ニュース

thumb

スウォンジー、F・フェルナンデスと新契約…2020年までの3年契約で合意

▽スウォンジー・シティは24日、元アルゼンチン代表DFフェデリコ・フェルナンデス(28)と新たに2020年までの3年契約で合意に達したことを発表した。 ▽F・フェルナンデスは、エストゥディアンテス、ナポリ、ヘタフェを経て、2014年夏にスウォンジー入り。今シーズンはプレミアリーグ14試合に出場している。 ▽スウォンジーはプレミアリーグで現在、降格圏18位のハル・シティに勝ち点4差の15位に位置。25日の第26節では、首位のチェルシーとアウェイで対戦する。 2017.02.25 10:15 Sat
twitterfacebook
thumb

シャルケ、MFベンタレブの完全移籍加入を発表…今季トッテナムからレンタル加入

▽シャルケは24日、トッテナムからレンタル加入中のアルジェリア代表MFナビル・ベンタレブ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30までの4年間となる。 ▽トッテナムの下部組織で育ったベンタレブは、2013年にトップチーム昇格。今シーズンからシャルケに活躍の場を移し、ここまでブンデスリーガ20試合4ゴール4アシストを記録している。 ▽そのベンタレブは、クラブ公式サイトで完全移籍を果たした心境を明かした。 「昨夏に来たときから、契約のために多くプレーして、クラブの信頼を得ることが目標だった。それが叶い、全てが完璧だ。素晴らしい気持ちだよ」 2017.02.25 09:15 Sat
twitterfacebook
thumb

J・アルバ、イスコの“禁断の移籍”に言及…「良い選手なら常に歓迎」とバルセロナ入りを後押し?

バルセロナに所属するスペイン代表DFジョルディ・アルバは、同じくスペイン代表でレアル・マドリーに所属するMFイスコがクラブでもチームメイトとなる可能性について言及している。24歳のスペイン人テクニシャンは今シーズン、ジネディーヌ・ジダン監督のもとで出場機会を確保するのに苦しんでおり、リーグ戦の先発は11。そのため、移籍を考慮していると伝えられており、新天地の候補にはレアル・マドリーの宿敵であるバルセロナも挙げられてる。かつてバレンシアでともにプレーしていたアルバは「良い選手は常に歓迎」と話し、イスコの“禁断の移籍”について触れた。「イスコとは多くの時間をともに過ごした。バレンシア時代から彼のことを知っているし、実力もわかっている。何が起こるかはじきにわかるだろう」イスコは2018年までマドリーとの契約を残し、クラブもフリーでの放出は回避したいと考えているため、今夏の移籍の可能性が取りざたされている。提供:goal.com 2017.02.24 19:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ミラン本田圭佑、MLSのシアトル・サウンダーズ移籍間近か

▽ミランに所属する日本代表FW本田圭佑(30)にメジャーリーグ・サッカー(MLS)挑戦の可能性が高まっているようだ。イタリア『トゥットメルカート』が独占情報として伝えている。 ▽報道によれば、本田はシアトル・サウンダーズ移籍に向かっている模様。近日中の決定もあり得る状況だという。なお、MLSの移籍期間は、14日から5月8日まで開かれているとのことだ。 ▽本田は今シーズンのここまで、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の下で全くと言って良いほど出番なし。そのため、以前から移籍の可能性が取りざたされてきたが、実現に至っていなかった。 ▽その本田は、2008年1月に名古屋グランパスからVVVフェンロに移籍。その後、CSKAモスクワを経て、2013-14シーズンの冬にミラン入りした。ミラン在籍4年間で公式戦89試合10ゴール14アシストを記録している。 2017.02.24 18:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ラニエリの解任劇は本人に予告なしのレスター上層部による独断か

▽レスター・シティは23日、クラウディオ・ラニエリ監督(65)の解任を発表した。しかし、この解任という上層部の決断は、本人に知らされていなかったようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽昨シーズンのプレミアリーグでレスターを世紀の初優勝に導き、FIFA(国際サッカー連盟)選定の最優秀監督賞を受賞したラニエリ監督。しかし、今シーズンはここまでプレミアリーグで降格圏の16位ハル・シティに勝ち点1差の15位と不振に喘いでおり、ラニエリ監督の去就に関する憶測も熱を帯びていた。 ▽報道によれば、ラニエリ監督は解任発表の30分前まで、親交のあるイタリア『スカイ』でジャーナリストを務めるマッシモ・ミリアネッラ氏と電話でやり取り。そのミリアネッラ氏は、当時のラニエリ監督の様子を語り、今回の監督交代劇についてレスターの独断との見解を示している。 「クラウディオと親交があることは、私の周囲でよく知られていること。私と彼は、レスター・シティが声明を出す30分前から電話で話していたんだ」 「クラウディオは、とても落ち着いていた。クラブが彼のことをクビにしようとしているのであれば、彼は私にその状況を前もって打ち明けてくれていたはずさ」 「彼自身、自分のクビを切るというレスター・シティの決断は想定外だった可能性がある。そうでなければ、私にそのことを話していたはずだからね」 「そのニュースは、私の下に大きな、大きなサプライズとしてやってきた。彼は、クラブの決断について、何も知らなかったんだ」 2017.02.24 12:15 Fri
twitterfacebook
thumb

エバートンやハル・シティなどで活躍した元クロアチア代表FWイェラビッチが貴州恒豊智誠に加入

▽今シーズンから中国スーパーリーグに昇格した貴州恒豊智誠は24日、エバートンやハル・シティなどでもプレーした北京人和の元クロアチア代表FWニキツァ・イェラビッチ(31)の獲得を発表した。シーズン前のレセプションで発表された。 ▽イェラビッチは母国クロアチアのハイドゥク・スプリトでキャリアをスタートさせ、ズルテ・ワレヘム(ベルギー)、ラピド・ウィーン(オーストリア)、レンジャーズ(スコットランド)を経て、2012年にエバートンへ加入。その後、ハル・シティ、ウェストハムと在籍し、2016年2月に中国甲級リーグ(2部)の北京人和に加入していた。 ▽北京人和では、リーグ戦29試合に出場し15得点を記録。しかし、チームは中国スーパーリーグ昇格を逃していた。 ▽貴州恒豊智誠は昨シーズンの中国甲級リーグで2位となり、中国スーパーリーグへ昇格。河南建業からオーストラリア代表DFライアン・マクゴーワンやQPRのオランダ人MFチャロン・チェリーらを獲得。女性でチェアマンを務めるシャオ・ティンウェンさんも話題となっていた。 2017.02.24 11:22 Fri
twitterfacebook
thumb

ベジェリンの去就はヴェンゲル次第か…フランス人指揮官退団ならバルセロナ移籍の可能性

▽アーセナルに所属するスペイン代表DFエクトル・ベジェリン(21)は、アーセン・ヴェンゲル監督の去就次第で今夏のバルセロナ移籍を考慮する意向のようだ。イギリス『ガーディアン』が報じている。 ▽最近の活躍により、他クラブからの関心が絶えなく報道されてきたベジェリン。中でも右サイドバックの補強が急務となっているユース時代の古巣であるバルセロナが連れ戻しに向け、大金を用意しているとみられている。 ▽そのベジェリンは、昨年11月にアーセナルと新たに6年の長期契約で合意。しかし、報道によれば、それに至ったのはヴェンゲル監督の存在が大きかったようだ。退団報道が過熱するフランス人指揮官がアーセナルを去るのであれば、ベジェリン自身も考えを改める可能性があるという。 ▽古巣バルセロナの他、マンチェスター・シティからの関心が絶えなく報道されているベジェリンは、2011年夏にアーセナル入り。2013年夏にプロ契約を結び、今シーズンもここまで不動の右サイドバックとしてプレミアリーグ20試合の出場を記録している。 2017.02.24 10:30 Fri
twitterfacebook
thumb

世界最高年俸のFWテベス、加入2カ月で上海申花退団を希望か

▽今冬に中国スーパーリーグの上海申花に加入した元アルゼンチン代表FWカルロス・テベス(33)に早くも中国離陸の可能性が浮上した。アルゼンチン『Ole』が伝えている。 ▽報道によれば、テベスは上海申花加入から2カ月が経った現在も、中国での食事や言語に馴染むことができていない模様。さらに、チームを率いるグスタボ・ポジェ監督とも関係がうまくいっていない他、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)本戦出場を逃したこともモチベーション低下に繫がったようだ。 ▽そのため、今冬に4000万ユーロ(約49億円)の世界最高年俸で上海申花入りしたテベスは、早期の退団を考慮。契約を残している現段階で退団することになれば、違約金650万ユーロ(約7億8000万円)の支払い義務が発生するものの、本人は身銭を切ってでも中国を去る意向を示しているという。 2017.02.24 09:50 Fri
twitterfacebook
thumb

プティ、後輩グリーズマンのユナイテッド移籍を確信…「彼は間違いなく行く」

▽元フランス代表MFのエマニュエル・プティ氏が、同胞のアトレティコ・マドリーでプレーする同代表FWアントワーヌ・グリーズマン(25)のマンチェスター・ユナイテッド移籍を確信した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽近年の活躍ぶりから様々なクラブからの関心が囁かれているグリーズマン。その中で、口頭合意や、自身のアイドルであるデイビッド・ベッカム氏も着用した7番を受け継ぐとの報道が伝えられるなど、ユナイテッド移籍の可能性が過熱している。 ▽現役時代にモナコ、アーセナル、バルセロナ、チェルシーで活躍したプティ氏は、その後輩について、今夏にオールド・トラフォードへと戦いの場を移す可能性が高いとの自身の見解を示した。 「彼は、間違いなくマンチェスター・ユナイテッドに行くと思う。代表でポグバと強い絆で結ばれていて、私生活でも良い友人関係だ。実現したら、ユナイテッドにゴールやアシストだけでなく、勝者のメンタリティをもたらしてくれるはずさ」 「グリーズマンは、この4年間で一段ずつ向上している。毎年、パフォーマンスレベルは改善され、チームへの貢献度も素晴らしい。彼の獲得はマンチェスター・ユナイテッドにとって、間違いなく良い買い物だ」 2017.02.24 08:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ルーニー、ユナイテッド残留を表明…「僕は残る。クラブの一部であり続けたい」

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表FWウェイン・ルーニー(31)が23日、クラブの公式サイト上で残留を表明した。 ▽近年、中国移籍報道が相次いだルーニー。最近の報道で、広州恒大や北京国安が移籍候補先に挙がり、直近の公式戦3試合でメンバー外となっている同選手の代理人を務めるポール・ストレットフォード氏の中国入りしたとの噂が過熱していた。 ▽しかし、ユナイテッド主将はオールド・トラフォード残留を次のように明言。中国移籍の噂に終止符を打ち、ユナイテッドでのさらなる成功を渇望した。 「他クラブからの関心を嬉しく思う。最近の憶測を終わらせたい。僕はマンチェスター・ユナイテッドに残る」 「4つのコンペティションで戦い続けるこのチームで、成功への助けとなるべく、全力を尽くすことを望んでいる」 「とてもエキサイティングな時期にあるこのクラブで、僕もその一部分であり続けることを願う」 2017.02.24 08:30 Fri
twitterfacebook
thumb

岡崎所属のレスターがラニエリ監督を解任! 昨季奇跡の優勝に導くも今季は残留争う大不振…

▽レスター・シティは23日、クラウディオ・ラニエリ監督(65)の解任を発表した。 ▽2015年7月に前年残留争いに巻き込まれたレスターの新監督に就任したラニエリ監督は、卓越した手腕を発揮し、奇跡のプレミアリーグ初優勝に導いた。だが、今シーズンはクラブ史上初のチャンピオンズリーグでグループステージ首位通過を決めた一方、プレミアリーグでは開幕から極度の不振に陥った。現在、チームはリーグ戦6試合連続無得点の5連敗中で降格圏の18位ハル・シティと勝ち点1差の17位に位置しており、プレミアリーグ史上初の前年優勝チームの翌シーズン降格という不名誉が現実味を帯びてきている。 ▽今月7日にはラニエリ監督を全面サポートするとの公式声明を発表したレスターだったが、リーグ戦のスウォンジー戦の敗戦、3部のミルウォール相手に敗れたFAカップの敗戦を受けて、同監督の更迭を決断。22日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのセビージャ戦(1-2で敗戦)の翌日に、解任を公式発表した。 ▽レスターで副会長を務めるアイヤワット・スリヴァッダナプラバ氏は、クラブ公式サイトでラニエリ監督の解任理由について語っている。 「今回の決定は、我々が7年前にクラブを所有することになってから、最も難しい決断だった。しかし、我々は個人的な感情よりも、クラブの長期的な利益を考えなければならない」 「クラウディオはこのクラブに際立ったクオリティを持ち込んでくれた。彼の巧みなマネジメント、モチベート能力、慎重なアプローチ、豊富な経験をクラブに反映させてくれた。また、彼の温かさやカリスマ性はクラブへの認識を大きく変えてくれ、世界規模で認知度を広げることに繫がった。我々は彼が成し遂げてきたことに対して、永遠に感謝の気持ちを持ち続けるだろう」 「我々としては、今シーズンに昨シーズンと同様の成功を収めることを期待していたわけではない。そして、プレミアリーグに残留することをトッププライオリティとしていた。その中で残りの13試合で目標を達成するため、変化が必要だと感じ、今回の決断に至った。そして、これから戦い続けなければならない」 ▽なお、27日に行われるプレミアリーグ第26節のリバプール戦は、アシスタントマネージャーのクレイグ・シェイクスピア氏、トップチームコーチのマイク・ストーウェル氏が暫定指揮官を務める。また、レスターは新監督が決定するまで、後任人事に関していかなるコメントも発表しないと伝えている。 2017.02.24 05:49 Fri
twitterfacebook
thumb

パルチザンを退団した元ブルガリア代表FWボジノフが中国2部の梅州客家に加入

▽中国甲級リーグ(2部)の梅州客家は23日、元ブルガリア代表FWバレリ・ボジノフ(31)の獲得を発表した。契約期間は1年間で、1年間の延長オプションが付いているとのことだ。 ▽レッチェやフィオレンティーナ、ユベントス、マンチェスター・シティ、パルマ、スポルティング・リスボンなど多くのクラブを渡り歩いたボジノフは、2015年7月にテルナーナからパルチザンへと移籍。パルチザンでは公式戦87試合に出場し34得点を記録していたものの、今月17日に退団が発表されていた。 ▽梅州客家は2013年に誕生した新興クラブで、今シーズンは中国2部に所属。中国スーパーリーグ昇格を目指している。 2017.02.23 20:26 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプールがMFララナと長期の新契約を締結!!

▽リバプールは22日、イングランド代表MFアダム・ララナ(28)と新契約を締結したことを発表した。 ▽契約内容について『長期』としか明らかにされていないが、イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、契約期間は2020年6月までとなり、さらに1年間の延長オプションが付いているという。また、新契約締結によりララナは、週給11万ポンド(約1550万円)に昇給した模様だ。 ▽リバプールとの新契約にサインしたララナは、クラブの将来に大きな期待を持っていると語った。 「新たな契約にサインできたことをとても誇りに思っているよ。特に、クラブと監督が示してくれた自分への信頼を謙虚に受け止めたいと思う」 「リバプールのようなクラブとの契約は特別なことだし、とりわけ新契約に関してはクラブの人たちが、できるだけ長く留まってほしいと思っているということだから嬉しいよ」 「ここは現時点で本当に素晴らしい場所だ。特に、特別な何かを成し遂げたいと思うプレーヤーにとってはね。自分の将来に関して、ここ以上のクラブはないと考えているよ」 ▽2014年の夏にサウサンプトンからリバプールに2500万ポンド(当時レート:約43億2000万円)で加入したララナは、ここまで公式戦117試合に出場し20ゴールをマーク。ユルゲン・クロップ監督の下でも好パフォーマンスを続けており、今シーズンも公式戦27試合に出場して7ゴールを記録している。 2017.02.23 02:22 Thu
twitterfacebook
thumb

イスコ、この夏にレアル・マドリー退団か...マンチェスター・シティやユベントスらが獲得に動き

レアル・マドリーMFイスコは、この夏にスペインを離れることを検討しているのかもしれない。スペイン『マルカ』が報じた。18日のリーガエスパニョーラ第23節エスパニョール戦(2-0)で2アシストを記録したイスコ。10月29日のアラベス戦以来となる先発フル出場を果たしたスペイン人MFだが、試合後『BeIN Sports』で「自分の将来に関しては落ち着いている。自分が気にかけているのは、出場機会を確保できるかどうかだ。選手のキャリアは短いからね。シーズンが終わるまでに何らかの決断を下すことになる。自分自身の将来が懸かっているわけだから」と語り、去就が不透明であることをにおわせた。2013年夏にマラガからレアルに移籍したイスコは、スペイン屈指のメガクラブで幸せを感じていると常々口にしてきた。しかし実際はFWカリム・ベンゼマ、ガレス・ベイル、クリスティアーノ・ロナウドの“BBC”を優先させる4-3-3システムの犠牲となり、年々出場機会を減らしてきている。イスコの父親である代理人を務めるパコ・アラルコン氏は、今季終了時にクラブと話し合わなければならないことを理解している。現在レアルからは250万ユーロの年俸が支払われているものの、イスコ側は800万~1000万ユーロの年俸を要求する構えだとみられる。レアルはイスコの残留に向け尽力する意向ではあるが、交渉がまとまらなければ2017年夏にフリーとなってしまう同選手をこの夏に売却する考えもあるようだ。イスコの移籍先として、筆頭に挙げられているのはマンチェスター・シティだ。シティは2012年と2013年にイスコ獲得に動いていた。結局、2400万ユーロの移籍金を準備したレアルが現在23歳のMFを射止めたが、シティのチキ・ベギリスタインFD(フットボールディレクター)はイスコへの関心を失っていないとされる。無論、レアルに在籍した3年半で数多のタイトルを獲得してきたイスコの“恋人”はシティだけではない。アントニオ・コンテ監督率いるチェルシー、以前から興味を抱くユベントスらが虎視眈々と獲得の機会をうかがっている。ジネディーヌ・ジダン監督は21日の公式会見で「イスコの発言は理解できるものだ」と話していた。その一方で、最終的な決断は選手に委ねる意向だ。イスコがどのような決定を下すのか...、今後の動向に注目が集まる。提供:goal.com 2017.02.22 21:24 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナル、インシーニェ獲得へ本格始動か…ナポリは移籍金62億円以上を要求

▽アーセナルが、ナポリに所属するイタリア代表MFロレンツォ・インシーニェ(25)の獲得に向けて本格的に動き出したようだ。イギリス『サン』がイタリア人ジャーナリストのニコロ・スキーラ氏の証言として伝えている。 ▽報道によれば、アーセナルは19日に行われたセリエA第25節のキエーボ戦にスカウトマンを派遣。リバプールも関心を示す中、今夏におけるNo1ターゲットのインシーニェ獲得に向け、近いうちの会談開始を希望しているという。 ▽しかし、インシーニェとの現行契約を2019年まで残しているナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長は、少なくとも移籍金4400万ポンド(約62億1000万円)以上のオファーを要求している模様だ。 ▽以前からナポリとの契約延長交渉の難航が伝えられるインシーニェは、今シーズンのセリエAで24試合8ゴール6アシストを記録。アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督はイタリア人アタッカーの心を射止めることはできるのだろうか。 2017.02.21 10:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ジルーにマルセイユ移籍の可能性

▽アーセナルに所属するフランス代表FWオリヴィエ・ジルー(30)に母国復帰の可能性が浮上した。イギリス『メトロ』が伝えている。 ▽報道によれば、ジルーに対してはマルセイユが関心。チームが求める理想的なストライカーとして評価しているようで、今夏の獲得に大金を投じる意向を示しているという。 ▽今シーズンでアーセナル在籍5年目のジルー。ここまで出場したプレミアリーグ17試合のうち6試合の先発にとどまっているものの、8ゴール4アシストと存在感を示している。 2017.02.21 09:30 Tue
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、古巣チェルシーから2人の教え子獲得を画策か

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、古巣チェルシーからブラジル代表MFウィリアン(28)、セルビア代表MFネマニャ・マティッチ(28)の引き抜きを画策しているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽報道によれば、ポルトガル人指揮官は今冬に退団したMFモルガン・シュナイデルラン、FWメンフィス・デパイに代わる新戦力獲得を希望。そこで、ウィリアンとマティッチの元教え子に目を光らせているという。 ▽とはいえ、チェルシーにとって、ユナイテッドはプレミアリーグの数あるライバルクラブのうちの1つ。チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督もライバルクラブへの主力移籍を認めないものとみられている。 2017.02.21 09:15 Tue
twitterfacebook
thumb

新天地決まらないベルバトフ、現役続行に意欲…「まだ良い感覚がある」

▽かつてトッテナムやマンチェスター・ユナイテッドで活躍した元ブルガリア代表FWディミタール・ベルバトフ(36)が、現役続行に意欲を示した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽ベルバトフは、CSKAソフィア、レバークーゼンでプレーした後、トッテナム、ユナイテッド、フルアムといったプレミアリーグのクラブに所属。ユナイテッド時代には、独特かつ繊細なタッチを武器に、2度のプレミアリーグ優勝やクラブ・ワールドカップ制覇に貢献したほか、2010-11シーズンに20得点でリーグ得点王にも輝いた。 ▽しかし、昨年夏のPAOK退団以降は、現在に至るまで無所属の状態。ミドルズブラやハル・シティ、サンダーランドが関心を寄せているとみられるベルバトフは、イギリス『BBC』に対して、以下のように言及したという。 「自分に(現役を)続けたいという思いがあるから、チームを探している。まだ良い感覚がある。トレーニングに励み、自分のコンディション維持に努めているよ」 2017.02.21 09:00 Tue
twitterfacebook
thumb

イニエスタ、後継者にヴェッラッティを指名か

▽バルセロナに所属するスペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、パリ・サンジェルマン(PSG)のイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティ(24)を自身の後継者として考えているようだ。『ESPN』が伝えている。 ▽バルセロナ史において2番目のリーガエスパニョーラ400試合出場を誇り、通算29個のタイトル獲得に貢献してきたイニエスタ。32歳の今もなおバルセロナにとって、代えの利かない選手の1人だ。 ▽PSGに所属するフランス代表MFブレーズ・マテュイディの証言として伝えられたところによれば、14日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのバルセロナ戦で、イニエスタとヴェッラッティの間でやり取りがあったという。 ▽イニエスタは、試合中に地面に倒れ込んでいたヴェッラッティに対して、「君は後継者だ」と話しかけたとのこと。すると、ヴェッラッティから「そうだね。僕も同意だ」と返答したようだ。 ▽2012年の夏からPSGでプレーするヴェッラッティの現行契約は2021年まで。近い将来、カンプ・ノウでバルセロナの中盤からタクトをふるうイタリア人プレーメーカーの姿をお目にかかれるかもしれない。 2017.02.21 08:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ゲッツェ、恩師クロップの下で再出発を目指す?来夏にリバプール移籍か

プレミアリーグで5位につけるリバプールが、ドルトムントのマリオ・ゲッツェ獲得に興味を抱いていることが分かったと、イギリス紙『ミラー』が伝えている。ゲッツェは2013年にバイエルンに移籍したものの、期待通りの活躍ができず、今季からドルトムントに戻ってきた。しかし、ここまで公式戦の出場は16試合に留まり、2得点2アシストと思うような結果が残せていない。リバプールの指揮官であるユルゲン・クロップは、昨夏に続いてかつての愛弟子の獲得に関心を寄せている。リバプールは、来期欧州カップ戦への出場が見込まれるため、選手層の充実を図る意向を持っている。一方のドルトムントはバイエルンからゲッツェを再獲得する際に必要とした2000万ポンド(約28億円)の回収を狙う。輝きを取り戻したいゲッツェは、かつての恩師の下での再出発を決断するのだろうか。その去就に注目が集まる。提供:goal.com 2017.02.21 05:09 Tue
twitterfacebook
thumb

トッティの来季現役続行に追い風か スパレッティ「彼が来季もプレーを望めばそうなる」

▽ローマの元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティ(40)が、来シーズンも永遠の都の象徴としてプレーを続ける可能性が高まっている。ローマを率いるルチアーノ・スパレッティ監督が、『スカイ・スポルト・イタリア』でバンディエラの契約延長の可能性を示唆した。 ▽現在、40歳のトッティは、今シーズン限りでクラブとの契約が終了となり、来シーズンからローマのクラブ幹部として、複数年契約を結ぶとの報道が出ている。だが、直近のセリエA第25節のトリノ戦で1アシストを記録するなど、今シーズンここまでの公式戦17試合で3ゴール7アシストと、未だ健在ぶりを発揮している同選手は、来シーズンの現役続行に意欲を見せているようだ。 ▽現時点でローマはトッティに対して、公式な契約延長オファーを掲示していないようだが、スパレッティ監督はクラブ側がバンディエラの契約延長に向けて前向きな姿勢を見せ始めていることを示唆した。 「もし、トッティが来シーズンもプレーを続けたいと考えるならば、彼はそうすることになるはずだ」 ▽その一方で、トッティと同様に今季限りでローマとの契約が終了するスパレッティ監督は、自身の去就に関して明言を避けている。 「それ(トッティの契約延長)が私の契約に影響するかだって? 最も大事なことは私のことではなく、プレーヤーのことだ」 「仮に、今季を3位か2位で終えることができれば、契約延長を勝ち取るかもしれない。だが、5位で終わるようなことがあれば、私は去ることになるはずだ。したがって、契約に関してはトッティのようなプレーヤーたちこそ重要なんだ」 2017.02.21 00:29 Tue
twitterfacebook
thumb

D・アウベス、古巣バルサ首脳陣を批判「彼らは僕に敬意を払わなかった」

ユベントスDFダニエウ・アウベスがスペイン『ABC』とのインタビューに応じ、古巣バルセロナの首脳陣を批判した。昨夏に約8年を過ごしたバルセロナをフリーで退団し、ユベントスに加わったD・アウベス。同選手はバルセロナにぞんざいに扱われたとして、不満を抱えていたことを告白した。「バルセロナをフリーで去るなんて、じつに酷いことだった。退団するまでの3シーズンは、アウベスがバルセロナを去るという噂を聞き続けることになったが、首脳陣から直接そうう言われたわけじゃなかった。あれは本当に嘆かわしかったし、僕への敬意を欠いていたよ」「彼らが契約延長を申し出たのは、FIFAから選手補強を禁止されたときだけだったんだ」提供:goal.com 2017.02.21 00:00 Tue
twitterfacebook
thumb

Jリーグ入りの噂も挙がった元U-21イタリア代表FWビアンキがセリエBクラブにフリートランスファーで加入

▽今冬に日本行きの噂もあった元U-21イタリア代表FWロランド・ビアンキ(34)が、セリエBのプロ・ヴェルチェッリに完全移籍加入した。 ▽アタランタの下部組織出身のビアンキは、2001年1月にトップチームへ昇格。その後は、カリアリやレッジーナでプレーすると、2007年7月にマンチェスター・シティへと移籍。半年でセリエAのラツィオに移籍すると、トリノやボローニャマジョルカ、ペルージャと多くのクラブを渡り歩いた。セリエAで215試合出場48得点、セリエBで145試合出場55得点を記録している。 ▽2016年1月にペルージャへ加入するも、今年1月26日に退団。一部ではJリーグクラブからのオファーもあるとされていたが、プロ・ヴェルチェッリ入りとなった。なお、プロ・ヴェルチェッリは現在のセリエBで降格圏の20位に位置。セリエB残留に向けて大きな補強となったようだ。 2017.02.20 22:51 Mon
twitterfacebook
thumb

9戦未勝利で16位低迷のジェノアで監督交代! ユリッチ解任でマンドルリーニ招へい

▽ジェノアは19日、イバン・ユリッチ監督(41)の解任および、アンドレア・マンドルリーニ氏(56)の新監督就任を発表した。 ▽現役時代にジェノアで活躍した元クロアチア代表MFのユリッチ監督は、昨シーズンにクロトーネをセリエA昇格に導いた手腕が評価され、昨夏アタランタに去った恩師ジャンピエロ・ガスペリーニ前監督の後釜として、今シーズンから古巣の新監督に就任。 ▽開幕2連勝と良いスタートを切ったチームは、その後ミランやユベントスといった強豪を撃破するなど、12位でシーズン前半戦を終えた。だが、今冬の移籍市場でベネズエラ代表MFトーマス・リンコン(ユベントス)、イタリア代表FWレオナルド・パヴォレッティ(ナポリ)、アルゼンチン代表FWルーカス・オカンポス(ミラン)ら主力を引き抜かれたチームは、昨年12月18日に行われたセリエA第3節延期分のフィオレンティーナ戦での勝利を最後に、9戦未勝利(7敗2分け)と大不振に陥っていた。 ▽現在、降格圏手前の16位に低迷するジェノアだが、18位パレルモとの勝ち点差は11ポイントと降格の窮地に立たされているとまではいえないが、直近の最下位ペスカーラ戦での屈辱的な0-5の惨敗が引き金となり、ユリッチ監督更迭に至ったようだ。 ▽なお、ユリッチ監督の後任として、新監督就任が発表されたマンドルリーニ氏は、2018年6月30日までの18カ月契約にサインしている。これまでアタランタやサッスオーロなどの指揮官を歴任した同氏は、2010年から2015年までヴェローナで指揮を執っていた。 2017.02.20 22:27 Mon
twitterfacebook
thumb

ルーニー、数日中にユナイテッド退団決断か…北京国安と広州恒大の中国クラブが関心

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表FWウェイン・ルーニー(31)に、中国移籍の可能性が高まっているようだ。イギリスの地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が伝えている。 ▽近年のパフォーマンスレベル低下により移籍が囁かれるルーニー。最近では、アメリカだけでなく、中国からの接触報道も少なくない。そんな中、伝えられたところによれば、ルーニーの退団が数日以内にも決定する可能性があるという。 ▽移籍先に挙がっているのは2月28日まで市場が開いている中国。北京国安や広州恒大の2クラブが関心を示しているようで、少なくとも移籍金3200万ポンド(約44億8000万円)のオファーが届いているとのことだ。 ▽先月、250ゴールのクラブ最多得点記録を樹立したユナイテッド主将だが、直近の公式戦4試合で出番なし。ジョゼ・モウリーニョ監督の下で、出場機会を減らしているルーニーはどのような決断を下すのだろうか。 2017.02.20 09:00 Mon
twitterfacebook
thumb

クロップ・リバプール、昨夏に続きゲッツェに関心か

▽ドルトムントに所属するドイツ代表MFマリオ・ゲッツェ(24)にリバプール移籍の可能性が浮上した。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽昨夏、出場機会を求めてバイエルンから古巣のドルトムント復帰を決断したゲッツェ。しかし、今シーズンはブンデスリーガでわずか9試合の先発にとどまっており、トーマス・トゥヘル監督の信頼を勝ち取ることができていない。 ▽そのゲッツェに関して、報道によれば、ドルトムント時代の恩師ユルゲン・クロップ監督率いるリバプールが昨夏に続いて、今夏の獲得に興味を示しているとのこと。ドルトムント側は、移籍金2000万ポンド(約28億円)を求めているという。 ▽ドルトムントファンの間でも賛否両論の意見が飛び交う中、昨夏に3年ぶりのシグナル・イドゥナ・パルク帰還を果たしたゲッツェ。今夏、早くもドルトムントを離れ、アンフィールドで恩師との再会の道を決断するのだろうか。 2017.02.19 10:15 Sun
twitterfacebook
thumb

サンチェスのアーセナル退団は国民の希望?…チリ国内でデモ活動の動き

▽アーセナルでの将来が不透明な状況にあるFWアレクシス・サンチェス(28)。同選手の母国チリでは、国民にサンチェス支持の動きがあるようだ。イギリス『デイリー・メール』など複数のメディアが伝えている。 ▽アーセナルとの現行契約が2018年6月で満了を迎えるサンチェス。かねてより契約延長交渉が報じられているものの、依然として合意に至っておらず、欧州の複数クラブからの関心が伝えられているところだ。 ▽そんな中、報じられたところによれば、7000人以上ものチリ国民がサンチェスのアーセナル退団を支援すべく、フェイスブック上でデモ参加を呼びかけ。3月1日にチリの首都サンティアゴでデモ活動を行うという。 ▽サンチェスは2014年夏にバルセロナからアーセナルに移籍し、加入初年度からレギュラーとして活躍。今シーズンもここまで公式戦33試合20ゴールの活躍を見せ、アーセナルの攻撃陣をリードしている。 2017.02.19 09:45 Sun
twitterfacebook
thumb

イスコ、今季終了後に去就決断へ…「ここで幸せ。けど、選手寿命は短い」

▽レアル・マドリーは18日、リーガエスパニョーラ第23節でエスパニョールをホームに迎え、2-0で勝利。レアル・マドリーのスペイン代表MFイスコ(24)が試合後、自身の去就に関してコメントを残した。 ▽出場機会の少なさから移籍の噂が後を絶えず、多くのクラブからの関心が伝えられるイスコ。エスパニョール戦後、『beIN Sports』のインタビューに応じると、注目される今後の去就について次のように言及した。 「僕は落ち着いているよ。心配事は出場時間だけだね」 「ここで幸せだけど、選手寿命は短い。将来については、今シーズン終了後に決断するよ」 ▽イスコは、2013年夏にマラガから引き抜かれる形でレアル・マドリーに加入。今シーズンは、ここまでリーガエスパニョーラ17試合5ゴール5アシストを記録している。 2017.02.19 09:00 Sun
twitterfacebook
thumb

「ヴェラッティの獲得は現実的ではない」ユーヴェのマロッタCEOがヴェラッティに言及

現地時間17日に行われたユベントスvsパレルモの一戦は、4-1でユベントスが勝利を収めた。この試合に訪れていたユベントスのジュゼッペ・マロッタCEOが、メディアの前でマルコ・ヴェラッティ獲得のうわさについて言及している。「ヴェラッティはパリ・サンジェルマンと契約を更新して間もないし、我々が付け入るすきは今のところない」マロッタCEOはヴェラッティ獲得は現実的ではないと語りつつも、「彼は確かに素晴らしいクオリティを持った選手だ」と続け、関心度の高いプレーメーカーであることを強調している。ヴェラッティは14日に行われたチャンピオンズリーグのラウンド16で、バルセロナを4-0で撃破する原動力となっていた。イタリア代表ながら若くして国外で評価を高めた珍しいケースのMFであり、以前からユベントスのほか、バイエルンやバルセロナもヴェラッティ獲得に向けて興味を示していた。しかし、パリSGで評価を高めているヴェラッティは昨年8月に2021年までの長期契約を結んだばかり。獲得するには巨額の契約解除金が必要とされ、いつしかユーベでも引き抜きが難しい状況となっているようだ。提供:goal.com 2017.02.18 23:01 Sat
twitterfacebook
thumb

元ブルガリア代表FWボジノフがパルチザンを退団…レッチェやパルマなどで活躍

▽パルチザン・ベオグラードは17日、元ブルガリア代表FWバレリ・ボジノフ(31)の退団を発表した。 ▽レッチェやフィオレンティーナ、ユベントス、マンチェスター・シティ、パルマ、スポルティング・リスボンなど多くのクラブを渡り歩いたボジノフは、2015年7月にテルナーナからパルチザンへと移籍。パルチザンでは公式戦87試合に出場し34得点を記録していた。 2017.02.18 10:05 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング