超ワールドサッカー

ニュース

thumb

デウロフェウ、バルサ復帰を望まず? クラブが買い戻しオプションを行使しない理由とは

エバートンに所属するU-21スペイン代表FWジェラール・デウロフェウは、バルセロナ復帰を望んでいないのかもしれない。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。バルセロナは、2015年にエバートンへと完全移籍を果たしたカンテラーノのデウロフェウに関して、買い戻しオプションを有している。それは今月30日までに1200万ユーロ(約15億円)を支払えば、デウロフェウを復帰させることができるというものだ。だがデウロフェウは復帰を希望していないとみられる。『ムンド・デポルティボ』によると、デウロフェウは昨季後半戦でミランで与えられたような役割、つまりチームの中心選手として出場機会を確保し、得点やアシストで勝利に貢献することを求めているという。バルセロナにはFWリオネル・メッシ、ルイス・スアレス、ネイマールという絶対的な3トップがいる。彼らの存在がデウロフェウの決断を迷わせ、デウロフェウの考えを知るクラブの買い戻しオプション行使をためらわせているようだ。提供:goal.com 2017.06.28 18:58 Wed
twitterfacebook
thumb

「ルーニーがこんな扱いを受けるなんて」クラブOBのネヴィルが主将の処遇に嘆き節

かつてマンチェスター・ユナイテッドで活躍したギャリー・ネヴィルが、イギリス『BBC』の取材で、退団のうわさが浮上している主将ウェイン・ルーニーについて言及している。ネヴィルにとって、ルーニーに対するクラブ側の処遇は信じられないものとなっているようだ。「ウェインのような偉大な選手がこのような扱いを受けるなんてね。彼がいまだチームで立場を約束されている状況ではないなんて……。驚いているよ」ネヴィルは「新シーズンに向けた記者会見と、メディアセッションにウェインがいるかどうかが重要だ。現時点で憶測でものを言うことはできないけどね」と語り、ルーニーの退団話が収束していない現状を嘆いている。マンチェスター・Uは7月8日からプレシーズンのアメリカツアーを行う予定となっており、そのメンバー内20人にルーニーが入るかどうかで、来季の陣容を占う一つの目安になると見られる。果たしてジョゼ・モウリーニョ監督はアメリカ遠征にルーニーを連れて行くのか、それとも構想外とするのか、この決断がルーニーの今後のキャリアにおいて大きなターニングポイントとなりそうだ。提供:goal.com 2017.06.28 17:40 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ、マテューをスポルティングに売却か

▽スポルティング・リスボンが、バルセロナのフランス代表DFジェレミー・マテュー(33)の獲得に興味を示しているという。フランス『レキップ』が伝えた。 ▽伝えられるところによると、現行契約を2018年までとしているマテューに対して、スポルティング・リスボンは同選手の獲得にプライオリティを置いているようだ。すでに両クラブ間でマテューの獲得交渉を始めているとみており、2年契約を結ぶことになるとのことだ。 ▽2014-15シーズンにバレンシアからバルセロナに加入したマテューは、度重なるケガの影響もあり本来の実力を発揮できず。移籍初年度こそ公式戦41試合に出場したものの、徐々に出場機会が減少。今季は同胞のDFサミュエル・ユムティティの加入もあり、公式戦16試合の出場に留まっていた。 2017.06.28 16:59 Wed
twitterfacebook
thumb

メッシ2枚にロナウド、イブラ、トッティ…エル・シャーラウィが豪華コレクション披露

ローマに所属するFWステファン・エル・シャーラウィが26日、インスタグラムを更新し、自慢のコレクションを披露した。24歳のエル・シャーラウィはこれまでの自身のキャリアにおいて、チャンピオンズリーグ(CL)の舞台やイタリア代表戦において、様々なトッププレーヤーと対戦もしくは競演してきた。自宅の寝室には、戦利品とばかりに豪華コレクションが並べられている。中でも目を引くのはFWリオネル・メッシのユニフォームだ。エル・シャーラウィはバルセロナとの対戦だけではなく、イタリア代表としてアルゼンチン代表とも戦っており、メッシのユニフォームは2種類ゲットしている。このほかローマの同僚、FWフランチェスコ・トッティや、ミランで同僚だったFWズラタン・イブラヒモビッチとMFカカ、イタリア代表の先輩、GKジャンルイジ・ブッフォンのユニフォームも並べられている。また対戦相手としては、レアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドやブラジル代表のFWネイマールのユニフォームが飾られている。さらに、これらのユニフォームの後ろにも、無数のユニフォームがハンガーにかけられており、エル・シャーラウィのコレクションの豪華さが窺える。なおエル・シャーラウィは2016-17シーズン、セリエAでは32試合に出場し8ゴールをマーク。ローマの2位フィニッシュに貢献した。来シーズンはCLに参戦することになるが、エル・シャーラウィのコレクションはさらに増えるのだろうか、注目されるところだ。提供:goal.com 2017.06.28 16:05 Wed
twitterfacebook
thumb

MF堂安律の加入による反響は期待以上? フローニンヘンSD「日本から放映権を買いたいとの連絡も」

▽フローニンヘンでスポーツディレクター(SD)を務めるハンス・ナイラント氏が、ガンバ大阪から加入するU-20日本代表MF堂安律(19)についてコメントした。オランダ『Soccernews.nl』が伝えている。 ▽フローニンヘンは23日、買取オプションが付いた1年間の期限付き移籍でG大阪から堂安を獲得したことを発表。海外での成功を夢見る堂安にとって、待ち焦がれたヨーロッパでのプレーチャンスを得た格好だ。 ▽ナイラント氏は、以前にPSVやアヤックスなどオランダの錚々たるビッグクラブの関心も伝えられた堂安について次のように言及した。 「堂安の到着を嬉しく思う。それと同時に、彼も喜んでいた。彼はフローニンヘンの歴史を勉強していて、(ルイス・)スアレスや(エリック・)ネフランのような過去に在籍していた選手のことも知っているんだ」 ▽しかし、堂安のフローニンヘン移籍はチームの戦力向上に収まらないようだ。ナイラント氏は、堂安に対してマーケティング面でも期待を寄せた。 「当初、(会見の開始時間として)17時を予定していたが、日本のメディアから1時間前倒しを要請されたため、それを承諾した。会見まで時間がある。日本のテレビ関係者やジャーナリストがここにやってくる。日本のスポーツマーケティング会社から放映権を買いたいという連絡もあった。それは大きなものだ」 2017.06.28 15:40 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナル、2大エースに給与20%アップの契約延長オファー?

▽アーセナルが、ドイツ代表MFメスト・エジル(28)と、チリ代表FWアレクシス・サンチェス(28)に、大幅20%アップの昇給を条件に契約延長オファーを申し入れるようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽2018年夏でクラブとの契約が切れるサンチェスとエジルの2大エース。以前から難航が伝えられる延長交渉は、依然として動きがない。伝えられるところによれば、サンチェスとエジルはアーセナルの週給25万ポンド(約3600万円)に及ぶ延長オファーを拒否。両者は、週給30万ポンド(約4300万円)を要求しているとみられており、延長交渉は平行線を辿っている。 ▽そんな中、『デイリー・メール』によると、アーセナルは両選手に対して、現在の給与から新たに大幅20%アップの契約延長オファーを用意。だが、アーセナルがそれを提示するのは、来季のプレミアリーグ4位以内、つまりは2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を獲得した場合にのみに限るようだ。 2017.06.28 15:39 Wed
twitterfacebook
thumb

エバートンがナイジェリア代表FWオニェクル獲得へ

▽エバートンが、オイペン(ベルギー)に所属するナイジェリア代表FWヘンリー・オニェクル(20)の獲得に至ったようだ。イギリス『デイリー・スポーツ』が報じた。 ▽伝えられるによると、エバートンはオニェクルを獲得後、イギリスでの労働許可証取得の関係で、アンデルレヒトにレンタル移籍させるとのこと。オニェクルはエバートンにとって、イングランドU-21代表GKジョーダン・ピックフォード(23)、オランダ代表MFダビー・クラーセン(24)に次ぐ、3人目の新加入選手となる。 ▽2015-16シーズンにオイペン入りしたオニェクルは、左ウイングを主戦場としつつ、右ウイングやセンターFWまでこなせる万能型のストライカー。細かいタッチのドリブルを得意とし、抜群のゴール感覚も備えている。今季はリーグ戦28試合に出場し、12ゴール7アシストを記録した。 2017.06.28 13:44 Wed
twitterfacebook
thumb

『FOX Sports』、アメリカ国内でCL配信へ フェイスブックでライブストリーミング

▽『FOX Sports』は27日、2017-18シーズン以降のチャンピオンズリーグ(CL)を『フェイスブック』でライブストリーミング配信することを発表した。 ▽発表によれば、9月から配信を開始。グループリーグは試合日あたり2試合、決勝トーナメント1回戦は4試合、準々決勝は4試合配信される。 ▽なお、今回のライブストリーミング配信は、フェイスブック上にある該当ページにて、アメリカのユーザー限定で視聴可能になるとのことだ。 2017.06.28 13:15 Wed
twitterfacebook
thumb

「クリスティアーノが怒っているのはわかっているが…」レアル会長はエース残留を疑わず

レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が、現在退団騒動の巻き起こっているクリスティアーノ・ロナウドについてラジオ局『esRadio』で言及している。ペレス会長はC・ロナウドがチームに留まってくれると信じてやまないようだ。「クリスティアーノが怒っているのはわかっているが、彼は今後もここに居てくれると信じている」「彼とはまだ(脱税疑惑の発覚後)話していないが、我々がこれからすべきことはコンフェデレーションズカップの優勝トロフィーを囲んで、話すことだね」ペレス会長はC・ロナウドの退団話は現実的でなく、コンフェデ杯を制した後にねぎらいの言葉を掛けたいという意向を示した。C・ロナウドに対して、あくまで絶大な信頼を寄せており、現在準決勝進出を果たしているFIFAコンフェデレーションズカップでも、ポルトガルが優勝すると信じている模様。また、会長は「クリスティアーノについて、(代理人のジョルジュ・)メンデス氏と連絡を取り合っている。必要以上に心配することもない」と続け、あくまでC・ロナウドとの関係は良好であり、今夏の退団はないと強調している。「税金やその他の話題でクリスティアーノを傷つけようとしている人が多く、彼はそれに対して人間不信になっているんだろう」提供:goal.com 2017.06.28 12:15 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプールへの処分はなし...ファン・ダイクの交渉に関してサウサンプトンが告訴

リバプールは、不正な手段でサウサンプトンDFヴィルヒル・ファン・ダイクの獲得に近づいていたものの、プレミアリーグから処分を科されることはないようだ。新シーズンのチャンピオンズリーグに向け、補強を進めようとしていたリバプールは当初よりファン・ダイクの獲得を熱望していた。しかしマージーサイドのクラブは不正な手段で選手サイドにアプローチし、それをサウサンプトンがプレミアリーグに報告したことで、オランダ代表DF獲得の夢は終焉を迎えた。そしてリバプールは「ヴィルヒル・ファン・ダイクに関する誤解を招いてしまったことに対してサウサンプトンのオーナー、ディレクター、ファンに謝りたい」とサウサンプトンへ謝罪。チェルシーやマンチェスター・シティが獲得を狙うファン・ダイクの争奪戦から事実上撤退することを発表していた。イギリス『テレグラフ』によると、サウサンプトンは告訴を取り下げておらず、リバプールには何らかの処分が下される可能性があったが、プレミアリーグはレッズへの処分を考えていないとされている。また、両クラブはその問題を解決し、サウサンプトンもリバプール側に不正があった証拠をリーグサイドに提出しないと報じている。提供:goal.com 2017.06.28 09:35 Wed
twitterfacebook
thumb

マルディーニのプロテニスデビュー戦はストレート負け…49歳のバースデー翌日に白星で祝えず

▽ミランのレジェンドであり、イタリア代表としても活躍したパオロ・マルディーニ氏(49)が、27日にプロテニスプレーヤーとしてデビューを飾った。イギリス『タイムズ』が伝えている。 ▽今月26日、49歳の誕生日を迎えたマルディーニ氏は、その翌日にミラノのアスプリア・テニスカップに出場した。 ▽ワイルドカード(主催者推薦)で元プロテニスプレーヤーのステファノ・ランドニオ氏(45)とのダブルスに出場した同氏は、オランダ人プレーヤーのダビド・ペルと、ポーランド人プレーヤーのトマシュ・ベドナレクのコンビ相手のデビュー戦に臨んだ。しかし、ミラン時代の同僚である元オランダ代表MFクラーレンス・セードルフ氏も激励に訪れていた42分間のデビュー戦は、1-6、1-6のスコアで0-2のストレート負けとなった。 ▽なお、『タイムズ』が伝えるところによれば、デビュー戦を落としたマルディーニ氏は、ATP男子世界ランキングで2074位にランクインしたようだ。 ▽サッカー選手としてはミラン一筋で、チャンピオンズリーグで5回、セリエAで7回優勝するなど、26個のタイトルを獲得し、世界最高のディフェンダーとして長らく活躍したマルディーニ氏だが、49歳という年齢もありテニス選手としては厳しい船出となった。 2017.06.28 03:10 Wed
twitterfacebook
thumb

コマンが元恋人へのDV容疑で26日に逮捕!

▽バイエルンに所属するフランス代表FWキングスレー・コマン(21)が、元恋人へのドメスティックバイオレンス(DV)容疑で26日に緊急逮捕されていたことがわかった。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽『レキップ』が伝えるところによれば、コマンは26日朝に生まれ故郷であるパリ近郊のセーヌ=エ=マルヌで、元恋人へDV行為を働き、同女性からの通報で地元警察に逮捕されたという。 ▽コマンは警察での事情聴取で容疑を認めており、既に釈放されたとのことだ。そして、今回の容疑に関する裁判は今年9月に予定されている。なお、同選手から暴行を受けた元恋人は全治8日と診断されている。 2017.06.28 02:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ラスベガスで奮闘するMF田島翔、MLS参入に向け「夢ではなく実現できるよう必死に頑張る」

▽MLS(メジャーリーグ・サッカー)への参入を目指し2016年に設立されたラスベガスシティFCに所属する日本人MF田島翔(34)から近況が届いた。 ▽ラスベガスのプロスポーツとして初めて日本企業がスポンサーになったラスベガスシティFC。スポンサーには、昨年会社設立20周年を迎えた観光ツアー会社・ネバダ観光サービス(代表 依田和恵)がつき、それを記念してチームから背番号「20」の新ユニフォームがプレゼントされたとのことだ。 設立20周年を迎えたネバダ観光サービスの依田和恵社長(前列右)らと記念撮影▽ネバダ観光サービスの依田社長は、田島について「ラスベガスで頑張る日本人を応援したいですし、ラスベガスを盛り上げてもらいたい」と激励。田島は「アメリカでまだ実績のない僕に、応援と期待でチームスポンサーになってくださり、ただただ感謝しかありません。ラスベガスのユニフォームに誇りと責任を持ってプレーしています」と感謝の気持ちを述べた。なお、田島は、今後ネバダ観光サービスとともに、日本・ラスベガスの子供たちのサッカー交流、様々な体験学習など企画していく予定とのことだ。 ▽FC琉球やロアッソ熊本などでプレーした田島が所属するラスベガスシティFCは、5月に監督が交代。これまでコーチを務め、現役時代はロサンゼルス・ギャラクシーでもプレーしたことがあるメキシコ人指揮官のチェオ氏が就任。田島はこれまでトップ下でプレーをしてきたが、左サイドでのプレーを直訴。そのパフォーマンスを見たチェオ監督も評価し、田島は左サイドでプレーすることとなり、鍵を握る選手として厚い信頼を寄せられ「次期リーグ戦では全試合90分出場してもらう」と期待を寄せている。 ▽田島はサイドでのプレーについて「気温45度の中、34歳の僕が何度もダッシュを繰り返すポジションになったのはキツさもありますが、やっぱりサイドは楽しい」と語り、チームのウィークポイントでもあったサイドでのプレーに自信をうかがわせた。 ▽また、チェオ監督は田島の俊敏性、判断力、テクニックを評価しているとのこと。田島は「毎年オフに地元・北海道のフットサルチームのエイトビートに所属し(2013年にはシュライカー大阪サテライト所属)、フットサルに取り組む事でそれらが養われ、ラスベガスで本当に生かされている」と語り、トレーニングとしてフットサルを取り込む重要性を感じているようだ。 ▽アメリカではインドアサッカーも盛んであり、「サッカーのトレーニングの一環として、フットサル同様、インドアサッカーも取り組むつもり」と田島はコメント。「34歳で技術的な向上は緩やかかもしれませんが、これまでと違うトレーニングの取り組みや食事改善などでまだまだ進化できると思いますし、現役へのこだわりはラスベガスでさらに強くなりました」と、新天地であるラスベガスで更なるサッカー人生を歩む決断をしたようだ。 ▽また、MLSを目指すラスベガスシティFCにとって朗報も。現在は5部に相当する独立リーグUPSL(ユナイテッド・プレミアサッカーリーグ)に所属するラスベガスシティFCだが、来シーズンから3部に相当するNPSL(ナショナル・プレミアサッカーリーグ)に昇格することが決定。100チーム以上が所属するリーグに所属し、MLSへの参入を目指すことになる。 ▽田島はクラブの目標でもあるMLS参入に向け「Jリーグなどとは違い、入れ替え戦のないアメリカサッカー。だからこそ、MLS参入を夢ではなく実現できるよう必死に頑張ります」とコメント。また、「日本人の僕はラスベガス在住の日本人の方々に注目や応援をしていただけるようにグランドでのプレーはもちろん、グランド外でもサッカー教室など活動の幅を広げていきたいと思います」と語り、ホームタウンであるラスベガスでのサッカーの発展に尽力することを誓った。 ▽UPSLは6月24日をもってリーグ戦が一時中断。9月から再び行われる。田島はここまでのリーグ戦で2ゴール1アシストを記録している。 2017.06.27 21:00 Tue
twitterfacebook
thumb

リーガ、来季26歳の主審が誕生へ...“審判デビュー”は15歳の時

来季、リーガエスパニョーラにひとりのルーキーが参入することになりそうだ。スペインサッカー連盟の審判技術委員会(CTA)は、26歳のハビエル・アルベロラ・ロハス主審を来季から1部で笛を吹かせる決断を下した。26歳で1部の主審はスペインでも異例の若さである。モリーナ・ソト会長はこの人事について「我々はハビエルが1部の審判になることに満足している。しっかりとやってくれるはずだ。彼の年齢は影響を及ぼさないだろう」と語り、次のように続けた。「ハビエルはリーガ1部にも適応すると思う。最高の選手たちを前に笛を吹くのは、プレッシャーがあるものだけれどね。2部と1部は異なる。彼には地に足を着けてほしい。それが彼を成功に導いてくれる」ロハス主審は15歳のときにアマチュアリーグの試合で主審を務め、“公式戦デビュー”を果たす。18歳でテルセラ・ディビジョン(4部)の主審を務め、その3年後にセグンダB(3部)に昇格した。23歳で2部の主審を務めるようになり、順調にステップアップしたロハス主審は来季から1部の舞台へ。「1部で長く吹き続けたい。そのためには同僚から多くを学ばなければ」と語るロハス主審が、クラシコなどビッグマッチで主審を務める日もそう遠くないかもしれない。提供:goal.com 2017.06.27 20:47 Tue
twitterfacebook
thumb

ディウフ「ジェラードは代表で何も成し遂げていない」元同僚を辛口批評

かつてリバプールでプレーした元セネガル代表FWエル・ハッジ・ディウフがイギリス『BBC』の取材で、リバプール時代の同僚スティーヴン・ジェラードについて語っている。ディウフは元同僚ジェラードとは「彼とは何の問題もないし、リバプールでは本当に強いパーソナリティを発揮してチームをけん引していた」と発言。その一方で、「スティーヴィーG(ジェラードの愛称)は素晴らしい選手だった。リバプールの躍進を成功させた一方で、彼は自分の代表(イングランド)では何も成し遂げていない。結果を残すことができなかった」と語っている。「エル・ハッジ・ディウフと言ったらセネガルを代表する選手だ。みんなそれを分かっているのかな? セネガルは(2002年の)ワールドカップの前まで、知らなかった人が大多数だ。だが、僕らが成し遂げたことで世界中の人々がセネガルを知ることになったはずだ」「(ディエゴ)マラドーナがアルゼンチンのためにしたことを、僕は2002年にセネガルでやってのけた」セネガルは2002年の日韓ワールドカップで、前回王者フランスとの開幕戦で勝利。その後はベスト8進出を果たし、ディウフはチームの攻撃の柱としてセネガルの躍進に大きく貢献していた。ディウフは同大会の活躍を評価され、翌シーズンからリバプールに加入し、ボルトンに移籍するまでの2シーズンを過ごした。その後、2015年に現役を引退しているが、現役時代から「セネガルのサッカー協会は腐敗している」といった歯に衣着せぬ発言をしていたディウフ。古巣リバプールの英雄について、独自の見解で評している。提供:goal.com 2017.06.27 20:10 Tue
twitterfacebook
thumb

リオ・ファーディナンド「C・ロナウドは9番のポジションでのプレーを望んでいない」

元マンチェスター・ユナイテッドのリオ・ファーディナンド氏は、レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが指揮官の起用法に不満を溜めている可能性を指摘した。今夏マドリーを退団する可能性が取りざたされているC・ロナウド。その原因は脱税疑惑がかけられスペイン生活に嫌気が差したことにあるとされているが、ユナイテッドでC・ロナウドと同僚だったファーディナンド氏はピッチ上でも問題があると主張している。マドリーは今季、MFガレス・ベイルの離脱もあって看板3トップのBBCを解体してシーズン終盤を4-4-2で戦った。C・ロナウドは2トップの一角を務めたが、ファーディナンド氏はこれがポルトガル代表FWのストレスになったのではないかと推測している。「クリスティアーノは9番のポジションでのプレーを望んでいない。前線で孤立してしまうことがあるからね」「彼はサイドでプレーすべきだ。その方がスペースを確保できる。そこでならゴールもアシストもできる。その点において、現在彼以上の選手は世界中を探しても見当たらないよ」提供:goal.com 2017.06.27 20:05 Tue
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナ、サポからの不満にクラブ売却宣言で抵抗も…市長が仲裁「冷静に」

フィオレンティーナは相次ぐサポーターからの抗議に遺憾を示し、26日、クラブを売却することを公式ウェブサイトで発表した。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。イタリアの人気ブランド、トッズを経営するフィオレンティーナのオーナー、ディエゴ・デッラ・ヴァッレおよびアンドレア・デッラ・ヴァッレ兄弟は、クラブを愛する者に限定した上で身売りを検討している。「ACFフィオレンティーナの経営陣は、サポーターの不満を受け、クラブを買収し、信念に沿って経営する意思のある者に権利を譲る意向だ。ヴィオラのユニフォームを愛し、より良い運営ができると考えている者は名乗りでて欲しい」「我々は具体的なオファーを歓迎したい。当然だが、ヴィオラを心から愛する者に限定しており、フィオレンティーナのような名門クラブを経営するにあたり不可欠となる真摯さ、堅実さが求められることになる」デッラ・ヴァッレ兄弟は、フィオレンティーナが経営破たんし、セリエC2(イタリア4部)からの再出発となった2002年から15年間、オーナーとして支えてきた。だが今回の兄弟の行動に対し、フィオレンティーナが拠点を置くフィレンツェのダリオ・ナルデッラ市長は疑問を呈した。「厳しい時だが、経営陣そして市民全体に対し、感情的にならず、理性で解決するよう訴えたい。フィオレンティーナは偉大な財産であり、対立や論争の対象となるべきではない。この財産を守るために、私自身、市長として尽くすべきだと考えている」提供:goal.com 2017.06.27 20:00 Tue
twitterfacebook
thumb

アッレグリ「ボヌッチは将来のユーベのリーダーだ」…獲得興味のチェルシーをけん制

ユベントスの指揮官マッシミリアーノ・アッレグリは26日、イタリア代表のDFレオナルド・ボヌッチが「将来のユベントスのリーダーである」として、獲得に興味を示すチェルシーをけん制した。イタリアメディア『スカイスポーツ』が伝えている。2月に行われたパレルモ戦(4-1でユベントスが勝利)では、指揮官とボヌッチの間で激しい口論となった。このため翌週のチャンピオンズリーグ、ポルト戦、アッレグリは懲罰として主力のボヌッチをベンチから外した。アッレグリはこの一件について振り返っている。「ボヌッチの件への対応だが、あの時はああするのが正しいと思った。目をつむった方が良い時もあれば、見逃してはいけない時もある。あの日、レオ(ボヌッチ)は過ちを犯した。私自身も過ちを犯した。だから自分に罰を与えた。あの時はレオを外したのは正しかった。非常に重要な試合で、(ボヌッチを外すことで)負ける可能性もあったが、その後10連勝を飾るくらいの力に変わるだろうと考えた」騒動を乗り越え、アッレグリはボヌッチに対し、変わらぬ信頼を寄せている。「彼は重要な選手であり、最高の選手だ。これから先、ユベントスのロッカールームにおけるリーダーは彼だということを自覚して欲しい」とボヌッチを称えると同時に、今夏の移籍市場で獲得を目指しているチェルシーに対しけん制する姿勢を見せた。提供:goal.com 2017.06.27 18:20 Tue
twitterfacebook
thumb

原口元気の移籍先候補に挙がるブライトンに注目する戸田氏、プレミアの日本人選手への期待を語る《戸田和幸インタビュー⑥》

▽元日本代表で現在はサッカー解説者を務める戸田和幸氏に超ワールドサッカーがインタビューを実施。戸田氏は、2017-18シーズンのプレミアリーグに向けて、昇格組のブライトンに注目していると明かした。 ▽ブライトンは2016-17シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部)で2位となり、プレミアリーグ初昇格。ヘルタ・ベルリンの日本代表MF原口元気の獲得に迫っているとドイツメディアやイングランドメディアが伝えており、注目が集まっている。 ▽戸田氏にとっては、原口の移籍先候補であるとともに、自身がトッテナムに在籍していた選手時代にコーチを務めていた元アイルランド代表DFクリス・ヒュートン氏がブライトンの監督であることから、同クラブに注目したいとコメント。「何とか侵入できれば(笑)」と現地取材にも意欲をのぞかせた。 (C)CWS Brains,LTD. 「ブライトンは、クリス・ヒュートンという僕がスパーズいた頃のコーチが監督をやっているんですよ。原口元気が移籍する噂も出ていますが、監督・選手・昇格組という複数の理由で注目しています」 Getty Images「それから岡崎慎司と吉田麻也。そこに原口が行く事になるといよいよ日本人選手が3人となるので彼らの活躍にも注目したい。吉田は昨シーズン試合に出続けた中で大きな自信を掴めたと思います。岡崎の場合は正念場というか、やや難しいシーズンだったと思いますが監督が替わって以降再び出番を増やしましたが新シーズンは本人も常々口にしていますが「ゴール数」というところでどこまで伸ばすことが出来るのかの勝負になると思います」 Getty Images 吉田がユナイテッド攻撃陣を完封!第28節 サウサンプトンvsマンチェスター・ユナイテッド 岡崎がシティ相手に華麗な一発!第37節 マンチェスター・シティvsレスター・シティ「原口については移籍したと仮定して話をさせてもらいますがブンデスで鍛えられたものがイングランドでどれぐらい通用するのか。実際イングランドにはドイツ以上に速くて強い選手はたくさんいますからどれくらいの違いを見せられるのか非常に興味深いところです」 「ブライトンのサッカーは見たことないので、逆に言うと特徴的で戦術的だったら良いなと期待しています。逆に、オーソドックスなイングランドスタイルだとすると戦力の違いがもろに出てしまう事になるので難しいシーズンになると思います。一対一の場面ばかりになって、チームとしては昇格組なのでおそらくは劣勢になり押し込まれる。ゴールまでの距離が遠い中で原口はとにかく走るという事が予想されます」 「(原口は)アジア最終予選の相手だと明確な違いを出してくれますけど、ブンデスの中となるとどうか。そしてイングランドへとなるとさらにもう1つ上がったところに飛び込む形になりますから最初は少し苦労するかもしれません。ただ、そんな事は百も承知で挑戦するわけですし選手である以上チャンスがあれば上へ飛び込んでいくべきだと僕は思うので、非常に期待しています。監督が元コーチなので、何とかブライトンに侵入できるように頑張ります(笑)。練習を見に行けたらいいなと」 ――ちなみに、在籍していたスパーズは特に注視されていますか Getty Images「特別にということはないですよ。もちろん応援はしていますけどね。僕は自分がいたクラブって思えるほど何もしていない。『OBです』だなんて絶対に言えない。心の中では、自分の人生の中の大事な1シーズンで、学んだものは本当に多かったのでその一年で感じたものを出来るだけ膨らませていけるよう生きていますけどね」 「担当した中継がスパーズの試合だったらテンションが上がるかと言われればそれは別ですね。仕事として試合を見ている時はそういった感情が沸き起こる事はありません。単純に『良い試合が見たい』とか、そういう気持ちの方が遥かに強いですよ」 2017.06.27 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

契約拒否・SNS削除で渦中のドンナルンマ、自らの意思で会見出席「結論は大会後に」

ミランの18歳GKジャンルイジ・ドンナルンマが26日、U-21欧州選手権準決勝スペインvsイタリア前日の記者会見に出席した。ミランの下部組織で育ち、ミラン愛をアピールし続けてきたドンナルンマは先日、ミランとの契約更新を拒否したことで注目を集めた。またSNS上でミランサポーターを刺激する発言をしたり、交渉再開を示唆するメッセージを掲載したりしたが、その後「アカウントが乗っ取られた」として、インスタグラムの公式アカウントを削除した。このため、より一層ファンの間で様々な憶測を呼ぶこととなった。その最中にドンナルンマ本人が記者会見に出席したことについて、U-21イタリア代表のルイジ・ディ・ビアージョ監督は「ここへは連れてきたくなかった。だが彼が話をしたいと強く望んだ」と説明し、渦中のドンナルンマをメディアの前に晒すことを望まなかったものの、本人の意思であったことを伝えた。またドンナルンマ本人も同様に「この場でどうしても話がしたかった。今はアズーリのために戦っているので、僕の事で騒動を引き起こしてしまい、正直、残念に思う」と強調した。またミランでの去就については、「今後のことは代表戦での任務が終わってから決めることになる」と述べ、結論を急がず、大会終了後まで保留すると説明した。提供:goal.com 2017.06.27 12:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ギグス、ルーニーが残留する可能性に言及「出場機会が減ることを受け入れられたら...」

元マンチェスター・ユナイテッドのライアン・ギグス氏は、FWウェイン・ルーニーが毎週プレーできないことを受け入れられれば、クラブに残る可能性があると語っている。2016-17シーズンは、ユナイテッドのキャプテンにとって苦悩の1年となった。昨夏就任したジョゼ・モウリーニョ監督の下、ベンチが定位置となってしまったルーニーは、シーズン終了後に去就を決断すると認めていた。しかし、現在休暇中の31歳のストライカーは、新シーズン以降の去就について正式な発表をしておらず、最終決定にはまだ時間がかかるようだ。ギグス氏は、『スカイスポーツ』で元チームメイトの将来について「ウェインはゴールスコアラーということを証明してきた。チャンスがあればウェインは得点を奪えるはずだ」と前置きし、以下のように続けている。「彼が今の立ち位置で我慢できるかどうかだと思う。私も同じ年齢ぐらいの時にそのように悩んでいた。しかし毎試合プレーすることはきっとできなくなる。25試合から30試合に出場して、チームに貢献することだってできる。ウェインがこのようにできれば、クラブを出ていくことはないと思う」クラブ歴代最多得点記録となる253ゴールをマークするルーニーは、ユナイテッドとの契約をあと2年残している。ギグス氏の言うように出場機会が減ることを受け入れてオールド・トラフォードでプレーを続けるのだろうか。提供:goal.com 2017.06.27 12:10 Tue
twitterfacebook
thumb

「ドンナルンマはミランに欠かせない」モンテッラ監督が守護神の残留を期待

ミランのヴィンツェンツォ・モンテッラ監督は、現在退団のうわさが浮上している守護神ジャンルイジ・ドンナルンマの残留を願っていると明かした。モンテッラ監督は『スカイスポーツ・イタリア』の取材で、次のように発言している。「私はドンナルンマの家族ともいい関係を築いている。彼らは私をコーヒーの席に招いてくれて、和やかな雰囲気で談笑した。喜んで受け入れてくれたよ」「彼はこの後もミランでプレーし続けることを決意してくれると願っている。ドンナルンマはミランにとって欠かせない存在だからね」また、ミランのスポーツディレクター(SD)、マッシミリアーノ・ミラベッリは「私たちには幸せな結末が待っていると信じている。彼がここにいてくれるために仕事をしているからね。ドンナルンマはU-21欧州選手権の後に、これからどうすべきか話し合う必要がある」と語った。現在18歳、ドンナルンマとミランの契約は2018年までとなっているが、先日ドンナルンマはミランとの契約交渉の場を拒否したとされている。同選手にはレアル・マドリー、マンチェスター・ユナイテッド、ユベントスなど、複数のビッグクラブが獲得に名乗りを挙げていた。提供:goal.com 2017.06.27 12:05 Tue
twitterfacebook
thumb

中田英寿氏、バティやモンテッラとともに名を連ねローマの高額移籍金選手トップ10に

1990年以降、ローマが獲得した高額移籍金の選手のトップ10に元日本代表の中田英寿氏が名を連ねた。ローマ情報サイト『ForzaRoma.info』が25日、特集を組んだ。元アルゼンチン代表のレジェンド、ガブリエル・バティストゥータや現ミランの指揮官ヴィンチェンツォ・モンテッラ、悪童ながらも天才と称された FWアントニオ・カッサーノらとともに、中田氏は高額移籍金の選手第5位にランクインした。中田氏は2000年1月、日本人として初めてローマに入団し、翌年、スクデットを獲得することにも成功した。ローマに加入した当時、中田氏は「才能あるトップ下として評判」の選手であった。だが同ポジションを務め、ローマの王子として親しまれていたフランチェスコ・トッティの脅威となるのではないかと心配され、獲得の際には好意的に見られなかった。だがトッティの壁は大きく、中田氏は在籍した1年半で出場は40試合、6ゴールにとどまった。それでも中田氏のゴールは「スクデット争奪戦において決め手となるゴールだった」として称えられている。2000-01シーズンの5月、ローマは優勝争いの渦中にあるユヴェントスと対戦した。前半、ローマはFWアレッサンドロ・デル・ピエロとジネディーヌ・ジダンのゴールでユベントスに0-2とリードを許した。だが後半、トッティに代わってピッチに入った中田が豪快なミドルシュートを放ち1点差に迫った。続いて試合終盤、中田のシュートのこぼれ球をモンテッラが押し込み同点に追いつき、ローマのスクデットの獲得をほぼ確実なものとした。このため中田は「ローマサポーターの間で、伝説的な存在となった」と言われている。なお高額移籍金の選手第1位はバティストゥータ、2位はモンテッラとカッサーノとなっている。ローマの歴代高額移籍金の選手 トップ101位 ガブリエル・バティストゥータ 3620万ユーロ(約45億円)2位 ヴィンチェンツォ・モンテッラ 2580万ユーロ(約32億円)2位 アントニオ・カッサーノ 2580万ユーロ(約32億円)4位 フアン・マヌエル・イトゥルベ 2450万ユーロ(約31億円)5位 中田英寿 2200万ユーロ(約27億5000万円)6位 モハメド・サラー 2160万ユーロ(約27億円)7位 エメルソン・ダ・ローザ 2000万ユーロ(約25億円)8位 ケビン・ストロートマン 1940万ユーロ(約24億2000万円)9位 ジェルソン 1890万ユーロ(約23億6000万円)10位 クリスティアン・キブ 1800万ユーロ(約22億円)提供:goal.com 2017.06.27 12:00 Tue
twitterfacebook
thumb

コラロフがラツィオ愛を口に 「再び白と青のチームに…」

▽マンチェスター・シティに所属するセルビア代表DFアレクサンダル・コラロフが古巣ラツィオへの復帰を望んだ。イギリス『Four Four Two』が伝えている。 ▽コラロフは、2007年から2010年までラツィオでプレー。在籍中のタイトル獲得こそなかったものの、2010年夏にシティ移籍を決断するまで、パワー溢れる左足のキックでファンを魅了した。 ▽残り1年でシティとの契約が切れるコラロフ。今年11月に32歳の誕生日を迎える中、イタリア『Il Messaggero』に対して、古巣ラツィオへの愛を口にした。 「ラツィオに戻りたい。もう若くないけど、まだ主張することはできる! シティでの冒険を終えるとき、再び白と青のチームに受け入れてもらえたら嬉しい。マネージャーとしてであってもね」 2017.06.27 10:50 Tue
twitterfacebook
thumb

メッシ、さらなるスキャンダルが発覚か…メッシ財団が申告以前から活動を行い約12億円を隠ぺい

▽脱税容疑で懲役21カ月が求刑されたバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに対して、新たなスキャンダルがあるようだ。スペイン『アス』が報じている。 ▽メッシは以前から410万ユーロ(約5億1300万円)の脱税容疑を報じられており、先月24日にはスペイン最高裁判所への上訴が棄却されたため21カ月の懲役刑と130万ユーロ(約1億6300万円)の罰金が科された。スペインの法律では、2年以下の懲役刑は執行猶予がついており収監は免れている。 ▽しかしここに来て新たなスキャンダルが報じられている。報道によると、メッシが設立した慈善団体であるメッシ財団の収入が明らかとされてない期間があるという。 ▽メッシ財団は2007年からバルセロナで業務を開始した。その後2009年5月に、メッシの故郷であるロサリオにサブ・オフィスを構えている。しかしこの時点で親会社はスペイン当局では非政府組織(NGO)としての登録はされておらず、メッシは義務を怠ったこととなる。 ▽その後も活動を続けていたメッシ団体は、2013年に正式にNGOとして承認される。しかしロサリオのサブ・オフィスに関しては収益を開示しないことからNGOとしての登録を取り消されている。 ▽ところがこれはメッシ側の作戦だった可能性があるようで、実際の収入と社会貢献に充てられた費用がわからない状況となっている。そのためこの期間に宣告していないスポンサーからの収入などをメッシ団体を用いて隠した疑いがあるようで、『アス』によると、2007年から2015年にかけておよそ1000万ユーロ(約12億5100万円)の所得を隠ぺいしたようだ。 2017.06.27 09:56 Tue
twitterfacebook
thumb

下部組織で3冠達成した“天才”グティ「将来的にはトップチームを率いたいが…そのうちね」

▽レアル・マドリーの下部組織であるフニベルAで指揮を執る元スペイン代表MFのグティが、将来的にトップチームで指揮を執りたいとの思いを明かした。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽2011年に現役を引退したグティは、2013年からマドリーの下部組織で指揮を執っている。40歳となった今年、グティはフニベルAの『Division de Honor』、『Copa de Campeones』、『Copa del Rey』の3つの大会を制覇。クラブ史上初となる同カテゴリーでの3冠達成を果たした。 ▽偉業を成し遂げたグティは、将来的にトップチームの指揮官となる夢を持っていることを明かした。しかし現在は、現役時代にともにプレーしたジネディーヌ・ジダン監督がおり、かつてのチームメートの健闘を願っているとしている。 「マドリーのファンたちは、少しでも長くジダンに続けてもらいたいと思っている。それは私も同じだ。ただ、個人的にもチャンスはつかみ取りたいと思っている。トップチームのコーチに興味がないなんて馬鹿げていることだからね。しかし今ではない。…そのうちね」 「それに今は充実した日々を過ごせている。マドリーが与えてくれた機会を嬉しく思っているし、満足だ」 2017.06.27 08:56 Tue
twitterfacebook
thumb

かつての神童・パトがマドリー加入の可能性があったと明言!! 去就に揺れるドンナルンマにエールも

▽中国スーパーリーグの天津権健でプレーする元ブラジル代表FWアレッシャンドレ・パトが、過去の移籍を振り返ってレアル・マドリー加入に迫ったことがあったと明かした。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽2006年にブラジルのインテルナシオナルでプロキャリアを歩み始めたパトは2007年にミランに加入。2012-13シーズン途中にコリンチャンスに移籍するまで公式戦150試合63ゴールをマークした。その後はサンパウロ、チェルシーへとレンタルで加入し、2016年にビジャレアルに加入。2017年からは天津権健に移籍した。 ▽27歳になるパトは10年前、海を渡った際にミランではなくマドリーに加入する可能性があったことを明かした。 「17歳だったころ、本当はマドリーに加入する可能性があったんだ。でも僕はミランを選んだ。当時のミランはすべてに勝利していたクラブだったからね。残念ながら今のミランは少し変わってしまったよ」 ▽若くして海外移籍を果たしたパトは、現在ミランとの契約延長交渉を中断しているイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ(18)についてもコメントしている。 「まざ18歳の若者だけれど、大器の片りんを見せているね。そして素晴らしい代理人が彼を導いている。ミランと契約延長することになれば、それなりの理由があるのだろう」 「昔、アンチェロッティが良いプレーヤーは良いプレーヤーとプレーしなければいけないと言っていた。実際に僕は17歳ながらもセードルフ、ピルロ、マルディーニ、そしてカカとプレーしたんだ」 2017.06.27 08:41 Tue
twitterfacebook
thumb

テネリフェ島庁が柴崎の残留を願う「ガクはこの島の振興において重要な価値を持つ」

テネリフェ島庁の代表者であるカルロス・アロンソ・ロドリゲス島司が、テネリフェに在籍するMF柴崎岳が残留することを願った。テネリフェは25日にテネリフェ島庁舎を表敬訪問。その際にC・アロンソ島司が、今季限りでテネリフェを退団すると報じられる柴崎について言及している。C・アロンソ島司は柴崎がテネリフェ島の振興において重要な存在であるとして、クラブに残ることに期待を寄せるとともに、島庁としても力添えをする考えであることを明かした。「ガクはこの島の振興を促す重要な価値を持つ存在です。彼という存在の価値を認識しなければなりません。この件について、私たちはクラブを助けたいと思っています。しかしながら最終的な決定を下すのは、監督と市場になるでしょう」なお柴崎に対しては、ベティス、アラベス、マラガ、セルタなどが興味を示していると報じられる。提供:goal.com 2017.06.27 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナがクラブ売却へ! デッラ・ヴァッレファミリーが売却意向を表明

▽フィオレンティーナは26日、現オーナーであるデッラ・ヴァッレファミリーがクラブ売却の意向を持っていることを発表した。 ▽2002年に経営破綻でセリエC2への強制降格を言い渡されたフィオレンティーナは、世界的皮革製品ブランドの『TOD'Sグループ』を経営するディエゴ・デッラ・ヴァッレ新オーナーの下で再スタートを切った。その後、2004-05シーズンにセリエA復帰を果たしたクラブは、以降チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグの常連となるなど、安定した成績を残してきた。 ▽しかし、近年はクラブへの投資を渋っているとサポーターから批判を受けることも多く、この状況を受けてデッラ・ヴァッレファミリーは、クラブ売却の意向を表明した。 「ACFフィオレンティーナのオーナーシップは、一連のサポーターからの批判を真摯に受け止め、クラブの売却が可能であることを発表する。このクラブを買いたいと考え、適切に管理を行える人物に限っては現時点で購入することが可能だ」 「ヴィオラのシャツを愛し、クラブが異なる方法で管理され、より大きな成功を収められると信じている人々が、一歩前進しなければならない時期だと考えている」 「我々はヴィオラにとって最善を尽くすことを心から願っているだけでなく、フィオレンティーナのような挑戦的なクラブを導くために必要な真剣さと強さを持つ人々から、具体的なオファーを受ける準備をしている」 2017.06.27 02:03 Tue
twitterfacebook
thumb

柴崎同僚アマスがアトレティコのプレシーズン参加へ…そのままチームに残る可能性も

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督は、今季レンタル移籍によってテネリフェに在籍していたFWアマスを、来季プレシーズンに加える考えを固めたもようだ。スペイン『マルカ』が報じている。MF柴崎岳が所属するテネリフェにレンタルで在籍したアマスは、本職のサイドだけではなくストライカーのポジションでもプレーし、14得点を記録するなど活躍。アトレティコはこの20歳のセネガル人FWを来季もレンタルで移籍させる考えだったが、シメオネ監督がテネリフェでの活躍を受けて、プレシーズンの練習に参加させることを決定したという。そう決定した理由は、アマスがストライカーとしても起用できることと、FWアンヘル・コレアに退団の可能性があるためのようだ。アマスはアトレティコでFWルシアーノ・ビエット、FWディオゴ・ジョッタとポジションを争うことになる。ただ、もし競争に敗れて再びレンタル移籍するとしても、移籍先に困ることはなさそうだ。アマスに対しては、エスパニョールやベティスなどリーガ1部のクラブが興味を示しているという。提供:goal.com 2017.06.26 22:58 Mon
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング