ニュース

thumb

秋田DF下田光平が10年間の現役生活にピリオド「学ばせてもらえたこと全てが自分の財産です」

▽ブラウブリッツ秋田は15日、DF下田光平(28)が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。 ▽下田は、秋田県秋田市出身で、秋田商業高校から2008年にFC東京へ入団。出場機会がないまま2009年途中に水戸ホーリーホックへと期限付き移籍した。水戸では1シーズン半を過ごし、J2で31試合、天皇杯で1試合に出場。2011年にFC東京へと復帰すると、J2で3試合、天皇杯で1試合に出場した。 ▽2012年途中にFC町田ゼルビアへと期限付き移籍すると、J2で16試合に出場し1得点、天皇杯で1試合に出場。2013年にV・ファーレン長崎へ完全移籍した。長崎では2シーズンプレーし、J2で28試合に出場し1得点、天皇杯で1試合に出場。2015年から地元の秋田でプレーしていた。 ▽秋田ではJ3で3シーズンプレーし、通算56試合に出場し1得点、天皇杯で5試合に出場。今シーズンはJ3で7試合に出場、天皇杯で1試合に出場していた。J2通算78試合出場2得点、J3通算56試合出場1得点、天皇杯通算9試合出場だった。 ▽また、U-16からU-20まで日本代表としてプレー。2008年のAFC U-19選手権にも出場し、ドルトムントの日本代表MF香川真司とボランチでコンビを形成。2011年にはロンドン・オリンピックアジア最終予選の予備登録メンバーにも選ばれていた。下田はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズン限りで10年間のプロ生活を終える決断をしました。FC東京、水戸ホーリーホック、FC町田ゼルビア、V・ファーレン長崎、ブラウブリッツ秋田と、色々な場所でプレーし、色々な方々と出会い、そして学ばせてもらえたこと全てが自分の財産です」 「セカンドキャリアもこれまで出会えた人との繋がりを大事にして、自分らしく一生懸命頑張っていければと思います。これまで応援してくださった方々、所属したチーム、指導してくださった監督、コーチ、一緒に戦った仲間。感謝の気持ちで一杯です。本当にありがとうございました」 2017.12.15 15:25 Fri
twitterfacebook
thumb

岡山がJ加盟10周年を迎えエンブレム&ロゴデザインを一新

▽ファジアーノ岡山は15日、Jリーグ加盟10周年を迎えるにあたり、クラブエンブレムとロゴを一新したことを発表した。 ▽エンブレムとロゴのデザインコンセプトは、「これまで使用してきたエンブレムのコンセプトでもある「羽ばたくキジ」と「ファン・サポーターとともに」の部分を継承し、さらにより「シンプル」にすることの3本柱でデザインを考えました」とクラブが発表した。 ▽また、「メインモチーフとして「羽ばたくキジ」をデザインし、エンブレムの外形は「シンプル」な盾形で、羽をはみ出すことで力強さを強調。12枚の羽で「ファン・サポーターとともに」高みを目指すクラブの意思を表現しています」としている。 2017.12.15 15:10 Fri
twitterfacebook
thumb

移籍噂のMF町田也真人が千葉と契約更新「とてもとても悩みました」

▽ジェフユナイテッド千葉は15日、MF町田也真人(27)との契約更新を発表した。 ▽町田は、専修大学から2012年に加入。今シーズンは明治安田生命J2リーグで36試合に出場し6得点、天皇杯で2試合に出場していた。町田はクラブを通じてコメントしている。 「来季もジェフでプレーすることを決断させていただきました。本当に、とてもとても悩みましたが、エスナイデル監督のサッカーに可能性を感じています。またクラブから強い熱意を伝えていただけたことも素直に嬉しかったですし、そして何よりたくさんのサポーターの皆さんの顔が浮かんできて、僕の背中を押してくれました」 「このクラブの10番という責任とプライドをもって、来季も皆さんと一緒に闘っていきたいと思います。そしてこの決断が間違ってなかったことを証明するためにも、必ず結果を残したいと思っています。来季も共に闘って下さい!!」」 2017.12.15 15:03 Fri
twitterfacebook
thumb

新潟、今夏加入の大武峻と契約更新

▽アルビレックス新潟は15日、DF大武峻(25)と2018シーズンの契約更新に合意したことを発表した。 ▽大武は福岡大学から特別指定選手を経て、2015年に名古屋へと入団。当時指揮を執っていた西野朗監督に評価され、出場機会をコンスタントに得ていたが、J2に降格した今季は風間八宏監督の下、出場機会に恵まれず今年6月に新潟に移籍した。 ▽今シーズンの明治安田生命J1リーグでは9試合に出場していた。 2017.12.15 14:49 Fri
twitterfacebook
thumb

金沢、GK白井裕人とMF小柳達司の契約更新を発表

▽ツエーゲン金沢は15日、GK白井裕人(29)とMF小柳達司(27)の契約更新を発表した。 ▽白井は2011年に松本山雅FCに加入。加入後3年間はコンスタントに出場機会を得ていた白井だったが、その後は出場機会を失い、今季から金沢に活躍の場を移していた。金沢では今季の明治安田生命J2リーグで42試合に出場し、正GKの座を確保。来シーズンに向けたコメントを以下のように残している。 「来シーズンもツエーゲン金沢でプレーさせていただくことになりました。今シーズン以上の成績を残せるよう全力で頑張ります。1人でも多くの人に西部に応援に来てほしいです。応援宜しくお願いします!!」 ▽2012年にザスパクサツ群馬でプロデビューを果たした小柳は、守備面でのユーティリティ性を発揮し在籍4年間で公式戦130試合に出場した。2016年から金沢に移籍。在籍2年目を迎えた今シーズンはJ2リーグで38試合に出場した。小柳はクラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「来シーズンもツエーゲン金沢の勝利のために闘います!!ご声援よろしくお願いします!!」 2017.12.15 14:36 Fri
twitterfacebook
thumb

磐田所属のDF石田崚真が期限付き移籍を延長し来季も金沢でプレー

▽ツエーゲン金沢は15日、ジュビロ磐田から期限付き移籍しているDF石田崚真(21)の移籍期間を延長したことを発表した。石田は来シーズンも金沢でプレーすることになった。 ▽磐田の下部組織出身の石田。プロとしてのデビューは2015年のJリーグ・アンダー22選抜でのこと。翌年には磐田で明治安田生命J1リーグ5試合に出場。今季は出場機会を求め金沢に期限付き移籍しJ2リーグで41試合に出場した。 ▽来シーズンも引き続き金沢でプレーすることになった石田は、金沢と磐田の両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆ツエーゲン金沢 「来年もツエーゲン金沢の一員でやらせてもらうことになりました。来年は今年の成績より上の順位に行けるように頑張ります!!応援よろしくお願いします !!」 ◆ジュビロ磐田 「来年もツエーゲン金沢で修業することに決めました。もっとレベルアップしてジュビロに帰って皆さんに恩返しできるように日々精進して頑張りたいと思います」 2017.12.15 14:13 Fri
twitterfacebook
thumb

J1昇格の長崎がMF米田隼也、MF新里涼の順天堂大学コンビの加入を発表

▽V・ファーレン長崎は15日、順天堂大学からMF米田隼也(22)、MF新里涼(22)の2選手が加入することを発表した。 ▽米田は福岡県出身で、静岡学園高校から順天堂大学に進学。大学サッカー界きってのアタッカーとして注目されていた。 ▽新里は東京都出身で、横浜F・マリノスのジュニアユース、ユースと昇格し、順天堂大学に進学していた。両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆MF米田隼也 「この度、来シーズンからV・ファーレン長崎に加入させていただくことになりました米田隼也です。長崎という魅力あるクラブで、プロサッカー選手としての第1歩を踏み出すことができることにとてもワクワクしています」 「そして、家族、指導者、友人など多くの方々に支えられ、夢を叶えることができた事に心から感謝しています。これからも毎日を大切に過ごし、努力を重ね、自分を磨き続けて1日でも早くV・ファーレン長崎の力になれるように全力で挑戦して行きたいと思います。応援よろしくお願いします」 ◆MF新里涼 「初めまして。来シーズンよりV・ファーレン長崎に加入することが決まった新里涼です。素晴らしいクラブでプロサッカー選手としてのキャリアをスタートできること、J1という舞台で多くの経験をして成長できることを幸せに感じています」 「大学4年間でのさまざまな経験を糧に、自分自身のブレない強い信念、野望を持って進み続けます。ここまで支えて応援してくださったすべての方々への感謝の気持ちを忘れず、日々の練習から努力を惜しまず精進していきます。ここからが本当の勝負だと思っているので1日も早くピッチに立ち、チームのために全身全霊で戦って勝利に貢献します。応援よろしくお願いします」 2017.12.15 13:54 Fri
twitterfacebook
thumb

山口、札幌からDF前貴之を完全移籍で獲得 今季は期限付きで山口入り

▽レノファ山口は15日、北海道コンサドーレ札幌からDF前貴之(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽北海道出身の前は札幌の下部組織で育ち、2011年に2種登録としてトップチームに加入。翌年には正式にトップチーム昇格を果たし、明治安田生命J1リーグで15試合に出場した。2014年には出場機会を求めてカターレ富山に期限付きで移籍しJ2リーグで14試合に出場し3得点をマーク。その後は札幌に戻ったが、今季は山口に期限付き移籍しJ2リーグ24試合で2ゴールを記録した。 ▽1年間の期限付き移籍を経た後、来季から山口へ完全移籍することになった前は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆レノファ山口 「来シーズンは完全移籍としてレノファ山口FCでプレーすることになりました。来年も山口のために全力で頑張りたいと思います。よろしくお願いします」 ◆北海道コンサドーレ札幌 「この度、レノファ山口FCへ完全移籍することになりました。アカデミー時代から今まで、サッカー選手としてだけでなく人としても成長させてもらった札幌には感謝の気持ちで一杯です。またどこかで会えることを楽しみに頑張りたいと思います。本当にありがとうございました」 2017.12.15 13:49 Fri
twitterfacebook
thumb

大分がDF福森直也、DF岩田智輝、FW林容平と契約更新

▽大分トリニータは15日、DF福森直也(25)、DF岩田智輝(20)、FW林容平(28)との契約を更新したことを発表した。 ▽関西学院大学卒業後、2015年に大分に入団した福森。当時、明治安田生命J2リーグに所属している大分のJ3降格を経験したが、1年でのJ2昇格に貢献。3年目となった今シーズンはJ2リーグで38試合に出場した。 ▽1997年生まれの岩田は大分のユース出身。2015年に2種登録選手としてプロデビューを果たすと翌年には正式にトップチームへ昇格。J2昇格に貢献し、今季はJ2リーグで12に試合に出場した。 ▽浦和レッズの下部組織出身の林は中央大学卒業後にFC東京に入団。期限付きでファジアーノ岡山や大分への移籍を経験した後、今季から大分へ完全移籍。1年目となった今シーズンはJ2リーグで14試合に出場し1ゴールを記録した。 ▽契約更新が発表された3選手はクラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆福森直也 「来季も大分トリニータで一緒に闘えることが決まりました。来季もチームの勝利に貢献できるように精一杯頑張ります。来年1年間も熱い応援をよろしくお願いします」 ◆岩田智輝 「来季もトリニータで戦えることを嬉しく思います。また、今季も大分銀行ドームでたくさんのファン・サポーターの皆様にご声援いただき感謝していますし、いつも支えてくださっているスポンサー様はじめ地域の皆様にも感謝しています。ありがとうございます!県内出身者として大分を盛り上げるためにもJ1昇格という目標に向かって全力で頑張りますので、来季も熱いご支援・ご声援をよろしくお願いいたします!」 ◆林容平 「来季も大分トリニータでプレーさせていただくことになりました。まず、大分に3シーズンぶりに帰ってきた僕に温かい声援をかけていただいてとても嬉しかったですし、感謝しています。しかし、個人としては今シーズンはケガが多く、なかなか継続してチームの力になることができない悔しいシーズンとなりました。来シーズンは結果を求めて常に試合に出続け、チームのJ1昇格に貢献したいと思っています。来シーズンも温かく、そして熱いご声援をよろしくお願いします!」 2017.12.15 13:24 Fri
twitterfacebook
thumb

山口が湘南から元日本代表DF坪井慶介を獲得「走り続ける場所を与えてくださった山口に感謝」

▽レノファ山口は15日、湘南ベルマーレから元日本代表DF坪井慶介(38)が完全移籍で加入することを発表した。 ▽四日市中央工業高出身の坪井は、福岡大から2002年に浦和レッズ入り。13シーズンにわたってプレーした後、2015シーズンから湘南に在籍していた。昨シーズンは、明治安田生命J2リーグで5試合の出場にとどまった。 ▽坪井は山口の公式サイトを通じて以下のコメントを残している。 「サッカー選手として走り続ける場所を与えてくださったレノファ山口FCに感謝しています。今までの経験を生かしながら、チームの成長、自分自身の成長のために全力を尽くしたいと思っています。レノファの躍進のために、みんなで共に戦いましょう」 ▽山口は昨シーズン、J2で20位フィニッシュし、残留に成功していた。 2017.12.15 12:46 Fri
twitterfacebook
thumb

金沢が讃岐DFアランを完全移籍で獲得「高校生活を過ごしたのは石川県でした」

▽ツエーゲン金沢は15日、カマタマーレ讃岐のブラジル人DFアラン(28)を完全移籍で獲得することを発表した。 ▽アランは日本航空高校石川から2008年にJFLのMIOびわこ草津(現MIOびわこ滋賀)へ加入。2013年に当時JFLの讃岐へと移籍していた。アランはクラブを通じてコメントしている。 「来シーズンからツエーゲン金沢に加入することになりました。12年前、最初に日本に来て高校生活を過ごしたのは石川県でした。今回また石川県、金沢でサッカーが出来ることに、ありがたい縁を感じます。一試合ずつ大事に勝ちを積み重ねて、チームがより上に上がれるように貢献できるように頑張ります!応援よろしくお願いします!」 ▽讃岐ではFW、DFとしてプレーし、今シーズンは明治安田生命J2リーグで14試合に出場。天皇杯で1試合に出場していた。通算成績はJ2で48試合に出場していた。讃岐を通じてもコメントしている。 「この度、ツエーゲン金沢に移籍することになりました。 カマタマーレ讃岐に在籍した5年間、J2昇格の素晴らしい瞬間、自分自身の大きな怪我や試合に出られない時期など、良いことも悪いことも経験させてもらいました」 「 今シーズンからDFにポジションが変わり、サッカー選手として自分が成長でき、少しでもチームに貢献できたのではないか、と思えるのも北野監督をはじめ、スタッフの皆さんのおかげです。ありがとうございました。 そして、良い時も悪い時も声を上げて、応援してくれたサポーターの皆様のおかげです。 金沢でもさらに成長できるように頑張ります!本当にありがとうございました」 2017.12.15 10:32 Fri
twitterfacebook
thumb

【アンケート】『超WSアウォーズ2017 Jリーグ』開催! 自身の評価でベスト11&最優秀選手を選出しよう!

▽5日(火)、横浜アリーナにて2017シーズンの年間表彰式「2017Jリーグアウォーズ」が開催されました。アウォーズではベストイレブンや最優秀選手などが発表されました。 ▽超ワールドサッカーでは、J1全18クラブの総括を実施。さらに、「2017Jリーグアウォーズ」に負けじと、『超WSアウォーズ2017Jリーグ』を今年も開催いたします。 ▽ユーザーの皆々様にはレギュラーシーズン出場試合数が6割以上(出場21試合以上)の選手を対象とし、J1全18チーム中総勢207名の中からベストイレブンと、最優秀選手を選出していただきたいと思います。 ▽選考方法につきましては、フィールドプレーヤー11名をGK、DF、MF、FWの各ポジションに振り分けていただき、Jリーグ王者である川崎フロンターレの基本布陣[4-2-3-1]をベースにベストイレブンを選定してもらいたいと思います。なお、ベストイレブンの中から、最多得票の1名を最優秀選手として選出させていただきます。(選手のポジションは今シーズンの出場ポジションをベースにしています) ▽アンケートの締め切りは15日(金)の17:00まで。発表は翌日16日(土)の19:00を予定しております。奮ってご参加ください。 ★投票する★ 【投票対象選手】 ◆GK ク・ソンユン(北海道コンサドーレ札幌) 曽ヶ端準(鹿島アントラーズ) 西川周作(浦和レッズ) 加藤順大(大宮アルディージャ) 中村航輔(柏レイソル) 林彰洋(FC東京) チョン・ソンリョン(川崎フロンターレ) 飯倉大樹(横浜F・マリノス) 岡大生(ヴァンフォーレ甲府) 大谷幸輝(アルビレックス新潟) 六反勇治(清水エスパルス) カミンスキー(ジュビロ磐田) 東口順昭(ガンバ大阪) キム・ジンヒョン(セレッソ大阪) キム・スンギュ(ヴィッセル神戸) 権田修一(サガン鳥栖) ◆右SB 西大伍(鹿島アントラーズ) 伊東幸敏(鹿島アントラーズ) 奥井諒(大宮アルディージャ) 小池龍太(柏レイソル) 室屋成(FC東京) 徳永悠平(FC東京) エウシーニョ(川崎フロンターレ) 松原健(横浜F・マリノス) 松橋優(ヴァンフォーレ甲府) 橋爪勇樹(ヴァンフォーレ甲府) 小泉慶(アルビレックス新潟) 鎌田翔雅(清水エスパルス) 櫻内渚(ジュビロ磐田) オ・ジェソク(ガンバ大阪) 松田陸(セレッソ大阪) 藤田優人(サガン鳥栖) ◆左SB 蜂須賀孝治(ベガルタ仙台) 山本脩斗(鹿島アントラーズ) 和田拓也(大宮アルディージャ) 輪湖直樹(柏レイソル) 宇賀神友弥(浦和レッズ) 太田宏介(FC東京) 登里享平(川崎フロンターレ) 車屋紳太郎(川崎フロンターレ) 金井貢史(横浜F・マリノス) 山中亮輔(横浜F・マリノス) 阿部翔平(ヴァンフォーレ甲府) 堀米悠斗(アルビレックス新潟) 松原后(清水エスパルス) 宮崎智彦(ジュビロ磐田) 藤春廣輝(ガンバ大阪) 丸橋祐介(セレッソ大阪) 高橋壮也(サンフレッチェ広島) 吉田豊(サガン鳥栖) ◆CB 福森晃斗(北海道コンサドーレ札幌) 横山知伸(北海道コンサドーレ札幌) 平岡康裕(ベガルタ仙台) 大岩一貴(ベガルタ仙台) 増嶋竜也(ベガルタ仙台) 昌子源(鹿島アントラーズ) 植田直通(鹿島アントラーズ) 槙野智章(浦和レッズ) 遠藤航(浦和レッズ) 菊地光将(大宮アルディージャ) 河本裕之(大宮アルディージャ) 山越康平(大宮アルディージャ) 中谷進之介(柏レイソル) 中山雄太(柏レイソル) 丸山祐市(FC東京) 奈良竜樹(川崎フロンターレ) 谷口彰悟(川崎フロンターレ) 中澤佑二(横浜F・マリノス) ミロシュ・デゲネク(横浜F・マリノス) 新里亮(ヴァンフォーレ甲府) エデル・リマ(ヴァンフォーレ甲府) 新井涼平(ヴァンフォーレ甲府) ソン・ジュフン(アルビレックス新潟) 富澤清太郎(アルビレックス新潟) 二見宏志(清水エスパルス) 大井健太郎(ジュビロ磐田) 森下俊(ジュビロ磐田) 高橋祥平(ジュビロ磐田) 三浦弦太(ガンバ大阪) ファビオ(ガンバ大阪) マテイ・ヨニッチ(セレッソ大阪) 山下達也(セレッソ大阪) 木本恭生(セレッソ大阪) 渡部博文(ヴィッセル神戸) 岩波拓也(ヴィッセル神戸) 水本裕貴(サンフレッチェ広島) 千葉和彦(サンフレッチェ広島) キム・ミンヒョク(サガン鳥栖) ◆DMF 宮澤裕樹(北海道コンサドーレ札幌) 荒野拓馬(北海道コンサドーレ札幌) 奥埜博亮(ベガルタ仙台) 富田晋伍(ベガルタ仙台) 三田啓貴(ベガルタ仙台) レオ・シルバ(鹿島アントラーズ) 三竿健斗(鹿島アントラーズ) 柏木陽介(浦和レッズ) 青木拓矢(浦和レッズ) 阿部勇樹(浦和レッズ) 大山啓輔(大宮アルディージャ) 茨田陽生(大宮アルディージャ) 岩上祐三(大宮アルディージャ) 大谷秀和(柏レイソル) 高萩洋次郎(FC東京) 橋本拳人(FC東京) 大島僚太(川崎フロンターレ) エドゥアルド・ネット(川崎フロンターレ) 喜田拓也(横浜F・マリノス) 扇原貴宏(横浜F・マリノス) 中町公祐(横浜F・マリノス) 兵働昭弘(ヴァンフォーレ甲府) 小椋祥平(ヴァンフォーレ甲府) 加藤大(アルビレックス新潟) 六平光成(清水エスパルス) 竹内涼(清水エスパルス) ムサエフ(ジュビロ磐田) 川辺駿(ジュビロ磐田) 遠藤保仁(ガンバ大阪) 井手口陽介(ガンバ大阪) 今野泰幸(ガンバ大阪) ソウザ(セレッソ大阪) 山口蛍(セレッソ大阪) ニウトン(ヴィッセル神戸) 藤田直之(ヴィッセル神戸) 高橋秀人(ヴィッセル神戸) 野上結貴(サンフレッチェ広島) 青山敏弘(サンフレッチェ広島) 原川力(サガン鳥栖) 福田晃斗(サガン鳥栖) 高橋義希(サガン鳥栖) ◆右MF 早坂良太(北海道コンサドーレ札幌) 遠藤康(鹿島アントラーズ) 駒井善成(浦和レッズ) 横谷繁(大宮アルディージャ) 伊東純也(柏レイソル) 家長昭博(川崎フロンターレ) マルティノス(横浜F・マリノス) 矢野貴章(アルビレックス新潟) 枝村匠馬(清水エスパルス) ミッチェル・デューク(清水エスパルス) 水沼宏太(セレッソ大阪) 小川慶治朗(ヴィッセル神戸) アンデルソン・ロペス(サンフレッチェ広島) ◆左MF 菅大輝(北海道コンサドーレ札幌) レアンドロ(鹿島アントラーズ) マテウス(大宮アルディージャ) 阿部浩之(川崎フロンターレ) 長谷川竜也(川崎フロンターレ) 齋藤学(横浜F・マリノス) ホニ(アルビレックス新潟) 白崎凌兵(清水エスパルス) アダイウトン(ジュビロ磐田) 泉澤仁(ガンバ大阪) 松下佳貴(ヴィッセル神戸) 大森晃太郎(ヴィッセル神戸) 柏好文(サンフレッチェ広島) ◆OMF 兵藤慎剛(北海道コンサドーレ札幌) 梁勇基(ベガルタ仙台) 武藤雄樹(浦和レッズ) 武富孝介(柏レイソル) 中川寛斗(柏レイソル) 東慶悟(FC東京) 中村憲剛(川崎フロンターレ) 天野純(横浜F・マリノス) 堀米勇輝(ヴァンフォーレ甲府) 田中佑昌(ヴァンフォーレ甲府) チアゴ・ガリャルド(アルビレックス新潟) 中村俊輔(ジュビロ磐田) 松浦拓弥(ジュビロ磐田) 倉田秋(ガンバ大阪) 柿谷曜一朗(セレッソ大阪) 山村和也(セレッソ大阪) フェリペ・シウバ(サンフレッチェ広島) 柴崎晃誠(サンフレッチェ広島) ◆FW 都倉賢(北海道コンサドーレ札幌) 石原直樹(ベガルタ仙台) クリスラン(ベガルタ仙台) 西村拓真(ベガルタ仙台) 土居聖真(鹿島アントラーズ) 金崎夢生(鹿島アントラーズ) ペドロ・ジュニオール(鹿島アントラーズ) 鈴木優磨(鹿島アントラーズ) ラファエル・シルバ(浦和レッズ) 李忠成(浦和レッズ) ズラタン(浦和レッズ) 興梠慎三(浦和レッズ) 江坂任(大宮アルディージャ) 大前元紀(大宮アルディージャ) クリスティアーノ(柏レイソル) ディエゴ・オリヴェイラ(柏レイソル) ピーター・ウタカ(FC東京) 大久保嘉人(FC東京) 永井謙佑(FC東京) 前田遼一(FC東京) 小林悠(川崎フロンターレ) ウーゴ・ヴィエイラ(横浜F・マリノス) ドゥドゥ(ヴァンフォーレ甲府) 山崎亮平(アルビレックス新潟) 鄭大世(清水エスパルス) 川又堅碁(ジュビロ磐田) アデミウソン(ガンバ大阪) 長沢駿(ガンバ大阪) 杉本健勇(セレッソ大阪) 渡邉千真(ヴィッセル神戸) 田中順也(ヴィッセル神戸) 豊田陽平(サガン鳥栖) 田川亨介(サガン鳥栖) ビクトル・イバルボ(サガン鳥栖) 2017.12.14 22:30 Thu
twitterfacebook
thumb

鹿児島がGK岩崎知瑳、DF谷口功と契約更新

▽鹿児島ユナイテッドFCは14日、GK岩崎知瑳(22)、DF谷口功(26)との契約更新を発表した。 ▽岩崎は2017シーズンの公式戦出場はなく、谷口は明治安田生命J3リーグ8試合出場1得点を記録していた。両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆GK岩崎知瑳 「来シーズンも鹿児島でプレーをさせていただくことになりました。来年はクラブのJ2昇格のために全力を尽くします。来シーズンが飛躍の年となるよう日々努力していきます。応援よろしくお願いします。」 ◆DF谷口功 「来年も鹿児島ユナイテッドFCでプレーさせていただくことになりました。鹿児島ユナイテッドが、必ずJ2昇格を成し遂げれるように、謙虚に、そして常に高い志を持ってチームに貢献できるよう頑張ります」 2017.12.14 20:40 Thu
twitterfacebook
thumb

盛岡がFW梅内和磨と契約更新「来シーズンは色んな方に認めてもらえるような結果を出したい」

▽グルージャ盛岡は14日、FW梅内和磨(26)との契約更新を発表した。 ▽梅内はFC東京の下部組織出身で、明治大学を経てY.S.C.C.横浜に入団。盛岡には2016年に加入していた。 ▽今シーズンは明治安田生命J3リーグで32試合に出場し6得点を記録していた。梅内はクラブを通じてコメントしている。 「来年もグルージャでプレーさせていただくことになりました。個人として結果を全然出せなかったので来シーズンは色んな方に認めてもらえるような結果を出したいと思います。よろしくお願いします」 2017.12.14 20:33 Thu
twitterfacebook
thumb

福島が神奈川大学DF寺前光太の加入内定を発表「誰よりも熱い気持ちをもって頑張ります」

▽福島ユナイテッドFCは14日、神奈川大学DF寺前光太(22)の加入内定を発表した。 ▽寺前は奈良県出身で、横浜F・マリノスの下部組織出身。日本大学藤沢高校を経て、神奈川大学へと進学していた。寺前はクラブを通じてコメントしている。 「来シーズンから福島ユナイテッドFCに加入することになりました寺前光太です。夢であるプロサッカー選手になれたこと、そのスタートをこの素晴らしいチームで始められることを大変嬉しく思います」 「家族をはじめ、今まで支えてくださった方々に恩返しができるように、そして1日でも早く福島ユナイテッドFCの力になれるように、誰よりも熱い気持ちをもって頑張りますので応援よろしくお願いします!」 2017.12.14 20:22 Thu
twitterfacebook
thumb

富山が水戸DF佐藤和樹を完全移籍で獲得…今季途中から育成型期限付き移籍でプレー

▽カターレ富山は14日、水戸ホーリーホックから育成型期限付き移籍で加入していたDF佐藤和樹(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽佐藤は、名古屋グランパスの下部組織から2012年にトップチームに昇格。2016年から水戸でプレーしていたが、今シーズン途中に育成型期限付き移籍で富山に加入した。富山では明治安田生命J3リーグで8試合に出場し1得点を記録していた。佐藤はクラブを通じてコメントしている。 「カターレ富山に完全移籍で加入することになりました。たくさんのカターレのファンの皆様からの「来年も残ってくれ」と言う言葉が心に響きました。自分のことを評価してくれるこのチームのために全力を尽くし、昇格を勝ち取りたいと思います。応援をよろしくお願いします」 ▽水戸では1シーズン半過ごし、加入1年目は明治安田生命J2リーグで11試合に出場していた。水戸を通じてもコメントしている。 「カターレ富山に完全移籍することになりました。自分のことを期待して応援してくれた方々には感謝の気持ちでいっぱいです。チームに貢献することが出来なくて残念ですが、水戸に来られて良かったと思っています。本当に素晴らしい場所でした。ここでの経験を無駄にしないよう、これからも自分らしく頑張ろうと思います。今までありがとうございました」 2017.12.14 20:20 Thu
twitterfacebook
thumb

鹿児島が三浦泰年監督との契約更新を発表「さらに情熱を注ぎ、闘います」

▽鹿児島ユナイテッドFCは14日、三浦泰年監督(52)との契約更新を発表した。 ▽三浦監督は、2017シーズンに鹿児島の監督に就任。チームは2シーズン目の明治安田生命J3リーグを戦い、17勝4分け11敗の勝ち点55で4位に終わっていた。三浦監督はクラブを通じてコメントしている。 「2018年シーズンも鹿児島で指揮を執る事になりました。2017シーズンで達成出来なかった「優勝」、「昇格」を目指して選手、コーチングスタッフと一団となり、さらに情熱を注ぎ、闘います」 2017.12.14 20:00 Thu
twitterfacebook
thumb

名古屋が東海学園大学MF渡邉柊斗の2019年加入内定を発表「少しでも早く、名古屋グランパスで活躍できるように」

▽名古屋グランパスは14日、東海学園大学サッカー部のMF渡邉柊斗(20)の2019シーズンの加入内定を発表した。 ▽渡邉は、地元の愛知県出身で、東海学園高校から東海学園大学へと進学していた。プレーの特徴について、名古屋は「卓越した技術・広い視野・ボールにかかわり続ける運動量・高い戦術眼を持つ。フリーキックの質もハイレベル」と紹介している。渡邉はクラブを通じてコメントしている。 「名古屋グランパスに2019シーズンに加入する事になりました、渡邉柊斗です。地元である素晴らしいクラブで、子供の頃からの夢であったプロサッカー選手として、スタート出来ることを大変嬉しく思います。これまで僕のサッカー人生に関わり、支えてくださった全ての方々への感謝の気持ちを忘れず、自分を信じて少しでも早く、名古屋グランパスで活躍できるように、頑張りたいと思います。名古屋グランパスのファン・サポーターの皆様、応援よろしくお願いします」 2017.12.14 19:57 Thu
twitterfacebook
thumb

神戸MF藤田直之に第三子となる長女が誕生「この度新しい家族が増えました!」

▽ヴィッセル神戸は14日、MF藤田直之に第三子となる女の子が誕生したことを発表した。藤田にとっては初の女の子となる。 ▽藤田の長女は、12月12日に神戸市内の病院で誕生。2974グラムとのことだ。藤田はクラブを通じてコメントしている。 「この度新しい家族が増えました! まず無事に産んでくれた奥さんと無事に産まれてきてくれた子供に感謝したいです。より一層の責任感を持って精進していきます。今後とも応援宜しくお願いします!」 2017.12.14 19:44 Thu
twitterfacebook
thumb

J1昇格を掴んだ長崎がMF翁長聖やMF中村慶太ら6選手との契約更新を発表

▽クラブ史上初のJ1昇格となったV・ファーレン長崎は14日、MF澤田崇(26)、MF中村慶太(24)、GK富澤雅也(24)、DF北谷史孝(22)、MF碓井鉄平(26)、MF翁長聖(22)との契約更新を発表した。 ▽澤田は、今シーズンの明治安田生命J2リーグで40試合に出場し5得点、中村はJ2で37試合に出場し8得点、北谷はJ2で14試合に出場、碓井はJ2で11試合に出場、翁長はJ2で38試合に出場し4得点を記録していた。富澤は公式戦の出場はなかった。6選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆MF澤田崇 「来シーズンもV・ファーレン長崎でプレーさせてもらえることに決まり、うれしく思います。チームのために一生懸命戦います。応援よろしくお願いします!」 ◆MF中村慶太 「今シーズン、多くのご支援、ご声援ありがとうございました!来シーズンもV・ファーレン長崎でプレーすることに決まりました。J1という舞台になり、より厳しい戦いが続くと思いますが、強い心を持ち、チームの勝利のためにゴールを量産できるよう頑張ります。長崎全体をサッカーで盛り上げられるよう頑張りますので、来シーズンも熱いご支援、ご声援よろしくお願いします!」 ◆GK富澤雅也 「来シーズンも長崎でプレーさせていただくことになりました。感謝の気持ちを忘れず、日々精進していきたいと思います。長崎のために戦います。一緒に盛り上げていきましょう。来シーズンも宜しくお願いします」 ◆DF北谷史孝 「V・ファーレン長崎に関わるすべての方々、1年間あたたかいご声援ありがとうございました!来年もV・ファーレン長崎でプレーさせてもらえる事になりました。来年は、J1でチームとしても個人としても結果を残せるように頑張りますので、来シーズンもあたたかいご声援よろしくお願いします!」 ◆MF碓井鉄平 「今年もたくさんのクラブへのご声援、ありがとうございました。来シーズンもV・ファーレン長崎の選手としてプレーできることをうれしく思います。チームの勝利に貢献できるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」 ◆MF翁長聖 「来シーズンも皆さんと共に戦う事になりました。今年はルーキーとして数多くの試合に出させていただき、さまざまな経験をさせてもらいました。その経験を通じて自分も大きく成長できたと思います。来シーズンもその貴重な経験をチームのために発揮できるように頑張っていきたいと思います。長崎の魂をJ1の舞台でも見せてやりましょう!」 2017.12.14 19:40 Thu
twitterfacebook
thumb

スルガ銀行チャンピオンシップでC大阪の対戦相手はインデペンディエンテに決定!!

▽日本サッカー協会(JFA)は14日、来年行われるスルガ銀行チャンピオンシップ2018OSAKAに出場するセレッソ大阪の対戦相手が決定したことを発表した。 ▽スルガ銀行チャンピオンシップでは、毎年、ルヴァンカップ王者とスダメリカーナ王者が対戦する。今シーズンのルヴァンカップ王者であるC大阪は、スダメリカーナ2017を制したアルゼンチンのインデペンディエンテに決定した。 ▽なお、来年行われるスルガ銀行チャンピオンシップは8月8日に開催。大阪のヤンマースタジアム長居で両チームが激突する。 2017.12.14 17:05 Thu
twitterfacebook
thumb

J2降格の新潟MFロメロ・フランクが契約満了…今季はJ1で11試合出場

▽アルビレックス新潟は14日、ペルー人MFロメロ・フランク(30)の契約満了を発表した。 ▽日系ペルー人3世のロメロ・フランクは、13歳の頃両親の仕事の関係で訪日。2011年に流通経済大学から水戸ホーリーホックに入団し、2013年のモンテディオ山形でのプレーを経て、2016年に新潟に加入した。昨シーズンこそ古巣水戸に期限付き移籍をしていたものの、復帰した今シーズンは明治安田生命J1リーグに11試合、YBCルヴァンカップに3試合、天皇杯に1試合出場していた。 ▽キャリア通算ではここまでJ1リーグで42試合3得点、J2リーグで173試合19得点、リーグカップ戦で7試合1得点、天皇杯で17試合3得点を記録している。 2017.12.14 15:28 Thu
twitterfacebook
thumb

千葉が今季福岡から期限付き移籍で加入していたMF為田大貴を完全移籍で獲得「昇格のために頑張る」

▽ジェフユナイテッド千葉は14日、今シーズンアビスパ福岡から期限付き移籍で加入しているMF為田大貴(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽為田は2017年7月にアビスパ福岡から期限付き移籍で加入した。今シーズンは福岡で明治安田生命J2リーグと天皇杯に1試合ずつ出場。千葉ではJ2リーグで17試合4ゴールを記録し、J1昇格プレーオフには1試合出場していた。 ▽千葉への完全移籍が決定した為田は、両クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆ジェフユナイテッド千葉 「ジェフ千葉の皆さん。もう一度僕にピッチに立つ喜びを教えてくれてありがとうございます。ほんとうに感謝しかありません。あのピッチで試合ができるのは選手としてとても幸せなことだと思います。半年間しかまだ味わっていませんが、ほんとうに最高です。ゴールを決めた時の歓声や勝利の時の歓声」 「あのスタジアムでしか味わうことのできない興奮を、また味わえると思うと嬉しくてたまりません。そして僕を獲得してくれた監督やチーム関係者の方に心より感謝します。千葉の昇格のために少しでも力になれるようにもっともっと頑張ります」 「そして13番のユニフォームでいっぱいのスタジアムにできるようなプレーを目指しますので、力強い応援よろしくお願いします」 ◆アビスパ福岡 「この度、千葉に完全移籍することになりました」 「1年半福岡でプレーできたことは自分にとって大きな財産ですし、これからのサッカー人生においても、とても大事な時間だったと思います。選手の方にも家族共々良くして頂いて本当に感謝しています」 2017.12.14 15:12 Thu
twitterfacebook
thumb

仙台がニューヒーロー賞のFW西村拓真、DF永戸勝也と契約更新

▽ベガルタ仙台は14日、FW西村拓真(21)、DF永戸勝也(22)との契約更新を発表した。 ▽西村は富山第一高校から2015年に加入。今シーズンは明治安田生命J1リーグで28試合に出場し2得点を記録。YBCルヴァンカップでは10試合に出場し2得点を記録し、チームのベスト4進出に貢献。ニューヒーロー賞を受賞していた。 ▽永戸は、今シーズン法政大学から加入。左ウイングバックとしてJ1で17試合に出場していたが、7月に右足外くるぶしの脱臼骨折および内くるぶしのじん帯損傷で離脱していた。両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆FW西村拓真 「今シーズンはチームとして成長した姿を見せることができたと思います。来シーズンは個人としては結果にこだわり、チームとしてはタイトル獲得を目指して戦いたいです。また、レベルアップするために日々のトレーニングから全力で取り組みます。来シーズンもよろしくお願いいたします」 ◆DF永戸勝也 「今シーズンの熱いご声援ありがとうございました。けがのため苦しいシーズンとなり悔いが残った分、来シーズンにかける思いは人一倍強いです。ベガルタゴールドで満員のユアスタで躍動し、スタンドを僕の左足で湧かせたいと思います。来シーズンも熱いサポートよろしくお願いします」 2017.12.14 13:55 Thu
twitterfacebook
thumb

甲府、在籍15年のベテランDF山本英臣と契約更新! 今季J1で14試合出場

▽ヴァンフォーレ甲府は14日、DF山本英臣(37)との契約を更新したことを発表した。 ▽山本は2003年にジェフユナイテッド千葉から加入。2005年、2010年にはJ1昇格、2012年にはJ2リーグ優勝に貢献した。今シーズンは明治安田生命J1リーグで14試合に出場。しかし、チームはJ2降格となってしまった。 ▽契約を更新した山本は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「今シーズンも熱い声援をいただき、本当にありがとうございました。来季もヴァンフォーレ甲府でプレーさせていただくことになりました。J2での戦いは厳しく、険しい道のりが待ち構えていますが、個人としても、そしてチームとしても強い覚悟を持って戦い、みなさんと共に喜び合えるように全力を尽くします。来シーズンもよろしくお願いします」 2017.12.14 13:23 Thu
twitterfacebook
thumb

市川大祐引退試合の出場選手が発表! 甲府MF兵働昭弘、千葉GK山本海人が追加

▽清水エスパルスは14日、2018年1月8日(月・祝)に行われる『市川大祐引退試合~THANK YOU FOR FOOTBALL~』に出場する選手の追加を発表した。 ▽今回出場が追加発表されたのは、ヴァンフォーレ甲府のMF兵働昭弘とジェフユナイテッド千葉のGK山本海人の2名。兵働は2005年から2010年まで、山本は2004年から2012年まで清水でプレーした。 ▽試合はIAIスタジアム日本平で、13時にキックオフ。「S-PULSE ALL STARS」と「JAPAN ALL STARS」が対戦する。出場が決定している選手は以下のとおり。 【出場選手】 (順不同・敬称略) 《S-PULSE ALL STARS》 オズワルド・アルディレス(監督) スティーブ・ペリマン(ヘッドコーチ) 長谷川健太 堀池巧 大榎克己 澤登正朗 齊藤俊秀 伊東輝悦 森岡隆三 久保山由清 安永聡太郎 戸田和幸 三都主アレサンドロ 石田博行 高木和道 谷川烈 和田雄三 平松康平 高木純平 青山直晃 岩下敬輔 眞田貴永(故眞田雅則氏ご令息) 眞田勲良(故眞田雅則氏ご令息) 西部洋平 杉山浩太 枝村匠馬 犬飼智也 北川航也 松原后 福岡重雄(チームドクター) 羽生直行(通訳) 兵働昭弘【NEW】 山本海人【NEW】 《JAPAN ALL STARS》 岡田武史(監督) 大木武(ヘッドコーチ) 小島伸幸 井原正巳 中山雅史 北澤豪 山口素弘 小村徳男 秋田豊 名良橋晃 相馬直樹 名波浩 岡野雅行 森島寛晃 服部年宏 中西永輔 平野孝 山田卓也 川口能活 楢崎正剛 西澤明訓 鈴木隆行 柳沢敦 宮本恒靖 明神智和 中田浩二 小笠原満男 曽ヶ端準 小野伸二 稲本潤一 石橋恭之(チームドクター) ※体調等その他都合により、参加できない場合がございます 2017.12.14 13:05 Thu
twitterfacebook
thumb

新潟がDF矢野貴章と契約更新…今シーズン復帰し23試合に出場し1得点

▽アルビレックス新潟は14日、DF矢野貴章(33)との契約を更新したことを発表した。 ▽矢野は、柏レイソルから2006年に新潟に加入。2010年までプレーすると、ブンデスリーガのフライブルクへと移籍。2012年に新潟に復帰するも、2013年には名古屋グランパスへと完全移籍していた。 ▽2016年に名古屋がJ2へ降格すると、今シーズンから新潟へ復帰。明治安田生命J1リーグで23試合に出場し1得点を記録するも、チームはJ2へと降格していた。 2017.12.14 12:37 Thu
twitterfacebook
thumb

讃岐がDF市村篤司、MF高木和正、FW原一樹、GK瀬口拓弥と契約更新

▽カマタマーレ讃岐は14日、DF市村篤司(33)、MF高木和正(33)、FW原一樹(32)、GK瀬口拓弥(26)との契約更新を発表した。 ▽市村は、今シーズンの明治安田生命J2リーグで17試合に出場。高木はJ2で37試合に出場し3得点、原はJ2で31試合に出場し7得点、瀬口はJ2で4試合に出場していた。 2017.12.14 12:09 Thu
twitterfacebook
thumb

金沢が鹿島から育成型期限付き移籍中のFW垣田裕暉の期間延長を発表

▽ツエーゲン金沢は15日、鹿島アントラーズから育成型期限付き移籍で加入していたFW垣田裕暉(20)の期間延長を発表した。育成型期限付き移籍の期間は2018年2月1日から2019年1月31日までとなる。 ▽垣田は、ジュニアユースから鹿島に所属。ユース、トップチームと昇格していた。2017シーズンから金沢でプレー。今シーズンは明治安田生命J2リーグで32試合に出場し3得点を記録、天皇杯では2試合に出場していた。垣田はクラブを通じてコメントしている。 「チームの勝利のためにたくさんゴールを決めたいと思います!!ご声援よろしくお願いします!!」 ▽また、所属元の鹿島を通じてもコメント。成長を誓った。 「来シーズンも金沢でプレーすることになりました。成長してアントラーズに帰ってきますので、引き続きご声援よろしくお願いします」 2017.12.14 10:34 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング