジローナへレンタル移籍し、リーグ戦10試合で1アシストを記録。クラブの1部昇格に貢献した。 2017.08.19 14:17 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシー、ジエゴ・コスタ交渉“粘り過ぎ”で値崩れ?

▽チェルシーは、スペイン代表FWジエゴ・コスタ(28)を安価な額で手放さざるを得なくなっているようだ。イギリス『サン』が報じた。 ▽一向に移籍先が決まらないジエゴ・コスタ。先日には、インタビュー記事にて、チェルシーへの不満を爆発させた。現在は、チームに無許可でブラジルに帰国中。来週に自宅のあるマドリッドに戻るとみられている。 ▽チェルシーは、そのジエゴ・コスタの売却額を5000万ポンド(約70億2000万円)に設定しているようだ。だが、これまでに届いたオファーの最高額は、アトレティコ・マドリーの3000万ポンド(約42億1000万円)。チェルシーの希望額を2000万ポンド(約28億円)も下回る額だ。 ▽伝えられるところによれば、アトレティコのディエゴ・シメオネ監督は、移籍市場の終盤に差し掛かれば、ジエゴ・コスタの価値がより下がると事前に見込んでいた様子。そのため、チェルシーは、アトレティコに安価な額で昨シーズンまでの得点源を売却する選択肢を迫られているという。 2017.08.19 12:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ネイマール・ショックのバルサ、ディ・マリア獲得へ?

▽バルセロナは、リバプールに所属するブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ、ドルトムントでプレーするフランス代表MFウスマーヌ・デンベレの獲得難航を受けて、新たなターゲット確保に動いているようだ。イギリス『サン』が報じた。 ▽その新たなターゲットとは、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(29)だ。FWネイマールのPSG移籍を余儀なくされたバルセロナは、代役候補としてコウチーニョ、O・デンベレの獲得に白羽の矢。しかし、依然として実現に至ってない。 ▽その間には、シーズン開幕を告げるスーペル・コパで宿敵レアル・マドリーに完成度の差を見せつけられる形で完敗。さらに、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスが4〜5週間の負傷離脱を余儀なくされており、攻撃陣においてより苦しい台所事情を強いられる末路に陥っている。 ▽そこで、バルセロナは、ディ・マリアに着眼。ディ・マリア自身はネイマールに続き、噂されるモナコのフランス代表FWキリアン・ムバッペも加入となれば、熾烈なポジション争いを強いられる恐れがあるため、移籍を考慮する可能性があるという。 2017.08.19 10:00 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシーに光明? インテル、カンドレーバ売却にゴーサイン

▽インテルに所属するイタリア代表MFアントニオ・カンドレーバ(30)のチェルシー移籍に光明が差し込んでいるようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽今夏の移籍市場で既に数名の新戦力を確保したチェルシー。しかし、移籍市場の閉幕までに、さらなる補強が取り沙汰されており、その筆頭としてカンドレーバの名前が浮上しているところだ。 ▽そうしたなか、『デイリー・ミラー』はチェルシーにカンドレーバ獲得の青信号が点灯したと伝えた。インテルは2500万ポンド(約35億1000万円)のオファーが届けば、手放す意向を示しているという。 ▽なお、チェルシーのアントニオ・コンテ監督は、カンドレーバのほか、レスター・シティに所属するイングランド代表MFダニー・ドリンクウォーター、サウサンプトンでプレーするオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイク、アーセナルのイングランド代表MFアレックス・オックスレイド=チェンバレンの獲得に動いているとみられている。 2017.08.19 09:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ボイコット行為のデンベレにカストロも失望「僕たちにとってショックだった」

ドルトムントMFのゴンサロ・カストロは、バルセロナ移籍を求めてボイコット行為に出たチームメイトに失望しているようだ。ドイツ紙『ビルト』のインタビューで心境を明かした。ドルトムントは今月10日に、フランス代表FWウスマーヌ・デンベレに対する獲得オファーを断ったことを発表。その同日の午前中の練習を無断で欠席したデンベレに、クラブは当面の活動停止処分を科している。クラブ関係者との接触を一切拒否していると見られる同選手は既に国外に移動していると伝えられていた。そんな振る舞いには同僚たちは納得できない模様。ギリシャ代表DFのソクラティス・パパスタソプーロスもドイツ誌『キッカー』で「ウスマーヌは良いやつだけど、チームより大きい選手なんていないということを理解しなければならない。何でも自分がやりたいことをやってはいけない」と苦言を呈していたところだ。そして、カストロも黙っていられない。『ビルト』で次のように話している。「当然、機会があれば、僕たちは彼はやってはいけないことをやっていること、彼の行動はチームにダメージを加えていることを言うつもりだ」「彼は常にここにいて、素晴らしいシーズンを過ごしたんだ。それでも急に練習を欠席した。僕たちにとってショックだったよ。こういうことを経験したことはないからね。こういうことを経験するのは初めてだよ」ただカストロは、デンベレが一人でこの行動を取ったとは考えられないようだ。「彼はまだ20歳であることを忘れてはいけない。これらの裏に誰かがいること、彼は誰かに操られていることも考えられる。僕だって20歳のころはすべてを自分一人で決められなかったことは知っているのでね」それでもこのようなケースはサッカー界に悪影響を及ぼしかねないと懸念の言葉を口にした。「1人のプレーヤーが『他クラブが自分を欲しがっているので僕はもうここでの練習には参加しない』といった傾向がこのまま強まるとしたら、つまり選手がやりたい放題になるとしたら、サッカーにとっては致命的だね」提供:goal.com 2017.08.19 09:10 Sat
twitterfacebook
thumb

インテル長友佑都、去就に言及 「どんな場所でも努力を積み重ねるだけ」

▽インテルに所属する日本代表DF長友佑都(30)が自身を取り巻く去就問題に言及した。 ▽毎シーズンのように構想外との見方が伝えられるなか、最終的に監督の信頼を勝ち得てきた長友。今夏も、同じ左サイドバックを主戦場とするブラジル人DFダルベルトが加入したことで、長友の去就に注目が集まっているところだ。 ▽そうしたなか、渦中の長友が自身のツイッター(@YutoNagatomo5)を更新。次のようなつぶやきで、移籍の可能性についてコメントした。 「残留か移籍かって報道出てるけど、そもそもサッカーやってる目的が、アスリートとしても、人としても成長することやから、どんな場所でも自分にできる精一杯の努力を積み重ねるだけなんだよね。自分を求めてくれる場所で、感謝を胸に戦う。そこで活躍できた時の喜びは言葉では言い表せない」 2017.08.19 08:30 Sat
twitterfacebook
thumb

PSG、ネイマール移籍で危機にさらされるドイツ代表MFの残留を希望…今年1月に加入

パリ・サンジェルマン(PSG)はドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーの残留を求めているようだ。PSGは今月、ネイマールの加入を発表した。史上最高額で加わったブラジル代表クラックには10番と左サイドという特権が与えられるが、それで被害を受けるのがドラクスラーだ。今年1月に加入したばかりのドラクスラーが主戦場とするのが左サイドで、ネイマールのプレーエリアと被る。そのため、今シーズンはベンチを温める時間が長くなると推測されている。しかし、PSGはドラクスラーの価値は変わらないとして売却を望んでいないようだ。また、スペイン『ムンド・デポルティーボ』はバルセロナがドラクスラーにオファーを送ったと報じたが、『Goal』の取材によりオファーが存在しないことが明らかとなっている。すでにドラクスラーの代理人も今夏は残留していることを明かしており、ポジション獲得に努めるとしている。ウナイ・エメリ監督がシステムを変更した場合、ドラクスラーは10番のポジションを務めることができると考えられるが、若きドイツ代表は自身の居場所を作ることができるのか。提供:goal.com 2017.08.19 08:12 Sat
twitterfacebook
thumb

インテルDFムリージョがバレンシアに買い取り義務付き2年レンタルで加入

▽バレンシアは18日、インテルのコロンビア代表DFジェイソン・ムリージョ(25)を買い取り義務付きの2年レンタルで獲得したことを発表した。 ▽買い取る際に必要となる移籍金はイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば1300万ユーロ(約16億6000万円)とのことだ。 ▽母国でプロデビューを果たしたムリージョは、2010年夏にグラナダへ移籍。以降はカディスやラス・パルマスへのレンタル移籍を経て、2015年夏にインテルに加入した。1年目から主戦場のセンターバックでレギュラーの座を確保。これまで公式戦102試合に出場し、5ゴール3アシストを記録した。 ▽バレンシアでは同日、アーセナルからブラジル人DFガブリエウ・パウリスタ(26)を獲得していた。 2017.08.19 06:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ウェストハム、ニュージーランド代表DFリードと2023年までの新契約を締結

▽ウェストハムは18日、ニュージーランド代表DFウィンストン・リード(29)と2023年までの新契約を締結したことを発表した。 ▽新契約にサインしたリードは、公式サイトで次ように語った。 「ウェストハムに留まることができてとても嬉しいよ。僕はウェストハムでのプレーが楽しいんだ。僕の家族もここでの生活を楽しんでいるよ」 ▽2005年にデンマークのFCミッティラントでプロキャリアをスタートさせたリードは、2010年の夏にウェストハムに移籍。これまで在籍7年間で204試合に出場し、10ゴール10アシストをマーク。13日に行われた今季開幕節のマンチェスター・ユナイテッド戦でプレミアリーグ150試合出場を果たした。 2017.08.19 02:15 Sat
twitterfacebook
thumb

トッテナムがコロンビアの逸材DFダビンソン・サンチェス獲得、今夏の補強第一号

▽トッテナムは18日、アヤックスに所属するコロンビア代表DFダビンソン・サンチェス(21)の獲得を発表した。契約期間は2023年6月までの6年間となっている。移籍金はイギリス『スカイ・スポーツ』によれば4000万ポンド(約56億2000万円)とのことだ。 ▽2014年に母国のアトレティコ・ナシオナルでプロキャリアをスタートしたD・サンチェスは昨夏、アヤックスに加入。昨シーズンの公式戦46試合に出場して6ゴール2アシストの記録を残した。 ▽そのD・サンチェスはトッテナムの公式サイトで次のように加入の喜びを語っている。 「アヤックスの監督、フロント、チームメート、サポーターに感謝したい。トッテナムに移籍できたのはアヤックスで成長できたからだ。そして、トッテナムのような有名なクラブと契約でき、とても興奮している。ポチェッティーノ監督やチームメートと早く会えることを楽しみにしている」 ▽トッテナムの今夏の補強第一号となったD・サンチェスは、187cmの恵まれた体躯を誇る若きセンターバック。卓越したパワーとスピードを生かした対人守備や、ビルドアップ能力にも長けるDFで、バルセロナやインテルの関心も伝えられてきた逸材だ。 2017.08.19 01:53 Sat
twitterfacebook
thumb

バレンシアがアーセナルからDFガブリエウを5年契約で獲得

▽バレンシアは18日、アーセナルに所属するブラジル人DFガブリエウ・パウリスタ(26)を獲得した。契約期間は2022年6月30日までの5年間で、バイアウト条項は8000万ユーロ(約102憶7000万円)に設定されている。 ▽2010年に母国ブラジルのヴィトーリアでプロデビューしたガブリエウは、2013年にビジャレアルへ移籍。加入初年度からコンスタントな出場機会を得ると、在籍2シーズンで公式戦50試合に出場した。 ▽ビジャレアルでの活躍が認められ、2015年1月にアーセナルに加入したガブリエウは、在籍2年半で公式戦64試合に出場。しかし、昨シーズンはくるぶしの負傷に悩まされ、リーグ戦19試合の出場にとどまった。 2017.08.19 01:47 Sat
twitterfacebook
thumb

ユベントスがマテュイディの獲得を発表、移籍金は26億円+ボーナス13億円

▽ユベントスは18日、パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表MFブレーズ・マテュイディ(30)の獲得を発表した。契約期間は2020年6月までの3年間となっている。 ▽ユベントスは移籍金が2000万ユーロ(約26億円)+ボーナス1050万ユーロ(約13億4000万円)であることを明かしている。なお、移籍金は今後3年間に渡って支払われるとのことだ。また、ボーナスの条件としては今後3年間でマテュイディが出場した試合数によって変動すると発表している。 ▽ユベントス加入が決まったマテュイディは公式サイトで次のように語っている。 「ユベントスは偉大な歴史を持つ、野心に溢れる常勝クラブだ。彼らは6年連続でスクデットを獲得しているし、ヨーロッパのタイトルも視野に入れている。僕はチームが勝利できるようにすべてを与えたい。ユベントスではジダンやプラティニ、デシャンといったフランスの偉大な先輩を見てきた。そんなチームの一員となれたことは喜ばしいことだよ」 ▽2011年夏にサンテチェンヌからPSGに加入したマテュイディは公式戦295試合を数え、33ゴール30アシストを記録。これまで4度のリーグ・アン制覇を含む15ものタイトルを獲得し、2015年にはフランスの最優秀選手に選ばれていた。 2017.08.19 01:10 Sat
twitterfacebook
thumb

リバプール、コウチーニョに対するバルセロナの3度目の入札を拒否!

▽リバプールがブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(25)に対するバルセロナのオファーを三度拒否したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽これまで2度コウチーニョのオファーを拒否されたバルセロナは、移籍金7680万ポンド+ボーナス1360万ポンドを積んだ2度目の入札から移籍金1億1300万ポンド(158億5000万円)+ボーナス500万ポンド(7億円)に条件を引き上げたが、リバプールを納得させられなかった模様だ。 ▽伝えられるところによれば、バルセロナへの移籍志願をクラブに伝えたコウチーニョはだが、リバプールは昨シーズンのプレミアリーグ13得点7アシストを記録したコウチーニョを売却不可能選手として再確認。これまでと同様、今年1月に5年の契約延長で合意したブラジル人プレーメーカーを売らない姿勢だという。 2017.08.19 00:42 Sat
twitterfacebook
thumb

ラス・パルマスと契約解除のボアテングがフランクフルトに加入…約1年半ぶりのドイツ帰還

▽フランクフルトは18日、ガーナ代表MFケヴィン=プリンス・ボアテング(30)の加入を発表した。契約期間は2020年6月30日までとなる。16日に、一身上の都合によりラス・パルマスとの契約を解除していたボアテングは、母国ドイツのフランクフルトを新天地に選んだようだ。 ▽ヘルタ・ベルリンでキャリアをスタートさせたボアテングは、トッテナムやドルトムントを経て、2010年夏にミランに加入。ミランでは10番を背負い、通算114試合に出場した。その後はシャルケ、そして2度目のミラン移籍を経て、昨夏にラス・パルマスがフリーで獲得。今年5月には3年間の契約延長をしたばかりだった。 ▽フランクフルト加入で、ドイツでは4つ目のクラブ加入となったボアテング。ここまでブンデスリーガ通算98試合に出場し10ゴール18アシストをマークしており、中でも2013年夏に加入したシャルケでは、在籍2年間で60試合を数え、7ゴール9アシストと主力として活躍した。 2017.08.18 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

今夏シティ移籍のオーストリア得点王がジローナにレンタル移籍

▽ジローナが17日、今夏マンチェスター・シティに加入したナイジェリア代表FWオラレンワジュ・カヨデ(24)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽2015年夏に、オーストリアの名門オーストリア・ウィーンに加入したカヨデは、スピード、ボディバランス、決定力を併せ持つストライカー。昨シーズンはオーストリア・ブンデスリーガで33試合に出場し17ゴール4アシストを記録するなど、2位フィニッシュのチームの攻撃をけん引した。 ▽その活躍を受けて、シティが先日にカヨデを獲得。しかし、豊富なタレントを揃えるシティでは出場機会が限られていることから、今シーズンはジローナで修行を積むこととなった。 2017.08.18 20:42 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴィオラ、ベティスからアルゼンチン人DFペッゼッラをレンタルで獲得

▽フィオレンティーナは18日、ベティスからアルゼンチン人DFジェルマン・ペッゼッラ(26)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。19日にメディカルチェックを受けるとのことだ。 ▽鋭い読みと持ち前のボディバランスを武器とするペッゼッラは、アルゼンチンの名門リーベルプレート出身のセンターバック。リーグ優勝やコパ・リベルタドーレス、コパ・スダメリカーナ優勝など輝かしい経歴を持つ。 ▽2015年夏に加入したベティスではシーズン後半からレギュラーの座を確保。今シーズンはリーガエスパニョーラ36試合に出場し、1ゴールを挙げる活躍を見せた。 2017.08.18 19:47 Fri
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング