ニュース

thumb

甲府DF今津佑太がプロA契約締結「あくなき向上心を持つ」

▽ヴァンフォーレ甲府は23日、DF今津佑太(22)とプロA契約を締結したことを発表した。 ▽今津は12日に行われた明治安田生命J2リーグ第14節の栃木戦(2-1で甲府が勝利)に先発出場し、規定出場時間に到達。契約締結に際し、同選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「私に携わる全ての皆様への感謝の気持ちを忘れず、あくなき向上心を持ち、チームの勝利の為に全力で戦い頑張りますので、引き続きヴァンフォーレ甲府と今津佑太をよろしくお願いします」 ▽山梨県出身の今津は、2018年に流通経済大学から甲府に加入。今シーズンはJ2リーグでここまで11試合に出場している。 2018.05.23 18:30 Wed
twitterfacebook
thumb

鹿島のACL準々決勝の相手はパト擁する天津権健に決定! 1stレグは8月28日《ACL》

▽アジアサッカー連盟(AFC)は23日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の準々決勝の組み合わせを発表した。 ▽10年ぶりのベスト8に進出し、Jリーグ勢で唯一勝ち残っている鹿島アントラーズは、中国スーパーリーグの天津権健との対戦が決定。元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パト、ベルギー代表MFアクセル・ヴィッツェルらが所属。ラウンド16の上海上港に続き、中国勢との対戦となった。 ▽その他、東地区では全北現代モータース(韓国)vs水原三星ブルーウィングス(韓国)の韓国勢対決が実現している。 ▽また、西地区では、エステグラル(イラン)vsアル・サッド(カタール)、アル・ドゥハイル(カタール)vsペルセポリス(イラン)が実現した。 ▽鹿島vs天津の1stレグは8月28日(火)に鹿島のホームで、2ndレグは9月18日(火)にアウェイで対戦となる。 【東地区】 鹿島アントラーズvs天津権健(中国) 全北現代モータース(韓国)vs水原三星ブルーウィングス(韓国) 【西地区】 エステグラル(イラン)vsアル・サッド(カタール) アル・ドゥハイル(カタール)vsペルセポリス(イラン) 2018.05.23 18:06 Wed
twitterfacebook
thumb

J3第25節YS横浜vs富山の試合開催日及び会場決定

▽Jリーグは23日、明治安田生命J3リーグ第25節のY.S.C.C.横浜vsカターレ富山の開催日及び会場決定を発表した。 ▽第25節のYS横浜vs富山は、9月29日(土)にShonan BMW スタジアム平塚で開催。なお、キックオフ時間は未定となっており、7月26日(木)に発表される予定だ。 2018.05.23 16:20 Wed
twitterfacebook
thumb

熊本、DF園田拓也が右ハムストリング肉離れで全治4週間

▽ロアッソ熊本は23日、DF園田拓也が右ハムストリング肉離れで全治4週間と診断されたことを発表した。 ▽園田は今月12日に行われた明治安田生命J2リーグ第14節の横浜FC戦の試合中に負傷。今季はリーグ戦9試合に出場し1ゴールを記録していた。 2018.05.23 15:50 Wed
twitterfacebook
thumb

日本代表候補だったG大阪MF今野泰幸が手術で全治約2カ月

▽ガンバ大阪は23日、MF今野泰幸の手術を発表した。 ▽クラブの発表によると、今野は右足関節(みぎそくかんせつ)前方インピンジメント症候群と診断。22日に手術を受けたとのことだ。全治は約2カ月。 ▽今野は、開幕から欠場すると明治安田生命J1リーグ第4節で復帰。しかし、その後また欠場し、第12節から復帰していた。 2018.05.23 13:30 Wed
twitterfacebook
thumb

J3第23節秋田vs鳥取、第26節秋田vs群馬の試合開催日が決定

▽Jリーグは23日、明治安田生命J3リーグ第23節のブラウブリッツ秋田vsガイナーレ鳥取と、第26節の秋田vsザスパクサツ群馬の開催日決定を発表した。 ▽あきぎんスタジアムで開催予定だった第23節の秋田vs鳥取は、9月15日(土)で開催。同会場で行われる第26節の秋田vs群馬は、10月7日(日)に開催することが決定した。また、両カードはキックオフ時間が未定となっており、7月26日(木)に発表される予定だ。 2018.05.23 12:15 Wed
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】札幌のキム・ミンテと宮澤裕樹が停止、横浜FMのミロシュ・デゲネクや柏の小泉慶らも累積で停止に

▽Jリーグは22日、明治安田生命J1リーグ第16節、J3リーグ第12節の出場停止選手を発表した。 ▽北海道コンサドーレ札幌からはDFキム・ミンテが2試合、MF宮澤裕樹が1試合出場停止に。また、ベガルタ仙台DF板倉滉、柏レイソルMF小泉慶、横浜F・マリノスDFミロシュ・デゲネクが累積警告で1試合出場停止となっている。J3では、鹿児島ユナイテッドFCのDF田中秀人が累積警告により1試合出場停止処分が科されている。 ▽なお、ジュビロ磐田との契約解除が発表されたDFギレルメは引き続き出場停止となっている。 【明治安田生命J1リーグ】 DFキム・ミンテ(北海道コンサドーレ札幌) 明治安田生命J1リーグ第16節 vs川崎フロンターレ(7/18) 今回の停止:1試合停止 明治安田生命J1リーグ第17節 vsジュビロ磐田(7/22) 今回の停止:1試合停止 MF宮澤裕樹(北海道コンサドーレ札幌) 明治安田生命J1リーグ第16節 vs川崎フロンターレ(7/18) 今回の停止:1試合停止 DF板倉滉(ベガルタ仙台) 明治安田生命J1リーグ第16節 vs横浜F・マリノス(7/18) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF小泉慶(柏レイソル) 明治安田生命J1リーグ第16節 vsFC東京(7/18) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DFミロシュ・デゲネク(横浜F・マリノス) 明治安田生命J1リーグ第16節 vsベガルタ仙台(7/18) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DFギレルメ(ジュビロ磐田) 明治安田生命J1リーグ第16節 vs鹿島アントラーズ(7/18) 今回の停止:6試合停止(3/6) 明治安田生命J1リーグ第17節 vs北海道コンサドーレ札幌(7/22) 今回の停止:6試合停止(4/6) 明治安田生命J1リーグ第18節 vsサガン鳥栖(7/28) 今回の停止:6試合停止(5/6) 明治安田生命J1リーグ第19節 vsガンバ大阪(8/1) 今回の停止:6試合停止(6/6) 【明治安田生命J3リーグ】 DF田中秀人(鹿児島ユナイテッドFC) 明治安田生命J3リーグ第12節 vsU-23FC東京(6/3) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 2018.05.22 17:00 Tue
twitterfacebook
thumb

横浜FCタヴァレス監督が1試合ベンチ入り停止処分

▽Jリーグ規律委員会は22日、横浜FCのエジソン・アラウージョ・タヴァレス監督に対し、1試合のベンチ入り停止処分を科すことを決定した。 ▽対象となるのは、26日に行われる明治安田生命J2リーグ第16節の京都サンガS.C.戦。処分理由について、規律委員会は以下のように説明している。 「2018年5月20日(日)2018明治安田生命J2リーグ 第15節(横浜FC vs ジェフユナイテッド千葉)の試合においてタヴァレス監督は主審より退席を命じられた。(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、同監督の行為は、『主審、副審の判定に対する執拗な抗議』に該当すると判断、1試合のベンチ入り停止処分とする」 ▽横浜FCは、昨年11月に契約更新したタヴァレス監督の下、今季はここまで6勝6分3敗。第15節を終えた時点で、首位の大分トリニータの勝ち点差「7」の7位に位置している。 2018.05.22 15:47 Tue
twitterfacebook
thumb

千葉MF町田也真人が手術…3カ月の離脱へ

▽ジェフユナイテッド千葉は22日、MF町田也真人の負傷および手術について報告した。 ▽クラブによると、町田は12日に行われた明治安田生命J2リーグ第14節アルビレックス新潟戦で負傷。左肩関節脱臼と診断され、22日に手術を行ったとのことだ。全治まで約3カ月と見込まれている。 ▽町田は専修大学を卒業後、2011年12月に千葉に加入。2017年から背番号を「10」に変更し副キャプテンも任されるようになった。今季はここまでJ2リーグで11試合に出場しており、1ゴール2アシストを記録。第4節の徳島ヴォルティス戦ではキャプテンを任されていた。 2018.05.22 15:04 Tue
twitterfacebook
thumb

G大阪、DF菅沼駿哉が左外傷性腎損傷…2週間後に再検査

▽ガンバ大阪は22日、DF菅沼駿哉の負傷離脱を発表した。 ▽菅沼は16日に行われたYBCルヴァンカップ第6節名古屋グランパス戦で負傷。左外傷性腎損傷と診断され、2週間後に再検査を受ける見込みだ。 ▽今シーズンから古巣G大阪に復帰した菅沼は開幕当初こそ出場機会に恵まれなかったものの、J1第10節の湘南ベルマーレ戦で復帰後リーグ戦初先発。ここまで2試合に出場している。 ▽G大阪は15試合終了時点で4勝3分け8敗の16位。中断明けの7月18日に行われる次節は、首位サンフレッチェ広島とのアウェイゲームとなる。 2018.05.22 12:17 Tue
twitterfacebook
thumb

横浜FM、MFダビド・バブンスキーに第一子誕生 「家族となった彼とユニークな人生を」

▽横浜F・マリノスは21日、MFダビド・バブンスキー(24)に第一子となる男の子が18日に誕生したことを発表した。 ▽ダビド・バブンスキーは、2017年から横浜FMでプレー。今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグ5試合に出場している。クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントした。 「最高の瞬間を味わえて幸せです。この人類に新しい命を授かったことを嬉しく、そして新しく家族となった彼とユニークな人生を送れることが今から楽しみです」 2018.05.22 09:00 Tue
twitterfacebook
thumb

神戸入り報道が過熱するイニエスタが来日へ

▽バルセロナでのラストゲームを終えたスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)が、来日することになるようだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽今シーズン限りでバルセロナを退団するイニエスタは、中国スーパーリーグへの移籍が噂されていたものの、現在はJリーグのヴィッセル神戸入りが濃厚と報じられている。 ▽今シーズンからバルセロナのスポンサーになった楽天株式会社が保有することでも共通するバルセロナと神戸。『アス』によると、月曜日から水曜日まで日本に滞在するとのことだ。 ▽21日に発表されたロシア・ワールドカップに臨むスペイン代表にも招集されているイニエスタ。スペイン代表合流前に来日し、その後はワールドカップへ向けて集中するとのことだ。 ▽神戸には元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが所属しており、かつてはバルセロナでもプレー経験があるミカエル・ラウドルップ氏(1996-97)がプレー。ビジャレアルやレアル・マドリーで指揮を執っていたスペイン人指揮官のベニート・フローロ氏が1998年に指揮をしていたクラブとしても知られている。 2018.05.21 22:40 Mon
twitterfacebook
thumb

柏、下平隆宏前監督の強化チームダイレクター就任を発表

▽柏レイソルは21日、下平隆宏前監督(46)の強化チームダイレクター就任を発表した。 ▽柏のヘッドコーチを歴任の下平氏は、2016年途中からチームを指揮すると、昨シーズンの明治安田生命J1リーグを4位フィニッシュ。だが、FW江坂任ら積極補強の今年は苦戦を強いられ、悲願の優勝を目指したAFCチャンピオンズリーグもグループステージ敗退に終わった。 ▽下平氏は13日、その責任を取る形で監督退任が決定。後任として、ヘッドコーチの加藤望氏(48)が後を引き継いだチームは、20日に行われた明治安田生命J1リーグ第15節の名古屋グランパス戦を勝利し、初陣を白星で飾っている。 2018.05.21 17:45 Mon
twitterfacebook
thumb

仙台GKシュミット・ダニエル、右ハムストリングス肉離れで全治約8週間の見込み

▽ベガルタ仙台は21日、GKシュミット・ダニエルが右ハムストリングス肉離れと診断されたことを発表した。全治は約8週間の見込み。 ▽クラブによると、シュミット・ダニエルは先週のトレーニング中に負傷した模様だ。 ▽シュミット・ダニエルは2014年に中央大学から仙台に入団。今シーズンは明治安田生命J1リーグに3試合、YBCルヴァンカップに1試合出場していた。 2018.05.21 14:00 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第15節】ウェリントンが大暴れ!

▽明治安田生命J1リーグ第15節の9試合が19日と20日に開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数) GK権田修一(サガン鳥栖/初選出) ▽最後の砦としてFC東京攻撃陣を封殺。試合終盤のスーパーセーブは圧巻だった。 DF岡本拓也(湘南ベルマーレ/2回目) ▽試合を通じて気迫のこもったプレーを披露。自らのインターセプトが決勝弾に繋がる。 DF板倉滉(ベガルタ仙台/2回目) ▽セットプレーからゴールを奪い、守備でもソリッドな対応。攻守に光り輝いた。 DF杉岡大暉(湘南ベルマーレ/初選出) ▽強い対人プレーと推進力を生かした縦突破が印象的。決勝点をお膳立てするなど躍動した。 MF関口訓充(ベガルタ仙台/初選出) ▽2得点を演出する活躍。キレキレなプレーを続け、チームの攻撃を形づくった。 MF山田康太(横浜F・マリノス/初選出) ▽ルーキーとは思えぬ存在感。攻守にわたり、アグレッシブな姿勢が際立った。 MFオスマル(セレッソ大阪/2回目) ▽山口との補完性抜群の中盤を形成。機を見た攻撃参加も迫力があり、相手を苦しめた。 MF高木俊幸(セレッソ大阪/初選出) ▽殊勲の2発。清武の負傷交代により、巡ってきたプレーチャンスを生かした。 MF中村憲剛(川崎フロンターレ/2回目) ▽眩いばかりの輝きを放つ。直接FKを含む2発をマークし、バンディエラぶりを発揮した。 FW仲川輝人(横浜F・マリノス/初選出) ▽個人技から2ゴール。松原との縦関係も良好であり、チームの攻撃を加速させた。 FWウェリントン(ヴィッセル神戸/初選出) ▽圧巻のパワフルプレー。2ゴール2アシストの全得点に絡む活躍で抜群の存在感を示した。 2018.05.21 13:50 Mon
twitterfacebook
thumb

ケガで母国に帰国中の鹿島MFレアンドロを古巣のグレミオが狙う

▽ブラジル・セリエAのグレミオが、鹿島アントラーズのブラジル人MFレアンドロ(25)の獲得に興味を持っているようだ。ブラジル『radioHINCHA』が報じた。 ▽グレミオはレアンドロがプロキャリアをスタートさせた古巣クラブ。レアンドロは、その後パルメイラスに完全移籍すると、サントスやコリチーバなどへとレンタル移籍。2017年2月に鹿島へレンタル移籍で加入した。 ▽Jリーグに挑戦した1年目は、シーズン序盤こそ出場機会を得られなかったものの、大岩剛監督が就任していこうは攻撃のキーマンに。リーグ戦23試合に出場し11ゴール4アシストを記録し、チームの優勝争いに貢献していた。 ▽すると、今シーズン前にパルメイラスから完全移籍。一部では3年契約を結んだと報じられていた。しかし、ケガで出遅れると、復帰するも3試合で再び負傷。治療のため、ブラジルへと帰国している。 ▽レアンドロは、古巣であるグレミオで公式戦49試合に出場し8ゴール4アシストを記録している。Jリーグは中断期間に入るが、果たしてレアンドロの去就はどうなるだろうか。 2018.05.20 22:56 Sun
twitterfacebook
thumb

谷口が古巣・盛岡からハットトリック! 前半だけで4発の藤枝が連勝《J3》

▽明治安田生命J3リーグ第11節の5試合が各地で行われた。 ▽いわぎんスタジアムで行われた最下位・グルージャ盛岡(勝ち点7)vs12位・藤枝MYFC(勝ち点10)は、4-0で藤枝が勝利した。 ▽藤枝の谷口、岩渕、垣根にとっては昨季まで在籍していた古巣との対決になった試合は5分、アウェイの藤枝が先制に成功する。岩淵からの右CKを中央の阿渡がヘディングシュート。これはGK中島の好守に阻まれたが、ゴールエリア左の養父が思いきりよく左足を振りぬくと、ボールは相手DFに当たってゴールに吸い込まれた。 ▽先制した藤枝はここからゴールラッシュ。14分に浅田がボックス内で倒されてPKを獲得すると、キッカーの谷口が冷静にゴール左へ突き刺して、古巣からゴールを奪う。さらに29分、谷口が敵陣中央で相手のクリアボールを拾い、敵陣中央からミドルシュート。これがGK中島の手を弾いてゴール左へと吸い込まれた。 ▽順調な試合運びを見せる藤枝は、44分にも右サイドから小牧、大竹とつなぎ、最後は谷口がボックス内でシュート。一度は右ポストに嫌われたものの、跳ね返りを再び押し込んでハットトリックを達成する。 ▽前半だけで4ゴールを奪った藤枝は、後半もしっかりと盛岡の攻撃を抑え込み、そのまま4-0で大勝。谷口の古巣相手へのハットトリック達成など、計4発で勝利した藤枝が、連勝を飾った。 ◆明治安田生命J3リーグ第11節 結果 ▽5/20(日) ブラウブリッツ秋田 1-2 AC長野パルセイロ アスルクラロ沼津 0-0 福島ユナイテッドFC グルージャ盛岡 0-4 藤枝MYFC ギラヴァンツ北九州 0-4 ガンバ大阪U-23 ザスパクサツ群馬 4-1 FC東京U-23 ▽5/19(土) Y.S.C.C横浜 1-1 セレッソ大阪U-23 鹿児島ユナイテッドFC 2-1 SC相模原 ガイナーレ鳥取 2-3 カターレ富山 2018.05.20 20:55 Sun
twitterfacebook
thumb

京都がジュロヴスキー体制初勝利! 首位・大分vs2位・山口は両者譲らずドロー決着!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第15節の9試合が各地で行われた。 ▽ニンジニアスタジアムで行われた20位・愛媛FC(勝ち点10)vs最下位・京都サンガF.C.(勝ち点9)は、2-1で京都が勝利した。 ▽15日に間瀬秀一監督との契約解除を発表し、川井健太監督が就任した愛媛と、11日に布部陽功監督を解任し、ボスコ・ジュロヴスキーコーチを昇格させた京都の一戦。試合は後半に動く。京都は52分、石櫃からの右CKの流れから、こぼれ球を拾った染谷がボックス右から中央へクロスを送る。これを大野が頭で叩き込み、京都が先制に成功する。 ▽先制した京都はさらに61分、エスクデロ競飛王のパスを受けた本多がボックス左外からクロス。中央へ走り込んだ岩崎が相手DFよりも先に右足に当てると、ボールはゴール右隅へ吸い込まれた。 ▽2点のリードを許した愛媛は77分、右サイドでパスを受けた小池がゴール前へ絶妙なクロスを送り、有田のヘディングシュートで1点差に縮めた。しかし、その後愛媛に同点ゴールは生まれず、2-1で試合終了。京都がボスコ・ジュロヴスキー監督体制初勝利を飾った。 ▽大分銀行ドームで行われた首位・大分トリニータ(勝ち点30)vs2位・レノファ山口(勝ち点27)の直接対決は、2-2の引き分けに終わった。 ▽連勝中同士の首位攻防戦は、首位・大分が先制する。11分、宮阪からのCKをニアサイドに走り込んだ馬場がダイレクトシュート。グラウンダーのシュートは、寄せてきた相手DFの股を抜けてゴール左隅へと吸い込まれた。 ▽先制点を許した山口は後半開始早々、試合を振り出しに戻す。敵陣中央右でボールを受けた小野瀬がドリブルを開始。ボックス右からグラウンダーのクロスを入れると、走り込んだオナイウ阿道がワンタッチでゴール右隅に突き刺した。 ▽しかし53分、大分がすぐさま勝ち越しに成功する。後藤からのパスを受けた松本がボックス右外からグラウンダーのクロス。中央に走り込んだ後藤が潰れ、走り込んでいた馬場がダイレクトで合わせると、ボールは右ポストを叩いてゴールネットを揺らした。 ▽再び追う立場となった山口。それでも75分、三幸が敵陣中央右からクロスを送る。これは相手に防がれたが、ボックス手前へのこぼれ球を高木が右足を振りぬくと、ボールはゴール左隅へ。このゴールで試合を2-2にした山口が勝ち点1を奪取。大分は勝ち点差を広げることができなかった。 ◆明治安田生命J2リーグ第15節 日程・結果 ▽5/20日(日) ロアッソ熊本 2-1 水戸ホーリーホック 松本山雅FC 1-0 アビスパ福岡 大分トリニータ 2-2 レノファ山口FC 横浜FC 3-3 ジェフユナイテッド千葉 栃木SC 0-0 FC町田ゼルビア アルビレックス新潟 0-0 モンテディオ山形 カマタマーレ讃岐 0-3 ヴァンフォーレ甲府 ツエーゲン金沢 0-0 徳島ヴォルティス 愛媛FC 1-2 京都サンガF.C. ▽5/18(金) ファジアーノ岡山 vs 東京ヴェルディ ※雷雨の影響で試合途中に中止 ▽5/19(土) 大宮アルディージャ 0-2 FC岐阜 2018.05.20 20:30 Sun
twitterfacebook
thumb

柏GK中村航輔、脳しんとう及び頸椎ねん挫と診断…20日名古屋戦で頭部を強打

▽柏レイソルは20日、日本代表GK中村航輔が検査の結果、脳しんとう、頸椎ねん挫と診断されたことを発表した。本日は大事を取って入院し、経過を観察していくことも伝えている。 ▽中村は、20日に行われた明治安田生命J1リーグ第15節の名古屋グランパス戦に先発。しかし、試合終了間際にFWジョーと交錯時、空中で一回転して頭からピッチに落下した。 ▽頭を強く打ちつけた中村は起き上がることができず、試合終了のホイッスル。転倒から約10分が経っても身体を動かすことができず、担架に乗せられてピッチを後にしている。 ▽その中村は、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けた日本代表メンバー入り。今回の招集により、事実上のロシア・ワールドカップ(W杯)行きを決めた状況だったが、今後への影響が懸念される。 2018.05.20 20:20 Sun
twitterfacebook
thumb

湘南に痛手…FWイ・ジョンヒョプ、右足関節内果疲労骨折で全治3カ月

▽湘南ベルマーレは20日、FWイ・ジョンヒョプが右足関節内果疲労骨折と診断されたことを発表した。全治は3カ月程度。18日に手術を行ったことも伝えている。 ▽イ・ジョンヒョプは、12日に行われた明治安田生命J1リーグ第14節の清水エスパルス戦で負傷した。 ▽2018年に釜山アイパークから期限付き移籍で加入したイ・ジョンヒョプ。今シーズンは明治安田生命J1リーグでここまで13試合2ゴール1アシストを記録している。 2018.05.20 19:15 Sun
twitterfacebook
thumb

9人の札幌、無敗記録は「11」でストップ…ウェリントン2G2Aの活躍で神戸が完勝! 《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第15節のヴィッセル神戸vs北海道コンサドーレ札幌が20日にノエビアスタジアム神戸で行われ、4-0で神戸が勝利した。 ▽前節のジュビロ磐田戦を2-0で制した7位・神戸(勝ち点19)は、1-1で引き分けたミッドウィークのYBCルヴァンカップ サガン鳥栖戦からスタメンを総入れ替え。最後尾にGKキム・スンギュ、最終ラインに渡部、チョン・ウヨン、高橋、ティーラトン、中盤に三田、藤田、田中、大槻、最前線にウェリントン、渡邉を起用した。 ▽リーグ11試合負けのない3位・札幌(勝ち点26)も、0-3で完敗したミッドウィークのYBCルヴァンカップ 清水エスパルス戦からスタメンを総入れ替え。最後尾にGKク・ソンユン、最終ラインに福森、キム・ミンテ、進藤、中盤に深井、宮澤、駒井、チャナティップ、菅、三好、最前線に都倉を起用した。 ▽9分、神戸が右CKを獲得。キッカーの藤田が右足で質の高いクロスを供給すると、DFキム・ミンテのマークを振り切ったウェリントンが頭でボールを捉える。高い打点から放たれたヘディングシュートがゴール右隅を捉え、神戸が先制に成功した。 ▽同点を目指す札幌はサイドからのクロスを主体に攻め込もうとするが、神戸の強固な守備に苦しみなかなかシュートに繋げることができない。 ▽すると23分、神戸がまたしても札幌ゴールに襲い掛かる。ボックス左でボールを持った田中が、中央にグラウンダーのボールを折り返す。ウェリントンが右足のダイレクトシュートを放つと、札幌DFに当たって軌道の逸れたボールがネットを揺らした。 ▽37分、札幌は右CKを獲得。キッカーの福森がインスウィングでファーにボールを供給すると、後方にポジションを取っていた菅が左足でボレーシュートを放つ。しかし、このシュートは枠を捉えることができず、得点には繋がらない。 ▽ビハインドで折り返した試合、札幌はハーフタイム中に2枚替えを敢行。三好、菅に代えてジェイ、石川を送り出し、無敗記録の継続を目指していく。 ▽すると、徐々に札幌の決定機が増加し始める。53分、ボックス右のキム・ミンテがファーサイドにクロスを供給し、反応したジェイのヘディングシュートが左ポストに直撃。こぼれ球に詰めた進藤のシュートも神戸DFにブロックされたものの、神戸ゴールを脅かしていく。 ▽しかし直後の55分、札幌に漂い始めた得点の匂いを、神戸がかき消す。GKキム・スンギュのゴールキックが最前線まで届くと、ウェリントンが頭でディフェンスラインの裏に落とす。抜け出した渡邉がGKク・ソンユンとの一対一を制し、リードを3点に広げた。 ▽64分、右サイドを持ち上がる途中出場の藤谷に対し、キム・ミンテが厳しくチェックにいき倒してしまう。すると、このプレーでキム・ミンテに2枚目のイエローカードが提示されて退場に。劣勢の札幌は10人で戦うこととなった。 ▽さらに73分にも、三田からスライディングでボールを奪った宮澤が2枚目のイエローカードを貰い退場。札幌の選手たちの抗議も空しく、続けざまの退場により9人での戦いとなってしまう。 ▽圧倒的に数的不利を抱える札幌は神戸からボールが奪えず、試合は一方的な展開に。76分に田中のボレーシュートが左ポストを叩けば、81分には枠こそ捉えなかったものの藤谷のミドルシュートが札幌ゴールを脅かす。 ▽試合終了間際の87分、三原の縦パスをボックス手前のウェリントンがヒールで逸らす。ボックス内に抜け出した渡邊がシュートを放ち、スコアが4-0となったところで試合は終了を迎えた。 ▽この結果、神戸は好調のクラブを下して連勝を飾ることに。対する札幌は、クラブ記録を更新していた無敗記録を「11」でストップさせることとなった。 Jリーグを観るならDAZN!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.05.20 19:00 Sun
twitterfacebook
thumb

高木俊幸2発のC大阪が首位討ち! 広島は完封負けで今季2敗目《J1》

▽20日にエディオンスタジアム広島で行われた明治安田生命J1リーグ第15節のサンフレッチェ広島vsセレッソ大阪は、アウェイのC大阪が2-0で勝利した。 ▽首位の広島は、日本代表復帰の青山がスタメン入り。1試合未消化で5位のC大阪は、同じく代表入りを果たした山口がスターティングメンバーに名を連ね、ベンチスタートの柿谷に代わって、ヤン・ドンヒョンが起用された。 ▽試合は、C大阪が守備的な入りを見せる広島を相手にボールを動かす展開に。だが、流れは次第にパトリックを中心にシンプルな攻撃を仕掛ける広島のペースとなっていく。 ▽後ろでボールを落ち着かせながら攻撃の糸口を探るC大阪は、杉本をターゲットとした仕掛けを使いながらゴールに迫る。だが、淡白な攻撃が続き、なかなか攻め手を見いだせない。 ▽ゴールレスで迎えた後半、早々に清武の負傷交代に見舞われたC大阪を尻目に主導権を握った広島。57分、左CKから野上がヘディングシュートを放つが、惜しくも左ポストを叩く。 ▽続く64分にも広島にビッグチャンス。左サイドからのクロスにゴール前のパトリックが頭で合わせる。これおがワンバウンドして枠に飛ぶが、GKキム・ジンヒョンに阻まれる。 ▽C大阪は75分、オスマルの高い位置でのインターセプトから絶好機。そのままボックス左深くに持ち上がったオスマルの折り返しに杉本が合わせるが、野上の好ブロックに遭う。 ▽劣勢続くC大阪だが、81分にGKキム・ジンヒョンのパントキックをヤン・ドンヒョンが頭で繋ぐと、最終ラインの背後を取った高木の下へ。ボックス内から左足シュートを決め、C大阪が先制した。 ▽続く84分にも高木が大仕事。左サイド深くからオスマルが上げたクロスはクリアされたものの、こぼれ球を拾った高木がバイタルエリア左から右足を振り抜く。これがゴール右に突き刺さった。 ▽結局、清武との交代でピッチに入った高木の2発により、C大阪が2連勝で中断期間へ。ホーム初黒星の広島はシーズン2敗目となり、連勝が4で止まっている。Jリーグを観るならDAZN!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.05.20 17:58 Sun
twitterfacebook
thumb

FC東京、GK権田の牙城崩せず鳥栖とゴールレスドロー《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第15節のサガン鳥栖vsFC東京が20日にベストアメニティスタジアムで行われ、0-0で引き分けに終わった。 ▽ここまで3勝3分け8敗で17位につける鳥栖(勝ち点12)と、8勝3分け3敗で2位につけるFC東京(勝ち点27)が激突した。前節の浦和レッズ戦を0-0で引き分けて2試合無敗中の鳥栖は、その一戦から先発メンバーを3人変更。高橋祐治と池田、安庸佑に代えて福田と小野、ビクトル・イバルボを起用した。 ▽一方、前節の北海道コンサドーレ札幌戦を0-0で引き分けて6戦無敗中のFC東京は、その一戦から先発メンバーをチョン・ヒョンスに代えて丸山を起用した。 ▽試合は鳥栖が11分にチャンスを迎える。原川の左CKからゴール前の小野がシュート。しかし、GK林の好守にはばまれてしまう。 ▽一方のFC東京は13分、縦パスを受けたディエゴ・オリヴェイラがボックス手前から反転しながら右足を振りぬく。しかし、わずかにゴール右外へと外れた。 ▽その後、時間の経過とともに両者の球際は激しくなり、ヒートアップする場面も。そんな中、FC東京は39分、大森の右サイドからのクロスがファーサイドへ抜け、ボックス手前の太田がミドルシュートを放つ。シュートはゴール右へと飛んだものの、GK権田に防がれてしまう。 ▽後半に入っても鳥栖を押し込み続けるFC東京。51分、右サイドの室屋が味方とのパス交換でカットインし、ボックス右に走り込んだ永井とのワンツーでボックス内へ侵攻する。最後は左足でシュートを放つが、GK権田のファインセーブに遭う。 ▽守護神に助けられた鳥栖は63分、ボールを持ったビクトル・イバルボがボックス手前まで持ち込み、キープから右サイドに展開。最後はボックス手前やや右の原川が右足を振りぬくも、シュートはわずかにゴール左へと逸れた。 ▽上位キープへ勝利が欲しいFC東京は76分、ボックス手前でボールを持つと、ボックス左へ浮き球のスルーパス。これに田邉が反応して頭で合わせてゴール右を捉える。しかし、GK権田に左手で触られてしまい、ゴールとはならない。さらに82分にも左CKからディエゴ・オリヴェイラがヘディングシュートを放つが、右ポストに嫌われてしまう。 ▽FC東京は後半アディショナルタイムにも、田邉のスルーパスに抜け出した前田がGKとの一対一を迎えるも、GK権田の牙城を崩すことができず、そのままゴールレスで試合終了。FC東京はチャンスを決めきれなかったが、7戦無敗継続。一方の鳥栖は3試合負けなしをキープしている。 Jリーグを観るならDAZN!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.05.20 17:10 Sun
twitterfacebook
thumb

中村2発&阿部弾! 清水に快勝した川崎Fが連勝《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第15節の川崎フロンターレvs清水エスパルスが20日に等々力陸上競技場で行われ、3-0で川崎Fが勝利した。 ▽ここまで7勝3分け4敗で4位につける川崎F(勝ち点24)と、5勝3分け6敗で9位につける清水(勝ち点18)が激突した。前節の柏レイソル戦を2-1で勝利して、連敗を「2」でストップした川崎Fはその一戦から先発メンバーを1人のみ変更。小林に代えて長谷川を起用した。 ▽一方、前節の湘南ベルマーレ戦を4-2で勝利して、川崎F同様に連敗を「2」で止めた清水は、その一戦から先発メンバーを1人のみ変更。出場停止の松原に代えて二見を起用した。 ▽連勝を目指す両者の一戦。試合はホームの川崎Fが序盤から押し込む。4分、敵陣中央左からのFKをキッカーの中村がクロス。ファーサイドへのこぼれ球をエウシーニョが左足でボレーを放つも、GK六反に阻まれた。 ▽12分には中村の左CKから守田、14分には大島のスルーパスに抜け出した長谷川がゴールに迫るもどちらも決めきれず。それでも19分、ボックス手前でFKを獲得すると、キッカーの中村が右足を振り抜く。カーブを描いたシュートがゴール右に吸い込まれて川崎Fが先制に成功した。 ▽先制して以降も清水を押し込み続ける川崎Fは28分、エウシーニョのパスに抜け出した阿部がボックス中央やや右でシュートを放つが、GK六反にブロックされる。それでも33分、右サイドから切れ込んだエウシーニョからパスを受けた阿部がボックス内から反転しながら左足シュート。GK六反に触られたが、そのままゴールネットを揺らし、川崎Fが2-0とリードを広げた。 ▽後半に入ると、ここまで思うように攻撃を組み立てることができなかった清水がサイドからチャンスを作り始める。しかし、この嫌な流れを川崎Fのバンディエラが断ち切る。57分、中村が相手最終ラインでボールを持った河井からインターセプト。そのままボックス内に侵攻してシュートを放つと、一度は防がれたものの、こぼれ球を押し込んでチームの3点目を記録した。 ▽苦しい状況となった清水は70分、ボックス左外でFKを獲得。石毛のゴール前へのクロスにクリスランが飛び込む。頭で合わせようとしたが、肩に当たってしまい、シュートはゴールの上を越えてしまう。 ▽その後も攻勢を強めていきたかった清水だが、川崎Fに攻撃で時間を使われて試合終了。3-0で勝利した川崎Fが連勝を飾った。 Jリーグを観るならDAZN!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.05.20 17:05 Sun
twitterfacebook
thumb

石原電光石火の先制弾! 仙台競り勝ち鹿島の連勝は「3」でストップ《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第15節の鹿島アントラーズvsベガルタ仙台が20日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、2-1で仙台が勝利した。 ▽リーグ連勝中の10位・鹿島(勝ち点18※1試合未消化)は、1-2で敗北したミッドウィークのAFCチャンピオンズリーグ 上海上港戦からスタメンを3名変更。西、レオ・シルバ、鈴木に代えて、伊東、小笠原、中村を起用した。 ▽前節サンフレッチェ広島に1-3の敗北を喫した8位・仙台(勝ち点19)は、1-0で勝利したミッドウィークのYBCルヴァンカップ ベガルタ仙台戦から富田以外のスタメン10名を変更。最後尾にGK関、最終ラインに板倉、大岩、金正也、中盤に蜂須賀、奥埜、富田、関口、最前線に石原、野津田、阿部を起用した。 ▽開始早々、2分に仙台が試合を動かす。左サイドでボールを持った関口が右足に持ち替えてクロスを供給。走り込んだ石原がダイビングヘッドで合わせ、ネットを揺らした。 ▽反撃に出る鹿島は、8分にチャンスを迎える。ボックス手前でルーズボールを拾った小笠原が、自ら狙う。しかし、右足で放った鋭いシュートは仙台DFにブロックされ、得点には繋がらない。 ▽24分、今度は仙台に決定機が訪れる。石原のスルーパスに抜け出した阿部がボックス内左に侵攻し、GKクォン・スンテを引きつけて中央に折り返す。枠を捉えれば得点というシーンだったが、奥埜のヘディングシュートはバーを越えていく。 ▽前半終了間際の40分にも、仙台が鹿島ゴールに迫る。ボックス手前中央でフリーとなっていた奥埜がミドルシュートを狙う。しかし、GKクォン・スンテの好守に阻まれ、直後の左CKからの石原のボレーシュートも枠を外れた。 ▽巻き返しを図る鹿島は、ハーフタイム中に大胆な二枚替えを敢行。小笠原、中村に代えて、犬飼、鈴木を投入した。 ▽しかし、後半に入っても仙台が先に結果を出す。65分、左CKの場面でキッカーの関口がインスウィングのクロスを入れると、ニアの大岩が頭でフリック。ゴール前の板倉がうまくヘディングシュートを放ち、追加点とした。 ▽点差を縮めたい鹿島は、直後の68分に決定機を作り出す。右サイドからのアーリークロスに、うまくマークをはがした途中出場の鈴木が反応。しかし、鈴木は合わせにいった右足でボールをミートさせることができず、ネットを揺らすことは叶わない。 ▽それでも85分、土壇場で鹿島が反撃の狼煙を上げる。浮き球のボールを途中出場の安部がボックス内左から頭で落とす。中央の鈴木が右足で押し込み、点差を1点に縮めた。 ▽しかし、そこからは攻める鹿島に対して仙台が決死の守備でゴールを守り抜く形で試合が終了。この結果、鹿島は3試合ぶりに敗北。対する仙台は、リーグ2試合ぶりの白星を中断前最後の一戦で手にした。 Jリーグを観るならDAZN!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.05.20 16:15 Sun
twitterfacebook
thumb

加藤新体制の柏が初陣白星! 名古屋13戦未勝利《J1》

▽20日に豊田スタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第15節の名古屋グランパスvs柏レイソルは、アウェイの柏が3-2で勝利した。 ▽最下位に沈む名古屋は、特別指定選手の児玉が先発。さらに、玉田が今シーズン初先発を飾った。13位の柏は、今節が加藤新監督の初陣に。中盤の底に中山を起用されている。 ▽試合は、立ち上がりから激しい攻防戦となる。その中で、ガブリエル・シャビエルが左足シュートを放つなど積極的な入りを見せた名古屋だが、柏守備陣 の粘り強い対応に遭う。 ▽すると、柏は16分に試合を動かす。ボックス右深くに侵攻した小泉がマイナス方向にパス。伊東のシュートが相手に引っかかったところ江坂が押し込み、柏が先制に成功した。 ▽リードを許した名古屋だが、35分にカブリエル・シャビエルの左FKをワシントンが頭でフリック。和泉の右足ダイレクトで合わせたシュートが右ポスト内側に叩いてゴールラインを割るが、オフサイドの判定となる。 ▽それでも、41分、切れ味鋭いドリブルで小池を突破した玉田がボックス左深くに侵攻。マイナス方向にパスを送ると、待ち構えるジョーが押し込み、名古屋が試合を振り出しに戻した。 ▽追いつかれた柏だが、後半開始早々に手にしたセットプレーのチャンスを生かす。47分、クリスティアーノの右CKから中山のヘディングシュートがゴール左に決まり、柏が再びリードした。 ▽勝ち越した柏は続く56分、バックパスを試みた畑尾に伊東がプレッシャー。こぼれ球を拾った江坂が相手Gkとの一対一に持ち込み、左足のシュートを冷静にゴール右隅に沈めた。 ▽引き離された名古屋だが、64分にボックス右深くで味方の浮き球パスを受けたガブリエル・シャビエルが中央にラストパス。ゴール前の玉田が合わせて、名古屋が1点差に詰め寄る。 ▽終盤も押し込まれる展開に続いた柏だが、1点のリードを守り抜いて新体制の初陣を白星で飾り、3試合ぶりの勝ち点3。名古屋は2連敗となり、13戦未勝利で中断期間を迎えた。Jリーグを観るならDAZN!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.05.20 15:57 Sun
twitterfacebook
thumb

町田FW中村祐也、左大腿ハムストリング肉離れ…復帰まで全治6〜8週間

▽FC町田ゼルビアは20日、FW中村祐也の負傷離脱を発表した。 ▽中村は13日に行われた明治安田生命J2リーグ第14節のカマタマーレ讃岐戦で負傷。左大腿ハムストリング肉離れで復帰まで全治6〜8週間を要する見込みだ。 ▽中村は今シーズンのここまでJ2リーグ12試合1ゴールを記録。町田は20日に行われる今節、栃木SCとアウェイで対戦する。 2018.05.20 13:29 Sun
twitterfacebook
thumb

金沢DF作田裕次に第二子 「父親として頑張っていきます」

▽ツエーゲン金沢は20日、DF作田裕次(30)に第二子が18日に誕生したことを発表した。 ▽作田は2014年から金沢でプレー。今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグ14試合に出場して1得点を記録している。 ▽クラブの発表を受け、作田は次のようにコメントしている。 「5月18日に第2子が誕生しました。実際に立ち会うことができて、妻の、母親のすごさを感じました。本当に妻には感謝しています。これからも選手として、父親として頑張っていきます。引き続き応援よろしくお願いします」 2018.05.20 10:56 Sun
twitterfacebook
thumb

金沢DF毛利駿也がプロA契約締結 今季J2リーグ12試合に出場

▽ツエーゲン金沢は20日、DF毛利駿也(23)とのプロA契約締結を発表した。 ▽毛利は、12日に行われた明治安田生命J2リーグ第14節の松本山雅FC戦でプロA契約締結に必要な規定出場期間を満たした。今シーズンはここまでJ2リーグ12試合に出場している。クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「この度、プロA契約を締結することができました。これからもより一層チームの勝利に貢献できるように、日々トレーニングに励んでいきます」 2018.05.20 10:51 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】堅守速攻バトル!得意にしているのはどちらの指揮官か《鳥栖vsFC東京》

▽20日、明治安田生命J1リーグ第15節が開催される。ベストアメニティスタジアムでは、サガン鳥栖vsFC東京が開催される。 ◆似たスタイルも成績には差が ▽現在3勝3分け8敗の勝ち点12で17位と降格圏に位置する鳥栖と、8勝3分け3敗の勝ち点27で2位につけるFC東京の対戦。互いに堅守速攻を持ち味としているが、結果には大きな開きがある。 ▽ホーム鳥栖を率いるマッシモ・フィッカデンティ監督にとって、今節は古巣対戦ともなる。別の位置付けとはなるが、互いに勝利を納めて中断期間に入りたいところだ。 ◆降格圏を脱して中断期間へ~サガン鳥栖~ ▽ここ2試合は1勝1分けと結果が出ている鳥栖。7連敗となかなか泥沼から脱せなかったものの、調子を上向きにして中断期間に入りたい。 ▽堅守速攻を継続してきた鳥栖だが、前節が今季リーグ戦初の無失点試合に。さらに、得点力不足に陥っており、結果が出なかった。FWビクトル・イバルボの負傷離脱の影響が多く、欠場していた第7節から第12節までは全敗。復帰してからの2試合で負けなしと考えれば、得点力以上に存在感の大きさがわかる。 ▽また、古巣対戦となるフィッカデンティ監督にとっては勝っておきたい相手だ。鳥栖の指揮官になってから、リーグ戦4試合で2勝2分けと負けなし。ホーム・ベアスタでは2勝と相性が良い。今回もホームゲームなだけに、しっかりと勝って中断期間に入りたい。 ◆広島の背中を追いかけて~FC東京~ ▽ここ6戦無敗。前節は3位の北海道コンサドーレ札幌との上位対決をゴールレスドローで終え、2位を守った。 ▽直近3試合は全て無失点と守備陣も安定感を見せている。得点を奪えれば勝てる状況にあり、開幕戦の浦和レッズとの1-1のドローを除いて、勝てなかった試合は全て無得点。攻撃陣がカギを握ることになるだろう。 ▽フィッカデンティ監督率いる鳥栖との相性が良くないFC東京だが、長谷川健太監督は苦手にしていない。ガンバ大阪時代に4度フィッカデンティ監督率いる鳥栖と戦い、3勝1敗。現在は3連勝中だ。チームは変わったとはいえ、鳥栖攻略法は分かっているだろう。2位をキープして中断期間に入りたい。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆サガン鳥栖[4-3-1-2](C)CWS Brains,LTD.GK:権田修一 DF:小林祐三、キム・ミンヒョク、チョン・スンヒョン、吉田豊 MF:高橋義希、高橋秀人、原川力 MF:小野裕二 FW:安庸佑、田川亨介 監督:マッシモ・フィッカデンティ ▽前線の選手が定まらない鳥栖だが、2トップはFW田川亨介の相棒にMF安庸佑が入ると予想する。中盤の3枚は義希、秀人のW高橋に原川が並び、FW小野裕二がトップ下に入るだろう。センターバックはロシア・ワールドカップに向けた韓国代表に選出されたDFキム・ミンヒョクとチョン・スンヒョンが組むだろう。 ◆FC東京[4-4-2](C)CWS Brains,LTD.GK:林彰洋 DF:室屋成、森重真人、丸山祐市、太田宏介 MF:大森晃太郎、橋本拳人、高萩洋次郎、東慶悟 FW:ディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑 監督:長谷川健太 ▽FC東京も大きなメンバー変更はなし。前節の北海道コンサドーレ札幌戦で復帰した韓国代表DFチャン・ヒョンスは同試合で負傷し、今節は再び欠場となる見込み。代役はDF丸山祐市となるだろう。2トップはFWディエゴ・オリヴェイラ、FW永井謙佑となるだろう。 鳥栖vsFC東京をDAZNで観よう!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 【注目選手】 ◆MF安庸佑(サガン鳥栖)(C)J.LEAGUE PHOTOS▽鳥栖の注目選手は好調を維持するMF安庸佑だ。ここ3試合連続で先発出場を果たすと、第12節、第13節と連続ゴールを記録。チームの浮上とともに結果も残している。攻撃陣の停滞が続く中で、チームに勢いをもたらせる安庸佑。テクニカルなプレーでのチャンスメイクも含めて上位の守備陣に風穴を開けたい。 ◆MF東慶悟(FC東京)(C)CWS Brains,LTD.▽FC東京の注目選手はMF東慶悟だ。左サイドで起用されている東だが、攻撃面だけでなく守備面での貢献度も高い。攻守にわたる献身性から、今季はすでに3ゴールを記録。充実した日々を送っているはずだ。長谷川サッカーにとって重要なポジションであるサイドアタッカーとして、チームの2位キープに貢献したい。 ◆堅守速攻で相手を仕留めるのは ▽降格圏を抜け出したい鳥栖、独走する広島を追うFC東京。立場が違えど、標榜するサッカーは似ている。しっかりとしたブロック、粘り強い対人守備から、一気に加速するカウンターが魅力だ。 ▽鳥栖は若き快速FW田川、FC東京はJ屈指のスピードを持つFW永井と、前線にスピードを持った選手を擁する。また、チーム全体としての運動量も多く、タフな試合となるだろう。サイドの攻防も特徴としているだけに、注目が集まる。 ▽勝利を収め良い形で中断期間に入るのはどちらのチームか。試合は20日(日)の15時にキックオフを迎える。 鳥栖vsFC東京をDAZNで観よう!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.05.19 23:00 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp